Cisco MSE 仮想アプライアンス コンフィギュレーション ガイド リリース 7.6
概要
概要
発行日;2014/04/08 | 英語版ドキュメント(2013/12/20 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 893KB) | フィードバック

目次

概要

MSE 仮想アプライアンス リファレンス ハードウェア構成

管理ソフトウェアと VMware ライセンス

リソース管理

概要

MSE は、ローエンド、標準、およびハイエンドの展開をサポートするために仮想アプライアンスとして提供されます。MSE 仮想アプライアンス ソフトウェアは、Open Virtualization Archive(OVA)ファイルとして配布されます。MSE 仮想アプライアンスは、VMware 環境でサポートされる OVF を展開するための方法のいずれかを使用してインストールできます。

この章では、MSE 仮想アプライアンスのシステム要件について説明し、一般的な構成のガイドラインを提供します。

この章の内容は、次のとおりです。

「MSE 仮想アプライアンス リファレンス ハードウェア構成」

「管理ソフトウェアと VMware ライセンス」

「リソース管理」

MSE 仮想アプライアンス リファレンス ハードウェア構成

リファレンス ハードウェア構成の詳細については、次の URL の Cisco MSE データ シートを参照してください。 http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/wireless/ps9733/ps9742/data_sheet_c78-475378.html

管理ソフトウェアと VMware ライセンス

リリース 7.6 の VMware 仮想アプライアンスは、VMware ESX/ESXi バージョン 4.1 以降をサポートしています。

ESXi ホストを管理するために、Windows XP または Windows 7 64 ビット マシンに vCenter Server 4.1 をインストールし、vCenter Enterprise ライセンスを取得することを推奨します。また、1 つの ESXi 1 ホストのみを使用している場合は、管理用に vSphere Client を使用できます。

リソース管理

リソース管理は、導入するライセンスによって異なります。次の表は、仮想アプライアンスを設定できる各種のレベルを示します。

表 1-1 仮想マシンのサイジングの図

プライマリ MSE
リソース
サポートされるライセンス(個別)

仮想アプライアンス レベル

メモリ合計

仮想 CPU

基本ライセンス(AP)

CMX ライセンス(AP)

wIPS ライセンス(AP)

ローエンド

6 G

2

200

未サポート

2000

標準

16G

8

2500

2500

6000

ハイエンド

24 G

16

5000

5000

10000