Cisco Aironet 802.11a/b/g ワイヤレス LAN クライアント アダプタ (CB21AG and PI21AG) Installation and Configuration Guide for Windows Vista Release 1.0
製品の概要および設置
製品の概要および設置
発行日;2012/01/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

製品の概要および設置

クライアント アダプタの概要

用語

ハードウェア コンポーネント

無線

無線アンテナ

LED

ソフトウェア コンポーネント

クライアント アダプタを使用したネットワーク構成

アドホック無線 LAN

ワークステーションで有線 LAN にアクセスする無線インフラストラクチャ

安全性に関する情報

FCC(連邦通信委員会)の安全性適合宣言

安全性のガイドライン

警告

クライアント アダプタの開梱

パッケージの内容

システム要件

サイト要件

インフラストラクチャ デバイス

クライアント デバイス

クライアント アダプタの挿入

CardBus PC カードの挿入

PCI カードの挿入

ブラケットの変更

カードの挿入

アンテナの組み立て

アンテナの取り付け

クライアント アダプタ ソフトウェアの入手方法

クライアント アダプタ ドライバおよびソフトウェアのインストール

製品の概要および設置

この章では、Cisco Aironet CB21AG および PI21AG クライアント アダプタについて説明し、無線ネットワークにおけるこれらのアダプタの役割について示します。また、クライアント アダプタの設置前に確認が必要な事項、クライアント アダプタのハードウェアおよびソフトウェアをインストールする手順についても説明します。

この章では、次の項目について説明します。

「クライアント アダプタの概要」

「ハードウェア コンポーネント」

「ソフトウェア コンポーネント」

「クライアント アダプタを使用したネットワーク構成」

「安全性に関する情報」

「クライアント アダプタの開梱」

「システム要件」

「サイト要件」

「クライアント アダプタの挿入」

「クライアント アダプタ ソフトウェアの入手方法」

「クライアント アダプタ ドライバおよびソフトウェアのインストール」

クライアント アダプタの概要

Cisco Aironet IEEE 802.11a/b/g ワイヤレス LAN クライアント アダプタ(CB21AG および PI21AG)は、無線ネットワーク インフラストラクチャおよび有線ネットワーク インフラストラクチャにおいて、固定、ポータブル、およびモバイルのデバイス間の無線データ通信を可能にする無線モジュールです。クライアント アダプタは、「プラグアンドプレイ」(PnP)テクノロジー対応のデバイスと完全な互換性を持ちます。

クライアント アダプタの主な機能は、無線インフラストラクチャを介して、有線 LAN に接続された他のクライアントまたはアクセス ポイントと通信することによってデータ パケットを転送することです。これらのアダプタは、イーサネット ケーブルではなく無線で有線 LAN に接続することを除けば、標準のネットワーク製品と同様に動作します。無線ネットワークの特別な機能は必要ありません。ネットワーク上で動作する既存のアプリケーションは、すべてこのアダプタで動作します。

このマニュアルでは、 表1-1 に示す 2 つのクライアント アダプタについて説明します。

 

表1-1 クライアント アダプタのタイプ

クライアント アダプタ
型番
説明
形状

Cardbus PC カード

AIR-CB21AG

32 ビット CardBus スロットを備えたすべてのデバイスに挿入可能な、CardBus インターフェイスを持つ IEEE 802.11a/b/g 準拠 2.4GHz および 5GHz 54Mbps クライアント アダプタ カードの無線モジュール。ホスト デバイスには、ラップトップ、ノートブックなどがあります。

 

PCI カード

AIR-PI21AG

デスクトップ パーソナル コンピュータなど、未使用の PCI 拡張スロットを備えたすべてのデバイスに挿入可能な IEEE 802.11a/b/g 準拠 2.4GHz および 5GHz 54Mbps クライアント アダプタ カードの無線モジュール。

 

用語

このマニュアルでは、全体を通して次の用語が使用されています。

クライアント アダプタ -- 両方のタイプのアダプタを指します。

CardBus PC カードまたは PCI カード -- 特定のアダプタを指します。

ワークステーション(または、ステーション)-- クライアント アダプタが搭載されたコンピューティング デバイスを指します。

インフラストラクチャ デバイス -- アクセス ポイント、ブリッジ、ベース ステーションなど、クライアント アダプタを有線 LAN に接続するデバイスを指します。このマニュアルでは、インフラストラクチャ デバイス全般を「アクセス ポイント」という用語で表現しています。

