Cisco ワイヤレス LAN コントローラ コマンド リファレンス リリース 7.4(統合版)
CLI コマンド
CLI コマンド
発行日;2013/05/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

目次

CLI コマンド

Cisco ワイヤレス LAN ソリューション コマンドライン インターフェイス(CLI)を使用して、ASCII コンソールを Cisco ワイヤレス LAN コントローラに接続し、コントローラおよびアソシエートされているアクセス ポイントを設定できます。

show コマンド

この項では、コントローラの設定およびユーザ アカウントに関する情報を表示するために使用できる show コマンドの一覧を示します。

AVC 設定の表示コマンド

Application Visibility and Control(AVC)設定を表示するには、show avc コマンドを使用します。

show avc applications

すべてのサポートされる Application Visibility and Control(AVC)アプリケーションを表示するには、show avc applications コマンドを使用します。

show avc applications

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

AVC は、Network-Based Application Recognition(NBAR)ディープ パケット インスペクション テクノロジーを使用し、アプリケーションが使用するプロトコルに基づいてアプリケーションを分類します。 AVC を使用して、コントローラは 1500 を超えるレイヤ 4 からレイヤ 7 へのプロトコルを検出できます。

次に、サポートされるすべての AVC アプリケーションを表示する例を示します。

> show avc applications

Application-Name           App-ID  Engine-ID  Selector-ID   Application-Group-Name
 ================           ======  =========  ===========   ======================
 3com-amp3                    538        3       629        other
 3com-tsmux                   977        3       106        obsolete
 3pc                          788        1        34        layer3-over-ip
 914c/g                      1109        3       211        net-admin
 9pfs                         479        3       564        net-admin
 acap                         582        3       674        net-admin
 acas                         939        3        62        other
 accessbuilder                662        3       888        other
 accessnetwork                607        3       699        other
 acp                          513        3       599        other
 acr-nema                     975        3       104        industrial-protocols
 active-directory            1194       13       473        other
 activesync                  1419       13       490        business-and-productivity-tools
 adobe-connect               1441       13       505        other
 aed-512                      963        3       149        obsolete
 afpovertcp                  1327        3       548        business-and-productivity-tools
 agentx                       609        3       705        net-admin
 alpes                        377        3       463        net-admin
 aminet                       558        3      2639        file-sharing
 an                           861        1       107        layer3-over-ip
----				                     ----       ---     -----       -------------

関連コマンド

config avc profile delete

config avc profile create

config avc profile rule

config wlan avc

show avc profile

show avc applications

show avc statistics

debug avc error

debug avc events

show avc profile

Application Visibility and Control(AVC)プロファイルを表示するには、show avc profile コマンドを使用します。

show avc profile { summary | detailed profile_name }

構文の説明

summary

AVC プロファイルの要約を表示します。

detailed

AVC プロファイルの詳細を表示します。

profile_name

AVC プロファイルの名前。 プロファイル名は最大 32 文字の英数字で、大文字と小文字を区別します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、AVC 情報のサマリーを表示する例を示します。

> show avc profile summary
 Profile-Name                      Number of Rules
  ============                      ==============
  profile	1                                 3
  avc_profile2                              1

次に、AVC プロファイルの詳細を表示する例を示します。

> show avc profile detailed
  Application-Name          Application-Group-Name            Action  DSCP
  ================          =======================           ======  ====
  ftp                       file-sharing                       Drop      -
  flash-video               browsing                           Mark     10
  facebook                  browsing                           Mark     10

  Associated WLAN IDs       :
  Associated Remote LAN IDs :
  Associated Guest LAN IDs  :

関連コマンド

config avc profile delete

config avc profile create

config avc profile rule

config wlan avc

show avc profile

show avc applications

show avc statistics

debug avc error

debug avc events

show avc statistics application

アプリケーションの統計情報を表示するには、show avc statistics application コマンドを使用します。

show avc statistics application application_name top-users [ downstream wlan | upstream wlan | wlan] [ wlan_id ]}

構文の説明

application_name

アプリケーションの名前。 ライセンス名は最大 32 文字の英数字で、大文字と小文字を区別します。

top-users

上位のアプリケーション ユーザの AVC 統計情報を表示します。

downstream

(任意)上位のダウンストリーム アプリケーションの統計情報を表示します。

wlan

(任意)WLAN の AVC 統計情報を表示します。

wlan_id

1~512 の WLAN 識別子。

upstream

(任意)上位のアップストリーム アプリケーションの統計情報を表示します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ダウンストリームのアプリケーションとして FTP を使用する WLAN 1 上の上位クライアントの AVC 統計情報を表示する例を示します。

> show avc statistics application ftp top-users downstream wlan 1

  Client MAC            Client IP        WLAN ID  Packets   Bytes   Avg Pkt  Packets    Bytes       DSCP
  (Up/Down)                                       (n secs) (n secs)  Size    (Total)    (Total)   In  Out
  ===========           =========        ======   =======  =======  ======   =======    =======   === ===
  00:0a:ab:15:00:9c(U) 172.16.31.156        1         16        91     5         43         338     0   0
                   (D) 172.16.31.156        1         22      5911   268         48        6409     0   0
  00:0a:ab:15:00:5a(U) 172.16.31.90         1          7        39     5         13          84     0   0
                   (D) 172.16.31.90         1         12      5723   476         18        5869     0   0
  00:0a:ab:15:00:60(U) 172.16.31.96         1         19       117     6         75        8666     0   0
                   (D) 172.16.31.96         1         19      4433   233         83        9595     0   0
  00:0a:ab:15:00:a4(U) 172.16.31.164        1         18       139     7         21         161     0   0
                   (D) 172.16.31.164        1         23      4409   191         24        4439     0   0
  00:0a:ab:15:00:48(U) 172.16.31.72         1         21      2738   130         21        2738     0   0
                   (D) 172.16.31.72         1         22      4367   198         22        4367     0   0
  00:0a:ab:15:00:87(U) 172.16.31.135        1         11        47     4         49         301     0   0
                   (D) 172.16.31.135        1         12      4208   350         48        7755     0   0
  00:0a:ab:15:00:92(U) 172.16.31.146        1         10        73     7         11          84     0   0
                   (D) 172.16.31.146        1          9      4168   463         11        4201     0   0
  00:0a:ab:15:00:31(U) 172.16.31.49         1         11        95     8         34         250     0   0
                   (D) 172.16.31.49         1         18      3201   177         43        3755     0   0
  00:0a:ab:15:00:46(U) 172.16.31.70         1          7        47     6         20         175     0   0
                   (D) 172.16.31.70         1         10      3162   316         23        3448     0   0
  00:0a:ab:15:00:b3(U) 172.16.31.179        1         10        85     8         34         241     0   0

関連コマンド

config avc profile delete

config avc profile create

config avc profile rule

config wlan avc

show avc profile

show avc applications

show avc statistics client

show avc statistics wlan

show avc statistics top-apps

show avc statistics guest-lan

show avc statistics remote-lan

debug avc error

debug avc events

show avc statistics client

クライアントの Application Visibility and Control(AVC)統計情報を表示するには、show avc statistics client コマンドを使用します。

show avc statistics client client_MAC { application application_name | top-apps [ upstream | downstream]}

構文の説明

client_MAC

クライアントの MAC アドレス。

application

アプリケーションの AVC 統計情報を表示します。

application_name

アプリケーションの名前。 ライセンス名は最大 32 文字の英数字で、大文字と小文字を区別します。

top-apps

上位のアプリケーションの AVC 統計情報を表示します。

upstream

(任意)上位のアップストリーム アプリケーションの統計情報を表示します。

downstream

(任意)上位のダウンストリーム アプリケーションの統計情報を表示します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、クライアントのアプリケーションの AVC 統計情報を表示する例を示します。

> show avc statistics client 00:0a:ab:15:00:01 application http  
 Description                   Upstream      Downstream
  ===========                   ========      ==========
  Number of Packtes(n secs)         5059            6369
  Number of Bytes(n secs)         170144         8655115
  Average Packet size(n secs)         33            1358
  Total Number of Packtes         131878          150169
  Total Number of Bytes          6054464       205239972
  DSCP Incoming packet                16               0
  DSCP Outgoing Packet                16               0

次に、クライアントの上位アプリケーションの AVC 統計情報を表示する例を示します。

> show avc statistics client 00:0a:ab:15:00:01 top-apps
  Application-Name           Packets   Bytes    Avg Pkt  Packets    Bytes    DSCP DSCP
      (Up/Down)              (n secs)  (n secs)  Size    (Total)   (Total)    In   Out
  ================           =======   ======   ======   =======   ======    ====  ====
  http                    (U)    6035   637728    105      6035     637728    16    16
                          (D)    5420  7218796   1331      5420    7218796     0     0
  ggp                     (U)    1331  1362944   1024      1331    1362944     0     0
                          (D)       0        0      0         0          0     0     0
  smp                     (U)    1046  1071104   1024      1046    1071104     0     0
                          (D)       0        0      0         0          0     0     0
  vrrp                    (U)     205   209920   1024       205     209920     0     0
                          (D)       0        0      0         0          0     0     0
  bittorrent              (U)     117     1604     13       117       1604     0     0
                          (D)     121    70469    582       121      70469     0     0
  icmp                    (U)       0        0      0         0          0     0     0
                          (D)      72    40032    556        72      40032    48    48
  edonkey                 (U)     112     4620     41       112       4620     0     0
                          (D)     105    33076    315       105      33076     0     0
  dns                     (U)      10      380     38        10        380     0     0
                          (D)       7     1743    249         7       1743     0     0
  realmedia               (U)       2      158     79         2        158    24    24
                          (D)       2       65     32         2         65     0     0

関連コマンド

config avc profile delete

config avc profile create

config avc profile rule

config wlan avc

show avc profile

show avc applications

show avc statistics applications

show avc statistics wlan

show avc statistics top-apps

show avc statistics guest-lan

show avc statistics remote-lan

debug avc error

debug avc events

show avc statistics guest-lan

ゲスト LAN の Application Visibility and Control(AVC)統計情報を表示するには、show avc statistics guest-lan コマンドを使用します。

show avc statistics guest-lan guest-lan_id { application application_name | top-app-groups [ upstream | downstream] | top-apps [ upstream | downstream]}

構文の説明

guest-lan_id

1 ~ 5 のゲスト LAN 識別子

application

アプリケーションの AVC 統計情報を表示します。

application_name

アプリケーションの名前。 ライセンス名は最大 32 文字の英数字で、大文字と小文字を区別します。

top-app-groups

上位のアプリケーション グループの AVC 統計情報を表示します。

upstream

(任意)上位のアップストリーム アプリケーションの統計情報を表示します。

downstream

(任意)上位のダウンストリーム アプリケーションの統計情報を表示します。

top-apps

上位のアプリケーションの AVC 統計情報を表示します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ゲスト LAN の AVC 統計情報を表示する例を示します。

> show avc statistics guest-lan 1
 Application-Name            Packets   Bytes   Avg Pkt  Packets      Bytes
   (Up/Down)                 (n secs) (n secs)  Size    (Total)      (Total)
 ================            =======  ======    ======   ======      =======
 unclassified            (U)  191464    208627     1    92208613  11138796586
                         (D)  63427  53440610   842    16295621   9657054635
 ftp                     (U)    805     72880    90      172939     11206202
                         (D)    911     58143    63      190900     17418653
 http                    (U)  264904  12508288    47    27493945   2837672192
                         (D)  319894  436915253  1365    29850934  36817587924
 gre                     (U)      0         0     0    10158872  10402684928
                         (D)      0         0     0           0            0
 icmp                    (U)      1        40    40         323        98476
                         (D)   7262   4034576   555     2888266   1605133372
 ipinip                  (U)  62565  64066560  1024    11992305  12280120320
                         (D)      0         0     0           0            0
 imap                    (U)   1430     16798    11      305161      3795766
                         (D)   1555    576371   370      332290    125799465
 irc                     (U)      9        74     8        1736         9133
                         (D)     11       371    33        1972       173381
 nntp                    (U)     22       158     7        1705         9612
                         (D)     22       372    16        2047       214391

関連コマンド

config avc profile delete

config avc profile create

config avc profile rule

config wlan avc

show avc profile

show avc applications

show avc statistics client

show avc statistics wlan

show avc statistics top-apps

show avc statistics applications

show avc statistics remote-lan

debug avc error

debug avc events

show avc statistics remote-lan

リモート LAN の Application Visibility and Control(AVC)統計情報を表示するには、show avc statistics remote-lan コマンドを使用します。

show avc statistics remote-lan remote-lan_id{ application application_name | top-app-groups [ upstream | downstream] | top-apps [ upstream | downstream]}

構文の説明

remote-lan_id

1~512 のリモート LAN 識別子。

application

アプリケーションの AVC 統計情報を表示します。

application_name

アプリケーションの名前。 ライセンス名は最大 32 文字の英数字で、大文字と小文字を区別します。

top-app-groups

上位のアプリケーション グループの AVC 統計情報を表示します。

upstream

(任意)上位のアップストリーム アプリケーションの統計情報を表示します。

downstream

(任意)上位のダウンストリーム アプリケーションの統計情報を表示します。

top-apps

上位のアプリケーションの AVC 統計情報を表示します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、リモート LAN の AVC 統計情報を表示する例を示します。

> show avc statistics remote-lan 1
 Application-Name            Packets   Bytes   Avg Pkt  Packets      Bytes
   (Up/Down)                 (n secs) (n secs)  Size    (Total)      (Total)
 ================            =======  ======    ======   ======      =======
 unclassified            (U)  191464    208627     1    92208613  11138796586
                         (D)  63427  53440610   842    16295621   9657054635
 ftp                     (U)    805     72880    90      172939     11206202
                         (D)    911     58143    63      190900     17418653
 http                    (U)  264904  12508288    47    27493945   2837672192
                         (D)  319894  436915253  1365    29850934  36817587924
 gre                     (U)      0         0     0    10158872  10402684928
                         (D)      0         0     0           0            0
 icmp                    (U)      1        40    40         323        98476
                         (D)   7262   4034576   555     2888266   1605133372
 ipinip                  (U)  62565  64066560  1024    11992305  12280120320
                         (D)      0         0     0           0            0
 imap                    (U)   1430     16798    11      305161      3795766
                         (D)   1555    576371   370      332290    125799465
 irc                     (U)      9        74     8        1736         9133
                         (D)     11       371    33        1972       173381
 nntp                    (U)     22       158     7        1705         9612
                         (D)     22       372    16        2047       214391

関連コマンド

config avc profile delete

config avc profile create

config avc profile rule

config wlan avc

show avc profile

show avc applications

show avc statistics client

show avc statistics wlan

show avc statistics top-apps

show avc statistics guest-lan

show avc statistics applications

debug avc error

debug avc events

show avc statistics top-apps

上位アプリケーションの Application Visibility and Control(AVC)統計情報を表示するには、show avc statistics top-apps コマンドを使用します。

show avc statistics top-apps[ upstream | downstream]

構文の説明

upstream

(任意)上位のアップストリーム アプリケーションの統計情報を表示します。

downstream

(任意)上位のダウンストリーム アプリケーションの統計情報を表示します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、上位アプリケーションの AVC 統計情報を表示する例を示します。

> show avc statistics top-apps
 Application-Name             Packets     Bytes   Avg Pkt     Packets         Bytes
    (Up/Down)                 (n secs)   (n secs)  Size       (Total)        (Total)
 ================             =======    =======  =======     =======        ========
 http                    (U)   204570   10610912     51      28272539      2882294016
                         (D)   240936  327624221   1359      30750570     38026889010
 realmedia               (U)      908      62154     68        400698        26470359
                         (D)   166694  220522943   1322      35802836     47131836785
 mpls-in-ip              (U)    77448   79306752   1024      10292787     10539813888
                         (D)        0          0      0             0               0
 fire                    (U)    70890   72591360   1024      10242484     10488303616
                         (D)        0          0      0             0               0
 pipe                    (U)    68296   69935104   1024      10224255     10469637120
                         (D)        0          0      0             0               0
 gre                     (U)    60982   62445568   1024      10340221     10588386304
                         (D)        0          0      0             0               0
 crudp                   (U)    26430   27064320   1024      10109812     10352447488
                         (D)        0          0      0             0               0
 rtp                     (U)        0          0      0             0               0
                         (D)     7482    9936096   1328       2603923      3458009744
 icmp                    (U)        0          0      0           323           98476
                         (D)    10155    5640504    555       2924693      1625363564

関連コマンド

config avc profile delete

config avc profile create

config avc profile rule

config wlan avc

show avc profile

show avc applications

show avc statistics client

show avc statistics wlan

show avc statistics applications

show avc statistics guest-lan

show avc statistics remote-lan

debug avc error

debug avc events

show avc statistics wlan

WLAN の Application Visibility and Control(AVC)統計情報を表示するには、show avc statistics wlan コマンドを使用します。

show avc statistics wlan wlan_id { application application_name | top-app-groups [ upstream | downstream] | top-apps [ upstream | downstream]}

構文の説明

wlan_id

1~512 の WLAN 識別子。

application

アプリケーションの AVC 統計情報を表示します。

application_name

アプリケーションの名前。 ライセンス名は最大 32 文字の英数字で、大文字と小文字を区別します。

top-app-groups

上位のアプリケーション グループの AVC 統計情報を表示します。

upstream

(任意)上位のアップストリーム アプリケーションの統計情報を表示します。

downstream

(任意)上位のダウンストリーム アプリケーションの統計情報を表示します。

top-apps

上位のアプリケーションの AVC 統計情報を表示します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、WLAN の AVC 統計情報を表示する例を示します。

> show avc statistics wlan 1
 Application-Name            Packets   Bytes   Avg Pkt  Packets      Bytes
   (Up/Down)                 (n secs) (n secs)  Size    (Total)      (Total)
 ================            =======  ======    ======   ======      =======
 unclassified            (U)  191464    208627     1    92208613  11138796586
                         (D)  63427  53440610   842    16295621   9657054635
 ftp                     (U)    805     72880    90      172939     11206202
                         (D)    911     58143    63      190900     17418653
 http                    (U)  264904  12508288    47    27493945   2837672192
                         (D)  319894  436915253  1365    29850934  36817587924
 gre                     (U)      0         0     0    10158872  10402684928
                         (D)      0         0     0           0            0
 icmp                    (U)      1        40    40         323        98476
                         (D)   7262   4034576   555     2888266   1605133372
 ipinip                  (U)  62565  64066560  1024    11992305  12280120320
                         (D)      0         0     0           0            0
 imap                    (U)   1430     16798    11      305161      3795766
                         (D)   1555    576371   370      332290    125799465
 irc                     (U)      9        74     8        1736         9133
                         (D)     11       371    33        1972       173381
 nntp                    (U)     22       158     7        1705         9612
                         (D)     22       372    16        2047       214391

次に、WLAN の FTP アプリケーションの AVC 統計情報を表示する例を示します。

> show avc statistics wlan 1 application ftp
 Description                     Upstream    Downstream
  ===========                     ========    ==========
  Number of Packtes(n secs)              0             0
  Number of Bytes(n secs)                0             0
  Average Packet size(n secs)            0             0
  Total Number of Packtes            32459         64888
  Total Number of Bytes                274      94673983

関連コマンド

config avc profile delete

config avc profile create

config avc profile rule

config wlan avc

show avc profile

show avc applications

show avc statistics client

show avc statistics applications

show avc statistics top-apps

show avc statistics guest-lan

show avc statistics remote-lan

debug avc error

debug avc events

CAC 設定の表示コマンド

コール アドミッション制御(CAC)の音声およびビデオの要約と統計情報を表示するには、show cac コマンドを使用します。

show cac voice stats

802.11a または 802.11b 無線の詳細な音声 CAC 統計情報を表示するには、show cac voice stats コマンドを使用します。

show cac voice stats { 802.11a | 802.11b}

構文の説明

802.11a

802.11a の詳細な音声 CAC 統計情報を表示します。

802.11b

802.11b/g の詳細な音声 CAC 統計情報を表示します。

次に、802.11b 無線の詳細な音声 CAC 統計情報を表示する例を示します。

> show cac voice stats 802.11b

WLC Voice Call Statistics for 802.11b Radio

WMM TSPEC CAC Call Stats
  Total num of Calls in progress................. 0
  Num of Roam Calls in progress.................. 0
  Total Num of Calls Admitted.................... 0
  Total Num of Roam Calls Admitted............... 0
  Total Num of exp bw requests received.......... 0
  Total Num of exp bw requests Admitted.......... 0
  Total Num of Calls Rejected.................... 0
  Total Num of Roam Calls Rejected............... 0
  Num of Calls Rejected due to insufficent bw.... 0
  Num of Calls Rejected due to invalid params.... 0
  Num of Calls Rejected due to PHY rate.......... 0
  Num of Calls Rejected due to QoS policy........ 0
SIP CAC Call Stats
  Total Num of Calls in progress................. 0
  Num of Roam Calls in progress.................. 0
  Total Num of Calls Admitted.................... 0
  Total Num of Roam Calls Admitted............... 0
  Total Num of Preferred Calls Received.......... 0
  Total Num of Preferred Calls Admitted.......... 0
  Total Num of Ongoing Preferred Calls........... 0
  Total Num of Calls Rejected(Insuff BW)......... 0
  Total Num of Roam Calls Rejected(Insuff BW).... 0
KTS based CAC Call Stats
  Total Num of Calls in progress................. 0
  Num of Roam Calls in progress.................. 0
  Total Num of Calls Admitted.................... 0
  Total Num of Roam Calls Admitted............... 0
  Total Num of Calls Rejected(Insuff BW)......... 0
  Total Num of Roam Calls Rejected(Insuff BW).... 0

関連コマンド

config 802.11 cac voice

config 802.11 cac defaults

config 802.11 cac defaults

config 802.11 cac video

config 802.11 cac multimedia

show cac voice summary

show cac video stats

show cac video summary

show cac voice summary

短い音声統計を含むすべての AP のリストを表示するには(使用帯域幅、使用可能な最大帯域幅、およびコール数など)、show cac voice summary コマンドを使用します。

show cac voice summary

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、短い音声統計を含むすべての AP のリストを表示する例を示します。


> show cac voice summary 
    AP Name         Slot#   Radio  BW Used/Max  Calls
-----------------  -------  -----  -----------  -----
APc47d.4f3a.3547     0      11b/g     0/23437    0
					 1      11a    1072/23437    1

関連コマンド

show mesh cac

show cac video stats

802.11a または 802.11b 無線の詳細なビデオ CAC 統計情報を表示するには、show cac video stats コマンドを使用します。

show cac video stats { 802.11a | 802.11b}

構文の説明

802.11a

802.11a の詳細なビデオ CAC 統計情報を表示します。

802.11b

802.11b/g. の詳細なビデオ CAC 統計情報を表示します。

次に、802.11b 無線の詳細なビデオ CAC 統計情報を表示する例を示します。

> show cac video stats 802.11b

WLC Video Call Statistics for 802.11b Radio

WMM TSPEC CAC Call Stats
  Total num of Calls in progress................. 0
  Num of Roam Calls in progress.................. 0
  Total Num of Calls Admitted.................... 0
  Total Num of Roam Calls Admitted............... 0
  Total Num of Calls Rejected.................... 0
  Total Num of Roam Calls Rejected............... 0
  Num of Calls Rejected due to insufficent bw.... 0
  Num of Calls Rejected due to invalid params.... 0
  Num of Calls Rejected due to PHY rate.......... 0
  Num of Calls Rejected due to QoS policy........ 0
SIP CAC Call Stats
  Total Num of Calls in progress................. 0
  Num of Roam Calls in progress.................. 0
  Total Num of Calls Admitted.................... 0
  Total Num of Roam Calls Admitted............... 0
  Total Num of Calls Rejected(Insuff BW)......... 0
  Total Num of Roam Calls Rejected(Insuff BW).... 0

関連コマンド

config 802.11 cac voice

config 802.11 cac defaults

config 802.11 cac video

config 802.11 cac multimedia

show cac voice stats

show cac voice summary

show cac video stats

show cac video summary

config 802.11 cac video load-based

config 802.11 cac video cac-method

config 802.11 cac video sip

show cac video summary

短いビデオ統計情報を含むすべてのアクセス ポイントのリストを表示するには(使用帯域幅、使用可能な最大帯域幅、およびコール数など)、show cac video summary コマンドを使用します。

show cac video summary

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

次に、短いビデオ統計情報を含むすべてのアクセス ポイントのリストを表示する例を示します。

> show cac video summary 

    AP Name         Slot#   Radio  BW Used/Max  Calls
-----------------  -------  -----  -----------  -----
AP001b.d571.88e0     0      11b/g     0/10937    0
                     1      11a       0/18750    0
AP5_1250             0      11b/g     0/10937    0
                     1      11a       0/18750    0

関連コマンド

config 802.11 cac voice

config 802.11 cac defaults

config 802.11 cac video

config 802.11 cac multimedia

show cac voice stats

show cac voice summary

show cac video stats

show cac video summary

config 802.11 cac video load-based

config 802.11 cac video cac-method

config 802.11 cac video sip

クライアント設定の表示コマンド

show client コマンドを使用して、クライアント設定を表示します。

show client calls

コントローラ上のアクティブなコールまたは拒否されたコールの合計数を表示するには、show client calls コマンドを使用します。

show client calls { active | rejected} { 802.11a | 802.11bg | all}

構文の説明

active

アクティブなコールが表示されます。

rejected

拒否されたコールが表示されます。

802.11a

802.11a ネットワークを指定します。

802.11bg

802.11b/g ネットワークを指定します。

all

802.11a および 802.11b/g ネットワークの両方を指定します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11a ネットワーク上でアクティブなクライアント コールを表示する例を示します。


> show client calls active 802.11a
Client MAC               Username         Total Call            AP Name         Radio Type
                                         Duration (sec)
--------------------    ---------         ----------       ---------------      ----------
00:09: ef: 02:65:70        abc               45            VJ-1240C-ed45cc        802.11a
00:13: ce: cc: 51:39       xyz               45                AP1130-a416        802.11a
00:40:96: af: 15:15        def               45                AP1130-a416        802.11a
00:40:96:b2:69: df         def               45                AP1130-a416        802.11a
Number of Active Calls ------------------------------------ 4

関連コマンド

debug voice-diag

show client roam-history

指定したクライアントのローミング履歴を表示するには、show client roam-history コマンドを使用します。

show client roam-history mac_address

構文の説明

mac_address

クライアントのMACアドレス。

コマンド デフォルト

なし。

次に、指定されたクライアントのローミング履歴を表示する例を示します。

> show client roam-history 00:14:6c:0a:57:77

show client summary

Cisco Lightweight アクセス ポイントに関連付けられたクライアントの要約を表示するには、show client summary コマンドを使用します。

show client summary

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

show client ap コマンドは自動的に無効にされたクライアントのステータスを表示できます。 除外リスト(ブラック リスト)のクライアントを表示するには、show exclusionlist コマンドを使用します。

次に、アクティブなクライアントの要約を表示する例を示します。


> show client summary
Number of Clients................................ 24
Number of PMIPV6 Clients......................... 200
MAC Address       AP Name           Status        WLAN/GLAN/RLAN Auth Protocol         Port Wired  PMIPV6
----------------- ----------------- ------------- -------------- ---- ---------------- ---- -----		------

00:00:15:01:00:01 NMSP-TalwarSIM1-2 Associated    1              Yes  802.11a          13   No      Yes
00:00:15:01:00:02 NMSP-TalwarSIM1-2 Associated    1              Yes  802.11a          13   No      No
00:00:15:01:00:03 NMSP-TalwarSIM1-2 Associated    1              Yes  802.11a          13   No      Yes
00:00:15:01:00:04 NMSP-TalwarSIM1-2 Associated    1              Yes  802.11a          13   No      No

関連コマンド

show client summary guest-lan

show client summary guest-lan

アクティブな有線ゲスト LAN クライアントを表示するには、show client summary guest-lan コマンドを使用します。

show client summary guest-lan

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、アクティブな有線ゲスト LAN クライアントの要約を表示する例を示します。


> show client summary guest-lan 
Number of Clients................................ 1
MAC Address       AP Name      Status         WLAN  Auth   Protocol  Port Wired
-----------       ---------    ----------     ----  ----   --------  ---- -----
00:16:36:40:ac:58  N/A         Associated        1    No      802.3     1   Yes

関連コマンド

show client summary

show client tsm

クライアントのトラフィック ストリーム メトリック(TSM)統計情報を表示するには、show client tsm コマンドを使用します。

show client tsm 802.11{ a | b} client_mac { ap_mac | all}

構文の説明

802.11a

802.11a ネットワークを指定します。

802.11b

802.11b/g ネットワークを指定します。

client_mac

クライアントの MAC アドレス。

ap_mac

TSM アクセス ポイントの MAC アドレス。

all

クライアントに関連するすべてのアクセス ポイントのリストを指定します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11a ネットワークのクライアントの TSM を表示する例を示します。


