Cisco Aironet 802.11a/b/g ワイヤレス LAN クライアント アダプタ (CB21AG およびPI21AG) 管理ユーティリティ アドミニストレータ ガイド Release 4.0
Global Settings の設定
Global Settings の設定
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Global Settings の設定

Global Settings タブの概要

Setup Settings の設定

ユーザ特権の設定

Profile Settings の設定

ASTU Settings の設定

Global Settings の設定

この章では、Global Settings タブのパラメータについて説明し、クライアント アダプタ ソフトウェアのインストール設定を上書きするようこれらのパラメータを設定する方法を示します。

この章では、次の項目について説明します。

「Global Settings タブの概要」

「Setup Settings の設定」

「ユーザ特権の設定」

「Profile Settings の設定」

「ASTU Settings の設定」

Global Settings タブの概要

Global Settings タブ を使用すると、クライアント アダプタ ソフトウェアのインストール方法を指定するパラメータを設定できます。選択する設定内容は、コンフィギュレーション ファイルに保存され、ユーザが Install Wizard を使用してクライアント アダプタ ソフトウェアをインストールするときに呼び出されます。Global Settings タブは、ACAU のメイン ウィンドウにあります(図4-1 を参照)。

図4-1 Global Settings タブ

 

Global Settings タブを使用して、次に示す 4 つのグループのパラメータを設定できます。

Setup Settings

User Settings

Profile Settings

ASTU Settings

Global Settings をダブルクリックして、パラメータのこれらのグループを表示します。次に、各グループをダブルクリックして、個々のパラメータを表示します。図4-2 は、Setup Settings のパラメータを示しています。

図4-2 Setup Settings のパラメータ

 

ほとんどのパラメータには、Yes または No の 2 つのオプションがあります。.パラメータの値を変更するには、必要なオプションを選択するだけです。

パラメータによっては、他のパラメータに依存しているものがあります。このようなパラメータの値を変更すると、他のパラメータの設定が変更される場合があります。パラメータの依存関係が変わると、そのパラメータの横にあるアイコンの色が変わります。依存関係がなく、パラメータの値を変更できる場合は、2 つのグレーのボックスが黄色のボックスの上に重なったアイコンが表示されます(図4-3 を参照)。

図4-3 変更可能なパラメータのアイコン

 

依存関係があり、パラメータの値を変更できない場合は、アイコンの黄色のボックスが赤色に変わります。たとえば、Allow User to Create a Profile パラメータを No に設定すると、User Settings のその他の多くのパラメータも No に変わり、アイコンの黄色のボックスが赤色に変わります(図4-4 を参照)。

図4-4 変更できないパラメータのアイコン

 

Setup Settings の設定

Setup Settings のパラメータを使用すると、クライアント アダプタ ソフトウェアをユーザのコンピュータにインストールするために Install Wizard で使用するセットアップ情報を設定できます。Setup Settings をダブルクリックして、これらのパラメータを表示します。 表4-1 は、Setup Settings のパラメータの説明とそのデフォルト値を示しています。パラメータを変更する場合は、表の指示に従ってください。

 

表4-1 Setup Settings

パラメータ
説明

Use Windows Wireless Zero Configuration Service

クライアント アダプタの管理に、Aironet Desktop Utility(ADU)ではなく、Windows XP Microsoft Wireless Configuration Manager を使用するようユーザのコンピュータを設定するかどうかを指定します。

オプション: Yes または No

デフォルト: No

Place ADU Icon on Desktop

ユーティリティに素早くアクセスできるように、ユーザのコンピュータのデスクトップ上に ADU アイコンを置くかどうかを指定します。

オプション: Yes または No

デフォルト: Yes

Place ADU Icon in the System Tray

ADU アイコンをユーザのコンピュータのシステム トレイに置くかどうかを指定します。

オプション: Yes または No

デフォルト: Yes


) ADU アイコンがシステム トレイ上にあれば、それを右クリックすると Aironet System Tray Utility(ASTU)にアクセスできます。


Silent Setup

クライアント アダプタ ソフトウェアのインストール時に、ユーザ入力が必要かどうかを指定します。

オプション: Yes、Warnings Only、または No

デフォルト: Yes

Silent Setup
説明

Yes

Install Wizard によって、クライアント アダプタ ソフトウェアがユーザ入力なしでサイレントにインストールされます。


) クライアント アダプタ ソフトウェアをインストールする前に、クライアント アダプタがユーザのコンピュータに挿入されていることを確認します。挿入されていないと、ドライバのインストールが完了せず、ユーザに通知されません。


