Mobile SDK 用の Cisco CMX Connect and Engage コンフィギュレーション ガイド
CMX Mobile Application Server
CMX Mobile Application Server
発行日;2015/07/29 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

CMX Mobile Application Server

概要

CMX Mobile Application Server のインストール

CMX Mobile Application Server 関連コマンド

概要

CMX モバイル アプリケーション サーバは、Connect and Engage システムからロケーション更新、セットアップ、および設定の情報を受け取ります。このサーバは、ロケーション情報、興味のあるポイント、ゾーン、およびフロアに関する Software Development Kit(SDK)クライアントからの要求を処理します。

CMX Mobile Application Server のインストール

CMX Mobile Application Server は、最新の Redhat または Fedora Linux サーバ上にインストール可能な RPM として配布されます。インストール操作は、RPM インストール コマンドを使って実行されます。


ステップ 1 CMX Mobile Application Server を初めてインストールする場合には、次のコマンドを使用します。

rpm -iv cmx-mobile-app-server-version.x86_64.rpm

CMX Mobile Application Server は /opt/cmx-mobile-app-server ディレクトリにインストールされます。

ステップ 2 既存の CMX Mobile Application Server をアップグレードする場合には、次のコマンドを使用します。

rpm -Uvf cmx-mobile-app-server-version.x86_64.rpm

ステップ 3 新しいインストール環境を設定するには、次のセットアップ スクリプトを実行します。

/opt/cmx-mobile-app-server/setup/setup.sh

[CMX Mobile Application Server の設定が開始します]

次のように CMX Mobile APP Server を設定します

1) Display current configuration 5) SDK Server port
2) Communication credentials* 6) Log level
3) SDK credentials 7) ## Verify and apply changes ##
4) Server port
 
Please enter your choice [1-7]:

ステップ 4 次のように通信のクレデンシャルを設定します。

Please enter your choice [1-7]: 2

Enter an admin username.
The admin user is used to authenticate MSE configuration data.Once this password is updated, it must correspondingly be updated on the MSE UI page for Mobile App Enablement Parameters so that the MSE can communicate with the server.
 
Enter a communication username: admin
 
Enter a password for the admin user.
The admin user is used to authenticate MSE configuration data.Once this password is updated, it must correspondingly be updated on the MSE UI page for Mobile App Enablement Parameters so that the MSE can communicate with the server.
 
Enter communication password:
Confirm communication password:

ステップ 5 次のようにセットアップ情報を確認して、変更を適用します。

Please enter your choice [1-7]: 7
 
Please verify the following setup information.
------------------------------------BEGIN-------------------------------
 
Communication username changed
Communication password changed

-------------------------------------End--------------------------------
 
You may enter “yes” to proceed with configuration, “no” to make more changes.
 
設定変更
Is the above information correct (yes or no): yes
 
-----------------------------------------------------------------------------------
 
Checking mandatory configuration information...
 
Mandatory parameters (Credentials username and password have all been configured)
 
-----------------------------------------------------------------------------------
 
Setup will now attempt to apply the configuration.
 
Setting communication password.
(Fri July 18 17:04:07 PDT 2014) Stopping CMX Mobile App Server ...
(Fri July 18 17:04:07 PDT 2014) Stopping CMX Mobile App Server Apache...
(Fri July 18 17:04:07 PDT 2014) Completed Stopping CMX Mobile App Server ...
(Fri July 18 17:04:07 PDT 2014) Starting CMX Mobile App Server ...
(Fri July 18 17:04:07 PDT 2014) Starting CMX Mobile App Server Apache...
(Fri July 18 17:04:07 PDT 2014) Completed Starting CMX Mobile App Server SDK...
***Configuration successful***
 
Exiting setup script
 

正常に終了すると、設定が適用されて、サーバが再起動されます。


 

CMX Mobile Application Server 関連コマンド

以下の表は、CMX Mobile Application サーバをセットアップするときに使用できるコマンドを示しています。

表 4-1 CMX Mobile Application Server のコマンド

目的
コマンド

サーバを開始する

/etc/init.d/cmx-mobile-app-server start

サーバを停止する

/etc/init.d/cmx-mobile-app-server stop

サーバのステータスを確認する

/etc/init.d/cmx-mobile-app-server status

Backup/Restore

バックアップが必要なすべてのファイルは、/opt/cmx-mobile-app-server/data ディレクトリの中にあります。

このディレクトリを定期的にアーカイブしてください。リストアする場合には、サーバを停止し、ディレクトリを解凍する必要があります。起動時にデータがリストアされます。

ビルディング、フロア、ゾーン、興味のあるポイントなどを含む、施設の設定情報を取得する

sh /opt/cmx-mobile-app-server/bin/getServerConfig.sh
 
1 つのフロアに対してゾーンが設定されている場合、コマンドにより、ゾーンの名前、およびそのゾーンに関するいくつかの情報が示されます。1 つのフロアに定義されている任意のポイントについても同様です。このコマンドを実行すると、ユーザは、Connect and Engage で行われた設定がサーバに示されることを確認できます。

統計情報を表示する

sh /opt/cmx-mobile-app-server/bin/getServerStats.sh
 
無線クライアントの数、通知イベント カウント、モバイル アプリケーション使用状況の統計、モバイル プッシュ通知の統計、および設定更新の統計を表示します。各統計情報には、現時点での数、最終更新時間、および 1 秒あたりの数が示されます。これを使用して、プッシュ通知がサーバに送信されているかどうかを判断できます。最終更新時間または現時点の数をチェックすると、サーバが正しく更新されているかどうかがわかります。

表 4-2 に、デバッグ コマンドの一覧を示します。すべてのデバッグ コマンドは、/opt/cmx-mobile-app-server/bin ディレクトリ内にあります。

表 4-2 debug コマンド

目的
コマンド

MAC アドレスによりクライアントの場所を取得する

/opt/cmx-mobile-app-server/bin/getLocationByMac.sh [macAddress]

MAC アドレスによりクライアントの場所を監視する

/opt/cmx-mobile-app-server/bin/monitorLocationByMac.sh [macAddress]

このコマンドは、Ctrl キーと C キーを押して監視を停止するまで実行を続けます。このコマンドは、サーバで更新された最新のロケーションを反映するよう端末を更新します。

サーバによって開始されたプッシュ通知をクライアントが受け取ったかどうかを検証する

/opt/cmx-mobile-app-server/bin/sendPushNotificationByMac.sh [macAddress]
<message>

サーバによって開始されたプッシュ通知をクライアントが受け取ることができるかどうかを検証する

/opt/cmx-mobile-app-server/bin/testPushNotificationByMac.sh [macAddress]