Cisco Wireless LAN Controller コマンド リファレンス Release 4.2
Cisco Wireless LAN Controller の コマンド
Cisco Wireless LAN Controller のコマンド
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

Cisco Wireless LAN Controller のコマンド

? コマンドの使用方法

Help コマンドの使用方法

設定の表示

Show 802.11x コマンド

show {802.11a | 802.11b}

show {802.11a | 802.11b} l2roam

show 802.11h

他の基本的な Show コマンド

show aaa auth

show acl

show acl cpu

Show Advanced 802.11a コマンド

show advanced 802.11a channel

show advanced 802.11a group

show advanced 802.11a logging

show advanced 802.11a monitor

show advanced 802.11a profile

show advanced 802.11a receiver

show advanced 802.11a summary

show advanced 802.11a txpower

Show Advanced 802.11b コマンド

show advanced 802.11b channel

show advanced 802.11b group

show advanced 802.11b logging

show advanced 802.11b monitor

show advanced 802.11b profile

show advanced 802.11b receiver

show advanced 802.11b summary

show advanced 802.11b txpower

show advanced client-handoff

show advanced eap

show advanced max-1x-sessions

show advanced probe-limit

show advanced rate

show advanced send-disassoc-on-handoff

show advanced statistics

show advanced timers

Show AP コマンド

show ap auto-rf

show ap bmode

show ap bhrate

show ap ccx rm

show ap cdp neighbors detail

show ap config

show ap config general

show ap config global

show ap core-dump

show ap crash-file

show ap inventory

show ap join stats detailed

show ap join stats summary

show ap join stats summary all

show ap stats

show ap summary

show ap wlan

show arp switch

show auth-list

show boot

Show Certificate コマンド

show certificate compatibility

show certificate summary

Show Client コマンド

show client ap

show client ccx client-capability

show client ccx frame-data

show client ccx last-response-status

show client ccx last-test-status

show client ccx log-response

show client ccx manufacturer-info

show client ccx operating-parameters

show client ccx profiles

show client ccx results

show client ccx rm

show client ccx stats-report

show client detail

show client location-calibration summary

show client report

show client summary

show client summary guest-lan

show client username

show country

show country channels

show country supported

show cpu

show custom-web

show database summary

show debug

show dhcp

show dhcp proxy

show eventlog

show exclusionlist

show guest-lan

show hreap group detail

show hreap group summary

show ike

show interface

show inventory

show ipsec

show known ap

show l2tp

show lag summary

show ldap summary

show load-balancing

show local-auth certificates

show local-auth config

show local-auth statistics

show location

show location statistics rfid

show nmsp statistics

show logging

show loginsession

show lwapp reap association

show lwapp reap status

show macfilter

show mgmtuser

Show Mobility コマンド

show mobility anchor

show mobility anchor {wlan | guest-lan}

show mobility statistics

show mobility summary

show msglog

show nac statistics

show nac summary

show netuser

show netuser guest-roles

show network summary

show network multicast mgid detail

show network multicast mgid summary

show pmk-cache

show port

show qos queue_length all

Show RADIUS コマンド

show radius acct statistics

show radius auth statistics

show radius rfc3576 statistics

show radius summary

Show RFID コマンド

show rfid client

show rfid config

show rfid detail

show rfid summary

Show Rogue Adhoc コマンド

show rogue adhoc detailed

show rogue adhoc summary

Show Rogue AP コマンド

show rogue ap clients

show rogue ap detailed

show rogue ap summary

Show Rogue Client コマンド

show rogue client detailed

show rogue client summary

show route summary

show rules

show run-config

show serial

show sessions

show snmpcommunity

show snmptrap

show snmpv3user

show snmpversion

show spanningtree port

show spanningtree switch

Show Stats コマンド

show stats port

show stats switch

show switchconfig

show sysinfo

show syslog

show tacacs acct statistics

show tacacs athr statistics

show tacacs auth statistics

show tacacs summary - TBD Need Info

show tech-support

show time

show trapflags

show traplog

show version

show watchlist

show wlan

Show WPS コマンド

show wps

show wps cids-sensor detail

show wps cids-sensor summary

show wps client-exclusion

show wps signature events {standard | custom}

show wps signature events summary

show wps signature summary

show wps summary

構成設定

Configure 802.11x コマンド

config {802.11a | 802.11b} 11nsupport

config {802.11a | 802.11b} 11nsupport a-mpdu tx priority

config {802.11a | 802.11b} 11nsupport mcs tx

config {802.11a | 802.11b} cac voice acm

config {802.11a | 802.11b} cac voice max-bandwidth

config {802.11a | 802.11b} cac voice roam-bandwidth

config {802.11a | 802.11b} cac voice tspec-inactivity-timeout

config {802.11a | 802.11b} cac voice load-based

config {802.11a | 802.11b} cac voice stream-size

config {802.11a | 802.11b} cac video acm

config {802.11a | 802.11b} cac video max-bandwidth

config {802.11a | 802.11b} cac video roam-bandwidth

config {802.11a | 802.11b} cac video tspec-inactivity-timeout

config {802.11a | 802.11b} exp-bwreq

config {802.11a | 802.11b} l2roam

config {802.11a | 802.11b} tsm

Configure 802.11a コマンド

config 802.11a antenna extAntGain

config 802.11a antenna extAntGain

config 802.11a antenna diversity

config 802.11a antenna mode

config 802.11a antenna selection

config 802.11a beaconperiod

config 802.11a cac voice stream-size

config 802.11a channel

config 802.11a channel ap

config 802.11a chan_width

config {802.11a | 802.11b} disable

config 802.11a dtim

config 802.11a dtpc

config 802.11a enable

config 802.11a fragmentation

config 802.11a pico-cell

config 802.11a rate

config 802.11a txPower

config 802.11a txpower ap

Configure 802.11b コマンド

config 802.11b 11gSupport

config 802.11b antenna diversity

config 802.11b antenna extAntGain

config 802.11b antenna selection

config 802.11b beaconperiod

config 802.11b cac voice stream-size

config 802.11b channel

config 802.11b disable

config 802.11b dtim

config 802.11b dtpc

config 802.11b enable

config 802.11b fragmentation

config 802.11b pico-cell

config 802.11b preamble

config 802.11b rate

config 802.11b txPower

Configure 802.11h コマンド

config 802.11h channelswitch

config 802.11h powerconstraint

config 802.11h setchannel

config aaa auth

config acl apply

config acl counter

config acl create

config acl cpu

config acl delete

config acl rule

Configure Advanced 802.11a コマンド

config advanced 802.11a channel foreign

config advanced 802.11a channel load

config advanced 802.11a channel noise

config advanced 802.11a channel update

config advanced 802.11a edca-parameters

config advanced 802.11a factory

config advanced 802.11a group-mode

config advanced 802.11a logging channel

config advanced 802.11a logging coverage

config advanced 802.11a logging foreign

config advanced 802.11a logging load

config advanced 802.11a logging noise

config advanced 802.11a logging performance

config advanced 802.11a logging txpower

config advanced 802.11a monitor channel-list

config advanced 802.11a monitor coverage

config advanced 802.11a monitor load

config advanced 802.11a monitor mode

config advanced 802.11a monitor noise

config advanced 802.11a monitor signal

config advanced 802.11a profile clients

config advanced 802.11a profile coverage

config advanced 802.11a profile customize

config advanced 802.11a profile exception

config advanced 802.11a profile foreign

config advanced 802.11a profile level

config advanced 802.11a profile noise

config advanced 802.11a profile throughput

config advanced 802.11a profile utilization

config advanced 802.11a receiver

config advanced 802.11a txpower-update

Configure Advanced 802.11b コマンド

config advanced 802.11b 7920VSIEConfig

config advanced 802.11b channel foreign

config advanced 802.11b channel load

config advanced 802.11b channel noise

config advanced 802.11b channel update

config advanced 802.11b edca-parameters

config advanced 802.11b factory

config advanced 802.11b group-mode

config advanced 802.11b logging channel

config advanced 802.11b logging coverage

config advanced 802.11b logging foreign

config advanced 802.11b logging load

config advanced 802.11b logging noise

config advanced 802.11b logging performance

config advanced 802.11b logging txpower

config advanced 802.11b monitor channel-list

config advanced 802.11b monitor coverage

config advanced 802.11b monitor load

config advanced 802.11b monitor mode

config advanced 802.11b monitor noise

config advanced 802.11b monitor signal

config advanced 802.11b profile clients

config advanced 802.11b profile coverage

config advanced 802.11b profile customize

config advanced 802.11b profile exception

config advanced 802.11b profile foreign

config advanced 802.11b profile level

config advanced 802.11b profile noise

config advanced 802.11b profile throughput

config advanced 802.11b profile utilization

config advanced 802.11b receiver

config advanced 802.11b txpower-update

config advanced arp

config advanced client-handoff

config advanced eap

config advanced rate

config advanced statistics

Configure Advanced Timers コマンド

config advanced timers ap-discovery-timeout

config advanced timers ap-heartbeat-timeout

config advanced timers auth-timeout

config advanced timers eap-timeout

config advanced timers eap-identity-request-delay

Configure Access Point コマンド

config ap add

config ap bhmode

config ap bhrate

config ap bridgegroupname

config ap bridging

config ap cdp

config ap core-dump

config ap crash-file clear-all

config ap crash-file delete

config ap crash-file get-crash-file

config ap crash-file get-radio-core-dump

config ap delete

config ap disable

config ap enable

config ap group-name

config ap h-reap radius auth set

config ap h-reap vlan

config ap h-reap vlan native

config ap h-reap vlan wlan

config ap led-state

config ap location

config ap mode

config ap mode h-reap

config ap name

config ap port

config ap power injector

config ap power pre-standard

config ap primary-base

config ap reporting-period

config ap reset

config ap role

config ap rst-button

config ap secondary-base

config ap sniff 802.11a

config ap sniff 802.11b

config ap static-ip

config ap stats-timer

config ap syslog host global

config ap syslog host specific

config ap tertiary-base

config ap tftp-downgrade

config ap wlan

config ap username

config auth-list add

config auth-list ap-policy

config auth-list delete

config boot

config cdp timer

config certificate

config certificate generate webadmin

config client ccx clear-reports

config client ccx clear-results

config client ccx default-gw-ping

config client ccx dhcp-test

config client ccx dns-ping

config client ccx dns-resolve

config client ccx get-client-capability

config client ccx get-manufacturer-info

config client ccx get-operating-parameters

config client ccx get-profiles

config client ccx log-request

config client ccx send-message

config client ccx stats-request

config client ccx test-abort

config client ccx test-association

config client ccx test-dot1x

config client ccx test-profile

config client deauthenticate

config client location-calibration

config country

config custom-web ext-webauth-mode

config custom-web ext-webauth-url

config custom-web ext-webserver

config custom-web redirectUrl

config custom-web weblogo

config custom-web webmessage

config custom-web webtitle

config database size

config dhcp

config dhcp proxy

config exclusionlist

Configure Interface コマンド

config guest-lan

config guest-lan create

config guest-lan custom-web ext-webauth-url

config guest-lan custom-web global disable

config guest-lan custom-web login_page

config guest-lan custom-web webauth-type

config guest-lan ingress-interface

config guest-lan interface

config guest-lan security

config hreap group (add or delete)

config hreap group (RADIUS server)

config hreap group (ap)

config interface acl

config interface address

config interface ap-manager

config interface create

config interface delete

config interface dhcp

config interface guest-lan

config interface hostname

config interface port

config interface vlan

config known ap

config lag

config ldap

config ldap add

config load-balancing

config local-auth eap-profile

config local-auth method fast

config local-auth user-credentials

config location

config location add

config location delete

config location description

config location disable

config location enable

config location interface-mapping

config logging buffered

config logging syslog host

config logging syslog facility

config logging syslog level

config loginsession close

Configure Macfilter コマンド

config macfilter add

config macfilter delete

config macfilter description

config macfilter interface

config macfilter ip-address

config macfilter mac-delimiter

config macfilter radius-compat

config macfilter wlan-id

Configure Mgmtuser コマンド

config mgmtuser add

config mgmtuser delete

config mgmtuser description

config mgmtuser password

Configure Mobility コマンド

config mobility group anchor

config mobility group anchor add {wlan | guest-lan}

config mobility group anchor delete {wlan | guest-lan}

config mobility group domain

config mobility group keepalive count

config mobility group keepalive interval

config mobility group member

config mobility secure-mode

config mobility statistics reset

Configure Msglog Level コマンド

config msglog level critical

config msglog level error

config msglog level security

config msglog level verbose

config msglog level warning

config nac acl

config nac add

config nac delete

config nac disable

config nac enable

Configure Netuser コマンド

config netuser add

config netuser delete

config netuser description

config netuser guest-role apply

config netuser guest-role create

config netuser guest-role delete

config netuser guest-role qos data-rate average-data-rate

config netuser guest-role qos data-rate average-realtime-rate

config netuser guest-role qos data-rate burst-data-rate

config netuser guest-role qos data-rate burst-realtime-rate

config netuser maxEapUserLogin

config netuser maxuserLogin

config netuser password

config netuser wlan-id

Configure Network コマンド

config network 802.3-bridging

config network allow-old-bridge-aps

config network ap-fallback

config network apple-talk

config network arptimeout

config network arpunicast

config network bridging-shared-secret

config network broadcast

config network fast-ssid-change

config network master-base

config network mgmt-via-wireless

config network multicast global

config network multicast igmp snooping

config network multicast igmp timeout

config network multicast mode multicast

config network multicast mode unicast

config network otap-mode

config network rf-network-name

config network secureweb

config network secureweb cipher-option high

config network ssh

config network telnet

config network usertimeout

config network web-auth-port

config network webmode

config network zero-config

config pmk-cache delete

Configure Port コマンド

config port adminmode

config port autoneg

config port linktrap

config port multicast appliance

config port physicalmode

config port power

config prompt

config qos average-data-rate

config qos average-realtime-rate

config qos burst-data-rate

config qos burst-realtime-rate

config qos description

config qos max-rf-usage

config qos protocol-type/config qos dot1p-tag

config qos queue_length

Configure RADIUS Account コマンド

config radius acct add

config radius acct delete

config radius acct disable

config radius acct enable

config radius acct network

config radius acct ipsec authentication

config radius acct ipsec disable

config radius acct ipsec enable

config radius acct ipsec encryption

config radius acct ipsec ike

config radius acct retransmit-timeout

Configure RADIUS Auth コマンド

config radius auth add

config radius auth delete

config radius auth disable

config radius auth enable

config radius auth ipsec authentication

config radius auth ipsec disable

config radius auth ipsec enable

config radius auth ipsec encryption

config radius auth ipsec ike

config radius auth management

config radius auth network

config radius auth retransmit-timeout

config radius auth rfc3576

config radius aggressive-failover disabled

config radius backward compatibility

config radius callStationIdType

config rfid auto-timeout

config rfid status

config rfid timeout

config rogue adhoc

config rogue ap

config rogue client

config route add

config route delete

Configure Serial コマンド

config serial baudrate

config serial timeout

Configure Sessions コマンド

config sessions maxsessions

config sessions timeout

Configure SNMP Community コマンド

config snmp community accessmode

config snmp community create

config snmp community delete

config snmp community ipaddr

config snmp community mode

config snmp syscontact

config snmp syslocation

Configure SNMP Trapreceiver コマンド

config snmp trapreceiver create

config snmp trapreceiver delete

config snmp trapreceiver mode

Configure SNMP V3user コマンド

config snmp v3user create

config snmp v3user delete

config snmp version

Configure Spanningtree Port コマンド

config spanningtree port mode

config spanningtree port pathcost

config spanningtree port priority

Configure Spanningtree Switch コマンド

config spanningtree switch bridgepriority

config spanningtree switch forwarddelay

config spanningtree switch hellotime

config spanningtree switch maxage

config spanningtree switch mode

Configure Switchconfig コマンド

config switchconfig flowcontrol

config switchconfig mode

config switchconfig secret-obfuscation

config syslog

config sysname

CONFIG TACACS コマンド

config tacacs

config tacacs acct

config tacacs athr

config tacacs auth

config tacacs all ....

config time manual

config time ntp

config time timezone

Configure Trapflags コマンド

config trapflags 802.11-Security

config trapflags aaa

config trapflags ap

config trapflags authentication

config trapflags client

config trapflags configsave

config trapflags ipsec

config trapflags linkmode

config trapflags multiusers

config trapflags rogueap

config trapflags rrm-params

config trapflags rrm-profile

config trapflags stpmode

config trapflags wps

Configure Watchlist コマンド

config watchlist add

config watchlist delete

config watchlist disable

config watchlist enable

Configure WLAN コマンド

config wlan 7920-support

config wlan 802.11e

config wlan aaa-override

config wlan acl

config wlan broadcast-ssid

config wlan create

config wlan delete

config wlan dhcp_server

config wlan diag-channel

config wlan disable

config wlan enable

config wlan exclusionlist

config {wlan | guest-lan} disable

config {wlan | guest-lan} mobility anchor add

config {wlan | guest-lan} mobility anchor delete

config wlan h-reap local switching

config wlan interface

config wlan IPv6Support

config wlan mac-filtering

config wlan mfp

config wlan mobility

config wlan peer-blocking

config wlan qos

config wlan radio

config wlan radius_server

Configure WLAN Security コマンド

config wlan security 802.1X

config wlan security ckip ....

config wlan security ipsec disable

config wlan security ipsec enable

config wlan security ipsec authentication

config wlan security ipsec encryption

config wlan security ipsec config

config wlan security ipsec ike authentication

config wlan security ipsec ike dh-group

config wlan security ipsec ike lifetime

config wlan security ipsec ike phase1

config wlan security ipsec ike contivity

config wlan security passthru

config wlan security static-wep-key authentication

config wlan security static-wep-key disable

config wlan security static-wep-key enable

config wlan security static-wep-key encryption

config wlan security web-auth

config wlan security web-passthrough acl

config wlan security web-passthrough disable

config wlan security web-passthrough email-input

config wlan security web-passthrough enable

config wlan security wpa1 disable

config wlan security wpa1 enable

config wlan security wpa1 pre-shared-key

config wlan security wpa2 disable

config wlan security wpa2 enable

config wlan security wpa2 pre-shared-key

config wlan security wpa2 tkip

config wlan security wpa2 wpa-compat

config wlan timeout

config wlan wmm

config wlan wmm required

Configure WPS コマンド

config wps ap-authentication

config wps cids-sensor

config wps rogue-ap

config wps signature

config wps signature frequency

config wps signature interval

config wps signature mac-frequency

config wps signature quiet-time

config wps signature reset

lwapp ap controller ip address

設定の保存

save config

設定、ログファイル、および他の操作のクリア

clear acl counters

clear ap-config

clear arp

clear config

clear ext-webauth-url

clear location rfid

clear location statistics rfid

clear locp statistics

clear lwapp private-config

clear radius acct statistics

clear tacacs auth statistics

clear redirect-url

clear stats local-auth

clear stats mobility

clear stats port

clear stats switch

clear stats tacacs

clear transfer

clear traplog

clear webimage

clear webmessage

clear webtitle

ファイルと設定のアップロードとダウンロード

transfer download certpassword

transfer download datatype

transfer download filename

transfer download mode

transfer download path

transfer download serverip

transfer download start

transfer download tftpPktTimeout

transfer download tftpMaxRetries

transfer encrypt

transfer upload datatype

transfer upload filename

transfer upload mode

transfer upload pac

transfer upload path

transfer upload serverip

transfer upload start

トラブルシューティング

debug aaa

debug aaa local-auth

debug airewave-director

debug ap

debug arp

debug bcast

debug cac

debug crypto

debug dhcp

debug disable-all

debug dot11

debug dot11 mgmt interface

debug dot11 mgmt msg

debug dot11 mgmt ssid

debug dot11 mgmt state-machine

debug dot11 mgmt station

debug dot1x

debug l2age

debug lwapp

debug lwapp console cli

debug lwapp reap

debug lwapp reap load

debug lwapp reap mgmt

debug mac

debug mesh security

debug mobility

debug nac

debug ntp

debug pem

debug pm

debug poe

debug rbcp

debug snmp

debug transfer

debug wcp

debug wps

eping

mping

Cisco Wireless LAN Controller のコマンド

Cisco Wireless LAN Solution コマンドライン インターフェイス(CLI)を使用して、ASCII コンソールを Cisco Wireless LAN Controller に接続し、コントローラおよびアソシエートされているアクセス ポイントを設定できます。

このマニュアルでは、次のプラットフォーム用の Cisco CLI リリース 4.2 コマンドについて説明します。

Cisco 2000 シリーズ Wireless LAN Controller

Cisco 2100 シリーズ Wireless LAN Controller

Cisco 4400 シリーズ Wireless LAN Controller

Catalyst 3750G Wireless LAN Controller Switch

Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチおよび Cisco Catalyst 7600 シリーズ ルータ用 Cisco Wireless Services Module(WiSM)

Cisco Integrated Services Routers 用 Cisco Wireless LAN Controller Network Module(WLCM)

この章の内容は、次のとおりです。

? コマンドの使用方法

Help コマンドの使用方法

設定の表示

構成設定

設定の保存

設定、ログファイル、および他の操作のクリア

ファイルと設定のアップロードとダウンロード

トラブルシューティング

? コマンドの使用方法

コマンド ツリーの現在レベルのすべてのコマンドや、特定のコマンドの詳細情報を表示するには、 ? コマンドを使用します。

> ?

> コマンド ?

コマンド情報要求を入力するときには、 コマンド名 ? の間にスペースを入れてください。

次のコマンドは、ルート レベルから使用可能なすべてのコマンドとレベルを示します。

> ?
 
clear Clear selected configuration elements.
config Configure switch options and settings.
debug Manages system debug options.
help Help
linktest Perform a link test to a specified MAC address.
logout Exit this session. Any unsaved changes are lost.
ping Send ICMP echo packets to a specified IP address.
reset Reset options.
save Save switch configurations.
show Display switch options and settings.
transfer Transfer a file to or from the switch.
 

次のコマンドは、transfer download レベルでのエントリが datatype のみであることを示します。

> transfer download d?
datatype
 

次のコマンドは、transfer download datatype コマンドに許可されているエントリを示します。

> transfer download datatype ?
 
config Download Configuration File.
code Download an executable image to the system.
image Download a web page logo to the system.
signature Download a signature file to the system.
webadmincert Download a certificate for web administration to the system.
webauthcert Download a web certificate for web portal to the system.
 

Help コマンドの使用方法

キーボード コマンドを検索するには、ルート レベルで help コマンドを使用します。

help

> help
 
HELP:
Special keys:
DEL, BS... delete previous character
Ctrl-A .... go to beginning of line
Ctrl-E .... go to end of line
Ctrl-F .... go forward one character
Ctrl-B .... go backward one character
Ctrl-D .... delete current character
Ctrl-U, X. delete to beginning of line
Ctrl-K .... delete to end of line
Ctrl-W .... delete previous word
Ctrl-T .... transpose previous character
Ctrl-P .... go to previous line in history buffer
Ctrl-N .... go to next line in history buffer
Ctrl-Z .... return to root command prompt
Tab, <SPACE> command-line completion
Exit .... go to next lower command prompt
? .... list choices

設定の表示

Cisco Wireless LAN controller のオプションと設定を表示するには、show コマンドを使用します。

Show 802.11x コマンド

802.11a、802.11b、またはサポートされている他の 802.11 ネットワークの情報を表示するには、 show 802.11 x コマンドを使用します。

show {802.11a | 802.11b}

802.11a または 802.11b のいずれかのネットワークの基本的なオプションと設定を表示するには、 show {802.11a | 802.11b} コマンドを使用します。

show {802.11a | 802.11b}

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

802.11a | 802.11b

シスコの 802.11a または 802.11b/g 無線。

 
デフォルト

なし。

802.11a ネットワークの情報を表示:

> show 802.11a
 
802.11a Network................................. Enabled
802.11a Low Band......................... Enabled
802.11a Mid Band......................... Enabled
802.11a High Band........................ Enabled
802.11a Operational Rates
802.11a 6M Rate............................ Mandatory
802.11a 9M Rate............................ Supported
802.11a 12M Rate........................... Mandatory
802.11a 18M Rate........................... Supported
802.11a 24M Rate........................... Mandatory
802.11a 36M Rate........................... Supported
802.11a 48M Rate........................... Supported
802.11a 54M Rate........................... Supported
Beacon Interval................................. 100
CF Pollable mandatory........................... Disabled
CF Poll Request mandatory....................... Disabled
CFP Period...................................... 4
CFP Maximum Duration............................ 100
Default Channel................................. 36
Default Tx Power Level.......................... 1
DTPC Status..................................... Enabled
DTIM Period..................................... 10
Fragmentation Threshold......................... 2346
Long Retry Limit................................ 4
Maximum Rx Life Time............................ 512
Max Tx MSDU Life Time........................... 512
Medium Occupancy Limit.......................... 100
Pico-Cell Status................................ Disabled
RTS Threshold................................... 2347
Short Retry Limit............................... 7
TI Threshold.................................... -50
 
 
 

802.11b ネットワークの情報を表示:

> show 802.11b
 
802.11b Network.................................. Enabled
11gSupport....................................... Enabled
802.11b/g Operational Rates
802.11b/g 1M Rate............................ Mandatory
802.11b/g 2M Rate............................ Mandatory
802.11b/g 5.5M Rate.......................... Mandatory
802.11b/g 11M Rate........................... Mandatory
802.11g 6M Rate.............................. Supported
802.11g 9M Rate.............................. Supported
802.11g 12M Rate............................. Supported
802.11g 18M Rate............................. Supported
802.11g 24M Rate............................. Supported
802.11g 36M Rate............................. Supported
802.11g 48M Rate............................. Supported
802.11g 54M Rate............................. Supported
Beacon Interval.................................. 100
CF Pollable mode................................. Disabled
CF Poll Request mandatory........................ Disabled
CFP Period....................................... 4
CFP Maximum Duration............................. 60
Default Channel.................................. 1
Default Tx Power Level........................... 1
DTPC Status..................................... Enabled
Call Admission Limit ........................... 105
G711 CU Quantum ................................. 15
DTIM Period...................................... 1
ED Threshold..................................... -50
Fragmentation Threshold.......................... 2346
Long Retry Limit................................. 4
Maximum Rx Life Time............................. 512
Max Tx MSDU Life Time............................ 512
Medium Occupancy Limit........................... 100
PBCC mandatory................................... Disabled
Pico-Cell Status................................. Disabled
RTS Threshold.................................... 2347
Short Preamble mandatory......................... Enabled
Short Retry Limit................................ 7

 
関連コマンド

show advanced {802.11a | 802.11b} channel、show advanced {802.11a | 802.11b} group、show advanced {802.11a | 802.11b} logging、show advanced {802.11a | 802.11b} monitor、show advanced {802.11a | 802.11b} power、show advanced {802.11a | 802.11b} profile、show advanced {802.11a | 802.11b} summary

show {802.11a | 802.11b} l2roam

802.11a/b/g ネットワークのレイヤ 2 クライアント ローミング情報を表示するには、 show {802.11a | 802.11b} l2roam コマンドを使用します。

show {802.11a | 802.11b} l2roam {rf-param | statistics mac_address}

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

802.11a | 802.11b

シスコの 802.11a または 802.11b/g 無線。

l2roam

レイヤ 2 クライアント ローミング設定。

rf-param

無線周波数パラメータ。

statistics

レイヤ 2 クライアント ローミング統計情報。

mac_address

クライアントの MAC アドレス。

 
デフォルト

なし。

> show 802.11a l2roam rf-param
 
L2Roam 802.11a RF Parameters.....................
Config Mode.................................. Default
Minimum RSSI................................. -85
Roam Hysteresis.............................. 2
Scan Threshold............................... -72
Transition time.............................. 5
 
> show 802.11a l2roam statistics
 
RadioMAC Request Report Broadcast Roam Report
----------------- ------- ------ --------- -----------
00:15:c7:2a:e8:f0 16 12 14 14

 
関連コマンド

config {802.11a | 802.11b} l2roam、show client roam-history、debug l2roam

show 802.11h

802.11h の基本的なオプションと設定を表示するには、 show 802.11h コマンドを使用します。

show 802.11h

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

802.11h

802.11h 設定。

 
デフォルト

なし。

> show 802.11h
 
802.11h ......................................... powerconstraint : 0
802.11h ......................................... channelswitch : Disable
802.11h ......................................... channelswitch mode : 0

 
関連コマンド

show 802.11a show 802.11b、config 802.11h

他の基本的な Show コマンド

802.11 ネットワーク以外についての基本的な情報を表示するには、次の show コマンドを使用します。

show aaa auth

AAA 認証サーバのデータベース検索順序の設定を表示するには、show aaa auth コマンドを使用します。

show aaa auth

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> show aaa auth
 
Management authentication server order:
1............................................ local
2............................................ tacacs

 
関連コマンド

config trapflags aaa、config aaa auth、config wlan aaa-override、debug aaa、debug aaa local-auth

show acl

コントローラ に設定されているアクセス コントロール リスト(ACL)を表示するには、 show acl コマンドを使用します。

show acl { summary | detailed acl_name }

 
シンタックスの説明

show acl

コマンド動作。

summary

コントローラ に設定されているすべての ACL の要約を表示します。

detailed

特定の ACL の詳細情報を表示します。

acl_name

最大 32 文字の英数字の ACL 名。

 
デフォルト

なし。

> show acl summary
 
ACL Counter Status Enabled
-------------------------------------
ACL Name Applied
------------------------- -----------
acl1 Yes
acl2 Yes
acl3 Yes
 
 
> show acl detailed acl_name
Source Destination Source Port Dest Port
I Dir IP Address/Netmask IP Address/Netmask Prot Range Range DSCP Action Counter
- --- ------------------ ------------------ ---- ----------- -------- ----- ------ -------
1 Any 0.0.0.0/0.0.0.0 0.0.0.0/0.0.0.0 Any 0-65535 0-65535 0 Deny 0
2 In 0.0.0.0/0.0.0.0 200.200.200.0/ 6 80-80 0-65535 Any Permit 0
255.255.255.0
 
DenyCounter : 0

) パケットが ACL ルールと一致するたびに、Counter フィールドの値が増加します。また、DenyCounter フィールドの値は、パケットがルールのいずれとも一致しない場合に増加します。


 
関連コマンド

clear acl counters config acl counter config interface acl

show acl cpu

Central Processing Unit(CPU; 中央処理装置)に設定されているアクセス コントロール リスト(ACL)を表示するには、 show acl cpu コマンドを使用します。

show acl cpu

 
シンタックスの説明

show acl

コマンド動作。

cpu

CPU に設定されているすべての ACL の要約を表示します。

 
コマンドのデフォルト設定

なし

> show acl cpu
CPU Acl Name................................
Wireless Traffic............................ Disabled
Wired Traffic............................... Disabled
Applied to NPU.............................. No

 
関連コマンド

config acl cpu

Show Advanced 802.11a コマンド

show advanced 802.11a コマンドを使用して、802.11a の詳細設定パラメータを表示します。

show advanced 802.11a channel

自動チャネル割り当ての設定と統計情報を表示するには、 show advanced 802.11a channel コマンドを使用します。

show advanced 802.11a channel

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

advanced

Advanced パラメータ。

802.11a

802.11a ネットワーク。

channel

チャネル ステータス。

 
デフォルト

なし。

> show advanced 802.11a channel
 
Automatic Channel Assignment
Channel Assignment Mode........................ AUTO
Channel Update Interval........................ 600 seconds
Channel Update Contribution.................... SNI.
Channel Assignment Leader...................... xx:xx:xx:xx:xx:xx
Last Run....................................... 374 seconds ago
Channel Energy Levels
Minimum...................................... -84 dBm
Average...................................... -84 dBm
Maximum...................................... -84 dBm
Channel Dwell Times
Minimum...................................... 0 days, 19 h 07 m 57 s
Average...................................... 0 days, 19 h 08 m 29 s
Maximum...................................... 0 days, 19 h 09 m 11 s

 
関連コマンド

config 802.11a channel

show advanced 802.11a group

シスコの 802.11a 対応無線の詳細な RF グループ化を表示するには、 show advanced 802.11a group コマンドを使用します。

show advanced 802.11a group

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

advanced

Advanced パラメータ。

802.11a

802.11a ネットワーク。

group

RF グループ化の値。

 
デフォルト

なし。

> show advanced 802.11a group
 
Radio RF Grouping
802.11a Group Mode................................... AUTO
802.11a Group Update Interval........................ 600 seconds
802.11a Group Leader................................. xx:xx:xx:xx:xx:xx
802.11a Group Member............................... xx:xx:xx:xx:xx:xx
802.11a Last Run..................................... 133 seconds ago

 
関連コマンド

config advanced 802.11a group-mode

show advanced 802.11a logging

詳細な 802.11a の RF イベント ログおよびパフォーマンス ログを表示するには、 show advanced 802.11a logging コマンドを使用します。

show advanced 802.11a logging

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

advanced

Advanced パラメータ。

802.11a

802.11a ネットワーク。

logging

RF イベント ログおよびパフォーマンス ログ。

 
デフォルト

なし。

> show advanced 802.11a logging
 
RF Event and Performance Logging
Channel Update Logging......................... Off
Coverage Profile Logging....................... Off
Foreign Profile Logging........................ Off
Load Profile Logging........................... Off
Noise Profile Logging.......................... Off
Performance Profile Logging.................... Off
TxPower Update Logging......................... Off

 
関連コマンド

config advanced 802.11a logging channel config advanced 802.11a logging coverage config advanced 802.11a logging foreign config advanced 802.11a logging load config advanced 802.11a logging noise config advanced 802.11a logging performance config advanced 802.11a logging power

show advanced 802.11a monitor

デフォルトの詳細なシスコの 802.11a 対応無線監視を表示するには、 show advanced 802.11a monitor コマンドを使用します。

show advanced 802.11a monitor

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

advanced

Advanced パラメータ。

802.11a

802.11a ネットワーク。

monitor

シスコの無線監視の値。

 
デフォルト

なし。

> show advanced 802.11a monitor
 
Default 802.11a AP monitoring
802.11a Monitor Mode........................... enable
802.11a Monitor Channels....................... Country channels
802.11a AP Coverage Interval................... 180 seconds
802.11a AP Load Interval....................... 60 seconds
802.11a AP Noise Interval...................... 180 seconds
802.11a AP Signal Strength Interval............ 60 seconds

