Cisco Wireless LAN Controller コンフィギュレーション ガイド Software Release 5.0
索引
Index
発行日;2012/01/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

Index

Numerics

11n Mode パラメータ  4-19

3DES、IPSec データ暗号化、説明  5-10

7920 AP CAC パラメータ  6-33

7920 Client CAC パラメータ  6-33

7920 サポート モード

設定  6-31

説明  6-31

7921 サポート モード、説明  6-32

802.11 帯域

CLI を使用した設定  4-16‐4-18

GUI を使用した設定  4-15‐4-16

802.11a > Pico Cell ページ  10-42

802.11a > RRM > DCA ページ  10-13, 10-14, 10-17, 10-18

802.11a > RRM > Dynamic Channel Assignment (DCA) ページ  10-14

802.11a (または 802.11b) > Voice Parameters ページ  4-61

802.11a(または 802.11b/g)Global Parameters ページ  4-15, 10-37

802.11a/n(または 802.11b/g)Cisco APs > Configure ページ  6-40, 10-28

802.11a/n(または 802.11b/g/n)Radios ページ  4-67, 10-27

802.11a(または 802.11 b/g)Network Status パラメータ  10-44

802.11a(または 802.11b/g)> EDCA Parameters ページ  4-74

802.11a(または 802.11b/g)Global Parameters > Auto RF ページ  10-10

802.11a(または 802.11b/g)Network Status パラメータ  4-15, 4-62, 4-63, 4-64, 4-74, 4-75

802.11a(または 802.11b)> Client Roaming ページ  4-48

802.11a(または 802.11b)> Video Parameters ページ  4-63

802.11b/g/n Cisco APs > Configure ページ  7-43, D-37

802.11g Support パラメータ  4-15

802.11n

CLI を使用した設定  4-21‐4-25

GUI を使用した設定  4-19‐4-21

クライアント  7-54

デバイス  4-19

802.11n (2.4 GHz) High Throughput ページ  4-19

802.1Q VLAN トランク ポート  3-4

802.1X

設定  6-23

説明  6-21

動的キー設定  6-20

認証、設定  6-20

802.1X+CCKM

設定  6-23

説明  6-21

802.3 のフレーム、説明  4-37

802.3 ブリッジ

CLI を使用した設定  4-38

GUI を使用した設定  4-37‐4-38

802.3 ブリッジ パラメータ  4-38

802.3X

フロー制御、有効化  4-36

A

AAA Override

設定

CLI の使用  5-84

GUI の使用  5-83‐5-84

説明  5-81

Access Control List Name パラメータ  5-58

Access Control Lists > Edit ページ  5-60

Access Control Lists > New ページ  5-58

Access Control Lists > Rules > New ページ  5-59

Access Control Lists ページ  5-57

Access Mode パラメータ  4-30, 4-33

Accounting Server パラメータ  6-50

ACL

デバッグ ファシリティでの使用  D-31‐D-32

デバッグ ファシリティの設定  D-32‐D-33

ACL Name パラメータ  5-62, 5-63

ACL カウンタ

CLI を使用した設定  5-66

GUI を使用した設定  5-58

ACS server configuration ページ  6-47

Action パラメータ  5-60

Add AAA Client ページ(CiscoSecure ACS 上)  5-5, 5-20

Add AP ボタン  12-20

Add Interface-Mapping ボタン  6-44

Add New Rule ボタン  5-58

Add Web Server ボタン  9-18

Admin Status パラメータ  3-23

Admission Control (ACM) パラメータ  4-62, 4-63

AES

AES-CCMP、説明  6-21

AES CBS、IPSec データ暗号化、説明  5-10

AES パラメータ  6-22

Aggregated MAC Protocol Data Unit(A-MPDU)  4-22

Aggregated MAC Service Data Unit(A-MSDU)  4-22

AirMagnet Enterprise Analyzer

ネットワーク アナライザも参照  D-36

Aironet IE

CLI を使用した設定  6-40

GUI を使用した設定  6-38

Aironet IE パラメータ  6-25, 6-38

Airopeek

ネットワーク アナライザも参照  D-36

Alarm Trigger Threshold パラメータ  10-34

All APs > Access Point Name > VLAN Mappings ページ  12-14

All APs > Details (Advanced) ページ  7-51

All APs > Details (General) ページ  12-12

All APs > Details (H-REAP) ページ  12-13

All APs > Details (Inventory) ページ  7-47

All APs > Details ページ  4-80, 6-45, 7-6, 7-34, 10-33, D-37

All APs ページ  10-32, 12-12

Allow AAA Override パラメータ  5-84, 12-9

Anonymous Provision パラメータ、EAP 用  5-44

AP > Clients > Traffic Stream Metrics ページ  4-68

AP > Clients ページ  4-67

AP Authentication Policy ページ  5-71, 10-34

AP Configuration > AP Credentials ページ  7-5

AP Group Description パラメータ  6-43

AP Group Name パラメータ  6-43, 6-45

AP Groups VLAN Feature Enable パラメータ  6-43

AP Groups VLAN ページ  6-43, 6-44

AP Local Authentication パラメータ  12-21

AP Mode パラメータ  10-33, 12-13

AP Policies ページ  7-12

AP マネージャ インターフェイス

2 つの AP マネージャ インターフェイス  3-39

3 つの AP マネージャ インターフェイス  3-40

4 つの AP マネージャ インターフェイス  3-41

設定

CLI の使用  3-14‐3-15

GUI の使用  3-11‐3-13

説明  3-6

複数使用  3-38‐3-42

複数のインターフェイスの作成  3-41‐3-42

Apply to All APs パラメータ  7-5

Assignment Method パラメータ  10-28

Auth Key Mgmt パラメータ  6-23

Authentication Priority パラメータ  5-12, 5-25

Authentication Protocol パラメータ  4-33

Authority ID Information パラメータ  5-44, 12-22, 12-24

Authority ID パラメータ  5-44, 12-22

Authorize APs Against AAA パラメータ  7-12

Authorize Self Signed Certificate (SSC) パラメータ  7-12

AutoInstall

TFTP サーバ情報の入手  4-7

インターフェイス用の DHCP アドレスの入手  4-7

概要  4-7

設定ファイルの選択  4-9

操作例  4-10

AutoInstall の機能  4-7‐4-10

Autonomous アクセス ポイントの Lightweight モードへの変換。LWAPP 有効化アクセス ポイントを参照

Average Data Rate パラメータ  4-52, 4-56

Average Real-Time Rate パラメータ  4-52, 4-56

Avoid Cisco AP Load パラメータ  10-15

Avoid Foreign AP Interference パラメータ  10-15, 11-19

Avoid Non-802.11a (802.11b) Noise パラメータ  10-15

B

Base MAC Address パラメータ  3-29

Beacon Period パラメータ  4-15

Buffered Log Level パラメータ  D-8

Burst Data Rate パラメータ  4-52, 4-56

Burst Real-Time Rate パラメータ  4-52, 4-56

C

CAC

7290 電話の設定  6-31

CLI を使用した表示  4-71

説明  4-59

有効化

CLI の使用  4-70

GUI の使用  4-63

Catalyst 3750G 統合型無線 LAN コントローラ スイッチ

説明  1-12

ポート  3-3, 3-4

論理接続図および関連するソフトウェア コマンド  E-4‐E-6

CCA Sensitivity Threshold パラメータ  10-43

CCKM

Hybrid REAP グループ  12-17

設定  6-23

説明  6-21

CCX

Aironet IE の設定

CLI の使用  6-40

GUI の使用  6-38

クライアントのバージョンの表示

CLI の使用  6-40

GUI の使用  6-38‐6-39

説明  6-37

CCX Version パラメータ  6-39

CCX 無線管理

CLI を使用した情報の取得  10-39‐10-40

CLI を使用したデバッグ  10-40

hybrid-REAP の考慮事項  10-36

機能  10-36

設定

CLI の使用  10-38

GUI の使用  10-37‐10-38

CCX リンク テスト  7-48

CCX レイヤ 2 クライアント ローミング

