アドミニストレーション ガイド:Cisco Small Business WAP4410N PoE 対応ワイヤレス N アクセス ポイント
はじめに
はじめに
発行日;2012/05/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 7MB) | フィードバック

目次

はじめに

はじめに

この度は、Cisco WAP4410N PoE 対応ワイヤレス N アクセス ポイントをお買い上げいただき、誠にありがとうございます。

このアクセス ポイントでは、これまで以上に快適なワイヤレス ネットワークを実現できます。アクセス ポイントを使用すると、ワイヤレス ネットワークの範囲が広がり、モビリティが強化されるだけでなく、ワイヤレス ネットワークを有線環境に接続することもできます。

Wi-Fi Protected Setup(WPS)機能もサポートされるため、ワイヤレス ネットワークのセキュリティを簡単に設定および構成できます。

Cisco WAP4410N PoE 対応ワイヤレス N アクセス ポイントでは、通常の 12 VDC 電源アダプタに加えて Power over Ethernet(PoE)機能も提供されるため、単一のイーサネット ネットワーク ケーブルでデータと電力の供給を受けることができます。

WAP4410N アクセス ポイントは、IEEE が規定する 802.11n Draft 2.0 の仕様をサポートしています。また、混合環境における 802.11g クライアントと 802.11b クライアントもサポートします。このアクセス ポイントは、以前の 802.11b/g 技術より高速な 802.11n 接続をサポートできます。さらに、さまざまな方向からのデータ ストリームを送受信するための複数のアンテナを使用することで、より広いカバレッジを提供します。

ネットワークは、コンピュータ リソースを共有するための便利なツールです。各コンピュータから 1 つのプリンタにアクセスしたり、別のコンピュータのハード ドライブに置かれているデータにアクセスしたりできます。また、マルチプレーヤー ビデオ ゲームの実行にも、ネットワークが使用されます。このように、ネットワークは自宅やオフィスで使用されるだけでなく、趣味や娯楽にも活用されます。

有線ネットワークに接続されたコンピュータによって、Local Area Network(LAN; ローカル エリア ネットワーク)が構築されます。これらのコンピュータはイーサネット ケーブルで接続されるため、「有線」ネットワークと呼ばれます。

ワイヤレス クライアント カードまたはアダプタが搭載されたコンピュータの場合は、面倒なケーブル接続をせずに通信できます。転送範囲内で同じワイヤレス設定を共有することによって、ワイヤレス ネットワークが構築されます。

これは、Wireless Local Area Network(WAN; ワイヤレス ローカルエリア ネットワーク)とも呼ばれます。アクセス ポイントは、802.11n、802.11g、および 802.11b 規格のワイヤレス ネットワークと有線ネットワークをブリッジします。

このガイドの説明に従って、アクセス ポイントの接続と設定を行い、さまざまなネットワークをブリッジするように構成してください。ここに記載されている説明に従うだけで、アクセス ポイントを最大限に活用できます。