> show client tsm 802.11a xx:xx:xx:xx:xx:xx all
AP Interface MAC: 00:0b:85:01:02:03
Client Interface Mac:               00:01:02:03:04:05
Measurement Duration:               90 seconds
  Timestamp                           1st Jan 2006, 06:35:80
    UpLink Stats
    ================
       Average Delay (5sec intervals)............................35
       Delay less than 10 ms.....................................20
       Delay bet 10 - 20 ms......................................20
       Delay bet 20 - 40 ms......................................20
       Delay greater than 40 ms..................................20
      Total packet Count.........................................80
      Total packet lost count (5sec).............................10
      Maximum Lost Packet count(5sec)............................5
      Average Lost Packet count(5secs)...........................2
    DownLink Stats
    ================
       Average Delay (5sec intervals)............................35
       Delay less than 10 ms.....................................20
       Delay bet 10 - 20 ms......................................20
       Delay bet 20 - 40 ms......................................20
       Delay greater than 40 ms..................................20
      Total packet Count.........................................80
      Total packet lost count (5sec).............................10
      Maximum Lost Packet count(5sec)............................5
      Average Lost Packet count(5secs)...........................2

関連コマンド

show client ap

show client detail

show client summary

show client username

ユーザ名ごとにクライアント データを表示するには、show client username コマンドを使用します。

show client username username

構文の説明

username

クライアントのユーザ名。

コマンド デフォルト

なし。

次に、名前ごとにクライアントの詳細情報を表示する例を示します。


> show client username IT_007
MAC Address        AP ID   Status         WLAN Id    Authenticated
-----------------  ------  -------------  ---------  -------------
xx:xx:xx:xx:xx:xx  1       Associated     1          No

関連コマンド

show client ap

show client detail

show client summary

show client voice-diag

音声診断統計情報を表示するには、show client voice-diag コマンドを使用します。

show client voice-diag { quos-map | roam-history | rssi | status | tspec}

構文の説明

quos-map

QoS/DSCP マッピングに関する情報と 4 つのキュー(VO、VI、BE、BK)それぞれのパケット統計が表示されます。 各種 DSCP 値も表示されます。

roam-history

最後の 3 つのローミング履歴に関する情報を表示します。 出力には、タイムスタンプ、ローミングに関連するアクセス ポイント、およびローミングの理由が含まれ、ローミングに失敗した場合にはその理由も含まれます。

rssi

音声診断がイネーブル場合に、直前の 5 秒間のクライアントの RSSI 値を表示します。

status

クライアントの音声診断の状態を表示します。

tspec

音声診断のクライアントに対する TSPEC を表示します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、クライアントの音声診断状態を表示する例を示します。


> show client voice-diag status
Voice Diagnostics Status: FALSE

関連コマンド

show client ap

show client detail

show client summary

debug voice-diag

show flow exporter

フロー エクスポータの詳細または統計情報を表示するには、show flow exporter コマンドを使用します。

show flow exporter { summary | statistics}

構文の説明

summary

フロー エクスポータの要約を表示します。

statistics

送信されたレコード数や最後のレコードの送信時間など、フロー エクスポータの統計情報を表示します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、フロー エクスポータの詳細を表示する例を示します。

> show flow exporter summary
 Exporter-Name            Exporter-IP     Port
  =============            ===========     =====
  expo1                    9.9.120.115       800

関連コマンド

show flow monitor

config flow

config wlan flow

show flow monitor summary

NetFlow モニタの詳細を表示するには、show flow monitor summary コマンドを使用します。

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

NetFlow レコードのモニタリングおよびエクスポートは NMS または Netflow 分析ツールとの統合に使用されます。

次に、NetFlow モニタの詳細を表示する例を示します。

> show flow monitor summary
Monitor-Name             Exporter-Name            Exporter-IP      Port  Record Name
============             =============            ===========      ====  ===========
 mon1                     expo1                   9.9.120.115     800 ipv4_client_app_flow_record

関連コマンド

show flow exporter

config flow

config wlan flow

mDNS 設定の表示コマンド

show mdns コマンドを使用して、Multicast DNS(mDNS)に関する情報を表示します。

show mdns profile

mDNS プロファイル情報を表示するには、show mdns profile コマンドを使用します。

show mdns profile { summary | detailed profile-name}

構文の説明

summary

mDNS プロファイルの要約を表示します。

detailed

mDNS プロファイルの詳細を表示します。

profile-name

mDNS プロファイルの名前。

コマンド デフォルト

なし。

次に、すべての mDNS プロファイルの要約を表示する例を示します。

> show mdns profile summary
Number of Profiles............................... 2

ProfileName                       No. Of Services
--------------------------------  ---------------
default-mdns-profile                   5
profile1                               2

次に mDNS プロファイルの詳細を表示する例を示します。

> show mdns profile detailed default-mdns-profile

Profile Name..................................... default-mdns-profile
Profile Id....................................... 1
No of Services................................... 5
Services......................................... AirPrint
                                                  AppleTV
                                                  HP_Photosmart_Printer_1
                                                  HP_Photosmart_Printer_2
                                                  Printer

No. Interfaces Attached.......................... 0
No. Interface Groups Attached.................... 0
No. Wlans Attached............................... 1
Wlan Ids......................................... 1


関連コマンド

config mdns query interval

config mdns service

config mdns snooping

config interface mdns-profile

config interface group mdns-profile

config wlan mdns

config mdns profile

show mnds service

clear mdns service-database

debug mdns all

debug mdns error

debug mdns detail

debug mdns message

show mnds service

mDNS サービス情報を表示するには、show mnds service コマンドを使用します。

show mnds service { summary | detailed service-name}

構文の説明

summary

すべての mDNS サービスの要約を表示します。

detailed

mDNS サービスの詳細を表示します。

service-name

mDNS サービスの名前。

コマンド デフォルト

なし。

次に mDNS サービスの要約を表示する例を示します。

> show mnds service summary
Number of Services............................... 5

Service-Name                     Service-string
-------------------------------- ---------------
AirPrint                           _ipp._tcp.local.
AppleTV                            _airplay._tcp.local.
HP_Photosmart_Printer_1            _universal._sub._ipp._tcp.local.
HP_Photosmart_Printer_2            _cups._sub._ipp._tcp.local.
Printer                            _printer._tcp.local.

次に mDNS サービスの詳細を表示する例を示します。

> show mnds service detailed  AirPrint
Service Name..................................... AirPrint
Service Id....................................... 1
Service query status............................. Enabled
Number of Profiles............................... 2
Profile.......................................... student-profile
																																																		guest-profile

Number of Service Providers ..................... 2
Service Provider					MAC-Address									VLAN					Type
----------------					-----------							-------				----
user1																60:33:4b:2b:a6:9a				104					Wired
laptopa														00:21:1b:ea:36:60				105					Wireless

関連コマンド

config mdns query interval

config mdns service

config mdns snooping

config interface mdns-profile

config interface group mdns-profile

config wlan mdns

show mdns profile

config mdns profile

clear mdns service-database

debug mdns all

debug mdns error

debug mdns detail

debug mdns message

無線周波数 ID 設定の表示コマンド

show rfid コマンドを使用して、無線周波数 ID 設定を表示します。

show rfid client

クライアントとしてコントローラに関連付けられている無線周波数 ID(RFID)タグを表示するには、show rfid client コマンドを使用します。

show rfid client

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

RFID タグがクライアント モードではない場合、上記のフィールドは空白になります。

次に、クライアントとしてコントローラに関連付けられている RFID タグを表示する例を示します。


> show rfid client
------------------ 	-------- --------- ----------------- ------ ----------------
                         			 	 	 	 	 Heard
   RFID Mac      	 			 	 VENDOR   Sec Ago    Associated AP    Chnl    Client State
------------------ 	-------- --------- ----------------- ------ ----------------
00:14:7e:00:0b:b1 	 	 Pango 	 	 	 	 	 35  	 	 AP0019.e75c.fef4 	 	 1  	 	 	 	 Probing 


関連コマンド

config rfid status

config rfid timeout

show rfid config

show rfid detail

show rfid summary

show rfid config

現在の無線周波数 ID(RFID)構成設定を表示するには、show rfid config コマンドを使用します。

show rfid config

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、現在の RFID の設定情報を表示する例を示します。


> show rfid config
RFID Tag Data Collection ............................... Enabled
RFID Tag Auto-Timeout .................................. Enabled
RFID Client Data Collection ............................ Disabled
RFID Data Timeout ...................................... 200 seconds

関連コマンド

config rfid status

config rfid timeout

show rfid client

show rfid detail

show rfid summary

show rfid detail

指定されたタグの詳細な無線周波数 ID(RFID)情報を表示するには、show rfid detail コマンドを使用します。

show rfid detail mac_address

構文の説明

mac_address

RFID タグの MAC アドレス。

コマンド デフォルト

なし。

次に、RFID の詳細情報を表示する例を示します。


> show rfid detail 00:12:b8:00:20:52
RFID address..................................... 00:12:b8:00:20:52
Vendor........................................... G2
Last Heard....................................... 51 seconds ago 
Packets Received................................. 2
Bytes Received................................... 324
Cisco Type.......................................
Content Header
=================
Version.......................................... 0
Tx Power......................................... 12 dBm
Channel.......................................... 1
Reg Class........................................ 12
Burst Length..................................... 1
CCX Payload
===========
Last Sequence Control............................ 0
Payload length................................... 127
Last Sequence Control............................ 0
Payload length................................... 127
Payload Data Hex Dump
01 09 00 00 00 00 0b 85 52 52 52 02 07 4b ff ff
7f ff ff ff 03 14 00 12 7b 10 48 53 c1 f7 51 4b
50 ba 5b 97 27 80 00 67 00 01 03 05 01 42 34 00
00 03 05 02 42 5c 00 00 03 05 03 42 82 00 00 03
05 04 42 96 00 00 03 05 05 00 00 00 55 03 05 06
42 be 00 00 03 02 07 05 03 12 08 10 00 01 02 03
04 05 06 07 08 09 0a 0b 0c 0d 0e 0f 03 0d 09 03
08 05 07 a8 02 00 10 00 23 b2 4e 03 02 0a 03
Nearby AP Statistics:
lap1242-2(slot 0, chan 1) 50 seconds ag.... -76 dBm
lap1242(slot 0, chan 1) 50 seconds ago..... -65 dBm

関連コマンド

config rfid status

config rfid timeout

show rfid config

show rfid client

show rfid summary

show rfid summary

指定されたタグの無線周波数 ID(RID)情報の要約を表示するには、show rfid summary コマンドを使用します。

show rfid summary

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、RFID 情報の要約を表示する例を示します。


> show rfid summary
Total Number of RFID   : 5
----------------- -------- ------------------ ------ ---------------------
     RFID ID      VENDOR       Closest AP      RSSI  Time Since Last Heard
----------------- -------- ------------------ ------ ---------------------
00:04:f1:00:00:04 Wherenet ap:1120             -51      858 seconds ago
00:0c:cc:5c:06:d3 Aerosct  ap:1120             -51       68 seconds ago
00:0c:cc:5c:08:45 Aerosct  AP_1130             -54      477 seconds ago
00:0c:cc:5c:08:4b Aerosct  wolverine           -54      332 seconds ago
00:0c:cc:5c:08:52 Aerosct  ap:1120             -51      699 seconds ago

関連コマンド

config rfid status

config rfid timeout

show rfid client

show rfid detail

show rfid config

その他の show コマンド

この項には、コントローラ設定を表示するための他の show コマンドがリストされています。

show 802.11 cu-metrics

アクセス ポイントのチャネル使用率メトリックを表示するには、show 802.11 cu-metrics コマンドを使用します。

show 802.11{ a | b} cu-metrics cisco_ap

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

cisco_ap

アクセス ポイント名。

コマンド デフォルト

なし。

次に、AP myAP1 の AP チャネル使用率のメトリックを表示する例を示します。


> show 802.11a cu-metrics AP1
AP Interface Mac:           30:37:a6:c8:8a:50
Measurement Duration:       90sec
 Timestamp               Thu Jan 27 09:08:48 2011
   Channel Utilization stats
   ================
     Picc (50th Percentile)...................... 0
     Pib (50th Percentile)....................... 76
     Picc (90th Percentile)...................... 0
     Pib (90th Percentile)....................... 77
 Timestamp               Thu Jan 27 09:34:34 2011

show advanced 802.11 l2roam

802.11a または 802.11b/g レイヤ 2 クライアントのローミング情報を表示するには、show advanced 802.11 l2roam コマンドを使用します。

show advanced 802.11{ a | b} l2roam { rf-param | statistics} mac_address}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

rf-param

レイヤ 2 周波数パラメータを指定します。

statistics

レイヤ 2 クライアントのローミング統計情報を指定します。

mac_address

クライアントの MAC アドレス。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11b レイヤ 2 クライアントのローミング情報を表示する例を示します。


> show advanced 802.11b l2roam rf-param

L2Roam 802.11bg RF Parameters.....................
    Config Mode.................................. Default
    Minimum RSSI................................. -85
    Roam Hysteresis.............................. 2
    Scan Threshold............................... -72
    Transition time.............................. 5

関連コマンド

config 802.11 l2roam rf-params

show advanced send-disassoc-on-handoff

ハンドオフ後に WLAN コントローラがクライアントをアソシエート解除するかどうかを表示するには、show advanced send-disassoc-on-handoff コマンドを使用します。

show advanced send-disassoc-on-handoff

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ハンドオフ後にアソシエート解除されたクライアントを表示する例を示します。


> show advanced send-disassoc-on-handoff
Send Disassociate on Handoff..................... Disabled

show advanced sip-preferred-call-no

優先コール番号のリストを表示するには、show advanced sip-preferred-call-no コマンドを使用します。

show advanced sip-preferred-call-no

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、優先コール番号のリストを表示する例を示します。


> show advanced sip-preferred-call-no
Preferred Call Numbers List
Call Index            Preferred Call No
-----------           ------------------
1                      911
2                      100
3                      101
4                      102
5                      103
6                      104

show advanced sip-snooping-ports

コール スヌーピングのポート範囲を表示するには、show advanced sip-snooping-ports コマンドを使用します。

show advanced sip-snooping-ports

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、コール スヌーピングのポート範囲を表示する例を示します。

> show advanced sip-snooping-ports
 SIP Call Snoop Ports: 1000 - 2000

関連コマンド

show cac voice stats

show cac voice summary

show cac video stats

show cac video summary

config 802.11 cac video sip

config 802.11 cac voice sip

show advanced sip-preferred-call-no

config advanced sip-snooping-ports

debug cac

show arp kernel

カーネル アドレス解決プロトコル(ARP)のキャッシュ情報を表示するには、show arp kernel コマンドを使用します。

show arp kernel

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、カーネル ARP キャッシュ情報を表示する例を示します。


> show arp kernel
IP address       HW type     Flags       HW address            Mask     Device
192.0.2.1        0x1         0x2         00:1A:6C:2A:09:C2     *        dtl0
192.0.2.8        0x1         0x6         00:1E:E5:E6:DB:56     *        dtl0

関連コマンド

clear arp

debug arp

show route kernel

show arp switch

Cisco ワイヤレス LAN コントローラの MAC アドレス、IP アドレス、およびポート タイプを表示するには、show arp switch コマンドを使用します。

show arp switch

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

次に、スイッチのアドレス解決プロトコル(ARP)キャッシュ情報を表示する例を示します。


> show arp switch
MAC Address          IP Address         Port      VLAN      Type
------------------- ---------------- ------------ ---- -------------------
xx:xx:xx:xx:xx:xx   xxx.xxx.xxx.xxx  service port    1         
xx:xx:xx:xx:xx:xx   xxx.xxx.xxx.xxx  service port               
xx:xx:xx:xx:xx:xx   xxx.xxx.xxx.xxx  service port               

関連コマンド

clear arp

debug arp

show arp kernel

show boot

プライマリおよびバックアップ ソフトウェアのビルド番号、またどちらのソフトウェアがアクティブかを表示するには、show boot コマンドを使用します。

show boot

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

各 Cisco ワイヤレス LAN コントローラは、プライマリとバックアップのオペレーティング システム ソフトウェア ロードをそれぞれ 1 つずつ不揮発性 RAM に保持することで、コントローラが必要に応じてプライマリ ロードをブートオフしたり(デフォルト)、バックアップ ロードに戻ったりできるようにします。

次に、デフォルトのブート イメージ情報を表示する例を示します。


> show boot
Primary Boot Image............................... 3.2.13.0 (active)
Backup Boot Image................................ 3.2.15.0

関連コマンド

config boot

show band-select

帯域幅選択情報を表示するには、show band-select コマンドを使用します。

show band-select

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、帯域幅選択情報を表示する例を示します。

> show band-select
Band Select Probe Response....................... per WLAN enabling
   Cycle Count................................... 3 cycles
   Cycle Threshold............................... 200 milliseconds
   Age Out Suppression........................... 20 seconds
   Age Out Dual Band............................. 60 seconds
   Client RSSI................................... -80 dBm

関連コマンド

config band-select

config wlan band-select

show buffers

コントローラのバッファ情報を表示するには、show buffers コマンドを使用します。

show buffers

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、コントローラのバッファ情報を表示する例を示します。

> show buffers
Pool[00]: 16 byte chunks
    chunks in pool:    50000
    chunks in use:     9196
    bytes in use:      147136
    bytes requested:   73218 (73918 overhead bytes)
Pool[01]: 64 byte chunks
    chunks in pool:    50100
    chunks in use:     19222
    bytes in use:      1230208
    bytes requested:   729199 (501009 overhead bytes)
Pool[02]: 128 byte chunks
    chunks in pool:    26200
    chunks in use:     9861
    bytes in use:      1262208
    bytes requested:   848732 (413476 overhead bytes)
Pool[03]: 256 byte chunks
    chunks in pool:    3000
    chunks in use:     596
    bytes in use:      152576
    bytes requested:   93145 (59431 overhead bytes)
Pool[04]: 384 byte chunks
    chunks in pool:    6000
    chunks in use:     258
    bytes in use:      99072
    bytes requested:   68235 (30837 overhead bytes)
Pool[05]: 512 byte chunks
    chunks in pool:    18700
    chunks in use:     18667
    bytes in use:      9557504
    bytes requested:   7933814 (1623690 overhead bytes)
Pool[06]: 1024 byte chunks
    chunks in pool:    3500
    chunks in use:     94
    bytes in use:      96256
    bytes requested:   75598 (20658 overhead bytes)
Pool[07]: 2048 byte chunks
    chunks in pool:    1000
    chunks in use:     54
    bytes in use:      110592
    bytes requested:   76153 (34439 overhead bytes)
Pool[08]: 4096 byte chunks
    chunks in pool:    1000
    chunks in use:     47
    bytes in use:      192512
    bytes requested:   128258 (64254 overhead bytes)
Raw Pool:
    chunks in use:     256
    bytes requested:   289575125

show cdp

Cisco Discovery Protocol(CDP)を表示し、CDP プロトコルの詳細を表示するには、show cdp コマンドを使用します。

show cdp { neighbors [ detail] | entry all | traffic}

構文の説明

neighbors

すべてのインターフェイスのすべての CDP ネイバーのリストを表示します。

detail

コントローラの CDP ネイバーの詳細情報を表示します。 このコマンドは、コントローラの CDP ネイバーのみを表示します。コントローラに関連付けられたアクセス ポイントの CDP ネイバーは表示しません。

entry all

データベース内のすべての CDP エントリを表示します。

traffic

CDP トラフィック情報を表示します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、CDP トラフィック情報を表示する例を示します。

> show cdp
CDP counters :
Total packets output: 0, Input: 0
Chksum error: 0
No memory: 0, Invalid packet: 0,

関連コマンド

config cdp

config ap cdp

show ap cdp

show certificate lsc

コントローラによってローカルで有効な証明書(LSC)が生成されたことを確認するには、show certificate lsc summary コマンドを使用します。

show certificate lsc { summary | ap-provision}

構文の説明

summary

LSC 証明書設定および証明書の要約を表示します。

ap-provision

LSC を使用してプロビジョニングされるアクセス ポイントに関する詳細を表示します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、LSC の要約を表示する例を示します。


> show certificate lsc summary
LSC Enabled...................................... Yes
LSC CA-Server.................................... http://10.0.0.1:8080/caserver
LSC AP-Provisioning.............................. Yes
Provision-List............................... Not Configured
LSC Revert Count in AP reboots............... 3
LSC Params:
Country...................................... 4
State........................................ ca
City......................................... ss
Orgn......................................... org
Dept......................................... dep
Email........................................ dep@co.com
KeySize...................................... 390
LSC Certs:
CA Cert...................................... Not Configured
RA Cert...................................... Not Configured

次に、LSC を使用してプロビジョニングされるアクセス ポイントに関する詳細を表示する例を示します。


> show certificate lsc ap-provision
LSC AP-Provisioning.............................. Yes
Provision-List................................... Present
Idx Mac Address
--- -------------
1 00:18:74:c7:c0:90

関連コマンド

config certificate lsc

show certificate compatibility

config certificate

show certificate summary

show local-auth certificates

show certificate ssc

Self Signed Device Certificate(SSC)と仮想コントローラのハッシュ キーを表示するには、show certificate ssc コマンドを使用します。

show certificate ssc

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

次に、SSC を表示する例を示します。

> show certificate ssc
 SSC Hash validation.............................. Enabled.

 SSC Device Certificate details:

         Subject Name :
                 C=US, ST=California, L=San Jose, O=Cisco Virtual Wireless LAN Controller,
                 CN=DEVICE-vWLC-AIR-CTVM-K9-000C297F2CF7, MAILTO=support@vwlc.com

         Validity :
                 Start : 2012 Jul 23rd, 15:47:53 GMT
                 End   : 2022 Jun  1st, 15:47:53 GMT

         Hash key : 5870ffabb15de2a617132bafcd73

関連コマンド

show certificate ssc

show mobility group member

config certificate ssc

config mobility group member hash

show certificate summary

コントローラにより証明書が生成されたことを確認するには、show certificate summary コマンドを使用します。

show certificate summary

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

次に、証明書の要約を表示する例を示します。


> show certificate summary
Web Administration Certificate................. Locally Generated
Web Authentication Certificate................. Locally Generated
Certificate compatibility mode:................ off

関連コマンド

config certificate

config certificate lsc

show certificate lsc

show certificate compatibility

show local-auth certificate

show coredump summary

コントローラのコア ダンプの要約を表示するには、show coredump summary コマンドを使用します。

show coredump summary

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、コア ダンプの要約を表示する例を示します。


> show coredump summary 
Core Dump is enabled
FTP Server IP.................................... 10.10.10.17
FTP Filename..................................... file1
FTP Username..................................... ftpuser
FTP Password.................................. *********

関連コマンド

config coredump

config coredump ftp

config coredump username

show cpu

現在の WLAN コントローラの CPU 使用情報を表示するには、show cpu コマンドを使用します。

show cpu

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

次に、現在の CPU の使用情報を表示する例を示します。


> show cpu
Current CPU load: 2.50%

show custom-web

Web 認証のカスタマイズ情報を表示するには、show custom-web コマンドを使用します。

show custom-web

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、Web 認証のカスタマイズ情報を表示する例を示します。


> show custom-web
Radius Authentication Method..................... PAP
Cisco Logo....................................... Enabled
CustomLogo....................................... None
Custom Title..................................... None
Custom Message................................... None
Custom Redirect URL.............................. None
External web authentication Mode................. Disabled
External web authentication URL.................. None

関連コマンド

config custom-web weblogo

config custom-web webmessage

config custom-web webtitle

config custom-web weblogo

config custom-web ext-webauth-mode

config custom-web redirectUrl

config custom-web ext-webauth-type

config custom-web ext-webauth-url

show custom-web

show database summary

データベースの最大エントリ数を表示するには、show database summary コマンドを使用します。

show database summary

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ローカル データベースの設定の要約を表示する例を示します。


> show database summary
Maximum Database Entries......................... 2048
Maximum Database Entries On Next Reboot.......... 2048
Database Contents
    MAC Filter Entries........................... 2
    Exclusion List Entries....................... 0
    AP Authorization List Entries................ 1
    Management Users............................. 1
    Local Network Users.......................... 1
        Local Users.............................. 1
        Guest Users.............................. 0
    Total..................................... 5

関連コマンド

config database size

show dhcp

内部 Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)サーバ設定を表示するには、show dhcp コマンドを使用します。

show dhcp { leases | summary | scope}

構文の説明

leases

割り当てられた DHCP リースを表示します。

summary

DHCP 要約情報を表示します。

scope

そのスコープの DHCP 情報を表示するスコープの名前。

コマンド デフォルト

なし。

次に、割り当てられた DHCP リースを表示する例を示します。


> show dhcp leases
No leases allocated.

