Cisco Wireless Intrusion Prevention System コンフィギュレーション ガイド リリース 7.6
Mobility Services Engine の同期
Mobility Services Engine の同期

目次

Mobility Services Engine の同期

この章では、Cisco ワイヤレス LAN コントローラと Prime Infrastructure を Mobility Services Engine と同期する方法について説明します。


(注)  


[Services] タブの [Mobility Services Engines]、[Synchronization History]、[High Availability]、[Context-Aware Notifications]、および [MSAP] ページは、リリース 7.3.101.0 でのみ使用できます。


この章の内容は、次のとおりです。

Prime Infrastructure と Mobility Services Engine の同期

ここでは、Prime Infrastructure とモビリティ サービス エンジンを手動および自動的に同期する方法を説明します。


(注)  


[Services] > [Synchronize Services] ページは、リリース 7.3.101.0 以降の仮想ドメインでのみ使用可能です。


Prime Infrastructure にモビリティ サービス エンジンを追加したら、ネットワーク設計(キャンパス、ビルディング、フロア、および屋外マップ)、コントローラ(名前と IP アドレス)、特定の Catalyst 3000 シリーズおよび 4000 シリーズ スイッチ、およびイベント グループをモビリティ サービス エンジンと同期できます。

  • ネットワーク設計:施設全体でのアクセス ポイントの物理的配置の論理マッピング。 1 つのキャンパス、そのキャンパスを構成するビルディング、および各ビルディングのフロアという階層構造が、1 つのネットワーク設計を構成します。

  • コントローラ:Mobility Services Engine に関連付けられている選択されたコントローラ。Mobility Services Engine と定期的にロケーション情報を交換します。 定期的な同期により、正確なロケーション情報を維持できます。

  • 有線スイッチ:ネットワーク上の有線クライアントへのインターフェイスを提供する有線 Catalyst スイッチ。 定期的な同期によって、ネットワーク上の有線クライアントのロケーションが正確に追跡されます。

    • Mobility Services Engine は、Catalyst スタッカブル スイッチ(3750、3750-E、3560、2960、IE-3000 スイッチ)、スイッチ ブレード(3110、3120、3130、3040、3030、3020)、およびスイッチ ポートと同期できます。

    • Mobility Services Engine は、Catalyst 4000 シリーズ スイッチ WS-C4948、WS-C4948-10GE、ME-4924-10GE、WS-4928-10GE、WS-C4900M、WS-X4515、WS-X4516、WS-X4013+、WS-X4013+TS、WS-X4516-10GE、WS-X4013+10GE、WS-X45-SUP6-E、および WS-X45-SUP6-LE とも同期できます。

  • イベント グループ:イベントを生成するトリガーを定義する事前定義イベントのグループ。 定期的な同期により、最新の定義イベントが追跡されます。 イベント グループはサードパーティ アプリケーションでも作成できます。 サードパーティ アプリケーションにより作成されたイベント グループの詳細については、データベースの自動同期の設定と Out-of-Sync アラートを参照してください。

  • サードパーティ要素:要素を MSE と同期する場合、サードパーティ アプリケーションにより MSE にイベント グループが作成されていることがあります。 未使用の要素を削除するか、または未使用の要素をサードパーティ要素としてマークすることができます。

  • サービス アドバタイズメント:モバイル コンシェルジュ サービスは、モバイル デバイスにサービス アドバタイズメントを提供します。 これにより、MSE と同期されたサービス アドバタイズメントが示されます。

Mobility Services Engine の同期の前提条件

  • 同期を実行する前に、コントローラ、Prime Infrastructure、およびモビリティ サービス エンジン間のソフトウェアの互換性を確認してください。 http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​ps9742/​tsd_​products_​support_​series_​home.html で、Mobility Services Engine の最新リリース ノートを参照してください。

