Cisco Aironet ワイヤレス LAN クライアント アダプタ インストレーション コンフィギュレーション ガイド Windows CE 版
設置の準備
設置の準備
発行日;2012/02/03 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

設置の準備

安全性に関する情報

FCC の安全性準拠に関する記述

安全性のガイドライン

警告

の開梱

パッケージ内容

システム要件

サイト要件

インフラストラクチャ デバイスのサイト

クライアント デバイス

設置の準備

この章では、クライアント アダプタの設置前に確認することについて説明します。

この章では、次の項目について説明します。

「安全性に関する情報」

「クライアント アダプタの開梱」

「システム要件」

「サイト要件」

安全性に関する情報

クライアント アダプタを正しく安全に使用するために、この項のガイドラインに従ってください。

FCC の安全性準拠に関する記述

FCC は、ET Docket 96-8 での決定により、FCC 認証機器が放射する RF 電磁エネルギーに人体が晒される場合の安全基準を採択しています。 シスコの承認済 Aironet アンテナを使用する場合、Cisco Aironet 製品は、OET-65 および ANSI C95.1、1991 に明記されている非制御製品の環境に対する制限事項を満たします。このマニュアルに示されている指示に従って、この無線機を適切に操作すれば、ユーザへの照射は FCC 推奨限界値よりかなり低く抑えられます。

安全性のガイドライン

ユニットが送受信を行っているときは、アンテナに触れたり、アンテナを移動したりしないでください。

ユニットが送受信を行っているときは、アンテナが身体の露出部分(特に顔や目)に近づいたり、触れたりしないように、無線機を内蔵するコンポーネントを持たないでください。

アンテナを接続していない場合は、無線機を操作したり、データを送信したりしないでください。無線機が破損する恐れがあります。

高利得の壁取り付け型または柱取り付け型アンテナを設置するには、専門知識が必要です。また、身体から 30cm 以上離れた場所に設置してください。 適切な設置要件に関しては、専門の技術者、VAR、またはアンテナの製造業者にお問い合せください。

特定環境での使用:

ワイヤレス デバイスを危険な場所で使用する場合は、現場の作業安全責任者の指示に従ってください。

飛行機内におけるワイヤレス デバイスの使用は、連邦航空局(FAA)によって規制されています。

医療施設内におけるワイヤレス デバイスの使用は、各施設で定められている範囲内に制限されます。

警告

クライアント アダプタを操作する際は、次の警告に従ってください。


警告 ワイヤレス ネットワーク デバイスは、専用のタイプでない限り、シールドされていない雷管の近くや爆発の可能性のある場所では操作しないでください。



警告 FCC の RF 被曝制限値に準拠するため、ダイポール アンテナは身体から 20cm 以上離れた場所に設置してください。



警告 ANSI C95.1 規格に明記されている RF 被曝制限値に準拠するには、PC カード クライアント アダプタを搭載したラップトップを使用する場合に、長時間にわたって送信または操作する際は、アダプタの一体型アンテナを自分の体または周囲の人から 5cm 以上離すようにしてください。 アンテナとユーザの距離が 5cm 未満の場合は、ユーザへの被曝時間を制限することをお薦めします。


クライアント アダプタの開梱

クライアント アダプタを開梱する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 梱包されている箱を開き、中味を慎重に取り出します。

ステップ 2 梱包資材をすべて箱に戻し、それを保管しておきます。

ステップ 3 「パッケージ内容」に記載されているすべての品目があることを確認します。 各品目に破損がないことを確認します。


) 一部の品目が破損していたり、入っていなかったりした場合は、シスコ認定の販売代理店にお知らせください。 リモート アンテナとその付属ケーブルは別送されます。



 

パッケージ内容

クライアント アダプタには、次の品目が同梱されています。

『クイック スタート ガイド: Cisco Aironet ワイヤレス LAN クライアント アダプタ』

Cisco Aironet ワイヤレス LAN クライアント アダプタ CD

シスコ製品の登録カード

システム要件

アダプタを設置するには、クライアント アダプタに同梱されている品目以外に次のものが必要になります。

Type II または Type III PC カード スロットが搭載された次の Windows CE デバイスのいずれか。

Windows CE 3.0 が動作する ARM、StrongARM、MIPS、SH3、または X86 プロセッサ搭載のポケット PC(PPC)

