Cisco Aironet 350 シリーズ ワイヤレス LAN クライアント アダプタ インストレーション コンフィギュレーション ガイド Windows CE 版 Software Release 2.60
クライアント アダプタ のインストール
クライアント アダプタのインストール
発行日;2012/02/05 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

クライアント アダプタのインストール

Windows CE バージョンの確認

ドライバとクライアント ユーティリティのインストール

インストールの確認

クライアント アダプタの設定方式の決定(Windows CE .NET の場合)

クライアント アダプタのインストール

この章では、クライアント アダプタのドライバおよびクライアント ユーティリティをインストールする手順について説明します。

この章では、次の項目について説明します。

「Windows CE バージョンの確認」

「ドライバとクライアント ユーティリティのインストール」

「インストールの確認」

「クライアント アダプタの設定方式の決定(Windows CE .NET の場合)」

Windows CE バージョンの確認

クライアント アダプタ ドライバおよびユーティリティのインストール中に表示されるメッセージは(クライアント ユーティリティ ウィンドウと同様に)、使用する Windows CE デバイスによって異なります。デバイスが使用している Windows CE バージョンを確認する手順は、次のとおりです。

ご使用の Windows CE デバイスが Pocket PC(PPC)デバイスの場合、Start > Settings >System タブ > About の順にタップします。Windows CE のバージョンが表示されます。


) バージョンが 4.20.xx の場合、デバイスは PPC 2003 です。バージョンが 3.00.xx の場合は、ビルド番号を確認する必要があります。ビルド番号が 11178 より小さい場合は PPC 2000、それ以外の場合は PPC 2002 です。


ご使用の Windows CE デバイスが Handheld PC(HPC)デバイスの場合、 Start > Settings > Control Panel > System > System タブの順にタップします。core system version は、デバイスが実行している Windows CE のバージョンを示します(3.0 など)。

ご使用の Windows CE デバイスが CE .NET デバイスの場合、Start > Settings > Control Panel >
System の順にタップします。General タブの System の下に Windows CE のバージョンが表示されます。

ドライバとクライアント ユーティリティのインストール

WinCE-PCMCIA-LMC-v260.exe ファイルは自己解凍型の zip ファイルで、ドライバとクライアント ユーティリティ(バージョン 2.60)のインストールに必要なすべてのファイルが解凍されます。このファイルから解凍される主なインストール ユーティリティは、ceInstall.exe です。

クライアント アダプタのドライバとクライアント ユーティリティをインストールする手順は、次のとおりです。


) この手順は、Windows CE デバイスにドライバおよびクライアント ユーティリティを最初にインストールするときに使用するものです。Cisco Aironet クライアント アダプタが既に Windows CE デバイスにインストールされている場合は、 慣例手順の手順に従って最初に既存のソフトウェアをアンインストールしてから、ここに記載する手順に従って新しいソフトウェアにアップグレードします。



) クライアント アダプタ ドライバおよびユーティリティ バージョン 2.60 には、ファームウェア バージョン 5.60.08 の使用をお勧めします。 慣例手順で、クライアント アダプタのファームウェアのバージョンを確認し、必要に応じてアップグレードする方法について説明します。



) クライアント アダプタ ドライバおよびユーティリティ バージョン 2.60 は、Cisco Aironet 340 シリーズ クライアント アダプタでの使用をサポートしていません。



) クライアント アダプタを Windows CE デバイスに挿入する前に、ドライバとクライアント ユーティリティをインストールする必要があります。



) クライアント アダプタ ドライバおよびユーティリティ バージョン 2.60 は、Cisco Aironet クライアント アダプタとともに出荷された CD ではまだ利用できません。古いバージョンのクライアント アダプタとユーティリティをインストールする場合、このマニュアルの旧バージョンを参照して、インストール、設定、操作手順を確認してください。



ステップ 1 Microsoft ActiveSync が動作しているラップトップまたは PC に Windows CE デバイスを接続します。通常、シリアルまたは USB ケーブルを使って接続します。

