ワイヤレス : Cisco Aironet アンテナとアクセサリ

チャネル グリッド吊り天井用 Cisco Aironet コンバータ クリップ(AIR-ACC-CLIP-20)

チャネル グリッド吊り天井用 Cisco Aironet コンバータ クリップ(AIR-ACC-CLIP-20)
発行日;2012/01/20 | 英語版ドキュメント(2010/06/16 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

チャネル グリッド吊り天井用 Cisco Aironet コンバータ クリップ(AIR-ACC-CLIP-20)

目次

概要

必要な工具と備品

アンテナの取り付け

1130 シリーズ アクセス ポイントの取り付け

チャネル グリッド吊り天井用 Cisco Aironet コンバータ クリップ(AIR-ACC-CLIP-20)

このドキュメントでは、チャネル グリッド吊り天井用の AIR-ACC-CLIP-20 コンバータ クリップ(以下、コンバータ クリップと呼びます)について説明します。コンバータ クリップは、Cisco Aironet 1130 シリーズ アクセス ポイントと特定の Cisco Aironet アンテナをチャネル グリッド吊り天井システムに取り付ける場合に使用できます。

概要

コンバータ クリップ(図1)は、1130 シリーズ アクセス ポイントと、次の Cisco Aironet アンテナの取り付けに使用できます。

AIR-ANT2430V-R

AIR-ANT5140V-R

AIR-ANT5145V-R

AIR-ANT5959

図1 コンバータ クリップ

 

コンバータ クリップはキットとして出荷されます。このキットには、デバイスを 10 個まで取り付けることができるように、20 個のクリップが含まれています。

必要な工具と備品

アンテナまたはアクセス ポイントの取り付けには、次の工具と備品が必要です。

鉛筆(非付属品)

定規

小型の標準ドライバ(非付属品)

吊り天井のタイルの切削およびトリミングに適した切削工具

マスキング テープ

アクセス ポイント取り付けプレート 1 個(1130 シリーズ アクセス ポイントに付属)

可調整アクセス ポイント取り付けブラケット 1 個(1130 シリーズ アクセス ポイントに付属)

8 x 32 インチの皿小ネジ 4 個(1130 シリーズ アクセス ポイントに付属)

アンテナの取り付け

チャネル グリッド吊り天井にアンテナを取り付けるには、コンバータ クリップが 2 個必要です。これらのクリップは天井チャネルに取り付けるので、取り付け前に分解しておく必要があります。図2 は、コンバータ クリップをチャネルに取り付ける方法、およびアンテナをコンバータ クリップに取り付ける方法を示しています。

図2 天井チャネルに取り付けられたアンテナ

 

 

1

チャネル コンバータ クリップ

2

アンテナ取り付け E-Z クリップ

吊り天井チャネルにアンテナを取り付ける手順は、次のとおりです。


ステップ 1 アンテナを取り付ける場所を決めます。

ステップ 2 チャネルの両側にある天井タイルを持ち上げます。必要な場合はタイルを取り外してください。

ステップ 3 定規を使用して、2 つのアンテナ E-Z クリップの中心から中心までの距離を測ります。

ステップ 4 コンバータ クリップを取り付けるチャネルに、鉛筆を使って、手順 3 で測定した距離の印を付けます。印は、コンバータ クリップを取り付けるときに見えるように、チャネルの上に付けるようにします。

ステップ 5 取り付けキットから 2 つのコンバータ クリップを外します。

ステップ 6 親指と人差し指で OFF 側のタブを押し込んで、それぞれのコンバータ クリップを分解します。図3 を参照してください。

図3 コンバータ クリップの分解

 

