Cisco Aironet 1500 シリーズ 屋外 Mesh アクセス ポイント ハードウェア インストレーション ガイド
はじめに
はじめに
発行日;2012/01/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 848KB) | フィードバック

目次

はじめに

はじめに

この項では、『Cisco Aironet 1500 シリーズ 屋外 Mesh アクセス ポイント ハードウェア インストレーション ガイド』の目的、対象読者、構成、および表記法について説明します。

本書の目的

このマニュアルでは、Cisco Aironet 1500 シリーズ 屋外 Mesh アクセス ポイント(以下、アクセス ポイント)の取り付け手順について説明します。アクセス ポイントには、デュアル バンド(2.4GHz と 5GHz)動作をサポートする LAP1510 モデルと、シングル バンド(2.4GHz)動作をサポートする LAP1505 モデルの 2 つのモデルがあります。

対象読者

このマニュアルは、アクセス ポイントを初めて設置および設定する人を対象としています。設置担当者は、ネットワーク構成、用語、および概念について十分に理解していることが必要です。


警告 この装置の設置、交換、保守は、訓練を受けた相応の資格のある人が行ってください。ステートメント 1030


マニュアルの構成

このマニュアルは、次の章で構成されています。

第 1 章「概要」 では、アクセス ポイントの主要コンポーネントと機能について説明します。

第 2 章「取り付け手順」 では、警告、安全性に関する情報、およびアクセス ポイントを設置する際に知っておくべき取り付けに関する情報について説明します。

第 3 章「トラブルシューティング」 では、アクセス ポイントの基本的なトラブルシューティングの手順について説明します。

付録 A「安全についての警告」 では、このガイドに記載されている安全の警告の翻訳版が掲載されているドキュメントにアクセスする方法を示します。

付録 B「適合宣言および規制情報」 では、アクセス ポイントが準拠する規制の規定について説明し、日本でアクセス ポイントを操作する際のガイドラインを示します。

付録 C「アクセス ポイントの仕様」 には、アクセス ポイントの技術仕様を示してあります。

付録 D「チャネルと電力レベル」 では、各規制区域でサポートされるアクセス ポイントの無線チャネルおよび最大電力レベルが記載されているドキュメントにアクセスする方法を示します。

付録 E「コネクタのピン配置」 では、アクセス ポイントのコネクタのピン配置について説明します。

付録 F「設置前のアクセス ポイントのプライミング」 では、IP アドレスとコントローラの情報を使用してアクセス ポイントをあらかじめ設定する手順について説明します。

付録 G「DHCP オプション 43 の設定」 では、DHCP オプション 43 の設定手順について説明します。

表記法

このマニュアルでは、次の表記法に従って手順および情報を記載します。

コマンドおよびキーワードは太字で記述します。


読者に留意していただきたいことを示します。役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。



注意 読者に気を付けていただきたいことを示します。ここに記された注意に従わない場合、ユーザの行為によって機器の損傷やデータの消失が生じる恐れがあります。


警告 安全上の重要な注意事項

「危険」の意味です。人身事故を予防するための注意事項が記述されています。機器を動作させる前に、電気回路の危険性を認識し、事故を防止するための一般的な措置について把握しておいてください。警告の各国語版は、各注意事項の番号を基に、装置に付属の「Translated Safety Warnings」を参照してください。ステートメント 1071

これらの注意事項を保管しておいてください。


関連資料

アクセス ポイントに関する詳しい情報は、次の文書に記載されています。

Release Notes for Cisco Wireless LAN Controllers and Lightweight Access Points

『Quick Start Guide: Cisco Aironet 1500 Series Lightweight Outdoor Mesh Access Points』

Cisco Wireless LAN Controller Configuration Guide

次のリンクをクリックすると、Cisco Wireless Documentation のホームページにアクセスできます。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/wireless/tsd_products_support_category_home.html

アクセス ポイントのマニュアルにアクセスするには、「 Wireless LAN Access 」の下にある Cisco Aironet 1500 Series をクリックします。

Cisco Wireless LAN Controller のドキュメントを参照するには、「Wireless LAN Controllers」の下の Cisco 4400 Series Wireless LAN Controllers または Cisco 2000 Series Wireless LAN Controllers をクリックします。

資料の入手方法

シスコの製品マニュアルおよびその他の資料は、Cisco.com で入手することができます。ここでは、シスコの提供する各製品マニュアルおよび資料について説明します。