  • モビリティ サービス エンジン、Prime Infrastructure、およびコントローラ間の通信は、協定世界時(UTC)で実行されます。 各システムで NTP を設定すると、デバイスに UTC 時刻が提供されます。 モビリティ サービス エンジンとその関連コントローラは、同一 NTP サーバと同一 Prime Infrastructure サーバにマップする必要があります。 NTP サーバは、コントローラ、Prime Infrastructure、およびモビリティ サービス エンジン間で時刻を自動的に同期する必要があります。 ただし、MSE のタイムゾーンは引き続き UTC に設定する必要があります。 これは、wIPS アラームには MSE 時刻を UTC に設定する必要があるからです。

サードパーティ要素の操作

要素を MSE と同期する場合、MSE にサードパーティ アプリケーションによって作成されたイベント グループがあることがあります。 未使用の要素を削除するか、または未使用の要素をサードパーティ要素としてマークすることができます。

要素の削除またはサード パーティ要素としてのマーキング

要素を削除またはサード パーティ要素としてマークするには、次の手順に従います。


    ステップ 1   [Services]> [Synchronize Services] の順に選択します。

    [Network Designs] ページが表示されます。

    ステップ 2   [Network Designs] ページで、左側のサイドバーのメニューから [Third Party Elements] を選択します。

    [Third Party Elements] ページが表示されます。

    ステップ 3   1 つ以上の要素を選択します。
    ステップ 4   次のいずれかのボタンをクリックします。
    • [Delete Event Groups]:選択されているイベント グループを削除します。

    • [Mark as 3rd Party Event Group(s)]:選択されているイベント グループをサードパーティ イベント グループとしてマークします。


    コントローラと Mobility Services Engine の同期

    ここでは、コントローラを同期し、MSE を任意のワイヤレス コントローラに割り当て、ネットワーク設計、コントローラ、有線スイッチ、またはイベント グループを Mobility Services Engine から割り当て解除する方法について説明します。

    ここでは、次の内容について説明します。

    コントローラ、Catalyst スイッチ、またはイベント グループの同期

    ネットワーク設計、コントローラ、Catalyst スイッチ、またはイベント グループを Mobility Services Engine と同期するには、次の手順に従います。


      ステップ 1   [Services]> [Synchronize Services] の順に選択します。

      左側のサイドバーのメニューには、[Network Designs][Controllers][EventGroups][WiredSwitches][Third PartyElements]、および [Service Advertisements] のオプションがあります。

      ステップ 2   左側のサイドバーのメニューから、該当するメニュー オプションを選択します。
      ステップ 3   Mobility Services Engine にネットワーク設計を割り当てるには、[Synchronize Services] ページの左側のサイドバーのメニューから、[Network Designs]を選択します。

      [Network Designs] ページが表示されます。

      ステップ 4   対応する [Name] チェックボックスをオンにして、Mobility Services Engine と同期するすべてのマップを選択します。
      (注)     

      リリース 6.0 では、Mobility Services Engine に割り当てることができる最も詳細なレベルはキャンパス レベルです。 リリース 7.0 以降では、このオプションはフロア レベルまで拡大されました。 たとえば、floor1 を MSE 1 に、floor2 を MSE 2 に、floor3 を MSE 3 に割り当てることを選択できます。

      ステップ 5   [Change MSE Assignment]をクリックします。
      ステップ 6   マップと同期する Mobility Services Engine を選択します。
      ステップ 7   [MSE Assignment] ダイアログボックスで次のいずれかをクリックします。
      • [Save]:Mobility Services Engine 割り当てを保存します。 次のメッセージが [Network Designs] ページの [Messages] 列に黄色の矢印アイコンとともに表示されます。

        「To be assigned - Please synchronize.」

      • [Cancel]:Mobility Services Engine 割り当ての変更内容を取り消し、[Network Designs] ページに戻ります。

        [Reset]をクリックしても、Mobility Services Engine の割り当てが取り消されます。



        (注)     

