Cisco ワイヤレス LAN コントローラ構成ガイド リリース 8.1
WLAN の MAC フィルタリングの設定
WLAN の MAC フィルタリングの設定

WLAN の MAC フィルタリングの設定

MAC フィルタリングの制限

  • MAC フィルタはゲスト LAN 用に設定できません。

  • 中央認証およびスイッチング:外部 RADIUS が WLAN 用に設定されている場合は、MAC 認証が MAC フィルタリングより優先されます。

  • ローカル認証およびスイッチング:MAC フィルタリングがローカル認証でサポートされていない場合は、MAC 認証が機能しません。

WLAN の MAC フィルタリングについて

クライアント認可または管理者認可に MAC フィルタリングを使用する場合は、WLAN レベルで先に有効にしておく必要があります。 任意の WLAN でローカル MAC アドレス フィルタリングを使用する予定がある場合は、この項のコマンドを使用して WLAN の MAC フィルタリングを設定します。

MAC フィルタリングの有効化

WLAN 上で MAC フィルタリングを有効にするには、次のコマンドを使用します。

  • MAC フィルタリングを有効にするには、config wlan mac-filtering enablewlan_id コマンドを入力します。

  • WLAN の MAC フィルタリングが有効になっていることを確認するには、show wlan コマンドを入力します。

MAC フィルタリングを有効にすると、WLAN に追加した MAC アドレスにのみ WLAN への接続が許可されます。 追加されていない MAC アドレスは、WLAN への接続が許可されません。

クライアントが初めて WLAN にアソシエートしようとする場合、クライアントは AAA サーバからの MAC アドレスにより認証されます。 認証が成功すると、クライアントは DHCP サーバから IP アドレスを取得して、WLAN に接続されます。

クライアントが同じ AP または別の AP にローミングまたはアソシエーション要求を送信したときに、まだ WLAN に接続されていれば、クライアントは AAA サーバに再認証されません。

クライアントが WLAN に接続されていない場合は、クライアントは AAA サーバから認証される必要があります。