次に、DHCP 要約情報を表示する例を示します。


> show dhcp summary
Scope Name           Enabled           Address Range
003                    No            0.0.0.0 -> 0.0.0.0

次に、スコープ 003 の DHCP 情報を表示する例を示します。


> show dhcp 003
Enabled....................................... No
Lease Time.................................... 0
Pool Start.................................... 0.0.0.0
Pool End...................................... 0.0.0.0
Network....................................... 0.0.0.0
Netmask....................................... 0.0.0.0
Default Routers............................... 0.0.0.0 0.0.0.0 0.0.0.0
DNS Domain....................................
DNS........................................... 0.0.0.0 0.0.0.0 0.0.0.0
Netbios Name Servers.......................... 0.0.0.0 0.0.0.0 0.0.0.0

関連コマンド

config dhcp proxy

config dhcp timeout

config interface dhcp

config wlan dhcp server

debug dhcp

debug dhcp service-port

debug disable-all

config dhcp

show dhcp proxy

show dtls connections

Datagram Transport Layer Security(DTLS)サーバのステータスを表示するには、show dtls connections コマンドを使用します。

show dtls connections

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、確立されている DTLS 接続を表示する例を示します。


> show dtls connections
AP Name         Local Port    Peer IP         Peer Port     Ciphersuite
--------------- ------------- --------------- ------------- -----------------------
1130            Capwap_Ctrl   1.100.163.210   23678         TLS_RSA _WITH_AES_128_CBC_SHA
1130            Capwap_Data   1.100.163.210   23678         TLS_RSA _WITH_AES_128_CBC_SHA
1240            Capwap_Ctrl   1.100.163.209   59674         TLS_RSA _WITH_AES_128_CBC_SHA

show dhcp proxy

DHCP プロキシ処理のステータスを表示するには、show dhcp proxy コマンドを使用します。

show dhcp proxy

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、DHCP プロキシ情報のステータスを表示する例を示します。


> show dhcp proxy 

DHCP Proxy Behavior: enabled

関連コマンド

config dhcp proxy

config dhcp timeout

config interface dhcp

config wlan dhcp_server

debug dhcp

debug dhcp service-port

debug disable-all

show dhcp

config dhcp

show dhcp timeout

DHCP タイムアウト値を表示するには、show dhcp timeout コマンドを使用します。

show dhcp timeout

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、DHCP タイムアウト値を表示する例を示します。


> show dhcp timeout 

DHCP Timeout (seconds)................. 10

関連コマンド

config dhcp proxy

config dhcp

config interface dhcp

config wlan dhcp_server

debug dhcp

debug dhcp service-port

debug disable-all

show dhcp

show dhcp proxy

show guest-lan

特定の有線ゲスト LAN の設定を表示するには、show guest-lan コマンドを使用します。

show guest-lan guest_lan_id

構文の説明

guest_lan_id

選択した有線ゲスト LAN の ID。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

コントローラに設定されているすべての有線ゲスト LAN を表示するには、show guest-lan summary コマンドを使用します。

次に、ゲスト LAN 設定を表示する例を示します。


> show guest-lan 2
Guest LAN Identifier........................... 1
Profile Name................................... guestlan
Network Name (SSID)............................ guestlan
Status......................................... Enabled
AAA Policy Override............................ Disabled
Number of Active Clients....................... 1
Exclusionlist Timeout.......................... 60 seconds
Session Timeout................................ Infinity
Interface...................................... wired
Ingress Interface.............................. wired-guest
WLAN ACL....................................... unconfigured
DHCP Server.................................... 10.20.236.90
DHCP Address Assignment Required............... Disabled
Quality of Service............................. Silver (best effort)
Security
	Web Based Authentication................... Enabled
	ACL........................................ Unconfigured
	Web-Passthrough............................ Disabled
	Conditional Web Redirect................... Disabled
	Auto Anchor................................ Disabled
Mobility Anchor List
GLAN ID IP Address Status

関連コマンド

config guest-lan

config guest-lan custom-web ext-webauth-url

config guest-lan custom-web global disable

config guest-lan custom-web login_page

config guest-lan nac

config guest-lan security

show invalid-config

編集した設定ファイル内の無視されたコマンドまたは無効な設定値を確認するには、show invalid-config コマンドを使用します。

show invalid-config

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

このコマンドを実行できるのは、clear config または save config コマンドの前のみです。

次に、コンフィギュレーション ファイル内の無視されたコマンドまたは無効な設定値のリストを表示する例を示します。


> show invalid-config
config wlan peer-blocking drop 3
config wlan dhcp_server 3 192.168.0.44 required

show inventory

Cisco ワイヤレス LAN コントローラの物理インベントリを表示するには、show inventory コマンドを使用します。

show inventory

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

一部の無線 LAN コントローラは、VPN 終端モジュールまたは電源がプロビジョニングされていないため、クリプト アクセラレータ(VPN 終端モジュール)または電源が表示されません。

次に、コントローラの物理インベントリを表示する例を示します。


> show inventory
Switch Description............................... Cisco Controller
Machine Model.................................... WLC4404-100
Serial Number.................................... FLS0923003B
Burned-in MAC Address............................ 00:0B:85:32:AB:60
Crypto Accelerator 1............................. Absent
Crypto Accelerator 2............................. Absent
Power Supply 1................................... Absent
Power Supply 2................................... Present, OK

関連コマンド

show ap inventory

show license agent

Cisco 5500 シリーズ コントローラのライセンス エージェント カウンタとセッション情報を表示するには、show license agent コマンドを使用します。

show license agent { counters | sessions}

構文の説明

counters

ライセンス エージェントのカウンタ情報を表示します。

sessions

セッションの情報を表示します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ライセンス エージェントのカウンタ情報を表示する例を示します。


> show license agent counters
License Agent Counters
Request Messages Received:0: Messages with Errors:0
Request Operations Received:0: Operations with Errors:0
Notification Messages Sent:0: Transmission Errors:0: Soap Errors:0


次に、ライセンス エージェントのセッション情報を表示する例を示します。


> show license agent sessions
License Agent Sessions: 0 open, maximum is 9

関連コマンド

config license agent

clear license agent

show license all

show license detail

show license feature

show license image-level

show license summary

show license all

Cisco 5500 シリーズ コントローラ上のすべてのライセンス情報を表示するには、show license all コマンドを使用します。

show license all

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、すべてのライセンスを表示する例を示します。


> show license all
License Store: Primary License Storage
StoreIndex:  0  Feature: wplus-ap-count   Version: 1.0
        License Type: Permanent
        License State: Inactive
        License Count: 12/0/0
        License Priority: Medium
StoreIndex:  1  Feature: base   Version: 1.0
        License Type: Permanent
        License State: Active, Not in Use
        License Count: Non-Counted
        License Priority: Medium
StoreIndex:  2  Feature: wplus   Version: 1.0
        License Type: Permanent
        License State: Active, In Use
        License Count: Non-Counted
        License Priority: Medium
License Store: Evaluation License Storage
StoreIndex:  0  Feature: wplus   Version: 1.0
        License Type: Evaluation
        License State: Inactive
            Evaluation total period:  8 weeks  4 days
            Evaluation period left:  6 weeks  6 days
        License Count: Non-Counted
        License Priority: Low
StoreIndex:  1  Feature: wplus-ap-count   Version: 1.0
        License Type: Evaluation
        License State: Active, In Use
            Evaluation total period:  8 weeks  4 days
            Evaluation period left:  2 weeks  3 days
            Expiry date: Thu Jun 25 18:09:43 2009
        License Count: 250/250/0
        License Priority: High
StoreIndex:  2  Feature: base   Version: 1.0
        License Type: Evaluation
        License State: Inactive
            Evaluation total period:  8 weeks  4 days
            Evaluation period left:  8 weeks  4 days
        License Count: Non-Counted
        License Priority: Low
StoreIndex:  3  Feature: base-ap-count   Version: 1.0
        License Type: Evaluation
        License State: Active, Not in Use, EULA accepted
            Evaluation total period:  8 weeks  4 days
            Evaluation period left:  8 weeks  3 days
        License Count: 250/0/0
        License Priority: Low

関連コマンド

license install

show license agent

show license detail

show license feature

show license image-level

show license summary

license modify priority

show license capacity

Cisco 5500 シリーズ コントローラでこのライセンスに許可されるアクセス ポイントの最大数、コントローラに現在結合されているアクセス ポイント数、およびコントローラにさらに結合できるアクセス ポイント数を表示するには、show license capacity コマンドを使用します。

show license capacity

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ライセンス機能を表示する例を示します。


> show license capacity
Licensed Feature    Max Count         Current Count     Remaining Count
-----------------------------------------------------------------------
AP Count            250               47                203

関連コマンド

license install

show license all

show license detail

show license feature

show license image-level

show license summary

license modify priority

show license evaluation

show license detail

Cisco 5500 シリーズ コントローラ 上の特定のライセンスに関する詳細を表示するには、show license detail コマンドを使用します。

show license detail license-name

構文の説明

license-name

特定のライセンスの名前。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ライセンスの詳細を表示する例を示します。


> show license detail wplus
Feature: wplus           Period left: Life time
Index:  1       Feature: wplus   Version: 1.0
        License Type: Permanent
        License State: Active, In Use
        License Count: Non-Counted
        License Priority: Medium
        Store Index: 2
        Store Name: Primary License Storage
Index:  2       Feature: wplus   Version: 1.0
        License Type: Evaluation
        License State: Inactive
            Evaluation total period:  8 weeks  4 days
            Evaluation period left:  6 weeks  6 days
        License Count: Non-Counted
        License Priority: Low
        Store Index: 0

関連コマンド

license install

show license agent

show license all

show license feature

show license image-level

show license summary

license modify priority

show license expiring

Cisco 5500 シリーズ コントローラで期限切れになるライセンスの詳細を表示するには、show license expiring コマンドを使用します。

show license expiring

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、期限切れになるライセンスの詳細を表示する例を示します。


> show license expiring
StoreIndex:  0  Feature: wplus   Version: 1.0
        License Type: Evaluation
        License State: Inactive
            Evaluation total period:  8 weeks  4 days
            Evaluation period left:  6 weeks  6 days
        License Count: Non-Counted
        License Priority: Low
StoreIndex:  1  Feature: wplus-ap-count   Version: 1.0
        License Type: Evaluation
        License State: Active, In Use
            Evaluation total period:  8 weeks  4 days
            Evaluation period left:  2 weeks  3 days
            Expiry date: Thu Jun 25 18:09:43 2009
        License Count: 250/250/0
        License Priority: High
StoreIndex:  2  Feature: base   Version: 1.0
        License Type: Evaluation
        License State: Inactive
            Evaluation total period:  8 weeks  4 days
            Evaluation period left:  8 weeks  4 days
        License Count: Non-Counted
        License Priority: Low
StoreIndex:  3  Feature: base-ap-count   Version: 1.0
        License Type: Evaluation
        License State: Active, Not in Use, EULA accepted
            Evaluation total period:  8 weeks  4 days
            Evaluation period left:  8 weeks  3 days
        License Count: 250/0/0
        License Priority: Low

関連コマンド

license install

show license all

show license detail

show license in-use

show license summary

license modify priority

show license evaluation

show license evaluation

Cisco 5500 シリーズ コントローラ 上の評価ライセンスの詳細を表示するには、show license evaluation コマンドを使用します。

show license evaluation

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、評価ライセンスの詳細を表示する例を示します。


> show license evaluation
StoreIndex:  0  Feature: wplus   Version: 1.0
        License Type: Evaluation
        License State: Inactive
            Evaluation total period:  8 weeks  4 days
            Evaluation period left:  6 weeks  6 days
        License Count: Non-Counted
        License Priority: Low
StoreIndex:  1  Feature: wplus-ap-count   Version: 1.0
        License Type: Evaluation
        License State: Active, In Use
            Evaluation total period:  8 weeks  4 days
            Evaluation period left:  2 weeks  3 days
            Expiry date: Thu Jun 25 18:09:43 2009
        License Count: 250/250/0
        License Priority: High
StoreIndex:  2  Feature: base   Version: 1.0
        License Type: Evaluation
        License State: Inactive
            Evaluation total period:  8 weeks  4 days
            Evaluation period left:  8 weeks  4 days
        License Count: Non-Counted
        License Priority: Low
StoreIndex:  3  Feature: base-ap-count   Version: 1.0
        License Type: Evaluation
        License State: Active, Not in Use, EULA accepted
            Evaluation total period:  8 weeks  4 days
            Evaluation period left:  8 weeks  3 days
        License Count: 250/0/0
        License Priority: Low

関連コマンド

license install

show license all

show license detail

show license expiring

show license in-use

show license summary

license modify priority

show license feature

Cisco 5500 シリーズ コントローラのライセンス対応機能の要約を表示するには、show license feature コマンドを使用します。

show license feature

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ライセンス対応機能を表示する例を示します。


> show license feature 
        Feature name Enforcement  Evaluation  Clear Allowed  Enabled
               wplus         yes         yes            yes      yes
      wplus-ap-count         yes         yes            yes      yes
                base          no         yes            yes       no
       base-ap-count         yes         yes            yes       no

関連コマンド

license install

show license all

show license detail

show license expiring

show license image-level

show license in-use

show license summary

show license modify priority

show license evaluation

show license file

Cisco 5500 シリーズ コントローラのライセンス対応機能の要約を表示するには、show license file コマンドを使用します。

show license file

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

次に、ライセンス ファイルの詳細を表示する例を示します。


> show license file
License Store: Primary License Storage
  Store Index: 0
    License: 11 wplus-ap-count 1.0 LONG NORMAL STANDALONE EXCL 12_KEYS INFINIT
             E_KEYS NEVER NEVER NiL SLM_CODE CL_ND_LCK NiL *1AR5NS7M5AD8PPU400
              NiL NiL NiL 5_MINS <UDI><PID>AIR-CT5508-K9</PID><SN>RFD000P2D27<
             /SN></UDI> Pe0L7tv8KDUqo:zlPe423S5wasgM8G,tTs0i,7zLyA3VfxhnIe5aJa
             m63lR5l8JM3DPkr4O2DI43iLlKn7jomo3RFl1LjMRqLkKhiLJ2tOyuftQSq2bCAO6
             nR3wIb38xKi3t$<WLC>AQEBIQAB//++mCzRUbOhw28vz0czAY0iAm7ocDLUMb9ER0
             +BD3w2PhNEYwsBN/T3xXBqJqfC+oKRqwInXo3s+nsLU7rOtdOxoIxYZAo3LYmUJ+M
             FzsqlhKoJVlPyEvQ8H21MNUjVbhoN0gyIWsyiJaM8AQIkVBQFzhr10GYolVzdzfJf
             EPQIx6tZ++/Vtc/q3SF/5Ko8XCY=</WLC>
    Comment:
       Hash: iOGjuLlXgLhcTB113ohIzxVioHA=
. . .

関連コマンド

license install

show license all

show license detail

show license expiring

show license feature

show license image-level

show license in-use

show license summary

show license evaluation

show license handle

Cisco 5500 シリーズ コントローラでライセンス ハンドルを表示するには、show license handle コマンドを使用します。

show license handle

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次の例では、ライセンス ハンドルを表示する方法を示します。


> show license handle
Feature: wplus                           , Handle Count: 1
    Units: 01( 0), ID: 0x5e000001, NotifyPC: 0x1001e8f4 LS-Handle (0x00000001),
Units: ( 1)
    Registered clients: 1
        Context 0x1051b610, epID 0x10029378
Feature: base                            , Handle Count: 0
    Registered clients: 1
        Context 0x1053ace0, epID 0x10029378
Feature: wplus-ap-count                  , Handle Count: 1
    Units: 250( 0), ID: 0xd4000002, NotifyPC: 0x1001e8f4        LS-Handle (0x000
00002), Units: (250)
    Registered clients: None
Feature: base-ap-count                   , Handle Count: 0
    Registered clients: None
Global Registered clients: 2
                Context 0x10546270, epID 0x100294cc
                Context 0x1053bae8, epID 0x100294cc

関連コマンド

license install

show license all

show license detail

show license expiring

show license feature

show license image-level

show license in-use

show license summary

show license image-level

Cisco 5500 シリーズ コントローラで使用されているライセンス イメージ レベルを表示するには、show license image-level コマンドを使用します。

show license image-level

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、イメージ レベルのライセンス設定を表示する例を示します。


> show license image-level
Module name  Image level  Priority  Configured  Valid license
wnbu         wplus        1         YES         wplus
             base         2         NO
 NOTE: wplus includes two additional features: Office Extend AP, Mesh AP.

関連コマンド

license install

show license all

show license detail

show license expiring

show license feature

license modify priority

show license in-use

show license summary

show license in-use

Cisco 5500 シリーズ コントローラで使用中のライセンスを表示するには、show license in-use コマンドを使用します。

show license in-use

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、使用中のライセンスを表示する例を示します。


> show license in-use
StoreIndex:  2  Feature: wplus   Version: 1.0
        License Type: Permanent
        License State: Active, In Use
        License Count: Non-Counted
        License Priority: Medium
StoreIndex:  1  Feature: wplus-ap-count   Version: 1.0
        License Type: Evaluation
        License State: Active, In Use
            Evaluation total period:  8 weeks  4 days
            Evaluation period left:  2 weeks  3 days
            Expiry date: Thu Jun 25 18:09:43 2009
        License Count: 250/250/0
        License Priority: High

関連コマンド

license install

show license all

show license detail

show license expiring

show license feature

show license image-level

show license modify priority

show license summary

show license permanent

show license evaluation

show license permanent

Cisco 5500 シリーズ コントローラ 上の永久ライセンスを表示するには、show license permanent コマンドを使用します。

show license permanent

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、永久ライセンスの情報を表示する例を示します。


> show license permanent
StoreIndex:  0  Feature: wplus-ap-count   Version: 1.0
        License Type: Permanent
        License State: Inactive
        License Count: 12/0/0
        License Priority: Medium
StoreIndex:  1  Feature: base   Version: 1.0
        License Type: Permanent
        License State: Active, Not in Use
        License Count: Non-Counted
        License Priority: Medium
StoreIndex:  2  Feature: wplus   Version: 1.0
        License Type: Permanent
        License State: Active, In Use
        License Count: Non-Counted
        License Priority: Medium

関連コマンド

license install

show license all

show license detail

show license expiring

show license feature

show license image-level

show license in-use

show license summary

license modify priority

show license evaluation

show license status

Cisco 5500 シリーズ コントローラのライセンス ステータスを表示するには、show license status コマンドを使用します。

show license status

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ライセンス ステータスを表示する例を示します。


> show license status
                License Type Supported
        permanent  Non-expiring node locked license
        extension  Expiring node locked license
        evaluation Expiring non node locked license
                License Operation Supported
        install    Install license
        clear      Clear license
        annotate   Comment license
        save       Save license
        revoke     Revoke license
                Device status
        Device Credential type: DEVICE
        Device Credential Verification: PASS
        Rehost Type: DC_OR_IC

関連コマンド

license install

show license all

show license detail

show license expiring

show license feature

show license image-level

show license in-use

show license summary

license modify priority

show license evaluation

show license statistics

Cisco 5500 シリーズ コントローラのライセンス統計情報を表示するには、show license statistics コマンドを使用します。

show license statistics

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ライセンス統計情報を表示する例を示します。


> show license statistics
                Administrative statistics
        Install success count:       0
        Install failure count:       0
        Install duplicate count:     0
        Comment add count:           0
        Comment delete count:        0
        Clear count:                 0
c        Save count:                  0
        Save cred count:             0
                Client status
        Request success count     2
        Request failure count     0
        Release count             0
        Global Notify count       0

関連コマンド

license install

show license all

show license detail

show license expiring

show license feature

show license image-level

show license in-use

show license summary

license modify priority

show license evaluation

show license summary

Cisco 5500 シリーズ コントローラ 上のすべてのライセンスの簡単な要約を表示するには、show license summary コマンドを使用します。

show license summary

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、すべてのライセンスの簡単な要約を表示する例を示します。


> show license summary
Index 1 Feature: wplus
        Period left: Life time
        License Type: Permanent
        License State: Active, In Use
        License Count: Non-Counted
        License Priority: Medium
Index 2 Feature: wplus-ap-count
        Period left:  2 weeks  3 days
        License Type: Evaluation
        License State: Active, In Use
        License Count: 250/250/0
        License Priority: High
Index 3 Feature: base
        Period left: Life time
        License Type: Permanent
        License State: Active, Not in Use
        License Count: Non-Counted
        License Priority: Medium
Index 4 Feature: base-ap-count
        Period left:  8 weeks  3 days
        License Type: Evaluation
        License State: Active, Not in Use, EULA accepted
        License Count: 250/0/0
        License Priority: Low

関連コマンド

license install

show license all

show license detail

show license expiring

show license feature

show license image-level

show license in-use

show license permanent

license modify priority

show license evaluation

show license udi

Cisco 5500 シリーズ コントローラ 上のライセンスの一意の UI(UDI)を表示するには、show license udi コマンドを使用します。

show license udi

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ライセンスの UDI 値を表示する例を示します。


> show license udi
Device# PID                     SN                      UDI
-------------------------------------------------------------------------------------
*0      AIR-CT5508-K9           RFD000P2D27             AIR-CT5508-K9:RFD000P2D27

関連コマンド

license install

show license all

show license detail

show license expiring

show license feature

show license image-level

show license in-use

show license summary

license modify priority

show license evaluation

show load-balancing

ロードバランシング機能のステータスを表示するには、show load-balancing コマンドを使用します。

show load-balancing

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ロードバランスのステータスを表示する例を示します。


> show load-balancing
Aggressive Load Balancing........................ Enabled
Aggressive Load Balancing Window................. 0 clients
Aggressive Load Balancing Denial Count........... 3
Statistics
Total Denied Count............................... 10 clients
Total Denial Sent................................ 20 messages
Exceeded Denial Max Limit Count.................. 0 times
None 5G Candidate Count.......................... 0 times
None 2.4G Candidate Count..................... 0 times

関連コマンド

config load-balancing

show logging

syslog ファシリティ ロギング パラメータとバッファの内容を表示するには、show logging コマンドを使用します。

show logging

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、現在の設定とバッファの詳細な内容を表示する例を示します。


> show logging
Logging to buffer :
- Logging of system messages to buffer :
 - Logging filter level.......................... errors
 - Number of system messages logged.............. 67227
 - Number of system messages dropped............. 21136
- Logging of debug messages to buffer ........... Disabled
 - Number of debug messages logged............... 0
 - Number of debug messages dropped.............. 0
Logging to console :
- Logging of system messages to console :
 - Logging filter level.......................... errors
 - Number of system messages logged.............. 0
 - Number of system messages dropped............. 88363
- Logging of debug messages to console .......... Enabled
 - Number of debug messages logged............... 0
 - Number of debug messages dropped.............. 0
Logging to syslog :
- Syslog facility................................ local0
- Logging of system messages to syslog :
 - Logging filter level.......................... errors
 - Number of system messages logged.............. 67227
 - Number of system messages dropped............. 21136
- Logging of debug messages to syslog ........... Disabled
 - Number of debug messages logged............... 0
 - Number of debug messages dropped.............. 0
- Number of remote syslog hosts.................. 0
  - Host 0....................................... Not Configured
  - Host 1....................................... Not Configured
  - Host 2....................................... Not Configured
Logging of traceback............................. Disabled
Logging of process information................... Disabled
Logging of source file informational............. Enabled
Timestamping of messages.........................
- Timestamping of system messages................ Enabled
 - Timestamp format.............................. Date and Time
- Timestamping of debug messages................. Enabled
 - Timestamp format.............................. Date and Time
 Logging buffer (67227 logged, 21136 dropped)
*Apr 03 09:48:01.728: %MM-3-INVALID_PKT_RECVD: mm_listen.c:5508 Received an invalid
packet from 1.100.163.51. Source member:0.0.0.0. source member unknown.
*Apr 03 09:47:34.194: %LWAPP-3-DECODE_ERR: spam_lrad.c:1271 Error decoding discovery
request from AP 00:13:5f:0e:d4:20
*Apr 03 09:47:34.194: %LWAPP-3-DISC_OTAP_ERR: spam_lrad.c:5554 Ignoring OTAP discovery
request from AP 00:13:5f:0e:d4:20, OTAP is disabled
Previous message occurred 2 times.

関連コマンド

config logging syslog host

config logging syslog facility

config logging syslog level

show loginsession

既存のセッションを表示するには、show loginsession コマンドを使用します。

show loginsession

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、現在のセッションの詳細を表示する例を示します。


> show loginsession
ID    username     Connection From   Idle Time    Session Time
-- ---------------  ---------------  ------------  ------------
00 admin            EIA-232          00:00:00      00:19:04

関連コマンド

config loginsession close

show mgmtuser

Cisco wireless LAN コントローラのローカル管理ユーザ アカウントを表示するには、show mgmtuser コマンドを使用します。

show mgmtuser

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、管理ユーザのリストを表示する例を示します。


> show mgmtuser
User Name                 Permissions    Description            Password Strength
-----------------------   ------------   --------------         ------------------
admin                     read-write                                      Weak

関連コマンド

config mgmtuser add

config mgmtuser delete

config mgmtuser description

config mgmtuser password

show netuser

ローカル ユーザ データベース内の特定のユーザの設定を表示するには、show netuser コマンドを使用します。

show netuser { detail user_name | guest-roles | summary}

構文の説明

detail

特定のネットワーク ユーザの詳細情報を表示します。

user_name

ネットワーク ユーザ。

guest_roles

ゲスト ユーザの設定済みロールを表示します。

summary

ローカル ユーザ データベース内のすべてのユーザの要約を表示します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ローカル ユーザ データベース内のすべてのユーザの要約を表示する例を示します。


> show netuser summary
Maximum logins allowed for a given username ........Unlimited


次に、指定したネットワーク ユーザの詳細情報を表示する例を示します。


> show netuser detail john10
username........................................... abc
WLAN Id............................................. Any
Lifetime............................................ Permanent
Description......................................... test user

関連コマンド

config netuser add

config netuser delete

config netuser description

config netuser guest-role apply

config netuser wlan-id

config netuser guest-roles

show netuser guest-roles

現在の Quality of Service(QoS)ロールとそれらの帯域幅パラメータのリストを表示するには、show netuser guest-roles コマンドを使用します。

show netuser guest-roles

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ゲストのネットワーク ユーザの QoS ロールを表示する例を示します。


> show netuser guest-roles
Role Name.............................. Contractor
	Average Data Rate.................. 10
	Burst Data Rate.................... 10
	Average Realtime Rate.............. 100
	Burst Realtime Rate................ 100
Role Name.............................. Vendor
	Average Data Rate.................. unconfigured
	Burst Data Rate.................... unconfigured
	Average Realtime Rate.............. unconfigured
	Burst Realtime Rate................ unconfigured

関連コマンド

config netuser add

config netuser delete

config netuser description

config netuser guest-role apply

config netuser wlan-id

show netuser guest-roles

show netuser

show network

すべての WLAN の 802.3 ブリッジの現在のステータスを表示するには、show network コマンドを使用します。

show network

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ネットワークの詳細を表示する例を示します。


> show network 

関連コマンド

config network

show network summary

show network multicast mgid detail

show network multicast mgid summary

show network summary

Cisco ワイヤレス LAN コントローラのネットワーク設定を表示するには、show network summary コマンドを使用します。

show network summary

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、要約設定を表示する例を示します。


> show network summary 
RF-Network Name............................. RF
Web Mode.................................... Disable
Secure Web Mode............................. Enable
Secure Web Mode Cipher-Option High.......... Disable
Secure Web Mode Cipher-Option SSLv2......... Disable
Secure Web Mode RC4 Cipher Preference....... Disable
OCSP........................................ Disabled
OCSP responder URL..........................
Secure Shell (ssh).......................... Enable
Telnet...................................... Enable
Ethernet Multicast Mode..................... Disable   Mode: Ucast
Ethernet Broadcast Mode..................... Disable
Ethernet Multicast Forwarding............... Disable
Ethernet Broadcast Forwarding............... Disable
AP Multicast/Broadcast Mode................. Unicast
IGMP snooping............................... Disabled
IGMP timeout................................ 60 seconds
IGMP Query Interval......................... 20 seconds
MLD snooping................................ Disabled
MLD timeout................................. 60 seconds
MLD query interval.......................... 20 seconds
User Idle Timeout........................... 300 seconds
AP Join Priority............................ Disable
ARP Idle Timeout............................ 300 seconds
ARP Unicast Mode............................ Disabled
Cisco AP Default Master..................... Disable
Mgmt Via Wireless Interface................. Disable
Mgmt Via Dynamic Interface.................. Disable
Bridge MAC filter Config.................... Enable
Bridge Security Mode........................ EAP
Over The Air Provisioning of AP's........... Enable
Apple Talk ................................. Disable
Mesh Full Sector DFS........................ Enable
AP Fallback ................................ Disable
Web Auth CMCC Support ...................... Disabled
Web Auth Redirect Ports .................... 80
Web Auth Proxy Redirect  ................... Disable
Web Auth Captive-Bypass   .................. Disable
Web Auth Secure Web  ....................... Enable
Fast SSID Change ........................... Disabled
AP Discovery - NAT IP Only ................. Enabled
IP/MAC Addr Binding Check .................. Enabled
CCX-lite status ............................ Disable
oeap-600 dual-rlan-ports ................... Disable
oeap-600 local-network ..................... Enable
mDNS snooping............................... Disabled
mDNS Query Interval......................... 15 minutes

関連コマンド

config network

show network multicast mgid summary

show network multicast mgid detail

show network

show network multicast mgid detail

特定のマルチキャスト グループ ID(MGID)のマルチキャスト グループに結合されたすべてのクライアントを表示するには、show network multicast mgid detail コマンドを使用します。

show network multicast mgid detail mgid_value

構文の説明

mgid_value

550 ~ 4095 の範囲内の数。

コマンド デフォルト

なし。

次に、マルチキャスト データベースの詳細を表示する例を示します。


> show network multicast mgid detail 
Mgid ............................... 550
Multicast Group Address ............ 239.255.255.250
Vlan ............................... 0
Rx Packet Count .................... 807399588
No of clients ...................... 1
Client List ........................
		Client MAC 	 				Expire TIme (mm:ss)
	 	00:13:02:23:82:ad 	 0:20

関連コマンド

show network summary

show network multicast mgid detail

show network

show network multicast mgid summary

すべてのマルチキャスト グループと対応するマルチキャスト グループ ID(MGID)を表示するには、show network multicast mgid summary コマンドを使用します。

show network multicast mgid summary

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、マルチキャスト グループとそれらの MGID の要約を表示する例を示します。


> show network multicast mgid summary 
Layer2 MGID Mapping:
-------------------
InterfaceName 		 		 		 	 vlanId 		 	MGID
----------------------------- ------ 	-----
management 	 	 	 	 			 0 	 	 	0
test 	 	 			 		 0 			9
wired 	 						 20 	 		8
Layer3 MGID Mapping:
-------------------
Number of Layer3 MGIDs ................ 1
	Group address 	 	 	 	 	Vlan 	 	MGID
	------------------ 	----- 	 ------
	239.255.255.250 		 	 	 0 	 	 	550

関連コマンド

show network summary

show network multicast mgid detail

show network

show nmsp notify-interval summary

ネットワーク モビリティ サービス プロトコル(NMSP)設定を表示するには、show nmsp notify-interval summary コマンドを使用します。

show nmsp notify-interval summary

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、NMSP 設定情報を表示する例を示します。


> show nmsp notify-interval summary
NMSP Notification Interval Summary
 Client
        Measurement interval:    2 sec
 RFID
        Measurement interval:    8 sec
 Rogue AP
        Measurement interval:    2 sec
 Rogue Client
        Measurement interval:    2 sec

関連コマンド

clear locp statistics

clear nmsp statistics

config nmsp notify-interval measurement

show nmsp statistics

show nmsp status

show nmsp statistics

ネットワーク モビリティ サービス プロトコル(NMSP)カウンタを表示するには、show nmsp statistics コマンドを使用します。

show nmsp statistics { summary | connection all}

構文の説明

summary

一般的な NMSP カウンタを表示します。

connection all

すべての接続別カウンタを表示します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、一般的な NMSP カウンタの要約を表示する例を示します。


> show nmsp statistics summary
Send RSSI with no entry:               0
Send too big msg:                      0
Failed SSL write:                      0
Partial SSL write:                     0
SSL write attempts to want write:
Transmit Q full:0
Max Measure Notify Msg:                0
Max Info Notify Msg:                   0
Max Tx Q Size:                         2
Max Rx Size:                           1
Max Info Notify Q Size:                0
Max Client Info Notify Delay:          0
Max Rogue AP Info Notify Delay:        0
Max Rogue Client Info Notify Delay:    0
Max Client Measure Notify Delay:       0
Max Tag Measure Notify Delay:          0
Max Rogue AP Measure Notify Delay:     0
Max Rogue Client Measure Notify Delay: 0
Max Client Stats Notify Delay:         0
Max Tag Stats Notify Delay:            0
RFID Measurement Periodic :            0
RFID Measurement Immediate :           0
Reconnect Before Conn Timeout:         0