CLI を使用した情報の取得  4-50

CLI を使用したデバッグ  4-50

設定

CLI の使用  4-49

GUI の使用  4-48‐4-49

説明  4-47‐4-48

CCXv5 Req ボタン  D-22

CCXv5 クライアント

有効化されたロケーション表示  4-93

CCXv5 クライアント、トラブルシューティング  D-14‐D-30

CDP > AP Neighbors > Detail ページ  4-83

CDP > AP Neighbors ページ  4-82

CDP > Global Configuration ページ  4-79

CDP > Interface Neighbors > Detail ページ  4-81

CDP > Interface Neighbors ページ  4-81

CDP > Traffic Metrics ページ  4-83

CDP Advertisement Version パラメータ  4-79

CDP AP Neighbors ページ  4-82

CDP Protocol Status パラメータ  4-79

CDP State パラメータ  4-80

Certificate Authority(CA)の証明書

概要  8-11

ダウンロード

CLI の使用  8-13

GUI の使用  8-12

ローカル EAP の使用  5-40, 5-46

Certificate Issuer パラメータ  5-44

Certificate Password パラメータ  8-10

Certificate Type パラメータ  7-12

Change Rules Priority パラメータ  5-94

Channel Assignment Leader パラメータ  10-16

Channel Assignment Method パラメータ  10-15

Channel Scan Duration パラメータ  10-19

Check Against CA Certificates パラメータ  5-44

Check Certificate Date Validity パラメータ  5-44

CIDS Sensors Add ページ  5-108

CIDS Sensors List ページ  5-108

CIDS Shun List ページ  5-112

Cisco 2100 シリーズ Wireless LAN Controller

AutoInstall インターフェイス  4-7

FCC 規定  B-7

サポートされない機能  1-9

説明  1-9

ネットワーク接続  1-20

ポート  3-2, 3-3

Cisco 4400 シリーズ Wireless LAN Controller

AutoInstall インターフェイス  4-7

FCC 規定  B-7

説明  1-10

ポート  3-2, 3-3, 3-4

Cisco 28/37/38xx サービス統合型ルータ

説明  1-12

バージョン  1-12

ポート  3-3, 3-4, 4-97

論理接続図および関連するソフトウェア コマンド  E-3

使用  4-97

Cisco 4400 シリーズ Wireless LAN Controller

ネットワーク接続  1-21

Cisco 4400 シリーズ Wireless LAN Controllers

49 個以上のアクセス ポイントをサポート  3-38‐3-42

モデル  3-4

Cisco 7920 Wireless IP Phone、ガイドライン  6-32

Cisco 7921 Wireless IP Phone、ガイドライン  6-32

Cisco AV ペア  6-46, 6-48

Cisco Client Extensions (CCX)。CCX を 参照

Cisco Discovery Protocol(CDP)

CLI を使用したデバッグ  4-86

サポートされたデバイス  4-77

サンプル ネットワーク  4-78

説明  4-77

トラフィック情報の表示

CLI の使用  4-85

GUI の使用  4-83

Cisco Discovery Protocol パラメータ  4-80

Cisco Discovery Protocol(CDP)

GUI を使用した有効化  4-79‐4-80

設定

CLI の使用  4-84‐4-85

GUI の使用  4-79‐4-80

ネイバーの表示

CLI の使用  4-85‐4-86

GUI の使用  4-80‐4-84

Cisco Unified Wireless Network(UWN)Solution

図示  1-3

説明  1-2‐1-5

Cisco Wireless Control System(WCS)、説明  1-2

Cisco WiSM

SSC キーハッシュ  7-9

Supervisor 720 の設定  4-95‐4-96

ガイドライン  4-95

最大サポート

スイッチ シャーシ  1-10

ルータ シャーシ  1-11

説明  1-10‐1-11

ポート  3-3, 3-4

論理接続図および関連するソフトウェア コマンド  E-2

Cisco ロゴ パラメータ  9-12

CiscoSecure Access Control Server、RADIUS を使用  5-4

CKIP

設定

CLI の使用  6-26

GUI の使用  6-25‐6-26

説明  6-24

Clear Stats ボタン  11-20

CLI

基本コマンド  2-10

使用  2-8‐2-10

トラブルシューティングのコマンド  D-5‐D-6

ナビゲーション  2-10

無線接続の有効化  2-11

ログアウト  2-10

ログイン  2-8‐2-9

Client Certificate Required パラメータ  5-43

Client Protection パラメータ  5-73

Client Reporting ページ  D-22

Client Type パラメータ  7-26, 7-27

Clients > AP > Traffic Stream Metrics ページ  4-66

Clients > AP ページ  4-66

Clients > Detail ページ  4-65, 6-39, 7-26, 7-27, 7-56, D-21

Clients ページ  4-64, 7-25, 7-49, 7-54

Commands > Reset to Factory Defaults ページ  4-3

Community Name パラメータ  4-30

Conditional Web Redirect パラメータ  6-49

Configuration File Encryption Key パラメータ  8-18

Configuration File Encryption パラメータ  8-17

Configure オプション、RRM の無効化用  10-27

Confirm Password パラメータ  12-10

Console Log Level パラメータ  D-8

Control Path パラメータ  11-24

Controller Spanning Tree Configuration ページ  3-29

Controller Time Source Valid パラメータ  5-73

Country Code パラメータ  7-34

Country ページ  7-33

Coverage Exception Level per AP パラメータ  10-17

Coverage Hole Detection チェックボックスをオンにする  10-17

CPU Access Control Lists ページ  5-63

CPU ACL Mode パラメータ  5-63

Custom Signatures ページ  5-117

D

Data Path パラメータ  11-24

Data Rates パラメータ  4-16

DCA Channels パラメータ  10-16

DCA Sensitivity Level パラメータ  10-16

DCA アルゴリズムのデフォルト値  10-15

Default Mobility Group パラメータ  11-12

Default Routers パラメータ  6-11

Delivery Traffic Indication Map (DTIM)。DTIM 期間を 参照

Deny Counters パラメータの有効化  5-61

Description パラメータ  5-32, 12-11

Designated Root パラメータ  3-29

Destination Port パラメータ  5-60

Destination パラメータ  5-59

DES、IPSec データ暗号化、説明  5-10

DHCP

CLI を使用した設定  6-8

GUI を使用した設定  6-7

DHCP Addr. Assignment Required パラメータ  6-8

DHCP Scope > Edit ページ  6-10

DHCP Scopes ページ  6-9

DHCP Server IP Addr パラメータ  6-8

DHCP Server Override パラメータ  6-8

DHCP オプション 43、コントローラ ディスカバリ プロセス  7-2

DHCP オプション 82

設定  5-55‐5-56

説明  5-55

例  5-55

DHCP サーバ

外部  6-6‐6-7

設定ウィザードの使用  4-5

内部  6-6

DHCP サーバ ディスカバリ  7-2

DHCP スコープ

CLI を使用した設定  6-11‐6-13

GUI を使用した設定  6-9‐6-11

説明  6-9

DHCP プロキシ、設定  4-26

Diagnostic Channel パラメータ  D-15

Direction パラメータ  5-60

DNS Domain Name パラメータ  6-11

DNS Servers パラメータ  6-11

Download File to Controller ページ  5-116, 8-10, 8-12, 8-18, 9-20

Download ボタン  5-117, 8-10, 8-12, 9-20

DSCP パラメータ  5-60

DTIM 期間、MAC フィルタリングの設定  6-14

DTPC Support パラメータ  4-16

E

EAP

ローカル タイマーの設定  5-46‐5-47

EAP Profile Name パラメータ  5-45

EAP-FAST Method Parameters ページ  5-44

EAP-FAST パラメータ  5-43

EAP-TLS パラメータ  5-43

EDCA Profile パラメータ  4-74

Edit QoS Profile ページ  4-51

Edit QoS Role Data Rates ページ  4-56

Egress Interface パラメータ  9-30

Email Input パラメータ  9-31

Enable Check for All Standard and Custom Signatures パラメータ  5-118

Enable Controller Management to be accessible from Wireless Clients パラメータ  2-11, 5-54

