Cisco Connected Mobile Experiences Configuration Guide, Release 7.6
マップの使用
マップの使用

目次

マップの使用

マップでは、キャンパス、ビルディング、屋外領域、およびフロア上にあるすべての管理対象システムの概要を表示できます。

この章の内容は、次のとおりです。

マップについて

次世代マップ機能は、デフォルトで有効になっています。

次世代マップ機能には、次のような利点があります。

  • マップ上に大量の情報を表示します。 さまざまなクライアント、干渉、アクセス ポイントがある場合、Prime Infrastructure マップ ページでの表示を乱し、ページのロードに時間がかかる場合があります。 リリース 7.3 は情報のクラスタリングおよび階層化を導入しています。 情報のクラスタにより、高レベルでノイズを軽減し、オブジェクトをクリックすると、より多くの情報を表します。 詳細については、フロア領域のモニタリングを参照してください。

  • AP をマップに追加するプロセスを効率化し、迅速化します。 従来のマップでは、マップへのアクセス ポイントの追加プロセスは手作業で手間がかかりました。 リリース 7.3 では、自動階層作成を使用して、アクセス ポイントを追加し命名できます。 詳細については、マップ作成のための自動階層の使用方法を参照してください。

  • 容易なナビゲーションとズーム/パン コントロールによる高品質なマップ イメージを提供します。 従来のマップでは、マップ イメージの品質が低く、ナビゲーション、ズーム、パンが低速でした。 リリース 7.3 では、次世代のタイル対応マップ エンジンを使用して、マップを高速にロードしズーム/パンを容易に操作できます。 次世代マップでは、高解像度のマップをより高速にロードし、マップ内を容易に移動できます。 詳細については、次世代マップを使用したパンおよびズームを参照してください。

ここでは、次の内容について説明します。

キャンパス マップへのビルディングの追加

Prime Infrastructure データベース内のキャンパス マップにビルディングを追加するには、次の手順を実行します。


    ステップ 1   [Design] > [Site Maps] を選択して、[Maps] ページを表示します。
    ステップ 2   目的のキャンパスをクリックします。 [Site Maps] > [Campus Name] ページが表示されます。
    ステップ 3   [Select a command] ドロップダウン リストから、[New Building] を選択し、[Go] をクリックします。
    ステップ 4   [Campus Name] > [New Building] ページで、関連するフロア図面マップを整理するために架空のビルディングを作成するには、次の手順を実行します。
    1. ビルディング名を入力します。

    2. ビルディング問い合わせ先の名前を入力します。

    3. 地上のフロア数と地下のフロア数を入力します。

    4. 水平位置(ビルディングの四角形の隅からキャンパス マップの左端までの距離)と垂直位置(ビルディングの四角形の隅からキャンパス マップの上端までの距離)をフィート単位で入力します。

      (注)     

      測定単位(フィートまたはメートル)を変更するには、[Design] > [Site Maps] を選択して、[Select a command] ドロップダウン リストから [Properties] を選択します。

    5. ビルディングのおおまかな水平方向スパンと垂直方向スパン(マップ上の幅と奥行き)をフィート単位で入力します。

      (注)     

      水平方向スパンと垂直方向スパンは、後から追加するフロアのサイズと等しいかそれより大きくする必要があります。

      ヒント   

      キャンパス マップの左上にある境界領域のサイズを変更するには、Ctrl キーを押した状態でクリックします。 境界領域のサイズを変更すると、ビルディングの水平方向スパンおよび垂直方向スパンのパラメータも操作に応じて変わります。

    6. [Place] をクリックして、ビルディングをキャンパス マップ上に配置します。 Prime Infrastructure では、キャンパス マップのサイズに合わせてサイズ変更されたビルディングの四角形が作成されます。

    7. ビルディングの四角形をクリックして、キャンパス マップ上の目的の位置までドラッグします。

      (注)     

      新しいビルディングを追加した後で、このビルディングをあるキャンパスから別のキャンパスに移動するときも、ビルディングを再作成する必要はありません。

    8. [Save] をクリックして、このビルディングとキャンパス上の位置をデータベースに保存します。 Prime Infrastructure では、キャンパス マップ上の四角形の中にビルディング名が保存されます。

      (注)     

      ビルディングには、該当する [Map] ページに移動するためのハイパーリンクが関連付けられます。

    ステップ 5   (任意)新しい屋外領域に位置プレゼンス情報を割り当てる手順は、次のとおりです。
    1. [Select a command] ドロップダウン リストから、[Edit Location Presence Info] を選択します。 [Go] をクリックします。 [Location Presence] ページが表示されます。

    2. [Civic Address] タブ、または [Advanced] タブをクリックします。

      • [Civic Address] では、名前、通り、住所番地、住居番地詳細、市(address line2)、州、郵便番号、そして国によってキャンパスを特定します。

      • [Advanced] では、近隣、区、国、郵便のコミュニティ名など、Civic の拡張情報でキャンパスを特定します。

        (注)     

        選択した各フィールドには、上記のすべてが含まれています。 たとえば、[Advanced] を選択した場合、クライアントからの要求により Civic 位置情報も提供できます。 選択した設定は、ロケーション サーバ レベルでの設定([Services] > [Mobility Services])と一致する必要があります。

    3. デフォルトでは、[Override Child's Presence Information] チェックボックスはオンになっています。 独立したビルディングについては、この設定を変更する必要はありません。

    ステップ 6   [Save] をクリックします。

    フロア領域の追加

    ここでは、Prime Infrastructure データベース内のキャンパスのビルディングまたは独立したビルディングにフロア図面を追加する方法を説明します。

    ここでは、次の内容について説明します。

    キャンパスのビルディングへのフロア領域の追加


    (注)  


    マップ ビューのサイズの拡大または縮小、およびマップ グリッド(マップ サイズをフィートまたはメートル単位で表示したもの)の表示または非表示を行うには、キャンパス イメージ上部にあるズーム コントロールを使用します。


    キャンパスのビルディングにフロア領域を追加するには、次の手順を実行します。


      ステップ 1   図面マップを .PNG、.JPG、.JPEG または .GIF 形式で保存します。
      (注)     

      マップは任意のサイズにできます。これは、Prime Infrastructure がワークスペースに適合するようマップを自動的にサイズ変更するためです。

      (注)     

      auto-cad ファイルの変換に問題がある場合は、エラー メッセージが表示されます。 Prime Infrastructure は、ネイティブのイメージ変換ライブラリを使用して、auto-cad ファイルを .png などのラスタ形式に変換します。 ネイティブ ライブラリをロードできなかった場合、Prime Infrastructure は「unable to convert the auto-cad file」メッセージを表示します。 このエラーが表示された場合は、ネイティブ ライブラリに必要な依存関係がすべて満たされていることを確認してください。 依存関係の問題を見つけるには、Linux プラットフォーム上で ldd を使用します。 Prime Infrastructure のインストール ディレクトリ(/webnms/rfdlls)に、次の DLL が存在する必要があります。LIBGFL254.DLL、MFC71.DLL、MSVCR71.DLL、MSVCP71.DLL。 依存関係の問題が発生した場合は、必要なライブラリをインストールし、Prime Infrastructure を再起動する必要があります。

      (注)     

      フロア マップ イメージが拡張され、ズームおよびパンニングできるようになります。 フロア イメージは、この操作が完了しないと全体は表示されません。 マップ イメージを拡大縮小して全体を表示できます。 たとえば、サイズが約 60 MB である高解像度のイメージ(181 メガピクセル程度)がある場合は、マップに表示されるまでに 2 分かかる場合があります。

      ステップ 2   [Design] > [Site Maps] を選択します。
      ステップ 3   [Maps Tree View] または [Design] > [Site Maps] リストから、該当するキャンパスのビルディングを選択し、[Building View] ページを開きます。
      ステップ 4   マウス カーソルを既存のビルディングの四角形の中にある名前に移動して、強調表示します。
      (注)     

      [Campus View] ページからビルディングにアクセスすることもできます。 [Campus View] ページで、ビルディング名をクリックし、[Building View] ページを開きます。

      ステップ 5   [Select a command] ドロップダウン リストから、[New Floor Area] を選択します。
      ステップ 6   [Go] をクリックします。 [New Floor Area] ページが表示されます。
      ステップ 7   [New Floor Area] ページで、関連するフロア図面マップを整理するためにフロアをビルディングに追加するには、次の手順を実行します。
      1. フロア領域と連絡先の名前を入力します。

      2. [Floor] ドロップダウン リストから、フロアまたは地下の数を選択します。

      3. フロアまたは地下のタイプ(RF Model)を選択します。

      4. フロア間の高さをフィート単位で入力します。

        (注)     

        測定単位(フィートまたはメートル)を変更するには、[Design] > [Site Maps] を選択して、[Select a command] ドロップダウン リストから [Properties] を選択します。

      5. [Image or CAD File] チェックボックスをオンにします。

      6. 目的のフロアまたは地下のイメージまたは CAD ファイル名を参照および選択してから、[Open] をクリックします。

        (注)     

        CAD ファイルをインポートする場合は、[Convert CAD File] ドロップダウン リストを使用し、変換するイメージ ファイルを決定します。

        ヒント   

        auto-cad 変換に .JPEG(.JPG)形式を使用することは推奨しません。 JPEG が特別に必要でない限り、高品質な画像には .PNG 形式または .GIF 形式を使用します。

      7. [Next] をクリックします。 CAF ファイルが指定されている場合、この時点でデフォルトのイメージ プレビューが生成されて読み込まれます。

        (注)     

        Prime Infrastructure は、ネイティブのイメージ変換ライブラリを使用して、auto-cad ファイルを .PNG などのラスタ形式に変換します。 ネイティブ ライブラリのロードに問題があるとき、Prime Infrastructure は次のエラーを表示します。「Unable to convert the auto-cad file. Reason: Error while loading the auto-cad image conversion library.」詳細については、Prime Infrastructure のオンライン ヘルプ、または Prime Infrastructure のマニュアルを参照してください。

        CAD ファイル レイヤの名前が一覧表示されます。有効になっているレイヤには、イメージの右側にあるチェックボックスがオンになっています。

        (注)     

        フロアまたは地下のイメージ ファイル名を選択すると、Prime Infrastructure はビルディングのサイズに合わせたグリッド内にイメージを表示します。

        (注)     

        マップは任意のサイズにできます。これは、Prime Infrastructure がワークスペースに適合するようマップを自動的にサイズ変更するためです。

        (注)     

        マップは .PNG、.JPG、.JPEG、または .GIF 形式で保存する必要があります。

      8. CAD ファイル レイヤがある場合、いくつでも選択または選択解除し、[Preview] をクリックして更新したイメージを表示できます。 選択したレイヤで次に進む準備ができたら、[Next] をクリックします。

        フロア領域に関する残りのパラメータを入力します。

      9. 元のイメージの縦横比を維持するには、[Maintain Aspect Ratio] チェックボックスをオンのままにし、イメージの縦横比を変更するにはチェックボックスをオフにします。

      10. フロアまたは地下のおおまかな水平方向スパンと垂直方向スパン(マップ上の幅と奥行き)をフィート単位で入力します。

        (注)     

        水平方向スパンと垂直方向スパンは、Prime Infrastructure データベース内のビルディングの水平方向スパンおよび垂直方向スパン以下にする必要があります。

      11. 必要に応じて、水平位置(屋外領域の四角形の隅からキャンパス マップの左端までの距離)と垂直位置(屋外領域の四角形の隅からキャンパス マップの上端までの距離)をフィートまたはメートル単位で入力します。

        ヒント   

        ビルディングのサイズに合わせてグリッド内のイメージのサイズを変更するには、Ctrl キーを押した状態でクリックします。

      12. 必要に応じて [Launch Map Editor after floor creation] チェックボックスをオンにして、フロアの縮尺を変更し、壁を描画します。

      13. [OK] をクリックして、このフロア図面をデータベースに保存します。 フロアは [Maps Tree View] と [Design] > [Site Maps] リストに追加されます。

        (注)     

        ビルディングごとに異なるフロア名を使用します。 キャンパス マップに複数のビルディングを追加する場合、別のビルディングに存在するフロア名を使用しないでください。 フロア名が重複すると、フロアとビルディング間のマッピング情報が不正確になります。

      14. フロア図面または地下のマップを表示するには、フロアまたは地下のイメージをクリックします。

        (注)     

        マップを拡大または縮小してさまざまなサイズで表示したり、アクセス ポイントを追加したりできます。


      独立したビルディングへのフロア図面の追加

      独立したビルディングにフロア図面を追加するには、次の手順を実行します。


        ステップ 1   フロア図面マップを .PNG、.JPG、または .GIF 形式で保存します。
        (注)     

        マップは任意のサイズにできます。これは、Prime Infrastructure がワークスペースに適合するようマップを自動的にサイズ変更するためです。

        ステップ 2   ファイル システムの任意の場所にあるフロア図面マップを参照して、インポートします。 DXF または DWG 形式の CAD ファイル、またはステップ 1 で作成した形式のうちどの CAD ファイルでもインポートできます。
        (注)     

        auto-cad ファイルの変換に問題がある場合は、エラー メッセージが表示されます。 Prime Infrastructure は、ネイティブのイメージ変換ライブラリを使用して、auto-cad ファイルを .PNG などのラスタ形式に変換します。 ネイティブ ライブラリをロードできなかった場合、Prime Infrastructure は「unable to convert the auto-cad file」メッセージを表示します。 このエラーが表示された場合は、ネイティブ ライブラリに必要な依存関係がすべて満たされていることを確認してください。 依存関係の問題を見つけるには、Linux プラットフォーム上で ldd を使用します。 Prime Infrastructure のインストール ディレクトリ(/webnms/rfdlls)に、次の DLL が存在する必要があります。LIBGFL254.DLL、MFC71.DLL、MSVCR71.DLL、MSVCP71.DLL。 依存関係の問題が発生した場合は、必要なライブラリをインストールし、Prime Infrastructure を再起動する必要があります。

