Cisco Aironet 350/CB20A ワイヤレス LAN クライアント アダプタ インストレーション コンフィギュレーション ガイド Windows 版
慣例手順
慣例手順
発行日;2012/01/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

慣例手順

クライアント アダプタの挿入および取り出し

クライアント アダプタの挿入

PC カードまたは CardBus PC カードの挿入

PCI カードの挿入

クライアント アダプタの取り出し

PC カードまたは CardBus PC カードの取り出し

PCI カードの取り出し

クライアント アダプタ ソフトウェアの手順

Install Wizard のバージョンの確認

クライアント アダプタ ソフトウェアのアップグレード

クライアント アダプタ ソフトウェアのアンインストール

ドライバのバージョンの確認

ファームウェアの手順

ファームウェア バージョンの確認

ファームウェアのアップグレード

ドライバが、ファームウェアをアップグレードしないようにする

ACU の手順

ACU の開始

ACU の終了

ACU インストール設定の修正

ACU のバージョンの確認

デスクトップの ACU アイコンの追加または削除

オンライン ヘルプへのアクセス

ACM の手順

クライアント アダプタの再起動

クライアント アダプタの無線のオン/オフ

Quiet モードのオンとオフの切り替え

慣例手順

この章では、クライアント アダプタに関連する一般的なタスクの手順について説明します。

この章では、次の項目について説明します。

「クライアント アダプタの挿入および取り出し」

「クライアント アダプタ ソフトウェアの手順」

「クライアント アダプタの再起動」

「クライアント アダプタの無線のオン/オフ」

「Quiet モードのオンとオフの切り替え」

クライアント アダプタの挿入および取り出し

この項では、PC カードと CardBus PC カード、および PCI カードの挿入と取り出しの手順について説明します。LM カードと mini-PCI カードはコンピューティング デバイスにあらかじめ搭載されており、ユーザによる挿入と取り出しは想定していないので、これらについては説明しません。


注意 これらの手順、およびこれらの手順で説明する物理的な接続は、一般に、従来型の PC カード スロット、CardBus スロット、および PCI 拡張スロットに適用されます。カスタム機器や従来型でない機器については、PC カード スロット、CardBus スロット、および PCI 拡張スロットの構成が異なる場合があるので注意してください。

クライアント アダプタの挿入

以降に示すいずれかの手順に従って、PC カード、CardBus PC カード、または PCI カードをコンピューティング デバイスに挿入します。

PC カードまたは CardBus PC カードの挿入


ステップ 1 作業を始める前に、カードを確認します。カードの一端は 2 列の 68 ピンの コネクタです。カードは、PC カード スロットまたは CardBus スロットに対して一方向からだけ挿入できるようになっています。


) PC カード スロットまたは CardBus スロットは、コンピュータのモデルによって、左右どちらかの側面にあります。


ステップ 2 次のいずれかを実行します。

コンピュータの電源を入れてオペレーティング システムを完全に起動し、この項の残りの手順に従って PC カードを挿入します。

コンピュータの電源を切り、この項の残りの手順に従ってカードを挿入し、コンピュータをリブートします。


注意 コンピュータの PC カード スロットまたは CardBus スロットに、カードを無理に押し込まないでください。無理に押し込むと、カードとスロットの両方を損傷する恐れがあります。カードを容易に挿入できないときは、カードを取り出してからもう一度挿入してください。

ステップ 3 シスコのロゴを上に向けてカードを持ち、十分な力を込めて、カードが完全に装着されるまで PC カード スロットまたは CardBus スロットに挿入します(図 9-1 を参照)。

図 9-1 PC カードまたは CardBus PC カードのコンピューティング デバイスへの挿入


) CardBus PC カードのプロファイルは、カードを挿入したスロットに関連付けられます。したがって、CardBus PC カードは常に同じスロットに挿入してください。あるいは両方のスロットにプロファイルを作成してください。



 

PCI カードの挿入


ステップ 1 PC とそのすべてのコンポーネントの電源を切ります。

ステップ 2 PC のケースを取り外します。


) ほとんどの Pentium PC では、PCI の拡張スロットは白です。スロットの識別方法については、ご使用の PC の資料を参照してください。


ステップ 3 空の PCI 拡張スロットの上部にある CPU バック パネルの表面からネジを外します。バック パネルの金属製のブラケットは、このネジで固定されています。


