Cisco ワイヤレス LAN コントローラ コンフィギュレーション ガイド リリース 7.4(統合版)
RRM の設定
RRM の設定
発行日;2013/06/17   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

目次

RRM の設定

無線リソース管理について

無線リソース管理(RRM)ソフトウェアはコントローラに組み込まれており、無線ネットワークのリアルタイムでの RF 管理を常時提供する組み込みの RF エンジニアとして機能します。 RRM を使用すると、コントローラは次の情報について、アソシエートされている Lightweight アクセス ポイントを継続的に監視できます。

  • トラフィックの負荷:トラフィックの送受信に使用される帯域幅の合計量。 これにより、無線 LAN 管理者は、ネットワークの拡大状況を追跡し、クライアントの需要を見越して計画を立てることができます。
  • 干渉:他の 802.11 発信元から送られてくるトラフィック量。
  • ノイズ:現在割り当てられているチャネルに干渉している 802.11 以外のトラフィック量。
  • カバレッジ:接続されているすべてのクライアントの受信信号強度インジケータ(RSSI)と信号対雑音比(SNR)。
  • その他:近くにあるアクセス ポイントの数。

RRM は、この情報を使用して、最も効率がよくなるように 802.11 RF ネットワークを定期的に再設定できます。 そのために、RRM では次の機能を実行します。

  • 無線リソースの監視
  • 送信電力の制御
  • 動的チャネル割り当て
  • カバレッジ ホールの検出と修正

無線リソースの監視

RRM は、ネットワークに追加された新しいコントローラや Lightweight アクセス ポイントを自動的に検出して設定します。 その後、アソシエートされている近くの Lightweight アクセス ポイントを自動的に調整して、カバレッジとキャパシティを最適化します。

Lightweight アクセス ポイントは、使用国で有効なすべての 802.11a/b/g チャネルに加えて、他の地域で使用可能なチャネルも同時にスキャンできます。 アクセス ポイントは、これらのチャネルのノイズや干渉を監視する際、最大で 60 ミリ秒の間「オフチャネル」になります。 不正アクセス ポイント、不正クライアント、アドホック クライアント、干渉しているアクセス ポイントを検出するために、この間に収集されたパケットが解析されます。


(注)  


過去 100 ミリ秒の間に音声トラフィックがある場合、アクセス ポイントによるオフチャネル測定が延期されます。


各アクセス ポイントがオフチャネルになるのはすべての時間のわずか 0.2% です。 この動作はすべてのアクセス ポイントに分散されるので、隣接するアクセス ポイントが同時にスキャンを実行して、無線 LAN のパフォーマンスに悪影響を及ぼすことはありません。


(注)  


ネットワーク内に不正なアクセス ポイントが多数存在する場合は、FlexConnect またはローカル モード アクセス ポイントでチャネル 157 または 161 上の不正を検出する可能性が小さくなります。 このような場合は、監視モード AP を不正の検出に使用できます。


送信電力の制御

コントローラは、リアルタイムの無線 LAN 状況に基づいて、アクセス ポイントの送信電力を動的に制御します。 TPCv1 および TPCv2 の 2 つのバージョンの送信電力制御から選択できます。 TPCv1 では、通常電力を低く維持することでキャパシティを増やし、干渉を減らします。 TPCv2 では、干渉を最小にするために、送信電力を動的に調整します。 TPCv2 は、高密度のネットワークに適しています。 このモードでは、ローミングの遅延およびカバレッジ ホールのインシデントが多く発生する可能性があります。

送信電力制御(TPC)アルゴリズムによって、RF 環境での変化に応じて、アクセス ポイントの電力が増減します。 多くの場合、TPC は干渉を低減させるため、アクセス ポイントの電力を下げようとします。しかし、アクセス ポイントで障害が発生したり、アクセス ポイントが無効になったりして、RF カバレッジに急激な変化があると、TPC は周囲のアクセス ポイントで電力を上げることもあります。 この機能は、主にクライアントと関係があるカバレッジ ホールの検出とは異なります。 TPC はアクセス ポイント間におけるチャネルの干渉を最小限に抑えながら、必要なカバレッジ レベルを達成するため、十分な RF 電力を提供します。

最小/最大送信電力の設定による TPC アルゴリズムの無効化

TPC アルゴリズムは、数多くのさまざまな RF 環境で RF 電力を分散させます。 ただし、自動パワー制御では、アーキテクチャの制約事項またはサイトの制約事項のため、適切な RF 設計を実装できなかった一部のケースは解消できない可能性があります。たとえば、すべてのアクセス ポイントを互いに近づけて中央の廊下に設置する必要があるが、建物の端までカバレッジが必要とされる場合などです。

このようなケースでは、最大および最小の送信電力制限を設定し、TPC の推奨を無効化することができます。 最大および最小の TPC 電力設定は、RF ネットワークの RF プロファイルを通じてすべてのアクセス ポイントに適用されます。

[Maximum Power Level Assignment] および [Minimum Power Level Assignment] テキスト ボックスを設定するには、[Tx Power Control] ページで RRM に使用する最大および最小の送信電力を入力します。 これらのパラメータの範囲は -10 ~ 30 dBm です。 最小値を最大値よりも大きくしたり、最大値を最小値よりも小さくしたりすることはできません。

最大送信電力を設定すると、RRM では、コントローラに接続されているすべてのアクセス ポイントはこの送信電力レベルを上回ることはできません(電力は RRM TPC またはカバレッジ ホールの検出により設定されます)。 たとえば、最大送信電力を 11 dBm に設定すると、アクセス ポイントを手動で設定しない限りは、11 dBm を上回って伝送を行うアクセス ポイントはありません。

動的チャネル割り当て

同じチャネル上の 2 つの隣接するアクセス ポイントによって、信号のコンテンションや信号の衝突が発生することがあります。 衝突の場合、アクセス ポイントではデータが受信されません。 この動作は問題になることがあります。たとえば、誰かがカフェで電子メールを読むことで、近隣の会社のアクセス ポイントのパフォーマンスに影響が及ぶような場合です。 これらがまったく別のネットワークであっても、チャネル 1 を使用してカフェにトラフィックが送信されることによって、同じチャネルを使用している会社の通信が妨害される可能性があります。 コントローラはアクセス ポイント チャネル割り当てを動的に割り当てて、衝突を回避し、キャパシティとパフォーマンスを改善することができます。 チャネルは「再利用」され、希少な RF リソースが浪費されるのを防ぐことができます。 つまり、チャネル 1 はカフェから離れた別のアクセス ポイントに割り当てられます。これは、チャネル 1 をまったく使用しない場合に比べてより効率的です。

コントローラによるチャネルの動的割り当て(DCA)機能は、アクセス ポイント間における隣接するチャネルの干渉を最小限に抑える上でも役立ちます。 たとえば、1 や 2 など、802.11b/g 帯域の 2 つのオーバーラップするチャネルでは、両方が同時に 11/54Mbps を使用することはできません。 コントローラは、チャネルを効果的に再割り当てすることによって、隣接するチャネルを分離します。


(注)  


