Cisco ワイヤレス LAN コントローラ構成ガイド リリース 8.1
高速 SSID 変更の設定
高速 SSID 変更の設定

高速 SSID 変更の設定

高速 SSID 変更の設定について

高速 SSID 変更が有効になっている場合は、controllerがクライアントに SSID 間のより速い移動を許可します。 高速 SSID が有効になっている場合、クライアント エントリがクリアされず、遅延は適用されません。

高速 SSID 変更が無効になっている場合は、controllerが一定の遅延時間が経過した後でクライアントに新しい SSID への移動を許可します。 高速 SSID が無効になっており、クライアントが異なる SSID の新しいアソシエーションを送信すると、controllerの接続テーブルのクライアント エントリがクリアされてから、新しい SSID にクライアントが追加されます。

高速 SSID 変更の設定(GUI)


    ステップ 1   [Controller] を選択して [General] ページを開きます。
    ステップ 2   この機能を有効にするには、[Fast SSID Change] ドロップダウン リストから [Enabled] を選択します。無効にするには、[Disabled] を選択します。 デフォルト値は [disabled] です。
    ステップ 3   [Apply] をクリックして、変更を確定します。
    ステップ 4   [Save Configuration] をクリックして、変更を保存します。

    高速 SSID 変更の設定(CLI)


      ステップ 1   次のコマンドを入力して、高速 SSID 変更を有効または無効にします。

      config network fast-ssid-change {enable | disable}

      ステップ 2   次のコマンドを入力して、変更を保存します。 save config