注意 静電気によって、PCI カードが損傷することがあります。静電気防止用パッケージからクライアント アダプタを取り出す前に、接地されている PC の金属部分に触れて、静電気を放電してください。

ステップ 4 PCI カードを確認します。 アンテナ コネクタと LED はコンピュータの外側を向いており、ケースを元に戻したときに見えるようになっています。カードの下端はコネクタになっており、この部分をコンピュータの空の拡張スロットに挿入します。 図 9-2 を参照してください。

図 9-2 PC への PCI カードの挿入

 

ステップ 5 カードを傾けて、アンテナ コネクタと LED が CPU のバック パネルの開口部に収まるようにします。

ステップ 6 コネクタがしっかり装着されるまで、カードを空の拡張スロットに挿入します。


注意 拡張スロットにカードを無理に押し込まないでください。カードとスロットの両方を損傷する恐れがあります。カードを挿入できないときは、カードを取り出してからもう一度挿入してください。

ステップ 7 CPU バック パネルのネジをもう一度取り付けて、コンピュータのケースを元に戻します。

ステップ 8 カードのアンテナ コネクタに 2dBi アンテナをしっかりと取り付けます。 締めすぎない ように注意してください。

ステップ 9 最適な状態で受信できるように、アンテナを垂直に立てます。

ステップ 10 PC を起動します。


 

クライアント アダプタの取り出し

以降に示すいずれかの手順に従って、PC カード、CardBus PC カード、または PCI カードをコンピューティング デバイスから取り出します(必要な場合)。

PC カードまたは CardBus PC カードの取り出し

正常に取り付けおよび設定が終了している PC カードまたは CardBus PC カードを取り出すには(ラップトップを搬送する場合など)、コンピュータを完全にシャットダウンし、PC カード スロットまたは CardBus スロットからカードを直接引き抜きます。カードを再び挿入し、コンピュータをリブートする場合は、ネットワークとの接続を再確立する必要があります。


) コンピュータをシャットダウンせずに PC カードまたは CardBus PC カードを取り出すには、Windows システム トレイの Unplug or Eject Hardware アイコンをダブルクリックし、取り出す Cisco Aironet クライアント アダプタを Hardware デバイスから選択し、Stop をクリックした後、OK を 2 回クリックします。カードを直接カード スロットから引き出します。


PCI カードの取り出し

PCI クライアント アダプタはデスクトップ コンピュータの内部に取り付けてあり、携帯用として設計されていないので、よほどの理由がない限り、このアダプタは取り出さないようにしてください。PCI カードを取り出す必要が生じた場合は、次の手順に従ってください。


ステップ 1 コンピュータを完全にシャットダウンします。

ステップ 2 クライアント アダプタのアンテナを取り外します。

ステップ 3 PC のケースを取り外します。

ステップ 4 CPU バック パネルの表面からネジを外します。CPU バック パネルはクライアント アダプタが挿入された PCI 拡張スロットの上部にあります。

ステップ 5 クライアント アダプタを強く引き上げてスロットから外し、慎重に傾けて CPU バック パネルの開口部から取り出します。

ステップ 6 CPU バック パネルのネジをもう一度取り付けて、コンピュータのケースを元に戻します。


 

クライアント アダプタ ソフトウェアの手順

この項では、次の各手順について説明します。

Install Wizard のバージョンの確認(下記を参照)

クライアント アダプタ ソフトウェアのアップグレード(クライアント アダプタ ソフトウェアのアップグレード

クライアント アダプタ ソフトウェアのアンインストール(クライアント アダプタ ソフトウェアのアンインストール

ドライバのバージョンの確認(ドライバのバージョンの確認

ファームウェアの手順(ファームウェアの手順

ACU の手順(ACU の手順

ACM の手順(ACM の手順

Install Wizard のバージョンの確認

クライアント アダプタに現在インストールされている Install Wizard のバージョンを確認する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Windows Explorer を開きます。

