Cisco Aironet 802.11a/b/g ワイヤレス LAN クライアント アダプタ (CB21AG および PI21AG) インストレーション コンフィギュレーション ガイド Software Release 4.0
慣例手順
慣例手順
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

慣例手順

の取り出し

CardBus PC カードの取り出し

PCI カードの取り出し

クライアント アダプタ ソフトウェアの手順

クライアント アダプタ ソフトウェアのアップグレード

クライアント アダプタ ドライバの手動によるインストールまたはアップグレード

クライアント アダプタ ソフトウェアのアンインストール

ADU の手順

ADU の開始

ADU の終了

ADU および他のソフトウェア コンポーネントのバージョンの確認

クライアント アダプタ情報の表示

オンライン ヘルプへのアクセス

ASTU の手順

の無線の有効化または無効化

慣例手順

この章では、クライアント アダプタに関連する一般的なタスクの手順について説明します。

この章では、次の項目について説明します。

「クライアント アダプタの取り出し」

「クライアント アダプタ ソフトウェアの手順」

「クライアント アダプタの無線の有効化または無効化」

クライアント アダプタの取り出し

CardBus PC カードまたは PCI カードをコンピューティング デバイスから取り出す必要がある場合は、以降のいずれかの手順で実行してください。


注意 これらの手順、およびこれらの手順で説明する物理的な接続は、一般に、従来型 CardBus スロットと PCI 拡張スロットに適用されます。カスタム機器や従来型でない機器については、CardBus スロットと PCI 拡張スロットで構成が異なる場合があるので注意してください。

CardBus PC カードの取り出し

正常に取り付けおよび設定が終了している CardBus PC カードを取り出すには(ラップトップを搬送する場合など)、コンピュータを完全にシャットダウンし、CardBus スロットからカードをまっすぐ引き抜きます。カードを再び挿入し、コンピュータをリブートする場合は、ネットワークとの接続を再確立する必要があります。


) CardBus PC カードを取り外した後にコンピュータをシャットダウンしない場合は、Windows システム トレイの Safely Remove Hardware アイコンをダブルクリックし、取り外す Cisco Aironet クライアント アダプタを Hardware デバイスで選択し、Stop、OK の順にクリックして、開いている各ウィンドウを閉じます。カードをカード スロットからまっすぐ引き抜きます。


PCI カードの取り出し

PCI クライアント アダプタはデスクトップ コンピュータの内部に取り付けてあり、携帯用として設計されていないため、よほどの理由がない限りアダプタを取り出さないようにしてください。PCI カードを取り出す必要が生じた場合は、次の手順に従ってください。


ステップ 1 コンピュータを完全にシャットダウンします。

ステップ 2 PC のケースを取り外します。

ステップ 3 CPU バック パネルの表面からネジを外します。CPU バック パネルはクライアント アダプタが挿入された PCI 拡張スロットの上部にあります。

ステップ 4 アンテナをベースから取り外します。

ステップ 5 クライアント アダプタを強く引き上げてスロットから外し、慎重にアダプタを傾けて、アンテナをスロットに近い開口部をとおして抜き取ります。

ステップ 6 CPU バック パネルのネジをもう一度取り付けて、コンピュータのケースを元に戻します。


 

クライアント アダプタ ソフトウェアの手順

この項では、次の各手順について説明します。

「クライアント アダプタ ソフトウェアのアップグレード」

「クライアント アダプタ ドライバの手動によるインストールまたはアップグレード」

「クライアント アダプタ ソフトウェアのアンインストール」

「ADU の手順」

「ASTU の手順」

クライアント アダプタ ソフトウェアのアップグレード

最後のインストール時に選択した設定で Cisco Aironet CB21AG または PI21AG クライアント アダプタ ソフトウェアをより新しいリリースにアップグレードする手順は、次のとおりです。


) 新しいインストール設定でクライアント アダプタ ソフトウェアをアップグレードするときは、インストールされている前のソフトウェアをアンインストールして(クライアント アダプタ ソフトウェアのアンインストールの手順を参照)から、新しいソフトウェアをインストールしてください( クライアント アダプタ ソフトウェアのインストールの手順を参照)。



ステップ 1 クライアント アダプタがコンピュータに挿入されていることを確認します。


) クライアント アダプタが挿入されていない場合、インストールは続行されますが、ドライバ インストールは未完了になります。後から、Update Device Driver Wizard を使用して手動でドライバをアップグレードする必要があります。手順は、「クライアント アダプタ ドライバの手動によるインストールまたはアップグレード」を参照してください。


ステップ 2 Windows エクスプローラを使用して Install Wizard ファイルを探します。

ステップ 3 ファイルをダブルクリックします。「Starting InstallShield Wizard」メッセージに続いて、Preparing Setup ウィンドウ(図9-1 を参照)と Previous Installation Detected ウィンドウ(図9-2 を参照)が表示されます。