        ステップ 3   [Design] > [Site Maps] を選択します。
        ステップ 4   [Maps Tree View] または左側のサイドバー メニューの [Design] > [Site Maps] から、目的のビルディングを選択し、[Building View] ページを表示します。
        ステップ 5   [Select a command] ドロップダウン リストから、[New Floor Area] を選択します。
        ステップ 6   [Go] をクリックします。
        ステップ 7   [New Floor Area] ページで、次の情報を追加します。
        • フロア領域と連絡先の名前を入力します。

        • [Floor] ドロップダウン リストから、フロアまたは地下の数を選択します。

        • フロアまたは地下のタイプ(RF Model)を選択します。

        • フロア間の高さをフィート単位で入力します。

        • [Image or CAD File] チェックボックスをオンにします。

        • 目的のフロアまたは地下のイメージまたは CAD ファイルを参照および選択してから、[Open] をクリックします。

        (注)     

        CAD ファイルをインポートする場合は、[Convert CAD File] ドロップダウン リストを使用し、変換するイメージ ファイルを決定します。

        ヒント   

        auto-cad 変換に .JPEG(.JPG)形式を使用することは推奨しません。 .JPEG が特別に必要でない限り、高品質な画像には .PNG 形式または .GIF 形式を使用します。

        ステップ 8   [Next] をクリックします。 CAD ファイルが指定されている場合、この時点でデフォルトのイメージ プレビューが生成されて読み込まれます。
        (注)     

        Prime Infrastructure は、ネイティブのイメージ変換ライブラリを使用して、auto-cad ファイルを .PNG などのラスタ形式に変換します。 ネイティブ ライブラリのロードに問題があるとき、Prime Infrastructure は次のエラーを表示します。「Unable to convert the auto-cad file. Reason: Error while loading the auto-cad image conversion library. For more information, see the Prime Infrastructure online help or the Prime Infrastructure documentation.」

        CAD ファイル レイヤの名前が一覧表示されます。有効になっているレイヤには、イメージの右側にあるチェックボックスがオンになっています。

        (注)     

        フロアまたは地下のイメージ ファイル名を選択すると、Prime Infrastructure はビルディングのサイズに合わせたグリッド内にイメージを表示します。

        (注)     

        マップは任意のサイズにできます。これは、Prime Infrastructure がワークスペースに適合するようマップを自動的にサイズ変更するためです。

        (注)     

        マップは .PNG、.JPG、.JPEG、または .GIF 形式で保存する必要があります。

        CAD ファイル レイヤがある場合、いくつでも選択または選択解除し、[Preview] をクリックして更新したイメージを表示できます。 選択したレイヤで次に進む準備ができたら、[Next] をクリックします。

        ステップ 9   フロア領域に関する残りのパラメータを入力します。
        • 元のイメージの縦横比を維持するには、[Maintain Aspect Ratio] チェックボックスをオンのままにし、イメージの縦横比を変更するにはチェックボックスをオフにします。

        • フロアまたは地下のおおまかな水平方向スパンと垂直方向スパン(マップ上の幅と奥行き)をフィート単位で入力します。

          (注)     

          水平方向スパンと垂直方向スパンは、Prime Infrastructure データベース内のビルディングの水平方向スパンおよび垂直方向スパン以下にする必要があります。

        • 必要に応じて、水平位置(屋外領域の四角形の隅からキャンパス マップの左端までの距離)と垂直位置(屋外領域の四角形の隅からキャンパス マップの上端までの距離)をフィートまたはメートル単位で入力します。

          (注)     

          ビルディングのサイズに合わせてグリッド内のイメージのサイズを変更するには、Ctrl キーを押した状態でクリックします。

        • [Launch Map Editor] の隣のチェックボックスを選択することで、Prime Infrastructure の Map Editor でフロアの特性を調整します。 Map Editor 機能の詳細については、「Map Editor の使用」(10-17ページ)を参照してください。

        ステップ 10   [OK] をクリックして、このフロア図面をデータベースに保存します。 フロアは [Maps Tree View] と [Design] > [Site Maps] リストに追加されます。
        ステップ 11   フロア図面または地下のマップを表示するには、フロアまたは地下のイメージをクリックします。
        (注)     

        マップを拡大または縮小してさまざまなサイズで表示したり、アクセス ポイントを追加したりできます。


        キャンパス マップの追加

        単一のキャンパス マップを Prime Infrastructure データベースに追加するには、次の手順を実行します。


          ステップ 1   マップを .PNG、.JPG、.JPEG、または .GIF 形式で保存します。
          (注)     

          マップは任意のサイズにできます。これは、Prime Infrastructure が作業領域に適合するようマップを自動的にサイズ変更するためです。

          ステップ 2   ファイル システムの任意の場所にあるマップを参照して、インポートします。
          ステップ 3   [Design] > [Site Maps] を選択して、[Maps] ページを表示します。
          ステップ 4   [Select a command] ドロップダウン リストから [New Campus] を選択し、[Go] をクリックします。
          ステップ 5   [Maps] > [New Campus] ページで、キャンパス名とキャンパスの連絡先の名前を入力します。
          ステップ 6   キャンパス マップが含まれているイメージ ファイル名を参照および選択してから、[Open] をクリックします。
          ステップ 7   [Maintain Aspect Ratio] チェックボックスをオンにして、Prime Infrastructure でマップのサイズが変更されたときに、縦横比が変わらないようにします。
          ステップ 8   マップの水平方向スパンと垂直方向スパンをフィート単位で入力します。
          (注)     

          測定単位(フィートまたはメートル)を変更するには、[Design] > [Site Maps] を選択して、[Select a command] ドロップダウン リストから [Properties] を選択します。 水平方向スパンと垂直方向スパンは、キャンパスに追加するビルディングやフロア図面よりも大きい値にする必要があります。

          ステップ 9   [OK] をクリックして、このキャンパス マップを Prime Infrastructure データベースに追加します。 Prime Infrastructure に、データベース内のマップ、マップの種類、およびキャンパスのステータスの一覧を含む [Maps] ページが表示されます。
          ステップ 10   (任意)位置プレゼンス情報を割り当てるには、[Design] > [Site Maps] ページで新たに作成したキャンパスのリンクをクリックします。

          キャンパス マップへのビルディングの追加

          NCS データベース内のキャンパス マップにビルディングを追加するには、次の手順を実行します。


            ステップ 1   [Monitor] > [Site Maps] を選択して、[Maps] ページを表示します。
            ステップ 2   目的のキャンパスをクリックします。 [Site Maps] > [Campus Name] ページが表示されます。
            ステップ 3   [Select a command] ドロップダウン リストから、[New Building] を選択し、[Go] をクリックします。
            ステップ 4   [Campus Name] > [New Building] ページで、関連するフロア図面マップを整理するために架空のビルディングを作成するには、次の手順を実行します。
            1. ビルディング名を入力します。
            2. ビルディング問い合わせ先の名前を入力します。
            3. 地上のフロア数と地下のフロア数を入力します。
            4. 水平位置(ビルディングの四角形の隅からキャンパス マップの左端までの距離)と垂直位置(ビルディングの四角形の隅からキャンパス マップの上端までの距離)をフィート単位で入力します。
              (注)     

              測定単位(フィートまたはメートル)を変更するには、[Monitor] > [Site Maps] を選択して、[Select a command] ドロップダウン リストから [Properties] を選択します。

            5. ビルディングのおおまかな水平方向スパンと垂直方向スパン(マップ上の幅と奥行き)をフィート単位で入力します。
              (注)     

              水平方向スパンと垂直方向スパンは、後から追加するフロアのサイズと等しいかそれより大きくする必要があります。

              ヒント Ctrl キーを押した状態でクリックすることで、キャンパス マップの左上隅にある境界領域のサイズを変更できます。 境界領域のサイズを変更すると、ビルディングの水平方向スパンおよび垂直方向スパンのパラメータも操作に応じて変わります。

            6. [Place] をクリックして、ビルディングをキャンパス マップ上に配置します。 Cisco NCS では、キャンパス マップのサイズに合せてサイズ変更されたビルディングの四角形が作成されます。
            7. ビルディングの四角形をクリックして、キャンパス マップ上の目的の位置までドラッグします。
              (注)     

              新しいビルディングを追加した後で、このビルディングをあるキャンパスから別のキャンパスに移動するときも、ビルディングを再作成する必要はありません。

            8. [Save] をクリックして、このビルディングとキャンパス上の位置をデータベースに保存します。 NCS では、キャンパス マップ上にあるビルディングの四角形の中にビルディング名が保存されます。
              (注)     

              ビルディングには、該当する [Map] ページに移動するためのハイパーリンクが関連付けられます。

            ステップ 5   (任意)新しい屋外領域に位置プレゼンス情報を割り当てる手順は、次のとおりです。
            1. [Select a command] ドロップダウン リストから、[Edit Location Presence Info] を選択します。 [Go] をクリックします。 [Location Presence] ページが表示されます。
              (注)     

              デフォルトでは、[Override Child Element] の [Presence Info] チェックボックスがオンになっています。 キャンパスのロケーションをそのキャンパス上のすべてのビルディングおよびフロアに伝播する場合は、このオプションをオンのままにしておいてください。 キャンパス マップにビルディングを追加する際は、キャンパスのロケーション情報をインポートできます。 チェックボックスがオフの場合は、キャンパスの住所をビルディングにインポートできません。 ?1 つのキャンパスの住所をすべてのビルディングに割り当てるのではなく、ビルディング固有の住所をそのキャンパス上のビルディングに割り当てる場合は、このオプションをオフのままにしておいてください。

            2. [Civic Address] タブ、[GPS Markers] タブ、または [Advanced] タブをクリックします。
              • [Civic Address] では、名前、通り、住所番地、住居番地詳細、市(address line2)、州、郵便番号、そして国によってキャンパスを特定します。

              • [GPS Markers] では、経度と緯度でキャンパスを特定します。

              • [Advanced] では、近隣、区、国、郵便のコミュニティ名など、Civic の拡張情報でキャンパスを特定します。

                (注)     

                選択した各フィールドには、上記のすべてが含まれています。 たとえば、[Advanced] を選択した場合、クライアントからの要求により GPS および Civic 位置情報も提供されます。 選択した設定は、ロケーション サーバ レベルでの設定([Services] > [Mobility Services])と一致する必要があります。

                (注)     

                クライアントが、キャンパスに対して GPS Markers フィールドで設定されていないビルディング、フロア、または屋外領域などのロケーション情報を要求した場合、エラー メッセージが返されます。

            3. デフォルトでは、[Override Child's Presence Information] チェックボックスはオンになっています。 独立したビルディングについては、この設定を変更する必要はありません。
            ステップ 6   [Save] をクリックします。

            独立したビルディングの追加

            Prime Infrastructure データベースに独立したビルディングを追加するには、次の手順を実行します。


              ステップ 1   [Monitor] > [Site Maps] を選択して、[Maps] ページを表示します。
              ステップ 2   [Select a command] ドロップダウン リストから、[New Building] を選択し、[Go] をクリックします。
              ステップ 3   [Maps] > [New Building] ページで、関連するフロア図面マップを整理するために架空のビルディングを作成するには、次の手順を実行します。
              1. ビルディング名を入力します。
              2. ビルディング問い合わせ先の名前を入力します。
                (注)     

                新しいビルディングを追加した後で、このビルディングをあるキャンパスから別のキャンパスに移動するときも、ビルディングを再作成する必要はありません。

              3. 地上のフロア数と地下のフロア数を入力します。
              4. ビルディングのおおまかな水平方向スパンと垂直方向スパン(マップ上の幅と奥行き)をフィート単位で入力します。
                (注)     

                測定単位(フィートまたはメートル)を変更するには、[Monitor] > [Site Maps] を選択して、[Select a command] ドロップダウン リストから [Properties] を選択します。

                (注)     

                水平方向スパンと垂直方向スパンは、後から追加するフロアのサイズと等しいかそれより大きくする必要があります。

              5. [OK] をクリックして、このビルディングをデータベースに保存します。
              ステップ 4   (任意)新しいビルディングに位置プレゼンス情報を割り当てる手順は、次のとおりです。
              1. [Select a command] ドロップダウン リストから、[Location Presence] を選択します。 [Go] をクリックします。 [Location Presence] ページが表示されます。
              2. [Civic] タブ、[GPS Markers] タブ、または [Advanced] タブをクリックします。
                • [Civic Address] では、名前、通り、住所番地、住居番地詳細、市(address line2)、州、郵便番号、そして国によってキャンパスを特定します。

                • [GPS Markers] では、経度と緯度でキャンパスを特定します。

                • [Advanced] では、近隣、区、国、郵便のコミュニティ名など、Civic の拡張情報でキャンパスを特定します。

                  (注)     

                  選択した各フィールドには、上記のすべてが含まれています。 たとえば、[Advanced] を選択した場合、ユーザからの要求により GPS および Civic 位置情報も提供されます。 選択した設定は、ロケーション サーバ レベルでの設定([Services] > [Mobility Services])と一致する必要があります。

                  (注)     

                  クライアントが、キャンパスに対して GPS Markers フィールドで設定されていないビルディング、フロア、または屋外領域などのロケーション情報を要求した場合、エラー メッセージが返されます。

              3. デフォルトでは、[Override Child Element] の [Presence Info] チェックボックスがオンになっています。 キャンパスのロケーションをそのキャンパス上のすべてのビルディングおよびフロアに伝播する場合は、このオプションをオンのままにしておいてください。 キャンパス マップにビルディングを追加する際は、ロケーション情報をインポートできます。 チェックボックスがオフの場合は、キャンパスの住所をビルディングにインポートできません。 1 つのキャンパスの住所をすべてのビルディングに割り当てるのではなく、ビルディング固有の住所をそのキャンパス上のビルディングに割り当てる場合は、このオプションをオフのままにしておいてください。
              ステップ 5   [Save] をクリックします。
              (注)     