ステップ 2 Install Wizard ファイルを探します。

ステップ 3 IWSetup.exe ファイルを右クリックします。

ステップ 4 Properties をクリックします。

ステップ 5 Version タブをクリックします。File version フィールドに、現在インストールされている Install Wizard ファイルのバージョンが表示されます。


 

クライアント アダプタ ソフトウェアのアップグレード

最初にクライアント アダプタ ソフトウェアのインストールに使用したのと同じ手順を、最近のバージョンへのアップグレードにも使用できます。 クライアント アダプタのソフトウェアのアップグレード手順については、 クライアント アダプタのインストール を参照してください。


) クライアント アダプタのファームウェアは、ACU を通じてアップグレードすることもできます。 詳細は、「ファームウェアのアップグレード」を参照してください。


クライアント アダプタ ソフトウェアのアンインストール

この項では、コンピュータにインストールされている Cisco Aironet クライアント アダプタのドライバ、ユーティリティ、セキュリティ モジュールのアンインストールの手順について説明します。クライアント アダプタのファームウェアだけは、インストールされたまま残ります。この手順は、クライアント アダプタ ソフトウェアのインストール済みのコンポーネントをコンピュータから外す場合、または古いバージョンにダウングレードする場合に必要です。


) 以前のバージョンのクライアント アダプタ ソフトウェアにダウングレードする場合、次の手順に従って現在のソフトウェア コンポーネントをアンインストールします。その後で古いソフトウェアをインストールします。



) クライアント アダプタ ソフトウェアをアンインストールすると、既存のプロファイルは削除されます。 後で使用するためにプロファイルを保存する場合は、 プロファイル マネージャの使用方法 の手順に従ってプロファイルをエクスポートしてから、ソフトウェア コンポーネントをアンインストールします。



) この手順では Windows XP にバンドルされた PC カード ドライバ、LM カード ドライバ、PCI カード ドライバはアンインストールされません。ユーザがアップグレードしたドライバのみがアンインストールされます。次の手順に従って、アップグレードしたドライバをアンインストールし、カードをいったん取り出してから挿入し直すと、Windows では元のドライバが検出され、それが自動的に再インストールされます。



ステップ 1 次のいずれかを実行します。

クライアント アダプタをコンピュータから取り外す場合は、コンピュータをシャットダウンし、クライアント アダプタを取り外し、コンピュータをリブートします。

クライアント アダプタをコンピュータに挿入したままにする場合、またはクライアント アダプタが LM カードまたは mini-PCI カードのため取り外すことができない場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 Start > Run の順にクリックします。

ステップ 3 Install Wizard ソフトウェアの場所を参照し、IWSetup.exe ファイルをクリックして、Open、OK の順にクリックします。

Cisco Aironet Wireless LAN Client Adapter Installation Wizard 画面が表示されます(図 9-3 を参照)。

図 9-3 Cisco Aironet Wireless LAN Client Adapter Installation Wizard 画面

 

ステップ 4 Uninstall All Components を選択し、Next をクリックします。

ステップ 5 選択内容を確認するプロンプトが表示されたら、Yes をクリックします。ファイルをアンインストールするプロセスが開始します。このプロセスでは、コンポーネントがアンインストールされるたびにそれが通知されます。

ステップ 6 プロンプトが表示されたら、Yes をクリックしてコンピュータをリブートします。


) クライアント アダプタ ソフトウェアを正しくアンインストールするために、Yes をクリックしてコンピュータをすぐにリブートしてください。


ステップ 7 コンピュータからクライアント アダプタを取り外していない場合は、コンピュータのリブート後に Found New Hardware Wizard 画面が表示されます。Cancel をクリックします。

ステップ 8 この手順では Install Wizard ファイルとそれを解凍したファイルは削除されません。コンピュータからそれらのファイルを削除する場合は、Windows Explorer を使用してファイルを検索し、削除します。


 

ドライバのバージョンの確認

この項の手順に従って、クライアント アダプタに現在インストールされているドライバのバージョンを確認します。


ステップ 1 ACU を開きます。

ステップ 2 Status アイコンをクリックするか、Commands ドロップダウン メニューから Status を選択します。Status 画面の NDIS Driver Version フィールドに、クライアント アダプタの現在のドライバ バージョンが表示されます。


