Cisco Wireless LAN Controller コンフィギュレーション ガイド Software Release 5.0
Radio Resource Management の設定
Radio Resource Management の設定
発行日;2012/01/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

Radio Resource Management の設定

Radio Resource Management の概要

無線リソースの監視

送信電力の動的制御

チャネルの動的割り当て

カバレッジ ホールの検出と修正

クライアントとネットワークのロード バランシング

RRM の利点

RF グループの概要

RF グループ リーダー

RF グループ名

RF グループの設定

GUI を使用した RF グループの設定

CLI を使用した RF グループの設定

RF グループ ステータスの表示

GUI を使用した RF グループ ステータスの表示

CLI を使用した RF グループ ステータスの表示

RRM の設定

GUI を使用した RRM の設定

GUI を使用した RF グループ モードの設定

GUI を使用した送信電力の制御の設定

GUI を使用したチャネルの動的割り当ての設定

GUI を使用したカバレッジ ホールの検出の設定

GUI を使用した RRM プロファイルしきい値、監視チャネル、および監視間隔の設定

CLI を使用した RRM の設定

CLI を使用した RRM 設定の表示

CLI を使用した RRM の問題のデバッグ

RRM の無効化

アクセス ポイント無線へのチャネルおよび送信電力設定の静的割り当て

GUI を使用したチャネルおよび送信電力設定の静的割り当て

CLI を使用したチャネルおよび送信電力設定の静的割り当て

コントローラにおけるチャネルおよび電力の動的割り当てのグローバルな無効化

GUI を使用したチャネルおよび電力の動的割り当ての無効化

CLI を使用したチャネルおよび電力の動的割り当ての無効化

RF グループ内の不正アクセス ポイント検出の有効化

GUI を使用した RF グループ内の不正アクセス ポイントの検出の有効化

CLI を使用した RF グループ内の不正アクセス ポイントの検出の有効化

CCX 無線管理機能の設定

無線測定要求

ロケーション調整

GUI を使用した CCX 無線管理の設定

CLI を使用した CCX 無線管理の設定

CLI を使用した CCX 無線管理情報の取得

CLI を使用した CCX 無線管理問題のデバッグ

ピコ セル モードの設定

ピコ セル モードの使用に関するガイドライン

GUI を使用したピコ セル モードの設定

CLI を使用したピコ セル モードの設定

CLI を使用したピコ セル モードの問題のデバッグ

Radio Resource Management の設定

この章では、Radio Resource Management(RRM)とコントローラにおけるその設定方法について説明します。この章の内容は、次のとおりです。

「Radio Resource Management の概要」

「RF グループの概要」

「RF グループの設定」

「RF グループ ステータスの表示」

「RRM の設定」

「RRM の無効化」

「RF グループ内の不正アクセス ポイント検出の有効化」

「CCX 無線管理機能の設定」

「ピコ セル モードの設定」

Radio Resource Management の概要

Radio Resource Management(RRM)ソフトウェアはコントローラに組み込まれており、無線ネットワークのリアルタイムでの RF 管理を常時提供する組み込みの RF エンジニアとして機能します。RRM を使用すると、コントローラは、次の情報についてそのアソシエートされている Lightweight アクセス ポイントを継続的に監視できます。

トラフィックの負荷:トラフィックの送受信に使用される帯域幅の合計量。これにより、無線 LAN 管理者は、ネットワークの拡大状況を追跡し、クライアントの需要を見越して計画を立てることができます。

干渉:他の 802.11 発信元から送られてくるトラフィック量。

ノイズ:現在割り当てられているチャネルに干渉している 802.11 以外のトラフィック量。

カバレッジ:接続されているすべてのクライアントの Received Signal Strength Indicator(RSSI; 受信信号強度インジケータ)と Signal-to-Noise Ratio(SNR; 信号対雑音比)。

その他の:近くにあるアクセス ポイントの数。

RRM は、この情報を使用して、最も効率がよくなるように 802.11 RF ネットワークを定期的に再設定できます。そのために、RRM では次の機能を実行します。

無線リソースの監視

送信電力の動的制御

チャネルの動的割り当て

カバレッジ ホールの検出と修正

クライアントとネットワークのロード バランシング

無線リソースの監視

RRM は、ネットワークに追加された新しいコントローラや Lightweight アクセス ポイントを自動的に検出して設定します。その後、アソシエートされている近くの Lightweight アクセス ポイントを自動的に分散して、カバレッジとキャパシティを最適化します。

Lightweight アクセス ポイントは、使用国で有効なすべての 802.11a/b/g チャネルに加えて、他の地域で使用可能なチャネルも同時にスキャンできます。アクセス ポイントは、これらのチャネルのノイズや干渉を監視する際、最大で 60 ミリ秒の間「オフチャネル」になります。不正アクセス ポイント、不正クライアント、アドホック クライアント、干渉しているアクセス ポイントを検出するために、この間に収集されたパケットが解析されます。


) 過去 100 ミリ秒の間にパケットが音声キューに入っていた場合、アクセス ポイントはオフチャネルになりません。


デフォルトでは、各アクセス ポイントがオフチャネルになるのはその時間のわずか 0.2% です。この動作はすべてのアクセス ポイントに分散されるので、隣接するアクセス ポイントが同時にスキャンを実行して、無線 LAN のパフォーマンスに悪影響を及ぼすことはありません。そのため管理者は、すべてのアクセス ポイントを監視でき、ネットワークの可視性が向上します。

送信電力の動的制御

コントローラは、リアルタイムの無線 LAN 状況に基づいて、アクセス ポイントの送信電力を動的に制御します。通常は、電力を低く維持することでキャパシティを増やし、干渉を減らします。コントローラは、最適な -65dBm 以上の電力がある上位 4 つのネイバーが認識されるようにアクセス ポイントを調整します。

送信電力制御アルゴリズムでは、アクセス ポイントの電力を減らすことしかできません。ただし、次に説明するカバレッジ ホール アルゴリズムではアクセス ポイントの電力を増やすことで、カバレッジ ホールを埋めることができます。たとえば、障害が発生したアクセス ポイントが検出されると、カバレッジ ホール アルゴリズムによって周囲のアクセス ポイントの電力が自動的に増やされて、カバレッジの消失によって生じたギャップが埋められます。


) 送信電力レベルについては、送信電力レベルをアクセス ポイント無線に割り当てるには、Tx Power Level Assignment の Assignment Method で Custom を選択し、ドロップダウン ボックスから送信電力レベルを選択します。を参照してください。


チャネルの動的割り当て

同じチャネル上の 2 つの隣接するアクセス ポイントによって、信号のコンテンションや信号の衝突が発生することがあります。衝突が発生すると、アクセス ポイントではデータがまったく受信されません。この動作は問題になることがあります。たとえば、誰かがカフェで E メールを読むことで、近隣の会社のアクセス ポイントのパフォーマンスに影響が及ぶような場合です。これらがまったく別のネットワークであっても、チャネル 1 を使用してカフェにトラフィックが送信されることによって、同じチャネルを使用している会社の通信が妨害される可能性があります。コントローラは、アクセス ポイント チャネルを動的に割り当てて衝突を回避し、キャパシティとパフォーマンスを改善することで、この問題に対処します。それによって、チャネルは「再利用」され、希少な RF リソースが浪費されるのを防ぐことができます。つまり、チャネル 1 はカフェから離れた別のアクセス ポイントに割り当てられます。これは、チャネル 1 をまったく使用しないよりも効果的です。

コントローラによるチャネルの動的割り当て機能は、アクセス ポイント間における隣接するチャネルの干渉を最小限に抑える上でも役立ちます。たとえば、1 や 2 など、802.11b/g 帯域の 2 つのオーバーラップするチャネルでは、両方が同時に 11/54Mbps を使用することはできません。コントローラは、チャネルを効果的に再割り当てすることによって、隣接するチャネルを分離し、この問題を防ぎます。

コントローラは、さまざまなリアルタイムの RF 特性を検証して、チャネルの割り当てを効率的に処理します。次のような RF 特性があります。

アクセス ポイントの受信エネルギー:各アクセス ポイントとその近隣のアクセス ポイント間で測定された受信信号強度。チャネルを最適化して、ネットワーク キャパシティを最大にします。

ノイズ:ノイズによって、クライアントおよびアクセス ポイントの信号の品質が制限されます。ノイズが増加すると、有効なセル サイズが小さくなり、ユーザ エクスペリエンスが低下します。コントローラでは、ノイズ源を避けるようにチャネルを最適化することで、システム キャパシティを維持しながらカバレッジを最適化できます。過剰なノイズのためにチャネルが使用できない場合は、そのチャネルを回避できます。

802.11 干渉:干渉とは、不正アクセス ポイントや近隣の無線ネットワークなど、無線 LAN に含まれない 802.11 トラフィックのことです。Lightweight アクセス ポイントは、常にすべてのチャネルをスキャンして干渉の原因を調べます。定義済みの設定可能なしきい値(デフォルトは 10% です)を 802.11 干渉の量が超えると、アクセス ポイントからコントローラにアラートが送信されます。その場合、コントローラでは、RRM アルゴリズムを使用してチャネルの割り当てを動的に調整することで、干渉がある状況でシステム パフォーマンスを向上させることができます。このような調整によって、隣接する Lightweight アクセス ポイントが同じチャネルに割り当てられることがありますが、この設定は、干渉している外部アクセス ポイントが原因で使用できないチャネルにアクセス ポイントを割り当てたままにしておくよりも効果的です。

また、他の無線ネットワークがある場合、コントローラは、他のネットワークを補足するようにチャネルの使用を転換します。たとえば、チャネル 6 に 1 つのネットワークがある場合、隣接する無線 LAN はチャネル 1 または 11 に割り当てられます。この調整によって、周波数の共有が制限され、ネットワークのキャパシティが増加します。チャネルにキャパシティがほとんど残っていない場合、コントローラはそのチャネルを回避できます。オーバーラップしないすべてのチャネルが使用される非常に高密度の展開では、コントローラでも最適な処理が行われますが、期待値を設定する際に RF 密度を考慮する必要があります。

利用率:利用率の監視が有効な場合、(たとえば、ロビーとエンジニアリング エリアを比較して)一部のアクセス ポイントが他のアクセス ポイントよりも多量のトラフィックを伝送するように展開されていることを、キャパシティの計算で考慮できます。これによってコントローラは、最も低いパフォーマンス(および利用率)が報告されているアクセス ポイントを改善するようにチャネルを割り当てることができます。

負荷:チャネル構造を変更する際には、負荷を考慮して、現在無線 LAN に存在するクライアントへの影響を最小限に抑えるようにします。このメトリックによって、すべてのアクセス ポイントの送信パケットおよび受信パケットの数が追跡されて、アクセス ポイントのビジー状態が測定されます。新しいクライアントは過負荷のアクセス ポイントを回避し、別のアクセス ポイントにアソシエートします。

コントローラは、この RF 特性情報を RRM アルゴリズムとともに使用して、システム全体にわたる判断を行います。相反する要求の解決にあたっては、ソフト決定メトリックを使用して、ネットワーク干渉を最小限に抑えるための最善の方法が選択されます。最終的には、3 次元空間における最適なチャネル設定が実現します。この場合、上下のフロアにあるアクセス ポイントが全体的な無線 LAN 設定において主要な役割を果たします。

カバレッジ ホールの検出と修正

RRM カバレッジ ホール検出アルゴリズムは、堅牢な無線パフォーマンスに必要なレベルに達しない無線 LAN の無線カバレッジの領域を検出するように設計されています。この機能によって、Lightweight アクセス ポイントを追加(または再配置)する必要があるというアラートが生成されます。

