Cisco Aironet 1550 シリーズ屋外メッシュ アクセス ポイント ハードウェア インストレーション ガイド
バックアップ バッテリの取り付けまたは交換
バックアップ バッテリの取り付けまたは交換
発行日;2012/09/03 | 英語版ドキュメント(2012/06/13 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

バックアップ バッテリの取り付けまたは交換

取り付けまたは交換を開始する前に

アクセス ポイントの無線カバーを開く

バックアップ バッテリの取り外し

新しいバックアップ バッテリの取り付け

バックアップ バッテリ ケーブルを接続して無線カバーを閉じる

次の作業

バックアップ バッテリの取り付けまたは交換

この章では、1552E アクセス ポイントのバックアップ バッテリの取り付けまたは交換を行う手順を説明します(バックアップ バッテリは、日本国内では未発売です)。この章の内容は、次のとおりです。

「取り付けまたは交換を開始する前に」

「アクセス ポイントの無線カバーを開く」

「バックアップ バッテリの取り外し」

「新しいバックアップ バッテリの取り付け」

「バックアップ バッテリ ケーブルを接続して無線カバーを閉じる」

取り付けまたは交換を開始する前に

バックアップ バッテリは 1552E アクセス ポイントに内蔵され、無線カバーに取り付けられています。屋外環境でバックアップ バッテリの取り付けまたは交換を行うことはできません。室内環境の中で、静電保護された作業面を使用する必要があります。


警告 この装置の設置、交換、または保守は、訓練を受けた相応の資格のある人が行ってください。ステートメント 1030



注意 ESD によって、アクセス ポイントの内部構成部品が損傷する可能性があります。バックアップ バッテリの取り付けまたは交換の手順は、ESD の訓練を受けたサービス技術者が ESD 保護されたワークステーションで行うことを推奨します。

次の操作は、バックアップ バッテリの取り付けまたは交換の手順の概要を示しています。

1. アクセス ポイントが設置されている場合は、すべての電源を切断し、すべてのケーブルを取り外し、アクセス ポイントを外します。

2. 標準的な静電気放電(ESD)手順に従います。

3. アクセス ポイントを室内の ESD 保護された作業面の上に置きます。

4. アクセス ポイントの無線カバーを開きます。

5. 必要に応じて、不良のバックアップ バッテリを取り外します。

6. 新しいバックアップ バッテリを取り付けます。

7. バックアップ バッテリ ケーブルを接続します。

8. アクセス ポイントの無線カバーを閉じます。

9. アクセス ポイントを設置します。

アクセス ポイントの無線カバーを開く

1552E アクセス ポイントの無線カバーを開くには、次の手順を実行します。


ステップ 1 アクセス ポイントを、六角ボルトで取り付けられたカバーが下向きになる状態にします。

ステップ 2 #8 トルクス ドライバを使用してアクセス ポイント カバーのすべてのトルクス ネジを緩めますが、ネジは取り外さないでください(図 4-1 を参照)。

図 4-1 アクセス ポイントの無線カバーのネジ

 

 

1

無線カバーのトルクス ネジ

ステップ 3 カバーを慎重に開きます。


 

バックアップ バッテリの取り外し

バックアップ バッテリを取り外すには、次の手順を実行します。


ステップ 1 アクセス ポイントのカバーを開いた状態で持ちながら、バックアップ バッテリ ケーブルを内部コネクタから慎重に取り外します(図 4-2 を参照)。無線ボードの部品に触れないように注意してください。

図 4-2 バックアップ バッテリの位置

 

 

1

バックアップ バッテリ

3

バックアップ バッテリ ケーブルの内部コネクタ

2

バックアップ バッテリ ケーブル

4

無線ボード(触れないでください)

ステップ 2 カバーを静電保護されたテーブルの上に慎重に置きます。

ステップ 3 プラス ドライバを使用して、バックアップ バッテリをカバーに取り付けている 4 つのネジを取り外します
図 4-3 を参照)。

図 4-3 バックアップ バッテリのネジ

 

 

1

バックアップ バッテリのネジ(4 箇所)

3

バックアップ バッテリ

2

バックアップ バッテリ ケーブルとコネクタ

4

アクセス ポイントの無線カバー


 

新しいバックアップ バッテリの取り付け


) AIR-1520-BATT-6AH= バックアップ バッテリは、アクセス ポイント モデル AIR-CAP1552E-x-K9 でのみ使用されます。このバッテリをモデル AIR-CAP1552H-x-K9 には使用しないでください。


新しいバックアップ バッテリをアクセス ポイントに取り付けるには、次の手順を実行します。


ステップ 1 アクセス ポイントの無線カバーの上で、新しいバックアップ バッテリを図 4-3 に示す向きにします。

ステップ 2 バックアップ バッテリを無線カバーの 4 つのネジ穴に合わせます。

ステップ 3 4 つの付属のネジを使用してバックアップ バッテリを無線カバーに取り付け、0.62 ~ 0.73 Nm(5.5 ~ 6.5 インチ ポンド)で締めます。

ステップ 4 図 4-3 に示すように、バックアップ バッテリ ケーブルを配置して曲げます。


 

バックアップ バッテリ ケーブルを接続して無線カバーを閉じる

バックアップ バッテリ ケーブルを接続してアクセス ポイントの無線カバーを閉じるには、次の手順を実行します。


ステップ 1 図 4-2 に示すように、アクセス ポイントの無線カバーをアクセス ポイントに慎重に合わせます。

ステップ 2 無線カバーを開いて真っすぐに立たせます。その際、無線カバーの端をアクセス ポイントの上部端に合わせます。

ステップ 3 バックアップ バッテリ ケーブル コネクタを内部バッテリ コネクタに慎重に押し込みます(図 4-2 を参照)。

ステップ 4 バックアップ バッテリ ケーブルを挟まないよう注意しながら、無線カバーを閉じます。

ステップ 5 図 4-4 に示すように、1 から順番にプラス ドライバを使用して各カバー ネジを仮締めします。各ネジを 1.24 ~ 1.36 Nm(11 ~ 12 インチ ポンド)で締めます。

ステップ 6 同じ締め付け順序でステップ 5 を繰り返し、各ネジを 2.49 ~ 2.71 Nm(22 ~ 24 インチ ポンド)で完全に締めます

図 4-4 無線カバー ネジを締める順序

 

 


 

次の作業

バックアップ バッテリの手順が完了すると、アクセス ポイントを設置する準備が整います。「取り付けに関するガイドライン」にある安全性と取り付けに関するガイドラインと、「アクセス ポイントの設置」にある取り付けおよび取り付け方法に関する記述をよく読み、それに従ってください。