 

ファームウェアの手順

この項では、次の各手順について説明します。

ファームウェアのバージョンの確認(下記を参照)

ファームウェアのアップグレード(下記を参照)

ドライバがファームウェアをアップグレードしないようにする(ドライバが、ファームウェアをアップグレードしないようにする を参照)

ファームウェア バージョンの確認

この項の手順に従って、クライアント アダプタに現在インストールされているファームウェアのバージョンを確認します。


ステップ 1 ACU を開きます。

ステップ 2 Status アイコンをクリックするか、Commands ドロップダウン メニューから Status を選択します。Status 画面の Firmware Version フィールドに、クライアント アダプタの現在のファームウェア バージョンが表示されます。


 

ファームウェアのアップグレード


注意 ファームウェアのフラッシュ プロセスの間に電源障害が発生し、クライアント アダプタが動作不能になるリスクを最小限に抑えるために、コンピュータを AC 電源に接続するか、バッテリを完全に充電してからフラッシュを開始することをお勧めします。 電源障害が発生した場合は、「はじめに」の「テクニカル サポート」の項の手順に従って TAC にお問い合わせください。

クライアント アダプタのファームウェアは、Install Wizard か ACU を使用してアップグレードします。ウィザードを使用する場合、ファームウェアは Install Wizard ファイルからロードされ、他のソフトウェア コンポーネントとともにインストールされます。ACU を使用する場合、ファームウェアはファームウェアだけを収めたイメージ(*.img)ファイルからインストールされます。


) ソフトウェア コンポーネント間の互換性を確実にするために、Install Wizard を使用して他のソフトウェア コンポーネントと一緒にファームウェアをアップグレードすることをお勧めします。


Install Wizard の使用

Install Wizard を使用してファームウェアをアップグレードするには、「クライアント アダプタ ソフトウェアのインストールまたはアップグレード」の手順に従います。

ACU の使用


) ACU を使ってクライアント アダプタのファームウェアをアップグレードする場合、Aironet Client Utility Preferences 画面上の Automatically Load New Firmware When NDIS Driver Is Update パラメータが自動的に無効(オフ)になり、新しくロードされたファームウェアがドライバによって上書きされるのを防ぎます。このパラメータを有効にしたい場合は、チェックボックスを再びオンにする必要があります。


ACU を使用してファームウェアをアップグレードするには、次の手順に従います。


ステップ 1 Web ブラウザを使用して次の URL にアクセスします。

http://www.cisco.com/public/sw-center/sw-wireless.shtml

ステップ 2 Option #2: Aironet Wireless Software Display Tables を選択します。


) Display Tables 以外に Software Selector ツールを使用してソフトウェアをダウンロードすることもできます。 その場合は、Option #1: Aironet Wireless Software Selector を選択し、画面の指示に従い、ステップ7 に進みます。


ステップ 3 Cisco Aironet Wireless LAN Client Adapters を選択します。

ステップ 4 Individual Files でクライアント アダプタ ファームウェアを探します。

ステップ 5 クライアント アダプタのモデル番号に対応するリンクをクリックします(たとえば、350 シリーズまたは CB20A)。

ステップ 6 使用しているクライアント アダプタの種類(MPI や CB など)に応じた最新のファームウェア ファイルをクリックします。


) PC、LM、PCI カード用のファームウェアは PCMCIA-LMC-PCI、mini-PCI カード用のファームウェアは mini PCI または MPI、CardBus PC カード用のファームウェアは CB というラベルがつけられています。



) 無線ネットワークが EAP 認証を使用する場合、クライアントアダプタが認証を受けようとするアクセス ポイントは次に示すバージョン以降のファームウェアを使用している必要があります。11.23(340 と 350 シリーズ アクセス ポイント)、12.2(4)JA(1100 シリーズ アクセス ポイント)、または 11.54T(1200 シリーズ アクセス ポイント)。


