Cisco Aironet 1300 シリーズ屋外アクセス ポイント/ブリッジ Cisco IOS ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 12.3(4)JA
チャネルおよびアンテナ設定
チャネルおよびアンテナ設定
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

チャネルおよびアンテナ設定

チャネル

IEEE 802.11g(2.4GHz 帯域)

最大電力レベルとアンテナ ゲイン

IEEE 802.11g(2.4GHz 帯域)

の無線伝送電力の変更

チャネルおよびアンテナ設定

この付録は、IEEE 802.11g(2.4GHz)チャネルと、世界の規制区域でサポートされる最大電力レベルとアンテナ ゲインのリストを収めています。

この付録では、次の項目について説明します。

「チャネル」

「最大電力レベルとアンテナ ゲイン」

チャネル

IEEE 802.11g(2.4GHz 帯域)

表A-1 に、IEEE 802.11g 22MHz 帯域のチャネルごとのチャネル識別子、チャネル中心周波数、および規制区域を示します。

 

表A-1 IEEE 802.11g チャネル

チャネル
識別子
中心周波数(MHz)
規制区域
アメリカ(-A)
EMEA(-E)
イスラエル(-I)
日本(-J)
CCK
OFDM
CCK
OFDM
CCK
OFDM
CCK
OFDM

1

2412

X

X

X

X

--

--

X

X

2

2417

X

X

X

X

--

--

X

X

3

2422

X

X

X

X

--

--

X

X

4

2427

X

X

X

X

--

--

X

X

5

2432

X

X

X

X

X

X

X

X

6

2437

X

X

X

X

X

X

X

X

7

2442

X

X

X

X

X

X

X

X

8

2447

X

X

X

X

X

X

X

X

9

2452

X

X

X

X

--

--

X

X

10

2457

X

X

X

X

--

--

X

X

11

2462

X

X

X

X

--

--

X

X

12

2467

--

--

X

X

--

--

X

X

13

2472

--

--

X

X

--

--

X

X

 141

2484

--

--

--

--

--

--

X

--

1.Aironet 1300はチャネル14をサポートしていません。


) メキシコはアメリカ(-A)の規制区域に含まれます。ただし、チャネル 9 ~ 11 は屋内外で利用できますが、チャネル 1 ~ 8 は屋内だけでしか利用できません。チャネル セットの設定がメキシコの規制規格に適合しているか、お客様ご自身でご確認ください。


最大電力レベルとアンテナ ゲイン

IEEE 802.11g(2.4GHz 帯域)

電力レベルとアンテナ ゲインの組み合わせが適切でない場合、各規制区域で許可されている等価等方放射電力(EIRP)を上回る可能性があります。 表A-2 は、各 IEEE 802.11g 規制区域で許可されている最大電力レベルおよびアンテナ ゲインを示しています。


) 規制区域の制約事項を満たすように、外部アンテナ BR1300 の設定と外部アンテナの設置は、専門家が行う必要があります。この作業には、ネットワーク管理者、または装置の設置と設定を担当するその他の IT 専門家が適しています。設置後、装置へのアクセスはネットワーク管理者がパスワードで保護し、適合認定を維持する必要があります。


 

表A-2 アンテナ ゲインあたりの最大電力レベル(IEEE 802.11g)

規制区域
アンテナ ゲイン(dBi)
最大電力レベル(mW)
CCK
OFDM

アメリカ(-A)
(最大 EIRP:4W)

5.2(全方向性)

100

30

9(パッチ)

100

30

10(八木)

100

30

11(全方向性)

--

--

12(全方向性)

100

30

13(一体型パッチ)

100

30

13.5(八木)

100

30

14(セクター)

50

20

21(ディッシュ)

20

10

EMEA(-E)
(最大 EIRP:100mW)

5.2(全方向性)

20

10

9(パッチ)

10

5

10(八木)

10

5

11(全方向性)

--

--

12(全方向性)

5

1

13(一体型パッチ)

5

1

13.5(八木)

5

1

14(セクター)

1

1

21(ディッシュ)

12

--

日本(-J)
(最大 EIRP:10mW/MHz)

5.2(全方向性)

10

10

9(パッチ)

10

10

10(八木)

10

10

11(全方向性)

10

10

12(全方向性)

10

10

13(一体型パッチ)

10

10

13.5(八木)

10

10

14(セクター)

10

10

21(ディッシュ)

10

10

2.この設定では、最低 2dBi のケーブル損失を使用する必要があります。

アクセス ポイント/ブリッジの無線伝送電力の変更

アクセス ポイント/ブリッジの無線出力電力の変更方法の詳細は、「無線伝送の電力の設定」を参照してください。