              独立したビルディングは、システム キャンパス内に自動的に配置されます。


              フロア領域の追加

              ここでは、Prime Infrastructure データベース内のキャンパスのビルディングまたは独立したビルディングにフロア図面を追加する方法を説明します。

              ここでは、次の内容について説明します。

              キャンパスのビルディングへのフロア領域の追加


              (注)  


              マップ ビューのサイズの拡大または縮小、およびマップ グリッド(マップ サイズをフィートまたはメートル単位で表示したもの)の表示または非表示を行うには、キャンパス イメージ上部にあるズーム コントロールを使用します。


              キャンパスのビルディングにフロア領域を追加するには、次の手順を実行します。


                ステップ 1   図面マップを .PNG、.JPG、.JPEG または .GIF 形式で保存します。
                (注)     

                マップは任意のサイズにできます。これは、Prime Infrastructure がワークスペースに適合するようマップを自動的にサイズ変更するためです。

                (注)     

                auto-cad ファイルの変換に問題がある場合は、エラー メッセージが表示されます。 Prime Infrastructure は、ネイティブのイメージ変換ライブラリを使用して、auto-cad ファイルを .png などのラスタ形式に変換します。 ネイティブ ライブラリをロードできなかった場合、Prime Infrastructure は「unable to convert the auto-cad file」メッセージを表示します。 このエラーが表示された場合は、ネイティブ ライブラリに必要な依存関係がすべて満たされていることを確認してください。 依存関係の問題を見つけるには、Linux プラットフォーム上で ldd を使用します。 Prime Infrastructure のインストール ディレクトリ(/webnms/rfdlls)に、次の DLL が存在する必要があります。LIBGFL254.DLL、MFC71.DLL、MSVCR71.DLL、MSVCP71.DLL。 依存関係の問題が発生した場合は、必要なライブラリをインストールし、Prime Infrastructure を再起動する必要があります。

                (注)     

                フロア マップ イメージが拡張され、ズームおよびパンニングできるようになります。 フロア イメージは、この操作が完了しないと全体は表示されません。 マップ イメージを拡大縮小して全体を表示できます。 たとえば、サイズが約 60 MB である高解像度のイメージ(181 メガピクセル程度)がある場合は、マップに表示されるまでに 2 分かかる場合があります。

                ステップ 2   [Design] > [Site Maps] を選択します。
                ステップ 3   [Maps Tree View] または [Design] > [Site Maps] リストから、該当するキャンパスのビルディングを選択し、[Building View] ページを開きます。
                ステップ 4   マウス カーソルを既存のビルディングの四角形の中にある名前に移動して、強調表示します。
                (注)     

                [Campus View] ページからビルディングにアクセスすることもできます。 [Campus View] ページで、ビルディング名をクリックし、[Building View] ページを開きます。

                ステップ 5   [Select a command] ドロップダウン リストから、[New Floor Area] を選択します。
                ステップ 6   [Go] をクリックします。 [New Floor Area] ページが表示されます。
                ステップ 7   [New Floor Area] ページで、関連するフロア図面マップを整理するためにフロアをビルディングに追加するには、次の手順を実行します。
                1. フロア領域と連絡先の名前を入力します。

                2. [Floor] ドロップダウン リストから、フロアまたは地下の数を選択します。

                3. フロアまたは地下のタイプ(RF Model)を選択します。

                4. フロア間の高さをフィート単位で入力します。

                  (注)     

                  測定単位(フィートまたはメートル)を変更するには、[Design] > [Site Maps] を選択して、[Select a command] ドロップダウン リストから [Properties] を選択します。

                5. [Image or CAD File] チェックボックスをオンにします。

                6. 目的のフロアまたは地下のイメージまたは CAD ファイル名を参照および選択してから、[Open] をクリックします。

                  (注)     

                  CAD ファイルをインポートする場合は、[Convert CAD File] ドロップダウン リストを使用し、変換するイメージ ファイルを決定します。

                  ヒント   

                  auto-cad 変換に .JPEG(.JPG)形式を使用することは推奨しません。 JPEG が特別に必要でない限り、高品質な画像には .PNG 形式または .GIF 形式を使用します。

                7. [Next] をクリックします。 CAF ファイルが指定されている場合、この時点でデフォルトのイメージ プレビューが生成されて読み込まれます。

                  (注)     

                  Prime Infrastructure は、ネイティブのイメージ変換ライブラリを使用して、auto-cad ファイルを .PNG などのラスタ形式に変換します。 ネイティブ ライブラリのロードに問題があるとき、Prime Infrastructure は次のエラーを表示します。「Unable to convert the auto-cad file. Reason: Error while loading the auto-cad image conversion library.」詳細については、Prime Infrastructure のオンライン ヘルプ、または Prime Infrastructure のマニュアルを参照してください。

                  CAD ファイル レイヤの名前が一覧表示されます。有効になっているレイヤには、イメージの右側にあるチェックボックスがオンになっています。

                  (注)     

                  フロアまたは地下のイメージ ファイル名を選択すると、Prime Infrastructure はビルディングのサイズに合わせたグリッド内にイメージを表示します。

                  (注)     

                  マップは任意のサイズにできます。これは、Prime Infrastructure がワークスペースに適合するようマップを自動的にサイズ変更するためです。

                  (注)     

                  マップは .PNG、.JPG、.JPEG、または .GIF 形式で保存する必要があります。

                8. CAD ファイル レイヤがある場合、いくつでも選択または選択解除し、[Preview] をクリックして更新したイメージを表示できます。 選択したレイヤで次に進む準備ができたら、[Next] をクリックします。

                  フロア領域に関する残りのパラメータを入力します。

                9. 元のイメージの縦横比を維持するには、[Maintain Aspect Ratio] チェックボックスをオンのままにし、イメージの縦横比を変更するにはチェックボックスをオフにします。

                10. フロアまたは地下のおおまかな水平方向スパンと垂直方向スパン(マップ上の幅と奥行き)をフィート単位で入力します。

                  (注)     

                  水平方向スパンと垂直方向スパンは、Prime Infrastructure データベース内のビルディングの水平方向スパンおよび垂直方向スパン以下にする必要があります。

                11. 必要に応じて、水平位置(屋外領域の四角形の隅からキャンパス マップの左端までの距離)と垂直位置(屋外領域の四角形の隅からキャンパス マップの上端までの距離)をフィートまたはメートル単位で入力します。

                  ヒント   

                  ビルディングのサイズに合わせてグリッド内のイメージのサイズを変更するには、Ctrl キーを押した状態でクリックします。

                12. 必要に応じて [Launch Map Editor after floor creation] チェックボックスをオンにして、フロアの縮尺を変更し、壁を描画します。

                13. [OK] をクリックして、このフロア図面をデータベースに保存します。 フロアは [Maps Tree View] と [Design] > [Site Maps] リストに追加されます。

                  (注)     

                  ビルディングごとに異なるフロア名を使用します。 キャンパス マップに複数のビルディングを追加する場合、別のビルディングに存在するフロア名を使用しないでください。 フロア名が重複すると、フロアとビルディング間のマッピング情報が不正確になります。

                14. フロア図面または地下のマップを表示するには、フロアまたは地下のイメージをクリックします。

                  (注)     

                  マップを拡大または縮小してさまざまなサイズで表示したり、アクセス ポイントを追加したりできます。


                独立したビルディングへのフロア図面の追加

                独立したビルディングにフロア図面を追加するには、次の手順を実行します。


                  ステップ 1   フロア図面マップを .PNG、.JPG、または .GIF 形式で保存します。
                  (注)     

                  マップは任意のサイズにできます。これは、Prime Infrastructure がワークスペースに適合するようマップを自動的にサイズ変更するためです。

                  ステップ 2   ファイル システムの任意の場所にあるフロア図面マップを参照して、インポートします。 DXF または DWG 形式の CAD ファイル、またはステップ 1 で作成した形式のうちどの CAD ファイルでもインポートできます。
                  (注)     

                  auto-cad ファイルの変換に問題がある場合は、エラー メッセージが表示されます。 Prime Infrastructure は、ネイティブのイメージ変換ライブラリを使用して、auto-cad ファイルを .PNG などのラスタ形式に変換します。 ネイティブ ライブラリをロードできなかった場合、Prime Infrastructure は「unable to convert the auto-cad file」メッセージを表示します。 このエラーが表示された場合は、ネイティブ ライブラリに必要な依存関係がすべて満たされていることを確認してください。 依存関係の問題を見つけるには、Linux プラットフォーム上で ldd を使用します。 Prime Infrastructure のインストール ディレクトリ(/webnms/rfdlls)に、次の DLL が存在する必要があります。LIBGFL254.DLL、MFC71.DLL、MSVCR71.DLL、MSVCP71.DLL。 依存関係の問題が発生した場合は、必要なライブラリをインストールし、Prime Infrastructure を再起動する必要があります。

                  ステップ 3   [Design] > [Site Maps] を選択します。
                  ステップ 4   [Maps Tree View] または左側のサイドバー メニューの [Design] > [Site Maps] から、目的のビルディングを選択し、[Building View] ページを表示します。
                  ステップ 5   [Select a command] ドロップダウン リストから、[New Floor Area] を選択します。
                  ステップ 6   [Go] をクリックします。
                  ステップ 7   [New Floor Area] ページで、次の情報を追加します。
                  • フロア領域と連絡先の名前を入力します。

                  • [Floor] ドロップダウン リストから、フロアまたは地下の数を選択します。

                  • フロアまたは地下のタイプ(RF Model)を選択します。

                  • フロア間の高さをフィート単位で入力します。

                  • [Image or CAD File] チェックボックスをオンにします。

                  • 目的のフロアまたは地下のイメージまたは CAD ファイルを参照および選択してから、[Open] をクリックします。

                  (注)     

                  CAD ファイルをインポートする場合は、[Convert CAD File] ドロップダウン リストを使用し、変換するイメージ ファイルを決定します。

                  ヒント   

                  auto-cad 変換に .JPEG(.JPG)形式を使用することは推奨しません。 .JPEG が特別に必要でない限り、高品質な画像には .PNG 形式または .GIF 形式を使用します。

                  ステップ 8   [Next] をクリックします。 CAD ファイルが指定されている場合、この時点でデフォルトのイメージ プレビューが生成されて読み込まれます。
                  (注)     

                  Prime Infrastructure は、ネイティブのイメージ変換ライブラリを使用して、auto-cad ファイルを .PNG などのラスタ形式に変換します。 ネイティブ ライブラリのロードに問題があるとき、Prime Infrastructure は次のエラーを表示します。「Unable to convert the auto-cad file. Reason: Error while loading the auto-cad image conversion library. For more information, see the Prime Infrastructure online help or the Prime Infrastructure documentation.」

                  CAD ファイル レイヤの名前が一覧表示されます。有効になっているレイヤには、イメージの右側にあるチェックボックスがオンになっています。

                  (注)     

                  フロアまたは地下のイメージ ファイル名を選択すると、Prime Infrastructure はビルディングのサイズに合わせたグリッド内にイメージを表示します。

                  (注)     

                  マップは任意のサイズにできます。これは、Prime Infrastructure がワークスペースに適合するようマップを自動的にサイズ変更するためです。

                  (注)     

                  マップは .PNG、.JPG、.JPEG、または .GIF 形式で保存する必要があります。

                  CAD ファイル レイヤがある場合、いくつでも選択または選択解除し、[Preview] をクリックして更新したイメージを表示できます。 選択したレイヤで次に進む準備ができたら、[Next] をクリックします。

                  ステップ 9   フロア領域に関する残りのパラメータを入力します。
                  • 元のイメージの縦横比を維持するには、[Maintain Aspect Ratio] チェックボックスをオンのままにし、イメージの縦横比を変更するにはチェックボックスをオフにします。

                  • フロアまたは地下のおおまかな水平方向スパンと垂直方向スパン(マップ上の幅と奥行き)をフィート単位で入力します。

                    (注)     

                    水平方向スパンと垂直方向スパンは、Prime Infrastructure データベース内のビルディングの水平方向スパンおよび垂直方向スパン以下にする必要があります。

                  • 必要に応じて、水平位置(屋外領域の四角形の隅からキャンパス マップの左端までの距離)と垂直位置(屋外領域の四角形の隅からキャンパス マップの上端までの距離)をフィートまたはメートル単位で入力します。

                    (注)     

                    ビルディングのサイズに合わせてグリッド内のイメージのサイズを変更するには、Ctrl キーを押した状態でクリックします。

                  • [Launch Map Editor] の隣のチェックボックスを選択することで、Prime Infrastructure の Map Editor でフロアの特性を調整します。 Map Editor 機能の詳細については、「Map Editor の使用」(10-17ページ)を参照してください。

                  ステップ 10   [OK] をクリックして、このフロア図面をデータベースに保存します。 フロアは [Maps Tree View] と [Design] > [Site Maps] リストに追加されます。
                  ステップ 11   フロア図面または地下のマップを表示するには、フロアまたは地下のイメージをクリックします。
                  (注)     

                  マップを拡大または縮小してさまざまなサイズで表示したり、アクセス ポイントを追加したりできます。


                  フロア設定の構成

                  さまざまなフロア設定のチェックボックスをオンまたはオフにすることにより、フロア マップの外観を変更できます。 オンにしたフロア設定はマップ イメージに表示されます。


                  (注)  


                  Prime Infrastructure に、Mobility Services Engineがあるかどうかに応じて、フロア設定の一部が表示されないことがあります。 [Clients]、[802.11 Tags]、[Rogue APs]、[Adhoc Rogues]、[Rouge Clients]、および [Interferers] は、MSE が Prime Infrastructure に存在する場合のみ表示されます。