Enable Counters パラメータ  5-58

Enable CPU ACL パラメータ  5-63

Enable Dynamic AP Management パラメータ  3-42

Enable EAP-FAST Authentication パラメータ  12-22

Enable IGMP Snooping パラメータ  4-42

Enable LEAP Authentication パラメータ  12-22

Enable Low Latency MAC パラメータ  4-75

Enable Server Status パラメータ  5-36

Encryption Key パラメータ、WLAN  6-26

enhanced distributed channel access(EDCA)パラメータ

CLI を使用した設定  4-75‐4-76

GUI を使用した設定  4-74‐4-75

EoIP ポート  11-24, 11-31

epings  11-24, 11-31

Ethernet Multicast Mode パラメータ  4-41

Expedited Bandwidth Requests

説明  4-60

有効化

CLI の使用  4-69

GUI の使用  4-62

Expedited Bandwidth パラメータ  4-62

Extensible Authentication Protocol(EAP)、設定  6-20

F

FCC 規定

2100 シリーズ コントローラ  B-7

4400 シリーズ コントローラ  B-7

FCC 適合宣言  B-2‐B-3

Federal Information Processing Standards(FIPS)。 RADIUS 参照

File Name パラメータ  8-10, 8-12, 8-15, 8-17, 8-18, 9-20

File Path パラメータ  8-10, 8-12, 8-14, 8-17, 8-18, 9-20

File Type パラメータ  8-10, 8-12, 8-14, 8-16, 8-18, 9-20

Fingerprint パラメータ  5-110

Forward Delay パラメータ  3-30, 3-31

Fragmentation Threshold パラメータ  4-15

Friendly Rogue > Create ページ  5-94

G

General ページ  3-36, 4-37, 4-41, 5-30, 5-125, 10-8

Group Mode パラメータ  10-10, 11-19

Group Name パラメータ  11-13, 12-19

Group Name パラメータ、モビリティ グループ用  11-13

Group Setup ページ(CiscoSecure ACS 上)  5-22

Guest LAN パラメータ  9-29

Guest User Role パラメータ  5-32, 12-10

Guest User パラメータ  5-32, 12-10

GUI

ガイドライン  2-2

使用  2-2

表示  2-2

無線接続の有効化  2-11

H

Headline パラメータ  9-12

Hello Time パラメータ  3-30, 3-31

hex2pcap、出力例  D-33

Holdtime パラメータ  3-30, 4-79

HREAP Group Name パラメータ  12-14

HREAP Groups > Edit ページ  12-19, 12-20, 12-21, 12-22

HREAP Groups ページ  12-19

H-REAP Local Switching パラメータ  12-9

HTTP Access パラメータ  2-3

HTTP Configuration ページ  2-3

HTTPS Access パラメータ  2-3

Hybrid REAP

ガイドライン  12-5

概要  12-2

サポートされたアクセス ポイント数  12-2

サポートされるアクセス ポイント  12-2

図示  12-2

設定

CLI を使用したアクセス ポイント  12-15‐12-16

GUI を使用したアクセス ポイント  12-12‐12-15

GUI を使用したコントローラ  12-7‐12-11

帯域幅の制限  12-2

認証プロセス  12-2‐12-5

Hybrid REAP グループ

CCKM  12-17

CLI を使用した設定  12-23

GUI を使用した設定  12-18‐12-23

説明  12-17

バックアップ RADIUS サーバ  12-17

例  12-17

ローカル認証  12-18

Hysteresis パラメータ  4-49

I

ID ネットワーキング

RADIUS 属性  5-79‐5-81

概要  5-78

設定  5-78‐5-81

説明  1-14‐1-15

IDS

説明  5-108

IDS シグニチャ

CLI を使用した設定  5-121‐5-122

CLI を使用した表示  5-123‐5-124

GUI を使用したアップロードまたはダウンロード  5-115‐5-117

GUI を使用した設定  5-115‐5-119

GUI を使用した表示  5-119‐5-120

MAC 頻度  5-119, 5-122

静穏時間  5-119, 5-122

説明  5-113

測定間隔  5-119

追跡方法  5-118

パターン  5-118

頻度  5-119

IDS シグニチャ イベント

CLI を使用した表示  5-123‐5-124

GUI を使用した表示  5-119‐5-120

IDS センサー

設定

CLI の使用  5-110‐5-111

GUI の使用  5-108‐5-110

説明  5-108

IGMP Timeout パラメータ  4-42

IKE

Diffie Hellman グループ  5-10

IKE Phase 1 パラメータ  5-10

Index パラメータ、IDS 用  5-109

Infrastructure Protection パラメータ  5-73

Infrastructure Validation パラメータ  5-73

Ingress Interface パラメータ  9-30

Injector Switch MAC Address パラメータ  7-52

Intelligent Power Management(IPM)  7-51

Interface Name パラメータ  6-44

Interface パラメータ  6-8

Interfaces > Edit ページ  3-18, 3-42, 9-28

Interfaces > New ページ  3-17, 3-41

Interfaces > Edit ページ  5-62

Interfaces ページ  3-11

Interference しきい値パラメータ  10-19

Internet Group Management Protocol(IGMP)

