Cisco Aironet ワイヤレス LAN クライアント アダプタ インストレーション コンフィギュレーション ガイドWindows 版
Cisco Aironet Client Monitor(ACM) の使い方
Cisco Aironet Client Monitor(ACM)の使い方
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco Aironet Client Monitor(ACM)の使い方

ACM の概要

[ACM]アイコン

[Tool Tip]ウィンドウ

ポップアップ メニュー

[About]

終了

Launch Aironet Client Utility

Troubleshooting

[Preferences]

Turn Radio On/Off

[Reauthenticate]

[Select Profile]

Show Connection Status

Cisco Aironet Client Monitor(ACM)の使い方

この章では、Aironet Client Monitor(ACM)を使用してクライアント アダプタに関するステータス情報にアクセスし、基本的な作業を実行する手順を説明します。

この章では、次の項目について説明します。

「ACM の概要」

「[ACM]アイコン」

「[Tool Tip]ウィンドウ」

「ポップアップ メニュー」

ACM の概要

ACM は ACU を通じて使用できる機能の一部を構成するオプション アプリケーションです。 特に ACM を使用すると、クライアント アダプタに関するステータス情報にアクセスし、基本的な作業を実行できます。 ACM には Windows システム トレイのアイコンからアクセスできるため、アクセスしやすく使いやすくなっています。

ACM のアイコンは、クライアント アダプタがコンピュータにインストールされ、インストールの間に ACM を無効にしていない場合に表示されます。 複数のクライアント アダプタがインストールされている場合、各アダプタのシステム トレイに ACM アイコンが表示されます。

ACM は次の方法で情報とオプションを提供します。

アイコン自体の表示で

カーソルをアイコンの上に置いたときに表示されるツール チップ ウィンドウを通じて

アイコンを右クリックしたときに表示されるポップアップ メニューを通じて

[ACM]アイコン

[ACM]アイコンの外観は、クライアント アダプタの接続ステータスを表します。 ACM はクライアント アダプタのステータスを読み込み、2 秒おきにアイコンを更新します。 表 8-1 に[ACM]アイコンのそれぞれの外観の意味を示します。


) Windows 98、98 SE、2000、XP は、システム トレイに独自のワイヤレス ネットワーク接続のステータス アイコンを表示する場合があります。 Windows のアイコンをオフにして、[ACM]アイコンからワイヤレス接続を監視することをお勧めします。


 

表 8-1 [ACM]アイコンの意味

アイコン
説明

 

無線がオフになっている。

 

アクセス ポイントに結合されている。

 

アクセス ポイントに結合されているが、ユーザが認証されていない。

 

アクセス ポイントに結合され、リンクの品質は非常に良い、または良いである。

 

アクセス ポイントに結合され、リンクの品質は普通である。

 

アクセス ポイントに結合され、リンクの品質は弱い。

[Tool Tip]ウィンドウ

[ACM]アイコンの上にカーソルを置くと、[Tool Tip]ウィンドウが表示されます(図 8-1を参照)。

図 8-1 [Tool Tip]ウィンドウ

 

ウィンドウにクライアント アダプタの現在のステータス情報が示されます。 表 8-2 に[Tool Tip]ウィンドウの各要素と説明を示しています。

 

表 8-2 [Tool Tip]ウィンドウの要素

ステータス要素
説明

アクティブなプロファイル

お使いのクライアント アダプタが現在使用しているネットワーク設定(またはプロファイル)。


) 自動プロファイル設定が有効になっている場合、Auto の前にプロ
ファイル名が表示されます。



) ACU 以外のアプリケーションを使用してクライアント アダプタを設定している場合は、[Other Configuration Application]が表示されます。


 

SSID

クライアント アダプタが現在結合しているネットワークの名前。


) クライアント アダプタの SSID の設定手順については、表 5-2 の[SSID1]パラメータを参照してください。


 

接続ステータス

クライアント アダプタの動作モード。

値: [Radio Off]、[Not Associated]、[Associated]、[Authenticating]、
[Authenticated]、[Authentication Failed]