図9-1 Preparing Setup ウィンドウ

 

図9-2 Previous Installation Detected ウィンドウ

 

ステップ 4 Update the previous installation を選択し、Next をクリックします。

ステップ 5 インストール プロセスの最後にコンピュータの再起動を要求するメッセージが表示されたら、Yes をクリックします。


) No をクリックした場合、確認画面が表示されます。続行すると、インストール プロセスが終了します。


Setup Status ウィンドウが表示されます(図9-3 を参照)。

図9-3 Setup Status ウィンドウ

 

アップグレード プロセスが開始し、各ソフトウェア コンポーネントがインストールされる際に、通知のメッセージが表示されます。

ステップ 6 コンピュータの再起動を必要とするメッセージが表示されたら、OK をクリックしてコンピュータを再起動できるようにします。クライアント アダプタのソフトウェアがアップグレードされました。


 

クライアント アダプタ ドライバの手動によるインストールまたはアップグレード

コンピュータにクライアント アダプタを挿入せずにクライアント アダプタ ソフトウェアをインストールまたはアップグレードすると、ドライバ インストールは未完了になります。クライアント アダプタ ドライバを手動でインストールまたはアップグレードする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 クライアント アダプタをコンピュータに挿入します。

ステップ 2 Start > Settings > Control Panel > Administrative Tools > Computer Management > Device Manager > Network Adapters の順にクリックします。

ステップ 3 Cisco Aironet 802.11a/b/g Wireless Adapter を右クリックします。

ステップ 4 Properties をクリックします。

ステップ 5 Driver タブを選択して Update Driver をクリックします。

ステップ 6 更新ウィザードを使用して root\windows\system32 ディレクトリ(C:\Windows\system32 など)からドライバを選択し、更新手順を完了します。

ステップ 7 新しく更新したドライバを有効にする手順は、次のとおりです。

a. Click Start > Settings > Control Panel > Network Connections または Network and Dial-up Connections をクリックします。

b. 無線接続を右クリックします。

c. Disable をクリックします。

d. 手順 a と b を繰り返します。

e. Enable を選択します。


 

クライアント アダプタ ソフトウェアのアンインストール

この項では、Cisco Aironet CB21AG または PI21AG クライアント アダプタのソフトウェアをアンインストールする手順について説明します。この手順は、インストールされているクライアント アダプタ ソフトウェアをコンピュータから削除したり、古いバージョンにダウングレードする場合に必要です。


) 以前のバージョンのクライアント アダプタ ソフトウェアにダウングレードするときは、この手順を使用して現在のソフトウェアをアンインストールします。その後で古いソフトウェアをインストールします。



) クライアント アダプタ ソフトウェアをアンインストールすると、既存のプロファイルと保存されている PAC ファイルは削除されます。後で使用するためにプロファイルを保存する場合は、 の手順に従ってプロファイルをエクスポートしてから、ソフトウェアをアンインストールしてください。



ステップ 1 クライアント アダプタがコンピュータに挿入されていることを確認します。


) クライアント アダプタを挿入していなければ、このドライバはインストールできません。


ステップ 2 Windows エクスプローラを使用して Install Wizard ファイルを探します。


) Install Wizard の setup.exe ファイルがない場合は、Control Panel > Add/Remove Programs > Cisco Aironet Installation Program > Remove の順にクリックするとクライアント アダプタ ソフトウェアにアクセスできます。次に、ステップ 3 に記載されている Preparing Setup ウィンドウの手順に従ってください。


ステップ 3 Install Wizard ファイルをダブルクリックします。「Starting InstallShield Wizard」メッセージに続いて、Preparing Setup ウィンドウ(図9-1 を参照)と Previous Installation Detected ウィンドウ(図9-2 を参照)が表示されます。

ステップ 4 Uninstall the previous installation を選択し、Next をクリックします。

ステップ 5 操作の最後にコンピュータの再起動を要求するメッセージが表示されたら、Yes をクリックします。(No をクリックした場合、確認画面が表示されます。続行すると、インストール プロセスが終了します。)

ステップ 6 決定の確認を要求されたら、OK をクリックします。ファイルをアンインストールするプロセスが開始します。

ステップ 7 デバイス ドライバのアンインストールを要求されたら、Yes をクリックします。

ステップ 8 コンピュータの再起動を必要とするメッセージが表示されたら、OK をクリックしてコンピュータを再起動できるようにします。クライアント アダプタ ソフトウェアとそのプログラム フォルダがアンインストールされました。


) この手順では Install Wizard ファイルは削除されません。コンピュータからこのファイルを削除する場合は、Windows エクスプローラを使用してファイルを検索し、削除してください。



 