重複しないチャネル(1、6、11、など)だけの使用を推奨します。


コントローラは、さまざまなリアルタイムの RF 特性を検証して、次のようにチャネルの割り当てを効率的に処理します。

  • アクセス ポイントの受信エネルギー:各アクセス ポイントとその近隣のアクセス ポイント間で測定された受信信号強度。 チャネルを最適化して、ネットワーク キャパシティを最大にします。
  • ノイズ:ノイズによって、クライアントおよびアクセス ポイントの信号の品質が制限されます。 ノイズが増加すると、有効なセル サイズが小さくなり、ユーザ エクスペリエンスが低下します。 コントローラでは、ノイズ源を避けるようにチャネルを最適化することで、システム キャパシティを維持しながらカバレッジを最適化できます。 過剰なノイズのためにチャネルが使用できない場合は、そのチャネルを回避できます。
  • 802.11 干渉:干渉とは、不正アクセス ポイントや近隣の無線ネットワークなど、無線 LAN に含まれない 802.11 トラフィックのことです。 Lightweight アクセス ポイントは、常にすべてのチャネルをスキャンして干渉の原因を調べます。 802.11 干渉の量が定義済みの設定可能なしきい値(デフォルトは 10 % です)を超えると、アクセス ポイントからコントローラにアラートが送信されます。 その場合、コントローラでは、RRM アルゴリズムを使用してチャネルの割り当てを動的に調整することで、干渉がある状況でシステム パフォーマンスを向上させることができます。 このような調整によって、隣接する Lightweight アクセス ポイントが同じチャネルに割り当てられることがありますが、この設定は、干渉している外部アクセス ポイントが原因で使用できないチャネルにアクセス ポイントを割り当てたままにしておくよりも効果的です。 また、他の無線ネットワークがある場合、コントローラは、他のネットワークを補足するようにチャネルの使用を変更します。 たとえば、チャネル 6 に 1 つのネットワークがある場合、隣接する無線 LAN はチャネル 1 または 11 に割り当てられます。 この調整によって、周波数の共有が制限され、ネットワークのキャパシティが増加します。 チャネルにキャパシティがほとんど残っていない場合、コントローラはそのチャネルを回避できます。 すべての非オーバーラップ チャネルが使用される非常に高密度の展開では、コントローラでも最適な処理が行われますが、期待値を設定する際に RF 密度を考慮する必要があります。
  • 利用率:利用率の監視が有効な場合、(たとえば、ロビーとエンジニアリング エリアを比較して)一部のアクセス ポイントが他のアクセス ポイントよりも多量のトラフィックを伝送するように展開されていることを、キャパシティの計算で考慮できます。 これによってコントローラは、最も低いパフォーマンスが報告されているアクセス ポイントを改善するようにチャネルを割り当てることができます。
  • 負荷:チャネル構造を変更する際には、負荷を考慮して、現在無線 LAN に存在するクライアントへの影響を最小限に抑えるようにします。 このメトリックによって、すべてのアクセス ポイントの送信パケットおよび受信パケットの数が追跡されて、アクセス ポイントのビジー状態が測定されます。 新しいクライアントは過負荷のアクセス ポイントを回避し、別のアクセス ポイントにアソシエートします。 このパラメータはデフォルトでは無効になっています。

コントローラは、この RF 特性情報を RRM アルゴリズムとともに使用して、システム全体にわたる判断を行います。 相反する要求の解決にあたっては、軟判定メトリックを使用して、ネットワーク干渉を最小限に抑えるための最善の方法が選択されます。 最終的には、3 次元空間における最適なチャネル設定が実現します。この場合、上下のフロアにあるアクセス ポイントが全体的な無線 LAN 設定において主要な役割を果たします。


(注)  


2.4GHz 帯域の 40 MHz チャネルを使用している無線は、DCA ではサポートされていません。


RRM スタートアップ モードは、次のような状況で起動されます

  • シングルコントローラ環境では、RRM スタートアップ モードは、コントローラがリブートしてから起動されます。
  • マルチコントローラ環境では、RRM スタートアップ モードは、RF グループ リーダーが選定されてから起動されます。

RRM スタートアップ モードは、100 分間(10 分間隔で 10 回繰り返し)実行されます。 RRM スタートアップ モードの持続時間は、DCA 間隔、感度、およびネットワーク サイズとは関係ありません。 スタートアップ モードには、定常ステート チャネル計画に収束するために 10 回の高感度な(チャネルを容易に環境に対して敏感に変更する)DCA 実行が含まれます。 スタートアップ モードが終了した後、DCA は指定した間隔と感度で実行を継続します。

カバレッジ ホールの検出と修正

RRM カバレッジ ホール検出アルゴリズムは、堅牢な無線パフォーマンスに必要なレベルに達しない無線 LAN の無線カバレッジの領域を検出することができます。 この機能によって、Lightweight アクセス ポイントを追加(または再配置)する必要があるというアラートが生成されます。

RRM 設定で指定されたレベルを下回るしきい値レベル(RSSI、失敗したクライアントの数、失敗したパケットの割合、および失敗したパケットの数)で Lightweight アクセス ポイント上のクライアントが検出されると、アクセス ポイントからコントローラに「カバレッジ ホール」アラートが送信されます。 このアラートは、ローミング先の有効なアクセス ポイントがないまま、クライアントで劣悪な信号カバレッジが発生し続けるエリアが存在することを示します。 コントローラでは、修正可能なカバレッジ ホールと不可能なカバレッジ ホールが識別されます。 修正可能なカバレッジ ホールの場合、コントローラでは、その特定のアクセス ポイントの送信電力レベルを上げることによってカバレッジ ホールが解消されます。 送信電力を増加させることが不可能なクライアントや、電力レベルが静的に設定されているクライアントによって生じたカバレッジ ホールがコントローラによって解消されることはありません。ダウンストリームの送信電力を増加させても、ネットワーク内の干渉を増加させる可能性があるからです。

RRM の利点

RRM によって、最適なキャパシティ、パフォーマンス、および信頼性を備えたネットワークが構築されます。 一過性でトラブルシューティングが困難なノイズや干渉の問題を確認するために常時ネットワークを監視する必要がなくなります。 RRM によって、クライアントは Cisco Unified Wireless Network 経由による、シームレスで円滑な接続を利用できるようになります。

RRM では、配備されているネットワーク(802.11a および 802.11b/g)ごとに監視と制御が実施されます。 つまり、無線タイプ(802.11a および 802.11b/g)ごとに RRM アルゴリズムが実行されます。 RRM では、測定とアルゴリズムの両方が使用されます。 RRM による測定については、監視間隔を使用して調整できます。ただし、RRM を無効にすることはできません。 RRM アルゴリズムは自動的に有効になりますが、チャネルや電力の割り当てを静的に設定することで無効にすることができます。 RRM アルゴリズムは、指定された更新間隔(デフォルトでは 600 秒)で実行されます。

RRM の設定について

コントローラで事前設定された RRM 設定は、ほとんどの展開向けに最適化されています。 ただし、GUI または CLI を使用して、コントローラの RRM 設定パラメータをいつでも変更できます。

RF グループの一部であるコントローラ上、または RF グループの一部でないコントローラ上で、これらのパラメータを設定できます。

RRM パラメータは、RF グループ内のすべてのコントローラで同じ値に設定する必要があります。 RF グループ リーダーは、コントローラのリブートの結果として、または互いに受信する無線に応じて変更される可能性があります。 RRM パラメータの異なる RF グループ メンバがある場合は、グループ リーダーが変更されると、異なる結果が生じることがあります。

コントローラの GUI を使用して設定できる RRM パラメータは、RF グループ モード、送信電力の制御、動的チャネル割り当て、カバレッジ ホールの検出、プロファイルしきい値、監視チャネル、および監視間隔です。

RRM の設定に関する制限

  • OEAP 600 シリーズのアクセス ポイントは、RRM をサポートしません。 600 シリーズ OEAP アクセス ポイントの無線は、ワイヤレス LAN コントローラではなく、600 シリーズ アクセス ポイントのローカル GUI で管理されます。 コントローラからスペクトラム チャネルや電力を管理しようとしたり、無線を無効化したりしても、600 シリーズ OEAP には反映されません。

RF グループ モードの設定(GUI)


    ステップ 1   [Wireless] > [802.11a/n] または [802.11b/g/n] > [RRM] > [RF Grouping] の順に選択して、[802.11a(または 802.11b/g)RRM > RF Grouping] ページを開きます。
    ステップ 2   [Group Mode] ドロップダウン ボックスから、このコントローラ用に設定するモードを選択します。