 
関連コマンド

config advanced 802.11a monitor coverage config advanced 802.11a monitor load config advanced 802.11a monitor noise config advanced 802.11a monitor signal

show advanced 802.11a profile

詳細な 802.11a 対応 Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントのパフォーマンス プロファイルを表示するには、 show advanced 802.11a profile コマンドを使用します。

show advanced 802.11a profile { global | Cisco_AP }

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

advanced

Advanced パラメータ。

802.11a

802.11a ネットワーク。

profile

シスコの無線のパフォーマンス プロファイル。

global

すべての Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント。

Cisco_AP

Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント名。

 
デフォルト

なし。

> show advanced 802.11a profile global
 
Default 802.11a AP performance profiles
802.11a Global Interference threshold.............. 10%
802.11a Global noise threshold..................... -70 dBm
802.11a Global RF utilization threshold............ 80%
802.11a Global throughput threshold................ 1000000 bps
802.11a Global clients threshold................... 12 clients
802.11a Global coverage threshold.................. 12 dB
802.11a Global coverage exception level............ 80%
802.11a Global client minimum exception lev........ 3 clients
 
> show advanced 802.11a profile AP1
 
Cisco 1000 series lightweight access point performance profile not customized
 

この応答は、この Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントのパフォーマンス プロファイルがグローバルなデフォルトを使用しており、個別に設定されていないことを示しています。

 
関連コマンド

config advanced 802.11b profile clients config advanced 802.11b profile coverage config advanced 802.11b profile customize config advanced 802.11b profile exception config advanced 802.11b profile foreign config advanced 802.11b profile level config advanced 802.11b profile noise config advanced 802.11b profile throughput config advanced 802.11b profile utilization

show advanced 802.11a receiver

802.11a の受信装置の設定と統計情報を表示するには、 show advanced 802.11a receiver コマンドを使用します。

show advanced 802.11a receiver

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

advanced

Advanced パラメータ。

802.11a

802.11a ネットワーク。

receiver

受信装置。

 
デフォルト

なし。

> show advanced 802.11a receiver
 
802.11a Advanced Receiver Settings
RxStart : Signal Threshold........................... 15
RxStart : Signal Lamp Threshold...................... 5
RxStart : Preamble Power Threshold................... 2
RxReStart : Signal Jump Status......................... Enabled
RxReStart : Signal Jump Threshold...................... 10
TxStomp : Low RSSI Status.............................. Enabled
TxStomp : Low RSSI Threshold........................... 30
TxStomp : Wrong BSSID Status........................... Enabled
TxStomp : Wrong BSSID Data Only Status................. Enabled
RxAbort : Raw Power Drop Status........................ Disabled
RxAbort : Raw Power Drop Threshold..................... 10
RxAbort : Low RSSI Status.............................. Disabled
RxAbort : Low RSSI Threshold........................... 0
RxAbort : Wrong BSSID Status........................... Disabled
RxAbort : Wrong BSSID Data Only Status................. Disabled

 
関連コマンド

config advanced 802.11a monitor coverage config advanced 802.11a monitor load config advanced 802.11a monitor noise config advanced 802.11a monitor signal

show advanced 802.11a summary

詳細な 802.11a 対応 Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント名、チャネル、および伝送レベルの要約を表示するには、 show advanced 802.11a summary コマンドを使用します。

show advanced 802.11a summary

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

advanced

Advanced パラメータ。

802.11a

802.11a ネットワーク。

summary

Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント名、チャネル、および伝送レベルの要約。

 
デフォルト

なし。

> show advanced 802.11a summary
 
AP Name Channel TxPower Level
-------------------------------- ----------- -------------
AP03 36* 1*
AP02 52 5*
AP01 64 5
 

) チャネル番号または伝送レベルの横のアスタリスク(*)は、グローバルなアルゴリズム設定によって制御されていることを示します。


 
関連コマンド

show advanced 802.11b summary

show advanced 802.11a txpower

詳細な 802.11a 自動伝送パワー割り当てを表示するには、 show advanced 802.11a txpower コマンドを使用します。

show advanced 802.11a txpower

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

advanced

Advanced パラメータ。

802.11a

802.11a ネットワーク。

txpower

伝送パワー。

 
デフォルト

なし。

> show advanced 802.11a txpower
 
Automatic Transmit Power Assignment
Transmit Power Assignment Mode.................. AUTO
Transmit Power Update Interval.................. 600 seconds
Transmit Power Threshold........................ -65 dBm
Transmit Power Neighbor Count................... 3 APs
Transmit Power Update Contribution.............. SN.
Transmit Power Assignment Leader................ xx:xx:xx:xx:xx:xx
Last Run........................................ 384 seconds ago

 
関連コマンド

config advanced 802.11a txpower-update config 802.11a txPower

Show Advanced 802.11b コマンド

show advanced 802.11b コマンドを使用して、詳細な 802.11b パラメータを表示します。

show advanced 802.11b channel

自動チャネル割り当てのステータスと統計情報を表示するには、 show advanced 802.11b channel コマンドを使用します。

show advanced 802.11b channel

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

advanced

Advanced パラメータ。

802.11b

802.11b/g ネットワーク。

channel

チャネル ステータス。

 
デフォルト

なし。

> show advanced 802.11b channel
 
Automatic Channel Assignment
Channel Assignment Mode........................ OFF
Channel Update Interval........................ 600 seconds
Channel Update Contribution.................... SNI.
Channel Assignment Leader...................... xx:xx:xx:xx:xx:xx
Last Run....................................... 157 seconds ago
Channel Energy Levels
Minimum...................................... unknown
Average...................................... unknown
Maximum...................................... unknown
Channel Dwell Times
Minimum...................................... unknown
Average...................................... unknown
Maximum...................................... unknown

 
関連コマンド

config 802.11b channel

show advanced 802.11b group

シスコの 802.11b/g 対応無線の詳細な RF グループ化を表示するには、 show advanced 802.11b group コマンドを使用します。

show advanced 802.11b group

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

advanced

Advanced パラメータ。

802.11b

802.11b/g ネットワーク。

group

RF グループ化の値。

 
デフォルト

なし。

> show advanced 802.11b group
 
Radio RF Grouping
802.11b Group Mode.............................. AUTO
802.11b Group Update Interval................... 600 seconds
802.11b Group Leader............................ xx:xx:xx:xx:xx:xx
802.11b Group Member.......................... xx:xx:xx:xx:xx:xx
802.11b Last Run................................ 511 seconds ago

 
関連コマンド

config advanced 802.11b group-mode

show advanced 802.11b logging

詳細な 802.11b/g のRF イベント ログおよびパフォーマンス ログを表示するには、 show advanced 802.11b logging コマンドを使用します。

show advanced 802.11b logging

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

advanced

Advanced パラメータ。

802.11b

802.11b ネットワーク。

logging

RF イベント ログおよびパフォーマンス ログ。

 
デフォルト

なし。

> show advanced 802.11b logging
 
RF Event and Performance Logging
Channel Update Logging........................... Off
Coverage Profile Logging......................... Off
Foreign Profile Logging.......................... Off
Load Profile Logging............................. Off
Noise Profile Logging............................ Off
Performance Profile Logging...................... Off
Transmit Power Update Logging.................... Off

 
関連コマンド

config advanced 802.11b logging channel config advanced 802.11b logging coverage config advanced 802.11b logging foreign config advanced 802.11b logging load config advanced 802.11b logging noise config advanced 802.11b logging performance config advanced 802.11b logging power

show advanced 802.11b monitor

デフォルトの詳細なシスコの 802.11b/g 対応無線監視を表示するには、 show advanced 802.11b monitor コマンドを使用します。

show advanced 802.11b monitor

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

advanced

Advanced パラメータ。

802.11b

802.11b/g ネットワーク。

monitor

シスコの無線監視の値。

 
デフォルト

なし。

> show advanced 802.11b monitor
 
Default 802.11b AP monitoring
802.11b Monitor Mode......................... enable
802.11b Monitor Channels..................... Country channels
802.11b AP Coverage Interval................. 180 seconds
802.11b AP Load Interval..................... 60 seconds
802.11b AP Noise Interval.................... 180 seconds
802.11b AP Signal Strength Interval.......... 60 seconds

 
関連コマンド

config advanced 802.11b monitor coverage config advanced 802.11b monitor load config advanced 802.11b monitor noise config advanced 802.11b monitor signal

show advanced 802.11b profile

詳細なシスコの 802.11b/g 対応無線のパフォーマンス プロファイルを表示するには、 show advanced 802.11b profile コマンドを使用します。

show advanced 802.11b profile { global | Cisco_AP }

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

advanced

Advanced パラメータ。

802.11b

802.11b/g ネットワーク。

profile

Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントのパフォーマンス プロファイル。

global

すべての Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント。

Cisco_AP

Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント名。

 
デフォルト

なし。

> show advanced 802.11b profile global
 
Default 802.11b AP performance profiles
802.11b Global Interference threshold.............. 10%
802.11b Global noise threshold..................... -70 dBm
802.11b Global RF utilization threshold............ 80%
802.11b Global throughput threshold................ 1000000 bps
802.11b Global clients threshold................... 12 clients
802.11b Global coverage threshold.................. 12 dB
802.11b Global coverage exception level............ 80%
802.11b Global client minimum exception lev........ 3 clients
 
> show advanced 802.11b profile AP1
 
Cisco 1000 series lightweight access point performance profile not customized
 

この応答は、この Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントのパフォーマンス プロファイルがグローバルなデフォルトを使用しており、個別に設定されていないことを示しています。

 
関連コマンド

config advanced 802.11b profile clients config advanced 802.11b profile coverage config advanced 802.11b profile customize config advanced 802.11b profile exception config advanced 802.11b profile foreign config advanced 802.11b profile level config advanced 802.11b profile noise config advanced 802.11b profile throughput config advanced 802.11b profile utilization

show advanced 802.11b receiver

デフォルトの詳細なシスコの 802.11b/g 対応無線受信装置のパラメータを表示するには、 show advanced 802.11b receiver コマンドを使用します。

show advanced 802.11b receiver

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

advanced

Advanced パラメータ。

802.11b

802.11b/g ネットワーク。

receiver

シスコの無線受信装置の値。

 
デフォルト

なし。

> show advanced 802.11b receiver
 
Default 802.11b Receiver Settings
RxStart : Signal Threshold............... 15
RxStart : Signal Jump Threshold.......... 5
RxStart : Preamble Power Threshold....... 2
RxRestart : Signal Jump Status............. Enabled
RxRestart : Signal Jump Threshold.......... 10
TxStomp : Low RSS Status. .............. Disabled
TxStomp : Low RSSI Threshold............. 37
TxStomp : Wrong BSSID Status............. Disabled
TxStomp : Wrong BSSID Data Only Status... Disabled
RxAbort : Raw Power Drop Status.......... Disabled
RxAbort : Raw Power Drop Threshold....... 0
RxAbort : Low RSSI Status................ Enabled
RxAbort : Low RSSI Threshold............. 0
RxAbort : Wrong BSSID Status............. Disabled
RxAbort : Wrong BSSID Data Only Status... Disabled

 
関連コマンド

config advanced 802.11b monitor coverage config advanced 802.11b monitor load config advanced 802.11b monitor noise config advanced 802.11b monitor signal

show advanced 802.11b summary

詳細な 802.11b/g 対応 Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント名、チャネル、および伝送レベルの要約を表示するには、 show advanced 802.11b summary コマンドを使用します。

show advanced 802.11b summary

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

advanced

Advanced パラメータ。

802.11b

802.11b/g ネットワーク。

summary

Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント名、チャネル、および伝送レベルの要約。

 
デフォルト

なし。

> show advanced 802.11b summary
 
AP name Channel Txpower Level
------------------- ---------- ------------
AP1 11* 1*
AP2 10* 4
AP3 6* 2
 

) チャネル番号または伝送レベルの横のアスタリスクは、グローバルなアルゴリズム設定によって制御されていることを示します。


 
関連コマンド

show advanced 802.11a summary

show advanced 802.11b txpower

詳細な 802.11b/g 自動伝送パワー割り当てを表示するには、 show advanced 802.11b txpower コマンドを使用します。

show advanced 802.11b txpower

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

advanced

Advanced パラメータ。

802.11b

802.11b/g ネットワーク。

txpower

伝送パワー。

 
デフォルト

なし。

> show advanced 802.11b txpower
 
Automatic Transmit Power Assignment
Transmit Power Assignment Mode................. AUTO
Transmit Power Update Interval................. 600 seconds
Transmit Power Threshold....................... -65 dBm
Transmit Power Neighbor Count.................. 3 APs
Transmit Power Update Contribution............. SNI.
Transmit Power Assignment Leader............... xx:xx:xx:xx:xx:xx
Last Run....................................... 427 seconds ago

 
関連コマンド

config 802.11b txPower

show advanced client-handoff

再試行後の自動クライアント ハンドオフ回数を表示するには、 show advanced client-handoff コマンドを使用します。

show advanced client-handoff

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

advanced

Advanced パラメータ。

client-handoff

詳細なクライアント ハンドオフ回数。

 
デフォルト

なし。

> show advanced client-handoff
 
Client auto handoff after retries................ 130

 
関連コマンド

config advanced timers auth-timeout config advanced timers rogue-ap

show advanced eap

詳細な Extensible Authentication Protocol 設定を表示するには、 show advanced eap コマンドを使用します。

show advanced eap

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

advanced

Advanced パラメータ。

eap

詳細なクライアント ハンドオフ回数。

 
デフォルト

なし。

> show advanced eap
 
EAP-Identity-Request Timeout (seconds)........... 1
EAP-Identity-Request Max Retries................. 20
EAP Key-Index for Dynamic WEP.................... 0
EAP-Request Timeout (seconds).................... 1
EAP-Request Max Retries.......................... 2

 
関連コマンド

(tbd)

show advanced max-1x-sessions

各アクセス ポイントに許可されている同時 802.1x セッションの最大数を表示するには、 show advanced max-1x-sessions コマンドを使用します。

show advanced max-1x-sessions

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

advanced

Advanced パラメータ。

max-1x-sessions

各アクセス ポイントに許可されている同時 802.1x セッションの最大数。

 
デフォルト

なし。

> show advanced max-1x-sessions
 
Max 802.1x session per AP at a given time........ 0

 
関連コマンド

(tbd)

show advanced probe-limit

各クライアントのアクセス ポイント当たりの WLAN コントローラに送信されたプローブ数およびプローブ間隔(ミリ秒)を表示するには、 show advanced probe-limit コマンドを使用します。

show advanced probe-limit

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

advanced

Advanced パラメータ。

probe-limit

各クライアントのアクセス ポイント当たりの WLAN コントローラに送信されたプローブ数およびプローブ間隔(ミリ秒)。

 
デフォルト

なし。

> show advanced probe-limit
 
Probes sent to switch per AP slot per client .... 2
Probe interval in msec........................... 500

 
関連コマンド

(tbd)

show advanced rate

制御パス レート制限が有効か無効かを表示するには、 show advanced rate コマンドを使用します。

show advanced rate

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

advanced

Advanced パラメータ。

rate

制御パス レート制限の有効または無効。

 
デフォルト

なし。

> show advanced rate
 
Control Path Rate Limiting....................... Disabled

 
関連コマンド

(tbd)

show advanced send-disassoc-on-handoff

ハンドオフ後に WLAN コントローラがクライアントをアソシエート解除するかどうかを表示するには、 show advanced send-disassoc-on-handoff コマンドを使用します。

show advanced send-disassoc-on-handoff

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

advanced

Advanced パラメータ。

send-disassoc-on-handoff

ハンドオフが有効化または無効化された後、WLAN コントローラはクライアントをアソシエート解除します。

 
デフォルト

なし。

> show advanced send-disassoc-on-handoff
 
Send Disassociate on Handoff..................... Disabled

 
関連コマンド

(tbd)

show advanced statistics

Cisco Wireless LAN Controller ポートの統計情報が有効か無効かを表示するには、 show advanced statistics コマンドを使用します。

show advanced statistics

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

advanced

Advanced パラメータ。

statistics

Cisco Wireless LAN Controller ポートの統計情報の状態を表示します。

 
デフォルト

なし。

> show advanced statistics
 
Switch port statistics........................... Enabled

 
関連コマンド

config advanced timers auth-timeout config advanced timers rogue-ap

show advanced timers

詳細なモビリティ アンカー、認証応答、および不正アクセス ポイントのエントリ タイマーを表示するには、 show advanced timers コマンドを使用します。

show advanced timers

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

advanced

Advanced パラメータ。

timers

詳細なシステム タイマー。

 
デフォルト

次に例で示します。

> show advanced timers
 
Authentication Response Timeout (seconds)...... 10
Rogue Entry Timeout (seconds).................. 1200
AP Heart Beat Timeout (seconds)................ 30
AP Discovery Timeout (seconds)................. 10
EAP Request Timeout (seconds).................. 8 (only when EAP is enabled)

 
関連コマンド

config advanced timers auth-timeout config advanced timers rogue-ap

Show AP コマンド

show AP コマンドを使用して、アクセス ポイントのパラメータを表示します。

show ap auto-rf

Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントの自動 RF 設定を表示するには、 show ap auto-rf コマンドを使用します。

show ap auto-rf { 802.11a | 802.11b } Cisco_AP

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

ap auto-rf

シスコの無線。

{ 802.11a | 802.11b }

802.11a または 802.11b/g の設定。

Cisco_AP

Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント名。

 
デフォルト

なし。

> show ap auto-rf 802.11a AP1
 
Number Of Slots.................................. 2
Rad Name......................................... AP03
MAC Address...................................... 00:0b:85:01:18:b7
Radio Type..................................... RADIO_TYPE_80211a
Noise Information
Noise Profile................................ PASSED
Channel 36................................... -88 dBm
Channel 40................................... -86 dBm
Channel 44................................... -87 dBm
Channel 48................................... -85 dBm
Channel 52................................... -84 dBm
Channel 56................................... -83 dBm
Channel 60................................... -84 dBm
Channel 64................................... -85 dBm
Interference Information
Interference Profile......................... PASSED
Channel 36................................... -66 dBm @ 1% busy
Channel 40................................... -128 dBm @ 0% busy
Channel 44................................... -128 dBm @ 0% busy
Channel 48................................... -128 dBm @ 0% busy
Channel 52................................... -128 dBm @ 0% busy
Channel 56................................... -73 dBm @ 1% busy
Channel 60................................... -55 dBm @ 1% busy
Channel 64................................... -69 dBm @ 1% busy
Load Information
Load Profile................................. PASSED
Receive Utilization.......................... 0%
Transmit Utilization......................... 0%
Channel Utilization.......................... 1%
Attached Clients............................. 1 clients
Coverage Information
Coverage Profile............................. PASSED
Failed Clients............................... 0 clients
Client Signal Strengths
RSSI -100 dBm................................ 0 clients
RSSI -92 dBm................................ 0 clients
RSSI -84 dBm................................ 0 clients
RSSI -76 dBm................................ 0 clients
RSSI -68 dBm................................ 0 clients
RSSI -60 dBm................................ 0 clients
RSSI -52 dBm................................ 0 clients
Client Signal To Noise Ratios
SNR 0 dBm................................. 0 clients
SNR 5 dBm................................. 0 clients
SNR 10 dBm................................. 0 clients
SNR 15 dBm................................. 0 clients
SNR 20 dBm................................. 0 clients
SNR 25 dBm................................. 0 clients
SNR 30 dBm................................. 0 clients
SNR 35 dBm................................. 0 clients
SNR 40 dBm................................. 0 clients
SNR 45 dBm................................. 0 clients
Nearby RADs
RAD 00:0b:85:01:05:08 slot 0................. -46 dBm on 10.1.30.170
RAD 00:0b:85:01:12:65 slot 0................. -24 dBm on 10.1.30.170
Channel Assignment Information
Current Channel Average Energy............... -86 dBm
Previous Channel Average Energy.............. -75 dBm
Channel Change Count......................... 109
Last Channel Change Time..................... Wed Sep 29 12:53e:34 2004
Recommended Best Channel..................... 44
RF Parameter Recommendations
Power Level.................................. 1
RTS/CTS Threshold............................ 2347
Fragmentation Threshold...................... 2346
Antenna Pattern.............................. 0

 
関連コマンド

config 802.11a antenna config 802.11b antenna config cell

show ap bmode

ブリッジング モードまたはメッシュ モードで配置された Cisco 1030 または 1500 シリーズ Lightweight アクセス ポイントのバックホール モードを表示するには、 show ap bhmode コマンドを使用します。

show ap bhmode Cisco_AP

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

ap

シスコの無線。

bhmode

Cisco 1030 または 1500 シリーズ Lightweight アクセス ポイントのメッシュまたはブリッジング バックホール モードを表示します。

Cisco_AP

Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント名。

 
デフォルト

なし。

> show ap bhmode AP02

 
関連コマンド

config ap stats-timer

show ap bhrate

ブリッジング モードまたはメッシュ モードで配置された Cisco 1030 または 1500 シリーズ Lightweight アクセス ポイントのバックホール レートを表示するには、 show ap bhrate コマンドを使用します。

show ap bhrate Cisco_AP

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

ap

シスコの無線。

bhrate

Cisco 1030 または 1500 シリーズ Lightweight アクセス ポイントのメッシュまたはブリッジング バックホール レートを表示します。

Cisco_AP

Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント名。

 
デフォルト

なし。

> show ap bhrate AP02

 
関連コマンド

config ap stats-timer

show ap ccx rm

アクセス ポイントの CCX 無線管理ステータス情報を表示するには、show ap ccx rm コマンドを使用します。

show ap ccxrm ap_name status

 
シンタックスの説明

ap_name

アクセス ポイント名を指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> show ap ccx rm AP1240-21ac status
 
A Radio
Channel Load Request ..................... Disabled
Noise Histogram Request .................. Disabled
Beacon Request ........................... Disabled
Frame Request ............................ Disabled
Interval ................................. 60
Iteration ................................ 10
 
G Radio
Channel Load Request ..................... Disabled
Noise Histogram Request .................. Disabled
Beacon Request ........................... Disabled
Frame Request ............................ Disabled
Interval ................................. 60
Iteration ................................ 10
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show client ccx

クライアントの CCX 情報を表示します。

show ap cdp neighbors detail

このコマンドを使用して、アクセス ポイントの CDP ネイバーに関する情報を表示します----TBD。

show ap cdp neighbors detail [all | ap_name]

 
シンタックスの説明

all

すべてのアクセス ポイントの CDP ネイバーを表示します。

ap_name

指定されたアクセス ポイントの CDP ネイバーを表示します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> show ap cdp neighbors all
 
AP Name:A10-1020
AP IP address:10.00.231.100
-------------------------
Device ID: Switch
Entry address(es): 10.00.231.2
Platform: cisco WS-C3750-24P, Capabilities: Router Switch IGMP
Interface: enet, Port ID (outgoing port): FastEthernet1/0/23 Holdtime : 180 sec
 
Version :
Cisco Internetwork Operating System Software IOS (tm) C3750 Software (C3750-I9- M),
Version 12.2(20)SE4, RELEASE SOFTWARE (fc1) Copyright (c) 1986-2005 by Cisco Systems, Inc. Compiled Sun 09-Jan-05 00:09 by antonino
 
advertisement version: 2
 
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

TBD

TBD

TBD

show ap config

Lightweight アクセス ポイントの詳細設定を表示するには、 show ap config コマンドを使用します。

show ap config { 802.11a | 802.11b | general } Cisco_AP

 
シンタックスの説明

802.11a

802.11a 無線設定を表示します。

802.11b

802.11b/g 無線設定を表示します。

general

一般的なアクセス ポイント設定を表示します。

Cisco_AP

Lightweight アクセス ポイント名を指定します。

 
デフォルト

なし。

> show ap config 802.11a AP02
 
Cisco AP Identifier.............................. 0
Cisco AP Name.................................... AP02
AP Regulatory Domain............................. Unconfigured
Switch Port Number .............................. 1
MAC Address...................................... 00:0b:85:18:b6:50
IP Address Configuration......................... DHCP
IP Address....................................... 1.100.49.240
IP NetMask....................................... 255.255.255.0
Gateway IP Addr.................................. 1.100.49.1
Cisco AP Location................................ default-location
Cisco AP Group Name.............................. default-group
Primary Cisco Switch............................. Cisco_32:ab:63
Secondary Cisco Switch...........................
Tertiary Cisco Switch............................
Administrative State ............................ ADMIN_ENABLED
Operation State ................................. REGISTERED
Mirroring Mode .................................. Disabled
AP Mode ......................................... Local
Remote AP Debug ................................. Disabled
S/W Version .................................... 3.1.61.0
Boot Version ................................... 1.2.59.6
Stats Re--More-- or (q)uit
porting Period .................................. 180
LED State........................................ Enabled
ILP Pre Standard Switch.......................... Disabled
ILP Power Injector............................... Disabled
Number Of Slots.................................. 2
AP Model......................................... AS-1200
AP Serial Number................................. 044110223A
AP Certificate Type.............................. Manufacture Installed
 
Attributes for Slot 0
Radio Type................................... RADIO_TYPE_80211a
Administrative State ........................ ADMIN_ENABLED
Operation State ............................. UP
WLAN Override................................ Disabled
CellId ...................................... 0
 
Station Configuration
Configuration ............................. AUTOMATIC
Number Of WLANs ........................... 1
Medium Occupancy Limit .................... 100
CFP Period ................................ 4
CFP MaxDuration ........................... 60
BSSID ..................................... 00:0b:85:18:b6:50
Operation Rate Set
6000 Kilo Bits........................... MANDATORY
9000 Kilo Bits........................... SUPPORTED
12000 Kilo Bits.......................... MANDATORY
18000 Kilo Bits.......................... SUPPORTED
24000 Kilo Bits.......................... MANDATORY
36000 Kilo Bits.......................... SUPPORTED
48000 Kilo Bits.......................... SUPPORTED
54000 Kilo Bits.......................... SUPPORTED
Beacon Period ............................. 100
DTIM Period ............................... 1
Fragmentation Threshold ................... 2346
Multi Domain Capability Implemented ....... TRUE
Multi Domain Capability Enabled ........... TRUE
Country String ............................ US
 
Multi Domain Capability
Configuration ............................. AUTOMATIC
First Chan Num ............................ 36
Number Of Channels ........................ 4
 
MAC Operation Parameters
Configuration ............................. AUTOMATIC
RTS Threshold ............................. 2347
Short Retry Limit ......................... 7
Long Retry Limit .......................... 4
Fragmentation Threshold ................... 2346
Maximum Tx MSDU Life Time ................. 512
Maximum Rx Life Time ...................... 512
 
Tx Power
Num Of Supported Power Levels ............. 5
Tx Power Level 1 .......................... 18 dBm
Tx Power Level 2 .......................... 15 dBm
Tx Power Level 3........................... 12 dBm
Tx Power Level 4 .......................... 9 dBm
Tx Power Level 5 .......................... 6 dBm
Tx Power Configuration .................... CUSTOMIZED
Current Tx Power Level..................... 5
 
Phy OFDM parameters
Configuration ............................. AUTOMATIC
Current Channel ........................... 36
TI Threshold .............................. -50
Antenna Type............................... INTERNAL_ANTENNA
Internal Antenna Gain (in .5 dBm units).... 11
AntennaMode................................ ANTENNA_OMNI
 
Performance Profile Parameters
Configuration ............................. AUTOMATIC
Interference threshold..................... 10%
Noise threshold............................ -70 dBm
RF utilization threshold................... 80%
Data-rate threshold........................ 1000000 bps
Client threshold........................... 12 clients
Coverage SNR threshold..................... 16 dB
Coverage exception level................... 25%
Client minimum exception level............. 3 clients
Rogue Containment Information
Containment Count............................ 0
 
> show ap config 802.11b AP02
 
Cisco AP Identifier.............................. 0
Cisco AP Name.................................... AP02
AP Regulatory Domain............................. Unconfigured
Switch Port Number .............................. 1
MAC Address...................................... 00:0b:85:18:b6:50
IP Address Configuration......................... DHCP
IP Address....................................... 1.100.49.240
IP NetMask....................................... 255.255.255.0
Gateway IP Addr.................................. 1.100.49.1
Cisco AP Location................................ default-location
Cisco AP Group Name.............................. default-group
Primary Cisco Switch............................. Cisco_32:ab:63
Secondary Cisco Switch...........................
Tertiary Cisco Switch............................
Administrative State ............................ ADMIN_ENABLED
Operation State ................................. REGISTERED
Mirroring Mode .................................. Disabled
AP Mode ......................................... Local
Remote AP Debug ................................. Disabled
S/W Version .................................... 3.1.61.0
Boot Version ................................... 1.2.59.6
Stats Reporting Period .......................... 180
LED State........................................ Enabled
ILP Pre Standard Switch.......................... Disabled
ILP Power Injector............................... Disabled
Number Of Slots.................................. 2
AP Model......................................... AS-1200
AP Serial Number................................. 044110223A
AP Certificate Type.............................. Manufacture Installed
 
Attributes for Slot 1
Radio Type................................... RADIO_TYPE_80211g
Administrative State ........................ ADMIN_ENABLED
Operation State ............................. UP
WLAN Override ............................... Disabled
CellId ...................................... 0
 
Station Configuration
Configuration ............................. AUTOMATIC
Number Of WLANs ........................... 1
Medium Occupancy Limit .................... 100
CFP Period ................................ 4
CFP MaxDuration ........................... 60
BSSID ..................................... 00:0b:85:18:b6:50
Operation Rate Set
1000 Kilo Bits........................... MANDATORY
2000 Kilo Bits........................... MANDATORY
5500 Kilo Bits........................... MANDATORY
11000 Kilo Bits.......................... MANDATORY
6000 Kilo Bits........................... SUPPORTED
9000 Kilo Bits........................... SUPPORTED
12000 Kilo Bits.......................... SUPPORTED
18000 Kilo Bits.......................... SUPPORTED
24000 Kilo Bits.......................... SUPPORTED
36000 Kilo Bits.......................... SUPPORTED
48000 Kilo Bits.......................... SUPPORTED
54000 Kilo Bits.......................... SUPPORTED
Beacon Period ............................. 100
DTIM Period ............................... 1
Fragmentation Threshold ................... 2346
Multi Domain Capability Implemented ....... TRUE
Multi Domain Capability Enabled ........... TRUE
Country String ............................ US
 
Multi Domain Capability
Configuration ............................. AUTOMATIC
First Chan Num ............................ 1
Number Of Channels ........................ 11
 
MAC Operation Parameters
Configuration ............................. AUTOMATIC
RTS Threshold ............................. 2347
Short Retry Limit ......................... 7
Long Retry Limit .......................... 4
Fragmentation Threshold ................... 2346
Maximum Tx MSDU Life Time ................. 512
Maximum Rx Life Time....................... 512
 
Tx Power
Num Of Supported Power Levels.............. 5
Tx Power Level 1 .......................... 17 dBm
Tx Power Level 2........................... 14 dBm
Tx Power Level 3........................... 11 dBm
Tx Power Level 4........................... 8 dBm
Tx Power Level 5........................... 5 dBm
Tx Power Configuration..................... CUSTOMIZED
Current Tx Power Level..................... 5
 
Phy OFDM parameters
Configuration.............................. CUSTOMIZED
Current Channel............................ 1
TI Threshold............................... -50
Antenna Type............................... INTERNAL_ANTENNA
Internal Antenna Gain (in5 dBm units)...... 11
Diversity.................................. DIVERSITY_ENABLED
 
Performance Profile Parameters
Configuration.............................. AUTOMATIC
Interference threshold..................... 10%
Noise threshold............................ -70 dBm
RF utilization threshold................... 80%
Data-rate threshold........................ 1000000 bps
Client threshold........................... 12 clients
Coverage SNR threshold..................... 12 dB
Coverage exception level................... 25%
Client minimum exception level............. 3 clients
Rogue Containment Information
Containment Count............................ 0
 
> show ap config general AP02
 
Cisco AP Identifier.............................. 0
Cisco AP Name.................................... AP02
AP Regulatory Domain............................. Unconfigured
Switch Port Number............................... 1
MAC Address...................................... xx:xx:xx:xx:xx:xx
IP Address Configuration......................... DHCP
IP Address....................................... 1.100.49.240
IP NetMask....................................... 255.255.255.0
Gateway IP Addr.................................. 1.100.49.1
Cisco AP Location................................ default-location
Cisco AP Group Name.............................. default-group
Primary Cisco Switch............................. Cisco_32:ab:63
Secondary Cisco Switch...........................
Tertiary Cisco Switch............................
Administrative State............................. ADMIN_ENABLED
Operation State.................................. REGISTERED
Mirroring Mode................................... Disabled
AP Mode.......................................... Local
Remote AP Debug.................................. Disabled
S/W Version..................................... 3.1.61.0
Boot Version.................................... 1.2.59.6
porting Period................................... 180
LED State........................................ Enabled
ILP Pre Standard Switch.......................... Disabled
ILP Power Injector............................... Disabled
Number Of Slots.................................. 2
AP Model......................................... AS-1200
AP Serial Number................................. 044110223A
AP Certificate Type.............................. Manufacture Installed