CLI を使用した設定  4-44

GUI を使用した設定  4-42

スヌーピング、説明  4-39

Inventory ページ  7-46

Interval パラメータ  10-37

Invoke Channel Update Now ボタン  10-15

Invoke Power Update Now ボタン  10-13

IP Address パラメータ  4-30, 8-10, 8-12, 8-14, 8-17, 8-18, 9-20

IP Mask パラメータ  4-30

IPSec パラメータ  5-10

IPv6 Enable パラメータ  6-37

IPv6 ブリッジ

CLI を使用した設定  6-37

GUI を使用した設定  6-36‐6-37

ガイドライン  6-35

説明  6-35

IPv6 ブリッジおよび IPv4 Web 認証、例  6-36

K

Keep Alive Count パラメータ  11-23

Keep Alive Interval パラメータ  11-23

Key Encryption Key (KEK) パラメータ  5-9

Key Format パラメータ  6-26

Key Index パラメータ  6-25

Key Permutation パラメータ  6-26

Key Size パラメータ  6-25

Key Wrap Format パラメータ  5-9

Key Wrap パラメータ  5-9

L

LAG Mode on Next Reboot パラメータ  3-36

LAG。リンク集約(LAG)を参照

Last Auto Channel Assignment パラメータ  10-16

Last Power Level Assignment パラメータ  10-14

Layer 2 Security パラメータ  6-22, 6-25, 6-48

Layer 3 Security パラメータ  6-27, 6-29, 6-48, 9-31

LDAP

サーバの優先順位の選択  5-36

サポートされるローカル EAP 方式  5-34, 5-39

設定

CLI の使用  5-37‐5-38

GUI の使用  5-34‐5-37

LDAP Servers > New ページ  5-35

LDAP Servers パラメータ  5-45

LDAP Servers ページ  5-34

LDAP サーバ、WLAN への割り当て  5-36‐5-37

LEAP パラメータ  5-43

Lease Time パラメータ  6-11

LED

コントローラ  D-1

設定  7-53

Lifetime パラメータ  5-32, 9-5, 12-10

Lightweight アクセス ポイント プロトコル(LWAPP)、説明。 LWAPP 有効化アクセス ポイントを参照

Lightweight モード、自律モードへの復帰  7-10

Link Status パラメータ  3-22

Link Test

オプション  7-49

ページ  7-49

ボタン  7-49

Link Trap パラメータ  3-24

Load Measurement パラメータ  10-19

Load-based AC パラメータ  4-62

Lobby Ambassador Guest Management > Guest Users List > New ページ  9-5

Lobby Ambassador Guest Management > Guest Users List ページ  9-4, 9-6

Local EAP Authentication パラメータ  5-45

Local EAP Profiles > Edit ページ  5-43

Local EAP Profiles ページ  5-42

Local Management Users > New ページ  9-3

Local Management Users ページ  9-2

Local Net Users > New ページ  12-10, 5-31

Local Net Users ページ  5-31, 9-7

LWAPP Hybrid REAP、移行する  12-18

LWAPP 有効化アクセス ポイント

Reset ボタンの無効化  7-20

SSC のコントローラへの送信  7-11

ガイドライン  7-9

クラッシュ情報のコントローラへの送信 7-18

固定 IP アドレスの設定  7-20

コントローラ GUI に表示された MAC アドレス  7-20

コントローラからのデバッグ コマンドの受信  7-18

自律モードへの復帰  7-10‐7-11

デバッグ コマンド  7-18

無線コア ダンプのコントローラへの送信  7-19

メモリ コア ダンプの有効化  7-19

レイヤ 2 ディスカバリ  7-2

M

MAC アドレス、アクセス ポイント

コントローラ GUI の表示  7-20

MAC フィルタリング

DTIM 期間  6-14

MAC フィルタリング、WLAN 上での設定  6-13‐6-14

Management Frame Protection Settings ページ  5-73

Management Frame Protection パラメータ  5-73

Master Controller Configuration ページ  7-3

Master Controller Mode パラメータ  7-3

Max Age パラメータ  3-30

Max RF Bandwidth パラメータ  4-62, 4-63

Maximum Age パラメータ  3-30

Maximum Local Database Entries パラメータ  5-30, 5-125

Maximum Retries パラメータ  9-20

Maximum RF Usage Per AP パラメータ  4-53

MCS データ レート  4-19

Member MAC Address パラメータ  11-13

Message Authentication Code Key (MACK) パラメータ  5-9

Message Authentication Code Key(MACK)パラメータ RADIUS 参照

Message Logs ページ  D-9

Message パラメータ、Web 認証  9-12

Metrics Collection パラメータ  4-62

MFP Client Protection パラメータ  5-72

MFP Frame Validation パラメータ  5-72

MIC、説明  6-21, 6-24

Min Failed Client Count per AP パラメータ  10-17

Minimum RSSI パラメータ  4-48

MMH MIC

設定  6-26

説明  6-24

MMH Mode パラメータ  6-26

Mobile Announce メッセージ  11-7

Mobility Anchor Config ページ  11-23, 11-28

Mobility Anchor Create ボタン  11-24

Mobility Anchors オプション  11-23

Mobility Anchors ページ  11-23, 11-27

Mobility Group Member > Edit All ページ  11-13

Mobility Group Member > New ページ  11-12

Mobility Multicast Messaging > Edit ページ  11-15

Mobility Multicast Messaging ページ  11-14

Mobility Statistics ページ  11-18

Mode パラメータ  4-48, 10-37

MODE ボタン。Reset ボタンを参照

mpings  11-24, 11-31

Multicast Appliance Mode パラメータ  3-24

Multicast Groups ページ  4-43

Multicast ページ  4-42

N

NAT デバイス、モビリティ グループ内  11-7‐11-9

Neighbor Packet Frequency パラメータ  10-19

Netbios Name Servers パラメータ  6-11

Netmask パラメータ  6-11

Network Mobility Services Protocol(NMSP)  4-87, 4-94

Network パラメータ  6-10

Noise Measurement パラメータ  10-19

NTP サーバ

設定ウィザードの使用  4-6

日時を取得するための設定  4-11

Number of Hits パラメータ  5-61

O

Omnipeek

ネットワーク アナライザも参照

OpenSSL ライセンスについて  C-7‐C-8

Override Global Config パラメータ  9-23, 9-31

Override Global Credentials チェックボックス  7-6

Override Interface ACL パラメータ  5-64

over-the-air provisioning (OTAP)  7-2

P

P2P Blocking パラメータ  6-18

Password パラメータ  5-32, 8-14, 12-10

PEAP パラメータ  5-43

Physical Mode パラメータ  3-23

Physical Status パラメータ  3-22

Pico Cell Mode V2 のパラメータが表示された 802.11a > Pico Cell ページ  10-43

Pico Cell Mode パラメータ  10-42

ping テスト、説明  11-31

ping リンク テスト、説明  7-48

PMK キャッシュ ライフタイム タイマー  6-24

Pool End Address パラメータ  6-10

Pool Start Address パラメータ  6-10

Port > Configure ページ  3-22

Port Number パラメータ  3-22, 5-9, 5-25, 5-35, 9-29

Port パラメータ、IDS 用  5-109

Ports ページ  3-21

Power Assignment Leader パラメータ  10-14

Power Injector Selection パラメータ  7-52

Power Injector State パラメータ  7-52

Power Neighbor Count パラメータ  10-14

Power over Ethernet(PoE)

設定

CLI の使用  7-52

GUI の使用  7-51‐7-52

説明  1-16, 7-51

Power Over Ethernet(PoE)パラメータ  3-23

Power Threshold パラメータ  10-14

Preauthentication ACL パラメータ  5-65, 6-49

Pre-Standard State パラメータ  7-51

Primary RADIUS Server パラメータ  12-20

Priority Order > Local-Auth ページ  5-36

Priority Order > Management User ページ  5-11, 5-25

Priority パラメータ  3-30

Privacy Protocol パラメータ  4-33

Profile Details ページ  D-23

Profile Name パラメータ  6-4, 9-30, 12-8

Protected Access Credentials(PAC)

アップロード

CLI の使用  8-15

GUI の使用  8-14

概要  8-13

ローカル EAP の使用  5-40, 5-44, 5-46, 12-22, 12-23

Protection Type パラメータ  5-71, 10-34

Protocol Type パラメータ  4-53

Protocol パラメータ  5-59

PSK

設定  6-23

説明  6-21

PSK Format パラメータ  6-23

Q

QBSS

CLI を使用した設定  6-34

GUI を使用した設定  6-32‐6-34

ガイドライン  6-32

説明  6-31

QoS

CAC で  4-59

ID ネットワーキング  5-79

変換値  6-29

レベル  4-51, 6-29

QoS Roles for Guest Users ページ  4-55

QoS プロファイル

CLI を使用した WLAN への割り当て  6-30

CLI を使用した設定  4-53‐4-54

GUI を使用した WLAN への割り当て  6-30

GUI を使用した設定  4-51‐4-53

QoS ロール

CLI を使用した設定  4-57‐4-58

GUI を使用した設定  4-55‐4-57

Hybrid REAP での使用に対する割り当て  12-11

Quality of Service(QoS)パラメータ  6-30

Quarantine パラメータ  3-18

Query Interval パラメータ  5-109

Queue Depth パラメータ  4-53

R

Radio Resource Management(RRM)

CCX の機能。 CCX 無線管理を参照

CLI を使用した表示  10-23‐10-24

RRM の無効化  10-26‐10-31

Wireless > 802.11a/n(または 802.11b/g/n) > RRM > TPC パラメータ  10-13

概要  10-2‐10-5

カバレッジ ホールの検出

GUI の使用  10-16‐10-18

カバレッジ ホールの検出と修正  10-4

監視間隔の設定および展開

GUI の使用  10-19

更新間隔  10-6, 10-11

設定

CLI の使用  10-20‐10-22

GUI の使用  10-12‐10-20

設定ウィザードの使用方法  4-6

チャネルおよび送信電力設定の静的割り当て

CLI の使用  10-29

GUI の使用  10-27‐10-29

チャネルおよび電力の動的割り当ての無効化

CLI の使用  10-31

GUI の使用  10-30

チャネルの指定  10-14‐10-16

デバッグ  10-25

利点  10-5

RRMRadio Resource Management(RRM)を 参照

RADIUS

ACS 上での設定  5-4, 5-5

FIPS 規格  5-12

KEK パラメータ  5-12

MACK パラメータ  5-12

サーバのフォールバック動作  5-11

設定

CLI の使用  5-12‐5-15

GUI の使用  5-7‐5-12

RADIUS サーバ

hybrid-REAP、使用  12-17

RADIUS 設定、設定  5-4

Redirect URL After Login パラメータ  9-12

Refresh-time Interval パラメータ  4-79

Remote Authentication Dial-In User Service。RADIUS を 参照

Reserved Roaming Bandwidth パラメータ  4-62, 4-64

Reset ボタン

LWAPP 有効化アクセス ポイントの無効化  7-20

LWAPP 有効化アクセス ポイントを使用した自律モードへの復帰  7-10‐7-11

Re-sync ボタン  5-112

Reverse Path Filtering(RPF)  11-27

RF Channel Assignment パラメータ  10-30

RF グループ

概要  10-6‐10-7

ステータスの表示

CLI の使用  10-11

GUI の使用  10-10

設定

CLI の使用  10-9

GUI の使用  10-8

設定ウィザードの使用方法  4-5

モビリティ グループとの違い  10-6

RF グループ リーダー

説明  10-6

表示  10-10

RF グループ名

説明  10-7

入力  10-9

RF ドメイン。 RF グループを参照

RF 被曝に関する適合宣言  B-4

RFID タグ

コントローラごとにサポートされる数  4-88

サポートされている形式  4-87

説明  4-87

追跡

CLI を使用した情報の表示  4-89‐4-90

CLI を使用した設定  4-88

CLI を使用したデバッグ  4-90

RF-Network Name パラメータ  10-9

RLDP

CLI を使用した設定  5-89‐5-90

設定

GUI の使用  5-88‐5-89

Rogue AP Detail ページ  5-98

Rogue AP Ignore-List ページ  5-102

Rogue Client Detail ページ  5-100

Rogue Location Discovery Protocol (RLDP)