Windows CE デバイス上に、ホストに接続中であることを示すメッセージが表示されます。Windows CE デバイスが接続されると、New Partnership ウィンドウがラップトップまたは PC に表示されます。このウィンドウで、パートナーシップを設定するかどうかを尋ねられます。


) ActiveSync の最新バージョンをインストールすることをお勧めします。


ステップ 2 次のいずれかを実行します。

ラップトップまたは PC と Windows CE デバイス間でのファイルの同期を可能にするパートナーシップを確立する場合、Yes を選択して Next をクリックします。そして、ウィンドウ上の指示に従って同期するファイルを指定し、パートナシップの設定を完了します。

ファイルを同期せず、「guest」として接続する場合は、No を選択し、Next をクリックします。guest として接続したことがウィンドウに表示されます。

ステップ 3 ラップトップまたは PC の Web ブラウザを使用して次の URL にアクセスします。

http://www.cisco.com/public/sw-center/sw-wireless.shtml

ステップ 4 Option #2: Aironet Wireless Software Display Tables を選択します。


) Display Tables 以外に Software Selector ツールを使用してソフトウェアをダウンロードすることもできます。そのためには、Option #1: Aironet Wireless Software Selector を選択し、ウィンドウの指示に従い、ステップ 9 に進みます。


ステップ 5 Cisco Aironet Wireless LAN Client Adapters をクリックします。

ステップ 6 Windows CE クライアント アダプタのドライバとユーティリティのセクションを探します。

ステップ 7 デバイスのオペレーティング システムに応じて、Windows CE 3.0 か Windows CE .NET のリンクをクリックします。

ステップ 8 WinCE-PCMCIA-LMC-v260.exe ファイルをクリックします。

ステップ 9 暗号認証フォームに入力し、ソフトウェア使用許諾契約の条項を読み、同意します。

ステップ 10 WinCE-PCMCIA-LMC-v260.exe ファイルを再度クリックし、ダウンロードします。

ステップ 11 ファイルをラップトップ または PC のハード ドライブに保存します。

ステップ 12 Windows エクスプローラを使用してファイルを探し、それをダブル クリックして、ファイルをフォルダ内に解凍します。


) 解凍したすべてのファイルは、必ず 1 つのフォルダに入れてください。これらのファイルを別々の場所に移すと、ソフトウェアが正常に動作しなくなる可能性があります。


ステップ 13 ceInstall.exe ファイルをダブルクリックします。

ステップ 14 PPC 2002 デバイスを使用している場合、Install 802.1X Support ウィンドウが表示されます。EAP-TLS または PEAP 認証を使用する場合は、Yes をクリックします。それ以外の場合は、No をクリックします。


) Yes を選択すると、802.1X セキュリティにサポートを提供する、PPC 2002 802.1X バックポートがインストールされます。バックポートは、基盤の Windows CE オペレーティング システムの一部となるため、アンインストールできません。


ステップ 15 PPC 2002、PPC 2003、または Windows CE .NET 4.2 デバイスを使用している場合、Cisco PEAP ウィンドウが表示されます。Cisco PEAP 認証を使用する場合は、Install Cisco PEAP Support チェックボックスがオンになっていることを確認し、Next をクリックします。それ以外の場合は、Install Cisco PEAP Support チェックボックスをオフにし、Next をクリックします。


) Cisco PEAP サプリカントをインストールし、後になって Microsoft PEAP サプリカントを使用する必要が生じた場合は、Windows CE デバイスをデフォルトに戻し、クライアント アダプタ ソフトウェアを再インストールする必要があります。


ステップ 16 PPC 2002 デバイスに 802.1X バックポートをインストールした場合、インストールの完了時にデバイスをリセットしなければならないことを伝えるメッセージが表示されます。OK をクリックします。

ステップ 17 PPC 2002 デバイスを使用していない場合、Cisco Aironet Wireless LAN Adapter Setup ウィンドウが表示されます。Next をクリックし、ActiveSync とともにインストールされた Windows CE Application
Manager(CeAppMgr)を起動します。CeAppMgr は、Windows CE デバイスに問い合わせてプラットフォームのタイプを調べます。