 
関連コマンド

config 802.11a antenna

アクセス ポイントの 802.11a アンテナ設定を行います。

config 802.11b antenna

アクセス ポイントの 802.11b アンテナ設定を行います。

config 802.11a enable

アクセス ポイントの 802.11a 無線を有効にします。

config 802.11b enable

アクセス ポイントの 802.11b/g 無線を有効にします。

show ap config general

特定のアクセス ポイントの syslog サーバ設定を表示するには、 show ap config general コマンドを使用します。

show ap config general

 
シンタックスの説明

show ap config

シスコ無線設定を表示します。

general

特定のアクセス ポイントをターゲットにしています。

 
デフォルト

なし。

> show ap config general

 
関連コマンド

show ap config global

show ap config global

コントローラに結合されているアクセス ポイントすべてのグローバル syslog サーバ設定を表示するには、 show ap config global コマンドを使用します。

show ap config global

 
シンタックスの説明

show ap config

シスコ無線設定を表示します。

global

コントローラに結合されているすべてのアクセス ポイントをターゲットにしています。

 
デフォルト

なし。

> show ap config global
 
AP global system logging host.............................. 255.255.255.255

 
関連コマンド

show ap config general

show ap core-dump

Lightweight アクセス ポイントのメモリ コア ダンプ設定を表示するには、 show ap core-dump コマンドを使用します。

show ap core-dump Cisco_AP

 
シンタックスの説明

Cisco_AP

Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント名。

 
デフォルト

なし。

> show ap core-dump AP02

 
関連コマンド

config ap core-dump

アクセス ポイントのメモリ コア ダンプ設定を設定します。

show ap crash-file

Lightweight アクセス ポイントで生成されたクラッシュおよび無線コア ダンプ ファイルのリストを表示するには、 show ap crash-file コマンドを使用します。

show ap crash-file

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

> show ap crash-file

 
関連コマンド

config ap crash-file

アクセス ポイントのクラッシュ ファイル設定を行います。

show ap inventory

このコマンドを使用して、アクセス ポイントのインベントリ情報を表示します。----TBD

show ap ap inventory ap_name]

 
シンタックスの説明

ap_name

指定されたアクセス ポイントのインベントリを表示します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> show ap inventory test101
 
-----TBD

 
関連コマンド

コマンド
説明

TBD

TBD

TBD

show ap join stats detailed

特定のアクセス ポイントについて収集された結合関連の統計をすべて表示するには、 show ap join stats detailed コマンドを使用します。

show ap join stats detailed ap_mac

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

ap

すべての Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント。

join stats detailed

特定のアクセス ポイントについて収集された結合関係の統計。

ap_mac

アクセス ポイント Ethernet MAC アドレス、または 802.11 無線インターフェイスの MAC アドレス。

 
デフォルト

なし。

> show ap join stats detail 00:0b:85:02:0d:20
 
Discovery phase statistics
- Discovery requests received.......................... 2
- Successful discovery responses sent.................. 2
- Unsuccessful discovery request processing............ 0
- Reason for last unsuccessful discovery attempt....... Not applicable
- Time at last successful discovery attempt............ Aug 21 12:50:23:335
- Time at last unsuccessful discovery attempt.......... Not applicable
 
Join phase statistics
- Join requests received............................... 1
- Successful join responses sent....................... 1
- Unsuccessful join request processing................. 1
- Reason for last unsuccessful join attempt............ RADIUS authorization is pending for the AP
- Time at last successful join attempt................. Aug 21 12:50:34:481
- Time at last unsuccessful join attempt............... Aug 21 12:50:34:374
 
Configuration phase statistics
- Configuration requests received...................... 1
- Successful configuration responses sent.............. 1
- Unsuccessful configuration request processing........ 0
- Reason for last unsuccessful configuration attempt... Not applicable
- Time at last successful configuration attempt........ Aug 21 12:50:34:374
- Time at last unsuccessful configuration attempt...... Not applicable
 
Last AP message decryption failure details
- Reason for last message decryption failure........... Not applicable
 
Last AP disconnect details
- Reason for last AP connection failure................ Not applicable
 
Last join error summary
- Type of error that occurred last..................... Lwapp join request rejected
- Reason for error that occurred last.................. RADIUS authorization is pending for the AP
- Time at which the last join error occurred........... Aug 21 12:50:34:374

 
関連コマンド

show ap join stats summary all show ap join stats summary

show ap join stats summary

特定のアクセス ポイントで最後に発生した結合エラーの詳細を表示するには、 show ap join stats summary コマンドを使用します。

show ap join stats summary ap_mac


) 802.11 無線インターフェイスの MAC アドレスを取得するには、目的のアクセス ポイントで show interfaces Dot11Radio 0 コマンドを入力します。


 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

ap

すべての Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント。

join stats summary

コントローラを結合した、または結合を試みたアクセス ポイントすべての要約。

ap_mac

アクセス ポイント Ethernet MAC アドレス、または 802.11 無線インターフェイスの MAC アドレス。

 
デフォルト

なし。

> show ap join stats summary 00:0b:85:02:0d:20
 
Is the AP currently connected to controller.......................... No
Time at which the AP joined this controller last time................ Aug 21 12:50:36:061
Type of error that occurred last..................................... Lwapp join request rejected
Reason for error that occurred last.................................. RADIUS authorization is pending for the AP
Time at which the last join error occurred........................... Aug 21 12:50:34:374

 
関連コマンド

show ap join stats summary all

show ap join stats summary all

コントローラに結合された、または結合が試行されたアクセス ポイントすべての MAC アドレスを表示するには、 show ap join stats summary all コマンドを使用します。

show ap join stats summary all

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

ap

すべての Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント。

join stats summary

コントローラを結合した、または結合を試みたアクセス ポイントすべての要約。

 
デフォルト

なし。

> show ap join stats summary all
 
Number of APs................................. 3
00:0b:85:1b:7c:b0............................. Joined
00:12:44:bb:25:d0............................. Joined
00:13:19:31:9c:e0............................. Not joined

 
関連コマンド

show ap join stats summary

show ap stats

Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントの統計情報を表示するには、 show ap stats コマンドを使用します。

show ap stats { 802.11a | 802.11b } Cisco_AP

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

ap stats

シスコの無線。

802.11a

802.11a 統計情報。

802.11b

802.11b/g 統計情報。

Cisco_AP

Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント名。

 
デフォルト

なし。

> show ap stats 802.11b AP02
 
Number Of Slots.................................. 2
AP Name.......................................... AP02
MAC Address...................................... 00:0b:85:18:b6:50
Radio Type..................................... RADIO_TYPE_80211a
Stats Information
Number of Users.............................. 0
TxFragmentCount.............................. 1679
MulticastTxFrameCnt.......................... 1260
FailedCount.................................. 15892
RetryCount................................... 331
MultipleRetryCount........................... 0
FrameDuplicateCount.......................... 0
RtsSuccessCount.............................. 0
RtsFailureCount.............................. 0
AckFailureCount.............................. 80212
RxFragmentCount.............................. 248671
MulticastRxFrameCnt.......................... 0
FcsErrorCount................................ 105968
TxFrameCount................................. 1679
WepUndecryptableCount........................ 0

 
関連コマンド

config ap enable

Lightweight アクセス ポイントを有効にします。

show ap summary

コントローラに接続されているアクセス ポイントのリストを表示します。

show ap summary

コントローラに接続されているすべての Lightweight アクセス ポイントの概要を表示するには、 show ap summary コマンドを使用します。各 Lightweight アクセス ポイント名、スロット数、製造元、MAC アドレス、ロケーションおよびコントローラ ポート番号を収録したリストが表示されます。

show ap summary

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

ap

すべての Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント。

summary

すべての Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントの概要。

 
デフォルト

なし。

> show ap summary
 
Number of APs.................................... 3

 

AP Name
Slots
AP Model
Ethernet MAC
Location
Port
Country
---------------
-----
---------
-----------------
----------------
----
-------
ap1020:5f:be:90
2
AP1020
00:0c:85:5f:32:90
default location
29
US
ap1131:3e:ba:10
2
AIR-LAP 1131
00:0b:81:2c:be:01
default location
29
US
ap1242:df:ac:15
2
AIR-LAP1242
00:0e:15:3d:fd:24
default location
29
US

 
関連コマンド

show advanced 802.11a summary

詳細な 802.11a 無線設定および統計情報を表示します。

show advanced 802.11b summary

詳細な 802.11b/g 無線設定および統計情報を表示します。

config ap enable

アクセス ポイントの 802.11 無線を有効にします。

show ap wlan

Cisco Wireless LAN Controller の無線が無線 LAN オーバーライド モードかどうかを表示するには(関連製品ガイドを参照)、 show ap wlan コマンドを使用します。

show ap wlan { 802.11a | 802.11b } Cisco_AP

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

ap

すべての Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント。

wlan

無線 LAN パラメータ。

802.11a

アクセス ポイントの 802.11a 無線の統計情報を表示します。

802.11b

アクセス ポイントの 802.11b 無線の統計情報を表示します。

ap_name

Lightweight アクセス ポイント名を指定します。

 
デフォルト

なし。

> show ap wlan 802.11a AP01
 
AP has following wlan Id's configured as override wlanId
Wlan Id:........................................ 3
 
> show ap wlan 802.11a AP15
 
Cisco AP is not in override mode.

 
関連コマンド

show ap summary

コントローラに接続されているすべてのアクセス ポイントの要約情報を表示します。

config ap wlan enable

アクセス ポイントでの無線 LAN オーバーライドを有効にします。

show arp switch

Cisco Wireless LAN Controller の MAC アドレス、IP アドレス、およびポート タイプを表示するには、 show arp switch コマンドを使用します。

show arp switch

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

arp

arp MAC アドレス、IP アドレス、およびポート タイプ

switch

Cisco Wireless LAN Controller のパラメータ。

 
デフォルト

なし。

> show arp switch
 
MAC Address IP Address Port VLAN Type
------------------- ---------------- ------------ ---- -------------------
xx:xx:xx:xx:xx:xx xxx.xxx.xxx.xxx service port 1
xx:xx:xx:xx:xx:xx xxx.xxx.xxx.xxx service port
xx:xx:xx:xx:xx:xx xxx.xxx.xxx.xxx service port

 
関連コマンド

debug arp

show auth-list

アクセス ポイントの認証リストを表示するには、 show auth-list コマンドを使用します。

show auth-list

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

auth-list

アクセス ポイントの認証リストを表示します。

 
デフォルト

なし。

> show auth-list
 
Authorize APs against AAA...................... disabled
Allow APs with Self-signed Certificate (SSC)... disabled
 
Mac Addr Cert Type Key Hash
----------------------- ---------- ------------------------------------------
xx:xx:xx:xx:xx:xx MIC

 
関連コマンド

config auth-list

show boot

各 Cisco Wireless LAN Controller には、不揮発性 RAM にプライマリおよびバックアップ オペレーティング システム ソフトウェアが 1 つずつロードされています。これにより、Cisco Wireless LAN Controller のプライマリ ロード(デフォルト)をブート オフしたり、必要なときにバックアップ ロードに戻ることができます。プライマリおよびバックアップ ソフトウェアのビルド番号を、どちらがアクティブかとともに表示するには、 show boot コマンドを使用します。

show boot

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

boot

ソフトウェアのブート可能バージョン。

 
デフォルト

なし。

> show boot
 
Primary Boot Image............................... 3.2.13.0 (active)
Backup Boot Image................................ 3.2.15.0

 
関連コマンド

config exclusionlist add config exclusionlist delete config exclusionlist description show client

Show Certificate コマンド

show certificate コマンドを使用して、証明書設定を表示します。

show certificate compatibility

Cisco Wireless LAN Controller で証明書の適合性が確認されているかどうかを表示するには、 show certificate compatibility コマンドを使用します。

show certificate compatibility

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

certificate

すべての証明書。

compatibility

証明書の適合性。

 
デフォルト

なし。

> show certificate compatibility
 
Certificate compatibility mode:................ off

 
関連コマンド

show certificate summary

show certificate summary

コントローラにより証明書が生成されたことを確認するには、 show certificate summary コマンドを使用します。

show certificate summary

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

certificate

すべての証明書。

summary

すべての証明書の概要。

 
デフォルト

なし。

> show certificate summary
 
Web Administration Certificate................. Locally Generated
Web Authentication Certificate................. Locally Generated
Certificate compatibility mode:................ off

 
関連コマンド

show certificate compatibility

Show Client コマンド

show client コマンドを使用して、クライアント設定を表示します。

show client ap

Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント上のクライアントを表示するには、 show client ap コマンドを使用します。

 


) show client ap コマンドは自動的に無効にされたクライアントのステータスを表示できます。show exclusionlist コマンドを使用して、除外リスト(ブラックリスト)上のクライアントを表示します。


show client ap { 802.11a | 802.11b } Cisco_AP

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

client ap

シスコの無線。

802.11a

802.11a クライアント。

802.11b

802.11b/g クライアント。

Cisco_AP

Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント名。

 
デフォルト

なし。

> show client ap 802.11b AP1
 
MAC Address AP Id Status WLAN Id Authenticated
----------------- ------ ------------- --------- -------------
xx:xx:xx:xx:xx:xx 1 Associated 1 No

 
関連コマンド

show client detail show client summary show client username show exclusionlist

show client ccx client-capability

クライアントの機能情報を表示するには、show client ccx client-capability コマンドを使用します。


) このコマンドはクライアントで使用可能な機能を表示します。機能の現在の設定ではありません。


show client ccx client-capability client_mac_address

 
シンタックスの説明

client_mac_address

クライアントの MAC アドレスを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.2

このコマンドが初めて導入されました。

> show client ccx client-capability 00:40:96:a8:f7:98
Service Capability.................................... Voice, Streaming(uni-directional) Video, Interactive(bi-directional) Video
Radio Type............................................ DSSS OFDM(802.11a) HRDSSS(802.11b) ERP(802.11g)
 
Radio Type............................................ DSSS
Radio Channels.................................... 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
Tx Power Mode..................................... Automatic
Rate List(MB)..................................... 1.0 2.0
 
Radio Type............................................ HRDSSS(802.11b)
Radio Channels.................................... 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
Tx Power Mode..................................... Automatic
Rate List(MB)..................................... 5.5 11.0
 
Radio Type............................................ ERP(802.11g)
Radio Channels.................................... 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
Tx Power Mode..................................... Automatic
Rate List(MB)..................................... 6.0 9.0 12.0 18.0 24.0 36.0 48.0 54.0

 
関連コマンド

コマンド
説明

config client ccx get-profiles

クライアントに、プロファイルの送信要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx get-operating-parameters

クライアントに、現在の動作パラメータの送信要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx get-client-capability

クライアントに、機能情報の送信要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

show client ccx profiles

クライアント プロファイルを表示するには、このコマンドを使用します。

show client ccx operating-parameters

クライアントの動作パラメータを表示するには、このコマンドを使用します。

config client ccx stats-request

統計に対する要求を送信するには、このコマンドを使用します。

show client ccx stats-report

統計応答を表示するには、このコマンドを使用します。

show client ccx frame-data

最後のテストについて、クライアントから送信されたデータ フレームを表示するには、show client ccx frame-data コマンドを使用します。

show client ccx frame-data client_mac_address

 
シンタックスの説明

client_mac_address

クライアントの MAC アドレスを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.2

このコマンドが初めて導入されました。

> LOG Frames:
Frame Number ....................... 1
Last Frame Number .................. 1120
Direction .......................... 1
Timestamp .......................... 0d 00h 50m 39s 863954us
Frame Length ....................... 197
Frame Data:
00000000: 80 00 00 00 ff ff ff ff ff ff 00 12 44 bd bd b0 ............D...
00000010: 00 12 44 bd bd b0 f0 af 43 70 00 f2 82 01 00 00 ..D.....Cp......
00000020: 64 00 11 08 00 01 00 01 08 8c 12 98 24 b0 48 60 d...........$.H’
00000030: 6c 05 04 01 02 00 00 85 1e 00 00 89 00 0f 00 ff 1...............
00000040: 03 19 00 41 50 32 33 2d 31 30 00 00 00 00 00 00 ...AP23-10......
00000050: 00 00 00 00 00 00 26 96 06 00 40 96 00 ff ff dd ......&...@.....
00000060: 18 00 50 f2 01 01 00 00 50 f2 05 01 00 00 50 f2 ..P.....P.....P.
00000070: 05 01 00 00 40 96 00 28 00 dd 06 00 40 96 01 01 ....@..(....@...
 
00000080: 00 dd 05 00 40 96 03 04 dd 16 00 40 96 04 00 02 ....@......@....
00000090: 07 a4 00 00 23 a4 00 00 42 43 00 00 62 32 00 00 ....#...BC..b2..
000000a0: dd 05 00 40 96 0b 01 dd 18 00 50 f2 02 01 01 82 ...@......P.....
000000b0: 00 03 a4 00 00 27 a4 00 00 42 43 5e 00 62 32 2f .....’...BC^.b2/
 
> LOG Frames:
Frame Number ....................... 2
Last Frame Number .................. 1120
Direction .......................... 1
Timestamp .......................... 0d 00h 50m 39s 878289us
Frame Length ....................... 147
Frame Data:
00000000: 80 00 00 00 ff ff ff ff ff ff 00 0d ed c3 a0 22 ...............”
00000010: 00 0d ed c3 a0 22 00 bd 4d 50 a5 f7 78 08 00 00 .....”..MP..x...
00000020: 64 00 01 00 00 01 00 01 08 8c 12 98 24 b0 48 60 d...........$.H’
00000030: 6c 05 04 01 02 00 00 85 1e 00 00 84 00 0f 00 ff 1...............
00000040: 03 19 00 72 6f 67 75 65 2d 74 65 73 74 31 00 00 ...rogue-test1..
00000050: 00 00 00 00 00 00 23 96 06 00 40 96 00 10 00 dd ......#...@.....
00000060: 06 00 40 96 01 01 00 dd 05 00 40 96 03 04 dd 05 ....@.......@...
00000070: 00 40 96 0b 01 dd 18 00 50 f2 02 01 01 81 00 03 ....@.......@...
00000080: a4 00 00 27 a4 00 00 42 43 5e 00 62 32 2f 00 d2 ...’...BC^.b2/..
00000090: b4 ab 84 ...
 
> LOG Frames:
Frame Number ....................... 3
Last Frame Number .................. 1120
Direction .......................... 1
Timestamp .......................... 0d 00h 50m 39s 881513us
Frame Length ....................... 189
Frame Data:
00000000: 80 00 00 00 ff ff ff ff ff ff 00 12 44 bd 80 30 ............D..0
00000010: 00 12 44 bd 80 30 60 f7 46 c0 8b 4b d1 05 00 00 ..D..0’.F..K....
00000020: 64 00 11 08 00 01 00 01 08 8c 12 98 24 b0 48 60 d...........$.H’
00000030: 6c 05 04 00 02 00 00 85 1e 00 00 89 00 0f 00 ff 1...............
00000040: 03 19 00 41 50 34 30 2d 31 37 00 00 00 00 00 00 ...AP23-10......
00000050: 00 00 00 00 00 00 26 dd 18 00 50 f2 01 01 00 00 ......&...P.....
00000060: 50 f2 05 01 00 00 50 f2 05 01 00 00 40 96 00 28 P.....P.....@..(
00000070: 00 dd 06 00 40 96 01 01 00 dd 05 00 40 96 03 04 ....@.......@...
 
00000080: dd 16 00 40 96 04 00 05 07 a4 00 00 23 a4 00 00 ....@......#....
00000090: 42 43 00 00 62 32 00 00 dd 05 00 40 96 0b 01 dd BC..b2.....@....
000000a0: 18 00 50 f2 02 01 01 85 00 03 a4 00 00 27 a4 00 ..P..........’..
000000b0: 00 42 43 5e 00 62 32 2f 00 0b 9a 1d 6f .BC^.b2/....o...

 
関連コマンド

最後のテスト応答のステータスを表示するには、show client ccx last-response-status コマンドを使用します。

show client ccx last-response-status client_mac_address

 
シンタックスの説明

client_mac_address

クライアントの MAC アドレスを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.2

このコマンドが初めて導入されました。

> show client ccx last-response-status
Request Test Status ...............Pending/Success/Timeout
Dialog Token ...................... 15
Response Test Type ................Gateway Ping Test
Response Status ...................Success/Timeout
Request Time ...................... 1329 seconds since system boot

 
関連コマンド

コマンド
説明

config client ccx default-gw-ping

クライアントに、デフォルトのゲートウェイ ping テストの実行要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx dhcp

クライアントに、DHCP テストの実行要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx dns-ping

クライアントに、DNS サーバの IP アドレス ping テストの実行要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx dns-resolve

指定されたホスト名に対する DNS 名前解決テストの実行要求をクライアントに送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx test-association

クライアントに、アソシエーション テストの実行要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx test-dot1x

クライアントに、802.1x テストの実行要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx test-profile

クライアントに、プロファイル リダイレクト テストの実行要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx test-abort

クライアントに、現在のテストの中止要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx clear-results

コントローラでテスト結果をクリアするには、このコマンドを使用します。

config client ccx send-message

クライアントへメッセージを送信するには、このコマンドを使用します。

show client ccx last-test-status

最後のテストのステータスを表示するには、このコマンドを使用します。

show client ccx results

最後に正常終了した診断テストの結果を表示するには、このコマンドを使用します。

show client ccx frame-data

最後のテストに対してクライアントから送信されたデータ フレームを表示するには、このコマンドを使用します。

show client ccx last-response-status

最後のテスト応答のステータスを表示するには、show client ccx last-response-status コマンドを使用します。

show client ccx last-response-status client_mac_address

 
シンタックスの説明

client_mac_address

クライアントの MAC アドレスを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.2

このコマンドが初めて導入されました。

> show client ccx last-response-status
Test Status ........................ Success
 
Response Dialog Token.............. 87
Response Status.................... Successful
Response Test Type................. 802.1x Authentication Test
Response Time...................... 3476 seconds since system boot

 
関連コマンド

コマンド
説明

config client ccx default-gw-ping

クライアントに、デフォルトのゲートウェイ ping テストの実行要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx dhcp

クライアントに、DHCP テストの実行要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx dns-ping

クライアントに、DNS サーバの IP アドレス ping テストの実行要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx dns-resolve

指定されたホスト名に対する DNS 名前解決テストの実行要求をクライアントに送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx test-association

クライアントに、アソシエーション テストの実行要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx test-dot1x

クライアントに、802.1x テストの実行要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx test-profile

クライアントに、プロファイル リダイレクト テストの実行要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx test-abort

クライアントに、現在のテストの中止要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx clear-results

コントローラでテスト結果をクリアするには、このコマンドを使用します。

config client ccx send-message

クライアントへメッセージを送信するには、このコマンドを使用します。

show client ccx last-response-status

最後のテスト応答のステータスを表示するには、このコマンドを使用します。

show client ccx results

最後に正常終了した診断テストの結果を表示するには、このコマンドを使用します。

show client ccx frame-data

最後のテストに対してクライアントから送信されたデータ フレームを表示するには、このコマンドを使用します。

show client ccx last-test-status

最後のテストのステータスを表示するには、show client ccx last-test-status コマンドを使用します。

show client ccx last-test-status client_mac_address

 
シンタックスの説明

client_mac_address

クライアントの MAC アドレスを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.2

このコマンドが初めて導入されました。

> show client ccx last-test-status
Test Type ........................Gateway Ping Test
Test Status ......................Pending/Success/Timeout
Dialog Token ..................... 15
Timeout ..........................15000 ms
Request Time .....................1329 seconds since system boot

 
関連コマンド

コマンド
説明

config client ccx default-gw-ping

クライアントに、デフォルトのゲートウェイ ping テストの実行要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx dhcp

クライアントに、DHCP テストの実行要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx dns-ping

クライアントに、DNS サーバの IP アドレス ping テストの実行要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx dns-resolve

指定されたホスト名に対する DNS 名前解決テストの実行要求をクライアントに送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx test-association

クライアントに、アソシエーション テストの実行要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx test-dot1x

クライアントに、802.1x テストの実行要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx test-profile

クライアントに、プロファイル リダイレクト テストの実行要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx test-abort

クライアントに、現在のテストの中止要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx clear-results

コントローラでテスト結果をクリアするには、このコマンドを使用します。

config client ccx send-message

クライアントへメッセージを送信するには、このコマンドを使用します。

show client ccx last-response-status

最後のテスト応答のステータスを表示するには、このコマンドを使用します。

show client ccx results

最後に正常終了した診断テストの結果を表示するには、このコマンドを使用します。

show client ccx frame-data

最後のテストに対してクライアントから送信されたデータ フレームを表示するには、このコマンドを使用します。

show client ccx log-response

ログ応答を表示するには、show client ccx log-response コマンドを使用します。

show client ccx log-response [ roam | rsna | syslog] client_mac_address

 
シンタックスの説明

roam

CCX クライアントのローミング ログ応答を表示します。

rsna

CCX クライアントの RSNA ログ応答を表示します。

syslog

CCX クライアントのシステム ログ応答を表示します。

client_mac_address

指定されたアクセス ポイントのインベントリを表示します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> config client ccx log-request syslog 00:40:96:a8:f7:98
> show client ccx log-response syslog 00:40:96:a8:f7:98
Tue Jun 26 18:07:48 2007 Syslog Response LogID=131: Status=Successful
Event Timestamp=0d 00h 19m 42s 278987us
Client SysLog = ‘<11> Jun 19 11:49:47 unraval13777 Mandatory elements missing in the OID response’
Event Timestamp=0d 00h 19m 42s 278990us
Client SysLog = ‘<11> Jun 19 11:49:47 unraval13777 Mandatory elements missing in the OID response’
Tue Jun 26 18:07:48 2007 Syslog Response LogID=131: Status=Successful
Event Timestamp=0d 00h 19m 42s 278987us
Client SysLog = ‘<11> Jun 19 11:49:47 unraval13777 Mandatory elements missing in the OID response’
Event Timestamp=0d 00h 19m 42s 278990us
Client SysLog = ‘<11> Jun 19 11:49:47 unraval13777 Mandatory elements missing in the OID response’
 
 
> config client ccx log-request roam 00:40:96:a8:f7:98
> show client ccx log-response roam 00:40:96:a8:f7:98
 
Thu Jun 22 11:55:14 2007 Roaming Response LogID=20: Status=Successful
Event Timestamp=0d 00h 00m 13s 322396us
Source BSSID=00:40:96:a8:f7:98, Target BSSID=00:0b:85:23:26:70,
Transition Time=100(ms)
Transition Reason: Normal roam, poor link
Transition Result: Success
Thu Jun 22 11:55:14 2007 Roaming Response LogID=133: Status=Successful
Event Timestamp=0d 00h 00m 16s 599006us
Source BSSID=00:0b:85:81:06:c2, Target BSSID=00:0b:85:81:06:c2,
Transition Time=3235(ms)
Transition Reason: Normal roam, poor link
Transition Result: Success
Thu Jun 22 18:28:48 2007 Roaming Response LogID=133: Status=Successful
Event Timestamp=0d 00h 00m 08s 815477us
Source BSSID=00:0b:85:81:06:c2, Target BSSID=00:0b:85:81:06:d2,
Transition Time=3281(ms)
Transition Reason: First association to WLAN
Transition Result: Success
 
> config client ccx log-request rsna 00:40:96:a8:f7:98
> show client ccx log-response rsna 00:40:96:a8:f7:98
 
Tue Oct 05 11:06:48 2006
RSNA Response LogID=2: Status=Successful
Event Timestamp=242424242424
Target BSSID=00:0b:85:23:26:70
RSNA Version=1
Group Cipher Suite=00-0f-ac-01
Pairwise Cipher Suite Count = 2
Pairwise Cipher Suite 0 = 00-0f-ac-02
Pairwise Cipher Suite 1 = 00-0f-ac-04
AKM Suite Count = 2
KM Suite 0 = 00-0f-ac-01
KM Suite 1 = 00-0f-ac-02
SN Capability = 0x1
PMKID Count = 2
PMKID 0 = 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16
PMKID 1 = 0a 0b 0c 0d 0e 0f 17 18 19 20 1a 1b 1c 1d 1e 1f
802.11i Auth Type: EAP_FAST
RSNA Result: Success
Tue Oct 05 11:05:48 2006
RSNA Request LogID=2

 
関連コマンド

コマンド
説明

config client ccx log-request

CCX クライアントのログ要求を設定します。

show client ccx manufacturer-info

クライアントの製造情報を表示するには、show client ccx manufacturer-info コマンドを使用します。

show client ccx manufacturer-info client_mac_address

 
シンタックスの説明

client_mac_address

クライアントの MAC アドレスを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.2

このコマンドが初めて導入されました。

> show client ccx manufacturer-info 00:40:96:a8:f7:98
Manufacturer OUI ......................................... 00:40:96
Manufacturer ID .......................................... Cisco
Manufacturer Model ....................................... Cisco Aironet 802.11a/b/g Wireless Adapter
Manufacturer Serial ...................................... FOC1046N3SX
Mac Address .............................................. 00:40:96:b2:8d:5e
Radio Type ............................................... DSSS OFDM(802.11a) HRDSSS(802.11b) ERP(802.11g)
Antenna Type ............................................. Omni-directional diversity
Antenna Gain ............................................. 2 dBi
 
Rx Sensitivity:
Radio Type ............................................... DSSS
Rx Sensitivity ........................................... Rate:1.0 Mbps, MinRssi:-95, MaxRss1:-30
Rx Sensitivity ........................................... Rate:2.0 Mbps, MinRssi:-95, MaxRss1:-30
Radio Type ............................................... HRDSSS(802.11b)
Rx Sensitivity ........................................... Rate:5.5 Mbps, MinRssi:-95, MaxRss1:-30
Rx Sensitivity ........................................... Rate:11.0 Mbps, MinRssi:-95, MaxRss1:-30
Radio Type ............................................... ERP(802.11g)
Rx Sensitivity ........................................... Rate:6.0 Mbps, MinRssi:-95, MaxRss1:-30
Rx Sensitivity ........................................... Rate:9.0 Mbps, MinRssi:-95, MaxRss1:-30
Rx Sensitivity ........................................... Rate:12.0 Mbps, MinRssi:-95, MaxRss1:-30
Rx Sensitivity ........................................... Rate:18.0 Mbps, MinRss1:-95, MaxRss1:-30
 
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

config client ccx get-profiles

クライアントに、プロファイルの送信要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx get-operating-parameters

クライアントに、現在の動作パラメータの送信要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx get-manufacturer-info

クライアントに、製造元情報の送信要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx get-client-capability

クライアントに、機能情報の送信要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

show client ccx profiles

クライアント プロファイルを表示するには、このコマンドを使用します。

show client ccx operating-parameters

クライアントの動作パラメータを表示するには、このコマンドを使用します。

show client ccx client-capability

クライアントの機能情報を表示するには、このコマンドを使用します。

config client ccx stats-request

統計に対する要求を送信するには、このコマンドを使用します。

show client ccx stats-report

統計応答を表示するには、このコマンドを使用します。

show client ccx operating-parameters

クライアントの動作パラメータを表示するには、show client ccx operating-parameters コマンドを使用します。

show client ccx operating-parameters client_mac_address

 
シンタックスの説明

client_mac_address

クライアントの MAC アドレスを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.2

このコマンドが初めて導入されました。

> show client ccx operating-parameters 00:40:96:a8:f7:98
Client Mac ......................................... 00:40:96:b2:8d:5e
Radio Type ......................................... OFDM(802.11a)
 
Radio Type ......................................... OFDM(802.11a)
Radio Channels ................................. 36 40 44 48 52 56 60 64 100 104 108 112 116 120 124 128 132 136 140 149 153 157 161 165
Tx Power Mode .................................. Automatic
Rate List(MB)................................... 6.0 9.0 12.0 18.0 24.0 36.0 48.0 54.0
 
Power Save Mode .................................... Normal Power Save
SSID ............................................... wifi
Security Parameters[EAP Method, Credential]......... None
Auth Method ........................................ None
Key Management...................................... None
Encryption ......................................... None
Device Name ........................................ Wireless Network Connection 15
Device Type ........................................ 0
OS Id .............................................. Windows XP
OS Version ......................................... 5.1.6.2600 Service Pack 2
IP Type ............................................ DHCP address
IPv4 Address ....................................... Available
IP Address ......................................... 70.0.4.66
Subnet Mask ........................................ 255.0.0.0
Default Gateway .................................... 70.1.0.1
IPv6 Address ....................................... Not Available
IPv6 Address ....................................... 0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:
IPv6 Subnet Mask ................................... 0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:
DNS Servers ........................................ 103.0.48.0
WINS Servers .......................................
System Name ........................................ URAVAL3777
Firmware Version ................................... 4.0.0.187
Driver Version ..................................... 4.0.0.187

 
関連コマンド

コマンド
説明

config client ccx get-profiles

クライアントに、プロファイルの送信要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx get-operating-parameters

クライアントに、現在の動作パラメータの送信要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx get-manufacturer-info

クライアントに、製造元情報の送信要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx get-client-capability

クライアントに、機能情報の送信要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

show client ccx profiles

クライアント プロファイルを表示するには、このコマンドを使用します。

show client ccx manufacturer-info

クライアントの製造元情報を表示するには、このコマンドを使用します。

show client ccx client-capability

クライアントの機能情報を表示するには、このコマンドを使用します。

config client ccx stats-request

統計に対する要求を送信するには、このコマンドを使用します。

show client ccx stats-report

統計応答を表示するには、このコマンドを使用します。

show client ccx profiles

クライアント プロファイルを表示するには、show client ccx profiles コマンドを使用します。

show client ccx profiles client_mac_address

 
シンタックスの説明

client_mac_address

クライアントの MAC アドレスを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.2

このコマンドが初めて導入されました。

> show client ccx profiles 00:40:96:a8:f7:98
Number of Profiles .................................. 1
Current Profile ..................................... 1
 
Profile ID .......................................... 1
Profile Name ........................................ wifiEAP
SSID ................................................ wifiEAP
Security Parameters [EAP Method, Credential]......... EAP-TLS, Host OS Login Credentials
Auth Method ......................................... EAP
Key Management ...................................... WPA2+CCKM
Encryption .......................................... AES-CCMP
Power Save Mode ..................................... Constantly Awake
Radio Configuration:
Radio Type........................................... DSSS
Preamble Type.................................... Long preamble
CCA Method....................................... Energy Detect + Carrier
Detect/Correlation
Data Retries..................................... 6
Fragment Threshold............................... 2342
Radio Channels................................... 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
Tx Power Mode.................................... Automatic
Rate List (MB)................................... 1.0 2.0
 
Radio Type........................................... HRDSSS(802.11b)
Preamble Type.................................... Long preamble
CCA Method....................................... Energy Detect + Carrier
Detect/Correlation
Data Retries..................................... 6
Fragment Threshold............................... 2342
Radio Channels................................... 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
Tx Power Mode.................................... Automatic
Rate List(MB).................................... 5.5 11.0
 
