Cisco Wireless LAN Controller コマンド リファレンス ソフトウェア リリース 5.2
Cisco Wireless LAN Controller のコマンド
Cisco Wireless LAN Controller のコマンド
発行日;2012/02/04 | 英語版ドキュメント(2012/01/17 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 9MB) | フィードバック

目次

Cisco Wireless LAN Controller のコマンド

? コマンドの使用方法

Help コマンドの使用方法

Show コマンドによる設定の表示

show 802.11

show aaa auth

show acl

show acl cpu

802.11 詳細設定表示コマンド

show advanced 802.11 channel

show advanced 802.11 coverage

show advanced 802.11 group

show advanced 802.11 l2roam

show advanced 802.11 logging

show advanced 802.11 monitor

show advanced 802.11 profile

show advanced 802.11 receiver

show advanced 802.11 summary

show advanced 802.11 txpower

show advanced backup-controller

show advanced client-handoff

show advanced dot11-padding

show advanced eap

show advanced max-1x-sessions

show advanced probe

show advanced rate

show advanced send-disassoc-on-handoff

show advanced statistics

show advanced timers

アクセス ポイント表示コマンド

show ap auto-rf

show ap ccx rm

show ap cdp

show ap channel

show ap config

show ap config global

show ap core-dump

show ap crash-file

show ap eventlog

show ap inventory

show ap join stats detail

show ap join stats summary

show ap join stats summary all

show ap monitor-mode summary

show ap stats

show ap summary

show ap wlan

show arp switch

show auth-list

show boot

show capwap reap association

show capwap reap status

show certificate compatibility

show certificate lsc

show certificate summary

クライアント設定の表示コマンド

show client ap

show client ccx client-capability

show client ccx frame-data

show client ccx last-response-status

show client ccx last-test-status

show client ccx log-response

show client ccx manufacturer-info

show client ccx operating-parameters

show client ccx profiles

show client ccx results

show client ccx rm

show client ccx stats-report

show client detail

show client location-calibration summary

show client roam-history

show client summary

show client summary guest-lan

show client username

show country

show country channels

show country supported

show coredump summary

show cpu

show custom-web

show database summary

show debug

show dhcp

show dhcp proxy

show eventlog

show exclusionlist

show guest-lan

show hreap group detail

show hreap group summary

show ike

show interface

show invalid-config

show inventory

show ipsec

show known ap

show l2tp

show lag summary

show ldap

show ldap statistics

show ldap summary

show load-balancing

show local-auth certificates

show local-auth config

show local-auth statistics

show location

show location statistics rfid

show logging

show loginsession

show macfilter

show memory monitor

メッシュ表示コマンド

show mesh ap

show mesh astools stats

show mesh background-scanning

show mesh backhaul rate-adapt

show mesh cac

show mesh client-access

show mesh config

show mesh env

show mesh neigh

show mesh path

show mesh per-stats

show mesh queue-stats

show mesh public-safety

show mesh secbh-stats

show mesh secondary-backhaul

show mesh security-stats

show mesh stats

show mgmtuser

モビリティ設定の表示コマンド

show mobility anchor

show mobility statistics

show mobility summary

show msglog

show nac statistics

show nac summary

show netuser

show netuser guest-roles

show network

show network summary

show network multicast mgid detail

show network multicast mgid summary

show nmsp notify-interval summary

show nmsp statistics

show nmsp status

show pmk-cache

show port

show process

show qos queue_length all

RADIUS 設定の表示コマンド

show radius acct statistics

show radius auth statistics

show radius rfc3576 statistics

show radius summary

RFID 表示コマンド

show rfid client

show rfid config

show rfid detail

show rfid summary

不正表示コマンド

show rogue adhoc detailed

show rogue adhoc summary

show rogue ap clients

show rogue ap detailed

show rogue ap summary

show rogue ap friendly summary

show rogue ap malicious summary

show rogue ap unclassified summary

show rogue client detailed

show rogue client summary

show rogue ignore-list

show rogue rule detailed

show rogue rule summary

show route summary

show rules

show run-config

show serial

show sessions

show services mobility

show snmpcommunity

show snmptrap

show snmpv3user

show snmpversion

show spanningtree port

show spanningtree switch

show stats port

show stats switch

show switchconfig

show sysinfo

TACACS 表示コマンド

show tacacs acct statistics

show tacacs athr statistics

show tacacs auth statistics

show tacacs summary

show tech-support

show time

show trapflags

show traplog

show version

show watchlist

show wlan

WPS 表示コマンド

show wps ap-authentication summary

show wps cids-sensor

show wps mfp

show wps shun-list

show wps signature detail

show wps signature events

show wps signature summary

show wps summary

show wps wips statistics

show wps wips summary

コントローラ設定の構成

802.11 ネットワークの設定コマンド

802.11 公安の設定コマンド

config 802.11-a

config 802.11-a antenna extAntGain

config 802.11-a channel ap

config 802.11-a txpower ap

802.11b の設定コマンド

config 802.11b 11gSupport

config 802.11b preamble

802.11h の設定コマンド

config 802.11h channelswitch

config 802.11h powerconstraint

config 802.11h setchannel

802.11 11n サポートの設定コマンド

config 802.11 11nsupport

config 802.11 11nsupport a-mpdu tx priority

config 802.11 11nsupport antenna

config 802.11 11nsupport mcs tx

802.11 アンテナの設定コマンド

config 802.11 antenna diversity

config 802.11 antenna extAntGain

config 802.11 antenna mode

config 802.11 antenna selection

config 802.11 beaconperiod

802.11 CAC の設定コマンド

config 802.11 cac video acm

config 802.11 cac video max-bandwidth

config 802.11 cac video roam-bandwidth

config 802.11 cac video tspec-inactivity-timeout

config 802.11 cac voice acm

config 802.11 cac voice max-bandwidth

config 802.11 cac voice roam-bandwidth

config 802.11 cac voice tspec-inactivity-timeout

config 802.11 cac voice load-based

config 802.11 cac voice stream-size

config 802.11 channel

config 802.11 channel ap

config 802.11 chan_width

config 802.11 disable

config 802.11 dtpc

config 802.11 enable

config 802.11 exp-bwreq

config 802.11 fragmentation

config 802.11 l2roam rf-params

config 802.11 pico-cell

config 802.11 picocell-V2

config 802.11 rate

config 802.11 txPower

config aaa auth

config aaa auth mgmt

config acl apply

config acl counter

config acl create

config acl cpu

config acl delete

config acl rule

802.11b の詳細設定コマンド

config advanced 802.11 7920VSIEConfig

802.11 のチャネル詳細設定コマンド

config advanced 802.11 channel dca anchor-time

config advanced 802.11 channel dca chan-width-11n

config advanced 802.11 channel dca interval

config advanced 802.11 channel dca sensitivity

config advanced 802.11 channel foreign

config advanced 802.11 channel load

config advanced 802.11 channel noise

config advanced 802.11 channel update

802.11 のカバレッジ詳細設定コマンド

config advanced 802.11 coverage

config advanced 802.11 coverage exception global

config advanced 802.11 coverage fail-rate

config advanced 802.11 coverage level global

config advanced 802.11 coverage packet-count

config advanced 802.11 coverage rssi-threshold

config advanced 802.11 edca-parameters

config advanced 802.11 factory

config advanced 802.11 group-mode

802.11 のロギング詳細設定コマンド

config advanced 802.11 logging channel

config advanced 802.11 logging coverage

config advanced 802.11 logging foreign

config advanced 802.11 logging load

config advanced 802.11 logging noise

config advanced 802.11 logging performance

config advanced 802.11 logging txpower

802.11 の監視詳細設定コマンド

config advanced 802.11 monitor channel-list

config advanced 802.11 monitor coverage

config advanced 802.11 monitor load

config advanced 802.11 monitor mode

config advanced 802.11 monitor noise

config advanced 802.11 monitor signal

802.11 のプロファイル詳細設定コマンド

config advanced 802.11 profile clients

config advanced 802.11 profile customize

config advanced 802.11 profile foreign

config advanced 802.11 profile noise

config advanced 802.11 profile throughput

config advanced 802.11 profile utilization

config advanced 802.11 receiver

config advanced 802.11 txpower-update

config advanced backup-controller primary

config advanced backup-controller secondary

config advanced client-handoff

config advanced dot11-padding

config advanced eap

config advanced rate

config advanced statistics

config advanced probe filter

config advanced probe limit

タイマー詳細設定コマンド

config advanced timers ap-discovery-timeout

config advanced timers ap-fast-heartbeat

config advanced timers ap-heartbeat-timeout

config advanced timers ap-primary-discovery-timeout

config advanced timers auth-timeout

config advanced timers eap-timeout

config advanced timers eap-identity-request-delay

アクセス ポイント設定コマンド

config ap

config ap bhmode

config ap bhrate

config ap bridgegroupname

config ap bridging

config ap cdp

config ap core-dump

config ap crash-file clear-all

config ap crash-file delete

config ap crash-file get-crash-file

config ap crash-file get-radio-core-dump

config ap dot1xuser

config ap dot1xuser delete

config ap dot1xuser disable

config ap group-name

config ap h-reap radius auth set

config ap h-reap vlan

config ap h-reap vlan native

config ap h-reap vlan wlan

config ap led-state

config ap link-latency

config ap location

config ap mgmtuser

config ap mgmtuser delete

config ap mode

config ap monitor-mode

config ap name

config ap port

config ap power injector

config ap power pre-standard

config ap primary-base

config ap priority

config ap reporting-period

config ap reset

config ap role

config ap rst-button

config ap secondary-base

config ap sniff

config ap ssh

config ap static-ip

config ap stats-timer

config ap syslog host global

config ap syslog host specific

config ap telnet

config ap tertiary-base

config ap tftp-downgrade

config ap username

config ap wlan

config auth-list add

config auth-list ap-policy

config auth-list delete

config boot

config cdp timer

config certificate

config certificate lsc

クライアント設定コマンド

config client ccx clear-reports

config client ccx clear-results

config client ccx default-gw-ping

config client ccx dhcp-test

config client ccx dns-ping

config client ccx dns-resolve

config client ccx get-client-capability

config client ccx get-manufacturer-info

config client ccx get-operating-parameters

config client ccx get-profiles

config client ccx log-request

config client ccx send-message

config client ccx stats-request

config client ccx test-abort

config client ccx test-association

config client ccx test-dot1x

config client ccx test-profile

config client deauthenticate

config client location-calibration

config coredump

config coredump ftp

config coredump username

config country

config custom-web ext-webauth-mode

config custom-web ext-webauth-url

config custom-web ext-webserver

config custom-web redirectUrl

config custom-web weblogo

config custom-web webmessage

config custom-web webtitle

config database size

config dhcp

config dhcp proxy

config exclusionlist

インターフェイス設定コマンド

config guest-lan

config guest-lan custom-web ext-webauth-url

config guest-lan custom-web global disable

config guest-lan custom-web login_page

config guest-lan custom-web webauth-type

config guest-lan ingress-interface

config guest-lan interface

config guest-lan mobility anchor

config guest-lan nac

config guest-lan security

config hreap group

config interface acl

config interface address

config interface ap-manager

config interface create

config interface delete

config interface dhcp

config interface guest-lan

config interface hostname

config interface port

config interface quarantine vlan

config interface vlan

config known ap

config lag

config ldap

config ldap add

config ldap simple-bind

config load-balancing

config local-auth active-timeout

config local-auth eap-profile

config local-auth method fast

config local-auth user-credentials

config location

config logging buffered

config logging console

config logging debug

config logging fileinfo

config logging procinfo

config logging traceinfo

config logging syslog host

config logging syslog facility

config logging syslog level

config loginsession close

MAC フィルタ設定コマンド

config macfilter

config macfilter description

config macfilter interface

config macfilter ip-address

config macfilter mac-delimiter

config macfilter radius-compat

config macfilter wlan-id

メモリ監視設定コマンド

config memory monitor errors

config memory monitor leaks

メッシュ設定コマンド

config mesh alarm

config mesh astools

config mesh background-scanning

config mesh backhaul rate-adapt

config mesh client-access

config mesh ethernet-bridging vlan-transparent

config mesh full-sector-dfs

config mesh linkdata

config mesh linktest

config mesh multicast

config mesh public-safety

config mesh radius-server

config mesh range

config mesh secondary-backhaul

config mesh security

管理ユーザ設定コマンド

config mgmtuser add

config mgmtuser delete

config mgmtuser description

config mgmtuser password

モビリティ設定コマンド

config mobility group anchor

config mobility group domain

config mobility group keepalive count

config mobility group keepalive interval

config mobility group member

config mobility group multicast-address

config mobility multicast-mode

config mobility secure-mode

config mobility statistics reset

メッセージ ログ レベル設定コマンド

config msglog level critical

config msglog level error

config msglog level security

config msglog level verbose

config msglog level warning

ネットワーク ユーザ設定コマンド

config netuser add

config netuser delete

config netuser description

config netuser guest-role apply

config netuser guest-role create

config netuser guest-role delete

config netuser guest-role qos data-rate average-data-rate

config netuser guest-role qos data-rate average-realtime-rate

config netuser guest-role qos data-rate burst-data-rate

config netuser guest-role qos data-rate burst-realtime-rate

config netuser maxEapUserLogin

config netuser maxuserLogin

config netuser password

config netuser wlan-id

ネットワーク設定コマンド

config network 802.3-bridging

config network allow-old-bridge-aps

config network ap-fallback

config network ap-priority

config network apple-talk

config network arptimeout

config network bridging-shared-secret

config network broadcast

config network fast-ssid-change

config network ip-mac-binding

config network master-base

config network mgmt-via-wireless

config network multicast global

config network multicast igmp snooping

config network multicast igmp timeout

config network multicast mode multicast

config network multicast mode unicast

config network otap-mode

config network rf-network-name

config network secureweb

config network secureweb cipher-option

config network ssh

config network telnet

config network usertimeout

config network web-auth-port

config network webmode

config network zero-config

config nmsp notify-interval measurement

config passwd-cleartext

config pmk-cache delete

ポート設定コマンド

config port adminmode

config port autoneg

config port linktrap

config port multicast appliance

config port physicalmode

config port power

config prompt

config qos average-data-rate

config qos average-realtime-rate

config qos burst-data-rate

config qos burst-realtime-rate

config qos description

config qos max-rf-usage

config qos protocol-type/config qos dot1p-tag

config qos queue_length

RADIUS アカウント設定コマンド

config radius acct

config radius acct fallback-test

config radius acct network

config radius acct ipsec authentication

config radius acct ipsec disable

config radius acct ipsec enable

config radius acct ipsec encryption

config radius acct ipsec ike

config radius acct retransmit-timeout

RADIUS 認証サーバ設定コマンド

config radius auth

config radius auth ipsec authentication

config radius auth ipsec disable

config radius auth ipsec encryption

config radius auth ipsec ike

config radius auth keywrap

config radius auth management

config radius auth network

config radius auth retransmit-timeout

config radius auth rfc3576

config radius auth server-timeout

config radius aggressive-failover disabled

config radius backward compatibility

config radius callStationIdType

config rfid auto-timeout

config rfid status

config rfid timeout

不正設定コマンド

config rogue adhoc

config rogue ap classify

config rogue ap friendly

config rogue ap rldp

config rogue ap ssid

config rogue ap timeout

config rogue ap valid-client

config rogue client

config rogue rule

config route add

config route delete

config serial baudrate

config serial timeout

config service timestamps

config sessions maxsessions

config sessions timeout

SNMP設定コマンド

config snmp community accessmode

config snmp community create

config snmp community delete

config snmp community ipaddr

config snmp community mode

config snmp syscontact

config snmp syslocation

config snmp trapreceiver create

config snmp trapreceiver delete

config snmp trapreceiver mode

config snmp v3user create

config snmp v3user delete

config snmp version

スパニング ツリー プロトコル設定コマンド

config spanningtree port mode

config spanningtree port pathcost

config spanningtree port priority

config spanningtree switch bridgepriority

config spanningtree switch forwarddelay

config spanningtree switch hellotime

config spanningtree switch maxage

config spanningtree switch mode

config switchconfig flowcontrol

config switchconfig mode

config switchconfig secret-obfuscation

config sysname

TACACS 設定コマンド

config tacacs

config tacacs acct

config tacacs athr

config tacacs auth

config tacacs all

config time manual

config time ntp

config time timezone

config time timezone location

トラップ フラグ設定コマンド

config trapflags 802.11-Security

config trapflags aaa

config trapflags ap

config trapflags authentication

config trapflags client

config trapflags configsave

config trapflags ipsec

config trapflags linkmode

config trapflags multiusers

config trapflags rogueap

config trapflags rrm-params

config trapflags rrm-profile

config trapflags stpmode

config trapflags wps

監視リスト設定コマンド

config watchlist add

config watchlist delete

config watchlist disable

config watchlist enable

無線 LAN 設定コマンド

config wlan

config wlan 7920-support

config wlan 802.11e

config wlan aaa-override

config wlan acl

config wlan apgroup

config wlan broadcast-ssid

config wlan chd

config wlan ccx aironet-ie

config wlan dhcp_server

config wlan diag-channel

config wlan dtim

config wlan exclusionlist

config wlan h-reap learn-ipaddr

config wlan h-reap local-switching

config wlan interface

config wlan IPv6Support

config wlan ldap

config wlan mac-filtering

config wlan mfp

config wlan mobility anchor

config wlan nac

config wlan peer-blocking

config wlan qos

config wlan radio

config wlan radius_server

無線 LAN セキュリティ設定コマンド

config wlan security 802.1X

config wlan security ckip

config wlan security cond-web-redir

config wlan security ipsec disable

config wlan security ipsec enable

config wlan security ipsec authentication

config wlan security ipsec encryption

config wlan security ipsec config

config wlan security ipsec ike authentication

config wlan security ipsec ike dh-group

config wlan security ipsec ike lifetime

config wlan security ipsec ike phase1

config wlan security ipsec ike contivity

config wlan security passthru

config wlan security splash-page-web-redir

config wlan security static-wep-key authentication

config wlan security static-wep-key disable

config wlan security static-wep-key enable

config wlan security static-wep-key encryption

config wlan security web-auth

config wlan security web-passthrough acl

config wlan security web-passthrough disable

config wlan security web-passthrough email-input

config wlan security web-passthrough enable

config wlan security wpa1 disable

config wlan security wpa1 enable

config wlan security wpa1 pre-shared-key

config wlan security wpa2 disable

config wlan security wpa2 enable

config wlan security wpa2 pre-shared-key

config wlan security wpa2 tkip

config wlan security wpa2 wpa-compat

config wlan timeout

config wlan webauth-exclude

config wlan wmm

WPS 設定コマンド

config wps ap-authentication

config wps cids-sensor

config wps mfp

config wps shun-list

config wps signature

config wps signature frequency

config wps signature interval

config wps signature mac-frequency

config wps signature quiet-time

config wps signature reset

lwapp ap controller ip address

設定の保存

save config

設定、ログファイル、および他の操作のクリア

clear acl counters

clear ap-config

clear ap-eventlog

clear arp

clear config

clear ext-webauth-url

clear location rfid

clear location statistics rfid

clear locp statistics

clear lwapp private-config

clear nmsp statistics

clear radius acct statistics

clear radius auth statistics

clear redirect-url

clear stats ap wlan

clear stats local-auth

clear stats mobility

clear stats port

clear stats radius

clear stats switch

clear stats tacacs

clear transfer

clear traplog

clear webimage

clear webmessage

clear webtitle

ファイルと設定のアップロードとダウンロード

transfer download certpassword

transfer download datatype

transfer download filename

transfer download mode

transfer download password

transfer download path

transfer download port

transfer download serverip

transfer download start

transfer download tftpPktTimeout

transfer download tftpMaxRetries

transfer download username

transfer encrypt

transfer upload datatype

transfer upload filename

transfer upload mode

transfer upload pac

transfer upload password

transfer upload path

transfer upload port

transfer upload serverip

transfer upload start

transfer upload username

トラブルシューティング コマンド

debug aaa

debug aaa local-auth

debug airewave-director

debug ap

debug ap enable

debug arp

debug bcast

debug cac

debug capwap

debug capwap reap

debug crypto

debug dhcp

debug dhcp service-port

debug disable-all

debug dot11

debug dot11 mgmt interface

debug dot11 mgmt msg

debug dot11 mgmt ssid

debug dot11 mgmt state-machine

debug dot11 mgmt station

debug dot1x

debug group

debug hreap aaa

debug hreap cckm

debug hreap group

debug l2age

debug lwapp console cli

debug mac

debug memory

debug mesh security

debug mobility

debug nac

debug nmsp

debug ntp

debug pem

debug pm

debug poe

debug rbcp

debug rfid

debug service ap-monitor

debug snmp

debug transfer

debug wcp

debug wps sig

debug wps mfp

eping

mping

Cisco Wireless LAN Controller のコマンド

Cisco Wireless LAN Solution コマンドライン インターフェイス(CLI)を使用して、ASCII コンソールを Cisco Wireless LAN Controller に接続し、コントローラおよびアソシエートされているアクセス ポイントを設定できます。

このマニュアルでは、Cisco CLI リリース 5.2 で使用できるコマンドについて説明します。現在、対象に含まれるコントローラは次のとおりです。

Cisco 2100 および 4400 シリーズWireless LAN Controller

Cisco Wireless Services Module(WiSM; ワイヤレス サービス モジュール)

Cisco Wireless LAN Controller ネットワーク モジュール

Catalyst 3750G Integrated Wireless LAN Controller Switch

この章の内容は、次のとおりです。

? コマンドの使用方法

Help コマンドの使用方法

Show コマンドによる設定の表示

コントローラ設定の構成

設定の保存

設定、ログファイル、および他の操作のクリア

ファイルと設定のアップロードとダウンロード

トラブルシューティング コマンド

? コマンドの使用方法

コマンド ツリーの現在レベルのコマンドすべてや、特定のコマンドの詳細情報を表示するには、? コマンドを使用します。

?

command name ?

コマンド情報要求を入力するときには、 コマンド名 ? の間にスペースを入れてください。

次のコマンドは、ルート レベルから使用可能なすべてのコマンドとレベルを示します。

> ?
 
clear Clear selected configuration elements.
config Configure switch options and settings.
debug Manages system debug options.
help Help
linktest Perform a link test to a specified MAC address.
logout Exit this session. Any unsaved changes are lost.
ping Send ICMP echo packets to a specified IP address.
reset Reset options.
save Save switch configurations.
show Display switch options and settings.
transfer Transfer a file to or from the switch.
 

次のコマンドは、transfer download レベルでのエントリが datatype だけであることを示します。

> transfer download d?
datatype

 

次のコマンドは、transfer download datatype コマンドに許可されているエントリを示します。

> transfer download datatype ?
 
config Download Configuration File.
code Download an executable image to the system.
image Download a web page logo to the system.
signature Download a signature file to the system.
webadmincert Download a certificate for web administration to the system.
webauthcert Download a web certificate for web portal to the system.
 

Help コマンドの使用方法

キーボード コマンドを検索するには、ルート レベルで help コマンドを使用します。

help

> help
 
HELP:
Special keys:
DEL, BS... delete previous character
Ctrl-A .... go to beginning of line
Ctrl-E .... go to end of line
Ctrl-F .... go forward one character
Ctrl-B .... go backward one character
Ctrl-D .... delete current character
Ctrl-U, X. delete to beginning of line
Ctrl-K .... delete to end of line
Ctrl-W .... delete previous word
Ctrl-T .... transpose previous character
Ctrl-P .... go to previous line in history buffer
Ctrl-N .... go to next line in history buffer
Ctrl-Z .... return to root command prompt
Tab, <SPACE> command-line completion
Exit .... go to next lower command prompt
? .... list choices

Show コマンドによる設定の表示

Cisco Wireless LAN Controller のオプションと設定を表示するには、show コマンドを使用します。

show 802.11

802.11a、802.11b/g、または 802.11h ネットワークの基本設定を表示するには、 show 802.11 コマンドを使用します。

show 802.11 { a | b | h }

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

802.11

802.11 ネットワークの設定。

a | b | h

802.11a、802.11b/g、または 802.11h ネットワークを指定します。

 
デフォルト

なし。

802.11a ネットワークの基本設定を表示するには、次のコマンドを入力します。

> show 802.11a
 
802.11a Network.................................. Enabled
11nSupport....................................... Enabled
802.11a Low Band........................... Enabled
802.11a Mid Band........................... Enabled
802.11a High Band.......................... Enabled
802.11a Operational Rates
802.11a 6M Rate.............................. Mandatory
802.11a 9M Rate.............................. Supported
802.11a 12M Rate............................. Mandatory
802.11a 18M Rate............................. Supported
802.11a 24M Rate............................. Mandatory
802.11a 36M Rate............................. Supported
802.11a 48M Rate............................. Supported
802.11a 54M Rate............................. Supported
802.11n MCS Settings:
MCS 0........................................ Supported
MCS 1........................................ Supported
MCS 2........................................ Supported
MCS 3........................................ Supported
MCS 4........................................ Supported
MCS 5........................................ Supported
MCS 6........................................ Supported
MCS 7........................................ Supported
MCS 8........................................ Supported
MCS 9........................................ Supported
MCS 10....................................... Supported
MCS 11....................................... Supported
MCS 12....................................... Supported
MCS 13....................................... Supported
MCS 14....................................... Supported
MCS 15....................................... Supported
802.11n Status:
A-MPDU Tx ................................... Enabled
Priority 0............................... Enabled
Priority 1............................... Enabled
Priority 2............................... Enabled
Priority 3............................... Enabled
Priority 4............................... Enabled
Priority 5............................... Disabled
Priority 6............................... Disabled
Priority 7............................... Enabled
A-MSDU Tx ................................... Enabled
Rifs Tx ..................................... Enabled
Guard Interval .............................. Short
Beacon Interval.................................. 100
CF Pollable mandatory............................ Disabled
CF Poll Request mandatory........................ Disabled
CFP Period....................................... 4
CFP Maximum Duration............................. 60
Default Channel.................................. 36
Default Tx Power Level........................... 1
DTPC Status..................................... Enabled
Fragmentation Threshold.......................... 2346
Long Retry Limit................................. 4
Maximum Rx Life Time............................. 512
Max Tx MSDU Life Time............................ 512
Medium Occupancy Limit........................... 100
Pico-Cell Status................................. Disabled
Pico-Cell-V2 Status.............................. Disabled
RTS Threshold.................................... 2347
Short Retry Limit................................ 7
TI Threshold..................................... -50
Traffic Stream Metrics Status.................... Disabled
Expedited BW Request Status...................... Disabled
EDCA profile type................................ default-wmm
Voice MAC optimization status.................... Disabled
Call Admission Control (CAC) configuration
Voice AC - Admission control (ACM)............ Disabled
Voice max RF bandwidth........................ 75
Voice reserved roaming bandwidth.............. 6
Voice load-based CAC mode..................... Disabled
Voice tspec inactivity timeout................ Disabled
Video AC - Admission control (ACM)............ Disabled
Voice Stream-Size............................. 84000
Voice Max-Streams............................. 2
Video max RF bandwidth........................ Infinite
Video reserved roaming bandwidth.............. 0
 
 

802.11h ネットワークの基本設定を表示するには、次のコマンドを入力します。

> show 802.11h
 
802.11h ......................................... powerconstraint : 0
802.11h ......................................... channelswitch : Disable
802.11h ......................................... channelswitch mode : 0

show aaa auth

AAA 認証サーバのデータベースの設定を表示するには、show aaa auth コマンドを使用します。

show aaa auth

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

aaa

AAA 認証サーバのデータベースの設定。

auth

管理認証の優先順位設定を指定します。

 
デフォルト

なし。

> show aaa auth
 
Management authentication server order:
1............................................ local
2............................................ tacacs

 
関連コマンド

config aaa auth
config aaa auth mgmt

show acl

コントローラに設定されているアクセス コントロール リスト(ACL)を表示するには、 show acl コマンドを使用します。

show acl { summary | detailed acl_name }

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

acl

ACL の設定。

summary

コントローラに設定されているすべての ACL の要約を表示します。

detailed

特定の ACL の詳細情報を表示します。

acl_name

最大 32 文字の英数字の ACL 名。

 
デフォルト

なし。

> show acl summary
 
ACL Counter Status Enabled
-------------------------------------
ACL Name Applied
------------------------- -----------
acl1 Yes
acl2 Yes
acl3 Yes
 
> show acl detailed acl_name
Source Destination Source Port Dest Port
I Dir IP Address/Netmask IP Address/Netmask Prot Range Range DSCP Action Counter
- --- ------------------ ------------------ ---- ----------- -------- ----- ------ -------
1 Any 0.0.0.0/0.0.0.0 0.0.0.0/0.0.0.0 Any 0-65535 0-65535 0 Deny 0
2 In 0.0.0.0/0.0.0.0 200.200.200.0/ 6 80-80 0-65535 Any Permit 0
255.255.255.0
 
DenyCounter : 0

) パケットが ACL ルールと一致するたびに、Counter フィールドの値が増加します。また、DenyCounter フィールドの値は、パケットがルールのいずれとも一致しない場合に増加します。


show acl cpu

Central Processing Unit(CPU; 中央処理装置)に設定されているアクセス コントロール リスト(ACL)を表示するには、 show acl cpu コマンドを使用します。

show acl cpu

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

acl

ACL の設定。

cpu

CPU に設定されているすべての ACL の要約を表示します。

 
コマンドのデフォルト

なし。

> show acl cpu
CPU Acl Name................................
Wireless Traffic............................ Disabled
Wired Traffic............................... Disabled
Applied to NPU.............................. No

802.11 詳細設定表示コマンド

802.11a、802.11b/g、またはサポートされているその他の 802.11 ネットワークの詳細設定を表示するには、 show advanced 802.11 コマンドを使用します。

show advanced 802.11 channel

自動チャネル割り当ての設定と統計情報を表示するには、 show advanced 802.11 channel コマンドを使用します。

show advanced 802.11 { a | b } channel

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

advanced

詳細設定。

802.11

802.11 ネットワークの設定。

a | b

802.11a または 802.11b/g ネットワークを指定します。

channel

チャネル ステータス。

 
デフォルト

なし。

> show 802.11a channel
 
Automatic Channel Assignment
Channel Assignment Mode........................ ONCE
Channel Update Interval........................ 600 seconds
Anchor time (Hour of the day).................. 15
Channel Update Count........................... 0
Channel Update Contribution.................... S.IU
Channel Assignment Leader...................... 00:0b:85:40:90:c0
Last Run....................................... 501 seconds ago
DCA Sensitivity Level.......................... MEDIUM (20 dB)
DCA 802.11n Channel Width...................... 40 MHz
Channel Energy Levels
Minimum...................................... -92 dBm
Average...................................... -92 dBm
Maximum...................................... -92 dBm
Channel Dwell Times
Minimum...................................... 0 days, 00 h 58 m 45 s
Average...................................... 0 days, 00 h 58 m 45 s
Maximum...................................... 0 days, 00 h 58 m 45 s
Auto-RF Allowed Channel List................... 36,40
Auto-RF Allowed Channel List................... 36,40,44,48,52,56,60,64,100,
............................................. 104,108,112,116,132,136,140,
............................................. 149,153,157,161,165,190,196
DCA Outdoor AP option.......................... Disabled
 

show advanced 802.11 coverage

カバレッジ ホール検出の設定と統計情報を表示するには、 show advanced 802.11 coverage コマンドを使用します。

show advanced 802.11{ a | b } coverage

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

advanced

詳細設定。

802.11

802.11 ネットワークの設定。

a | b

802.11a または 802.11b/g ネットワークを指定します。

coverage

カバレッジ ホールの検出。

 
デフォルト

なし。

> show advanced 802.11a coverage
 
Coverage Hole Detection
802.11a Coverage Hole Detection Mode........... Enabled
802.11a Coverage Voice Packet Count............ 100 packets
802.11a Coverage Voice Packet Percentage....... 50%
802.11a Coverage Voice RSSI Threshold.......... -80 dBm
802.11a Coverage Data Packet Count............. 50 packets
802.11a Coverage Data Packet Percentage........ 50%
802.11a Coverage Data RSSI Threshold........... -80 dBm
802.11a Global coverage exception level........ 25 %
802.11a Global client minimum exception lev.... 3 clients

show advanced 802.11 group

シスコの 802.11a または 802.11b 対応無線の RF グループ化を表示するには、 show advanced 802.11 group コマンドを使用します。

show advanced 802.11 { a | b } group

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

advanced

詳細設定。

802.11

802.11 ネットワークの設定。

a | b

802.11a または 802.11b/g ネットワークを指定します。

group

RF グループ化の値。

 
デフォルト

なし。

> show advanced 802.11a group
 
Radio RF Grouping
802.11a Group Mode................................... AUTO
802.11a Group Update Interval........................ 600 seconds
802.11a Group Leader................................. xx:xx:xx:xx:xx:xx
802.11a Group Member............................... xx:xx:xx:xx:xx:xx
802.11a Last Run..................................... 133 seconds ago

show advanced 802.11 l2roam

802.11a または 802.11b/g レイヤ 2 クライアントのローミング情報を表示するには、 show advanced 802.11 l2roam コマンドを使用します。

show advanced 802.11 { a | b } l2roam {rf-param | statistics mac_address }

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

802.11

802.11 ネットワークの設定。

a | b

802.11a または 802.11b/g ネットワークを指定します。

l2roam

レイヤ 2 クライアントのローミング設定。

rf-param

無線周波数(RF)パラメータ。

statistics

レイヤ 2 クライアントのローミング統計情報。

mac_address

クライアントの MAC アドレス。

 
デフォルト

なし。

802.11b レイヤ 2 クライアントのローミング情報を表示するには、次のコマンドを入力します。

> show advanced 802.11b l2roam rf-param

L2Roam 802.11bg RF Parameters.....................
Config Mode.................................. Default
Minimum RSSI................................. -85
Roam Hysteresis.............................. 2
Scan Threshold............................... -72
Transition time.............................. 5

show advanced 802.11 logging

802.11a または 802.11b の RF イベント ログおよびパフォーマンス ログを表示するには、 show advanced 802.11 logging コマンドを使用します。

show advanced 802.11 { a | b } logging

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

advanced

詳細設定。

802.11

802.11 ネットワークの設定。

a | b

802.11a または 802.11b/g ネットワークを指定します。

logging

RF イベント ログおよびパフォーマンス ログ。

 
デフォルト

なし。

> show advanced 802.11b logging
 
RF Event and Performance Logging
Channel Update Logging......................... Off
Coverage Profile Logging....................... Off
Foreign Profile Logging........................ Off
Load Profile Logging........................... Off
Noise Profile Logging.......................... Off
Performance Profile Logging.................... Off
TxPower Update Logging......................... Off

show advanced 802.11 monitor

シスコのデフォルトの 802.11a または 802.11b 対応無線監視を表示するには、 show advanced 802.11 monitor コマンドを使用します。

show advanced 802.11 { a | b } monitor

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

advanced

詳細設定。

802.11

802.11 ネットワークの設定。

a | b

802.11a または 802.11b/g ネットワークを指定します。

monitor

シスコの無線監視の値。

 
デフォルト

なし。

> show advanced 802.11b monitor
 
Default 802.11b AP monitoring
802.11b Monitor Mode........................... enable
802.11b Monitor Channels....................... Country channels
802.11b AP Coverage Interval................... 180 seconds
802.11b AP Load Interval....................... 60 seconds
802.11b AP Noise Interval...................... 180 seconds
802.11b AP Signal Strength Interval............ 60 seconds

show advanced 802.11 profile

802.11a または 802.11b 対応 Lightweight アクセス ポイントのパフォーマンス プロファイルを表示するには、 show advanced 802.11 profile コマンドを使用します。

show advanced 802.11 { a | b } profile { global | cisco_ap }

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

advanced

詳細設定。

802.11

802.11 ネットワークの設定。

a | b

802.11a または 802.11b/g ネットワークを指定します。

profile

シスコの無線のパフォーマンス プロファイル。

global

すべての Cisco Lightweight アクセス ポイント。

cisco_ap

特定の Cisco Lightweight アクセス ポイントの名前。

 
デフォルト

なし。

> show advanced 802.11a profile global
 
Default 802.11a AP performance profiles
802.11a Global Interference threshold.............. 10%
802.11a Global noise threshold..................... -70 dBm
802.11a Global RF utilization threshold............ 80%
802.11a Global throughput threshold................ 1000000 bps
802.11a Global clients threshold................... 12 clients
802.11a Global coverage threshold.................. 12 dB
802.11a Global coverage exception level............ 80%
802.11a Global client minimum exception lev........ 3 clients
 