Cisco.com

次の URL から、シスコ製品の最新資料を入手することができます。

http://www.cisco.com/techsupport

シスコの Web サイトには、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com

また、シスコの Web サイトの各国語版へは、次の URL からアクセスできます。

http://www.cisco.com/public/countries_languages.shtml

Product Documentation DVD(英語版)

Product Documentation DVD は、製品の技術的な情報をポータブル メディアで参照できるライブラリです。この DVD を使用すると、シスコのハードウェアおよびソフトウェア製品のインストール、設定、コマンドのガイドへのアクセスが可能です。DVD を使用すると、次の URL のシスコの Web サイトに掲載されている HTML 資料および PDF 資料にアクセスできます。

http://www.cisco.com/univercd/home/home.htm

Product Documentation DVD は定期的に作成およびリリースされます。DVD は、1 回単位または定期購読で入手することができます。Cisco.com 登録ユーザの場合、Cisco Marketplace または次の URL から Product Documentation DVD(Product Number: DOC-DOCDVD= または DOC-DOCDVD=SUB)を発注できます。

http://www.cisco.com/go/marketplace/docstore

マニュアルの発注方法(英語版)

Cisco Marketplace にアクセスするには、Cisco.com 登録ユーザである必要があります。登録ユーザの場合は、次の URL の Product Documentation Store でシスコの資料を入手することができます。

http://www.cisco.com/go/marketplace/docstore

ユーザ ID またはパスワードを取得していない場合は、次の URL にアクセスして登録手続きを行ってください。

http://tools.cisco.com/RPF/register/register.do

各ドキュメントで利用できるフィードバック フォームにコメントを入力することによって、シスコの Support サイト領域にあるシスコの技術資料についてフィードバックを提出できます。

シスコ製品のセキュリティ概要

シスコでは、オンラインのセキュリティ脆弱性ポリシー ポータルを次の URL で無料で提供しています。

http://www.cisco.com/en/US/products/products_security_vulnerability_policy.html

このサイトでは、次の作業の実行方法に関する情報が掲載されています。

シスコ製品のセキュリティ脆弱性の報告

シスコ製品に関するセキュリティ問題に対するサポートの依頼

シスコからのセキュリティ情報を受け取るための登録

シスコ製品に関するセキュリティ勧告、セキュリティ注意事項、およびセキュリティ応答の最新のリストは、次の URL で入手いただけます。

http://www.cisco.com/go/psirt

セキュリティ勧告、セキュリティ注意事項、およびセキュリティ応答が変更された際に、リアルタイムで確認するには、Product Security Incident Response Team Really Simple Syndication(PSIRT RSS)Feed を定期購読することができます。PSIRT RSS Feed を定期購読する方法については、次の URL で確認できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/products_psirt_rss_feed.html

シスコ製品におけるセキュリティの脆弱性のレポート

シスコでは、安全な製品を提供することに尽力しています。製品のリリース前に社内でテストを実施し、すべての脆弱性を迅速に修正するように努めております。お客様がシスコ製品の脆弱性を発見したと思われる場合は、次の PSIRT にご連絡ください。

緊急度の高い問題のみ : security-alert@cisco.com

緊急度が高いとは、システムが攻撃を受けている状況、あるいは、重大な緊急のセキュリティ脆弱性がレポートされた状況を意味します。これに該当しない場合はすべて、緊急度の低い問題と見なされます。

緊急度の低い問題 : psirt@cisco.com

緊急度の高い問題の場合、次の電話番号で PSIRT に問い合わせることができます。

1 877 228-7302

1 408 525-6532


ヒント 機密情報をシスコに送信する際は、Pretty Good Privacy(PGP)または PGP と互換性のある製品(たとえば、GnuPG)を使用して情報を暗号化することをお勧めします。PSIRT は、PGP バージョン 2.x ~ 9.x で暗号化された情報に対応しています。

無効な暗号鍵または失効した暗号鍵は使用しないでください。PSIRT と通信する際は、次の URL のセキュリティ脆弱性ポリシー ページの Contact Summary セクションとリンクされている適正な公開鍵を使用してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/products_security_vulnerability_policy.html

