Cisco ワイヤレス LAN コントローラ構成ガイド リリース 8.1
RF プロファイルの設定
RF プロファイルの設定

RF プロファイルの設定

RF プロファイルを設定するための前提条件

いったん AP グループを作成して RF プロファイルを適用するか、既存の AP グループを変更すると、新しい設定が有効になり、次のルールが有効になります。

  • AP グループのすべてのコントローラに、同一の RF プロファイルが適用され、存在する必要があります。そうしないと、コントローラに対するアクションが失敗します。

  • 同一の RF プロファイルを複数の AP グループに割り当てることができます。

RF プロファイルの設定に関する制約事項

  • いったん AP グループを作成して RF プロファイルを適用するか、既存の AP グループを変更すると、新しい設定が有効になり、次のルールが有効になります。
    • AP 電力にカスタム電力設定が適用されている AP は、グローバル モード設定ではなく、この AP に対して RF プロファイルの効果はありません。 RF プロファイリングを作用させるには、すべての AP のチャネルと電力が RRM によって管理されている必要があります。

    • AP グループ内で、いずれかの帯域での RF プロファイルの割り当てを変更すると、AP がリブートします。

    • RF プロファイルを AP グループに割り当てた後は、その RF プロファイルを変更することはできません。 RF プロファイルを変更してから、AP グループに再び追加するには、AP グループの RF プロファイルの設定を [none] に変更する必要があります。 また、802.11a と 802.11b のいずれの場合も、変更した場合に影響を受けるネットワークを無効にすることによって、この制限を回避できます。

    • AP が割り当てられている AP グループは削除できません。

    • AP グループに適用されている RF プロファイルは削除できません。

  • [Out of Box] を有効にする場合、設定を保存して Cisco WLC をリブートすると、[Out of Box] のステータスが無効に変更されます。 この動作は、Cisco WiSM2、Cisco 5500 シリーズ WLC、および Cisco 2500 シリーズ WLC で監視されます。 回避策は、Cisco WLC の再起動後に [Out of Box] を再度有効にすることです。

RF プロファイルについて

RF プロファイルを使用すると、共通のカバレッジ ゾーンを共有する AP グループを調整し、そのカバレッジ ゾーン内の AP に対する RRM の動作を選択的に変更できます。

たとえば、多くのユーザが集まる、または会合するエリアに、大学が高密度の AP を展開する場合があります。 この場合は、同一チャネル干渉を管理しながら、セル密度に対処するために、データ レートと電力の両方を操作する必要があります。 隣接エリアでは、通常のカバレッジが提供されますが、そのような操作によってカバレッジが失われます。

RF プロファイルと AP グループを使用すると、異なる環境やカバレッジ ゾーンで動作する AP グループに対する RF 設定を最適化できます。 RF プロファイルは、802.11 無線用に作成されます。 RF プロファイルは、AP グループに属するすべての AP に適用され、そのグループ内のすべての AP に同じプロファイルが設定されます。

RF プロファイルを使用して、データ レートおよび電力(TPC)値を制御できます。


(注)  


RF プロファイルの適用によって、RRM 内の AP のステータスが変わることはありません。 ステータスは、RRM によって制御されるグローバル コンフィギュレーション モードのままです。


高密度で複雑な RF トポロジに対処するには、次の設定を使用できます。
  • 高密度設定:密集ワイヤレス ネットワークの RF 環境を最適化するために、次の設定を使用できます。
    • WLAN または無線ごとのクライアントの制限:高密度環境の AP と通信できるクライアントの最大数。

    • クライアント トラップしきい値:アクセス ポイントにアソシエートされるクライアント数のしきい値。この値以降、SNMP トラップがコントローラと Cisco Prime Infrastructure に送信されます。

  • スタジアム ビジョン設定:次のパラメータを設定できます。
    • マルチキャスト データ レート:AP の RF 条件に基づく、設定可能なマルチキャスト トラフィックのデータ レート。