    次のモードで RF グループ化を設定できます。

    • auto:RF グループ選択を自動更新モードに設定します。
    • leader:RF グループ選択を静的モードに設定し、このコントローラをグループ リーダーとして設定します。
    • off:RF グループ選択をオフに設定します。 すべてのコントローラは自身のアクセス ポイント パラメータを最適化します。
      (注)     

      設定したスタティック リーダーは、モードが「auto」に設定されるまで、他のコントローラのメンバになることはできません。

      (注)     

      高い優先順位を持つコントローラが使用可能な場合は、より低い優先順位を持つコントローラは、グループ リーダーのロールを担うことはできません。 ここで優先順位は、コントローラの処理能力に関連しています。

      (注)     

      コントローラが自動 RF グループ化に加わるように設定することをお勧めします。 RRM の設定を無効にする際には、自動 RF グループ化への参加を無効にする必要はありません。

    ステップ 3   [Apply] をクリックして設定を保存し、[Restart] をクリックして RRM RF グループ化アルゴリズムを再起動します。
    ステップ 4   このコントローラに対して、スタティック リーダーとして RF グループ化モードを設定した場合、次のように [RF Group Members] セクションからグループ メンバを追加することができます。
    1. [Controller Name] テキスト ボックスに、このグループにメンバとして追加するコントローラを入力します。
    2. [IP Address] テキスト ボックスに、コントローラの IP アドレスを入力します。
    3. [Add Member] をクリックして、このグループにメンバを追加します。
      (注)     

      メンバがスタティック リーダーに join されない場合は、失敗の理由がカッコ内に表示されます。

    ステップ 5   [Apply] をクリックして変更内容を保存します。

    RF グループ モードの設定(CLI)


      ステップ 1   次のコマンドを入力して、RF グループ化モードを設定します。

      config advanced {802.11a | 802.11b} group-mode {auto | leader| off | restart}

      • auto:RF グループ選択を自動更新モードに設定します。
      • leader:RF グループ選択を静的モードに設定し、このコントローラをグループ リーダーとして設定します。
      • off:RF グループ選択をオフに設定します。 すべてのコントローラは自身のアクセス ポイント パラメータを最適化します。
      • restart:RF グループ選択を再起動します。
        (注)     

        設定したスタティック リーダーは、モードが「auto」に設定されるまで、他のコントローラのメンバになることはできません。

        (注)     

        高い優先順位を持つコントローラが使用可能な場合は、より低い優先順位を持つコントローラは、グループ リーダーのロールを担うことはできません。 ここで優先順位は、コントローラの処理能力に関連しています。

      ステップ 2   次のコマンドを入力して、RF グループ(モードが「leader」に設定されている場合)のスタティック メンバとしてコントローラを追加または削除します。
      • config advanced {802.11a | 802.11b} group-member add controller_name controller_ip_address
      • config advanced {802.11a | 802.11b} group-member remove controller_name controller_ip_address
      ステップ 3   RF グループ化ステータスを表示するには、次のコマンドを入力します。

      show advanced {802.11a | 802.11b} group


      送信電力制御の設定(GUI)


        ステップ 1   [Wireless] > [802.11a/n] または [802.11b/g/n] > [RRM] > [TPC] の順に選択して、[802.11a/n(または 802.11b/g/n)> RRM > Tx Power Control (TPC)] ページを開きます。
        ステップ 2   次のオプションから送信電力制御のバージョンを選択します。
        • [Interference Optimal Mode (TPCv2)]:ボイスコールが広く使用されている場合に選択します。 干渉を最小にするために、送信電力が動的に調整されます。 これは、高密度のネットワークに適しています。 このモードでは、ローミングの遅延およびカバレッジ ホールのインシデントが多く発生する可能性があります。
          (注)     

          RF 問題が TCPv1 で解決できない場合 TCPv2 のみを使用することを推奨します。 シスコ サービスの支援を受けて、TPCv2 の使用を評価し、テストしてください。

        • [Coverage Optimal Mode (TPCv1)]:(デフォルト)強力な信号カバレッジと安定性を提供します。 このモードでは、送信電力を低く維持することでキャパシティを増やし、干渉を減らします。
        ステップ 3   [Power Level Assignment Method] ドロップダウン リストから次のオプションのいずれかを選択して、コントローラの動的電力割り当てモードを指定します。
        • [Automatic]:コントローラによって、join しているすべてのアクセス ポイントの送信電力が定期的に評価され、必要に応じて更新されます。 768 ビットは、デフォルト値です。
        • [On Demand]:コントローラによって、join しているすべてのアクセス ポイントの送信電力が定期的に評価されます。 ただし、[Invoke Power Update Now] をクリックした場合のみ、必要に応じてコントローラによって電力が更新されます。
          (注)     

          [Invoke Power Update Now] をクリックしても、すぐに送信電力の評価と更新が行われるわけではありません。 次の間隔(600 秒)まで待機します。 この値は設定可能です。

        • [Fixed]:コントローラによって、join しているアクセス ポイントの送信電力が評価されたり、必要に応じて更新されたりすることはありません。 電力レベルは、ドロップダウン リストから選択した固定値に設定されます。
          (注)     

          送信電力レベルには、mW 単位または dBm 単位の値の代わりに整数値が割り当てられます。 この整数は、アクセス ポイントが展開されている規制ドメイン、チャネル、およびアンテナによって異なる電力レベルに対応します。

          (注)     

          最適なパフォーマンスを確保するには、[Automatic] 設定を使用することを、お勧めします。

        ステップ 4   [Maximum Power Level Assignment] および [Minimum Power Level Assignment] テキスト ボックスに最大および最小の電力レベル割り当て値を入力します。

        [Maximum Power Level Assignment] の範囲は、-10 ~ 30 dBm です。

        [Minimum Power Level Assignment] の範囲は、-10 ~ 30 dBm です。

        ステップ 5   [Power Threshold] テキスト ボックスに、アクセス ポイントの電力を減らすかどうか判断する際に RRM で使用する切断信号レベルを入力します。 このパラメータのデフォルト値は TPCv1 で –70 dBm、TPCv2 で –67 dBm ですが、アクセス ポイントの送信電力レベルが必要以上に高い(または低い)場合は変更できます。

        このパラメータの範囲は –80 ~ –50 dBm です。 この値を –65 ~ –50 dBm の範囲で増やすと、アクセス ポイントは高い送信電力で動作するようになります。 値を減らすと、逆の効果が得られます。

        多数のアクセス ポイントを使用しているアプリケーションでは、ワイヤレス クライアントが認識する BSSID(アクセス ポイント)やビーコンの数を少なくするために、しきい値を –80 dBm または –75 dBm に下げるのが有用です。 一部のワイヤレス クライアントは多数の BSSID や高速ビーコンを処理できない場合があり、デフォルトのしきい値では、問題のある動作を起こす可能性があります。

        このページには、次のような送信電力レベルのパラメータの設定も表示されますが、これらは設定できません。

        • [Power Neighbor Count]:送信電力制御アルゴリズムを実行するためにアクセス ポイントに必要なネイバーの最小数です。
        • [Power Assignment Leader]:パワー レベルの割り当てを担当する RF グループ リーダーの MAC アドレスです。
        • [Last Power Level Assignment]:RRM が現在の送信電力レベルの割り当てを最後に評価した時間です。
        ステップ 6   [Apply] をクリックして、変更を確定します。
        ステップ 7   [Save Configuration] をクリックして、変更を保存します。

        Off-Channel Scanning Defer の設定

        Off-Channel Scanning Defer について

        特定の省電力モードのクライアントが展開される環境で、小容量クライアント(たとえば、省電力モードを使用し定期的にテレメトリ情報を送信する医療用デバイス)からの重要情報の欠落を防ぐために、場合によっては、無線リソース管理(RRM)の正常なオフチャネル スキャンを延期する必要があります。 この機能は、Quality of Service(QoS)と RRM スキャン延期機能との相互作用の方法を向上させます。