不正なアクセス ポイント 参照

Rogue Location Discovery Protocol(RLDP  5-85

Rogue Location Discovery Protocol(RLDP)  5-89

Rogue Rule > Edit ページ  5-93

Rogue Rules > Priorit ページ  5-94

Role Name パラメータ  4-56

Role パラメータ  5-32, 12-11

Root Cost パラメータ  3-29

Root Port パラメータ  3-29

RSNA ログ

設定  D-28‐D-29

説明  D-14

Rx Sensitivity Threshold パラメータ  10-43

S

Save and Reboot ボタン  8-10, 8-12

Scan Threshold パラメータ  4-49

Scope Name パラメータ  6-10

Search Clients ページ  7-55

Secondary RADIUS Server パラメータ  12-20

Secure Shell Protocol。SSH を参照

Security Policy Completed パラメータ  6-36

Select APs from Current Controller パラメータ  12-20

Sequence パラメータ  5-59

Server Address パラメータ  5-109

Server Index (Priority) パラメータ  5-8, 5-24, 5-35

Server IP Address パラメータ  5-8, 5-24, 5-35

Server Key パラメータ  5-44, 12-22

Server Mode パラメータ  5-35

Server Status パラメータ  5-9, 5-25

Server Timeout パラメータ  5-9, 5-25, 5-35

Set to Factory Default ボタン  10-20

Severity Level Filtering パラメータ  D-7

Shared Secret Format パラメータ  5-8, 5-24

Shared Secret パラメータ  5-8, 5-24

Short Preamble Enabled パラメータ  5-51

show advanced backup-controller コマンド  7-31

Show Wired Clients オプション  7-26

Signature Events Detail ページ  5-120

Signature Events Summary ページ  5-119

Signature Events Track Detail ページ  5-120

SNMP

設定  4-28‐4-29

トラップ、CLI の使用  4-28

SNMP v1/v2c Community > New ページ  4-29

SNMP v1/v2c Community ページ  4-29

SNMP V3 Users > New ページ  4-32

SNMP V3 Users ページ  4-32

SNMP v3 ユーザ

デフォルト値の変更

CLI の使用  4-33

GUI の使用  4-32‐4-33

SNMP コミュニティ文字列

CLI を使用したデフォルト値の変更  4-30‐4-31

GUI を使用したデフォルト値の変更  4-29‐4-30

Source Port パラメータ  5-60

Source パラメータ、ACL  5-59

Spanning Tree Algorithm パラメータ  3-30

Spanning Tree Specification パラメータ  3-29

Spectralink Voice Priority パラメータ  4-74

SpectraLink 社の NetLink 電話

GUI の使用による長いプリアンブルの有効化  5-51

概要  5-51

長いプリアンブルの有効化

CLI の使用  5-52

Splash Page Web Redirect パラメータ  6-49

SSC キーハッシュ、Cisco WiSM 上  7-9

SSH、使用したトラブルシューティング  D-40

SSID

設定

CLI の使用  6-5

GUI の使用  6-4

説明  6-2

SSL 証明書

CLI からの生成  2-4

CLI を使用したロード  2-6‐2-8

GUI からの生成  2-3

GUI を使用したロード  2-5‐2-6

SSL プロトコル  2-2

Standard Signature > Detail ページ  5-118

Standard Signatures ページ  5-117

State パラメータ  5-110, 5-119

Static Mobility Group Members ページ  11-12

Status パラメータ  4-30, 6-4, 6-11, 9-30

STP Mode パラメータ  3-28

STP Port Designated Bridge パラメータ  3-27

STP Port Designated Cost パラメータ  3-27

STP Port Designated Port パラメータ  3-27

STP Port Designated Root パラメータ  3-27

STP Port Forward Transitions Count パラメータ  3-27

STP Port ID パラメータ  3-27

STP Port Path Cost Mode パラメータ  3-28

STP Port Path Cost パラメータ  3-28

STP Port Priority パラメータ  3-28

STP State パラメータ  3-27

Supervisor 720

設定  4-95‐4-96

説明  4-95

Switch IP Address (Anchor) パラメータ  11-24

SX/LC/T 小型フォーム ファクタ プラグイン(SFP)モジュール  3-4

Symmetric Mobility Tunneling Mode パラメータ  11-29

syslog

説明  D-14

レベル  D-8

ログ  D-28‐D-30

Syslog Configuration ページ  D-7

Syslog Facility パラメータ  D-8

Syslog Server IP Address パラメータ  D-7

syslog サーバ

コントローラから削除  D-7

コントローラ別にサポートされる数  D-7

重大度レベル フィルタリング  D-7

T

TACACS+

ACS 上での設定  5-5‐5-7, 5-19‐5-23

アカウンティング  5-18

管理サーバのログの表示  5-28‐5-29

設定

CLI の使用  5-26‐5-28

GUI の使用  5-23‐5-25

説明  5-18‐5-19

認可  5-18

認証  5-18

認証の優先順位の選択  5-11, 5-25

ロール  5-18, 5-22

TACACS+ (Authentication、Authorization、または Accounting) Servers > New ページ  5-24

TACACS+ (Authentication、Authorization、または Accounting) Servers ページ  5-23

TACACS+ (Cisco) ページ(CiscoSecure ACS 上)  5-21

TACACS+ Administration .csv ページ(CiscoSecure ACS 上)  5-28, 5-29

Telnet、使用したトラブルシューティング  D-40

text2pcap、出力例  D-34

TFTP サーバ、ガイドライン  2-5, 5-115, 8-2, 8-9, 8-11, 8-14

Time Length Value(TLV)、CDP のサポート  4-77

Time Since Topology Changed パラメータ  3-29

Time to Live for the PAC パラメータ  5-44, 12-22

Timeout パラメータ  9-20

TKIP

設定  6-22, 6-23

説明  6-21

パラメータ  6-22

Topology Change Count パラメータ  3-29

Traffic Specifications(TSPEC)要求

説明  4-60

例  4-60

traffic stream metrics(TSM)