次に、すべての接続別 NMSP カウンタを表示する例を示します。


> show nmsp statistics connection all
NMSP Connection Counters
Connection 1 :
 Connection status:  UP
 Freed Connection:    0
 Nmsp Subscr Req:     0          NMSP Subscr Resp:   0
 Info Req:            1          Info Resp:          1
 Measure Req:         2          Measure Resp:        2
 Stats Req:           2          Stats Resp:          2
 Info Notify:         0          Measure Notify:      0
 Loc Capability:      2
 Location Req:        0          Location Rsp:        0
 Loc Subscr Req:      0          Loc Subscr Rsp:      0
 Loc Notif:           0
 Loc Unsubscr Req:    0          Loc Unsubscr Rsp:    0
 IDS Get Req:         0          IDS Get Resp:        0
 IDS Notif:           0
 IDS Set Req:         0          IDS Set Resp:        0

関連コマンド

show nmsp notify-interval summary

clear nmsp statistics

config nmsp notify-interval measurement

show nmsp status

show nmsp status

アクティブなネットワーク モビリティ サービス プロトコル(NMSP)接続のステータスを表示するには、show nmsp status コマンドを使用します。

show nmsp status

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、アクティブな NMSP 接続の状態を表示する例を示します。


> show nmsp status
LocServer IP   TxEchoResp  RxEchoReq TxData  RxData
-------------- ----------- --------- ------- -------
171.71.132.158 21642       21642     51278   21253

関連コマンド

show nmsp notify-interval summary

clear nmsp statistics

config nmsp notify-interval measurement

show nmsp status

clear locp statistics

show nmsp statistics

show nmsp subscription

コントローラ上でアクティブになっているネットワーク モビリティ サービス プロトコル(NMSP)サービスを表示するには、show nmsp subscription コマンドを使用します。

show nmsp subscription { summary | detail ip_addr}

構文の説明

summary

コントローラがサブスクライブされているすべての NMSP サービスを表示します。

detail

コントローラがサブスクライブされているすべての NMSP サービスの詳細を表示します。

ip_addr

特定の IP アドレスでサブスクライブされている NMSP サービスについてのみ詳細を表示します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、コントローラがサブスクライブされているすべての NMSP サービスの要約を表示する例を示します。


> show nmsp subscription summary
Mobility Services Subscribed:
Server IP          Services
---------          --------
10.10.10.31        RSSI, Info, Statistics

次に、すべての NMSP サービスの詳細を表示する例を示します。


> show nmsp subscription detail 10.10.10.31
Mobility Services Subscribed by 10.10.10.31
Services          Sub-services
--------          ------------
RSSI              Mobile Station, Tags,
Info              Mobile Station,
Statistics        Mobile Station, Tags,

関連コマンド

show nmsp notify-interval summary

show nmsp statistics

config nmsp notify-interval measurement

clear nmsp statistics

clear locp statistics

show ntp-keys

ネットワーク タイム プロトコル認証キーの詳細を表示するには、show ntp-keys コマンドを使用します。

show ntp-keys

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、NTP 認証キーの詳細を表示する例を示します。


> show ntp-keys
Ntp Authentication Key Details...................
      Key Index
     -----------
         1
         3

関連コマンド

config time ntp

show qos

Quality of Service(QoS)の情報を表示するには、show qos コマンドを使用します。

show qos { bronze | gold | platinum | silver}

構文の説明

bronze

WLAN の Bronze プロファイルの QoS 情報を表示します。

gold

WLAN のゴールド プロファイルの QoS 情報を表示します。

platinum

WLAN のプラチナ プロファイルの QoS 情報を表示します。

silver

WLAN のシルバー プロファイルの QoS 情報を表示します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、シルバー プロファイルの QoS 情報を表示する例を示します。


> show qos 

Description...................................... For Best Effort
Maximum Priority................................. besteffort
Unicast Default Priority......................... besteffort
Multicast Default Priority....................... besteffort
Per-SSID Rate Limits............................. Upstream      Downstream
Average Data Rate................................   0             0
Average Realtime Data Rate.......................   0             0
Burst Data Rate..................................   0             0
Burst Realtime Data Rate.........................   0             0
Per-Client Rate Limits........................... Upstream      Downstream
Average Data Rate................................   0             0
Average Realtime Data Rate.......................   0             0
Burst Data Rate..................................   0             0
Burst Realtime Data Rate.........................   0             0
protocol......................................... none

関連コマンド

config qos protocol-type

show reset

スケジュールされたシステム リセット パラメータを表示するには、show reset コマンドを使用します。

show reset

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、スケジュールされたシステム リセット パラメータを表示する例を示します。


> show reset 
System reset is scheduled for Mar 27 01 :01 :01 2010
Current local time and date is Mar 24 02:57:44 2010
A trap will be generated 10 minutes before each scheduled system reset.
Use ‘reset system cancel’ to cancel the reset.
Configuration will be saved before the system reset.

関連コマンド

reset system at

reset system in

reset system cancel

reset system notify-time

show route kernel

カーネルのルート キャッシュ情報を表示するには、show route kernel コマンドを使用します。

show route kernel

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、カーネルのルート キャッシュ情報を表示する例を示します。


> show route kernel
Iface  Destination  Gateway   Flags    RefCnt Use  Metric   Mask   MTU   Window   IRTT
dtl0    14010100    00000000  0001      0     0     0    FFFFFF00  0      0        0
dtl0    28282800    00000000  0001      0     0     0    FFFFFF00  0      0        0
dtl0    34010100    00000000  0001      0     0     0    FFFFFF00  0      0        0
eth0    02020200    00000000  0001      0     0     0    FFFFFF00  0      0        0
dtl0    33010100    00000000  0001      0     0     0    FFFFFF00  0      0        0
dtl0    0A010100    00000000  0001      0     0     0    FFFFFF00  0      0        0
dtl0    32010100    00000000  0001      0     0     0    FFFFFF00  0      0        0
dtl0    0A000000    0202020A  0003      0     0     0    FF000000  0      0        0
lo      7F000000    00000000  0001      0     0     0    FF000000  0      0        0
dtl0    00000000    0A010109  0003      0     0     0    00000000  0      0        0

関連コマンド

clear ap

debug arp

show arp kernel

config route add

config route delete

show route summary

Cisco ワイヤレス LAN コントローラ サービス ポートに割り当てられているルートを表示するには、show route summary コマンドを使用します。

show route summary

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、設定されたすべてのルートを表示する例を示します。


> show route summary
Number of Routes............................... 1
Destination Network          Genmask               Gateway
-------------------    -------------------   -------------------
xxx.xxx.xxx.xxx        255.255.255.0         xxx.xxx.xxx.xxx

関連コマンド

config route

show sessions

コンソール ポートのログイン タイムアウトおよび同時コマンドライン インターフェイス(CLI)セッションの最大数を表示するには、show sessions コマンドを使用します。

show sessions

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

5 分、5 セッション。

次に、CLI セッションの設定を表示する例を示します。


> show sessions
CLI Login Timeout (minutes)............ 0
Maximum Number of CLI Sessions......... 5

この応答は、CLI セッションがタイムアウトすることはなく、Cisco ワイヤレス LAN コントローラは最大で 5 つの同時 CLI セッションをホストできることを示しています。

関連コマンド

config sessions maxsessions

config sessions timeout

show snmpcommunity

Simple Network Management Protocol(SNMP)コミュニティ エントリを表示するには、show snmpcommunity コマンドを使用します。

show snmpcommunity

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、SNMP コミュニティ エントリを表示する例を示します。


> show snmpcommunity
SNMP Community Name Client IP Address Client IP Mask    Access Mode Status
------------------- ----------------- ----------------- ----------- --------
public              0.0.0.0           0.0.0.0           Read Only   Enable
**********          0.0.0.0           0.0.0.0           Read/Write  Enable

関連コマンド

config snmp community accessmode

config snmp community create

config snmp community delete

config snmp community ipaddr

config snmp community mode

config snmp syscontact

show snmpengineID

SNMP エンジン ID を表示するには、show snmpengineID コマンドを使用します。

show snmpengineID

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、SNMP エンジン ID を表示する例を示します。


> show snmpengineID 
SNMP EngineId... ffffffffffff

関連コマンド

config snmp engineID

show snmptrap

Cisco ワイヤレス LAN コントローラの Simple Network Management Protocol(SNMP)のトラップ レシーバとそれらのステータスを表示するには、show snmptrap コマンドを使用します。

show snmptrap

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、SNMP トラップ レシーバとそれらのステータスを表示する例を示します。


> show snmptrap
SNMP Trap Receiver Name    IP Address        Status
------------------------   ----------------- --------
xxx.xxx.xxx.xxx            xxx.xxx.xxx.xxx   Enable

関連コマンド

config snmp trapreceiver create

config snmp trapreceiver delete

show snmpv3user

Simple Network Management Protocol(SNMP)バージョン 3 の設定を表示するには、show snmpv3user コマンドを使用します。

show snmpv3user

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、SNMP バージョン 3 の設定情報を表示する例を示します。


> show snmpv3user
SNMP v3 username    AccessMode  Authentication Encryption
-------------------- ----------- -------------- ----------
default              Read/Write  HMAC-SHA       CFB-AES

関連コマンド

config snmp v3user create

config snmp v3user delete

show snmpversion

コントローラ上でどのバージョンの簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)がイネーブルまたはディセーブルになっているかを表示するには、show snmpversion コマンドを使用します。

show snmpversion

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

イネーブル

次に、SNMP v1/v2/v3 ステータスを表示する例を示します。


> show snmpversion
SNMP v1  Mode.................................. Disable
SNMP v2c Mode.................................. Enable
SNMP v3  Mode.................................. Enable

関連コマンド

config snmp version

show switchconfig

Cisco ワイヤレス LAN コントローラに適用するパラメータを表示するには、show switchconfig コマンドを使用します。

show switchconfig

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

イネーブル

次に、Cisco ワイヤレス LAN コントローラに適用するパラメータを表示する例を示します。


> show switchconfig
802.3x Flow Control Mode......................... Disabled
FIPS prerequisite features....................... Enabled
Boot Break....................................... Enabled
secret obfuscation............................... Enabled
Strong Password Check Features:
         case-check ...........Disabled
         consecutive-check ....Disabled
         default-check .......Disabled
         username-check ......Disabled

関連コマンド

config switchconfig mode

config switchconfig secret-obfuscation

config switchconfig strong-pwd

config switchconfig flowcontrol

config switchconfig fips-prerequisite

show stats switch

show sysinfo

Cisco ワイヤレス LAN コントローラの概要情報を表示するには、show sysinfo コマンドを使用します。

show sysinfo

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ワイヤレス LAN コントローラ情報を表示する例を示します。


> show sysinfo
Manufacturer's Name.............................. Cisco Systems Inc.
Product Name..................................... Cisco Controller
Product Version.................................. 6.0.133.0
Build Information................................ Tue Mar 31 11:44:12 PDT 2009
Bootloader Version............................... 0.14.0
Field Recovery Image Version..................... 5.3.38.0-BL-9-16
Firmware Version................................. FPGA 1.0, Env 0.8, USB console 1.27
Build Type....................................... DATA + WPS
System Name...................................... 5500
System Location..................................
System Contact...................................
System ObjectID.................................. 1.3.6.1.4.1.9.1.1
IP Address....................................... 10.10.10.7
Last Reset....................................... Software reset
System Up Time................................... 1 days 15 hrs 17 mins 48 secs
System Timezone Location....................
Current Boot License Level....................... wplus
Current Boot License Type........................ Permanent
Next Boot License Level.......................... wplus
Next Boot License Type........................... Permanent
Configured Country............................... US  - United States
Operating Environment............................ Commercial (0 to 40 C)
Internal Temp Alarm Limits....................... 0 to 65 C
Internal Temperature............................. +45 C
External Temperature............................. +29 C
Fan Status....................................... OK
State of 802.11b Network......................... Enabled
State of 802.11a Network......................... Disabled
Number of WLANs.................................. 18
3rd Party Access Point Support................... Disabled
Number of Active Clients......................... 1
Burned-in MAC Address............................ 00:00:1B:EE:12:E0
Power Supply 1................................... Not Available
Power Supply 2................................... Not Available
Maximum number of APs supported.................. 250

関連コマンド

config sysname

show tech-support

Cisco Technical Assistance Center(TAC)から頻繁に要求される Cisco ワイヤレス LAN コントローラの変数を表示するには、show tech-support コマンドを使用します。

show tech-support

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次の例では、システム リソース情報を表示する方法を示します。


> show tech-support
Current CPU Load................................. 0%
System Buffers
   Max Free Buffers.............................. 4608
   Free Buffers.................................. 4604
   Buffers In Use................................ 4
Web Server Resources
   Descriptors Allocated......................... 152
   Descriptors Used.............................. 3
   Segments Allocated............................ 152
   Segments Used................................. 3
System Resources
   Uptime........................................ 747040 Secs
   Total Ram..................................... 127552 Kbytes
   Free Ram...................................... 19540 Kbytes
   Shared Ram.................................... 0 Kbytes
   Buffer Ram.................................... 460 Kbytes

show time

Cisco ワイヤレス LAN コントローラの日時を表示するには、show time コマンドを使用します。

show time

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、認証がイネーブルでないコントローラの日時を表示する例を示します。


> show time
Time............................................. Wed Apr 13 09:29:15 2011
Timezone delta................................... 0:0
Timezone location........................ (GMT +5:30) Colombo, New Delhi, Chennai, Kolkata
NTP Servers
    NTP Polling Interval.........................     3600
     Index     NTP Key Index     NTP Server      NTP Msg Auth Status
    -------  ---------------------------------------------------------------
       1              0           9.2.60.60       AUTH DISABLED

次に、NTP メッセージの認証に成功した結果、AUTH に成功する例を示します。


> show time
Time............................................. Thu Apr  7 13:56:37 2011
Timezone delta................................... 0:0
Timezone location........................ (GMT +5:30) Colombo, New Delhi, Chennai, Kolkata
NTP Servers
    NTP Polling Interval.........................     3600
     Index     NTP Key Index     NTP Server      NTP Msg Auth Status
    -------  ---------------------------------------------------------------
       1              1           9.2.60.60       AUTH SUCCESS

次に、受信パケットにエラーがある場合は、NTP メッセージ認証状態が AUTH の失敗を示す例を示します。


> show time
Time............................................. Thu Apr  7 13:56:37 2011
Timezone delta................................... 0:0
Timezone location........................ (GMT +5:30) Colombo, New Delhi, Chennai, Kolkata
NTP Servers
    NTP Polling Interval.........................     3600
     Index     NTP Key Index     NTP Server      NTP Msg Auth Status
    -------  ---------------------------------------------------------------
       1              10           9.2.60.60       AUTH FAILURE

次に、パケットの NTP サーバから応答がない場合、NTP メッセージ認証ステートが空白になる例を示します。


> show time
Time............................................. Thu Apr  7 13:56:37 2011
Timezone delta................................... 0:0
Timezone location................................ (GMT +5:30) Colombo, New Delhi, Chennai, Kolkata
NTP Servers
    NTP Polling Interval.........................     3600
     Index     NTP Key Index     NTP Server      NTP Msg Auth Status
    -------  ---------------------------------------------------------------
       1              11           9.2.60.60

関連コマンド

config time manual

config time ntp

config time timezone

config time timezone location

show trapflags

Cisco ワイヤレス LAN コントローラの Simple Network Management Protocol(SNMP)トラップ フラグを表示するには、show trapflags コマンドを使用します。

show trapflags

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、コントローラの SNMP トラップ フラグを表示する例を示します。


> show trapflags
Authentication Flag............................ Enable
Link Up/Down Flag.............................. Enable
Multiple Users Flag............................ Enable
Spanning Tree Flag............................. Enable
Client Related Traps
        802.11 Disassociation......................... Disable
        802.11 Association.............................Disabled
								802.11 Deauthenticate......................... Disable
        802.11 Authenticate Failure................... Disable
        802.11 Association Failure.................... Disable
								Authentication.................................Disabled
        Excluded...................................... Disable
								Max Client Warning Threshold.................. 90%
       Nac-Alert Traps................................. Disabled
       RFID Related Traps
        Max RFIDs Warning Threshold..................... 90%

802.11 Security related traps
        WEP Decrypt Error............................. Enable
        IDS Signature Attack............................ Disable

Cisco AP
        Register...................................... Enable
        InterfaceUp................................... Enable
Auto-RF Profiles
        Load.......................................... Enable
        Noise......................................... Enable
        Interference.................................. Enable
        Coverage...................................... Enable
Auto-RF Thresholds
        tx-power...................................... Enable
        channel....................................... Enable
        antenna....................................... Enable
AAA
        auth.......................................... Enable
        servers....................................... Enable
rogueap........................................ Enable
adjchannel-rogueap............................... Disabled
wps............................................ Enable
configsave..................................... Enable
IP Security
        esp-auth...................................... Enable
        esp-replay.................................... Enable
        invalidSPI.................................... Enable
        ike-neg....................................... Enable
        suite-neg..................................... Enable
        invalid-cookie................................ Enable
Mesh
        auth failure.................................... Enabled
        child excluded parent........................... Enabled
        parent change................................... Enabled
        child moved..................................... Enabled
        excessive parent change......................... Enabled
        onset SNR....................................... Enabled
        abate SNR....................................... Enabled
        console login................................... Enabled
        excessive association........................... Enabled
        default bridge group name....................... Enabled
        excessive hop count............................. Disabled
        excessive children.............................. Enabled
        sec backhaul change............................. Disabled

関連コマンド

config trapflags 802.11-Security

config trapflags aaa

config trapflags ap

config trapflags authentication

config trapflags client

config trapflags configsave

config trapflags IPsec

config trapflags linkmode

show traplog

Cisco ワイヤレス LAN コントローラの Simple Network Management Protocol(SNMP)トラップ ログを表示するには、show traplog コマンドを使用します。

show traplog

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、コントローラの SNMP トラップ ログ設定を表示する例を示します。


> show traplog
Number of Traps Since Last Reset........... 2447
Number of Traps Since Log Last Displayed... 2447
Log System Time              Trap
--- ------------------------ -------------------------------------------------
  0 Thu Aug  4 19:54:14 2005 Rogue AP : 00:0b:85:52:62:fe detected on Base Rad
                             io MAC : 00:0b:85:18:b6:50  Interface no:1(802.11
                             b/g) with RSSI: -78 and SNR: 10
  1 Thu Aug  4 19:54:14 2005 Rogue AP : 00:0b:85:52:19:d8 detected on Base Rad
                             io MAC : 00:0b:85:18:b6:50  Interface no:1(802.11
                             b/g) with RSSI: -72 and SNR: 16
  2 Thu Aug  4 19:54:14 2005 Rogue AP : 00:0b:85:26:a1:8d detected on Base Rad
                             io MAC : 00:0b:85:18:b6:50  Interface no:1(802.11
                             b/g) with RSSI: -82 and SNR: 6
  3 Thu Aug  4 19:54:14 2005 Rogue AP : 00:0b:85:14:b3:4f detected on Base Rad
                             io MAC : 00:0b:85:18:b6:50  Interface no:1(802.11
                             b/g) with RSSI: -56 and SNR: 30
Would you like to display more entries? (y/n)

関連コマンド

show trapflags

コンフィギュレーション コマンド

この項には、コントローラの設定およびユーザ アカウントの管理に使用できる config コマンドが一覧表示されています。

802.11h のコンフィギュレーション コマンド

config 802.11h コマンドを使用して、802.11h ネットワーク専用の設定を行います。

config 802.11h channelswitch

802.11h チャネル スイッチ通知を設定するには、config 802.11h channelswitch コマンドを使用します。

config 802.11h channelswitch { enable mode value | disable}

構文の説明

enable

802.11h チャネル スイッチ通知をイネーブルにします。

mode

802.11h チャネル スイッチ通知モード。

value

802.11h チャネル スイッチ通知の値。

disable

802.11h チャネル スイッチ通知をディセーブルにします。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11h スイッチ通知をディセーブルにする例を示します。


> config 802.11h channelswitch disable

関連コマンド

show 802.11h

config 802.11h powerconstraint

802.11h の電力制限値を設定するには、config 802.11h powerconstraint コマンドを使用します。

config 802.11h powerconstraint value

構文の説明

value

802.11h の電力制限値。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11h 電力制限を 5 に設定する例を示します。


> config 802.11h powerconstraint 5

関連コマンド

show 802.11h

config 802.11h setchannel

802.11h チャネル通知を使用して新規チャネルを設定するには、config 802.11h setchannel コマンドを使用します。

config 802.11h setchannel cisco_ap

構文の説明

cisco_ap

Cisco Lightweight アクセス ポイント名。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11h チャネルを使用して新しいチャネルを設定する例を示します。


> config 802.11h setchannel ap02

関連コマンド

show 802.11h

802.11 11n サポートのコンフィギュレーション コマンド

config 802.11 11nsupport コマンドを使用して、802.11n ネットワークの設定を行います。

config 802.11 11nsupport

ネットワークで 802.11n のサポートを有効にするには、config 802.11 11nsupport コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} 11nsupport { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a ネットワーク設定を指定します。

b

802.11b/g ネットワーク設定を指定します。

enable

802.11n サポートをイネーブルにします。

disable

802.11n サポートをディセーブルにします。

コマンド デフォルト

なし。

次に、802.11a ネットワークで 802.11n サポートをイネーブルにする例を示します。


> config 802.11a 11nsupport enable

関連コマンド

config 802.11 11nsupport mcs tx

config 802.11 11nsupport a-mpdu tx priority

config 802.11a disable network

config 802.11a disable

config 802.11a channel ap

config 802.11a txpower ap

config 802.11a chan_width

config 802.11 11nsupport a-mpdu tx priority

802.11n パケットに対して使用される集約方法を指定するには、config 802.11 11nsupport a-mpdu tx priority コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} 11nsupport a-mpdu tx priority { 0-7 | all} { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

0 ~ 7

0 ~ 7 の集約 MAC プロトコル データ ユニットの優先度を指定します。

all

すべての優先度を一度に設定します。

enable

優先度に関連付けられたトラフィックが A-MPDU 伝送を使用するように指定します。

disable

優先度に関連付けられたトラフィックが A-MSDU 伝送を使用するように指定します。

コマンド デフォルト

デフォルトでは、優先度 0 がイネーブルになっています。

使用上のガイドライン

集約は、パケット データ フレームを個別に伝送するのではなく、グループにまとめるプロセスです。 集約の方法には、Aggregated MAC Protocol Data Unit(A-MPDU; 集約 MAC プロトコル データ ユニット)と Aggregated MAC Service Data Unit(A-MSDU; 集約 MAC サービス データ ユニット)の 2 つがあります。 A-MPDU はソフトウェアで実行されますが、A-MSDU はハードウェアで実行されます。

トラフィック タイプごとに割り当てられた集約 MAC プロトコル データ ユニットの優先度は次のとおりです。

  • 1:バックグラウンド
  • 2:スペア
  • 0:ベスト エフォート
  • 3:エクセレント エフォート
  • 4:制御ロード
  • 5:ビデオ(100 ms 未満の遅延およびジッタ)
  • 6:音声(10 ms 未満の遅延およびジッタ)
  • 7:ネットワーク コントロール
  • all:すべての優先度を一度に設定します。

    (注)  


    クライアントが使用する集約方法に合わせて優先度を設定します。


次に、優先度に関連付けられたトラフィックが A-MSDU 伝送を使用するようにすべての優先度を設定する例を示します。


> config 802.11a 11nsupport a-mpdu tx priority all enable

関連コマンド

config 802.11 11nsupport mcs tx

config 802.11a disable network

config 802.11a disable

config 802.11a channel ap

config 802.11a txpower ap

config 802.11 11nsupport a-mpdu tx scheduler

802.11n-5 GHz A-MPDU 伝送集約スケジューラを設定するには、config 802.11 11nsupport a-mpdu tx scheduler コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} 11nsupport a-mpdu tx scheduler { enable | disable | timeout rt timeout-value}

構文の説明

enable

802.11n-5 GHz A-MPDU 伝送集約スケジューラをイネーブルにします。

disable

802.11n-5 GHz A-MPDU 伝送集約スケジューラをディセーブルにします。

timeout rt

A-MPDU 伝送集約スケジューラのリアルタイム トラフィック タイムアウトを設定します。

timeout-value

タイムアウト値はミリ秒単位です。 有効範囲は 1 ~ 1000 ミリ秒です。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

このコマンドを入力する前に、802.11 ネットワークがディセーブルであることを確認します。

次に、A-MPDU 伝送集約スケジューラのリアルタイム トラフィック タイムアウトを 100 ミリ秒に設定する例を示します。


> config 802.11 11nsupport a-mpdu tx scheduler timeout rt 100

関連コマンド

config 802.11 11nsupport mcs tx

config 802.11a disable network

config 802.11a channel ap

config 802.11a txpower ap

config 802.11a chan_width

config 802.11 11nsupport antenna

特定のアンテナを使用するようにアクセス ポイントを設定するには、config 802.11 11nsupport antenna コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} 11nsupport antenna cisco_ap { A | B | C | D} { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a/n ネットワークを指定します。

b

802.11b/g/n ネットワークを指定します。

cisco_ap

アクセス ポイント。

A/B/C/D

アンテナ ポートを指定します。

enable

設定をイネーブルにします。

disable

設定をディセーブルにします。

コマンド デフォルト

なし。

次に、レガシー直交周波数分割多重化用の 1 つのアンテナに伝送を設定する例を示します。


> config 802.11 11nsupport antenna AP1 C enable

関連コマンド

config 802.11 11nsupport mcs tx

config 802.11a disable network

config 802.11a disable

config 802.11a channel ap

config 802.11a txpower ap

config 802.11a chan_width

config 802.11 11nsupport guard-interval

ガード間隔を設定するには、config 802.11 11nsupport guard-interval コマンドを使用します。

config 802.11 { a | b} 11nsupport guard-interval { any | long}

構文の説明

any

短期または長期ガード間隔をイネーブルにします。

long

長期ガード間隔のみをイネーブルにします。

コマンド デフォルト

なし。

次に、長期ガード間隔を設定する例を示します。


> config 802.11 11nsupport guard-interval long

関連コマンド

config 802.11 11nsupport mcs tx

config 802.11a disable network

config 802.11a channel ap

config 802.11a txpower ap

config 802.11a chan_width

config 802.11 11nsupport mcs tx

アクセス ポイントとクライアントの間でのデータの伝送に使用される Modulation and Coding Scheme(MCS)レートを指定するには、config 802.11 11nsupport mcs tx コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} 11nsupport mcs tx { 0-15} { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

11nsupport

802.11n デバイスのサポートを指定します。

mcs tx

次のように変調および符号化方式のデータ レートを指定します。

  • 0(7 Mbps)
  • 1(14 Mbps)
  • 2(21 Mbps)
  • 3(29 Mbps)
  • 4(43 Mbps)
  • 5(58 Mbps)
  • 6(65 Mbps)
  • 7(72 Mbps)
  • 8(14 Mbps)
  • 9(29 Mbps)
  • 10(43 Mbps)
  • 11(58 Mbps)
  • 12(87 Mbps)
  • 13(116 Mbps)
  • 14(130 Mbps)
  • 15(144 Mbps)

enable

この設定をイネーブルにします。

disable

この設定をディセーブルにします。

コマンド デフォルト

なし。

次に、MCS レートを指定する例を示します。


> config 802.11a 11nsupport mcs tx 5 enable

関連コマンド

config 802.11 11nsupport

config wlan wmm required

config 802.11 11nsupport a-mpdu tx priority

config 802.11a disable network

config 802.11a disable

config 802.11a channel ap

config 802.11a txpower ap

config 802.11a chan_width

config 802.11 11nsupport rifs

データ フレームとその確認応答の間に Reduced Interframe Space(RIFS)を設定するには、config 802.11 11nsupport rifs コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} 11nsupport rifs { enable | disable}

構文の説明

enable

802.11 ネットワークの RIFS をイネーブルにします。

disable

802.11 ネットワークの RIFS をディセーブルにします。

コマンド デフォルト

なし。

次の例では、RIFS をイネーブルにする方法を示します。


> config 802.11a 11nsupport rifs enable

関連コマンド

config 802.11 11nsupport mcs tx

config 802.11a disable network

config 802.11a disable

config 802.11a channel ap

config 802.11a txpower ap

config 802.11a chan_width

802.11 CAC のコンフィギュレーション コマンド

config 802.11 cac コマンドを使用して、コール アドミッション制御(CAC)プロトコルを設定します。

config 802.11 cac defaults

802.11a および 802.11b/g ネットワークのデフォルトの Call Admission Control(CAC)パラメータを設定するには、config 802.11 cac defaults コマンドを使用します。

config 802.11 { a | b} cac defaults

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

使用上のガイドライン

802.11a または 802.11b/g ネットワークでのビデオ アプリケーションに対して CAC コマンドを実行するには、変更しようとしている WLAN に Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルが設定され、また Quality of Service(QoS)のレベルが Gold にセットされている必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、802.11a ネットワークのデフォルト CAC パラメータを設定する例を示します。