> show advanced 802.11a profile AP1
 
Cisco AP performance profile not customized
 

この応答は、この Lightweight アクセス ポイントのパフォーマンス プロファイルがグローバルなデフォルトを使用しており、個別に設定されていないことを示しています。

show advanced 802.11 receiver

802.11a または 802.11b レシーバーの設定と統計情報を表示するには、 show advanced 802.11 receiver コマンドを使用します。

show advanced 802.11 { a | b } receiver

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

advanced

詳細設定。

802.11

802.11 ネットワークの設定。

a | b

802.11a または 802.11b/g ネットワークを指定します。

receiver

レシーバーの設定。

 
デフォルト

なし。

> show advanced 802.11a receiver
 
802.11a Receiver Settings
RxStart : Signal Threshold........................... 15
RxStart : Signal Lamp Threshold...................... 5
RxStart : Preamble Power Threshold................... 2
RxReStart : Signal Jump Status......................... Enabled
RxReStart : Signal Jump Threshold...................... 10
TxStomp : Low RSSI Status.............................. Enabled
TxStomp : Low RSSI Threshold........................... 30
TxStomp : Wrong BSSID Status........................... Enabled
TxStomp : Wrong BSSID Data Only Status................. Enabled
RxAbort : Raw Power Drop Status........................ Disabled
RxAbort : Raw Power Drop Threshold..................... 10
RxAbort : Low RSSI Status.............................. Disabled
RxAbort : Low RSSI Threshold........................... 0
RxAbort : Wrong BSSID Status........................... Disabled
RxAbort : Wrong BSSID Data Only Status................. Disabled

show advanced 802.11 summary

802.11a または 802.11b 対応 Cisco Lightweight アクセス ポイント名、チャネル、および伝送レベルの要約を表示するには、 show advanced 802.11 summary コマンドを使用します。

show advanced 802.11 { a | b } summary

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

advanced

詳細設定。

802.11

802.11 ネットワークの設定。

a | b

802.11a または 802.11b/g ネットワークを指定します。

summary

Cisco Lightweight アクセス ポイント名、チャネル、および伝送レベルの設定。

 
デフォルト

なし。

> show advanced 802.11b summary
 
AP Name Channel TxPower Level
-------------------------------- ----------- -------------
AP03 36* 1*
AP02 52 5*
AP01 64 5
 

) チャネル番号または伝送パワー レベルの横のアスタリスク(*)は、グローバルなアルゴリズム設定によって制御されていることを示します。


show advanced 802.11 txpower

802.11a または 802.11b 自動伝送パワー割り当てを表示するには、 show advanced 802.11 txpower コマンドを使用します。

show advanced 802.11 { a | b } txpower

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

802.11

802.11 ネットワークの設定。

a | b

802.11a または 802.11b/g ネットワークを指定します。

txpower

伝送パワーの設定。

 
デフォルト

なし。

> show advanced 802.11b txpower
 
Automatic Transmit Power Assignment
Transmit Power Assignment Mode.................. AUTO
Transmit Power Update Interval.................. 600 seconds
Transmit Power Threshold........................ -65 dBm
Transmit Power Neighbor Count................... 3 APs
Transmit Power Update Contribution.............. SN.
Transmit Power Assignment Leader................ xx:xx:xx:xx:xx:xx
Last Run........................................ 384 seconds ago

show advanced backup-controller

プライマリおよびセカンダリ バックアップ コントローラのリストを表示するには、 show advanced backup-controller コマンドを使用します。

show advanced backup-controller

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

advanced

詳細設定。

backup-controller

バックアップ コントローラのリストを表示します。

 
デフォルト

なし。

> show advanced backup-controller
 
AP primary Backup Controller .................... controller 10.10.10.10
AP secondary Backup Controller .................. 0.0.0.0

show advanced client-handoff

再試行後の自動クライアント ハンドオフ回数を表示するには、 show advanced client-handoff コマンドを使用します。

show advanced client-handoff

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

advanced

詳細設定。

client-handoff

クライアント ハンドオフの再試行の設定。

 
デフォルト

なし。

> show advanced client-handoff
 
Client auto handoff after retries................ 130

show advanced dot11-padding

Wireless LAN Controller 上の Over-the-Air フレームのパディングの状態を表示するには、 show advanced dot11-padding コマンドを使用します。

show advanced dot11-padding

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

advanced

詳細設定。

dot11-padding

Over-the-Air フレームのパディングの設定。

enable | disable

このコマンドを有効または無効にします。

Over-the-Air フレームのパディングの状態を表示するには、次のコマンドを使用します。

> show advanced dot11-padding
 
dot11-padding.................................... Disabled

show advanced eap

Extensible Authentication Protocol(EAP; 拡張認証プロトコル)設定を表示するには、 show advanced eap コマンドを使用します。

show advanced eap

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

eap

クライアント ハンドオフ回数の設定。

 
デフォルト

なし。

> show advanced eap
 
EAP-Identity-Request Timeout (seconds)........... 1
EAP-Identity-Request Max Retries................. 20
EAP Key-Index for Dynamic WEP.................... 0
EAP Max-Login Ignore Identity Response........... enable
EAP-Request Timeout (seconds).................... 1
EAP-Request Max Retries.......................... 20
EAPOL-Key Timeout (seconds)...................... 1
EAPOL-Key Max Retries............................ 2
 

show advanced max-1x-sessions

各アクセス ポイントに許可されている同時 802.1x セッションの最大数を表示するには、 show advanced max-1x-sessions コマンドを使用します。

show advanced max-1x-sessions

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

advanced

詳細設定。

max-1x-sessions

各アクセス ポイントに許可されている同時 802.1x セッションの最大数。

 
デフォルト

なし。

> show advanced max-1x-sessions
 
Max 802.1x session per AP at a given time........ 0

show advanced probe

各クライアントのアクセス ポイント当たりの WLAN コントローラに送信されたプローブ数およびプローブ間隔(ミリ秒)を表示するには、 show advanced probe コマンドを使用します。

show advanced probe

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

advanced

詳細設定。

probe

各クライアントのアクセス ポイント当たりの WLAN コントローラに送信されたプローブ数およびプローブ間隔(ミリ秒)。

 
デフォルト

なし。

WLAN コントローラのプローブ設定を表示するには、次のコマンドを使用します。

> show advanced probe
 
Probe request filtering.......................... Enabled
Probes fwd to controller per client per radio.... 12
Probe request rate-limiting interval............. 100 msec

show advanced rate

制御パス レート制限が有効か無効かを表示するには、 show advanced rate コマンドを使用します。

show advanced rate

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

advanced

詳細設定。

rate

制御パス レート制限の有効または無効。

 
デフォルト

なし。

> show advanced rate
 
Control Path Rate Limiting....................... Disabled

show advanced send-disassoc-on-handoff

ハンドオフ後に WLAN コントローラがクライアントをアソシエート解除するかどうかを表示するには、 show advanced send-disassoc-on-handoff コマンドを使用します。

show advanced send-disassoc-on-handoff

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

advanced

詳細設定。

send-disassoc-on-handoff

ハンドオフが有効化または無効化された後、WLAN コントローラはクライアントをアソシエート解除します。

 
デフォルト

なし。

> show advanced send-disassoc-on-handoff
 
Send Disassociate on Handoff..................... Disabled

show advanced statistics

Cisco Wireless LAN Controller ポートの統計情報が有効か無効かを表示するには、 show advanced statistics コマンドを使用します。

show advanced statistics

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

advanced

詳細設定。

statistics

ポートの統計情報のレポートの設定状態を表示します。

 
デフォルト

なし。

> show advanced statistics
 
Switch port statistics........................... Enabled

show advanced timers

モビリティ アンカー、認証応答、および不正なアクセス ポイントのエントリ タイマーを表示するには、 show advanced timers コマンドを使用します。

show advanced timers

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

advanced

詳細設定。

timer

システム タイマー。

 
デフォルト

次に例で示します。

> show advanced timers
 
Authentication Response Timeout (seconds)........ 10
Rogue Entry Timeout (seconds).................... 1200
AP Heart Beat Timeout (seconds).................. 30
AP Discovery Timeout (seconds)................... 10
AP Local mode Fast Heartbeat (seconds)........... disable
AP Hreap mode Fast Heartbeat (seconds)........... disable
AP Primary Discovery Timeout (seconds)........... 120

アクセス ポイント表示コマンド

show ap コマンドを使用すると、アクセス ポイントの設定を表示できます。

show ap auto-rf

Cisco Lightweight アクセス ポイントの自動 RF 設定を表示するには、 show ap auto-rf コマンドを使用します。

show ap auto-rf 802.11 { a | b } cisco_ap

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

ap auto-rf

シスコの無線。

802.11 { a | b }

802.11a または 802.11b/g の設定。

cisco_ap

Cisco Lightweight アクセス ポイント名。

 
デフォルト

なし。

> show ap auto-rf 802.11a AP1
 
Number Of Slots.................................. 2
AP Name.......................................... AP03
MAC Address...................................... 00:0b:85:01:18:b7
Radio Type..................................... RADIO_TYPE_80211a
Noise Information
Noise Profile................................ PASSED
Channel 36................................... -88 dBm
Channel 40................................... -86 dBm
Channel 44................................... -87 dBm
Channel 48................................... -85 dBm
Channel 52................................... -84 dBm
Channel 56................................... -83 dBm
Channel 60................................... -84 dBm
Channel 64................................... -85 dBm
Interference Information
Interference Profile......................... PASSED
Channel 36................................... -66 dBm @ 1% busy
Channel 40................................... -128 dBm @ 0% busy
Channel 44................................... -128 dBm @ 0% busy
Channel 48................................... -128 dBm @ 0% busy
Channel 52................................... -128 dBm @ 0% busy
Channel 56................................... -73 dBm @ 1% busy
Channel 60................................... -55 dBm @ 1% busy
Channel 64................................... -69 dBm @ 1% busy
Rogue Histogram (20/40_ABOVE/40_BELOW)
Channel 36................................... 16/ 0/ 0
Channel 40................................... 28/ 0/ 0
Channel 44................................... 9/ 0/ 0
Channel 48................................... 9/ 0/ 0
Channel 52................................... 3/ 0/ 0
Channel 56................................... 4/ 0/ 0
Channel 60................................... 7/ 1/ 0
Channel 64................................... 2/ 0/ 0
Load Information
Load Profile................................. PASSED
Receive Utilization.......................... 0%
Transmit Utilization......................... 0%
Channel Utilization.......................... 1%
Attached Clients............................. 1 clients
Coverage Information
Coverage Profile............................. PASSED
Failed Clients............................... 0 clients
Client Signal Strengths
RSSI -100 dBm................................ 0 clients
RSSI -92 dBm................................ 0 clients
RSSI -84 dBm................................ 0 clients
RSSI -76 dBm................................ 0 clients
RSSI -68 dBm................................ 0 clients
RSSI -60 dBm................................ 0 clients
RSSI -52 dBm................................ 0 clients
Client Signal To Noise Ratios
SNR 0 dBm................................. 0 clients
SNR 5 dBm................................. 0 clients
SNR 10 dBm................................. 0 clients
SNR 15 dBm................................. 0 clients
SNR 20 dBm................................. 0 clients
SNR 25 dBm................................. 0 clients
SNR 30 dBm................................. 0 clients
SNR 35 dBm................................. 0 clients
SNR 40 dBm................................. 0 clients
SNR 45 dBm................................. 0 clients
Nearby RADs
RAD 00:0b:85:01:05:08 slot 0................. -46 dBm on 10.1.30.170
RAD 00:0b:85:01:12:65 slot 0................. -24 dBm on 10.1.30.170
Channel Assignment Information
Current Channel Average Energy............... -86 dBm
Previous Channel Average Energy.............. -75 dBm
Channel Change Count......................... 109
Last Channel Change Time..................... Wed Sep 29 12:53e:34 2004
Recommended Best Channel..................... 44
RF Parameter Recommendations
Power Level.................................. 1
RTS/CTS Threshold............................ 2347
Fragmentation Threshold...................... 2346
Antenna Pattern.............................. 0

show ap ccx rm

アクセス ポイントの CCX 無線管理ステータス情報を表示するには、show ap ccx rm コマンドを使用します。

show ap ccx rm ap_name status

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

ap

Cisco Lightweight アクセス ポイントの設定。

ccx

Cisco Client Extensions の設定。

rm

CCX 無線管理の設定。

ap_name

アクセス ポイント名を指定します。

status

アクセス ポイントの CCX 無線管理ステータス情報を表示します。

 
デフォルト

なし。

> show ap ccx rm AP1240-21ac status
 
A Radio
Channel Load Request ..................... Disabled
Noise Histogram Request .................. Disabled
Beacon Request ........................... Disabled
Frame Request ............................ Disabled
Interval ................................. 60
Iteration ................................ 10
 
G Radio
Channel Load Request ..................... Disabled
Noise Histogram Request .................. Disabled
Beacon Request ........................... Disabled
Frame Request ............................ Disabled
Interval ................................. 60
Iteration ................................ 10
 

show ap cdp

アクセス ポイントの Cisco Discovery Protocol(CDP; シスコ検出プロトコル)情報を表示するには、 show ap cdp コマンドを使用します。

show ap cdp { all | ap-name cisco_ap | neighbors { all | ap-name cisco_ap | detail cisco_ap }}

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

ap

Cisco Lightweight アクセス ポイントの設定。

cdp

Cisco Discovery Protocol の設定。

all | ap-name | neighbors

すべてのアクセス ポイントの CDP ステータスを表示するには、 cdp all を入力します。

指定されたアクセス ポイントの CDP ステータスを表示するには、 cdp ap-name を入力します。

CDP を使用しているネイバーを表示するには、 cdp neighbors を入力します。

ap_name

アクセス ポイント名を指定します。

all | ap-name | detail

CDP を使用しているすべてのアクセス ポイントのネイバーを表示するには、 neighbors all を入力します。

CDP を使用している特定のアクセス ポイントのネイバーを表示するには、 neighbors ap-name を入力します。

CDP を使用している特定のアクセス ポイントのネイバーに関する詳細を表示するには、 neighbors detail を入力します。

> show ap cdp all
 
AP CDP State
AP Name AP CDP State
------------------ ----------
SB_RAP1 enable
SB_MAP1 enable
SB_MAP2 enable
SB_MAP3 enable
 
> show ap cdp ap-name SB_RAP1
 
AP CDP State
AP Name AP CDP State
------------------ ----------
SB_RAP1 enable
 
> show ap cdp neighbors all
 
AP Name AP IP Neighbor Name Neighbor IP Neighbor Port
--------- --------------- ------------------ -------------- -------------
SB_RAP1 192.168.102.154 sjc14-41a-sw1 192.168.102.2 GigabitEthernet1/0/13
SB_RAP1 192.168.102.154 SB_MAP1 192.168.102.137 Virtual-Dot11Radio0
SB_MAP1 192.168.102.137 SB_RAP1 192.168.102.154 Virtual-Dot11Radio0
SB_MAP1 192.168.102.137 SB_MAP2 192.168.102.138 Virtual-Dot11Radio0
SB_MAP2 192.168.102.138 SB_MAP1 192.168.102.137 Virtual-Dot11Radio1
SB_MAP2 192.168.102.138 SB_MAP3 192.168.102.139 Virtual-Dot11Radio0
SB_MAP3 192.168.102.139 SB_MAP2 192.168.102.138 Virtual-Dot11Radio1
 
> show ap cdp neighbors ap-name SB_MAP2
 
AP Name AP IP Neighbor Name Neighbor IP Neighbor Port
----------- --------------- --------------- -------------- -------------
SB_MAP2 192.168.102.138 SB_MAP1 192.168.102.137 Virtual-Dot11Radio1
SB_MAP2 192.168.102.138 SB_MAP3 192.168.102.139 Virtual-Dot11Radio0
 
> show ap cdp neighbors detail SB_MAP2
 
AP Name:SB_MAP2
AP IP address:192.168.102.138
-------------------------
Device ID: SB_MAP1
Entry address(es): 192.168.102.137
Platform: cisco AIR-LAP1522AG-A-K9 , Cap
Interface: Virtual-Dot11Radio0, Port ID (outgoing port): Virtual-Dot11Radio1
Holdtime : 180 sec
 
Version :
Cisco IOS Software, C1520 Software (C1520-K9W8-M), Experimental Version 12.4(200
81114:084420) [BLD-v124_18a_ja_throttle.20081114 208] Copyright (c) 1986-2008 by
Cisco Systems, Inc. Compiled Fri 14-Nov-08 23:08 by
 
advertisement version: 2
 
-------------------------
Device ID: SB_MAP3
Entry address(es): 192.168.102.139
Platform: cisco AIR-LAP1522AG-A-K9 , Capabilities: Trans-Bridge
Interface: Virtual-Dot11Radio1, Port ID (outgoing port): Virtual-Dot11Radio0
Holdtime : 180 sec
 
Version :
Cisco IOS Software, C1520 Software (C1520-K9W8-M), Experimental Version 12.4(200
81114:084420) [BLD-v124_18a_ja_throttle.20081114 208] Copyright (c) 1986-2008 by
Cisco Systems, Inc. Compiled Fri 14-Nov-08 23:08 by
 
advertisement version: 2

 
関連コマンド

config ap cdp
config cdp timer

show ap channel

指定されたメッシュ アクセス ポイントで使用可能なチャネルを表示するには、 show ap channel コマンドを使用します。

show ap channel ap_name

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

ap

アクセス ポイントの設定を表示します。

channel

無線チャネルの設定を表示します。

ap_name

メッシュ アクセス ポイントの名前。

アクセス ポイント AP47 で使用可能なチャネルを表示するには、次のコマンドを使用します。

>show ap channel AP47
 
802.11b/g Current Channel ...........1
Allowed Channel List.....................1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11
802.11a Current Channel .................161
Allowed Channel List.....................36,40,44,48,52,56,60,64,100,
.........................................104,108,112,116,132,136,140,
.........................................149,153,157,161

show ap config

Lightweight アクセス ポイントの詳細設定を表示するには、 show ap config コマンドを使用します。

show ap config { 802.11 { a | b } | general } cisco_ap

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

ap

アクセス ポイントの設定を表示します。

config

アクセス ポイントの設定を表示します。

802.11

802.11 の無線設定を表示します。

a | b

802.11a または 802.11b/g ネットワークを指定します。

general

一般的なアクセス ポイント設定を表示します。

cisco_ap

Lightweight アクセス ポイント名を指定します。

 
デフォルト

なし。

> show ap config 802.11a AP02
 
Cisco AP Identifier.............................. 0
Cisco AP Name.................................... AP02
AP Regulatory Domain............................. Unconfigured
Switch Port Number .............................. 1
MAC Address...................................... 00:0b:85:18:b6:50
IP Address Configuration......................... DHCP
IP Address....................................... 1.100.49.240
IP NetMask....................................... 255.255.255.0
Gateway IP Addr.................................. 1.100.49.1
Cisco AP Location................................ default-location
Cisco AP Group Name.............................. default-group
Primary Cisco Switch............................. Cisco_32:ab:63
Secondary Cisco Switch...........................
Tertiary Cisco Switch............................
Administrative State ............................ ADMIN_ENABLED
Operation State ................................. REGISTERED
Mirroring Mode .................................. Disabled
AP Mode ........................................... Sniffer
Public Safety ..................................... Global: Disabled, Local: Disabled
Sniffing .............................................. No
Remote AP Debug ................................. Disabled
S/W Version .................................... 3.1.61.0
Boot Version ................................... 1.2.59.6
Stats Re--More-- or (q)uit
porting Period .................................. 180
LED State........................................ Enabled
ILP Pre Standard Switch.......................... Disabled
ILP Power Injector............................... Disabled
Number Of Slots.................................. 2
AP Model......................................... AS-1200
AP Serial Number................................. 044110223A
AP Certificate Type.............................. Manufacture Installed
 
Attributes for Slot 0
Radio Type................................... RADIO_TYPE_80211a
Administrative State ........................ ADMIN_ENABLED
Operation State ............................. UP
CellId ...................................... 0
 
Station Configuration
Configuration ............................. AUTOMATIC
Number Of WLANs ........................... 1
Medium Occupancy Limit .................... 100
CFP Period ................................ 4
CFP MaxDuration ........................... 60
BSSID ..................................... 00:0b:85:18:b6:50
Operation Rate Set
6000 Kilo Bits........................... MANDATORY
9000 Kilo Bits........................... SUPPORTED
12000 Kilo Bits.......................... MANDATORY
18000 Kilo Bits.......................... SUPPORTED
24000 Kilo Bits.......................... MANDATORY
36000 Kilo Bits.......................... SUPPORTED
48000 Kilo Bits.......................... SUPPORTED
54000 Kilo Bits.......................... SUPPORTED
Beacon Period ............................. 100
DTIM Period ............................... 1
Fragmentation Threshold ................... 2346
Multi Domain Capability Implemented ....... TRUE
Multi Domain Capability Enabled ........... TRUE
Country String ............................ US
 
Multi Domain Capability
Configuration ............................. AUTOMATIC
First Chan Num ............................ 36
Number Of Channels ........................ 4
 
MAC Operation Parameters
Configuration ............................. AUTOMATIC
RTS Threshold ............................. 2347
Short Retry Limit ......................... 7
Long Retry Limit .......................... 4
Fragmentation Threshold ................... 2346
Maximum Tx MSDU Life Time ................. 512
Maximum Rx Life Time ...................... 512
 
Tx Power
Num Of Supported Power Levels ............. 5
Tx Power Level 1 .......................... 18 dBm
Tx Power Level 2 .......................... 15 dBm
Tx Power Level 3........................... 12 dBm
Tx Power Level 4 .......................... 9 dBm
Tx Power Level 5 .......................... 6 dBm
Tx Power Configuration .................... CUSTOMIZED
Current Tx Power Level..................... 5
 
Phy OFDM parameters
Configuration ............................. AUTOMATIC
Current Channel ........................... 36
TI Threshold .............................. -50
Antenna Type............................... INTERNAL_ANTENNA
Internal Antenna Gain (in .5 dBm units).... 11
AntennaMode................................ ANTENNA_OMNI
 
Performance Profile Parameters
Configuration ............................. AUTOMATIC
Interference threshold..................... 10%
Noise threshold............................ -70 dBm
RF utilization threshold................... 80%
Data-rate threshold........................ 1000000 bps
Client threshold........................... 12 clients
Coverage SNR threshold..................... 16 dB
Coverage exception level................... 25%
Client minimum exception level............. 3 clients
Rogue Containment Information
Containment Count............................ 0
 
> show ap config 802.11b AP02
 
Cisco AP Identifier.............................. 0
Cisco AP Name.................................... AP02
AP Regulatory Domain............................. Unconfigured
Switch Port Number .............................. 1
MAC Address...................................... 00:0b:85:18:b6:50
IP Address Configuration......................... DHCP
IP Address....................................... 1.100.49.240
IP NetMask....................................... 255.255.255.0
Gateway IP Addr.................................. 1.100.49.1
Cisco AP Location................................ default-location
Cisco AP Group Name.............................. default-group
Primary Cisco Switch............................. Cisco_32:ab:63
Secondary Cisco Switch...........................
Tertiary Cisco Switch............................
Administrative State ............................ ADMIN_ENABLED
Operation State ................................. REGISTERED
Mirroring Mode .................................. Disabled
AP Mode ......................................... Local
Remote AP Debug ................................. Disabled
S/W Version .................................... 3.1.61.0
Boot Version ................................... 1.2.59.6
Stats Reporting Period .......................... 180
LED State........................................ Enabled
ILP Pre Standard Switch.......................... Disabled
ILP Power Injector............................... Disabled
Number Of Slots.................................. 2
AP Model......................................... AS-1200
AP Serial Number................................. 044110223A
AP Certificate Type.............................. Manufacture Installed
 
Attributes for Slot 1
Radio Type................................... RADIO_TYPE_80211g
Administrative State ........................ ADMIN_ENABLED
Operation State ............................. UP
CellId ...................................... 0
 
Station Configuration
Configuration ............................. AUTOMATIC
Number Of WLANs ........................... 1
Medium Occupancy Limit .................... 100
CFP Period ................................ 4
CFP MaxDuration ........................... 60
BSSID ..................................... 00:0b:85:18:b6:50
Operation Rate Set
1000 Kilo Bits........................... MANDATORY
2000 Kilo Bits........................... MANDATORY
5500 Kilo Bits........................... MANDATORY
11000 Kilo Bits.......................... MANDATORY
6000 Kilo Bits........................... SUPPORTED
9000 Kilo Bits........................... SUPPORTED
12000 Kilo Bits.......................... SUPPORTED
18000 Kilo Bits.......................... SUPPORTED
24000 Kilo Bits.......................... SUPPORTED
36000 Kilo Bits.......................... SUPPORTED
48000 Kilo Bits.......................... SUPPORTED
54000 Kilo Bits.......................... SUPPORTED
Beacon Period ............................. 100
DTIM Period ............................... 1
Fragmentation Threshold ................... 2346
Multi Domain Capability Implemented ....... TRUE
Multi Domain Capability Enabled ........... TRUE
Country String ............................ US
 
Multi Domain Capability
Configuration ............................. AUTOMATIC
First Chan Num ............................ 1
Number Of Channels ........................ 11
 
MAC Operation Parameters
Configuration ............................. AUTOMATIC
RTS Threshold ............................. 2347
Short Retry Limit ......................... 7
Long Retry Limit .......................... 4
Fragmentation Threshold ................... 2346
Maximum Tx MSDU Life Time ................. 512
Maximum Rx Life Time....................... 512
 
Tx Power
Num Of Supported Power Levels.............. 5
Tx Power Level 1 .......................... 17 dBm
Tx Power Level 2........................... 14 dBm
Tx Power Level 3........................... 11 dBm
Tx Power Level 4........................... 8 dBm
Tx Power Level 5........................... 5 dBm
Tx Power Configuration..................... CUSTOMIZED
Current Tx Power Level..................... 5
 
Phy OFDM parameters
Configuration.............................. CUSTOMIZED
Current Channel............................ 1
TI Threshold............................... -50
Antenna Type............................... INTERNAL_ANTENNA
Internal Antenna Gain (in5 dBm units)...... 11
Diversity.................................. DIVERSITY_ENABLED
 
Performance Profile Parameters
Configuration.............................. AUTOMATIC
Interference threshold..................... 10%
Noise threshold............................ -70 dBm
RF utilization threshold................... 80%
Data-rate threshold........................ 1000000 bps
Client threshold........................... 12 clients
Coverage SNR threshold..................... 12 dB
Coverage exception level................... 25%
Client minimum exception level............. 3 clients
Rogue Containment Information
Containment Count............................ 0
 
> show ap config general cisco-ap
 
Cisco AP Identifier.............................. 9
Cisco AP Name.................................... cisco-ap
Country code..................................... US - United States
Regulatory Domain allowed by Country............. 802.11bg:-A 802.11a:-A
AP Country code.................................. US - United States
AP Regulatory Domain............................. 802.11bg:-A 802.11a:-A
Switch Port Number .............................. 1
MAC Address...................................... 12:12:12:12:12:12
IP Address Configuration......................... DHCP
IP Address....................................... 10.10.10.21
IP NetMask....................................... 255.255.255.0
CAPWAP Path MTU.................................. 1485
Domain...........................................
Name Server......................................
Telnet State..................................... Disabled
Ssh State........................................ Disabled
Cisco AP Location................................ default location
Cisco AP Group Name.............................. default-group
Primary Cisco Switch Name........................ 4404
Primary Cisco Switch IP Address.................. 10.10.10.32
Secondary Cisco Switch Name......................
Secondary Cisco Switch IP Address................ Not Configured
Tertiary Cisco Switch Name....................... 4404
Tertiary Cisco Switch IP Address................. 3.3.3.3
Administrative State ............................ ADMIN_ENABLED
Operation State ................................. REGISTERED
Mirroring Mode .................................. Disabled
AP Mode ......................................... Local
Public Safety ................................... Global: Disabled, Local: Disabled
AP subMode ...................................... WIPS
Remote AP Debug ................................. Disabled
S/W Version .................................... 5.1.0.0
Boot Version ................................... 12.4.10.0
Mini IOS Version ................................ 0.0.0.0
Stats Reporting Period .......................... 180
LED State........................................ Enabled
PoE Pre-Standard Switch.......................... Enabled
PoE Power Injector MAC Addr...................... Disabled
Power Type/Mode.................................. PoE/Low Power (degraded mode)
Number Of Slots.................................. 2
AP Model......................................... AIR-LAP1252AG-A-K9
IOS Version...................................... 12.4(10:0)
Reset Button..................................... Enabled
AP Serial Number................................. serial_number
AP Certificate Type.............................. Manufacture Installed
Management Frame Protection Validation........... Enabled (Global MFP Disabled)
AP User Mode..................................... CUSTOMIZED
AP User Name..................................... maria
AP Dot1x User Mode............................... Not Configured
AP Dot1x User Name............................... Not Configured
Cisco AP system logging host..................... 255.255.255.255
AP Up Time....................................... 4 days, 06 h 17 m 22 s
AP LWAPP Up Time................................. 4 days, 06 h 15 m 00 s
Join Date and Time............................... Mon Mar 3 06:19:47 2008
 
Ethernet Port Duplex............................. Auto
Ethernet Port Speed.............................. Auto
AP Link Latency.................................. Enabled
Current Delay................................... 0 ms
Maximum Delay................................... 240 ms
Minimum Delay................................... 0 ms
Last updated (based on AP Up Time).............. 4 days, 06 h 17 m 20 s

show ap config global

コントローラに結合されているアクセス ポイントすべてのグローバル syslog サーバ設定を表示するには、 show ap config global コマンドを使用します。

show ap config global

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

ap

アクセス ポイントの設定を表示します。

config

シスコの無線設定を表示します。

global

コントローラに結合されているアクセス ポイントすべてのグローバル syslog サーバ設定を表示します。

 
デフォルト

なし。

> show ap config global
 
AP global system logging host.............................. 255.255.255.255

show ap core-dump

Lightweight アクセス ポイントのメモリ コア ダンプ情報を表示するには、 show ap core-dump コマンドを使用します。

show ap core-dump cisco_ap

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

ap

アクセス ポイントの設定を表示します。

core-dump

指定されたアクセス ポイントのメモリ コア ダンプ情報を表示します。

cisco_ap

Cisco Lightweight アクセス ポイント名。

 
デフォルト

なし。

> show ap core-dump AP02

show ap crash-file

Lightweight アクセス ポイントで生成されたクラッシュおよび無線コア ダンプ ファイルのリストを表示するには、 show ap crash-file コマンドを使用します。

show ap crash-file

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし。

> show ap crash-file

show ap eventlog

コントローラに接続されているアクセス ポイントのイベント ログ ファイルの内容を表示するには、 show ap eventlog コマンドを使用します。

show ap eventlog ap_name

 
シンタックスの説明

ap_name

指定されたアクセス ポイントのイベント ログを表示します。

 
デフォルト

なし。

show ap eventlog CiscoAP
AP event log download has been initiated
Waiting for download to complete
 