説明  4-61

統計の表示

CLI の使用  4-72‐4-73

GUI の使用  4-66‐4-68

有効化

CLI の使用  4-69

GUI の使用  4-62

Transition Time パラメータ  4-49

Transmit Power パラメータ  10-43

Tx Power Level Assignment パラメータ  10-30

Type パラメータ  6-4, 9-30, 12-8

U

U-APSD

ステータスの表示

CLI の使用  4-72

GUI の使用  4-65

説明  4-61

UDP port  11-24, 11-31

UDP、RADIUS で使用  5-4

Upload File from Controller ページ  8-14, 8-16

Upload ボタン  5-117, 8-15

URL パラメータ  9-18

Use AES Key Wrap パラメータ  5-7

User Access Mode パラメータ  9-3

User Attribute パラメータ  5-35

User Base DN パラメータ  5-35

User Credentials パラメータ  5-36

User Datagram Protocol。 UDP を参照

User Name パラメータ  5-31, 12-10

User Object Type パラメータ  5-35

User Profile Name パラメータ  4-33

User パラメータ  8-14

V

Validity パラメータ  8-14

VCI 文字列  7-14

Verify Certificate CN Identity パラメータ  5-44

VLAN

ガイドライン  3-10

説明  3-8

VLAN ID パラメータ  12-15

VLAN Identifier パラメータ

AP マネージャ インターフェイス  3-12

管理インターフェイス  3-11

動的インターフェイス  3-17, 3-18

VLAN Mappings

ページ  12-14

ボタン  12-14

VLAN Tag、ID ネットワーキング  5-80

VLAN インターフェイス。動的インターフェイスを 参照

VLAN サポート パラメータ  12-14

Voice & Video Optimized パラメータ  4-74

Voice Optimized パラメータ  4-74

VoIP による通話ローミング、説明  4-46

VPN Gateway Address パラメータ  6-28

VPN パススルー

CLI を使用した設定  6-28

GUI を使用した設定  6-27‐6-28

W

Web Auth Type パラメータ  9-23, 9-31

Web Login ページ  9-11, 9-18

Web Policy パラメータ  5-65, 6-48

Web Server IP Address パラメータ  9-18

Web 認証

説明  9-8

プロセス  9-8‐9-10

ログイン成功ページ  9-10

Web 認証オプション  9-31

Web 認証タイプ パラメータ  9-11, 9-18, 9-20

Web 認証ログイン ページ

WLAN ごとの割り当て

CLI の使用  9-24

GUI の使用  9-23

カスタマイズ、外部 Web サーバ

CLI の使用  9-18

GUI の使用  9-17‐9-18

カスタマイズ、例  9-22

設定の確認、CLI の使用  9-22

ダウンロード、カスタマイズされたログイン ページ

CLI の使用  9-21

GUI の使用  9-19‐9-21

ガイドライン  9-19

デフォルト  9-9

デフォルトの選択

CLI の使用  9-12‐9-14

GUI の使用  9-11‐9-12

プレビュー  9-12, 9-20

変更されたデフォルトの例  9-14

Web 認証、WLAN 方式  9-23‐9-26

Web パススルー オプション  9-31

Web ブラウザ セキュリティ警告  9-8

Web ベースの認証、設定  6-28

Web モード

CLI を使用した有効化  2-4

GUI を使用した有効化  2-3

説明  2-2

Web リダイレクト。 WLAN を参照

Web リダイレクト機能  6-46

webauth bundle  9-19

webauth.tar ファイル  9-23

WEP キー、設定  6-19

WGB Wired Clients ページ  7-26

WGB パラメータ  7-26

Wireless > 802.11a/n または 802.11b/g/n > RRM > Coverage パラメータ  10-16

Wireless > 802.11a/n または 802.11b/g/n > RRM > DCA パラメータ  10-14

Wireless > 802.11a/n または 802.11b/g/n > RRM > General パラメータ  10-18

Wireless > 802.11a/n(または 802.11b/g/n) > Pico Cell パラメータ  10-42

Wireless > 802.11a/n(または 802.11b/g/n) > Network パラメータ  10-42

Wireshark

ネットワーク アナライザも参照  D-36

WLAN

説明  3-9‐3-10, 6-2‐6-3

WLAN Profile パラメータ  5-32, 12-11

WLAN SSID パラメータ  6-4, 6-44, 9-6, 9-30, 12-8

WLANオーバーライド パラメータ  6-40

WLAN オーバーライド

CLI を使用した設定  6-41

GUI を使用した設定  6-40‐6-41

WLANs > Edit (Advanced) ページ  6-37, D-15

WLANs > Edit ページ  6-4, 9-30, 12-8

WLANs > Edit(QoS)ページ  6-33

WLANs > Edit(Security > AAA Servers)ページ  6-50, 9-23

WLANs > Edit(Security > Layer 2)ページ  6-22, 6-25

WLANs > Edit(Security > Layer 3)ページ  6-27, 6-48, 9-31

WLANs > Edit (Security > Layer 3)ページ  6-48

WLANs > New ページ  6-3, 9-29, 12-8

WLANs > Edit (Advanced) ページ  5-64, 5-72, 5-83

WLANs > Edit(Security > AAA Servers)ページ  5-37, 5-45

WLANs > Edit(Security > Layer 3)ページ  5-65

WLANs ページ  6-3, 11-23

WMM

CAC で  4-59

設定  4-20, 6-33, 6-34

説明  6-31

WMM Policy パラメータ  6-33

WMM パラメータ  4-74

WPA Policy パラメータ  6-22

WPA1 と WPA2

設定

CLI の使用  6-23

説明  6-21

WPA1+WPA2

設定

GUI の使用  6-22‐6-23

WPA2 Policy パラメータ  6-22

アカウンティング サーバ、WLAN ごとの無効化  6-50

アカウンティング、定義済み  5-4

アクセス コントロール リスト(ACL)

ID ネットワーキング  5-79

WLAN への適用

CLI の使用  5-68

GUI の使用  5-64

インターフェイスに適用

CLI の使用  5-67

GUI の使用  5-61‐5-62

コントローラ CPU への適用

CLI の使用  5-67

GUI の使用  5-63

設定

CLI の使用  5-65‐5-67

GUI の使用  5-57‐5-61

説明  5-57

ルール  5-57, 5-59, 5-66

アクセス ポイント

CLI を使用した Hybrid REAP の設定  12-15‐12-16

Hybrid REAP での使用、サポート  12-2

-J 規制区域から -U 規制区域への移行  7-38‐7-40

LED

解釈  D-1

設定  7-53

VCI 文字列  7-14

アクセス ポイントとコントローラの接続の確認  7-3

規制情報  B-2‐B-6

グローバル資格情報の設定

CLI の使用  7-7‐7-8

GUI の使用  7-5‐7-6

グローバル資格情報、設定  7-4

経由ローミング、説明  4-47

サポート、サイズの大きなイメージ  7-21

接続プロセスのトラブルシューティング  7-14‐7-18

台湾での操作の規則  B-5‐B-6

トラブルシューティング

Telnet または SSH の使用  D-40

日本での操作に関するガイドライン  B-5

認可

CLI の使用  7-13

GUI の使用  7-12

MIC の使用  7-11

SSC の使用  7-11

認可リスト  7-13

プライミング  7-2

アクセス ポイント グループ

アクセス ポイントの割り当て

CLI の使用  6-45

GUI の使用  6-45

作成

CLI の使用  6-45

GUI の使用  6-43‐6-44

図示  6-42

説明  6-41

アクセス ポイント管理インターフェイス、設定ウィザードの使用  4-5

アクセス ポイントのプライミング  7-2

アシンメトリック トンネリング、図示  11-27

アンカー コントローラ、サブネット間ローミング内  11-4

暗号方式

設定  6-22, 6-23

説明  6-22

安全についての警告  A-1‐A-3

イーサネット接続、CLI にリモートで接続  2-9

移行、アクセス ポイント、-J から -U 規制区域へ  7-38‐7-40

一意のデバイス ID(UDI)

取得

CLI の使用  7-47

GUI の使用  7-46‐7-47

説明  7-46

イベント報告、MFP に対する  5-70

インターフェイス

ID ネットワーキング  5-80

WLAN の割り当て  6-14

概要  3-5‐3-9

設定

CLI の使用  3-13‐3-16

GUI の使用  3-11‐3-13

インフラストラクチャ MFP

コンポーネント  5-70

説明  5-69

インフラストラクチャ MFP Protection パラメータ  5-72

インライン電源、説明  7-51

エンド ユーザ ライセンス契約  C-2‐C-4

欧州の適合宣言  B-3‐B-4

オペレーティング システム

ソフトウェア  1-5

セキュリティ  1-6‐1-7

音声 RSSI パラメータ  10-17

音声設定

設定

CLI の使用  4-68‐4-70

GUI の使用  4-61‐4-63

表示

CLI の使用  4-71‐4-73

GUI の使用  4-64‐4-68

オンライン ヘルプ、使用  2-2

回避クライアント

CLI を使用した表示  5-112

GUI を使用した表示  5-112

説明  5-111

表示  5-111‐5-112

外部コントローラ、サブネット間ローミング内  11-4

拡張ネイバー リスト

説明  4-47

要求(E2E)、説明  4-47

仮想インターフェイス

設定

CLI の使用  3-15

GUI の使用  3-11‐3-13

設定ウィザードの使用方法  4-5

説明  3-7‐3-8

カナダの適合宣言  B-3

カバレッジ ホールの検出と修正  10-4

監視間隔、GUI を使用した設定  10-19

干渉

定義済み  10-3

管理インターフェイス

説明  3-6

管理インターフェイス、概要

設定

CLI の使用  3-13

GUI の使用  3-11‐3-13

管理者アクセス権  4-27

管理者のユーザ名とパスワード、設定  4-27

管理フレーム検証  5-70

管理フレーム保護(MFP)