Warnings Only

Install Wizard から、インストールに関連した警告メッセージが表示されます。

No

クライアント アダプタ ソフトウェアのインストール時に、Install Wizard からユーザに選択を求めるプロンプトが表示されます。

Reboot After Silent Setup

クライアント アダプタ ソフトウェアがサイレントにインストールされた後にユーザのコンピュータを再起動するかどうかを指定します。

オプション: Prompt for Reboot、Reboot without Prompting、または Do Not Reboot

デフォルト: Reboot without Prompting

Reboot after Silent Setup
説明

Prompt for Reboot

クライアント アダプタ ソフトウェアがサイレントにインストールされた後で、Install Wizard からユーザにコンピュータの再起動を求めるプロンプトが表示されます。

Reboot without Prompting

クライアント アダプタ ソフトウェアがサイレントにインストールされた後に、ユーザのコンピュータが自動的に再起動します。

Do Not Reboot

クライアント アダプタ ソフトウェアがサイレントにインストールされた後に、ユーザのコンピュータは再起動しません。

Installation Type

クライアント アダプタ ソフトウェアをアップグレードまたはアンインストールするときに、ユーザ入力が必要かどうかを指定します。

オプション: Normal、Silent Upgrade、または Silent Uninstall

デフォルト: Normal

Installation Type
説明

Normal

Install Wizard からユーザに、クライアント アダプタ ソフトウェアのアンインストールとアップグレードのいずれかを選択するよう求めるプロンプトが表示されます。

Silent Upgrade

Install Wizard によって、クライアント アダプタ ソフトウェアがユーザ入力なしでアップグレードされます。

Silent Uninstall

Install Wizard によって、クライアント アダプタ ソフトウェアがユーザ入力なしでアンインストールされます。

Install Site Survey Utility

サイト調査ユーティリティをユーザのコンピュータにインストールするかどうかを指定します。

オプション: Yes または No

デフォルト: Yes

Profile Migration Tool

プロファイル移行ツールをユーザのコンピュータにインストールして実行するかどうかを指定します。このツールは、Cisco Aironet 350 シリーズおよび CB20A 無線 LAN クライアント アダプタで使用されるプロファイルを、Cisco Aironet CB21AG および PI21AG クライアント アダプタとともに使用可能なプロファイルに移行するよう設計されています。

オプション: Don’t Install、Install、または Install & Run

デフォルト: Don’t Install

Profile Migration Tool
説明

Don’t Install

Install Wizard は、ユーザのコンピュータにプロファイル移行ツールをインストールしません。

Install

Install Wizard は、ユーザのコンピュータにプロファイル移行ツールをインストールします(ADU と同じディレクトリ)。

Install & Run

Install Wizard は、ユーザのコンピュータにプロファイル移行ツールをインストールし(ADU と同じディレクトリ)、インストール後にこのツールを実行します。

このオプションを選択すると、ツールの動作方法を指定するコマンド ライン オプションを入力することもできます。これを実行するには、Command Line をクリックして、次に示すように Profile Migration Tool Parameters ウィンドウに必要なコマンドを入力し、OK をクリックします。


) 使用できるコマンド ライン オプションのリストとプロファイル移行ツールの詳細は、付録D「プロファイル移行ツールの使用」を参照してください。


Limit Functionality to the System Tray Icon

ユーザによるクライアント アダプタの管理に ASTU だけを使用するよう制限するかどうかを指定します。

オプション: Yes または No

デフォルト: No


) Yes を選択すると、ユーザは Windows デスクトップの ADU アイコンを使用できません。ASTU だけを使用できます。


ユーザ特権の設定

User Settings のパラメータを使用すると、クライアント アダプタ ソフトウェアのインストール後に、ユーザの特権を指定できます。 表4-2 は、User Settings のパラメータの説明とそのデフォルト値を示しています。パラメータを変更する場合は、表の指示に従ってください。

 

表4-2 User Settings

設定
説明

Allow User to Create a Profile

ADU を使用したプロファイルの作成をユーザに認めるかどうかを指定します。

オプション: Yes または No

デフォルト: Yes


) No を選択すると、次の例外を除いて、User Settings のすべてのパラメータが使用できなくなります。
- Allow user to Export a Profile
- Prompt the User Before Initiating Automatic PAC Provisioning