        クライアントの Wi-Fi マルチメディア(WMM)UP マーキングを使用して、UP がマークされたパケットを受信した場合に、設定可能な期間中オフチャネル スキャンを延期するアクセス ポイントを設定することができます。

        [Off-Channel Scanning Defer] は、ノイズや干渉など代替チャネル選択に関する情報を収集する RRM を使用するときに重要となります。 また、[Off-Channel Scanning Defer] は、不正検出を行います。 [Off-Channel Scanning Defer] を提供する必要があるデバイスは、可能な限り、同じ WLAN を使用する必要があります。 このようなデバイスが多くある場合(この機能を使用して Off-Channel Defer スキャンが完全に無効化されている可能性があります)、モニタ アクセス ポイントや、この WLAN が割り当てられていない同じ位置にあるその他のアクセス ポイントなど、代わりにローカル AP で [Off-Channel Scanning Defer] を実装する必要があります。

        QoS ポリシー(Bronze、Silver、Gold、Platinum)を WLAN に割り当てて、クライアントからアップリンクでどのように受信されたかに関係なく、パケットがアクセス ポイントからのダウンリンク接続でどのようにマーキングされるかに影響を及ぼすことができます。 UP=1,2 は最低の優先順位で、UP=0,3 はその次に高い優先順位です。 各 QoS ポリシーのマーキング結果は次のとおりです。

        • Bronze は、すべてのダウンリンク トラフィックを UP= 1 にマーキングします。
        • Silver は、すべてのダウンリンク トラフィックを UP=0 にマーキングします。
        • Gold は、すべてのダウンリンク トラフィックを UP= 4 にマーキングします。
        • Platinum は、すべてのダウンリンク トラフィックを UP= 6 にマーキングします。

        WLAN に対する Off-Channel Scanning Defer の設定

        WLAN に対する Off-Channel Scanning Defer の設定(GUI)


          ステップ 1   [WLANs] を選択して、[WLANs] ページを開きます。
          ステップ 2   Off-Channel Scanning Defer を設定する WLAN の ID 番号をクリックします。
          ステップ 3   [WLANs > Edit] ページから [Advanced] タブを選択します。
          ステップ 4   [Off Channel Scanning Defer] セクションで、プライオリティ引数をクリックすることにより [Scan Defer Priority] を設定します。
          ステップ 5   [Scan Defer Time] テキスト ボックスにミリ秒単位で時間を設定します。

          有効な値は、100 ~ 60000 です。 デフォルト値は 100 ミリ秒です。

          ステップ 6   設定を保存するには、[Apply] をクリックします。

          WLAN に対する Off-Channel Scanning Defer の設定(CLI)


            ステップ 1   次のコマンドを入力して、チャネル スキャンの延期プライオリティを割り当てます。

            config wlan channel-scan defer-priority priority [enable | disable] WLAN-id

            priority 引数の有効範囲は 0 ~ 7 です。

            priority は 0 ~ 7 です(この値は、クライアントおよび WLAN では 6 に設定する必要があります)。

            このコマンドを使用して、キュー内の UP パケットを受けてスキャンが延期される時間を設定します。このコマンドを使用して、キュー内の UP パケットを受けてスキャンが延期される時間を設定します。

            ステップ 2   次のコマンドを入力して、チャネル スキャン延期時間(ミリ秒単位)を割り当てます。

            config wlan channel-scan defer-time msec WLAN-id

            時間の値はミリ秒(ms)単位で、有効な範囲は 100(デフォルト)~ 60000(60 秒)です。 この設定は、お使いの無線 LAN の装置の要件に一致させる必要があります。

            コントローラ GUI で WLAN を選択して、既存の WLAN を編集するか、新規の WLAN を作成することによって、この機能を設定することもできます。


            動的チャネル割り当ての設定(GUI)

            コントローラ GUI を使用して RRM スキャンに使用されるチャネルを選択する際に、動的チャネル割り当て(DCA)アルゴリズムで考慮されるチャネルを、指定するには、次の手順を実行します。


            (注)  


            この機能は、クライアントが古いデバイスであるため、またはクライアントに特定の制約事項があるために、クライアントで特定のチャネルがサポートされないことがわかっている場合に役立ちます。



              ステップ 1   次のように、802.11a/n または 802.11b/g/n ネットワークを無効にします。
              1. [Wireless] > [802.11a/n または [802.11b/g/n] > [Network] を選択して、[Global Parameters] ページを開きます。
              2. [802.11a(または 802.11b/g)Network Status] チェックボックスをオフにします。
              3. [Apply] をクリックします。
              ステップ 2   [Wireless] > [802.11a/n または 802.11b/g/n] > [RRM] > [DCA] を選択して、[Dynamic Channel Assignment(DCA)] ページを開きます。
              ステップ 3   [Channel Assignment Method] ドロップダウン リストから次のオプションのいずれかを選択して、コントローラの DCA モードを指定します。
              • [Automatic]:コントローラによって、join しているすべてのアクセス ポイントのチャネル割り当てが定期的に評価され、必要に応じて更新されます。 768 ビットは、デフォルト値です。
              • [Freeze]:必要に応じて、コントローラによって、join しているすべてのアクセス ポイントのチャネル割り当ての評価と更新が行われます(ただし [Invoke Channel Update Once] をクリックする場合のみ)。
                (注)     

                [Invoke Channel Update Once] をクリックしても、すぐにチャネル割り当ての評価と更新が行われるわけではありません。 次の間隔が経過するまで待機します。

              • [OFF]:DCA を無効にし、すべてのアクセス ポイントの無線を帯域の最初のチャネル(デフォルトの値)に設定します。 このオプションを選択する場合は、すべての無線のチャネルを手動で割り当てる必要があります。
                (注)     

                最適なパフォーマンスを確保するには、[Automatic] 設定を使用することを、お勧めします。 コントローラのチャネルおよびパワーの動的設定を無効にする手順については、チャネルおよび電力の動的割り当ての無効化(GUI)の項を参照してください。

              ステップ 4   [Interval] ドロップダウン リストで、[10 minutes]、[1 hour]、[2 hours]、[3 hours]、[4 hours]、[6 hours]、[8 hours]、[12 hours]、または [24 hours] のいずれかのオプションを選択し、DCA アルゴリズムを実行する間隔を指定します。 デフォルト値は 10 分です。
              (注)     

              コントローラが OfficeExtend アクセス ポイントしかサポートしていない場合は、最適なパフォーマンスを得るために、DCA 間隔を 6 時間に設定することをお勧めします。 OfficeExtend アクセス ポイントとローカル アクセス ポイントを組み合わせて展開している場合は、10 分から 24 時間までの範囲を使用できます。