                  [Floor Settings] オプションには次の項目が含まれます。

                  青色の矢印を使用して、アクセス ポイント、アクセス ポイント ヒートマップ、クライアント、802.11 タグ、不正アクセス ポイント、不正アドホック、および不正クライアントに関するフロア設定フィルタにアクセスします。 フィルタリング オプションを選択したら、[OK] をクリックします。

                  最後のドロップダウン リスト内の [Show MSE data] を使用して、Mobility Services Engine のデータの期間を選択します。 過去 2 分間から最大 24 時間の範囲で、Mobility Services Engine のデータを表示できます。 このオプションは、Mobility Services Engine が Prime Infrastructure に存在する場合のみ表示されます。

                  [Save Settings] をクリックすると、現在のビューとフィルタ設定がすべてのマップに対する新しいデフォルトになります。

                  フロア上の包含リージョンと除外リージョンの定義

                  フロア上のロケーション計算の精度をさらに高めるために、計算に含める領域(包含領域)と計算に含めない領域(除外領域)を定義できます。

                  たとえば、ビルディング内のアトリウムや階段の吹き抜けなどの領域を除外して、作業領域(小個室、研究室、製造現場など)を含めることができます。

                  Cisco 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントのアイコン

                  アイコンは、アクセス ポイントの現在のステータスを示します。 アイコンの円部分は水平方向に半分に分割できます。 2 つの Cisco Radio の色のうちより重大な方が、大きい三角形ポインタの色を決定します。


                  (注)  


                  アイコンが 802.11a/n と 802.11b/n を表している場合は、上半分が 802.11a/n ステータスを示し、下半分が 802.11b/g/n ステータスを示します。 アイコンが 802.11b/g/n のみを表している場合は、アイコン全体が 802.11b/g/n ステータスを示します。 三角形はより重大な色を示します。


                  次の表に、Prime Infrastructure ユーザ インターフェイスのマップ表示で使用されるアイコンを示します。

                  表 1 アクセス ポイント アイコンの説明

                  アイコン

                  説明



                  緑色のアイコンは、障害のないアクセス ポイント(AP)を示します。 円の上半分は、オプションの 802.11a Cisco Radio を表します。 円の下半分は、802.11b/g Cisco Radio のステートを示します。



                  黄色のアイコンは、比較的重大でない障害があるアクセス ポイントを示します。 円の上半分は、オプションの 802.11a Cisco Radio を表します。 円の下半分は、802.11b/g Cisco Radio のステートを示します。

                  (注)     

                  黄色の点滅するアイコンは、802.11a または 802.11b/g の干渉、ノイズ、カバレッジ、または負荷プロファイル違反があることを示します。 黄色の点滅するアイコンは、802.11a および 802.11b/g のプロファイル違反があることを示します。



                  赤色のアイコンは、やや重大な障害または重大な障害があるアクセス ポイント(AP)を示します。 円の上半分は、オプションの 802.11a Cisco Radio を表します。 円の下半分は、802.11b/g Cisco Radio のステートを示します。



                  中央に疑問符が付いている灰色のアイコンは、到達不能なアクセス ポイントを表します。 ステータスが判断できないため、灰色になっています。



                  中央に疑問符が付いていない灰色のアイコンは、アソシエートされていないアクセス ポイントを表します。



                  円の中央に赤い「x」が付いているアイコンは、管理目的で無効にされているアクセス ポイントを表します。



                  上半分が緑色で下半分が黄色のアイコンは、障害のないオプションの 802.11a Cisco Radio(上)と、比較的重大でない障害がある 802.11b/g Cisco Radio(下)を示します。 2 つの Cisco Radio の色のうちより重大な方が、大きい三角形ポインタの色を決定します。



                  上半分が緑色で下半分が赤色のアイコンは、障害がなく正常に動作しているオプションの 802.11a Cisco Radio(上)と、やや重大な障害または重大な障害がある 802.11b/g Cisco Radio(下)を示します。 2 つの Cisco Radio の色のうちより重大な方が、大きい三角形ポインタの色を決定します。



                  上半分が黄色で下半分が赤色のアイコンは、比較的重大でない障害がある、オプションの 802.11a Cisco Radio(上)と、やや重大な障害または重大な障害がある 802.11b/g Cisco Radio(下)を示します。 2 つの Cisco Radio の色のうちより重大な方が、大きい三角形ポインタの色を決定します。



                  上半分が黄色で下半分が緑色のアイコンは、比較的重大でない障害がある、オプションの 802.11a Cisco Radio(上)と、障害がなく正常に動作している 802.11b/g Cisco Radio(下)を示します。 2 つの Cisco Radio の色のうちより重大な方が、大きい三角形ポインタの色を決定します。



                  上半分が赤色で下半分が緑色のアイコンは、やや重大な障害または重大な障害がある、オプションの 802.11a Cisco Radio(上)と、障害がなく正常に動作している 802.11b/g Cisco Radio(下)を示します。 2 つの Cisco Radio の色のうちより重大な方が、大きい三角形ポインタの色を決定します。



                  上半分が赤色で下半分が黄色のアイコンは、やや重大な障害または重大な障害がある、オプションの 802.11a Cisco Radio(上)と、比較的重大でない障害がある 802.11b/g Cisco Radio(下)を示します。 2 つの Cisco Radio の色のうちより重大な方が、大きい三角形ポインタの色を決定します。













                  上半分(オプションの 802.11a)に赤い「x」が付いているアイコンは、示されている Cisco Radio が管理目的で無効にされていることを表します。 記載されている 6 つのカラー コーディングが存在します。

                  各アクセス ポイント アイコンには、内部の Side A アンテナの方向を示す、小さい黒矢印があります。

                  下の表に、Prime Infrastructure ユーザ インターフェイスのマップ画面で使用される矢印の例を示します。

                  表 2 矢印

                  矢印の例

                  方向



                  0 度、またはマップ上の右方向。



                  45 度、またはマップ上の右下方向。



                  90 度、またはマップ上の下方向。

                  これらは、矢印の角度を 45 度ずつ増加させた例の最初の 3 つ分を示しています。45 度ずつ増加させた例はあと 5 つあります。

                  アクセス ポイントのフロア設定のフィルタリング

                  アクセス ポイントのフロア設定を有効にし、[Floor Settings] の右側の青い矢印をクリックすると、フィルタリング オプションを含む [Access Point Filter] ダイアログボックスが表示されます。

                  アクセス ポイントのフィルタリング オプションには、次の項目が含まれます。

                  • [Show]:このオプション ボタンを選択すると、無線ステータスまたはアクセス ポイントのステータスが表示されます。


                    (注)  


                    アクセス ポイント アイコンの色はアクセス ポイントのステータスに基づいており、選択されているステータスによってアイコンの色は異なります。 フロア マップのデフォルトは無線ステータスです。


                  • [Protocol]:ドロップダウン リストから、表示する無線タイプを選択します(802.11a/n、802.11b/g/n、または両方)。


                    (注)  


                    表示されるヒートマップは、選択した無線タイプに対応します。


                  • [Display]:ドロップダウン リストから、マップ イメージ上に表示されるアクセス ポイントの識別情報を選択します。

                    • [Channels]:Cisco Radio のチャネル番号を表示するか、「Unavailable」(アクセス ポイントが接続されていない場合)を表示します。


                      (注)  


                      使用可能なチャネルは、国コードの設定によって定義され、各国で規制されています。 詳細については、次の URL を参照してください。?http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​prod/​collateral/​wireless/​ps5679/​ps5861/​product_​data_​sheet0900aecd80537b6a_​ps430_​Products_​Data_​Sheet.html


                    • [TX Power Level]:現在の Cisco Radio の送信電力レベル(1 が高い)または「Unavailable」(アクセス ポイントが接続されていない場合)を表示します。


                      (注)  


                      電力レベルはアクセス ポイントのタイプによって異なります。 1000 シリーズのアクセス ポイントでは 1 ~ 5 の値、1230 アクセス ポイントでは 1 ~ 7 の値、1240 および 1100 シリーズのアクセス ポイントでは 1 ~ 8 の値をとります。

                      次の表には、送信電力レベルの数値と対応する電力設定を示します。


                  表 3 送信電力レベル値

                  送信電力?レベルの数値

                  電力設定

                  1

                  国コード設定で許可される最大の電力

                  2

                  50% の電力

                  3

                  25% の電力

                  4

                  12.5 ~ 6.25 % の電力

                  5

                  6.25 ~ 0.195% の電力


                  (注)  


                  電力レベルは、国コードの設定によって定義され、各国で規制されています。 詳細については、次の URL を参照してください。?http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​prod/​collateral/​wireless/​ps5679/​ps5861/​product_​data_​sheet0900aecd80537b6a_​ps430_​Products_​Data_​Sheet.html


                  • [Channel and Tx Power]:チャネルと送信電力レベルの両方(またはアクセス ポイントが接続されていない場合は「Unavailable」)を表示します。

                  • [Coverage Holes]:接続が切断されるまでに信号が弱くなったクライアントの割合を表示します。接続されていないアクセス ポイントに対しては「Unavailable」を表示し、監視専用モードのアクセス ポイントに対しては「MonitorOnly」を表示します。


                    (注)  


                    カバレッジ ホールとは、クライアントがワイヤレス ネットワークから信号を受信できない領域のことです。 無線ネットワークを展開する場合、初期ネットワーク展開のコストとカバレッジ ホール領域の割合を考慮する必要があります。 展開するにあたってのカバレッジ ホールの妥当な条件とは、2 ~ 10% です。 これは、100 か所のランダムに選択したテスト ロケーションのうち、2 ~ 10 か所でサービスが制限される可能性があることを意味します。 展開後、Cisco Unified Wireless Network Solution の Radio Resource Management(RRM; 無線リソース管理)によってこれらのカバレッジ ホール領域が特定され、IT マネージャに報告されます。IT マネージャはユーザからの要求に基づいてカバレッジ ホールに対応します。


                  • [MAC Addresses]:アクセス ポイントがコントローラにアソシエートされているかどうかに関係なく、アクセス ポイントの MAC アドレスを表示します。

                  • [Names]:アクセス ポイント名を表示します。 これはデフォルト値です。

                  • [Controller IP]:アクセス ポイントがアソシエートされているコントローラの IP アドレスを表示します。アソシエーションを解除されたアクセス ポイントでは、「Not Associated」を表示します。

                  • [Utilization]:アソシエートされたクライアント デバイスで使用されている帯域幅の割合(受信、送信、およびチャネル使用率を含む)を表示します。 アソシエーションを解除されたアクセス ポイントでは [Unavailable]、monitor-only モードのアクセス ポイントでは [MonitorOnly] が表示されます。

                  • [Profiles]:対応するオペレータ定義の閾値の負荷、ノイズ、干渉、およびカバレッジ コンポーネントを表示します。 超えていないしきい値には「Okay」、超えているしきい値には「Issue」、接続されていないアクセス ポイントには「Unavailable」を表示します。


                    (注)  


                    [Profile Type] ドロップダウン リストを使用して、[Load]、[Noise]、[Interference]、または [Coverage] を選択します。


                  • [CleanAir Status]:アクセス ポイントの CleanAir ステータスと、アクセス ポイントで CleanAir が有効かどうかを表示します。

                  • [Average Air Quality]:このアクセス ポイントの平均電波品質を表示します。 詳細には、帯域と平均電波品質が含まれます。

                  • [Minimum Air Quality]:このアクセス ポイントの最小電波品質を表示します。 詳細には、帯域と最小電波品質が含まれます。

                  • [Average and Minimum Air Quality]:このアクセス ポイントの平均電波品質と最小電波品質を表示します。 詳細には、帯域、平均電波品質、および最小電波品質が含まれます。

                  • [Associated Clients]:アソシエートされているクライアントの数を表示します。接続されていないアクセス ポイントに対しては「Unavailable」を表示し、monitor-only モードのアクセス ポイントに対しては「MonitorOnly」を表示します。


                    (注)  



                  • Bridge Group Names

                  • [RSSI Cutoff]:ドロップダウン リストから、RSSI Cutoff レベルを選択します。 RSSI Cutoff の範囲は -60 dBm ~ -90 dBm です。

                  • [Show Detected Interferers]:チェックボックスをオンにすると、アクセス ポイントで検出されるすべての干渉を表示します。

                  • Max. [Interferers/label]:ドロップダウン リストから、ラベルごとに表示される干渉の最大数を選択します。

                  該当するすべてのフィルタリング基準を選択したら、[OK] をクリックします。

                  アクセス ポイント ヒートマップのフロア設定のフィルタリング

                  RF ヒートマップは、変数から取得した値をマップに色として表した、RF ワイヤレス データのグラフィック表示です。 現在のヒートマップは、RSSI 予測モデル、アンテナの方向、および AP 送信電力に基づいて計算されます。

                  [Access Point Heatmap] フロア設定を有効にし、[Floor Settings] の右側の青い矢印をクリックすると、ヒートマップのフィルタリング オプションを含む [Contributing APs] ダイアログが表示されます。 詳細については、RF ヒートマップの計算についてを参照してください。

                  Prime Infrastructure ではダイナミック ヒートマップが導入されました。 ダイナミック ヒートマップを有効にすると、Prime Infrastructure は変更された RSSI 値を表すためにヒートマップを再計算します。 ダイナミック ヒートマップを設定する手順の詳細については、マップ プロパティの編集を参照してください。

                  アクセス ポイント ヒートマップのフィルタリング オプションには、次の項目が含まれます。

                  • [Heatmap Type]:[Coverage] または [Air Quality] を選択します。 [Air Quality] を選択した場合は、アクセス ポイントのヒート マップ タイプを平均電波品質または最小電波品質でさらにフィルタリングできます。 該当するオプション ボタンを選択します。


                    (注)  


                    フロア計画にモニタ モード アクセス ポイントがある場合、IDS ヒートマップ タイプまたはカバレッジ ヒートマップ タイプのいずれかを選択できます。 カバレッジ ヒートマップでは、モニタ モード アクセス ポイントは除外されます。



                    (注)  