> config 802.11 cac defaults

関連コマンド

show cac voice stats

show cac voice summary

show cac video stats

show cac video summary

config 802.11 cac video tspec-inactivity-timeout

config 802.11 cac video max-bandwidth

config 802.11 cac video acm

config 802.11 cac video sip

config 802.11 cac video roam-bandwidth

config 802.11 cac load-based

config 802.11 cac media-stream

config 802.11 cac multimedia

config 802.11 cac video cac-method

debug cac

config 802.11 cac video acm

802.11a または 802.11b/g ネットワークに対してビデオ コール アドミッション制御(CAC)を有効または無効にするには、config 802.11 cac video acm コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cac video acm { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

ビデオ CAC 設定をイネーブルにします。

disable

ビデオ CAC 設定をディセーブルにします。

コマンド デフォルト

ディセーブル

使用上のガイドライン

CAC コマンドを使用するには、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、802.11a ネットワークのビデオ CAC をイネーブルにする例を示します。


> config 802.11 cac video acm enable

次に、802.11b ネットワークのビデオ CAC をディセーブルにする例を示します。


> config 802.11 cac video acm disable

関連コマンド

config 802.11 cac video max-bandwidth

config 802.11 cac video roam-bandwidth

config 802.11 cac video tspec-inactivity-timeout

config 802.11 cac video cac-method

802.11a または 802.11b/g ネットワークでのビデオ アプリケーションの Call Admission Control(CAC)方式を設定するには、config 802.11 cac video cac-method コマンドを使用します。

config 802.11 { a | b} cac video cac-method { static | load-based}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

static

802.11a または 802.11b/g ネットワークでのビデオ アプリケーションのスタティック CAC 方式をイネーブルにします。

スタティックまたは帯域幅ベースの CAC を使用して、クライアントは、新しいビデオ要求を受け入れるためにどの程度の帯域幅と共有メディア時間が必要であるかを指定することができ、その結果、要求に対処できるかどうかを判別するためのアクセス ポイントを使用できるようになります。

load-based

802.11a または 802.11b/g ネットワークでのビデオ アプリケーションの負荷ベースの CAC 方式をイネーブルにします。

負荷ベースの CAC またはダイナミック CAC で取り入れられている測定方式では、それ自体からのすべてのトラフィック タイプによって同一チャネル アクセス ポイントで消費される帯域幅や、同一チャネルの干渉によって消費される帯域幅が考慮されています。 負荷ベースの CAC では、PHY およびチャネル欠陥の結果発生する追加の帯域幅消費も対象となります。 アクセス ポイントは、コールをサポートするのに十分なだけの未使用帯域幅がチャネルにある場合に限り、新規のコールを許可します。

SIP-CAC がイネーブルのときは、負荷ベースの CAC はサポートされません。

コマンド デフォルト

スタティック。

使用上のガイドライン

802.11a または 802.11b/g ネットワークでのビデオ アプリケーションに対して CAC コマンドを実行するには、変更しようとしている WLAN に Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルが設定され、また Quality of Service(QoS)のレベルが Gold にセットされている必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

ビデオ CAC は、ユニキャスト ビデオ CAC と MC2UC CAC の 2 つのパートで構成されています。 ユニキャスト ビデオ CAC だけが必要な場合は、スタティック モードだけを設定します。 MC2UC CAC だけが必要な場合は、スタティックまたは負荷ベースの CAC を設定します。 SIP-CAC がイネーブルのときは、負荷ベースの CAC はサポートされません。

次に、802.11a ネットワークでビデオ アプリケーションのスタティック CAC 方式をイネーブルにする例を示します。

> config 802.11 cac video cac-method static

関連コマンド

show cac voice stats

show cac voice summary

show cac video stats

show cac video summary

config 802.11 cac video tspec-inactivity-timeout

config 802.11 cac video max-bandwidth

config 802.11 cac video acm

config 802.11 cac video sip

config 802.11 cac video roam-bandwidth

config 802.11 cac load-based

config 802.11 cac defaults

config 802.11 cac media-stream

config 802.11 cac multimedia

debug cac

config 802.11 cac video load-based

802.11a または 802.11b/g ネットワーク上でビデオ アプリケーションに対して負荷ベースの Admission Control(CAC)をイネーブルまたはディセーブルにするには、config 802.11 cac video load-based コマンドを使用します。

config 802.11 { a | b} cac video load-based { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

802.11a または 802.11b/g ネットワーク上でビデオ アプリケーションの負荷ベースの CAC をイネーブルにします。

負荷ベースの CAC またはダイナミック CAC で取り入れられている測定方式では、それ自体からのすべてのトラフィック タイプによって同一チャネル アクセス ポイントで消費される帯域幅や、同一チャネルの干渉によって消費される帯域幅が考慮されています。 負荷ベースの CAC では、PHY およびチャネル欠陥の結果発生する追加の帯域幅消費も対象となります。 アクセス ポイントは、コールをサポートするのに十分なだけの未使用帯域幅がチャネルにある場合に限り、新規のコールを許可します。

disable

802.11a または 802.11b/g ネットワークのビデオ アプリケーションの負荷ベースの CAC 方式をディセーブルにします。

コマンド デフォルト

ディセーブル

使用上のガイドライン

802.11a または 802.11b/g ネットワークでのビデオ アプリケーションに対して CAC コマンドを実行するには、変更しようとしている WLAN に Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルが設定され、また Quality of Service(QoS)のレベルが Gold にセットされている必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

ビデオ CAC は、ユニキャスト ビデオ CAC と MC2UC CAC の 2 つのパートで構成されています。 ユニキャスト ビデオ CAC だけが必要な場合は、スタティック モードだけを設定します。 MC2UC CAC だけが必要な場合は、スタティックまたは負荷ベースの CAC を設定します。 SIP-CAC がイネーブルのときは、負荷ベースの CAC はサポートされません。


(注)  


SIP-CAC がイネーブルのときは、負荷ベースの CAC はサポートされません。


次に、802.11a ネットワークでビデオ アプリケーションに対して負荷ベースの CAC の方式をイネーブルにする例を示します。

> config 802.11 cac video load-based enable

関連コマンド

show cac voice stats

show cac voice summary

show cac video stats

show cac video summary

config 802.11 cac video tspec-inactivity-timeout

config 802.11 cac video max-bandwidth

config 802.11 cac video acm

config 802.11 cac video sip

config 802.11 cac video roam-bandwidth

config 802.11 cac load-based

config 802.11 cac defaults

config 802.11 cac media-stream

config 802.11 cac multimedia

config 802.11 cac video cac-method

debug cac

config 802.11 cac video max-bandwidth

802.11a または 802.11b/g ネットワーク上でクライアントに割り当てられる最大帯域幅のうち、ビデオ アプリケーション用に使用する割合を設定するには、config 802.11 cac video max-bandwidth コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cac video max-bandwidth bandwidth

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

bandwidth

5 ~ 85 % の帯域の割合値。

コマンド デフォルト

0 %。

使用上のガイドライン

音声とビデオの最大無線周波数(RF)帯域幅が合計で 85 % を超えてはなりません。 クライアントが指定値に達すると、このネットワーク上での新しいコールはアクセス ポイントで拒否されます。


(注)  


このパラメータがゼロ(0)に設定されている場合、コントローラは帯域幅を割り当てないものと想定して、すべての帯域幅の要求を許可します。


コール アドミッション制御(CAC)コマンドでは、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、選択した無線帯域でビデオ アプリケーションに割り当てられる最大帯域幅の割合を指定する例を示します。


> config 802.11 cac video max-bandwidth 50

関連コマンド

config 802.11 cac video acm

config 802.11 cac video roam-bandwidth

config 802.11 cac voice stream-size

config 802.11 cac voice roam-bandwidth

config 802.11 cac media-stream

802.11a、802.11b ネットワークのメディア ストリーム Call Admission Control(CAC)の音声とビデオのパラメータを設定するには、config 802.11 cac media-stream コマンドを使用します。

config 802.11 { a | b} cac media-stream multicast-direct { max-retry-percent retry-percentage | min-client-rate dot11-rate}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

multicast-direct

マルチキャスト直接メディア ストリーム用の CAC パラメータを設定します。

max-retry-percent

マルチキャスト直接メディア ストリームに許可される最大再試行回数の割合を設定します。

retry-percentage

マルチキャスト直接メディア ストリームに許可される最大再試行回数の割合。

min-client-rate

マルチキャスト直接メディア ストリーム用のクライアントに最小のデータ送信レートを設定します。

dot11-rate

マルチキャスト直接メディア ストリーム用のクライアントへの最小のデータ送信レート。 クライアントが実行できる kbps 単位のレート。

伝送データ レートがこのレートを下回ると、ビデオが起動しないか、クライアントが不良クライアントとして分類される可能性があります。 不良クライアント ビデオは、より良いエフォートの QoS のために降格されたり、拒否される可能性があります。 使用可能なデータ レートは、6000、9000、12000、18000、24000、36000、48000、54000、および 11n レートです。

コマンド デフォルト

最大再試行回数の割合のデフォルト値は 80 です。 80 を超えると、ビデオが開始されないか、クライアントが不良クライアントとして分類される場合があります。 不良クライアント ビデオは、より良いエフォートの QoS のために降格されたり、拒否されたりします。

使用上のガイドライン

802.11a または 802.11b/g ネットワークでのビデオ アプリケーションに対して CAC コマンドを実行するには、変更しようとしている WLAN に Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルが設定され、また Quality of Service(QoS)のレベルが Gold にセットされている必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、802.11a ネットワークの 90 としてマルチキャスト直接メディア ストリームの最大試行回数の割合を設定する例を示します。

> config 802.11 cac media-stream multicast-direct max-retry-percent 90

関連コマンド

show cac voice stats

show cac voice summary

show cac video stats

show cac video summary

config 802.11 cac video tspec-inactivity-timeout

config 802.11 cac video max-bandwidth

config 802.11 cac video acm

config 802.11 cac video sip

config 802.11 cac video roam-bandwidth

config 802.11 cac load-based

config 802.11 cac defaults

config 802.11 cac multimedia

debug cac

config 802.11 cac multimedia

802.11a および 802.11b ネットワークの CAC メディア音声およびビデオ品質パラメータを設定するには、config 802.11 cac multimedia コマンドを使用します。

config 802.11 { a | b} cac multimedia max-bandwidth bandwidth

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

max-bandwidth

802.11a または 802.11b/g ネットワークで音声およびビデオ アプリケーション用に Wi-Fi Multimedia(WMM)クライアントに割り当てられる最大帯域幅の割合を設定します。

bandwidth

802.11a または 802.11b/g ネットワークで音声およびビデオ アプリケーション用に WMM クライアントに割り当てられる最大帯域幅の割合。 クライアントが指定値に達すると、アクセス ポイントはこの無線帯域での新しいコールを拒否します。 範囲は 5 ~ 85% です。

コマンド デフォルト

デフォルト値は 85 % です。

使用上のガイドライン

802.11a または 802.11b/g ネットワークでのビデオ アプリケーションに対して Call Admission Control(CAC)コマンドを実行するには、変更しようとしている WLAN に Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルが設定され、また Quality of Service(QoS)のレベルが Gold にセットされている必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、802.11a ネットワークで音声およびビデオ アプリケーション用に WMM クライアントに割り当てられる最大帯域幅の割合を設定する例を示します。

> config 802.11 cac multimedia max-bandwidth 80

関連コマンド

show cac voice stats

show cac voice summary

show cac video stats

show cac video summary

config 802.11 cac video tspec-inactivity-timeout

config 802.11 cac video max-bandwidth

config 802.11 cac video acm

config 802.11 cac video sip

config 802.11 cac video roam-bandwidth

config 802.11 cac load-based

config 802.11 cac defaults

debug cac

config 802.11 cac video roam-bandwidth

802.11a または 802.11b/g ネットワーク上での最大割り当て帯域幅のうち、ビデオ クライアントのローミング用に予約する割合を設定するには、config 802.11 cac video roam-bandwidth コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cac video roam-bandwidth bandwidth

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

bandwidth

5 ~ 85 % の帯域の割合値。

コマンド デフォルト

0 %。

使用上のガイドライン

コントローラは、指定された帯域幅をビデオ クライアントのローミング用に最大割り当て帯域幅から予約します。


(注)  


このパラメータがゼロ(0)に設定されている場合、コントローラは、帯域割り当てが行われないものと想定して、すべての帯域幅の要求を許可します。


CAC コマンドを使用するには、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM がイネーブルになっているすべての WLAN をディセーブルにします。
  • config 802.11 {a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11 {a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11 {a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、選択した無線帯域でビデオ クライアントのローミングに予約された最大割り当て帯域幅の割合を指定する例を示します。


> config 802.11 cac video roam-bandwidth 10

関連コマンド

config 802.11 cac video tspec-inactivity-timeout

config 802.11 cac video max-bandwidth

config 802.11 cac video acm

config 802.11 cac video cac-method

config 802.11 cac video sip

config 802.11 cac video load-based

config 802.11 cac video sip

802.11a または 802.11b/g ネットワーク上でビデオ アプリケーションを使用する非トラフィック仕様(TSPEC)用のビデオ コール アドミッション制御(CAC)をイネーブルまたはディセーブルにするには、config 802.11 cac video sip コマンドを使用します。

config 802.11 { a | b} cac video sip { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

802.11a または 802.11b/g ネットワークでビデオ アプリケーションを使用している非 TSPEC SIP クライアント用のビデオ CAC をイネーブルにします。

非 TSPEC SIP クライアントのビデオ CAC をイネーブルにすると、Facetime コールおよびビデオ コールなどのアプリケーションを使用できます。

disable

802.11a または 802.11b/g ネットワークでビデオ アプリケーションを使用している非 TSPEC SIP クライアント用のビデオ CAC をディセーブルにします。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

802.11a または 802.11b/g ネットワークでのビデオ アプリケーションに対して CAC コマンドを実行するには、変更しようとしている WLAN に Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルが設定され、また Quality of Service(QoS)のレベルが Gold にセットされている必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11 {a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。
  • config wlan call-snoop enable wlan_id コマンドを入力して、SIP クライアントが配置されている WLAN でのコール スヌーピングをイネーブルにします。

次に、802.11a ネットワークでビデオ アプリケーションを使用している非 TSPEC SIP クライアント用のビデオ CAC をイネーブルにする例を示します。

> config 802.11 cac video sip enable

関連コマンド

config 802.11 cac video tspec-inactivity-timeout

config 802.11 cac video max-bandwidth

config 802.11 cac video acm

config 802.11 cac video cac-method

config 802.11 cac video load-based

config 802.11 cac video roam-bandwidth

config 802.11 cac video tspec-inactivity-timeout

アクセス ポイントから受信したコール アドミッション制御(CAC)の Wi-Fi マルチメディア(WMM)トラフィック仕様(TSPEC)の非アクティブ タイムアウトを処理または無視するには、config 802.11 cac video tspec-inactivity-timeout コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cac video tspec-inactivity-timeout { enable | ignore}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

ab

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

TSPEC 無活動タイムアウト メッセージを処理します。

ignore

TSPEC 無活動タイムアウト メッセージを無視します。

コマンド デフォルト

無効になっています(ignore)。

使用上のガイドライン

CAC コマンドを使用するには、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、アクセス ポイントから受信した TSPEC 非アクティブ タイムアウト メッセージへの応答を処理する方法を示します。


> config 802.11a cac video tspec-inactivity-timeout enable

次に、アクセス ポイントから受信した TSPEC 非アクティブ タイムアウト メッセージへの応答を無視する方法を示します。


> config 802.11a cac video tspec-inactivity-timeout ignore

関連コマンド

config 802.11 cac video acm

config 802.11 cac video max-bandwidth

config 802.11 cac video roam-bandwidth

config 802.11 cac voice acm

802.11a または 802.11b/g ネットワークに対して帯域幅ベースの音声コール アドミッション制御(CAC)を有効または無効にするには、config 802.11 cac voice acm コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cac voice acm { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

帯域幅ベースの CAC をイネーブルにします。

disable

帯域幅ベースの CAC をディセーブルにします。

コマンド デフォルト

ディセーブル

使用上のガイドライン

CAC コマンドを使用するには、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、帯域幅ベースの CAC をイネーブルにする例を示します。


> config 802.11c cac voice acm enable

次に、帯域幅ベースの CAC をディセーブルにする例を示します。


> config 802.11b cac voice acm disable

関連コマンド

config 802.11 cac video acm

config 802.11 cac voice max-bandwidth

802.11a または 802.11b/g ネットワーク上でクライアントに割り当てられる最大帯域幅のうち、音声アプリケーション用に使用する割合を設定するには、config 802.11 cac voice max-bandwidth コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cac voice max-bandwidth bandwidth

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

bandwidth

5 ~ 85 % の帯域の割合値。

コマンド デフォルト

0 %。

使用上のガイドライン

音声とビデオの最大無線周波数(RF)帯域幅が合計で 85 % を超えてはなりません。 クライアントが指定値に達すると、このネットワーク上での新しいコールはアクセス ポイントで拒否されます。

CAC コマンドを使用するには、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、選択した無線帯域で音声アプリケーション用に割り当てられる最大帯域幅の割合を指定する例を示します。


> config 802.11a cac voice max-bandwidth 50

関連コマンド

config 802.11 cac voice roam-bandwidth

config 802.11 cac voice stream-size

config 802.11 exp-bwreq

config 802.11 tsm

config wlan save

show wlan

show wlan summary

config 802.11 cac voice tspec-inactivity-timeout

config 802.11 cac voice load-based

config 802.11 cac video acm

config 802.11 cac voice roam-bandwidth

802.11a または 802.11b/g ネットワーク上で音声クライアントのローミングに予約されるコール アドミッション制御(CAC)の最大割り当て帯域幅の割合を設定するには、config 802.11 cac video roam-bandwidth コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cac voice roam-bandwidth bandwidth

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

bandwidth

0 ~ 85 % の帯域の割合値。

コマンド デフォルト

85 %。

使用上のガイドライン

音声とビデオの最大無線周波数(RF)帯域幅が合計で 85 % を超えてはなりません。 コントローラは、指定された帯域幅を音声クライアントのローミング用に最大割り当て帯域幅から予約します。


(注)  


このパラメータがゼロ(0)に設定されている場合、コントローラは帯域幅を割り当てないものと想定して、すべての帯域幅の要求を許可します。


CAC コマンドを使用するには、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、選択した無線帯域で音声クライアントのローミング用に予約された最大割り当て帯域幅の割合を指定する例を示します。


> config 802.11 cac voice roam-bandwidth 10

関連コマンド

config 802.11 cac voice acm

config 802.11cac voice max-bandwidth

config 802.11 cac voice stream-size

config 802.11 cac voice tspec-inactivity-timeout

アクセス ポイントから受信した Wi-Fi マルチメディア(WMM)トラフィック仕様(TSPEC)の非アクティブ タイムアウトを処理または無視するには、config 802.11 cac voice tspec-inactivity-timeout コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cac voice tspec-inactivity-timeout { enable | ignore}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

TSPEC 無活動タイムアウト メッセージを処理します。

ignore

TSPEC 無活動タイムアウト メッセージを無視します。

コマンド デフォルト

無効になっています(ignore)。

使用上のガイドライン

コール アドミッション制御(CAC)コマンドでは、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、アクセス ポイントから受信した音声 TSPEC 非アクティブ タイムアウト メッセージをイネーブルにする方法を示します。



> config 802.11 cac voice tspec-inactivity-timeout enable

関連コマンド

config 802.11 cac voice load-based

config 802.11 cac voice roam-bandwidth

config 802.11 cac voice acm

config 802.11cac voice max-bandwidth

config 802.11 cac voice stream-size

config 802.11 cac voice load-based

802.11a または 802.11b/g ネットワークに対して負荷ベースの CAC をイネーブルまたはディセーブルにするには、config 802.11 cac voice load-based コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cac voice load-based { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

負荷ベースの CAC をイネーブルにします。

disable

負荷ベースの CAC をディセーブルにします。

コマンド デフォルト

ディセーブル

使用上のガイドライン

CAC コマンドを使用するには、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、音声負荷ベースの CAC パラメータをイネーブルにする例を示します。


> config 802.11a cac voice load-based enable

次に、音声負荷ベースの CAC パラメータをディセーブルにする例を示します。


> config 802.11a cac voice load-based disable

関連コマンド

config 802.11 cac voice tspec-inactivity-timeout

config 802.11 cac video max-bandwidth

config 802.11 cac video acm

config 802.11 cac voice stream-size

config 802.11 cac voice max-calls


(注)  


SIP コール スヌーピング機能がディセーブルであるか、SIP ベースのコール アドミッション制御(CAC)の要件が満たされない場合は、config 802.11 cac voice max-calls コマンドを使用しないでください。


無線でサポートされる音声コールの最大数を設定するには、config 802.11 cac voice max-calls コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cac voice max-calls number

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

number

無線ごとに許可するコールの数。

コマンド デフォルト

0 (コール数の最大数は制限されません)。

使用上のガイドライン

CAC コマンドを使用するには、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、無線でサポートされる音声コールの最大数を設定する例を示します。


> config 802.11 cac voice max-calls 10

関連コマンド

config 802.11 cac voice roam-bandwidth

config 802.11 cac voice stream-size

config 802.11 exp-bwreq

config 802.11 cac voice tspec-inactivity-timeout

config 802.11 cac voice load-based

config 802.11 cac video acm

config 802.11 cac voice sip bandwidth


(注)  


SIP 帯域幅とサンプリング間隔は、SIP ベースのコール アドミッション制御(CAC)である場合に、コール帯域幅あたりの計算に使用されます。


802.11a または 802.11b/g ネットワークにコールごとに必要な帯域幅を設定するには、config 802.11 cac voice sip bandwidth コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cac voice sip bandwidth bw_kbps sample-interval number_msecs

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

bw_kbps

帯域幅(kbps 単位)。

sample-interval

SIP コーデックのパケット化間隔を指定します。

number_msecs

ミリ秒単位のパケット化のサンプリング間隔。 SIP コーデックのサンプリング間隔は 20 秒です。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

CAC コマンドを使用するには、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、SIP コーデックの帯域幅と音声パケット化間隔を設定する例を示します。

> config 802.11 cac voice sip bandwidth 10 sample-interval 40

関連コマンド

config 802.11 cac voice acm

config 802.11 cac voice load-based

config 802.11 cac voice max-bandwidth

config 802.11 cac voice roam-bandwidth

config 802.11 cac voice tspec-inactivity-timeout

config 802.11 exp-bwreq

config 802.11 cac voice sip codec

Call Admission Control(CAC)コーデック名とサンプル間隔をパラメータとして設定し、802.11a または 802.11b/g ネットワークに対するコールごとに必要な帯域幅を計算するには、config 802.11 cac voice sip codec コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cac voice sip codec { g711 | g729} sample-interval number_msecs

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

g711

SIP G711 コーデックに CAC パラメータを指定します。

g729

SIP G729 コーデックに CAC パラメータを指定します。

sample-interval

SIP コーデックのパケット化間隔を指定します。

number_msecs

ミリ秒単位のパケット化間隔。 SIP コーデック値のサンプリング間隔は 20 秒です。

コマンド デフォルト

g711。

使用上のガイドライン

CAC コマンドを使用するには、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM がイネーブルになっているすべての WLAN をディセーブルにします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、SIP G711 コーデックのパラメータとしてコーデック名とサンプリング間隔を設定する例を示します。

> config 802.11a cac voice sip codec g711 sample-interval 40

次に、SIP G729 コーデックのパラメータとしてコーデック名とサンプリング間隔を設定する例を示します。


> config 802.11a cac voice sip codec g729 sample-interval 40

関連コマンド

config 802.11 cac voice acm

config 802.11 cac voice load-based

config 802.11 cac voice max-bandwidth

config 802.11 cac voice roam-bandwidth

config 802.11 cac voice tspec-inactivity-timeout

config 802.11 exp-bwreq

config 802.11 cac voice stream-size

802.11a または 802.11b/g ネットワーク用に指定されたデータ レートで集約音声 Wi-Fi マルチメディア(WMM)のトラフィック仕様(TSPEC)ストリーム数を設定するには、config 802.11 cac voice stream-size コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} cac voice stream-size stream_size number mean_datarate max-streams mean_datarate

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

stream-size

ストリームの最大データ レートを設定します。

stream_size

ストリーム サイズの範囲は 84000 ~ 92100 です。

number

音声ストリームの数(1 ~ 5)。

mean_datarate

平均データ レートを設定します。

max-streams

音声ストリームの平均データ レートを設定します。

mean_datarate

音声ストリームの平均データ レート(84 ~ 91.2 Kbps)。

コマンド デフォルト

デフォルトのストリーム数は 2 で、ストリームの平均データ レートは 84 Kbps です。

使用上のガイドライン

コール アドミッション制御(CAC)コマンドでは、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定するには、次の準備作業を完了しておく必要があります。

  • config wlan disable wlan_id コマンドを入力して、WMM が有効になっている WLAN をすべて無効にします。
  • config 802.11{a | b} disable network コマンドを入力して、設定する無線ネットワークを無効にします。
  • save config コマンドを入力して、新しい設定を保存します。
  • config 802.11{a | b} cac voice acm enable コマンドまたは config 802.11{a | b} cac video acm enable コマンドを入力して、設定するネットワークの音声またはビデオ CAC を有効にします。 詳細な手順については、使用しているリリースの『Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide』の「Configuring Controller Settings」の章の「Configuring Voice and Video Parameters」の項を参照してください。

次に、ストリーム サイズ 5 および平均データ レート 85000 kbps の集約音声トラフィック仕様のストリームを設定する例を示します。


> config 802.11 cac voice stream-size 5 max-streams size 85

関連コマンド

config 802.11 cac voice acm

config 802.11 cac voice load-based

config 802.11 cac voice max-bandwidth

config 802.11 cac voice roam-bandwidth

config 802.11 cac voice tspec-inactivity-timeout

config 802.11 exp-bwreq

802.11 のコンフィギュレーション コマンド

config 802.11 コマンドを使用して、802.11 ネットワークの設定を行います。

config 802.11 beacon period

802.11a、802.11b、または他のサポートされる 802.11 ネットワークに対してビーコン周期をグローバルに変更するには、config 802.11 beacon period コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} beacon period time_units


(注)  


このコマンドを使用する前に、802.11 ネットワークを無効にします。 「使用上のガイドライン」の項を参照してください。


構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

time_units

時間単位(TU)でのビーコン間隔。 1 TU は 1024 マイクロ秒です。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

Cisco ワイヤレス LAN ソリューションの 802.11 ネットワークでは、すべての Cisco Lightweight アクセス ポイント(無線 LAN)が定期的にビーコンをブロードキャストします。 このビーコンは、クライアントに 802.11a サービスが使用可能なことを通知し、クライアントは Lightweight アクセス ポイントと同期できます。

ビーコン周期を変更する前に、config 802.11 disable コマンドを使用して 802.11 ネットワークをディセーブルにしてください。 ビーコン周期を変更した後、config 802.11 enable コマンドを使用して 802.11 ネットワークをイネーブルにします。

次に、120 時間単位のビーコン周期に合わせて 802.11a ネットワークを設定する例を示します。


> config 802.11 beacon period 120

関連コマンド

show 802.11a

config 802.11b beaconperiod

config 802.11a disable

config 802.11a enable

config 802.11 disable

802.11 ネットワーク全体または個々のシスコの無線に対して無線伝送を無効にするには、config 802.11 disable コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} disable { network | cisco_ap}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

network

802.11a ネットワーク全体で伝送を無効にします。

cisco_ap

個々の Cisco Lightweight アクセス ポイントの無線。

コマンド デフォルト

デフォルトでは、ネットワーク全体で伝送が有効化されています。

使用上のガイドライン


(注)  


さまざまな config 802.11 コマンドを使用する前に、次のコマンドを使用してネットワークを無効にする必要があります。


このコマンドは、CLI インターフェイスがアクティブなときはいつでも使用できます。

次に、802.11a ネットワーク全体をディセーブルにする例を示します。


> config 802.11a disable network

次に、アクセス ポイント AP01 802.11b の伝送をディセーブルにする例を示します。


> config 802.11b disable AP01

関連コマンド

show sysinfo

show 802.11a

config 802.11a enable

config 802.11b disable

config 802.11b enable

config 802.11a beaconperiod

config 802.11 dtpc

802.11 ネットワークの Dynamic Transmit Power Control(DTPC; 送信電力の動的制御)設定を有効または無効にするには、config 802.11 dtpc コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} dtpc { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

このコマンドのサポートをイネーブルにします。

disable

このコマンドのサポートをディセーブルにします。

コマンド デフォルト

イネーブル

次に、802.11a ネットワークの DTPC をディセーブルにする例を示します。


> config 802.11a dtpc disable

関連コマンド

show 802.11a

config 802.11a beaconperiod

config 802.11a disable

config 802.11a enable

config 802.11 enable

802.11 ネットワーク全体または個々のシスコの無線に対して無線伝送を有効にするには、config 802.11 enable コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} enable { network | cisco_ap}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

network

802.11a ネットワーク全体で伝送を無効にします。

cisco_ap

個々の Cisco Lightweight アクセス ポイントの無線。

コマンド デフォルト

デフォルトでは、ネットワーク全体で伝送が有効化されています。

使用上のガイドライン


(注)  


802.11 の設定を行うときは、このコマンドを config 802.11 disable コマンドと組み合わせて使用します。


このコマンドは、CLI インターフェイスがアクティブなときはいつでも使用できます。

次に、802.11a ネットワーク全体に対して無線伝送をイネーブルにする例を示します。


> config 802.11a enable network

次に、802.11b ネットワークの AP1 に対して無線伝送をイネーブルにする例を示します。


> config 802.11b enable AP1

関連コマンド

show sysinfo show 802.11a

config wlan radio

config 802.11a disable

config 802.11b disable

config 802.11b enable

config 802.11b 11gSupport enable

config 802.11b 11gSupport disable

config 802.11 exp-bwreq

802.11 無線の Cisco Client eXtension (CCX) バージョン 5 Expedited Bandwidth Request 機能をイネーブルまたはディセーブルにするには、config 802.11 exp-bwreq コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} exp-bwreq { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

Expedited Bandwidth Request 機能をイネーブルにします。

disable

Expedited Bandwidth Request 機能をディセーブルにします。

コマンド デフォルト

Expedited Bandwidth Request 機能はデフォルトではディセーブルになっています。

使用上のガイドライン

このコマンドが有効になっている場合、コントローラは結合されているすべてのアクセス ポイントでこの機能を設定します。

次に、CCX Expedited Bandwidth 設定をイネーブルにする例を示します。


> config 802.11a exp-bwreq enable
Cannot change Exp Bw Req mode while 802.11a network is operational.