ガイドライン  5-70

種類  5-69

設定

CLI の使用  5-73‐5-74

GUI の使用  5-71‐5-72

設定の表示  5-74‐5-76

説明  5-69‐5-70

デバッグ  5-76

関連資料  xxiii

キー置換

設定  6-26

説明  6-24

ギガビット イーサネット ポート  3-4

規制情報

1000 シリーズ アクセス ポイント  B-2‐B-6

4400 シリーズ コントローラ  B-7

起動スクリプト、設定ウィザード用  4-4

国コード

CLI を使用した表示  7-36

一般的な  7-32

設定

CLI の使用  7-35‐7-37

GUI の使用  7-33‐7-34

設定ウィザードの使用方法  4-6

説明  7-32

日本  7-38

複数の国コードも参照

クライアント

CLI を使用した CCX バージョンの表示  6-40

CLI を使用した表示  7-57

GUI を使用した CCX バージョンの表示  6-38‐6-39

GUI を使用した表示  7-54‐7-57

WLAN への接続  12-16

クライアント MFP、説明  5-69

クライアント レポート

CLI を使用した設定  D-24‐D-28

GUI を使用した設定  D-21‐D-23

説明  D-14

クライアント ローミング、設定  4-46‐4-50

クライアント ロケーション、WC の使用  1-8

グローバル資格情報の設定

CLI の使用  7-7‐7-8

GUI の使用  7-5‐7-6

グローバル資格情報を無効にするための CLI コマンド  7-7

グローバル資格情報、CLI を使用して無効にする  7-7

グローバル資格情報、GUI を使用して無効にする  7-5

グローバル資格情報、確認  7-7

警告

定義済み  xxiii

翻訳済み  A-1‐A-3

ゲスト N+1 冗長性  11-21

ゲスト WLAN、削除  9-6

ゲスト ユーザ アカウント

作成  9-2‐9-7

作成、ロビー アンバサダーとして  9-4‐9-6

表示

CLI の使用  9-7

GUI の使用  9-7

検疫済み VLAN

使用  12-9

設定  3-18

限定保証  C-5‐C-6

工場出荷時のデフォルト設定

CLI を使用したリセット  4-3

高速ハートビート タイマー、有効化  7-30

高密度ネットワーク

概要  10-41

ピコ セル モード も参照

利点  10-41

例  10-41

コントローラ

AutoInstall の使用  4-7

概要  1-8‐1-9

工場出荷時のデフォルト設定、リセット

CLI の使用  4-3

GUI の使用  4-3

シングルコントローラ展開  1-3‐1-4

接続  1-13

設定

クリア  8-20

消去  8-20

保存  8-19

ソフトウェアのアップグレード

CLI の使用  8-6‐8-8

GUI の使用  8-4‐8-5

ガイドライン  8-2‐8-3

ディスカバリ プロセス  7-2

プライマリ、セカンダリ、およびターシャリ  1-8

プラットフォーム  1-9‐1-12

マルチコントローラ展開  1-4‐1-5

メモリの種類  1-18

ロケーション アプライアンスとの同期化  4-92

コントローラ ネットワーク モジュール

バージョン  3-4

ボー レート  3-3

コントローラ間ローミング

説明  4-46

例  11-3

コントローラ障害検出時間、削減  7-29

コントローラ設定のクリア  8-20

コントローラ設定の消去  8-20

コントローラ内ローミング  11-2

図示  11-2

説明  4-46

コントローラのリセット  8-20

サービス ポート インターフェイス

設定

CLI の使用  3-15

GUI の使用  3-11‐3-13

設定ウィザードの使用方法  4-5

説明  3-8

サービス ポート、説明  3-5

サイズの大きなアクセス ポイントのイメージ  7-21

最大ローカル データベース エントリ

CLI を使用した設定  5-125

GUI を使用した設定  5-125

サブネット間モビリティ  11-7

サブネット間ローミング

図示  11-3‐11-4

説明  4-46

時間

NTP サーバでの設定  4-11

手動での設定  4-11

設定

CLI の使用  4-12

GUI の使用  4-11

時間帯、設定

CLI から  4-13

GUI から  4-12

自己署名証明書(SSC)  7-11

自己署名証明書(SSC)、LWAPP 有効化アクセス ポイントのコントローラへの送信  7-11

シスコ製高出力スイッチ  7-51

システム メッセージ  D-2‐D-4

システム ロギング

重大度レベルの設定  D-8

設定

CLI の使用  D-10‐D-12

有効化

CLI の使用  D-10

GUI の使用  D-7‐D-9

システム ログ

表示

CLI の使用  D-13

事前認証アクセス コントロール リスト(ACL)

WLAN への適用

CLI の使用  5-68

GUI の使用  5-64‐5-65

外部 Web サーバ  9-17, 12-10

自動 RF、設定ウィザードの使用  4-6

自動アンカー モビリティ

ガイドライン  11-22

概要  11-21‐11-22

設定

CLI の使用  11-24‐11-25

GUI の使用  11-22‐11-24

自動プロビジョニング。AutoInstall を参照

集約方法、指定  4-22

条件付き Web リダイレクト  6-46

設定

CLI の使用  6-49

GUI の使用  6-48‐6-49

説明  6-46

シリアル ポート

接続  2-8

タイムアウト  2-9

ボー レート設定  2-9

診断チャネル

CLI を使用した設定  D-16‐D-20

GUI を使用した設定  D-15

説明  D-14

シンメトリック モビリティ トンネリング

概要  11-27‐11-28

図示  11-28

設定

CLI の使用  11-29‐11-30

GUI の使用  11-28‐11-29

設定ウィザードの使用方法  4-6

スイッチ、リモート サイトでの設定  12-6‐12-7

スニファ

サポートされているソフトウェア  D-36

設定  D-36‐D-39

CLI の使用  D-38‐D-39

GUI の使用  D-36‐D-38

説明  D-36

必須条件  D-36

有効化

CLI の使用  D-38

GUI の使用  D-36

スパニング ツリー プロトコル(STP)

スパニング ツリー ルート  3-26

設定

CLI の使用  3-31‐3-32

GUI の使用  3-26‐3-31

説明  3-25

スプラッシュ ページ Web リダイレクト  6-46

セキュア Web モード

CLI を使用した有効化  2-4

GUI を使用した有効化  2-3

説明  2-2

セキュリティ

ガイドライン  xxiv

概要  5-2

ソリューション  5-2‐5-3

設定ウィザード

実行  4-4‐4-6

説明  4-2

設定可能な分類タイプ/不正の状態の遷移(表)