RRM 設定で指定されたしきい値を下回る Received Signal Strength Indicator(RSSI; 受信信号強度インジケータ)レベルで Lightweight アクセス ポイント上のクライアントが検出されると、アクセス ポイントからコントローラに「カバレッジ ホール」アラートが送信されます。このアラートは、ローミング先の有効なアクセス ポイントがないまま、クライアントで劣悪な信号カバレッジが発生し続けるエリアが存在することを示します。コントローラでは、修正可能なカバレッジ ホールと不可能なカバレッジ ホールが識別されます。修正可能なカバレッジ ホールの場合、コントローラでは、その特定のアクセス ポイントの送信電力レベルを上げることによってカバレッジ ホールが解消されます。送信電力を増加させることが不可能なクライアントや、電力レベルが静的に設定されているクライアントによって生じたカバレッジ ホールがコントローラによって解消されることはありません。ダウンストリームの送信電力を増加させても、アップストリームのパフォーマンスの低さを改善することは不可能であり、ネットワーク内の干渉を増加させる可能性があるからです。


) 管理者は、Cisco Wireless Control System(WCS)を使用して、カバレッジ ホールの場所を表示できます。手順については、『Cisco Wireless Control System Configuration Guide』を参照してください。


クライアントとネットワークのロード バランシング

RRM は、各コントローラにレポートするようにグループ化された Lightweight アクセス ポイント間で、新しいクライアントをロード バランシングします。RRM により、一部の登録者を近くのアクセス ポイントへ自動的にアソシエートして、すべてのクライアントのスループットを高めることができます。したがって、会議室や講堂など、多数のクライアントが 1 か所に集中する場合は、この機能が特に重要になります。コントローラでは、すべてのアクセス ポイントにおけるクライアントの負荷についての集中ビューが提供されます。この情報に基づいて、新しいクライアントをネットワークのどこに接続するかを決定できます。また、既存のクライアントを新しいアクセス ポイントに配置して、無線 LAN のパフォーマンスを向上させることもできます。その結果、無線ネットワーク全体にキャパシティが均等に分散されます。


) クライアントのロード バランシングは、1 つのコントローラのみで動作します。マルチコントローラ環境では動作しません。


RRM の利点

RRM によって、最適なキャパシティ、パフォーマンス、および信頼性を備えたネットワークが構築されると同時に、面倒な履歴データの解釈と個々の Lightweight アクセス ポイントの再設定にかかる負担を避けることができます。また、一過性でトラブルシューティングが困難なノイズや干渉の問題を確認するために常時ネットワークを監視する必要がなくなります。最終的には、RRM によって、クライアントは Cisco Unified Wireless Network 経由による、シームレスで円滑な接続を利用できるようになります。

RRM では、配備されているネットワーク(802.11a および 802.11b/g)ごとに監視と制御が実施されます。つまり、無線タイプ(802.11a および 802.11b/g)ごとに RRM アルゴリズムが実行されます。RRM では、測定とアルゴリズムの両方が使用されます。RRM による測定については、監視間隔を使用して調整できます。ただし、RRM を無効にすることはできません。一方 RRM アルゴリズムは自動的に有効になりますが、チャネルや電力の割り当てを静的に設定することで無効にすることができます。RRM アルゴリズムは、指定された更新間隔(デフォルトでは 600 秒)で実行されます。


) 過去 100 ミリ秒の間に音声トラフィックがあった場合、トラフィックが Platinum QoS キューに残っている各アクセス ポイントでは RRM 測定が延期されます。


RF グループの概要

RF グループは、RF ドメインとも呼ばれ、802.11 ネットワークごとに RRM による計算の調整を行うコントローラのクラスタです。802.11 ネットワーク タイプごとに RF グループが存在します。コントローラを RF グループにクラスタ化することで、複数のコントローラに RRM アルゴリズムを拡張できます。

Lightweight アクセス ポイントは、定期的にネイバー メッセージを無線で送信します。RRM アルゴリズムでは、コントローラで設定されて各アクセス ポイントに送信される共有秘密が使用されます。同じ秘密を共有するアクセス ポイントは、相互から送信されたメッセージを検証できます。検証されたネイバー メッセージを、異なるコントローラ上のアクセス ポイントが -80dBm 以上の信号強度で受信すると、コントローラによって RF グループが動的に生成されます。


RF グループとモビリティ グループは、どちらもコントローラのクラスタを定義するという点では同じですが、用途に関しては異なります。この 2 つの概念がよく混同されるのは、スタートアップ ウィザードでモビリティ グループ名と RF グループ名が同じ名前に設定されるためです。さらにほとんどの場合、RF グループ内のすべてのコントローラが同じモビリティ グループに属し、モビリティ グループ内のすべてのコントローラが同じ RF グループに属します。ただし、RF グループはスケーラブルでシステム全体にわたる動的な RF 管理を実現するのに対して、モビリティ グループはスケーラブルでシステム全体にわたるモビリティとコントローラの冗長性を実現します。モビリティ グループの詳細は、 を参照してください。


RF グループ リーダー

RF グループのメンバーによって、グループの「マスター」電力およびチャネル スキームを管理する RF グループ リーダーが選ばれます。RF グループ リーダーは動的に選択されます。ユーザが選択することはできません。また、RF グループ リーダーは、RRM アルゴリズム計算に基づいて、いつでも変更できます。

RF グループ リーダーは、システムによって収集されたリアルタイムの無線データを分析して、マスター電力を算出し、チャネル計画を作成します。RRM のアルゴリズムでは、すべてのアクセス ポイント間の信号強度を約 -65dBm に最適化し、同じ 802.11 チャネルの干渉とコンテンション、および 802.11 以外の干渉を回避するよう試みられます。RRM アルゴリズムでは、ダンプニング計算を使用してシステム全体の動的な変更を最小限に抑えます。最終的には、絶えず変動する RF 環境に対応する、最適な電力およびチャネル計画が動的に策定されます。

RRMアルゴリズムは、指定された更新間隔(デフォルトでは 600秒)で実行されます。更新間隔の合い間に、RF グループ リーダーは各 RF グループ メンバーにキープアライブ メッセージを送信し、リアルタイムの RF データを収集します。


) 複数の監視間隔を使用することもできます。詳細は、「RRM の設定」を参照してください。


RF グループ名

コントローラには RF グループ名が設定されます。この RF グループ名は、そのコントローラに結合されているすべてのアクセス ポイントに送信され、アクセス ポイントでは、この名前がハッシュ MIC をネイバー メッセージで生成するための共有秘密として使用されます。RF グループを作成するには、グループに含めるすべてのコントローラに同じ RF グループ名を設定すればよいだけです。RF グループには、最大 20 のコントローラと 1000 のアクセス ポイントを含めることができます。

コントローラに結合されているアクセス ポイントが別のコントローラ上のアクセス ポイントから RF 伝送を受け取る可能性がある場合は、それらのコントローラに同じ RF グループ名を設定する必要があります。アクセス ポイント間の RF 伝送を受信する可能性がある場合、802.11 干渉およびコンテンションをできるだけ回避するには、システム全体にわたる RRM が推奨されます。

RF グループの設定

この項では、GUI または CLI を使用して RF グループを設定する手順について説明します。


) 通常、RF グループ名は展開時にスタートアップ ウィザードを使用して設定されます。ただし、必要に応じて変更できます。



) 複数の国コード機能を使用している場合、同じ RF グループに接続する予定のすべてのコントローラは、同じ国で構成された一連の国々を同じ順序で設定する必要があります。



) Cisco Wireless Control System(WCS)を使用して RF グループを設定することもできます。手順については、『Cisco Wireless Control System Configuration Guide』を参照してください。


GUI を使用した RF グループの設定

GUI を使用して RF グループを作成する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Controller > General の順にクリックして、General ページを開きます(図10-1 を参照)。

図10-1 General ページ

 

ステップ 2 RF-Network Name フィールドに RF グループの名前を入力します。名前には、19 文字以内の ASCII 文字を使用できます。

ステップ 3 Apply をクリックして、変更を適用します。

ステップ 4 Save Configuration をクリックして、変更内容を保存します。

ステップ 5 RF グループに含める各コントローラについて、この手順を繰り返します。


 

CLI を使用した RF グループの設定

CLI を使用して RF グループを設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 config network rf-network-name name と入力して、RF グループを作成します。


) グループ名として 19 文字以内の ASCII 文字を入力します。


ステップ 2 show network と入力して、RF グループを表示します。

ステップ 3 save config と入力して、設定を保存します。

ステップ 4 RF グループに含める各コントローラについて、この手順を繰り返します。


 

RF グループ ステータスの表示

この項では、GUI または CLI を使用して RF グループのステータスを表示する手順について説明します。


) Cisco Wireless Control System(WCS)を使用して RF グループのステータスを表示することもできます。手順については、『Cisco Wireless Control System Configuration Guide』を参照してください。


GUI を使用した RF グループ ステータスの表示

GUI を使用して RF グループのステータスを表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Wireless > 802.11a/n または 802.11b/g/n > RRM > RF Grouping の順にクリックして、802.11a(または 802.11b/g) RRM > RF Grouping ページを開きます(図10-2 を参照)。

図10-2 802.11a > RRM > RF Grouping ページ

 

このページには、RF グループの詳細が示されます。具体的には、グループ情報の更新間隔(デフォルトでは 600 秒)、RF グループ リーダーの MAC アドレス、この特定のコントローラがグループ リーダーであるかどうか、グループ情報の最終更新時間、およびすべてのグループ メンバーの MAC アドレスです。


Group Mode チェックボックスを使用して設定する自動 RF グループ化は、デフォルトで有効になっています。このパラメータの詳細は、「GUI を使用した RF グループ モードの設定」 を参照してください。


ステップ 2 必要に応じて、選択しなかったネットワーク タイプ(802.11a または 802.11b/g)について、この手順を繰り返します。


 

CLI を使用した RF グループ ステータスの表示

CLI を使用して RF グループのステータスを表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 show advanced 802.11a group と入力して、802.11a RF ネットワークの RF グループ リーダーであるコントローラを表示します。次のような情報が表示されます。

Radio RF Grouping
802.11a Group Mode............................. AUTO
802.11a Group Update Interval.................. 600 seconds
802.11a Group Leader........................... 00:16:9d:ca:d9:60
802.11a Group Member......................... 00:16:9d:ca:d9:60
802.11a Last Run............................ 594 seconds ago

このテキストは、RF グループの詳細を示しています。具体的には、このコントローラで自動 RF グループ化が有効かどうか、グループ情報の更新間隔(デフォルトでは 600 秒)、RF グループ リーダーの MAC アドレス、この特定のコントローラの MAC アドレス、およびグループ情報の最終更新時間です。


) グループ リーダーとグループ メンバーの MAC アドレスが同じ場合、そのコントローラは現在、グループ リーダーです。


ステップ 2 show advanced 802.11b group と入力して、802.11b/g RF ネットワークの RF グループ リーダーであるコントローラを表示します。


 

RRM の設定

コントローラで事前設定された RRM 設定は、ほとんどの展開向けに最適化されています。ただし、GUI または CLI を使用して、コントローラの RRM 設定パラメータをいつでも変更できます。


) RF グループの一部であるコントローラ上、または RF グループの一部でないコントローラ上で、これらのパラメータを設定できます。



) RRM パラメータは、RF グループ内のすべてのコントローラで同じ値に設定する必要があります。RF グループ リーダーは、いつでも変更できます。RRM パラメータの異なる RF グループ メンバがある場合は、グループ リーダーが変更されると、異なる結果が生じることがあります。


GUI を使用した RRM の設定

コントローラの GUI を使用して設定できる RRM パラメータは、RF グループ モード、送信電力の制御、チャネルの動的割り当て、カバレッジ ホールの検出、プロファイルしきい値、監視チャネル、および監視間隔です。これらのパラメータを設定するには、次の項の指示に従ってください。