Allow User to Modify a Profile

ADU を使用したプロファイルの変更をユーザに認めるかどうかを指定します。

オプション: Yes または No

デフォルト: Yes

Allow User to Remove a Profile

ADU を使用したプロファイルの削除をユーザに認めるかどうかを指定します。

オプション: Yes または No

デフォルト: Yes


) 対象のユーザが作成したプロファイルだけを削除できます。


Allow User to Import a Profile

ADU を使用したプロファイルのインポートをユーザに認めるかどうかを指定します。

オプション: Yes または No

デフォルト: Yes

Allow User to Export a Profile

ADU を使用したプロファイルのエクスポートをユーザに認めるかどうかを指定します。

オプション: Yes または No

デフォルト: Yes

Allow User to Modify Automatic PAC Provisioning in Profiles

EAP-FAST プロファイルに対する Protected Access Credentials(PAC)の自動プロビジョニングの無効化をユーザに認めるかどうかを指定します。

オプション: Yes または No

デフォルト: No


PAC の自動プロビジョニングでは、EAP-FAST 認証時に無線リンク経由で PAC を自動的に取得できます。


Prompt User Before Initiating Automatic PAC Provisioning

PAC がユーザのコンピュータで見つからない場合に、EAP-FAST 認証に対する PAC の自動プロビジョニングを示すプロンプトをユーザに表示するかどうかを指定します。

オプション: Yes または No

デフォルト: No


) Yes を選択すると、PAC が見つからない場合は常に PAC の自動プロビジョニングを示すプロンプトがユーザに表示されます。No を選択すると、PAC が見つからない場合は常に、(ユーザに対するプロンプトなしに)PAC が自動的にプロビジョニングされます。


Profile Settings の設定

Profile Settings のパラメータを使用すると、ユーザのコンピュータでのプロファイルの管理方法を制御できます。 表4-3 は、Profile Settings のパラメータの説明とそのデフォルト値を示しています。パラメータを変更する場合は、表の指示に従ってください。

 

表4-3 Profile Settings のパラメータ

パラメータ
説明

Enable Profile Management

ユーザのコンピュータで ADU のプロファイル管理機能を有効にするかどうかを指定します。

オプション: Yes または No

デフォルト: Yes


) No を選択すると、ADU の Profile Management タブがユーザに対して非表示になりますが、そのユーザは、ASTU アイコンを右クリックしてプロファイルを選択することによって、任意のプロファイルを選択できます。



) No を選択すると、次の例外を除いて、User Settings のすべてのパラメータが使用できなくなります。Prompt the User Before Initiating Automatic PAC Provisioning


Update Existing Profiles

Install Wizard によって ACAU コンフィギュレーション ファイルから新しいプロファイルがインストールされたときの、ユーザの既存プロファイルに対する処理を指定します。

オプション: Overwrite または Append

デフォルト: Overwrite

Update existing Profiles
説明

Overwrite

既存のプロファイルはすべて削除され、ACAU コンフィギュレーション ファイルからの新しいプロファイルに置換されます。

Append

ACAU コンフィギュレーション ファイル内のものと同じ名前の既存プロファイルはそのまま残ります。その他の既存プロファイルはすべて保持されます。

Force Auto Select Profiles

ADU でプロファイルが自動的に選択されるようにするのか、あるいはユーザによる手動のプロファイル選択を認めるのかを指定します。

オプション: Yes または No

デフォルト: No


Yes を選択すると、ユーザは ADU で手動でプロファイルを選択できません。プロファイルは自動的に選択されます。また、ADU の Profile Management ウィンドウ、Available Infrastructure ウィンドウ、および Ad Hoc Networks ウィンドウの Activate ボタンでは、新規プロファイルの作成だけを実行でき、ネットワークを有効にすることはできません。


ASTU Settings の設定

ASTU Settings のパラメータを使用すると、Aironet System Tray Utility(ASTU)を設定できます。ASTU は、ADU で使用できる機能の一部をまとめたオプション アプリケーションです。具体的には、クライアント アダプタのステータス情報の確認、および基本的な作業の実行が可能です。ASTU は Windows システム トレイのアイコンから使用できるため、アクセスしやすく使いやすくなっています。Place ADU Icon in the System Tray パラメータを Yes に設定した場合にだけ、システム トレイにアイコンが表示されます。