AP event log download completed.
======================= AP Event log Contents =====================
*Feb 13 11:54:17.146: %CAPWAP-3-CLIENTEVENTLOG: AP event log has been cleared from the contoller 'admin'
*Feb 13 11:54:32.874: *** Access point reloading. Reason: Reload Command ***
*Mar 1 00:00:39.134: %CDP_PD-4-POWER_OK: Full power - NEGOTIATED inline power source
*Mar 1 00:00:39.174: %LINK-3-UPDOWN: Interface Dot11Radio1, changed state to up
*Mar 1 00:00:39.211: %LINK-3-UPDOWN: Interface Dot11Radio0, changed state to up
*Mar 1 00:00:49.947: %CAPWAP-3-CLIENTEVENTLOG: Did not get vendor specific options from DHCP.
...

show ap inventory

このコマンドを使用して、アクセス ポイントのインベントリ情報を表示します。

show ap inventory ap_name

 
シンタックスの説明

ap_name

指定されたアクセス ポイントのインベントリを表示します。

 
デフォルト

なし。

> show ap inventory test101
 

NAME: "test101" , DESCR: "Cisco Wireless Access Point"

PID: AIR-LAP1131AG-A-K9 , VID: V01, SN: FTX1123T2XX

show ap join stats detail

特定のアクセス ポイントについて収集された結合関連の統計をすべて表示するには、 show ap join stats detail コマンドを使用します。

show ap join stats detail ap_mac

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

ap

すべての Cisco Lightweight アクセス ポイント。

join stats detail

特定のアクセス ポイントについて収集された結合関係の統計。

ap_mac

アクセス ポイント Ethernet MAC アドレス、または 802.11 無線インターフェイスの MAC アドレス。

> show ap join stats detail 00:0b:85:02:0d:20
Discovery phase statistics
- Discovery requests received.......................... 2
- Successful discovery responses sent.................. 2
- Unsuccessful discovery request processing............ 0
- Reason for last unsuccessful discovery attempt....... Not applicable
- Time at last successful discovery attempt............ Aug 21 12:50:23:335
- Time at last unsuccessful discovery attempt.......... Not applicable
 
Join phase statistics
- Join requests received............................... 1
- Successful join responses sent....................... 1
- Unsuccessful join request processing................. 1
- Reason for last unsuccessful join attempt.............RADIUS authorization is pending for the AP
- Time at last successful join attempt................. Aug 21 12:50:34:481
- Time at last unsuccessful join attempt............... Aug 21 12:50:34:374
 
Configuration phase statistics
- Configuration requests received...................... 1
- Successful configuration responses sent.............. 1
- Unsuccessful configuration request processing........ 0
- Reason for last unsuccessful configuration attempt... Not applicable
- Time at last successful configuration attempt........ Aug 21 12:50:34:374
- Time at last unsuccessful configuration attempt...... Not applicable
 
Last AP message decryption failure details
- Reason for last message decryption failure........... Not applicable
 
Last AP disconnect details
- Reason for last AP connection failure................ Not applicable
 
Last join error summary
- Type of error that occurred last..................... Lwapp join request rejected
- Reason for error that occurred last.................. RADIUS authorization is pending for the AP
- Time at which the last join error occurred........... Aug 21 12:50:34:374

show ap join stats summary

特定のアクセス ポイントで最後に発生した結合エラーの詳細を表示するには、 show ap join stats summary コマンドを使用します。

show ap join stats summary ap_mac

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

ap

すべての Cisco Lightweight アクセス ポイント。

join stats summary

コントローラを結合した、または結合を試みたアクセス ポイントすべての要約。

ap_mac

アクセス ポイント Ethernet MAC アドレス、または 802.11 無線インターフェイスの MAC アドレス。

 
使用上のガイドライン


) 802.11 無線インターフェイスの MAC アドレスを取得するには、目的のアクセス ポイントで show interface コマンドを使用します。


> show ap join stats summary 00:0b:85:02:0d:20
 
Is the AP currently connected to controller.......................... No
Time at which the AP joined this controller last time................ Aug 21 12:50:36:061
Type of error that occurred last..................................... Lwapp join request rejected
Reason for error that occurred last.................................. RADIUS authorization is pending for the AP
Time at which the last join error occurred........................... Aug 21 12:50:34:374

show ap join stats summary all

コントローラに結合された、または結合が試行されたアクセス ポイントすべての MAC アドレスを表示するには、 show ap join stats summary all コマンドを使用します。

show ap join stats summary all

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

ap

すべての Cisco Lightweight アクセス ポイント。

join stats summary

コントローラを結合した、または結合を試みたアクセス ポイントすべての要約。

 
デフォルト

なし。

> show ap join stats summary all
 
Number of APs................................. 3
00:0b:85:1b:7c:b0............................. Joined
00:12:44:bb:25:d0............................. Joined
00:13:19:31:9c:e0............................. Not joined

show ap monitor-mode summary

現在のチャネルに最適化された監視モードの設定を表示するには、 show ap monitor-mode summary コマンドを使用します。

show ap monitor-mode summary

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

ap

アクセス ポイントの設定。

monitor-mode

チャネルに最適化された監視モードの設定。

summary

すべての設定を表示します。

 
デフォルト

なし。

現在のチャネルに最適化された監視モードの設定を表示するには、次のコマンドを使用します。

> show ap monitor-mode summary

 

AP Name Ethernet MAC Status Scanning Channel List

------------------ ----------------- ---------- ----------------------

AP_004 xx:xx:xx:xx:xx:xx Tracking 1, 6, 11, 4

show ap stats

Cisco Lightweight アクセス ポイントの統計情報を表示するには、 show ap stats コマンドを使用します。

show ap stats { 802.11 { a | b } | wlan } cisco_ap

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

ap stats

シスコの無線。

802.11

アクセス ポイントの 802.11 無線の統計情報を表示します。

a | b

802.11a または 802.11b/g ネットワークを指定します。

wlan

WLAN の統計情報。

cisco_ap

Cisco Lightweight アクセス ポイント名。

 
デフォルト

なし。

> show ap stats 802.11b AP02
 
Number Of Slots.................................. 2
AP Name.......................................... AP02
MAC Address...................................... 00:0b:85:18:b6:50
Radio Type..................................... RADIO_TYPE_80211a
Stats Information
Number of Users.............................. 0
TxFragmentCount.............................. 1679
MulticastTxFrameCnt.......................... 1260
FailedCount.................................. 15892
RetryCount................................... 331
MultipleRetryCount........................... 0
FrameDuplicateCount.......................... 0
RtsSuccessCount.............................. 0
RtsFailureCount.............................. 0
AckFailureCount.............................. 80212
RxFragmentCount.............................. 248671
MulticastRxFrameCnt.......................... 0
FcsErrorCount................................ 105968
TxFrameCount................................. 1679
WepUndecryptableCount........................ 0

show ap summary

コントローラに接続されているすべての Lightweight アクセス ポイントの要約を表示するには、 show ap summary コマンドを使用します。各 Lightweight アクセス ポイント名、スロット数、製造元、MAC アドレス、ロケーションおよびコントローラ ポート番号を収録したリストが表示されます。

show ap summary

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

ap

すべての Cisco Lightweight アクセス ポイント。

summary

すべての Cisco Lightweight アクセス ポイントの要約。

 
デフォルト

なし。

> show ap summary
Number of APs.................................... 2
Global AP User Name.............................. user
Global AP Dot1x User Name........................ Not Configured
 
Number of APs.................................... 2
Global AP User Name.............................. user
Global AP Dot1x User Name........................ Not Configured
 
AP Name Slots AP Model Ethernet MAC Location Port Country Priority
-------- ----- ---------------- ----------------- ---------- ---- ------- --------
wolverine 2 AIR-LAP1252AG-A-K9 00:1b:d5:13:39:74 Reception 1 US 3
ap:1120 1 AIR-LAP1121G-A-K9 00:1b:d5:a9:ad:08 Hall 235 1 US 1

show ap wlan

アクセス ポイントで定義されている各 WLAN の BSSID 値を表示するには、 show ap wlan コマンドを使用します。

show ap wlan 802.11 { a | b } cisco_ap

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

ap

すべての Cisco Lightweight アクセス ポイント。

wlan

無線 LAN パラメータ。

802.11

アクセス ポイントの 802.11 無線の統計情報を表示します。

a | b

802.11a または 802.11b/g ネットワークを指定します。

ap_name

Lightweight アクセス ポイント名を指定します。

 
デフォルト

なし。

> show ap wlan 802.11b AP01
 
Site Name........................................ MY_AP_GROUP1
Site Description................................. MY_AP_GROUP1
 
WLAN ID Interface BSSID
------- ----------- --------------------------
1 management 00:1c:0f:81:fc:20
2 dynamic 00:1c:0f:81:fc:21

show arp switch

Cisco Wireless LAN Controller の MAC アドレス、IP アドレス、およびポート タイプを表示するには、 show arp switch コマンドを使用します。

show arp switch

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

arp

Address Resolution Protocol(ARP)の設定。

switch

Cisco Wireless LAN Controller の設定。

 
デフォルト

なし。

> show arp switch
 
MAC Address IP Address Port VLAN Type
------------------- ---------------- ------------ ---- -------------------
xx:xx:xx:xx:xx:xx xxx.xxx.xxx.xxx service port 1
xx:xx:xx:xx:xx:xx xxx.xxx.xxx.xxx service port
xx:xx:xx:xx:xx:xx xxx.xxx.xxx.xxx service port

 
関連コマンド

clear arp
debug arp

show auth-list

アクセス ポイントの認証リストを表示するには、 show auth-list コマンドを使用します。

show auth-list

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

auth-list

アクセス ポイントの認証リストを表示します。

 
デフォルト

なし。

> show auth-list
 
Authorize APs against AAA...................... disabled
Allow APs with Self-signed Certificate (SSC)... disabled
 
Mac Addr Cert Type Key Hash
----------------------- ---------- ------------------------------------------
xx:xx:xx:xx:xx:xx MIC

show boot

プライマリおよびバックアップ ソフトウェアのビルド番号を、どちらがアクティブかとともに表示するには、 show boot コマンドを使用します。

show boot

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

boot

ソフトウェアのブート可能バージョン。

 
使用上のガイドライン

各 Cisco Wireless LAN Controller には、不揮発性 RAM にプライマリおよびバックアップ オペレーティング システム ソフトウェアが 1 つずつロードされています。これにより、Cisco Wireless LAN Controller のプライマリ ロード(デフォルト)をブート オフしたり、必要なときにバックアップ ロードに戻ることができます。

> show boot
 
Primary Boot Image............................... 3.2.13.0 (active)
Backup Boot Image................................ 3.2.15.0

show capwap reap association

アクセス ポイントとその SSID に関連付けられているクライアントのリストを表示するには、show capwap reap association コマンドを使用します。

show capwap reap assocation

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

capwap

無線アクセス ポイントの設定の制御およびプロビジョニング。

reap

ハイブリッド REAP の設定。

association

このアクセス ポイントとその SSID に関連付けられているクライアントを表示します。

 
デフォルト

なし。

> show capway reap association

show capwap reap status

ハイブリッド REAP アクセス ポイント(接続されているもの、またはスタンドアロン)のステータスを表示するには、show capwap reap status コマンドを使用します。

show capwap reap status

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

capwap

無線アクセス ポイントの設定の制御およびプロビジョニング。

reap

ハイブリッド REAP の設定。

status

ハイブリッド REAP アクセス ポイントのステータスを表示します。

 
デフォルト

なし。

> show capwap reap status

show certificate compatibility

Cisco Wireless LAN Controller で証明書の適合性が確認されているかどうかを表示するには、 show certificate compatibility コマンドを使用します。

show certificate compatibility

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

certificate

すべての証明書。

compatibility

証明書の適合性。

 
デフォルト

なし。

> show certificate compatibility
 
Certificate compatibility mode:................ off

show certificate lsc

コントローラにより Locally Significant Certificate(LSC; ローカルで有効な証明書)証明書が生成されたことを確認するには、 show certificate lsc summary コマンドを使用します。

show certificate lsc { summary | ap-provision }

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

certificate

証明書の設定。

lsc

LSC の設定。

summary

LSC 証明書の設定の要約と証明書を表示します。

ap-provision

LSC を使用してプロビジョニングされているアクセス ポイントに関する詳細を表示します。

 
デフォルト

なし。

> show certificate lsc summary
 
LSC Enabled...................................... Yes
LSC CA-Server.................................... http://10.0.0.1:8080/caserver
LSC AP-Provisioning.............................. Yes
Provision-List............................... Not Configured
LSC Revert Count in AP reboots............... 3
LSC Params:
Country...................................... 4
State........................................ ca
City......................................... ss
Orgn......................................... org
Dept......................................... dep
Email........................................ dep@co.com
KeySize...................................... 390
LSC Certs:
CA Cert...................................... Not Configured
RA Cert...................................... Not Configured
 
> show certificate lsc ap-provision
 
LSC AP-Provisioning.............................. Yes
Provision-List................................... Present
 
Idx Mac Address
--- -------------
1 00:18:74:c7:c0:90

show certificate summary

コントローラにより証明書が生成されたことを確認するには、 show certificate summary コマンドを使用します。

show certificate summary

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

certificate

すべての証明書。

summary

すべての証明書の概要。

 
デフォルト

なし。

> show certificate summary
 
Web Administration Certificate................. Locally Generated
Web Authentication Certificate................. Locally Generated
Certificate compatibility mode:................ off

クライアント設定の表示コマンド

show client コマンドを使用すると、クライアントに関する情報を表示できます。

show client ap

Cisco Lightweight アクセス ポイント上のクライアントを表示するには、 show client ap コマンドを使用します。

 

show client ap 802.11 { a | b } cisco_ap

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

client

クライアントの設定。

ap

Cisco Lightweight アクセス ポイントの設定。

802.11

802.11 ネットワークの設定。

a | b

クライアントのアクセス ポイントが 802.11a ネットワーク上にある場合は、 a を入力します。

クライアントのアクセス ポイントが 802.11b ネットワーク上にある場合は、 b を入力します。

cisco_ap

Cisco Lightweight アクセス ポイント名。

 
使用上のガイドライン

show client ap コマンドは、自動的に無効にされたクライアントのステータスを表示できます。除外リスト(ブラックリスト)上のクライアントを表示するには、show exclusionlist コマンドを使用します。

> show client ap 802.11b AP1
 
MAC Address AP Id Status WLAN Id Authenticated
----------------- ------ ------------- --------- -------------
xx:xx:xx:xx:xx:xx 1 Associated 1 No

show client ccx client-capability

クライアントの機能情報を表示するには、show client ccx client-capability コマンドを使用します。

show client ccx client-capability client_mac_address

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

client

クライアントの設定。

ccx

Cisco Compatible Extensions(CCX)の設定。

client-capability

クライアントの機能情報を表示します。

client_mac_address

クライアントの MAC アドレスを指定します。

 
デフォルト

なし。

 
使用上のガイドライン

このコマンドはクライアントで使用可能な機能を表示します。機能の現在の設定ではありません。

> show client ccx client-capability 00:40:96:a8:f7:98
Service Capability.................................. Voice, Streaming(uni-directional) Video, Interactive(bi-directional) Video
Radio Type.......................................... DSSS OFDM(802.11a) HRDSSS(802.11b) ERP(802.11g)
 
Radio Type.......................................... DSSS
Radio Channels.................................. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
Tx Power Mode................................... Automatic
Rate List(MB)................................... 1.0 2.0
 
Radio Type.......................................... HRDSSS(802.11b)
Radio Channels.................................. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
Tx Power Mode................................... Automatic
Rate List(MB)................................... 5.5 11.0
 
Radio Type.......................................... ERP(802.11g)
Radio Channels.................................. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
Tx Power Mode................................... Automatic
Rate List(MB)................................... 6.0 9.0 12.0 18.0 24.0 36.0 48.0 54.0
 
Are you sure you want to start? (y/N)y Are you sure you want to start? (y/N)

show client ccx frame-data

最後のテストについて、クライアントから送信されたデータ フレームを表示するには、show client ccx frame-data コマンドを使用します。

show client ccx frame-data client_mac_address

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

client

クライアントの設定。

ccx

Cisco Compatible Extensions(CCX)の設定。

frame-data

クライアントの CCX データ フレームを表示します。

client_mac_address

クライアントの MAC アドレスを指定します。

 
デフォルト

なし。

> LOG Frames:
Frame Number ....................... 1
Last Frame Number .................. 1120
Direction .......................... 1
Timestamp .......................... 0d 00h 50m 39s 863954us
Frame Length ....................... 197
Frame Data:
00000000: 80 00 00 00 ff ff ff ff ff ff 00 12 44 bd bd b0 ............D...
00000010: 00 12 44 bd bd b0 f0 af 43 70 00 f2 82 01 00 00 ..D.....Cp......
00000020: 64 00 11 08 00 01 00 01 08 8c 12 98 24 b0 48 60 d...........$.H’
00000030: 6c 05 04 01 02 00 00 85 1e 00 00 89 00 0f 00 ff 1...............
00000040: 03 19 00 41 50 32 33 2d 31 30 00 00 00 00 00 00 ...AP23-10......
00000050: 00 00 00 00 00 00 26 96 06 00 40 96 00 ff ff dd ......&...@.....
00000060: 18 00 50 f2 01 01 00 00 50 f2 05 01 00 00 50 f2 ..P.....P.....P.
00000070: 05 01 00 00 40 96 00 28 00 dd 06 00 40 96 01 01 ....@..(....@...
 
00000080: 00 dd 05 00 40 96 03 04 dd 16 00 40 96 04 00 02 ....@......@....
00000090: 07 a4 00 00 23 a4 00 00 42 43 00 00 62 32 00 00 ....#...BC..b2..
000000a0: dd 05 00 40 96 0b 01 dd 18 00 50 f2 02 01 01 82 ...@......P.....
000000b0: 00 03 a4 00 00 27 a4 00 00 42 43 5e 00 62 32 2f .....’...BC^.b2/
 
> LOG Frames:
Frame Number ....................... 2
Last Frame Number .................. 1120
Direction .......................... 1
Timestamp .......................... 0d 00h 50m 39s 878289us
Frame Length ....................... 147
Frame Data:
00000000: 80 00 00 00 ff ff ff ff ff ff 00 0d ed c3 a0 22 ...............”
00000010: 00 0d ed c3 a0 22 00 bd 4d 50 a5 f7 78 08 00 00 .....”..MP..x...
00000020: 64 00 01 00 00 01 00 01 08 8c 12 98 24 b0 48 60 d...........$.H’
00000030: 6c 05 04 01 02 00 00 85 1e 00 00 84 00 0f 00 ff 1...............
00000040: 03 19 00 72 6f 67 75 65 2d 74 65 73 74 31 00 00 ...rogue-test1..
00000050: 00 00 00 00 00 00 23 96 06 00 40 96 00 10 00 dd ......#...@.....
00000060: 06 00 40 96 01 01 00 dd 05 00 40 96 03 04 dd 05 ....@.......@...
00000070: 00 40 96 0b 01 dd 18 00 50 f2 02 01 01 81 00 03 ....@.......@...
00000080: a4 00 00 27 a4 00 00 42 43 5e 00 62 32 2f 00 d2 ...’...BC^.b2/..
00000090: b4 ab 84 ...
 
> LOG Frames:
Frame Number ....................... 3
Last Frame Number .................. 1120
Direction .......................... 1
Timestamp .......................... 0d 00h 50m 39s 881513us
Frame Length ....................... 189
Frame Data:
00000000: 80 00 00 00 ff ff ff ff ff ff 00 12 44 bd 80 30 ............D..0
00000010: 00 12 44 bd 80 30 60 f7 46 c0 8b 4b d1 05 00 00 ..D..0’.F..K....
00000020: 64 00 11 08 00 01 00 01 08 8c 12 98 24 b0 48 60 d...........$.H’
00000030: 6c 05 04 00 02 00 00 85 1e 00 00 89 00 0f 00 ff 1...............
00000040: 03 19 00 41 50 34 30 2d 31 37 00 00 00 00 00 00 ...AP23-10......
00000050: 00 00 00 00 00 00 26 dd 18 00 50 f2 01 01 00 00 ......&...P.....
00000060: 50 f2 05 01 00 00 50 f2 05 01 00 00 40 96 00 28 P.....P.....@..(
00000070: 00 dd 06 00 40 96 01 01 00 dd 05 00 40 96 03 04 ....@.......@...
 
00000080: dd 16 00 40 96 04 00 05 07 a4 00 00 23 a4 00 00 ....@......#....
00000090: 42 43 00 00 62 32 00 00 dd 05 00 40 96 0b 01 dd BC..b2.....@....
000000a0: 18 00 50 f2 02 01 01 85 00 03 a4 00 00 27 a4 00 ..P..........’..
000000b0: 00 42 43 5e 00 62 32 2f 00 0b 9a 1d 6f .BC^.b2/....o...

 
関連コマンド

show client ccx last-response-status

show client ccx last-response-status

最後のテスト応答のステータスを表示するには、show client ccx last-response-status コマンドを使用します。

show client ccx last-response-status client_mac_address

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

client

クライアントの設定。

ccx

Cisco Compatible Extensions(CCX)の設定。

last-response-status

最後の CCX クライアント テスト応答のステータスを表示します。

client_mac_address

クライアントの MAC アドレスを指定します。

 
デフォルト

なし。

> show client ccx last-response-status
Test Status ........................ Success
 
Response Dialog Token.............. 87
Response Status.................... Successful
Response Test Type................. 802.1x Authentication Test
Response Time...................... 3476 seconds since system boot

 
関連コマンド

config client ccx default-gw-ping
config client ccx dhcp
config client ccx dns-ping
config client ccx dns-resolve
config client ccx test-association
config client ccx test-dot1x
config client ccx test-profile
config client ccx test-abort
config client ccx clear-results
config client ccx send-message
show client ccx last-response-status
show client ccx results
show client ccx frame-data

show client ccx last-test-status

最後のテストのステータスを表示するには、show client ccx last-test-status コマンドを使用します。

show client ccx last-test-status client_mac_address

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

client

クライアントの設定。

ccx

Cisco Compatible Extensions(CCX)の設定。

last-test-status

最後の CCX クライアント テストのステータスを表示します。

client_mac_address

クライアントの MAC アドレスを指定します。

 
デフォルト

なし。

> show client ccx last-test-status

Test Type ........................ Gateway Ping Test
Test Status ...................... Pending/Success/Timeout
Dialog Token ..................... 15
Timeout .......................... 15000 ms
Request Time ..................... 1329 seconds since system boot

 
関連コマンド

config client ccx default-gw-ping
config client ccx dhcp
config client ccx dns-ping
config client ccx dns-resolve
config client ccx test-association
config client ccx test-dot1x
config client ccx test-profile
config client ccx test-abort
config client ccx clear-results
config client ccx send-message
show client ccx last-response-status
show client ccx results
show client ccx frame-data

show client ccx log-response

ログ応答を表示するには、show client ccx log-response コマンドを使用します。

show client ccx log-response [ roam | rsna | syslog ] client_mac_address

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

client

クライアントの設定。

ccx

Cisco Compatible Extensions(CCX)の設定。

log-response

CCX クライアントのログ応答を表示します。

roam

CCX クライアントのローミング ログ応答を表示します。

rsna

CCX クライアントの RSNA ログ応答を表示します。

syslog

CCX クライアントのシステム ログ応答を表示します。

client_mac_address

指定されたアクセス ポイントのインベントリを表示します。

 
デフォルト

なし。

> config client ccx log-request syslog 00:40:96:a8:f7:98
> show client ccx log-response syslog 00:40:96:a8:f7:98
Tue Jun 26 18:07:48 2007 Syslog Response LogID=131: Status=Successful
Event Timestamp=0d 00h 19m 42s 278987us
Client SysLog = ‘<11> Jun 19 11:49:47 unraval13777 Mandatory elements missing in the OID response’
Event Timestamp=0d 00h 19m 42s 278990us
Client SysLog = ‘<11> Jun 19 11:49:47 unraval13777 Mandatory elements missing in the OID response’
Tue Jun 26 18:07:48 2007 Syslog Response LogID=131: Status=Successful
Event Timestamp=0d 00h 19m 42s 278987us
Client SysLog = ‘<11> Jun 19 11:49:47 unraval13777 Mandatory elements missing in the OID response’
Event Timestamp=0d 00h 19m 42s 278990us
Client SysLog = ‘<11> Jun 19 11:49:47 unraval13777 Mandatory elements missing in the OID response’
 
 
> config client ccx log-request roam 00:40:96:a8:f7:98
> show client ccx log-response roam 00:40:96:a8:f7:98
 
Thu Jun 22 11:55:14 2007 Roaming Response LogID=20: Status=Successful
Event Timestamp=0d 00h 00m 13s 322396us
Source BSSID=00:40:96:a8:f7:98, Target BSSID=00:0b:85:23:26:70,
Transition Time=100(ms)
Transition Reason: Normal roam, poor link
Transition Result: Success
Thu Jun 22 11:55:14 2007 Roaming Response LogID=133: Status=Successful
Event Timestamp=0d 00h 00m 16s 599006us
Source BSSID=00:0b:85:81:06:c2, Target BSSID=00:0b:85:81:06:c2,
Transition Time=3235(ms)
Transition Reason: Normal roam, poor link
Transition Result: Success
Thu Jun 22 18:28:48 2007 Roaming Response LogID=133: Status=Successful
Event Timestamp=0d 00h 00m 08s 815477us
Source BSSID=00:0b:85:81:06:c2, Target BSSID=00:0b:85:81:06:d2,
Transition Time=3281(ms)
Transition Reason: First association to WLAN
Transition Result: Success
 
> config client ccx log-request rsna 00:40:96:a8:f7:98
> show client ccx log-response rsna 00:40:96:a8:f7:98
 
Tue Oct 05 11:06:48 2006
RSNA Response LogID=2: Status=Successful
Event Timestamp=242424242424
Target BSSID=00:0b:85:23:26:70
RSNA Version=1
Group Cipher Suite=00-0f-ac-01
Pairwise Cipher Suite Count = 2
Pairwise Cipher Suite 0 = 00-0f-ac-02
Pairwise Cipher Suite 1 = 00-0f-ac-04
AKM Suite Count = 2
KM Suite 0 = 00-0f-ac-01
KM Suite 1 = 00-0f-ac-02
SN Capability = 0x1
PMKID Count = 2
PMKID 0 = 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16
PMKID 1 = 0a 0b 0c 0d 0e 0f 17 18 19 20 1a 1b 1c 1d 1e 1f
802.11i Auth Type: EAP_FAST
RSNA Result: Success
Tue Oct 05 11:05:48 2006
RSNA Request LogID=2

 
関連コマンド

config client ccx log-request

show client ccx manufacturer-info

クライアントの製造情報を表示するには、show client ccx manufacturer-info コマンドを使用します。

show client ccx manufacturer-info client_mac_address

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

client

クライアントの設定。

ccx

Cisco Compatible Extensions(CCX)の設定。

manufacturer-info

CCX クライアントの技術仕様を表示します。

client_mac_address

クライアントの MAC アドレスを指定します。

> show client ccx manufacturer-info 00:40:96:a8:f7:98
Manufacturer OUI .............................. 00:40:96
Manufacturer ID ............................... Cisco
Manufacturer Model ............................ Cisco Aironet 802.11a/b/g Wireless Adapter
Manufacturer Serial ........................... FOC1046N3SX
Mac Address ................................... 00:40:96:b2:8d:5e
Radio Type .................................... DSSS OFDM(802.11a) HRDSSS(802.11b)
ERP(802.11g)
Antenna Type .................................. Omni-directional diversity
Antenna Gain .................................. 2 dBi
 
Rx Sensitivity:
Radio Type ...................................... DSSS
Rx Sensitivity .................................. Rate:1.0 Mbps, MinRssi:-95, MaxRss1:-30
Rx Sensitivity .................................. Rate:2.0 Mbps, MinRssi:-95, MaxRss1:-30
Radio Type ...................................... HRDSSS(802.11b)
Rx Sensitivity .................................. Rate:5.5 Mbps, MinRssi:-95, MaxRss1:-30
Rx Sensitivity .................................. Rate:11.0 Mbps, MinRssi:-95, MaxRss1:-30
Radio Type ...................................... ERP(802.11g)
Rx Sensitivity .................................. Rate:6.0 Mbps, MinRssi:-95, MaxRss1:-30
Rx Sensitivity .................................. Rate:9.0 Mbps, MinRssi:-95, MaxRss1:-30
Rx Sensitivity .................................. Rate:12.0 Mbps, MinRssi:-95, MaxRss1:-30
Rx Sensitivity .................................. Rate:18.0 Mbps, MinRss1:-95, MaxRss1:-30

 
関連コマンド

config client ccx get-profiles
config client ccx get-operating-parameters
config client ccx get-manufacturer-info
config client ccx get-client-capability
show client ccx profiles
show client ccx operating-parameters
show client ccx client-capability
config client ccx stats-request
show client ccx stats-report

show client ccx operating-parameters

クライアントの動作パラメータを表示するには、show client ccx operating-parameters コマンドを使用します。

show client ccx operating-parameters client_mac_address

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

client

クライアントの設定。

ccx

Cisco Compatible Extensions(CCX)の設定。

operating-parameters

CCX クライアントの設定を表示します。

client_mac_address

クライアントの MAC アドレスを指定します。

> show client ccx operating-parameters 00:40:96:a8:f7:98
 
Client Mac ......................................... 00:40:96:b2:8d:5e
Radio Type ......................................... OFDM(802.11a)
 
Radio Type ......................................... OFDM(802.11a)
Radio Channels ................................. 36 40 44 48 52 56 60 64 100 104 108 112 116 120 124 128 132 136 140 149 153 157 161 165
Tx Power Mode .................................. Automatic
Rate List(MB)................................... 6.0 9.0 12.0 18.0 24.0 36.0 48.0 54.0
 
Power Save Mode .................................... Normal Power Save
SSID ............................................... wifi
Security Parameters[EAP Method, Credential]......... None
Auth Method ........................................ None
Key Management...................................... None
Encryption ......................................... None
Device Name ........................................ Wireless Network Connection 15
Device Type ........................................ 0
OS Id .............................................. Windows XP
OS Version ......................................... 5.1.6.2600 Service Pack 2
IP Type ............................................ DHCP address
IPv4 Address ....................................... Available
IP Address ......................................... 70.0.4.66
Subnet Mask ........................................ 255.0.0.0
Default Gateway .................................... 70.1.0.1
IPv6 Address ....................................... Not Available
IPv6 Address ....................................... 0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:
IPv6 Subnet Mask ................................... 0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:
DNS Servers ........................................ 103.0.48.0
WINS Servers .......................................
System Name ........................................ URAVAL3777
Firmware Version ................................... 4.0.0.187
Driver Version ..................................... 4.0.0.187

show client ccx profiles

クライアント プロファイルを表示するには、show client ccx profiles コマンドを使用します。

show client ccx profiles client_mac_address

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

client

クライアントの設定。

ccx

Cisco Compatible Extensions(CCX)の設定。

profiles

CCX クライアントのプロファイルを表示します。

client_mac_address

クライアントの MAC アドレスを指定します。

> show client ccx profiles 00:40:96:a8:f7:98
Number of Profiles .................................. 1
Current Profile ..................................... 1
 
Profile ID .......................................... 1
Profile Name ........................................ wifiEAP
SSID ................................................ wifiEAP
Security Parameters [EAP Method, Credential]......... EAP-TLS, Host OS Login Credentials
Auth Method ......................................... EAP
Key Management ...................................... WPA2+CCKM
Encryption .......................................... AES-CCMP
Power Save Mode ..................................... Constantly Awake
Radio Configuration:
Radio Type........................................... DSSS
Preamble Type.................................... Long preamble
CCA Method....................................... Energy Detect + Carrier
Detect/Correlation
Data Retries..................................... 6
Fragment Threshold............................... 2342
Radio Channels................................... 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
Tx Power Mode.................................... Automatic
Rate List (MB)................................... 1.0 2.0
 
Radio Type........................................... HRDSSS(802.11b)
Preamble Type.................................... Long preamble
CCA Method....................................... Energy Detect + Carrier
Detect/Correlation
Data Retries..................................... 6
Fragment Threshold............................... 2342
Radio Channels................................... 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
Tx Power Mode.................................... Automatic
Rate List(MB).................................... 5.5 11.0
 
Radio Type........................................... ERP(802.11g)
Preamble Type.................................... Long preamble
CCA Method....................................... Energy Detect + Carrier
Detect/Correlation
Data Retries..................................... 6
Fragment Threshold............................... 2342
Radio Channels................................... 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
Tx Power Mode.................................... Automatic
Rate List (MB)................................... 6.0 9.0 12.0 18.0 24.0 36.0 48.0 54.0
 