GUI を使用した RF グループ モードの設定

コントローラの GUI を使用して RF グループ モードを設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Wireless > 802.11a/n または 802.11b/g/n > RRM > RF Grouping の順にクリックして、802.11a(または 802.11b/g)RRM > RF Grouping ページを開きます(図10-2 を参照)。

ステップ 2 Group Mode チェックボックスをオンにして、このコントローラが RF グループに参加できるようにするか、またはオフにしてこの機能を無効化します。この機能を有効にすると、コントローラによって、他のコントローラを含む RF グループが自動的に生成されます。グループでは、グループの RMM パラメータの設定を最適化するためのリーダーが動的に選ばれます。無効にすると、コントローラは、自動 RF グループ化に参加せずに、コントローラに直接接続されているアクセス ポイントを最適化します。 デフォルト値はオンです。


) コントローラが自動 RF グループ化に関連するように設定することをお勧めします。RRM の設定を無効にする際には、自動 RF グループ化への参加を無効にする必要はありません。手順については、「RRM の無効化」を参照してください。


ステップ 3 Apply をクリックして、変更を適用します。

ステップ 4 Save Configuration をクリックして、変更内容を保存します。


 

GUI を使用した送信電力の制御の設定

コントローラの GUI を使用して送信電力の動的制御を設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Wireless > 802.11a/n または 802.11b/g/n > RRM > TPC の順にクリックして、802.11a(または 802.11b/g) > RRM > Tx Power Control (TPC) ページを開きます(図10-3 を参照)。

図10-3 802.11a > RRM > Tx Power Control (TPC) ページ

 

ステップ 2 Power Level Assignment Method ドロップダウン ボックスから次のオプションのいずれかを選択して、コントローラの動的電力割り当てモードを指定します。

Automatic :コントローラによって、結合されているすべてのアクセス ポイントの送信電力が定期的に評価され、必要に応じて更新されます。これはデフォルト値です。

On Demand :コントローラによって、結合されているすべてのアクセス ポイントの送信電力が定期的に評価されます。ただし、Invoke Power Update Now をクリックした場合のみ、必要に応じて電力が更新されます。


Invoke Power Update Now をクリックしても、すぐに送信電力の評価と更新が行われるわけではありません。次の間隔(600 秒)まで待機します。この値は設定可能です。


Fixed :コントローラによって、結合されているアクセス ポイントの送信電力が評価されたり、必要に応じて更新されたりすることはありません。電力レベルは、ドロップダウン ボックスから選択した固定値に設定されます。


) 送信電力レベルには、mW や dBm による値の代わりに整数値が割り当てられます。この整数は、アクセス ポイントが展開されている規制区域によって異なる電力レベルに対応します。使用可能な送信電力レベルについては、送信電力レベルをアクセス ポイント無線に割り当てるには、Tx Power Level Assignment の Assignment Method で Custom を選択し、ドロップダウン ボックスから送信電力レベルを選択します。を参照してください。



) 最適なパフォーマンスを確保するには、Automatic 設定を使用することをお勧めします。コントローラのチャネルおよび電力の動的設定を無効にする必要がある場合、手順については「コントローラにおけるチャネルおよび電力の動的割り当てのグローバルな無効化」を参照してください。


このページには、次のような送信電力レベルのパラメータの設定も表示されますが、これらは設定できません。

Power Threshold:RRM で、アクセス ポイントの電力を減らすかどうかを判断する際に使用される切断信号レベルです。このパラメータのデフォルト値は -65 dBm です。まれに、アクセス ポイントが送信する電力レベルが必要以上に高い (または低い) 場合は、コントローラ CLI を使用して変更できます。CLI コマンドについては、「CLI を使用した RRM の設定」を参照してください。

Power Neighbor Count:送信電力制御アルゴリズムを実行するためにアクセス ポイントに必要なネイバーの最小数です。

Power Assignment Leader:電力レベルの割り当てを担当する RF グループ リーダーの MAC アドレスです。

Last TPC Iteration:RRM が現在の送信電力レベルの割り当てを最後に評価した時間です。

ステップ 3 Apply をクリックして、変更を適用します。

ステップ 4 Save Configuration をクリックして、変更内容を保存します。


 

GUI を使用したチャネルの動的割り当ての設定

RRM スキャンに使用されるチャネルが動的チャネル割り当て(DCA)アルゴリズムで選択される際に考慮されるチャネルを、コントローラの GUI を使用して指定する手順は、次のとおりです。この機能は、クライアントが古いデバイスであるため、またはクライアントに特定の制約事項があるために、クライアントで特定のチャネルがサポートされないことがわかっている場合に役立ちます。


ステップ 1 Wireless > 802.11a/n または 802.11b/g/n > RRM > DCA の順にクリックして、802.11a(または 802.11b/g) > RRM > Dynamic Channel Assignment (DCA) ページを開きます(図10-4 を参照)。

図10-4 802.11a > RRM > Dynamic Channel Assignment (DCA) ページ

 

ステップ 2 Channel Assignment Method ドロップダウン ボックスから次のオプションのいずれかを選択して、コントローラの DCA モードを指定します。

Automatic :コントローラによって、結合されているすべてのアクセス ポイントのチャネル割り当てが定期的に評価され、必要に応じて更新されます。これはデフォルト値です。

On Demand :コントローラによって、結合されているすべてのアクセス ポイントのチャネル割り当てが定期的に評価されます。ただし、Invoke Channel Update Now をクリックした場合のみ、必要に応じてチャネルが再割り当てされます。


Invoke Channel Update Now をクリックしても、すぐにチャネルの評価と更新が行われるわけではありません。次の間隔が経過するまで待機します。


OFF :コントローラによって、結合されているアクセス ポイントのチャネル割り当てが評価されたり、必要に応じて更新されたりすることはありません。


) 最適なパフォーマンスを確保するには、Automatic 設定を使用することをお勧めします。コントローラのチャネルおよび電力の動的設定を無効にする必要がある場合、手順については「コントローラにおけるチャネルおよび電力の動的割り当てのグローバルな無効化」を参照してください。


Interval フィールドには、設定されている DCA アルゴリズムの実行頻度が表示されます。デフォルト値は 600 秒です。Anchor Time フィールドには、設定されている DCA アルゴリズムの開始時刻が表示されます。範囲は、午前 12:00 ~ 午後 11:00 です。


) 間隔とアンカー時間は、コントローラ CLI を使用して設定できます。詳細は、「CLI を使用した RRM の設定」を参照してください。


ステップ 3 Avoid Foreign AP Interference チェックボックスをオンにすると、コントローラの RRM アルゴリズムで、Lightweight アクセス ポイントにチャネルを割り当てるときに、外部アクセス ポイント(無線ネットワークに含まれないもの)からの 802.11 トラフィックが考慮されます。この機能を無効にする場合は、オフにします。たとえば RRM では、外部アクセス ポイントに近いチャネルをアクセス ポイントが回避するようにチャネル割り当てを調整できます。デフォルト値はオンです。

ステップ 4 Avoid Cisco AP Load チェックボックスをオンにすると、コントローラの RRM アルゴリズムで、チャネルを割り当てるときに、無線ネットワーク内の Cisco Lightweight アクセス ポイントからの 802.11 トラフィックが考慮されます。この機能を無効にする場合は、オフにします。たとえば RRM では、トラフィックの負荷が高いアクセス ポイントに適切な再利用パターンを割り当てることができます。デフォルトではオフになっています。

ステップ 5 Avoid Non-802.11a (802.11b) Noise チェックボックスをオンにすると、コントローラの RRM アルゴリズムで、Lightweight アクセス ポイントにチャネルを割り当てるときに、ノイズ(802.11 以外のトラフィック)が考慮されます。この機能を無効にする場合は、オフにします。たとえば RRM では、電子レンジなど、アクセス ポイント以外を原因とする重大な干渉があるチャネルをアクセス ポイントに回避させることができます。デフォルト値はオンです。

このページには、次のようなチャネル パラメータの設定も表示されますが、これらは設定できません。

Channel Assignment Leader:チャネルの割り当てを担当する RF グループ リーダーの MAC アドレスです。

Last DCA Iteration:RRM が現在のチャネル割り当てを最後に評価した時刻です。

DCA Sensitivity Level :設定されている DCA 感度設定(低、中、高)。チャネルを変更するかどうかを判断する際に、信号、負荷、ノイズ、干渉などの環境の変化に対する DCA アルゴリズムの感度が、この設定によって決定されます。


config advanced {802.11a | 802.11b} channel dca sensitivity {low | medium | high} CLI コマンドを使用して DCA 感度レベルを設定できます。詳細は、「CLI を使用した RRM の設定」を参照してください。


ステップ 6 DCA Channel List の選択時に、DCA Channels フィールドには、現在選択されているチャネルが表示されます。チャネルを選択するには、Select カラムでそのチャネルのチェックボックスをオンにします。チャネルの選択を解除するには、チャネルのチェックボックスをオフにします。

範囲:
802.11a:36、40、44、48、52、56、60、64、100、104、108、112、116、132、136、140、149、153、157、161、165、190、196
802.11b/g:1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11

デフォルト:
802.11a:36、40、44、48、52、56、60、64、100、104、108、112、116、132、136、140、149、153、157、161
802.11b/g:1、6、11

ステップ 7 Apply をクリックして、変更を適用します。

ステップ 8 Save Configuration をクリックして、変更内容を保存します。


) DCA アルゴリズムによってチャネルが変更された理由を参照するには、Monitor をクリックして、次に Most Recent Traps で View All をクリックします。トラップにより、チャネルが変更された無線の MAC アドレス、前のチャネルと新規のチャネル、変更された理由、変更前後のエネルギー、変更前後のノイズ、変更前後の干渉が示されます。



 

GUI を使用したカバレッジ ホールの検出の設定

コントローラの GUI を使用してカバレッジ ホールの検出を有効にする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Wireless > 802.11a/n または 802.11b/g/n > RRM > Coverage の順にクリックして、802.11a(または 802.11b/g) > RRM > Coverage ページを開きます(図10-5 を参照)。

図10-5 802.11a > RRM > Coverage ページ

 

ステップ 2 カバレッジ ホールの検出を有効にする場合は Enable Coverage Hole Detection チェックボックスをオンにします。この機能を無効にする場合は、オフにします。カバレッジ ホールの検出を有効にすると、カバレッジが不完全な領域に位置する可能性のあるクライアントを持つアクセス ポイントがあるかどうかを、アクセス ポイントから受信したデータに基づいてコントローラが自動的に判断します。デフォルト値はオンです。

ステップ 3 Data RSSI フィールドに、アクセス ポイントで受信されたデータ パケットの最小の受信信号強度インジケータ(RSSI)を入力します。入力する値は、ネットワーク内のカバレッジ ホール(またはカバレッジが不完全な領域)を特定するのに使用されます。アクセス ポイントによって、ここで入力する値より RSSI 値が小さいパケットがデータ キューに受信される場合、潜在的なカバレッジ ホールが検出されています。有効な値の範囲は -60 ~ -90dBm で、デフォルト値は -80dBm です。アクセス ポイントでは、データ RSSI が 5 秒おきに測定され、それらが 90 秒間隔でコントローラにレポートされます。

ステップ 4 Voice RSSI フィールドに、アクセス ポイントで受信された音声パケットの最小の受信信号強度インジケータ(RSSI)を入力します。入力する値は、ネットワーク内のカバレッジ ホールを特定するのに使用されます。アクセス ポイントによって、ここで入力する値より RSSI 値が小さいパケットが音声キューに受信される場合、潜在的なカバレッジ ホールが検出されています。有効な値の範囲は -60 ~ -90dBm で、デフォルト値は -75dBm です。アクセス ポイントでは、音声 RSSI が 5 秒おきに測定され、それらが 90 秒間隔でコントローラにレポートされます。