次に、CCX Expedited Bandwidth 設定をディセーブルにする例を示します。


> config 802.11a exp-bwreq disable

関連コマンド

show 802.11a

show ap stats 802.11a

config 802.11 fragmentation

フラグメンテーションのしきい値を 802.11 ネットワークに設定するには、config 802.11 fragmentation コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} fragmentation threshold


(注)  


このコマンドは、config 802.11 disable コマンドを使用してネットワークがディセーブルになっている場合にのみ使用できます。


構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

threshold

256 ~ 2346 バイトの数(両端の値を含む)。

コマンド デフォルト

なし。

次に、6500 バイトのしきい値により、802.11a ネットワークにフラグメンテーションしきい値を設定する例を示します。


> config 802.11a fragmentation 6500

関連コマンド

config 802.11b fragmentation

show 802.11b

show ap auto-rtf

config 802.11 l2roam rf-params

802.11a または 802.11b/g レイヤ 2 クライアント ローミング パラメータを設定するには、config 802.11 l2roam rf-params コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} l2roam rf-params { default | custom min_rssi roam_hyst scan_thresh trans_time}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

default

レイヤ 2 クライアントのローミング RF パラメータをデフォルト値に戻します。

custom

レイヤ 2 クライアントのカスタム ローミング RF パラメータを設定します。

min_rssi

クライアントをアクセス ポイントに関連付けるために必要な最小の受信信号強度インジケータ(RSSI)。 クライアントの平均の受信信号の強度がこのしきい値より低い場合、通常、信頼できる通信はできません。 したがって、最小の RSSI 値に達する前に、クライアントはより強い信号のある別のアクセス ポイントをすでに見つけてローミングしている必要があります。 有効な範囲は -80 ~ -90 dBm で、デフォルト値は -85 dBm です。

roam_hyst

クライアントがローミングするために、周辺のアクセス ポイントの信号に必要な強度。 このパラメータは、クライアントが 2 つのアクセス ポイント間のボーダー近くに物理的に存在している場合に、アクセス ポイント間のローミングの量を減らすことを意図しています。 有効な範囲は 2 ~ 4 dB で、デフォルト値は 2 dB です。

scan_thresh

許容可能な最小 RSSI。この値を下回ると、クライアントはより適切なアクセス ポイントをローミングする必要があります。 RSSI が指定された値より低い場合、クライアントは指定遷移時間内により強い信号のあるアクセス ポイントへローミングできる必要があります。 このパラメータはまた、クライアントがアクティブまたはパッシブ スキャンで費やす時間を最小限に抑えるための節電方法も提供します。 たとえば、クライアントは RSSI がしきい値よりも高いときにはゆっくりとスキャンし、しきい値よりも低いときにはより速くスキャンすることができます。 有効な範囲は -70 ~ -77 dBm で、デフォルト値は -72 dBm です。

trans_time

クライアントのアソシエートされたアクセス ポイントからの RSSI がスキャンのしきい値を下回った場合に、クライアントがローミングに適したネイバー アクセス ポイントの検出と、ローミングの完了にかけられる最大許容時間。 有効な範囲は 1 ~ 10 秒で、デフォルト値は 5 秒です。

(注)     

屋外メッシュ環境でのクライアントの高速ローミングに利用する場合には、遷移時間を 1 秒に設定することをお勧めします。

コマンド デフォルト

min_rssi

–85

roam_hyst

2

scan_thresh

–72

trans_time

5

使用上のガイドライン

屋外メッシュ環境でのクライアントの高速ローミングに利用する場合には、trans_time を 1 秒に設定することをお勧めします。

次に、802.11a ネットワークにカスタム レイヤ 2 クライアント ローミング パラメータを設定する例を示します。


> config 802.11 l2roam rf-params custom –80 2 –70 7

関連コマンド

show advanced 802.11 l2roam

show l2tp

config 802.11 max-clients

アクセス ポイントごとのクライアントの最大数を設定するには、config 802.11 max-clients コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} max-clients max-clients

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

max-clients

アクセス ポイントごとのクライアント接続の最大数を設定します。

max-clients

アクセス ポイントごとのクライアント接続の最大数。 範囲は 1 ~ 200 です。

コマンド デフォルト

なし。

次に、クライアントの最大数を 22 に設定する例を示します。


> config 802.11 max-clients 22

関連コマンド

show ap config 802.11a

config 802.11b rate

config 802.11 multicast data-rate

最小のマルチキャストのデータ レートを設定するには、config 802.11 multicast data-rate コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} multicast data-rate data_rate [ ap ap_name | default]

構文の説明

data_rate

最小のマルチキャスト データ レート。 オプションは 6、9、12、18、24、36、48、54 です。 AP が、マルチキャストに割り当てられたバッファの数を動的に調整するように指定するには、0 を入力します。

ap_name

このデータ レートの特定の AP 無線。

default

このデータ レートのすべての AP の無線を設定します。

コマンド デフォルト

デフォルトの 0 を設定すると、設定がディセーブルになります。マルチキャスト レートは最も低い必須データ レートおよびユニキャスト クライアント データ レートになります。

使用上のガイドライン

AP Name または default キーワードなしでデータ レートを設定すると、新しい値にすべての AP がリセットされ、この新しいデータ レート値でコントローラのグローバル デフォルトが更新されます。 default キーワードでデータ レートを設定すると、コントローラのグローバル デフォルト値のみが更新され、すでにコントローラを接続している AP の値はリセットされません。 新しいデータ レート値が設定された後にコントローラを接続する AP は、新しいデータ レート値を受け取ります。

次に、最小のマルチキャスト データ レートを設定する例を示します。


> config 802.11 multicast data-rate 12

config 802.11 rate

802.11 ネットワークの必須およびサポート対象動作データ レートを設定するには、config 802.11 rate コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} rate { disabled | mandatory | supported} rate

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

disabled

特定のデータ レートをディセーブルにします。

mandatory

ネットワークを使用するためにクライアントがデータ レートをサポートするように指定します。

supported

ネットワークを使用するためにデータ レートをサポートする関連クライアントを許可するように指定します。

rate

6、9、12、18、24、36、48、または 54 Mbps のレート値。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

このコマンドで設定したデータ レートは、クライアントと Cisco ワイヤレス LAN コントローラとの間でネゴシエートされます。 データ レートが mandatory に設定されている場合、クライアントはネットワークを使用するためにこのデータ レートをサポートする必要があります。 Cisco ワイヤレス LAN コントローラでデータ レートが supported に設定されている場合、アソシエートされているその他のクライアントのうち、このレートをサポートするクライアントも、このレートを使用して Cisco Lightweight アクセス ポイントと通信できます。 アソシエートするために、クライアントが supported とマークされているすべてのレートを使用できる必要はありません。

次に、12 Mbps の必須レートで 802.11b 伝送を設定する例を示します。

> config 802.11b rate mandatory 12

関連コマンド

show ap config 802.11a

config 802.11b rate

config 802.11 tsm

802.11a または 802.11b/g ネットワークに対するビデオ トラフィック ストリーム メトリック(TSM)オプションをイネーブルまたはディセーブルにするには、config 802.11 tsm コマンドを使用します。

config 802.11{ a | b} tsm { enable | disable}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

enable

ビデオ TSM 設定をイネーブルにします。

disable

ビデオ TSM 設定をディセーブルにします。

コマンド デフォルト

ディセーブル

次に、802.11b/g ネットワークに対するビデオ TSM オプションをイネーブルにする例を示します。


> config 802.11b tsm enable

次に、802.11b/g ネットワークに対するビデオ TSM オプションをディセーブルにする例を示します。


> config 802.11b tsm disable

関連コマンド

show ap stats

show client tsm

拡張 802.11 のコンフィギュレーション コマンド

config advanced 802.11 コマンドを使用して、802.11a、802.11b/g ネットワークなどのサポートされる 802.11 ネットワークに対する詳細な設定およびデバイスの構成を行います。

config advanced 802.11 7920VSIEConfig

Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 VISE パラメータを設定するには、config advanced 802.11 7920VSIEConfig コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} 7920VSIEConfig { call-admission-limit limit | 
 G711-CU-Quantum quantum}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

call-admission-limit

7920s のコール アドミッション制限を設定します。

G711-CU-Quantum

単一の G.711-20ms コールで使用されるチャネル使用率の単位の現在の数を示すインフラストラクチャによって提供される値を設定します。

limit

コール アドミッション制限(0 ~ 255)。 デフォルト値は 105 です。

quantum

G711 量子値。 デフォルト値は 15 です。

コマンド デフォルト

なし。

次に、7920 VISE パラメータのコール アドミッション制限を設定する例を示します。

> config advanced 802.11 7920VSIEConfig call-admission-limit 4

config advanced 802.11 edca-parameters

802.11a ネットワーク上で、特定の Enhanced Distributed Channel Access(EDCA; 拡張型分散チャネル アクセス)プロファイルを有効にするには、config advanced 802.11 edca-parameters コマンドを使用します。

config advanced 802.11{ a | b} edca-parameters { wmm-default | svp-voice | optimized-voice | optimized-video-voice | custom-voice}

構文の説明

a

802.11a ネットワークを指定します。

b

802.11b/g ネットワークを指定します。

wmm-default

Wi-Fi Multimedia(WMM)デフォルト パラメータを有効にします。 音声サービスまたはビデオ サービスがネットワーク上に展開されていない場合に、このオプションを選択します。

svp-voice

Spectralink 音声優先パラメータを有効にします。 通話の質を向上するため、ネットワークに Spectralink 電話技術を実装している場合に、このオプションを選択します。

optimized-voice

EDCA 音声最適化パラメータを有効にします。 Spectralink 以外の音声サービスをネットワーク上で展開している場合に、このオプションを選択します。

optimized-video-voice

EDCA 音声/ビデオ最適化パラメータを有効にします。 ネットワーク上で音声サービスとビデオ サービスを両方とも展開する場合に、このオプションを選択します。

(注)     

ビデオ サービスを展開する場合は、アドミッション制御(Admission Control Managment(ACM))を無効にする必要があります。

custom-voice

802.11a のカスタム音声 EDCA パラメータをイネーブルにします。 このオプションの EDCA パラメータは、このプロファイルが適用された場合、6.0 WMM EDCA パラメータとも一致します。

コマンド デフォルト

wmm-default。

次に、Spectralink 音声優先パラメータをイネーブルにする例を示します。

> config advanced 802.11 edca-parameters svp-voice

関連コマンド

show 802.11a

config advanced 802.11b edca-parameters

config advanced fastpath fastcache

ファストパスのファスト キャッシュ制御を設定するには、config advanced fastpath fastcache コマンドを使用します。

config advanced fastpath fastcache { enable | disable}

構文の説明

enable

ファストパスのファスト キャッシュ制御をイネーブルにします。

disable

ファストパスのファスト キャッシュ制御をディセーブルにします。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ファストパスのファスト キャッシュ制御をイネーブルにする例を示します。


> config advanced fastpath fastcache enable

関連コマンド

config advanced fastpath pkt-capture

config advanced fastpath pkt-capture

ファストパスのパケット キャプチャを設定するには、config advanced fastpath pkt-capture コマンドを使用します。

config advanced fastpath pkt-capture { enable | disable}

構文の説明

enable

ファストパスのパケット キャプチャをイネーブルにします。

disable

ファストパスのパケット キャプチャをディセーブルにします。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ファストパスのパケット キャプチャをイネーブルにする例を示します。


> config advanced fastpath pkt-capture enable

関連コマンド

config advanced fastpath fastcache

config advanced sip-preferred-call-no

音声優先制御を設定するには、config advanced sip-preferred-call-no コマンドを使用します。

config advanced sip-preferred-call-no call_index { call_number | none}

構文の説明

call_index

1 ~ 6 の間の有効な値を持つコール インデックス。

call_number

27 文字まで使用できる優先コール数。

none

指定されたインデックスにセットされている優先コールを削除します。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

音声優先制御を設定する前に、次の前提条件を実行する必要があります。

  • config wlan qos wlan-id platinum コマンドを入力して、音声をプラチナ QoS レベルに設定します。
  • config 802.11 {a | b} cac {voice | video} acm enable コマンドを入力して、この無線へアドミッション制御(ACM)をイネーブルにします。
  • config wlan call-snoop enable wlan-id コマンドを入力して、特定の WLAN に対するコール スヌーピング機能をイネーブルにします。 優先コールの統計情報を表示するには、show ap stats {802.11{a | b} | wlan} cisco_ap コマンドを入力します。

次に、インデックス 2 に、新しい優先コールを追加する例を示します。

> config advanced sip-preferred-call-no 2 0123456789

関連コマンド

config wlan qos

config 802.11 cac video acm

config 802.11 cac voice acm

config wlan call-snoop

show ap stats

config advanced sip-snooping-ports

コール スヌーピング ポートを設定するには、config advanced sip-snooping-ports コマンドを使用します。

config advanced sip-snooping-ports start_port end_port

構文の説明

start_port

コール スヌーピング用の開始ポート。 範囲は 0 ~ 65535 です。

end_port

コール スヌーピング用の終了ポート。 範囲は 0 ~ 65535 です。

使用上のガイドライン

コール スヌーピング用に 1 つのポートしか必要ない場合は、開始ポートと終了ポートを同じ番号に設定します。

CIUS タブレットで使用されるポートは 5060 で、Facetime で使用されるポート範囲は 16384 ~ 16402 です。

次に、コール スヌーピング ポートを設定する例を示します。

> config advanced sip-snooping-ports 4000 4500

関連コマンド

show cac voice stats

show cac voice summary

show cac video stats

show cac video summary

config 802.11 cac video sip

config 802.11 cac voice sip

show advanced sip-preferred-call-no

show advanced sip-snooping-ports

debug cac

AVC のコンフィギュレーション コマンド

config avc コマンドを使用して、コントローラのアプリケーションと可視性を設定します。

config avc profile create

新しい Application Visibility and Control(AVC)プロフィルを作成するには、config avc profile create コマンドを使用します。

config avc profile profile_name create

構文の説明

profile_name

AVC プロファイルの名前。 プロファイル名は最大 32 文字の英数字で、大文字と小文字を区別します。

create

新しい AVC プロファイルを作成します。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

コントローラ 1 台に最大 16 の AVC プロファイルを設定し、AVC プロファイル 1 つを複数の WLAN に関連付けることができます。 1 つの WLAN には AVC プロファイルを 1 つだけ設定できます。また各 AVC プロファイルに最大 32 のルールを設定できます。 各ルールはアプリケーションに対してマーキングまたは廃棄アクションを指定し、WLAN ごとに最大 32 のアプリケーションのアクションを設定できます。

次に、新しいポート プロファイルを作成する例を示します。

> config avc profile avcprofile1 create

関連コマンド

config avc profile delete

config avc profile rule

config wlan avc

show avc profile

show avc applications

show avc statistics

debug avc error

debug avc events

config avc profile delete

AVC プロファイルを削除するには、config avc profile delete コマンドを使用します。

config avc profile profile_name delete

構文の説明

profile_name

AVC プロファイルの名前。

delete

AVC プロファイルを削除します。

コマンド デフォルト

なし。

次に、AVC プロファイルを削除する例を示します。

> config avc profile avcprofile1 delete

関連コマンド

config avc profile create

config avc profile rule

config wlan avc

show avc profile summary

show avc profile detailed

debug avc error

debug avc events

config avc profile rule

AVC プロファイルのルールを設定するには、config avc profile rule コマンドを使用します。

config avc profile profile_name rule { add | remove} application application_name { drop | mark dscp}

構文の説明

profile_name

AVC プロファイルの名前。

rule

AVC プロファイルのルールを設定します。

add

AVC プロファイルのルールを作成します。

remove

AVC プロファイルのルールを削除します。

application

ドロップまたはマークする必要のあるアプリケーションを指定します。

application_name

アプリケーションの名前。 ライセンス名は最大 32 文字の英数字で、大文字と小文字を区別します。

drop

選択したアプリケーションに対応するアップストリームおよびダウンストリーム パケットをドロップします。

mark

ドロップダウン リストで指定した DiffServ コード ポイント(DSCP)の値を使用して、選択したアプリケーションに対応するアップストリームおよびダウンストリーム パケットをマークします。 DSCP 値を使用して、QoS レベルに基づいた差別化サービスを提供できます。

dscp

インターネット上で QoS を定義するために使用されるパケット ヘッダー コード。 範囲は 0 ~ 63 です。

コマンド デフォルト

なし。

次に、AVC プロファイルのルールを設定する例を示します。

> config avc profile avcprofile1 rule add application gmail mark 10 

関連コマンド

config avc profile delete

config avc profile create

config wlan avc

show avc profile

show avc applications

show avc statistics

debug avc error

debug avc events

config wlan avc

WLAN に Application Visibility and Control(AVC)を設定するには、config wlan avc コマンドを使用します。

config wlan avc wlan_id { profile profile_name | visibility} { enable | disable}

構文の説明

wlan_id

1 ~ 512 の無線 LAN 識別子。

profile

WLAN から AVC プロファイルをアソシエーションまたは削除します。

profile_name

AVC プロファイルの名前。 プロファイル名は最大 32 文字の英数字で、大文字と小文字を区別します。

visibility

WLAN にアプリケーションの表示を設定します。

enable

WLAN でアプリケーションの表示をイネーブルにします。 Network Based Application Recognition(NBAR)ディープ パケット インスペクション テクノロジーに基づいて、アプリケーションの分類を確認できます。

クライアント AVC 統計情報を表示するには、show avc statistics client コマンドを使用します。

disable

WLAN でアプリケーションの表示をディセーブルにします。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

1 つの WLAN には AVC プロファイルを 1 つだけ設定できます。また各 AVC プロファイルに最大 32 のルールを設定できます。 各ルールはアプリケーションに対してマーキングまたは廃棄アクションを指定し、WLAN ごとに最大 32 のアプリケーションのアクションを設定できます。 コントローラ 1 台に最大 16 の AVC プロファイルを設定し、AVC プロファイル 1 つを複数の WLAN に関連付けることができます。

次に、WLAN に AVC プロファイルを関連付ける例を示します。

> config wlan avc 5 profile profile1 enable

関連コマンド

config avc profile delete

config avc profile create

config avc profile rule

show avc statistics

show avc profile applications

show avc applications

show avc statistics client

show avc statistics wlan

show avc statistics top-apps

show avc statistics guest-lan

show avc statistics remote-lan

debug avc error

debug avc events

Band-Select のコンフィギュレーション コマンド

config band-select コマンドを使用して、コントローラに帯域幅選択機能を設定します。

config band-select cycle-count

帯域幅選択プローブ サイクル カウントを設定するには、config band-select cycle-count コマンドを使用します。

config band-select cycle-count count

構文の説明

count

1 ~ 10 の間のサイクル カウントの値。

コマンド デフォルト

なし。

次に、帯域幅選択のプローブ サイクルカウントを 8 に設定する例を示します。


> config band-select cycle-count 8

関連コマンド

config band-select cycle-threshold

config band-select expire

config band-select client-rssi

config band-select cycle-threshold

新しいスキャン サイクルの時間のしきい値を設定するには、config band-select cycle-threshold コマンドを使用します。

config band-select cycle-threshold threshold

構文の説明

threshold

1 ~ 1000 ミリ秒のサイクルしきい値の値。

コマンド デフォルト

なし。

次に、しきい値が 700 ミリ秒の新しいスキャン サイクルの時間のしきい値を設定する例を示します。


> config band-select cycle-threshold 700

関連コマンド

config band-select cycle-count

config band-select expire

config band-select client-rssi

config band-select expire

帯域幅選択に対してエントリの期限切れを設定するには、config band-select expire コマンドを使用します。

config band-select expire { suppression | dual-band} seconds

構文の説明

suppression

抑制の期限切れを帯域幅選択に設定します。

dual-band

デュアル バンドの期限切れを帯域幅選択に設定します。

seconds

  • 10 ~ 200 秒の抑制の値。
  • 10 ~ 300 秒のデュアル バンドの値。

コマンド デフォルト

なし。

次に、抑制の期限切れを 70 秒に設定する例を示します。


> config band-select expire suppression 70

関連コマンド

config band-select cycle-threshold

config band-select client-rssi

config band-select cycle-count

config band-select client-rssi

帯域幅選択に対して、クライアントの Received Signal Strength Indicator(RSSI)のしきい値を設定するには、config band-select client-rssi コマンドを使用します。

config band-select client-rssi rssi

構文の説明

rssi

20 ~ 90 のプローブに応答するクライアント RSSI の最小 dBM。

コマンド デフォルト

なし。

次に、帯域幅選択の RSSI しきい値を 70 に設定する例を示します。


> config band-select client-rssi 70

関連コマンド

config band-select cycle-threshold

config band-select expire

config band-select cycle-count

Guest-LAN のコンフィギュレーション コマンド

config guest-lan コマンドを使用して、無線 LAN コマンドを作成、削除、イネーブル、およびディセーブルにします。

config guest-lan

無線 LAN を作成したり、削除したり、有効または無効にしたりするには、config guest-lan コマンドを使用します。

config guest-lan { create | delete} guest_lan_id interface_name | { enable | disable} guest_lan_id

構文の説明

create

有線 LAN の設定を作成します。

delete

有線 LAN の設定を削除します。

guest_lan_id

1~5 の LAN 識別子。

interface_name

最大 32 文字の英数字のインターフェイス名。

enable

ワイヤレス LAN をイネーブルにします。

disable

ワイヤレス LAN をディセーブルにします。

コマンド デフォルト

なし。

次に、LAN ID 16 の無線 LAN をイネーブルにする例を示します。


> config guest-lan enable 16

関連コマンド

show wlan

config guest-lan custom-web ext-webauth-url

Web ログイン ページにアクセスする前にユーザを外部サーバにリダイレクトするには、config guest-lan custom-web ext-webauth-url コマンドを使用して、外部サーバの URL を指定します。

config guest-lan custom-web ext-webauth-url ext_web_url guest_lan_id

構文の説明

ext_web_url

外部サーバの URL。

guest_lan_id

1 ~ 5 のゲスト LAN 識別子。

コマンド デフォルト

なし。

次に、LAN ID 16 の無線 LAN をイネーブルにする例を示します。

> config guest-lan custom-web ext-webauth-url http://www.AuthorizationURL.com/ 1

関連コマンド

config guest-lan

config guest-lan create

config guest-lan custom-web login_page

config guest-lan custom-web global disable

グローバル カスタム Web 設定ではなく、ゲスト LAN 固有のカスタム Web 設定を使用するには、config guest-lan custom-web global disable コマンドを使用します。

config guest-lan custom-web global disable guest_lan_id

構文の説明

guest_lan_id

1 ~ 5 のゲスト LAN 識別子。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

config guest-lan custom-web global enable guest_lan_id コマンドを入力すると、グローバル レベルのカスタム Web 認証設定が使用されます。

次に、ゲスト LAN ID 1 のグローバル Web 設定をディセーブルにする例を示します。


> config guest-lan custom-web global disable 1

関連コマンド

config guest-lan

config guest-lan create

config guest-lan custom-web ext-webauth-url

config guest-lan custom-web login_page

config guest-lan custom-web webauth-type

config guest-lan custom-web login_page

カスタマイズされた Web ログイン ページに有線ゲスト ユーザがログインできるようにするには、config guest-lan custom-web login_page コマンドを使用します。

config guest-lan custom-web login_page page_name guest_lan_id

構文の説明

page_name

カスタマイズされた Web ログイン ページの名前。

guest_lan_id

1 ~ 5 のゲスト LAN 識別子。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ゲスト LAN ID 1 の Web ログイン ページ custompage1 をカスタマイズする例を示します。

> config guest-lan custom-web login_page custompage1 1

関連コマンド

config guest-lan

config guest-lan create

config guest-lan custom-web ext-webauth-url

config guest-lan custom-web webauth-type

有線ゲスト ユーザの Web ログイン ページを定義するには、config guest-lan custom-web webauth-type コマンドを使用します。

config guest-lan custom-web webauth-type { internal | customized | external} guest_lan_id

構文の説明

internal

コントローラのデフォルト Web ログイン ページを表示します。 768 ビットは、デフォルト値です。

customized

以前に設定されたカスタム Web ログイン ページを表示します。

external

以前に設定された URL へユーザをリダイレクトします。

guest_lan_id

1 ~ 5 のゲスト LAN 識別子。

コマンド デフォルト

Internal。

次に、ゲスト LAN ID 1 の内部として WebAuth タイプでゲスト LAN を設定する例を示します。


> config guest-lan custom-web webauth-type internal 1

関連コマンド

config guest-lan

config guest-lan create

config guest-lan custom-web ext-webauth-url

config guest-lan ingress-interface

レイヤ 2 アクセス スイッチによって、有線ゲスト クライアントとコントローラ間にパスを提供する有線ゲスト VLAN の入力インターフェイスを設定するには、config guest-lan ingress-interface コマンドを使用します。

config guest-lan ingress-interface guest_lan_id interface_name

構文の説明

guest_lan_id

1 ~ 5 のゲスト LAN 識別子。

interface_name

インターフェイス名。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ゲスト LAN ID 1 およびインターフェイス名 guest01 を使用して有線ゲスト クライアントとコントローラの間にパスを提供する例を示します。


> config guest-lan ingress-interface 1 guest01

関連コマンド

config interface guest-lan

config guest-lan create

config guest-lan interface

コントローラから有線ゲスト トラフィックを伝送するための出力インターフェイスを設定するには、config guest-lan interface コマンドを使用します。

config guest-lan interface guest_lan_id interface_name

構文の説明

guest_lan_id

1 ~ 5 のゲスト LAN 識別子。

interface_name

インターフェイス名。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ゲスト LAN ID 1 およびインターフェイス名 guest01 のコントローラからゲスト トラフィックを送信する出力インターフェイスを設定する例を示します。


> config guest-lan interface 1 guest01

関連コマンド

config ingress-interface guest-lan

config guest-lan create

config guest-lan mobility anchor

モビリティ アンカーを追加または削除するには、config guest-lan mobility anchor コマンドを使用します。

config guest-lan mobility anchor { add | delete} wlan_id anchor_ip

構文の説明

add

モビリティ アンカーを追加します。

delete

モビリティ アンカーを削除します。

wlan_id

WLAN 識別子。

anchor_ip

モビリティ アンカーの IP アドレス。

コマンド デフォルト

なし。

次に、WAN ID 4 のモビリティ アンカーおよびアンカー IP 192.168.0.14 を削除する例を示します。


> config guest-lan mobility anchor delete 4 192.168.0.14

関連コマンド

config mobility group anchor

config mobility group domain

config mobility group keepalive count

config mobility group keepalive interval

config mobility group member

config mobility group multicast-address

config mobility multicast-mode

config mobility secure-mode

config wlan mobility anchor

debug mobility

show mobility anchor

show mobility statistics

show mobility summary

config guest-lan nac

ゲスト LAN のネットワーク アドミッション コントロール(NAC)のアウトオブバンド サポートをイネーブルまたはディセーブルにするには、config guest-lan nac コマンドを使用します。

config guest-lan nac { enable | disable} guest_lan_id

構文の説明

enable

NAC アウトオブバンドのサポートをイネーブルにします。

disable

NAC アウトオブバンドのサポートをディセーブルにします。

guest_lan_id

1 ~ 5 のゲスト LAN 識別子。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ゲスト LAN ID 3 の NAC アウトオブバンド サポートをイネーブルにする例を示します。