ASTU Settings のパラメータでは、ユーザに対して ASTU 機能を使用可能にするかどうかを指定します。 表4-4 は、ASTU Settings のパラメータの説明とそのデフォルト値を示しています。パラメータを変更する場合は、表の指示に従ってください。

 

表4-4 ASTU Settings のパラメータ

パラメータ
説明

Preferences

ユーザが Aironet System Tray Utility Preferences ウィンドウにアクセスできるかどうかを指定します。このウィンドウでは、ユーザは ADU と ASTU を実行するタイミングを指定したり、ASTU ポップアップ メニューに表示されるオプションを選択したりできます。

オプション: Yes または No

デフォルト: Yes


) Yes を選択すると、ユーザがシステム トレイの ADU アイコンを右クリックして、Preferences をクリックしたときに、(次に示した)Aironet System Tray Utility Preferences ウィンドウが表示されます。No を選択すると、ユーザはこのウィンドウを開くことができません。


Help

ユーザが ASTU からオンライン ヘルプにアクセスできるかどうかを指定します。

オプション: Yes または No

デフォルト: Yes


) No を選択した場合でも、ADU の Help ドロップダウン メニューからオンライン ヘルプにアクセスできます。


Exit

ユーザが ASTU から ADU を終了できるかどうかを指定します。

オプション: Yes または No

デフォルト: Yes


) No を選択した場合でも、ユーザは、ADU の Action ドロップダウン メニューから Exit を選択するか、任意の ADU メイン ウィンドウの右上隅にある X をクリックすることによって、ADU を終了できます。


Open Aironet Desktop Utility

ユーザが ASTU から ADU を開けるかどうかを指定します。

オプション: Yes または No

デフォルト: Yes


No を選択した場合に、Setup Settings の Place ADU Icon on Desktop パラメータが Yes に設定されていると、ユーザは Windows デスクトップのアイコンから ADU を開くことができます。


Troubleshooting

ユーザが ASTU からトラブルシューティング テストを実行できるかどうかを指定します。

オプション: Yes または No

デフォルト: Yes


) No を選択した場合でも、ユーザは、Action ドロップダウン メニューまたは Diagnostics タブから Troubleshooting を選択することによって、ADU からトラブルシューティング テストを実行できます。


Disable Radio

ユーザが ASTU からクライアント アダプタの無線を無効にできるかどうかを指定します。

オプション: Yes または No

デフォルト: Yes


) No を選択した場合でも、ADU の Action ドロップダウン メニューから Disable Radio を選択することによって無線を無効にできます。


手動ログイン

手動プロンプトで LEAP または EAP-FAST ユーザ名およびパスワードを入力するように設定されているプロファイルに対して、ユーザが ASTU を使用して認証プロセスを手動で起動できるかどうかを指定します。

オプション: Yes または No

デフォルト: Yes


) 手動の LEAP または EAP-FAST プロファイルの設定および認証プロセスの詳細は、「セキュリティ パラメータの設定」を参照してください。


Reauthenticate

ユーザが ASTU を使用して、クライアント アダプタで有効なプロファイルのユーザ名とパスワードを使用して再認証が試行されるよう強制できるかどうかを指定します。

オプション: Yes または No

デフォルト: Yes


) この機能は、EAP 対応のプロファイルだけに使用できます。



) No を選択した場合でも、ユーザは、ADU の Action ドロップダウン メニューから Reauthenticate を選択することによって再認証を実行できます。


Select Profile

ユーザが ASTU を使用してプロファイルを有効にできるかどうかを指定します。

オプション: Yes または No

デフォルト: Yes


) ユーザが ASTU でプロファイルを選択すると、クライアント アダプタは、そのプロファイルに設定されているパラメータを使用してアクセス ポイントへの接続を確立しようとします。選択されたプロファイルを使用して、アクセス ポイントへのアソシエーションに失敗したり、アソシエーションが失われたりした場合でも、クライアント アダプタは別のプロファイルを使用してアソシエートし直そうとはしません。



) No を選択した場合でも、ユーザは ADU のプロファイル マネージャを使用してプロファイルを有効にできます。


Show Connection Status

ユーザが ASTU の Connection Status ウィンドウを表示できるかどうかを指定します。

オプション: Yes または No

デフォルト: Yes


) No を選択すると、ユーザは ASTU の Connection Status ウィンドウを使用できません。ただし、ADU の Current Status ウィンドウおよび Advanced Status ウィンドウからステータス情報を確認することができます。