              ステップ 5   [AnchorTime] ドロップダウン リストで、DCA アルゴリズムの開始時刻を指定する数値を選択します。 オプションは、0 ~ 23(両端の値を含む)の数値で、午前 12 時から午後 11 時の時刻を表す、0 ~ 23(両端の値を含む)の数値です。
              ステップ 6   [Avoid Foreign AP Interference] チェックボックスをオンにすると、コントローラの RRM アルゴリズムで、Lightweight アクセス ポイントにチャネルを割り当てるときに、外部アクセス ポイント(無線ネットワークに含まれないもの)からの 802.11 トラフィックが考慮されます。この機能を無効にする場合は、オフにします。 たとえば RRM では、外部アクセス ポイントに近いチャネルをアクセス ポイントが回避するようにチャネル割り当てを調整できます。 デフォルト値はオンです。
              ステップ 7   [Avoid Cisco AP Load] チェックボックスをオンにすると、コントローラの RRM アルゴリズムで、チャネルを割り当てるときに、無線ネットワーク内の Cisco Lightweight アクセス ポイントからの 802.11 トラフィックが考慮されます。この機能を無効にする場合は、オフにします。 たとえば RRM では、トラフィックの負荷が高いアクセス ポイントに適切な再利用パターンを割り当てることができます。 デフォルト値はオフです。
              ステップ 8   [Avoid Non-802.11a (802.11b) Noise] チェックボックスをオンにすると、コントローラの RRM アルゴリズムで、Lightweight アクセス ポイントにチャネルを割り当てるときに、ノイズ(802.11 以外のトラフィック)が考慮されます。この機能を無効にする場合は、オフにします。 たとえば RRM では、電子レンジなど、アクセス ポイント以外を原因とする重大な干渉があるチャネルをアクセス ポイントに回避させることができます。 デフォルト値はオンです。
              ステップ 9   [Avoid Persistent Non-WiFi Interference] チェックボックスを選択して、コントローラが持続する non-WiFi 干渉を無視できるようにします。
              ステップ 10   [DCA Channel Sensitivity] ドロップダウン リストから、次のオプションのいずれかを選択して、チャネルを変更するかどうかを判断する際の、信号、負荷、ノイズ、干渉などの環境の変化に対する DCA アルゴリズムの感度を指定します。
              • [Low]:環境の変化に対する DCA アルゴリズムの感度は特に高くありません。
              • [Medium]:環境の変化に対する DCA アルゴリズムの感度は中程度です。
              • [High]:環境の変化に対する DCA アルゴリズムの感度が高くなります。

              デフォルト値は [Medium] です。 DCA の感度のしきい値は、次の表で示すように、無線帯域によって異なります。

              表 1 DCA の感度のしきい値

              オプション

              2.4 GHz DCA 感度しきい値

              5 GHz DCA 感度しきい値

              High

              5 dB

              5 dB

              Medium

              10 dB

              15 dB

              Low

              20 dB

              20 dB

              ステップ 11   802.11a/n ネットワークの場合のみ、次のいずれかの [channel width] オプションを選択し、5 GHz 帯域のすべての 802.11n 無線でサポートするチャネル帯域幅を指定します。
              • [20 MHz]:20 MHz のチャネル帯域幅(デフォルト)
              • [40 MHz]:40 MHz のチャネル帯域幅
                (注)     

                [40 MHz] を選択する場合、ステップ 13 の [DCA Channel List] から少なくとも 2 つの隣接チャネルを選択します(たとえば、プライマリ チャネルとして 36、拡張チャネルとして 40)。 チャネルを 1 つだけしか選択しない場合、そのチャネルは 40 MHz のチャネル帯域幅では使用されません。

                (注)     

                [40 MHz] を選択する場合、個々のアクセス ポイントで使用するプライマリ チャネルおよび拡張チャネルも構成できます。

                (注)     

                グローバルに設定した DCA チャネル幅の設定を無効にする場合は、[802.11a/n Cisco APs > Configure] ページで 20 または 40 MHz モードのアクセス ポイントの無線を静的に設定できます。 アクセス ポイント無線で静的 RF チャネルの割り当て方法を [WLC Controlled] に変更すると、グローバルな DCA 設定によりアクセス ポイントが使用していたチャネル幅設定は上書きされます。 変更が有効になるには最長 30 分(DCA を実行する間隔に応じて)かかる場合があります。

                (注)     

                A 無線で 40 MHz を選択した場合、チャネル 116、140、および 165 を他のチャネルと組み合わせることはできません。

              このページには、次のような変更できないチャネル パラメータの設定も表示されます。

              • [Channel Assignment Leader]:チャネルの割り当てを担当する RF グループ リーダーの MAC アドレスです。
              • [Last Auto Channel Assignment]:RRM が現在のチャネル割り当てを最後に評価した時刻です。
              ステップ 12   [Avoid check for non-DFS channel] を選択すると、コントローラが非 DFS チャネルのチェックを回避できるようになります。 DCA 設定には、リスト内の非 DFS チャネルが少なくとも 1 つ必要です。 EU 各国では、屋外の展開は非 DFS チャネルをサポートしていません。 EU や同様の規制のある地域を拠点とするお客様は、AP がチャネルをサポートしていなくても、このオプションを有効にするか、DCA リスト内の非 DFS チャネルを少なくとも 1 つ持つ必要があります。
              (注)     

              このパラメータは、1522 や 1524 などの屋外アクセス ポイントを持つ展開にのみ適用されます。

              ステップ 13   [DCA Channel List] 領域の [DCA Channels] テキスト ボックスには、現在選択されているチャネルが表示されます。 チャネルを選択するには、[Select] カラムでそのチャネルのチェックボックスをオンにします。 チャネルの選択を解除するには、チャネルのチェックボックスをオフにします。

              範囲は次のとおりです。 802.11a:36、40、44、48、52、56、60、64、100、104、108、112、116、132、136、140、149、153、157、161、165、190、196 802.11b/g:1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11

              デフォルトの設定は次のとおりです。 802.11a:36、40、44、48、52、56、60、64、100、104、108、112、116、132、136、140、149、153、157、161 802.11b/g:1、6、11

              (注)     

              802.11a 帯域の拡張 UNII-2 チャネル(100、104、108、112、116、132、136、および 140)は、チャネル リストには表示されません。 -E 規制ドメインに Cisco Aironet 1520 シリーズ メッシュ アクセス ポイントがある場合、運用を開始する前に、DCA チャネル リストにこれらのチャネルを含める必要があります。 以前のリリースからアップグレードしている場合は、これらのチャネルが DCA チャネル リストに含まれていることを確認します。 チャネル リストにこれらのチャネルを含めるには、[Extended UNII-2 Channels] チェックボックスをオンにします。

              ステップ 14   ネットワーク内で Cisco Aironet 1520 シリーズ メッシュ アクセス ポイントを使用している場合は、動作させる 802.11a 帯域で 4.9 GHz チャネルを設定する必要があります。 4.9 GHz 帯域は、Public Safety に関わるクライアント アクセス トラフィック専用です。 4.9 GHz チャネルを選択するには、[Select] カラムでチェックボックスをオンにします。 チャネルの選択を解除するには、チャネルのチェックボックスをオフにします。

              範囲は次のとおりです。 802.11a:1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11、12、13、14、15、16、17、18、19、20、21、22、23、24、25、26

              デフォルトの設定は次のとおりです。 802.11a:20、26

              ステップ 15   [Apply] をクリックします。
              ステップ 16   802.11a または 802.11b/g ネットワークを次のように再度有効にします。
              1. [Wireless] > [802.11a/n または [802.11b/g/n] > [Network] を選択して、[Global Parameters] ページを開きます。
              2. [802.11a(または 802.11b/g)Network Status] チェックボックスをオンにします。
              3. [Apply] をクリックします。
              ステップ 17   [Save Configuration] をクリックします。
              (注)     

              DCA アルゴリズムによってチャネルが変更された理由を参照するには、[Monitor] を選択して、次に [Most Recent Traps] で [View All] を選択します。 トラップにより、チャネルが変更された無線の MAC アドレス、前のチャネルと新規のチャネル、変更された理由、変更前後のエネルギー、変更前後のノイズ、変更前後の干渉が示されます。


              カバレッジ ホールの検出の設定(GUI)


              (注)  