  • アウトオブボックス AP 設定:デフォルト AP グループに属する新しく設置したアクセス ポイントで構成されるアウトオブボックス AP グループの作成。 この機能を有効にすると、次のように動作します。
    • 新しく設置されたアクセス ポイント(デフォルトで default-group AP グループに割り当てられる)は、自動的に、コントローラにアソシエートされるときにアウトオブボックス AP グループに割り当てられ、その無線は管理者によって無効にされます。 これによって、新しいアクセス ポイント原因となって RF 不安定が発生するおそれはありません。

    • アウトオブボックスが有効になっている場合は、コントローラに現在アソシエートされている default-group AP がコントローラと再アソシエートするまでデフォルト グループに残ります。

    • それ以降にコントローラとアソシエートした default-group AP(ドロップし、再アソシエートした同じコントローラ上の既存の AP または別のコントローラからの AP)は、アウトオブボックス AP グループに配属されます。


      (注)  


      AP を本番環境で使用するためにアウトオブボックス AP グループから削除する場合は、その AP をカスタム AP グループに割り当てて、誤ってアウトオブボックス AP グループに戻されることがないようにすることをお勧めします。


    • 特別な RF プロファイルは 802.11 帯域ごとに作成されます。 これらの RF プロファイルには、既存のすべての RF パラメータのデフォルト設定、および追加の新しい設定があります。


    (注)  


    この機能を有効にした後に無効にすると、アウトオブザボックス AP グループへの新しい AP のサブスクリプションだけが停止します。 アウトオブザボックス AP グループへサブスクライブされたすべての AP が、この AP グループに残ります。 ネットワーク管理者は、ネットワークのコンバージェンスの際に、このような AP をデフォルト グループまたはカスタム AP グループに移動できます。


  • 帯域選択設定:帯域選択を利用することで、2.4 GHz と 5 GHz の帯域間でのクライアントの分散に対応できます。まずクライアントの機能を把握し、クライアントが 2.4 GHz および 5 GHz の両方の周波数帯にアソシエートすることができるかどうかを確認します。 WLAN で帯域選択を有効にすると、2.4 GHz 帯域のプローブを AP に抑制させ、最終的にデュアル バンド クライアントを 5 GHz 帯域に移動することができます。 次の帯域選択パラメータを AP グループごとに設定できます。
    • プローブ応答:クライアントへのプローブ応答。有効または無効にできます。

    • プローブ サイクル回数:RF プロファイルのプローブ サイクル回数。 サイクル回数は、新しいクライアントの抑制サイクルの回数を設定します。

    • サイクルしきい値:RF プロファイル帯域選択を新しくスキャンするサイクル期間の時間しきい値。 この設定は、クライアントからの新しいプルーブ要求が新しいスキャン サイクルで送信される間の時間しきい値を決定します。

    • 失効抑制期間:以前に認識されていた 802.11b/g クライアントをプルーニングするための期限切れ時間。 この時間が経過すると、クライアントは新規とみなされて、プローブ応答抑制の対象となります。

    • デュアルバンドの失効:以前に認識されていたデュアルバンド クライアントをプルーニングするための期限切れ時間。 この時間が経過すると、クライアントは新規とみなされて、プローブ応答抑制の対象となります。

    • クライアント RSSI:クライアントがプローブに応答するための最小 RSSI。

  • ロード バランシングの設定:ロード バランシングは、AP にわたるクライアントの適正な分散を維持します。 次のパラメータを設定できます。
    • ウィンドウ:ロード バランシングは、クライアントのウィンドウ サイズを適用することによって、クライアント アソシエーションの制限を設定します。 たとえば、ウィンドウ サイズが 3 として定義されている場合、フロア領域にわたって適正なクライアントの分散を想定し、グループ平均と比較して、AP には 3 つ以上のアソシエートされたクライアントがあってはなりません。