ステップ7 暗号化許可フォームに入力し、ソフトウェア使用許諾契約の条項を読み、同意します。

ステップ 8 ファームウェア ファイルをもう一度クリックしてダウンロードします。

ステップ 9 フロッピー ディスクまたはコンピュータのハード ドライブにファイルを保存します。

ステップ 10 Windows Explorer を使用してファイルを探し、それをダブル クリックして、イメージ ファイルをフォルダ内に解凍します。


) ファイルを解凍するには、WinZip Self-Extractor 画面の Browse をクリックしてファイルを格納するフォルダを選択し、OK、Unzip の順にクリックします。ファイルを解凍した後、OK をクリックして画面を閉じます。


ステップ 11 クライアント アダプタがコンピュータにインストールされていて、動作可能であることを確認します。

ステップ 12 ACU を起動し、Load Firmware アイコンをクリックするか、Commands ドロップダウン メニューから Load New Firmware を選択します。 Load New Firmware 画面が表示されます(図 9-4 を参照)。

図 9-4 Load New Firmware 画面

 

ステップ 13 Look in ボックスで新しいファームウェアの位置を探します。

ステップ 14 ファームウェア イメージ ファイル(*.img)をクリックすると、画面下部の File name ボックスにそのファイル名が表示されます。

ステップ 15 Open ボタンをクリックします。選択したイメージがクライアント アダプタのフラッシュ メモリにロードされ、進捗バーが表示されます。

ステップ 16 Firmware Upgrade Complete! というメッセージが表示されたら、OK をクリックします。処理が完了するかエラーが発生するまで、OK ボタンは選択できません。 エラーが発生した場合は、 トラブルシューティング「エラー メッセージ」の項を参照してください。


 

ドライバが、ファームウェアをアップグレードしないようにする

Aironet Client Utility Preferences 画面上の Automatically Load New Firmware When NDIS Driver Is Updated パラメータはドライバにバンドルされているファームウェアに影響しますが、Install Wizard に含まれているファームウェアには影響しません。このパラメータは、いつロードしたドライバであっても、バンドルされているファームウェアをインストールするかどうかを制御します(ドライバはクライアント アダプタを挿入するかコンピュータをリブートするたびにロードします)。


) この手順を実行する場合、Install Wizard を使用して ACU をインストールしている必要があります。



) Automatically Load New Firmware When NDIS Driver Is Updated パラメータは、Install Wizard 中の Disable Firmware Checking パラメータと機能的に同じです。最後に設定されるパラメータは、ドライバの機能を支配するパラメータです。 詳細は、 クライアント アダプタのインストールを参照してください。



ステップ 1 ACU を開きます。

ステップ 2 Preferences アイコンをクリックするか、Options ドロップダウン メニューから Preferences を選択します。 Aironet Client Utility Preferences 画面が表示されます(図 9-5 を参照)。

図 9-5 Aironet Client Utility Preferences 画面

 

ステップ 3 ドライバがロードされるときに、バンドルされているファームウェアがインストールされないようにして、クライアント アダプタが現在のファームウェア バージョンを保持できるようにするには、Automatically Load New Firmware When NDIS Driver Is Updated チェックボックスがオフになっていることを確認します。


) バンドルされているファームウェアが現在クライアント アダプタにインストールされているファームウェアよりも新しいので、ドライバが(ロードするときに)それをインストールするように設定する場合は、Automatically Load New Firmware When NDIS Driver Is Updated チェックボックスがオンになっていることを確認してください。



) ACU を使ってクライアント アダプタのファームウェアをアップグレードする場合、Automatically Load New Firmware When NDIS Driver Is Updated パラメータは自動的にオフになり、新しくロードされたファームウェアをドライバが上書きするのを防ぎます。このパラメータを有効にする場合は、チェックボックスを再びオンにする必要があります。



) Automatically Load New Firmware When NDIS Driver Is Updated パラメータは、無線タイプ(および CardBus PC カード用の CardBus スロット)により異なります。 したがって(CB20A の代わりに 350 というように)異なるカード タイプのクライアント アダプタを挿入する場合や異なるスロットに同じ CardBus PC カードを挿入する場合、バンドルされているファームウェアをドライバがインストールするかどうかは、このパラメータ(または Disable Firmware Checking パラメータ)が最後にこのカード タイプまたはカード スロットに対してどのように設定されたかによって異なります。


