Cisco ワイヤレス LAN コントローラ コンフィギュレーション ガイド リリース 7.4(統合版)
クライアント プロファイルの設定
クライアント プロファイルの設定
発行日;2013/06/17   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

クライアント プロファイルの設定

クライアント プロファイルについて

クライアントが WLAN にアソシエートしようとする場合、プロセスで受信した情報からクライアント タイプを決定することができます。 コントローラは情報のコレクタとして機能し、必要なデータとともに最適な形式で ISE を送信します。

注意事項および制約事項

  • デフォルトで、クライアントのプロファイルはすべての WLAN 上で無効です。
  • クライアント プロファイルは、ローカル モードと FlexConnect モードのアクセス ポイントでサポートされます。
  • プロファイルは、次のシナリオのクライアントではサポートされません。
    • スタンドアロン モードで FlexConnect モード AP とアソシエートしているクライアント。
    • ローカル スイッチングが有効な状態でローカル認証が行われる場合に FlexConnect モード AP とアソシエートしているクライアント。
  • コントローラでは DHCP プロキシと DHCP ブリッジ モードの両方がサポートされます。
  • WLAN のアカウンティング サーバの設定は、1.1 MnR 以降のリリースを実行する ISE を指している必要があります。 Cisco の ACS では、クライアント プロファイルはサポートされていません。
  • 使用されている DHCP サーバのタイプは、クライアントのプロファイルに影響しません。
  • DHCP_REQUEST のパケットに ISE プロファイル済みデバイス リストで見つかった文字列が含まれている場合、クライアントは自動的にプロファイルされます。
  • クライアントは、Accounting request パケットで送信される MAC アドレスに基づいて識別されます。
  • プロファイルが有効になると MAC アドレスだけがアカウンティング パケットの発信側ステーション ID として送信されます。
  • クライアント プロファイルを有効にするには、DHCP Required フラグを有効にし、ローカル認証フラグを無効にする必要があります。
  • ローカル スイッチングの FlexConnect モードの AP でプロファイルが有効である場合、VLAN オーバーライドだけが AAA Override 属性としてサポートされます。
  • コントローラは、クライアントが要求を送信するたびに DHCP プロファイリング情報を解析しますが、プロファイリング情報が ISE に送信されるのは一度のみです。

クライアント プロファイルの設定(GUI)


    ステップ 1   [WLANs] を選択して、[WLANs] ページを開きます。
    ステップ 2   [WLAN ID] をクリックします。 [WLANs > Edit] ページが表示されます。
    ステップ 3   [Advanced] タブをクリックします。
    ステップ 4   クライアント プロファイル領域で、次を行います。
    1. DHCP に基づいてクライアントをプロファイルするには、DHCP Profiling チェックボックスを選択します。
    2. HTTP に基づいてクライアントをプロファイルするには、HTTP Profiling チェックボックスを選択します。
    ステップ 5   [Apply] をクリックします。
    ステップ 6   [Save Configuration] をクリックします。

    クライアント プロファイルの設定(CLI)

    • 次のコマンドを入力して、DHCP に基づいて WLAN に対してクライアント プロファイルを有効または無効にします。 config wlan profiling radius dhcp {enable | disable} wlan-id
    • 次のコマンドを入力して、HTTP、DHCP、またはそれらの両方に基づいて、WLAN に対して RADIUS モードでクライアント プロファイルを有効または無効にします。 config wlan profiling radius {dhcp | http | all} {enable | disable} wlan-id

      (注)  


      DHCP と HTTP の両方に基づいたクライアント プロファイルを設定するには、all パラメータを使用します。


    • WLAN でクライアント プロファイルのステータスを表示するには、次のコマンドを入力します。 show wlan wlan-id
    • クライアント プロファイルのデバッグを有効または無効にするには、次のコマンドを入力します。 debug profiling {enable | disable}