Radio Type........................................... ERP(802.11g)
Preamble Type.................................... Long preamble
CCA Method....................................... Energy Detect + Carrier
Detect/Correlation
Data Retries..................................... 6
Fragment Threshold............................... 2342
Radio Channels................................... 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
Tx Power Mode.................................... Automatic
Rate List (MB)................................... 6.0 9.0 12.0 18.0 24.0 36.0 48.0 54.0
 
Radio Type........................................... OFDM(802.11a)
Preamble Type.................................... Long preamble
CCA Method....................................... Energy Detect + Carrier
Detect/Correlation
Data Retries..................................... 6
Fragment Threshold............................... 2342
Radio Channels................................... 36 40 44 48 52 56 60 64 149 153 157 161 165
Tx Power Mode.................................... Automatic
Rate List (MB)................................... 6.0 9.0 12.0 18.0 24.0 36.0 48.0 54.0

 
関連コマンド

コマンド
説明

config client ccx get-profiles

クライアントに、プロファイルの送信要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx get-operating-parameters

クライアントに、現在の動作パラメータの送信要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx get-manufacturer-info

クライアントに、製造元情報の送信要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx get-client-capability

クライアントに、機能情報の送信要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

show client ccx operating-parameters

クライアントの動作パラメータを表示するには、このコマンドを使用します。

show client ccx manufacturer-info

クライアントの製造元情報を表示するには、このコマンドを使用します。

show client ccx client-capability

クライアントの機能情報を表示するには、このコマンドを使用します。

config client ccx stats-request

統計に対する要求を送信するには、このコマンドを使用します。

show client ccx stats-report

統計応答を表示するには、このコマンドを使用します。

show client ccx results

最後に正常終了した診断テストの結果を表示するには、show client ccx results コマンドを使用します。

show client ccx results client_mac_address

 
シンタックスの説明

client_mac_address

クライアントの MAC アドレスを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.2

このコマンドが初めて導入されました。

Information similar to the following appears for the 802.1x authentication test:
 
dot1x Complete....................................... Success
EAP Method........................................... *1,Host OS Login Credentials
dot1x Status......................................... 255
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

config client ccx default-gw-ping

クライアントに、デフォルトのゲートウェイ ping テストの実行要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx dhcp

クライアントに、DHCP テストの実行要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx dns-ping

クライアントに、DNS サーバの IP アドレス ping テストの実行要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx dns-resolve

指定されたホスト名に対する DNS 名前解決テストの実行要求をクライアントに送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx test-association

クライアントに、アソシエーション テストの実行要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx test-dot1x

クライアントに、802.1x テストの実行要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx test-profile

クライアントに、プロファイル リダイレクト テストの実行要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx test-abort

クライアントに、現在のテストの中止要求を送信するにはこのコマンドを使用します。

config client ccx clear-results

コントローラでテスト結果をクリアするには、このコマンドを使用します。

config client ccx send-message

クライアントへメッセージを送信するには、このコマンドを使用します。

show client ccx last-test-status

最後のテストのステータスを表示するには、このコマンドを使用します。

show client ccx last-response-status

最後のテスト応答のステータスを表示するには、このコマンドを使用します。

show client ccx frame-data

最後のテストに対してクライアントから送信されたデータ フレームを表示するには、このコマンドを使用します。

show client ccx rm

このコマンドを使用して CCX クライアント情報を表示します----TBD。

show client ccx rm client_MAC [ status |
report ( chan-load | noise-hist | frame request | beacon | frame )]

 
シンタックスの説明

client_MAC

クライアントの MAC アドレスを指定します。

status

クライアントの CCX 無線管理ステータス情報を表示します。

report

クライアントの CCX 無線管理レポートを表示します。

chan-load

無線管理チャネル ロード レポートを表示します。

noise-hist

無線管理ノイズ ヒストグラム レポートを表示します。

beacon

無線管理ビーコン ロード レポートを表示します。

frame

無線管理フレーム レポートを表示します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> show client ccx rm 00:40:96:15:21:ac status
 
Client Mac Address............................... 00:40:96:15:21:ac
Channel Load Request............................. Enabled
Noise Histogram Request.......................... Enabled
Beacon Request................................... Enabled
Frame Request.................................... Enabled
Interval......................................... 30
Iteration........................................... 10
 
 
> show client ccx rm 00:40:96:15:21:ac report chan-load
Channel Load Report
Client Mac Address...............................00:40:96:ae:53:bc
Timestamp........................................788751121
Incapable Flag...................................On
Refused Flag........................................On
Chan CCA Busy Fraction
-----------------------
1 194
2 86
3 103
4 0
5 178
6 82
7 103
8 95
9 13
10 222
11 75
 
 
> show client ccx rm 00:40:96:15:21:ac report noise-hist
Noise Histogram Report
Client Mac Address...............................00:40:96:15:21:ac
Timestamp........................................4294967295
Incapable Flag...................................Off
Refused Flag........................................Off
Chan RPI0 RPI1 RPI2 RPI3 RPI4 RPI5 RPI6 RPI7
 
> show client ccx rm 00:40:96:ae:53:bc report beacon
Beacon Report
Client Mac Address...............................00:40:96:ae:53:bc
Timestamp.......................................788853242
Incapable Flag..................................On
Refused Flag.......................................On

Channel No......................................3
Phy Type........................................ERP
Received signal Power...........................-80dbm
BSSID...........................................00:12:7f:50:93:10
Parent TFS...................................... bc729d5e
Parent TFS......................................42f637ec02000000
Beacon Interval.................................100
Capability Information............................. 0401

Channel No...................................... 7
Phy Type........................................ ERP
Received signal Power........................... -62dbm
BSSID........................................... 00:12:44:b3:b9:e0
Parent TFS...................................... 4f46aa5e
Parent TFS...................................... bd1ba60f00000000
Beacon Interval................................. 100
Capability Information............................. 0421
 
 
> show client ccx rm 00:40:96:ae:53:bc report frame
Frame Report
Client Mac Address..............................00:40:96:ae:53:bc
Timestamp.......................................789140437
Incapable Flag..................................On
Refused Flag.......................................On
Chan Tx Address Bssid RcxSigPwr Frame Count
--------------------------------------------------------------
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

TBD

TBD

show client ccx stats-report

指定されたクライアント デバイスから CCX 統計情報レポートを表示するには、show slient ccx stats-report コマンドを使用します。

show client ccx stats-report client_mac_address

 
シンタックスの説明

client_mac_address

指定されたクライアント デバイスの MAC アドレスを表示します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> config client ccx stats-request 1 dot11 00:40:96:a8:f7:98
> show client ccx stats-report 00:40:96:a8:f7:98
 
Measurement duration = 1
 
dot11TransmittedFragmentCount = 1
dot11MulticastTransmittedFrameCount = 2
dot11FailedCount = 3
dot11RetryCount = 4
dot11MultipleRetryCount = 5
dot11FrameDuplicateCount = 6
dot11RTSSuccessCount = 7
dot11RTSFailureCount = 8
dot11ACKFailureCount = 9
dot11ReceivedFragmentCount = 10
dot11MulticastReceivedFrameCount = 11
dot11FCSErrorCount = 12
dot11TransmittedFrameCount = 13
 
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

config client ccx stats-request

CCX クライアントの統計情報要求を設定します。

show client detail

Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント上のクライアントの詳細情報を表示するには、 show client detail コマンドを使用します。

 


) show client ap コマンドは自動的に無効にされたクライアントのステータスを表示できます。show exclusionlist コマンドを使用して、除外リスト(ブラックリスト)上のクライアントを表示します。


show client detail mac_address

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

client

802.11a または 802.11b/g クライアント。

detail

接続情報。

mac_address

特定クライアントの MAC アドレス。

 
デフォルト

なし。

> show client detail 00:0c:41:07:33:a6
 
Client MAC Address............................... 00:16:36:40:ac:58
Client Username.................................. N/A
Client State..................................... Associated
Guest LAN Id..................................... 1
IP Address....................................... Unknown
Session Timeout.................................. 0
QoS Level........................................ Gold
Diff Serv Code Point (DSPC)...................... disabled
Mobility State................................... Local
Internal Mobility State.......................... apfMsMmInitial
Security Policy Completed........................ No
Policy Manager State............................. WEBAUTH_REQD
Policy Manager Rule Created...................... Yes
NPU Fast Fast Notified........................... Yes
Last Policy Manager State........................ WEBAUTH_REQD
Client Entry Create Time......................... 460 seconds
Interface........................................ wired-guest
VLAN............................................. 236
Client Statistics:
Number of Bytes Received..................... 0
Number of Bytes Sent......................... 0
Number of Packets Received................... 0
Number of Packets Sent....................... 0

 
関連コマンド

show client ap show client summary show client username show exclusionlist

show client location-calibration summary

クライアントのロケーション調整要約情報を表示するには、show client lcoation-calibration summary コマンドを使用します。...... TBD........... TBD.....

show client location-calibration summary

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> show client location-calibration summary
 
 
PUT TABLE HER ***************
 
MAC Address Inerval
----------- ----------
10:10:10:10:10:10 60
21:21:21:21:21:21 45

 
関連コマンド

コマンド
説明

TBD

TBD

TBD

show client report

詳細なクライアント情報を表示するには、show client detail コマンドを使用します。

show client detail

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> show client detail 00:14:6c:0a:57:77
 
Client MAC Address............................... 00:14:6c:0a:57:77
Client Username ................................. N/A
AP MAC Address................................... 00:0b:85:0e:19:a0
Client State..................................... Diagnostics
Wireless LAN Id.................................. 1
BSSID............................................ 00:0b:85:0e:19:a0
Channel.......................................... 40
IP Address....................................... 1.100.150.53
Association Id................................... 1
Authentication Algorithm......................... Open System
Reason Code...................................... 0
Status Code...................................... 0
Session Timeout.................................. 1800
Client CCX version............................... CCXv5
Re-Authentication Timeout........................ 1800
QoS Level........................................ Silver
 
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

TBD

TBD

TBD

show client summary

Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントにアソシエートされているクライアントの要約を表示するには、 show client summary コマンドを使用します。

 


) show client ap コマンドは自動的に無効にされたクライアントのステータスを表示できます。show exclusionlist コマンドを使用して、除外リスト(ブラックリスト)上のクライアントを表示します。


show client summary

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

client

802.11a または 802.11b/g クライアント。

summary

接続されているすべてのクライアント。

 
デフォルト

なし。

> show client summary
 
Number of Clients................................ 24
 
MAC Address AP Name Status WLAN Auth Protocol Port
----------------- ----------------- ------------- ---- ---- -------- ----
 
xx:xx:xx:xx:xx:xx AP02 Probing N/A No 802.11a 1
xx:xx:xx:xx:xx:xx AP02 Probing N/A No 802.11a 1
xx:xx:xx:xx:xx:xx AP02 Probing N/A No 802.11b 1
xx:xx:xx:xx:xx:xx AP02 Probing N/A No 802.11a 1
xx:xx:xx:xx:xx:xx AP02 Probing N/A No 802.11b 1
xx:xx:xx:xx:xx:xx AP02 Probing N/A No 802.11b 1
xx:xx:xx:xx:xx:xx AP02 Probing N/A No 802.11b 1
xx:xx:xx:xx:xx:xx AP02 Probing N/A No 802.11b 1
xx:xx:xx:xx:xx:xx AP02 Probing N/A No 802.11b 1
xx:xx:xx:xx:xx:xx AP02 Probing N/A No 802.11a 1
xx:xx:xx:xx:xx:xx AP02 Probing N/A No 802.11a 1
xx:xx:xx:xx:xx:xx AP02 Probing N/A No 802.11b 1
xx:xx:xx:xx:xx:xx AP02 Probing N/A No 802.11a 1
xx:xx:xx:xx:xx:xx AP02 Probing N/A No 802.11a 1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show client summary guest-lan

アクティブな有線ゲスト LAN クライアントを表示するには、 show client summary guest-lan コマンドを使用します。

show client summary guest-lan

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

client

802.11a または 802.11b/g クライアント。

summary

接続されているすべてのクライアント。

guest-LAN

アクティブな有線ゲスト LAN を示します。

 
デフォルト

なし。

> show client summary
 
Number of Clients................................ 1
MAC Address AP Name Status WLAN Auth Protocol Port Wired
----------- --------- ------- ----- ---- --------- ---- -----
00:16:36:40:ac:58 N/A Associated 1 No 802.3 1 Yes
 

show client username

ユーザ名別にクライアント データを表示するには、 show client username コマンドを使用します。

show client username username

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

client

クライアント データを表示します。

username

シスコの無線。

username

クライアントのユーザ名。

 
デフォルト

なし。

> show client username IT_007
 
MAC Address AP ID Status WLAN Id Authenticated
----------------- ------ ------------- --------- -------------
xx:xx:xx:xx:xx:xx 1 Associated 1 No

 
関連コマンド

show client ap show client detail show client summary

show country

設定されている国とサポートされている無線タイプを表示するには、 show country channels コマンドを使用します。

show country

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> show country
 
Configured Country............................. United States
Configured Country Codes
US - United States............................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

config country

コントローラの規制使用国を設定します。

display country supported

サポートされている国オプションのリストを表示します。

show country channels

設定されている国でサポートされている無線チャネルを表示します。

show country channels

設定されている国でサポートされている無線タイプを表示するには、show country channels コマンドを使用します。

show country channels

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> show country channels
 
Configured Country............................. United States
KEY: * = Channel is legal in this country and may be configured manually.
A = Channel is the Auto-RF default in this country.
. = Channel is not legal in this country.
C = Channel has been configured for use by Auto-RF.
x = Channel is available to be configured for use by Auto-RF.
---------:+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
802.11BG :
Channels : 1 1 1 1 1
: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4
---------:+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
US : A * * * * A * * * * A . . .
---------:+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
802.11A : 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
Channels : 3 3 3 4 4 4 4 4 5 5 6 6 0 0 0 1 1 2 2 2 3 3 4 4 5 5 6 6
: 4 6 8 0 2 4 6 8 2 6 0 4 0 4 8 2 6 0 4 8 2 6 0 9 3 7 1 5
---------:+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
US : . A . A . A . A A A A A * * * * * . . . * * * A A A A *
---------:+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

 
関連コマンド

コマンド
説明

config country

コントローラの規制使用国を設定します。

display country supported

サポートされている国オプションのリストを表示します。

show country

設定されている国およびサポートされている無線チャネルを表示します。

show country supported

サポートされている国オプションのリストを表示するには、show country supported コマンドを使用します。

show country supported

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> show country supported
CConfigured Country............................. United States
Supported Country Codes
AR - Argentina................................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
AT - Austria................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
AU - Australia................................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
BR - Brazil.................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
BE - Belgium................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
BG - Bulgaria.................................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
CA - Canada.................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
CH - Switzerland............................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
CL - Chile..................................... 802.11b / 802.11g
CN - China..................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
CO - Colombia.................................. 802.11b / 802.11g
CY - Cyprus.................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
CZ - Czech Republic............................ 802.11a / 802.11b
DE - Germany................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
DK - Denmark................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
EE - Estonia................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
ES - Spain..................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
FI - Finland................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
FR - France.................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
GB - United Kingdom............................ 802.11a / 802.11b / 802.11g
GI - Gibraltar................................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
GR - Greece.................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
HK - Hong Kong................................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
HU - Hungary................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
ID - Indonesia................................. 802.11b / 802.11g
IE - Ireland................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
IN - India..................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
IL - Israel.................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
ILO - Israel (outdoor).......................... 802.11b / 802.11g
IS - Iceland................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
IT - Italy..................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
JP - Japan (J)................................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
J2 - Japan 2(P)................................ 802.11a / 802.11b / 802.11g
J3 - Japan 3(U)................................ 802.11a / 802.11b / 802.11g
KR - Korea Republic (C)........................ 802.11a / 802.11b / 802.11g
KE - Korea Extended (K)........................ 802.11a / 802.11b / 802.11g
LI - Liechtenstein............................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
LT - Lithuania................................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
LU - Luxembourg................................ 802.11a / 802.11b / 802.11g
LV - Latvia.................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
MC - Monaco.................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
MT - Malta..................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
MX - Mexico.................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
MY - Malaysia.................................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
NL - Netherlands............................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
NZ - New Zealand............................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
NO - Norway.................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
PA - Panama.................................... 802.11b / 802.11g
PE - Peru...................................... 802.11b / 802.11g
PH - Philippines............................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
PL - Poland.................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
PT - Portugal.................................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
RU - Russian Federation........................ 802.11a / 802.11b / 802.11g
RO - Romania................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
SA - Saudi Arabia.............................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
SE - Sweden.................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
SG - Singapore................................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
SI - Slovenia.................................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
SK - Slovak Republic........................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
TH - Thailand.................................. 802.11b / 802.11g
TR - Turkey.................................... 802.11b / 802.11g
TW - Taiwan.................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
UA - Ukraine................................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
US - United States............................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
USL - United States (Legacy).................... 802.11a / 802.11b / 802.11g
USX - United States (US + chan165).............. 802.11a / 802.11b / 802.11g
VE - Venezuela................................. 802.11b / 802.11g
ZA - South Africa.............................. 802.11a / 802.11b / 802.11g
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

config country

コントローラの規制使用国を設定します。

display country channels

自動 RF で使用されるサポート チャネルのリストを表示します。

show country

設定されている国およびサポートされている無線チャネルを表示します。

show cpu

現在の WLAN コントローラの CPU 利用率情報を表示するには、 show cpu コマンドを使用します。

show cpu

 
シンタックスの説明

show cpu

コマンド動作。

 
デフォルト

なし。

> show cpu
 
Current CPU load: 2.50%

 
関連コマンド

show sysinfo

show custom-web

Web 認証カスタマイズ情報を表示するには、 show custom-web コマンドを使用します。

show custom-web

 
シンタックスの説明

show custom-web

コマンド動作。

 
デフォルト

なし。

> show custom-web
 
Radius Authentication Method..................... PAP
Cisco Logo....................................... Enabled
CustomLogo....................................... None
Custom Title..................................... None
Custom Message................................... None
Custom Redirect URL.............................. None
External web authentication Mode................. Disabled
External web authentication URL.................. None

 
関連コマンド

config custom-web

show database summary

データベースの最大エントリ数を表示するには、show database summary コマンドを使用します。

show database summary

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> show database summary
 
Current Max database entries..................... 512
Max database entries on next reboot.............. 512
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

config database size

データベースの最大エントリ数を設定します。

show debug

show debug コマンドを使用して、MAC アドレスおよび他のフラグ デバッグが有効か無効かを確認します。

show debug

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

debug

MAC アドレスのデバッグ。

 
デフォルト

無効になっています。

> show debug
 
MAC debugging............................... disabled
 
Debug Flags Enabled:
arp error enabled.
bcast error enabled.

 
関連コマンド

debug mac

show dhcp

show dhcp コマンドを使用して、内部 DHCP サーバ設定を表示します。

show dhcp { leases | summary | scope }

 
シンタックスの説明

show dhcp

内部 DHCP サーバ設定情報を表示します。

leases

leases を入力して、割り当てられている DHCP リースを表示します。

summary

summary を入力して、DHCP 要約情報を表示します。

scope

スコープ名を入力して、そのスコープの DHCP 情報を表示します。

 
デフォルト

なし。

> show dhcp leases
 
No leases allocated.
 
> show dhcp summary
 
Scope Name Enabled Address Range
003 No 0.0.0.0 -> 0.0.0.0
 
> show dhcp 003
 
Enabled....................................... No
Lease Time.................................... 0
Pool Start.................................... 0.0.0.0
Pool End...................................... 0.0.0.0
Network....................................... 0.0.0.0
Netmask....................................... 0.0.0.0
Default Routers............................... 0.0.0.0 0.0.0.0 0.0.0.0
DNS Domain....................................
DNS........................................... 0.0.0.0 0.0.0.0 0.0.0.0
Netbios Name Servers.......................... 0.0.0.0 0.0.0.0 0.0.0.0

 
関連コマンド

config dhcp

show dhcp proxy

show dhcp proxy コマンドを使用して、DHCP プロキシ処理のステータスを表示します。

show dhcp proxy

 
シンタックスの説明

show dhcp proxy

DHCP プロキシ処理のステータスを表示します。

 
デフォルト

なし。

> show dhcp proxy
DHCP Proxy Behaviour: enabled

 
関連コマンド

config dhcp proxy

show eventlog

show eventlog コマンドを使用して、イベント ログを表示します。

show eventlog

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

eventlog

システム イベント。

 
デフォルト

なし。

> show eventlog
Time
File Line TaskID Code d h m s
EVENT> bootos.c 788 125CEBCC AAAAAAAA 0 0 0 6
EVENT> bootos.c 788 125CEBCC AAAAAAAA 0 0 0 6
EVENT> bootos.c 788 125C597C AAAAAAAA 0 0 0 6
EVENT> bootos.c 788 125C597C AAAAAAAA 0 0 0 6
EVENT> bootos.c 788 125C597C AAAAAAAA 0 0 0 6
EVENT> bootos.c 788 125C597C AAAAAAAA 0 0 0 6
EVENT> bootos.c 788 125C597C AAAAAAAA 0 0 0 6
EVENT> bootos.c 788 125C597C AAAAAAAA 0 0 0 6
EVENT> bootos.c 788 1216C36C AAAAAAAA 0 0 0 6
EVENT> bootos.c 788 1216C36C AAAAAAAA 0 0 0 6
EVENT> bootos.c 788 1216C36C AAAAAAAA 0 0 0 6
EVENT> bootos.c 788 1216C36C AAAAAAAA 0 0 0 11

 
関連コマンド

show msglog

show exclusionlist

この Cisco Wireless LAN Controller にアソシエートされている、手動除外リスト(ブラックリスト)上のすべてのクライアントの要約を表示するには、 show exclusionlist コマンドを使用します。手動で除外された各 MAC アドレスのリストが表示されます。

show exclusionlist

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

exclusionist

手動除外リスト。

 
デフォルト

なし。

> show exclusionlist
 
MAC Address Description
----------------------- --------------------------------
xx:xx:xx:xx:xx:xx Disallowed Client

 
関連コマンド

config exclusionlist add config exclusionlist delete config exclusionlist description show client

show guest-lan

特定の有線ゲスト LAN の設定を表示するには、 show guest-lan コマンドを使用します。

show guest-lan guest_lan_id


) コントローラに設定されている有線ゲスト LAN をすべて表示するには、show guest-lan summary と入力します。


 
シンタックスの説明

show

コマンド動作

guest-lan

アクティブな有線ゲスト LAN を示します。

 
デフォルト

なし。

> show guest-lan 2
 
Guest LAN Identifier........................... 1
Profile Name................................... guestlan
Network Name (SSID)............................ guestlan
Status......................................... Enabled
AAA Policy Override............................ Disabled
Number of Active Clients....................... 1
Exclusionlist Timeout.......................... 60 seconds
Session Timeout................................ Infinity
Interface...................................... wired
Ingress Interface.............................. wired-guest
WLAN ACL....................................... unconfigured
DHCP Server.................................... 10.20.236.90
DHCP Address Assignment Required............... Disabled
Quality of Service............................. Silver (best effort)
Security
Web Based Authentication................... Enabled
ACL........................................ Unconfigured
Web-Passthrough............................ Disabled
Conditional Web Redirect................... Disabled
Auto Anchor................................ Disabled
Mobility Anchor List
GLAN ID IP Address Status

 
関連コマンド

show guest-lan summary、show client summary guest-lan

show hreap group detail

特定のハイブリッド REAP グループの詳細を表示するには、 show hreap group detail コマンドを使用します。

show hreap group detail group_name

 
シンタックスの説明

show hreap

コマンド動作

group detail

ハイブリッド REAP グループの詳細

 
デフォルト

なし。

> show hreap group detail 192.12.1.2
 
Number of Ap’s in Group: 1
00:0a:b8:3b:0b:c2 AP1200 Joined
 
Group Radius Auth Servers:
Primary Server Index ..................... Disabled
Secondary Server Index ................... Disabled

 
関連コマンド

show hreap group summary

show hreap group summary

現在のハイブリッド REAP グループのリストを表示するには、 show hreap group summary コマンドを使用します。

show hreap group summary

 
シンタックスの説明

show hreap

コマンド動作

group summary

ハイブリッド REAP グループの概要を表示します。

 
デフォルト

なし。

> show hreap group summary
 
HREAP Group Summary: Count 1
 
Group Name # APs
Group 1 1

 
関連コマンド

show hreap group detail

show ike

show ike コマンドを使用して、アクティブな IKE SA を表示します。

show ike { brief | IP_or_MAC_address }

 
シンタックスの説明

show

コマンド動作。

ike

アクティブな IKE SA を表示します。

brief

すべてのアクティブな IKE SA のリスト。

IP_or_MAC_address

アクティブな IKE SA の IP または MAC アドレス。

 
デフォルト

なし。

> show ike

 
関連コマンド

なし

show interface

show interface コマンドを使用して、システム インターフェイスの詳細を表示します。

show interface { summary | detailed interface_name }

 
シンタックスの説明

show interface

コマンド動作

summary

ローカル インターフェイスの概要を表示します。

detailed

詳細なインターフェイス情報を表示します。

interface_name

詳細表示のインターフェイス名を指定します。

 
デフォルト

なし。

> show interface summary
 
Interface Name Port Vlan Id IP Address Type Ap Mgr Guest
------------------- ---- --------- ---------------- ------ ------ ------
 
ap-manager 1 untagged xxx.xxx.xxx.xxx Static Yes No
management 1 untagged xxx.xxx.xxx.xxx Static No No
service-port N/A N/A xxx.xxx.xxx.xxx Static No No
virtual N/A N/A xxx.xxx.xxx.xxx Static No No

) この例で使用されている有線ゲスト LAN のインターフェイス名は wired-guest で、その VLAN ID は 236 です。


 
> show interface detailed management
 
Interface Name................................... management
MAC Address...................................... 00:0b:85:32:ab:60
IP Address....................................... 1.100.49.30
IP Netmask....................................... 255.255.255.0
IP Gateway....................................... 1.100.49.1
VLAN............................................. 149
Active Physical Port............................. 1
Primary Physical Port............................ 1
Backup Physical Port............................. Unconfigured
Primary DHCP Server.............................. 1.100.2.15
Secondary DHCP Server............................ Unconfigured
ACL.............................................. Unconfigured
AP Manager....................................... No

) 一部の WLAN コントローラは、物理ポートが 1 つしかしかないため、物理ポートが 1 つしか表示されません。


 
関連コマンド

config interface

show inventory

Cisco Wireless LAN Controller の物理的なインベントリを表示するには、 show inventory コマンドを使用します。

show inventory

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

inventory

Cisco Wireless LAN Controller の物理的な設定。

 
デフォルト

なし。

> show inventory
 
Switch Description............................... Cisco Controller
Machine Model.................................... WLC4404-100
Serial Number.................................... FLS0923003B
Burned-in MAC Address............................ 00:0B:85:32:AB:60
Crypto Accelerator 1............................. Absent
Crypto Accelerator 2............................. Absent
Power Supply 1................................... Absent
Power Supply 2................................... Present, OK

) 一部の無線 LAN コントローラは、VPN 終端モジュールまたは電源がプロビジョニングされていないため、クリプト アクセラレータ(VPN 終端モジュール)または電源が表示されません。


 
関連コマンド

show sysinfo

show ipsec

show ipsec コマンドを使用して、アクティブな IPSec SA を表示します。

show ipsec { brief | IP_or_MAC_address }

 
シンタックスの説明

show

コマンド動作。

ipsec

アクティブな IPSec SA を表示します。

{ brief | IP_or_MAC_address }

brief を入力して、アクティブな IPSec SA を表示します。

IPSec SA の MAC アドレスの IP アドレスを入力します。

 
デフォルト

なし。

> show ipsec brief

 
関連コマンド

なし

show known ap

既知の Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントの情報を表示するには、 show known ap コマンドを使用します。

show known ap { summary | detailed MAC }

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

known ap

既知の Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントの情報。

summary

既知のすべてのアクセス ポイントのリストを表示します。

detailed

既知のすべてのアクセス ポイントの詳細情報を提供します。

MAC

既知の AP の MAC アドレス。

 
デフォルト

なし。

> show known ap summary
 
MAC Address State # APs # Clients Last Heard
----------- ----------- ----- -------- -----------------

 
関連コマンド

config ap

show l2tp

L2TP セッションを表示するには、 show l2tp コマンドを使用します。

show l2tp { summary | ip_address }

 
シンタックスの説明

show l2tp

設定を表示します。

summary

すべての L2TP セッションを表示します。

ip_address

L2TP セッションを表示します。

 
デフォルト

なし。

> show l2tp summary
 
LAC_IPaddr LTid LSid RTid RSid ATid ASid State
---------- ---- ---- ---- ---- ---- ---- -----

 
関連コマンド

なし

show lag summary

現在の LAG ステータスを表示するには、 show lag summary コマンドを使用します。

show lag summary

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> show lag summary
 
LAG Enabled
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

config lag

LAG 設定を有効または無効にします。

show ldap summary

現在の LDAP ステータスを表示するには、 show ldap summary コマンドを使用します。

show ldap summary

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> show ldap summary
 

 

Idx
Server Address
Port
Enabled
----
--------------
----
--------
10
10.31.15.45
2
Yes

 
関連コマンド

コマンド
説明

config ldap

LDAP サーバ設定を設定します。

show load-balancing

ロード バランシング機能のステータスを表示するには、 show load-balancing コマンドを使用します。

show load-balancing

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

load-balancing

ロード バランシング ステータスを表示します。

 
デフォルト

なし。

> show load-balancing
 
Aggressive Load Balancing...................... Enabled
Aggressive Load Balancing Window............... 0 clients

 
関連コマンド

config load-balancing

show local-auth certificates

このコマンドを使用して、ローカル認証の証明書情報を表示します。

show local-auth certificates

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> show local-auth certificates
Certificates available for Local EAP authentication:

Certificate issuer .............................. vendor
CA certificate:
Subject: C=AU, ST=NSW, L=Sydney, O=Cisco Systems
OU=WNBU Sydney, CN=wnbu-syd-acs-a.cisco.com
Issuer: C=AU, ST=NSW, L=Sydney, O=Cisco Systems
OU=WNBU Sydney, CN=wnbu-syd-acs-a.cisco.com
Valid: 2005 Jun 15th, 04:53:49 GMT to 2008 Jun 15th, 05:03:34 GMT
Device certificate:
Subject: MAILTO=test@test.net, C=AU, ST=NSW, L=Sydney
O=Cisco Systems, OU=WNBU Sydney, CN=concannon
Issuer: C=AU, ST=NSW, L=Sydney, O=Cisco Systems
OU=WNBU Sydney, CN=wnbu-syd-acs-a.cisco.com
Valid: 2006 Aug 9th, 05:14:16 GMT to 2007 Aug 9th, 05:24:16 GMT
 
Certificate issuer .............................. cisco
CA certificate:
Subject: C=US, ST=California, L=San Jose, O=airespace Inc
OU=none, CN=ca, MAILTO=support@airespace.com
Issuer: C=US, ST=California, L=San Jose, O=airespace Inc
OU=none, CN=ca, MAILTO=support@airespace.com
Valid: 2003 Feb 12th, 23:38:55 GMT to 2012 Nov 11th, 23:38:55 GMT
Device certificate:
Subject: C=US, ST=California, L=San Jose, O=airespace Inc
CN=000b85335340, MAILTO=support@airespace.com
Issuer: C=US, ST=California, L=San Jose, O=airespace Inc
OU=none, CN=ca, MAILTO=support@airespace.com
Valid: 2005 Feb 22nd, 10:52:58 GMT to 2014 Nov 22nd, 10:52:58 GMT
 
Certificate issuer .............................. legacy
CA certificate:
Subject: C=US, ST=California, L=San Jose, O=airespace Inc
OU=none, CN=ca, MAILTO=support@airespace.com
Issuer: C=US, ST=California, L=San Jose, O=airespace Inc
OU=none, CN=ca, MAILTO=support@airespace.com
Valid: 2003 Feb 12th, 23:38:55 GMT to 2012 Nov 11th, 23:38:55 GMT

Device certificate:
Subject: C=US, ST=California, L=San Jose, O=airespace Inc
CN=000b85335340, MAILTO=support@airespace.com
Issuer: C=US, ST=California, L=San Jose, O=airespace Inc
OU=none, CN=ca, MAILTO=support@airespace.com
Valid: 2005 Feb 22nd, 10:52:58 GMT to 2014 Nov 22nd, 10:52:58 GMT

 
関連コマンド

config local-auth eap-profile

show local-auth config

このコマンドを使用して、ローカル認証の設定情報を表示します。

show local-auth config

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> show local-auth config
User credentials database search order:
Primary ................................... Local DB
 
Configured EAP profiles:
Name ...................................... fast-test
Certificate issuer .................... default
Enabled methods ....................... fast
Configured on WLANs ................... 2
 
EAP Method configuration:
EAP-TLS:
Certificate issuer .................... default
Peer verification options:
Check against CA certificates ..... Enabled
Verify certificate CN identity .... Disabled
Check certificate date validity ... Enabled
EAP-FAST:
TTL for the PAC ....................... 3 600
Initial client message ................ <none>
Local certificate required ............ No
Client certificate required ........... No
Vendor certificate required ........... No
Anonymous provision allowed ........... Yes
Authenticator ID ...................... 7b7fffffff0000000000000000000000
Authority Information ................. Test
 
EAP Profile.................................... tls-prof
Enabled methods for this profile .......... tls
Active on WLANs ........................... 1 3
EAP Method configuration:
EAP-TLS:
Certificate issuer used ............... cisco
Peer verification options:
Check against CA certificates ..... disabled
Verify certificate CN identity .... disabled
Check certificate date validity ... disabled
 

 
関連コマンド

config local-auth eap-profile、 config local-auth method fast

show local-auth statistics

このコマンドを使用して、ローカル EAP 認証の統計情報を表示します。

show local-auth statistics

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> show local-auth statistics
 