              コントローラ ソフトウェア リリース 5.2 以降のリリースの場合、カバレッジ ホールの検出は WLAN 単位で無効にできます。



                ステップ 1   802.11a または 802.11b/g ネットワークを次のように無効にします。
                1. [Wireless] > [802.11a/n] または [802.11b/g/n] > [Network] の順に選択して、[802.11a(または 802.11b/g)Global Parameters] ページを開きます。
                2. [802.11a(または 802.11b/g)Network Status] チェックボックスをオフにします。
                3. [Apply] をクリックして、変更を確定します。
                ステップ 2   [Wireless] > [802.11a/n] または [802.11b/g/n] > [RRM] > [Coverage] の順に選択して、[802.11a(または 802.11b/g)> RRM > Coverage] ページを開きます。
                ステップ 3   カバレッジ ホールの検出を有効にする場合は [Enable Coverage Hole Detection] チェックボックスをオンにします。この機能を無効にする場合は、オフにします。 カバレッジ ホールの検出を有効にすると、カバレッジが不完全な領域に位置する可能性のあるクライアントを持つアクセス ポイントがあるかどうかを、アクセス ポイントから受信したデータに基づいてコントローラが自動的に判断します。 デフォルト値はオンです。
                ステップ 4   [Data RSSI] テキスト ボックスに、アクセス ポイントで受信されたデータ パケットの最小の受信信号強度インジケータ(RSSI)値を入力します。 入力する値は、ネットワーク内のカバレッジ ホール(またはカバレッジが不完全な領域)を特定するのに使用されます。 アクセス ポイントによって、ここで入力する値より RSSI 値が小さいパケットがデータ キューに受信される場合、潜在的なカバレッジ ホールが検出されています。 有効な値の範囲は –90 ~ –60 dBm で、デフォルト値は –80 dBm です。 アクセス ポイントでは、データ RSSI が 5 秒おきに測定され、それらが 90 秒間隔でコントローラにレポートされます。
                ステップ 5   [Voice RSSI] テキスト ボックスに、アクセス ポイントで受信された音声パケットの最小の受信信号強度インジケータ(RSSI)値を入力します。 入力する値は、ネットワーク内のカバレッジ ホールを特定するのに使用されます。 アクセス ポイントによって、ここで入力する値より RSSI 値が小さいパケットが音声キューに受信される場合、潜在的なカバレッジ ホールが検出されています。 有効な値の範囲は –90 ~ –60dBm で、デフォルト値は –75dBm です。 アクセス ポイントでは、音声 RSSI が 5 秒おきに測定され、それらが 90 秒間隔でコントローラにレポートされます。
                ステップ 6   [Min Failed Client Count per AP] テキスト ボックスに、RSSI 値がデータ RSSI または音声 RSSI のしきい値以下である、アクセス ポイント上のクライアントの最小数を入力します。 有効な範囲は 1 ~ 75 で、デフォルト値は 3 です。
                ステップ 7   [Coverage Exception Level per AP] テキスト ボックスに、信号レベルが低くなっているにもかかわらず別のアクセス ポイントにローミングできない、アクセス ポイント上のクライアントの割合を入力します。 有効な値の範囲は 0 ~ 100% で、デフォルト値は 25% です。
                (注)     

                5 秒間で失敗したパケットの数と割合の両方が、Failed Packet Count および Failed Packet Percentage(コントローラの CLI を使用して設定可能)に設定された値を超える場合、クライアントは事前アラーム状態と判断されます。 コントローラでは、この情報を使用して、真のカバレッジ ホールと偽のカバレッジ ホールが区別されます。 false positive は通常、大部分のクライアントに実装されているローミング ロジックが不適切であることが原因です。 90 秒間で失敗したクライアントの数と割合の両方が、[Min Failed Client Count per AP] および [Coverage Exception Level per AP] テキスト ボックスに入力された値を満たすか超えている場合、カバレッジ ホールが検出されます。 コントローラでは、カバレッジ ホールが修正可能かどうかが判断され、適切な場合は、その特定のアクセス ポイントの送信電力レベルを上げることによってカバレッジ ホールが解消されます。

                ステップ 8   [Apply] をクリックして、変更を確定します。
                ステップ 9   802.11a または 802.11b/g ネットワークを次のように再度有効にします。
                1. [Wireless] > [802.11a/n] または [802.11b/g/n] > [Network] の順に選択して、[802.11a(または 802.11b/g)Global Parameters] ページを開きます。
                2. [802.11a(または 802.11b/g)Network Status] チェックボックスをオンにします。
                3. [Apply] をクリックして、変更を確定します。
                ステップ 10   [Save Configuration] をクリックして、変更を保存します。

                RRM プロファイルしきい値、監視チャネル、および監視間隔の設定(GUI)


                  ステップ 1   [Wireless] > [802.11a/n] または [802.11b/g/n] > [RRM] > [General] の順に選択して、[802.11a(または 802.11b/g)> RRM > General] ページを開きます。
                  図 1. [802.11a > RRM > General] ページ

                  ステップ 2   次のように、アラームに使用されるプロファイルしきい値を設定します。
                  (注)     

                  プロファイルしきい値は、RRM アルゴリズムの機能には関係ありません。 これらのしきい値パラメータに設定された値を超えると、Lightweight アクセス ポイントからコントローラに SNMP トラップ(またはアラート)が送信されます。

                  1. [Interference] テキスト ボックスに、1 つのアクセス ポイントにおける干渉(無線ネットワーク外の発信元からの 802.11 トラフィック)の割合を入力します。 有効な値の範囲は 0 ~ 100% で、デフォルト値は 10% です。
                  2. [Clients] テキスト ボックスに、1 つのアクセス ポイントにおけるクライアントの数を入力します。 有効な範囲は 1 ~ 75 で、デフォルト値は 12 です。
                  3. [Noise] テキスト ボックスに、1 つのアクセス ポイントにおけるノイズ(802.11 以外のトラフィック)のレベルを入力します。 有効な値の範囲は –127 ~ 0 dBm で、デフォルト値は –70 dBm です。
                  4. [Utilization] テキスト ボックスに、1 つのアクセス ポイントで使用されている RF 帯域幅の割合を入力します。 有効な値の範囲は 0 ~ 100% で、デフォルト値は 80% です。
                  ステップ 3   [Channel List] ドロップダウン リストから次のオプションのいずれかを選択して、アクセス ポイントで RRM によるスキャンに使用されるチャネルのセットを指定します。
                  • [All Channels]:選択した無線でサポートされているすべてのチャネルで、RRM によるチャネル スキャンが実行されます。使用国で有効でないチャネルも対象となります。
                  • [Country Channels]:使用国内の D チャネルのみで、RRM によるチャネル スキャンが実行されます。 768 ビットは、デフォルト値です。
                  • [DCA Channels]:DCA アルゴリズムによって使用されるチャネル セットのみで、RRM によるチャネル スキャンが実行されます。デフォルトでは、使用国で有効な、オーバーラップしないすべてのチャネルが対象となります。 ただし、必要に応じて、DCA で使用するチャネル セットを指定できます。 これを行うには、「動的チャネル割り当て」の項(13 ~ 3 ページ)の手順に従ってください。
                  ステップ 4   次のように、監視間隔を設定します。
                  1. [Channel Scan Interval] テキスト ボックスに、無線帯域内の各チャネルでスキャンを実行する時間間隔の合計(秒)を入力します。 スキャン プロセス全体の所要時間はチャネル、無線ごとに 50 ミリ秒であり、ここで設定された間隔で実行されます。 各チャネルをリッスンするための所要時間は、50 ミリ秒のスキャン時間(設定不可)とスキャン対象チャネル数によって決まります。 たとえば、米国では、 11 個の 802.11b/g チャネルがすべて、デフォルトの 180 秒の間隔で、50 ミリ秒間ずつスキャンされます。 したがって、各スキャン チャネルで 16 秒ごとに 50 ミリ秒がリッスンに費やされます(180/11 = 約 16 秒)。 スキャンが実行される間隔は、[Channel Scan Interval] パラメータによって決まります。有効な値の範囲は 60 ~ 3600 秒で、デフォルト値は 802.11a 無線で 60 秒、802.11b/g/n 無線で 180 秒です。
                    (注)     

                    コントローラで OfficeExtend アクセス ポイントだけをサポートする場合は、最適なパフォーマンスのため、チャネル スキャンの間隔は 1800 秒に設定することをお勧めします。 OfficeExtend アクセス ポイントとローカル アクセス ポイントの組み合わせを使用した展開では、60 から 3600 秒の範囲を使用できます。