ハードウェア コンポーネント

クライアント アダプタの 3 つの主なハードウェア コンポーネントは、無線、無線アンテナ、および 2 つの LED です。

無線

クライアント アダプタには、IEEE 802.11a および 802.11b/g の両方に準拠したデュアル帯域無線が含まれています。無線では、2.4GHz の Industrial Scientific Medical(ISM; 産業科学医療)バンドでは、クライアント アプリケーションに対して Direct-Sequence Spread Spectrum(DSSS; ダイレクトシーケンス スペクトラム拡散方式)テクノロジーおよび Orthogonal Frequency Division Multiplexing(OFDM; 直交周波数分割多重方式)テクノロジーが使用され、5GHz の Unlicensed National Information Infrastructure(UNII)周波数帯では、OFDM テクノロジーが使用されます。クライアント アダプタをアドホック モードで動作させると、他の IEEE 802.11a または IEEE 802.11b/g 準拠のクライアント デバイスとの組み合わせで使用できます。また、インフラストラクチャ モードで動作させると、Cisco Aironet のアクセス ポイント、および他の IEEE 802.11a または IEEE 802.11b/g 準拠のインフラストラクチャ デバイスとの組み合わせで使用できます。

無線アンテナ

使用するクライアント アダプタに応じて次のタイプのアンテナが使用されます。

CardBus PC カードは、一体型の固定接続された 0dBi ゲイン、デュアル帯域 2.4/5GHz ダイバーシティ アンテナを備えています。ダイバーシティ アンテナ システムの利点は、カバレッジが向上することです。このシステムでは、2 つのアンテナ ポートのサンプリングや切り替えが PC カードで可能になり、データ パケットの受信に最適なポートを選択できます。その結果、妨害が存在する条件下でも、Radio Frequency(RF; 無線周波数)接続を維持できる可能性が高くなります。アンテナは、カードを CardBus スロットに差し込んだときスロットの外に突き出しているカード部分に組み込まれています。

PCI カードは、2m のケーブルを固定接続した 1dBi ゲイン、デュアル帯域 2.4/5GHz アンテナを備えています。アンテナにはアンテナ ベースが付属しており、壁に取り付けたり、デスクやその他の水平面に直立させることができます。

LED

クライアント アダプタには、点灯または点滅によってアダプタのステータスやシステム メッセージを伝える LED が 2 つ付いています。 表1-2 に、LED の状態と意味を示します。

 

表1-2 LED の状態と意味

ステータス LED
(緑色)
アクティビティ LED(オレンジ色)
状態

オフ

オフ

クライアント アダプタに電源が入っていない。

遅い点滅

オフ

クライアント アダプタがパワー セーブ モードに設定されている。

オン

オフ

クライアント アダプタがパワー セーブ モードから復帰した。

どちらかが点滅

クライアント アダプタが設定先の無線ネットワークをスキャンしている。

オン

オフ

オフ

オン

遅い点滅

遅い点滅

クライアント アダプタがアクセス ポイント(インフラストラクチャ モードの場合)または他のクライアント(アドホック モードの場合)にアソシエートされている。

速い点滅

速い点滅

クライアント アダプタがアクセス ポイント(インフラストラクチャ モードの場合)または他のクライアント(アドホック モードの場合)にアソシエートされていて、データを送受信している。

ソフトウェア コンポーネント

Cisco.com からダウンロード可能な 1 つの実行可能ファイルを実行して、CB21AG および PI21AG 用のドライバと、アダプタを実行するソフトウェアの両方をインストールできます。このファイルは、Windows Vista が稼動するデバイス上で実行する必要があります。このドライバとソフトウェアは、CB21AG および PI21AG クライアント アダプタとだけ組み合わせて使用できます。

クライアント アダプタを使用したネットワーク構成

クライアント アダプタは、さまざまなネットワーク構成で使用できます。一部の構成では、アクセス ポイントがネットワーク接続を提供したり、無線通信範囲を広げるリピータとして機能したりします。最大通信範囲は、無線ネットワークの構成に基づきます。

この項では、最も一般的な次の 2 つのネットワーク構成について説明し、図に示します。

アドホック無線ローカル エリア ネットワーク(LAN)