Local EAP authentication DB statistics:
Requests received ............................... 14
Responses returned .............................. 14
Requests dropped (no EAP AVP) ................... 0
Requests dropped (other reasons) ................ 0
Authentication timeouts ......................... 0
 
Authentication statistics:
Method Success Fail
------------------------------------
Unknown 0 0
LEAP 0 0
EAP-FAST 2 0
EAP-TLS 0 0
PEAP 0 0
 
Local EAP credential request statistics:
Requests sent to LDAP DB ........................ 0
Requests sent to File DB ........................ 2
Requests failed (unable to send) ................ 0
Authentication results received:
Success ....................................... 2
Fail .......................................... 0
Certificate operations:
Local device certificate load failures .......... 0
Total peer certificates checked ................. 0
Failures:
CA issuer check ............................... 0
CN name not equal to identity ................. 0
Dates not valid or expired .................... 0

 
関連コマンド

clear stats local-auth、config local-auth eap-profile、 config local-auth method fast

show location

ロケーション システム情報を表示するには、show location コマンドを使用します。

show location [detail mac_address | summary]

 
シンタックスの説明

detail

詳細なロケーション情報を表示します。

mac_address

クライアントの MAC アドレスを指定します。

summary

ロケーション情報の概要を表示します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> show location summary
 
Location Summary :
 
Algorithm used: Average
Client RSSI expiry timeout: 10 sec, half life: 60 sec
Calibrating Client RSSI expiry timeout: 10 sec, half life: 0 sec
Rogue AP RSSI expiry timeout: 600 sec, half life: 120 sec
RFID Tag RSSI expiry timeout: 60 sec, half life: 120 sec

 
関連コマンド

clear location rfid、config location

show location statistics rfid

RFID 関連のエラーを確認するには、show location statistics rfid コマンドを使用します。

show location statistics rfid

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

> show location statistics rfid
 
RFID Statistics
 
Database Full : 0 Failed Delete: 0
Null Bufhandle: 0 Bad Packet: 0
Bad LWAPP Data: 0 Bad LWAPP Encap: 0
Off Channel: 0 Bad CCX Version: 0
Bad AP Info : 0
Above Max RSSI: 0 Below Max RSSI: 0
Invalid RSSI: 0 Add RSSI Failed: 0
Oldest Expired RSSI: 0 Smallest Overwrite: 0

 
関連コマンド

clear location statistics rfid

show nmsp statistics

LOCP 関連のエラーを確認するには、show nmsp statistics コマンドを使用します。

show nmsp statistics

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

> show nmsp statistics

 
関連コマンド

clear locp statistics

show logging

syslog ファシリティ ロギング パラメータとバッファの内容を表示するには、 show logging コマンドを使用します。

show logging

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

logging

現在のパラメータとバッファの内容の詳細。

 
デフォルト

なし。

> show logging
 
Logging to buffer:
Logging filter level errors
Number of lines logged 51747
Number of lines dropped 419704
Logging to console:
Logging filter level errors
Number of lines logged 0
Number of lines dropped 471451
Logging to syslog:
Logging filter level alerts
Syslog facility syslog
Number of lines logged 51737
Number of lines dropped 419714
Number of remote syslog hosts 0
Host 0 Not Configured
Logging of traceback:
Traceback logging level errors
Logging of process information Enabled
Logging of source file informational Enabled
Timestamping of messages Enabled
Timestamp format Date and Time
 
 

 
関連コマンド

config logging syslog host、config logging syslog facility、config logging syslog level

show loginsession

既存のセッションを表示するには、 show loginsession コマンドを使用します。

show loginsession

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

loginsession

現行セッションの詳細。

 
デフォルト

なし。

> show loginsession
 
ID User Name Connection From Idle Time Session Time
-- --------------- --------------- ------------ ------------
00 admin EIA-232 00:00:00 00:19:04

 
関連コマンド

config loginsession close

show lwapp reap association

アクセス ポイントとその SSID に関連付けられているクライアントのリストを表示するには、show lwapp reap association コマンドを使用します。

show lwapp reap assocation

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

> show lwapp reap association

 
関連コマンド

show lwap reap status

show lwapp reap status

ハイブリッド REAP アクセス ポイント (接続されているもの、またはスタンドアロン) のステータスを表示するには、show lwapp reap status コマンドを使用します。

show lwapp reap status

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

> show lwapp reap status

 
関連コマンド

show lwap reap association

show macfilter

MAC フィルタ パラメータを表示するには、 show macfilter コマンドを使用します。RADIUS サーバに送信される MAC アドレスの MAC デリミタ(なし、コロン、またはハイフン)が表示されます。MAC フィルタ テーブルには、無線 LAN とのアソシエートが常に許可されるクライアントが表示されます。

show macfilter { summary | detail MAC }

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

macfilter

フィルタ詳細。

summary

すべての MAC フィルタ エントリの要約を表示します。

detail MAC

MAC フィルタ エントリの詳細を表示します。

 
デフォルト

なし。

> show macfilter detail xx:xx:xx:xx:xx:xx
 
MAC Address...................................... xx:xx:xx:xx:xx:xx
WLAN Identifier.................................. Any
Interface Name................................... management
Description...................................... RAP
 
> show macfilter summary
 
MAC Filter RADIUS Compatibility mode............. Cisco ACS
MAC Filter Delimiter............................. None
 
Local Mac Filter Table
 
MAC Address WLAN Id Description
----------------------- -------------- --------------------------------
xx:xx:xx:xx:xx:xx Any RAP
xx:xx:xx:xx:xx:xx Any PAP2 (2nd hop)
xx:xx:xx:xx:xx:xx Any PAP1 (1st hop)

 
関連コマンド

config macfilter mac-delimiter、config macfilter add、config macfilter delete、config macfilter description、config macfilter ip-address、config macfilter wlan-id、show macfilter

show mgmtuser

Cisco Wireless LAN Controller のローカル管理ユーザ アカウントを表示するには、 show mgmtuser コマンドを使用します。

show mgmtuser

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

mgmtuser

管理ユーザのリスト。

 
デフォルト

なし。

> show mgmtuser
 
User Name Permissions Description
----------------------- ------------ --------------------------------
admin read-write

 
関連コマンド

config mgmtuser add config mgmtuser delete config mgmtuser password

Show Mobility コマンド

show mobility コマンドを使用して、モビリティ設定を表示します。

show mobility anchor

Cisco Wireless LAN Controller モビリティ グループの無線 LAN アンカー リストを表示するには、 show mobility anchor コマンドを使用します。

show mobility anchor

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

mobility

モビリティ グループ。

anchor

モビリティ無線 LAN アンカー リストを表示します。

 
デフォルト

なし。

> show mobility anchor
 
Mobility Anchor Export List
WLAN ID IP Address

 
関連コマンド

config mobility group discovery config mobility group member

show mobility anchor {wlan | guest-lan}

特定の WLAN または有線ゲスト LAN のモビリティ アンカーとして設定されたコントローラのリストとステータスを表示するには、 show mobility anchor {wlan | guest-lan} コマンドを使用します。

show mobility anchor {wlan | guest-lan} {wlan_id | guest_lan_id}

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

mobility

モビリティ グループ。

anchor

モビリティ無線 LAN アンカー リストを表示します。

wlan

無線 LAN パラメータ。

guest-lan

アクティブな有線ゲスト LAN を示します。

wlan_id

1 ~ 16 の無線 LAN 識別子を入力します。

guest_lan_id

1 ~ 5 のゲスト LAN 識別子。

 
デフォルト

なし。

> show mobility anchor {wlan | guest-lan} 5
 
Mobility Anchor Export List
WLAN ID IP Address Status
1 10.50.234.2 UP
1 10.50.234.6 UP
2 10.50.234.2 UP
2 10.50.234.3 CNTRL_DATA_PATH_DOWN
 
GLAN ID IP Address Status
1 10.20.100.2 UP
2 10.20.100.3 UP
 

status フィールドには、次の値の 1 つが表示されます。

UP - コントローラはアクセス可能で、データを渡すことができます。

CNTRL_PATH_DOWN - mpings に失敗しました。コントロール パス経由でコントローラにアクセスできないため、エラーが発生したとみなされます。

DATA_PATH_DOWN - epings に失敗しました。コントローラにアクセスできないため、エラーが発生したとみなされます。

CNTRL_DATA_PATH_DOWN - mpings および epings の両方に失敗しました。コントローラにアクセスできないため、エラーが発生したとみなされます。

 
関連コマンド

show mobility summary、config mobility group keepalive count、config mobility group keepalive interval、config mobility group anchor add {wlan | guest-lan}、config {wlan | guest-lan} mobility anchor add、config {wlan | guest-lan} mobility anchor delete、config mobility group anchor delete {wlan | guest-lan}

show mobility statistics

Cisco Wireless LAN Controller モビリティ グループの統計情報を表示するには、 show mobility statistics コマンドを使用します。

show mobility statistics

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

mobility

モビリティ グループ。

statistics

Mobility Manager の統計情報を表示します。

 
デフォルト

なし。

> show mobility statistics
 
Global Mobility Statistics
Rx Errors..................................... 0
Tx Errors..................................... 0
Responses Retransmitted....................... 0
Handoff Requests Received..................... 0
Handoff End Requests Received................. 0
State Transitions Disallowed.................. 0
Resource Unavailable.......................... 0
Mobility Initiator Statistics
Handoff Requests Sent......................... 0
Handoff Replies Received...................... 0
Handoff as Local Received..................... 2
Handoff as Foreign Received................... 0
Handoff Denys Received........................ 0
Anchor Request Sent........................... 0
Anchor Deny Received.......................... 0
Anchor Grant Received......................... 0
Anchor Transfer Received...................... 0
Mobility Responder Statistics
Handoff Requests Ignored...................... 0
Ping Pong Handoff Requests Dropped............ 0
Handoff Requests Dropped...................... 0
Handoff Requests Denied....................... 0
Client Handoff as Local....................... 0
Client Handoff as Foreign ................... 0
Client Handoff Inter Group ................... 0
Anchor Requests Received...................... 0
Anchor Requests Denied........................ 0
Anchor Requests Granted....................... 0
Anchor Transferred............................ 0

 
関連コマンド

config mobility group discovery config mobility group member

show mobility summary

Cisco Wireless LAN Controller モビリティ グループの要約情報を表示するには、 show mobility summary コマンドを使用します。

show mobility summary

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

mobility

モビリティ グループ。

summary

Mobility Manager の要約を表示します。

 
デフォルト

なし。

> show mobility summary
 
Mobility Keepalive interval...................... 10
Mobility Keepalive count......................... 3
Mobility Group members configured................ 3
 
Controllers configured in the mobility group
MAC Address IP Address Group Name Status
00:0b:85:32:b1:80 10.10.1.1 local Up
00:0b:85:33:a1:70 10.1.1.2 local Data Path Down
00:0b:85:23:b2:30 10.20.1.2 local Up

) WLAN コントローラの中には、モビリティ セキュリティ モードが表示されないものがあります。


 
関連コマンド

config mobility group discovery config mobility group member

show msglog

Cisco Wireless LAN Controller データベースに書き込まれたメッセージ ログを表示するには、 show msglog コマンドを使用します。15 エントリを超える場合は、例に示すメッセージを表示するよう求められます。

show msglog

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

msglog

メッセージ ログを表示します。

 
デフォルト

なし。

> show msglog
 
Message Log Severity Level..................... ERROR
Thu Aug 4 14:30:08 2005 [ERROR] spam_lrad.c 1540: AP 00:0b:85:18:b6:50 associated. Last AP failure was due to Link Failure
Thu Aug 4 14:30:08 2005 [ERROR] spam_lrad.c 13840: Updating IP info for AP 00:
0b:85:18:b6:50 -- static 0, 1.100.49.240/255.255.255.0, gtw 1.100.49.1
Thu Aug 4 14:29:32 2005 [ERROR] dhcpd.c 78: dhcp server: binding to 0.0.0.0
Thu Aug 4 14:29:32 2005 [ERROR] rrmgroup.c 733: Airewave Director: 802.11a switch group reset
Thu Aug 4 14:29:32 2005 [ERROR] rrmgroup.c 733: Airewave Director: 802.11bg sw
itch group reset
Thu Aug 4 14:29:22 2005 [ERROR] sim.c 2841: Unable to get link state for primary port 0 of interface ap-manager
Thu Aug 4 14:29:22 2005 [ERROR] dtl_l2_dot1q.c 767: Unable to get USP
Thu Aug 4 14:29:22 2005 Previous message occurred 2 times
Thu Aug 4 14:29:14 2005 [CRITICAL] osapi_sem.c 794: Error! osapiMutexTake called with NULL pointer: osapi_bsntime.c:927
Thu Aug 4 14:29:14 2005 [CRITICAL] osapi_sem.c 794: Error! osapiMutexTake called with NULL pointer: osapi_bsntime.c:919
Thu Aug 4 14:29:14 2005 [CRITICAL] hwutils.c 1861: Security Module not found
Thu Aug 4 14:29:13 2005 [CRITICAL] bootos.c 791: Starting code...

 
関連コマンド

show eventlog

show nac statistics

Cisco Wireless LAN Controller の詳細な Network Access Control(NAC; ネットワーク アクセス コントロール)情報を表示するには、 show nac statistics コマンドを使用します。

show nac statistics

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

nac

ネットワーク アクセス コントロール。

statistics

詳細な統計情報。

 
デフォルト

なし。

> show nac statistics
 
Server Index....................................................... 1
Server Address..................................................... xxx.xxx.xxx.xxx
Number of requests sent............................................ 0
Number of retransmissions.......................................... 0
Number of requests received........................................ 0
Number of malformed requests received.............................. 0
Number of bad auth requests received............................... 0
Number of pending requests......................................... 0
Number of timed out requests....................................... 0
Number of misc dropped request received............................ 0
Number of requests sent............................................ 0

 
関連コマンド

show nac acl show nac summary

show nac summary

Cisco Wireless LAN Controller の NAC 要約情報を表示するには、 show nac summary コマンドを使用します。

show nac summary

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

nac

ネットワーク アクセス コントロール。

summary

要約情報。

 
デフォルト

なし。

> show nac summary
 
NAC ACL Name ...............................................
Index Server Address Port State
----- ---------------------------------------- ---- -----
1 xxx.xxx.xxx.xxx 13336 Enabled

 
関連コマンド

show nac acl show nac statistics.

show netuser

このコマンドを使用して、特定の netuser の詳細ログイン情報またはすべてのネットワーク ユーザの要約情報を表示します。

ローカル ユーザ データベースにある特定のユーザの設定を表示するには:show netuser detail username.

ローカル ユーザ データベースにあるすべてのユーザをリスト表示するには:show netuser summary.

 
シンタックスの説明

detail

特定のネットワーク ユーザの詳細情報を表示します。

username

ネットワーク ユーザ名(最大 24 文字の英数字)を指定します。

summary

すべてのネットワーク ユーザの要約情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト設定

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドは改訂され、詳細および要約オプションが組み込まれました。

> show netuser summary
 
Maximum logins allowed for a given user name ........Unlimited
 
> show netuser detail john10
 
User Name........................................... abc
WLAN Id............................................. Any
Lifetime............................................ Permanent
Description......................................... test user

 
関連コマンド

コマンド
説明

config netuser maxeapuserlogin

ネットワーク ユーザに許可される EAP ログイン セッションの最大数を設定します。

show netuser summary

すべてのネットワーク ユーザ エントリの要約情報を表示します。

show netuser guest-roles

現行の QoS ロールおよび帯域幅パラーメタのリストを表示するには、show netuser guest-roles コマンドを使用します。

 
シンタックスの説明

show

パラメータを表示します。

netuser

ローカル ネットワーク ユーザ。

guest-role

ゲスト ユーザの QoS ロール。

 
コマンドのデフォルト設定

このコマンドにはデフォルトはありません。

> show netuser guest-roles
 
Role Name.............................. Contractor
Average Data Rate.................. 10
Burst Data Rate.................... 10
Average Realtime Rate.............. 100
Burst Realtime Rate................ 100
 
Role Name.............................. Vendor
Average Data Rate.................. unconfigured
Burst Data Rate.................... unconfigured
Average Realtime Rate.............. unconfigured
Burst Realtime Rate................ unconfigured
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

config netuser maxeapuserlogin

ネットワーク ユーザに許可される EAP ログイン セッションの最大数を設定します。

show netuser summary

すべてのネットワーク ユーザ エントリの要約情報を表示します。

show network summary

Cisco Wireless LAN Controller のネットワーク構成を表示するには、 show network summary コマンドを使用します。

show network summary

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

network

ネットワーク構成。

summary

ネットワーク構成の概要

 
デフォルト

なし。

> show network summary
 
RF-Network Name............................. snmp_gui1
Web Mode.................................... Enable
Secure Web Mode............................. Enable
Secure Web Mode Cipher-Option High.......... Disable
Secure Shell (ssh).......................... Enable
Telnet...................................... Enable
Ethernet Multicast Mode..................... Enable Mode: Mcast 224.0.0.1
Ethernet Broadcast Mode..................... Disable
IGMP snooping............................... Enabled
IGMP timeout................................ 30 seconds
User Idle Timeout........................... 300 seconds
ARP Idle Timeout............................ 300 seconds
ARP Unicast Mode............................ Disabled
Cisco AP Default Master..................... Disable
Mgmt Via Wireless Interface................. Disable
Mgmt Via Dynamic Interface.................. Disable
Bridge MAC filter Config.................... Enable
Bridge Security Mode........................ EAP
Over The Air Provisioning of AP's........... Disable
Apple Talk ................................. Disable
AP Fallback ............................. Enable
...

 
関連コマンド

config network arptimeout、config network bcast-ssid、config network broadcast、config network dsport、config network master-base、config network mgmt-via-wireless、config network multicast global、config network params、config network rf-mobility-domain、config network secureweb、config network secweb-passwd、config network ssh、config network telnet、config network usertimeout、config network vlan、config network webmode

show network multicast mgid detail

特定の MGID のマルチキャスト グループに結合されているクライアントをすべて表示するには、 show network multicast mgid detail コマンドを使用します。

show network multicast mgid detail mgid_value

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

network

ネットワーク構成。

mgid_value

550 ~ 4095 の範囲内の数。

 
デフォルト

なし。

> show network multicast mgid detail
 
Mgid ............................... 550
Multicast Group Address ............ 239.255.255.250
Vlan ............................... 0
Rx Packet Count .................... 807399588
No of clients ...................... 1
Client List ........................
Client MAC Expire TIme (mm:ss)
00:13:02:23:82:ad 0:20

 
関連コマンド

show network multicast mgid summary

show network multicast mgid summary

すべてのマルチキャスト グループと対応する MGID 表示するには、 show network multicast mgid summary コマンドを使用します。

show network multicast mgid summary

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

network

ネットワーク構成。

 
デフォルト

なし。

> show network multicast mgid summary
 
Layer2 MGID Mapping:
-------------------
InterfaceName vlanId MGID
----------------------------- ------ -----
management 0 0
test 0 9
wired 20 8
 
Layer3 MGID Mapping:
-------------------
Number of Layer3 MGIDs ................ 1
 
Group address Vlan MGID
------------------ ----- ------
239.255.255.250 0 550
 

 
関連コマンド

show network multicast mgid detail

show pmk-cache

PMK キャッシュの情報を表示するには、 show port コマンドを使用します。

show pmk-cache { all | MAC }

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

pmk-cache

PMK キャッシュ。

all

PMK キャッシュのすべてのエントリに関する情報を表示します。

MAC

PMK キャッシュの単一エントリに関する情報を表示します。

 
デフォルト

なし。

> show pmk-cache xx:xx:xx:xx:xx:xx
 
 
> show pmk-cache all
 
PMK Cache
Entry
Station Lifetime VLAN Override IP Override
----------------- -------- -------------------- ---------------

 
関連コマンド

config pmk-cache delete

show port

Cisco Wireless LAN Controller のポート設定を個別にまたはグローバルに表示するには、 show port コマンドを使用します。

show port { port | summary }

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

port

Cisco Wireless LAN Controller ポート。

{ port | summary }

個々のポートまたはすべてのポート。

 
デフォルト

なし。

> show port 1
 
STP Admin Physical Physical Link Link Mcast
Pr Type Stat Mode Mode Status Status Trap Appliance POE
-- ------- ---- ------- ---------- ---------- ------ ------- --------- -------
1 Normal Disa Enable Auto 1000 Full Down Enable Enable N/A

) 一部の WLAN コントローラでは、マルチキャスト機能または Power over Ethernet(PoE)機能がサポートされていないため、これらの機能は表示されません。


 
> show port summary
 
STP Admin Physical Physical Link Link Mcast
Pr Type Stat Mode Mode Status Status Trap Appliance POE
-- ------- ---- ------- ---------- ---------- ------ ------- --------- -------
1 Normal Forw Enable Auto 1000 Full Up Enable Enable N/A
2 Normal Disa Enable Auto 1000 Full Down Enable Enable N/A
3 Normal Disa Enable Auto 1000 Full Down Enable Enable N/A
4 Normal Disa Enable Auto 1000 Full Down Enable Enable N/A
 

) 一部の WLAN コントローラは、ポートが 1 つしかないため、ポートが 1 つしか表示されません。


 
関連コマンド

config ap port config network dsport config mirror port config port adminmode config port linktrap config port power

show qos queue_length all

Quality of Service(QoS)情報(キューの長さ)を表示するには、 show qos コマンドを使用します。

show qos queue_length all

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

qos

Quality of Service(QoS)情報。

queue_length all

キューの長さを表示します。

 
デフォルト

なし。

> show qos queue_length all
 
Platinum queue length.......................... 255
Gold queue length.............................. 255
Silver queue length............................ 150
Bronze queue length............................ 100

 
関連コマンド

config qos

Show RADIUS コマンド

show radius コマンドを使用して、RADIUS 設定を表示します。

show radius acct statistics

Cisco Wireless LAN Controller の RADIUS アカウンティング サーバの統計情報を表示するには、 show radius acct statistics コマンドを使用します。

show radius acct statistics

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

radius acct

RADIUS アカウンティング サーバ。

statistics

RADIUS アカウンティング サーバの統計情報を表示します。

 
デフォルト

なし。

> show radius acct statistics
 
Accounting Servers:
Server Index..................................... 1
Server Address................................... 10.1.17.10
Msg Round Trip Time.............................. 0 (1/100 second)
First Requests................................... 0
Retry Requests................................... 0
Accounting Responses............................. 0
Malformed Msgs................................... 0
Bad Authenticator Msgs........................... 0
Pending Requests................................. 0
Timeout Requests................................. 0
Unknowntype Msgs................................. 0
Other Drops...................................... 0

 
関連コマンド

show radius auth statistics show radius summary

show radius auth statistics

Cisco Wireless LAN Controller の RADIUS 認証サーバの統計情報を表示するには、 show radius auth statistics コマンドを使用します。

show radius auth statistics

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

radius auth

RADIUS 認証サーバ。

statistics

RADIUS 認証サーバの統計情報を表示します。

 
デフォルト

なし。

> show radius auth statistics
 
Authentication Servers:
Server Index..................................... 1
Server Address................................... 1.1.1.1
Msg Round Trip Time.............................. 0 (1/100 second)
First Requests................................... 0
Retry Requests................................... 0
Accept Responses................................. 0
Reject Responses................................. 0
Challenge Responses.............................. 0
Malformed Msgs................................... 0
Bad Authenticator Msgs........................... 0
Pending Requests................................. 0
Timeout Requests................................. 0
Unknowntype Msgs................................. 0
Other Drops...................................... 0

 
関連コマンド

show radius acct statistics show radius summary

show radius rfc3576 statistics

Cisco Wireless LAN Controller の RADIUS rfc3576 サーバの統計情報を表示するには、 show radius rfc3576 statistics コマンドを使用します。

RFC 3576 は RADIUS プロトコルに対する拡張で、ユーザ セッションの動的な変更を可能にします。これにはユーザの接続解除およびユーザ セッションに適用可能な認証の変更に対するサポートが含まれ、Disconnect および Change-of-Authorization(CoA)メッセージに対するサポートが提供されます。Disconnect メッセージはユーザ セッションをただちに終了させ、CoA メッセージはデータ フィルタなどセッションの認証属性を変更します。

show radius rfc3576 statistics

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

radius rfc3576

RADIUS RFC3576 サーバ。

statistics

RADIUS RFC-3576 サーバの統計情報を表示します。

 
デフォルト

なし。

> show radius rfc3576 statistics
 
RFC-3576 Servers:
Server Index..................................... 1
Server Address................................... 10.1.17.10
Msg Round Trip Time.............................. 0 (1/100 second)
First Requests................................... 0
Retry Requests................................... 0
Accounting Responses............................. 0
Malformed Msgs................................... 0
Bad Authenticator Msgs........................... 0
Pending Requests................................. 0
Timeout Requests................................. 0
Unknown type Msgs................................. 0
Other Drops...................................... 0

 
関連コマンド

show radius auth statistics show radius summary show radius rfc3576

show radius summary

RADIUS 認証およびアカウンティング サーバの要約を表示するには、 show radius summary コマンドを使用します。

show radius summary

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

radius

RADIUS 認証サーバ。

summary

サーバの概要。

 
デフォルト

なし。

> show radius summary
 
Vendor Id Backward Compatibility................. Disabled
Credentials Caching.............................. Disabled
Call Station Id Type............................. IP Address
Administrative Authentication via RADIUS......... Enabled
 
Authentication Servers
 
Index Type Server Address Port State Tout RFC-3576 IPSec - AuthMod
e/Phase1/Group/Lifetime/Auth/Encr
----- ---- ---------------- ------ -------- ---- -------- ---------------
---------------------------------
 
Accounting Servers
 
Index Type Server Address Port State Tout RFC-3576 IPSec - AuthMod
e/Phase1/Group/Lifetime/Auth/Encr
----- ---- ---------------- ------ -------- ---- -------- ---------------
---------------------------------

 
関連コマンド

show radius auth statistics show radius acct statistics

Show RFID コマンド

show rfid コマンドを使用すると、RFID に関する情報を表示できます。

show rfid client

クライアントとしてコントローラに関連付けられている RFID タグをリストするには、 show rfid client コマンドを使用します。

show rfid client

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト設定

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.2

このコマンドが初めて導入されました。

RFID タグがクライアント モードである場合、以下に類似した情報が表示されます。

> show rfid client
 
------------------ -------- --------- ----------------- ------ ----------------
Heard
RFID Mac VENDOR Sec Ago Associated AP Chnl Client State
------------------ -------- --------- ----------------- ------ ----------------
 
00:14:7e:00:0b:b1 Pango 35 AP0019.e75c.fef4 1 Probing

) RFID タグがクライアント モードではない場合、上記のフィールドは空白になります。


 
関連コマンド

config rfid、 show rfid config、show rfid detail、 show rfid summary

show rfid config

このコマンドを使用して、現在の RFID 設定を表示します。

show rfid config

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> show rfid config
 
RFID Tag Data Collection ............................... Enabled
RFID Tag Auto-Timeout .................................. Enabled
RFID Client Data Collection ............................ Disabled
RFID Data Timeout ...................................... 200 seconds
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

config rfid

RFID オプションを設定します。

show rfid detail

特定の RFID タグの詳細情報を表示します。

show rfid summary

すべての RFID タグの要約情報を表示します。

show rfid detail

このコマンドを使用して、特定のタグの詳細な RFID 情報を表示します。

show rfid detail mac_address

 
シンタックスの説明

mac_address

RFID タグの MAC アドレスを指定します。

 
コマンドのデフォルト設定

このコマンドにはデフォルトはありません。

> show rfid detail 32:21:3a:51:01:02
 
RFID address..................................... 00:12:b8:00:20:52
Vendor........................................... G2
Last Heard....................................... 51 seconds ago
Packets Received................................. 2
Bytes Received................................... 324
Cisco Type.......................................
 
Content Header
=================
Version.......................................... 0
Tx Power......................................... 12 dBm
Channel.......................................... 1
Reg Class........................................ 12
Burst Length..................................... 1
 
CCX Payload
===========
Last Sequence Control............................ 0
Payload length................................... 127
Payload Data Hex Dump
 
01 09 00 00 00 00 0b 85 52 52 52 02 07 4b ff ff
7f ff ff ff 03 14 00 12 7b 10 48 53 c1 f7 51 4b
50 ba 5b 97 27 80 00 67 00 01 03 05 01 42 34 00
00 03 05 02 42 5c 00 00 03 05 03 42 82 00 00 03
05 04 42 96 00 00 03 05 05 00 00 00 55 03 05 06
42 be 00 00 03 02 07 05 03 12 08 10 00 01 02 03
04 05 06 07 08 09 0a 0b 0c 0d 0e 0f 03 0d 09 03
08 05 07 a8 02 00 10 00 23 b2 4e 03 02 0a 03
 
Nearby AP Statistics:
lap1242-2(slot 0, chan 1) 50 seconds ag.... -76 dBm
lap1242(slot 0, chan 1) 50 seconds ago..... -65 dBm

 
関連コマンド

config rfid show rfid config

show rfid summary

このコマンドを使用して、特定のタグの詳細な RFID 情報を表示します。

show rfid summary

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト設定

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> show rfid summary

 

RFID ID
Type
Closest AP
RSSI
Time Since Last Heard
----------------
----------
----------------
---------
--------------------------------
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
.... TBD

 
関連コマンド

コマンド
説明

config rfid

RFID オプションを設定します。

show rfid config

RFID 設定情報を表示します。

show rfid detail

特定の RFID タグの詳細な RFID 情報を表示します。

Show Rogue Adhoc コマンド

rogue adhoc コマンドを使用すると、アドホックの不正なアクセス ポイントに関する情報を表示できます。

show rogue adhoc detailed

Cisco Wireless LAN Controller によって検出された不正なアドホック アクセス ポイントの詳細を表示するには、 show rogue adhoc client detailed コマンドを使用します。

show rogue adhoc detailed MAC

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

rogue adhoc

不正なアドホック。

detailed

詳細情報を表示します。

MAC

不正なアドホック MAC アドレス。

 
デフォルト

なし。

> show rogue adhoc detailed 00:40:96:90:d1:6a
 
Adhoc Rogue MAC Address........................ 00:40:96:90:d1:6a
State.......................................... Alert
First Time Adhoc Rogue was Reported............ Sat Aug 9 15:48:50 2003
Last Time Adhoc Rogue was Reported............. Sat Aug 9 21:16:50 2003
Reported By
AP 1
MAC Address............................ 00:0b:85:01:88:b0
Name................................... AP1
Radio Type............................. 802.11b
SSID................................... Chichen
Channel................................ 6
RSSI................................... -60 dBm
SNR.................................... 40 dB

 
関連コマンド

show rogue adhoc summary

show rogue adhoc summary

Cisco Wireless LAN Controller によって検出された不正なアドホック アクセス ポイントの要約を表示するには、 show rogue adhoc summary コマンドを使用します。

show rogue adhoc summary

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

rogue adhoc

不正なアドホック アクセス ポイント。

summary

すべての不正なアドホックのリストを表示します。

 
デフォルト

なし。

> show rogue adhoc summary
 
Client MAC Address Adhoc BSSID State # APs Last Heard
------------------ ----- ----- ----- --- -------
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Sat Aug 9 21:12:50 2004
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Aug 9 21:12:50 2003
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Sat Aug 9 21:10:50 2003

 
関連コマンド

show rogue adhoc detailed

Show Rogue AP コマンド

rogue ap コマンドを使用すると、不正なアクセス ポイントに関する情報を表示できます。

show rogue ap clients

Cisco Wireless LAN Controller によって検出された不正なアクセス ポイント クライアントの詳細を表示するには、 show rogue ap clients コマンドを使用します。

show rogue ap clients MAC

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

rogue ap

不正なアクセス ポイント。

clients

要約情報。

MAC

不正なアクセス ポイントの MAC アドレス。

 
デフォルト

なし。

> show rogue ap clients xx:xx:xx:xx:xx:xx

 
関連コマンド

show rogue ap summary

show rogue ap detailed

Cisco Wireless LAN Controller によって検出された不正なアクセス ポイントの詳細を表示するには、 show rogue-ap detailed コマンドを使用します。

show rogue ap detailed MAC

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

rogue ap

不正なアクセス ポイント。

detailed

詳細情報を表示します。

MAC

不正なアクセス ポイントの MAC アドレス。

 
デフォルト

なし。

> show rogue ap detailed xx:xx:xx:xx:xx:xx
 
Rogue BSSID...................................... xx:xx:xx:xx:xx:xx
Is Rogue on Wired Network........................ No (Unknown if WEP is enabled)
State............................................ Alert
First Time Rogue was Reported.................... Thu Aug 4 16:03:08 2005
Last Time Rogue was Reported..................... Thu Aug 4 19:06:08 2005
Reported By
AP 1
MAC Address.............................. xx:xx:xx:xx:xx:xx
Name..................................... AP02
Radio Type............................... 802.11a
SSID..................................... vwent
Channel.................................. 60
RSSI..................................... -80 dBm
SNR...................................... 8 dB
Encryption............................... Disabled
ShortPreamble............................ Disabled
WPA Support.............................. Disabled
Last reported by this AP................. Thu Aug 4 19:06:08 2005

 
関連コマンド

show rogue ap summary show rogue ap clients

show rogue ap summary

Cisco Wireless LAN Controller によって検出された不正なアクセス ポイントの要約を表示するには、 show rogue-ap summary コマンドを使用します。

show rogue ap summary

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

rogue ap

不正なアクセス ポイント。

summary

すべての不正なアクセス ポイントのリストを表示します。

 
デフォルト

なし。

> show rogue ap summary
 
Rogue Location Discovery Protocol................ Disabled
RLDP Auto-Contain................................ Disabled
 
MAC Address State # APs # Clients Last Heard
----------------- ------------------ ----- --------- -----------------------
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 0 Thu Aug 4 18:57:11 2005
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 0 Thu Aug 4 19:00:11 2005
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 0 Thu Aug 4 18:57:11 2005
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 0 Thu Aug 4 18:57:11 2005

 
関連コマンド

show rogue ap detailed show rogue ap clients

Show Rogue Client コマンド

以降で説明する rogue client コマンドを使用すると、不正なクライアントに関する情報を表示できます。

show rogue client detailed

Cisco Wireless LAN Controller によって検出された不正なクライアントの詳細を表示するには、 show rogue client detailed コマンドを使用します。

show rogue client detailed MAC

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

rogue client

不正なクライアント。

detailed

不正なクライアントの詳細情報を提供します。

MAC

不正なクライアントの MAC アドレス。

 
デフォルト

なし。

> show rogue client detailed xx:xx:xx:xx:xx:xx
 
Rogue BSSID...................................... xx:xx:xx:xx:xx:xx
State............................................ Alert
First Time Rogue was Reported.................... Thu Aug 4 18:51:08 2005
Last Time Rogue was Reported..................... Thu Aug 4 19:00:08 2005
Rogue Client IP address.......................... 192.168.1.117
Reported By
AP 1
MAC Address.............................. xx:xx:xx:xx:xx:xx
Name..................................... AP02
Radio Type............................... 802.11a
RSSI..................................... -1 dBm
SNR...................................... -1 dB
Channel.................................. 56
Last reported by this AP................. Thu Aug 4 19:00:08 2005

 
関連コマンド

show rogue client summary

show rogue client summary

Cisco Wireless LAN Controller によって検出された不正なクライアントの要約を表示するには、 show rogue client summary コマンドを使用します。

show rogue client summary

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

rogue client

不正なクライアント。

summary

すべての不正なクライアントのリストを表示します。

 
デフォルト

なし。

> show rogue client summary
 
MAC Address State # APs Last Heard
----------------- ------------------ ----- -----------------------
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Thu Aug 4 19:00:08 2005
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Thu Aug 4 19:00:08 2005
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Thu Aug 4 19:00:08 2005
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Thu Aug 4 19:00:08 2005
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Thu Aug 4 19:00:08 2005
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Thu Aug 4 19:00:08 2005
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Thu Aug 4 19:09:11 2005
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Thu Aug 4 19:03:11 2005
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Thu Aug 4 19:03:11 2005
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Thu Aug 4 19:09:11 2005
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Thu Aug 4 18:57:08 2005
xx:xx:xx:xx:xx:xx Alert 1 Thu Aug 4 19:12:08 2005

 
関連コマンド

show rogue client detailed

show route summary

Cisco Wireless LAN Controller サービス ポートに割り当てられているルートを表示するには、 show route summary コマンドを使用します。

show route summary

 
シンタックスの説明

show route

コマンド動作。

summary

設定されているすべてのルートを表示します。

 
デフォルト

なし。

> show route summary
 
Number of Routes............................... 1
 
Destination Network Genmask Gateway
------------------- ------------------- -------------------
xxx.xxx.xxx.xxx 255.255.255.0 xxx.xxx.xxx.xxx

 
関連コマンド

config route

show rules

アクティブな内部ファイアウォール ルールを表示するには、 show rules コマンドを使用します。

show rules

 
シンタックスの説明

show rules

アクティブな内部ファイアウォール ルールを表示します。

 
デフォルト

なし。

> show rules
 
--------------------------------------------------------
Rule ID.............: 3
Ref count...........: 0
Precedence..........: 99999999
Flags...............: 00000001 ( PASS )
Source IP range:
(Local stack)
Destination IP range:
(Local stack)
--------------------------------------------------------
Rule ID.............: 25
Ref count...........: 0
Precedence..........: 99999999
Flags...............: 00000001 ( PASS )
Service Info
Service name........: GDB
Protocol............: 6
Source port low.....: 0
Source port high....: 0
Dest port low.......: 1000
Dest port high......: 1000
Source IP range:
IP High............: 0.0.0.0
Interface..........: ANY
Destination IP range:
(Local stack)
--------------------------------------------------------
...

