Cisco ワイヤレス LAN コントローラ コンフィギュレーション ガイド リリース 7.4(統合版)
シンメトリック モビリティ トンネリングの使用
シンメトリック モビリティ トンネリングの使用
発行日;2013/06/17   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

シンメトリック モビリティ トンネリングの使用

シンメトリック モビリティ トンネリングについて

シンメトリック モビリティ トンネリングが有効になっている場合、すべてのクライアント トラフィックがアンカー コントローラへ送信されるため、RPF チェックを問題なく通過します。

図 1. シンメトリック モビリティ トンネリングまたは双方向性トンネリング

シンメトリック モビリティ トンネリングは、次の場合にも便利です。

  • 送信元 IP アドレスがパケットの受信先サブネットと一致しないため、クライアント パケット パス内のファイアウォールでパケットがドロップされる場合。
  • アンカー コントローラ上のアクセス ポイント グループの VLAN が外部コントローラ上の WLAN インターフェイス VLAN と異なる場合。 この場合、モビリティ イベント中に、クライアント トラフィックが誤った VLAN に送信される可能性があります。

注意事項および制約事項

  • シンメトリック モビリティ トンネリングはデフォルトで有効です。

シンメトリック モビリティ トンネリングの確認(GUI)


    ステップ 1   [Controller] > [Mobility Management] > [Mobility Anchor Config] の順に選択して、[Mobility Anchor Config] ページを開きます。
    ステップ 2   [Symmetric Mobility Tunneling Mode] テキスト ボックスに [Enabled] と表示されます。

    シンメトリック モビリティ トンネリングが有効な場合の確認(CLI)

    次のコマンドを入力して、シンメトリック モビリティ トンネリングが有効であることを確認します。

    show mobility summary