ワークステーションで有線 LAN にアクセスする無線インフラストラクチャ

クライアント アダプタを使用した、さらに複雑なネットワークの構成例については、該当するアクセス ポイントのマニュアルを参照してください。

アドホック無線 LAN

アドホック(またはピアツーピア)無線 LAN(図1-1 を参照)は、最もシンプルな無線 LAN 構成です。アドホック ネットワーク構成による無線 LAN では、クライアント アダプタを装備したすべてのデバイスを結合して、相互に直接通信することができます。アクセス ポイントなどのインフラストラクチャ デバイスの使用は要求されません。

図1-1 アドホック無線 LAN

 

ワークステーションで有線 LAN にアクセスする無線インフラストラクチャ

LAN 上に複数のアクセス ポイントを配置すると、インフラストラクチャ ネットワークを構築できます。図1-2 は、複数のアクセス ポイントを介してワークステーションで有線 LAN にアクセスするマイクロセルラ ネットワークを示しています。

この構成は、ポータブルやモバイル ステーションで有用です。これらのワークステーションがマイクロセル ドメイン間を移動中の場合でも、有線ネットワークに直接接続できるからです。このプロセスは透過的に行われ、ファイル サーバやホストへの接続は中断なしに維持されます。モバイル ステーションのアクセス ポイントへの接続は、この接続が可能である限り維持されます。ただし、データ パケット転送の再試行が必要になったり、ビーコンが欠落した場合、ステーションでは自動的に別のアクセス ポイントが検索され、それにアソシエートされます。このプロセスを「シームレス ローミング」といいます。

図1-2 ワークステーションで有線 LAN にアクセスする無線インフラストラクチャ

 

安全性に関する情報

クライアント アダプタを正しく安全に使用するために、この項のガイドラインに従ってください。

FCC(連邦通信委員会)の安全性適合宣言

FCC は、ET Docket 96-8 での決定により、FCC 認証機器が放射する RF 電磁エネルギーに人体が晒される場合の安全基準を採択しています。シスコの承認済 Aironet アンテナを使用する場合、Cisco Aironet 製品は、OET-65 および ANSI C95.1、1991 に明記されている非制御製品の環境に対する制限事項を満たします。このマニュアルに示されている指示に従って、この無線デバイスを適切に操作すれば、ユーザへの照射は、FCC 勧告限度値をはるかに下回るレベルとなります。

安全性のガイドライン

ユニットが送受信を行っているときは、アンテナに触れたり、アンテナを移動したりしないでください。

送信中は、アンテナのような無線機能を持つコンポーネントを、体の露出した部位に接近または接触させて保持しないようにしてください。特に、顔や目には近づけないようにしてください。

アンテナを接続していない場合は、無線機を操作したり、データを送信したりしないでください。無線機が破損する恐れがあります。

特殊環境での使用

無線デバイスを危険な場所で使用する場合は、現場の作業安全責任者の指示に従ってください。

航空機内での無線デバイスの使用は、Federal Aviation Administration(FAA; 連邦航空局)の規制対象となっています。

医療施設内における無線デバイスの使用は、各施設で定められている範囲内に制限されます。

警告

クライアント アダプタを操作する際は、次の警告に従ってください。2 番目の警告は PI21AG クライアント アダプタに関するもので、3 番目の警告は CB21AG クライアント アダプタに関するものです。


警告 無線ネットワーク デバイスは、専用のタイプでない限り、シールドされていない雷管の近くや爆発の可能性のある場所では操作しないでください。



警告 FCC の RF 被曝制限値に準拠するため、アンテナは身体から 20cm 以上離れた場所に設置してください。



警告 この装置は、一般的なラップトップ コンピュータ構成においてテスト済みであり、FCC RF 被爆(SAR)制限値に準拠しています。また、この装置は、側面に PC カード スロットを搭載するデスクトップ コンピュータまたはラップトップ コンピュータで使用でき、アンテナから身体まで 1cm 以上の距離を保つ必要があります。シン ラップトップ コンピュータでは、動作中のアンテナの距離に特別な注意が必要となる場合もあります。この装置は、ハンドヘルド PDA(Personal Digital Assistant)では使用できません。その他の構成で使用した場合、FCC RF 被爆のガイドラインに準拠しなくなる可能性があります。この装置とアンテナは、他のアンテナまたはトランスミッタと共存させたり、同時に操作したりすることはできません。


この安全に関する警告の翻訳版は、 翻訳済みの安全についての警告 にあります。

クライアント アダプタの開梱

クライアント アダプタを開梱する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 梱包箱を開いて、中味を慎重に取り出します。