Radio Type........................................... OFDM(802.11a)
Preamble Type.................................... Long preamble
CCA Method....................................... Energy Detect + Carrier
Detect/Correlation
Data Retries..................................... 6
Fragment Threshold............................... 2342
Radio Channels................................... 36 40 44 48 52 56 60 64 149 153 157 161 165
Tx Power Mode.................................... Automatic
Rate List (MB)................................... 6.0 9.0 12.0 18.0 24.0 36.0 48.0 54.0

show client ccx results

最後に正常終了した診断テストの結果を表示するには、show client ccx results コマンドを使用します。

show client ccx results client_mac_address

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

client

クライアントの設定。

ccx

Cisco Compatible Extensions(CCX)の設定。

results

CCX クライアントに対して最後に正常終了した診断テストの結果を表示します。

client_mac_address

クライアントの MAC アドレスを指定します。

Information similar to the following appears for the 802.1x authentication test:
 
dot1x Complete....................................... Success
EAP Method........................................... *1,Host OS Login Credentials
dot1x Status......................................... 255

show client ccx rm

CCX クライアントの無線管理レポート情報を表示するには、 show client ccx rm コマンドを使用します。

show client ccx rm client_MAC [ status |
report ( chan-load | noise-hist | frame request | beacon | frame )]

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

client

クライアントの設定。

ccx

Cisco Compatible Extensions(CCX)の設定。

rm

無線管理の設定。

client_MAC

クライアントの MAC アドレスを指定します。

status

クライアントの CCX 無線管理ステータス情報を表示します。

report

クライアントの CCX 無線管理レポートを表示します。

chan-load

無線管理チャネル ロード レポートを表示します。

noise-hist

無線管理ノイズ ヒストグラム レポートを表示します。

beacon

無線管理ビーコン ロード レポートを表示します。

frame

無線管理フレーム レポートを表示します。

> show client ccx rm 00:40:96:15:21:ac status
 
Client Mac Address............................... 00:40:96:15:21:ac
Channel Load Request............................. Enabled
Noise Histogram Request.......................... Enabled
Beacon Request................................... Enabled
Frame Request.................................... Enabled
Interval......................................... 30
Iteration........................................... 10
 
 
> show client ccx rm 00:40:96:15:21:ac report chan-load
Channel Load Report
Client Mac Address............................... 00:40:96:ae:53:bc
Timestamp........................................ 788751121
Incapable Flag................................... On
Refused Flag........................................ On
Chan CCA Busy Fraction
-----------------------
1 194
2 86
3 103
4 0
5 178
6 82
7 103
8 95
9 13
10 222
11 75
 
 
> show client ccx rm 00:40:96:15:21:ac report noise-hist
Noise Histogram Report
Client Mac Address............................... 00:40:96:15:21:ac
Timestamp........................................ 4294967295
Incapable Flag................................... Off
Refused Flag........................................ Off
Chan RPI0 RPI1 RPI2 RPI3 RPI4 RPI5 RPI6 RPI7
 
> show client ccx rm 00:40:96:ae:53:bc report beacon
Beacon Report
Client Mac Address............................... 00:40:96:ae:53:bc
Timestamp....................................... 788853242
Incapable Flag.................................. On
Refused Flag....................................... On

Channel No...................................... 3
Phy Type........................................ ERP
Received signal Power........................... -80dbm
BSSID........................................... 00:12:7f:50:93:10
Parent TFS...................................... bc729d5e
Parent TFS...................................... 42f637ec02000000
Beacon Interval................................. 100
Capability Information............................. 0401

Channel No...................................... 7
Phy Type........................................ ERP
Received signal Power........................... -62dbm
BSSID........................................... 00:12:44:b3:b9:e0
Parent TFS...................................... 4f46aa5e
Parent TFS...................................... bd1ba60f00000000
Beacon Interval................................. 100
Capability Information............................. 0421
 
 
> show client ccx rm 00:40:96:ae:53:bc report frame
Frame Report
Client Mac Address.............................. 00:40:96:ae:53:bc
Timestamp....................................... 789140437
Incapable Flag.................................. On
Refused Flag....................................... On
Chan Tx Address Bssid RcxSigPwr Frame Count
--------------------------------------------------------------
 

 
関連コマンド

config client ccx default-gw-ping
config client ccx dhcp
config client ccx dns-ping
config client ccx dns-resolve
config client ccx test-association
config client ccx test-dot1x
config client ccx test-profile
config client ccx test-abort
config client ccx clear-results
config client ccx send-message

show client ccx stats-report

指定されたクライアント デバイスから CCX 統計情報レポートを表示するには、show slient ccx stats-report コマンドを使用します。

show client ccx stats-report client_mac_address

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

client

クライアントの設定。

ccx

Cisco Compatible Extensions(CCX)の設定。

stats-report

CCX クライアントの統計情報レポートを表示します。

client_mac_address

指定されたクライアント デバイスの MAC アドレスを表示します。

 
デフォルト

なし。

> config client ccx stats-request 1 dot11 00:40:96:a8:f7:98
> show client ccx stats-report 00:40:96:a8:f7:98
 
Measurement duration = 1
 
dot11TransmittedFragmentCount = 1
dot11MulticastTransmittedFrameCount = 2
dot11FailedCount = 3
dot11RetryCount = 4
dot11MultipleRetryCount = 5
dot11FrameDuplicateCount = 6
dot11RTSSuccessCount = 7
dot11RTSFailureCount = 8
dot11ACKFailureCount = 9
dot11ReceivedFragmentCount = 10
dot11MulticastReceivedFrameCount = 11
dot11FCSErrorCount = 12
dot11TransmittedFrameCount = 13
 
 

 
関連コマンド

config client ccx default-gw-ping
config client ccx dhcp
config client ccx dns-ping
config client ccx dns-resolve
config client ccx test-association
config client ccx test-dot1x
config client ccx test-profile
config client ccx test-abort
config client ccx clear-results
config client ccx send-message

show client detail

Cisco Lightweight アクセス ポイント上のクライアントの詳細情報を表示するには、 show client detail コマンドを使用します。

 

show client detail mac_address

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

client

クライアントの設定を表示します。

detail

接続情報。

mac_address

特定クライアントの MAC アドレス。

 
使用上のガイドライン

show client ap コマンドは、自動的に無効にされたクライアントのステータスを表示できます。除外リスト(ブラックリスト)上のクライアントを表示するには、show exclusionlist コマンドを使用します。

> show client detail 00:0c:41:07:33:a6
 
Client MAC Address............................... 00:16:36:40:ac:58
Client Username.................................. N/A
Client State..................................... Associated
Client NAC OOB State............................. QUARANTINE
Guest LAN Id..................................... 1
IP Address....................................... Unknown
Session Timeout.................................. 0
QoS Level........................................ Gold
Diff Serv Code Point (DSPC)...................... disabled
Mobility State................................... Local
Internal Mobility State.......................... apfMsMmInitial
Security Policy Completed........................ No
Policy Manager State............................. WEBAUTH_REQD
Policy Manager Rule Created...................... Yes
NPU Fast Fast Notified........................... Yes
Last Policy Manager State........................ WEBAUTH_REQD
Client Entry Create Time......................... 460 seconds
Interface........................................ wired-guest
VLAN............................................. 236
Quarantine VLAN.................................. 0
Client Statistics:
Number of Bytes Received..................... 0
Number of Bytes Sent......................... 0
Number of Packets Received................... 0
Number of Packets Sent....................... 0
Number of EAP Id Request Msg Timeouts........ 0
Number of EAP Id Request Msg Failures........ 0
Number of EAP Request Msg Timeouts........... 2
Number of EAP Request Msg Failures........... 1
Number of EAP Key Msg Timeouts............... 0
Number of EAP Key Msg Failures............... 0
Number of Policy Errors...................... 0
Radio Signal Strength Indicator.............. Unavailable
Signal to Noise Ratio........................ Unavailable
...

show client location-calibration summary

クライアントのロケーション調整要約情報を表示するには、 show client lcoation-calibration summary コマンドを使用します。

show client location-calibration summary

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

client

クライアントの設定を表示します。

location-calibration

クライアントのロケーション調整情報を表示します。

summary

クライアントのロケーション調整情報を要約します。

> show client location-calibration summary
 
MAC Address Inerval
----------- ----------
10:10:10:10:10:10 60
21:21:21:21:21:21 45

show client roam-history

指定されたクライアントのローミング履歴を表示するには、show client roam-history コマンドを使用します。

show client roam-history mac_addr

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

client

クライアントの設定を表示します。

roam-history

指定されたクライアントのローミング履歴情報を表示します。

mac_addr

指定されたクライアントの MAC アドレス。

> show client roam-history 00:14:6c:0a:57:77

show client summary

Cisco Lightweight アクセス ポイントにアソシエートされているクライアントの要約を表示するには、 show client summary コマンドを使用します。

 

show client summary

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

client

802.11a または 802.11b/g クライアント。

summary

接続されているすべてのクライアント。

 
使用上のガイドライン

show client ap コマンドは、自動的に無効にされたクライアントのステータスを表示できます。除外リスト(ブラックリスト)上のクライアントを表示するには、show exclusionlist コマンドを使用します。

> show client summary
 
Number of Clients................................ 24
 
MAC Address AP Name Status WLAN Auth Protocol Port
----------------- ----------------- ------------- ---- ---- -------- ----
xx:xx:xx:xx:xx:xx AP02 Probing N/A No 802.11a 1
xx:xx:xx:xx:xx:xx AP02 Probing N/A No 802.11a 1
xx:xx:xx:xx:xx:xx AP02 Probing N/A No 802.11b 1
xx:xx:xx:xx:xx:xx AP02 Probing N/A No 802.11a 1
xx:xx:xx:xx:xx:xx AP02 Probing N/A No 802.11b 1
xx:xx:xx:xx:xx:xx AP02 Associated 2 Yes 802.11b 1
xx:xx:xx:xx:xx:xx AP02 Probing N/A No 802.11b 1
xx:xx:xx:xx:xx:xx AP02 Probing N/A No 802.11b 1
xx:xx:xx:xx:xx:xx AP02 Probing N/A No 802.11b 1
xx:xx:xx:xx:xx:xx AP02 Probing N/A No 802.11a 1
xx:xx:xx:xx:xx:xx AP02 Probing N/A No 802.11a 1
xx:xx:xx:xx:xx:xx AP02 Probing N/A No 802.11b 1
xx:xx:xx:xx:xx:xx AP02 Probing N/A No 802.11a 1
xx:xx:xx:xx:xx:xx AP02 Probing N/A No 802.11a 1
 
Number of Clients................................ 2

show client summary guest-lan

アクティブな有線ゲスト LAN クライアントを表示するには、 show client summary guest-lan コマンドを使用します。

show client summary guest-lan

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

client

802.11a または 802.11b/g クライアント。

summary

接続されているすべてのクライアント。

guest-LAN

アクティブな有線ゲスト LAN を示します。

> show client summary
 
Number of Clients................................ 1
MAC Address AP Name Status WLAN Auth Protocol Port Wired
----------- --------- ------- ----- ---- --------- ---- -----
00:16:36:40:ac:58 N/A Associated 1 No 802.3 1 Yes

show client username

ユーザ名別にクライアント データを表示するには、 show client username コマンドを使用します。

show client username username

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

client

クライアントのデータを表示します。

username

シスコの無線。

username

クライアントのユーザ名。

> show client username IT_007
 
MAC Address AP ID Status WLAN Id Authenticated
----------------- ------ ------------- --------- -------------
xx:xx:xx:xx:xx:xx 1 Associated 1 No

 
関連コマンド

show client ap

show client detail

show client summary

show country

設定されている国とサポートされている無線チャネルを表示するには、show country channels コマンドを使用します。

show country

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

> show country
 
Configured Country............................. United States
Configured Country Codes
US - United States............................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
 

 
関連コマンド

config country

display country supported

show country channels

show country channels

設定されている国でサポートされている無線チャネルを表示するには、show country channels コマンドを使用します。

show country channels

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

> show country channels
 
Configured Country............................. United States
KEY: * = Channel is legal in this country and may be configured manually.
A = Channel is the Auto-RF default in this country.
. = Channel is not legal in this country.
C = Channel has been configured for use by Auto-RF.
x = Channel is available to be configured for use by Auto-RF.
---------:+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
802.11BG :
Channels : 1 1 1 1 1
: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4
---------:+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
US : A * * * * A * * * * A . . .
---------:+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
802.11A : 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
Channels : 3 3 3 4 4 4 4 4 5 5 6 6 0 0 0 1 1 2 2 2 3 3 4 4 5 5 6 6
: 4 6 8 0 2 4 6 8 2 6 0 4 0 4 8 2 6 0 4 8 2 6 0 9 3 7 1 5
---------:+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
US : . A . A . A . A A A A A * * * * * . . . * * * A A A A *
---------:+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

 
関連コマンド

config country
display country supported
show country

show country supported

サポートされている国オプションのリストを表示するには、show country supported コマンドを使用します。

show country supported

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

> show country supported
CConfigured Country............................. United States
Supported Country Codes
AR - Argentina................................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
AT - Austria................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
AU - Australia................................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
BR - Brazil.................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
BE - Belgium................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
BG - Bulgaria.................................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
CA - Canada.................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
CH - Switzerland............................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
CL - Chile..................................... 802.11b / 802.11g
CN - China..................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
CO - Colombia.................................. 802.11b / 802.11g
CY - Cyprus.................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
CZ - Czech Republic............................ 802.11a / 802.11b
DE - Germany................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
DK - Denmark................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
EE - Estonia................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
ES - Spain..................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
FI - Finland................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
FR - France.................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
GB - United Kingdom............................ 802.11a / 802.11b / 802.11g
GI - Gibraltar................................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
GR - Greece.................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
HK - Hong Kong................................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
HU - Hungary................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
ID - Indonesia................................. 802.11b / 802.11g
IE - Ireland................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
IN - India..................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
IL - Israel.................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
ILO - Israel (outdoor).......................... 802.11b / 802.11g
IS - Iceland................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
IT - Italy..................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
JP - Japan (J)................................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
J2 - Japan 2(P)................................ 802.11a / 802.11b / 802.11g
J3 - Japan 3(U)................................ 802.11a / 802.11b / 802.11g
KR - Korea Republic (C)........................ 802.11a / 802.11b / 802.11g
KE - Korea Extended (K)........................ 802.11a / 802.11b / 802.11g
LI - Liechtenstein............................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
LT - Lithuania................................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
LU - Luxembourg................................ 802.11a / 802.11b / 802.11g
LV - Latvia.................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
MC - Monaco.................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
MT - Malta..................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
MX - Mexico.................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
MY - Malaysia.................................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
NL - Netherlands............................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
NZ - New Zealand............................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
NO - Norway.................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
PA - Panama.................................... 802.11b / 802.11g
PE - Peru...................................... 802.11b / 802.11g
PH - Philippines............................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
PL - Poland.................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
PT - Portugal.................................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
RU - Russian Federation........................ 802.11a / 802.11b / 802.11g
RO - Romania................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
SA - Saudi Arabia.............................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
SE - Sweden.................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
SG - Singapore................................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
SI - Slovenia.................................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
SK - Slovak Republic........................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
TH - Thailand.................................. 802.11b / 802.11g
TR - Turkey.................................... 802.11b / 802.11g
TW - Taiwan.................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
UA - Ukraine................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
US - United States............................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
USL - United States (Legacy).................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
USX - United States (US + chan165).............. 802.11a / 802.11b / 802.11g
VE - Venezuela................................. 802.11b / 802.11g
ZA - South Africa.............................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
 

 
関連コマンド

config country
display country channels
show country

show coredump summary

コントローラのコア ダンプ ファイルの要約を表示するには、 show coredump summary コマンドを使用します。

show coredump summary

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

> show coredump summary

show cpu

現在の WLAN コントローラの CPU 利用率情報を表示するには、 show cpu コマンドを使用します。

show cpu

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

> show cpu
 
Current CPU load: 2.50%

 
関連コマンド

show sysinfo

show custom-web

Web 認証カスタマイズ情報を表示するには、 show custom-web コマンドを使用します。

show custom-web

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

> show custom-web
 
Radius Authentication Method..................... PAP
Cisco Logo....................................... Enabled
CustomLogo....................................... None
Custom Title..................................... None
Custom Message................................... None
Custom Redirect URL.............................. None
External web authentication Mode................. Disabled
External web authentication URL.................. None

 
関連コマンド

config custom-web

show database summary

データベースの最大エントリ数を表示するには、 show database summary コマンドを使用します。

show database summary

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

> show database summary
 
Current Max database entries..................... 512
Max database entries on next reboot.............. 512
 

 
関連コマンド

config database size

show debug

AC アドレスおよびその他のフラグ デバッグが有効か無効かを確認するには、 show debug コマンドを使用します。

show debug

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

debug

MAC アドレスのデバッグ。

> show debug
 
MAC debugging............................... disabled
 
Debug Flags Enabled:
arp error enabled.
bcast error enabled.

 
関連コマンド

debug mac

show dhcp

内部の Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP; ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル)サーバ設定を表示するには、 show dhcp コマンドを使用します。

show dhcp { leases | summary | scope }

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

dhcp

Dynamic Host Configuration Protocol(ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル)の設定。

leases

割り当てられている DHCP リースを表示するには、 leases を入力します。

summary

DHCP 要約情報を表示するには、 summary を入力します。

scope

スコープの DHCP 情報を表示するには、そのスコープの名前を入力します。

> show dhcp leases
 
No leases allocated.
 
> show dhcp summary
 
Scope Name Enabled Address Range
003 No 0.0.0.0 -> 0.0.0.0
 
> show dhcp 003
 
Enabled....................................... No
Lease Time.................................... 0
Pool Start.................................... 0.0.0.0
Pool End...................................... 0.0.0.0
Network....................................... 0.0.0.0
Netmask....................................... 0.0.0.0
Default Routers............................... 0.0.0.0 0.0.0.0 0.0.0.0
DNS Domain....................................
DNS........................................... 0.0.0.0 0.0.0.0 0.0.0.0
Netbios Name Servers.......................... 0.0.0.0 0.0.0.0 0.0.0.0

show dhcp proxy

DHCP プロキシ処理のステータスを表示するには、 show dhcp proxy コマンドを使用します。

show dhcp proxy

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

dhcp

Dynamic Host Configuration Protocol(ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル)の設定。

proxy

DHCP プロキシ処理のステータスを表示します。

> show dhcp proxy
DHCP Proxy Behaviour: enabled

show eventlog

イベント ログを表示するには、 show eventlog コマンドを使用します。

show eventlog

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

eventlog

システム イベント。

> show eventlog
Time
File Line TaskID Code d h m s
EVENT> bootos.c 788 125CEBCC AAAAAAAA 0 0 0 6
EVENT> bootos.c 788 125CEBCC AAAAAAAA 0 0 0 6
EVENT> bootos.c 788 125C597C AAAAAAAA 0 0 0 6
EVENT> bootos.c 788 125C597C AAAAAAAA 0 0 0 6
EVENT> bootos.c 788 125C597C AAAAAAAA 0 0 0 6
EVENT> bootos.c 788 125C597C AAAAAAAA 0 0 0 6
EVENT> bootos.c 788 125C597C AAAAAAAA 0 0 0 6
EVENT> bootos.c 788 125C597C AAAAAAAA 0 0 0 6
EVENT> bootos.c 788 1216C36C AAAAAAAA 0 0 0 6
EVENT> bootos.c 788 1216C36C AAAAAAAA 0 0 0 6
EVENT> bootos.c 788 1216C36C AAAAAAAA 0 0 0 6
EVENT> bootos.c 788 1216C36C AAAAAAAA 0 0 0 11

 
関連コマンド

show msglog

show exclusionlist

この Cisco Wireless LAN Controller へのアソシエートからの手動除外リスト(ブラックリスト)にあるすべてのクライアントの要約を表示するには、 show exclusionlist コマンドを使用します。

show exclusionlist

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

exclusionist

手動除外リスト。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、手動で除外されたすべての MAC アドレスを表示します。

> show exclusionlist
 
MAC Address Description
----------------------- --------------------------------
xx:xx:xx:xx:xx:xx Disallowed Client

 
関連コマンド

config exclusionlist add
config exclusionlist delete
config exclusionlist description
show client

show guest-lan

特定の有線ゲスト LAN の設定を表示するには、 show guest-lan コマンドを使用します。

show guest-lan guest_lan_id

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

guest-lan

アクティブな有線ゲスト LAN を示します。

guest_lan_id

選択された有線ゲスト LAN の ID。

 
使用上のガイドライン

コントローラで設定されている「 すべての 」有線ゲスト LAN を表示するには、 show guest-lan summary コマンドを使用します。

> show guest-lan 2
 
Guest LAN Identifier........................... 1
Profile Name................................... guestlan
Network Name (SSID)............................ guestlan
Status......................................... Enabled
AAA Policy Override............................ Disabled
Number of Active Clients....................... 1
Exclusionlist Timeout.......................... 60 seconds
Session Timeout................................ Infinity
Interface...................................... wired
Ingress Interface.............................. wired-guest
WLAN ACL....................................... unconfigured
DHCP Server.................................... 10.20.236.90
DHCP Address Assignment Required............... Disabled
Quality of Service............................. Silver (best effort)
Security
Web Based Authentication................... Enabled
ACL........................................ Unconfigured
Web-Passthrough............................ Disabled
Conditional Web Redirect................... Disabled
Auto Anchor................................ Disabled
Mobility Anchor List
GLAN ID IP Address Status

 
関連コマンド

show guest-lan summary
show client summary guest-lan

show hreap group detail

特定のハイブリッド REAP グループの詳細を表示するには、 show hreap group detail コマンドを使用します。

show hreap group detail group_name

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

hreap

ハイブリッド リモート エッジ アクセス ポイントの設定。

group

ハイブリッド REAP グループの設定。

detail

ハイブリッド REAP グループの詳細設定。

group_name

ハイブリッド REAP グループの IP アドレス。

> show hreap group detail 192.12.1.2
 
Number of Ap’s in Group: 1
00:0a:b8:3b:0b:c2 AP1200 Joined
 
Group Radius Auth Servers:
Primary Server Index ..................... Disabled
Secondary Server Index ................... Disabled

show hreap group summary

現在のハイブリッド REAP グループのリストを表示するには、 show hreap group summary コマンドを使用します。

show hreap group summary

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

hreap

ハイブリッド リモート エッジ アクセス ポイントの設定。

group

ハイブリッド REAP グループの設定。

summary

ハイブリッド REAP グループの要約を表示します。

> show hreap group summary
 
HREAP Group Summary: Count 1
 
Group Name # APs
Group 1 1

show ike

アクティブな Internet Key Exchange(IKE; インターネット キー エクスチェンジ)セキュリティ アソシエーション(SA)を表示するには、 show ike コマンドを使用します。

show ike { brief | IP_or_MAC_address }

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

ike

IKE セキュリティ アソシエーションを表示します。

brief

すべてのアクティブな IKE SA のリスト。

IP_or_MAC_address

アクティブな IKE SA の IP または MAC アドレス。

> show ike

 
関連コマンド

なし。

show interface

show interface コマンドを使用すると、システム インターフェイスの詳細を表示できます。

show interface { summary | detailed interface_name }

 
シンタックスの説明

show interface

コマンド動作。

summary

ローカル インターフェイスの要約を表示します。

detailed

インターフェイスの詳細情報を表示します。

interface_name

詳細表示のインターフェイス名を指定します。

> show interface summary
 
Interface Name Port Vlan Id IP Address Type Ap Mgr Guest
------------------- ---- --------- ---------------- ------ ------ ------
 
ap-manager 1 untagged xxx.xxx.xxx.xxx Static Yes No
management 1 untagged xxx.xxx.xxx.xxx Static No No
service-port N/A N/A xxx.xxx.xxx.xxx Static No No
virtual N/A N/A xxx.xxx.xxx.xxx Static No No

) 次の例で使用されている有線ゲスト LAN のインターフェイス名は management で、その VLAN ID は 149 です。


 
> show interface detailed management
 
Interface Name................................... management
MAC Address...................................... 00:0b:85:32:ab:60
IP Address....................................... 1.100.49.30
IP Netmask....................................... 255.255.255.0
IP Gateway....................................... 1.100.49.1
VLAN............................................. 149
Active Physical Port............................. 1
Primary Physical Port............................ 1
Backup Physical Port............................. Unconfigured
Primary DHCP Server.............................. 1.100.2.15
Secondary DHCP Server............................ Unconfigured
ACL.............................................. Unconfigured
AP Manager....................................... No

) 一部の WLAN コントローラは、物理ポートが 1 つしかないため、物理ポートが 1 つしか表示されません。


show invalid-config

編集された設定ファイル内の無視されたコマンドや無効な設定値をすべて表示するには、 show invalid-config コマンドを使用します。

show invalid-config

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

invalid-config

無効な設定値のある設定ファイル内の CLI コマンドをすべて表示します。

 
使用上のガイドライン


) このコマンドは、clear config または save config コマンドの前にしか実行できません。


設定ファイル内の無視されたコマンドや無効な設定値のリストを表示するには、次のコマンドを使用します。

> show invalid-config
 
config wlan peer-blocking drop 3
config wlan dhcp_server 3 192.168.0.44 required

 
関連コマンド

なし。

show inventory

Cisco Wireless LAN Controller の物理的なインベントリを表示するには、 show inventory コマンドを使用します。

show inventory

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

inventory

Cisco Wireless LAN Controller の物理的な設定。

 
使用上のガイドライン

一部の Wireless LAN Controller は、VPN 終端モジュールまたは電源がプロビジョニングされていないため、クリプト アクセラレータ(VPN 終端モジュール)または電源が表示されません。

> show inventory
 
Switch Description............................... Cisco Controller
Machine Model.................................... WLC4404-100
Serial Number.................................... FLS0923003B
Burned-in MAC Address............................ 00:0B:85:32:AB:60
Crypto Accelerator 1............................. Absent
Crypto Accelerator 2............................. Absent
Power Supply 1................................... Absent
Power Supply 2................................... Present, OK

 
関連コマンド

show ap inventory

show ipsec

アクティブな IP セキュリティ(IPSec)セキュリティ アソシエーション(SA)を表示するには、 show ipsec コマンドを使用します。

show ipsec { brief | IP_or_MAC_address }

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

ipsec

IPSec SA。

brief | IP_or_MAC_address

brief を入力すると、アクティブな IPSec SA が表示されます。

IP アドレスまたは MAC アドレスを入力すると、その IPSec SA が表示されます。

> show ipsec brief

show known ap

既知の Cisco Lightweight アクセス ポイントの情報を表示するには、 show known ap コマンドを使用します。

show known ap { summary | detailed MAC }

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

known ap

既知の Cisco Lightweight アクセス ポイントの情報。

summary

既知のすべてのアクセス ポイントのリストを表示します。

detailed

既知のすべてのアクセス ポイントの詳細情報を表示します。

MAC

既知の AP の MAC アドレス。

> show known ap summary
 
MAC Address State # APs # Clients Last Heard
----------- ----------- ----- -------- -----------------

 
関連コマンド

config ap

show l2tp

Layer 2 Tunneling Protocol(L2TP)セッションを表示するには、 show l2tp コマンドを使用します。

show l2tp { summary | ip_address }

 
シンタックスの説明

show l2tp

表示設定。

summary

すべての L2TP セッションを表示します。

ip_address

L2TP セッションを 1 つ表示します。

> show l2tp summary
 
LAC_IPaddr LTid LSid RTid RSid ATid ASid State
---------- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -----

 
関連コマンド

なし。

show lag summary

現在の LAG ステータスを表示するには、 show lag summary コマンドを使用します。

show lag summary

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

> show lag summary
 
LAG Enabled
 

 
関連コマンド

config lag

show ldap

特定の Lightweight Directory Access Protocol(LDAP)サーバの LDAP サーバ情報を表示するには、 show ldap コマンドを使用します。

show ldap index

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

ldap

LDAP サーバの設定。

index

LDAP サーバ インデックス。有効な値は 1 ~ 17 です。

 
デフォルト

なし。

> show ldap 1
Server Index..................................... 1
Address.......................................... 2.3.1.4
Port............................................. 389
Enabled.......................................... Yes
User DN.......................................... name1
User Attribute................................... attr1
User Type........................................ username1
Retransmit Timeout............................... 3 seconds
Bind Method ..................................... Anonymous
 

show ldap statistics

すべての Lightweight Directory Access Protocol(LDAP)サーバ情報を表示するには、 show ldap statistics コマンドを使用します。

show ldap statistics

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

ldap

LDAP サーバの設定。

statistics

LDAP サーバの詳細設定を表示します。

> show ldap statistics
 
Server Index..................................... 1
Server statistics:
Initialized OK................................. 0
Initialization failed.......................... 0
Initialization retries......................... 0
Closed OK...................................... 0
Request statistics:
Received....................................... 0
Sent........................................... 0
OK............................................. 0
Success........................................ 0
Authentication failed.......................... 0
Server not found............................... 0
No received attributes......................... 0
No passed username............................. 0
Not connected to server........................ 0
Internal error................................. 0
Retries........................................ 0
 
Server Index..................................... 2
...

show ldap summary

Lightweight Directory Access Protocol(LDAP)サーバの現在のステータスを表示するには、 show ldap summary コマンドを使用します。

show ldap summary

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

ldap

LDAP サーバの設定。

summary

LDAP サーバの詳細設定を表示します。

> show ldap summary
 

Idx Server Address Port Enabled

--- --------------- ---- -------

1 2.3.1.4 389 Yes

2 10.10.20.22 389 Yes

show load-balancing

負荷分散機能のステータスを表示するには、 show load-balancing コマンドを使用します。

show load-balancing

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

load-balancing

負荷分散のステータスを表示します。

 
デフォルト

なし。

> show load-balancing
 
Aggressive Load Balancing...................... Enabled
Aggressive Load Balancing Window............... 0 clients

 
関連コマンド

config load-balancing

show local-auth certificates

このコマンドを使用して、ローカル認証の証明書情報を表示します。

show local-auth certificates

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

local-auth

ローカルに格納されている認証証明書情報。

certificates

証明書情報を表示します。

> show local-auth certificates
Certificates available for Local EAP authentication:

Certificate issuer .............................. vendor
CA certificate:
Subject: C=AU, ST=NSW, L=Sydney, O=Cisco Systems
OU=WNBU Sydney, CN=wnbu-syd-acs-a.cisco.com
Issuer: C=AU, ST=NSW, L=Sydney, O=Cisco Systems
OU=WNBU Sydney, CN=wnbu-syd-acs-a.cisco.com
Valid: 2005 Jun 15th, 04:53:49 GMT to 2008 Jun 15th, 05:03:34 GMT
Device certificate:
Subject: MAILTO=test@test.net, C=AU, ST=NSW, L=Sydney
O=Cisco Systems, OU=WNBU Sydney, CN=concannon
Issuer: C=AU, ST=NSW, L=Sydney, O=Cisco Systems
OU=WNBU Sydney, CN=wnbu-syd-acs-a.cisco.com
Valid: 2006 Aug 9th, 05:14:16 GMT to 2007 Aug 9th, 05:24:16 GMT
 
Certificate issuer .............................. cisco
CA certificate:
Subject: C=US, ST=California, L=San Jose, O=airespace Inc
OU=none, CN=ca, MAILTO=support@airespace.com
Issuer: C=US, ST=California, L=San Jose, O=airespace Inc
OU=none, CN=ca, MAILTO=support@airespace.com
Valid: 2003 Feb 12th, 23:38:55 GMT to 2012 Nov 11th, 23:38:55 GMT
Device certificate:
Subject: C=US, ST=California, L=San Jose, O=airespace Inc
CN=000b85335340, MAILTO=support@airespace.com
Issuer: C=US, ST=California, L=San Jose, O=airespace Inc
OU=none, CN=ca, MAILTO=support@airespace.com
Valid: 2005 Feb 22nd, 10:52:58 GMT to 2014 Nov 22nd, 10:52:58 GMT
 
Certificate issuer .............................. legacy
CA certificate:
Subject: C=US, ST=California, L=San Jose, O=airespace Inc
OU=none, CN=ca, MAILTO=support@airespace.com
Issuer: C=US, ST=California, L=San Jose, O=airespace Inc
OU=none, CN=ca, MAILTO=support@airespace.com
Valid: 2003 Feb 12th, 23:38:55 GMT to 2012 Nov 11th, 23:38:55 GMT

Device certificate:
Subject: C=US, ST=California, L=San Jose, O=airespace Inc
CN=000b85335340, MAILTO=support@airespace.com
Issuer: C=US, ST=California, L=San Jose, O=airespace Inc
OU=none, CN=ca, MAILTO=support@airespace.com
Valid: 2005 Feb 22nd, 10:52:58 GMT to 2014 Nov 22nd, 10:52:5
8 GMT

show local-auth config

ローカル認証の設定情報を表示するには、 show local-auth config コマンドを使用します。

show local-auth config

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

local-auth

ローカルに格納されている認証証明書情報。

config

ローカル認証の設定情報を表示します。

> show local-auth config
 
User credentials database search order:
Primary ................................... Local DB
 
Configured EAP profiles:
Name ...................................... fast-test
Certificate issuer .................... default
Enabled methods ....................... fast
Configured on WLANs ................... 2
 