                    カバレッジ ヒートマップおよび電波品質ヒートマップには、ローカル モード、FlexConnect モード、またはブリッジ モードの AP のみが関係します。


                  • [Total APs]:マップに配置されているアクセス ポイントの数を表示します。

                  • アクセス ポイントのチェックボックスをオンにして、イメージ マップ上に表示するヒートマップを決定します。

                  該当するすべてのフィルタリング基準を選択したら、[OK] をクリックします。

                  [AP Mesh Info] のフロア設定のフィルタリング


                  (注)  


                  [AP Mesh Info] チェックボックスは、ブリッジ アクセス ポイントがフロアに追加されているときのみ表示されます。


                  このチェックボックスをオンにすると、Prime Infrastructure はコントローラとの通信を開始し、ブリッジ アクセス ポイントの情報を表示します。 次の情報が表示されます。

                  • 子アクセス ポイントと親アクセス ポイントとの間のリンク。

                  • 子アクセス ポイントから親アクセス ポイントへの方向を示す矢印。

                  • 信号対雑音比(SNR)を示す、色分けされたリンク。 緑色のリンクは高い SNR(25 dB 超)を表し、オレンジ色のリンクは許容範囲内の SNR(20 ~ 25 dB)を表し、赤色のリンクは非常に低い SNR(20 dB 未満)を表します。

                  [AP Mesh Info] フロア設定を有効にし、[Floor Settings] の右側の青い矢印をクリックすると、メッシュのフィルタリング オプションを含む [Mesh Parent-Child Hierarchical View] ページが表示されます。

                  マップ上に表示するアクセス ポイントを選択することにより、マップ ビューを更新できます。 [Quick Selections] ドロップダウン リストから、ルート アクセス ポイントのみを選択するか、1 番めのホップから 4 番めのホップの間のさまざまなホップを選択するか、またはすべてのアクセス ポイントを選択します。


                  (注)  


                  子アクセス ポイントを表示するには、その親が選択されている必要があります。


                  該当するすべてのフィルタリング基準を選択したら、[OK] をクリックします。

                  クライアントのフロア設定のフィルタリング


                  (注)  


                  [Clients] オプションは、モビリティ サーバが Prime Infrastructure に追加されている場合のみ表示されます。


                  [Clients] フロア設定を有効にし、右側の青い矢印をクリックすると、[Client Filter] ダイアログボックスが表示されます。

                  クライアントのフィルタリング オプションには、次の項目が含まれます。

                  • [Show All Clients]:チェックボックスをオンにすると、マップ上のすべてのクライアントが表示されます。

                  • [Small Icons]:チェックボックスをオンにすると、マップ上の各クライアントのアイコンが表示されます。


                    (注)  


                    [Show All Clients] チェックボックスと [Small Icons] チェックボックスをオンにすると、その他のすべてのドロップダウン リスト オプションが灰色になります。 ??[Small Icons] チェックボックスをオフにすると、ラベルにMAC アドレス、 IP アドレス、ユーザ名、アセット名、アセット グループまたはアセット カテゴリを表示するかどうかを選択できます。??[Show All Clients] チェックボックスをオフにすると、クライアントをフィルタリングする方法を指定し、特定の SSID を入力できます。


                  • [Display]:マップ上に表示するクライアントの識別子(IP アドレス、ユーザ名、MAC アドレス、アセット名、アセット グループ、またはアセット カテゴリ)を選択します。

                  • [Filter By]:クライアントをフィルタリングするパラメータを選択します(IP アドレス、ユーザ名、MAC アドレス、アセット名、アセット グループ、アセット カテゴリ、またはコントローラ)。 選択したら、特定のデバイスをテキスト ボックスに入力します。

                  • [SSID]:入力可能なテキスト ボックスにクライアントの SSID を入力します。

                  • [Protocol]:ドロップダウン リストから [All]、[802.11a/n]、または [802.11b/g/n] を選択します。

                    • [All]:領域内のすべてのアクセス ポイントを表示します。

                    • [802.11a/n]:802.11a/n 無線通信機を使用するクライアントに対するカバレッジ パターンを示す色付きのオーバーレイを表示します。 色は、赤(-35dBm)~濃い青(-85dBm)までの受信信号強度を表します。

                    • [802.11b/g/n]:802.11b/g/n 無線通信機を使用するクライアントに対するカバレッジ パターンを示す色付きのオーバーレイを表示します。 色は、赤(-35dBm)~濃い青(-85dBm)までの受信信号強度を表します。 これはデフォルト値です。

                  • [State]:ドロップダウン リストから [All]、[Idle]、[Authenticated]、[Probing]、または [Associated] を選択します。

                  該当するすべてのフィルタリング基準を選択したら、[OK] をクリックします。

                  802.11 タグのフロア設定のフィルタリング

                  [802.11 Tags] フロア設定を有効にし、右側の青い矢印をクリックすると、[Tag Filter] ダイアログが表示されます。

                  タグのフィルタリング オプションには、次の項目が含まれます。

                  • [Show All Tags]:チェックボックスをオンにすると、マップ上のすべてのタグが表示されます。

                  • [Small Icons]:チェックボックスをオンにすると、マップ上の各タグのアイコンが表示されます。


                    (注)  


                    [Show All Tags] チェックボックスと [Small Icons] チェックボックスをオンにすると、その他のすべてのドロップダウン リスト オプションが灰色になります。 [Small Icons] チェックボックスをオフにすると、ラベルに MAC アドレス、アセット名、アセット グループまたはアセット カテゴリを表示するかどうか選択できます。 [Show All Tags] チェックボックスをオフにすると、タグをフィルタリングする方法を指定できます。


                  • [Display]:マップ上に表示するタグの識別子(MAC アドレス、アセット名、アセット グループ、またはアセット カテゴリ)を選択します。

                  • [Filter By]:クライアントをフィルタリングするパラメータを選択します(MAC アドレス、アセット名、アセット グループ、アセット カテゴリ、またはコントローラ)。 選択したら、特定のデバイスをテキスト ボックスに入力します。

                  該当するすべてのフィルタリング基準を選択したら、[OK] をクリックします。

                  不正 AP のフロア設定のフィルタリング

                  [Rogue APs] フロア設定を有効にし、右側の青い矢印をクリックすると、[Rogue AP filter] ダイアログボックスが表示されます。

                  不正 AP のフィルタリング オプションには、次の項目が含まれます。

                  • [Show All Rogue APs]:チェックボックスをオンにすると、マップ上のすべての不正アクセス ポイントが表示されます。

                  • [Small Icons]:チェックボックスをオンにすると、マップ上の各不正アクセス ポイントのアイコンが表示されます。


                    (注)  


                    [Show All Rogue APs] チェックボックスと [Small Icons] チェックボックスをオンにすると、その他のすべてのドロップダウン リスト オプションが灰色になります。 [Show All Rogue APs] チェックボックスをオフにすると、不正アクセス ポイントをフィルタリングする方法を指定できます。


                  • [Show Rogue AP Zone of Impact]:不正アクセスによる影響のゾーンを表示する場合に、このチェックボックスをオンにします。 不正アクセスによる影響ゾーンは、不正アクセス ポイントの送信電力と不正アクセス ポイントに関連するクライアント数によって決まります。

                    • 不正 AP に関連するクライアント数によって、マップ上でゾーンの色の濃さが決まります。

                    • 影響ゾーンの半径は、次の不正 AP の送信電力に基づいて決まります。

                    表 4 送信電力
                    帯域 送信電力 Tx Power 前提
                    2.5 GHz 20 dBm 18 dBm
                    5 GHz 17 dBm 15 dBm
                  • [MAC Address]:特定の MAC アドレスを表示する場合は、その MAC アドレスを [MAC Address] テキスト ボックスに入力します。

                  • [State]:ドロップダウン リストを使用して、[Alert]、[Known]、[Acknowledged]、[Contained]、[Threat]、または [Unknown] から封じ込めステートを選択します。

                  • [On Network]:ドロップダウン リストを使用して、ネットワーク上の不正アクセス ポイントを表示するかどうか指定します。

                  該当するすべてのフィルタリング基準を選択したら、[OK] をクリックします。

                  不正アドホックのフロア設定のフィルタリング

                  [Rogue Adhocs] フロア設定を有効にし、右側の青い矢印をクリックすると、[Rogue Adhoc filter] ダイアログが表示されます。

                  不正アドホックのフィルタリング オプションには、次の項目が含まれます。

                  • [Show All Rogue Adhocs]:チェックボックスをオンにすると、マップ上のすべての不正アドホックが表示されます。

                  • [Small Icons]:チェックボックスをオンにすると、マップ上の各不正アドホックのアイコンが表示されます。


                    (注)  


                    [Show All Rogue Adhocs] チェックボックスと [Small Icons] チェックボックスをオンにすると、その他のすべてのドロップダウン リスト オプションが灰色になります。 [Show All Rogue Adhocs] チェックボックスをオフにすると、不正アドホックをフィルタリングする方法を指定できます。


                  • [MAC Address]:特定の MAC アドレスを表示する場合は、その MAC アドレスを [MAC Address] テキスト ボックスに入力します。

                  • [State]:ドロップダウン リストを使用して、[Alert]、[Known]、[Acknowledged]、[Contained]、[Threat]、または [Unknown] から封じ込めステートを選択します。

                  • [On Network]:ドロップダウン リストを使用して、ネットワーク上の不正アドホックを表示するかどうか指定します。

                  該当するすべてのフィルタリング基準を選択したら、[OK] をクリックします。

                  不正クライアントのフロア設定のフィルタリング

                  [Rogue Clients] フロア設定を有効にし、右側の青い矢印をクリックすると、[Rogue Clients filter] ダイアログが表示されます。

                  不正クライアントのフィルタリング オプションには、次の項目が含まれます。

                  • [Show All Rogue Clients]:チェックボックスをオンにすると、マップ上のすべての不正クライアントが表示されます。

                  • [Small Icons]:チェックボックスをオンにすると、マップ上の各不正クライアントのアイコンが表示されます。


                    (注)  


                    [Show All Rogue Clients] チェックボックスと [Small Icons] チェックボックスをオンにすると、その他のすべてのドロップダウン リスト オプションが灰色になります。 [Show All Rogue Clients] チェックボックスをオフにすると、不正クライアントをフィルタリングする方法を指定できます。


                  • [Assoc. Rogue AP MAC Address]:特定の MAC アドレスを表示する場合は、その MAC アドレスを [MAC Address] テキスト ボックスに入力します。

                  • [State]:ドロップダウン リストを使用して、[Alert]、[Contained]、[Threat]、または [Unknown] から封じ込めステートを選択します。

                  該当するすべてのフィルタリング基準を選択したら、[OK] をクリックします。

                  干渉設定のフィルタリング

                  [Interferer] フロア設定を有効にし、右側の青い矢印をクリックすると、[Interferers filter] ダイアログボックスが表示されます。

                  干渉のフィルタリング オプションには、次の項目が含まれます。

                  • [Show active interferers only]:チェックボックスをオンにすると、すべてのアクティブな干渉が表示されます。

                  • [Small Icons]:チェックボックスをオンにすると、マップ上の各干渉のアイコンが表示されます。

                  • [Show Zone of Impact]:おおまかな干渉の影響領域を表示します。 円の不透明度はその重大度を示します。 赤一色の円は Wi-Fi 通信を妨害する可能性がある非常に強い干渉を表し、薄いピンク色の円は弱い干渉を表します。

                  • 該当するすべてのフィルタリング基準を選択したら、[OK] をクリックします。

                  wIPS Attacker フロア設定のフィルタリング

                  [wIPS Attacker] フロア設定を有効にし、右側の青い矢印をクリックすると、[wIPS Attack Filter] ダイアログボックスが表示されます。

                  (図をここに追加します)

                  wIPS Attack フィルタリングのオプションには次が含まれます。

                  • [Show All wIPS Attacks]:チェックボックスをオンにすると、マップ上のすべての wIPS 攻撃が表示されます。

                  • [Small Icons]:チェックボックスをオンにすると、マップ上の各 wIPS 攻撃のアイコンが表示されます。


                    (注)  


                    [Show All wIPS Attacks] チェックボックスと [Small Icons] チェックボックスをオンにすると、その他のすべてのドロップダウン リスト オプションが灰色になります。 [Small Icons] チェックボックスをオフにすると、ラベルに MAC アドレス、アラーム カテゴリ、アラーム名を表示するかどうかを選択できます。 [Show All wIPS Attacks] チェックボックスをオフにすると、wIPS 攻撃をフィルタリングする方法を指定できます。


                  • [Filter By]:wIPS 攻撃のフィルタリングの基準にするパラメータを選択します。

                    • [MAC Address]:特定の MAC アドレスを表示する場合は、その MAC アドレスを [MAC Address] テキスト ボックスに入力します。

                    • [Alarm Category]:[Alarm Category] ドロップダウン リストからアラームのカテゴリを選択します。 選択可能なカテゴリには、[All Types]、[Security Penetration]、[DoS] があります。


                      (注)  


                      アラーム名は、選択したアラーム カテゴリに基づいて入力されます。


                    • [Alarm Name]:[Alarm Name] ドロップダウン リストからアラーム名を選択します。

                  該当するすべてのフィルタリング基準を選択したら、[OK] をクリックします。

                  図 1. wIPS 攻撃名のフィルタリング



                  マップに表示される各デバイスを区別するために、次のアイコンが使用されます。

                  図 2. アイコン



                  マップおよび AP ロケーション データのインポート

                  Autonomous から Lightweight アクセス ポイントに、および WLSE から Prime Infrastructure に変換する場合、変換手順の 1 つとして、アクセス ポイント関連情報を手動で Prime Infrastructure に再入力する方法があります。 この処理を高速化するために、WLSE からアクセス ポイントに関する情報をエクスポートして、Prime Infrastructure にインポートすることができます。


                  (注)  