> config guest-lan nac enable 3

関連コマンド

show nac statistics

show nac summary

config wlan nac

debug nac

config guest-lan security

有線ゲスト LAN のセキュリティ ポリシーを設定するには、config guest-lan security コマンドを使用します。

config guest-lan security { web-auth { enable | disable | acl | server-precedence} guest_lan_id | web-passthrough { acl | email-input | disable | enable} guest_lan_id}

構文の説明

web-auth

Web 認証を指定します。

enable

Web 認証の設定をイネーブルにします。

disable

Web 認証の設定をディセーブルにします。

acl

アクセス コントロール リストを設定します。

server-precedence

Web 認証ユーザに対する認証サーバの優先順位を設定します。

guest_lan_id

1~5 の LAN 識別子。

web-passthrough

認証不要の Web キャプティブ ポータルを設定します。

email-input

電子メール アドレスを使用して Web キャプティブ ポータルを設定します。

コマンド デフォルト

Web 認証。

次に、ゲスト LAN ID 1 のセキュリティ Web 認証ポリシーを設定する例を示します。


> config guest-lan security web-auth enable 1

関連コマンド

config ingress-interface guest-lan

config guest-lan create

config interface guest-lan

mDNS のコンフィギュレーション コマンド

config mdns コマンドを使用して、コントローラにマルチキャスト DNS(mDNS)を設定します。

config interface group mdns-profile

インターフェイス グループに mDNS プロファイルを設定するには、config interface group mdns-profile コマンドを使用します。

config interface group mdns-profile { all | interface-group-name} { profile-name | none}

構文の説明

all

すべてのインターフェイス グループに mDNS プロファイルを設定します。

interface-group-name

mDNS プロファイルが関連付けられる必要のあるインターフェイス グループの名前。 インターフェイス グループ名では大文字と小文字が区別され、最大 32 文字のの英数字を使用できます。

profile-name

mDNS プロファイルの名前。

none

インターフェイス グループから既存の mDNS プロファイルを削除します。 インターフェイス グループに mDNS プロファイルを設定することはできません。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

mDNS プロファイルが WLAN に関連付けられている場合は、エラーが表示されます。

次に、インターフェイス グループ floor1 に mDNS プロファイルを設定する例を示します。

> config interface group mdns-profile floor1 profile1

関連コマンド

config mdns query interval

config mdns service

config mdns snooping

config interface mdns-profile

config mdns profile

config wlan mdns

show mdns profile

show mnds service

clear mdns service-database

debug mdns all

debug mdns error

debug mdns detail

debug mdns message

config interface mdns-profile

インターフェイスの mDNS プロファイルを設定するには、config interface mdns-profile コマンドを使用します。

config interface mdns-profile { management | all interface-name} { profile-name | none}

構文の説明

management

管理インターフェイスの mDNS プロファイルを設定します。

all

すべてのインターフェイスの mDNS プロファイルを設定します。

interface-name

mDNS プロファイルを設定しなければならないインターフェイスの名前。 インターフェイス名は最大 32 文字の英数字で、大文字と小文字を区別します。

profile-name

mDNS プロファイルの名前。

none

インターフェイスから既存の mDNS プロファイルを削除します。 インターフェイスに mDNS プロファイルを設定することはできません。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

mDNS プロファイルが WLAN に関連付けられている場合は、エラーが表示されます。

次に、インターフェイス lab 1 に mDNS プロファイルを設定する例を示します。

> config interface mdns-profile lab1 profile1

関連コマンド

config mdns query interval

config mdns service

config mdns snooping

config mdns profile

config interface group mdns-profile

config wlan mdns

show mdns profile

show mnds service

clear mdns service-database

debug mdns all

debug mdns error

debug mdns detail

debug mdns message

config mdns profile

mDNS プロファイルを設定して、プロファイルにサービスを関連付けるには、config mdns profile コマンドを使用します。

config mdns profile { create | delete | service { add | delete} service _name profile_name

構文の説明

create

mDNS プロファイルを作成します。

delete

mDNS プロファイルを削除します。 プロファイルがインターフェイス グループ、インターフェイス、または WLAN に関連付けられている場合は、エラーが表示されます。

service

mDNS サービスを設定します。

add

mDNS プロファイルに mDNS サービスを追加します。

delete

mDNS プロファイルから mDNS サービスを削除します。

service -name

mDNS サービスの名前。

profile_name

mDNS プロファイルの名前。 最大 16 個のプロファイルを作成できます。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

新しいプロファイルを作成した後、インターフェイス グループ、インターフェイス、または WLAN にプロファイルをマッピングする必要があります。 クライアントはプロファイルに関連付けられたサービスだけのサービス アドバタイズメントを受信します。 コントローラはインターフェイス グループに関連付けられたプロファイルに最高の優先順位を与えます。次にインターフェイス プロファイル、WLAN プロファイルが続きます。 各クライアントは、優先順位に従ってプロファイルにマップされます。

デフォルトでは、コントローラに mDNS プロファイル、デフォルト mdns プロファイルがあります。 このデフォルト プロファイルは削除できません。

次に mDNS profile1 に Apple TV の mDNS サービスを追加する例を示します。

> config mdns profile create profile1 Apple TV

関連コマンド

config mdns query interval

config mdns service

config mdns snooping

config interface mdns-profile

config interface group mdns-profile

config wlan mdns

show mdns profile

show mnds service

clear mdns service-database

debug mdns all

debug mdns error

debug mdns detail

debug mdns message

config mdns query interval

mDNS サービスのクエリー インターバルを設定するには、config mdns query interval コマンドを使用します。

config mdns query interval interval_value

構文の説明

interval_value

設定可能な分単位の mDNS クエリー間隔。 クエリー間隔とは、コントローラがマスター サービス データベースで定義されているすべてのサービスに定期的にクエリーを送信する頻度です。 範囲は 10 ~ 120 分です。

コマンド デフォルト

15 分。

使用上のガイドライン

コントローラは、マスター サービス データベースで mDNS サービスが利用できる場合にのみ、このサービスのアドバタイズメントをスヌーピングおよび学習します。 mDNS は宛先アドレスとして IP マルチキャスト アドレス 224.0.0.251 を使用し、UDP 宛先ポートとして 5353 を使用します。

次に、mDNS サービスに対するクエリー間隔を 20 分間に設定する例を示します。

> config mdns query interval 20

関連コマンド

config mdns profile

config mdns service

config mdns snooping

config interface mdns-profile

config interface group mdns-profile

config wlan mdns

show mdns profile

show mnds service

clear mdns service-database

debug mdns all

debug mdns error

debug mdns detail

debug mdns message

config mdns service

マスター サービス データベースに mDNS サービスを設定するには、config mdns service コマンドを使用します。

config mdns service { create service_name service_string query { enable | disable} | delete service_name | query { enable | disable}}

構文の説明

create

マスター サービス データベースに新しい mDNS サービスを追加します。

service_name

mDNS サービスの名前。 たとえば、Air Tunes、iTunes Music Sharing、FTP、Apple File Sharing Protocol(AFP)など。

service_string

mDNS サービスに関連付けられた一意の文字列。 たとえば、「_airplay._tcp.local.」は Apple TV に関連付けられたサービス文字列です。

query

mDNS サービスのクエリー ステータスを設定します。

enable

コントローラによる mDNS サービスの定期クエリーをイネーブルにします。

disable

コントローラによる mDNS サービスの定期クエリーをディセーブルにします。

delete

マスター サービス データベースから mDNS サービスを削除します。 サービスを削除する前に、コントローラはプロファイルがサービスを使用するかどうかを確認します。 サービスを削除する前に、すべてのプロファイルからサービスを削除する必要があります。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

コントローラは、マスター サービス データベースで mDNS サービスが利用できる場合にのみ、このサービスのアドバタイズメントをスヌーピングおよび学習します。 コントローラは最大 64 のサービスをスヌープおよび学習できます。

次に、マスター サービス データベースに Apple TV の mDNS サービスを追加する例を示します。

> config mdns service create Apple TV _airplay._tcp.local. query enable

関連コマンド

config mdns query interval

config mdns profile

config mdns snooping

config interface mdns-profile

config interface group mdns-profile

config wlan mdns

show mdns profile

show mnds service

clear mdns service-database

debug mdns all

debug mdns error

debug mdns detail

debug mdns message

config mdns snooping

コントローラ上でグローバル mDNS スヌーピングをイネーブルまたはディセーブルにするには、config mdns snooping コマンドを使用します。

config mdns snooping { enable | disable}

構文の説明

enable

コントローラ上で mDNS スヌーピングをイネーブルにします。

disable

コントローラ上で mDNS スヌーピングをディセーブルにします。

コマンド デフォルト

イネーブル

使用上のガイドライン

マルチキャスト DNS(mDNS)サービス ディスカバリは、ローカル ネットワークでサービスを通知し、検出する手段を提供します。 mDNS は IP マルチキャストで DNS クエリーを実行します。 mDNS はゼロ設定 IP ネットワーキングをサポートします。

次に、IGMP スヌーピングをイネーブルにする例を示します。

> config mdns snooping enable

関連コマンド

config mdns query interval

config mdns service

config mdns profile

config interface mdns-profile

config interface group mdns-profile

config wlan mdns

show mdns profile

show mnds service

clear mdns service-database

debug mdns all

debug mdns error

debug mdns detail

debug mdns message

config wlan mdns

WLAN のマルチキャスト DNS(mDNS)プロファイルを設定するには、config wlan mdns コマンドを使用します。

config wlan mdns { enable | disable | profile { profile-name | none}} { wlan_id | all}

構文の説明

enable

WLAN で mDNS スヌーピングをイネーブルにします。

disable

WLAN で mDNS スヌーピングをディセーブルにします。

profile

WLAN の mDNS プロファイルを設定します。

profile-name

WLAN に関連付ける mDNS プロファイルの名前。

none

WLAN から既存の mDNS プロファイルを削除します。 WLAN に mDNS プロファイルを設定できません。

wlan_id

1 ~ 512 の無線 LAN 識別子。

all

すべての WLAN の mDNS プロファイルを設定します。

コマンド デフォルト

イネーブル

使用上のガイドライン

このコマンドを使用する前に、WLAN をディセーブルにします。 クライアントはプロファイルに関連付けられたサービスだけのサービス アドバタイズメントを受信します。 コントローラはインターフェイス グループに関連付けられたプロファイルに最高の優先順位を与えます。次にインターフェイス プロファイル、WLAN プロファイルが続きます。 各クライアントは、優先順位に従ってプロファイルにマップされます。

次に、WLAN の mDNS プロファイルを設定する例を示します。

> config wlan mdns profile profile1 1 

関連コマンド

config mdns query interval

config mdns service

config mdns snooping

config interface mdns-profile

config interface group mdns-profile

config mdns profile

show mdns profile

show mnds service

clear mdns service-database

debug mdns all

debug mdns error

debug mdns detail

debug mdns message

管理ユーザのコンフィギュレーション コマンド

config mgmtuser コマンドを使用して、管理ユーザ設定を行います。

config mgmtuser add

Cisco ワイヤレス LAN コントローラにローカル管理ユーザを追加するには、config mgmtuser add コマンドを使用します。

config mgmtuser add username password { read-write | read-only} [ description]

構文の説明

username

アカウント ユーザ名。 ユーザ名には、最大 24 文字の英数字を使用できます。

password

アカウント パスワード。 パスワードには、最大 24 文字の英数字を使用できます。

read-write

読み取りと書き込みアクセス権を持つ管理ユーザを作成します。

read-only

読み取り専用アクセス権を持つ管理ユーザを作成します。

description

(任意)アカウントについての説明。 説明には、最大 32 文字の英数字を使用できます。説明は二重引用符で囲みます。

コマンド デフォルト

なし。

次に、読み取りと書き込みアクセス権を持つ管理ユーザ アカウントを作成する例を示します。

> config mgmtuser add admin admin read-write “Main account“

関連コマンド

show mgmtuser

config mgmtuser delete

Cisco ワイヤレス LAN コントローラから管理ユーザを削除するには、config mgmtuser delete コマンドを使用します。

config mgmtuser delete username

構文の説明

username

アカウント ユーザ名。 ユーザ名には、最大 24 文字の英数字を使用できます。

コマンド デフォルト

なし。

次に、Cisco ワイヤレス LAN コントローラから管理ユーザ アカウントの管理者を削除する例を示します。


> config mgmtuser delete admin
Deleted user admin

関連コマンド

show mgmtuser

config mgmtuser description

Cisco ワイヤレス LAN コントローラに既存の管理ユーザ ログインの説明を追加するには、config mgmtuser description コマンドを使用します。

config mgmtuser description username description

構文の説明

username

アカウント ユーザ名。 ユーザ名には、最大 24 文字の英数字を使用できます。

description

アカウントの説明。 説明には、最大 32 文字の英数字を使用できます。説明は二重引用符で囲みます。

コマンド デフォルト

なし。

次に、管理ユーザ「admin」に説明「master-user」を追加する例を示します。


> config mgmtuser description admin "master user"

関連コマンド

config mgmtuser add

config mgmtuser delete

config mgmtuser password

show mgmtuser

config mgmtuser password

管理ユーザのパスワードを変更するには、config mgmtuser password コマンドを使用します。

config mgmtuser password username password

構文の説明

username

アカウント ユーザ名。 ユーザ名には、最大 24 文字の英数字を使用できます。

password

アカウント パスワード。 パスワードには、最大 24 文字の英数字を使用できます。

コマンド デフォルト

なし。

次に、新しいパスワード 5rTfm を使用して、管理ユーザ「admin」のパスワードを変更する例を示します。


> config mgmtuser password admin 5rTfm

関連コマンド

show mgmtuser

ネットワーク ユーザのコンフィギュレーション コマンド

config netuser コマンドを使用して、ネットユーザ設定を行います。

config netuser add

コントローラ上のローカル ユーザ データベースに WLAN 上のゲスト ユーザまたは有線ゲスト LAN を追加するには、config netuser add コマンドを使用します。

config netuser add username password { wlan wlan_id | guestlan guestlan_id} userType guest lifetime lifetime description description

構文の説明

username

ゲスト ユーザ名。 ユーザ名には、最大 50 文字の英数字を使用できます。

password

ユーザ パスワード。 パスワードには、最大 24 文字の英数字を使用できます。

wlan

関連付ける無線 LAN の識別子を指定するか、すべての無線 LAN にゼロを指定します。

wlan_id

ユーザに割り当てられている無線 LAN 識別子。 値 0 の場合、ユーザをすべての無線 LAN にアソシエートします。

guestlan

関連付けるゲスト LAN の識別子を指定するか、すべての無線 LAN にゼロを指定します。

guestlan_id

ゲスト LAN の ID。

userType

ユーザ タイプを指定します。

guest

ゲスト ユーザのゲストを指定します。

lifetime

ライフタイムを指定します。

lifetime

ゲスト ユーザの秒単位のライフタイム値(60 ~ 259200 または 0)。

(注)     

値 0 は、ライフタイム値が無制限であることを示します。

description

ユーザの簡単な説明。 説明は二重引用符で囲み、最大 32 文字を使用できます。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

ローカル ネットワーク ユーザは 1 つのデータベースに格納されるので、これらのユーザ名は重複してはいけません。

次に、永久ユーザ名 Jane をワイヤレス ネットワークに 1 時間追加する例を示します。

> config netuser add jane able2 1 wlan_id 1 userType permanent

次に、ゲスト ユーザ名 George をワイヤレス ネットワークに 1 時間追加する例を示します。

> config netuser add george able1 guestlan 1 3600

関連コマンド

show netuser

config netuser delete

config netuser delete

ローカル ネットワークから既存のユーザを削除するには、config netuser delete コマンドを使用します。

config netuser delete username

構文の説明

username

ネットワーク ユーザ名。 ユーザ名には、最大 24 文字の英数字を使用できます。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

ローカル ネットワーク ユーザは 1 つのデータベースに格納されるので、これらのユーザ名は重複してはいけません。

次に、既存のユーザ名 able1 をネットワークから削除する例を示します。


> config netuser delete able1
Deleted user able1

関連コマンド

show netuser

config netuser description

既存のネットワーク ユーザに説明を追加するには、config netuser description コマンドを使用します。

config netuser description username description

構文の説明

username

ネットワーク ユーザ名。 ユーザ名には、最大 24 文字の英数字を使用できます。

description

(任意)ユーザの説明。 説明は二重引用符で囲み、最大 32 文字の英数字を使用できます。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ユーザの説明「HQ1 Contact」を既存のネットワーク ユーザ名 able 1 に追加する例を示します。


> config netuser description able1 “HQ1 Contact”

関連コマンド

show netuser

config netuser guest-lan-id

ネットワーク ユーザの有線ゲスト LAN ID を設定するには、config netuser guest- lan-id コマンドを使用します。

config netuser guest-lan-id username lan_id

構文の説明

username

ネットワーク ユーザ名。 ユーザ名には、24 文字の英数字を指定できます。

lan_id

ユーザと関連付けるための有線ゲスト LAN の ID。 値が 0 の場合、ユーザはすべての有線 LAN に関連付けられます。

コマンド デフォルト

なし。

次に、有線 LAN ID 2 を aire1 という名前のユーザに関連付けるように設定する例を示します。


> config netuser guest- lan-id aire1 2

関連コマンド

show netuser

show wlan summary

config netuser guest-role apply

ゲスト ユーザに Quality of Service(QoS)のロールを適用するには、config netuser guest-role apply コマンドを使用します。

config netuser guest-role apply username role_name

構文の説明

username

ユーザ名。

role_name

QoS ゲスト ロール名。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

ゲスト ユーザに QoS ロールを割り当てない場合、[User Details] の [Role] フィールドにデフォルトとしてロールが示されます。 このユーザの帯域幅コントラクトは、WLAN の QoS プロファイルで定義されます。

QoS ロールをゲスト ユーザから割り当て解除するには、config netuser guest-role apply username default を使用します。 今後、このユーザについては WLAN の QoS プロファイルで定義された帯域幅コントラクトが使用されます。

次に、Contractor という名前の QoS ゲスト ロールを持つゲスト ユーザ jsmith QoS ロールを適用する例を示します。

> config netuser guest-role apply jsmith Contractor

関連コマンド

config netuser guest-role create

config netuser guest-role delete

config netuser guest-role create

ゲスト ユーザの Quality of Service(QoS)ロールを作成するには、config netuser guest-role create コマンドを使用します。

config netuser guest-role create role_name

構文の説明

role name

QoS ゲスト ロール名。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

QoS ロールを削除するには、config netuser guest-role delete role-name を使用します。

次に、guestuser1 という名前のゲスト ユーザに QoS ロールを作成する例を示します。


> config netuser guest-role create guestuser1

関連コマンド

config netuser guest-role delete

config netuser guest-role delete

ゲスト ユーザの Quality of Service(QoS)のロールを削除するには、config netuser guest-role delete コマンドを使用します。

config netuser guest-role delete role_name

構文の説明

role name

Quality of Service(QoS)ゲスト ロール名。

コマンド デフォルト

なし。

次に、guestuser1 の Quality of Service(QoS)のロールを削除する例を示します。


> config netuser guest-role delete guestuser1

関連コマンド

config netuser guest-role create

config netuser guest-role qos data-rate average-data-rate

ユーザ 1 人あたりの TCP トラフィックの平均データ レートを設定するには、config netuser guest-role qos data-rate average-data-rate コマンドを使用します。

config netuser guest-role qos data-rate average-data-rate role_name rate

構文の説明

role_name

Quality of Service(QoS)ゲスト ロール名。

rate

ユーザ 1 人あたりの TCP トラフィック レート。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

このコマンドの role_name パラメータには、新しい QoS ロールの名前を入力します。 この名前は、QoS ユーザのロールを一意に識別するものです(contractor、vendor など)。 rate パラメータには、0 ~ 60,000Kbps の値を入力できます。 値に 0 を指定すると、QoS ロールに対する帯域幅の制限は行われません。

次に、guestuser1 という名前の QoS ゲストの平均レートを設定する例を示します。

> config netuser guest-role qos data-rate average-data-rate guestuser1 0

関連コマンド

config netuser guest-role create

config netuser guest-role delete

config netuser guest-role qos data-rate burst-data-rate

config netuser guest-role qos data-rate average-realtime-rate

ユーザ 1 人あたりの TCP トラフィックの平均データ レートを設定するには、config netuser guest-role qos data-rate average-realtime-rate コマンドを使用します。

config netuser guest-role qos data-rate average-realtime-rate role_name rate

構文の説明

role_name

Quality of Service(QoS)ゲスト ロール名。

rate

ユーザ 1 人あたりの TCP トラフィック レート。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

このコマンドの role_name パラメータには、新しい QoS ロールの名前を入力します。 この名前は、QoS ユーザのロールを一意に識別するものです(contractor、vendor など)。 rate パラメータには、0 ~ 60,000Kbps の値を入力できます。 値に 0 を指定すると、QoS ロールに対する帯域幅の制限は行われません。

次に、TCP トラフィックのレートが 0 Kbps である guestuser1 という名前の QoS ゲスト ユーザに対して平均データ レートを設定する例を示します。

> config netuser guest-role qos data-rate average-realtime-rate guestuser1 0

関連コマンド

config netuser guest-role

config netuser guest-role qos data-rate average-data-rate

config netuser guest-role qos data-rate burst-data-rate

ユーザ 1 人あたりの TCP トラフィックの最大データ レートを設定するには、config netuser guest-role qos data-rate burst-data-rate コマンドを使用します。

config netuser guest-role qos data-rate burst-data-rate role_name rate

構文の説明

role_name

Quality of Service(QoS)ゲスト ロール名。

rate

ユーザ 1 人あたりの TCP トラフィック レート。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

burst-data-rate は average-data-rate 以上でなければなりません。 それ以外の場合、QoS ポリシーにより、ワイヤレス クライアントとのトラフィックがブロックされることがあります。

このコマンドの role_name パラメータには、新しい QoS ロールの名前を入力します。 この名前は、QoS ユーザのロールを一意に識別するものです(contractor、vendor など)。 rate パラメータには、0 ~ 60,000Kbps の値を入力できます。 値に 0 を指定すると、QoS ロールに対する帯域幅の制限は行われません。

次に、TCP トラフィックのレートが 0 Kbps である guestuser1 という名前の QoS ゲストに対してピーク データ レートを設定する例を示します。

> config netuser guest-role qos data-rate burst-data-rate guestuser1 0

関連コマンド

config netuser guest-role create

config netuser guest-role delete

config netuser guest-role qos data-rate average-data-rate

config netuser guest-role qos data-rate burst-realtime-rate

ユーザ 1 人あたりの UDP トラフィックのバースト リアルタイム データ レートを設定するには、config netuser guest-role qos data-rate burst-realtime-rate コマンドを使用します。

config netuser guest-role qos data-rate burst-realtime-rate role_name rate

構文の説明

role_name

Quality of Service(QoS)ゲスト ロール名。

rate

ユーザ 1 人あたりの TCP トラフィック レート。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

バースト リアルタイム レートは平均リアルタイム レート以上でなければなりません。 それ以外の場合、Quality of Service(QoS)ポリシーにより、ワイヤレス クライアントとのトラフィックがブロックされることがあります。

このコマンドの role_name パラメータには、新しい QoS ロールの名前を入力します。 この名前は、QoS ユーザのロールを一意に識別するものです(contractor、vendor など)。 rate パラメータには、0 ~ 60,000Kbps の値を入力できます。 値に 0 を指定すると、QoS ロールに対する帯域幅の制限は行われません。

次に、TCP トラフィックのレートが 0 Kbps である guestuser1 という名前の QoS ゲスト ユーザに対してバースト リアルタイム レートを設定する例を示します。

> config netuser guest-role qos data-rate burst-realtime-rate guestuser1 0

関連コマンド

config netuser guest-role

config netuser guest-role qos data-rate average-data-rate

config netuser guest-role qos data-rate burst-data-rate

config netuser lifetime

ゲスト ネットワーク ユーザのライフタイムを設定するには、config netuser lifetime コマンドを使用します。

config netuser lifetime username time

構文の説明

username

ネットワーク ユーザ名。 ユーザ名には、最大 50 文字の英数字を使用できます。

time

60 ~ 2592000 秒のライフタイム、または制限なしの場合は 0。

コマンド デフォルト

なし。

次に、ゲストのネットワーク ユーザのライフタイムを設定する例を示します。


> config netuser lifetime guestuser1 22450

関連コマンド

show netuser

show wlan summary

config netuser maxUserLogin

ネットワーク ユーザが利用できるログイン セッションの最大回数を設定するには、config netuser maxUserLogin コマンドを使用します。

config netuser maxUserLogin count

構文の説明

count

単一ユーザの最大ログイン セッション数。 指定できる値は 0(無制限)~ 8 です。

コマンド デフォルト

0(無制限)。

次に、単一のユーザのログイン セッションの最大回数を 8 に設定する例を示します。

> config netuser maxUserLogin 8

関連コマンド

show netuser

config netuser password

ローカル ネットワーク ユーザのパスワードを変更するには、config netuser password コマンドを使用します。

config netuser password username password

構文の説明

username

ネットワーク ユーザ名。 ユーザ名には、最大 24 文字の英数字を使用できます。

password

ネットワーク ユーザ パスワード。 パスワードには、最大 24 文字の英数字を使用できます。

コマンド デフォルト

なし。

次に、aire1 から aire2 にネットワーク ユーザ パスワードを変更する例を示します。


> config netuser password aire1 aire2

関連コマンド

show netuser

config netuser wlan-id

ネットワーク ユーザの無線 LAN ID を設定するには、config netuser wlan-id コマンドを使用します。

config netuser wlan-id username wlan_id

構文の説明

username

ネットワーク ユーザ名。 ユーザ名には、24 文字の英数字を指定できます。

wlan_id

ユーザとアソシエートする無線 LAN 識別子。 値 0 の場合、ユーザをすべての無線 LAN にアソシエートします。

コマンド デフォルト

なし。

次に、無線 lan ID 2 を aire1 という名前のユーザに関連付けるように設定する例を示します。


> config netuser wlan-id aire1 2

関連コマンド

show netuser

show wlan summary

ネットワークのコンフィギュレーション コマンド

config network コマンドを使用して、ネットワーク設定を行います。

config network 802.3-bridging

コントローラで 802.3 ブリッジを有効または無効にするには、config network 802.3-bridging コマンドを使用します。

config network 802.3-bridging { enable | disable}

構文の説明

enable

802.3 ブリッジをイネーブルにします。

disable

802.3 ブリッジをディセーブルにします。

コマンド デフォルト

ディセーブル

使用上のガイドライン

コントローラ ソフトウェア リリース 5.2 では、2100 シリーズベース コントローラ用のソフトウェアベースのフォワーディング アーキテクチャが新しいフォワーディング プレーン アーキテクチャになります。 その結果、2100 シリーズ コントローラおよび Cisco サービス統合型ルータ用 Cisco Wireless LAN Controller Network Module は、デフォルトで 802.3 パケットをブリッジします。 したがって、802.3 ブリッジをディセーブルにできるのは、4400 シリーズ コントローラ、Cisco WiSM、および Catalyst 3750G Wireless LAN コントローラ スイッチだけです。

802.3 ブリッジのステータスを判別するには、show netuser guest-roles コマンドを入力します。

次に、802.3 ブリッジをイネーブルにする例を示します。


> config network 802.3-bridging enable

関連コマンド

show netuser guest-roles

show network

config network allow-old-bridge-aps

スイッチとアソシエートする古いブリッジ アクセス ポイントの機能を設定するには、config network allow-old-bridge-aps コマンドを使用します。

config network allow-old-bridge-aps { enable | disable}

構文の説明

enable

スイッチ アソシエーションをイネーブルにします。

disable

スイッチ アソシエーションをディセーブルにします。

コマンド デフォルト

イネーブル

次に、古いブリッジ アクセス ポイントをスイッチに関連付けるように設定する例を示します。


> config network allow-old-bridge-aps enable

関連コマンド

show network summary

config network ap-discovery

AP ディスカバリ応答で NAT IP をイネーブルまたはディセーブルにするには、config network ap-discovery コマンドを使用します。

config network ap-discovery nat-ip-only { enable | disable}

構文の説明

enable

NAT IP の使用をディスカバリ応答でのみイネーブルにします。 これはデフォルトです。

disable

ディスカバリ応答での NAT IP および非 NAT IP の両方の使用をイネーブルにします。

コマンド デフォルト

イネーブル

使用上のガイドライン

config interface nat-address management コマンドが設定されている場合、このコマンドによって、CAPWAP ディスカバリ応答で送信されるアドレスが制御されます。

すべての AP がコントローラの NAT ゲートウェイの外側にある場合、config network ap-discovery nat-ip-only enable コマンドを入力して、管理 NAT アドレスのみを送信します。

コントローラが、NAT ゲートウェイの外部と内部の両方に AP を持つ場合、config network ap-discovery nat-ip-only disable コマンドを入力して、管理 NAT アドレスと管理内部アドレスの両方を送信します。 AP が取り残されないように、config ap link-latency disable all コマンドを必ず入力してください。

次に、AP ディスカバリ応答で NAT IP をイネーブルにする例を示します。


> config network ap-discovery nat-ip-only enable

config network ap-fallback

Cisco Lightweight アクセス ポイントのフォールバックを設定するには、config network ap-fallback コマンドを使用します。

config network ap-fallback { enable | disable}

構文の説明

enable

Cisco Lightweight アクセス ポイントのフォール バックをイネーブルにします。

disable

Cisco Lightweight アクセス ポイントのフォール バックをディセーブルにします。

コマンド デフォルト

イネーブル

次に、Cisco Lightweight アクセス ポイントのフォール バックをイネーブルにする例を示します。


> config network ap-fallback enable

関連コマンド

show network summary

config network ap-priority

Lightweight アクセス ポイントを優先するオプションを有効または無効にして、コントローラ障害後にコントローラが先着順ではなく優先順位によって再認証されるようにするには、config network ap-priority コマンドを使用します。

config network ap-priority { enable | disable}

構文の説明

enable

Lightweight アクセス ポイントの優先順位による再認証をイネーブルにします。

disable

Lightweight アクセス ポイントの優先順位による再認証をディセーブルにします。

コマンド デフォルト

ディセーブル

次に、Lightweight アクセス ポイントの優先順位による再認証をイネーブルにする例を示します。


> config network ap-priority enable

関連コマンド

config ap priority

show ap summary

show network summary

config network apple-talk

AppleTalk ブリッジを設定するには、config network apple-talk コマンドを使用します。

config network apple-talk { enable | disable}

構文の説明

enable

AppleTalk のブリッジをイネーブルにします。

disable

AppleTalk のブリッジをディセーブルにします。

コマンド デフォルト

なし。

次に、AppleTalk のブリッジを設定する例を示します。


> config network apple-talk enable

関連コマンド

show network summary

config network arptimeout

Address Resolution Protocol(ARP)エントリのタイムアウト値を設定するには、config network arptimeout コマンドを使用します。

config network arptimeout seconds

構文の説明

seconds

秒単位のタイムアウト値です。 最小値は 10 です。 デフォルト値は 300 です。

コマンド デフォルト

300.