ステップ 2 梱包資材をすべて箱に戻して保管しておきます。

ステップ 3 以下の「パッケージの内容」に記載されているすべての品目があることを確認します。各品目に破損がないことを確認します。


) 一部の品目が破損または不足していた場合は、シスコ認定の販売代理店にお知らせください。



 

パッケージの内容

クライアント アダプタには、次の品目が同梱されています。

2m のケーブルを固定接続した 1dBi ゲインのアンテナ、アンテナ ベース、ロー プロファイル ブラケット、取り付けネジ 2 本、プラスチック製壁面取り付け用金具 2 つ(PCI カードのみ)

『Quick Start Guide: Cisco Aironet 802.11a/b/g Wireless LAN Client Adapters (CB21AG and PI21AG)』

Cisco Aironet 802.11a/b/g 無線 アダプタ(CB21AG および PI21AG)CD

システム要件

クライアント アダプタを設置するには、クライアント アダプタに同梱されている品目以外に次のものが必要になります。

Windows Vista が動作する、以下のいずれかのコンピューティング デバイス

32 ビット CardBus スロットが搭載されたラップトップまたはノートブック コンピュータ

使われていない PCI 拡張スロットが搭載されたデスクトップ パーソナル コンピュータ

Windows Vista Service Pack 1 またはホットフィックス KB932063 および KB935222 を適用した Windows Vista


) これらのホットフィックス パッチは Microsoft サイトから入手する必要があります。これらのパッチに対するサポートが必要な場合は、Microsoft に直接お問い合わせください。

http://support.microsoft.com/kb/932063
http://support.microsoft.com/kb/935222



) クライアント アダプタ ソフトウェアは、Windows Vista Business、Enterprise、および Ultimate オペレーティング システムをサポートしています。


1 GHz 32 ビット(x86)または 64 ビット(x64)プロセッサ

1 GB のシステム メモリ

15 GB 以上の空きスペースを持つ 40 GB ハード ドライブ

コンピュータのカバーや拡張スロットのダスト カバーを取り除いたり、アンテナ ベースを取り付けるための適切なツール(PCI カード用)

EAP バージョン:

EAP-FAST バージョン 2.2.9

PEAP バージョン 1.1.2

LEAP バージョン 1.0.15

無線ネットワークが EAP-TLS または PEAP 認証を使用する場合、EAP-TLS 認証には Certificate Authority(CA; 認証機関)の証明書とユーザの証明書、PEAP 認証には CA の証明書が必要になります。

無線ネットワークが One-Time Password(OTP)ユーザ データベースによる PEAP(EAP-GTC)認証を使用する場合、次のものが必要になります。

OTP ベンダーによるハードウェア トークン デバイスまたは Secure Computing SofToken プログラム(バージョン 2.1 以上)

ハードウェア トークンまたはソフトウェア トークンのパスワード

クライアントで有効にする予定の認証タイプに対しては、すべての必要なインフラストラクチャ デバイス(アクセス ポイント、サーバ、ゲートウェイ、ユーザ データベースなど)を正しく設定する必要があります。

システム管理者から次の情報を取得します。

ワークステーションの論理名(クライアント名)

クライアント アダプタにバインドする際に必要なプロトコル(TCP/IP など)

RF ネットワークのサービス セット ID(SSID)(大文字/小文字を区別)

ネットワーク設定に DHCP サーバが含まれていない場合は、コンピュータの IP アドレス、サブネット マスク、およびデフォルト ゲートウェイ アドレス

無線ネットワークに静的 WEP がセキュリティとして使用されている場合は、クライアント アダプタが通信を行う各アクセス ポイントの WEP キー

ネットワーク アカウント用のユーザ名とパスワード

PAC を手動でプロビジョニングする EAP-FAST 認証を使用する無線ネットワークの場合は、Protected Access Credential(PAC)ファイル

サイト要件

この項では、インフラストラクチャ デバイスおよびクライアント デバイスに対するサイト要件について説明します。

インフラストラクチャ デバイス

コンポーネント構成、配置、および物理的環境は敷設状況によって異なるため、ネットワーク アプリケーションごとに固有の設置方法があります。そのため、無線インフラストラクチャ デバイス(クライアント アダプタを有線 LAN に接続するアクセス ポイント、ブリッジ、ベース ステーションなど)を設置する前に、サイト調査を行って、最大の通信範囲およびネットワーク パフォーマンスが得られる場所にこれらのデバイスを配置する必要があります。