ステップ 5 Min Failed Client Count per AP フィールドに、RSSI 値がデータ RSSI または音声 RSSI のしきい値以下であるアクセス ポイント上のクライアントの最小数を入力します。有効な範囲は 1 ~ 75 で、デフォルト値は 3 です。

ステップ 6 Coverage Exception Level per AP フィールドに、信号レベルが低くなっているにもかかわらず別のアクセス ポイントにローミングできない、アクセス ポイント上のクライアントの割合を入力します。有効な値の範囲は 0 ~ 100% で、デフォルト値は 25% です。


) 5 秒間で失敗したパケットの数と割合の両方が、Failed Packet Count および Failed Packet Percentage(コントローラの CLI を使用して設定可能。5 秒間で失敗したパケットの数と割合の両方が、packet-count および fail-rate コマンドに入力された値を超える場合、クライアントは事前アラーム状態と判断されます。コントローラでは、この情報を使用して、真のカバレッジ ホールと偽のカバレッジ ホールが区別され、ローミング ロジックが不完全なクライアントが除外されます。90 秒間で失敗したクライアントの数と割合の両方が、coverage level global および coverage exception global コマンドで入力された値を満たすか超えている場合、カバレッジ ホールが検出されます。コントローラでは、カバレッジ ホールが修正可能かどうかが判断され、適切な場合は、その特定のアクセス ポイントの送信電力レベルを上げることによってカバレッジ ホールが解消されます。 を参照)に設定された値を超える場合、クライアントは事前アラーム状態と判断されます。コントローラでは、この情報を使用して、真のカバレッジ ホールと偽のカバレッジ ホールが区別され、ローミング ロジックが不完全なクライアントが除外されます。90 秒間で失敗したクライアントの数と割合の両方が、Min Failed Client Count per AP および Coverage Exception Level per AP フィールドに入力された値を満たすか超えている場合、カバレッジ ホールが検出されます。コントローラでは、カバレッジ ホールが修正可能かどうかが判断され、適切な場合は、その特定のアクセス ポイントの送信電力レベルを上げることによってカバレッジ ホールが解消されます。


ステップ 7 Apply をクリックして、変更を適用します。

ステップ 8 Save Configuration をクリックして、変更内容を保存します。


 

GUI を使用した RRM プロファイルしきい値、監視チャネル、および監視間隔の設定

コントローラの GUI を使用して RRM プロファイルしきい値、監視チャネル、および監視間隔を設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Wireless > 802.11a/n または 802.11b/g/n > RRM > General の順にクリックして、802.11a(または 802.11b/g) > RRM > General ページを開きます(図10-6 を参照)。

図10-6 802.11a > RRM > General ページ

 

ステップ 2 アラームに使用されるプロファイルしきい値を設定する手順は、次のとおりです。


) プロファイルしきい値は、RRM アルゴリズムの機能には関係ありません。これらのしきい値パラメータに設定された値を超えると、Lightweight アクセス ポイントからコントローラに SNMP トラップ(またはアラート)が送信されます。


a. Interference フィールドに、1 つのアクセス ポイントにおける干渉(無線ネットワーク外の発信元からの 802.11 トラフィック)の割合を入力します。有効な値の範囲は 0 ~ 100% で、デフォルト値は 10% です。

b. Clients フィールドに、1 つのアクセス ポイントにおけるクライアントの数を入力します。有効な範囲は 1 ~ 75 で、デフォルト値は 12 です。

c. Noise フィールドに、1 つのアクセス ポイントにおけるノイズ(802.11 以外のトラフィック)のレベルを入力します。有効な値の範囲は -127 ~ 0dBm で、デフォルト値は -70dBm です。

d. Utilization フィールドに、1 つのアクセス ポイントで使用されている RF 帯域の割合を入力します。有効な値の範囲は 0 ~ 100% で、デフォルト値は 80% です。

ステップ 3 Channel List ドロップダウン ボックスから次のオプションのいずれかを選択して、アクセス ポイントで RRM によるスキャンに使用されるチャネルのセットを指定します。

All Channels :選択した無線でサポートされているすべてのチャネルで、RRM によるチャネル スキャンが実行されます。使用国で有効でないチャネルも対象となります。

Country Channels :使用国内の D チャネルのみで、RRM によるチャネル スキャンが実行されます。これはデフォルト値です。

DCA Channels :DCA アルゴリズムによって使用されるチャネル セットのみで、RRM によるチャネル スキャンが実行されます。デフォルトでは、使用国で有効な、オーバーラップしないすべてのチャネルが対象となります。ただし、必要に応じて、DCA で使用するチャネル セットを指定できます。指定するには、「GUI を使用したチャネルの動的割り当ての設定」 の手順に従ってください。

ステップ 4 監視間隔を設定する手順は、次のとおりです。

a. Noise Measurement フィールドに、アクセス ポイントでノイズや干渉が測定される間隔(秒)を入力します。有効な範囲は 60 ~ 3600秒で、デフォルト値は 180秒です。

b. Load Measurement フィールドに、アクセス ポイントでチャネルの負荷に関する情報が収集される頻度(秒)を入力します。収集された情報は、DCA アルゴリズムに取り込まれます。有効な値の範囲は 60 ~ 3600 秒で、デフォルト値は 60 秒です。

c. Neighbor Packet Frequency フィールドに、アクセス ポイントで信号強度が測定される間隔、およびネイバー パケット(メッセージ)が送信されて最終的にネイバー リストが構築される間隔を秒単位で入力します。有効な値の範囲は 60 ~ 3600 秒で、デフォルト値は 60 秒です。

d. Channel Scan Duration フィールドに、無線帯域内の各チャネルでスキャンを実行する時間間隔の合計(秒)を入力します。スキャン プロセス全体の所要時間はチャネル、無線ごとに 50 分であり、Channel Scan Duration に指定された間隔で実行されます。各チャネルをリッスンするための所要時間は、50 分のスキャン時間(設定不可)とスキャン対象チャネル数によって決まります。たとえば、米国では、11 個の 802.11b/g チャネルがすべて、デフォルトの 180 秒の間隔で、50 分間ずつスキャンされます。したがって、各スキャン チャネルで 16 秒ごとに 50 分がリッスンに費やされます(180/11 = ~16 秒)。スキャン プロセス全体に割り当てられている時間。スキャンが実行される間隔は、Channel Scan Duration パラメータによって決まります。有効な値の範囲は 60 ~ 3600 秒で、802.11a 無線のデフォルト値は 60秒、802.11b/g 無線のデフォルト値は 180 秒です。

ステップ 5 Apply をクリックして、変更を適用します。

ステップ 6 Save Configuration をクリックして、変更内容を保存します。


) コントローラの RRM 関連パラメータをすべて工場出荷時のデフォルト値に戻す場合は、Set to Factory Default をクリックします。



 

CLI を使用した RRM の設定

コントローラの CLI を使用して RRM を設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 次のコマンドを入力して、802.11a または 802.11b/g ネットワークを無効にします。

config {802.11a | 802.11b} disable

ステップ 2 送信電力の制御に関して設定するには、次のいずれかの操作を行います。

すべての 802.11a または 802.11b/g 無線の送信電力が定期的に RRM によって自動的に設定されるようにするには、次のコマンドを入力します。

config {802.11a | 802.11b} txPower global auto

すべての 802.11a または 802.11b/g 無線の送信電力が一度だけ RRM によって自動的に再設定されるようにするには、次のコマンドを入力します。

config {802.11a | 802.11b} txPower global once

デフォルトの送信電力設定 -65dBm を手動で変更するには、次のコマンドを入力します。

config advanced { 802.11a | 802.11b } tx-power-control-thresh threshold

threshold は、-50 ~ -80dBm の値です。この値を -50 ~ -65dBm の範囲で増やすと、アクセス ポイントは高い送信電力で動作するようになります。値を減らすと、逆の効果が得られます。

多数のアクセス ポイントを使用しているアプリケーションでは、しきい値を -75dBm または - 80dBm に減らして、無線クライアントが認識可能な BSSID(アクセス ポイント)やビーコンの数を少なくするとよいでしょう。一部の無線クライアントは多数の BSSID や高速ビーコンを処理できない場合があり、デフォルトのしきい値では、問題のある動作を起こす可能性があります。


) 詳細は、「GUI を使用した送信電力の制御の設定」 の Power Threshold についての説明を参照してください。


ステップ 3 チャネルの動的割り当て(DCA)を設定するには、次のいずれかの操作を行います。

アベイラビリティおよび干渉に基づいて、すべての 802.11a または 802.11b/g チャネルが RRM によって自動的に設定されるようにするには、次のコマンドを入力します。

config {802.11a | 802.11b} channel global auto

アベイラビリティおよび干渉に基づいて、すべての 802.11a または 802.11b/g チャネルが一度だけ RRM によって自動的に再設定されるようにするには、次のコマンドを入力します。

config {802.11a | 802.11b} channel global once

RRM を無効にし、すべてのチャネルをデフォルト値に設定するには、次のコマンドを入力します。

config {802.11a | 802.11b} channel global off

DCA に使用するチャネル セットを指定するには、次のコマンドを入力します。

config advanced {802.11a | 802.11b} channel {add | delete} channel_number

コマンドごとに 1 つのチャネル番号のみを入力できます。このコマンドは、クライアントが古いデバイスであるため、またはクライアントに特定の制約事項があるために、クライアントで特定のチャネルがサポートされないことがわかっている場合に役立ちます。

ステップ 4 追加の DCA パラメータを設定するには、次のコマンドを使用します。

config advanced { 802.11a | 802.11b } channel dca anchor-time value: DCA アルゴリズムの開始時刻を指定します。 value は、午前 12:00 ~ 午後 11:00 の時刻を表す、0 ~ 23(両端の値を含む)の数値です。

config advanced { 802.11a | 802.11b } channel dca interval value: DCA アルゴリズムの実行が許可される頻度を指定します。 valu には、時間単位で 1、2、3、4、6、8、12、または 24 のいずれかの値を指定するか、デフォルト値の 10 分(すなわち 600 秒)を示す 0 を指定します。

config advanced { 802.11a | 802.11b } channel dca sensitivity { low | medium | high } DCA アルゴリズムでチャネルを変更するかどうかを判断する際の、信号、負荷、ノイズ、干渉などの環境の変化に対する感度を指定します。

low の場合、環境の変化に対する DCA アルゴリズムの感度は特に高くありません。

medium の場合、環境の変化に対する DCA アルゴリズムの感度は中程度です。

high の場合、環境の変化に対する DCA アルゴリズムの感度が高くなります。

DCA の感度のしきい値は、次のように、無線帯域によって異なります( 表10-1 を参照)。

 

表10-1 DCA の感度のしきい値

2.4GHz での DCA の感度のしきい値
5GHz での DCA の感度のしきい値
High

5dB

5dB

Medium

15dB

20dB

Low

30dB

35dB

config advanced { 802.11a | 802.11b } channel foreign { enable | disable }:チャネル割り当てにおける外部アクセス ポイントの干渉の回避を有効または無効にします。

config advanced { 802.11a | 802.11b } channel load { enable | disable }:チャネル割り当てにおける負荷の回避を有効または無効にします。

config advanced { 802.11a | 802.11b } channel noise { enable | disable }:チャネル割り当てにおけるノイズの回避を有効または無効にします。

config advanced { 802.11a | 802.11b } channel update :すべてのシスコ アクセス ポイントのチャネル選択の更新を開始します。