EAP Method configuration:
EAP-TLS:
Certificate issuer .................... default
Peer verification options:
Check against CA certificates ..... Enabled
Verify certificate CN identity .... Disabled
Check certificate date validity ... Enabled
EAP-FAST:
TTL for the PAC ....................... 3 600
Initial client message ................ <none>
Local certificate required ............ No
Client certificate required ........... No
Vendor certificate required ........... No
Anonymous provision allowed ........... Yes
Authenticator ID ...................... 7b7fffffff0000000000000000000000
Authority Information ................. Test
 
EAP Profile.................................... tls-prof
Enabled methods for this profile .......... tls
Active on WLANs ........................... 1 3
EAP Method configuration:
EAP-TLS:
Certificate issuer used ............... cisco
Peer verification options:
Check against CA certificates ..... disabled
Verify certificate CN identity .... disabled
Check certificate date validity ... disabled

show local-auth statistics

このコマンドを使用して、ローカル EAP 認証の統計情報を表示します。

show local-auth statistics

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

local-auth

ローカルに格納されている認証証明書情報。

statistics

ローカル認証証明書の統計情報を表示します。

 
デフォルト

なし。

> show local-auth statistics
 
Local EAP authentication DB statistics:
Requests received ............................... 14
Responses returned .............................. 14
Requests dropped (no EAP AVP) ................... 0
Requests dropped (other reasons) ................ 0
Authentication timeouts ......................... 0
 
Authentication statistics:
Method Success Fail
------------------------------------
Unknown 0 0
LEAP 0 0
EAP-FAST 2 0
EAP-TLS 0 0
PEAP 0 0
 
Local EAP credential request statistics:
Requests sent to LDAP DB ........................ 0
Requests sent to File DB ........................ 2
Requests failed (unable to send) ................ 0
Authentication results received:
Success ....................................... 2
Fail .......................................... 0
Certificate operations:
Local device certificate load failures .......... 0
Total peer certificates checked ................. 0
Failures:
CA issuer check ............................... 0
CN name not equal to identity ................. 0
Dates not valid or expired .................... 0

show location

ロケーション システム情報を表示するには、show location コマンドを使用します。

show location [ detail mac_address | summary ]

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

location

ロケーション システムの設定を表示します。

detail

ロケーション情報の詳細を表示します。

mac_address

クライアントの MAC アドレスを指定します。

summary

ロケーション情報の要約を表示します。

> show location summary
Location Summary
 
Algorithm used: Average
Client
RSSI expiry timeout: 5 sec
Half life: 0 sec
Notify Threshold: 0 db
Calibrating Client
RSSI expiry timeout: 5 sec
Half life: 0 sec
Rogue AP
RSSI expiry timeout: 5 sec
Half life: 0 sec
Notify Threshold: 0 db
RFID Tag
RSSI expiry timeout: 5 sec
Half life: 0 sec
Notify Threshold: 0 db

show location statistics rfid

Radio Frequency Identification(RFID; 無線周波数 ID)関連のエラーを確認するには、show location statistics rfid コマンドを使用します。

show location statistics rfid

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

location

ロケーションの設定を表示します。

statistics

ロケーション情報の詳細を表示します。

rfid

ロケーション RFID の詳細な統計情報を表示します。

> show location statistics rfid
 
RFID Statistics
 
Database Full : 0 Failed Delete: 0
Null Bufhandle: 0 Bad Packet: 0
Bad LWAPP Data: 0 Bad LWAPP Encap: 0
Off Channel: 0 Bad CCX Version: 0
Bad AP Info : 0
Above Max RSSI: 0 Below Max RSSI: 0
Invalid RSSI: 0 Add RSSI Failed: 0
Oldest Expired RSSI: 0 Smallest Overwrite: 0

show logging

syslog ファシリティ ロギング パラメータとバッファの内容を表示するには、 show logging コマンドを使用します。

show logging

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

logging

現在の設定とバッファの内容の詳細。

> show logging
 
Logging to buffer :
- Logging of system messages to buffer :
- Logging filter level.......................... errors
- Number of system messages logged.............. 67227
- Number of system messages dropped............. 21136
- Logging of debug messages to buffer ........... Disabled
- Number of debug messages logged............... 0
- Number of debug messages dropped.............. 0
Logging to console :
- Logging of system messages to console :
- Logging filter level.......................... errors
- Number of system messages logged.............. 0
- Number of system messages dropped............. 88363
- Logging of debug messages to console .......... Enabled
- Number of debug messages logged............... 0
- Number of debug messages dropped.............. 0
Logging to syslog :
- Syslog facility................................ local0
- Logging of system messages to syslog :
- Logging filter level.......................... errors
- Number of system messages logged.............. 67227
--More-- or (q)uit
- Number of system messages dropped............. 21136
- Logging of debug messages to syslog ........... Disabled
- Number of debug messages logged............... 0
- Number of debug messages dropped.............. 0
- Number of remote syslog hosts.................. 0
- Host 0....................................... Not Configured
- Host 1....................................... Not Configured
- Host 2....................................... Not Configured
Logging of traceback............................. Disabled
Logging of process information................... Disabled
Logging of source file informational............. Enabled
Timestamping of messages.........................
- Timestamping of system messages................ Enabled
- Timestamp format.............................. Date and Time
- Timestamping of debug messages................. Enabled
- Timestamp format.............................. Date and Time
 
Logging buffer (67227 logged, 21136 dropped)
 
*Apr 03 09:48:01.728: %MM-3-INVALID_PKT_RECVD: mm_listen.c:5508 Received an invalid
packet from 1.100.163.51. Source member:0.0.0.0. source member unknown.
*Apr 03 09:47:34.194: %LWAPP-3-DECODE_ERR: spam_lrad.c:1271 Error decoding discovery
request from AP 00:13:5f:0e:d4:20
*Apr 03 09:47:34.194: %LWAPP-3-DISC_OTAP_ERR: spam_lrad.c:5554 Ignoring OTAP discovery
request from AP 00:13:5f:0e:d4:20, OTAP is disabled
Previous message occurred 2 times.
 

show loginsession

既存のセッションを表示するには、 show loginsession コマンドを使用します。

show loginsession

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

loginsession

現行セッションの詳細。

> show loginsession
 
ID User Name Connection From Idle Time Session Time
-- --------------- --------------- ------------ ------------
00 admin EIA-232 00:00:00 00:19:04

 
関連コマンド

config loginsession close

show macfilter

MAC フィルタ パラメータを表示するには、 show macfilter コマンドを使用します。RADIUS サーバに送信される MAC アドレスの MAC デリミタ(なし、コロン、またはハイフン)が表示されます。MAC フィルタ テーブルには、無線 LAN とのアソシエートが常に許可されるクライアントが表示されます。

show macfilter { summary | detail MAC }

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

macfilter

フィルタ詳細。

summary

すべての MAC フィルタ エントリの要約を表示します。

detail MAC

MAC フィルタ エントリの詳細を表示します。

> show macfilter detail xx:xx:xx:xx:xx:xx
 
MAC Address...................................... xx:xx:xx:xx:xx:xx
WLAN Identifier.................................. Any
Interface Name................................... management
Description...................................... RAP
 
> show macfilter summary
 
MAC Filter RADIUS Compatibility mode............. Cisco ACS
MAC Filter Delimiter............................. None
 
Local Mac Filter Table
 
MAC Address WLAN Id Description
----------------------- -------------- --------------------------------
xx:xx:xx:xx:xx:xx Any RAP
xx:xx:xx:xx:xx:xx Any PAP2 (2nd hop)
xx:xx:xx:xx:xx:xx Any PAP1 (1st hop)

show memory monitor

メモリ分析設定と検出されたメモリ問題の要約を表示するには、次のコマンドを入力します。

show memory monitor [ detail ]

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

memory

コントローラのメモリ リークの設定。

monitor

メモリ監視設定と監視結果の要約を表示します。

detail

(オプション)メモリ リークまたはメモリ損傷の詳細を表示します。

 
使用上のガイドライン


config memory monitor コマンドのデフォルトは、操作の内容がわかっていて、すでに問題を検出しており、トラブルシューティング情報を収集しようとする場合以外は変更しないでください。


メモリ監視設定の要約とテスト結果の要約を表示するには、次のコマンドを入力します。

> show memory monitor

次のような情報が表示されます。

Memory Leak Monitor Status:
low_threshold(10000), high_threshold(30000), current status(disabled)
-------------------------------------------
Memory Error Monitor Status:
Crash-on-error flag currently set to (disabled)
No memory error detected.
 

監視テスト結果の詳細を表示するには、次のコマンドを入力します。

> show memory monitor detail

次のような情報が表示されます。

Memory error detected. Details:
------------------------------------------------
- Corruption detected at pmalloc entry address: (0x179a7ec0)
- Corrupt entry:headerMagic(0xdeadf00d),trailer(0xabcd),poison(0xreadceef),
entrysize(128),bytes(100),thread(Unknown task name,task id = (332096592)),
file(pmalloc.c),line(1736),time(1027)
 
Previous 1K memory dump from error location.
------------------------------------------------
(179a7ac0): 00000000 00000000 00000000 ceeff00d readf00d 00000080 00000000 00000000
(179a7ae0): 17958b20 00000000 1175608c 00000078 00000000 readceef 179a7afc 00000001
(179a7b00): 00000003 00000006 00000001 00000004 00000001 00000009 00000009 0000020d
(179a7b20): 00000001 00000002 00000002 00000001 00000004 00000000 00000000 5d7b9aba
(179a7b40): cbddf004 192f465e 7791acc8 e5032242 5365788c a1b7cee6 00000000 00000000
(179a7b60): 00000000 00000000 00000000 00000000 00000000 ceeff00d readf00d 00000080
(179a7b80): 00000000 00000000 17958dc0 00000000 1175608c 00000078 00000000 readceef
(179a7ba0): 179a7ba4 00000001 00000003 00000006 00000001 00000004 00000001 00003763
(179a7c00): 1722246c 1722246c 00000000 00000000 00000000 00000000 00000000 ceeff00d
(179a7c20): readf00d 00000080 00000000 00000000 179a7b78 00000000 1175608c 00000078
...

メッシュ表示コマンド

屋外または屋内のメッシュ アクセス ポイントの設定を表示するには、show mesh コマンドを使用します。

show mesh ap

メッシュ アクセス ポイントの設定を表示するには、 show mesh コマンドを使用します。

show mesh { summary | tree }

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

mesh

メッシュ アクセス ポイントの設定(屋内または屋外)。

summary

メッシュ アクセス ポイントの情報の要約(名前、モデル、Bridge Virtual Interface(BVI; ブリッジ仮想インターフェイス)MAC アドレス、United States Computer Emergency Response Team(US-CERT)MAC アドレス、ホップ、およびブリッジ グループ名)を表示します。

tree

メッシュ アクセス ポイントの情報の要約(名前、ホップ カウンタ、リンクの Signal-to-Noise Ratio(SNR; 信号対雑音比)、およびブリッジ グループ名)をツリー構成で表示します。

設定を要約形式で表示するには、次のコマンドを入力します。

> show mesh ap summary
 

AP Name AP Model BVI MAC CERT MAC Hop Bridge Group Name

------------------ ------------------- ----------------- ------------------ ----- -----------------

SB_RAP1 AIR-LAP1522AG-A-K9 00:1d:71:0e:d0:00 00:1d:71:0e:d0:00 0 sbox

SB_MAP1 AIR-LAP1522AG-A-K9 00:1d:71:0e:85:00 00:1d:71:0e:85:00 1 sbox

SB_MAP2 AIR-LAP1522AG-A-K9 00:1b:d4:a7:8b:00 00:1b:d4:a7:8b:00 2 sbox

SB_MAP3 AIR-LAP1522AG-A-K9 00:1d:71:0d:ee:00 00:1d:71:0d:ee:00 3 sbox

 

Number of Mesh APs............................... 4

Number of RAPs................................... 1

Number of MAPs................................... 3

 

設定を階層(ツリー)形式で表示するには、次のコマンドを入力します。

> show mesh ap tree
 
=======================================================
|| AP Name [Hop Counter, Link SNR, Bridge Group Name] ||
=======================================================
 
[Sector 1]
----------
SB_RAP1[0,0,sbox]
|-SB_MAP1[1,32,sbox]
|-SB_MAP2[2,27,sbox]
|-SB_MAP3[3,30,sbox]
 
----------------------------------------------------
Number of Mesh APs............................... 4
Number of RAPs................................... 1
Number of MAPs................................... 3
----------------------------------------------------

 
関連コマンド

メッシュ設定コマンド

show mesh astools stats

屋外メッシュ アクセス ポイントのストランディング防止の統計情報を表示するには、show mesh astools コマンドを使用します。

show mesh astools stats [ cisco_ap ]

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

mesh

メッシュ アクセス ポイントの設定(屋内または屋外)。

astools

屋外メッシュ アクセス ポイントのグローバル ストランディング防止機能。

stats

グローバル ストランディング防止機能の統計情報を表示します。

cisco_ap

省略可能。指定されたメッシュ アクセス ポイントのストランディング防止機能の統計情報を表示します。

 
デフォルト

なし。

すべての屋外メッシュ アクセス ポイントの ストランディング防止統計情報を表示するには、次のコマンドを入力します。

> show mesh astools stats
 
Total No of Aps stranded : 0
 

アクセス ポイント sb_map1 の ストランディング防止統計情報を表示するには、次のコマンドを入力します。

> show mesh astools stats sb_map1
 
Total No of Aps stranded : 0

show mesh background-scanning

メッシュ ネットワーク上でバックグラウンド スキャン機能が有効かどうかを表示するには、 show mesh background-scanning コマンドを使用します。

show mesh background-scanning

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

mesh

メッシュ アクセス ポイントの設定(屋内または屋外)。

background-scanning

バックグラウンド スキャン機能の状態を表示します。

 
使用上のガイドライン


) リリース 5.2 の Cisco 1520 および 1524 屋内メッシュ アクセス ポイントでは、セカンダリ バックホール アクセス機能はサポートされていません。


バックグラウンド スキャン機能の状態を表示するには、次のコマンドを入力します。

> show mesh background-scanning
 
Background Scanning State: enabled

show mesh backhaul rate-adapt

メッシュ ネットワーク上のクライアントがバックホール チャネルにアクセスできるかどうか、およびどのサービス レベルでアクセスできるかを表示するには、 show mesh backhaul rate-adapt コマンドを使用します。

show mesh backhaul rate-adapt

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

mesh

メッシュ アクセス ポイントの設定(屋内または屋外)。

backhaul

バックホール機能の状態を表示します。

rate-adapt

どのサービス レベルでのバックホール クライアント アクセスが設定されているかを表示します。

All では、 ユニバーサル アクセス 権限がクライアントに許可されます。

Bronze では、 バックグラウンド レベル のクライアント アクセス権限がクライアントに許可されます。

Silver では、 ベスト エフォート レベル のクライアント アクセス権限がクライアントに許可されます。

Gold では、 ビデオ レベル のクライアント アクセス権限がクライアントに許可されます。

Platinum では、 ボイス レベル のクライアント アクセス権限がクライアントに許可されます。

バックホール レート適応機能の状態を表示するには、次のコマンドを入力します。

> show mesh backhaul rate-adapt
 
Bronze Queue..................................... Disabled
Gold Queue....................................... Enabled
Platinum Queue................................... Disabled
Silver Queue..................................... Disabled

show mesh cac

メッシュ ネットワークで使用中または使用可能な Call Admission Control(CAC; コール アドミッション制御)トポロジと帯域幅を表示するには、show mesh cac コマンドを使用します。

show mesh cac { summary | { bwused { voice | video } | access | callpath | rejected } cisco_ap }

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

mesh

メッシュ アクセス ポイントの設定(屋内または屋外)。

cac

コール アドミッション制御の設定。

summary

各メッシュ アクセス ポイントで使用されているボイス コールとボイス帯域幅の合計。

bwused

選択されたアクセス ポイントの帯域幅をツリー トポロジで表示します。

access

進行中のアクセス ボイス コールをツリー トポロジで表示します。

callpath

メッシュ ツリーにまたがって分配されているコール帯域幅を表示します。

rejected

帯域幅が不十分なために拒否されたボイス コールをツリー トポロジで表示します。

voice

使用中または使用可能なメッシュ トポロジとボイス帯域幅を表示します。

video

使用中または使用可能なメッシュ トポロジとビデオ帯域幅を表示します。

cisco_ap

メッシュ アクセス ポイント名を指定します。

> show mesh cac summary
 
AP Name Slot# Radio BW Used/Max Calls
----------------- ------- ----- ----------- -----
SB_RAP1 0 11b/g 0/23437 0
1 11a 0/23437 0
SB_MAP1 0 11b/g 0/23437 0
1 11a 0/23437 0
SB_MAP2 0 11b/g 0/23437 0
1 11a 0/23437 0
SB_MAP3 0 11b/g 0/23437 0
1 11a 0/23437 0
 
> show mesh cac bwused voice SB_MAP1
 
AP Name Slot# Radio BW Used/Max
------------- ------- ----- -----------
SB_RAP1 0 11b/g 0/23437
1 11a 0/23437
| SB_MAP1 0 11b/g 0/23437
1 11a 0/23437
|| SB_MAP2 0 11b/g 0/23437
1 11a 0/23437
||| SB_MAP3 0 11b/g 0/23437
1 11a 0/23437
 
> show mesh cac access 1524_Map1
 
AP Name Slot# Radio Calls
------------- ------- ----- -----
1524_Rap 0 11b/g 0
1 11a 0
2 11a 0
| 1524_Map1 0 11b/g 0
1 11a 0
2 11a 0
|| 1524_Map2 0 11b/g 0
1 11a 0
2 11a 0

show mesh client-access

バックホール クライアント アクセス設定を表示するには、show mesh client-access コマンドを使用します。

show mesh client-access

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

mesh

メッシュ アクセス ポイントの設定(屋内または屋外)。

client-access

バックホール クライアント アクセス設定を表示します。

> show mesh client-access
Backhaul with client access status: enabled

 
関連コマンド

config mesh client-access

show mesh config

メッシュ設定を表示するには、 show mesh config コマンドを使用します。

show mesh config

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

mesh

メッシュ アクセス ポイントの設定(屋内または屋外)。

config

グローバル メッシュ設定を表示します。

グローバル メッシュ設定を表示するには、次のコマンドを入力します。

(Sandbox_WLC_01) >show mesh config
 
Mesh Range....................................... 12000
Backhaul with client access status............... disabled
Background Scanning State........................ enabled
 
Mesh Security
Security Mode................................. EAP
External-Auth................................. disabled
Use MAC Filter in External AAA server......... disabled
Force External Authentication................. disabled
 
Mesh Alarm Criteria
Max Hop Count................................. 4
Recommended Max Children for MAP.............. 10
Recommended Max Children for RAP.............. 20
Low Link SNR.................................. 12
High Link SNR................................. 60
Max Association Number........................ 10
Association Interval.......................... 60 minutes
Parent Change Numbers......................... 3
Parent Change Interval........................ 60 minutes
 
Mesh Multicast Mode.............................. In-Out
Mesh Full Sector DFS............................. enabled
 
Mesh Ethernet Bridging VLAN Transparent Mode..... enabled

 
関連コマンド

メッシュ設定コマンド

show mesh env

メッシュ ネットワークのグローバル環境または特定の環境の要約情報を表示するには、show mesh env コマンドを使用します。

show mesh env { summary | cisco_ap }

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

mesh

メッシュ アクセス ポイントの設定(屋内または屋外)。

env

メッシュ環境設定を表示します。

summary

グローバル環境の要約情報を表示します。

cisco_ap

環境の要約情報を要求する対象のアクセス ポイントの名前。

> show mesh env summary
 
AP Name Temperature(C) Heater Ethernet Battery
------------------ -------------- ------ -------- -------
ap1130:5f:be:90 N/A N/A DOWN N/A
AP1242:b2.31.ea N/A N/A DOWN N/A
AP1131:f2.8d.92 N/A N/A DOWN N/A
AP1131:46f2.98ac N/A N/A DOWN N/A
ap1500:62:39:70 -36 OFF UP N/A
 
> show mesh env SB_RAP1
 
AP Name.......................................... SB_RAP1
AP Model......................................... AIR-LAP1522AG-A-K9
AP Role.......................................... RootAP
 
Temperature...................................... 21 C, 69 F
Heater........................................... OFF
Backhaul......................................... GigabitEthernet0
 
GigabitEthernet0 Status.......................... UP
Duplex....................................... FULL
Speed........................................ 100
Rx Unicast Packets........................... 114754
Rx Non-Unicast Packets....................... 1464
Tx Unicast Packets........................... 9630
Tx Non-Unicast Packets....................... 3331
GigabitEthernet1 Status.......................... DOWN
POE Out........................................ OFF
 
Battery.......................................... N/A

 
関連コマンド

メッシュ設定コマンド

show mesh neigh

特定のメッシュ アクセス ポイントのメッシュ ネイバーに関する要約情報または詳細情報を表示するには、 show mesh neigh コマンドを使用します。

show mesh neigh { detail | summary } cisco_ap

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

mesh

メッシュ設定。

neigh

メッシュ アクセス ポイントのネイバーを表示します。

detail | summary

detail を入力すると、指定されたメッシュ アクセス ポイントとそのネイバー間のチャネルと Signal-to-Noise Ratio(SNR; 信号対雑音比)の詳細が表示されます。

summary を入力すると、指定されたメッシュ アクセス ポイントのメッシュ ネイバーが表示されます。

cisco_ap

Cisco Lightweight アクセス ポイント名。

アクセス ポイント ap1500:62:39:70 のネイバーの要約を表示するには、次のコマンドを入力します。

> show mesh neighbor summary ap1500:62:39:70
 
AP Name/Radio Mac Channel Snr-Up Snr-Down Link-Snr Flags State
----------------- ------- ------ -------- -------- ------ -------
mesh-45-rap1 165 15 18 16 0x86b UPDATED NEIGH PARENT BEACON
00:0B:85:80:ED:D0 149 5 6 5 0x1a60 NEED UPDATE BEACON DEFAULT
00:17:94:FE:C3:5F 149 7 0 0 0x860 BEACON
 

アクセス ポイント ap1500:62:39:70 のネイバーの詳細な統計情報を表示するには、次のコマンドを入力します。

> show mesh neigh detail ap1500:62:39:70

 
関連コマンド

show mesh config
show mesh env

show mesh path

メッシュ アクセス ポイントとそのネイバー間のリンクについて、そのチャネルと Signal-to-Noise Ratio(SNR; 信号対雑音比)の詳細を表示するには、 show mesh path コマンドを使用します。

show mesh path cisco_ap

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

mesh

メッシュ設定。

path

指定されたリンク パスのチャネルと SNR の詳細を表示します。

cisco_ap

メッシュ アクセス ポイント名。

> show mesh path mesh-45-rap1
 
AP Name/Radio Mac Channel Snr-Up Snr-Down Link-Snr Flags State
----------------- ------- ------ -------- -------- ------ -------
mesh-45-rap1 165 15 18 16 0x86b UPDATED NEIGH PARENT BEACON
mesh-45-rap1 is a Root AP.

show mesh per-stats

指定されたメッシュ アクセス ポイントのネイバーによって転送されたパケットのパケット エラーの割合を表示するには、 show mesh per-stats コマンドを使用します。

show mesh per-stats AP_name

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

mesh

メッシュ アクセス ポイントの設定(屋内または屋外)。

per-stats

隣接アクセス ポイントを経由して転送されたパケット エラーの割合。

AP_name

メッシュ アクセス ポイントの名前。

 
使用上のガイドライン

パケット エラーの割合は、正常に転送されたパケットの数(1)を、転送されたパケットの合計で割った値になります。

ネイバーからメッシュ アクセス ポイント ap_12 に転送されたパケットのパケット エラーの割合を表示するには、次のコマンドを入力します。

> show mesh per-stats ap_12
 
Neighbor MAC Address 00:0B:85:5F:FA:F0
Total Packets transmitted: 104833
Total Packets transmitted successfully: 104833
Total Packets retried for transmission: 33028
Neighbor MAC Address: 00:0B:85:80:ED:D0
Total Packets transmitted: 0
Total Packets transmitted successfully: 0
Total Packets retried for transmission: 0
Neighbor MAC Address: 00:17:94:FE:C3:5F
Total Packets transmitted: 0
Total Packets transmitted successfully: 0
Total Packets retried for transmission: 0

show mesh queue-stats

特定のメッシュ アクセス ポイントについてクライアント アクセス キュー内のパケット数をキュー タイプ別に表示するには、 show mesh queue-stats コマンドを使用します。

show mesh queue-stats

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

mesh

メッシュ アクセス ポイントの設定(屋内または屋外)。

queue-stats

クライアント アクセス キューのパケット キューの統計情報。

ap_name

パケット キューの統計情報を必要とする対象のアクセス ポイントの数。

アクセス ポイント ap417 のパケット キューの統計情報を表示するには、次のコマンドを入力します。

> show mesh queue-stats ap417
 
Queue Type Overflows Peak length Average length
---------- --------- ----------- --------------
Silver 0 1 0.000
Gold 0 4 0.004
Platinum 0 4 0.001
Bronze 0 0 0.000
Management 0 0 0.000

show mesh public-safety

4.8GHz 公安設定を表示するには、 show mesh public-safety コマンドを使用します。

show mesh public-safety

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

mesh

メッシュ アクセス ポイントの設定(屋内または屋外)。

public-safety

4.8GHz 公安チャネルの設定を表示します。

4.8GHz 公安設定を表示するには、次のコマンドを入力します。

> show mesh public-safety
 
Global Public Safety status: disabled

show mesh secbh-stats

メッシュ ネットワーク内のセカンダリ バックホール アクセスのキューの統計情報を表示するには、 show mesh secbh-stats コマンドを使用します。

show mesh secbh-stats cisco_ap

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

mesh

メッシュ アクセス ポイントの設定(屋内または屋外)。

secbh-stats

セカンダリ バックホールの統計情報。

cisco_ap

統計情報の表示に選択されたメッシュ アクセス ポイント。

 
使用上のガイドライン


) リリース 5.2 の Cisco 1520 および 1524 屋内メッシュ アクセス ポイントでは、セカンダリ バックホール アクセス機能はサポートされていません。


アクセス ポイント SB_RAP1 のセカンダリ バックホール アクセスの統計情報を表示するには、次のコマンドを入力します。

> show mesh secbh-stats SB_RAP1
 
Radio Type: 802.11BG
Queue:Silver:
Packet retries: 0
Packets dropped after max retries: 0
Queue:Gold:
Packet retries: 0
Packets dropped after max retries: 0
Queue:Platinum:
Packet retries: 0
Packets dropped after max retries: 0
 
Radio Type: 802.11A
Queue:Silver:
Packet retries: 0
Packets dropped after max retries: 0
Queue:Gold:
Packet retries: 0
Packets dropped after max retries: 0
Queue:Platinum:
Packet retries: 0
Packets dropped after max retries: 0

show mesh secondary-backhaul

メッシュ セカンダリ バックホール設定の現在の状態を表示するには、 show mesh secondary-backhaul コマンドを使用します。

show mesh secondary-backhaul

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

mesh

メッシュ アクセス ポイントの設定(屋内または屋外)。

secondary-backhaul

セカンダリ バックホール設定。

 
使用上のガイドライン


) リリース 5.2 の Cisco 1520 および 1524 屋内メッシュ アクセス ポイントでは、セカンダリ バックホール アクセス機能はサポートされていません。


> show mesh secondary-backhaul
 
MESH secondary-backhaul: enabled

show mesh security-stats

特定のアクセス ポイントのパケット エラー統計情報を表示するには、 show mesh security-stats コマンドを使用します。

show mesh security-stats ap_name

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

mesh

メッシュ アクセス ポイントの設定(屋内または屋外)。

ap_name

パケット エラー統計情報を表示する対象のアクセス ポイントの名前。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、指定されたアクセス ポイントとその子のアクセス ポイントについて、アソシエーションと認証、および再アソシエーションと再認証に関連して、パケット エラー統計情報と、失敗数、タイムアウト数、および成功数を表示します。

アクセス ポイント ap417 のパケット エラー統計情報を表示するには、次のコマンドを入力します。

> show mesh security-stats ap417
 
AP MAC : 00:0B:85:5F:FA:F0
Packet/Error Statistics:
-----------------------------
x Packets 14, Rx Packets 19, Rx Error Packets 0
Parent-Side Statistics:
--------------------------
Unknown Association Requests 0
Invalid Association Requests 0
Unknown Re-Authentication Requests 0
Invalid Re-Authentication Requests 0
Unknown Re-Association Requests 0
Invalid Re-Association Requests 0
Unknown Re-Association Requests 0
Invalid Re-Association Requests 0
Child-Side Statistics:
--------------------------
Association Failures 0
Association Timeouts 0
Association Successes 0
Authentication Failures 0
Authentication Timeouts 0
Authentication Successes 0
Re-Association Failures 0
Re-Association Timeouts 0
Re-Association Successes 0
Re-Authentication Failures 0
Re-Authentication Timeouts 0
Re-Authentication Successes 0

show mesh stats

Cisco Lightweight アクセス ポイントのメッシュ統計情報を表示するには、 show mesh stats コマンドを使用します。

show mesh stats cisco_ap

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

mesh

メッシュ設定。

stats

Cisco Lightweight アクセス ポイントの統計情報を表示します。

cisco_ap

Cisco Lightweight アクセス ポイント名。

 
デフォルト

なし。

> show mesh stats RAP_ap1
 
RAP in state Maint
rxNeighReq 759978, rxNeighRsp 568673
txNeighReq 115433, txNeighRsp 759978
rxNeighUpd 8266447 txNeighUpd 693062
tnextchan 0, nextant 0, downAnt 0, downChan 0, curAnts 0
tnextNeigh 0, malformedNeighPackets 244, poorNeighSnr 27901
blacklistPackets 0, insufficientMemory 0
authenticationFailures 0
Parent Changes 1, Neighbor Timeouts 16625

show mgmtuser

Cisco Wireless LAN Controller のローカル管理ユーザ アカウントを表示するには、 show mgmtuser コマンドを使用します。

show mgmtuser

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

mgmtuser

管理ユーザのリスト。

> show mgmtuser
 
User Name Permissions Description
----------------------- ------------ --------------------------------
admin read-write

 
関連コマンド

config mgmtuser add
config mgmtuser delete
config mgmtuser password

モビリティ設定の表示コマンド

show mobility コマンドを使用すると、モビリティに関する情報を表示できます。

show mobility anchor

Cisco Wireless LAN Controller モビリティ グループの無線 LAN アンカー エクスポート リストを表示する、あるいは、特定の WLAN または有線ゲスト LAN に対してモビリティ アンカーとして設定されているコントローラのリストとステータスを表示するには、 show mobility anchor コマンドを使用します。

show mobility anchor [ wan wlan_id | guest-lan guest_lan_id ]

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

mobility

モビリティ グループ。

anchor

モビリティ無線 LAN アンカー リストを表示します。

wlan

無線 LAN モビリティ グループの設定。

wlan_id

1 ~ 512 の無線 LAN 識別子。

guest-lan

ゲスト LAN モビリティ グループの設定。

guest_lan_id

1 ~ 5 のゲスト LAN 識別子。

 
デフォルト

なし。

 
使用上のガイドライン

status フィールド(例を参照)には、次のいずれかの値が表示されます。

UP:コントローラはアクセス可能で、データを渡すことができます。

CNTRL_PATH_DOWN:mpings に失敗しました。コントロール パス経由でコントローラにアクセスできないため、エラーが発生したと見なされます。

DATA_PATH_DOWN:epings に失敗しました。コントローラにアクセスできないため、エラーが発生したと見なされます。

CNTRL_DATA_PATH_DOWN:mpings および epings の両方に失敗しました。コントローラにアクセスできないため、エラーが発生したと見なされます。

> show mobility anchor
 
Mobility Anchor Export List
 
WLAN ID IP Address Status
------- --------------- ------
12 192.168.0.15 UP
 
GLAN ID IP Address Status
------- --------------- -------
1 192.168.0.9 CNTRL_DATA_PATH_DOWN

show mobility statistics

Cisco Wireless LAN Controller モビリティ グループの統計情報を表示するには、 show mobility statistics コマンドを使用します。

show mobility statistics

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

mobility

モビリティ グループ。

statistics

Mobility Manager の統計情報を表示します。

 
デフォルト

なし。

> show mobility statistics
 
Global Mobility Statistics
Rx Errors..................................... 0
Tx Errors..................................... 0
Responses Retransmitted....................... 0
Handoff Requests Received..................... 0
Handoff End Requests Received................. 0
State Transitions Disallowed.................. 0
Resource Unavailable.......................... 0
Mobility Initiator Statistics
Handoff Requests Sent......................... 0
Handoff Replies Received...................... 0
Handoff as Local Received..................... 2
Handoff as Foreign Received................... 0
Handoff Denys Received........................ 0
Anchor Request Sent........................... 0
Anchor Deny Received.......................... 0
Anchor Grant Received......................... 0
Anchor Transfer Received...................... 0
Mobility Responder Statistics
Handoff Requests Ignored...................... 0
Ping Pong Handoff Requests Dropped............ 0
Handoff Requests Dropped...................... 0
Handoff Requests Denied....................... 0
Client Handoff as Local....................... 0
Client Handoff as Foreign ................... 0
Client Handoff Inter Group ................... 0
Anchor Requests Received...................... 0
Anchor Requests Denied........................ 0
Anchor Requests Granted....................... 0
Anchor Transferred............................ 0

show mobility summary

Cisco Wireless LAN Controller モビリティ グループの要約情報を表示するには、 show mobility summary コマンドを使用します。

show mobility summary

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

mobility

モビリティ グループ。

summary

Mobility Manager の概要を表示します。

 
デフォルト

なし。

> show mobility summary
 
Symmetric Mobility Tunneling (current) .......... Disabled
Symmetric Mobility Tunneling (after reboot) ..... Disabled
Mobility Protocol Port........................... 16666
Mobility Security Mode........................... Disabled
Default Mobility Domain.......................... snmp_gui
Multicast Mode .................................. Disabled
Mobility Domain ID for 802.11r................... 0x66bd
Mobility Keepalive Interval...................... 10
Mobility Keepalive Count......................... 3
Mobility Group Members Configured................ 1
Mobility Control Message DSCP Value.............. 0
 
Controllers configured in the Mobility Group
MAC Address IP Address Group Name Multicast IP Status
00:1b:d4:6b:87:20 1.100.163.70 snmp_gui 0.0.0.0 Up

) WLAN コントローラの中には、モビリティ セキュリティ モードが表示されないものがあります。


show msglog

Cisco Wireless LAN Controller データベースに書き込まれたメッセージ ログを表示するには、 show msglog コマンドを使用します。15 エントリを超える場合は、例に示すメッセージを表示するよう求められます。

show msglog

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

msglog

メッセージ ログを表示します。

 
デフォルト

なし。

> show msglog
 
Message Log Severity Level..................... ERROR
Thu Aug 4 14:30:08 2005 [ERROR] spam_lrad.c 1540: AP 00:0b:85:18:b6:50 associated. Last AP failure was due to Link Failure
Thu Aug 4 14:30:08 2005 [ERROR] spam_lrad.c 13840: Updating IP info for AP 00:
0b:85:18:b6:50 -- static 0, 1.100.49.240/255.255.255.0, gtw 1.100.49.1
Thu Aug 4 14:29:32 2005 [ERROR] dhcpd.c 78: dhcp server: binding to 0.0.0.0
Thu Aug 4 14:29:32 2005 [ERROR] rrmgroup.c 733: Airewave Director: 802.11a switch group reset
Thu Aug 4 14:29:32 2005 [ERROR] rrmgroup.c 733: Airewave Director: 802.11bg sw
itch group reset
Thu Aug 4 14:29:22 2005 [ERROR] sim.c 2841: Unable to get link state for primary port 0 of interface ap-manager
Thu Aug 4 14:29:22 2005 [ERROR] dtl_l2_dot1q.c 767: Unable to get USP
Thu Aug 4 14:29:22 2005 Previous message occurred 2 times
Thu Aug 4 14:29:14 2005 [CRITICAL] osapi_sem.c 794: Error! osapiMutexTake called with NULL pointer: osapi_bsntime.c:927
Thu Aug 4 14:29:14 2005 [CRITICAL] osapi_sem.c 794: Error! osapiMutexTake called with NULL pointer: osapi_bsntime.c:919
Thu Aug 4 14:29:14 2005 [CRITICAL] hwutils.c 1861: Security Module not found
Thu Aug 4 14:29:13 2005 [CRITICAL] bootos.c 791: Starting code...