) インフラストラクチャ デバイスはクライアント デバイスより先に設置し、初期設定を行います。


クライアント デバイス

クライアント アダプタは無線デバイスなので、スループットと無線範囲の低下をもたらす RF 障害物および一般的な妨害源の影響を受けやすくなります。次のガイドラインに従って、最大のパフォーマンスが得られるようにしてください。

クライアント アダプタは、保管棚、書棚、ファイリング キャビネットなどの大きなスチール製品がクライアント アダプタの無線信号の障害物にならない場所に設置してください。

クライアント アダプタは、電子レンジから離れた場所に設置してください。電子レンジはクライアント アダプタと同じ周波数で動作するので、信号に対する妨害が発生する可能性があります。

クライアント アダプタの挿入

この項では、Cardbus PC カードまたは PCI カードをコンピュータに挿入する手順について説明します。


注意 これらの手順、およびこれらの手順で説明する物理的な接続は、一般に、従来型 CardBus スロットと PCI 拡張スロットに適用されます。カスタム機器や従来型でない機器については、CardBus スロットと PCI 拡張スロットで構成が異なる場合があるので注意してください。

CardBus PC カードの挿入


ステップ 1 作業を始める前に、カードを確認します。カードの一端は 2 列の 68 ピンのコネクタです。カードは、CardBus スロットに対して一方向からだけ挿入できるようになっています。


) CardBus PC カードのスロット(サポートされる場合)が左右どちらの側面にあるかは、コンピュータのモデルによって異なります。


ステップ 2 コンピュータに電源を投入し、オペレーティング システムを完全に起動します。

ステップ 3 シスコのラベルを上に向けてカードを持ち、カードが完全に装着されるまで CardBus スロットに挿入します(図1-3 を参照)。カードが正しく挿入されていれば緑色の LED が点灯します。


注意 コンピュータの CardBus スロットにカードを無理に押し込まないでください。無理に押し込むと、カードとスロットの両方を損傷する恐れがあります。カードを容易に挿入できないときは、カードを取り出してからもう一度挿入してください。

図1-3 コンピュータへの Cardbus PC カードの挿入

 


) CardBus PC カードの構成プロファイルは、カードを挿入したスロットに関連付けられます。したがって、CardBus PC カードは常に同じスロットに挿入してください。あるいは両方のスロットにプロファイルを作成してください。クライアント アダプタのプロファイルの作成方法については、 ワイヤレス プロファイルの設定を参照してください。


ステップ 4 Found New Hardware Wizard ウィンドウが表示されたら、Cancel をクリックします。


) Cancel をクリックしないと Wizard がクライアント アダプタ用のソフトウェアのインストールを試みますが、検出されません。


ステップ 5 「クライアント アダプタ ドライバおよびソフトウェアのインストール」に進みます。


 

PCI カードの挿入

PCI カードを挿入するには、次に示された順序に従って操作を実行します。

必要に応じてブラケットを変更します(「ブラケットの変更」を参照)。

カードを挿入します(「カードの挿入」を参照)。

アンテナを組み立てます(「アンテナの組み立て」を参照)。

アンテナを取り付けます(「アンテナの取り付け」を参照)。

ブラケットの変更

PCI カードにはフルプロファイルのブラケットが同梱されています。PCI カードの挿入先の PC が、ロー プロファイルのブラケットを使用する必要のある場合は、次の手順に従ってブラケットを変更します。


ステップ 1 ブラケットをカードに固定している 2 本のネジを取り外します。図1-4を参照してください。

図1-4 PCI カード ブラケットの変更

 

 

1

ブラケットのネジ

ステップ 2 ブラケットをスライドさせてカードから取り外し、ブラケットを傾けてアンテナ ケーブルを外します。


注意 アンテナ ケーブルを引っ張ったり、PCI カードから外したりしないでください。アンテナはカードに固定接続する必要があります。

ステップ 3 ロー プロファイルのブラケットをカードに付けながら、LED がブラケット上の対応する穴に収まるようにします。

ステップ 4 手順 1 で取り外したネジを、ブラケット側のカードの設置面にある穴(図1-4 を参照)に挿入して、しっかりと締めます。


 

