Cisco CMX ダッシュボード コンフィギュレーション ガイド リリース 7.6
CMX ダッシュボードのレポート
CMX ダッシュボードのレポート
発行日;2014/04/07 | 英語版ドキュメント(2014/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

CMX ダッシュボードのレポート

レポート

要約

CMX ダッシュボードのレポート

CMX ダッシュボードでは、企業内の管理ユーザはサービスの使用状況および顧客の行動を分析することができます。

また、管理ユーザは施設内のドメイン全体にわたって販売のパターンを調査できます。

たとえば、管理ユーザはサービス パフォーマンスを確認し、ハイパー検索、マップ、およびディールのサービスの使用状況を分析できます。

これらのレポートに基づいて、企業は顧客志向のオファーを提案する機会をさらに開拓できます。これによって、企業は特定の施設でより多くの顧客を引き寄せてエンゲージすることが可能になります。

レポート

CMX ダッシュボードでは、特定の施設でのサービスのレポート取得をサポートしています。レポートによって、管理ユーザは一定の期間のパフォーマンスを分析することができます。

CMX ダッシュボードでレポートにアクセスするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 左側のサイドバーのメニューから [Reports] を選択します。

[Services]、[Message]、および [Domain Metrics]、[Visitor Connect] タブが表示されます。

ステップ 2 本日のサービス パフォーマンスおよびサービス クリック数を表示するには、[Services] タブで [Today] をクリックし、次に [Apply] をクリックします。


) サービス パフォーマンスはカスタム サービスの使用状況レポートです。


毎日のサービス パフォーマンスおよびサービス クリック数を表示するには、[Daily] をクリックし、次に [Apply] をクリックします。

毎月のサービス パフォーマンスおよびサービス クリック数を表示するには、[Monthly] をクリックし、次に [Apply] をクリックします。

次の図は、毎月のパフォーマンスおよびクリック数を示します。

図 11-1 サービス パフォーマンス

図 11-2 サービス クリック数

選択した日付のレポートを表示するには、[Custom] をクリックします。[From] および [To] のカレンダーで日付を選択します。[Apply] をクリックします。

ステップ 3 各施設に対するメッセージ数を表示するには、[Message] をクリックします。

次の図に、施設のメッセージ数を示します。

図 11-3 施設ごとのメッセージ数

ステップ 4 ドメインに最適なパフォーマンスを調査する場合は、[Domain Metrics] をクリックします。

[This Hour]、[Today]、[This Week]、および [This Month] から時間枠を選択します。

ステップ 5 ビジターの詳細を監視するには、[Visitor Connect] をクリックします。

ビジター接続で接続された新しいビジターおよびすべてのビジターの時間単位の傾向を表示するには、[Hourly] をクリックし、開始日時と終了日時を選択します。

図 11-4 新しいビジターの時間別傾向

 

図 11-5 すべてのビジターの時間別傾向

新しいビジターおよびすべてのビジターの日単位の傾向を表示するには、[Daily] をクリックし、開始日と終了日を選択します。

図 11-6 新しいビジターの日別傾向

 

図 11-7 すべてのビジターの日別傾向

新しいビジターおよびすべてのビジターの週単位の傾向を表示するには、[Weekly] をクリックし、開始日と終了日を選択します。

図 11-8 新しいビジターの週別傾向

図 11-9 すべてのビジターの週別傾向

新しいビジターおよびすべてのビジターの月単位の傾向を表示するには、[Monthly] をクリックし、月を選択します。

図 11-10 新しいビジターの月別傾向

 

図 11-11 すべてのビジターの月別傾向

 

ステップ 6 ページの下部にある表は、スプラッシュ テンプレート設定に基づいたアクティブ ビジターに関する登録情報を示します。表のこの情報は、ソートおよびフィルタリングできます。

ステップ 7 [Export to CSV] をクリックして、ビジターの詳細をエクスポートします。


 

要約

CMX ダッシュボードには、簡単な表示および分析に重要なさまざまな因子のサマリーを提供するダッシュボードがあります。この因子には、使用状況、興味のあるポイント、サービス、ドメイン、デバイス製造元など、そして顧客のモバイル デバイスのオペレーティング システムもあります。

ダッシュボードのサマリーにアクセスするには、クレデンシャルを使用して CMX ダッシュボード ユーザ インターフェイスにログインします。

左側のサイドバーのメニューから [Summary] を選択します。

[Venues] 内のマップで施設を見ることができます。施設は大きなドットで表されます。アクティブな興味のあるポイント、現在アクティブなキャンペーン、」および提供されている合計メッセージ数を表示できます。

ダッシュボードの敷地すべての情報のグラフを表示するには、[Summary] をクリックします。特定の施設に対する情報のグラフを表示するには、マップ上でその施設を表す緑色のドットをクリックします。

CMX ダッシュボードの使用状況は数日のインプレッションのグラフで表示されます。下向きにスクロールすると、上位の興味があるポイント、上位のサービス、および上位のドメインを確認できます。施設内の顧客のモバイル デバイスのオペレーティング システムのパターンを分析するには、上位のオペレーティング システムを表示できます。

次の図では、上位の POI、サービス、上位オペレーティング システム、およびドメインを示しています。

図 11-12 上位の POI

図 11-13 上位のサービス

図 11-14 上位のドメイン

図 11-15 上位のオペレーティング システム