                  Prime Infrastructure は、.tar ファイルを想定しているため、ファイルをインポートする前に .tar 拡張子かどうかをチェックします。 インポートしようとしているファイルが .tar ファイルでない場合は、Prime Infrastructure にエラー メッセージが表示され、別のファイルをインポートするためのプロンプトが表示されます。



                  (注)  


                  WLSE データ エクスポート機能(WLSE バージョン 2.15)の詳細については、次の URL を参照してください。 http://<WLSE_IP_ADDRESS>:1741/debug/export/exportSite.jsp


                  Prime Infrastructure Web インターフェイスを使用して、プロパティをマップし、WLSE データを含む tar ファイルをインポートするには、次の手順を実行します。


                    ステップ 1   [Monitor] > [Site Maps] を選択します。
                    ステップ 2   [Select a command] ドロップダウン リストから、[Import Maps] を選択し、[Go] をクリックします。
                    ステップ 3   [WLSE Map and AP Location Data] オプションを選択して、[Next] をクリックします。
                    ステップ 4   [Import WLSE Map and AP Location Data] ページで、[Browse] をクリックしてインポートするファイルを選択します。
                    ステップ 5   インポートする .tar ファイルを見つけて選択し、[Open] をクリックします。

                    Prime Infrastructure では、[Import From] テキスト ボックスにファイルの名前が表示されます。

                    ステップ 6   [Import] をクリックします。

                    CS によってファイルがアップロードされ、ファイルが処理されている間は一時的にファイルはローカル ディレクトリに保存されます。 処理できないデータがファイルに含まれている場合、Prime Infrastructure は問題を修正して再試行するようユーザに促します。 ファイルのロードが完了すると、Prime Infrastructure に追加された内容を示すレポートが Prime Infrastructure に表示されます。 レポートには、追加できない内容とその理由も記載されます。

                    インポートするデータの一部がすでに存在している場合、Prime Infrastructure では、キャンパスの場合は既存のデータを使用し、ビルディングとフロアの場合はインポートされたデータで既存のデータを上書きします。

                    (注)     

                    WLSE サイトとビルディングの組み合わせ、および Prime Infrastructure キャンパス(または最上位レベルのビルディング)とビルディングの組み合わせの間に重複する名前がある場合、Prime Infrastructure の実行前インポート レポートに、既存のビルディングを削除することを示すメッセージが表示されます。

                    ステップ 7   [Import] をクリックして、WLSE データをインポートします。

                    Prime Infrastructure に、インポートされた内容を示すレポートが表示されます。

                    ステップ 8   インポートされたデータを表示するには、[Monitor] > [Site Maps] を選択します。

                    フロア領域のモニタリング

                    フロア領域は、ビルディングの各フロアの領域で、外壁の外面に対して測定されます。 この領域には、ロビー、地下室、エレベータ シャフトが含まれ、集合住宅ビルディングではすべての共有面積が含まれます。

                    ここでは、次の内容について説明します。

                    次世代マップを使用したパンおよびズーム

                    計画

                    マップを移動するには、左マウス ボタンをクリックしたまま、新しい場所にマッピングをドラッグします。 また、パン矢印を使用して、マップを東西南北に移動することもできます。 これはマップの左上隅にあります。


                    (注)  


                    キーボードの矢印キーを使用してパン操作を実行することもできます。


                    ズームインとズームアウト:スケールの変更

                    ズーム レベルは画像の解像度によって異なります。 高解像度のイメージの場合、ズーム レベルが高くなります。 さまざまなスケールでマップの表示状態を変えるたびにズーム レベルが変わり、表示が詳細になったり、広範になったりします。 マップの中にはスケールを小さくしても大きくしても、同じ状態のマップもあります。

                    マップをさらに詳細に表示するには、ズームインする必要があります。 マップの左側のズーム バーを使用してこれを行うことができます。 ズーム バーの上部にある [+] 記号をクリックします。 ある場所を中心にズームインするには、その場所をダブルクリックします。 マップを広い範囲で表示するには、ズームアウトする必要があります。 これを行うには、ズーム バーの下部にある [-] 記号をクリックします。


                    (注)  


                    マウスまたはキーボードを使用してズーム操作を実行できます。 キーボードでは、[+] または [-] の記号をクリックし、ズームインまたはズームアウトします。 マウスの場合は、マウスのスクロール ホイールを使用してズームインまたはズームアウトします。あるいは、ダブルクリックしてズームインします。


                    アクセス ポイントのフロア領域への追加

                    .PNG、.JPG、.JPEG、または .GIF 形式のフロア図面と屋外領域のマップを Prime Infrastructure データベースに追加した後に、Lightweight アクセス ポイント アイコンをマップ上に配置して、ビルディング内の設定位置を示すことができます。 アクセス ポイントをフロア領域と屋外領域に追加するには、次の手順を実行します。


                      ステップ 1   [Design] > [Site Maps] を選択します。
                      ステップ 2   [Maps Tree View] または左側のサイドバー メニューの [Design] > [Site Maps] から、該当するフロアを選択し、[Floor View] ページを開きます。
                      ステップ 3   [Select a Command] ドロップダウン リストから、[Add Access Points] を選択し、[GO] をクリックします。
                      ステップ 4   [Add Access Points] ページで、フロア領域に追加するアクセス ポイントのチェックボックスをオンにします。
                      (注)     

                      アクセス ポイントを検索する場合は、AP 名または MAC アドレス(イーサネット/無線)/IP を [Search AP] の [Name/MacAddress (Ethernet/Radio)/IP] テキスト ボックスに入力して、[Search] をクリックします。 検索では大文字と小文字は区別されません。

                      (注)     

                      フロアおよび屋外領域にまだ割り当てられていないアクセス ポイントのみがリストに表示されます。

                      (注)     

                      リストの上部にあるチェックボックスをオンにして、すべてのアクセス ポイントを選択します。

                      ステップ 5   該当するすべてのアクセス ポイントが選択されたら、アクセス ポイント リストの下部にある [OK] をクリックします。 [Position Access Points] ページが表示されます。

                      フロア マップに追加するために選択した各アクセス ポイントは、灰色の円で表され(アクセス ポイント名や MAC アドレスにより区別)、フロア マップの左上部分に並べられます。

                      ステップ 6   各アクセス ポイントをクリックし、適切な位置にドラッグします。 アクセス ポイントは選択されると青色に変わります。
                      (注)     

                      マップ上にアクセス ポイントをドラッグすると、[Horizontal] テキスト ボックスと [Vertical] テキスト ボックスにアクセス ポイントの水平位置と垂直位置が表示されます。

                      (注)     

                      各アクセス ポイントの横の小さい黒矢印は各アクセス ポイントの Side A を表し、各アクセス ポイントの矢印は、アクセス ポイントが設置された方向と一致する必要があります。 Side A はそれぞれの 1000 シリーズ アクセス ポイント上で明確に記されており、802.11a/n 無線とは関係ありません。 方向の矢印を調整するには、[Antenna Angle] ドロップダウン リストから適切な方向を選択します。

                      アクセス ポイントを選択すると、そのアクセス ポイントの詳細がページの左側に表示されます。 アクセス ポイントの詳細には、次の情報が含まれます。

                      • [AP Model]:選択したアクセス ポイントのモデル タイプを示します。

                      • [Protocol]:ドロップダウン リストから、このアクセス ポイントのプロトコルを選択します。

                      • [Antenna]:ドロップダウン リストから、このアクセス ポイントの適切なアンテナ タイプを選択します。

                      • [Antenna/AP Image]:[Antenna] ドロップダウン リストから選択したアンテナがアンテナ イメージに反映されます。 アンテナ イメージの右上の矢印をクリックすると、画像のサイズが拡大します。

                      • [Antenna Orientation]:アンテナ タイプに応じて、[Azimuth] と [Elevation] の方向を度数で入力します。

                      (注)     

                      [Omnidirectional] アンテナのパターンでは方位角が存在しなくなるため、[Azimuth] オプションは表示されません。

                      (注)     

                      内部アンテナでは、同じ垂直方向の角度が両方の無線に適用されます。

                      アンテナの角度は、マップの X 軸に対して相対的です。 X(水平)座標および Y(垂直)座標の原点はマップの左上の角であるため、0 度はアクセス ポイントの Side A を右に、90 度は Side A を下に、180 度は Side A を左に向けることになります。

                      アンテナの Elevation(垂直面)は、最大 90 度までアンテナを垂直(上下)に移動するために使用されます。

                      (注)     

                      各アクセス ポイントがマップ上の正しい位置に設置されていること、またアンテナの方向が正しいことを確認します。 マップを使って、カバレッジ ホールや不正アクセス ポイントを発見するときは、正確なアクセス ポイントの位置決めが重要です。

                      アンテナの垂直方向の角度および方位角のパターンの詳細については、次の URL を参照してください。http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​hw/​wireless/​ps469/​tsd_​products_​support_​series_​home.html

                      ステップ 7   各アクセス ポイントの配置と調整が完了したら、[Save] をクリックします。
                      (注)     

                      [Save] をクリックすると、アクセス ポイントのアンテナ ゲインが選択したアンテナに一致します。 これにより、無線がリセットされる可能性があります。

                      Prime Infrastructure によって、カバレッジ領域の RF 予測が計算されます。 この RF 予測は、カバレッジ領域マップ上の RF 信号の相対強度を示しているため、一般的には「ヒート マップ」として知られています。

                      (注)     
                      (注)     
                      ここでは、石壁や金属の物体など、ビルディングのさまざまな素材の減衰は考慮されておらず、RF 信号が障害物に跳ね返る影響も表示されないため、実際の RF 信号強度の近似値だけが表示されています。
                      (注)     

                      マップへのアクセス ポイント配置の詳細については、「アクセス ポイントの配置」(10-14 ページ)を参照してください。

                      (注)     

                      ファイルをインポートまたはエクスポートすることにより、アクセス ポイントの位置を変更できます。 詳細については、 「Wi-Fi TDOA レシーバの配置」(10-30 ページ)を参照してください。


                      アクセス ポイントの配置

                      無線 LAN のカバレッジ領域での全デバイスの最適な位置を判断するには、アクセス ポイントの密度と位置を考慮する必要があります。

                      少なくとも 3 個、可能な場合は 4 個か 5 個のアクセス ポイントが、デバイス位置を必要とする各領域にカバレッジを提供していることを確認します。 デバイスを検出するアクセス ポイントは多いほど効果が増します。 この高水準のガイドラインが生み出す最良の実施例は次のとおりです。優先度順に並べられています。

                      1. 最も重要なのは、アクセス ポイントが目的の位置を囲むことです。

                      2. アクセス ポイントは約 17 ~ 20m(50 ~ 70 リニア フィート)間隔で配置される必要があります。 これは、230 ~ 450 平方メートル(2,500 ~ 5,000 平方フィート)ごとに 1 つのアクセス ポイントということです。


                        (注)  


                        アクセス ポイントは、約 6m(20 フィート)未満の高さで設置する必要があります。 性能を最大限に引き出すためには、約 3m(10 フィート)での設置が理想的です。

                        これらのガイドラインに従うと、アクセス ポイントが追跡したデバイスをより検出しやすくなります。 2 つの物理環境が同じ RF 特性を持つことはほとんどありません。 ユーザは特定の環境や要件に合わせてこれらのパラメータを変更しなければならない場合があります。



                        (注)  


                        コントローラが情報を Location Appliance に転送するために、-75dBm を超える信号でデバイスを検出する必要があります。 3 つ以上のアクセス ポイントが、-75dBm 以下の信号でデバイスを検出できなければなりません。



                        (注)  


                        全方向性アンテナを内蔵した天井マウント型 AP がある場合は、Prime Infrastructure でアンテナの方向を必ずしも設定する必要はありません。 ただし、同じ AP を壁にマウントする場合は、アンテナの方向を 90 度に設定する必要があります。 アクセス ポイントの方向については、アクセス ポイントの配置を参照してください。

                        表 5 アクセス ポイントのアンテナ方向

                        アクセス ポイント

                        アンテナの方向

                        1140(天井に取り付けた場合)

                        Cisco ロゴは床面に向けてください。 垂直方向:0 度。

                        1240(天井に取り付けた場合)

                        アンテナはアクセス ポイントと垂直にする必要があります。

                        垂直方向:0 度。

                        1240(壁面に取り付けた場合)

                        アンテナはアクセス ポイントと平行にする必要があります。

                        垂直方向:0 度。

                        アンテナが AP と垂直な場合、角度は 90 度になります(ダイポール アンテナは全方向性のため、方向の上下は関係ありません)。


                      マップ作成のための自動階層の使用方法

                      自動階層作成はすばやくマップを作成し、Prime Infrastructure のマップにアクセス ポイントを割り当てる方法です。 ワイヤレス LAN コントローラを Prime Infrastructure に追加し、アクセス ポイントに名前を付けたら、自動階層作成を使用してマップを作成できます。 また、ネットワークにアクセス ポイントを追加した後、自動階層作成を使用して、Prime Infrastructure のマップにアクセス ポイントを割り当てることができます。


                      (注)  


                      自動階層作成機能を使用するには、マップのキャンパス、ビルディング、フロア、または屋外領域名を指定する、ワイヤレス アクセス ポイントに対して確立された命名パターンを必要とします。 たとえば、San Jose-01-GroundFloor-AP3500i1 などです。


                      自動階層を使用してマップを作成するには、次の手順に従います。


                        ステップ 1   [Design] > [Automatic Hierarchy Creation] を選択して、[Automatic Hierarchy Creation] ページを表示します。
                        ステップ 2   テキスト ボックスに、システムのアクセス ポイントの名前を入力します。 または、リストから名前を 1 つ選択できます。

                        この名前は、マップを作成する正規表現を作成するために使用されます。

                        (注)     