        ネットワーク設計には、キャンパス内のフロアや、複数のビルディングが含まれている大規模キャンパス(各ビルディングが異なる Mobility Services Engine によりモニタされる)などがあります。 このため、単一ネットワーク設計を複数の Mobility Services Engine に割り当てる必要がある場合があります。 ネットワーク設計割り当てでは、同期対象のコントローラが自動的に選択されます。

      ステップ 8   [Synchronize]をクリックし、Mobility Services Engine データベースを更新します。

      項目が同期されると、同期済みエントリの [Sync. Status] 列に緑色の 2 つの矢印のアイコンが表示されます。

      有線スイッチまたはイベント グループを Mobility Services Engine に割り当てるときにも同じ手順を使用できます。 Mobility Services Engine にコントローラを割り当てるには、「コントローラと Mobility Services Engine の同期」(3-3 ページ)を参照してください。


      コントローラへの MSE の割り当て

      サービス単位(CAS または wIPS)で Mobility Services Engine を任意のワイヤレス コントローラに割り当てるには、次の手順に従います。


        ステップ 1   [Services]> [Synchronize Services] の順に選択します。
        ステップ 2   [Network Designs] ページで、左側のサイドバーのメニューから [Controller] を選択します。
        ステップ 3   対応する [Name] チェックボックスをオンにして、Mobility Services Engine に割り当てるコントローラを選択します。
        ステップ 4   [Change MSE Assignment]をクリックします。
        ステップ 5   コントローラと同期する必要がある Mobility Services Engine を選択します。
        ステップ 6   [Choose MSEs] ダイアログボックスで次のいずれかをクリックします。
        • [Save]:Mobility Services Engine 割り当てを保存します。 次のメッセージが [Controllers] ページの [Messages] 列に黄色の矢印アイコンとともに表示されます。

          「To be assigned - Please synchronize.」

        • [Cancel]:Mobility Services Engine 割り当ての変更内容を取り消し、[Controllers] ページに戻ります。

          [Reset]をクリックしても、Mobility Services Engine の割り当てが取り消されます。

        ステップ 7   [Synchronize]をクリックし、同期プロセスを実行します。
        ステップ 8   Mobility Services Engine が、選択されているサービスの各コントローラだけと通信していることを確認します。 これは、ステータス ページの [NMSP status] リンクをクリックして確認できます。
        (注)     

        コントローラの同期後、関連付けられているコントローラでタイムゾーンが設定されていることを確認します。

        (注)     

        Mobility Services Engine と同期するコントローラの名前は固有でなければなりません。 同じ名前のコントローラが 2 つある場合は 1 つのコントローラだけが同期されます。 Catalyst スイッチまたはイベント グループを Mobility Services Engine に割り当てるときにも同じ手順を使用できます。

        (注)     

        スイッチは、1 つの Mobility Services Engine とだけ同期できます。 ただし、Mobility Services Engine には複数のスイッチを接続できます。


        ネットワーク設計、有線スイッチ、またはイベント グループの MSE からの割り当て解除

        Mobility Services Engine からネットワーク設計、コントローラ、有線スイッチ、またはイベント グループの割り当てを解除するには、次の手順に従います。


          ステップ 1   [Services]> [Synchronize Services] の順に選択します。
          ステップ 2   左側のサイドバーのメニューから、該当するメニュー オプションを選択します。
          ステップ 3   [Name]チェックボックスをオンにして 1 つ以上の要素を選択し、[Change MSE Assignment] をクリックします。

          [Choose MSEs] ダイアログボックスが表示されます。

          ステップ 4   該当するタブで 1 つ以上の要素をクリックし、[Change MSE Assignment] をクリックします。 [Choose MSEs] ダイアログボックスが表示されます。
          ステップ 5   Mobility Services Engine に要素を関連付けない場合は、[CAS] または [wIPS] のいずれかのチェックボックスをオンにして Mobility Services Engine の選択を解除します。
          ステップ 6   [Save]をクリックして割り当ての変更を保存します。
          ステップ 7   [Synchronize]をクリックします。