不正なアクセス ポイント も参照

設定の保存  8-19

設定ファイル

AutoInstall の使用  4-7

アップロード

CLI の使用  8-17

GUI の使用  8-16‐8-17

ダウンロード

CLI の使用  8-19

GUI の使用  8-18

送信電力

CLI を使用した静的割り当て  10-29

GUI を使用した静的割り当て  10-27‐10-29

送信電力のしきい値、減少  10-20

送信電力の動的制御

設定  4-16

説明  10-3

送信電力レベル、説明  10-28

ソフトウェア

アップグレード

CLI の使用  8-6‐8-8

GUI の使用  8-4‐8-5

ガイドライン  8-2‐8-3

ターミナル エミュレータ、設定  2-8

帯域幅ベースの CAC

説明  4-59

有効化

CLI の使用  4-69

GUI の使用  4-62

タイムアウト、無効なクライアントの設定  6-14

ダイレクトされたローミング要求、コントローラ用  4-47

チャネル

静的割り当て

CLI の使用  10-29

GUI の使用  10-27‐10-29

チャネル帯域幅、20 から 40 MHz に変換  4-23

チャネルの動的割り当て  10-3

注意、定義済み  xxiii

注、定義済み  xxiii

チョークポイント、RFID タグ追跡用  4-87

ディスカバリ要求タイマー、設定  7-30

ディストリビューション システム ポート、説明  3-3‐3-5

テクニカル サポート、利用  xxiv

デバイスの証明書

概要  8-9

ダウンロード

CLI の使用  8-10‐8-11

GUI の使用  8-9‐8-10

ローカル EAP の使用  5-40, 5-46

デバッグ コマンド、送信  7-18

デバッグ ファシリティ

出力  D-33‐D-34

設定  D-32‐D-35

説明  D-31‐D-32

テレメトリ  4-87

点滅する LED、設定  7-53

動的 WEP、設定  6-20

動的インターフェイス

設定

CLI の使用  3-19‐3-20

GUI の使用  3-17‐3-19

説明  3-8

動的周波数選択、説明  7-41

ドメイン ネーム サーバ(DNS)ディスカバリ  7-3

トラブルシューティング

CCXv5 クライアント  D-14‐D-30

Telnet または SSH の使用  D-40

アクセス ポイントの接続プロセス  7-14‐7-18

無線スニファの使用  D-36

問題  D-5‐D-6

トンネル属性、ID ネットワーキング  5-81

長いプリアンブル

SpectraLink 社の NetLink 電話での有効化

CLI の使用  5-52

GUI の使用  5-51

説明  5-51

-J 規制区域から -U 規制区域へのアクセス ポイントの移動に関する日本の規制  7-38‐7-40

日本の国コード  7-38

認可、アクセス ポイント

CLI の使用  7-13

GUI の使用  7-12

認証情報要素(IE)  10-32

認証、定義済み  5-4

ネイティブ VLAN ID パラメータ  12-14

ネットワーク アナライザ対応ソフトウェア

AirMagnet  D-36

Airopeek  D-36

Omnipeek  D-36

Wireshark  D-36

パスワード リカバリ メカニズム  4-27

パスワードのパラメータを生成  9-5

パスワード、グローバル設定  7-4

パスワード、デフォルト イネーブル  7-4

バックアップ コントローラ

CLI を使用した設定  7-29‐7-31

説明  7-29

バックアップ コントローラ、設定  7-29‐7-31

ピアツーピア ブロッキング

CLI を使用した設定  6-19

GUI を使用した設定  6-18

ガイドライン  6-17

説明  6-17

例  6-15, 6-17

ピコ セル モード

CLI を使用したデバッグ  10-45

ガイドライン  10-41

概要  10-41

設定

CLI の使用  10-44‐10-45

GUI の使用  10-42‐10-44

バージョン  10-42

日付

NTP サーバでの設定  4-11

手動での設定  4-11

設定

CLI の使用  4-12

GUI の使用  4-11

ビデオ設定

CLI を使用した表示  4-71‐4-73

GUI を使用した表示  4-64‐4-68

設定

CLI の使用  4-70

GUI の使用  4-63‐4-64

ファイル転送  1-16

ファスト イーサネット ポート  3-4

フィルタ、クライアントの表示用  7-55

フェールオーバーの保護  1-19

負荷ベースの CAC

説明  4-59‐4-60

有効化

CLI の使用  4-69

GUI の使用  4-62

複数の国コード

CLI を使用した設定  7-35

GUI を使用した設定  7-33‐7-34

設定のガイドライン  7-32

複数の国のサポート、設定ウィザードの使用  4-6

不正アクセス ポイント アラーム  10-34

不正アクセス ポイントの検出

CLI を使用した有効化  10-35

GUI を使用した有効化  10-32‐10-34

不正なアクセス ポイント

RLDP サポート  5-85

RLDP の設定  5-88‐5-90

WCS でのルール ベースの分類のサポート  5-88

管理  5-85

タグ付け、検出、および阻止  5-85

表示および分類

CLI の使用  5-103‐5-107

GUI の使用  5-97‐5-103

分類  5-86

分類マッピング(表)  5-87

ルール ベースの分類のサポート  5-86

設定可能な分類タイプ/不正の状態の遷移(表)  5-88

不正の状態(表)

不正なアクセス ポイントも 参照

不正分類ルール、設定

CLI の使用  5-95‐5-97

GUI の使用  5-90‐5-94

ブリッジ プロトコル データ ユニット(BPDU)  3-25

ヘルプ、取得  2-2

ポート

2100 シリーズ コントローラ  3-2, 3-3

4400 シリーズ コントローラ  3-2, 3-3, 3-4

Catalyst 3750G 統合型無線 LAN コントローラ スイッチ  3-3, 3-4

Cisco 28/37/38xx シリーズ サービス統合型ルータ  3-3, 3-4, 4-97, 7-15

Cisco WiSM  3-3, 3-4

概要  3-2‐3-5

設定  3-21‐3-32

ポートのミラーリング、設定  3-24‐3-25

保証  C-5‐C-6

マニュアル

対象読者  xxi

入手  xxiv

表記規則  xxiii

フィードバック  xxiv

マニュアルの構成  xxii

目的  xxi

マニュアルの構成  xxii

マニュアルの対象読者  xxi

マニュアルの表記規則  xxiii

マニュアルの目的  xxi

マルチキャスト グループ

CLI を使用した表示  4-44

GUI を使用した表示  4-43

マルチキャスト モード

CLI を使用した有効化  4-43

GUI を使用した設定  4-41‐4-42

ガイドライン  4-40‐4-41, 7-22

説明  4-39‐4-40

短いプリアンブル、説明  5-51

ミラー モード。ポートのミラーリング、設定を参照

無効なクライアント、タイムアウトの設定  6-14

無線 LAN

MAC フィルタリング

DTIM 期間、設定  6-14‐6-16

Web 認証方式  9-23‐9-26

Web ログイン ページ、ログイン失敗ページ、ログアウト ページの割り当て

CLI の使用  9-24

GUI の使用  9-23

同じ SSID の使用  6-3

クライアントの接続  12-16

削除

CLI の使用  6-5

GUI の使用  6-3

作成

CLI の使用  6-5

GUI の使用  6-3‐6-4

条件付き Web リダイレクト  6-46

条件付き Web リダイレクトの設定  6-47‐6-49

スプラッシュ ページ Web リダイレクト  6-46

静的 WEP と動的 WEP の設定  6-20

セキュリティ設定の確認  6-20

説明  1-13

有線ゲスト アクセス  9-32‐9-38

有線セキュリティ ソリューション  1-6

無線コア ダンプ、コントローラへ  7-19

無線スニファ、必須条件  D-36

無線測定要求

CLI を使用した状態の表示  10-39

概要  10-36

設定

CLI  10-38

GUI  10-37

無線による管理機能

説明  5-54

有効化

CLI の使用  5-54

GUI の使用  5-54

無線プリアンブル、説明  5-51

無線リソースの監視  10-2

メッセージ ログ

システム ロギングも参照

設定

CLI の使用  D-10‐D-12

GUI の使用  D-7

表示

CLI の使用  D-13

GUI の使用  D-9‐D-10

メモリ

種類  1-18

変換した AP からのコア ダンプ  7-19

モビリティ ping テスト、実行  11-31

モビリティ アンカー

自動アンカー モビリティも参照

表示  11-24

モビリティ グループ

NAT デバイスでの使用  11-7‐11-9

RF グループとの違い  10-6

概要  11-5‐11-9

コントローラに追加するタイミングの判断  11-7

図示  11-5

設定

2 台の NAT デバイスの使用  11-9

CLI の使用  11-16

GUI の使用  11-11‐11-14

設定ウィザードの使用方法  4-5

1 台の NAT デバイスの使用  11-8

到着不能なメンバの検出  11-21

内部でのメッセージング  11-7

必須条件  11-10‐11-11

フェールオーバー  11-21

メンバへの ping 要求  11-21

例  11-6

モビリティ グループの統計

CLI を使用した表示  11-20

GUI を使用した表示  11-18‐11-20

種類  11-18

モビリティ、概要  11-2‐11-5

ユーザ アカウント、管理  9-1‐9-22

ユーザ名、グローバル設定  7-4

有線ゲスト アクセス

1 つのコントローラの例  9-26

2 つのコントローラの例  9-27

CLI を使用した設定  9-32‐9-38

GUI を使用した設定  9-28‐9-32

ガイドライン  9-28

設定の概要  9-27

説明  9-26‐9-27

ユニキャスト モード、説明  4-39

ライセンス契約  C-2‐C-4

リンク テスト

実行

CLI の使用  7-50

GUI の使用  7-49‐7-50

説明  7-48

パケットの種類  7-48

リンク集約(LAG)

ガイドライン  3-35

図示  3-34

設定、隣接デバイス  3-37

設定の確認、CLI の使用  3-37

説明  3-33‐3-34

有効化

CLI の使用  3-37

GUI の使用  3-36

例  3-33

ルート ブリッジ  3-26

レイヤ 1 セキュリティ  5-2

レイヤ 2

LWAPP ディスカバリ  7-2

セキュリティ

設定  6-19‐6-27

説明  5-2

動作  1-7

レイヤ 3

セキュリティ

説明  5-3

動作  1-7

LWAPP ディスカバリ  7-2

セキュリティ

設定  6-27‐6-28

ローカル EAP

CLI を使用した情報の表示  5-49

設定

CLI の使用  5-46‐5-50

GUI の使用  5-40‐5-45

説明  5-39‐5-40

デバッグ  5-50

例  5-40

ローカル ネットワーク ユーザ

CLI を使用した設定  5-33

GUI を使用した設定  5-30‐5-32

ローカル ユーザ データベース、キャパシティ  9-2

ロード バランシング、RRM の使用  10-5

ローミング診断とリアルタイム診断

CLI を使用した設定  D-28‐D-30

説明  D-14

ログ

説明  D-14

表示  D-28‐D-29

ローミング理由レポート、説明  4-47

ログ

RSNA  D-14, D-28‐D-30

syslog  D-14, D-28‐D-30

ローミング  D-14, D-28‐D-29

ロケーション

設定、CLI を使用した表示  4-92‐4-94

調整  10-37

ロケーション表示  4-93

ロケーション アプライアンス

コントローラとの同期化  4-92

証明書、インストール  4-91‐4-92

ロケーションの表示

CLI の使用  4-92

ロケーションベースのサービス  10-36

ロビー アンバサダー アカウント

作成、CLI の使用  9-4

作成、GUI の使用  9-2‐9-3

論理接続図

Catalyst 3750G 統合型無線 LAN コントローラ スイッチ  E-4

Cisco 28/37/38xx サービス統合型ルータ  E-3

Cisco WiSM  E-2

ワークグループ ブリッジ(WGB)

ガイドライン  7-22‐7-24

図示  7-22

ステータスの表示

CLI の使用  7-27

GUI の使用  7-25‐7-27

設定例  7-25

説明  7-22

デバッグ  7-28

ワールド モード  4-16, 4-17