                        以前に作成した正規表現を更新するには、式の横の [Load and Continue] をクリックし、式を適宜更新します。

                        正規表現を削除するには、式の横にある [Delete] をクリックします。

                        ステップ 3   [Next] をクリックします。
                        ステップ 4   アクセス ポイントの名前にデリミタがある場合は、それをテキスト ボックスに入力し、[Generate] をクリックします。 システムではデリミタに基づいてアクセス ポイントの名前と一致する正規表現が作成されます。

                        たとえば、ダッシュ(-)のデリミタをアクセス ポイント名、San Jose-01-GroundFloor-AP3500i1 で使用すると、正規表現 /(.*)-(.*)-(.*)-(.*)/ が作成されます。

                        より複雑なアクセス ポイント名がある場合は、手動で正規表現を入力できます。

                        (注)     

                        先頭と末尾のスラッシュを入力する必要はありません。

                        ステップ 5   [Test] をクリックします。 システムは、アクセス ポイント名に対して作成されたマップと、入力された正規表現を表示します。
                        ステップ 6   [Group] フィールドを使用して、階層型に一致するグループを割り当てます。

                        たとえば、アクセス ポイントに SJC14-4-AP-BREAK-ROOM の名前が付けられた場合

                        この例では、キャンパス名が SJC、ビルディング名が 14、フロア名が 4、AP 名が AP-BREAK-ROOM です。

                        正規表現 /([A-Z]+)(\d+)-(\d+)-(.*)/ を使用します。

                        AP 名から、次のグループが抽出されます。

                        1. SJC

                        2. 14

                        3. 4

                        4. AP-BREAK-ROOM

                        一致するグループは、1 から始めて、左から右へ割り当てられます。 一致するグループを階層要素と一致させるには、各グループ番号のドロップダウン リストを使用して、適切な階層要素を選択します。

                        これにより、アクセス ポイント名内の位置は、ほとんどどのような順番でも可能になります。

                        たとえば、アクセス ポイントに EastLab-Atrium2-3-SanFrancisco の名前が付けられた場合

                        正規表現 /(.*)-(.*)-(.*)-(.*)/ を次のグループと使用する場合:

                        1. ビルディング

                        2. デバイス名(Device Name)

                        3. Floor

                        4. Campus

                        自動階層作成では、SanFrancisco というキャンパス、EastLab というビルディング、EastLab の 3 というフロアを作成します。

                        (注)     

                        デバイス名がない、またはデバイスが影響を与えない 2 つの階層タイプでは、他の目的で一致するグループを使用する必要がある場合は、グループを省略できます。

                        自動階層作成は、アクセス ポイントを配置するマップを計算するためにマップする次のグループが必要です。
                        表 6 グループ
                        キャンパス グループは一致しているか? ビルディング グループは一致しているか? フロア グループは一致しているか? 結果の位置

                        Yes

                        Yes

                        Yes

                        キャンパス > ビルディング > フロア

                        Yes

                        Yes

                        No

                        不一致

                        Yes

                        No

                        Yes

                        キャンパス > フロア(フロアが屋外領域の場合)

                        Yes

                        No

                        No

                        不一致

                        No

                        Yes

                        Yes

                        システム キャンパス > ビルディング > フロア

                        no

                        yes

                        no

                        不一致

                        no

                        yes

                        no

                        不一致

                        no

                        no

                        yes

                        不一致

                        no

                        no

                        no

                        不一致

                        自動階層作成では、フロア名からフロア インデックスを推測しようとします。 フロア名が数値の場合、AHC はフロアを正数のフロア インデックスに割り当てます。 フロア名が負の数値または文字 B で始まる場合(b1、-4、または B2 など)、AHC はフロアを負数のフロア インデックスに割り当てます。 これは、フロアが地下であることを示します。

                        アクセス ポイントを配置する既存のマップを検索する場合、AHC は、アクセス ポイントの名前と同じフロア インデックスを持つアクセス ポイントのビルディング内のフロアを考慮します。

                        たとえば、SF > MarketStreet > Sublevel1 というマップがあり、フロア インデックスが -1 の場合、そのフロアにはアクセス ポイント SF-MarketStreet-b1-MON1 が割り当てられます。

                        ステップ 7   [Next] をクリックします。 アクセス ポイントの対象を増やしてテストできます。 [Add more device names to test against] フィールドにアクセス ポイントを入力して [Add] をクリックすると、より多くのアクセス ポイントに対する正規表現と一致グループのマッピングをテストできます。

                        次に、[Test] ボタンをクリックして、テーブル内の各アクセス ポイント名をテストします。 各テストの結果がテーブルに表示されます。

                        必要に応じて、現在の正規表現の正規表現またはグループ マッピングを編集するには、前のステップに戻ります。

                        ステップ 8   [Next] をクリックしてから、[Save and Apply] をクリックします。 これでシステムに正規表現が適用されます。 システムはマップに割り当てられていないすべてのアクセス ポイントを処理します。
                        (注)     

                        フロア イメージ、正しい寸法などを含めるようにマップを編集できます。 自動階層作成でマップを作成する場合は、20 フィート X 20 フィートのデフォルト寸法が使用されます。 正しい寸法などの属性を指定するには、作成されたマップを編集する必要があります。 自動階層作成を使用して作成されるマップは、不完全なアイコンがマップ リストに表示されます。 マップの編集を完了すると、不完全なアイコンが消えます。 [Edit View] リンクをクリックして、不完全なマップの列を非表示にできます。


                        Map Editor の使用

                        Map Editor を使って、フロア図面情報を定義、描画、および拡張します。 また、Map Editor では、アクセスポイントに対する RF 予測ヒートマップを計算するときに反映できるように、障害物を作成できます。 その特定の領域にあるクライアントとタグを特定する、Location Appliances のカバレッジ領域を追加することもできます。

                        ここでは、次の内容について説明します。

                        Map Editor の使用に関するガイドライン

                        Map Editor を使用してビルディングまたはフロア マップを変更する際には、次の内容を考慮してください。


                        (注)  


                        以前の Floor Plan Editor から .FPE ファイルをインポートするのではなく、Map Editor を使用して壁やその他の障害物を描画することを推奨します。 必要に応じて .FPE ファイルを引き続きインポートできます。 そのためには、目的のフロア領域に移動します。[Select a command] ドロップダウン リストから、[Edit Floor Area] を選択し、[Go] をクリックします。[FPE File] チェックボックスをオンにしてから、.FPE ファイルを参照して選択します。
                        • Map Editor でフロア図面に追加できる壁の数に制限はありません。ただし、クライアント ワークステーションの処理能力およびメモリによって、Prime Infrastructure でのリフレッシュやレンダリングが制限されることがあります。


                          (注)  


                          RAM が 1 GB 以下のコンピュータでは、実用的な制限として、フロアごとの壁数を 400 個までにすることを推奨します。
                        • すべての壁は、Prime Infrastructure が RF カバレッジ ヒートマップを生成する際に使用されます。

                        フロア上の包含領域と除外領域に関するガイドライン

                        包含領域と除外領域は、最低 3 点を持つ多角形で表すことができます。

                        フロア上の包含リージョンを 1 つだけ定義できます。 デフォルトでは、各フロアの包含リージョンは、そのリージョンが Prime Infrastructure に追加されるときに定義されます。 包含リージョンは水色の実線で示され、通常はリージョンの輪郭を描きます。

                        フロア上の除外リージョンを複数定義できます。

                        新たに定義された包含リージョンと除外リージョンは、Mobility Services Engine によってロケーションがフロアで再計算された後にヒートマップ上に表示されます。

                        Map Editor の表示

                        Map Editor を開くには、次の手順に従います。


                          ステップ 1   [Design] > [Site Map Design] の順に選択します。
                          ステップ 2   目的のキャンパスをクリックします。 [Site Maps] > [Campus Name] ページが表示されます。
                          ステップ 3   キャンパスをクリックし、次にビルディングをクリックします。
                          ステップ 4   目的のフロア領域をクリックします。 [Site Maps] > [Campus Name] > [Building Name] > [Floor Area Name] ページが表示されます。
                          ステップ 5   [Select a command] ドロップダウン リストから、[Map Editor] を選択し、[Go] をクリックします。 [Map Editor] ページが表示されます。

                          Map Editor を使用したカバレッジ領域の描画

                          長方形以外のビルディングがある場合、またはフロア内に長方形以外の領域をマークする場合には、Map Editor を使用してカバレッジ領域を描画できます。

                          Map Editor を使用してカバレッジ領域を描画するには、次の手順に従います。


                            ステップ 1   フロア図面が Prime Infrastructure にまだ表示されていない場合は、フロア図面を追加します。
                            ステップ 2   [Monitor] > [Site Maps] を選択します。
                            ステップ 3   編集する屋外領域、キャンパス、ビルディングまたはフロアに対応する [Map Name] をクリックします。
                            ステップ 4   [Select a command] ドロップダウン リストから、[Map Editor] を選択し、[Go] をクリックします。
                            ステップ 5   [Map Editor] ページで、ツールバーの [Draw Coverage Area] アイコンをクリックします。

                            ポップアップ メニューが表示されます。

                            ステップ 6   定義する領域の名前を入力します。 [OK] をクリックします。

                            描画ツールが表示されます。

                            ステップ 7   輪郭を描く領域に描画ツールを移動します。
                            • 左マウス ボタンをクリックして、線の描画を開始および終了します。

                            • 領域の輪郭を完全に描いたら、左マウス ボタンをダブルクリックすると、ページ内で領域が強調表示されます。

                              マップ上で輪郭を描いた領域を強調表示するには、閉じたオブジェクトである必要があります。

                            ステップ 8   ツールバーの [ディスク] アイコンをクリックして、新たに描画した領域を保存します。

                            フロア上の包含リージョンの定義

                            包含領域を定義するには、次の手順を実行します。


                              ステップ 1   [Design] > [Site Maps] を選択します。
                              ステップ 2   該当するフロア領域の名前をクリックします。
                              ステップ 3   [Select a command] ドロップダウン リストから [Map Editor] を選択します。
                              ステップ 4   [Go] をクリックします。
                              ステップ 5   マップで、ツールバーの水色のボックスをクリックします。
                              (注)     

                              一度に 1 つの包含領域のみ定義できることを示すメッセージ ボックスが表示されます。 新しい包含リージョンを定義すると、以前に定義されていた包含リージョンは自動的に削除されます。 デフォルトでは、各フロアの包含リージョンは、そのリージョンが Prime Infrastructure に追加されるときに定義されます。 包含リージョンは水色の実線で示され、通常はリージョンの輪郭を描きます。

                              ステップ 6   表示されるメッセージ ボックスで [OK] をクリックします。 包含領域の輪郭を描画するための描画アイコンが表示されます。
                              ステップ 7   包含領域の定義を開始するには、描画アイコンをマップ上の開始ポイントに移動して、1 回クリックします。
                              ステップ 8   含める領域の境界に沿ってカーソルを移動させ、クリックして境界線を終了します。 再びクリックすると、次の境界線を定義できます。
                              ステップ 9   領域の輪郭が描画されるまでステップ 8 を繰り返したら、描画アイコンをダブルクリックします。 水色の実線によって包含領域が定義されます。
                              ステップ 10   [Command] メニューから [Save] を選択するか、ツールバーのディスク アイコンをクリックして、包含リージョンを保存します。
                              (注)     

                              包含領域を誤って定義した場合は、領域をクリックします。 選択された領域の輪郭が水色の破線で描かれます。 次に、ツールバーの [X] アイコンをクリックします。 領域がフロア マップから削除されます。

                              ステップ 11   [Location Regions] チェックボックスがまだオンになっていない場合にはオンにします。 これをすべてのフロア マップに適用する場合は、[Save settings] をクリックします。 [Layers configuration] ページを閉じます。
                              ステップ 12   Prime Infrastructure データベースと MSE データベースを再同期するには、[Services] > [Synchronize Services] を選択します。
                              (注)     

                              2 つの DB がすでに同期されている場合は、変更があるたびに自動的に再同期が実行されます。 明示的に再同期する必要はありません。

                              ステップ 13   [Synchronize] ページで、[Synchronize] ドロップダウン リストから [Network Designs] を選択して、[Synchronize] をクリックします。

                              [Sync. Status] 列で 2 つの緑色の矢印を調べることで、同期が正常に行われたことを 確認できます。

                              (注)      新たに定義された包含リージョンと除外リージョンは、Mobility Services Engine が既存デバイスのロケーションを再計算した後のみ、ロケーションの計算に含まれます。

                              フロア上の除外リージョンの定義

                              フロア上のロケーション計算の精度をさらに高めるために、計算に含めない除外領域を定義できます。 たとえば、ビルディング内のアトリウムや階段の吹き抜けなどの領域を除外できます。 通常、除外領域は包含領域の境界内に定義されます。

                              除外領域を定義するには、次の手順を実行します。


                                ステップ 1   [Design] > [Site Maps] を選択します。
                                ステップ 2   該当するフロア領域の名前をクリックします。
                                ステップ 3   [Select a command] ドロップダウン リストから [Map Editor] を選択します。
                                ステップ 4   [Go] をクリックします。
                                ステップ 5   マップで、ツールバーの紫色のボックスをクリックします。
                                ステップ 6   表示されるメッセージ ボックスで [OK] をクリックします。 除外領域の輪郭を描画するための描画アイコンが表示されます。
                                ステップ 7   包含領域の定義を開始するには、描画アイコンをマップ上の開始ポイントに移動して、1 回クリックします。
                                ステップ 8   除外する領域の境界に沿って描画アイコンを移動させます。 1 回クリックして境界線を開始し、再びクリックして境界線を終了します。
                                ステップ 9   領域の輪郭が描画されるまでステップ 8 を繰り返したら、描画アイコンをダブルクリックします。 定義された除外領域は、領域が完全に定義されると紫色で網掛けされます。 除外された領域は紫色で網掛けされます。
                                ステップ 10   すべての除外領域を定義したら、[Command] メニューから [Save] を選択するか、ツールバーのディスク アイコンをクリックして、除外リージョンを保存します。
                                (注)     