          [Sync Status] 列がブランクになります。


          データベースの自動同期の設定と Out-of-Sync アラート

          Prime Infrastructure とモビリティ サービス エンジンのデータベースの手動同期はただちに実行されます。 ただし、将来のデプロイメントの変更(マップやアクセス ポイントの位置の変更など)が原因で、再同期までは、ロケーションの計算やアセットの追跡が正しく行われないことがあります。

          同期されていない状態を防ぐため、Prime Infrastructure を使用して同期を実行します。 このポリシーにより、Prime Infrastructure と Mobility Services Engine のデータベース間の同期が定期的に実行され、関連アラームがすべてクリアされます。

          1 つ以上の同期コンポーネントに対する変更は、Mobility Services Engine と自動的に同期されます。 たとえば、アクセス ポイントが設置されているフロアを特定の Mobility Services Engine と同期し、その後 1 つのアクセス ポイントが同じフロアの新しいロケーション、または別のフロア(Mobility Services Engine と同期されるフロア)に移動すると、アクセス ポイントの変更後のロケーションが自動的に伝達されます。

          Prime Infrastructure と MSE が同期されるようにするため、バックグラウンドでスマート同期が実行されます。

          ここでは、次の内容について説明します。

          データベースの自動同期の設定

          スマート同期を設定するには、次の手順に従います。


            ステップ 1   [Administration] > [Background Tasks]の順に選択します。
            ステップ 2   [Mobility Service Synchronization]チェックボックスをオンにします。

            [Mobility Services Synchronization] ページが表示されます。

            ステップ 3   Mobility Services Engine が Out-of-Sync アラートを送信するように設定するには、[Out of Sync Alerts] の [Enabled] チェックボックスをオンにします。
            ステップ 4   スマート同期を有効にするには、[Smart Synchronization] の [Enabled] チェックボックスをオンにします。
            (注)     

            スマート同期は、Mobility Services Engine に割り当てられていない要素(ネットワーク設計、コントローラ、またはイベント グループ)には適用されません。 ただし、これらの未割り当て要素に関する out-of-sync アラームは生成されます。 スマート同期をこれらの要素に適用するには、これらの要素を Mobility Services Engine に手動で割り当てる必要があります。

            (注)     

            Prime Infrastructure に Mobility Services Engine が追加されると、Prime Infrastructure のデータは常に、Mobility Services Engine と同期するプライマリ コピーとして扱われます。 モビリティ サービス エンジンに含まれているが、Prime Infrastructure には含まれていない同期対象のネットワーク設計、コントローラ、イベント グループ、および有線スイッチはすべて、モビリティ サービス エンジンから自動的に削除されます。

            ステップ 5   スマート同期の実行間隔を分数単位で入力します。

            デフォルトでは、スマート同期は有効になっています。

            ステップ 6   [Submit]をクリックします。`

            スマート コントローラの割り当てと選択のシナリオについては、スマート コントローラの割り当てと選択のシナリオを参照してください。


            スマート コントローラの割り当てと選択のシナリオ

            シナリオ 1

            [Synchronize Services] ページの [Network Designs] メニューで、コントローラからのアクセス ポイントが 1 つ以上存在するフロアを Mobility Services Engine と同期することを選択した場合、アクセス ポイントに接続しているコントローラが、CAS サービスの Mobility Services Engine への割り当て対象として自動的に選択されます。

            シナリオ 2

            コントローラからの 1 つ以上のアクセス ポイントが、Mobility Services Engine と同期されるフロアに配置されている場合、アクセス ポイントに接続しているコントローラは、CAS サービスの同じ Mobility Services Engine に自動的に割り当てられます。

            シナリオ 3

            アクセス ポイントがフロアに追加され、Mobility Services Engine に割り当てられます。 このアクセス ポイントをコントローラ A からコントローラ B に移動すると、コントローラ B が Mobility Services Engine と自動的に同期されます。