    • 拒否:拒否数は、ロード バランシング中のアソシエーション拒否の最大数を設定します。

  • カバレッジ ホールの軽減設定:次のパラメータを設定できます。
    • データ RSSI:アクセス ポイントで受信されたデータ パケットの最小の受信信号強度インジケータ(RSSI)値。 入力する値は、ネットワーク内のカバレッジ ホール(またはカバレッジが不完全な領域)を特定するのに使用されます。

    • Voice RSSI:アクセス ポイントで受信された音声パケットの最小の受信信号強度インジケータ(RSSI)値。

    • カバレッジ例外:カバレッジ ホール例外をトリガーする、データまたは音声 RSSI しきい値以下の RSSI 値を持つアクセス ポイント上のクライアントの最小数。

    • カバレッジ レベル:アクセス ポイント上で、信号レベルが低くなっているにもかかわらず、別のアクセス ポイントにローミングできないクライアントの割合。 アクセス ポイントに設定されたカバレッジ レベルよりも多くこのようなクライアントが存在する場合、カバレッジ ホール イベントがトリガーされます。

  • DCA:次の DCA パラメータを設定できます。
    • Avoid foreign AP interference:DCA アルゴリズムは、外部 802.11 トラフィックのアクセス ポイントから検出されたトラフィックや干渉など、複数の入力での最適化に基づいています。 各アクセス ポイントでは定期的に干渉、ノイズ レベル、外部干渉および負荷を測定し、ネイバー AP のリストを管理します。 つまり外部 AP 干渉は、802.11 のネイバー以外(同じ RF ドメインに含まれていない 802.11 AP、たとえば外部 802.11 ネットワーク)から受信されます。 この干渉は、ノイズ レベルと同じメカニズムを使用して測定されます。

      現在導入されている無線リソース管理モジュールでは対応できないため、このような AP は RRM に悪影響を与える可能性があります。したがって、ユーザは RF プロファイルの DCA の使用を選択せずにこの機能を無効にすることができます。

    • Channel width:次のチャネル幅のオプションのいずれかを選択して、5 GHz 帯域のすべての 802.11n および 802.11ac 無線でサポートするチャネル帯域幅を指定できます。
      • [20 MHz]:20 MHz のチャネル帯域幅(デフォルト)

        (注)  


        2.4GHz 帯域で使用できる最大帯域幅は 20MHz です。
      • [40 MHz]:40 MHz のチャネル帯域幅
      • [80 MHz]:80 MHz のチャネル帯域幅
    • DCA channel list:DCA がアクセス ポイント無線にチャネルの 1 つを割り当てるために使用するチャネル セットを選択できます。 RF プロファイル用に選択されるチャネル セットは、DCA グローバル チャネル リストのサブセットにする必要があります。 利用可能なチャネルはグローバルに設定された国に基づいて事前に選択されます。 DCA は、これらのチャネル上で測定されるメトリックを比較して、最適なチャネルを選択します。 帯域幅が 20 MHz を超えている場合は、連続するチャネルでチャネル ボンディングが実行されます。 たとえば、帯域幅が 40 MHz の場合は、36 MHz と 40 MHz のペアが選択されます。 80 MHz などのより高い帯域幅の場合は、36、40、44、および 48 MHz の帯域幅が選択されます。
    • Trap thresholds:トラップのプロファイルしきい値は、RF プロファイルに基づいて特定の AP グループに対して設定できます。

RF プロファイルの設定(GUI)


    ステップ 1   [Wireless] > [RF Profiles] の順に選択して [RF Profiles] ページを開きます。
    ステップ 2   すべての RF プロファイルのアウトオブボックス ステータスを設定するには、[Enable Out Of Box] チェックボックスをオンまたはオフにします。
    ステップ 3   [New] をクリックします。
    ステップ 4   [RF Profile Name] を入力し、無線帯域を選択します。
    ステップ 5   [Apply] をクリックして、電力およびデータ レート パラメータのカスタマイズを設定します。
    ステップ 6   [General] タブで、[Description] テキスト ボックスに RF プロファイルの説明を入力します。
    ステップ 7   [802.11] タブで、このプロファイルの AP に適用するデータ レートを設定します。
    ステップ 8   [RRM] タブでは、次のことを実行できます。
    1. [TPC] 領域で、[Maximum Power Level Assignment] および [Minimum Power Level Assignment] を設定します。これは、この RF プロファイル内の AP が使用できる最大電力と最小電力です。
    2. [TPC] 領域で、TPC のバージョン 1 またはバージョン 2 に対するカスタム TPC 電力しきい値を設定します。
      (注)     