ステップ 7 コンバータ クリップの部品を、チャネルのそれぞれの側に 1 つずつ配置します。

a. 図3 に示すように、コンバータ クリップの ON の矢印が相互に向き合うように配置します。OFF 矢印は互いに逆向きになります。

ステップ 8 親指と人差し指で ON 側のタブを 2 つの部品がかみ合うまで強く押し込みます。

ステップ 9 もう 1 つのコンバータ クリップを取り付けます。

ステップ 10 コンバータ クリップを、手順 4 で付けた目印の上にそれぞれの中心がくるように配置します。

ステップ 11 小型の標準ドライバを使用してコンバータ クリップの 2 つの止めネジを締め、チャネルに固定します。止めネジは締めすぎないようにしてください。

ステップ 12 アンテナ用 E-Z クリップの位置を、コンバータ クリップの穴に合わせます。

ステップ 13 E-Z クリップをコンバータ クリップの穴に挿入し、クリップがそれ以上奥に行かなくなるまで押し込みます。

ステップ 14 アンテナ ケーブルをアクセス ポイントまたは延長ケーブルに接続します。

ステップ 15 天井タイルをチャネルまで下げます。タイルを外した場合は再び取り付けます。


 

1130 シリーズ アクセス ポイントの取り付け

チャネル グリッド吊り天井に 1130 シリーズ アクセス ポイントを取り付けるには、コンバータ クリップ 2 個、アクセス ポイント取り付けプレート、および可調整アクセス ポイント取り付けブラケットが必要です。コンバータ クリップは、可調整取り付けブラケットをチャネルに取り付けるのに使用します。アクセス ポイント取り付けプレートは、可調整取り付けブラケットに取り付け、アクセス ポイントは、取り付けプレートに取り付けます。

吊り天井チャネルにアクセス ポイントを取り付ける手順は、次のとおりです。


ステップ 1 アクセス ポイントを取り付ける場所を決めます。

ステップ 2 チャネルの両側にある天井タイルを持ち上げます。必要な場合はタイルを取り外してください。

ステップ 3 鉛筆で、チャネル レール上に 8.9cm(3 インチ)間隔で 2 つの目印を付けます。目印は、コンバータ クリップを取り付けるときに見えるように、チャネルの上のスペースに付けるようにします。


) この距離は、可調整アクセス ポイント取り付けブラケットのタブの間隔です。


ステップ 4 取り付けキットから 2 つのコンバータ クリップを外します。

ステップ 5 親指と人差し指で OFF 側のタブを押し込んで、それぞれのコンバータ クリップを分解します。図3 を参照してください。

ステップ 6 コンバータ クリップの部品を、チャネルのそれぞれの側に 1 つずつ配置します。

a. 図3 に示すように、コンバータ クリップの ON の矢印が相互に向き合うように配置します。OFF 矢印は互いに逆向きになります。

ステップ 7 親指と人差し指で ON 側のタブを 2 つの部品がかみ合うまで強く押し込みます。

ステップ 8 もう 1 つのコンバータ クリップを取り付けます。

ステップ 9 コンバータ クリップを、手順 3 で付けた目印の上にそれぞれの中心がくるように配置します。

ステップ 10 小型の標準ドライバを使用してコンバータ クリップの 2 つの止めネジを締め、チャネルに固定します。止めネジは締めすぎないようにしてください。

ステップ 11 可調整アクセス ポイント取り付けブラケットを開きます。図4 を参照してください。

図4 可調整アクセス ポイント用ブラケット

 

 

1

ここを押すと開く

2

ここを押すと閉じる

ステップ 12 可調整ブラケットのタブの位置を、コンバータ クリップの穴に合わせます。

ステップ 13 慎重に可調整ブラケットを閉じます。タブがコンバータ クリップの両側の穴に入ります。

ステップ 14 小型の標準ドライバを使用して、可調整アクセス ポイント取り付けブラケットの止めネジを締めます。

ステップ 15 アクセス ポイント取り付けプレートの位置を、可調整取り付けブラケットに合わせます。可調整取り付けブラケットの穴は、取り付けプレートの B の穴とぴたりと一致します。図5 を参照してください。

図5 アクセス ポイント取り付けプレート

 

 

1

鍵穴用クリップ

5

T バー ハンガー用クリップ穴

2

ネジ穴(A、B、C)

6

セキュリティ ネジ穴

3

ネジ穴 X

7

パッドロック穴

4

ケーブル アクセス穴の場所

ステップ 16 8 x 32 インチの 4 個の皿小ネジを、取り付けプレートの B の穴に差し込みます。

ステップ 17 標準ドライバを使用してネジを締めます。きつく締めすぎないように注意してください。

ステップ 18 アクセス ポイントを取り付けプレートに取り付けます。

ステップ 19 天井タイルを下げます(または再び取り付けます)。