Cisco 3310 モビリティ サービス エンジン スタートアップ ガイド
Troubleshooting
Troubleshooting
発行日;2012/12/19 | 英語版ドキュメント(2010/05/04 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Troubleshooting

基本事項の確認

接続とスイッチのチェック

Troubleshooting

システムが予想通りに動作しない場合、この付録に記載されている手順に従って、トラブルシューティングを開始します。この付録では、一部の基本的なシステムの問題をトラブルシューティングする際に役立つ手順や初期チェックについて説明します。

この付録の構成は、次のとおりです。

「基本事項の確認」

「接続とスイッチのチェック」

基本事項の確認

基本的なシステムの問題を解決するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 システム ソフトウェアによってアラート メッセージが発行されましたか。

はい :アラート メッセージで指定されたコンポーネントをチェックします。

いいえステップ 2 に進みます。

ステップ 2 シャーシを目視で確認します。システムが濡れている、または破損していますか。

はい :液体のこぼれやはね、非常に高い湿度はシステムに損害を与える場合があります。外部ドライブなどの外部デバイスが水に濡れた場合、サービス担当者に連絡して指示を受けます。

移動中にシャーシが落下や破損した場合、正常に機能するかどうかシステムを確認する必要があります。システムに接続する外部デバイスが落下や破損した場合、サービス担当者に連絡して指示を受けます(「マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート」 を参照)。

いいえステップ 3 に進みます。

ステップ 3 「接続とスイッチのチェック」の手順を実行します

問題は解決されましたか。

はい :システムへの電源に問題があったか、システムとの接続が緩んでいました。問題は解決されました。

いいえステップ 4 に進みます。

ステップ 4 システムのセットアップ プログラムの設定を確認します。詳細については、システムで実行されているソフトウェアのバージョンに対応するユーザ ガイドまたはソフトウェア コンフィギュレーション ガイドを参照してください(「関連資料」 を参照)。

システムはブート ルーチンを完了しましたか。

はい :システム設定情報に誤りがありました。問題は解決されました。

いいえ :サービス担当者に連絡してください(「マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート」 を参照)。

接続とスイッチのチェック

スイッチやコントローラの不適切な設定、およびケーブルの緩みや不適切な接続は、シャーシや他の外部機器の問題で最も多い原因です。すべてのスイッチ、コントローラ、ケーブル接続を手早く確認することで、これらの問題を簡単に解決できます。(前面パネルのコントローラおよびインジケータの位置については、図 1-2 を参照してください。システムの背面パネルの接続の位置については、図 1-3 を参照してください)。

すべての接続とスイッチをチェックするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 外部ドライブなど接続された周辺機器を含め、システムの電源をオフにします。電源コンセントから電源ケーブルを外します。

ステップ 2 システムが電源ストリップ(または配電ユニット)に接続されている場合、電源ストリップをいったんオフにしてから再度オンにします。

電源ストリップには電力が供給されていますか。

はいステップ 5 に進みます。

いいえステップ 3 に進みます。

ステップ 3 電源ストリップを別の電源コンセントに差し込みます。

電源ストリップには電力が供給されていますか。

はい 。元の電源コンセントは正常に機能していません。別の電源コンセントを使用します。

いいえステップ 4 に進みます。

ステップ 4 電源コンセントに、動作することがわかっているシステムを接続します。

システムには電力が供給されますか。

はい 。電源ストリップが正常に動作していません。別の電源ストリップを使用します。

いいえステップ 5 に進みます。

ステップ 5 電源コンセントや電源ストリップにシステムを再接続します。

すべての接続がしっかりつながっていることを確認します。

ステップ 6 システムを起動します。

問題は解決されましたか。

はい 。接続が緩んでいました。問題は解決されました。

いいえ 。サービス担当者に連絡してください。(「マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート」を参照)。