                                除外領域を削除するには、削除する領域をクリックします。 選択された領域の輪郭が紫色の破線で描かれます。 次に、ツールバーの [X] アイコンをクリックします。 領域がフロア マップから削除されます。

                                ステップ 11   [Location Regions] チェックボックスがまだオンになっていない場合にはオンにします。 これをすべてのフロア マップに適用する場合は、[Save settings] をクリックします。 完了したら [Layers configuration] ページを閉じます。
                                ステップ 12   Prime Infrastructure データベースと MSE データベースを再同期するには、[Services] > [Synchronize Services] を選択します。
                                (注)     

                                2 つの DB がすでに同期されている場合は、変更があるたびに自動的に再同期が実行されます。 明示的に再同期する必要はありません。

                                ステップ 13   [Synchronize] ページで、[Synchronize] ドロップダウン リストから [Network Designs] を選択して、[Synchronize] をクリックします。

                                [Sync. Status] 列で 2 つの緑色の矢印を調べることで、同期が正常に行われたことを 確認できます。


                                フロアでのレール ラインの定義

                                フロア上にコンベヤ ベルトを表すレール ラインを定義できます。 また、レール領域の周囲にスナップ幅とも呼ばれる、ロケーション計算を一層サポートする領域を定義できます。 この領域は、クライアントが表示されると予測される領域を表します。 スナップ幅の領域内に配置されたクライアントは、レール ライン上に表示されるか(多数)、スナップ幅領域の外側に表示されます(少数)。


                                (注)  


                                レール ラインの設定はタグには適用されません。


                                スナップ幅領域は、フィートまたはメートル(ユーザ定義)単位で定義され、レールの片側(東および西、または北および南)からモニタされる距離を表します。

                                レールをフロアに定義するには、次の手順を実行します。


                                  ステップ 1   [Design] > [Site Maps] を選択します。
                                  ステップ 2   該当するフロア領域の名前をクリックします。
                                  ステップ 3   [Select a command] ドロップダウン リストから、[Map Editor] を選択します。
                                  ステップ 4   [Go] をクリックします。
                                  ステップ 5   マップで、ツールバーのレール アイコン(紫色の除外アイコンの右側)をクリックします。
                                  ステップ 6   表示されるメッセージ ダイアログボックスで、レールのスナップ幅(フィートまたはメートル)を入力し、[OK] をクリックします。 描画アイコンが表示されます。
                                  ステップ 7   レール ラインの開始ポイントで描画アイコンをクリックします。 ラインの描画を停止するときやラインの方向を変えるときは、再びクリックします。
                                  ステップ 8   フロア マップ上にレール ラインを完全に描画したら、描画アイコンを 2 回クリックします。 レール ラインはマップ上に表示され、片側は定義されたスナップ幅リージョンに接します。
                                  (注)     

                                  レール ラインを削除するには、削除する領域をクリックします。 選択された領域の輪郭が紫色の破線で描かれます。 次に、ツールバーの [X] アイコンをクリックします。 領域がフロア マップから削除されます。

                                  ステップ 9   フロア マップで、[Layers] ドロップダウン リストを選択します。
                                  ステップ 10   完了したら、[Rails] チェックボックスがまだオンになっていない場合にはオンにし、[Save settings] をクリックし、[Layers configuration] パネルを閉じます。
                                  ステップ 11   Prime Infrastructure と Mobility Services Engine を再同期するには、[Services] > [Synchronize Services] を選択します。
                                  ステップ 12   [Synchronize] ページで、[Synchronize] ドロップダウン リストから [Network Designs] を選択して、[Synchronize] をクリックします。

                                  [Sync. Status] 列で 2 つの緑色の矢印を調べることで、同期が正常に行われたことを 確認できます。


                                  屋外領域の追加


                                  (注)  


                                  屋外領域マップをデータベースに追加したことがあるかどうかに関係なく、屋外領域を Prime Infrastructure データベース内のキャンパス マップに追加することができます。


                                  屋外領域をキャンパス マップに追加するには、次の手順を実行します。


                                    ステップ 1   屋外領域のマップをデータベースに追加する場合は、マップを .PNG、.JPG、.JPEG、または .GIF 形式で保存します。 ファイル システムの特定の場所にあるマップを参照して、インポートします。
                                    (注)     

                                    屋外領域を追加するのにマップは必要ありません。 屋外領域をデータベースに追加するため、領域の寸法を定義する必要があるだけです。 Prime Infrastructure では、作業領域に合わせてマップのサイズが自動的に調整されるため、マップは任意のサイズにすることができます。

                                    ステップ 2   [Design] > [Site Maps] を選択します。
                                    ステップ 3   目的のキャンパスをクリックすると、[Design] > [Site Maps] > [Campus View] ページが表示されます。
                                    ステップ 4   [Select a command]ドロップダウン リストから、[New Outdoor Area] を選択します。
                                    ステップ 5   [Go] をクリックします。 [Create New Area] ページが表示されます。
                                    ステップ 6   [New Outdoor Area] ページで、次の情報を入力します。
                                    • [Name]:新しい屋外領域のユーザ定義の名前。

                                    • [Contact]:ユーザ定義の連絡先の名前。

                                    • [Area Type (RF Model)]:[Cubes And Walled Offices]、[Drywall Office Only]、[Outdoor Open Space](デフォルト)。

                                    • [AP Height (feet)]:アクセス ポイントの高さを入力します。

                                    • [Image File]:屋外領域マップを含むファイルの名前。 [Browse] をクリックしてファイルを検索します。

                                    ステップ 7   [Next] をクリックします。
                                    ステップ 8   [Place] をクリックして、屋外領域をキャンパス マップ上に配置します。 Prime Infrastructure では、キャンパス マップのサイズに合わせてサイズ変更された屋外領域の四角形が作成されます。
                                    ステップ 9   屋外領域の四角形をクリックし、キャンパス マップ上の目的の位置までドラッグします。
                                    ステップ 10   [Save] をクリックして、この屋外領域とキャンパス上の位置をデータベースに保存します。
                                    (注)     

                                    屋外領域には、該当する [Maps] ページに移動するためのハイパーリンクが関連付けられます。

                                    ステップ 11   (任意)新しい屋外領域に位置プレゼンス情報を割り当てるには、 [Edit Location Presence Info] を選択し、[Go] をクリックします。
                                    (注)     

                                    デフォルトでは、[Override Child Element Presence Info] チェックボックスがオンになっています。 屋外領域については、この設定を変更する必要はありません。


                                    プランニング モードの使用

                                    プランニング モードでは、プランニング ツールが起動されるブラウザ ウィンドウで Map Editor を開きます。 元のブラウザ ウィンドウがフロアのページから移動している場合は、フロアのページに戻って、Map Editor を起動する必要があります。

                                    データ トラフィック、音声トラフィック、および位置がそれぞれアクティブかどうかに基づいて、アクセス ポイントの推奨される数および位置を計算できます。


                                    (注)  


                                    プランニング モードでは、各プロトコル(802.11a または 802.11 b/g)に指定されるスループットに基づいて、ネットワーク内で最適カバレッジを提供するために必要な合計アクセス ポイント数が計算されます。

                                    プランニング モードのオプション:

                                    • [Add APs]:マップへのアクセス ポイントの追加を可能にします。 詳細については、「アクセス ポイントのフロア領域への追加」(10-11 ページ)を参照してください。

                                    • [Delete APs]:選択したアクセス ポイントを削除します。

                                    • [Map Editor]:[Map Editor] ウィンドウを開きます。

                                    • [Synchronize with Deployment]:プランニング モードのアクセス ポイントを現在の導入シナリオと同期します。

                                    • [Generate Proposal]:現在のアクセス ポイント導入のプランニング概要を表示します。

                                    • [Planned AP Association Tool]:Excel または CSV ファイルから AP アソシエーションの追加、削除、またはインポートを実行できます。 アクセス ポイントを定義したら、[Planned AP Association Tool] を使用して、そのアクセス ポイントをベース無線の MAC アドレスにアソシエートできます。 AP が検出されない場合、 AP はスタンバイ バケットに送られ、AP が検出されたときにアソシエートされます。


                                      (注)  


                                      AP アソシエーションには、AP はフロアまたは屋外領域に属さないという制限があります。 AP がすでにフロアまたは屋外領域に割り当てられている場合は、スタンバイ バケットが AP を保持し、フロアまたは屋外領域から AP が削除されたときに、指定されたフロアに配置されます。 1 つの MAC アドレスを複数のフロアまたは屋外領域のバケットに入力することはできません。



                                      (注)  


                                      マップの同期は、AP がベース無線の MAC アドレスにアソシエートされている場合のみ動作し、イーサネット MAC アドレスにアソシエートされている場合は動作しません。



                                    チョークポイントを使用したタグの位置報告の精度の向上

                                    チョークポイントは、チョークポイントのベンダーによって推奨されるとおりに設置および設定されます。 チョークポイントのインストールが完了して動作可能になったら、チョークポイントをロケーション データベースに入力して、Prime Infrastructure マップ上に表示できます。

                                    アクティブな Cisco CX 準拠のタグと一緒にチョークポイントを使用すると、タグとそのアセットに関するロケーション情報が即座に提供されます。 Cisco CX タグがチョークポイントの範囲外に出ると、後続のビーコン フレームには、チョークポイントの識別情報が何も含まれません。 タグのロケーションは、デフォルトで、タグに関連付けられたアクセス ポイントにより報告される RSSI に基づいた標準の計算方法で決定されます。

                                    ここでは、次の内容について説明します。

                                    Prime Infrastructure へのチョークポイントの追加

                                    Prime Infrastructure データベースにチョークポイントを追加するには、次の手順を実行します。


                                      ステップ 1   [Configure] > [Chokepoints] を選択します。
                                      ステップ 2   [Select a command] ドロップダウン リストから、[Add Chokepoints] を選択します。
                                      ステップ 3   [Go] をクリックします。
                                      ステップ 4   チョークポイントの MAC アドレスと名前を入力します。
                                      ステップ 5   [Entry/Exit Chokepoint] チェックボックスをオンにします。
                                      ステップ 6   チョークポイントのカバレッジ範囲を入力します。
                                      (注)     

                                      チョークポイントの範囲は視覚的に表示されるだけです。 これは製品固有です。 実際の範囲は、該当するチョークポイント ベンダー ソフトウェアを使用して別個に設定する必要があります。

                                      ステップ 7   [OK] をクリックします。
                                      (注)     

                                      データベースにチョークポイントを追加したら、適切な Prime Infrastructure フロア マップに配置できます。


                                      Prime Infrastructure マップへのチョークポイントの追加

                                      チョークポイントをマップに追加するには、次の手順を実行します。


                                        ステップ 1   [Design] > [Site Maps] を選択します。
                                        ステップ 2   [Maps] ページで、チョークポイントのフロアの位置に対応するリンクを選択します。
                                        ステップ 3   [Select a command] ドロップダウン リストから、[Add Chokepoints] を選択します。
                                        ステップ 4   [Go] をクリックします。
                                        (注)     

                                        [Add Chokepoints] 概要ページには、データベースには存在しているが、まだマップされていない、最近追加されたチョークポイントがすべて一覧表示されます。

                                        ステップ 5   マップ上に配置するチョークポイントの横にあるチェックボックスを選択します。
                                        ステップ 6   [OK] をクリックします。

                                        チョークポイント アイコンが左上隅に配置されたマップが表示されます。 これで、マップ上にチョークポイントを配置する準備ができました。

                                        ステップ 7   チョークポイント アイコンを左クリックし、適切な位置までドラッグします。
                                        (注)     

                                        チョークポイント アイコンを配置するためにクリックすると、左側のダイアログボックスにチョークポイントの MAC アドレス、名前、およびカバレッジ範囲が表示されます。

                                        ステップ 8   [Save] をクリックします。

                                        フロア マップ ページが再度表示され、追加されたチョークポイントがマップに示されます。

                                        (注)     

                                        新たに作成されたチョークポイント アイコンは、そのフロアの表示設定に応じて、マップに表示される場合と表示されない場合があります。

                                        (注)     

                                        チョークポイントの周囲の輪は、カバレッジ領域を示しています。 CCX タグとそのアセットがカバレッジ領域内を通過すると、位置の詳細がブロードキャストされ、タグはチョークポイント カバレッジ円上に自動的にマップされます。 タグがチョークポイントの範囲外に出ると、その位置は以前と同様に計算されるので、チョークポイントの輪の上にはマップされなくなります。

                                        (注)     

                                        チョークポイントのマップ アイコンの上にマウス カーソルを移動すると、チョークポイントの MAC アドレス、名前、Entry/Exit チョークポイント、スタティック IP アドレス、および範囲が表示されます。

                                        ステップ 9   チョークポイントがマップ上に表示されない場合は、[Floor Settings] メニューにある [Chokepoints] チェックボックスを選択します。
                                        (注)     

                                        すべてのマップに対してこの表示条件を保存しない場合には、[Save Settings] をクリックしないでください。

                                        (注)     

                                        チョークポイント情報を適用するには、ネットワーク設計を Mobility Services Engine またはロケーション サーバと同期する必要があります。


                                        Prime Infrastructure からのチョークポイントの削除

                                        一度に 1 つ以上のチョークポイントを削除できます。 チョークポイントを削除するには、次の手順を実行します。


                                          ステップ 1   [Configure] > [Chokepoints] を選択します。 [Chokepoints] ページが表示されます。
                                          ステップ 2   削除するチョークポイントの隣のチェックボックスをオンにします。
                                          ステップ 3   [Select a command] ドロップダウン リストから、[Add Chokepoints] を選択し、[Go] をクリックします。
                                          ステップ 4   チョークポイントの削除を確認するには、表示されるダイアログボックスで [OK] をクリックします。

                                          [Chokepoints] ページが再度表示され、チョークポイントの削除を確認します。 削除されたチョークポイントはページには表示されなくなります。