このページのリンクには、現在使用中の PGP キー ID があります。

PGP を取得していないか、使用していない場合には、機密資料を送信する前に PSIRT に問い合わせて、データを暗号化する別の方法を確認してください。


Product Alerts および Field Notices

シスコ製品の変更または更新については、シスコの Product Alerts および Field Notices に発表されます。こうしたお知らせを受信するには、Cisco.com の Product Alert Tool を使用します。このツールを使用すると、プロファイルを作成し、関連情報を受信する製品を選択できます。

Product Alert Tool にアクセスするには、Cisco.com でユーザ登録をする必要があります。登録ユーザは、次の URL からツールにアクセスできます。

http://tools.cisco.com/Support/PAT/do/ViewMyProfiles.do?local=en

Cisco.com ユーザに登録するには、次の URL にアクセスします。

http://tools.cisco.com/RPF/register/register.do

テクニカル サポート

シスコのテクニカル サポートでは、受賞の実績のあるテクニカル サポートを 24 時間いつでも提供しています。Cisco.com のシスコの Support Web サイトでは、オンライン サポート資料を豊富に用意しています。また、Cisco Technical Assistance Center(TAC)のエンジニアによる電話サポートも提供しています。シスコと有効なサービス契約を結んでいない場合は、リセラーにお問い合わせください。

シスコの Support Web サイト

シスコの Support Web サイトでは、シスコの製品とテクノロジーに関する技術的な問題のトラブルシューティングと解決のためのオンライン資料とツールを提供しています。この Web サイトは 24 時間、いつでもご利用いただけます。URL は、次のとおりです。

http://www.cisco.com/en/US/support/index.html

シスコの Support Web サイトのどのツールにアクセスする場合にも、Cisco.com ユーザの ID とパスワードが必要です。有効なサービス契約を結んでいてもユーザ ID またはパスワードを取得していない場合は、次の URL にアクセスして登録手続きを行ってください。

http://tools.cisco.com/RPF/register/register.do


) オンラインまたは電話でサービスを依頼する前に、Cisco Product Identification Tool を使用して製品のシリアル番号をご確認ください。このツールにアクセスするには、シスコの Support Web サイトで、Get Tools & Resources リンクをクリックします。All Tools (A-Z) タブをクリックして、アルファベット順のリストから Cisco Product Identification Tool を選択します。このツールでは、製品 ID またはモデル名別の検索、ツリー ビュー別の検索、または(特定の製品で)show コマンド出力のコピーと貼り付けによる検索、の 3 つの検索オプションを使用できます。検索結果には、シリアル番号ラベルの貼られている位置が強調表示された製品の図が表示されます。電話でサービスを依頼する前に、製品のシリアル番号のラベルを調べて情報を書き留めてください。



ヒント
ブラウザで Web ページが更新されないと思われる場合は、F5 キーを押した状態で、Ctrl キーを押すことにより、強制的に Web ページを更新します。

技術情報を検索するには、検索対象を Cisco.com Web サイト全体ではなく技術資料に狭めて実行します。Cisco.com のホームページでボックスを使用した後に、ボックスの横にある Advanced Search リンクをクリックし、Technical Support & Documentation ラジオボタンをクリックします。

Cisco.com Web サイトまたは特定の技術資料に関するフィードバックを提供するには、Cisco.com Web ページの上部にある Contacts & Feedback をクリックします。


製品シリアル番号の記載場所

アクセス ポイントのシリアル番号は、右側に記載されています(図1 を参照)。

図1 シリアル番号のラベルの場所

 

 

アクセス ポイントのシリアル番号ラベルには、次の情報が記載されています。

モデル番号(例:AIR-LAP1510AG-A-k9 または AIR-LAP1505G-A-k9)

シリアル番号(例:WCN0636279B(11 桁の英数字))

MAC アドレス(例:00abc65094f3(12 桁の 16 進数))

製造場所(例:Made in Singapore)