      TPC の 1 種類のバージョンだけが、特定のコントローラ バージョン 1 の RRM に使用でき、バージョン 2 は同じ RF プロファイル内で相互運用性はありません。 TPCv2 に対してしきい値を選択した場合に、その値が RF プロファイルに選択した TPC アルゴリズムにないと、その値は無視されます。

    3. [Coverage Hole Detection] 領域で、音声およびデータ RSSI を設定します。
    4. [Coverage Exception] テキスト ボックスに、クライアントの数を入力します。
    5. [Coverage Level] テキスト ボックスに、割合を入力します。
    6. [Traps] 領域の [Profile threshold] に、干渉の割合、クライアント数、ノイズ レベルおよび使用率を入力します。
    7. [DCA] 領域で [Avoid Foreign AP interference Enabled] チェックボックスを選択して、外部 AP の干渉を回避します。
    8. [DCA] 領域で次のチャネル幅オプションのいずれかを選択して、5 GHz 帯域のすべての 802.11n および 802.11 ac 無線でサポートするチャネル帯域幅を指定します。
      • [20 MHz]20 MHz のチャネル帯域幅(デフォルト)
      • [40 MHz]40 MHz のチャネル帯域幅
      • [80 MHz]80 MHz のチャネル帯域幅
    9. [DCA] 領域の [DCA Channels] テキスト ボックスには、現在選択されているチャネルが表示されます。 チャネルを選択するには、[Select] カラムでそのチャネルのチェックボックスをオンにします。 チャネルの選択を解除するには、チャネルのチェックボックスをオフにします。 リストされているチャネル番号はその特定の RF プロファイルにだけ適用されます。
      範囲は次のとおりです。
      • 802.11a:36、40、44、48、52、56、60、64、100、104、108、112、116、132、136、140、149、153、157、161、165、190、196
      • 802.11b/g:1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11
      デフォルトの設定は次のとおりです。
      • 802.11a:36、40、44、48、52、56、60、64、100、104、108、112、116、132、136、140、149、153、157、161
      • 802.11b/g:1、6、11
      (注)      リリース 8.0 以前のリリースからアップグレードする場合は、これらのチャネルが DCA チャネル リストに含まれていることを確認します。
    ステップ 9   [High Density] タブでは、次のことを実行できます。
    1. [High Density Parameters] 領域で、AP 無線ごとに許可されるクライアントの最大数、およびクライアント トラップしきい値を入力します。
    2. [Multicast Parameters] 領域で、[Multicast Data Rates] ドロップダウン リストからデータ レートを選択します。
    ステップ 10   [Client Distribution] タブでは、次のことを実行できます。
    1. [Load Balancing] 領域で、クライアントのウィンドウ サイズおよび拒否数を入力します。

      このウィンドウ サイズは、アクセス ポイントの負荷が高すぎてそれ以上はクライアント アソシエーションを受け付けることができないかどうかを判断するアルゴリズムで使用されます。

      ロード バランシング ウィンドウ + 最も負荷が低いアクセス ポイント上のクライアント アソシエーション数 = ロード バランシングしきい値

      特定のクライアント デバイスからアクセス可能なアクセス ポイントが複数ある場合に、アクセス ポイントはそれぞれ、アソシエートしているクライアントの数が異なります。 クライアントの数が最も少ないアクセス ポイントは、負荷が最も低くなります。 クライアント ウィンドウ サイズと、負荷が最も低いアクセス ポイント上のクライアント数の合計がしきい値となります。 クライアント アソシエーションの数がこの閾値を超えるアクセス ポイントはビジー状態であるとみなされ、クライアントがアソシエートできるのは、クライアント数が閾値を下回るアクセス ポイントだけとなります。