 
関連コマンド

show eventlog

show nac statistics

Cisco Wireless LAN Controller の詳細な Network Access Control(NAC; ネットワーク アクセス コントロール)情報を表示するには、 show nac statistics コマンドを使用します。

show nac statistics

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

nac

ネットワーク アクセス コントロール。

statistics

詳細な統計情報。

 
デフォルト

なし。

> show nac statistics
 
Server Index....................................................... 1
Server Address..................................................... xxx.xxx.xxx.xxx
Number of requests sent............................................ 0
Number of retransmissions.......................................... 0
Number of requests received........................................ 0
Number of malformed requests received.............................. 0
Number of bad auth requests received............................... 0
Number of pending requests......................................... 0
Number of timed out requests....................................... 0
Number of misc dropped request received............................ 0
Number of requests sent............................................ 0

show nac summary

Cisco Wireless LAN Controller の NAC 要約情報を表示するには、 show nac summary コマンドを使用します。

show nac summary

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

nac

ネットワーク アクセス コントロール。

summary

要約情報。

> show nac summary
 
NAC ACL Name ...............................................
Index Server Address Port State
----- ---------------------------------------- ---- -----
1 xxx.xxx.xxx.xxx 13336 Enabled

show netuser

このコマンドを使用して、特定の netuser の詳細ログイン情報またはすべてのネットワーク ユーザの要約情報を表示します。

ローカル ユーザ データベース内の特定ユーザの設定を表示:show netuser detail username

ローカル ユーザ データベース内の全ユーザを表示:show netuser summary

 
シンタックスの説明

detail

特定のネットワーク ユーザの詳細情報を表示します。

username

ネットワーク ユーザ名(最大 24 文字の英数字)を指定します。

summary

すべてのネットワーク ユーザの要約情報を表示します。

> show netuser summary
 
Maximum logins allowed for a given user name ........Unlimited
 
> show netuser detail john10
 
User Name........................................... abc
WLAN Id............................................. Any
Lifetime............................................ Permanent
Description......................................... test user

show netuser guest-roles

現行の QoS ロール、およびそれらのロールの帯域幅パラメータのリストを表示するには、show netuser guest-roles コマンドを使用します。

show netuser guest-roles

 
シンタックスの説明

show

パラメータを表示します。

netuser

ローカル ネットワーク ユーザ。

guest-role

ゲスト ユーザの QoS ロール。

> show netuser guest-roles
 
Role Name.............................. Contractor
Average Data Rate.................. 10
Burst Data Rate.................... 10
Average Realtime Rate.............. 100
Burst Realtime Rate................ 100
 
Role Name.............................. Vendor
Average Data Rate.................. unconfigured
Burst Data Rate.................... unconfigured
Average Realtime Rate.............. unconfigured
Burst Realtime Rate................ unconfigured
 

show network

すべての WLAN について 802.3 ブリッジの現在のステータスを表示するには、 show network コマンドを使用します。

show network

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

network

802.3 ブリッジの設定。

 
デフォルト

なし。

> show network

show network summary

Cisco Wireless LAN Controller のネットワーク構成を表示するには、 show network summary コマンドを使用します。

show network summary

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

network

ネットワーク構成の設定。

summary

ネットワーク構成の要約。

 
デフォルト

なし。

> show network summary
 
RF-Network Name............................. RF
Web Mode.................................... Disable
Secure Web Mode............................. Enable
Secure Web Mode Cipher-Option High.......... Disable
Secure Web Mode Cipher-Option SSLv2......... Disable
Secure Shell (ssh).......................... Enable
Telnet...................................... Enable
Ethernet Multicast Mode..................... Disable Mode: Ucast
Ethernet Broadcast Mode..................... Disable
IGMP snooping............................... Disabled
IGMP timeout................................ 60 seconds
User Idle Timeout........................... 300 seconds
ARP Idle Timeout............................ 300 seconds
ARP Unicast Mode............................ Disabled
Cisco AP Default Master..................... Disable
Mgmt Via Wireless Interface................. Disable
Mgmt Via Dynamic Interface.................. Disable
Bridge MAC filter Config.................... Enable
Bridge Security Mode........................ EAP
Over The Air Provisioning of AP's........... Enable
Apple Talk ................................. Disable

show network multicast mgid detail

特定の MGID のマルチキャスト グループに結合されているクライアントをすべて表示するには、 show network multicast mgid detail コマンドを使用します。

show network multicast mgid detail mgid_value

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

network

ネットワーク構成。

mgid_value

550 ~ 4095 の範囲内の数。

 
デフォルト

なし。

> show network multicast mgid detail
 
Mgid ............................... 550
Multicast Group Address ............ 239.255.255.250
Vlan ............................... 0
Rx Packet Count .................... 807399588
No of clients ...................... 1
Client List ........................
Client MAC Expire TIme (mm:ss)
00:13:02:23:82:ad 0:20

show network multicast mgid summary

すべてのマルチキャスト グループと対応する MGID を表示するには、 show network multicast mgid summary コマンドを使用します。

show network multicast mgid summary

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

network

ネットワーク構成。

> show network multicast mgid summary
 
Layer2 MGID Mapping:
-------------------
InterfaceName vlanId MGID
----------------------------- ------ -----
management 0 0
test 0 9
wired 20 8
 
Layer3 MGID Mapping:
-------------------
Number of Layer3 MGIDs ................ 1
 
Group address Vlan MGID
------------------ ----- ------
239.255.255.250 0 550
 

show nmsp notify-interval summary

Network Mobility Services Protocol(NMSP; ネットワーク モビリティ サービス プロトコル)の設定を表示するには、 show nmsp notify-interval summary コマンドを使用します。

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

>show nmsp notify-interval summary
 
NMSP Notification Interval Summary
 
Client
Measurement interval: 2 sec
RFID
Measurement interval: 8 sec
Rogue AP
Measurement interval: 2 sec
Rogue Client
Measurement interval: 2 sec

show nmsp statistics

Network Mobility Services Protocol(NMSP; ネットワーク モビリティ サービス プロトコル)カウンタを表示するには、 show nmsp statistics コマンドを使用します。

show nmsp statistics { summary | connection all }

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

nmsp

ネットワーク モビリティ サービス プロトコルの設定。

statistics

NMSP カウンタを表示します。

summary

共通 NMSP カウンタを表示します。

connection all

接続固有のカウンタをすべて表示します。

共通 NMSP カウンタの要約を表示するには、次のコマンドを入力します。

> show nmsp statistics summary
 
Send RSSI with no entry: 0
Send too big msg: 0
Failed SSL write: 0
Partial SSL write: 0
SSL write attempts to want write:
Transmit Q full:0
Max Measure Notify Msg: 0
Max Info Notify Msg: 0
Max Tx Q Size: 2
Max Rx Size: 1
Max Info Notify Q Size: 0
 
Max Client Info Notify Delay: 0
Max Rogue AP Info Notify Delay: 0
Max Rogue Client Info Notify Delay: 0
Max Client Measure Notify Delay: 0
Max Tag Measure Notify Delay: 0
Max Rogue AP Measure Notify Delay: 0
Max Rogue Client Measure Notify Delay: 0
Max Client Stats Notify Delay: 0
Max Tag Stats Notify Delay: 0
RFID Measurement Periodic : 0
RFID Measurement Immediate : 0
Reconnect Before Conn Timeout: 0
 

接続固有の NMSP カウンタをすべて表示するには、次のコマンドを入力します。

> show nmsp statistics connection all
 
NMSP Connection Counters
Connection 1 :
Connection status: UP
Freed Connection: 0
Nmsp Subscr Req: 0 NMSP Subscr Resp: 0
Info Req: 1 Info Resp: 1
Measure Req: 2 Measure Resp: 2
Stats Req: 2 Stats Resp: 2
Info Notify: 0 Measure Notify: 0
Loc Capability: 2
Location Req: 0 Location Rsp: 0
Loc Subscr Req: 0 Loc Subscr Rsp: 0
Loc Notif: 0
Loc Unsubscr Req: 0 Loc Unsubscr Rsp: 0
IDS Get Req: 0 IDS Get Resp: 0
IDS Notif: 0
IDS Set Req: 0 IDS Set Resp: 0

show nmsp status

アクティブな Network Mobility Services Protocol(NMSP; ネットワーク モビリティ サービス プロトコル)接続のステータスを表示するには、show nmsp status コマンドを使用します。

show nmsp status

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

>show nmsp status
 
LocServer IP TxEchoResp RxEchoReq TxData RxData
-------------- ----------- --------- ------- -------
171.71.132.158 21642 21642 51278 21253

show pmk-cache

Pairwise Master Key(PMK)キャッシュの情報を表示するには、 show port コマンドを使用します。

show pmk-cache { all | MAC }

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

pmk-cache

PMK キャッシュの設定。

all

PMK キャッシュのすべてのエントリに関する情報を表示します。

MAC

PMK キャッシュの単一エントリに関する情報を表示します。

> show pmk-cache xx:xx:xx:xx:xx:xx
 
 
> show pmk-cache all
 
PMK Cache
Entry
Station Lifetime VLAN Override IP Override
----------------- -------- -------------------- ---------------

 
関連コマンド

config pmk-cache delete

show port

Cisco Wireless LAN Controller のポート設定を個別にまたはグローバルに表示するには、 show port コマンドを使用します。

show port { port | summary }

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

port

Cisco Wireless LAN Controller ポート。

port | summary

個々のポートまたはすべてのポート。

> show port 1
 
STP Admin Physical Physical Link Link Mcast
Pr Type Stat Mode Mode Status Status Trap Appliance POE
-- ------- ---- ------- ---------- ---------- ------ ------- --------- -------
1 Normal Disa Enable Auto 1000 Full Down Enable Enable N/A

) 一部の WLAN コントローラでは、マルチキャスト機能または Power over Ethernet(PoE)機能がサポートされていないため、これらの機能は表示されません。


 
> show port summary
 
STP Admin Physical Physical Link Link Mcast
Pr Type Stat Mode Mode Status Status Trap Appliance POE
-- ------- ---- ------- ---------- ---------- ------ ------- --------- -------
1 Normal Forw Enable Auto 1000 Full Up Enable Enable N/A
2 Normal Disa Enable Auto 1000 Full Down Enable Enable N/A
3 Normal Disa Enable Auto 1000 Full Down Enable Enable N/A
4 Normal Disa Enable Auto 1000 Full Down Enable Enable N/A
 

) 一部の WLAN コントローラは、物理ポートが 1 つしかないため、ポートが 1 つしか表示されません。


show process

システムのさまざまなプロセスがその瞬間に CPU をどの程度使用しているのかを表示するには、 show process コマンドを使用します。

show process { cpu | memory }

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

process

システム タスクの設定。

cpu

さまざまなシステム タスクがその瞬間に CPU をどの程度使用しているのかを表示します。

memory

システムのさまざまなプロセスに対するその瞬間のメモリの割り当ておよび割り当て解除を表示します。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、1 つのタスクが CPU を独占していて他のタスクの実行を妨げているかどうかを把握するのに便利です。

システムのさまざまなタスクが、ある瞬間に CPU をどの程度使用しているのかを表示するには、次のコマンドを入力します。

> show process cpu
 
Name Priority CPU Use Reaper
reaperWatcher ( 3/124) 0 % ( 0/ 0)% I
osapiReaper (10/121) 0 % ( 0/ 0)% I
TempStatus (255/ 1) 0 % ( 0/ 0)% I
emWeb (255/ 1) 0 % ( 0/ 0)% T 300
cliWebTask (255/ 1) 0 % ( 0/ 0)% I
UtilTask (255/ 1) 0 % ( 0/ 0)% T 300
 

システムのさまざまなプロセスに対する、ある瞬間のメモリの割り当ておよび割り当て解除を表示するには、次のコマンドを入力します。

> show process memory
 
Name Priority BytesinUse Reaper
reaperWatcher ( 3/124) 0 ( 0/ 0)% I
osapiReaper (10/121) 0 ( 0/ 0)% I
TempStatus (255/ 1) 308 ( 0/ 0)% I
emWeb (255/ 1) 294440 ( 0/ 0)% T 300
cliWebTask (255/ 1) 738 ( 0/ 0)% I
UtilTask (255/ 1) 308 ( 0/ 0)% T 300

 
関連コマンド

debug memory
transfer upload datatype

show qos queue_length all

Quality of Service(QoS)情報(キューの長さ)を表示するには、 show qos コマンドを使用します。

show qos queue_length all

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

qos

Quality of Service(QoS)情報。

queue_length all

キューの長さを表示します。

> show qos queue_length all
 
Platinum queue length.......................... 255
Gold queue length.............................. 255
Silver queue length............................ 150
Bronze queue length............................ 100

 
関連コマンド

config qos

RADIUS 設定の表示コマンド

show radius コマンドを使用すると、RADIUS サーバに関する情報を表示できます。

show radius acct statistics

Cisco Wireless LAN Controller の RADIUS アカウンティング サーバの統計情報を表示するには、 show radius acct statistics コマンドを使用します。

show radius acct statistics

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

radius acct

RADIUS アカウンティング サーバ。

statistics

RADIUS アカウンティング サーバの統計情報を表示します。

 
デフォルト

なし。

> show radius acct statistics
 
Accounting Servers:
Server Index..................................... 1
Server Address................................... 10.1.17.10
Msg Round Trip Time.............................. 0 (1/100 second)
First Requests................................... 0
Retry Requests................................... 0
Accounting Responses............................. 0
Malformed Msgs................................... 0
Bad Authenticator Msgs........................... 0
Pending Requests................................. 0
Timeout Requests................................. 0
Unknowntype Msgs................................. 0
Other Drops...................................... 0

show radius auth statistics

Cisco Wireless LAN Controller の RADIUS 認証サーバの統計情報を表示するには、 show radius auth statistics コマンドを使用します。

show radius auth statistics

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

radius auth

RADIUS 認証サーバ。

statistics

RADIUS 認証サーバの統計情報を表示します。

 
デフォルト

なし。

> show radius auth statistics
 
Authentication Servers:
Server Index..................................... 1
Server Address................................... 1.1.1.1
Msg Round Trip Time.............................. 0 (1/100 second)
First Requests................................... 0
Retry Requests................................... 0
Accept Responses................................. 0
Reject Responses................................. 0
Challenge Responses.............................. 0
Malformed Msgs................................... 0
Bad Authenticator Msgs........................... 0
Pending Requests................................. 0
Timeout Requests................................. 0
Unknowntype Msgs................................. 0
Other Drops...................................... 0

 
関連コマンド

show radius acct statistics
show radius summary

show radius rfc3576 statistics

Cisco Wireless LAN Controller の RADIUS rfc3576 サーバの統計情報を表示するには、 show radius rfc3576 statistics コマンドを使用します。

show radius rfc3576 statistics

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

radius rfc3576

RADIUS RFC3576 サーバ。

statistics

RADIUS RFC-3576 サーバの統計情報を表示します。

 
使用上のガイドライン

RFC 3576 は RADIUS プロトコルに対する拡張で、ユーザ セッションの動的な変更を可能にします。これにはユーザの接続解除およびユーザ セッションに適用可能な認証の変更に対するサポートが含まれ、Disconnect および Change-of-Authorization(CoA)メッセージに対するサポートが提供されます。Disconnect メッセージはユーザ セッションをただちに終了させ、CoA メッセージはデータ フィルタなどセッションの認証属性を変更します。

> show radius rfc3576 statistics
 
RFC-3576 Servers:
Server Index..................................... 1
Server Address................................... 10.1.17.10
Msg Round Trip Time.............................. 0 (1/100 second)
First Requests................................... 0
Retry Requests................................... 0
Accounting Responses............................. 0
Malformed Msgs................................... 0
Bad Authenticator Msgs........................... 0
Pending Requests................................. 0
Timeout Requests................................. 0
Unknown type Msgs................................. 0
Other Drops...................................... 0

 
関連コマンド

show radius auth statistics
show radius summary
show radius rfc3576

show radius summary

RADIUS 認証およびアカウンティング サーバの要約を表示するには、 show radius summary コマンドを使用します。

show radius summary

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

radius

RADIUS 認証サーバ。

summary

サーバの概要。

 
デフォルト

なし。

> show radius summary
 
Vendor Id Backward Compatibility................. Disabled
Credentials Caching.............................. Disabled
Call Station Id Type............................. IP Address
Administrative Authentication via RADIUS......... Enabled
 
Authentication Servers
 
Index Type Server Address Port State Tout RFC-3576 IPSec - AuthMod
e/Phase1/Group/Lifetime/Auth/Encr
----- ---- ---------------- ------ -------- ---- -------- ---------------
---------------------------------
 
Accounting Servers
 
Index Type Server Address Port State Tout RFC-3576 IPSec - AuthMod
e/Phase1/Group/Lifetime/Auth/Encr
----- ---- ---------------- ------ -------- ---- -------- ---------------
---------------------------------

 
関連コマンド

show radius auth statistics
show radius acct statistics

RFID 表示コマンド

show rfid コマンドを使用すると、無線周波数 ID の設定を表示できます。

show rfid client

クライアントとしてコントローラに関連付けられている RFID タグを一覧表示するには、 show rfid client コマンドを使用します。

show rfid client

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
使用上のガイドライン

RFID タグがクライアント モードではない場合、上記のフィールドは空白になります。

RFID タグがクライアント モードである場合、次のような情報が表示されます。

> show rfid client
 
------------------ -------- --------- ----------------- ------ ----------------
Heard
RFID Mac VENDOR Sec Ago Associated AP Chnl Client State
------------------ -------- --------- ----------------- ------ ----------------
 
00:14:7e:00:0b:b1 Pango 35 AP0019.e75c.fef4 1 Probing

 
関連コマンド

config rfid
show rfid config
show rfid detail
show rfid summary

show rfid config

このコマンドを使用して、現在の RFID 設定を表示します。

show rfid config

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

> show rfid config
 
RFID Tag Data Collection ............................... Enabled
RFID Tag Auto-Timeout .................................. Enabled
RFID Client Data Collection ............................ Disabled
RFID Data Timeout ...................................... 200 seconds
 

 
関連コマンド

config rfid
show rfid detail
show rfid summary

show rfid detail

このコマンドを使用して、特定のタグの詳細な RFID 情報を表示します。

show rfid detail mac_address

 
シンタックスの説明

mac_address

RFID タグの MAC アドレスを指定します。

> show rfid detail 32:21:3a:51:01:02
 
RFID address..................................... 00:12:b8:00:20:52
Vendor........................................... G2
Last Heard....................................... 51 seconds ago
Packets Received................................. 2
Bytes Received................................... 324
Cisco Type.......................................
 
Content Header
=================
Version.......................................... 0
Tx Power......................................... 12 dBm
Channel.......................................... 1
Reg Class........................................ 12
Burst Length..................................... 1
 
CCX Payload
===========
Last Sequence Control............................ 0
Payload length................................... 127
Payload Data Hex Dump
 
01 09 00 00 00 00 0b 85 52 52 52 02 07 4b ff ff
7f ff ff ff 03 14 00 12 7b 10 48 53 c1 f7 51 4b
50 ba 5b 97 27 80 00 67 00 01 03 05 01 42 34 00
00 03 05 02 42 5c 00 00 03 05 03 42 82 00 00 03
05 04 42 96 00 00 03 05 05 00 00 00 55 03 05 06
42 be 00 00 03 02 07 05 03 12 08 10 00 01 02 03
04 05 06 07 08 09 0a 0b 0c 0d 0e 0f 03 0d 09 03
08 05 07 a8 02 00 10 00 23 b2 4e 03 02 0a 03
 
Nearby AP Statistics:
lap1242-2(slot 0, chan 1) 50 seconds ag.... -76 dBm
lap1242(slot 0, chan 1) 50 seconds ago..... -65 dBm

 
関連コマンド

config rfid
show rfid config

show rfid summary

このコマンドを使用して、特定のタグの詳細な RFID 情報を表示します。

show rfid summary

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

> show rfid summary
 
Total Number of RFID : 5
----------------- -------- ------------------ ------ ---------------------
RFID ID VENDOR Closest AP RSSI Time Since Last Heard
----------------- -------- ------------------ ------ ---------------------
 
00:04:f1:00:00:04 Wherenet ap:1120 -51 858 seconds ago
00:0c:cc:5c:06:d3 Aerosct ap:1120 -51 68 seconds ago
00:0c:cc:5c:08:45 Aerosct AP_1130 -54 477 seconds ago
00:0c:cc:5c:08:4b Aerosct wolverine -54 332 seconds ago
00:0c:cc:5c:08:52 Aerosct ap:1120 -51 699 seconds ago
 

 
関連コマンド

config rfid
show rfid config
show rfid detail

不正表示コマンド

show rogue コマンドを使用すると、未検証の(不正な)デバイス設定を表示できます。

show rogue adhoc detailed

Cisco Wireless LAN Controller によって検出されたアドホックの不正なアクセス ポイントの詳細を表示するには、 show rogue adhoc client detailed コマンドを使用します。

show rogue adhoc detailed MAC

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

rogue adhoc

アドホックの不正なアクセス ポイント。

detailed

詳細情報を表示します。

MAC

アドホックの不正なアクセス ポイントの MAC アドレス。

> show rogue adhoc detailed 02:61:ce:8e:a8:8c
 
Adhoc Rogue MAC address.......................... 02:61:ce:8e:a8:8c
Adhoc Rogue BSSID................................ 02:61:ce:8e:a8:8c
State............................................ Alert
First Time Adhoc Rogue was Reported.............. Tue Dec 11 20:45:45 2007
Last Time Adhoc Rogue was Reported............... Tue Dec 11 20:45:45 2007
Reported By
AP 1
MAC Address.............................. 00:14:1b:58:4a:e0
Name..................................... AP0014.1ced.2a60
Radio Type............................... 802.11b
SSID..................................... rf4k3ap
Channel.................................. 3
RSSI..................................... -56 dBm
SNR...................................... 15 dB
Encryption............................... Disabled
ShortPreamble............................ Disabled
WPA Support.............................. Disabled
Last reported by this AP............... Tue Dec 11 20:45:45 2007
 

show rogue adhoc summary

Cisco Wireless LAN Controller によって検出されたアドホックの不正なアクセス ポイントの要約情報を表示するには、 show rogue adhoc summary コマンドを使用します。

show rogue adhoc summary

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

rogue adhoc

アドホックの不正なアクセス ポイント。

summary

すべてのアドホックの不正なアクセス ポイントを表示します。

> show rogue adhoc summary
Detect and report Ad-Hoc Networks................ Enabled
 
Client MAC Address Adhoc BSSID State # APs Last Heard
------------------ ----------- ----- --- -------
xx:xx:xx:xx:xx:xx super Alert 1 Sat Aug 9 21:12:50 2004
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Aug 9 21:12:50 2003
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Sat Aug 9 21:10:50 2003

show rogue ap clients

Cisco Wireless LAN Controller によって検出された不正なアクセス ポイント クライアントの詳細を表示するには、 show rogue ap clients コマンドを使用します。

show rogue ap clients ap_mac_address

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

rogue ap

不正なアクセス ポイント。

clients

要約情報。

ap_mac_address

不正なアクセス ポイントの MAC アドレス。

> show rogue ap clients xx:xx:xx:xx:xx:xx
MAC Address State # APs Last Heard
----------------- ------------------ ----- -------------------------
00:bb:cd:12:ab:ff Alert 1 Fri Nov 30 11:26:23 2007
 

show rogue ap detailed

Cisco Wireless LAN Controller によって検出された不正なアクセス ポイントの詳細を表示するには、 show rogue-ap detailed コマンドを使用します。

show rogue ap detailed ap_mac_address

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

rogue ap

不正なアクセス ポイント。

detailed

詳細情報を表示します。

ap_mac_address

不正なアクセス ポイントの MAC アドレス。

> show rogue ap detailed xx:xx:xx:xx:xx:xx
 
Rogue BSSID...................................... 00:0b:85:63:d1:94
Is Rogue on Wired Network........................ No
Classification................................... Unclassified
State............................................ Alert
First Time Rogue was Reported.................... Fri Nov 30 11:24:56 2007
Last Time Rogue was Reported..................... Fri Nov 30 11:24:56 2007
Reported By
AP 1
MAC Address.............................. 00:12:44:bb:25:d0
Name..................................... HReap
Radio Type............................... 802.11g
SSID..................................... edu-eap
Channel.................................. 6
RSSI..................................... -61 dBm
SNR...................................... -1 dB
Encryption............................... Enabled
ShortPreamble............................ Enabled
WPA Support.............................. Disabled
Last reported by this AP.............. Fri Nov 30 11:24:56 2007
 

show rogue ap summary

Cisco Wireless LAN Controller によって検出された不正なアクセス ポイントの要約を表示するには、 show rogue-ap summary コマンドを使用します。

show rogue ap summary

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

rogue ap

不正なアクセス ポイント。

summary

すべての不正なアクセス ポイントを一覧表示します。

> show rogue ap summary
 
Rogue Location Discovery Protocol................ Disabled
Rogue ap timeout................................. 1200
 
MAC Address Classification # APs # Clients Last Heard
----------------- ------------------ ----- --------- -----------------------
xx:xx:xx:xx:xx:xx friendly 1 0 Thu Aug 4 18:57:11 2005
xx:xx:xx:xx:xx:xx malicious 1 0 Thu Aug 4 19:00:11 2005
xx:xx:xx:xx:xx:xx malicious 1 0 Thu Aug 4 18:57:11 2005
xx:xx:xx:xx:xx:xx malicious 1 0 Thu Aug 4 18:57:11 2005

show rogue ap friendly summary

コントローラによって検出されたフレンドリな不正なアクセス ポイントを一覧表示するには、 show rogue-ap friendly summary コマンドを使用します。

show rogue ap friendly summary

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

rogue ap

不正なアクセス ポイント。

friendly

フレンドリな不正なアクセス ポイント。

summary

すべての不正なアクセス ポイントを一覧表示します。

> show rogue ap friendly summary
 
Number of APs.................................... 1
MAC Address State # APs # Clients Last Heard
----------------- ------------------ ----- --------- ---------------------------
XX:XX:XX:XX:XX:XX Internal 1 0 Tue Nov 27 13:52:04 2007
 

show rogue ap malicious summary

コントローラによって検出された悪意のある不正なアクセス ポイントを一覧表示するには、 show rogue-ap malicious summary コマンドを使用します。

show rogue ap malicious summary

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

rogue ap

不正なアクセス ポイント。

malicious

悪意のある不正なアクセス ポイント。

summary

すべての不正なアクセス ポイントを一覧表示します。

> show rogue ap malicious summary
 
Number of APs.................................... 2
MAC Address State # APs # Clients Last Heard
----------------- ------------------ ----- --------- ---------------------------
XX:XX:XX:XX:XX:XX Alert 1 0 Tue Nov 27 13:52:04 2007
XX:XX:XX:XX:XX:XX Alert 1 0 Tue Nov 27 13:52:04 2007
 

show rogue ap unclassified summary

コントローラによって検出された未分類の不正なアクセス ポイントを一覧表示するには、 show rogue-ap unclassified summary コマンドを使用します。

show rogue ap unclassified summary

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

rogue ap

不正なアクセス ポイント。

unclassified

未分類の不正なアクセス ポイント。

summary

すべての不正なアクセス ポイントを一覧表示します。

> show rogue ap unclassified summary
 
Number of APs.................................... 164
MAC Address State # APs # Clients Last Heard
----------------- ------------------ ----- --------- -----------------------
XX:XX:XX:XX:XX:XX Alert 1 0 Fri Nov 30 11:12:52 2007
XX:XX:XX:XX:XX:XX Alert 1 0 Fri Nov 30 11:29:01 2007
XX:XX:XX:XX:XX:XX Alert 1 0 Fri Nov 30 11:26:23 2007
XX:XX:XX:XX:XX:XX Alert 1 0 Fri Nov 30 11:26:23 2007
 
 

show rogue client detailed

Cisco Wireless LAN Controller によって検出された不正なクライアントの詳細を表示するには、 show rogue client detailed コマンドを使用します。

show rogue client detailed MAC

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

rogue client

不正なクライアント。

detailed

不正なクライアントの詳細情報を表示します。

MAC

不正なクライアントの MAC アドレス。

> show rogue client detailed xx:xx:xx:xx:xx:xx
 
Rogue BSSID...................................... 00:0b:85:23:ea:d1
State............................................ Alert
First Time Rogue was Reported.................... Mon Dec 3 21:50:36 2007
Last Time Rogue was Reported..................... Mon Dec 3 21:50:36 2007
Rogue Client IP address.......................... Not known
Reported By
AP 1
MAC Address.............................. 00:15:c7:82:b6:b0
Name..................................... AP0016.47b2.31ea
Radio Type............................... 802.11a
RSSI..................................... -71 dBm
SNR...................................... 23 dB
Channel.................................. 149
Last reported by this AP.............. Mon Dec 3 21:50:36 2007
 

show rogue client summary

Cisco Wireless LAN Controller によって検出された不正なクライアントの要約を表示するには、 show rogue client summary コマンドを使用します。

show rogue client summary

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

rogue client

不正なクライアント。

summary

すべての不正なクライアントを一覧表示します。

> show rogue client summary
 
MAC Address State # APs Last Heard
----------------- ------------------ ----- -----------------------
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Thu Aug 4 19:00:08 2005
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Thu Aug 4 19:00:08 2005
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Thu Aug 4 19:00:08 2005
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Thu Aug 4 19:00:08 2005
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Thu Aug 4 19:00:08 2005
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Thu Aug 4 19:00:08 2005
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Thu Aug 4 19:09:11 2005
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Thu Aug 4 19:03:11 2005
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Thu Aug 4 19:03:11 2005
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Thu Aug 4 19:09:11 2005
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Thu Aug 4 18:57:08 2005
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Thu Aug 4 19:12:08 2005

show rogue ignore-list

無視するように設定されている不正なアクセス ポイントを一覧表示するには、 show rogue ignore-list コマンドを使用します。

show rogue ignore-list

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

rogue ignore-list

無視するように設定されている不正なアクセス ポイント。

summary

すべての不正なクライアントを一覧表示します。

> show rogue client summary
 
MAC Address
-----------------
xx:xx:xx:xx:xx:xx

show rogue rule detailed

特定の不正分類ルールの詳細情報を表示するには、 show rogue rule detailed コマンドを使用します。

show rogue rule detailed rule_name

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

rogue rule

不正分類ルール。

detailed

特定の不正分類ルールの詳細情報を表示します。

rule_name

不正分類ルールの名前。

> show rogue rule detailed Rule2
 
Priority......................................... 2
Rule Name........................................ Rule2
State............................................ Enabled
Type............................................. Malicious
Match Operation.................................. Any
Hit Count........................................ 352
Total Conditions................................. 2
Condition 1
type......................................... Client-count
value........................................ 10
Condition 2
type......................................... Duration
value (seconds).............................. 2000
Condition 3
type......................................... Managed-ssid
value........................................ Enabled
Condition 4
type......................................... No-encryption
value........................................ Enabled
Condition 5
type......................................... Rssi
value (dBm).................................. -50
Condition 6
type......................................... Ssid
SSID Count................................... 1
SSID 1.................................... test

show rogue rule summary

コントローラに設定されている不正分類ルールを表示するには、 show rogue rule summary コマンドを使用します。

show rogue rule summary

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

rogue rule

不正分類ルール。

summary

コントローラに設定されているすべての不正分類ルールを一覧表示します。

> show rogue rule summary
 
Priority Rule Name State Type Match Hit Count
-------- ----------------------- -------- ------------- ----- ---------
1 mtest Enabled Malicious All 0
2 asdfasdf Enabled Malicious All 0

show route summary

Cisco Wireless LAN Controller サービス ポートに割り当てられているルートを表示するには、 show route summary コマンドを使用します。

show route summary

 
シンタックスの説明

show route

コマンド動作。

summary

設定されているすべてのルートを表示します。

> show route summary
 
Number of Routes............................... 1
 
Destination Network Genmask Gateway
------------------- ------------------- -------------------
xxx.xxx.xxx.xxx 255.255.255.0 xxx.xxx.xxx.xxx

 
関連コマンド

config route

show rules

アクティブな内部ファイアウォール ルールを表示するには、 show rules コマンドを使用します。

show rules

 
シンタックスの説明

show rules

アクティブな内部ファイアウォール ルールを表示します。

> show rules
 
--------------------------------------------------------
Rule ID.............: 3
Ref count...........: 0
Precedence..........: 99999999
Flags...............: 00000001 ( PASS )
Source IP range:
(Local stack)
Destination IP range:
(Local stack)
--------------------------------------------------------
Rule ID.............: 25
Ref count...........: 0
Precedence..........: 99999999
Flags...............: 00000001 ( PASS )
Service Info
Service name........: GDB
Protocol............: 6
Source port low.....: 0
Source port high....: 0
Dest port low.......: 1000
Dest port high......: 1000
Source IP range:
IP High............: 0.0.0.0
Interface..........: ANY
Destination IP range:
(Local stack)
--------------------------------------------------------
...