ステップ 4 OK をクリックします。


 

ACU の手順

この項では、次の各手順について説明します。

ACU の開始(下記を参照)

ACU の終了(ACU の終了を参照)

ACU のインストールの設定の修正ACU インストール設定の修正を参照)

ACU のバージョンの確認(ACU のバージョンの確認を参照)

デスクトップの ACU アイコンの追加または削除(デスクトップの ACU アイコンの追加または削除を参照)

オンライン ヘルプへのアクセス(オンライン ヘルプへのアクセス

ACU の開始

ACU を開始するには、次のいずれかを実行します。

デスクトップの Aironet Client Utility( ACU )アイコンをダブルクリックします。

Windows の Start メニューで、インストール時に選択したフォルダから Aironet Client Utility(ACU) を選択します。デフォルトの設定では、Start > Program Files > Cisco Systems > Aironet Client Utility (ACU) の順で選択できます。

My Computer > Control Panel > Aironet Client Utility の順にダブルクリックします。

ACU の終了

ACU を終了するには、Commands ドロップダウン メニューから Exit を選択します(図 9-6 を参照)。

図 9-6 Commands ドロップダウン メニュー

 

ACU インストール設定の修正

インストールの間に選択した設定のいずれかを変更する必要がある場合(ACU アイコンをデスクトップに配置する、または保存された LEAP ユーザ名とパスワードを許可するなど)、Install Wizard を再び実行してパラメータ値を修正する必要があります。 手順については、 クライアント アダプタのインストールを参照してください。

ACU のバージョンの確認

この項の手順に従って、現在インストールされている ACU のバージョンを確認します。


ステップ 1 ACU を開きます。

ステップ 2 About アイコンをクリックするか、Help ドロップダウン メニューから About Aironet Client Utility オプション を選択します。 About Aironet Client Utility 画面が表示されます(図 9-7 を参照)。

図 9-7 About Aironet Client Utility 画面

 


 

デスクトップの ACU アイコンの追加または削除

デフォルトでは、ACU アイコンは Install Wizard をインストールする際にコンピュータのデスクトップに追加されます。

デスクトップから ACU アイコンを削除する場合は、再び Install Wizard を実行し、Place Icon on Desktop パラメータを No に設定するか、アイコンを右クリックして Delete Yes の順でクリックして選択を確認します。

ACU アイコンをデスクトップに追加する場合、Install Wizard で Place Icon on Desktop パラメータを Yes に設定します。

オンライン ヘルプへのアクセス

ACU のオンライン ヘルプにアクセスするには、ACU を開きます。次に Help アイコンをクリックするか、Help ドロップダウン メニューから Contents を選択します。ACU の概要が表示されます。

Overview of the Aironet Client Utility 画面から、詳細情報を表示できます。

特定のメニュー オプションの情報を表示する場合は、 Contents をクリックします。 Aironet Client Utility Commands をダブルクリックし、必要なメニュー(Options メニューなど)、および必要な項目(Preference など)をダブルクリックします。

特定のパラメータの情報を表示する場合は、Contents をクリックします。Configurable Parameters、クライアント アダプタ、パラメータ カテゴリ(System Parameters など)、および必要なパラメータ(SSID など)をダブルクリックします。

特定の診断項目の情報を表示する場合は、Contents をクリックします。Run Time Diagnostic Information、診断カテゴリ(Running Linktest など)、および必要な項目(Packet Size など)をダブルクリックします。

特定のトピックを検索するには、 Index をクリックし、インデックス エントリを選択して、 Display をクリックします。

特定の語句を検索するには、 Contents または Index をクリックし、 Find タブをクリックして、Find Setup Wizard ウィンドウの手順を実行します。

ACM の手順

ACM の使用手順については、 Aironet Client Monitor(ACM)の使用方法を参照してください。

クライアント アダプタの再起動

ACU では、コンピュータのリブートやアダプタの取り出し/再挿入を行うことなく、クライアント アダプタを再初期化(つまり再起動)できます。たとえば、クライアント アダプタのスループットが低い場合に、アダプタを再起動することによって現在のアクセス ポイントとのアソシエーションを強制的に解除し、信号の強い別のアクセス ポイントとの再アソシエーションを試みることができます。


