Cisco ワイヤレス LAN コントローラ コンフィギュレーション ガイド リリース 7.4(統合版)
Wi-Fi Direct クライアント ポリシーの設定
Wi-Fi Direct クライアント ポリシーの設定
発行日;2013/06/17   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

Wi-Fi Direct クライアント ポリシーの設定

Wi-Fi Direct クライアント ポリシーについて

Wi-Fi Direct 対応のデバイスは迅速な相互接続が可能で、印刷、同期、データ共有などのタスクを効率的に実行できます Wi-Fi Direct デバイスは、複数のピアツーピア(P2P)デバイスおよびインフラストラクチャ無線 LAN(WLAN)に同時にアソシエートしている場合があります。 コントローラを使用して、Wi-Fi Direct クライアント ポリシーを WLAN 単位で設定できます。その際、Wi-Fi デバイスとインフラストラクチャ WLAN のアソシエーションを許可または禁止するか、WLAN に対して Wi-Fi Direct クライアント ポリシーをすべて無効にすることができます。

注意事項および制約事項

Wi-Fi Direct クライアント ポリシーは、ローカル モードの AP が含まれる WLAN のみに適用できます。

Wi-Fi Direct クライアント ポリシーの設定(GUI)


    ステップ 1   [WLANs] を選択して、[WLANs] ページを開きます。
    ステップ 2   Wi-Fi Direct クライアント ポリシーを設定する WLAN の WLAN ID をクリックします。 [WLANs > Edit] ページが表示されます。
    ステップ 3   [Advanced] タブをクリックします。
    ステップ 4   [Wi-Fi Direct Clients Policy] ドロップダウン リストから、次のいずれかのオプションを選択します。
    • [Disabled]:クライアントの Wi-Fi Direct ステータスを無視し、それによって Wi-Fi Direct クライアントのアソシエーションを許可します
    • [Allow]:Wi-Fi Direct クライアントと WLAN のアソシエーションを許可します
    • [Not-Allow]:Wi-Fi Direct クライアントと WLAN のアソシエーションを禁止します
    ステップ 5   [Apply] をクリックします。

    Wi-Fi Direct クライアント ポリシーの設定(CLI)


      ステップ 1   次のコマンドを入力して、WLAN に Wi-Fi Direct クライアント ポリシーを設定します。

      config wlan wifidirect {allow | disable | not-allow} wlan-id

      このコマンドの構文は次のとおりです。

      • allow:Wi-Fi Direct クライアントと WLAN のアソシエーションを許可します

      • disable:WLAN の Wi-Fi Direct クライアント ポリシーを無効にし、すべての Wi-Fi Direct クライアントの認証を解除します

      • not-allow:Wi-Fi Direct クライアントと WLAN のアソシエーションを禁止します

      • wlan-id:WLAN ID

      ステップ 2   次のコマンドを入力して、設定を保存します。

      save config


      Wi-Fi Direct クライアント ポリシーの監視とトラブルシューティング(CLI)

      • Wi-Fi Direct クライアント ポリシーの監視およびトラブルシューティングを行うには、次のコマンドを使用します。

        • show wlan wifidirect wlan-id:WLAN の Wi-Fi Direct クライアント ポリシーのステータスを表示します

        • show client wifiDirect-stats:アソシエートされているクライアントの合計数と、Wi-Fi Direct クライアント ポリシーが有効な場合に拒否されるクライアントの数が表示されます