 
関連コマンド

なし。

show run-config

現在の Cisco Wireless LAN Controller の設定の包括的なビューを表示するには、 show run-config コマンドを使用します。

show run-config [ no ap | commands ]

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

run-config

すべてのコントローラ設定を表示します。

no-ap

(オプション)アクセス ポイント設定を除外します。

commands

(オプション)コントローラ上のユーザ設定コマンドを一覧表示します。

 
使用上のガイドライン


) これらのコマンドは show running-config コマンドに置き換えられました。


一部の WLAN コントローラは、VPN 終端モジュールまたは電源がプロビジョニングされていないため、クリプト アクセラレータ(VPN 終端モジュール)または電源が表示されません。

show run-config commands コマンドでは、ユーザが設定した値だけが表示されます。システムによって設定されたデフォルト値は表示されません。

> show run-config
 
Press Enter to continue...
 
System Inventory
Switch Description............................... Cisco Controller
Machine Model....................................
Serial Number.................................... FLS0923003B
Burned-in MAC Address............................ xx:xx:xx:xx:xx:xx
Crypto Accelerator 1............................. Absent
Crypto Accelerator 2............................. Absent
Power Supply 1................................... Absent
Power Supply 2................................... Present, OK
 
Press Enter to continue Or <Ctl Z> to abort...

 
関連コマンド

config passwd-cleartext

show serial

シリアル(コンソール)ポート設定を表示するには、 show serial コマンドを使用します。

show serial

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

serial

EIA-232 パラメータおよびシリアル ポートの無活動タイムアウトを表示します。

 
デフォルト

9600、8、off、1、none

> show serial
 
Serial Port Login Timeout (minutes)......... 45
Baud Rate................................... 9600
Character Size.............................. 8
Flow Control:............................... Disable
Stop Bits................................... 1
Parity Type:................................ none

 
関連コマンド

config serial baudrate

config serial timeout

show sessions

コンソール ポートのログイン タイムアウトおよび同時 Command Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)セッションの最大数を表示するには、 show sessions コマンドを使用します。

show sessions

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

sessions

CLI セッションの設定情報を表示します。

 
デフォルト

5 分、5 セッション

> show sessions
 
CLI Login Timeout (minutes)............ 0
Maximum Number of CLI Sessions......... 5
 

この応答は、CLI セッションがタイムアウトすることはなく、Cisco Wireless LAN Controller は最大 5 つの同時 CLI セッションを処理できることを示しています。

 
関連コマンド

config sessions maxsessions

config sessions timeout

show services mobility

コントローラでアクティブになっているモビリティ サービスをすべて表示するには、または、すべての接続のモビリティ サービスの詳細情報を表示するには、 show services mobility コマンドを使用します。

show services mobility { summary | detail { all | ipaddr }}

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

services mobility

モビリティ サービスを表示します。

summary

モビリティ サービスの概要を表示します。

detail

モビリティ サービスの詳細を表示します。

all

すべての接続の詳細を表示します。

ipaddr

指定された IP 接続の詳細を表示します。

コントローラでアクティブになっているモビリティ サービスをすべて表示するには、次のコマンドを入力します。

show services mobility summary
 
Mobility Services Subscribed:
 
Server IP Applications
--------- ------------
10.14.93.30 Client Tracking, Tag Tracking, Rogue Tracking,
Handover Client Tracking, FMC, AP Monitor, IDS
 

すべての接続のモビリティ サービスの詳細情報を表示するには、次のコマンドを入力します。

show services mobility detail all
 
Mobility Services Subscribed by 172.19.35.218 -
 
Application Services
----------- --------
Client Tracking RSSI, Info, Statistics
Tag Tracking RSSI, Statistics
Rogue Tracking RSSI, Info
Handover Client Tracking RSSI, Info,
FMC Handover
AP Monitor AP Status
IDS Services WIPS

show snmpcommunity

SNMP コミュニティのエントリを表示するには、 show snmpcommunity コマンドを使用します。

show snmpcommunity

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

snmpcommunity

SNMP コミュニティのエントリを表示します。

> show snmpcommunity
 
SNMP Community Name Client IP Address Client IP Mask Access Mode Status
------------------- ----------------- ----------------- ----------- --------
public 0.0.0.0 0.0.0.0 Read Only Enable
********** 0.0.0.0 0.0.0.0 Read/Write Enable

 
関連コマンド

config snmp version
config snmp community mode
config snmp community accessmode
config snmp community create
config snmp community delete
config snmp community ipaddr

show snmptrap

Cisco Wireless LAN Controller の SNMP トラップ レシーバーとそのステータスを表示するには、 show snmptrap コマンドを使用します。

show snmptrap

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

snmptrap

SNMP トラップ レシーバー。

> show snmptrap
 
SNMP Trap Receiver Name IP Address Status
------------------------ ----------------- --------
xxx.xxx.xxx.xxx xxx.xxx.xxx.xxx Enable

 
関連コマンド

config snmp version
config snmp trapreceiver

show snmpv3user

SNMP バージョン 3 の設定を表示するには、 show snmpv3user コマンドを使用します。

show snmpv3user

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

snmpv3user

SNMP バージョン 3 の設定情報を表示します。

> show snmpv3user
 
SNMP v3 User Name AccessMode Authentication Encryption
-------------------- ----------- -------------- ----------
default Read/Write HMAC-SHA CFB-AES

 
関連コマンド

config snmp version
config snmp v3user

show snmpversion

コントローラ上でどのバージョンの Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)が有効または無効になっているかを表示するには、 show snmpversion コマンドを使用します。

show snmpversion

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

snmpversion

SNMP v1/v2/v3c のステータス(有効または無効)を表示します。

 
デフォルト

有効

> show snmpversion
 
SNMP v1 Mode.................................. Disable
SNMP v2c Mode.................................. Enable
SNMP v3 Mode.................................. Enable

 
関連コマンド

config snmp version

show spanningtree port

Cisco Wireless LAN Controller のスパニング ツリー ポート設定を表示するには、 show spanningtree port コマンドを使用します。

 

show spanningtree port port

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

spanningtree

スパニング ツリー。

port

ポート単位でスパニング ツリー値を表示します。

port

物理ポート番号:

Cisco 2100 シリーズ Wireless LAN Controller では 1 ~ 4。

Cisco 4402 シリーズ Wireless LAN Controller では 1 または 2。

Cisco 4404 シリーズ Wireless LAN Controller では 1 ~ 4。

 
デフォルト

800C、Disabled、802.1D、128、100、Auto

 
使用上のガイドライン

Cisco 4400 シリーズ Wireless LAN Controller でポート冗長化が設定されている場合、Cisco 4400 シリーズ Wireless LAN Controller のすべてのポートに対してスパニング ツリー プロトコルを無効化する必要があります。Cisco 4400 シリーズ Wireless LAN Controller に接続されているスイッチでは、スパニング ツリー プロトコルを有効なままにしておくことができます。


) 一部の WLAN コントローラは、スパニング ツリー機能をサポートしていません。


> show spanningtree port 3
 
STP Port ID................................. 800C
STP Port State.............................. Disabled
STP Port Administrative Mode................ 802.1D
STP Port Priority........................... 128
STP Port Path Cost.......................... 100
STP Port Path Cost Mode..................... Auto

 
関連コマンド

config spanningtree port

show spanningtree switch

Cisco Wireless LAN Controller のネットワーク(DS ポート)スパニング ツリー設定を表示するには、 show spanningtree switch コマンドを使用します。

show spanningtree switch

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

spanningtree

スパニング ツリー。

switch

スイッチ単位でスパニング ツリー値を表示します。


) 一部の WLAN コントローラは、スパニング ツリー機能をサポートしていません。


> show spanningtree switch
 
STP Specification...................... IEEE 802.1D
STP Base MAC Address................... 00:0B:85:02:0D:20
Spanning Tree Algorithm................ Disable
STP Bridge Priority.................... 32768
STP Bridge Max. Age (seconds).......... 20
STP Bridge Hello Time (seconds)........ 2
STP Bridge Forward Delay (seconds)..... 15

 
関連コマンド

config spanningtree switch bridgepriority
config spanningtree switch forwarddelay
config spanningtree switch hellotime
config spanningtree switch maxage
config spanningtree switch mode

show stats port

物理ポートの送受信の統計情報を表示するには、 show stats port コマンドを使用します。

show stats port { detailed port | summary port }

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

stats

統計情報。

port

ポート。

detailed

ポートの統計情報の詳細を表示します。

summary

ポートの統計情報の要約を表示します。

port

物理ポート番号:

Cisco 2100 シリーズ Wireless LAN Controller では 1 ~ 4。

Cisco 4402 シリーズ Wireless LAN Controller では 1 または 2。

Cisco 4404 シリーズ Wireless LAN Controller では 1 ~ 4。

Cisco WLCM シリーズ Wireless LAN Controller では 1。

> show stats port summary 1
 
Packets Received Without Error................. 399958
Packets Received With Error.................... 0
Broadcast Packets Received..................... 8350
Packets Transmitted Without Error.............. 106060
Transmit Packets Errors........................ 0
Collisions Frames.............................. 0
Time Since Counters Last Cleared............... 2 day 11 hr 16 min 23 sec
 
> show stats port detailed 1
 
PACKETS RECEIVED (OCTETS)
Total Bytes...................................... 267799881
64 byte pkts :918281
65-127 byte pkts :354016 128-255 byte pkts :1283092
256-511 byte pkts :8406 512-1023 byte pkts :3006
1024-1518 byte pkts :1184 1519-1530 byte pkts :0
> 1530 byte pkts :2
 
PACKETS RECEIVED SUCCESSFULLY
Total............................................ 2567987
Unicast Pkts :2547844 Multicast Pkts:0 Broadcast Pkts:20143
 
PACKETS RECEIVED WITH MAC ERRORS
Total............................................ 0
Jabbers :0 Undersize :0 Alignment :0
FCS Errors:0 Overruns :0
 
RECEIVED PACKETS NOT FORWARDED
Total............................................ 0
Local Traffic Frames:0 RX Pause Frames :0
Unacceptable Frames :0 VLAN Membership :0
VLAN Viable Discards:0 MulticastTree Viable:0
ReserveAddr Discards:0
CFI Discards :0 Upstream Threshold :0
 
PACKETS TRANSMITTED (OCTETS)
Total Bytes...................................... 353831
64 byte pkts :0 65-127 byte pkts :0
128-255 byte pkts :0 256-511 byte pkts :0
512-1023 byte pkts :0 1024-1518 byte pkts :2
1519-1530 byte pkts :0 Max Info :1522
 
PACKETS TRANSMITTED SUCCESSFULLY
Total............................................ 5875
Unicast Pkts :5868 Multicast Pkts:0 Broadcast Pkts:7
 
 
TRANSMIT ERRORS
Total Errors..................................... 0
FCS Error :0 TX Oversized :0 Underrun Error:0
 
TRANSMIT DISCARDS
Total Discards................................... 0
Single Coll Frames :0 Multiple Coll Frames:0
Excessive Coll Frame:0 Port Membership :0
VLAN Viable Discards:0
 
PROTOCOL STATISTICS
BPDUs Received :6 BPDUs Transmitted :0
802.3x RX PauseFrame:0
 
Time Since Counters Last Cleared............... 2 day 0 hr 39 min 59 sec

 
関連コマンド

config port adminmode

show stats switch

ネットワーク(DS ポート)の送受信の統計情報を表示するには、 show stats switch コマンドを使用します。

show stats switch { detailed | summary }

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

stats

統計情報。

switch

Cisco Wireless LAN Controller。

detailed

スイッチの統計情報の詳細を表示します。

summary

スイッチの統計情報の要約を表示します。

> show stats switch summary
 
Packets Received Without Error................. 136410
Broadcast Packets Received..................... 18805
Packets Received With Error.................... 0
Packets Transmitted Without Error.............. 78002
Broadcast Packets Transmitted.................. 3340
Transmit Packet Errors......................... 2
Address Entries Currently In Use............... 26
VLAN Entries Currently In Use.................. 1
Time Since Counters Last Cleared............... 2 day 11 hr 22 min 17 sec
 
> show stats switch detailed
 
RECEIVE
Octets........................................... 19351718
Total Pkts....................................... 183468
Unicast Pkts..................................... 180230
Multicast Pkts................................... 3219
Broadcast Pkts................................... 19
Pkts Discarded................................... 0
 
TRANSMIT
Octets........................................... 354251
Total Pkts....................................... 5882
Unicast Pkts..................................... 5875
Multicast Pkts................................... 0
Broadcast Pkts................................... 7
Pkts Discarded................................... 0
 
ADDRESS ENTRIES
Most Ever Used................................... 1
Currently In Use................................. 1
 
VLAN ENTRIES
Maximum.......................................... 128
Most Ever Used................................... 1
Static In Use.................................... 1
Dynamic In Use................................... 0
VLANs Deleted.................................... 0
Time Since Ctrs Last Cleared..................... 2 day 0 hr 43 min 22 sec

show switchconfig

Cisco Wireless LAN Controller に適用するパラメータを表示するには、 show switchconfig コマンドを使用します。

show switchconfig

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

switchconfig

Cisco Wireless LAN Controller に適用するパラメータを表示します。

> show switchconfig
 
802.3x Flow Control Mode......................... Disable
Current LWAPP Transport Mode..................... Layer 3
LWAPP Transport Mode after next switch reboot.... Layer 3

show sysinfo

Cisco Wireless LAN Controller の概要情報を表示するには、 show sysinfo コマンドを使用します。

show sysinfo

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

sysinfo

Cisco Wireless LAN Controller の情報。

> show sysinfo
 
Manufacturer's Name.......................... <company name>
Product Name.................................
Product Version.............................. 1.2.48.0
RTOS Version................................. 1.2.48.0
Bootloader Version........................... 1.1.11.0
 
System Name.................................. IT2003
System Location.............................. Andrew 1
System Contact............................... Wireless_administrator
System ObjectID.............................. 1.3.6.1.4.1.14179
IP Address................................... 172.168.2.36
System Up Time............................... 2 days 11 hrs 30 mins 1 secs
 
Configured Country........................... United States
Operating Environment........................ Commercial (0 to 40 C)
Internal Temp Alarm Limits................... 0 to 65 C
Internal Temperature......................... +38 C
 
State of 802.11b Network..................... Enabled
State of 802.11a Network..................... Enabled
Number of WLANs.............................. 2
3rd Party Access Point Support............... Disabled
Number of Active Clients..................... 1
xxxxxxxxxxxxxxxxx

 
関連コマンド

config ap
config country
config sysname
config wlan

TACACS 表示コマンド

show tacacs コマンドを使用すると、Terminal Access Controller Access Control System(TACACS)プロトコルの設定と統計情報を表示できます。

show tacacs acct statistics

このコマンドを使用して、特定のタグの詳細な RFID 情報を表示します。

show tacacs acct statistics

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

> show tacacs acct statistics
 
Accounting Servers:
 
Server Index..................................... 1
Server Address................................... 10.0.0.0
Msg Round Trip Time.............................. 0 (1/100 second)
First Requests................................... 1
Retry Requests................................... 0
Accounting Response.............................. 0
Accounting Request Success....................... 0
Accounting Request Failure....................... 0
Malformed Msgs................................... 0
Bad Authenticator Msgs........................... 0
Pending Requests................................. -1
Timeout Requests................................. 1
Unknowntype Msgs................................. 0
Other Drops...................................... 0

 
関連コマンド

config tacacs
show tacacs summary

show tacacs athr statistics

このコマンドを使用して、TACACS+ サーバ認証の統計情報を表示します。

show tacacs athr statistics

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

> show tacacs athr statistics
 
Authorization Servers:
 
Server Index..................................... 3
Server Address................................... 10.0.0.3
Msg Round Trip Time.............................. 0 (1/100 second)
First Requests................................... 0
Retry Requests................................... 0
Received Responses............................... 0
Authorization Success............................ 0
Authorization Failure............................ 0
Challenge Responses.............................. 0
Malformed Msgs................................... 0
Bad Athrenticator Msgs........................... 0
Pending Requests................................. 0
Timeout Requests................................. 0
Unknowntype Msgs................................. 0
Other Drops...................................... 0

 
関連コマンド

config tacacs
show tacacs summary

show tacacs auth statistics

このコマンドを使用して、TACACS+ サーバ認証の統計情報を表示します。

show tacacs auth statistics

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

> show tacacs auth statistics
 
Authentication Servers:
 
Server Index..................................... 2
Server Address................................... 10.0.0.2
Msg Round Trip Time.............................. 0 (msec)
First Requests................................... 0
Retry Requests................................... 0
Accept Responses................................. 0
Reject Responses................................. 0
Error Responses.................................. 0
Restart Responses................................ 0
Follow Responses................................. 0
GetData Responses................................ 0
Encrypt no secret Responses...................... 0
Challenge Responses.............................. 0
Malformed Msgs................................... 0
Bad Authenticator Msgs........................... 0
Pending Requests................................. 0
Timeout Requests................................. 0
Unknowntype Msgs................................. 0
Other Drops...................................... 0

 
関連コマンド

config tacacs
show tacacs summary

show tacacs summary

このコマンドを使用して、TACACS+ サーバの要約情報を表示します。

show tacacs summary

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

> show tacacs summary
 
Authentication Servers
 
Idx Server Address Port State Tout
--- ---------------- ------ -------- ----
2 10.0.0.2 6 Enabled 30
 
Accounting Servers
 
Idx Server Address Port State Tout
--- ---------------- ------ -------- ----
1 10.0.0.0 10 Enabled 2
 
Authorization Servers
 
Idx Server Address Port State Tout
--- ---------------- ------ -------- ----
3 10.0.0.3 4 Enabled 2
...

 
関連コマンド

config tacacs
show tacacs summary

show tech-support

Cisco Technical Assistance Center(TAC)から頻繁に要求される Cisco Wireless LAN Controller の変数を表示するには、 show tech-support コマンドを使用します。

show tech-support

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

tech-support

システム リソース情報を表示します。

> show tech-support
 
Current CPU Load................................. 0%
 
System Buffers
Max Free Buffers.............................. 4608
Free Buffers.................................. 4604
Buffers In Use................................ 4
 
Web Server Resources
Descriptors Allocated......................... 152
Descriptors Used.............................. 3
Segments Allocated............................ 152
Segments Used................................. 3
 
System Resources
Uptime........................................ 747040 Secs
Total Ram..................................... 127552 Kbytes
Free Ram...................................... 19540 Kbytes
Shared Ram.................................... 0 Kbytes
Buffer Ram.................................... 460 Kbytes

 
関連コマンド

なし。

show time

Cisco Wireless LAN Controller の日時を表示するには、 show time コマンドを使用します。

show time

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

time

Cisco Wireless LAN Controller の日時。

> show time
 
Time............................................. Thu Aug 4 19:51:49 2005
 
Timezone delta................................... 0:0
Daylight savings................................. disabled
 
NTP Servers
NTP Polling Interval......................... 86400
 
Index NTP Server
------- --------------------------------

 
関連コマンド

config time

show trapflags

Cisco Wireless LAN Controller の SNMP トラップ フラグを表示するには、 show trapflags コマンドを使用します。

show trapflags

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

trapflags

Cisco Wireless LAN Controller の SNMP トラップ フラグを表示します。

> show trapflags
 
Authentication Flag............................ Enable
Link Up/Down Flag.............................. Enable
Multiple Users Flag............................ Enable
Spanning Tree Flag............................. Enable
 
Client Related Traps
802.11 Disassociation......................... Disable
802.11 Deauthenticate......................... Disable
802.11 Authenticate Failure................... Disable
802.11 Association Failure.................... Disable
Excluded...................................... Disable
 
802.11 Security related traps
WEP Decrypt Error............................. Enable
 
Cisco AP
Register...................................... Enable
InterfaceUp................................... Enable
 
Auto-RF Profiles
Load.......................................... Enable
Noise......................................... Enable
Interference.................................. Enable
Coverage...................................... Enable
 
Auto-RF Thresholds
tx-power...................................... Enable
channel....................................... Enable
antenna....................................... Enable
 
AAA
auth.......................................... Enable
servers....................................... Enable
 
rogueap........................................ Enable
 
wps............................................ Enable
 
configsave..................................... Enable
 
IP Security
esp-auth...................................... Enable
esp-replay.................................... Enable
invalidSPI.................................... Enable
ike-neg....................................... Enable
suite-neg..................................... Enable
invalid-cookie................................ Enable

 
関連コマンド

config trapflags authentication
config trapflags linkmode
config trapflags multiusers
config trapflags stpmode
config trapflags client
config trapflags ap
config trapflags rrm-profile
config trapflags rrm-params
config trapflags aaa
config trapflags rogueap
config trapflags configsave
config trapflags ipsec
show traplog

show traplog

Cisco Wireless LAN Controller の SNMP トラップ ログを表示するには、 show traplog コマンドを使用します。

show traplog

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

traplog

Cisco Wireless LAN Controller の SNMP トラップ ログ。

> show traplog
 
Number of Traps Since Last Reset........... 2447
Number of Traps Since Log Last Displayed... 2447
 
Log System Time Trap
--- ------------------------ -------------------------------------------------
0 Thu Aug 4 19:54:14 2005 Rogue AP : 00:0b:85:52:62:fe detected on Base Rad
io MAC : 00:0b:85:18:b6:50 Interface no:1(802.11
b/g) with RSSI: -78 and SNR: 10
1 Thu Aug 4 19:54:14 2005 Rogue AP : 00:0b:85:52:19:d8 detected on Base Rad
io MAC : 00:0b:85:18:b6:50 Interface no:1(802.11
b/g) with RSSI: -72 and SNR: 16
2 Thu Aug 4 19:54:14 2005 Rogue AP : 00:0b:85:26:a1:8d detected on Base Rad
io MAC : 00:0b:85:18:b6:50 Interface no:1(802.11
b/g) with RSSI: -82 and SNR: 6
3 Thu Aug 4 19:54:14 2005 Rogue AP : 00:0b:85:14:b3:4f detected on Base Rad
io MAC : 00:0b:85:18:b6:50 Interface no:1(802.11
b/g) with RSSI: -56 and SNR: 30
 
Would you like to display more entries? (y/n)

 
関連コマンド

show trapflags

show version

このコマンドを使用して、アクセス ポイントのソフトウェア情報を表示します。

show version

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
使用上のガイドライン

コントローラに接続されていない場合、このコマンドはアクセス ポイント コンソール ポートだけから使用できます。

AP# show version
Cisco IOS Software, C1240 Software (C1240-K9W8-M), Experimental Version 12.3(20060829:081904) [BLD-wnbu_a10_temp_060823.daily 163]
Copyright (c) 1986-2006 by Cisco Systems, Inc.
Compiled Wed 30-Aug-06 03:03 by
ROM: Bootstrap program is C1240 boot loader
BOOTLDR: C1240 Boot Loader (C1240-BOOT-M) Version 12.3(7)JA1, RELEASE SOFTWARE (fc1)
Ap1242-2 uptime is 4 minutes
System returned to ROM by power-on
System image file is "flash:/c1240-k9w8-mx.wnbu_a10_temp_060823.20060830d/c1240-k9w8-"
cisco AIR-LAP1242AG-A-K9 processor (revision B0) with 24566K/8192K bytes of memory.
Processor board ID FTX0944B00B
PowerPCElvis CPU at 266Mhz, revision number 0x0950
Last reset from power-on
LWAPP image version 4.1.69.0
1 FastEthernet interface
2 802.11 Radio(s)
32K bytes of flash-simulated non-volatile configuration memory.
Base ethernet MAC Address: 00:14:1C:ED:47:14
Part Number : 73-9925-03
PCA Assembly Number : 800-26579-03
PCA Revision Number : A0
PCB Serial Number : FOC09351E0U
Top Assembly Part Number : 800-26804-01
Top Assembly Serial Number : FTX0944B00B
Top Revision Number : A0
Product/Model Number : AIR-LAP1242AG-A-K9
Configuration register is 0xF

 
関連コマンド

なし。

show watchlist

クライアントの監視リストを表示するには、 show watchlist コマンドを使用します。

show watchlist

 
シンタックスの説明

show

コマンド動作。

watchlist

クライアントの監視リストのエントリを表示します。

> show watchlist
client watchlist state is disabled

 
関連コマンド

config watchlist delete
config watchlist enable
config watchlist disable
config watchlist add

show wlan

特定の無線 LAN または外部アクセス ポイントの設定情報、または無線 LAN の要約情報を表示するには、show wlan コマンドを使用します。

show wlan [apgroups | summary | wlan_id | foreignAp ]

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

wlan

無線 LAN。

apgroups

アクセス ポイント グループの情報を表示します。

summary

すべての無線 LAN の要約を表示します。

wlan_id

1 ~ 512 の無線 LAN 識別子。

foreignAp

外部アクセス ポイントのサポート設定を表示します。

> show wlan 1
WLAN Identifier.................................. 1
Profile Name..................................... wlan
Network Name (SSID).............................. wlan
Status........................................... Enabled
MAC Filtering.................................... Disabled
Broadcast SSID................................... Enabled
AAA Policy Override.............................. Disabled
Network Admission Control
 
NAC-State...................................... Enabled
Quarantine VLAN................................ 110
Number of Active Clients......................... 0
Exclusionlist Timeout............................ 60 seconds
Session Timeout.................................. 1800 seconds
CHD per WLAN..................................... Enabled
Webauth DHCP exclusion........................... Disabled
Interface........................................ management
WLAN ACL......................................... unconfigured
DHCP Server...................................... Default
DHCP Address Assignment Required................. Disabled
Quality of Service............................... Silver (best effort)
WMM.............................................. Allowed
CCX - AironetIe Support.......................... Enabled
CCX - Gratuitous ProbeResponse (GPR)............. Disabled
CCX - Diagnostics Channel Capability............. Disabled
Dot11-Phone Mode (7920).......................... Disabled
Wired Protocol................................... None
IPv6 Support..................................... Disabled
Peer-to-Peer Blocking Action..................... Disabled
Radio Policy..................................... All
DTIM period for 802.11a radio.................... 1
DTIM period for 802.11b radio.................... 1
Local EAP Authentication......................... Disabled
Security
 
802.11 Authentication:........................ Open System
Static WEP Keys............................... Disabled
802.1X........................................ Disabled
Wi-Fi Protected Access (WPA/WPA2)............. Enabled
WPA (SSN IE)............................... Disabled
WPA2 (RSN IE).............................. Enabled
TKIP Cipher............................. Disabled
AES Cipher.............................. Enabled
Auth Key Managent
802.1x.................................. Enabled
PSK..................................... Disabled
CCKM.................................... Disabled
FT(802.11r)............................. Disabled
FT-PSK(802.11r)......................... Disabled
FT Reassociation Timeout......................... 20
FT Over-The-Air mode............................. Enabled
FT Over-The-Ds mode.............................. Enabled
CKIP ......................................... Disabled
IP Security................................... Disabled
IP Security Passthru.......................... Disabled
Web Based Authentication...................... Disabled
Web-Passthrough............................... Disabled
Conditional Web Redirect...................... Disabled
Splash-Page Web Redirect...................... Disabled
Auto Anchor................................... Disabled
Cranite Passthru.............................. Disabled
Fortress Passthru............................. Disabled
H-REAP Local Switching........................ Disabled
Infrastructure MFP protection................. Enabled (Global Infrastructu
MFP Disabled)
Client MFP.................................... Optional
Tkip MIC Countermeasure Hold-down Timer....... 60
 
Mobility Anchor List
WLAN ID IP Address Status
------- --------------- ------
> show wlan summary
 
Number of WLANs.................................. 2
 
WLAN ID WLAN Profile Name / SSID Status Interface Name
------- ------------------------------------- -------- --------------------
1 test / test Disabled management
 
> show wlan foreignap
 
Foreign AP support is not enabled.
 

WPS 表示コマンド

show wps コマンドを使用すると、Wireless Protection System(WPS)に関する情報を表示できます。

show wps ap-authentication summary

コントローラでのアクセス ポイントのネイバー認証設定を表示するには、 show wps ap-authentication summary コマンドを使用します。

show wps ap-authentication summary

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

wps

WPS の設定を表示します。

ap-authentication

アクセス ポイントのネイバー認証設定。

summary

WPS アクセス ポイントのネイバー認証の要約を表示します。

> show wps ap-authentication summary
 
AP neighbor authentication is <disabled>.
 
