Cisco ワイヤレス LAN コントローラ コンフィギュレーション ガイド リリース 7.4(統合版)
VLAN Select の設定
VLAN Select の設定
発行日;2013/06/17   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

VLAN Select の設定

VLAN Select について

無線クライアントが無線ネットワーク(WLAN)に接続すると、クライアントは、WLAN に関連付けられている VLAN に配置されます。 講堂、競技場、会議場などといった大規模な会場では、大量の無線クラインアントが使用される可能性があり、単一の WLAN だけで多数のクライアントに対応することは困難な場合があります。

VLAN Select 機能を使用すると、複数の VLAN をサポート可能な単一の WLAN を使用できるようになります。 クライアントは、設定されている VLAN の 1 つに割り当てることができます。 この機能を使用すれば、インターフェイス グループを使用して 1 つまたは複数のインターフェイスの VLAN に WLAN をマッピングすることができます。 WLAN との関連付けを行うワイヤレス クライアントは、インターフェイスで特定されるサブネットのプールから IP アドレスを取得します。 IP アドレスは、ワイヤレス クライアントの MAC アドレスをベースにしたアルゴリズムで生成されます。 この機能は、現行の AP グループ アーキテクチャも拡張しており、WLAN がマッピングされているインターフェイスまたはインターフェイス グループ(インターフェイス グループを使用した複数のインターフェイス)よりも AP グループを優先させることができます。 さらにこの機能では、自動アンカー制限に対するソリューションも提供されており、外部ロケーションにいる無線ゲスト ユーザが、同じアンカー コントローラから、自分の外部ロケーションまたは外部コントローラに基づいて複数のサブネットのうちの 1 つの IP アドレスを取得できます。

クライアントがあるコントローラから別のコントローラにローミングすると、外部コントローラから、モビリティ アナウンス メッセージの一部として VLAN 情報が送信されます。 アンカーは、受信した VLAN 情報に基づいて、アンカー コントローラと外部コントローラ間でトンネルを構築する必要があるかどうかを決定します。 外部コントローラで同一の VLAN を使用できる場合は、アンカーからクライアント コンテキストがすべて削除され、外部コントローラがクライアントに対する新しいアンカー コントローラとなります。

あるサブネットにあるインターフェイス(int-1)があるコントローラ(VLAN ID 0)にタグが付けられておらず、同じサブネットにあるインターフェイス(int-2)が他のコントローラ(Vlan ID 1)にタグ付けされている場合、VLAN Select を使用すると、このインターフェイスによって 1 台目のコントローラに join しているクライアントは、2 番目のコントローラに移動する間に L2 ローミングを受けることがありません。 したがって、VLAN Select で 2 つのコントローラ間の L2 ローミングを発生させるには、同じサブネット内のすべてのインターフェイスがタグ付きまたはタグなしのいずれかに統一されている必要があります。

VLAN Select 機能の一部として、モビリティ アナウンス メッセージは追加のベンダー ペイロードを運びます。このペイロードには、外部コントローラの WLAN にマッピングされたインターフェイス グループ内の VLAN インターフェイスのリストが格納されています。 アンカーは、この VLAN リストを使用して、ローカル間のハンドオフとローカルから外部へのハンドオフを区別できます。

VLAN 選択の設定に関する制限

  • VLAN Select 機能を使用すると、複数の VLAN をサポート可能な単一の WLAN を使用できるようになります。