                  2. [Neighbor Packet Frequency] テキスト ボックスに、ネイバー パケット(メッセージ)が送信される間隔を秒単位で入力します。ネイバー パケットによって最終的にネイバー リストが構築されます。 有効な値の範囲は 60 ~ 3600 秒で、デフォルト値は 60 秒です。
                    (注)     

                    コントローラで OfficeExtend アクセス ポイントだけをサポートする場合は、最適なパフォーマンスのため、ネイバー パケットの送信間隔は 600 秒に設定することをお勧めします。 OfficeExtend アクセス ポイントとローカル アクセス ポイントの組み合わせを使用した展開では、60 から 3600 秒の範囲を使用できます。

                    (注)     

                    コントローラ ソフトウェア リリース 4.1.185.0 以降のリリースでは、アクセス ポイント無線が既存のネイバーからネイバー パケットを 60 分以内に受信しない場合、コントローラによってネイバー リストからそのネイバーが削除されます。 4.1.185.0 より前のコントローラ ソフトウェア リリースでは、コントローラが応答しないネイバー無線をネイバー リストから削除するまでの待機時間は 20 分だけです。

                  ステップ 5   [Apply] をクリックして、変更を確定します。
                  ステップ 6   [Save Configuration] をクリックして、変更を保存します。
                  (注)     

                  コントローラの RRM 関連パラメータをすべて工場出荷時のデフォルト値に戻す場合は、[Set to Factory Default] をクリックします。


                  RRM の設定(CLI)


                    ステップ 1   次のコマンドを入力して、802.11a または 802.11b/g ネットワークを無効にします。

                    config {802.11a | 802.11b} disable network

                    ステップ 2   次のコマンドを入力して、送信電力制御のバージョンを選択します。

                    config advanced {802.11a | 802.11b} tpc-version {1 | 2}

                    値は次のとおりです。

                    • TPCv1:最適カバレッジ:(デフォルト)セル間干渉およびスティッキー クライアント シンドロームに強力な信号カバレッジと安定性を提供します。
                    • TPCv2:干渉に最適:ボイスコールが広く使用されている場合に選択します。 干渉を最小にするために、送信電力が動的に調整されます。 これは、高密度のネットワークに適しています。 このモードでは、ローミングの遅延およびカバレッジ ホールのインシデントが多く発生する可能性があります。
                    ステップ 3   送信電力の制御を設定するには、次のいずれかの操作を行います。
                    • すべての 802.11a または 802.11b/g 無線の伝送パワーが定期的に RRM によって自動的に設定されるようにするには、次のコマンドを入力します。 config {802.11a | 802.11b} txPower global auto
                    • すべての 802.11a または 802.11b/g 無線の伝送パワーが一度だけ RRM によって自動的に再設定されるようにするには、次のコマンドを入力します。 config {802.11a | 802.11b} txPower global once
                    • 送信電力制御アルゴリズムを無効にする送信電力の範囲を設定するには、次のコマンドを使用して、RRM で使用する最大および最小の送信電力を入力します。 config {802.11a | 802.11b} txPower global {max | min} txpower txpower は、–10 ~ 30 dBm の値です。 最小値を最大値よりも大きくしたり、最大値を最小値よりも小さくしたりすることはできません。 最大送信電力を設定すると、RRM ではアクセス ポイントがこの送信電力を上回ることはできません(最大値は RRM スタートアップまたはカバレッジ ホールの検出で設定されます)。 たとえば、最大送信電力を 11 dBm に設定すると、アクセス ポイントを手動で設定しない限りは、11 dBm を上回って伝送を行うアクセス ポイントはありません。
                    • デフォルトの送信電力設定を手動で変更するには、次のコマンドを入力します。 config advanced {802.11a | 802.11b} {tpcv1-thresh | tpcv2-thresh} threshold ここで、threshold は、–80 ~ –50 dBm の値です。 この値を増やすと、アクセス ポイントは高い送信電力で動作するようになります。 値を減らすと、逆の効果が得られます。 多数のアクセス ポイントを設定している場合、ワイヤレス クライアントが認識する BSSID(アクセス ポイント)やビーコンの数を少なくするために、しきい値を –80 dBm または –75 dBm に下げるのが有用です。 一部のワイヤレス クライアントは多数の BSSID や高速ビーコンを処理できない場合があり、デフォルトのしきい値では、問題のある動作を起こす可能性があります。
                    • Transmit Power Control Version 2 をチャネルごとに設定するには、次のコマンドを入力します。 config advanced {802.11a | 802.11b} tpcv2-per-chan {enable | disable}
                    ステップ 4   動的チャネル割り当て(DCA)を設定するには、次のいずれかの操作を行います。
                    • アベイラビリティおよび干渉に基づいて、すべての 802.11a または 802.11b/g チャネルが RRM によって自動的に設定されるようにするには、次のコマンドを入力します。 config {802.11a | 802.11b} channel global auto
                    • アベイラビリティおよび干渉に基づいて、すべての 802.11a または 802.11b/g チャネルが一度だけ RRM によって自動的に再設定されるようにするには、次のコマンドを入力します。 config {802.11a | 802.11b} channel global once
                    • RRM を無効にし、すべてのチャネルをデフォルト値に設定するには、次のコマンドを入力します。 config {802.11a | 802.11b} channel global off
                    • DCA に使用するチャネル セットを指定するには、次のコマンドを入力します。 config advanced {802.11a | 802.11b} channel {add | delete} channel_number コマンドごとに 1 つのチャネル番号のみを入力できます。 このコマンドは、クライアントが古いデバイスであるため、またはクライアントに特定の制約事項があるために、クライアントで特定のチャネルがサポートされないことがわかっている場合に役立ちます。
                    ステップ 5   次のコマンドを入力して、追加の DCA パラメータを設定します。
                    • config advanced {802.11a | 802.11b} channel dca anchor-time value:DCA アルゴリズムの開始時刻を指定します。 value は、午前 12 時から午後 11 時の時刻を表す、0 ~ 23(両端の値を含む)の数値です。
                    • config advanced {802.11a | 802.11b} channel dca interval value:DCA アルゴリズムの実行が許可される頻度を指定します。 value には、時間単位で 1、2、3、4、6、8、12、または 24 のいずれかの値を指定するか、デフォルト値の 10 分(すなわち 600 秒)を示す 0 を指定します。
                      (注)     

                      コントローラが OfficeExtend アクセス ポイントしかサポートしていない場合は、最適なパフォーマンスを得るために、DCA 間隔を 6 時間に設定することをお勧めします。 OfficeExtend アクセス ポイントとローカル アクセス ポイントを組み合わせて展開している場合は、10 分から 24 時間までの範囲を使用できます。

                    • config advanced {802.11a | 802.11b} channel dca sensitivity {low | medium | high}:DCA アルゴリズムでチャネルを変更するかどうかを判断する際の、信号、負荷、ノイズ、干渉などの環境の変化に対する感度を指定します。
                      • low の場合、環境の変化に対する DCA アルゴリズムの感度は特に高くありません。
                      • medium の場合、環境の変化に対する DCA アルゴリズムの感度は中程度です。
                      • high の場合、環境の変化に対する DCA アルゴリズムの感度が高くなります。

                    DCA の感度のしきい値は、次の表で示すように、無線帯域によって異なります。



                    表 2 DCA の感度のしきい値

                    オプション

                    2.4 GHz DCA 感度しきい値

                    5 GHz DCA 感度しきい値

                    High

                    5 dB

                    5 dB

                    Medium

                    10 dB

                    15 dB

                    Low

                    20 dB

                    20 dB

                    • config advanced 802.11a channel dca chan-width-11n {20 | 40}:5 GHz 帯域におけるすべての 802.11n 無線の DCA チャネル幅を設定します。 値は次のとおりです。
                      • 20 は 802.11n 無線のチャネル幅を 20 MHz に設定します。 768 ビットは、デフォルト値です。
                      • 40 は 802.11n 無線のチャネル幅を 40 MHz に設定します。
                        (注)     