      拒否数は、ロード バランシング中のアソシエーション拒否の最大数を設定します。

    2. [Band Select] 領域で、[Probe Response] チェックボックスをオンまたはオフにします。
      (注)     

      帯域選択設定は、802.11b/g RF プロファイルだけに使用できます。

    3. [Cycle Count] テキスト ボックスに、新しいクライアントの抑制サイクルの回数を入力します。 デフォルト数は 2 です。
    4. [Cycle Threshold] テキスト ボックスに、クライアントから新しいプローブ要求が送信される、新しいスキャン サイクルからの時間しきい値を決定する時間をミリ秒単位で入力します。 デフォルトのサイクル閾値は 200 ミリ秒です。
    5. [Suppression Expire] テキスト ボックスに、期限切れになると 802.11 b/g クライアントが新規となり、プローブ応答抑制の対象となる期限を入力します。
    6. [Dual Band Expire] テキスト ボックスに、期限切れになるとデュアルバンド クライアントが新規となり、プローブ応答抑制の対象となる期限を入力します。
    7. [Client RSSI] テキスト ボックスに、クライアントがプローブに応答するための最小 RSSI を入力します。
    ステップ 11   [Apply] をクリックして、変更を確定します。
    ステップ 12   [Save Configuration] をクリックして、変更を保存します。

    RF プロファイルの設定(CLI)


      ステップ 1   すべての RF プロファイルのアウトオブボックス ステータスを設定するには、次のコマンドを入力します。

      config rf-profile out-of-box {enable | disable}

      ステップ 2   RF プロファイルを作成または削除するには、次のコマンドを入力します。

      config rf-profile {create {802.11a | 802.11b} | delete} profile-name

      ステップ 3   RF プロファイルの説明を指定するには、次のコマンドを入力します。

      config rf-profile descriptiontextprofile-name

      ステップ 4   このプロファイルの AP にデータ レートが適用されるように設定するには、次のコマンドを入力します。

      config rf-profile data-rates {802.11a | 802.11b} {disabled | mandatory | supported} rateprofile-name

      ステップ 5   最大電力レベル割り当ておよび最小電力レベル割り当て(この RF プロファイル内の AP が使用できる最大電力と最小電力)を設定するには、次のコマンドを入力します。

      config rf-profile {tx-power-max | tx-power-min} power-valueprofile-name

      ステップ 6   TPC のバージョン 1 またはバージョン 2 に対するカスタム TPC 電力しきい値を設定するには、次のコマンドを入力します。

      config rf-profile {tx-power-control-thresh-v1 | tx-power-control-thresh-v2} power-thresholdprofile-name

      ステップ 7   カバレッジ ホール検出パラメータを設定する
      1. カバレッジ データを設定するには、次のコマンドを入力します。

        config rf-profile coverage datavalue-in-dBmprofile-name

      2. 最小クライアント カバレッジ例外レベルを設定するには、次のコマンドを入力します。

        config rf-profile coverage exceptionclientsprofile-name

      3. カバレッジ例外レベルの割合を設定するには、次のコマンドを入力します。

        config rf-profile coverage levelpercentage-valueprofile-name

      4. 音声のカバレッジを設定するには、次のコマンドを入力します。

        config rf-profile coverage voicevalue-in-dBmprofile-name

      ステップ 8   AP 無線ごとに許可されるクライアントの最大数を設定するには、次のコマンドを入力します。

      config rf-profile max-clientsnum-of-clientsprofile-name

      ステップ 9   クライアント トラップしきい値を設定するには、次のコマンドを入力します。

      config rf-profile client-trap-thresholdthreshold-valueprofile-name

      ステップ 10   マルチキャストを設定するには、次のコマンドを入力します。

      config rf-profile multicast data-raterateprofile-name

      ステップ 11   ロード バランシングを設定するには、次のコマンドを入力します。

      config rf-profile load-balancing {windownum-of-clients | denialvalue} profile-name