ステップ 5 カバレッジ ホールの検出を設定するには、次のコマンドを使用します。

config advanced {802.11a | 802.11b} coverage {enable | disable}:カバレッジ ホールの検出を有効または無効にします。カバレッジ ホールの検出を有効にすると、カバレッジが不完全な領域に位置する可能性のあるクライアントを持つアクセス ポイントがあるかどうかを、アクセス ポイントから受信したデータに基づいてコントローラが自動的に判断します。デフォルト値は有効(enable)です。

config advanced {802.11a | 802.11b} coverage {data | voice} rssi-threshold rssi :アクセス ポイントによって受信されるパケットの受信信号強度インジケータ(RSSI)の最小値を指定します。入力する値は、ネットワーク内のカバレッジ ホール(またはカバレッジが不完全な領域)を特定するのに使用されます。アクセス ポイントによって、ここで入力する値より RSSI 値が小さいパケットがデータ キューまたは音声キューに受信される場合、潜在的なカバレッジ ホールが検出されています。有効な値の範囲は -60 ~ -90dBmで、データ パケットのデフォルト値は -80dBm、音声パケットのデフォルト値は -75dBm です。アクセス ポイントでは、RSSI が 5 秒おきに測定され、それらが 90 秒間隔でコントローラにレポートされます。

config advanced {802.11a | 802.11b} coverage level global clients :RSSI 値がデータ RSSI または音声 RSSI のしきい値以下であるアクセス ポイント上のクライアントの最小数を指定します。有効な範囲は 1 ~ 75 で、デフォルト値は 3 です。

config advanced {802.11a | 802.11b} coverage exception global percent :信号レベルが低くなっているにもかかわらず、別のアクセス ポイントにローミングできないアクセス ポイント上のクライアントの割合を指定します。有効な値の範囲は 0 ~ 100% で、デフォルト値は 25% です。

config advanced {802.11a | 802.11b} coverage {data | voice} packet-count packets :アップリンク データまたは音声パケットの最小失敗回数のしきい値を指定します。有効な値の範囲は 1 ~ 255 パケットで、デフォルト値は 10 パケットです。

config advanced {802.11a | 802.11b} coverage {data | voice} fail-rate percent :アップリンク データまたは音声パケットの失敗率のしきい値を指定します。有効な値の範囲は 1 ~ 100% で、デフォルト値は 20% です。


5 秒間で失敗したパケットの数と割合の両方が、packet-count および fail-rate コマンドに入力された値を超える場合、クライアントは事前アラーム状態と判断されます。コントローラでは、この情報を使用して、真のカバレッジ ホールと偽のカバレッジ ホールが区別され、ローミング ロジックが不完全なクライアントが除外されます。90 秒間で失敗したクライアントの数と割合の両方が、coverage level global および coverage exception global コマンドで入力された値を満たすか超えている場合、カバレッジ ホールが検出されます。コントローラでは、カバレッジ ホールが修正可能かどうかが判断され、適切な場合は、その特定のアクセス ポイントの送信電力レベルを上げることによってカバレッジ ホールが解消されます。


ステップ 6 次のコマンドを入力して、802.11a または 802.11b/g ネットワークを有効にします。

config {802.11a | 802.11b} enable


) 802.11g ネットワークを有効にするには、config 802.11b enable コマンドの後に config 802.11b 11gSupport enable と入力します。


ステップ 7 次のコマンドを入力して、設定を保存します。

save config


 

CLI を使用した RRM 設定の表示

802.11a および 802.11b/g のその他の RRM 設定を表示するには、次のコマンドを使用します。

show advanced {802.11a | 802.11b} ?

? は、次のいずれかです。

ccx {global | Cisco_AP } :CCX RRM 設定を表示します。

802.11a Client Beacon Measurements:
disabled

channel :チャネル割り当ての設定および統計情報を表示します。

Automatic Channel Assignment
Channel Assignment Mode........................ AUTO
Channel Update Interval........................ 600 seconds
Anchor time (Hour of the day).................. 0
Channel Update Contribution.................... SNI.
Channel Assignment Leader...................... 00:0b:85:43:dd:c0
Last Run....................................... 426 seconds ago
 
DCA Sensitivity Level: ...................... MEDIUM (20 dB)
Channel Energy Levels
Minimum...................................... unknown
Average...................................... unknown
Maximum...................................... unknown
Channel Dwell Times
Minimum...................................... unknown
Average...................................... unknown
Maximum...................................... unknown
Auto-RF Allowed Channel List................... 36,40,44,48,52,56,60,64,100,
............................................. 104,108,112,116,132,136,140,
............................................. 149,153,157,161
Auto-RF Unused Channel List................. 165,190,196

coverage :カバレッジ ホールの検出の設定および統計に関する情報を表示します。

Coverage Hole Detection
802.11a Coverage Hole Detection Mode........... Enabled
802.11a Coverage Voice Packet Count............ 10 packets
802.11a Coverage Voice Packet Percentage....... 20%
802.11a Coverage Voice RSSI Threshold.......... -75 dBm
802.11a Coverage Data Packet Count............. 10 packets
802.11a Coverage Data Packet Percentage........ 20%
802.11a Coverage Data RSSI Threshold........... -80 dBm
802.11a Global coverage exception level........ 25%
802.11a Global client minimum exception lev. 3 clients

logging :RF イベント ログおよびパフォーマンス ログを表示します。

RF Event and Performance Logging
Channel Update Logging......................... Off
Coverage Profile Logging....................... Off
Foreign Profile Logging........................ Off
Load Profile Logging........................... Off
Noise Profile Logging.......................... Off
Performance Profile Logging.................... Off
TxPower Update Logging...................... Off

monitor :シスコの無線監視に関する情報を表示します。

Default 802.11a AP monitoring
802.11a Monitor Mode........................... enable
802.11a Monitor Channels....................... Country channels
802.11a AP Coverage Interval................... 180 seconds
802.11a AP Load Interval....................... 60 seconds
802.11a AP Noise Interval...................... 180 seconds
802.11a AP Signal Strength Interval......... 60 seconds
 

profile {global | Cisco_AP } :アクセス ポイントのパフォーマンス プロファイルを表示します。

Default 802.11a AP performance profiles
802.11a Global Interference threshold.......... 10%
802.11a Global noise threshold................. -70 dBm
802.11a Global RF utilization threshold........ 80%
802.11a Global throughput threshold............ 1000000 bps
802.11a Global clients threshold............ 12 clients

receiver :802.11a または 802.11b/g 受信装置の設定および統計情報を表示します。

802.11a Advanced Receiver Settings
RxStart : Signal Threshold..................... 15
RxStart : Signal Jump Threshold................ 5
RxStart : Preamble Power Threshold............. 2
RxRestart: Signal Jump Status................... Enabled
RxRestart: Signal Jump Threshold................ 10
TxStomp : Low RSSI Status...................... Enabled
TxStomp : Low RSSI Threshold................... 30
TxStomp : Wrong BSSID Status................... Enabled
TxStomp : Wrong BSSID Data Only Status......... Enabled
RxAbort : Raw Power Drop Status................ Disabled
RxAbort : Raw Power Drop Threshold............. 10
RxAbort : Low RSSI Status...................... Disabled
RxAbort : Low RSSI Threshold................... 0
RxAbort : Wrong BSSID Status................... Disabled
RxAbort : Wrong BSSID Data Only Status......... Disabled
--------------------------------------------....
pico-cell-V2 parameters in dbm units:...........
 
RxSensitivity: Min,Max,Current RxSense Thres.... 0,0,0
CCA Threshold: Min,Max,Current Clear Channel.... 0,0,0
Tx Pwr: Min,Max,Current Transmit Power for A.... 0,0,0
--------------------------------------------....

summary :802.11a または 802.11b/g アクセス ポイントの設定および統計情報を表示します。

AP Name Channel TxPower Level
-------------------------------- ----------- -------------
AP1242.47b2.31f6 132* 1*
AP0016.47b2.31ea 132* 1*
AP1131:46f2.98ac 64* 1*

txpower :送信電力割り当ての設定および統計情報を表示します。

Automatic Transmit Power Assignment
Transmit Power Assignment Mode................. AUTO
Transmit Power Update Interval................. 600 seconds
Transmit Power Threshold....................... -65 dBm
Transmit Power Neighbor Count.................. 3 APs
Transmit Power Update Contribution............. SNI.
Transmit Power Assignment Leader............... 00:0b:85:43:dd:c0
Last Run....................................... 360 seconds ago

CLI を使用した RRM の問題のデバッグ

RRM の動作のトラブルシューティングおよび検証には、以下のコマンドを使用します。

debug airewave-director ?

? は、次のいずれかです。

all :すべての RRM ログのデバッグを有効にします。

channel :RRM チャネル割り当てプロトコルのデバッグを有効にします。

detail :RRM 詳細ログのデバッグを有効にします。

error :RRM エラー ログのデバッグを有効にします。

group :RRM グループ プロトコルのデバッグを有効にします。

manager :RRM マネージャのデバッグを有効にします。

message :RRM メッセージのデバッグを有効にします。

packet :RRM パケットのデバッグを有効にします。

power :RRM 電力割り当てプロトコルのデバッグとカバレッジ ホールの検出を有効にします。

profile :RRM プロファイル イベントのデバッグを有効にします。

radar :RRM レーダー検出/回避プロトコルのデバッグを有効にします。

rf-change :RRM RF 変更のデバッグを有効にします。

RRM の無効化

展開方法によっては、シスコから提供されている RRM アルゴリズムを使用するよりも、チャネルや送信電力の設定を静的にアクセス ポイントに割り当てる方が適している場合があります。通常、これは厳しい RF 環境や一般的でない展開に該当し、カーペットを敷いた一般的なオフィスには該当しません。


) チャネルおよび電力レベルを静的にアクセス ポイントに割り当てる場合や、チャネルおよび電力の動的割り当てを無効にする場合でも、自動 RF グループ化を使用して不要な不正デバイス イベントを回避することが必要です。


チャネルおよび電力の動的割り当てをコントローラでグローバルに無効にすることも、チャネルおよび電力の動的割り当てを有効にしたまま、アクセス ポイント無線ごとにチャネルおよび電力を静的に設定することもできます。次のいずれかの項に記載された手順に従ってください。

「アクセス ポイント無線へのチャネルおよび送信電力設定の静的割り当て」

「コントローラにおけるチャネルおよび電力の動的割り当てのグローバルな無効化」


) コントローラ上のすべてのアクセス ポイント無線に適用されるグローバルなデフォルトの送信電力パラメータをネットワーク タイプごとに指定できますが、チャネルの動的割り当てを無効にした場合は、アクセス ポイント無線ごとにチャネルを設定する必要があります。また、グローバルな送信電力を有効にしておく代わりに、アクセス ポイントごとに送信電力を設定することもできます。



) Cisco Wireless Control System(WCS)を使用して RRM を無効にすることもできます。手順については、『Cisco Wireless Control System Configuration Guide』を参照してください。


アクセス ポイント無線へのチャネルおよび送信電力設定の静的割り当て

この項では、GUI または CLI を使用してチャネルおよび電力設定を静的に割り当てる手順について説明します。


) 相互に隣接するアクセス ポイントには、オーバーラップしない別のチャネルを割り当てることをお勧めします。米国のオーバーラップしないチャネルは、802.11a ネットワークでは 36、40、44、48、52、56、60、64、149、153、157、および 161、802.11b/g ネットワークでは 1、6、および 11 です。



) 相互に隣接するすべてのアクセス ポイントを最大電力レベルに割り当てないようお勧めします。


GUI を使用したチャネルおよび送信電力設定の静的割り当て

GUI を使用して、アクセス ポイント無線ごとにチャネルや電力の設定を静的に割り当てる手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Wireless > Access Points > Radios > 802.11a/n または 802.11b/g/n の順にクリックして、802.11a/n(または 802.11b/g/n)Radios ページを開きます(図10-7 を参照)。

