Cisco ワイヤレス LAN コントローラ コンフィギュレーション ガイド リリース 7.4(統合版)
サービス ポート インターフェイスの設定
サービス ポート インターフェイスの設定
発行日;2013/06/17   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

サービス ポート インターフェイスの設定

サービス ポート インターフェイスについて

サービス ポート インターフェイスはサービス ポートを介した通信を制御し、サービス ポートに対して静的にマッピングされます。 サービス ポートは DHCP を使用して IP アドレスを取得したり、固定 IP アドレスを割り当てたりすることはできますが、サービス ポート インターフェイスにデフォルト ゲートウェイを割り当てることはできません。 サービス ポートへのリモート ネットワーク アクセスに使用される静的なルートはコントローラを通じて定義できます。

Service-Port インターフェイスの設定に関する制限

  • Cisco 7500 シリーズ コントローラと Cisco 5500 シリーズ コントローラにのみ、外部ネットワークから到達可能な物理サービス ポート インターフェイスがあります。

サービス ポート インターフェイスの設定(GUI)


    ステップ 1   [Controller] > [Interfaces] の順に選択して、[Interfaces] ページを開きます。
    ステップ 2   サービス ポート リンクをクリックして、[Interfaces > Edit] ページを開きます。
    ステップ 3   次の Service-Port Interface パラメータを入力します。
    (注)     

    サービス ポート インターフェイスでは、工場出荷時にコントローラに設定されたサービス ポートの MAC アドレスが使用されます。

    • DHCP プロトコル(有効)
    • DHCP プロトコル(無効)および IP アドレスと IP ネットマスク
    ステップ 4   [Save Configuration] をクリックして、変更を保存します。
    ステップ 5   管理インターフェイスまたは仮想インターフェイスに何らかの変更を行ったときに変更を有効にするには、コントローラをリブートします。

    サービス ポート インターフェイスの設定(CLI)


      ステップ 1   次のコマンドを入力して、現在のサービス ポート インターフェイスの設定を表示します。
      show interface detailed service-port
      (注)     

      サービス ポート インターフェイスでは、工場出荷時にコントローラに設定されたサービス ポートの MAC アドレスが使用されます。

      ステップ 2   次のコマンドを入力し、サービス ポート インターフェイスを定義します。
      • DHCP サーバを設定するには、次のコマンドを入力します。 config interface dhcp service-port ip-address-of-primary-dhcp- server [ip-address-of-secondary-dhcp-server]
      • DHCP サーバを無効にするには、次のコマンドを入力します。 config interface dhcp service-port none
      • IP アドレスを設定するには、次のコマンドを入力します。 config interface address service-port ip-addr ip-netmask
      ステップ 3   このサービス ポートは、コントローラの帯域外管理に使用されます。 管理ワークステーションがリモート サブネットにある場合、このリモート ワークステーションからコントローラを管理するには、コントローラにルートを追加する必要があります。 そのためには、次のコマンドを入力します。

      config route add network-ip-addr ip-netmask gateway

      ステップ 4   save config コマンドを入力して、変更を保存します。
      ステップ 5   show interface detailed service-port コマンドを入力して、変更内容が保存されていることを確認します。