Cisco ワイヤレス LAN コントローラ コンフィギュレーション ガイド リリース 7.4(統合版)
ローカル MAC フィルタの設定
ローカル MAC フィルタの設定
発行日;2013/06/17   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

ローカル MAC フィルタの設定

ローカル MAC フィルタについて

コントローラには MAC フィルタリング機能が組み込まれています。これは、RADIUS authorization サーバで提供されるものとよく似ています。

ローカル MAC フィルタの設定に関する前提条件

WLAN で AAA を有効にして、インターフェイス名を上書きする必要があります。

ローカル MAC フィルタの設定(CLI)

  • コントローラに MAC フィルタ エントリを作成するには、config macfilter add mac_addr wlan_id [interface_name] [description] [IP_addr] コマンドを入力します。 次のパラメータはオプションです。
    • mac_addr:クライアントの MAC アドレス。
    • wlan_id:クライアントがアソシエートしている WLAN ID。
    • interface_name:インターフェイスの名前。 このインターフェイス名は WLAN に設定されたインターフェイスを上書きするために使用されます。
    • description:インターフェイスの簡単な説明。二重引用符で囲みます(たとえば、"Interface1")。
    • IP_addr:上記の mac addr 値で指定される MAC アドレスを持つパッシブ クライアントに使用される IP アドレス。
  • IP アドレスを既存の MAC フィルタ エントリに割り当てるには、config macfilter ip-address mac_addr IP_addr コマンドを入力します(config macfilter add コマンドで割り当てられていない場合)。
  • MAC アドレスが WLAN に割り当てられていることを確認するには、show macfilter コマンドを入力します。

(注)  


MAC フィルタリングが設定されている場合、コントローラはまず RADIUS サーバを使用してワイヤレス クライアントを認証しようとします。 ローカル MAC フィルタリングが試行されるのは、RADIUS サーバがタイムアウトしたか、RADIUS サーバが設定されていないために、RADIUS サーバが検出されない場合のみです。