Cisco Technical Assistance Center にサポートを依頼される際には、製品シリアル番号が必要となります。

サービスの依頼

オンラインの TAC Service Request Tool を使用すると、S3 および S4 のサービスをすぐに依頼できます(S3 および S4 のサービスの依頼とは、ネットワークへの影響が非常に少ないか、製品情報が必要な場合のことです)。状況の詳しい説明を入力すると、推奨されるリソースが TAC Service Request Tool により自動的に提示されます。これらのリソースを使用しても問題を解決できない場合は、サービスの依頼がシスコののエンジニアに割り当てられます。TAC Service Request Tool には、次の URL からアクセスできます。

http://www.cisco.com/techsupport/servicerequest

S1 および S2 のサービスを依頼される際、またはインターネットにアクセスできない場合には、Cisco TAC まで電話でご連絡ください(S1 および S2 のサービスの依頼とは、実稼働ネットワークがダウンしているか、ネットワークのパフォーマンスが大幅に低下している場合のことです)。S1 および S2 のサービスの依頼はシスコのエンジニアにただちに割り当てられ、お客様は業務をスムーズに遂行するための支援を受けることができます。

TAC フリー ダイヤルの国別電話番号は、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/warp/public/687/Directory/DirTAC.shtml

Cisco TAC の連絡先については、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/techsupport/contacts

サービス依頼の重大度の定義

シスコでは、すべてのサービスの依頼を決められた形式に従って報告していただけるよう、問題の重大度を次のように定義しています。

重大度 1(S1):既存のネットワークが「ダウン」した状態か、業務に致命的な損害が発生した場合。お客様およびシスコが、24時間体制でこの問題を解決する必要があると判断した場合。

重大度 2(S2):既存のネットワーク動作が著しく低下したか、シスコ製品が十分に機能しないため、業務に重大な影響を及ぼした場合。お客様およびシスコが、通常の業務中の全時間を費やして、この問題を解決する必要があると判断した場合。

重大度 3(S3):ネットワークの動作パフォーマンスが低下しているが、ほとんどの業務運用は継続できる場合。お客様およびシスコが、業務時間中にサービスを十分なレベルにまで復旧させる必要があると判断した場合。

重大度 4(S4):シスコ製品の機能、インストール、または設定について、情報または支援が必要な場合。業務の遂行には、ほとんど、あるいはまったく影響がない場合です。

その他の出版物および情報の入手

シスコの製品、テクノロジー、およびネットワーク ソリューションに関する情報について、さまざまな資料をオンラインおよび印刷物で入手できます。

シスコの Web サイトである Online Subscription Center で登録すると、さまざまなシスコのニュース メールやその他のお知らせを入手できます。プロファイルを作成し、希望する購読内容を選択します。シスコの Online Subscription Center には、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/offer/subscribe

『Cisco Product Quick Reference Guide』は、便利にまとまっているリファレンス ツールです。ここには、チャネル パートナーから販売されている多数のシスコ製品の簡単な製品概要、主な特長、サンプルの製品番号、省略された技術仕様などが記載されています。このガイドは 1 年に 2 回更新され、シスコ チャネル製品の最新情報が掲載されています。『Cisco Product Quick Reference Guide』を注文したり、詳細を確認するには、次の URL にアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/guide

Cisco Marketplace では、さまざまなシスコの書籍、リファレンス ガイド、資料、およびロゴ製品を提供しています。シスコのストアである Cisco Marketplace には、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/marketplace/

Cisco Press では、ネットワーキング、トレーニング、および資格認定に関する出版物を幅広く発行しています。これらの文書は、初めてのユーザにも、経験豊かなユーザにも役立ちます。Cisco Press の最新の出版情報などについては、次の URL からアクセスしてください。

http://www.ciscopress.com

『Internet Protocol Journalis』は、インターネットおよびイントラネットの設計、開発、運用を担当するエンジニア向けに、シスコが発行する季刊誌です。 『Internet Protocol Journal』には、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/ipj

シスコが提供するネットワーキング製品やカスタマー サポート サービスには、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/products/index.html

Networking Professionals Connection は対話形式の Web サイトです。このサイトでは、ネットワーキング製品やテクノロジーに関する質問、提案、および情報をネットワーキング担当者がシスコの専門家や他のネットワーキング担当者と共有できます。次の URL にアクセスして、議論に参加してください。

http://www.cisco.com/discuss/networking

『What's New in Cisco Documentation』は、シスコ製品の最新資料のリリース情報を提供するオンライン情報誌です。この情報誌は、月に 1 回更新され、使用している製品に対する資料を直接利用できるように製品カテゴリ別に構成されています。『What's New in Cisco Documentation』の最新リリースは、次のURLで閲覧できます。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/abtunicd/136957.htm

シスコは、世界規模のネットワーキング トレーニングを提供しています。トレーニングの最新情報については、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/learning/index.html