) もし、Windows CE デバイスがラップトップまたは PC に(ステップ 1のとおり)接続されていない場合は、Exit をクリックしてセットアップ プログラムを終了してから、Windows CE デバイスを接続するか、Next をクリックしてインストールを続行してください。Exit を選択したときは、OK をクリックして CeAppMgr をシャットダウンし、ステップ 1からやり直します。Next を選択したときは、モバイル デバイスが次に接続されたときに、ソフトウェアをダウンロードすることを示すメッセージが表示されます。OK をクリックします。Windows CE デバイスが ActiveSync を介してラップトップまたは PC に接続されると、CeAppMgr が自動的に起動し、ソフトウェアのインストールを求めるプロンプトが表示されます。


ステップ 18 Installing Applications ダイアログボックスで、デフォルトのアプリケーション インストール ディレクトリにクライアント アダプタをインストールするかどうかを尋ねられたら、Yes をクリックします。デフォルトのディレクトリは、PPC デバイスでは ¥Windows¥Start Menu¥Programs¥Cisco、HPC および Windows CE .NET デバイスでは ¥Windows¥Programs¥Cisco です。

クライアント アダプタ(および、PPC 2002 デバイスを使用している場合は 802.1X バックポート)をインストール中であることを示す、メッセージと進捗バーが表示されます。

ドライバとヘルプ ファイルは ¥Windows ディレクトリにコピーされ、クライアント ユーティリティは、PPC デバイスでは ¥Windows¥Start Menu¥¥Programs¥Cisco ディレクトリ、HPC および Windows CE .NET デバイスでは ¥Windows¥Programs¥Cisco ディレクトリにインストールされます。HPC および Windows CE .NET デバイスでは、ACU と WLM へのショートカットが自動的にデスクトップに追加されます。

ステップ 19 ラップトップまたは PC 上でインストール プロセスが完了すると、インストールの完了にさらに別の手順が必要かどうかを確認するため、Windows CE デバイスのウィンドウを表示するよう求めるメッセージが表示されます。OK をクリックし、ラップトップまたは PC 上でのインストール プロセスを終了します。

ステップ 20 Windows CE デバイス上で必要な手順を完了します。

ステップ 21 Windows CE デバイスの接続を解除します。

ステップ 22 PPC 2002 デバイス を使用中で、802.1X バックポートをインストールした場合、Windows CE デバイスをすぐにリセットしてください(インストール後のリセットが必要なことは、すでに通知されています)。

ステップ 23 クライアント アダプタを Windows CE デバイスの PC カード スロットに挿入します。クライアント アダプタの具体的な挿入手順については、 慣例手順を参照してください。

Windows CE デバイスがクライアント アダプタを設定します。アダプタ上の緑色の LED が点滅します。緑色の LED が点滅しない場合は、クライアント アダプタを取り外し、Windows CE デバイスをリセットし、クライアント アダプタを再挿入してください。

ステップ 24 Cisco Wireless LAN Adapter Settings ダイアログボックスが表示されます。このダイアログ ボックスが表示されない場合は、次のいずれかを実行します。

PPC 2003 の場合、 Start > Settings > Connections タブ > Connections > Advanced > Network Card > Cisco Wireless LAN Adapter の順にタップします。

PPC 2002 デバイスの場合、 Start > Settings >Connections タブ > Network Adapters > Cisco
Wireless LAN Adapter > Properties の順にタップします。

HPC デバイスでは、 Start > Settings > Control Panel > Network > Adapters タブ > Cisco Wireless LAN Adapter > Properties の順にタップします。

Windows CE .NET デバイスでは、 Start > Settings > Network and Dial-up Connections > Cisco Wireless LAN Client Adapter アイコンの順にタップします。

ステップ 25 次のいずれかを実行します。

デバイスが DHCP サーバに接続されている場合は、Obtain an IP address via DHCP または Use server-assigned IP address を選択し、OK をタップします。