カードの挿入

次の手順に従って PCI カードを PC に挿入します。


ステップ 1 PC とそのすべてのコンポーネントの電源を切ります。

ステップ 2 PC のケースを取り外します。


) ほとんどの Pentium PC では、PCI の拡張スロットは白です。スロットの識別方法は、ご使用の PC のマニュアルを参照してください。


ステップ 3 使用していない PCI 拡張スロットの上部にある CPU バック パネルの表面からネジを外します。バック パネルの金属製のブラケットは、このネジで固定されています。


注意 静電気によって、PCI カードが損傷することがあります。静電気防止用パッケージからカードを取り出す前に、接地されている PC の金属部分に触れて、静電気を放電してください。

ステップ 4 コンピュータ内で使用していない PCI 拡張スロットを確認します。

ステップ 5 カードのアンテナが、使用していない拡張スロットのそばの開口部を通ってコンピュータの外側に配置されるようにします。図1-5 を参照してください。

図1-5 PC への PCI カードの挿入

 

 

1

アンテナ ケーブル

2

LED

3

カード エッジ コネクタ

ステップ 6 カードを傾けて、LED が CPU のバック パネルの開口部に収まるようにします。図1-5 の拡大図を参照してください。

ステップ 7 コネクタがしっかり装着されるまで、カードを拡張スロットに挿入します。


注意 拡張スロットにカードを無理に押し込まないでください。カードとスロットの両方を損傷する恐れがあります。カードを挿入できないときは、カードを取り出してからもう一度挿入してください。

ステップ 8 CPU バック パネルのネジを取り付けて、コンピュータのケースを元に戻します。


 

アンテナの組み立て

PCI カードのアンテナを組み立てる手順は、次のとおりです。


ステップ 1 アンテナ ベースの底の開口部にアンテナを通します。

ステップ 2 ノッチがベースの前面にあるシスコのラベルに面するように、アンテナを配置します。図1-6 を参照してください。

図1-6 アンテナのベースへの挿入

 

 

1

アンテナ

2

ノッチ

3

アンテナ ベース

ステップ 3 図1-6 に示すように、アンテナ ケーブルをベース上部のレセプタクルに押し込みます。

ステップ 4 レセプタクル内で、カチっという音がするまでアンテナをまっすぐ下に押し込みます。


 

アンテナの取り付け

PCI カードは無線デバイスなので、スループットと無線範囲の低下をもたらす RF 障害物および一般的な妨害源の影響を受けやすくなります。次のガイドラインに従って、最大のパフォーマンスが得られるようにしてください。

PCI カードのアンテナは、保管棚、書棚、ファイリング キャビネットなどの大きなスチール製品が、送受信される無線信号の障害物にならない場所に設置してください。

アンテナは、電子レンジや、2.4GHz および 5.8GHz のコードレス電話から離れた場所に設置してください。これらの製品は PCI カードと同じ周波数で動作するので、信号に対する妨害が発生する可能性があります。

PCI カードのアンテナを水平面に設置したり、壁に取り付けたりする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 次のいずれかを実行します。

アンテナを水平面上で使用する場合はアンテナを直立させます。次に手順 7 に進みます。

アンテナを壁に取り付ける場合は、手順 2 に進んでください。

ステップ 2 2.8cm の間隔で壁に 2 つの穴を開けます。図1-7 は、アンテナ ベースの底面の取り付け用の穴の間隔を示しています。

図1-7 アンテナ ベースの底面

 

ステップ 3 付属の 2 つの壁面取り付け用金具を穴に取り付けます。

ステップ 4 付属の 2 本のネジを壁面取り付け用金具に入れ込みます。このとき、ネジのヘッドと取り付け金具の間に少し隙間を残しておきます。

ステップ 5 アンテナ ベースの底の取り付け用の穴をネジに合わせ(図1-8 を参照)、下に引いて固定します。

図1-8 アンテナの取り付け

 

ステップ 6 アンテナはベースから 90 度回転します。最適な状態で受信できるように、アンテナは垂直に立てます(図1-9 を参照)。

図1-9 アンテナの回転

 

ステップ 7 PC を起動します。カードが正しく挿入されていれば緑色の LED が点灯します。

ステップ 8 Found New Hardware Wizard ウィンドウが表示されたら、Cancel をクリックします。

ステップ 9 「クライアント アダプタ ドライバおよびソフトウェアのインストール」に進みます。


 