図10-7 802.11a/n Radios ページ

 

このページには、コントローラに結合されているすべての 802.11a/n または 802.11b/g/n アクセス ポイント無線とその現在の設定が表示されます。

ステップ 2 無線設定を変更するアクセス ポイントの青いドロップダウンの矢印の上にカーソルを置いて、Configure を選択します。802.11a/n(または 802.11b/g/n)Cisco APs > Configure ページが表示されます(図10-8 を参照)。

図10-8 802.11a/n Cisco APs > Configure ページ

 

ステップ 3 RF チャネルをアクセス ポイント無線に割り当てるには、RF Channel Assignment の Assignment Method で Custom を選択し、ドロップダウン ボックスからチャネルを選択します。

ステップ 4 送信電力レベルをアクセス ポイント無線に割り当てるには、Tx Power Level Assignment の Assignment Method で Custom を選択し、ドロップダウン ボックスから送信電力レベルを選択します。

送信電力レベルには、mW 単位または dBm 単位の値の代わりに整数値が割り当てられます。この整数は、アクセス ポイントが展開されている規制区域によって異なる電力レベルに対応します。使用可能な電力レベルの数は、アクセス ポイント モデルによって異なります。ただし、電力レベル 1 は常に各国番号の設定で有効な最大電力レベルで、それ以降の各電力レベルは前の電力レベルの 50% を表します。たとえば、1 = 特定の規制区域の最大電力レベル、2 = 50% の電力、3 = 25% の電力、4 = 12.5% の電力となります。


) 各規制区域でサポートされている最大送信電力レベルについては、お使いのアクセス ポイントのハードウェア インストレーション ガイドを参照してください。また、サポートされている電力レベルの数については、お使いのアクセス ポイントのデータ シートを参照してください。


ステップ 5 Apply をクリックして、変更を適用します。

ステップ 6 Save Configuration をクリックして、アクセス ポイント無線の変更内容を保存します。

ステップ 7 静的なチャネルおよび電力レベルを割り当てる各アクセス ポイント無線について、この手順を繰り返します。


 

CLI を使用したチャネルおよび送信電力設定の静的割り当て

CLI を使用して、アクセス ポイント無線ごとにチャネルや電力の設定を静的に割り当てる手順は、次のとおりです。


ステップ 1 次のコマンドを入力して、802.11a または 802.11b/g ネットワークを無効にします。

config {802.11a | 802.11b} disable

ステップ 2 特定のアクセス ポイントで使用するチャネルを指定するには、次のコマンドを入力します。

config {802.11a | 802.11b} channel Cisco_AP channel

例:802.11a チャネル 36 を AP1 のデフォルト チャネルとして設定するには、次のコマンドを入力します。
config 802.11a channel AP1 36

ステップ 3 特定のアクセス ポイントで使用する送信電力レベルを指定するには、次のコマンドを入力します。

config {802.11a | 802.11b} txPower Cisco_AP power_level

例:802.11a AP1 の送信電力を電力レベル 2 に設定するには、次のコマンドを入力します。
config 802.11a txPower AP1 2

送信電力レベルには、mW や dBm による値の代わりに整数値が割り当てられます。この整数は、アクセス ポイントが展開されている規制区域によって異なる電力レベルに対応します。使用可能な電力レベルの数は、アクセス ポイント モデルによって異なります。ただし、電力レベル 1 は常に各国番号の設定で有効な最大電力レベルで、それ以降の各電力レベルは前の電力レベルの 50% を表します。たとえば、1 = 特定の規制区域の最大電力レベル、2 = 50% の電力、3 = 25% の電力、4 = 12.5% の電力となります。


) 各規制区域でサポートされている最大送信電力レベルについては、お使いのアクセス ポイントのハードウェア インストレーション ガイドを参照してください。また、サポートされている電力レベルの数については、お使いのアクセス ポイントのデータ シートを参照してください。


ステップ 4 次のコマンドを入力して、設定を保存します。

save config

ステップ 5 静的なチャネルおよび電力レベルを割り当てる各アクセス ポイント無線について、ステップ 2 からステップ 4 を繰り返します。

ステップ 6 次のコマンドを入力して、802.11a または 802.11b/g ネットワークを有効にします。

config {802.11a | 802.11b} enable


) 802.11g ネットワークを有効にするには、config 802.11b enable コマンドの後に config 802.11b 11gSupport enable と入力します。


ステップ 7 次のコマンドを入力して、設定を保存します。

save config


 

コントローラにおけるチャネルおよび電力の動的割り当てのグローバルな無効化

この項では、GUI または CLI を使用してチャネルおよび電力の動的割り当てを無効にする手順について説明します。

GUI を使用したチャネルおよび電力の動的割り当ての無効化

GUI を使用してチャネルおよび電力の動的割り当てを無効にする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Wireless > 802.11a/n または 802.11b/g/n > RRM > Auto RF の順にクリックして、802.11a(または 802.11b/g)Global Parameters > Auto RF ページを開きます(図10-2 を参照)。

ステップ 2 チャネルの動的割り当てを無効にするには、RF Channel Assignment で Off を選択します。

ステップ 3 電力の動的割り当てを無効にするには、Tx Power Level Assignment で Fixed を選択し、ドロップダウン ボックスからデフォルトの送信電力レベルを選択します。


) 送信電力レベルについては、送信電力レベルをアクセス ポイント無線に割り当てるには、Tx Power Level Assignment の Assignment Method で Custom を選択し、ドロップダウン ボックスから送信電力レベルを選択します。を参照してください。


ステップ 4 Apply をクリックして、変更を適用します。

ステップ 5 Save Configuration をクリックして、変更内容を保存します。

ステップ 6 無線ごとにチャネルおよび電力のデフォルト設定を無効にする場合は、コントローラに結合されている各アクセス ポイント無線にチャネルおよび電力の静的設定を割り当てます。

ステップ 7 必要に応じて、選択しなかったネットワーク タイプ(802.11a または 802.11b/g)について、この手順を繰り返します。


 

CLI を使用したチャネルおよび電力の動的割り当ての無効化

すべての 802.11a または 802.11b/g 無線について RRM を無効にする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 次のコマンドを入力して、802.11a または 802.11b/g ネットワークを無効にします。

config {802.11a | 802.11b} disable

ステップ 2 次のコマンドを入力して、すべての 802.11a または 802.11b/g 無線について RRM を無効にし、すべてのチャネルをデフォルト値に設定します。

config {802.11a | 802.11b} channel global off

ステップ 3 次のコマンドを入力して、802.11a または 802.11b/g ネットワークを有効にします。

config {802.11a | 802.11b} enable


) 802.11g ネットワークを有効にするには、config 802.11b enable コマンドの後に config 802.11b 11gSupport enable と入力します。


ステップ 4 次のコマンドを入力して、設定を保存します。

save config


 

RF グループ内の不正アクセス ポイント検出の有効化

コントローラの RF グループを作成したら、コントローラに接続されているアクセス ポイントを、不正なアクセス ポイントを検出するように設定する必要があります。すると、アクセス ポイントによって、近隣のアクセス ポイントのメッセージ内のビーコン/プローブ応答フレームがチェックされ、RF グループの認証 IE(Information Element; 情報要素)と一致するものが含まれているかどうかが確認されます。チェックが正常に終了すると、フレームは認証されます。正常に終了しなかった場合は、認証されているアクセス ポイントによって、近隣のアクセス ポイントが不正アクセス ポイントとして報告され、その BSSID が不正テーブルに記録されます。さらに、このテーブルはコントローラに送信されます。

GUI を使用した RF グループ内の不正アクセス ポイントの検出の有効化

コントローラの GUI を使用して RF グループ内の不正アクセス ポイントの検出を有効にする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 RF グループ内の各コントローラに同じ RF グループ名が設定されていることを確認します。


) この名前は、すべてのビーコン フレーム内の認証 IE を検証するために使用されます。各コントローラに異なる名前が設定されている場合は、障害アラームが生成されます。


ステップ 2 Wireless をクリックして、All APs ページを開きます(図10-9 を参照)。

図10-9 All APs ページ

 

ステップ 3 アクセス ポイントの名前をクリックして、All APs > Details ページを開きます(図10-10 を参照)。

図10-10 All APs > Details ページ

 

ステップ 4 AP Mode ドロップダウン ボックスから local または monitor を選択し、Apply をクリックして変更を適用します。

ステップ 5 Save Configuration をクリックして、変更内容を保存します。

ステップ 6 コントローラに接続されているすべてのアクセス ポイントについて、ステップ 2 からステップ 5 を繰り返します。

ステップ 7 Security > Wireless Protection Policies > AP Authentication/MFP の順にクリックして、AP Authentication Policy ページを開きます(図10-11 を参照)。

図10-11 AP Authentication Policy ページ

 

このコントローラが属する RF グループの名前は、ページの上部に表示されます。

ステップ 8 Protection Type ドロップダウン ボックスから AP Authentication を選択して、不正アクセス ポイントの検出を有効にします。

ステップ 9 Alarm Trigger Threshold 編集ボックスに数値を入力して、不正アクセス ポイントに関するアラームがいつ生成されるようにするかを指定します。検出期間内にしきい値(無効な認証 IE を含むアクセス ポイント フレームの数を示します)に達した場合またはしきい値を超えた場合に、アラームが生成されます。


しきい値の有効範囲は 1 ~ 255 で、デフォルト値は 1 です。障害アラームを回避するには、しきい値を高い値に設定してください。


ステップ 10 Apply をクリックして、変更を適用します。

ステップ 11 Save Configuration をクリックして、変更内容を保存します。

ステップ 12 RF グループ内のすべてのコントローラについて、この手順を繰り返します。


) 不正アクセス ポイントの検出が有効になっていないコントローラが RF グループ内にある場合、この機能が無効になっているコントローラ上のアクセス ポイントは不正アクセス ポイントとして報告されます。



 

CLI を使用した RF グループ内の不正アクセス ポイントの検出の有効化

コントローラの CLI を使用して RF グループ内の不正アクセス ポイントの検出を有効にする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 RF グループ内の各コントローラに同じ RF グループ名が設定されていることを確認します。


) この名前は、すべてのビーコン フレーム内の認証 IE を検証するために使用されます。各コントローラに異なる名前が設定されている場合は、障害アラームが生成されます。


ステップ 2 config ap mode local Cisco_AP または config ap mode monitor Cisco_AP と入力して、この特定のアクセス ポイントを local(通常)モードまたは monitor(リッスン専用)モードに設定します。

ステップ 3 save config と入力して、設定を保存します。

ステップ 4 コントローラに接続されているすべてのアクセス ポイントについて、ステップ 2ステップ 3 を繰り返します。

ステップ 5 config wps ap-authentication と入力して、不正アクセス ポイントの検出を有効にします。

ステップ 6 config wps ap-authentication threshold と入力して、不正アクセス ポイントに関するアラームがいつ生成されるようにするかを指定します。検出期間内にしきい値(無効な認証 IE を含むアクセス ポイント フレームの数を示します)に達した場合またはしきい値を超えた場合に、アラームが生成されます。


) しきい値の有効範囲は 1 ~ 255 で、デフォルト値は 1 です。障害アラームを回避するには、しきい値を高い値に設定してください。


ステップ 7 save config と入力して、設定を保存します。

ステップ 8 RF グループ内のすべてのコントローラについて、ステップ 5 からステップ 7 を繰り返します。


) 不正アクセス ポイントの検出が有効になっていないコントローラが RF グループ内にある場合、この機能が無効になっているコントローラ上のアクセス ポイントは不正アクセス ポイントとして報告されます。



 