デバイスが DHCP サーバに接続されていない場合は、Specify an IP address または Use specific IP address を選択し、次の手順に従います。

a. デバイスに割り当てる IP アドレス、サブネット マスク、デフォルト ゲートウェイを入力します。これらは、システム管理者から入手できます。

b. Name Servers タブを選択し、デバイスに割り当てるプライマリおよびセカンダリの DNS および WINS を入力します。これらは、システム管理者から入手できます。

c. OK をタップします。

ステップ 26 これで、ドライバとクライアント ユーティリティのインストールが完了しました。次の「インストールの確認」に進んで、インストールが成功したかどうかを確認します。


 

インストールの確認

ドライバとクライアント ユーティリティを正しくインストールしたことを確認するには、クライアント アダプタの LED を確認します。インストールに成功すると、クライアント アダプタの緑色の LED が点滅します。


) 正しくインストールされていなかったり、ドライバのインストール中またはインストール後に問題が発生した場合は、 トラブルシューティングのトラブルシューティング情報を参照してください。


これでクライアント アダプタが正しくインストールされました。デバイスで Windows CE .NET が動作している場合を除き、 プロファイル マネージャの使用方法に進み、クライアント アダプタにプロファイルを作成します。デバイスで Windows CE .NET が動作している場合は、「クライアント アダプタの設定方式の決定(Windows CE .NET の場合)」に進んでください。

クライアント アダプタの設定方式の決定(Windows CE .NET の場合)

Windows CE .NET は、ACU を使用しないでクライアント アダプタを設定できる唯一の Windows CE オペレーティング システムです。したがって、デバイスで Windows CE .NET を実行している場合、オペレーティング システムと ACU のどちらを使用してクライアント アダプタを設定するか決定する必要があります。 表3-1 で、Windows CE .NET と ACU のクライアント アダプタ関連の機能を比較しているので参考にしてください。

 

表3-1 Windows CE .NET と ACU のクライアント アダプタ関連機能の比較

機能
Windows CE .NET
ACU

設定パラメータ

限定的

豊富

機能

プロファイルの作成

あり

あり

無線ファームウェアのアップグレード

なし

あり

セキュリティ

静的な WEP

あり

あり

LEAP 認証と動的な WEP

なし

あり

LEAP 認証と WEP

なし

あり(Windows CE .NET 4.2 デバイス上)

EAP-FAST 認証と動的な WEP

なし

あり

EAP-FAST 認証と WPA

なし

あり(Windows CE .NET 4.2 デバイス上)

EAP-TLS 認証と動的な WEP

あり(Windows CE .NET 4.2 デバイス上)

あり(PPC 2002
デバイス上)

PEAP 認証と動的な WEP

あり(Windows CE .NET 4.2 デバイス上)

あり(PPC 2002
デバイス上)

診断

ステータス ウィンドウ

限定的

豊富

統計ウィンドウ(送受信)

なし

あり

サイト調査ツール

なし

あり

次のいずれかを実行します。

クライアント アダプタを Windows CE .NET ではなく ACU で設定し、PPC 2003 デバイスを使用している場合、 プロファイル マネージャの使用方法 クライアント アダプタの設定の手順に従い、ACU でクライアント アダプタを設定します。

クライアント アダプタを Windows CE .NET ではなく ACU で設定しており、PPC 2003 以外のデバイスを使用している場合、次の手順に従います。

a. Start > Settings > Network and Dial-up Connections > Cisco Wireless LAN Client Adapter アイコン > Wireless Networks タブの順にタップします。

b. Use Windows to configure my wireless network settings チェックボックスをオフにします。

c. プロファイル マネージャの使用方法および クライアント アダプタの設定の手順に従い、ACU を使用してクライアント アダプタを設定します。

クライアント アダプタを ACU ではなく Windows CE .NET で設定する場合は、 Windows CE .NET でのクライアント アダプタの設定を参照して、その手順に従います。

クライアント アダプタを Windows CE .NET で設定し、ACU の診断ツールを使用する場合は、 Windows CE .NET でのクライアント アダプタの設定を参照して Windows CE .NET でアダプタを設定してから、 診断の実行の手順に従って ACU の診断ツールを使用します。