Cisco ワイヤレス LAN コントローラ コンフィギュレーション ガイド リリース 7.4(統合版)
AP マネージャ インターフェイスの設定
AP マネージャ インターフェイスの設定
発行日;2013/06/17   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

AP マネージャ インターフェイスの設定

AP マネージャ インターフェイスについて

1 つのコントローラに 1 つ以上の AP マネージャ インターフェイスがあります。このインターフェイスは、Lightweight アクセス ポイントがコントローラに join した後でコントローラとアクセス ポイントの間で行われるすべてのレイヤ 3 通信に使用されます。 AP マネージャの IP アドレスは、コントローラからアクセス ポイントへの CAPWAP パケットのトンネル発信元、およびアクセス ポイントからコントローラへの CAPWAP パケットの宛先として使用されます。


(注)  


コントローラはジャンボ フレームの送信をサポートしていません。 フラグメンテーションおよび再構成を必要とする AP にコントローラから CAPWAP パケットが送信されないようにするには、クライアント側で MTU/MSS を減らします。


AP マネージャ インターフェイスは、どのディストリビューション システム ポートを介して通信するときも、できる限り多くの Lightweight アクセス ポイントのアソシエーションおよび通信を行うために、レイヤ 3 ネットワーク全体のアクセス ポイントの CAPWAP または LWAPP join メッセージを受信します。

アクセス ポイント管理インターフェイスの設定に関する前提条件

AP マネージャ インターフェイスの設定に関する注意事項

  • 管理インターフェイスと AP マネージャ インターフェイスの MAC アドレスは、ベース LAG の MAC アドレスと同じです。
  • 使用可能なディストリビューション システム ポートが 1 つだけの場合は、ディストリビューション システム ポート 1 を使用してください。
  • AP マネージャ インターフェイスを設定する必要はありません。 管理インターフェイスはデフォルトで、AP マネージャ インターフェイスのように動作するので、アクセス ポイントはこのインターフェイスで join できます。
  • リンク集約(LAG)が有効化されているときは、AP マネージャ インターフェイスは 1 つだけ設定することができます。 ただし、LAG が無効の場合は、1 つ以上の AP マネージャ インターフェイスを作成できます。通常は 1 つの物理ポートにつき 1 つです。
  • AP マネージャ インターフェイスに対するポート冗長化はサポートされません。 AP マネージャ インターフェイスをバックアップ ポートにマッピングすることはできません。

AP マネージャ インターフェイスの設定(GUI)


    ステップ 1   [Controller] > [Interfaces] の順に選択して、[Interfaces] ページを開きます。
    ステップ 2   AP マネージャ インターフェイスをクリックします。

    [Interface > Edit] ページが表示されます。

    ステップ 3   AP-Manager Interface パラメータを設定します。
    (注)     

    Cisco 5500 シリーズ コントローラの場合は、AP マネージャ インターフェイスを設定する必要はありません。 管理インターフェイスは、デフォルトで AP マネージャ インターフェイスとして動作します。

    • 物理ポートの割り当て
    • VLAN 識別子
      (注)     

      タグなし VLAN については 0、タグ付き VLAN についてはゼロ以外の値を入力します。 AP マネージャ インターフェイスでは、タグ付きの VLAN を使用することをお勧めします。

    • 固定 IP アドレス、IP ネットマスク、およびデフォルト ゲートウェイ
    • プライマリおよびセカンダリの DHCP サーバ
    • 必要な場合は、アクセス コントロール リスト(ACL)名
    ステップ 4   [Save Configuration] をクリックして、変更を保存します。
    ステップ 5   管理インターフェイスまたは仮想インターフェイスに何らかの変更を行ったときに変更を有効にするには、コントローラをリブートします。

    AP マネージャ インターフェイスの設定(CLI)

    はじめる前に

    Cisco 5500 シリーズ コントローラの場合は、AP マネージャ インターフェイスを設定する必要はありません。 管理インターフェイスは、デフォルトで AP マネージャ インターフェイスとして動作します。


      ステップ 1   show interface summary コマンドを入力して、現在のインターフェイスを表示します。
      (注)     

      システムがレイヤ 2 モードで動作している場合は、AP マネージャ インターフェイスは出力に表示されません。

      ステップ 2   show interface detailed ap-manager コマンドを入力して、現在の AP マネージャ インターフェイスの設定を表示します。
      ステップ 3   config wlan disable wlan-number コマンドを入力して、ディストリビューション システム通信用に AP マネージャ インターフェイスを使用する各 WLAN を無効にします。
      ステップ 4   次のコマンドを入力し、AP マネージャ インターフェイスを定義します。
      • config interface address ap-manager ip-addr ip-netmask gateway
      • config interface vlan ap-manager {vlan-id | 0}
        (注)     

        タグなし VLAN については 0、タグ付き VLAN についてはゼロ以外の値を入力します。 AP マネージャ インターフェイスでは、タグ付きの VLAN を使用することをお勧めします。

      • config interface port ap-manager physical-ds-port-number
      • config interface dhcp ap-manager ip-address-of-primary-dhcp-server [ip-address-of-secondary-dhcp-server]
      • config interface acl ap-manager access-control-list-name
      ステップ 5   save config コマンドを入力して、変更を保存します。
      ステップ 6   show interface detailed ap-manager コマンドを入力して、変更内容が保存されていることを確認します。

      設定例:Cisco 5500 シリーズ コントローラでの AP マネージャの設定

      Cisco 5500 シリーズ コントローラの場合、LAG を使用しないときには、動的 AP マネージャ インターフェイスを 8 つ設定して、コントローラの 8 つのギガビット ポートに関連付けることをお勧めします。 管理インターフェイス(デフォルトで AP マネージャ インターフェイスのように機能する)を使用している場合、さらに 7 つだけ動的 AP マネージャ インターフェイスを作成し、残りの 7 つのギガビット ポートに関連付ける必要があります。 たとえば次の図は、動的 AP マネージャ インターフェイスとして有効にされていて、ポート番号 2. に関連付けられた動的インターフェイスを表しています。

      図 1. 動的 AP 管理を使用した動的インターフェイスの例

      次の図は、LAG が無効になっている Cisco 5500 シリーズ コントローラを表しています。管理インターフェイスは 1 つの動的 AP マネージャ インターフェイスとして使用され、他の 7 つの動的 AP マネージャ インターフェイスはそれぞれ異なるギガビット ポートにマッピングされています。

      図 2. Cisco 5500 シリーズのコントローラ インターフェイスの設定例