接続のステータス
説明

Radio Off

無線がオフになっている。

Not Associated

アクセス ポイントとの接続を設定していない。

結合

アクセス ポイントとの接続を設定している。

Authenticating

アクセス ポイントに結合され、認証プロセスが開始したが、まだ成功していない。

Authenticated

アクセス ポイントに結合され、ユーザが認証されている。

Authentication Failed

アクセス ポイントに結合されているが、ユーザの認証に失敗した。


) このステータスは表示されてすぐに消えるか、認証の失敗により最終的にクライアント アダプタの接続が解除される場合があります。この場合ステータスは「Not Associated」と表示されます。


 

リンクの品質

クライアント アダプタがアクセス ポイントと通信する能力。これは、アダプタの信号強度と信号品質の両方の結果によって決まります。

値: [Excellent]、[Good]、[Fair]、[Poor]

リンク速度

クライアント アダプタが現在データ パケットの送信に使用している速度。

値: 1、2、5.5、または 11Mbps(2.4GHz クライアント アダプタ)、
6、9、12、18、24、36、48、または 54 Mbps(5GHz クライアント アダプタ)

クライアント アダプタのタイプ

クライアント アダプタについての記述。

クライアント アダプタの IP アドレス

クライアント アダプタの IP アドレス。

ポップアップ メニュー

[ACM]アイコンを右クリックすると、[ACM]ポップアップ メニューが表示されます(図 8-2を参照)

図 8-2 [ACM]ポップアップ メニュー

 

次の項に[ACM]ポップアップ メニューの各オプションを説明します。


) [Aironet Client Monitor Preferences]画面を使用している場合、またはシステム管理者が管理ツールを使って特定の[ACM]メニューのオプション無効にしている場合、次のオプションはメニューに表示されず、選択できない場合があります。


[About]

このオプションを選択すると、[About]画面が表示されます(図 8-3を参照)。

図 8-3 ACM[About]画面

 

[About]画面にはコンピュータで動作中の ACM のバージョンが表示され、この画面からオンライン ヘルプにアクセスできます。 オンライン ヘルプにアクセスするには、[Help]ボタンをクリックします。 ACM の概要が表示されます。

終了

このオプションはすべてのクライアント アダプタで ACM を終了します。


) ACM を再度有効にするには、Windows エクスプローラを使用して ACM ソフトウェアがインストールされているパスを探します。 (デフォルトの場所は :C:\Program Files\Cisco Systems\Aironet Client Monitor です。) ACUMon.exe をダブルクリックします。


Launch Aironet Client Utility

ACU を起動します。 ACU がインストールされている場合にのみ使用できます。 Windows システム トレイに複数の[ACM]アイコンが表示される場合、ACU は起動に使われたアイコンに関連するクライアント アダプタを使用するように自動的に初期化されます。

Troubleshooting

[Cisco Wireless LAN Adapter Troubleshooting Utility]を起動し、クライアント アダプタでの設定および結合の問題を特定し、解決できるようにします。 このユーティリティの使い方の詳細については、「トラブルシューティング ユーティリティの使い方」を参照してください。

[Preferences]

このオプションを選択すると、[Aironet Client Monitor Preferences]画面が表示されます(図 8-4を参照)。

図 8-4 [Aironet Client Monitor Preferences]画面

 

この画面を使用すると、ACM の実行時間を指定し、ACM ポップアップ メニューに表示されるオプションを選択できます。 選択項目は、ACM のすべてのインスタンスに適用されます。 たとえば、[Troubleshooting]オプションの選択を解除すると、ACM アイコンのポップアップ メニューに表示されません。

選択する手順は次のとおりです。


ステップ 1 Windows が起動したときに ACM が自動的に実行されるようにするには、[Run the program
automatically when Windows starts]チェック ボックスが選択されていることを確認します。 それ以外の場合、このチェック ボックスの選択を外します。


) このオプションを選択せず、後で ACM を稼働したい場合は、Windows エクスプローラを使用して ACM ソフトウェアがインストールされているパスを探す必要があります。 (デフォルトの場所は :C:\Program Files\Cisco Systems\Aironet Client Monitor です。) ACUMon.exe をダブルクリックします。


ステップ 2 画面の[Menu Options]部分で、ACM ポップアップ メニューに表示するオプションのチェック ボックスがすべて選択されていることを確認します。 選択されていないオプションは、メニューに表示されません。


) [Preferences]オプションは選択解除できません。 これは常に ACM ポップアップ メニューに表示されます。


ステップ 3 [OK]をクリックして、変更を保存します。


 