            シナリオ 4

            MSE と同期するフロアに配置されているすべてのアクセス ポイントが削除されると、そのコントローラは自動的に Mobility Services Engine 割り当てから削除されるか、または同期されなくなります。

            Out-of-Sync アラーム

            Out-of-Sync アラームは、重大度が Minor(黄色)のアラームであり、次の条件に対して出されます。

            • Prime Infrastructure で要素が変更される(自動同期ポリシーによりこれらの要素がプッシュされます)

            • コントローラ以外の要素がモビリティ サービス エンジン データベースに存在するが、Prime Infrastructure に存在しない

            • 要素が Mobility Services Engine に割り当てられていない(自動同期ポリシーは適用されません)

            Out-of-Sync アラームは、次の条件が発生するとクリアされます。

            • Mobility Services Engine が削除される


              (注)  


              Mobility Services Engine を削除すると、そのシステムの Out-of-Sync アラームも削除されます。 また、使用可能な最後の Mobility Services Engine を削除すると、「どのサーバにも割り当てられていない要素」のイベントに対するアラームが削除されます。


            • 要素が手動または自動で同期される

            • ユーザがアラームを手動でクリアする(ただしスケジュールされているタスクが次回実行されるときに、アラームが再び表示される可能性があります)

            Mobility Services Engine 同期ステータスの表示

            Prime Infrastructure でサービスの同期機能を使用して、ネットワーク設計、コントローラ、スイッチ、およびイベント グループとモビリティ サービス エンジンとの同期のステータスを表示できます。

            ここでは、次の内容について説明します。

            Mobility Services Engine 同期ステータスの表示

            同期ステータスを表示するには、次の手順に従います。


              ステップ 1   [Services]> [Synchronize Services] の順に選択します。
              ステップ 2   左側のサイドバーのメニューから、[Network Designs][Controllers][Wired Switches][Third Party Elements]、または [Service Advertisements] を選択します。

              各要素の [Sync. Status] 列に、 同期ステータスが表示されます。 緑色の 2 つの矢印のアイコンは、対応する要素が指定サーバ(Mobility Services Engine など)と同期されていることを示します。 灰色の 2 つの矢印と赤い円のアイコンは、対応する項目が指定のサーバと同期していないことを示します。

              [Message] 列には、要素が同期していない場合の障害の原因が表示されます。

              [Monitor] > [Maps] > [System Campus] > [Building] > [Floor] を選択して、同期ステータスを表示することもできます。

              このビルディングはキャンパス内のビルディング、フロアはキャンパス ビルディング内の特定のフロアです。

              左側のサイドバーのメニューの [MSE Assignment] オプションに、フロアが現在割り当てられている Mobility Services Engine が表示されます。 このページから Mobility Services Engine 割り当てを変更することもできます。


              同期履歴の表示

              Mobility Services Engine の過去 30 日間の同期履歴を表示できます。 アラームが自動的にクリアされるため、これは特に自動同期が有効な場合に便利です。 同期履歴には、クリアされたアラームの要約が表示されます。

              同期履歴を表示するには、[Services] > [Synchronization History] の順に選択します。 [Synchronization History] ページが表示されます。 次の表に、[Synchronization History] ページのパラメータを示します。

              表 1 [Synchronization History] ページ

              テキスト ボックス

              説明

              Timestamp

              同期が実行された日時。

              Server

              Mobility Services Engine サーバ。

              Element Name

              同期された要素の名前。

              Type

              同期された要素のタイプ。

              Sync Operation

              実行された同期動作。

              [Update]、[Add]、または [Delete] です。

              Generated By

              同期の方法。

              [Manual] または [Automatic] です。

              Status

              同期のステータス。 [Success] または [Failed] のいずれかです。

              メッセージ

              同期に関するその他のメッセージ。