ワイヤレス : Cisco Aironet 1500 シリーズ

アクセス ポイント用アンテナの固定 設置

アクセス ポイント用アンテナの固定設置
発行日;2012/01/21 | 英語版ドキュメント(2009/12/08 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

アクセス ポイント用アンテナの固定設置

接着剤の容器の開封

アクセス ポイントへのアンテナの設置

Loctite 262 の空き容器の処理

アクセス ポイント用アンテナの固定設置

このマニュアルでは、専門の取り付け技師(中国)向けに、Loctite 262 接着剤を使用して Cisco Aironet 1500 シリーズの屋外 Mesh アクセス ポイント(モデル:LAP1510 または LAP1505)にアンテナを固定設置し、アンテナが外れないようにする手順を説明します。LAP1510 には、アンテナ コネクタが 2 つ(2.4GHz と 5GHz)付いています。LAP1505 には、アンテナ コネクタが 1 つ(2.5GHz)付いています。


) 中国の規制要求事項では、専門の取り付け技師がアクセス ポイントに取り付けたアンテナをお客様が交換することは認められていません。


アンテナまたはアンテナ ケーブルのアクセス ポイントへの固定設置用に、0.5ml (0.02fl oz)入りの Loctite 262 接着剤が用意されています。


) 接着剤の硬化時間は、気温が低いと長くなり、高いと短くなります。作業温度範囲は、40 °C ~ 5 °C (104 °F ~ 41 °F)です。


接着剤を 22 °C (72 °F)で使用する場合は、次のガイドラインに従ってください。

2 分間:接着剤をアクセス ポイントのアンテナ コネクタに塗布した後、アンテナの設置に費やせる作業時間。

30 分:接着剤の部分硬化時間。接着剤の塗布およびアンテナ取り付け後の 30 分で接着剤が部分的に硬化し、アンテナを手で取り外すことができなくなります。

24 時間:接着剤が十分に硬化するまでの時間。接着剤の塗布後 24 時間で、元には戻せない損傷をアクセス ポイントまたはアンテナに与えること無しに、アンテナを取り外すことができなくなります。

接着剤を塗布する準備ができるまで、ふたを取り外さないでください。

接着剤は、1 度に 1つのアクセス ポイントにのみ塗布します。次のコネクタに取り掛かる前に、すべての作業を終えます。

アクセス ポイントのアンテナ コネクタの開口部、またはアンテナやアンテナ ケーブル コネクタの中に接着剤を入れないでください。

接着剤の容器の開封

接着剤の容器を開封する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 容器に Loctite 262 接着剤が入っていることを確認します(図1 を参照してください。)。

図1 Loctite 262 接着剤の容器

 

 

ステップ 2 容器のふたを取り外すには、ふたが容器の口に対して直角になるまで、親指でふたを押し下げます。ふたが口から折り取られるまで押し続けます(図2 を参照してください)。

図2 容器上部の折り取り

 

 

ステップ 3 ふたの口径が大きい側を容器の口に被せます(図3 を参照してください)。容器のシールが破れるまで、ふたを口に押し付けます。

図3 接着剤の容器のシールの開封

 

 

ステップ 4 ふたを取り外します。接着剤をアクセス ポイントの N 型アンテナ コネクタに塗布するための容器の準備ができました。接着剤を塗布する準備ができるまでふたは外さないでください。


 

アクセス ポイントへのアンテナの設置


注意 アンテナへの損傷を避けるため、接着剤を塗布する前に、アクセス ポイントを最終位置に設置する必要があります。

アクセス ポイントのアンテナ コネクタに接着剤を塗布する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 アンテナをアクセス ポイントから離して取り付ける場合は、アンテナのみ設置し、アンテナ ケーブルはアクセス ポイントに接続しないでください。

ステップ 2 アンテナ コネクタ(2.4GHz または 5GHz)を選択します。

ステップ 3 容器のふたを取り外し、接着剤をアクセス ポイントの N 型アンテナ コネクタのネジ山の周りに十分に塗布します。コネクタのネジ山全体に接着剤が塗布されていることを確認します(図4 を参照してください)。接着剤は、1 度に 1 つのコネクタにのみ塗布してください。


注意 無線周波数の信号に問題が生じるのを避けるため、コネクタの開口部の中やコネクタの中心導体に接着剤を塗布しないでください。


注意 無線周波数の信号に問題が生じるのを避けるため、アンテナやアンテナ ケーブル コネクタ内に接着剤を塗布しないでください。

図4 接着剤の塗布範囲

 

 

ステップ 4 接着剤がネジ山全体に塗布されていることを確認したら、アンテナまたはアンテナ ケーブルをアクセス ポイントのアンテナ コネクタに即座に取り付けます。

ステップ 5 ふたを容器の口に被せ、押し付けて閉めます。

ステップ 6 アクセス ポイント モデル LAP1510 に取り付ける場合は、アクセス ポイントの 2 つ目のアンテナ コネクタに手順 1 ~ 4 を繰り返します。


 

Loctite 262 の空き容器の処理

Loctite 262 接着剤の空き容器の適切な処理に関する、国が定めた法規に従う必要があります。