Turn Radio On/Off

このオプションを使用すると、クライアント アダプタの無線のオンとオフを切り替えることができます。 無線をオフにすると、アダプタの RF エネルギーの放出を防ぎます。 クライアント アダプタの無線は次のような状況でオフにします。

データを送信していないときに、バッテリ電源を節約する。

EAP-SIM 認証が透過的に発生するように設定し(SIM カードはリーダー内に残され、PIN はコンピュータに保存されます)、クライアントが認証を実行できるエリアに入ったときに、エアタイムに課金されないようにする。

飛行機でラップトップ PC を使用しているときに、アダプタの送信が特定のデバイスの動作に干渉するのを防ぐ場合。

無線がオンの間は、アクセス ポイントに結合されていなくても、定期的にプローブが送信されます。これは、802.11 規格で要求されている動作です。 したがって、RF 干渉を受けやすいデバイスの周囲では、無線をオフにしておくことが重要です。


) 無線がオフの間は、クライアント アダプタは結合されません。



) クライアント アダプタの無線を、コンピュータがスタンバイ モードまたは休止モードを開始する前に、またはコンピュータをリブートする前にオフにした場合、コンピュータが再開したときにオフのままです。 無線をオンに戻して動作を再開させる必要があります。


無線がオンの場合、[Turn Radio Off]を選択して無線をオフにします。

無線がオフの場合、[Turn Radio On]を選択して無線をオンにします。

[Reauthenticate]

クライアント アダプタが現在のプロファイルで使用されている名前とパスワードを使用して再認証を試みるように指定します。

クライアント アダプタが指定されたユーザ名とパスワードを使用して認証できない場合、リトライ制限を超えてしまうと(たとえば、LEAP はシステムからロックアウトされないように 1 度しか試みません)、ユーザ名またはパスワードを変更するか、コンピュータをリブートするか、クライアント アダプタを取り出し、再挿入するか、あるいは[Reauthenticate]オプションを選択するまで現在のプロファイルは無効です。

[Select Profile]

クライアント アダプタで有効なプロファイルを選択できます。


) EAP-TLS、PEAP、および EAP-SIM がオペレーティング システムで有効になっているため、単に ACM でプロファイルを切り替えてもこれらの認証タイプを切り替えることはできません。 ホストベースの EAP を使用するプロファイルを ACM で選択できますが、Windows で特定の認証タイプを有効にしなければなりません(Windows で Microsoft 802.1X サプリカントを使用していることが条件です)。 また Windows に 1 度に設定できるのは 1 つの認証タイプのみです。このため、Host-Based EAP を使用する複数のプロファイルが ACM にあり、別の認証タイプを使用する場合は、ACM でプロファイルを切り替えた後で Windows で認証タイプを変更する必要があります。


ACM ポップアップ メニューから[Select Profile]を選択すると、プロファイルのサブメニューが表示されます(図 8-5を参照)。

図 8-5 プロファイル サブメニュー

 

このメニューから次のオプションから選択できます。

[Use Other Configuration Application]:ACU 以外のアプリケーションがクライアント アダプタを設定できます。 そのようなアプリケーションの例には、Windows XP および Boingo があります。

[Use Auto Profile Selection]:プロファイルは、自動プロファイル選択に含まれるように ACU で設定されているプロファイル リストから、クライアント アダプタのドライバにより自動的に選択されます。

クライアント アダプタの結合が 10 秒間を上回って(LEAP が有効な場合は、[LEAP Settings]画面で LEAP 認証タイムアウト値によって指定された時間を超えて)失われた場合、ドライバは自動プロファイル選択に含まれている別のプロファイルに自動的に切り替えます。 アダプタは、アクセス ポイントとの結合を維持している間、または 10 秒以内(または LEAP 認証タイムアウト値によって指定された時間内)に再結合した場合は、プロファイルを切り替えません。 クライアント アダプタを強制的に別のアクセス ポイントに結合するには、新たなプロファイルを選択する必要があります。


) このオプションが使用できるのは、自動プロファイル選択に複数のプロファイルが含まれている場合です。



) 自動プロファイル選択を LEAP とともに使用する場合は、ログイン スクリプトは信頼性に欠けます。 コンピュータにログインする前またはそれと同時に LEAP 認証を実行し、完全なネットワーク接続性を取得する場合には、ログイン スクリプトが実行されます。 しかし、コンピュータにログインした後に LEAP 認証を実行し、完全なネットワーク接続性を取得する場合には、ログイン スクリプトは実行されません。