Windows CE 3.0 が動作する ARM、StrongARM、MIPS、SH4、x86 プロセッサ搭載のハンドヘルド PC(HPC)

Windows CE .NET 4.0 または 4.1 が動作する ARM、StrongARM、x86 プロセッサ搭載のコンピューティング デバイス


) Windows CE .NET が動作する ViewSonic はサポートされません。



) PC カード スロット用のドライバおよびサポート ソフトウェア(Card and Socket Services)をすべてロードし、設定する必要があります。


CD-ROM ドライブが搭載され、Windows オペレーティング システムおよび ActiveSync が動作するラップトップまたは PC

Windows CE デバイスへのシリアルまたは USB 接続

ワイヤレス ネットワーク が EAP-TLS または PEAP 認証を使用する場合は PPC 2002 デバイス

EAP-TLS 認証用の Certificate Authority(CA)とユーザの証明書、または PEAP 認証用の CA 証明書

ワイヤレス ネットワークが One-Time Password(OTP)ユーザ データベースによる PEAP認証を使用する場合、次のものが必要になります。

OTP ベンダーからのハードウェア トークン

ハードウェア トークン パスワード

システム管理者から次の情報を取得します。

Windows CE デバイスの論理名(クライアント名)

RF ネットワークのサービス セット ID(SSID)(大文字/小文字を区別)

Windows CE デバイスに割り当てるプライマリおよびセカンダリ ドメイン ネーム システム(DNS)および Windows Internet Name Service(WINS)

Windows CE デバイスが DHCP サーバに接続されていない場合は、そのデバイスに割り当てる IP アドレス、サブネット マスク、およびデフォルトのゲートウェイ アドレス

ワイヤレス ネットワークに静的 WEP がセキュリティとして使用されている場合は、クライアント アダプタが通信を行う各アクセス ポイントの WEP キー

ワイヤレス ネットワークが LEAP 認証と PEAP 認証のいずれかを使用している場合、それらの認証のユーザ名とパスワード

ワイヤレス ネットワークが EAP-TLS 認証を使用している場合、EAP-TLS 認証のユーザ名

サイト要件

インフラストラクチャ デバイスおよびクライアント デバイスに対するサイト要件は、次のとおりです。

インフラストラクチャ デバイスのサイト

コンポーネント構成、配置、および物理的環境は敷設状況によって異なるため、ネットワーク アプリケーションごとに固有の設置方法があります。 そのため、ワイヤレス インフラストラクチャ デバイス(クライアント アダプタをワイヤード LAN に接続するアクセス ポイント、ブリッジ、ベース ステーションなど)を設置する前に、サイト調査を行って、最大の通信範囲およびネットワーク パフォーマンスが得られる場所にこれらのデバイスを配置する必要があります。 サイト調査の実行 では、サイト調査の担当者を対象に、ACU のサイト調査ツールを使用して、ワイヤレス ネットワーク内でインフラストラクチャ デバイスの最適な配置場所を決定する方法を説明します。


) インフラストラクチャ デバイスはクライアント デバイスより先に設置し、初期設定を行います。


クライアント デバイス

クライアント アダプタは無線デバイスなので、RF 妨害物、およびスループットと無線範囲の低下をもたらす干渉の一般的な要因の影響を受けやすくなります。 次のガイドラインに従って、最大のパフォーマンスが得られるようにしてください。

クライアント アダプタは、保管棚、書棚、ファイリング キャビネットなどの大きなスチール製品がクライアント アダプタの無線信号の障害物にならない場所に設置してください。

クライアント アダプタは、電子レンジから離れた場所に設置してください。 電子レンジはクライアント アダプタと同じ周波数で動作するので、信号干渉が発生する可能性があります。