Cisco MSE 仮想アプライアンス インストールおよびコンフィギュレーション ガイド
仮想アプライアンスのライセンス
仮想アプライアンスのライセンス
発行日;2015/03/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

仮想アプライアンスのライセンス

License Center を使用したライセンス ファイルの MSE への追加

仮想アプライアンスのライセンス

Cisco MSE 仮想アプライアンスは、 http://software.cisco.com/download/navigator.html の Cisco.com の Software Center からダウンロードします。MSE の仮想アプライアンスの各インスタンスでは、MSE Virtual Appliance Activation ライセンス(L-MSE-8.0-K9)が必要です。アクティベーション ライセンスがない場合、Mobility Services Engine(MSE)は、120 間有効な評価モードで開始されます。サービス ライセンスがホスト上に存在する場合でも、アクティベーション ライセンスがインストールされていないとサービス ライセンスは拒否されます。評価ライセンスは、AP の数とエンド デバイスの数によって制限されます。追加の評価ライセンスについては、シスコ販売チームに問い合わせてください。

仮想アプライアンスのアクティベーション ライセンスを使用して、仮想アプライアンスをアクティブにする必要があります。仮想アプライアンス(アプライアンスで show udi を実行)から、またはPrime Infrastructure の UI の [MSE General Properties] ページから Unique Device Identifier(UDI)を取得できます。この情報を使用して、仮想アプライアンス アクティベーション ライセンスおよび永久サービス ライセンスを購入します。

次のオプションを使用して、Prime Infrastructure に仮想アプライアンス ライセンスを追加できます。

MSE を初めてインストールする場合、[Add Mobility Service Engine] ページを使用する。詳細については、「Prime Infrastructure での MSE の設定」 を参照してください。

[License Center] ページを使用する。MSE へのライセンス ファイルの追加に関する詳細については、『Connected Mobile Experiences Configuration Guide, Release 8.0』を参照してください。

License Center を使用したライセンス ファイルの MSE への追加

ライセンスを追加するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 MSE 仮想アプライアンスをインストールします。詳細については、 Cisco MSE 仮想アプライアンス OVA ファイルのダウンロードを参照してください。

ステップ 2 MSE を Prime Infrastructure に追加します。詳細については、 http://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/wireless/mse/7-6/MSE_CAS/7_6_MSE_CAS/7_4_MSE_CAS_chapter_010.html#ID136 を参照してください。

ステップ 3 Prime Infrastructure UI で [Administration] > [License Center] の順に選択して、[License Center] ページにアクセスします。

ステップ 4 左側のサイドバーのメニューから、[Files] > [MSE Files] を選択します。

ステップ 5 [Add] をクリックして、ライセンスを追加します。

[Add A License File] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 6 [MSE Name] ドロップダウン リストから [MSE] を選択します。

ステップ 7 [Choose File] をクリックして、アクティベーション ライセンス ファイルを参照して選択します。

ステップ 8 [OK] をクリックします。

送信したら、ライセンスがアクティブになり、[License Center] ページにライセンス情報が表示されます。

このイメージは、仮想アプライアンスの License Center UI に対する最新の変更を示します。