[A specific profile]:使用可能なプロファイルのリストからプロファイルを選択すると、クライアント アダプタはそのプロファイルに設定されているパラメータを使用してアクセス ポイントとの接続を設定しようとします。

選択済みのプロファイルを使用中に、アクセス ポイントへの結合に失敗したり、結合が失われた場合でも、クライアント アダプタは別のプロファイルによる結合の試行を行いません。 結合するには、別のプロファイルを選択するか、[Use Auto Profile Selection]を選択する必要があります。

必要なプロファイルをクリックすると選択できます。 プロファイルの横にチェック マークが表示され、クライアント アダプタは選択されたプロファイルで接続を設定しようと試みます。

Show Connection Status

このオプションを選択すると、[Connections Status]画面が表示されます(図 8-6を参照)。

図 8-6 [Connection Status]画面

 

この画面にはクライアント アダプタの現在のステータスに関する情報が示されます。 表 8-3 に[Connections Status]画面の各要素の意味を示します。


) [Connections Status]画面にアクセスする場合は、[ACM]アイコンをダブルクリックします。


 

表 8-3 [Connection Status]画面の要素

ステータス要素
説明

Active Profile

お使いのクライアント アダプタが現在使用しているネットワーク設定(またはプロファイル)。

Auto Profile Selection

クライアント アダプタが自動プロファイル選択を使用しているかどうかを示します。

値: [Enabled]または[Disabled]

Other Configuration Application

ACU 以外のアプリケーションがクライアント アダプタの設定に使用されているかどうかを示します。

値: [Enabled]または[Disabled]

接続のステータス

クライアント アダプタの動作モード。

値: [Radio Off]、[Not Associated]、[Associated]、[Authenticating]、
[Authenticated]、[Authentication Failed]

接続のステータス
説明

Radio Off

無線がオフになっている。

Not Associated

アクセス ポイントとの接続を設定していない。

結合

アクセス ポイントとの接続を設定している。

Authenticating

アクセス ポイントに結合され、認証プロセスが開始したが、まだ成功していない。

Authenticated

アクセス ポイントに結合され、ユーザが認証されている。

Authentication
Failed

アクセス ポイントに結合されているが、ユーザの認証に失敗した。


) このステータスは表示されてすぐに消えるか、認証の失敗により最終的にクライアント アダプタの接続が解除される場合があります。この場合ステータスは「Not Associated」と表示されます。


 

リンクの品質

クライアント アダプタがアクセス ポイントと通信する能力。これは、アダプタの信号強度と信号品質の両方の結果によって決まります。

値: [Excellent]、[Good]、[Fair]、[Poor]

SSID

クライアント アダプタが現在結合しているネットワークの名前。


) クライアント アダプタの SSID の設定手順については、表 5-2 の[SSID1]パラメータを参照してください。


 

Access Point Name

クライアント アダプタが結合しているアクセス ポイントの名前。 このフィールドが表示されるのは、クライアント アダプタがインフラストラクチャ モードで動作し、アクセス ポイントに名前が設定され、[Aironet Extensions]が有効になっている場合のみです(アクセス ポイントでは Cisco IOS リリース 12.2(4)JA 以上が実行されていること)。

Access Point IP Address

クライアント アダプタが結合されているアクセス ポイントの IP アドレス。 このフィールドが表示されるのは、クライアント アダプタがインフラストラクチャ モードで動作し、アクセス ポイントに IP アドレスが設定され、[Aironet Extensions]が有効になっている場合のみです(アクセス ポイントでは Cisco IOS リリース 12.2(4)JA 以上が実行されていること)。


) [Aironet Extensions]が無効になっている場合、結合したアクセス ポイントの IP アドレスは 0.0.0.0 のように表示されます。


 

Link Speed

クライアント アダプタが現在データ パケットの送信に使用している速度。

値: 1、2、5.5、または 11Mbps(2.4GHz クライアント アダプタ)、
6、9、12、18、24、36、48、または 54 Mbps(5GHz クライアント アダプタ)

Client Adapter IP Address

クライアント アダプタのIP アドレス。