クライアント アダプタ ソフトウェアの入手方法

ソフトウェアは、クライアント アダプタに同梱されている CD に含まれていますが、Cisco.com から最新バージョンをダウンロードすることをお勧めします。

CD のソフトウェアのバージョンを確認するには、CD ルート ディレクトリにある FileList.txt ファイルを開きます。

Cisco.com にある最新のソフトウェアのバージョンを確認するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Cisco.com のユーザ名とパスワードを持っていることを確認してください。

ステップ 2 Cisco.com のユーザ名とパスワードを持っていない場合は、シスコのメイン ページ(http://www.cisco.com)にアクセスして Register (最上部)をクリックします。指示に従って、ユーザ名とパスワードを作成します。

ステップ 3 コンピュータの Web ブラウザを使用して次の URL にアクセスします。

ステップ 4 http://www.cisco.com/public/sw-center/

ステップ 5 Wireless Software をクリックします。

ステップ 6 Client Adapters and Client Software をクリックします。

ステップ 7 Cisco Aironet Wireless LAN Client Adapters をクリックします。

ステップ 8 次のいずれかの手順を実行します。

ステップ 9 CardBus PC カードを使用している場合は、 Cisco Aironet 802.11a/b/g CardBus Wireless LAN Client Adapter (CB21AG) をクリックします。

ステップ 10 PCI カードを使用している場合は、 Cisco Aironet 802.11a/b/g PCI Wireless LAN Client Adapter (PI21AG) をクリックします。

ステップ 11 要求されたら、Cisco.com ユーザ名とパスワードを入力して、 OK をクリックします。

ステップ 12 Windows Vista をクリックします。

ステップ 13 Available Releases で、Cisco.com の Install Wizard ファイルが CD のファイルよりも後のバージョン番号かどうかを確認します。後のバージョンの場合には、次の手順に進みます。後のバージョンでない場合は、CD の Install Wizard ファイルを使用します。

ステップ 14 最新のリリース番号のリンクをクリックします。

ステップ 15 ソフトウェア ファイル( WinClient-802.11a-b-g-Vista-Ins-Wizard-v xx .exe )をクリックします。 xx はバージョン番号です。

ステップ 16 Download ボタンをクリックします。

ステップ 17 ソフトウェア使用許諾契約の条項を読み、同意します。条項に同意する場合は Agree をクリックし、同意しない場合は Decline をクリックします。デバイスにファイルを保存します。


 

クライアント アダプタ ドライバおよびソフトウェアのインストール


注意 リブートを含むインストール プロセスの間は、クライアント アダプタを取り出さないでください。

次の手順に従って、Windows Vista が稼動するデバイスにクライアント ソフトウェアをインストールします。


ステップ 1 WinClient-802.11a-b-g-Vista-Ins-Wizard-v xx .exe をダブルクリックします。ソフトウェア ファイルを実行するかどうかを確認するウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Run をクリックします。Cisco Aironet Installation Program - InstallShield Wizard が表示されます(図1-10 を参照)。

図1-10 Cisco Aironet Installation Program - Installation Wizard の Preparing Setup ウィンドウ

 

ステップ 3 準備シーケンスを実行します。準備シーケンスが終了すると、次の Cisco Aironet Installation Program ウィンドウが表示されます(図1-11 を参照)。

図1-11 Cisco Aironet Installation Program ウィンドウ

 

ステップ 4 Next をクリックします。Cisco Aironet Installation Program ダイアログボックスに、ドライバおよびハードウェアのインストールに関するメッセージが表示されます(図1-12 を参照)。

図1-12 Cisco Aironet Installation Program ダイアログボックス - ドライバのインストールとハードウェアの挿入

 

ステップ 5 OK をクリックします。Cisco Aironet Installation Program の Setup Status ウィンドウが表示されます(図1-13 を参照)。

図1-13 Cisco Aironet Installation Program の Setup Status ウィンドウ

 

ステップ 6 ソフトウェアのインストールを実行します。Windows Security ダイアログボックスが表示される場合があります(図1-14 を参照)。

図1-14 Windows Security の Windows can't verify the publisher of this driver software ダイアログボックス

 

ステップ 7 このダイアログボックスが表示された場合は、 Install this driver software anyway をダブルクリックします。ドライバのインストールが終了すると、Cisco Aironet Installation Program の InstallShield Wizard Complete ウィンドウが表示されます(図1-15 を参照)。

図1-15 Cisco Aironet Installation Program の InstallShield Wizard Complete ウィンドウ

 

ステップ 8 Finish をクリックします。