 
関連コマンド

なし。

show run-config

現在の Cisco Wireless LAN Controller の設定の包括的なビューを表示するには、 show run-config コマンドを使用します。

show run-config

 
シンタックスの説明

show run-config

コマンド動作。

 
デフォルト

なし。

> show run-config
 
Press Enter to continue...
 
System Inventory
Switch Description............................... Cisco Controller
Machine Model....................................
Serial Number.................................... FLS0923003B
Burned-in MAC Address............................ xx:xx:xx:xx:xx:xx
Crypto Accelerator 1............................. Absent
Crypto Accelerator 2............................. Absent
Power Supply 1................................... Absent
Power Supply 2................................... Present, OK
 
Press Enter to continue Or <Ctl Z> to abort...

) 一部の WLAN コントローラは、VPN 終端モジュールまたは電源がプロビジョニングされていないため、クリプト アクセラレータ(VPN 終端モジュール)または電源が表示されません。


 
関連コマンド

config route

show serial

シリアル(コンソール)ポート設定を表示するには、 show serial コマンドを使用します。

show serial

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

serial

EIA-232 パラメータおよびシリアル ポートの無活動タイムアウトを表示します。

 
デフォルト

9600、8、off、1、none

> show serial
 
Serial Port Login Timeout (minutes)......... 45
Baud Rate................................... 9600
Character Size.............................. 8
Flow Control:............................... Disable
Stop Bits................................... 1
Parity Type:................................ none

 
関連コマンド

config serial baudrate config serial timeout

show sessions

コンソール ポートのログイン タイムアウトおよび同時 Command Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)セッションの最大数を表示するには、 show sessions コマンドを使用します。

show sessions

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

sessions

CLI セッションの設定情報を表示します。

 
デフォルト

5 分、5 セッション

> show sessions
 
CLI Login Timeout (minutes)............ 0
Maximum Number of CLI Sessions......... 5
 

この応答は、CLI セッションがタイムアウトすることはなく、Cisco Wireless LAN Controller は最大 5 つの同時 CLI セッションを処理できることを示しています。

 
関連コマンド

config sessions maxsessions config sessions timeout

show snmpcommunity

SNMP コミュニティ エントリを表示するには、 show snmpcommunity コマンドを使用します。

show snmpcommunity

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

snmpcommunity

SNMP コミュニティ エントリを表示します。

 
デフォルト

なし。

> show snmpcommunity
 
SNMP Community Name Client IP Address Client IP Mask Access Mode Status
------------------- ----------------- ----------------- ----------- --------
public 0.0.0.0 0.0.0.0 Read Only Enable
********** 0.0.0.0 0.0.0.0 Read/Write Enable

 
関連コマンド

config snmp version config snmp community mode config snmp community accessmode config snmp community create config snmp community delete config snmp community ipaddr

show snmptrap

Cisco Wireless LAN controller の SNMP トラップ レシーバーとそのステータスを表示するには、 show snmptrap コマンドを使用します。

show snmptrap

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

snmptrap

SNMP トラップ レシーバー。

 
デフォルト

なし。

> show snmptrap
 
SNMP Trap Receiver Name IP Address Status
------------------------ ----------------- --------
xxx.xxx.xxx.xxx xxx.xxx.xxx.xxx Enable

 
関連コマンド

config snmp version config snmp trapreceiver

show snmpv3user

SNMP バージョン 3 の設定を表示するには、 show snmpv3user コマンドを使用します。

show snmpv3user

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

snmpv3user

SNMP バージョン 3 の設定情報を表示します。

 
デフォルト

なし。

> show snmpv3user
 
SNMP v3 User Name AccessMode Authentication Encryption
-------------------- ----------- -------------- ----------
default Read/Write HMAC-SHA CFB-AES

 
関連コマンド

config snmp version config snmp v3user

show snmpversion

SNMP バージョンのステータスを表示するには、 show snmpversion コマンドを使用します。

show snmpversion

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

snmpversion

SNMP v1/v2/v3c のステータス(有効または無効)を表示します。

 
デフォルト

有効。

> show snmpversion
 
SNMP v1 Mode.................................. Disable
SNMP v2c Mode.................................. Enable
SNMP v3 Mode.................................. Enable

 
関連コマンド

config snmp version

show spanningtree port

Cisco Wireless LAN Controller のスパニング ツリー ポート設定を表示するには、 show spanningtree port コマンドを使用します。

 

Cisco 4400 シリーズ無線 LAN コントローラでポート冗長化が設定されている場合、Cisco 4400 シリーズ無線 LAN コントローラのすべてのポートに対してスパニング ツリー プロトコルを無効化する必要があります。Cisco 4400 シリーズ無線 LAN コントローラに接続されているスイッチでは、スパニング ツリー プロトコルを有効なままにしておくことができます。

show spanningtree port port

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

spanningtree

スパニング ツリー。

port

ポート単位でスパニング ツリー値を表示します。

port

物理ポート番号:

Cisco 2000 シリーズ無線 LAN コントローラでは 1 ~ 4。

Cisco 4100 シリーズ無線 LAN コントローラでは 1 または 2。

Cisco 4402 シリーズ無線 LAN コントローラでは 1 または 2。

Cisco 4404 シリーズ無線 LAN コントローラでは 1 ~ 4。


) 一部の WLAN コントローラは、スパニング ツリー機能をサポーしていません。


 
デフォルト

800C、Disabled、802.1D、128、100、Auto.

> show spanningtree port 3
 
STP Port ID................................. 800C
STP Port State.............................. Disabled
STP Port Administrative Mode................ 802.1D
STP Port Priority........................... 128
STP Port Path Cost.......................... 100
STP Port Path Cost Mode..................... Auto

 
関連コマンド

config spanningtree port

show spanningtree switch

Cisco Wireless LAN Controller のネットワーク(DS ポート)スパニング ツリー設定を表示するには、 show spanningtree switch コマンドを使用します。

show spanningtree switch

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

spanningtree

スパニング ツリー。

switch

スイッチ単位でスパニング ツリー値を表示します。


) 一部の WLAN コントローラは、スパニング ツリー機能をサポーしていません。


 
デフォルト

なし。

> show spanningtree switch
 
STP Specification...................... IEEE 802.1D
STP Base MAC Address................... 00:0B:85:02:0D:20
Spanning Tree Algorithm................ Disable
STP Bridge Priority.................... 32768
STP Bridge Max. Age (seconds).......... 20
STP Bridge Hello Time (seconds)........ 2
STP Bridge Forward Delay (seconds)..... 15

 
関連コマンド

config spanningtree switch bridgepriority config spanningtree switch forwarddelay config spanningtree switch hellotime config spanningtree switch maxage config spanningtree switch mode

Show Stats コマンド

show stats コマンドを使用して、コントローラの統計情報を表示します。

show stats port

物理ポートの送受信の統計情報を表示するには、 show stats port コマンドを使用します。

show stats port { detailed port | summary port }

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

stats

統計情報。

port

ポート。

detailed

詳細なポート統計情報を表示します。

summary

ポート統計情報の要約を表示します。

port

物理ポート番号:

Cisco 2000 シリーズ無線 LAN コントローラでは 1 ~ 4。

Cisco 4100 シリーズ無線 LAN コントローラでは 1 または 2。

Cisco 4402 シリーズ無線 LAN コントローラでは 1 または 2。

Cisco 4404 シリーズ無線 LAN コントローラでは 1 ~ 4。

Cisco WLCM シリーズ無線 LAN コントローラでは 1。

 
デフォルト

なし。

> show stats port summary 1
 
Packets Received Without Error................. 399958
Packets Received With Error.................... 0
Broadcast Packets Received..................... 8350
Packets Transmitted Without Error.............. 106060
Transmit Packets Errors........................ 0
Collisions Frames.............................. 0
Time Since Counters Last Cleared............... 2 day 11 hr 16 min 23 sec
 
> show stats port detailed 1
 
PACKETS RECEIVED (OCTETS)
Total Bytes...................................... 267799881
64 byte pkts :918281
65-127 byte pkts :354016 128-255 byte pkts :1283092
256-511 byte pkts :8406 512-1023 byte pkts :3006
1024-1518 byte pkts :1184 1519-1530 byte pkts :0
> 1530 byte pkts :2
 
PACKETS RECEIVED SUCCESSFULLY
Total............................................ 2567987
Unicast Pkts :2547844 Multicast Pkts:0 Broadcast Pkts:20143
 
PACKETS RECEIVED WITH MAC ERRORS
Total............................................ 0
Jabbers :0 Undersize :0 Alignment :0
FCS Errors:0 Overruns :0
 
RECEIVED PACKETS NOT FORWARDED
Total............................................ 0
Local Traffic Frames:0 RX Pause Frames :0
Unacceptable Frames :0 VLAN Membership :0
VLAN Viable Discards:0 MulticastTree Viable:0
ReserveAddr Discards:0
CFI Discards :0 Upstream Threshold :0
 
PACKETS TRANSMITTED (OCTETS)
Total Bytes...................................... 353831
64 byte pkts :0 65-127 byte pkts :0
128-255 byte pkts :0 256-511 byte pkts :0
512-1023 byte pkts :0 1024-1518 byte pkts :2
1519-1530 byte pkts :0 Max Info :1522
 
PACKETS TRANSMITTED SUCCESSFULLY
Total............................................ 5875
Unicast Pkts :5868 Multicast Pkts:0 Broadcast Pkts:7
 
 
TRANSMIT ERRORS
Total Errors..................................... 0
FCS Error :0 TX Oversized :0 Underrun Error:0
 
TRANSMIT DISCARDS
Total Discards................................... 0
Single Coll Frames :0 Multiple Coll Frames:0
Excessive Coll Frame:0 Port Membership :0
VLAN Viable Discards:0
 
PROTOCOL STATISTICS
BPDUs Received :6 BPDUs Transmitted :0
802.3x RX PauseFrame:0
 
Time Since Counters Last Cleared............... 2 day 0 hr 39 min 59 sec

 
関連コマンド

config port adminmode

show stats switch

ネットワーク(DS ポート)の送受信の統計情報を表示するには、 show stats switch コマンドを使用します。

show stats switch { detailed | summary }

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

stats

統計情報。

switch

Cisco Wireless LAN Controller。

detailed

詳細なスイッチ統計情報を表示します。

summary

スイッチ統計情報の要約を表示します。

 
デフォルト

なし。

> show stats switch summary
 
Packets Received Without Error................. 136410
Broadcast Packets Received..................... 18805
Packets Received With Error.................... 0
Packets Transmitted Without Error.............. 78002
Broadcast Packets Transmitted.................. 3340
Transmit Packet Errors......................... 2
Address Entries Currently In Use............... 26
VLAN Entries Currently In Use.................. 1
Time Since Counters Last Cleared............... 2 day 11 hr 22 min 17 sec
 
> show stats switch detailed
 
RECEIVE
Octets........................................... 19351718
Total Pkts....................................... 183468
Unicast Pkts..................................... 180230
Multicast Pkts................................... 3219
Broadcast Pkts................................... 19
Pkts Discarded................................... 0
 
TRANSMIT
Octets........................................... 354251
Total Pkts....................................... 5882
Unicast Pkts..................................... 5875
Multicast Pkts................................... 0
Broadcast Pkts................................... 7
Pkts Discarded................................... 0
 
ADDRESS ENTRIES
Most Ever Used................................... 1
Currently In Use................................. 1
 
VLAN ENTRIES
Maximum.......................................... 128
Most Ever Used................................... 1
Static In Use.................................... 1
Dynamic In Use................................... 0
VLANs Deleted.................................... 0
Time Since Ctrs Last Cleared..................... 2 day 0 hr 43 min 22 sec

 
関連コマンド

config network dsport

show switchconfig

Cisco Wireless LAN Controller に適用するパラメータを表示するには、 show switchconfig コマンドを使用します。

show switchconfig

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

switchconfig

Cisco Wireless LAN Controller に適用するパラメータを表示します。

 
デフォルト

なし。

> show switchconfig
 
802.3x Flow Control Mode......................... Disable
Current LWAPP Transport Mode..................... Layer 3
LWAPP Transport Mode after next switch reboot.... Layer 3

 
関連コマンド

config switchconfig flowcontrol config switchconfig mode

show sysinfo

Cisco Wireless LAN Controller の高いレベルの情報を表示するには、 show sysinfo コマンドを使用します。

show sysinfo

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

sysinfo

Cisco Wireless LAN Controller の情報。

 
デフォルト

なし。

> show sysinfo
 
Manufacturer's Name.......................... <company name>
Product Name.................................
Product Version.............................. 1.2.48.0
RTOS Version................................. 1.2.48.0
Bootloader Version........................... 1.1.11.0
 
System Name.................................. IT2003
System Location.............................. Andrew 1
System Contact............................... Wireless_administrator
System ObjectID.............................. 1.3.6.1.4.1.14179
IP Address................................... 172.168.2.36
System Up Time............................... 2 days 11 hrs 30 mins 1 secs
 
Configured Country........................... United States
Operating Environment........................ Commercial (0 to 40 C)
Internal Temp Alarm Limits................... 0 to 65 C
Internal Temperature......................... +38 C
 
State of 802.11b Network..................... Enabled
State of 802.11a Network..................... Enabled
Number of WLANs.............................. 2
3rd Party Access Point Support............... Disabled
Number of Active Clients..................... 1
xxxxxxxxxxxxxxxxx

 
関連コマンド

config ap、config country config sysname、config wlan

show syslog

Cisco Wireless LAN controller の SNMP トラップのロギング ステータスまたはターゲット IP アドレスを表示するには、 show syslog コマンドを使用します。

show syslog

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

syslog

システムの syslog の状態を表示します。

 
デフォルト

なし。

> show syslog
 
Syslog destination............................. disabled
 
> show syslog
 
Syslog destination............................. xxx.xxx.xxx.xxx

 
関連コマンド

config syslog

show tacacs acct statistics

このコマンドを使用して、特定のタグの詳細な RFID 情報を表示します。

show tacacs acct statistics

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト設定

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> show tacacs acct statistics
 
Accounting Servers:
 
Server Index..................................... 1
Server Address................................... 10.0.0.0
Msg Round Trip Time.............................. 0 (1/100 second)
First Requests................................... 1
Retry Requests................................... 0
Accounting Response.............................. 0
Accounting Request Success....................... 0
Accounting Request Failure....................... 0
Malformed Msgs................................... 0
Bad Authenticator Msgs........................... 0
Pending Requests................................. -1
Timeout Requests................................. 1
Unknowntype Msgs................................. 0
Other Drops...................................... 0
 
.... TBD

 
関連コマンド

コマンド
説明

config tacacs

RFID オプションを設定します。

show tacacs summary

TACACS サーバの要約情報を表示します。

show tacacs athr statistics

このコマンドを使用して、TACACS+ サーバ認証の統計情報を表示します。

show tacacs athr statistics

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト設定

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> show tacacs athr statistics
 
Authorization Servers:
 
Server Index..................................... 3
Server Address................................... 10.0.0.3
Msg Round Trip Time.............................. 0 (1/100 second)
First Requests................................... 0
Retry Requests................................... 0
Received Responses............................... 0
Authorization Success............................ 0
Authorization Failure............................ 0
Challenge Responses.............................. 0
Malformed Msgs................................... 0
Bad Athrenticator Msgs........................... 0
Pending Requests................................. 0
Timeout Requests................................. 0
Unknowntype Msgs................................. 0
Other Drops...................................... 0
.... TBD

 
関連コマンド

コマンド
説明

config tacacs

RFID オプションを設定します。

show tacacs summary

TACACS+ サーバの要約情報を表示します。

show tacacs auth statistics

このコマンドを使用して、TACACS+ サーバ認証の統計情報を表示します。

show tacacs auth statistics

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト設定

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> show tacacs auth statistics
 
Authentication Servers:
 
Server Index..................................... 2
Server Address................................... 10.0.0.2
Msg Round Trip Time.............................. 0 (1/100 second)
First Requests................................... 0
Retry Requests................................... 0
Accept Responses................................. 0
Reject Responses................................. 0
Error Responses.................................. 0
Restart Responses................................ 0
Follow Responses................................. 0
GetData Responses................................ 0
Encrypt no secret Responses...................... 0
Challenge Responses.............................. 0
Malformed Msgs................................... 0
Bad Authenticator Msgs........................... 0
Pending Requests................................. 0
Timeout Requests................................. 0
Unknowntype Msgs................................. 0
Other Drops...................................... 0
.... TBD

 
関連コマンド

コマンド
説明

config tacacs

RFID オプションを設定します。

show tacacs summary

TACACS+ サーバの要約情報を表示します。

show tacacs summary - TBD Need Info

このコマンドを使用して、TACACS+ サーバの要約情報を表示します。

show tacacs summary

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト設定

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> show tacacs summary
 
Authentication Servers
 
Idx Server Address Port State Tout
--- ---------------- ------ -------- ----
2 10.0.0.2 6 Enabled 30
 
Accounting Servers
 
Idx Server Address Port State Tout
--- ---------------- ------ -------- ----
1 10.0.0.0 10 Enabled 2
 
Authorization Servers
 
Idx Server Address Port State Tout
--- ---------------- ------ -------- ----
3 10.0.0.3 4 Enabled 2
.... TBD

 
関連コマンド

コマンド
説明

config tacacs

RFID オプションを設定します。

show tacacs summary

TACACS+ サーバの要約情報を表示します。

show tech-support

Cisco Technical Assistance Center(TAC)からひんぱんに要求される Cisco Wireless LAN Controller の変数を表示するには、 show tech-support コマンドを使用します。

show tech-support

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

tech-support

システム リソース情報を表示します。

 
デフォルト

なし。

> show tech-support
 
Current CPU Load................................. 0%
 
System Buffers
Max Free Buffers.............................. 4608
Free Buffers.................................. 4604
Buffers In Use................................ 4
 
Web Server Resources
Descriptors Allocated......................... 152
Descriptors Used.............................. 3
Segments Allocated............................ 152
Segments Used................................. 3
 
System Resources
Uptime........................................ 747040 Secs
Total Ram..................................... 127552 Kbytes
Free Ram...................................... 19540 Kbytes
Shared Ram.................................... 0 Kbytes
Buffer Ram.................................... 460 Kbytes

 
関連コマンド

なし。

show time

Cisco Wireless LAN Controller の日時を表示するには、 show time コマンドを使用します。

show time

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

time

Cisco Wireless LAN Controller の日時。

 
デフォルト

なし。

> show time
 
Time............................................. Thu Aug 4 19:51:49 2005
 
Timezone delta................................... 0:0
Daylight savings................................. disabled
 
NTP Servers
NTP Polling Interval......................... 86400
 
Index NTP Server
------- --------------------------------

 
関連コマンド

config time

show trapflags

Cisco Wireless LAN Controller の SNMP トラップ フラグを表示するには、 show trapflags コマンドを使用します。

show trapflags

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

trapflags

Cisco Wireless LAN Controller の SNMP トラップ フラグを表示します。

 
デフォルト

なし。

> show trapflags
 
Authentication Flag............................ Enable
Link Up/Down Flag.............................. Enable
Multiple Users Flag............................ Enable
Spanning Tree Flag............................. Enable
 
Client Related Traps
802.11 Disassociation......................... Disable
802.11 Deauthenticate......................... Disable
802.11 Authenticate Failure................... Disable
802.11 Association Failure.................... Disable
Excluded...................................... Disable
 
802.11 Security related traps
WEP Decrypt Error............................. Enable
 
Cisco AP
Register...................................... Enable
InterfaceUp................................... Enable
 
Auto-RF Profiles
Load.......................................... Enable
Noise......................................... Enable
Interference.................................. Enable
Coverage...................................... Enable
 
Auto-RF Thresholds
tx-power...................................... Enable
channel....................................... Enable
antenna....................................... Enable
 
AAA
auth.......................................... Enable
servers....................................... Enable
 
rogueap........................................ Enable
 
wps............................................ Enable
 
configsave..................................... Enable
 
IP Security
esp-auth...................................... Enable
esp-replay.................................... Enable
invalidSPI.................................... Enable
ike-neg....................................... Enable
suite-neg..................................... Enable
invalid-cookie................................ Enable

 
関連コマンド

config trapflags authentication config trapflags linkmode config trapflags multiusers config trapflags stpmode config trapflags client config trapflags ap config trapflags rrm-profile config trapflags rrm-params config trapflags aaa config trapflags rogueap config trapflags configsave config trapflags ipsec show traplog

show traplog

Cisco Wireless LAN Controller の SNMP トラップ ログを表示するには、 show traplog コマンドを使用します。

show traplog

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

traplog

Cisco Wireless LAN Controller の SNMP トラップ ログ。

 
デフォルト

なし。

> show traplog
 
Number of Traps Since Last Reset........... 2447
Number of Traps Since Log Last Displayed... 2447
 
Log System Time Trap
--- ------------------------ -------------------------------------------------
0 Thu Aug 4 19:54:14 2005 Rogue AP : 00:0b:85:52:62:fe detected on Base Rad
io MAC : 00:0b:85:18:b6:50 Interface no:1(802.11
b/g) with RSSI: -78 and SNR: 10
1 Thu Aug 4 19:54:14 2005 Rogue AP : 00:0b:85:52:19:d8 detected on Base Rad
io MAC : 00:0b:85:18:b6:50 Interface no:1(802.11
b/g) with RSSI: -72 and SNR: 16
2 Thu Aug 4 19:54:14 2005 Rogue AP : 00:0b:85:26:a1:8d detected on Base Rad
io MAC : 00:0b:85:18:b6:50 Interface no:1(802.11
b/g) with RSSI: -82 and SNR: 6
3 Thu Aug 4 19:54:14 2005 Rogue AP : 00:0b:85:14:b3:4f detected on Base Rad
io MAC : 00:0b:85:18:b6:50 Interface no:1(802.11
b/g) with RSSI: -56 and SNR: 30
 
Would you like to display more entries? (y/n)

 
関連コマンド

show trapflags

show version

このコマンドを使用して、アクセス ポイントのソフトウェア情報を表示します。

show version

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

 
使用上のガイドライン

コントローラに接続されていない場合、このコマンドはアクセス ポイント コンソール ポートからのみ使用できます。

AP# show version
Cisco IOS Software, C1240 Software (C1240-K9W8-M), Experimental Version 12.3(20060829:081904) [BLD-wnbu_a10_temp_060823.daily 163]
Copyright (c) 1986-2006 by Cisco Systems, Inc.
Compiled Wed 30-Aug-06 03:03 by
ROM: Bootstrap program is C1240 boot loader
BOOTLDR: C1240 Boot Loader (C1240-BOOT-M) Version 12.3(7)JA1, RELEASE SOFTWARE (fc1)
Ap1242-2 uptime is 4 minutes
System returned to ROM by power-on
System image file is "flash:/c1240-k9w8-mx.wnbu_a10_temp_060823.20060830d/c1240-k9w8-"
cisco AIR-LAP1242AG-A-K9 processor (revision B0) with 24566K/8192K bytes of memory.
Processor board ID FTX0944B00B
PowerPCElvis CPU at 266Mhz, revision number 0x0950
Last reset from power-on
LWAPP image version 4.1.69.0
1 FastEthernet interface
2 802.11 Radio(s)
32K bytes of flash-simulated non-volatile configuration memory.
Base ethernet MAC Address: 00:14:1C:ED:47:14
Part Number : 73-9925-03
PCA Assembly Number : 800-26579-03
PCA Revision Number : A0
PCB Serial Number : FOC09351E0U
Top Assembly Part Number : 800-26804-01
Top Assembly Serial Number : FTX0944B00B
Top Revision Number : A0
Product/Model Number : AIR-LAP1242AG-A-K9
Configuration register is 0xF
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

TBD

TBD

show watchlist

クライアントの監視リストを表示するには、 show watchlist コマンドを使用します。

show watchlist

 
シンタックスの説明

show

コマンド動作。

watchlist

クライアントの監視リストのエントリを表示します。

 
デフォルト

なし。

> show watchlist
client watchlist state is disabled

 
関連コマンド

config watchlist delete config watchlist enable、config watchlist disable config watchlist add

show wlan

特定の無線 LAN または外部アクセス ポイントの設定情報、または無線 LAN の要約情報を表示するには、show wlan コマンドを使用します。

show wlan [ wlan_id | summary | foreignAp]

 
シンタックスの説明

show

設定を表示します。

wlan

無線 LAN。

mobility anchor

モビリティ WLAN アンカー リストを表示します。

summary

すべての無線 LAN の要約を表示します。

wlan_id

1 ~ 16 の無線 LAN 識別子。

foreignAp

外部アクセス ポイントのサポート設定を表示します。

 
デフォルト

Silver。

> WLAN Identifier.................................. 1
Profile Name..................................... wlan
Network Name (SSID).............................. wlan
Status........................................... Enabled
MAC Filtering.................................... Disabled
Broadcast SSID................................... Enabled
AAA Policy Override.............................. Disabled
Number of Active Clients......................... 0
Exclusionlist Timeout............................ 60 seconds
Session Timeout.................................. 1800 seconds
Webauth DHCP exclusion........................... Disabled
Interface........................................ management
WLAN ACL......................................... unconfigured
DHCP Server...................................... Default
DHCP Address Assignment Required................. Disabled
Quality of Service............................... Silver (best effort)
WMM.............................................. Allowed
CCX - AironetIe Support.......................... Enabled
CCX - Gratuitous ProbeResponse (GPR)............. Disabled
CCX - Diagnostics Channel Capability............. Disabled
Dot11-Phone Mode (7920).......................... Disabled
Wired Protocol................................... None
IPv6 Support..................................... Disabled
Peer-to-Peer Blocking Action..................... Disabled
Radio Policy..................................... All
DTIM period for 802.11a radio.................... 1
DTIM period for 802.11b radio.................... 1
Local EAP Authentication......................... Disabled
Security
 
802.11 Authentication:........................ Open System
Static WEP Keys............................... Disabled
802.1X........................................ Disabled
Wi-Fi Protected Access (WPA/WPA2)............. Enabled
WPA (SSN IE)............................... Disabled
WPA2 (RSN IE).............................. Enabled
TKIP Cipher............................. Disabled
AES Cipher.............................. Enabled
Auth Key Manage
nt
802.1x.................................. Enabled
PSK..................................... Disabled
CCKM.................................... Disabled
FT(802.11r)............................. Disabled
FT-PSK(802.11r)......................... Disabled
FT Reassociation Timeout......................... 20
FT Over-The-Air mode............................. Enabled
FT Over-The-Ds mode.............................. Enabled
CKIP ......................................... Disabled
IP Security................................... Disabled
IP Security Passthru.......................... Disabled
Web Based Authentication...................... Disabled
Web-Passthrough............................... Disabled
Conditional Web Redirect...................... Disabled
Splash-Page Web Redirect...................... Disabled
Auto Anchor................................... Disabled
Cranite Passthru.............................. Disabled
Fortress Passthru............................. Disabled
H-REAP Local Switching........................ Disabled
Infrastructure MFP protection................. Enabled (Global Infrastructu
MFP Disabled)
Client MFP.................................... Optional
Tkip MIC Countermeasure Hold-down Timer....... 60
 
Mobility Anchor List
WLAN ID IP Address Status
------- --------------- ------
> show wlan summary
 
Number of WLANs.................................. 2
 
WLAN ID WLAN Profile Name / SSID Status Interface Name
------- ------------------------------------- -------- --------------------
1 test / test Disabled management
 
> show wlan foreignap
 
Foreign AP support is not enabled.
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

config wlan create

新しい無線 LAN を作成します。

Show WPS コマンド

show wps コマンドを使用すると、Wireless Protection System(WPS)に関する情報を表示できます。

show wps

コントローラの Wireless Protection System 設定を表示するには、 show wps コマンドを使用します。

show wps { ap-authentication summary | signature summary | summary }

 
シンタックスの説明

show

コマンド動作。

wps

WPS 設定を表示します。

ap-authentication summary

AP ネイバー WPS 認証を表示します。

signature summary

WPS シグニチャの要約を表示します。

summary

WPS の要約を表示します。

 
デフォルト

なし。

> show wps ap-authentication summary
 
AP neighbor authentication is <disabled>.
 
