Cisco Connected Mobile Experiences Configuration Guide, Release 7.6
ユーザとグループの管理
ユーザとグループの管理

ユーザとグループの管理

この章では、ユーザ、グループ、および Mobility Services Engine へのホスト アクセスを管理する方法について説明します。

この章の内容は、次のとおりです。

前提条件

Cisco Prime Infrastructure が Mobility Services Engine にアクセスするには、フル アクセス権限が必要です。

注意事項と制約事項

グループ権限は個々のユーザの権限を上書きします。 たとえば、ユーザにフル アクセス権限を付与し、読み取り専用アクセス権限が付与されているグループにそのユーザを追加すると、ユーザは Mobility Services Engine の設定を設定できなくなります。

ユーザ グループの管理

この項では、ユーザ グループの追加、削除、および編集の方法について説明します。

ユーザ グループを使用すると、ユーザに異なるアクセス権限を割り当てることができます。

ここでは、次の内容について説明します。

ユーザ グループの追加

Mobility Services Engine にユーザ グループを追加するには、次の手順を実行します。


(注)  


[Services] > [Mobility Services Engine] ページは、root 仮想ドメインでのみ使用可能です。



    ステップ 1   [Services] > [Mobility Services] の順に選択します。
    ステップ 2   ユーザ グループを追加する Mobility Services Engine の名前をクリックします。
    ステップ 3   [System] > [Accounts] > [Groups] の順に選択します。
    ステップ 4   [Select a command] ドロップダウン リストから [Add Group] を選択します。 [Go] をクリックします。
    ステップ 5   [Group Name] テキストボックスにグループ名を入力します。
    ステップ 6   [Permission] ドロップダウン リストから権限レベル([read]、[write]、または [full])を選択します。
    (注)     

    Prime Infrastructure が Mobility Services Engine にアクセスするには、フル アクセス権限が必要です。

    ステップ 7   [Save] をクリックします。

    ユーザ グループの削除

    Mobility Services Engine からユーザ グループを削除するには、次の手順を実行します。


      ステップ 1   [Services] > [Mobility Services] の順に選択します。
      ステップ 2   ユーザ グループを削除する Mobility Services Engine の名前をクリックします。
      ステップ 3   [System] > [Accounts] > [Groups] の順に選択します。
      ステップ 4   削除するグループのチェックボックスをオンにします。
      ステップ 5   [Select a command] ドロップダウン リストから、[Delete Group] を選択し、[Go] をクリックします。
      ステップ 6   [OK] をクリックします。

      ユーザ グループの権限の変更


      注意    


      グループ権限は個々のユーザの権限を上書きします。 たとえば、ユーザにフル アクセス権限を付与し、読み取りアクセス権限のみ付与されているグループにそのユーザを追加すると、ユーザはモビリティ サービス エンジンの設定を設定できなくなります。


      ユーザ グループの権限を変更するには、次の手順を実行します。


        ステップ 1   [Services] > [Mobility Services] の順に選択します。
        ステップ 2   編集する Mobility Services Engine の名前をクリックします。
        ステップ 3   [System] > [Accounts] > [Groups] の順に選択します。
        ステップ 4   編集するグループの名前をクリックします。
        ステップ 5   [Permission] ドロップダウン リストから権限レベル([read]、[write]、または [full])を選択します。
        ステップ 6   [Save] をクリックします。

        ユーザの管理

        このセクションでは、Mobility Services Engine のユーザの追加、削除、および編集の方法について説明します。 アクティブなユーザ セッションの表示方法についても説明します。

        ここでは、次の内容について説明します。

        ユーザの追加


        注意    


        グループ権限は個々のユーザの権限を上書きします。 たとえば、ユーザにフル アクセス権限を付与し、読み取りアクセス権限のみ付与されているグループにそのユーザを追加すると、ユーザはモビリティ サービス エンジンの設定を設定できなくなります。


        Mobility Services Engine にユーザを追加するには、次の手順を実行します。


          ステップ 1   [Services] > [Mobility Services] の順に選択します。
          ステップ 2   ユーザを追加する Mobility Services Engine の名前をクリックします。
          ステップ 3   [System] > [Accounts] > [Users] の順に選択します。
          ステップ 4   [Select a command] ドロップダウン リストから、[Add User] を選択します。 [Go] をクリックします。
          ステップ 5   [Username] テキストボックスにユーザ名を入力します。
          ステップ 6   [Password] テキストボックスにパスワードを入力します。
          ステップ 7   [Group Name] テキストボックスにユーザが属するグループの名前を入力します。
          ステップ 8   [Permission] ドロップダウン リストから権限レベル([read]、[write]、または [full])を選択します。
          (注)     

          Prime Infrastructure が Mobility Services Engine にアクセスするには、フル アクセス権限が必要です。

          ステップ 9   [Save] をクリックします。

          ユーザの削除

          Mobility Services Engine からユーザを削除するには、次の手順を実行します。


            ステップ 1   [Services] > [Mobility Services] の順に選択します。
            ステップ 2   ユーザを削除する Mobility Services Engine の名前をクリックします。
            ステップ 3   [System] > [Accounts] > [Groups] の順に選択します。
            ステップ 4   削除するユーザのチェックボックスをオンにします。
            ステップ 5   [Select a command] ドロップダウン リストから [Delete User] を選択します。 [Go] をクリックします。
            ステップ 6   [OK] をクリックします。

            ユーザ プロパティの変更

            ユーザ プロパティを変更するには、次の手順に従います。


              ステップ 1   [Services] > [Mobility Services Engines] の順に選択します。
              ステップ 2   編集する Mobility Services Engine の名前をクリックします。
              ステップ 3   [System] > [Accounts] > [Users] の順に選択します。
              ステップ 4   編集するグループの名前をクリックします。
              ステップ 5   [Password] および [Group Name] テキスト ボックスで必要な変更を行います。
              ステップ 6   [Save] をクリックします。