      ステップ 12   帯域選択を設定する
      1. 帯域選択サイクル数を設定するには、次のコマンドを入力します。

        config rf-profile band-select cycle-countmax-num-of-cyclesprofile-name

      2. サイクルしきい値を設定するには、次のコマンドを入力します。

        config rf-profile band-select cycle-thresholdtime-in-millisecondsprofile-name

      3. 帯域選択の有効期限を設定するには、次のコマンドを入力します。

        config rf-profile band-select expire {dual-band | suppression} time-in-secondsprofile-name

      4. プローブ応答を設定するには、次のコマンドを入力します。

        config rf-profile band-select probe-response {enable | disable} profile-name

      5. プローブに応答する条件となる、クライアントの RSSI の最小値を設定するには、次のコマンドを入力します。

        config rf-profile band-select client-rssivalue-in-dBmprofile-name

      ステップ 13   アクセス ポイント グループ ベースに対して 802.11n のみのモードを設定するには、次のコマンドを入力します。

      config rf-profile 11n-client-only {enable | disable} rf-profile-name

      802.11n のみのモードでは、アクセス ポイント ブロードキャストによって 802.11n の速度がサポートされます。 802.11n クライアントのみを、アクセス ポイントと関連付けることができます

      ステップ 14   RF プロファイルの DCA パラメータを設定する
      • 外部 AP 干渉を設定するには、次のコマンドを入力します。

        config rf-profile channel foreign{enable|disable} profile-name

      • チャネル幅を設定するには、次のコマンドを入力します。

        config rf-profile channel foreign{enable|disable}profile-name

      • DCA チャネル リストを設定するには、次のコマンドを入力します。

        config rf-profile channel{add|delete}chanprofile_name

      • トラップしきい値を設定するには、次のコマンドを入力します。
        config rf-profile trap-threshold{clients|interference|noise|utilization}profile-name
        • clients:トラップ用のアクセス ポイントの無線のクライアント数は 1 ~ 200 です。 デフォルト値は 12 です。
        • interference:トラップ用の干渉しきい値の割合は 0 ~ 100% です。 デフォルトは 10 % です。
        • noise:トラップ用のノイズしきい値のレベルは -127 ~ 0 dBm です。 デフォルトは -17 dBm です。
        • utilization:アクセス ポイントしきい値で使用されるトラップ用の帯域幅の割合は 0 ~ 100% です。 デフォルトは 80% です。

      AP グループへの RF プロファイルの適用(GUI)


        ステップ 1   [WLANs] > [Advanced] > [AP Groups] の順に選択して、[AP Groups] ページを開きます。
        ステップ 2   [AP Group Name] をクリックして、[AP Groups > Edit] ページを開きます。
        ステップ 3   [RF Profile] タブをクリックし、RF プロファイルの詳細を設定します。 各帯域(802.11a/802.11b)の RF プロファイルを選択することも、このグループに適用する 1 つのプロファイルまたは [none] を選択することもできます。
        (注)     

        AP を選択して新しいグループに追加するまで、設定は適用されません。 新しい設定はそのまま保存できますが、プロファイルは適用されません。 AP グループに移動する AP を選択した後で、それらの AP を新しいグループに移動すると AP がリブートし、RF プロファイルの設定がその AP グループの AP に適用されます。

        ステップ 4   [APs] タブをクリックし、AP グループに追加する AP を選択します。
        ステップ 5   [Add APs] をクリックし、選択した AP を AP グループに追加します。 AP グループがリブートし、AP がコントローラに再 join することを示す、警告メッセージが表示されます。
        (注)     

        AP は、一度に 2 つの AP グループに属することはできません。

        ステップ 6   [Apply] をクリックします。 AP が、AP グループに追加されます。

        AP グループへの RF プロファイルの適用(CLI)

        次の作業

        次のコマンドを使用して、AP グループに RF プロファイルを適用します。

        • config wlan apgroup profile-mapping {add | delete} ap-group-name rf-profile-name