Cisco Aironet ワイヤレス LAN クライアント アダプタ インストレーション コンフィギュレーション ガイド Windows CE 版
プロファイル マネージャーの使用方法
プロファイル マネージャーの使用方法
発行日;2012/02/03 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

プロファイル マネージャーの使用方法

プロファイル マネージャーの概要

プロファイル マネージャーの開始

プロファイルの新規作成

アクティブ プロファイルの選択

プロファイルの修正

プロファイルの編集

プロファイルの名称変更

プロファイルの削除

プロファイル マネージャーの使用方法

この章では、ACU のプロファイル マネージャー機能を使用してクライアント アダプタのプロファイルを作成および管理する方法について説明します。

この章では、次の項目について説明します。

「プロファイル マネージャーの概要」

「プロファイル マネージャーの開始」

「プロファイルの新規作成」

「アクティブ プロファイルの選択」

「プロファイルの修正」

プロファイル マネージャーの概要

ACU のプロファイル マネージャー機能を使用することで、クライアント アダプタに対して最大 8 個のプロファイル(または保存済みの設定パラメータをグループ化し名前を付けたもの)を作成し、管理できます。 これらのプロファイルを使用すると、異なる設定情報が必要なさまざまな場所でクライアント アダプタを使用できます。 たとえば、クライアント アダプタを会社、自宅、および空港などの公共エリアで使用できるようにプロファイルを設定できます。 プロファイルを作成しておけば、それらを簡単に切り替えることができるので、新たな場所に行くたびにクライアント アダプタを設定し直す必要がありません。

プロファイルは Windows CE デバイスのレジストリに保存されます。 プロファイルは、Windows CE デバイスが初期値に設定される(ハード リセット)か、プライマリとバックアップの両方のバッテリがなくなるまで維持されます。

プロファイル マネージャーの開始

ACU のプロファイル マネージャを開始する場合は、デスクトップの ACU アイコンをダブルクリックするか、[Start]>[Programs]>[Cisco]>[ ACU] を選択します。[Profiles]画面が表示されます(図 4-1)。

図 4-1 [Profiles]画面

 

プロファイル マネージャーを使用すると、プロファイルの管理に関連する次のタスクを実行できます。

プロファイルの新規作成(プロファイルの新規作成

アクティブ プロファイルの選択(アクティブ プロファイルの選択

プロファイルの編集(プロファイルの編集

プロファイルの名称変更(プロファイルの名称変更

プロファイルの削除(プロファイルの削除 を参照)

上記のページを参照して、必要なタスクを実行してください。

プロファイルの新規作成

プロファイルを新規作成する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 [Profiles]画面の[Add]ボタンをクリックします。[Manage Profiles]ボックスに新規プロファイル Profilex(x はプロファイルの番号)が表示されます。

ステップ 2 プロファイル名を Profile x から各自で選択した名前に変更する場合(Office、Home など)、ここで名前を入力します。


) 最大 80 文字入力できますが、画面のサイズに制限があるため、プロファイル名を長くするとすべて表示されなくなる場合があります。


ステップ 3 次のいずれかを実行します。

このプロファイルの値にデフォルト値を使用する場合は、画面の空白部分をクリックします。[Manage Profiles]ボックスのプロファイルのリストに、プロファイルが追加されます。

設定パラメータの設定を変更する場合は、[Edit]ボタンをクリックします。 プロファイル名が括弧で囲まれた[Properties]画面が表示されます。 クライアント アダプタの設定の手順に従って、このプロファイルの設定パラメータを変更します。

ステップ 4 さらにプロファイルを作成する場合は、上記の手順を繰り返します。


 

アクティブ プロファイルの選択

クライアント アダプタで使用するプロファイルを指定する手順は、次のとおりです。


) EAP-TLS 認証と PEAP 認証は ACU で有効になっていないため、ACU でプロファイルを切り替えても、これらの認証タイプを切り替えることはできません。 ホストベースの EAP を使用するプロファイルを ACU で作成できますが、Authentication Manager で特定の認証タイプを有効にしなければなりません。 この他に、1 度に設定できるのは 1 つの認証タイプのみです。このため、ACU にホストベースの EAP を使用する複数のプロファイルがあり、別の認証タイプを使用する場合は、ACU でプロファイルを切り替えた後で Authentication Manager で認証タイプを変更する必要があります。



ステップ 1 [Profiels]画面に進みます(図 4-1を参照)。

ステップ 2 [Select Active Profile]ドロップダウン メニューから、クライアント アダプタでアクセス ポイントとの接続の設定に使用するプロファイルを選択します。


) Windows CE .NET デバイスの <External Settings> プロファイル オプションを選択すると、ACU プロファイルが無効になり、オペレーティング システムまたは ACU 以外のアプリケーションからクライアント アダプタを設定できるようになります。 オペレーティング システムでカードを設定して、ACU の診断ツールを使用する場合は、このオプションを選択する必要があります。 Windows CE .NET でクライアント アダプタを設定する手順については、 Windows CE .NET を使用したクライアント アダプタの設定 を参照してください。


選択したプロファイルで、すぐにクライアント アダプタが起動します。 選択済みのプロファイルを使用中に、アクセス ポイントへの結合に失敗したり、結合が失われたりした場合でも、クライアント アダプタは別のプロファイルによる結合の試行を行いません。 結合するには、別のプロファイルを選択する必要があります。


 

プロファイルの修正

この項では、既存のプロファイルを修正する手順について説明します。 次に示す各項の手順に従って、プロファイルの編集、名称変更、または削除を行います。

プロファイルの編集


ステップ 1 [Profiels]画面に進みます(図 4-1を参照)。

ステップ 2 [Manage Profiles]ボックスから、編集するプロファイルを選択し[Edit]ボタンをクリックするか、プロファイルをダブルクリックします。 プロファイル名がクオーテーション マークで囲まれた[Properties]画面が表示されます。

ステップ 3 クライアント アダプタの設定の手順に従って、このプロファイルの設定パラメータを変更します。


 

プロファイルの名称変更


ステップ 1 [Profiels]画面に進みます(図 4-1を参照)。

ステップ 2 [Manage Profiles]ボックスから、名称変更するプロファイルを選択し[Rename]ボタンをクリックするか、プロファイルを 2 回クリックします(ダブルクリックよりも間隔を空ける)。 プロファイルがハイライトされます。

ステップ 3 プロファイルの新しい名前を入力します。


) 最大 80 文字入力できますが、画面のサイズに制限があるため、プロファイル名を長くするとすべて表示されなくなる場合があります。


ステップ 4 画面の空白部分をクリックすると、変更内容が保存されます。 プロファイルの名前が変更され、プロファイルのリストに追加されます。


 

プロファイルの削除


ステップ 1 [Profiels]画面に進みます(図 4-1を参照)。

ステップ 2 [Manage Profiles]ボックスから、削除するプロファイルを選択します。


) アクティブなプロファイルは削除できません。


ステップ 3 [Delete]ボタンをクリックします。

ステップ 4 決定を確認するプロンプトが表示されたら、[Yes]をクリックします。 プロファイルが削除されます。