CCX 無線管理機能の設定

クライアント ロケーションの計算に影響を与える次の 2 つのパラメータを設定できます。

無線測定要求

ロケーション調整

これらのパラメータは、Cisco Client Extensions(CCX)v2 以降でサポートされており、参加する CCX クライアントのロケーションの正確性と適時性を強化するよう設計されています。CCX の詳細は、「Cisco Client Extensions の設定」を参照してください。

ロケーション機能が適切に動作するように、アクセス ポイントを normal、monitor、または hybrid-REAP モードに設定する必要があります。ただし、hybrid-REAP モードの場合は、アクセス ポイントをコントローラに接続する必要があります。


) CCX は、AP1030 ではサポートされません。


無線測定要求

この機能が有効な場合、Lightweight アクセス ポイントは、CCXv2 以降を実行しているクライアントに、ブロードキャスト無線測定要求メッセージを発行します。Lightweight アクセス ポイントは、すべての SSID に対し、それぞれ有効になった無線インターフェイスを使用して、一定の設定間隔でこれらのメッセージを送信します。802.11 無線測定の実行プロセスでは、測定要求に指定されているすべてのチャネル上の CCX クライアントが 802.11 ブロードキャスト プローブ要求を送信します。Cisco Loaction Appliance は、アクセス ポイントで受信されたこれらの要求に基づいてアップリンク測定を使用し、すばやく正確にクライアント ロケーションを計算します。測定するクライアントのチャネルを指定する必要はありません。コントローラ、アクセス ポイント、およびクライアントによって、使用するチャネルが自動的に特定されます。

コントローラ ソフトウェア リリース 4.1 以降では、無線測定機能が拡張されたため、アクセス ポイントの観点だけでなくクライアントの観点での無線環境に関する情報もコントローラで取得できるようになりました。この場合、アクセス ポイントは、ユニキャスト無線測定要求を特定の CCXv4 または v5 クライアントに対して発行します。クライアントは、さまざまな測定レポートをアクセス ポイントおよびコントローラに返します。これらのレポートには、無線環境に関する情報と、クライアントのロケーションを解釈するために使用されるデータが含まれています。アクセス ポイントおよびコントローラが無線測定要求およびレポートで過負荷状態になるのを防ぐため、各アクセス ポイントのクライアント数は 2 つのみとし、各コントローラでサポートされるクライアント数は最大で 20 までとします。特定のアクセス ポイントまたはクライアントの無線測定要求の状態および特定のクライアントに対する無線測定レポートは、コントローラ CLI で確認できます。

コントローラ ソフトウェア リリース 4.1 以降では、Location Appliance の機能も向上しており、ロケーションベースのサービスと呼ばれる新しい CCXv4 機能によりデバイスのロケーションを正確に解釈できます。コントローラは、特定の CCXv4 または v5 クライアントにパス損失要求を発行します。クライアントが応答する場合、クライアントはコントローラにパス損失測定レポートを送信します。これらのレポートには、クライアントのチャネルおよび送信電力が含まれます。


) CCX 以外のクライアントおよび CCXv1 クライアントでは、CCX 測定要求を無視するため、これらのクライアントは無線測定アクティビティには参加しません。


ロケーション調整

たとえば、クライアント調整が実行される場合など、より厳密な追跡が必要な CCX クライアントの場合、アクセス ポイントからこれらのクライアントに対して、一定の設定間隔で、また CCX クライアントが新しいアクセス ポイントにローミングした場合は常に、ユニキャスト測定要求を送信させるようにコントローラを設定できます。このような特定の CCX クライアントに対するユニキャスト要求は、すべてのクライアントに送信されるブロードキャスト測定要求より頻繁に送信できます。ロケーション調整を CCX 以外のクライアントおよび CCXv1 クライアントに設定すると、それらのクライアントは設定された間隔で強制的にアソシエート解除され、ロケーション測定が生成されます。

GUI を使用した CCX 無線管理の設定

コントローラの GUI を使用して CCX 無線管理を設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Wireless > 802.11a/n または 802.11b/g/n > Network の順にクリックします。802.11a(または 802.11b/g)Global Parameters ページが表示されます(図10-12 を参照)。

図10-12 802.11a Global Parameters ページ

 

ステップ 2 CCX Location Measurement の下にある Mode チェックボックスをオンにして、CCX 無線管理をグローバルに有効にします。このパラメータによって、このコントローラに接続されているアクセス ポイントから、CCXv2 以降を実行しているクライアントに対してブロードキャスト無線測定要求が発行されます。デフォルト値は、無効になっています(オフになっています)。

ステップ 3 前の手順で Mode チェックボックスを選択した場合、Interval フィールドに値を入力して、アクセス ポイントによるブロードキャスト無線測定要求の発行間隔を指定します。

範囲:60 ~ 32400秒

デフォルト: 60秒

ステップ 4 Apply をクリックして、変更を適用します。

ステップ 5 Save Configuration をクリックして、設定内容を保存します。

ステップ 6 次の「CLI を使用した CCX 無線管理の設定」の項のステップ 2 に従って、アクセス ポイントのカスタマイズを有効にします。


) 特定のアクセス ポイントの CCX 無線管理を有効にするには、アクセス ポイントのカスタマイズを有効にする必要があります。これは、コントローラの CLI を使用してのみ実行できます。


ステップ 7 必要に応じて、もう一方の無線帯域(802.11a または 802.11b/g)について、この手順を繰り返します。


 

CLI を使用した CCX 無線管理の設定

コントローラの CLI を使用して CCX 無線管理を有効にする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 CCX 無線管理をグローバルに有効にするには、次のコマンドを入力します。

config advanced {802.11a | 802.11b} ccx location-meas global enable interval_seconds

interval_seconds パラメータの範囲は、60 ~ 32400秒で、デフォルト値は 60秒です。このコマンドによって、802.11a または 802.11b/g ネットワークでこのコントローラに接続されているすべてのアクセス ポイントから、CCXv2 以降を実行しているクライアントにブロードキャスト無線測定要求が発行されます。

ステップ 2 アクセス ポイントのカスタマイズを有効にするには、次のコマンドを入力します。

config advanced {802.11a | 802.11b} ccx customize Cisco_AP {on | off}

このコマンドによって、802.11a または 802.11b/g ネットワーク上の特定のアクセス ポイントの CCX 無線管理機能が有効または無効になります。

config advanced {802.11a | 802.11b} ccx location-meas ap Cisco_AP enable interval_seconds

interval_seconds パラメータの範囲は、60 ~ 32400秒で、デフォルト値は 60秒です。このコマンドによって、802.11a または 802.11b/g ネットワーク上の特定のアクセス ポイントから、CCXv2 以降を実行しているクライアントにブロードキャスト無線測定要求が発行されます。

ステップ 3 特定のクライアントのロケーション調整を有効または無効にするには、次のコマンドを入力します。

config client location-calibration {enable | disable} client _mac interval_seconds


) 1 つのコントローラにつき最大 5 つのクライアントに対して、ロケーション調整を設定できます。


ステップ 4 設定を保存するには、次のコマンドを入力します。

save config


 

CLI を使用した CCX 無線管理情報の取得

次のコマンドを使用して、コントローラの CCX 無線管理に関する情報を取得します。

1. 802.11a または 802.11b/g ネットワークでこのコントローラに接続されているすべてのアクセス ポイントの CCX ブロードキャスト ロケーション測定要求の設定を表示するには、次のコマンドを入力します。

show advanced {802.11a | 802.11b} ccx global

2. 802.11a または 802.11b/g ネットワーク上の特定のアクセス ポイントの CCX ブロードキャスト ロケーション測定要求の設定を表示するには、次のコマンドを入力します。

show advanced {802.11a | 802.11b} ccx ap Cisco_AP

3. 特定のアクセス ポイントの無線測定要求の状態を表示するには、次のコマンドを入力します。

show ap ccx rm Cisco_AP status

次のような情報が表示されます。

A Radio
 
Beacon Request................................. Enabled
Channel Load Request........................... Enabled
Frame Request.................................. Disabled
Noise Histogram Request........................ Disabled
Path Loss Request.............................. Disabled
Interval....................................... 60
Iteration...................................... 5
 
B Radio
 
Beacon Request................................. Disabled
Channel Load Request........................... Enabled
Frame Request.................................. Disabled
Noise Histogram Request........................ Enabled
Path Loss Request.............................. Disabled
Interval....................................... 60
Iteration................................... 5

4. 特定のクライアントの無線測定要求の状態を表示するには、次のコマンドを入力します。

show client ccx rm client_mac status

次のような情報が表示されます。

Client Mac Address............................... 00:40:96:ae:53:b4
Beacon Request................................... Enabled
Channel Load Request............................. Disabled
Frame Request.................................... Disabled
Noise Histogram Request.......................... Disabled
Path Loss Request................................ Disabled
Interval......................................... 5
Iteration........................................ 3
 

5. 特定のクライアントの無線測定レポートを表示するには、次のコマンドを入力します。

show client ccx rm client_mac report beacon :特定のクライアントのビーコン レポートを表示します。

show client ccx rm client_mac report chan-load :特定のクライアントのチャネル負荷レポートを表示します。

show client ccx rm client_mac report noise-hist :特定のクライアントのノイズヒストグラム レポートを表示します。

show client ccx rm client_mac report frame :特定のクライアントのフレーム レポートを表示します。

6. ロケーション調整が設定されているクライアントを表示するには、次のコマンドを入力します。

show client location-calibration summary

7. クライアントを検出した各アクセス ポイントの両方のアンテナについてレポートされる RSSI を表示するには、次のコマンドを入力します。

show client detail client_mac

CLI を使用した CCX 無線管理問題のデバッグ

CCX 無線管理に関する問題が発生した場合は、次のコマンドを使用します。

1. CCX ブロードキャスト測定要求アクティビティをデバッグするには、次のコマンドを入力します。

debug airewave-director message {enable | disable}

2. クライアント ロケーション調整アクティビティをデバッグするには、次のコマンドを入力します。

debug ccxrm [ all | error | warning | message | packet | detail {enable | disable}]

3. CCX 無線測定レポート パケットは、Inter-Access Point Protocol(IAPP)パケットでカプセル化されます。したがって、前の debug ccxrm コマンドでデバッグできない場合は、次のコマンドを入力すると IAPP レベルでデバッグできます。

debug iapp error {enable | disable}

4. 転送されたプローブとそれに含まれている両アンテナの RSSI の出力をデバッグするには、次のコマンドを入力します。

debug dot11 load-balancing

ピコ セル モードの設定

大規模なマルチセル高密度無線ネットワークでは、帯域幅の理想累積負荷を処理するための多数のアクセス ポイントを含むサイトを実装しながら、アクセス ポイント間のコンテンションを減らし、サービスの質を維持することは、難しい場合があります。RF チャネルのキャパシティを最適化し、ネットワーク全体のパフォーマンスを向上させるには、コントローラ GUI または CLI を使用して高密度(またはピコ セル)モード パラメータを設定します。

これらのパラメータを使用すると、特定のコントローラに登録されているすべてのアクセス ポイント全体に対して、受信装置の感度のしきい値、Clear Channel Assessment(CCA)の感度のしきい値、および送信電力の値を適用できます。高密度をサポートするクライアントから高密度対応アクセス ポイントにアソシエートするとき、これらの間では、アクセス ポイントでアドバタイズされた受信感度のしきい値、CCA 感度のしきい値、および送信電力の値に従うようクライアントに指示する、特定の 802.11 情報要素(IE)が交換されます。これらの 3 つのパラメータは、アクセス ポイントおよびクライアントがパケットの転送に利用できるチャネルとして見なす前に受信信号強度を調整することで、有効なセルのサイズを減らします。すべてのアクセス ポイントおよびクライアントが高密度領域でこのような方法を使用して信号標準を上げると、アクセス ポイントは互いに干渉したり、環境の信号や遠くの不正信号によって過負荷になることなく、近接して展開されます。