Authentication alarm threshold is 1.
RF-Network Name: <B1>
 

 
関連コマンド

config wps ap-authentication

show wps cids-sensor

指定された Wireless Protection System(WPS)侵入検知システム(IDS)センサー上の IDS センサー要約情報または詳細情報を表示するには、show wps cids-sensor コマンドを使用します。

show wps cids-sensor { summary | detail index }

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

wps

Wireless Protection Service の設定。

cids-sensor

IDS センサーの設定。

summary

センサー設定の要約を表示します。

detail

選択されたセンサーのすべての設定を表示します。

index

IDS センサー ID。

> show wps cids-sensor detail 1
 
IP Address....................................... 10.0.0.51
Port............................................. 443
Query Interval................................... 60
Username......................................... Sensor_user1
Cert Fingerprint................................. SHA1: 00:00:00:00:00:00:00:00:
00:00:00:00:00:00:00:00:00:00:00:00
Query State...................................... Disabled
Last Query Result................................ Unknown
Number of Queries Sent........................... 0
 

 
関連コマンド

config wps cids-sensor

show wps mfp

Management Frame Protection(MFP; 管理フレーム保護)に関する情報を表示するには、show wps mfp コマンドを使用します。

show wps mfp { summary | statistics }

 
シンタックスの説明

show

コマンド動作。

wps

WPS の設定を表示します。

mfp

Management Frame Protection に関する情報を表示します。

summary

MFP の設定とステータスを表示します。

statistics

MFP の統計情報を表示します。

> show wps mfp summary
 
Global Infrastructure MFP state.................. DISABLED (*all infrastructure
settings are overridden)
Controller Time Source Valid..................... False
 
WLAN Infra. Client
WLAN ID WLAN Name Status Protection Protection
------- ------------------------- --------- ---------- ----------
1 homeap Disabled *Enabled Optional but inactive
(WPA2 not configured)
2 7921 Enabled *Enabled Optional but inactive
(WPA2 not configured)
3 open1 Enabled *Enabled Optional but inactive
(WPA2 not configured)
4 7920 Enabled *Enabled Optional but inactive
(WPA2 not configured)
 
Infra. Operational --Infra. Capability--
AP Name Validation Radio State Protection Validation
-------------------- ---------- ----- -------------- ---------- ----------
AP1252AG-EW *Enabled b/g Down Full Full
a Down Full Full
 
>show wps mfp statistics
 
BSSID Radio Validator AP Last Source Addr Found Error Type
Count Frame Types
----------------- ----- -------------------- ----------------- ------ ----------
---- ---------- -----------
no errors
 

 
関連コマンド

config wps mfp

show wps shun-list

侵入検知システム(IDS)センサーの回避リストを表示するには、show wps shun-list コマンドを使用します。

show wps shun-list

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

> show wps shun-list
 

 
関連コマンド

config wps shun-list

show wps signature detail

インストールされているシグニチャを表示するには、 show wps signature detail コマンドを使用します。

show wps signature detail sig-id

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

wps

Wireless Protection System の設定。

signature

インストールされているシグニチャの設定。

detail

選択されたシグニチャのすべてのシグニチャ設定を表示します。

sig-id

インストールされているシグニチャのシグニチャ ID。

標準シグニチャ 1 によって検出された攻撃に関する情報を表示するには、次のコマンドを入力します。

 
>show wps signature detail 1
 
Signature-ID..................................... 1
Precedence....................................... 1
Signature Name................................... Bcast deauth
Type............................................. standard
FrameType........................................ management
State............................................ enabled
Action........................................... report
Tracking......................................... per Signature and Mac
Signature Frequency.............................. 500 pkts/interval
Signature Mac Frequency.......................... 300 pkts/interval
Interval......................................... 10 sec
Quiet Time....................................... 300 sec
Description...................................... Broadcast Deauthentication Frame
Patterns:
0(Header):0x0:0x0
4(Header):0x0:0x0

show wps signature events

特定の標準シグニチャまたはカスタム シグニチャによって検出された攻撃に関する詳細情報を表示するには、 show wps signature events コマンドを使用します。

show wps signature events { summary | { standard | custom } precedenceID { summary | detailed }

 
シンタックスの説明

show

表示設定。

wps

Wireless Protection Service の設定。

summary

すべてのシグニチャ トラッキング要約情報を表示します。

standard

標準 Intrusion Detection System(IDS)シグニチャの設定。

custom

カスタム IDS シグニチャの設定。

precedenceID

シグニチャの優先順位を示す ID 値。

summary | detailed

トラッキング シグニチャの要約を表示するには、summary を入力します。

トラッキング ソース MAC アドレスの詳細を表示するには、detailed を入力します。

有効になっているすべてのシグニチャによって検出された攻撃の数を表示するには、次のコマンドを入力します。

> show wps signature events summary
 
Precedence Signature Name Type # Events
---------- -------------------- -------- --------
1 Bcast deauth Standard 2
2 NULL probe resp 1 Standard 1
 

標準シグニチャ 1 によって検出された攻撃に関する要約情報を表示するには、次のコマンドを入力します。

> show wps signature events standard 1 summary
 
Precedence....................................... 1
Signature Name................................... Bcast deauth
Type............................................. Standard
Number of active events.......................... 2
 
Source MAC Addr Track Method Frequency # APs Last Heard
----------------- -------------- --------- ----- ------------------------
00:a0:f8:58:60:dd Per Signature 50 1 Wed Oct 25 15:03:05 2006
00:a0:f8:58:60:dd Per Mac 30 1 Wed Oct 25 15:02:53 2006

show wps signature summary

コントローラ上にインストールされているすべての標準シグニチャとカスタム シグニチャの概要を個別に表示するには、 show wps signature summary コマンドを使用します。

show wps signature summary

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

> show wps signature summary

Signature-ID..................................... 1
Precedence....................................... 1
Signature Name................................... Bcast deauth
Type............................................. standard
FrameType........................................ management
State............................................ enabled
Action........................................... report
Tracking......................................... per Signature and Mac
Signature Frequency.............................. 50 pkts/interval
Signature Mac Frequency.......................... 30 pkts/interval
Interval......................................... 1 sec
Quiet Time....................................... 300 sec
Description...................................... Broadcast Deauthentication Frame
Patterns:
0(Header):0x00c0:0x00ff
4(Header):0x01:0x01
...

show wps summary

WPS 要約情報を表示するには、show wps summary コマンドを使用します。

show wps summary

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

> show wps summary
 
Client Exclusion Policy
Excessive 802.11-association failures.......... Enabled
Excessive 802.11-authentication failures....... Enabled
Excessive 802.1x-authentication................ Enabled
IP-theft....................................... Enabled
Excessive Web authentication failure........... Enabled
 
Trusted AP Policy
Management Frame Protection.................... Disabled
Mis-configured AP Action....................... Alarm Only
Enforced encryption policy................... none
Enforced preamble policy..................... none
Enforced radio type policy................... none
Validate SSID................................ Disabled
Alert if Trusted AP is missing................. Disabled
Trusted AP timeout............................. 120
 
Untrusted AP Policy
Rogue Location Discovery Protocol.............. Disabled
RLDP Action.................................. Alarm Only
Rogue APs
Rogues AP advertising my SSID................ Alarm Only
Detect and report Ad-Hoc Networks............ Enabled
Rogue Clients
Validate rogue clients against AAA........... Enabled
Detect trusted clients on rogue APs.......... Alarm Only
Rogue AP timeout............................... 1300
 
Signature Policy
Signature Processing........................... Enabled
...

show wps wips statistics

コントローラ上の Cisco wireless Intrusion Prevention System(wIPS; 無線侵入防御システム)の現在の動作状態を表示するには、 show wps wips summary コマンドを使用します。

show wps wips statistics

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

> show wps wips statistics
 
Policy Assignment Requests............ 1
Policy Assignment Responses........... 1
Policy Update Requests................ 0
Policy Update Responses............... 0
Policy Delete Requests................ 0
Policy Delete Responses............... 0
Alarm Updates......................... 13572
Device Updates........................ 8376
Device Update Requests................ 0
Device Update Responses............... 0
Forensic Updates...................... 1001
Invalid WIPS Payloads................. 0
Invalid Messages Received............. 0
NMSP Transmitted Packets.............. 22950
NMSP Transmit Packets Dropped......... 0
NMSP Largest Packet................... 1377

show wps wips summary

WCS からコントローラに転送された Cisco wireless Intrusion Prevention System(wIPS; 無線侵入防御システム)設定を表示するには、 show wps wips summary コマンドを使用します。

show wps wips summary

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

> show wps wips summary
 
Policy Name...................................... Default
Policy Version................................... 3
 

コントローラ設定の構成

config コマンドを使用すると、Cisco Wireless LAN(WLAN)Controller のオプションと設定を構成できます。

802.11 ネットワークの設定コマンド

config 802.11 コマンドを使用すると、802.11a、802.11b/g、802.11h、またはサポートされているその他の 802.11 ネットワーク上の設定とデバイスを設定できます。

802.11 公安の設定コマンド

config 802.11-a コマンドを使用すると、特に 4.9GHz または 5.8GHz 公安周波数用の設定を行うことができます。

config 802.11-a

アクセス ポイント上の公安チャネル 4.9GHz および 5.8GHz を有効または無効にするには、 config 802.11-a コマンドを使用します。

config { 802.11-a49 | 802.11-a58 }{ enable | disable } cisco_ap

 
シンタックスの説明

config

設定。

802.11-a49 | 802.11-a58

4.9GHz 公安チャネルを選択するには、 802.11-a49 を入力します。

5.8GHz 公安チャネルを選択するには、 802.11-a58 を入力します。

enable | disable

指定されたアクセス ポイントでのこの周波数の使用を有効または無効にします。

cisco_ap

コマンドの適用先のアクセス ポイントの名前。

 
コマンドのデフォルト

無効になっています。

ap_24 アクセス ポイントで公安チャネル 4.9-GHz を有効にするには、次のコマンドを入力します。

> config 802.11-a49 enable ap_24

config 802.11-a antenna extAntGain

アクセス ポイント上の公安チャネル 4.9GHz および 5.8GHz の外部アンテナ ゲインを設定するには、 config 802.11-a antenna extAntGain コマンドを使用します。

config { 802.11-a49 | 802.11-a58 } antenna extAntGain ant_gain cisco_ap { global | channel_no }

 
シンタックスの説明

config

設定。

802.11-a49 | 802.11-a58

4.9GHz 公安チャネルを選択するには、 802.11-a49 を入力します。

5.8GHz 公安チャネルを選択するには、 802.11-a58 を入力します。

antenna

アクセス ポイントのアンテナ設定。

extAntGain

公安チャネルの外部アンテナ ゲイン設定。

ant_gain

0.5dBi 単位での値(例:2.5dBi = 5)

cisco_ap

コマンドの適用先のアクセス ポイントの名前。

global | channel_no

アンテナ ゲイン値をすべてのチャネルに適用するには、 global を入力します。

アンテナ ゲイン値を特定のチャネルに適用するには、 channel_no を入力します。

 
コマンドのデフォルト

無効になっています。

 
使用上のガイドライン

config 802.11-a antenna extAntGain コマンドを入力する前に、 config 802.11-a disable コマンドを使用してシスコの 802.11 無線を無効にします。

外部アンテナ ゲインを設定した後に、 config 802.11-a enable コマンドを使用してシスコの 802.11 無線を有効にします。

AP1 802.11-a49 の外部アンテナ ゲインを 5dBi に設定する場合:

> config 802.11-a49 antenna extAntGain 10 AP1

config 802.11-a channel ap

アクセス ポイント上の公安チャネル 4.9GHz および 5.8GHz のチャネル プロパティを設定するには、 config 802.11-a channel ap コマンドを使用します。

config { 802.11-a49 | 802.11-a58 } channel ap cisco_ap { global | channel_no }

 
シンタックスの説明

config

設定。

802.11-a49 | 802.11-a58

4.9GHz 公安チャネルを選択するには、 802.11-a49 を入力します。

5.8GHz 公安チャネルを選択するには、 802.11-a58 を入力します。

channel

チャネル設定。

ap

アクセス ポイントのチャネル設定。

cisco_ap

コマンドの適用先のアクセス ポイントの名前。

global | channel_no

4.9GHz および 5.8GHz のすべてのサブバンド無線で動的チャネル割り当て(RRM)を有効にするには、 global を入力します。

特定のメッシュ アクセス ポイントのカスタム チャネルを設定するには、 channel_no を入力します。有効な範囲は、4.9GHz 帯では 1 ~ 26、5.8GHz 帯では 149 ~ 165 です。

 
コマンドのデフォルト

無効になっています。

チャネルを設定する場合:

> config 802.11-a49 channel ap

config 802.11-a txpower ap

アクセス ポイント上の公安チャネル 4.9GHz および 5.8GHz の伝送パワー プロパティを設定するには、 config 802.11-a txpower ap コマンドを使用します。

config { 802.11-a49 | 802.11-a58 } txpower ap cisco_ap { global | power_level }

 
シンタックスの説明

config

設定。

802.11-a49 | 802.11-a58

4.9GHz 公安チャネルを選択するには、 802.11-a49 を入力します。

5.8GHz 公安チャネルを選択するには、 802.11-a58 を入力します。

channel

チャネル設定。

ap

アクセス ポイントのチャネル設定。

cisco_ap

コマンドの適用先のアクセス ポイントの名前。

global | power_level

伝送パワー値をすべてのチャネルに適用するには、 global を入力します。

伝送パワー値を指定のメッシュ アクセス ポイントに適用するには、 power_level を入力します。有効な値は 1 ~ 5 です。

 
コマンドのデフォルト

無効になっています。

AP1 802.11-a49 の伝送パワー レベルを 4 に設定する場合:

> config 802.11-a49 txpower ap 4 AP1

802.11b の設定コマンド

config 802.11b コマンドを使用すると、特に 802.11b/g ネットワークの設定を行うことができます。

config 802.11b 11gSupport

Cisco Wireless LAN ソリューションの 802.11g ネットワークを有効または無効にするには、 config 802.11b 11gSupport コマンドを使用します。

config 802.11b 11gSupport { enable | disable }


) このコマンドの使用にあたっては、事前に「使用上のガイドライン」を確認してください。


 
シンタックスの説明

config

設定。

802.11b

802.11b ネットワークの設定。

11gSupport

802.11g ネットワークのサポート。

enable | disable

802.11g を有効または無効にします。

 
デフォルト

有効になっています。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、config 802.11 enable コマンドを使用して Cisco Wireless LAN ソリューションの 802.11b ネットワークを有効にした に、Cisco Wireless LAN ソリューションの 802.11g ネットワークを有効にします。

他の 802.11b パラメータを設定してから、このコマンドを使用してネットワークを有効にします。このコマンドは、CLI インターフェイスがアクティブなときはいつでも使用できます。


) 個々の無線 LAN で 802.11a、802.11b および 802.11g ネットワークを無効にするには、config wlan radio コマンドを使用します。


> config 802.11b 11gSupport enable
 
Changing the 11gSupport will cause all the APs to reboot when you enable 802.11b network.
Are you sure you want to continue? (y/n) n
 
11gSupport not changed!

 
関連コマンド

show sysinfo
show 802.11b
config 802.11b enable
config wlan radio
config 802.11b disable
config 802.11a disable
config 802.11a enable

config 802.11b preamble

サブクローズ 18.2.2.2 で 長く (遅いが信頼性が高い)または 短く (速いが信頼性が低い)定義されている 802.11b プリアンブルを変更するには、 config 802.11b preamble コマンドを使用します。

config 802.11b preamble { long | short }

 
シンタックスの説明

config

設定。

802.11b

802.11b ネットワーク パラメータ。

preamble

サブクローズ 18.2.2.2 で定義されます。

{ long | short }

長いまたは短い 802.11b プリアンブル。

 
デフォルト

short

 
使用上のガイドライン


) このコマンドを実装するには、保存によって Cisco Wireless LAN Controller をリブート(システムをリセット)する必要があります。


SpectraLink 社の NetLink 電話など一部のクライアント向けに Cisco Wireless LAN Controller を最適化するには、このパラメータで 長い プリアンブルを設定する必要があります。

このコマンドは、CLI インターフェイスがアクティブなときはいつでも使用できます。

> config 802.11b preamble short
>(reset system with save)
 
> show 802.11b
Short Preamble mandatory......................... Enabled
> config 802.11b preamble long
>(reset system with save)
 
> show 802.11b
Short Preamble mandatory......................... Disabled

 
関連コマンド

show 802.11b

802.11h の設定コマンド

config 802.11h コマンドを使用すると、特に 802.11h ネットワークの設定を行うことができます。

config 802.11h channelswitch

802.11h チャネル スイッチ通知を設定するには、 config 802.11h channelswitch コマンドを使用します。

config 802.11h channelswitch { enable mode value | disable }

 

 
シンタックスの説明

config

設定。

802.11h

802.11h ネットワークの設定。

channelswitch

802.11h チャネル スイッチ通知。

enable | disable

802.11h チャネル スイッチ通知を有効または無効にします。

mode

802.11h チャネル スイッチ通知モード。

value

802.11h チャネル スイッチ通知の値。

 
デフォルト

なし。

> config 802.11h channelswitch disable

 
関連コマンド

show 802.11h

config 802.11h powerconstraint

802.11h の電力制限値を設定するには、 config 802.11h powerconstraint コマンドを使用します。

config 802.11h powerconstraint value

 

 
シンタックスの説明

config

設定。

802.11h

802.11h ネットワークの設定。

powerconstraint

電力制限値を設定します。

value

802.11h の電力制限値。

 
デフォルト

なし。

> config 802.11h powerconstraint 5

 
関連コマンド

show 802.11h

config 802.11h setchannel

802.11h チャネル通知を使用して新規チャネルを設定するには、 config 802.11h setchannel コマンドを使用します。

config 802.11h setchannel cisco_ap

 

 
シンタックスの説明

config

設定。

802.11h

802.11h ネットワークの設定。

setchannel

チャネル設定。

cisco_ap

Cisco Lightweight アクセス ポイント名。

 
デフォルト

なし。

> config 802.11h setchannel ap02

 
関連コマンド

show 802.11h

802.11 11n サポートの設定コマンド

config 802.11 11nsupport コマンドを使用すると、802.11n ネットワークの設定を行うことができます。

config 802.11 11nsupport

ネットワークで 802.11n のサポートを有効にするには、 config 802.11 11nsupport コマンドを使用します。

config 802.11 { a | b } 11nsupport { enable | disable }

 
シンタックスの説明

config

設定。

802.11

802.11 ネットワークの設定。

a | b

802.11a または 802.11b/g ネットワークを指定します。

11nsupport

802.11n デバイスのサポート。

enable | disable

802.11n のサポートを有効または無効にします。

 
デフォルト

なし。

> config 802.11a 11nsupport enable

 
関連コマンド

config 802.11 11nsupport mcs tx
config 802.11 11nsupport a-mpdu tx priority
config 802.11a disable network
config 802.11a disable
config 802.11a channel ap
config 802.11a txpower ap
config 802.11a chan_width

config 802.11 11nsupport a-mpdu tx priority

802.11n パケットに対して使用される集約方法を指定するには、 config 802.11 11nsupport a-mpdu tx priority コマンドを使用します。

config 802.11 { a | b } 11nsupport a-mpdu tx priority { 0 - 7 | all } { enable | disable }


) 集約は、パケット データ フレームを個別に伝送するのではなく、グループにまとめるプロセスです。集約方法には、Aggregated MAC Protocol Data Unit(A-MPDU)と Aggregated MAC Service Data Unit(A-MSDU)の 2 種類があります。A-MPDU はソフトウェアで実行されますが、A-MSDU はハードウェアで実行されます。


 
シンタックスの説明

config

設定。

802.11

802.11 ネットワークの設定。

a | b

802.11a または 802.11b/g ネットワークを指定します。

11nsupport

802.11n デバイスのサポート。

a-mpdu tx priority

トラフィックのタイプ別に割り当てられた Aggregated MAC Protocol Data Unit の優先度。

1:バックグラウンド

2:スペア

0:ベスト エフォート

3:エクセレント エフォート

4:制御された負荷

5:ビデオ(100ms 未満の遅延およびジッタ)

6:音声(10ms 未満の遅延およびジッタ)

7:ネットワーク制御

all:すべての優先度を一度に設定します。

(注) クライアントが使用する集約方法に合わせて優先度を設定します。

enable

指定した優先度のトラフィックは A-MPDU 伝送を使用します。

disable

指定した優先度のトラフィックは A-MSDU 伝送を使用しません。

 
デフォルト

5 と 6 を除くすべての優先度は、デフォルトで有効化されています。優先度 5 および 6 は、デフォルトで無効化されています。

> config 802.11a 11nsupport a-mpdu tx priority all enable

 
関連コマンド

config 802.11 11nsupport mcs tx
config 802.11a disable network
config 802.11a disable
config 802.11a channel ap
config 802.11a txpower ap

config 802.11 11nsupport antenna

特定のアンテナを使用するようにアクセス ポイントを設定するには、config 802.11 11nsupport antenna コマンドを使用します。

config 802.11 { a | b } 11nsupport antenna { tx | rx } cisco_ap { A | B | C } { enable | disable }

 
シンタックスの説明

config

設定。

802.11

802.11 ネットワークの設定。

a | b

802.11a または 802.11b/g ネットワークを指定します。

11nsupport antenna

802.11n デバイスのサポート。

tx

アンテナによる送信を可能にします。

rx

アンテナによる受信を可能にします。

cisco_ap

アクセス ポイントを指定します。

A | B | C

アンテナのポート。A は右側のアンテナ ポート、B は左側のアンテナ ポート、C は中央のアンテナ ポートを表します。

enable | disable

この設定をを有効または無効にします。

 
デフォルト

なし。

config 802.11a 11nsupport antenna tx AP1 C enable

 
関連コマンド

config 802.11 11nsupport mcs tx
config 802.11a disable network
config 802.11a disable
config 802.11a channel ap
config 802.11a txpower ap
config 802.11a chan_width

config 802.11 11nsupport mcs tx

アクセス ポイントとクライアントの間でのデータの伝送に使用される Modulation and Coding Scheme(MCS)レートを指定するには、 config 802.11 11nsupport mcs tx コマンドを使用します。

config 802.11 { a | b } 11nsupport mcs tx { 0 - 15 } { enable | disable }

 
シンタックスの説明

config

設定。

802.11

802.11 ネットワークの設定。

a | b

802.11a または 802.11b/g ネットワークを指定します。

11nsupport

802.11n デバイスのサポート。

mcs tx

Modulation and Coding Scheme データ レートは以下のとおりです。

0(7Mbps)

1(14Mbps)

2(21Mbps)

3(29Mbps)

4(43Mbps)

5(58Mbps)

6(65Mbps)

7(72Mbps)

8(14Mbps)

9(29Mbps)

10(43Mbps)

11(58Mbps)

12(87Mbps)

13(116Mbps)

14(130Mbps)

15(144Mbps)

enable | disable

この設定をを有効または無効にします。

 
デフォルト

なし。

> config 802.11a 11nsupport mcs tx 5 enable

 
関連コマンド

config 802.11 11nsupport
config wlan wmm required
config 802.11 11nsupport a-mpdu tx priority
config 802.11a disable network
config 802.11a disable
config 802.11a channel ap
config 802.11a txpower ap
config 802.11a chan_width

802.11 アンテナの設定コマンド

802.11 antenna コマンドを使用すると、各種の 802.11 ネットワークで Cisco Lightweight アクセス ポイントの無線アンテナを設定できます。

config 802.11 antenna diversity

802.11 アンテナのダイバーシティ オプションを設定するには、 config 802.11 antenna diversity コマンドを使用します。

config 802.11 { a | b } antenna diversity { enable | sideA | sideB } cisco_ap

 
シンタックスの説明

config

設定。

802.11

802.11 ネットワークの設定。

a | b

802.11a または 802.11b/g ネットワークを指定します。

antenna diversity

アンテナのダイバーシティを設定します。

enable

2 つの内部アンテナ間。

sideA

内部アンテナと Cisco Lightweight アクセス ポイントの左ポートに接続されている外部アンテナとの間。

sideB

内部アンテナと Cisco Lightweight アクセス ポイントの右ポートに接続されている外部アンテナとの間。

cisco_ap

Cisco Lightweight アクセス ポイント名。

 
デフォルト

なし。

802.11b ネットワーク上の AP01 のアンテナのダイバーシティを有効にするには、次のコマンドを入力します。

> config 802.11b antenna diversity enable AP01
 

Cisco Lightweight アクセス ポイントの左ポート(sideA)に接続されている外部アンテナを使用して、802.11a ネットワーク上の AP01 のダイバーシティを有効にするには、次のコマンドを入力します。

> config 802.11a antenna diversity sideA AP01

config 802.11 antenna extAntGain

802.11 ネットワークの外部アンテナ ゲインを設定するには、 config 802.11 antenna extAntGain コマンドを使用します。

config 802.11 { a | b } antenna extAntGain antenna_gain cisco_ap

 
シンタックスの説明

config

設定。

802.11

802.11 ネットワークの設定。

a | b

802.11a または 802.11b/g ネットワークを指定します。

antenna

アンテナを設定します。

extAntGain

外部アンテナ ゲインを設定します。

antenna_gain

0.5dBm 単位でアンテナ ゲインを入力します(例:2.5dBm = 5)。

cisco_ap

Cisco Lightweight アクセス ポイント名。

 
デフォルト

なし。

 
使用上のガイドライン

config 802.11 antenna extAntGain コマンドを入力する前に、 config 802.11 disable コマンドを使用して、シスコの 802.11 無線を無効にします。

外部アンテナ ゲインを設定した後に、 config 802.11 enable コマンドを使用してシスコの 802.11 無線を有効にします。

AP1 802.11a の外部アンテナ ゲインを 0.5dBm に設定する場合:

> config 802.11a antenna extAntGain 1 AP1

config 802.11 antenna mode

802.11 の 180 度セクター化カバレッジ パターンに 1 つの内部アンテナを使用する、または 802.11 の 360 度全方向性カバレッジ パターンに両方の内部アンテナを使用する Cisco Lightweight アクセス ポイントを設定するには、 config 802.11 antenna mode コマンドを使用します。

config 802.11 { a | b } antenna mode { omni | sectorA | sectorB } cisco_ap

 
シンタックスの説明

config

設定。

802.11

802.11 ネットワークの設定。

a | b

802.11a または 802.11b/g ネットワークを指定します。

antenna mode

アンテナのカバレッジ パターンを設定します。

omni

両方の内部アンテナを使用します。

sectorA

Side A 内部アンテナだけを使用します。

sectorB

Side B 内部アンテナだけを使用します。

cisco_ap

Cisco Lightweight アクセス ポイント名。

 
デフォルト

なし。

802.11b ネットワーク上の 360 度全方向性パターンに対応するようにアクセス ポイント AP01 のアンテナを設定するには、次のコマンドを入力します。

> config 802.11b antenna mode omni AP01

config 802.11 antenna selection

802.11 ネットワーク上の Cisco Lightweight アクセス ポイントに対して、内部または外部のアンテナを選択するには、 config 802.11 antenna selection コマンドを使用します。

config 802.11 { a | b } antenna selection { internal | external } cisco_ap

 
シンタックスの説明

config

設定。

802.11

802.11 ネットワークの設定。

a | b

802.11a または 802.11b/g ネットワークを指定します。

antenna selection

アンテナのタイプを選択します。

internal | external

内部または外部アンテナを選択します。

cisco_ap

Cisco Lightweight アクセス ポイント名。

 
デフォルト

なし。

802.11b ネットワーク上のアクセス ポイント AP02 を、内部アンテナを使用するように設定するには、次のコマンドを入力します。

> config 802.11b antenna selection internal AP02

config 802.11 beaconperiod

802.11a、802.11b、またはサポートされているその他の 802.11 ネットワークのビーコン期間をグローバルに変更するには、 config 802.11 beaconperiod コマンドを使用します。

config 802.11 { a | b } beaconperiod time_units


) このコマンドを使用する前に、802.11 ネットワークを無効にしてください。「使用上のガイドライン」を参照してください。


 
シンタックスの説明

config

設定。

802.11

802.11 ネットワークの設定。

a | b

802.11a または 802.11b/g ネットワークを指定します。

beaconperiod

20 ~ 1,000 ミリ秒ごとにビーコンを送信します。

time_units

時間単位(TU)でのビーコン間隔。1 TU は 1,024 マイクロ秒です。

 
デフォルト

なし。

 
使用上のガイドライン

Cisco Wireless LAN ソリューションの 802.11 ネットワークでは、すべての Cisco Lightweight アクセス ポイント(無線 LAN)が定期的にビーコンをブロードキャストします。このビーコンでクライアントに 802.11a サービスが使用可能なことを通知し、クライアントは Lightweight アクセス ポイントと同期できます。

ビーコン期間を変更する前に、 config 802.11 disable コマンドを使用して 802.11 ネットワークを無効にしてください。ビーコン期間を変更した後、 config 802.11 enable コマンドを使用して 802.11 ネットワークを有効にしてください。

ビーコン期間が 120 時間単位の 802.11a ネットワークを設定するには、次のコマンドを入力します。

> config 802.11a beaconperiod 120

 
関連コマンド

show 802.11a
config 802.11b beaconperiod
config 802.11a disable
config 802.11a enable

802.11 CAC の設定コマンド

config 802.11 cac コマンドを使用すると、コール アドミッション制御(CAC)プロトコルの設定を行うことができます。

config 802.11 cac video acm

802.11a または 802.11b/g ネットワークに対するビデオ コール アドミッション制御(CAC)を有効または無効にするには、 config 802.11 cac video acm コマンドを使用します。

config 802.11 { a | b } cac video acm { enable | disable }

 
シンタックスの説明

config

設定。

802.11

802.11 ネットワークの設定。

a | b

802.11a または 802.11b/g ネットワークを指定します。

cac

コール アドミッション制御の設定。

video

ビデオ トラフィックの設定。

acm

ビデオ設定に対するアドミッション制御管理。

enable | disable

ビデオ CAC を有効または無効にします。

 
デフォルト

無効になっています。

 
使用上のガイドライン

コール アドミッション制御(CAC)コマンドでは、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定する前に、次の前提条件をすべて満たす必要があります。

次のコマンドを実行して WMM を有効にし、WLAN をすべて無効にします。 config wlan disable wlan_id

設定対象の無線ネットワークを無効にします。 config 802.11 { a | b } disable network

新しい設定を保存します。 save config

設定対象の無線ネットワークのボイスまたはビデオ CAC を有効にします。
config 802.11 { a | b } cac voice acm enable または
config 802.11 { a | b } cac video acm enable

詳細な手順については、使用している製品のバージョンに対応した『 Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide 』の「Configuring Controller Settings」章の「Configuring Voice and Video Parameters」を参照してください。

> config 802.11a cac video acm enable
> config 802.11b cac video acm disable

 
関連コマンド

config 802.11 cac video max-bandwidth
config 802.11
cac video roam-bandwidth
config 802.11 cac video tspec-inactivity-timeout

config 802.11 cac video max-bandwidth

802.11a または 802.11b/g ネットワーク上でビデオ アプリケーション用にクライアントに割り当てる最大帯域幅の割合を設定するには、 config 802.11 cac video max-bandwidth コマンドを使用します。

config 802.11 { a | b } cac video max-bandwidth bandwidth

 
シンタックスの説明

config

設定。

802.11

802.11 ネットワークの設定。

a | b

802.11a または 802.11b/g ネットワークを指定します。

cac

コール アドミッション制御のパラメータ。

video

ビデオ トラフィックのパラメータ。

max-bandwidth

選択した無線帯域でビデオ アプリケーション用に割り当てる最大帯域幅の割合を指定します。

bandwidth

0 ~ 100% の帯域の割合値。

 
デフォルト

0%

 
使用上のガイドライン

音声とビデオの最大無線周波数(RF)帯域幅が、合計で 100% を超えてはなりません。クライアントが指定された値に達すると、アクセス ポイントでこのネットワーク上の新しいコールが拒否されます。


) このパラメータがゼロ(0)に設定されている場合、コントローラは、オペレータが帯域幅を割り当てないものと想定して、すべての帯域幅の要求を許可します。


コール アドミッション制御(CAC)コマンドでは、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定する前に、次の前提条件をすべて満たす必要があります。

次のコマンドを実行して WMM を有効にし、WLAN をすべて無効にします。 config wlan disable wlan_id

設定対象の無線ネットワークを無効にします。 config 802.11 { a | b } disable network

新しい設定を保存します。 save config

設定対象の無線ネットワークのボイスまたはビデオ CAC を有効にします。
config 802.11 { a | b } cac voice acm enable または
config 802.11 { a | b } cac video acm enable

詳細な手順については、使用している製品のバージョンに対応した『 Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide 』の「Configuring Controller Settings」章の「Configuring Voice and Video Parameters」を参照してください。

> config 802.11a cac video max-bandwidth 50
> config 802.11b cac video max-bandwidth 75

 
関連コマンド

config 802.11 cac video acm
config 802.11
cac video roam-bandwidth
config 802.11 cac video tspec-inactivity-timeout

config 802.11 cac video roam-bandwidth

802.11a または 802.11b/g ネットワーク上で割り当てられる最大帯域幅のうち、ローミングするビデオ クライアント用に予約する割合を設定するには、 config 802.11 cac video roam-bandwidth コマンドを使用します。

config 802.11 { a | b } cac video roam-bandwidth bandwidth

 
シンタックスの説明

config

設定。

802.11

802.11 ネットワークの設定。

a | b

802.11a または 802.11b/g ネットワークを指定します。

cac

コール アドミッション制御のパラメータ。

video

ビデオ トラフィックのパラメータ。

roam-bandwidth

選択した無線帯域で割り当てられる最大帯域幅のうちで、ローミングするビデオ クライアント用に予約する割合を指定します。

bandwidth

0 ~ 25% の帯域の割合値。

 
デフォルト

0%

 
使用上のガイドライン

コントローラは、割り当てられる最大帯域幅のうち、指定の帯域幅をローミングするビデオ クライアント用に予約します。


) このパラメータがゼロ(0)に設定されている場合、コントローラは、オペレータが帯域幅を割り当てないものと想定して、すべての帯域幅の要求を許可します。


コール アドミッション制御(CAC)コマンドでは、変更を予定している WLAN を Wi-Fi Multimedia(WMM)プロトコルに対応するように設定し、Quality of Service(QoS)レベルを Platinum に設定する必要があります。

ネットワーク上で CAC パラメータを設定する前に、次の前提条件をすべて満たす必要があります。

次のコマンドを実行して WMM を有効にし、WLAN をすべて無効にします。 config wlan disable wlan_id

設定対象の無線ネットワークを無効にします。 config 802.11 { a | b } disable network

新しい設定を保存します。 save config

設定対象の無線ネットワークのボイスまたはビデオ CAC を有効にします。
config 802.11 { a | b } cac voice acm enable または
config 802.11 { a | b } cac video acm enable

詳細な手順については、使用している製品のバージョンに対応した『 Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide 』の「Configuring Controller Settings」章の「Configuring Voice and Video Parameters」を参照してください。

> config 802.11a cac video roam-bandwidth 10
> config 802.11b cac video roam-bandwidth 0

 
関連コマンド

config 802.11 cac video acm
config 802.11
cac video max-bandwidth
config 802.11 cac video tspec-inactivity-timeout

config 802.11 cac video tspec-inactivity-timeout

アクセス ポイントから受信した WMM Traffic Specifications(TSPEC)無活動タイムアウトを処理または無視するには、 config 802.11 cac video tspec-inactivity-timeout コマンドを使用します。

config 802.11 { a | b } cac video tspec-inactivity-timeout { enable | ignore }

 
シンタックスの説明

config

設定。

802.11

802.11 ネットワークの設定。

a | b

802.11a または 802.11b/g ネットワークを指定します。

cac

コール アドミッション制御のパラメータ。

video

ビデオ トラフィックのパラメータ。

tspec-inactivity-timeout

アクセス ポイントから受信した TSPEC 無活動タイムアウト メッセージに対する応答を指定します。

enable | ignore

TSPEC 無活動タイムアウト メッセージを処理または無視します。

 
デフォルト

ignore(無効になっています)。

 
使用