                        40 を選択する場合は、config advanced 802.11a channel {add | delete} channel_number コマンド(ステップ 4)で少なくとも 2 つの隣接チャネルを設定する必要があります(たとえば、プライマリ チャネルとして 36、拡張チャネルとして 40)。 1 つのチャネルしか設定しないと、そのチャネルは 40 MHz チャネル幅として使用されません。

                        (注)     

                        40 を選択する場合、個々のアクセス ポイントで使用するプライマリ チャネルおよび拡張チャネルも構成できます。

                        (注)     

                        グローバルに設定した DCA チャネル幅の設定を無効にする場合は、config 802.11a chan_width Cisco_AP {20 | 40} コマンドを使用して、20-MHz または 40-MHz モードのアクセス ポイントの無線を静的に設定できます。 後でこのアクセス ポイントの無線に対する静的な設定をグローバルに変更すると、それまでアクセス ポイントで使用されていたチャネル幅設定はグローバルな DCA 設定で上書きされます。 変更が有効になるには最長 30 分(DCA を実行する間隔に応じて)かかる場合があります。

                    • config advanced {802.11a | 802.11b} channel outdoor-ap-dca {enable | disable}:非 DFS チャネルのチェックを回避するためにコントローラを有効または無効にします。
                      (注)     

                      このパラメータは、1522 や 1524 などの屋外アクセス ポイントを持つ展開にのみ適用されます。

                    • config advanced {802.11a | 802.11b} channel foreign {enable | disable}:チャネル割り当てにおける外部アクセス ポイントの干渉の回避を有効または無効にします。
                    • config advanced {802.11a | 802.11b} channel load {enable | disable}:チャネル割り当てにおける負荷の回避を有効または無効にします。
                    • config advanced {802.11a | 802.11b} channel noise {enable | disable}:チャネル割り当てにおけるノイズの回避を有効または無効にします。
                    • config advanced {802.11a | 802.11b} channel update:すべての Cisco アクセス ポイントのチャネル選択の更新を開始します。
                    ステップ 6   次のコマンドを入力して、カバレッジ ホールの検出を設定します。
                    (注)     

                    コントローラ ソフトウェア リリース 5.2 以降のリリースの場合、カバレッジ ホールの検出は WLAN ごとに無効にできます。

                    • config advanced {802.11a | 802.11b} coverage {enable | disable}:カバレッジ ホールの検出を有効または無効にします。 カバレッジ ホールの検出を有効にすると、カバレッジが不完全な領域に位置する可能性のあるクライアントを持つアクセス ポイントがあるかどうかを、アクセス ポイントから受信したデータに基づいてコントローラが自動的に判断します。 デフォルト値はイネーブルです。
                    • config advanced {802.11a | 802.11b} coverage {data | voice} rssi-threshold rssi:アクセス ポイントによって受信されるパケットの受信信号強度インジケータ(RSSI)の最小値を指定します。 入力する値は、ネットワーク内のカバレッジ ホール(またはカバレッジが不完全な領域)を特定するのに使用されます。 アクセス ポイントによって、ここで入力する値より RSSI 値が小さいパケットがデータ キューまたは音声キューに受信される場合、潜在的なカバレッジ ホールが検出されています。 有効な値の範囲は -90 ~ -60 dBm で、データ パケットのデフォルト値は -80 dBm、音声パケットのデフォルト値は -75 dBm です。 アクセス ポイントでは、5 秒ごとに RSSI が測定され、90 秒間隔でそれらがコントローラに報告されます。
                    • config advanced {802.11a | 802.11b} coverage level global clients:RSSI 値がデータ RSSI または音声 RSSI のしきい値以下である、アクセス ポイント上のクライアントの最小数を指定します。 有効な範囲は 1 ~ 75 で、デフォルト値は 3 です。
                    • config advanced {802.11a | 802.11b} coverage exception global percent:信号レベルが低くなっているにもかかわらず、別のアクセス ポイントにローミングできない、アクセス ポイント上のクライアントの割合を指定します。 有効な値の範囲は 0 ~ 100% で、デフォルト値は 25% です。
                    • config advanced {802.11a | 802.11b} coverage {data | voice} packet-count packets:アップリンク データまたは音声パケットの最小失敗回数のしきい値を指定します。 有効な値の範囲は 1 ~ 255 パケットで、デフォルト値は 10 パケットです。
                    • config advanced {802.11a | 802.11b} coverage {data | voice} fail-rate percent:アップリンク データまたは音声パケットの失敗率のしきい値を指定します。 有効な値の範囲は 1 ~ 100% で、デフォルト値は 20% です。
                      (注)     

                      5 秒間で失敗したパケットの数と割合の両方が、packet-count および fail-rate コマンドに入力された値を超える場合、クライアントは事前アラーム状態と判断されます。 コントローラでは、この情報を使用して、真のカバレッジ ホールと偽のカバレッジ ホールが区別されます。 false positive は通常、大部分のクライアントに実装されているローミング ロジックが不適切であることが原因です。 90 秒間で失敗したクライアントの数と割合の両方が、coverage level global および coverage exception global コマンドで入力された値を満たすか、これを超えている場合、カバレッジ ホールが検出されます。 コントローラでは、カバレッジ ホールが修正可能かどうかが判断され、適切な場合は、その特定のアクセス ポイントの送信電力レベルを上げることによってカバレッジ ホールが解消されます。

                    ステップ 7   次のコマンドを入力して、802.11a または 802.11b/g ネットワークを有効にします。

                    config {802.11a | 802.11b} enable network

                    (注)     

                    802.11g ネットワークを有効にするには、config 802.11b 11gSupport enable の前に、config 802.11b enable network コマンドを入力します。

                    ステップ 8   次のコマンドを入力して、設定を保存します。 save config

                    RRM 設定の表示(CLI)

                    802.11a および 802.11b/g RRM 設定を表示するには、次のコマンドを使用します。

                    show advanced {802.11a | 802.11b} ?

                    ここで、? は、次のいずれかを示します。

                    • ccx {global | Cisco_AP}:CCX RRM 設定を表示します。
                    • channel:チャネル割り当ての設定および統計情報を表示します。
                    • coverage:カバレッジ ホールの検出の設定および統計情報を表示します。
                    • logging:RF イベント ログおよびパフォーマンス ログを表示します。
                    • monitor:シスコの無線監視に関する情報を表示します。
                    • profile {global | Cisco_AP}:アクセス ポイントのパフォーマンス プロファイルを表示します。
                    • receiver:802.11a または 802.11b/g 受信装置の設定および統計情報を表示します。
                    • summary:802.11a または 802.11b/g アクセス ポイントの設定および統計情報を表示します。
                    • txpower:送信電力割り当ての設定および統計情報を表示します。

                    RRM 問題のデバッグ(CLI)

                    RRM の動作のトラブルシューティングおよび検証には、次のコマンドを使用します。

                    debug airewave-director ?

                    ここで、? は、次のいずれかを示します。

                    • all:すべての RRM ログのデバッグを有効にします。
                    • channel:RRM チャネル割り当てプロトコルのデバッグを有効にします。
                    • detail:RRM 詳細ログのデバッグを有効にします。
                    • error:RRM エラー ログのデバッグを有効にします。
                    • group:RRM グループ プロトコルのデバッグを有効にします。
                    • manager:RRM マネージャのデバッグを有効にします。
                    • message:RRM メッセージのデバッグを有効にします。
                    • packet:RRM パケットのデバッグを有効にします。
                    • power:RRM パワー割り当てプロトコルとカバレッジ ホールの検出のデバッグを有効にします。
                    • profile:RRM プロファイル イベントのデバッグを有効にします。
                    • radar:RRM レーダー検出/回避プロトコルのデバッグを有効にします。
                    • rf-change:RRM RF 変更のデバッグを有効にします。