Authentication alarm threshold is 1.
RF-Network Name: <B1>
 
 
> show wps signature summary
 
Precedence....................................... 1
Signature Name................................... Bcast deauth
Type............................................. Standard
FrameType........................................ management
State............................................ enabled
Action........................................... report
Frequency........................................ 30 pkts/sec
Interval......................................... 1 sec
Quiet Time....................................... 300 sec
Description...................................... Broadcast Deauthentication Frame
Patterns:
0:0x00c0:0x03ff
4:0x01:0x01
 
 
Precedence....................................... 2
Signature Name................................... NULL probe resp 1
Type............................................. Standard
FrameType........................................ management
State............................................ enabled
Action........................................... report
Frequency........................................ 1 pkts/sec
Interval......................................... 1 sec
Quiet Time....................................... 300 sec
Description...................................... NULL Probe Response - Zero length SSID element
Patterns:
0:0x0050:0x03ff
36:0x0000:0xffff
 
> show wps summary
 
Client Exclusion Policy
Excessive 802.11-association failures.......... Enabled
Excessive 802.11-authentication failures....... Enabled
Excessive 802.1x-authentication................ Enabled
Network access control failure................. Enabled
IP-theft....................................... Enabled
Excessive Web authentication failure........... Enabled
 
Trusted AP Policy
Mis-configured AP Action....................... Alarm Only
Enforced encryption policy................... none
Enforced preamble policy..................... none
Enforced radio type policy................... none
Validate SSID................................ Disabled
Alert if Trusted AP is missing................. Disabled
Trusted AP timeout............................. 120
 
Untrusted AP Policy
Rogue Location Discovery Protocol.............. Disabled
RLDP Action.................................. Alarm Only
Rogue APs
Automatically contain rogues advertising .... Alarm Only
Detect Ad-Hoc Networks....................... Alarm Only
Rogue Clients
Validate rogue clients against AAA........... Disabled
Detect trusted clients on rogue APs.......... Alarm Only
Rogue AP timeout............................... 1200
 
Signature Policy
Signature Processing........................... Enabled

 
関連コマンド

config watchlist delete config watchlist enable、config watchlist disable config watchlist add

show wps cids-sensor detail

特定の WPS IDS センサーの詳細情報を表示するには、show wps cids-sensor detail コマンドを使用します。

show wps cids-sensor detail index

 
シンタックスの説明

index

IDS センサーのインデックス値を指定します。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> show wps summary
 
IP Address....................................... 10.0.0.51
Port............................................. 443
Query Interval................................... 60
Username......................................... Sensor_user1
Cert Fingerprint................................. SHA1: 00:00:00:00:00:00:00:00:
00:00:00:00:00:00:00:00:00:00:00:00
Query State...................................... Disabled
Last Query Result................................ Unknown
Number of Queries Sent........................... 0
 
....TBD

 
関連コマンド

コマンド
説明

config wps cids-sensor

WPS IDS センサーを設定します。

show wps cids-sensor summary

IDS センサーの要約情報を表示するには、show wps cids-sensor summary コマンドを使用します。

show wps cids-sensor summary

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> show wps summary
 
Configured IDS Sensors
 
Index Server Address Port State Intvl Last Query
----- ---------------- ------ --------- ------ --------------
1 10.0.0.51 443 Disabled 60 Unknown
 
....TBD

 
関連コマンド

コマンド
説明

config wps cids-sensor

WPS IDS センサーを設定します。

show wps client-exclusion

IDS センサーの要約情報を表示するには、 show wps client-exclusion コマンドを使用します。

show wps client-exclusion { [802.11-assoc | 802.11-auth | 802.1x-auth | all | ip-theft |
web-auth] [enable | disable ]

 
シンタックスの説明

802.11-assoc

802.11 アソシエーション エラーの超過数への応答を設定します。

802.11-auth

802.11 認証エラーの超過数への応答を設定します。

802/1x-auth

802.1x 認証エラーの超過数への応答を設定します。

all

すべてのイベントへの応答を設定します。

ip-theft

IP アドレスの重複または IP アドレスの再使用への応答を設定します。

web-auth

Web 認証エラーの超過数への応答を設定します。

enable

機能を有効にします。

disable

機能を無効にします。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> show wps client-exclusion 802.11-assoc enable

 
関連コマンド

config wps cids-sensor

show wps signature events {standard | custom}

特定の標準シグニチャまたはカスタム シグニチャによって検出された攻撃に関する詳細情報を表示するには、 show wps signature events summary コマンドを使用します。

show wps signature events {standard | custom} precedence# summary

show wps signature events {standard | custom} precedence# detailed per-signature source_ma c

show wps signature events {standard | custom} precedence# detailed per-mac source_mac

 
シンタックスの説明

standard | custom

情報を表示する IDS シグニチャのタイプを指定します。

precedence#

シグニチャの優先順位を示す ID を指定します。

summary

シグニチャによるトラッキングの要約情報を表示します。

detailed

ソース MAC アドレスのトラッキングの詳細情報を表示します。

per-signature

シグニチャ別のソース MAC アドレスのトラッキング情報を表示します。

source_mac

ソース MAC アドレスを指定します。

per-mac

MAC アドレス別のソース MAC アドレスのトラッキング情報を表示します。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

標準シグニチャ 1 によって検出された攻撃の情報を表示するには、次のコマンドを使用します。

> show wps signataure events standard summary 1 summary
 
Precedence....................................... 1
Signature Name................................... Bcast deauth
Type............................................. Standard
Number of active events.......................... 2
 
Source MAC Addr Track Method Frequency # APs Last Heard
----------------- -------------- --------- ----- ------------------------
00:a0:f8:58:60:dd Per Signature 50 1 Wed Oct 25 15:03:05 2006
00:a0:f8:58:60:dd Per Mac 30 1 Wed Oct 25 15:02:53 2006
 

show wps signature events summary

有効なシグニチャによって検出された攻撃の数を表示するには、 show wps signature events summary コマンドを使用します。

show wps signature events summary

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

> show wps signature events summary
 
Precedence Signature Name Type # Events
---------- -------------------- -------- --------
1 Bcast deauth Standard 2
2 NULL probe resp 1 Standard 1

show wps signature summary

コントローラ上にインストールされているすべての標準シグニチャとカスタム シグニチャの概要を個別に表示するには、 show wps signature summary コマンドを使用します。

show wps signature summary

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

> show wps signature summary
Signature-ID..................................... 1
Precedence....................................... 1
Signature Name................................... Bcast deauth
Type............................................. standard
FrameType........................................ management
State............................................ enabled
Action........................................... report
Tracking......................................... per Signature and Mac
Signature Frequency.............................. 50 pkts/interval
Signature Mac Frequency.......................... 30 pkts/interval
Interval......................................... 1 sec
Quiet Time....................................... 300 sec
Description...................................... Broadcast Deauthentication Frame
Patterns:
0(Header):0x00c0:0x00ff
4(Header):0x01:0x01
...

show wps summary

WPS 要約情報を表示するには、show wps summary コマンドを使用します。

show wps summary

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

> show wps summary
 
Client Exclusion Policy
Excessive 802.11-association failures.......... Enabled
Excessive 802.11-authentication failures....... Enabled
Excessive 802.1x-authentication................ Enabled
IP-theft....................................... Enabled
Excessive Web authentication failure........... Enabled
 
Trusted AP Policy
Management Frame Protection.................... Disabled
Mis-configured AP Action....................... Alarm Only
Enforced encryption policy................... none
Enforced preamble policy..................... none
Enforced radio type policy................... none
Validate SSID................................ Disabled
Alert if Trusted AP is missing................. Disabled
Trusted AP timeout............................. 120
 
Untrusted AP Policy
Rogue Location Discovery Protocol.............. Disabled
RLDP Action.................................. Alarm Only
Rogue APs
Rogues AP advertising my SSID................ Alarm Only
Detect and report Ad-Hoc Networks............ Enabled
Rogue Clients
Validate rogue clients against AAA........... Enabled
Detect trusted clients on rogue APs.......... Alarm Only
Rogue AP timeout............................... 1300
 
Signature Policy
Signature Processing........................... Enabled
 
...

構成設定

config コマンドを使用して、Cisco Wireless LAN Controller のオプションと設定を構成します。

Configure 802.11x コマンド

config 802.11 x コマンドを使用すると、802.11a、802.11b、またはサポートされている他の 802.11 ネットワークの設定を行えます。


) このセクションに記載されているコマンドは、このマニュアルが最初にリリースされた後に追加されたか、新たに統合された 802.11x 形式を使用して更新または修正されたものです。このセクションにない場合は、「Configure 802.11a コマンド」および「Configure 802.11b コマンド」のセクションに別途記載されています。


config {802.11a | 802.11b} 11nsupport

ネットワークで 802.11n のサポートを有効にするには、 config {802.11a | 802.11b} 11nsupport コマンドを使用します。

config {802.11a | 802.11b} 11nsupport {enable | disable}

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a

シスコの 802.11a 無線。

802.11b

シスコの 802.11b 無線。

11nsupport

802.11n デバイスのサポート。

enable

サポートを有効にします。

disable

サポートを無効にします。

 
デフォルト

なし。

> config 802.11a 11nsupport enable

 
関連コマンド

config {802.11a | 802.11b} 11nsupport mcs tx、config wlan wmm required、config {802.11a | 802.11b} 11nsupport a-mpdu tx priority、config 802.11a disable network、config 802.11a disable、config 802.11a channel ap、config 802.11a disable、config 802.11a channel ap、config 802.11a txpower ap、config 802.11a chan_width

config {802.11a | 802.11b} 11nsupport a-mpdu tx priority

802.11n パケットに対して使用される集約方法を指定するには、 config {802.11a | 802.11b} 11nsupport a-mpdu tx priority コマンドを使用します。

config {802.11a | 802.11b} 11nsupport a-mpdu tx priority {0-7 | all} {enable | disable}


) 集約は、パケット データ フレームを個別に伝送するのではなく、グループにまとめるプロセスです。集約方法には、Aggregated MAC Protocol Data Unit(A-MPDU)と Aggregated MAC Service Data Unit(A-MSDU)の 2 種類があります。A-MPDU はソフトウェアで実行されますが、A-MSDU はハードウェアで実行されます。


 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a

シスコの 802.11a 無線。

802.11b

シスコの 802.11b 無線。

11nsupport

802.11n デバイスのサポート。

a-mpdu tx priority

トラフィックのタイプ別に割り当てられた Aggregated MAC Protocol Data Unit のプライオリティ レベル。

1 - バックグラウンド

2 - スペア

0 - ベスト エフォート

3 - エクセレント エフォート

4 - 制御ロード

5 - ビデオ(100 ms 未満の遅延およびジッタ)

6 - 音声(10 ms 未満の遅延およびジッタ)

7 - ネットワーク コントロール

all - プライオリティ レベルをすべて一度に設定します。


) プライオリティ レベルは、クライアントが使用する集約方法に合わせて設定します。


enable

プライオリティ レベルと関連付けられているトラフィックは、A-MPDU 伝送を使用します。

disable

プライオリティ レベルと関連付けられているトラフィックは、A-MSDU 伝送を使用します。

 
デフォルト

5 と 6 を除くすべてのプライオリティは、デフォルトで有効化されています。プライオリティ 5 および 6 は、デフォルトで無効化されています。

> config 802.11a 11nsupport a-mpdu tx priority all enable

 
関連コマンド

config {802.11a | 802.11b} 11nsupport mcs tx、config wlan wmm required、config 802.11a disable network、config 802.11a disable、config 802.11a channel ap、config 802.11a disable、config 802.11a channel ap、config 802.11a txpower ap、config 802.11a chan_width

config {802.11a | 802.11b} 11nsupport mcs tx

アクセス ポイントとクライアントの間でのデータの伝送に使用される Modulation and Coding Scheme(MCS)レートを指定するには、 config {802.11a | 802.11b} 11nsupport mcs tx コマンドを使用します。

config {802.11a | 802.11b} 11nsupport mcs tx {0-15} {enable | disable}

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a

シスコの 802.11a 無線。

802.11b

シスコの 802.11b 無線。

11nsupport

802.11n デバイスのサポート。

mcs tx

Modulation and Coding Scheme データ レートは以下の通りです。

0(7 Mbps)

1(14 Mbps)

2(21 Mbps)

3(29 Mbps)

4(43 Mbps)

5(58 Mbps)

6(65 Mbps)

7(72 Mbps)

8(14 Mbps)

9(29 Mbps)

10(43 Mbps)

11(58 Mbps)

12(87 Mbps)

13(116 Mbps)

14(130 Mbps)

15(144 Mbps)

enable

サポートを有効にします。

disable

サポートを無効にします。

 
デフォルト

なし。

> config 802.11a 11nsupport mcs tx 5 enable

 
関連コマンド

config {802.11a | 802.11b} 11nsupport、config wlan wmm required、config {802.11a | 802.11b} 11nsupport a-mpdu tx priority、config 802.11a disable network、config 802.11a disable、config 802.11a channel ap、config 802.11a disable、config 802.11a channel ap、config 802.11a txpower ap、config 802.11a chan_width

config {802.11a | 802.11b} cac voice acm

802.11a または 802.11b/g ネットワークに対する帯域幅ベースの音声 Call Admission Control(CAC; コール アドミッション制御)を有効または無効にするには、 config {802.11a | 802.11b} cac voice acm コマンドを使用します。

config {802.11a | 802.11b} cac voice acm {enable | disable}

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a | 802.11b

シスコの 802.11a または 802.11b 無線。

cac

コール アドミッション制御のパラメータ。

voice

音声トラフィックのパラメータ。

acm

アドミッション制御。

enable | disable

帯域幅ベースの CAC を有効または無効にします。

 
デフォルト

無効になっています。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

 
使用上のガイドライン

詳細は、使用している製品のバージョンに対応した『 Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide 』の、「Configuring Controller Settings」の章のセクション「Configuring Voice and Video Parameters」を参照してください。

> config 802.11a cac voice acm enable
> config 802.11b cac voice acm disable
 

 
関連コマンド

config {802.11a | 802.11b} {enable | disable} network、config {802.11a | 802.11b} cac voice load-based、config {802.11a | 802.11b} cac voice max-bandwidth、config {802.11a | 802.11b} cac voice roam-bandwidth、config {802.11a | 802.11b} cac voice stream-size、config {802.11a | 802.11b} cac voice tspec-inactivity-timeout、config {802.11a | 802.11b} exp-bwreq、config {802.11a | 802.11b} tsm、config wlan {enable | disable}、save config、show wlan、show wlan summary

config {802.11a | 802.11b} cac voice max-bandwidth

802.11a または 802.11b/g ネットワーク上で音声アプリケーション用にクライアントに割り当てる最大帯域幅の割合を設定するには、 config {802.11a | 802.11b} cac voice max-bandwidth コマンドを使用します。

config {802.11a | 802.11b} cac voice max-bandwidth bandwidth

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a | 802.11b

シスコの 802.11a または 802.11b 無線。

cac

コール アドミッション制御のパラメータ。

voice

音声トラフィックのパラメータ。

max-bandwidth

選択した無線帯域で音声アプリケーション用に割り当てる最大帯域幅の割合を指定します

bandwidth

40 ~ 85% の帯域の割合値。

 
デフォルト

75%

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

 
使用上のガイドライン

音声とビデオの最大無線周波数(RF)帯域幅が、合計で 100% を超えてはなりません。クライアントが指定された値に達すると、アクセス ポイントでこのネットワーク上の新しいコールが拒否されます。詳細は、使用している製品のバージョンに対応した『 Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide 』の、「Configuring Controller Settings」の章のセクション「Configuring Voice and Video Parameters」を参照してください。

> config 802.11a cac voice max-bandwidth 50
> config 802.11b cac voice max-bandwidth 75
 

 
関連コマンド

config {802.11a | 802.11b} {enable | disable} network、config {802.11a | 802.11b} cac voice acm、config {802.11a | 802.11b} cac voice load-based、config {802.11a | 802.11b} cac voice roam-bandwidth、config {802.11a | 802.11b} cac voice stream-size、config {802.11a | 802.11b} cac voice tspec-inactivity-timeout、config {802.11a | 802.11b} exp-bwreq、config {802.11a | 802.11b} tsm、config wlan {enable | disable}、save config、show wlan、show wlan summary

config {802.11a | 802.11b} cac voice roam-bandwidth

802.11a または 802.11b/g ネットワーク上で割り当てられる最大帯域幅のうち、ローミングする音声クライアント用に予約する割合を設定するには、 config {802.11a | 802.11b} cac voice roam-bandwidth コマンドを使用します。

cconfig {802.11a | 802.11b} cac voice roam-bandwidth bandwidth

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a | 802.11b

シスコの 802.11a または 802.11b 無線。

cac

コール アドミッション制御のパラメータ。

voice

音声トラフィックのパラメータ。

roam-bandwidth

選択した無線帯域で割り当てられる最大帯域幅のうちで、ローミングする音声クライアント用に予約する割合を指定します。

bandwidth

0 ~ 25% の帯域の割合値。

 
デフォルト

6%

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

 
使用上のガイドライン

音声とビデオの最大無線周波数(RF)帯域幅が、合計で 100% を超えてはなりません。コントローラは、割り当てられる最大帯域幅のうち、指定の帯域幅をローミングする音声クライアント用に予約します。


) このパラメータがゼロ(0)に設定されている場合、コントローラは、オペレータが帯域幅を割り当てないものと想定して、すべての帯域幅の要求を許可します。


詳細は、使用している製品のバージョンに対応した『 Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide 』の、「Configuring Controller Settings」の章のセクション「Configuring Voice and Video Parameters」を参照してください。

> config 802.11a cac voice roam-bandwidth 10
> config 802.11b cac voice roam-bandwidth 6
 

 
関連コマンド

config {802.11a | 802.11b} {enable | disable} network、config {802.11a | 802.11b} cac voice acm、config {802.11a | 802.11b} cac voice load-based、config {802.11a | 802.11b} cac voice max-bandwidth、config {802.11a | 802.11b} cac voice stream-size、config {802.11a | 802.11b} cac voice tspec-inactivity-timeout、config {802.11a | 802.11b} exp-bwreq、config {802.11a | 802.11b} tsm、config wlan {enable | disable}、save config、show wlan、show wlan summary

config {802.11a | 802.11b} cac voice tspec-inactivity-
timeout

アクセス ポイントから受信した WMM Traffic Specifications(TSPEC)無活動タイムアウトを処理または無視するには、 config {802.11a | 802.11b} cac voice tspec-inactivity-timeout コマンドを使用します。

config {802.11a | 802.11b} cac voice tspec-inactivity-timeout {enable | ignore}

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a | 802.11b

シスコの 802.11a または 802.11b 無線。

cac

コール アドミッション制御のパラメータ。

voice

音声トラフィックのパラメータ。

tspec-inactivity-timeout

アクセス ポイントから受信した TSPEC 無活動タイムアウト メッセージに対する応答を指定します。

enable | ignore

TSPEC 無活動タイムアウト メッセージを処理または無視します。

 
デフォルト

無効になっています(ignore)。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

 
使用上のガイドライン

詳細は、使用している製品のバージョンに対応した『 Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide 』の、「Configuring Controller Settings」の章のセクション「Configuring Voice and Video Parameters」を参照してください。

> config 802.11a cac voice tspec-inactivity-timeout enable
> config 802.11b cac voice tspec-inactivity-timeout ignore
 

 
関連コマンド

config {802.11a | 802.11b} {enable | disable} network、config {802.11a | 802.11b} cac voice acm、config {802.11a | 802.11b} cac voice load-based、config {802.11a | 802.11b} cac voice max-bandwidth、config {802.11a | 802.11b} cac voice roam-bandwidth、config {802.11a | 802.11b} cac voice stream-size、config {802.11a | 802.11b} exp-bwreq、config {802.11a | 802.11b} tsm、config wlan {enable | disable}、save config、show wlan、show wlan summary

config {802.11a | 802.11b} cac voice load-based

802.11a または 802.11b/g ネットワークに対する負荷ベースの CAC を有効または無効にするには、 config {802.11a | 802.11b} cac voice load-based コマンドを使用します。

config {802.11a | 802.11b} cac voice load-based {enable | disable}

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a | 802.11b

シスコの 802.11a または 802.11b 無線。

cac

コール アドミッション制御のパラメータ。

voice

音声トラフィックのパラメータ。

load-based

負荷ベースの CAC パラメータ。

enable | disable

負荷ベースの CAC を有効または無効にします。

 
デフォルト

無効になっています。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

 
使用上のガイドライン

詳細は、使用している製品のバージョンに対応した『 Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide 』の、「Configuring Controller Settings」の章のセクション「Configuring Voice and Video Parameters」を参照してください。

> config 802.11a cac voice load-based enable
> config 802.11b cac voice load-based disable
 

 
関連コマンド

config {802.11a | 802.11b} {enable | disable} network、config {802.11a | 802.11b} cac voice acm、config {802.11a | 802.11b} cac voice max-bandwidth、config {802.11a | 802.11b} cac voice roam-bandwidth、config {802.11a | 802.11b} cac voice stream-size、config {802.11a | 802.11b} cac voice tspec-inactivity-timeout、config {802.11a | 802.11b} exp-bwreq、config {802.11a | 802.11b} tsm、config wlan {enable | disable}、save config、show wlan、show wlan summary

config {802.11a | 802.11b} cac voice stream-size

802.11a または 802.11b/g ネットワークに対する特定データ レートでの集約音声 WMM Traffic Specifications(TSPEC)ストリーム数を設定するには、 config {802.11a | 802.11b} cac voice stream-size コマンドを使用します。

config {802.11a | 802.11b} cac voice stream-size number max-streams mean_datarate

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a | 802.11b

シスコの 802.11a または 802.11b 無線。

cac

コール アドミッション制御のパラメータ。

voice

音声トラフィックのパラメータ。

stream-size

コントローラがサポートする音声ストリーム数を設定します。

number

音声ストリームの数(1 ~ 5)を指定します。

max-streams

音声ストリームの平均データ レートを設定します。

mean_datarate

音声ストリームの平均データ レート(84 ~ 91.2 Kbps)を指定します。

 
デフォルト

デフォルトのストリーム数は 2 で、ストリームの平均データ レートは 84 Kbps です。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

 
使用上のガイドライン

詳細は、使用している製品のバージョンに対応した『 Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide 』の、「Configuring Controller Settings」の章のセクション「Configuring Voice and Video Parameters」を参照してください。

> config 802.11a cac voice stream-size 5 max-streams size 85
> config 802.11b cac voice stream-size 3 max-streams size 90
 

 
関連コマンド

config {802.11a | 802.11b} {enable | disable} network、config {802.11a | 802.11b} cac voice acm、config {802.11a | 802.11b} cac voice load-based、config {802.11a | 802.11b} cac voice max-bandwidth、config {802.11a | 802.11b} cac voice roam-bandwidth、config {802.11a | 802.11b} cac voice tspec-inactivity-timeout、config {802.11a | 802.11b} exp-bwreq、config {802.11a | 802.11b} tsm、config wlan {enable | disable}、save config、show wlan、show wlan summary

config {802.11a | 802.11b} cac video acm

802.11a または 802.11b/g ネットワークに対するビデオ コール アドミッション制御(CAC)を有効または無効にするには、 config {802.11a | 802.11b} cac video acm コマンドを使用します。

config {802.11a | 802.11b} cac video acm {enable | disable}

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a | 802.11b

シスコの 802.11a または 802.11b 無線。

cac

コール アドミッション制御のパラメータ。

voice

音声トラフィックのパラメータ。

acm

アドミッション制御。

enable | disable

ビデオ CAC を有効または無効にします。

 
デフォルト

無効になっています。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

 
使用上のガイドライン

詳細は、使用している製品のバージョンに対応した『 Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide 』の、「Configuring Controller Settings」の章のセクション「Configuring Voice and Video Parameters」を参照してください。

> config 802.11a cac video acm enable
> config 802.11b cac video acm disable
 

 
関連コマンド

config {802.11a | 802.11b} {enable | disable} network、config {802.11a | 802.11b} cac video max-bandwidth、config {802.11a | 802.11b} cac video roam-bandwidth、config {802.11a | 802.11b} cac video tspec-inactivity-timeout、config wlan {enable | disable}、save config、show wlan、show wlan summary

config {802.11a | 802.11b} cac video max-bandwidth

802.11a または 802.11b/g ネットワーク上でビデオ アプリケーション用にクライアントに割り当てる最大帯域幅の割合を設定するには、 config {802.11a | 802.11b} cac video max-bandwidth コマンドを使用します。

config {802.11a | 802.11b} cac video max-bandwidth bandwidth

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a | 802.11b

シスコの 802.11a または 802.11b 無線。

cac

コール アドミッション制御のパラメータ。

voice

音声トラフィックのパラメータ。

max-bandwidth

選択した無線帯域でビデオ アプリケーション用に割り当てる最大帯域幅の割合を指定します。

bandwidth

0 ~ 100% の帯域の割合値。

 
デフォルト

0%

 
使用上のガイドライン

音声とビデオの最大無線周波数(RF)帯域幅が、合計で 100% を超えてはなりません。クライアントが指定された値に達すると、アクセス ポイントでこのネットワーク上の新しいコールが拒否されます。


) このパラメータがゼロ(0)に設定されている場合、コントローラは、オペレータが帯域幅を割り当てないものと想定して、すべての帯域幅の要求を許可します。


詳細は、使用している製品のバージョンに対応した『 Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide 』の、「Configuring Controller Settings」の章のセクション「Configuring Voice and Video Parameters」を参照してください。

> config 802.11a cac video max-bandwidth 50
> config 802.11b cac video max-bandwidth 75
 

 
関連コマンド

config {802.11a | 802.11b} {enable | disable} network、config {802.11a | 802.11b} cac video acm、config {802.11a | 802.11b} cac video roam-bandwidth、config {802.11a | 802.11b} cac video tspec-inactivity-timeout、config wlan {enable | disable}、save config、show wlan、show wlan summary

config {802.11a | 802.11b} cac video roam-bandwidth

802.11a または 802.11b/g ネットワーク上で割り当てられる最大帯域幅のうち、ローミングするビデオ クライアント用に予約する割合を設定するには、 config {802.11a | 802.11b} cac video roam-bandwidth コマンドを使用します。

config {802.11a | 802.11b} cac video roam-bandwidth bandwidth

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a | 802.11b

シスコの 802.11a または 802.11b 無線。

cac

コール アドミッション制御のパラメータ。

voice

音声トラフィックのパラメータ。

roam-bandwidth

選択した無線帯域で割り当てられる最大帯域幅のうちで、ローミングするビデオ クライアント用に予約する割合を指定します。

bandwidth

0 ~ 100% の帯域の割合値。

 
デフォルト

0%

 
使用上のガイドライン

コントローラは、割り当てられる最大帯域幅のうち、指定の帯域幅をローミングするビデオ クライアント用に予約します。


) このパラメータがゼロ(0)に設定されている場合、コントローラは、オペレータが帯域幅を割り当てないものと想定して、すべての帯域幅の要求を許可します。


詳細は、使用している製品のバージョンに対応した『 Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide 』の、「Configuring Controller Settings」の章のセクション「Configuring Voice and Video Parameters」を参照してください。

> config 802.11a cac video roam-bandwidth 10
> config 802.11b cac video roam-bandwidth 0
 

 
関連コマンド

config {802.11a | 802.11b} {enable | disable} network、config {802.11a | 802.11b} cac video acm、config {802.11a | 802.11b} cac video max-bandwidth、config {802.11a | 802.11b} cac video tspec-inactivity-timeout、config wlan {enable | disable}、save config、show wlan、show wlan summary

config {802.11a | 802.11b} cac video tspec-inactivity-timeout

アクセス ポイントから受信した WMM Traffic Specifications(TSPEC)無活動タイムアウトを処理または無視するには、 config {802.11a | 802.11b} cac video tspec-inactivity-timeout コマンドを使用します。

config {802.11a | 802.11b} cac video tspec-inactivity-timeout {enable | ignore}

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a | 802.11b

シスコの 802.11a または 802.11b 無線。

cac

コール アドミッション制御のパラメータ。

voice

音声トラフィックのパラメータ。

tspec-inactivity-timeout

アクセス ポイントから受信した TSPEC 無活動タイムアウト メッセージに対する応答を指定します。

enable | ignore

TSPEC 無活動タイムアウト メッセージを処理または無視します。

 
デフォルト

無効になっています(ignore)。

 
使用上のガイドライン

詳細は、使用している製品のバージョンに対応した『 Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide 』の、「Configuring Controller Settings」の章のセクション「Configuring Voice and Video Parameters」を参照してください。

> config 802.11a tspec-inactivity-timeout enable
> config 802.11b tspec-inactivity-timeout ignore
 

 
関連コマンド

config {802.11a | 802.11b} {enable | disable} network、config {802.11a | 802.11b} cac video acm、config {802.11a | 802.11b} cac video max-bandwidth、config {802.11a | 802.11b} cac video roam-bandwidth、config wlan {enable | disable}、save config、show wlan、show wlan summary

config {802.11a | 802.11b} exp-bwreq

802.11a または 802.11b/g ネットワークに対する Expedited Bandwidth Request を有効または無効にするには、 config {802.11a | 802.11b} exp-bwreq コマンドを使用します。

config {802.11a | 802.11b} exp-bwreq {enable | disable}

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a | 802.11b

シスコの 802.11a または 802.11b 無線。

exp-bwreq

Expedited Bandwidth のパラメータ。

enable | disable

Expedited Bandwidth Request を有効または無効にします。

 
デフォルト

無効になっています。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

 
使用上のガイドライン

詳細は、使用している製品のバージョンに対応した『 Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide 』の、「Configuring Controller Settings」の章のセクション「Configuring Voice and Video Parameters」を参照してください。

> config 802.11a exp-bwreq enable
> config 802.11b exp-bwreq disable
 

 
関連コマンド

config {802.11a | 802.11b} {enable | disable} network、config {802.11a | 802.11b} cac voice acm、config {802.11a | 802.11b} cac voice load-based、config {802.11a | 802.11b} cac voice max-bandwidth、config {802.11a | 802.11b} cac voice roam-bandwidth、config {802.11a | 802.11b} cac voice stream-size、config {802.11a | 802.11b} cac voice tspec-inactivity-timeout、config {802.11a | 802.11b} tsm、config wlan {enable | disable}、save config、show wlan、show wlan summary

config {802.11a | 802.11b} l2roam

802.11a/b/g ネットワークの CCX レイヤ 2 クライアント ローミング パラメータを設定するには、 config {802.11a | 802.11b} l2roam コマンドを使用します。

config {802.11a | 802.11b} l2roam {default | rf-params min-rssi rssi_value roam-hyst hyst_value scan-thres thres_value trans-time time_value }

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a | 802.11b

シスコの 802.11a または 802.11b 無線。

l2roam

レイヤ 2 クライアント ローミング設定。

default

無線周波数の値をデフォルト パラメータに設定します。

rf-params

無線周波数パラメータ。

min-rssi rssi_value

クライアントがアクセス ポイントにアソシエートするために必要な最小の Received Signal Strength Indicator(RSSI; 受信信号強度インジケータ)。クライアントの受信信号の平均強度がこのしきい値より低い場合は、通常、通信の信頼性は保たれません。したがって、クライアントは、最小の RSSI 値に達する前に、より信号強度の高い別のアクセス ポイントを見つけてローミングする必要があります。範囲:-80 ~ -90dBm。デフォルト:-85 dBm。

roam-hyst hyst_value

Hysteresis 値は、クライアントがローミングするために必要な近隣のアクセス ポイントの信号強度を示します。このパラメータは、クライアントが 2 つのアクセス ポイント間の境界付近に物理的に存在している場合に、アクセス ポイント間のローミングの量を減らすことを意図しています。範囲:2 ~2 dB。デフォルト:2 dB。

scan-thres thres_value

Scan Threshold 値は許容されている最小 RSSI であり、この値を下回った場合、クライアントは、より適切なアクセス ポイントにローミングする必要があります。RSSI が指定した値を下回った場合、クライアントは、指定された遷移時間内に、より適切なアクセス ポイントにローミングできる必要があります。また、このパラメータでは、クライアントがアクティブまたはパッシブ スキャンで費やす時間を最小限に抑えるための節電方法も指定できます。たとえば、RSSI がしきい値よりも高いときにはクライアントがゆっくりとスキャンし、しきい値よりも低いときにはより速くスキャンするようにできます。範囲:-70 ~ -77dBm。デフォルト:-72 dBm。

trans-time time_value

Transition Time 値は、クライアントのアソシエートされたアクセス ポイントからの RSSI がスキャンのしきい値より低くなった場合に、クライアントがローミングに適した近隣のアクセス ポイントの検出にかけられる最大許容時間です。範囲:1 ~ 10 秒。デフォルト:5 秒


) 屋外メッシュ環境の高速クライアント ローミング アプリケーションの場合は、Transition Time パラメータを 1 秒に設定することをお勧めします。


 
デフォルト

「シンタックスの説明」セクションに記載されているパラメータのデフォルト値を参照してください。

> config 802.11a l2roam rf-params min-rssi -90 roam-hyst 2 scan-thres 74 trans-time 5
> config 802.11b l2roam rf-params default
 

 
関連コマンド

show {802.11a | 802.11b} l2roam、show client roam-history、debug l2roam

config {802.11a | 802.11b} tsm

802.11a または 802.11b/g ネットワークに対する Traffic Stream Metrics(TSM)を有効にするには、 config {802.11a | 802.11b} tsm コマンドを使用します。

config {802.11a | 802.11b} tsm {enable | disable}

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a | 802.11b

シスコの 802.11a または 802.11b 無線。

tsm

Traffic Stream Metrics のパラメータ。

enable | disable

Traffic Stream Metrics を有効または無効にします。

 
デフォルト

無効になっています。

 
使用上のガイドライン

詳細は、使用している製品のバージョンに対応した『 Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide 』の、「Configuring Controller Settings」の章のセクション「Configuring Voice and Video Parameters」を参照してください。

> config 802.11a tsm enable
> config 802.11b tsm disable
 

 
関連コマンド

config {802.11a | 802.11b} {enable | disable} network、config {802.11a | 802.11b} cac voice acm、config {802.11a | 802.11b} cac voice load-based、config {802.11a | 802.11b} cac voice max-bandwidth、config {802.11a | 802.11b} cac voice roam-bandwidth、config {802.11a | 802.11b} cac voice stream-size、config {802.11a | 802.11b} cac voice tspec-inactivity-timeout、config {802.11a | 802.11b} exp-bwreq、config wlan {enable | disable}、save config、show wlan、show wlan summary

Configure 802.11a コマンド

config 802.11a コマンドを使用すると、802.11a ネットワークの設定を行えます。


) 追加または修正された config 802.11a コマンドのうち、他のタイプの 802.11 ネットワークの config コマンドと同じものは、「Configure 802.11x コマンド」セクションに示してあります。


config 802.11a antenna extAntGain

802.11a 外部アンテナ ゲインを設定するには、 config 802.11a antenna extAntGain コマンドを使用します。

config 802.11a antenna extAntGain コマンドを使用するには、あらかじめ config 802.11a disable コマンドを使用してシスコの 802.11a 対応無線を無効にしておきます。そして、外部アンテナ ゲインを設定した後に、 config 802.11a enable コマンドを使用して、シスコの 802.11a 対応無線を有効にします。

config 802.11a antenna extAntGain antenna_gain Cisco_AP

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a antenna

シスコの 802.11a 対応無線用アンテナ。

extAntGain

外部アンテナ ゲインを設定します。

antenna_gain

0.5dBm 単位でアンテナ ゲインを入力します(例:2.5dBm = 5)。

Cisco_AP

Cisco Lightweight アクセス ポイント名。

 
デフォルト

なし。

To configure the 802.11a external antenna gain for AP1:

 
> config 802.11a antenna extAntGain 1 AP1
 

 
関連コマンド

config 802.11a disable、config 802.11a enable、config 802.11a diversity、config 802.11a antenna mode、config 802.11a selection

config 802.11a antenna extAntGain

802.11a 外部アンテナ ゲインを設定するには、 config 802.11a antenna extAntGain コマンドを使用します。

config 802.11a antenna コマンドを使用する前に、 config 802.11a disable コマンドを使用してシスコの 802.11a 対応無線を無効にします。外部アンテナ ゲインを設定した後に、 config 802.11a enable コマンドを使用してシスコの 802.11a 対応無線を有効にします。

config 802.11a antenna extAntGain antenna_gain Cisco_AP

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a antenna

シスコの 802.11a 対応無線用アンテナ。

extAntGain

外部アンテナ ゲインを設定します。

antenna_gain

0.5 dBm 単位でアンテナ ゲインを入力します。

Cisco_AP

Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント名。

 
デフォルト

なし。

AP02 で 802.11a 外部アンテナを使用するように設定する場合:

 
> config 802.11a antenna extAntGain 1 AP02

 
関連コマンド

config 802.11a disable config 802.11a enable config 802.11a diversity config 802.11a antenna mode config 802.11a selection

config 802.11a antenna diversity

802.11a アンテナのダイバーシティ オプションを設定するには、 config 802.11a antenna diversity コマンドを使用します。

config 802.11a antenna diversity { enable | sideA | sideB } Cisco_AP

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a antenna diversity

802.11a のダイバーシティ アンテナ。

enable

2 つの内部アンテナ間。

sideA

内部アンテナと Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントの右ポートに接続されている外部アンテナとの間。

sideB

内部アンテナと Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントの左ポートに接続されている外部アンテナとの間。

Cisco_AP

Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント名。

 
デフォルト

なし。

AP01 のダイバーシティを有効にする場合:

> config 802.11a antenna diversity enable AP01
 

Cisco Lightweight アクセス ポイントの左ポート(sideA)に接続されている外部アンテナを使用して AP01 のダイバーシティを有効にする場合。

> config 802.11a antenna diversity sideA AP01

 
関連コマンド

show ap config 802.11a config 802.11a disable config 802.11a enable config 802.11a extAntGain config 802.11a antenna mode config 802.11a selection

config 802.11a antenna mode

802.11a の 180 度セクター化カバレッジ パターンに 1 つの内部アンテナを使用するか、802.11a の 360 度全方向性カバレッジ パターンに両方の内部アンテナを使用する Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントを設定するには、 config 802.11a antenna mode コマンドを使用します。

config 802.11a antenna mode { omni | sectorA | sectorB } Cisco_AP

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a antenna mode

シスコの 802.11a 対応無線用アンテナ。

omni

両方の内部アンテナを使用します。

sectorA

Side A 内部アンテナのみを使用します。

sectorB

Side B 内部アンテナのみを使用します。

Cisco_AP

Cisco 1000 シリーズ IEEE 802.11a/b/g Lightweight アクセス ポイント名。

 
デフォルト

なし。

> config 802.11a antenna mode omni AP01

 
関連コマンド

show ap config 802.11a config 802.11a disable config 802.11a enable config 802.11a diversity config 802.11a antenna extAntGain config 802.11a selection

config 802.11a antenna selection

802.11a のアンテナ選択(内部または外部)を設定するには、 config 802.11a antenna selection コマンドを使用します。

config 802.11a antenna selection { internal | external } Cisco_AP

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a antenna selection

802.11a のアンテナ選択(内部または外部)。

internal

内部アンテナを選択します。

external

外部アンテナを選択します。

Cisco_AP

Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント名。

 
デフォルト

なし。

> config 802.11a antenna selection internal AP02

 
関連コマンド

show ap config 802.11a config 802.11a disable config 802.11a enable config 802.11a extAntGain config 802.11a diversity config 802.11a antenna mode

config 802.11a beaconperiod

Cisco Wireless LAN ソリューションの 802.11a ネットワークでは、すべての Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント(無線 LAN)が定期的にビーコンをブロードキャストします。このビーコンでクライアントに 802.11a サービスが使用可能なことを通知し、クライアントは Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントと同期できます。802.11a ネットワーク全体の 802.11a ビーコン期間を変更するには、 config 802.11a beaconperiod コマンドを使用します。

config 802.11a beaconperiod コマンドを使用してビーコン期間を変更する前に、config 802.11a disable コマンドを使用して 802.11a ネットワークを無効にしてください。ビーコン期間の変更を実行する際は、config 802.11a enable コマンドを使用して 802.11a ネットワークを有効にするのを忘れないでください。

config 802.11a beaconperiod time_units

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a

802.11a ネットワーク パラメータ。

beaconperiod

20 ~ 1000 ミリ秒ごとにビーコンを送信します。

time_units

時間単位(TU)でのビーコン間隔。1 TU は 1024 マイクロ秒です。

 
デフォルト

なし。

ビーコン期間が 120 時間単位の 802.11a ネットワークを設定する場合:

> config 802.11a beaconperiod 120

 
関連コマンド

show 802.11a config 802.11b beaconperiod config 802.11a disable config 802.11a enable

config 802.11a cac voice stream-size

802.11a 無線で特定データレートで特定数の集約音声 TSPEC ストリームを受け付けるようにコントローラを設定するには、config 802.11a cac voice stream-size コマンドを使用します。

config 802.11a cac voice stream-size number max-streams mean_datarate

 
シンタックスの説明

stream-size

コントローラがサポートする音声ストリーム数を設定します。

number

音声ストリームの数(1 ~ 5)を指定します。

max-streams

音声ストリームの平均データレートを設定します。

mean_datarate

音声ストリームの平均データレート(84 ~ 91.2 Kbps)を指定します。

 
デフォルト

デフォルトのストリーム数は 2 で、ストリームの平均データレートは 84 Kbps です。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> config 802.11a cac voice stream-size 5 max-stream size 85
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ---- TBD

TBD

config 802.11a channel

802.11a ネットワークまたは単一アクセス ポイントに対して自動または手動チャネル選択を設定するには、 config 802.11a channel コマンドを使用します。

config 802.11a channel { global [ auto | once | off ]} |
{AP ap_name [ global | channel ] }

単一 Lightweight アクセス ポイントで 802.11a チャネルを設定する場合、config 802.11a disable コマンドを使用して 802.11a ネットワークを無効にします。次に、config 802.11a channel コマンドを使用して、Radio Resource Management(RRM)による自動チャネル選択を設定するか、手動で 802.11a 無線のチャネルを設定します。次に、config 802.11a enable コマンドを使用して 802.11a ネットワークを有効にします。


) アクセス ポイントでサポートされているチャネルについては、ドキュメント『Channels and Maximum Power Settings for Cisco Aironet Lightweight Access Points』を参照してください。電力レベルおよび使用可能なチャネルは国番号設定によって定義されており、国別に規制されています。


 
シンタックスの説明

global

すべての Lightweight アクセス ポイントで 802.11a 通信チャネルを設定します。

auto

802.11a 無線のチャネルが Radio Resource Management(RRM)によって自動的に設定されるように指定します。

once

チャネルが RRM によって一度だけ自動的に設定されるように指定します。

off

RRM による自動チャネル選択が無効化されるように指定します。

ap

特定の Lightweight アクセス ポイントで 802.11a 通信チャネルを設定します。

ap_name

アクセス ポイント名を指定します。

global

802.11a 通信チャネルが RRM によって自動的に設定され、既存の設定を上書きするように指定します。

channel

アクセス ポイントで使用される手動チャネル番号を指定します。サポートされるチャネルは、使用されるアクセス ポイントおよび規制区域によって異なります。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

アベイラビリティおよび干渉に基づいて、すべての 802.11a チャネルが RRM によって自動的に設定されるようにするには、次のコマンドを使用します。

> config 802.11a channel global auto
 

アベイラビリティおよび干渉に基づいて、すべての 802.11a チャネルが一度だけ RRM によって自動的に再設定されるようにするには、次のコマンドを使用します。

> config 802.11a channel global once
 

802.11a 自動チャネル設定をオフにするには、次のコマンドを使用します。

> config 802.11a channel global off
 

アクセス ポイント(AP01)のすべての 802.11a チャネルに対して自動チャネル設定を設定するには、次のコマンドを使用します。

> config 802.11a channel AP01 global
 
 

802.11a チャネル 36 をアクセス ポイント AP0 のデフォルト チャネルとして設定するには、次のコマンドを入力します。

> config 802.11a channel AP01 36

 
関連コマンド

show 802.11a、config 802.11a disable、config 802.11a enable、config 802.11b channel、config country

config 802.11a channel ap

アクセス ポイントのチャネルを設定するには、 config 802.11a channel ap コマンドを使用します。

config 802.11a channel ap Cisco_AP

 
シンタックスの説明

config 802.11b channel

すべてのアクセス ポイントまたは特定のアクセス ポイントで 802.11b 無線チャネルを設定します。

ap

特定の Lightweight アクセス ポイントで 802.11a 通信チャネルを設定します。

Cisco_AP

シスコのアクセス ポイント名を指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

> config 802.11a channel ap ap01
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show 802.11a

すべての 802.11a チャネルの設定を表示します。

config 802.11a disable

特定のアクセス ポイントまたは特定のネットワークの 802.11a 無線を無効にします。

config 802.11a enable

特定のアクセス ポイントまたは特定のネットワークの 802.11a 無線を有効にします。

config 802.11b channel

すべてのアクセス ポイントまたは特定のアクセス ポイントで 802.11b 無線チャネルを設定します。

config country

コントローラの操作国番号を設定します。

config 802.11a chan_width

チャネルの帯域幅を 20 MHz から 40 MHz に変換するには、 config 802.11a chan_width コマンドを使用します。

config 802.11a chan_width Cisco_AP {20 | 40_ABOVE | 40_BELOW}


) このコマンドは、5 GHz 帯域にのみ適用されます。



) デフォルトでは、802.11n アクセス ポイントは 20 MHz で動作するように設定されています。これらのポイントが 40 MHz で動作するように設定されている場合、RRM は無効化されます。


 
シンタックスの説明

config 802.11a chan_width

802.11a 無線チャネルの帯域幅を設定します。

20

デフォルトの 20 MHz 帯域幅を指定します。

40_ABOVE

上位 20 MHz 帯域にセカンダリ/拡張チャネルを持つ 40 MHz 帯域幅を指定します。

40_BELOW

下位 20 MHz 帯域にセカンダリ/拡張チャネルを持つ 40 MHz 帯域幅を指定します。

Cisco_AP

シスコのアクセス ポイント名を指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

> config 802.11a channel ap ap01
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show 802.11a

すべての 802.11a チャネルの設定を表示します。

config 802.11a disable

特定のアクセス ポイントまたは特定のネットワークの 802.11a 無線を無効にします。

config 802.11a enable

特定のアクセス ポイントまたは特定のネットワークの 802.11a 無線を有効にします。

config 802.11b channel

すべてのアクセス ポイントまたは特定のアクセス ポイントで 802.11b 無線チャネルを設定します。

config country

コントローラの操作国番号を設定します。

config {802.11a | 802.11b} disable

ネットワーク全体または個々のシスコの無線に対して 802.11a 伝送を無効にするには、 config {802.11a | 802.11b} disable コマンドを使用します。

config {802.11a | 802.11b} disable {network | Cisco_AP }

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a | 802.11b

シスコの 802.11a または 802.11b/g 無線。

disable

802.11a 伝送を無効にします。

network

802.11a ネットワーク全体で伝送を無効にします。

Cisco_AP

個々の Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントのシスコ無線で伝送を無効にします。

 
デフォルト

デフォルトでは、ネットワーク全体で伝送が有効化されています。

 
使用上のガイドライン

さまざまな config 802.11a/b コマンドを使用する前に、このコマンドを使用してネットワークを無効にする必要があります。

802.11a ネットワーク全体を無効にする場合:

> config 802.11a disable network
 

AP01 の 802.11b 伝送を無効にする場合:

> config 802.11b disable AP01

 
関連コマンド

show sysinfo show 802.11a config 802.11a enable config 802.11b disable config 802.11b enable config 802.11a beaconperiod

config 802.11a dtim

802.11 ネットワークでは、Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント(無線 LAN)は定期的にビーコンをブロードキャストし、その間隔は Delivery Traffic Indication Map(DTIM)と一致します。DTIM の後、Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントにブロードキャストまたはマルチキャスト用にバッファされたフレームがあれば、そのバッファ フレームを転送します。このプロトコルでは、省電力クライアントにブロードキャストまたはマルチキャスト データが予想される場合、しかるべきときに省電力クライアントを再起動できます。

一般に、DTIM 値は 1(ビーコンごとにブロードキャストまたはマルチキャストを転送)または 2(その他のビーコンごとに転送)に設定されます。たとえば、ビーコン期間が 100 ミリ秒で DTIM 値が 1 に設定されている場合、Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントはバッファされたブロードキャストおよびマルチキャスト フレームを 1 秒間に 10 回転送し、ビーコン期間が 100 ミリ秒で DTIM 値が 2 に設定されている場合、Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントはバッファされたブロードキャストおよびマルチキャスト フレームを 1 秒間に 5 回転送します。これらの設定はいずれも、VoIP などブロードキャストおよびマルチキャスト フレームが頻繁に予想されるアプリケーションに適しています。

ただし、すべての 802.11a クライアントで省電力が有効化されている場合、DTIM 値を 255(255 回めのビーコンごとにブロードキャストおよびマルチキャストを転送)に設定できます。クライアントは DTIM 時間に到達したときにのみリッスンすればよいため、ブロードキャストおよびマルチキャストをリッスンする頻度が減り、バッテリ寿命が長くなります。たとえば、ビーコン期間が 100 ミリ秒で DTIM 値が 100 に設定されている場合、Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントはバッファされたブロードキャストおよびマルチキャスト フレームを 10 秒ごとに 1 回転送するため、省電力クライアントは再起動してブロードキャストおよびマルチキャストをリッスンする間隔の間、より長い時間スリープできるようになり、結果としてバッテリ寿命が長くなります。

多くのアプリケーションはブロードキャストおよびマルチキャスト メッセージの間の長い時間を許容できないため、プロトコルおよびアプリケーションのパフォーマンスは低くなります。このようなクライアントをサポートする 802.11a ネットワークでは DTIM 値が低くなります。

802.11a ネットワーク全体の DTIM 値を変更するには、 config 802.11a dtim コマンドを使用します。

config 802.11a dtim period

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a

802.11a ネットワーク パラメータ。

dtim

Delivery Traffic Indication Map(DTIM)。

period

ビーコン期間の DTIM 値。

 
デフォルト

1(ビーコン期間ごとに)

その他の DTIM またはビーコン期間ごとにブロードキャストおよびマルチキャスト メッセージを転送するように、802.11a ネットワークを設定する場合:

> config 802.11a dtim 2

 
関連コマンド

show 802.11a config 802.11a beaconperiod config 802.11b dtim config 802.11a disable config 802.11a enable

config 802.11a dtpc

802.11a の DTPC 設定を行うには、 config 802.11a dtpc コマンドを使用します。

config 802.11a dtpc { enable | disable }

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a

802.11a ネットワーク パラメータ。

dtpc

Dynamic Transmit Power Control。

{ enable | disable }

enable を入力して、DTPC 設定を有効にします。

disable を入力して、DTPC 設定を無効にします。

 
デフォルト

デフォルトでは有効になっています。

> config 802.11a dtpc disable

 
関連コマンド

show 802.11a config 802.11a beaconperiod config 802.11a dtim config 802.11a disable config 802.11a enable

config 802.11a enable

config 802.11a enable コマンドを使用して、ネットワーク全体または個々の Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントで 802.11a 伝送を有効にします。他の 802.11a パラメータを設定してから、このコマンドを使用してネットワークを有効にします。

このコマンドによって有効化されるのは、Cisco Wireless LAN ソリューションの 802.11a ネットワークのみです。個々の無線 LAN で 802.11a、802.11b および 802.11g ネットワークを無効にするには、 config wlan radio コマンドを使用します。

このコマンドは、CLI インターフェイスがアクティブなときはいつでも使用できます。

config 802.11a enable network

config 802.11a enable Cisco_AP

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a

802.11a ネットワーク パラメータ。

enable

802.11a を有効/無効にします。

network

ネットワーク全体の場合。

Cisco_AP

個々の Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントのシスコ無線のネットワーク設定を上書きします。

 
デフォルト

enable network

802.11a ネットワーク全体を有効にする場合:

> config 802.11a enable network
 

AP1 で 802.11a 伝送を有効にする場合:

> config 802.11a enable AP1

 
関連コマンド

show sysinfo show 802.11a config wlan radio config 802.11a disable config 802.11b disable config 802.11b enable config 802.11b 11gSupport enable config 802.11b 11gSupport disable

config 802.11a fragmentation

802.11a フラグメンテーションのしきい値を設定するには、 config 802.11a fragmentation コマンドを使用します。

このコマンドは、ネットワークが稼動中でないときにのみ使用できます。

config 802.11a fragmentation threshold

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a

802.11a ネットワーク パラメータ。

fragmentation

フラグメンテーションのしきい値。

threshold

フラグメンテーションのしきい値。

 
デフォルト

なし。

> config 802.11a fragmentation 6500

 
関連コマンド

config 802.11b fragmentation show 802.11b show ap auto-rtf

config 802.11a pico-cell

802.11a ピコ セル拡張を有効または無効にするには、 config 802.11a pico-cell コマンドを使用します。

このコマンドは、ネットワークが稼動中でないときにのみ使用できます。

config 802.11a pico-cell { enable | disable }

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a

802.11a ネットワーク パラメータ。

pico-cell

ピコ セル拡張。

{ enable | disable }

有効または無効。

 
デフォルト

なし。

> config 802.11a pico-cell enable

 
関連コマンド

config 802.11b pico-cell config 802.11a show 802.11a

config 802.11a rate

802.11a 必須動作レートおよびサポート対象動作レートを設定するには、 config 802.11a rate コマンドを使用します。

 

ここで設定したデータ レートは、クライアントと Cisco Wireless LAN controller との間でネゴシエートされます。データ レートが Mandatory に設定されている場合、クライアントはネットワークを使用するためにこのデータ レートをサポートする必要があります。Cisco Wireless LAN controller でデータ レートが Supported に設定されている場合、アソシエートされているその他のクライアントのうちこのレートをサポートするクライアントも、このレートを使用して Cisco 1000 シリーズ IEEE 802.11a/b/g Lightweight アクセス ポイントと通信できます。アソシエートするために、クライアントが Supported とマークされているすべてのレートを使用できる必要はありません。

config 802.11a rate { disabled | mandatory | supported } rate

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11a

802.11a ネットワーク パラメータ。

rate

データ レートを設定します。

{ disabled | mandatory | supported }

disabled を入力してレートを無効にします。

mandatory を入力してレートを必須に設定します。

supported を入力してレートをサポート対象に設定します。

rate

6、9、12、18、24、36、48、または 54 Mbps。

 
デフォルト

なし。

802.11a 伝送を 12 Mbps の必須レートで設定する場合:

> config 802.11a rate mandatory 12

 
関連コマンド

show ap config 802.11a config 802.11b rate

config 802.11a txPower

すべてのアクセス ポイントまたは単一アクセス ポイントで、802.11a 伝送パワー レベルの自動または手動設定を設定するには、 config 802.11a txPower コマンドを使用します。

config 802.11a txPower { global [ auto | once | power_level ] } |
{ ap ap_name [ global | power_level ] }


) アクセス ポイントの最大伝送パワー限度については、ドキュメント『Channels and Maximum Power Settings for Cisco Aironet Lightweight Access Points』を参照してください。電力レベルおよび使用可能なチャネルは国番号設定によって定義されており、国別に規制されています。


 
シンタックスの説明

global

すべての Lightweight アクセス ポイントで 802.11a 伝送パワー レベルを設定します。

auto

シスコの 802.11a 対応無線の伝送パワーが Radio Resource Management(RRM)によって自動的に設定されるように指定します。

once

電力レベルが RRM によって一度だけ自動設定されるように指定します。

power_level

伝送パワー レベルの数値を指定します。サポートされる伝送パワーは、使用されるアクセス ポイントおよび規制区域によって異なります。たとえば、1240 シリーズ アクセス ポイントは 8 レベル、1200 シリーズ アクセス ポイントは 6 レベルをサポートしています。

ap

特定の Lightweight アクセス ポイントで 802.11a 伝送パワー レベルを設定します。

ap_name

アクセス ポイント名を指定します。

global

802.11a 伝送パワー レベルが RRM によって自動的に設定され、既存の設定を上書きするように指定します。

power_level

アクセス ポイントで使用される手動伝送パワー レベルの数値を指定します。サポートされる伝送パワーは、使用されるアクセス ポイントおよび規制区域によって異なります。たとえば、1240 シリーズ アクセス ポイントは 8 レベル、1200 シリーズ アクセス ポイントは 6 レベルをサポートしています。

 

 
デフォルト

コマンドのデフォルト(global、auto)は RRM による自動設定用です。

すべての Lightweight アクセス ポイントで 802.11a 無線の伝送パワー レベルが RRM によって自動的に設定されるようにするには、次のコマンドを使用します。

> config 802.11a txPower global auto
 

すべての Lightweight アクセス ポイントで 802.11a 無線の伝送パワーを手動でレベル 5 に設定するには、次のコマンドを使用します。

> config 802.11a txPower global 5
 

アクセス ポイント AP1 で 802.11a 無線の伝送パワー レベルが RRM によって自動的に設定されるようにするには、次のコマンドを使用します。

> config 802.11a txPower AP1 global
 

アクセス ポイント AP1 で 802.11a 無線の伝送パワーを手動でレベル 2 に設定するには、次のコマンドを使用します。

> config 802.11a txPower AP1 2

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ap config 802.11a

802.11a 設定を表示します。

config 802.11b txPower

すべての Lightweight アクセス ポイントまたは単一アクセス ポイントで 802.11b 無線の伝送パワーを設定します。

config country

コントローラの操作国番号を設定します。

config 802.11a txpower ap

アクセス ポイントの伝送パワー レベルを設定するには、 config 802.11a txpower ap コマンドを使用します。

 

config 802.11a txpower ap Cisco_AP power_level

 
シンタックスの説明

config 802.11a txPower ap

すべての Lightweight アクセス ポイントまたは単一アクセス ポイントで 802.11a 無線の伝送パワーを設定します。

power_level

伝送パワー レベルの数値を指定します。サポートされる伝送パワーは、使用されるアクセス ポイントおよび規制区域によって異なります。たとえば、1240 シリーズ アクセス ポイントは 8 レベル、1200 シリーズ アクセス ポイントは 6 レベルをサポートしています。

 
デフォルト

なし。

802.11a 伝送を 12 Mbps の必須レートで設定する場合:

> config 802.11a txpower ap ap02 4

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ap config 802.11a

802.11a 設定を表示します。

config 802.11b txPower

すべての Lightweight アクセス ポイントまたは単一アクセス ポイントで 802.11b 無線の伝送パワーを設定します。

config country

コントローラの操作国番号を設定します。

Configure 802.11b コマンド

config 802.11b コマンドを使用すると、802.11b ネットワークの設定を行えます。


) 追加または修正された config 802.11b コマンドのうち、他のタイプの 802.11 ネットワークの config コマンドと同じものは、「Configure 802.11x コマンド」セクションに示してあります。


config 802.11b 11gSupport

config 802.11b enable コマンドを使用して Cisco Wireless LAN ソリューションの 802.11b ネットワークを有効にした後、config 802.11b 11gSupport コマンドを使用して Cisco Wireless LAN ソリューションの 802.11g ネットワークを有効または無効にします。他の 802.11b パラメータを設定してから、このコマンドを使用してネットワークを有効にします。

このコマンドは、config 802.11b enable コマンドを使用して Cisco Wireless LAN ソリューションの 802.11b ネットワークを有効にした後にのみ、Cisco Wireless LAN ソリューションの 802.11g ネットワークを有効にします。個々の無線 LAN で 802.11a、802.11b および 802.11g ネットワークを無効にするには、 config wlan radio コマンドを使用します。

このコマンドは、CLI インターフェイスがアクティブなときはいつでも使用できます。

config 802.11b 11gSupport { enable | disable }

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11b

802.11b ネットワーク パラメータ。

11gSupport

802.11g ネットワークのサポート。

{ enable | disable }

802.11g を有効または無効にします。

 
デフォルト

有効になっています。

> config 802.11b 11gSupport enable
 
Changing the 11gSupport will cause all the APs to reboot when you enable 802.11b network.
Are you sure you want to continue? (y/n) n
 
11gSupport not changed!

 
関連コマンド

show sysinfo show 802.11b config 802.11b enable config wlan radio config 802.11b disable config 802.11a disable config 802.11a enable

config 802.11b antenna diversity

802.11b アンテナのダイバーシティ オプションを設定するには、 config 802.11b antenna diversity コマンドを使用します。

config 802.11b antenna diversity { enable | sideA | sideB } Cisco_AP

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11b アンテナ ネットワーク。

802.11b/g ダイバーシティ アンテナ。

enable

2 つの内部アンテナ間。

sideA

内部アンテナと Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントの左ポートに接続されている外部アンテナとの間。

sideB

内部アンテナと Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントの右ポートに接続されている外部アンテナとの間。

Cisco_AP

Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント名。

 
デフォルト

なし。

AP01 のダイバーシティを有効にする場合:

> config 802.11b antenna diversity enable AP01
 

Cisco Lightweight アクセス ポイントの左ポート(sideA)に接続されている外部アンテナを使用して AP01 のダイバーシティを有効にする場合:

> config 802.11b antenna diversity sideA AP01

 
関連コマンド

show ap config 802.11b config 802.11b disable config 802.11b enable config 802.11b extAntGain config 802.11b selection .

config 802.11b antenna extAntGain

802.11b/g 外部アンテナ ゲインを設定するには、 config 802.11b antenna extAntGain コマンドを使用します。

config 802.11b antenna extAntGain コマンドを使用する前に、 config 802.11b disable コマンドを使用してシスコの 802.11b/g 対応無線を無効にします。外部アンテナ ゲインを設定した後、 config 802.11b enable コマンドを使用してシスコの 802.11b/g 対応無線を有効にします。

config 802.11b antenna extAntGain antenna_gain Cisco_AP

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11b antenna

シスコの 802.11b/g 対応無線用アンテナ。

extAntGain

外部アンテナ ゲインを設定します。

antenna_gain

0.5dBm 単位でアンテナ ゲインを入力します(例:2.5dBm = 5)。

Cisco_AP

Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント名。

 
デフォルト

なし。

AP1 で 802.11b/g 外部アンテナ ゲインを設定する場合:

 
> config 802.11b antenna extAntGain 1 AP1

 
関連コマンド

config 802.11b disable config 802.11b enable config 802.11b diversity config 802.11b selection .

config 802.11b antenna selection

802.11b/g のアンテナ選択(内部または外部)を設定するには、 config 802.11b antenna selection コマンドを使用します。

config 802.11b antenna selection { internal | external } Cisco_AP

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11b antenna selection

802.11b のアンテナ選択(内部または外部)。

internal

内部アンテナを選択します。

external

外部アンテナを選択します。

Cisco_AP

Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント名。

 
デフォルト

なし。

> config 802.11b antenna selection internal AP02

 
関連コマンド

show ap config 802.11b config 802.11b disable config 802.11b enable config 802.11b extAntGain config 802.11b diversity .

config 802.11b beaconperiod

Cisco Wireless LAN ソリューションの 802.11b/g ネットワークでは、すべての Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント(無線 LAN)が定期的にビーコンをブロードキャストします。このビーコンでクライアントに 802.11b/g サービスが使用可能なことを通知し、クライアントは Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントと同期できます。802.11b/g ネットワーク全体の 802.11b/g ビーコン期間を変更するには、 config 802.11b beaconperiod コマンドを使用します。

config 802.11b beaconperiod コマンドを使用してビーコン期間を変更する前に、config 802.11b disable コマンドを使用して 802.11b/g ネットワークを無効にしてください。ビーコン期間の変更を実行する際は、config 802.11b enable コマンドを使用して 802.11b/g ネットワークを有効にするのを忘れないでください。

config 802.11b beaconperiod time_units

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11b

802.11b/g ネットワーク パラメータ。

beaconperiod

20 ~ 1000 ミリ秒ごとにビーコンを送信します。

time_units

時間単位(TU)でのビーコン間隔(20 ~ 1000)。1 TU は 1024 マイクロ秒です。

 
デフォルト

100

ビーコン期間が 180 時間単位の 802.11b/g ネットワークを設定する場合:

> config 802.11b beaconperiod 180

 
関連コマンド

show 802.11a config 802.11a beaconperiod config 802.11b disable config 802.11b enable

config 802.11b cac voice stream-size

802.11b 無線で特定データレートで特定数の集約音声 TSPEC ストリームを受け付けるようにコントローラを設定するには、config 802.11b cac voice stream-size コマンドを使用します。

config 802.11b cac voice stream-size number max-streams mean_datarate

 
シンタックスの説明

stream-size

コントローラがサポートする音声ストリーム数を設定します。

number

音声ストリームの数(1 ~ 5)を指定します。

max-streams

音声ストリームの平均データレートを設定します。

mean_datarate

音声ストリームの平均データレート(84 ~ 91.2 Kbps)を指定します。

 
デフォルト

デフォルトのストリーム数は 2 で、ストリームの平均データレートは 84 Kbps です。

 
コマンド履歴

リリース
変更

4.1

このコマンドが初めて導入されました。

> config 802.11b cac voice stream-size 5 max-stream size 85
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ---- TBD

TBD

config 802.11b channel

802.11b ネットワークまたは単一アクセス ポイントで自動または手動チャネル選択を設定するには、 config 802.11b channel コマンドを使用します。

config 802.11b channel { global [ auto | once | off ]} |
{AP ap_name [ global | channel ] }

単一 Lightweight アクセス ポイントで 802.11b チャネルを設定する場合、config 802.11b disable コマンドを使用して 802.11b ネットワークを無効にします。次に、config 802.11b channel コマンドを使用して、Radio Resource Management(RRM)による自動チャネル選択を設定するか、手動で 802.11b 無線のチャネルを設定します。次に、config 802.11b enable コマンドを使用して 802.11b ネットワークを有効にします。


) アクセス ポイントでサポートされているチャネルについては、ドキュメント『Channels and Maximum Power Settings for Cisco Aironet Lightweight Access Points』を参照してください。電力レベルおよび使用可能なチャネルは国番号設定によって定義されており、国別に規制されています。


 
シンタックスの説明

global

すべての Lightweight アクセス ポイントで 802.11b 通信チャネルを設定します。

auto

802.11b 無線のチャネルが Radio Resource Management(RRM)によって自動的に設定されるように指定します。

once

チャネルが RRM によって一度だけ自動的に設定されるように指定します。

off

RRM による自動チャネル選択が無効化されるように指定します。

ap

特定の Lightweight アクセス ポイントで 802.11b 通信チャネルを設定します。

ap_name

アクセス ポイント名を指定します。

global

802.11b 通信チャネルが RRM によって自動的に設定され、既存の設定を上書きするように指定します。

channel

アクセス ポイントで使用される手動チャネル番号を指定します。サポートされるチャネルは、使用されるアクセス ポイントおよび規制区域によって異なります。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルトはありません。

アベイラビリティおよび干渉に基づいて、すべての 802.11b チャネルが RRM によって自動的に設定されるようにするには、次のコマンドを使用します。

> config 802.11b channel global auto
 

アベイラビリティおよび干渉に基づいて、すべての 802.11b チャネルが一度だけ RRM によって自動的に再設定されるようにするには、次のコマンドを使用します。

> config 802.11b channel global once
 

802.11b 自動チャネル設定をオフにするには、次のコマンドを使用します。

> config 802.11b channel global off
 

アクセス ポイント AP01 のすべての 802.11b チャネルで自動チャネル設定を設定するには、次のコマンドを使用します。

> config 802.11b channel AP01 global
 
 

802.11b チャネル 11 をアクセス ポイント AP01 のデフォルト チャネルとして設定するには、次のコマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show 802.11b

すべての 802.11b チャネルの設定を表示します。

config 802.11b disable

特定のアクセス ポイントまたは特定のネットワークの 802.11b 無線を無効にします。

config 802.11b enable

特定のアクセス ポイントまたは特定のネットワークの 802.11b 無線を有効にします。

config 802.11a channel

すべてのアクセス ポイントまたは特定のアクセス ポイントで 802.11a 無線チャネルを設定します。

config country

コントローラの操作国番号を設定します。

config 802.11b disable

config 802.11b disable コマンドを使用して、ネットワーク全体または個々のシスコの無線で 802.11b/g 伝送を有効または無効にします。

他の 802.11b コマンドを使用する前に、このコマンドを使用してネットワークを無効にします。

このコマンドは、CLI インターフェイスがアクティブなときはいつでも使用できます。

config 802.11b disable { network | Cisco_AP }

 
シンタックスの説明

config

パラメータを設定します。

802.11b

802.11b/g ネットワーク パラメータ。

disable

802.11b/g を無効にします。

network

ネットワーク全体。

Cisco_AP

個々の Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントのシスコ無線のネットワーク設定を上書きします。

 
デフォルト

有効になっています。

802.11b/g ネットワーク全体を無効にする場合:

> config 802.11b disable network
 

AP01 で 802.11b/g 伝送を無効にする場合:

> config 802.11b disable AP01

 
関連コマンド

show sysinfo show 802.11b config 802.11a disable config 802.11a enable config 802.11b enable config 802.11b beaconperiod

config 802.11b dtim

802.11 ネットワークでは、Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント(無線 LAN)は定期的にビーコンをブロードキャストし、その間隔は DTIM と一致します。DTIM の後、Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントにブロードキャストまたはマルチキャスト用にバッファされたフレームがあれば、そのバッファ フレームを転送します。このプロトコルでは、省電力クライアントにブロードキャストまたはマルチキャスト データが予想される場合、しかるべきときに省電力クライアントを再起動できます。

一般に、DTIM 値は 1(ビーコンごとにブロードキャストまたはマルチキャストを転送)または 2(その他のビーコンごとに転送)に設定されます。たとえば、802.11b/g のビーコン間隔が 100 ミリ秒で DTIM 値が 1 に設定されている場合、Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントはバッファされたブロードキャストおよびマルチキャスト フレームを 1 秒間に 10 回転送し、ビーコン間隔が 100 ミリ秒で DTIM 値が 2 に設定されている場合、Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントはバッファされたブロードキャストおよびマルチキャスト フレームを 1 秒間に 5 回転送します。これらの設定はいずれも、VoIP などブロードキャストおよびマルチキャス