アドミニストレーション ガイド:Cisco Small Business WAP4410N PoE 対応ワイヤレス N アクセス ポイント
仕様
仕様
発行日;2012/05/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 7MB) | フィードバック

目次

仕様

仕様

ここでは、Cisco WAP4410N PoE 対応ワイヤレス N アクセス ポイントの詳細な仕様を示します。

 

WAP4410N の仕様

モデル
WAP4410N
標準規格
ドラフト IEEE802.11n、IEEE802.11g、IEEE802.11b、IEEE802.3、IEEE802.3u、IEEE802.3af(Power Over Ethernet)、802.1x(セキュリティ認証)、802.11i Security WPA/WPA2、WMM
ポート
イーサネット、電源
ボタン
[RESET]
ケーブル タイプ
UTP Cat 5e 以上
LED
[POWER]、[ETHERNET]、[WIRELESS]、[PoE]
オペレーティング システム
Linux
Web UI
ブラウザを使用したコンフィギュレーション用の、組み込みの Web UI(HTTP/HTTPS)
SNMP のバージョン
バージョン 1 および 2c
イベント ログ
E メールのログ、リモート Syslog
F/W の Web アップグレード
Web ブラウザを使用してファームウェアをアップグレード可能
診断および Flash
Flash、RAM、LAN、WLAN
DHCP
DHCP クライアント
HTTP リダイレクト
最初のユーザ アクセスを外部 Web サーバにリダイレクトして、会社のロゴ、またはネットワーク使用ポリシーを表示
IPv6 ホスト
IPv6 を介したアクセス ポイントの管理と制御をサポート。RFC2460 (IPv6 プロトコル)および RFC4294 (IPv6 ノード要件)をサポート
マルチ BSSID
最大で 4 つの BSSID をサポートし、複数の仮想アクセス ポイントの作成が可能
VLAN
802.1q をサポート(最大で 4 つの VLAN)
SSID から VLAN へのマッピング
SSID から VLAN へのマッピングをサポートして、ワイヤレス ドメインと有線ドメインでワークグループを安全に分離
802.1x サプリカント
イーサネット ポートで 802.1x サプリカントをサポートするため、AP がネットワークに対して AP 自体を認証可能
スパニング ツリー
分散システムで冗長リンクとして WDS リンクを使用する際にループを防ぐため、802.1d スパニング ツリー プロトコルをサポート
動作モード
アクセス ポイント モード、ポイントツーポイントのブリッジ モード、ポイントツーマルチポイントのブリッジ モード、リピータ モード、ワイヤレス クライアント モード
ロード バランシング
ユーザ定義の CPU 使用率で帯域幅を制御可能
自動チャネル選択
ブート時に、最も輻輳の少ないチャネルを AP が選択
802.11d
802.11d 規制ドメインのサポートにより、クライアントが規制ドメインを移動する際に、クライアント アクセスが容易になるように AP がクライアント デバイスの無線チャネルを設定
WEP/WPA/WPA2
WEP 64 ビット/128 ビット、WPA-TKIP、WPA2-AES、
WPA-Enterprise、および WPA2-Enterprise
アクセス コントロール
ワイヤレス接続制御:MAC ベース
SSID ブロードキャスト
SSID ブロードキャストの有効化/無効化
クライアントの分離
SSID 間でのワイヤレス クライアントの分離をサポート
802.1x
ワイヤレス クライアントを IEEE 802.1x で認証可能
802.1x サプリカント
イーサネット ポートで 802.1x サプリカントをサポートするため、AP がネットワークに対して AP 自体を認証可能
Radius サーバ
冗長化のため、最大で 2 台の Radius サーバを構成可能
WPS
ワイヤレス ネットワークを簡単かつ安全に設定するための Wi-Fi Alliance 規格、Wi-Fi Protected Setup(WPS)をサポート
不正 AP の検出
既知のアクセス ポイントとして分類されていない新しいアクセス ポイントを検出し、不正アクセス ポイントとしてログに記録。これにより、管理者はネットワーク内で未許可のデバイスを制御可能
QoS
4 キュー、802.1p VLAN プライオリティ、WMM Wireless プライオリティ、802.1p プライオリティの WMM プライオリティへのマッピングにより、エンドツーエンドの QoS を維持
スペクトル/変調
無線および変調の種類:802.11b/DSSS、11g/OFDM、11n/MIMO-OFDM
チャネル
動作チャネル:北米 11、大部分のヨーロッパ諸国(ETSI および日本) 13
内部アンテナ
なし
外部アンテナ
3 本(全方向性)
送信電力
FCC の場合の通常温度範囲での送信電力:
11b:16 dBm@1 TX、19 dBm@2 TX、20.5 dbm@3 TX
11g:13 dBm@1 TX、16 dBm@2 TX、19 dbm@3 TX
11n:20 dBm@MCSO~4/8~12、18 dBm@MCS5/13、14 dBm@MCS6/14、12 dBm@MCS7/15
ETSI の場合の通常温度範囲での送信電力:
11b/g/n:18.5 dBm
アンテナ ゲイン(dBi)
2
レシーバ感度
11.n:300 Mbps@ -69 dBm、11.g:54 Mbps@ -73 dBm、11.b:11 Mbps@ -88 dBm
デバイスの寸法
170x170x40.7 mm(6.69x6.69x1.60 インチ)
0.39 Kg (0.86 lbs)
電源
12 V 1 A DC 入力、および IEEE802.3af 準拠の PoE。最大消費電力は 10.1 ワット
適合認定
CC、CE、IC
動作温度
0 ~ 40℃(32 ~ 104°F)
保管温度
-20 ~ 70℃(-4 ~ 158°F)
動作湿度
10 ~ 85%、結露なきこと
保管湿度
5 ~ 90%、結露なきこと