) クライアント アダプタを再起動すると、無線ネットワーク接続が失われることがあります。


クライアント アダプタを再起動する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 ACU を開きます。

ステップ 2 Commands ドロップダウン メニューから Restart Card オプションを選択します(図 9-6 を参照)。

ステップ 3 選択内容を確認するプロンプトが表示されたら、Yes をクリックします。ドライバによってクライアント アダプタの無線が停止し、パラメータ設定が変更されていなくても設定が書き込まれた後、無線が再起動します。ACU 画面の下部にあるステータス バーに、クライアント アダプタのアソシエーションが失われ、再アソシエートされたことが表示されます。


 

クライアント アダプタの無線のオン/オフ

クライアント アダプタの無線は、オンとオフを切り替えることができます。 無線をオフにすると、アダプタの RF エネルギーの放出を防げます。クライアント アダプタの無線は次のような状況でオフにします。

データを送信していないときに、バッテリ電源を節約する。

EAP-SIM 認証が透過的に発生するように設定されている状態(SIM カードがリーダーに差し込まれたままで、PIN がコンピュータに保存されている状態)で、クライアントが認証を実行できるエリアに入ったときに、エアタイムに課金されないようにする。

飛行機内でラップトップ PC を使用しているときに、アダプタの送信が特定のデバイスの動作に干渉することを防止する。

無線がオンの間は、アクセス ポイントにアソシエートされていなくても、定期的にプローブが送信されます。これは、802.11 規格で要求されている動作です。したがって、RF 妨害を受けやすいデバイスの周囲では、無線をオフにしておくことが重要です。


) 無線がオフの間は、クライアント アダプタはアソシエートされません。



) コンピュータをスタンバイ モードまたは休止モードにする前、またはコンピュータをリブートする前に、クライアント アダプタの無線をオフにした場合、コンピュータが通常動作に復帰しても無線はオフのままです。無線をオンに戻して動作を再開させる必要があります。


ACU または ACM を使用してクライアント アダプタの無線をオンまたはオフにすることができます。 ACU の使用方法については下記の手順を、また ACM の使用方法については「Turn Radio On/Off」を参照してください。

クライアント アダプタの無線がオンの場合は、ACU を起動して、Commands ドロップダウン メニューから Turn Radio Off を選択すると(図 9-6 を参照)無線がオフになります。ACU 画面の下部にあるステータス バーに、無線がオフに切り替わったことが表示されます。

クライアント アダプタの無線がオフの場合は、ACU を起動して、Commands ドロップダウン メニューから Turn Radio On を選択すると(図 9-6 を参照)無線がオンになります。

Quiet モードのオンとオフの切り替え

クライアント アダプタの Quiet モード機能はオンとオフを切り替えることができます。Quiet モード機能は、Install Wizard バージョン 1.3 以降に含まれるソフトウェアで利用できます。これをオンにすることにより、クライアントがアソシエートしているアクセス ポイントがオフになると、そのクライアントは Quiet モードで動作する(パッシブにスキャンまたはリスンする)ようになります。Queit モードでは、クライアントはアクセス ポイント送信に直接応答する際のみ、無線周波エネルギーを生成します。アクセス ポイントがオンに戻ると、ビーコンの送信が開始されます。クライアントは、それを検知して応答できます。

Quiet モードがオンの場合、これを無効にするには、ACU を開いて Commands ドロップダウン メニュー(図 9-6 を参照)から Turn Quiet Mode Off を選択します。

Quiet モードがオフの場合、これを有効にするには、ACU を開いて Commands ドロップダウン メニュー(図 9-6 を参照)から Turn Quiet Mode On を選択します。


) Quiet モード機能は、プロファイルではなくカード別に適用されます。設定内容はカードごとに異なることがあります。また、別の ACU セッションになったり、コンピュータがリブートされたりしても同じ設定が有効なまま維持されます。