ADU の開始

ADU を開始するには、次のいずれかを実行します。

デスクトップの Aironet Desktop Utility アイコンをダブルクリックします。

Windows の Start メニューで、インストール時に選択したフォルダから Aironet Desktop Utility を選択します(デフォルトの選択順は、Start > Program Files > Cisco Aironet > Aironet Desktop Utility)。

Windows システム トレイの ASTU アイコンを右クリックし、Open Aironet Desktop Utility を選択します。

ADU の終了

ADU を終了するには、次のいずれかを実行します。

Action ドロップダウン メニューから Exit を選択します(図9-4 を参照)。

Windows システム トレイの ASTU アイコンを右クリックし、Exit を選択します。

図9-4 Action ドロップダウン メニュー

 

ADU および他のソフトウェア コンポーネントのバージョンの確認

ADU および他のソフトウェア コンポーネントの現在のバージョンを確認する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 ADU を開きます。

ステップ 2 Help ドロップダウン メニューから About Aironet Desktop Utility オプションを選択します。About ウィンドウが表示されます(図9-5 を参照)。

図9-5 About ウィンドウ

 

表9-1 は About ウィンドウに表示されるソフトウェア コンポーネントを示しています。

 

表9-1 About ウィンドウに表示されるソフトウェア コンポーネント

ソフトウェア コンポーネント
説明

Configuration Utility

Aironet Client Administration Utility(ACAU)のバージョン

Application Interface

Aironet Desktop Utility(ADU)のバージョン

Authentication Interface

サプリカントのバージョン

Authentication Protocol Driver

プロトコル ドライバのバージョン

Wireless Device Driver

Windows NDIS ミニポート ドライバのバージョン


 

クライアント アダプタ情報の表示

クライアント アダプタの情報を表示するには、ADU を開きます。Diagnostics タブをクリックし、Adapter Information をクリックします。Adapter Information ウィンドウが表示されます(図9-6 を参照)。

図9-6 Adapter Information ウィンドウ

 

表9-2 は、Adapter Information ウィンドウに表示される要素とその説明を示しています。

 

表9-2 アダプタ情報

ステータス
説明

Card Name

使用しているクライアント アダプタについての記述

MAC Address

工場出荷時にクライアント アダプタに割り当てられた MAC アドレス

Driver

クライアント アダプタのドライバのファイル名と場所

Driver Version

現在コンピュータにインストールされている NDIS デバイス ドライバのバージョン

Driver Date

クライアント アダプタのドライバが作成された日付

Client Name

クライアント アダプタがアクセス ポイントにアソシエートするときに使用する名前


クライアント名の設定方法については、表5-2 の Client Name パラメータを参照してください。


Serial Number

クライアント アダプタのシリアル番号

OK をクリックして、Adapter Information ウィンドウを閉じます。

オンライン ヘルプへのアクセス

ADU のオンライン ヘルプにアクセスするには、ADU を開きます。Help ドロップダウン メニューから Aironet Desktop Utility Help オプションを選択します。

ASTU の手順

ASTU の使用方法については、 Aironet System Tray Utility(ASTU)の使用方法を参照してください。

クライアント アダプタの無線の有効化または無効化

クライアント アダプタの無線は、有効化または無効化することができます。無線を無効にすることで、アダプタの RF エネルギーの放出を防ぎます。次のような場合に、クライアント アダプタの無線を無効にしてください。

データを送信していないときに、バッテリ電源を節約する。

飛行機内でラップトップ PC を使用しているときに、アダプタの送信が特定のデバイスの動作に干渉するのを防ぐ。

無線が有効になっていると、アクセス ポイント(インフラストラクチャ モードの場合)または他のクライアント(アドホック モードの場合)にアソシエートされていなくても、定期的にプローブが送信されます。これは、802.11 規格で要求されている動作です。したがって、RF 妨害を受けやすいデバイスの周囲では、無線を無効にしておくことが重要です。


) 無線が無効になっている間、クライアント アダプタはアソシエートされません。



) コンピュータがスタンバイ モードまたは休止モードになる前、またはコンピュータをリブートする前にクライアント アダプタの無線を無効にした場合は、コンピュータが再開しても無線は無効のままです。無線を有効にして動作を再開させる必要があります。


ADU または ASTU を使用してクライアント アダプタの無線を有効または無効にすることができます。ADU の使用方法は下記の手順を、また ASTU の使用方法は「Enable/Disable Radio」を参照してください。

クライアント アダプタの無線が有効のときは、ADU を起動し、Action ドロップダウン メニューから Disable Radio を選択すると(図9-4 を参照)、無線が無効になります。

クライアント アダプタの無線が無効のときは、ADU を起動し、Action ドロップダウン メニューから Enable Radio を選択すると(図9-4 を参照)、無線が有効になります。