次に、ARP エントリのタイムアウト値を 240 秒に設定する例を示します。


> config network arptimeout 240

関連コマンド

show network summary

config network bridging-shared-secret

ブリッジの共有キーを設定するには、config network bridging-shared-secret コマンドを使用します。

config network bridging-shared-secret shared_secret

構文の説明

shared_secret

ブリッジの共有キーの文字列。 文字列には 10 バイトまで使用できます。

コマンド デフォルト

イネーブル

使用上のガイドライン

このコマンドにより、スイッチに接続するメッシュ アクセス ポイントのバックホール ユーザ データを暗号化する共有キーが作成されます。

このコマンドを機能させるには、zero touch configuration をイネーブルにしておく必要があります。

次に、ブリッジの共有キーの文字列「shhh1」を設定する例を示します。


> config network bridging-shared-secret shhh1

関連コマンド

show network summary

config network broadcast

ブロードキャスト パケット転送を有効または無効にするには、config network broadcast コマンドを使用します。

config network broadcast { enable | disable}

構文の説明

enable

ブロードキャスト パケットの転送をイネーブルにします。

disable

ブロードキャスト パケットの転送をディセーブルにします。

コマンド デフォルト

ディセーブル

使用上のガイドライン

このコマンドを使用すると、ブロードキャストをイネーブルまたはディセーブルにすることができます。 ブロードキャスト転送をイネーブルにする前に、マルチキャスト モードをイネーブルにする必要があります。 config network multicast mode コマンドを使用して、コントローラにマルチキャスト モードを設定します。


(注)  


デフォルトのマルチキャスト モードは、Cisco 2106 コントローラを除くすべてのコントローラの場合はユニキャストです。 ブロードキャスト パケットおよびマルチキャスト パケットは個別に制御できます。 マルチキャストがオフになり、ブロードキャストがオンになっても、ブロードキャスト パケットは設定されたマルチキャスト モードに基づいてアクセス ポイントに到達します。


次に、ブロードキャスト パケットの転送をイネーブルにする例を示します。


> config network broadcast enable

関連コマンド

show network summary

config network multicast global

config network multicast mode

config network fast-ssid-change

モバイル端末で高速サービス セット ID(SSID)の変更をイネーブルまたはディセーブルにするには、config network fast-ssid-change コマンドを使用します。

config network fast-ssid-change { enable | disable}

構文の説明

enable

モバイル ステーションに対して、高速 SSID の変更をイネーブルにします

disable

モバイル ステーションに対して、高速 SSID の変更をディセーブルにします

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

高速 SSID 変更機能を有効にすると、クライアントは SSID 間を移動できます。 クライアントが異なる SSID の新しいアソシエーションを送信すると、コントローラの通信テーブルのクライアント エントリがクリアされてから、新しい SSID にクライアントが追加されます。

高速 SSID 変更機能を無効にすると、コントローラによる強制遅延後にクライアントが新しい SSID に移動できます。

次に、モバイル ステーションに対して、高速 SSID の変更をイネーブルにする例を示します。


> config network fast-ssid-change enable

関連コマンド

show network summary

config network ip-mac-binding

クライアント パケット内での発信元 IP アドレスと MAC アドレスのバインディングを検証するには、config network ip-mac-binding コマンドを使用します。

config network ip-network-binding { enable | disable}

構文の説明

enable

このコマンドをイネーブルにします。

disable

このコマンドをディセーブルにします。

コマンド デフォルト

イネーブル

使用上のガイドライン

コントローラ ソフトウェア リリース 5.2 では、コントローラがクライアント パケット内の IP アドレスと MAC アドレスとの厳密なバインディングを行います。 コントローラは、パケット内の IP アドレスおよび MAC アドレスを確認し、これらのアドレスとコントローラに登録されているアドレスを比較します。パケットは、両方が一致した場合に限り転送されます。 以前のリリースでは、クライアントの MAC アドレスだけが確認され、IP アドレスは無視されていました。


(注)  


Workgroup Bridge(WGB)の背後にルーテッド ネットワークが存在する場合は、このバインディング チェックを無効にすることを推奨します。


次に、クライアント パケット内の送信元 IP アドレスと MAC アドレスを検証する例を示します。


> config network ip-mac-binding enable

config network master-base

Cisco ワイヤレス LAN コントローラをアクセス ポイントのデフォルト マスターとしてイネーブルまたはディセーブルにするには、config network master-base コマンドを使用します。

config network master-base { enable | disable}

構文の説明

enable

Cisco Lightweight アクセス ポイントのデフォルト マスターとして機能している Cisco ワイヤレス LAN コントローラをイネーブルにします。

disable

Cisco Lightweight アクセス ポイントのデフォルト マスターとして機能している Cisco ワイヤレス LAN コントローラをディセーブルにします。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

この設定はネットワークのインストール時にのみ使用され、初期ネットワーク設定後は無効にする必要があります。 通常、マスター Cisco ワイヤレス LAN コントローラは展開済みネットワークでは使用されないため、マスター Cisco ワイヤレス LAN コントローラの設定は 6.0.199.0 以降のリリースから保存できます。

次に、デフォルト マスターとして Cisco ワイヤレス LAN コントローラをイネーブルにする例を示します。


> config network master-base enable

config network mgmt-via-wireless

関連付けられている無線クライアントから Cisco ワイヤレス LAN コントローラを管理できるようにするには、config network mgmt-via-wireless コマンドを使用します。

config network mgmt-via-wireless { enable | disable}

構文の説明

enable

ワイヤレス インターフェイスからスイッチ管理をイネーブルにします。

disable

ワイヤレス インターフェイスからスイッチ管理をディセーブルにします。

コマンド デフォルト

ディセーブル

使用上のガイドライン

この機能を使用して無線クライアントが管理できるのは、そのクライアントに関連付けられた Cisco ワイヤレス LAN コントローラと、関連付けられた Cisco Lightweight アクセス ポイントのみです。 つまり、関連付けられていない他の Cisco ワイヤレス LAN コントローラは管理できません。

次に、ワイヤレス インターフェイスからスイッチ管理を設定する例を示します。


> config network mgmt-via-wireless enable

関連コマンド

show network summary

config network multicast global

コントローラでマルチキャストを有効または無効にするには、config network multicast global コマンドを使用します。

config network multicast global { enable | disable}

構文の説明

enable

マルチキャスト グローバル サポートをイネーブルにします。

disable

マルチキャスト グローバル サポートをディセーブルにします。

コマンド デフォルト

ディセーブル

使用上のガイドライン

config network broadcast {enable | disable} コマンドを使用すると、マルチキャストを有効または無効にしなくても、ブロードキャストを有効または無効にできます。 このコマンドは、(config network multicast mode コマンド)を使用して操作するコントローラに設定されたマルチキャスト モードを使用します。

次に、グローバルなマルチキャスト サポートをイネーブルにする例を示します。


> config network multicast global enable

関連コマンド

show network summary

config network broadcast

config network multicast mode

config network multicast igmp query interval

IGMP クエリー間隔を設定するには、config network multicast igmp query interval コマンドを使用します。

config network multicast igmp query interval value

構文の説明

value

コントローラが IGMP クエリー メッセージを送信する頻度。 範囲は 15 ~ 2400 秒です。

コマンド デフォルト

20 秒

使用上のガイドライン

IGMP クエリー間隔を設定するには、次の手順を実行します。

  • config network multicast global enable コマンドを入力して、グローバル マルチキャストをイネーブルにします。
  • config network multicast igmp snooping enable コマンドを入力して、IGMP スヌーピングをイネーブルにします。

次に、IGMP クエリー間隔を設定 20 秒に設定する例を示します。


> config network multicast igmp query interval 20

関連コマンド

config network multicast global

config network multicast igmp snooping

config network multicast igmp timeout

config network multicast igmp snooping

Internet Group Multicast Protocol(IGMP; インターネット グループ マルチキャスト プロトコル)スヌーピングを有効または無効にするには、config network multicast igmp snooping コマンドを使用します。

config network multicast igmp snooping { enable | disable}

構文の説明

enable

IGMP スヌーピングをイネーブルにします。

disable

IGMP スヌーピングをディセーブルにします。

コマンド デフォルト

なし。

次に、インターネットの IGMP スヌーピング設定をイネーブルにする例を示します。


> config network multicast igmp snooping enable

関連コマンド

config network multicast global

config network multicast igmp query interval

config network multicast igmp timeout

config network multicast igmp timeout

IGMP タイムアウト値を設定するには、config network multicast igmp timeout コマンドを使用します。

config network multicast igmp timeout value

構文の説明

value

30 ~ 7200 秒のタイムアウトの範囲。

コマンド デフォルト

なし。

使用上のガイドライン

timeout には、30 ~ 7200 秒の値を入力できます。 特定のマルチキャスト グループにクライアントが存在するかどうかを確認するため、コントローラは、timeout に指定した秒数を 3 等分した間隔でクエリーを 3 回送信します。 クライアントから、IGMP レポートを通じて応答を受け取らなかった場合、コントローラはこのクライアントのエントリを MGID テーブルからタイムアウトします。 特定のマルチキャスト グループに対するクライアントが残されていない場合、クライアントは IGMP タイムアウト値が経過するまで待ってから、コントローラから MGID エントリを削除します。 このコントローラは(宛先アドレス 224.0.0.1 に対して)常に一般的な IGMP クエリーを生成し、MGID 値が 1 である WLAN すべてに送信します。

次に、IGMP ネットワーク設定のタイムアウト値 50 を設定する例を示します。


> config network multicast igmp timeout 50

関連コマンド

config network multicast global

config network igmp snooping

config network multicast igmp query interval

config network multicast l2mcast

1 つのインターフェイスまたはすべてのインターフェイスにレイヤ 2 マルチキャストを設定するには、config network multicast l2mcast コマンドを使用します。

config network multicast l2mcast { enable| disable { all | interface-name}

構文の説明

enable

レイヤ 2 マルチキャストをイネーブルにします。

disable

レイヤ 2 マルチキャストをディセーブルにします。

all

すべてのインターフェイスに適用します。

interface-name

レイヤ 2 マルチキャストがイネーブルまたはディセーブルにされたインターフェイス名。

コマンド デフォルト

なし。

次に、すべてのインターフェイスに対してレイヤ 2 マルチキャストをイネーブルにする例を示します。


> config network multicast l2mcast enable all

関連コマンド

config network multicast global

config network multicast igmp snooping

config network multicast igmp query interval

config network multicast mld

config network multicast mld

Multicast Listener Discovery(MLD)パラメータを設定するには、config network multicast mld コマンドを使用します。

config network multicast mld { query interval interval-value | snooping { enable | disable} | timeout timeout-value}

構文の説明

query interval

MLD クエリー メッセージを送信するようにクエリー間隔を設定します。

interval-value

秒単位のクエリー間隔です。 範囲は 15 ~ 2400 秒です。

snooping

MLD スヌーピングを設定します。

enable

MLD スヌーピングをイネーブルにします。

disable

MLD スヌーピングをディセーブルにします。

timeout

MLD のタイムアウトを設定します。

timeout-value

秒単位のタイムアウト値です。 範囲は 30 ~ 7200 秒です。

コマンド デフォルト

なし。

次に、MLD クエリー メッセージに 20 秒のクエリー間隔を設定する例を示します。


> config network multicast mld query interval 20

関連コマンド

config network multicast global

config network multicast igmp snooping

config network multicast igmp query interval

config network multicast l2mcast

config network multicast mode multicast

ブロードキャスト パケットまたはマルチキャスト パケットをアクセス ポイントに送信する際、マルチキャスト方式を使用するようにコントローラを設定するには、config network multicast mode multicast コマンドを使用します。

config network multicast mode multicast

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、マルチキャスト レシーバにデータのコピーを 1 つ送信するマルチキャスト モードを設定する例を示します。


> config network multicast mode multicast 

関連コマンド

config network multicast global

config network broadcast

config network multicast mode unicast

config network multicast mode unicast

ブロードキャスト パケットまたはマルチキャスト パケットをアクセス ポイントに送信する際、ユニキャスト方式を使用するようにコントローラを設定するには、config network multicast mode unicast コマンドを使用します。

config network multicast mode unicast

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、コントローラがユニキャスト モードを使用するように設定する例を示します。


> config network multicast mode unicast 

関連コマンド

config network multicast global

config network broadcast

config network multicast mode multicast

config network oeap-600 dual-rlan-ports

Cisco OfficeExtend 600 シリーズ アクセス ポイントのイーサネット ポート 3 が、ポート 4 に加えて、リモート LAN ポートとしても機能するように設定するには、config network oeap-600 dual-rlan-ports コマンドを使用します。

config network oeap-600 dual-rlan-ports { enable | disable}

構文の説明

enable

Cisco OfficeExtend 600 シリーズ アクセス ポイントのイーサネット ポート 3 が、ポート 4 に加えて、リモート LAN ポートとしても機能できるようにします。

disable

Cisco OfficeExtend 600 シリーズ アクセス ポイントのイーサネット ポート 3 をリセットして、ローカル LAN ポートとして機能するようにします。

コマンド デフォルト

ディセーブル

次に、Cisco OfficeExtend 600 シリーズ アクセス ポイントのイーサネット ポート 3 が、リモートの LAN ポートとして機能できるようにする例を示します。


> config network oeap-600 dual-rlan-ports enable

関連コマンド

show network summary

config network oeap-600 local-network

Cisco 600 シリーズ OfficeExtend アクセス ポイントのローカル ネットワークへのアクセスを設定するには、config network oeap-600 local-network コマンドを使用します。

config network oeap-600 local-network { enable | disable}

構文の説明

enable

Cisco 600 シリーズ OfficeExtend アクセス ポイントのローカル ネットワークへのアクセスをイネーブルにします。

disable

Cisco 600 シリーズ OfficeExtend アクセス ポイントのローカル ネットワークへのアクセスをディセーブルにします。

コマンド デフォルト

ディセーブル

次に、Cisco 600 シリーズ OfficeExtend アクセス ポイントのローカル ネットワークへのアクセスをイネーブルにする例を示します。


> config network oeap-600 local-network enable

関連コマンド

show network summary

config network otap-mode

Cisco Lightweight アクセス ポイントの無線プロビジョニング(OTAP)をイネーブルまたはディセーブルにするには、config network otap-mode コマンドを使用します。

config network otap-mode { enable | disable}

構文の説明

enable

OTAP プロビジョニングをイネーブルにします。

disable

OTAP プロビジョニングをディセーブルにします。

コマンド デフォルト

イネーブル

次に、OTAP プロビジョニングをディセーブルにする例を示します。


> config network otap-mode disable

関連コマンド

show network summary

config network rf-network-name

RF ネットワーク名を設定するには、config network rf-network-name コマンドを使用します。

config network rf-network-name name

構文の説明

name

RF ネットワーク名。 名前には最大 19 文字を使用できます。

コマンド デフォルト

なし。

次に、旅行者に RF ネットワーク名を設定する例を示します。


> config network rf-network-name travelers

関連コマンド

show network summary

config network secureweb

管理ユーザのセキュア Web(https は http および SSL)インターフェイスの状態を変更するには、config network secureweb コマンドを使用します。

config network secureweb { enable | disable}

構文の説明

enable

管理ユーザのセキュア Web インターフェイスをイネーブルにします。

disable

管理ユーザのセキュア Web インターフェイスをディセーブルにします。

コマンド デフォルト

イネーブル

使用上のガイドライン

このコマンドにより、管理ユーザは http://ip-address を使用してコントローラの GUI にアクセスできるようになります。 Web モードの接続は、セキュリティで保護されません。

次に、管理ユーザのセキュア Web インターフェイス設定をイネーブルにする例を示します。


> config network secureweb enable
You must reboot for the change to take effect.

関連コマンド

config network secureweb cipher-option

show network summary

config network secureweb cipher-option

セキュリティを強化したセキュア Web モードをイネーブルまたはディセーブルにするか、Web 管理および Web 認証用のセキュア ソケット レイヤ(SSL v2)をイネーブルまたはディセーブルにするには、config network secureweb cipher-option コマンドを使用します。

config network secureweb cipher-option { high | sslv2 | rc4-preference} { enable | disable}

構文の説明

high

Web 管理および Web 認証に 128 ビット暗号化が必要であるかどうかを設定します。

sslv2

Web 管理と Web 認証の両方に対して SSLv2 を設定します。

rc4-preference

Web 管理と Web 認証に関して、RC4-SHA(Rivest Cipher 4 セキュア ハッシュ アルゴリズム)暗号スイートを優先するように設定します。

enable

セキュア Web インターフェイスをイネーブルにします。

disable

セキュア Web インターフェイスをディセーブルにします。

コマンド デフォルト

セキュリティが強化されたセキュア Web モードの場合はデフォルトでディセーブルであり、SSL v2 の場合はイネーブルです。

使用上のガイドライン


(注)  


config network secureweb cipher-option コマンドを使用して、ユーザは http://ip-address を使用し、コントローラの GUI にアクセスできますが、アクセスに使用できるのは 128 ビット以上の暗号化をサポートしているブラウザのみです。


cipher-option sslv2 が無効の場合、SSLv2 だけで設定されているブラウザを使用して接続することはできません。 SSLv3 以降などセキュリティの強化されたプロトコルを使用するように設定されたブラウザを使用する必要があります。

RC4-SHA ベースの暗号スイートでは、RC4 が暗号化に使用され、SHA はメッセージ認証に使用されます。

次に、セキュリティが強化されたセキュア Web モードをイネーブルにする例を示します。


> config network secureweb cipher-option 

次に、SSL V2 をディセーブルにする例を示します。


> config network secureweb cipher-option sslv2 disable

関連コマンド

config network secureweb

show network summary

config network ssh

新規セキュア シェル(SSH)セッションを許可または拒否するには、config network ssh コマンドを使用します。

config network ssh { enable | disable}

構文の説明

enable

新規 SSH セッションを許可します。

disable

新規 SSH セッションを拒否します。

コマンド デフォルト

ディセーブル

次に、新規 SSH セッションをイネーブルにする例を示します。


> config network ssh enable

関連コマンド

show network summary

config network telnet

新規 Telnet セッションを許可または拒否するには、config network telnet コマンドを使用します

config network telnet { enable | disable}

構文の説明

enable

新規 Telnet セッションを許可します。

disable

新規 Telnet セッションを拒否します。

コマンド デフォルト

ディセーブル

次に、新規 Telnet セッションを設定する例を示します。


> config network telnet enable

関連コマンド

config ap telnet

show network summary

config network usertimeout

アイドル状態のクライアント セッションのタイムアウトを変更するには、config network usertimeout コマンドを使用します。

config network usertimeout seconds

構文の説明

seconds

タイムアウト時間(秒)。 最小値は 90 です。 デフォルト値は 300 です。

コマンド デフォルト

300.

使用上のガイドライン

このコマンドを使用して、Cisco ワイヤレス LAN コントローラ上のアイドル状態のクライアント セッション時間を設定します。 最小時間は 90 秒です。

次に、アイドル セッション タイムアウトを 1200 秒に設定する例を示します。


> config network usertimeout 1200

関連コマンド

show network summary

config network web-auth captive-bypass

ネットワーク レベルでキャプティブ ポータルのバイパスをサポートするようにコントローラを設定するには、config network web-auth captive-bypass コマンドを使用します。

config network web-auth captive-bypass { enable | disable}

構文の説明

enable

コントローラがキャプティブ ポータルのバイパスをサポートできるようにします。

disable

コントローラがキャプティブ ポータルのバイパスをサポートできないようにします。

コマンド デフォルト

なし。

次にキャプティブ ポータルのバイパスをサポートするようにコントローラを設定する例を示します。


> config network web-auth captive-bypass enable

関連コマンド

show network summary

config network web-auth cmcc-support

config network web-auth cmcc-support

コントローラに eWalk を設定するには、config network web-auth cmcc-support コマンドを使用します。

config network web-auth cmcc-support { enable | disable}

構文の説明

enable

コントローラの eWalk をイネーブルにします。

disable

コントローラの eWalk をディセーブルにします。

コマンド デフォルト

なし。

次に、コントローラの eWalk をイネーブルにする例を示します。

> config network web-auth cmcc-support enable

関連コマンド

show network summary

config network web-auth captive-bypass

config network web-auth port

ネットワーク レベルの Web 認証に関して追加ポートがリダイレクトされるように設定するには、config network web-auth port コマンドを使用します。

config network web-auth port port

構文の説明

port

ポート番号。 有効な範囲は 0 ~ 65535 です。

コマンド デフォルト

なし。

次に、Web 認証に関して、追加ポート番号 1200 がリダイレクトされるように設定する例を示します。


> config network web-auth port 1200

関連コマンド

show network summary

config network web-auth proxy-redirect

Web 認証クライアントのプロキシのリダイレクション サポートを設定するには、config network web-auth proxy-redirect コマンドを使用します。

config network web-auth proxy-redirect { enable | disable}

構文の説明

enable

Web 認証クライアントのプロキシ リダイレクションをサポートできるようにします。

disable

Web 認証クライアントのプロキシ リダイレクションをサポートできないようにします。

コマンド デフォルト

なし。

次に、Web 認証クライアントのプロキシのリダイレクションのサポートをイネーブルにする例を示します。


> config network web-auth proxy-redirect enable

関連コマンド

show network summary

config network web-auth secureweb

クライアントにセキュア Web(https)認証を設定するには、config network web-auth secureweb コマンドを使用します。

config network web-auth secureweb { enable | disable}

構文の説明

enable

クライアントにセキュア Web(https)認証を行えるようにします。

disable

クライアントにセキュア Web(https)認証を行えないようにします。 Web 認証クライアントに http を使用できるようにします。

コマンド デフォルト

イネーブル

次に、クライアントに対してセキュア Web(https)認証をイネーブルにする例を示します。


> config network web-auth secureweb enable

関連コマンド

show network summary

config network webmode

Web モードをイネーブルまたはディセーブルにするには、config network webmode コマンドを使用します。

config network webmode { enable | disable}

構文の説明

enable

Web インターフェイスをイネーブルにします。

disable

Web インターフェイスをディセーブルにします。

コマンド デフォルト

イネーブル

次に、Web インターフェイス モードをディセーブルにする例を示します。


> config network webmode disable

関連コマンド

show network summary

config network web-auth

ネットワーク レベルの Web 認証オプションを設定するには、config network web-auth コマンドを使用します。

config network web-auth { port port-number} | { proxy-redirect { enable | disable}}

構文の説明

port

Web 認証リダイレクション用に追加ポートを設定します。

port-number

ポート番号(0 ~ 65535)。

proxy-redirect

Web 認証クライアントのプロキシ リダイレクション サポートを設定します。

enable

Web 認証クライアントのプロキシ リダイレクション サポートをイネーブルにします。

(注)     

Web 認証プロキシのリダイレクションは、ポート 80、8080、および 3128 に加え、ユーザ定義のポート 345 に対してイネーブルになります。

disable

Web 認証クライアントのプロキシ リダイレクション サポートをディセーブルにします。

コマンド デフォルト

ディセーブル

使用上のガイドライン

設定を有効にするには、システムをリセットする必要があります。

次に、Web 認証クライアントのプロキシのリダイレクションのサポートをイネーブルにする例を示します。


> config network web-auth proxy-redirect enable

関連コマンド

show network summary

show run-config

config qos protocol-type

config network zero-config

ブリッジのアクセス ポイントの ZeroConfig サポートを設定するには、config network zero-config コマンドを使用します。

config network zero-config { enable | disable}

構文の説明

enable

ブリッジのアクセス ポイントの ZeroConfig サポートをイネーブルにします。

disable

ブリッジのアクセス ポイントの ZeroConfig サポートをディセーブルにします。

コマンド デフォルト

イネーブル

次に、ブリッジのアクセス ポイントの ZeroConfig サポートをイネーブルにする例を示します。


> config network zero-config enable

関連コマンド

show network summary

QoS コマンドの設定

config qos コマンドを使用して、Quality of Service(QoS)設定を行います。

config qos average-data-rate

ユーザごとまたはサービス セット ID(SSID)ごとに TCP トラフィックの平均データ レートを Kbps 単位で定義するには、config qos average-data-rate コマンドを使用します。

config qos average-data-rate { bronze | silver | gold | platinum} { per-ssid | per-client} { downstream | upstream} rate

構文の説明

bronze

キューの平均データ レートを bronze に指定します。

silver

キューの平均データ レートを silver に指定します。

gold

キューの平均データ レートを gold に指定します。

platinum

キューの平均データ レートを platinum に指定します。

per-ssid

無線ごとの SSID のレート制限を設定します。 すべてのクライアントの混合トラフィックはこの制限を超えないようになります。

per-client

SSID に関連付けられた各クライアントのレート制限を設定します。

downstream

ダウンストリーム トラフィックのレート制限を設定します。

upstream

アップストリーム トラフィックのレート制限を設定します。

rate

ユーザ 1 人あたりの TCP トラフィックの平均データ レート。 値は、0 ~ 51,2000 Kbps です。 値に 0 を指定すると、QoS プロファイルに対する帯域幅の制限は行われません。

コマンド デフォルト

なし。

次に、SSID ごとにキューの平均データ レート 0 Kbps を gold に設定する例を示します。


> config qos average-data-rate gold per ssid downstream 0

関連コマンド

config qos burst-data-rate

config qos average-realtime-rate

config qos burst-realtime-rate

config wlan override-rate-limit

config qos average-realtime-rate

ユーザごとまたはサービス セット ID(SSID)ごとに UDP トラフィックの平均リアルタイム データ レートを Kbps 単位で定義するには、config qos average-realtime-rate コマンドを使用します。

config qos average-realtime-rate { bronze | silver | gold | platinum} { per-ssid | per-client} { downstream | upstream} rate

構文の説明

bronze

キューの平均リアルタイム データ レートを bronze に指定します。

silver

キューの平均リアルタイム データ レートを silver に指定します。

gold

キューの平均リアルタイム データ レートを gold に指定します。

platinum

キューの平均リアルタイム データ レートを platinum に指定します。

per-ssid

無線ごとの SSID のレート制限を設定します。 すべてのクライアントの混合トラフィックはこの制限を超えないようになります。

per-client

SSID に関連付けられた各クライアントのレート制限を設定します。

downstream

ダウンストリーム トラフィックのレート制限を設定します。

upstream

アップストリーム トラフィックのレート制限を設定します。

rate

ユーザ 1 人あたりの UDP トラフィックの平均リアルタイム データ レート。 値は、0 ~ 51,2000 Kbps です。 値に 0 を指定すると、QoS プロファイルに対する帯域幅の制限は行われません。