高密度対応無線ネットワークの利点は、次のとおりです。

利用可能な帯域をより有効に活用できる

クライアントの総スループットまたは平方メートルあたりのスループットの大幅な増加

無線 LAN のキャパシティの大幅な増加

キャパシティの線形拡大

干渉を発生させることなく WiFi を送信できるようにすることで、干渉への耐性が増加

図10-13 は、高密度ネットワークの例を示しています。

図10-13 高密度ネットワークの例

 

ピコ セル モードの使用に関するガイドライン

ピコ セル モードを使用する際の注意事項は次のとおりです。

高密度ネットワークは、Cisco Lightweight アクセス ポイントと、Intel PRO/Wireless 3945ABG および Intel Wireless WiFi Link 4965AG クライアントを使用しているノートブックでサポートされています。

ピコ セル モード バージョン 2 を使用するには、Intel クライアントの WMM Policy が Allowed に設定されている必要があります。

高密度ネットワークをサポートするには、クライアントとアクセス ポイントの両方が高密度対応として設定されている必要があります。高密度に対応したデバイスと高密度に対応していないデバイスを同じネットワーク内で混在させないでください。

高密度アクセス ポイントは、専用コントローラに接続されている必要があります。

ピコ セル モード パラメータを調整すると、次の RRM の値が自動的に変わります。

Power Level Assignment Method パラメータの Fixed オプションのデフォルト値(802.11a または 802.11b > RRM > Tx Power Control (TPC) ページ)には、ピコ セルの Transmit Power パラメータに指定した電力設定が反映されます。

Power Threshold パラメータのデフォルト値(802.11a または 802.11b > RRM > Tx Power Control (TPC) ページ)には、ピコ セルの CCA Sensitivity Threshold パラメータに指定した値が反映されます。

GUI を使用したピコ セル モードの設定

コントローラ GUI を使用してピコ セル モードを設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 ピコ セル モード パラメータを変更する前に、802.11a または 802.11b/g ネットワークを無効にします。そのためには、 Wireless > 802.11a/n (または 802.11b/g/n ) > Network の順にクリックし、 802.11a Network Status (または 802.11b/g Network Status )チェックボックスをオフにします。

ステップ 2 Wireless > 802.11a/n (または 802.11b/g/n ) > Pico Cell の順にクリックして、802.11a(または 802.11b/g) > Pico Cell ページを開きます(図10-14 を参照)。

図10-14 802.11a > Pico Cell ページ

 

ステップ 3 Pico Cell Mode ドロップダウン ボックスのオプションをいずれか 1 つ選択します。

Disable :ピコ セル モードを無効にします。これはデフォルト値です。

V1ピコ セル モード バージョン 1 を有効にします。このオプションは、従来の Airespace 製品(シスコが Airespace を買収する前にリリースされた製品)で使用するためのものです。シスコでは、ピコ セル モードを有効化する場合は、V2 を選択することをお勧めします。

V2 :ピコ セル モード バージョン 2 を有効にします。このオプションは、ピコ セル モード パラメータを調整して、すべてのクライアントが高密度をサポートしている高密度領域におけるネットワーク パフォーマンスを最適化する場合に選択します。

ステップ 4 ステップ 3 で V2 を選択した場合、802.11a(または 802.11b/g) > Pico Cell ページには、3 つの設定可能なフィールドが表示されます。Rx Sensitivity Threshold、CCA Sensitivity Threshold、および Transmit Power です(図10-15 を参照)。

図10-15 Pico Cell Mode V2 のパラメータが表示された 802.11a > Pico Cell ページ

 

表10-2 の情報を参考に、これらのパラメータの値を必要に応じて調整します。


) これらのパラメータのデフォルト値は、ほとんどのアプリケーションに適しています。このため、シスコではデフォルト値を使用することをお勧めします。


表10-2 Pico Cell Mode V2 のパラメータ

パラメータ
説明

Rx Sensitivity Threshold

802.11a または 802.11b/g 無線の受信装置の感度に対する現在の値、最小値、および最大値(単位は dBm)を指定します。現在の値は、受信装置の感度をローカル無線で設定します。最小値および最大値は、Inter-Access Point Protocol(IAPP)高密度レポートに含めるためにのみ使用されます。

デフォルト: -65dBm(現在値)、-127dBm(最小値)、および 127dBm(最大値)

CCA Sensitivity Threshold

高密度セルのすべての無線に対する Clear Channel Assessment(CCA)の感度のしきい値を指定します。802.11a または 802.11b/g の受信装置は、現在値でプログラムされます。最小値および最大値は、IAPP レポートでのアドバタイズに使用されます。

デフォルト: -65dBm(現在値)、-127dBm(最小値)、および 127dBm(最大値)

Transmit Power

アクセス ポイントおよびクライアントの 802.11a または 802.11b/g 無線の両方で使用される高密度送信電力を指定します。

デフォルト: 10dBm(現在値)、-127dBm(最小値)、および 127dBm(最大値)


図10-15 および表10-2 の最小値と最大値は、クライアントに対する範囲を示すためにのみ使用されます。アクセス ポイントでは使用されません。


ステップ 5 Apply をクリックして、変更を適用します。

ステップ 6 802.11a または 802.11b/g ネットワークを再度有効にします。そのためには、 Wireless > 802.11a/n (または 802.11b/g/n) > Network の順にクリックし、 802.11a Network Status (または 802.11b/g Network Status) チェックボックスをオンにします

ステップ 7 Save Configuration をクリックして、変更内容を保存します。


) ピコ セル モード パラメータの値を変更した場合、後からデフォルト値にリセットするには、 Reset to DefaultsApply の順にクリックします。



 

CLI を使用したピコ セル モードの設定


) CLI コマンドで使用されるパラメータの説明およびデフォルト値については、「GUI を使用したピコ セル モードの設定」を参照してください。



ステップ 1 ピコ セル モード パラメータを変更する前に、802.11a または 802.11b/g ネットワークを無効にするには、次のコマンドを入力します。

config {802.11a | 802.11b} disable

ステップ 2 ピコ セル モードを有効にするには、次のコマンドのいずれかを入力します。

config {802.11a | 802.11b} picocell enable: ピコ セル モード バージョン 1 を有効にします。このコマンドは、特定のアプリケーションで使用します。ピコ セル モードを有効にする場合は、 config {802.11a | 802.11b} picocell-V2 enable コマンドを使用することをお勧めします。

config {802.11a | 802.11b} picocell-V2 enable :ピコ セル モード バージョン 2 を有効にします。このコマンドは、ピコ セル モード パラメータを調整して、高密度領域におけるネットワーク パフォーマンスを最適化する場合に使用します。

ステップ 3 ステップ 2 でピコ セル モード バージョン 2 を有効にした場合は、次の手順に従って受信感度のしきい値、CCA 感度のしきい値、および送信電力のパラメータを設定します。

a. 受信感度のしきい値を設定するには、次のコマンドを入力します。

config advanced {802.11a | 802.11b} receiver pico-cell-V2 rx_sense_threshold min max current

b. CCA の感度のしきい値を設定するには、次のコマンドを入力します。

config advanced {802.11a | 802.11b} receiver pico-cell-V2 cca_sense_threshold min max current

c. 送信電力を設定するには、次のコマンドを入力します。

config advanced {802.11a | 802.11b} receiver pico-cell-V2 sta_tx_pwr min max current

ステップ 4 ステップ 2 でピコ セル モード バージョン 2 を有効にした場合、ユニキャスト IAPP 高密度フレーム要求を特定のクライアントに送信するには、次のコマンドを入力します。

config advanced {802.11a | 802.11b} receiver pico-cell-V2 send_iapp_req client_mac

ステップ 5 802.11a または 802.11b/g ネットワークを再び有効にするには、次のコマンドを入力します。

config {802.11a | 802.11b} enable

ステップ 6 設定を保存するには、次のコマンドを入力します。

save config


 

CLI を使用したピコ セル モードの問題のデバッグ

ピコ セル モードに関する問題が発生した場合は、次のコマンドを使用します。

1. ピコ セル モードの現在のステータスを表示するには、次のコマンドを入力します。

show {802.11a | 802.11b}

次のような情報が表示されます。

802.11a Network.................................. Disabled
11nSupport....................................... Disabled
802.11a Low Band........................... Enabled
802.11a Mid Band........................... Enabled
802.11a High Band.......................... Enabled
...
Pico-Cell Status................................. Disabled
Pico-Cell-V2 Status........................... Enabled

2. ピコ セル モード コマンドで設定された受信装置のパラメータを表示するには、次のコマンドを入力します。

show advanced {802.11a | 802.11b} receiver

次のような情報が表示されます。

802.11a Advanced Receiver Settings
RxStart : Signal Threshold..................... 30
RxStart : Signal Jump Threshold................ 5
RxStart : Preamble Power Threshold............. 30
RxRestart: Signal Jump Status................... Enabled
RxRestart: Signal Jump Threshold................ 10
TxStomp : Low RSSI Status...................... Disabled
TxStomp : Low RSSI Threshold................... 30
TxStomp : Wrong BSSID Status................... Disabled
TxStomp : Wrong BSSID Data Only Status......... Disabled
RxAbort : Raw Power Drop Status................ Disabled
RxAbort : Raw Power Drop Threshold............. 10
RxAbort : Low RSSI Status...................... Disabled
RxAbort : Low RSSI Threshold................... 30
RxAbort : Wrong BSSID Status................... Disabled
RxAbort : Wrong BSSID Data Only Status......... Disabled
--------------------------------------------....
pico-cell-V2 parameters in dbm units:
RxSensitivity: Min,Max,Current RxSense Thres.... -127,127,-65
CCA Threshold: Min,Max,Current Clear Channel.... -127,127,-65
Tx Pwr: Min,Max,Current Transmit Power for A..... -127,127,10
--------------------------------------------....

3. ノイズおよび干渉に関する情報、カバレッジ情報、クライアントの信号強度と信号対雑音比、および近くにあるアクセス ポイントを表示するには、次のコマンドを入力します。

show ap auto-rf {802.11a | 802.11b} Cisco_AP

次のような情報が表示されます。

Number Of Slots.................................. 2
AP Name.......................................... AP1242.47b2.31f6
MAC Address...................................... 00:16:47:b2:31:f6
Radio Type..................................... RADIO_TYPE_80211a
Noise Information
Noise Profile................................ PASSED
Interference Information
Interference Profile......................... PASSED
Load Information
Load Profile................................. PASSED
Receive Utilization.......................... 0 %
Transmit Utilization......................... 0 %
Channel Utilization.......................... 0 %
Attached Clients............................. 0 clients
Coverage Information
Coverage Profile............................. PASSED
Failed Clients............................... 0 clients
Client Signal Strengths
RSSI -100 dbm................................ 0 clients
RSSI -92 dbm................................ 0 clients
RSSI -84 dbm................................ 0 clients
RSSI -76 dbm................................ 0 clients
RSSI -68 dbm................................ 0 clients
RSSI -60 dbm................................ 0 clients
RSSI -52 dbm................................ 0 clients
Client Signal To Noise Ratios
SNR 0 dB.................................. 0 clients
SNR 5 dB.................................. 0 clients
SNR 10 dB.................................. 0 clients
SNR 15 dB.................................. 0 clients
SNR 20 dB.................................. 0 clients
SNR 25 dB.................................. 0 clients
SNR 30 dB.................................. 0 clients
SNR 35 dB.................................. 0 clients
SNR 40 dB.................................. 0 clients
SNR 45 dB.................................. 0 clients
Nearby APs
Radar Information
RF Parameter Recommendations
Power Level.................................. 0
RTS/CTS Threshold............................ 0
Fragmentation Threshold...................... 0
Antenna Pattern.............................. 0