ワイヤレス : Cisco Aironet 3600 シリーズ

Cisco Aironet アクセス ポイント モジュール の設置と取り外し

Cisco Aironet アクセス ポイント モジュールの設置と取り外し
発行日;2015/02/17 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco Aironet アクセス ポイント モジュールの設置と取り外し

互換性一覧表

関連資料

モジュールの設置

設置したモジュールの取り外し

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

Cisco Aironet アクセス ポイント モジュールの設置と取り外し

最終更新日: 2015 年 2 月 17 日

このマニュアルでは、次の Cisco Aironet アクセス ポイント モジュールの設置と取り外しの手順について説明します。

802.11ac 用 Cisco Aironet アクセス ポイント モジュール

ワイヤレス セキュリティ用 Cisco Aironet アクセス ポイント モジュール

このマニュアルは、次のように構成されています。

「互換性一覧表」

「関連資料」

「モジュールの設置」

「設置したモジュールの取り外し」

「マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート」

互換性一覧表

モジュール
サポートされる Cisco Aironet シリーズ アクセス ポイント
サポートされるソフトウェア リリース

802.11ac モジュール

3600

AireOS ワイヤレス コントローラに付属している Cisco Unified Wireless Network ソフトウェア リリース:

3600 シリーズ アクセス ポイント用 802.11ac Wave 1 モジュールのサポートの場合は、7.5 以降。

Cisco IOS XE ソフトウェア リリース:

3600 シリーズ アクセス ポイント用 802.11ac Wave 1 モジュールの場合は、3.3.0SE 以降。

ワイヤレス セキュリティ モジュール(WSM)

3600

AireOS ワイヤレス コントローラに付属している Cisco Unified Wireless Network ソフトウェア リリース:

3600 シリーズ アクセス ポイント用ワイヤレス セキュリティ モジュールのサポートの場合は、7.4 以降。

Cisco IOS XE ソフトウェア リリース:

3600 シリーズ アクセス ポイント用 802.11ac Wave 1 モジュールの場合は、3.3.0SE 以降。

3700

AireOS ワイヤレス コントローラに付属している Cisco Unified Wireless Network ソフトウェア リリース:

3700 シリーズ アクセス ポイント用ワイヤレス セキュリティ モジュールのサポートの場合は、7.6 以降。

Cisco IOS XE ソフトウェア リリース:

現在、サポートされていません。今後予定されているサポート。

関連資料

[Cisco Aironet Access Point Modules] ページ:このページでは、サポートされるモジュール モデルおよび対応するマニュアルなどの情報へのリンクを提供しています。このページは次の URL にあります。

http://www.cisco.com/c/en/us/products/interfaces-modules/aironet-access-point-modules/index.html

[Cisco Aironet Access Point Module for 802.11ac Data Sheet]:次の URL にあります。

http://www.cisco.com/c/en/us/products/collateral/interfaces-modules/aironet-access-point-module-802-11ac/data_sheet_c78-727794.html

[Cisco Aironet Access Point Module for Wireless Security Data Sheet]:次の URL にあります。

http://www.cisco.com/c/en/us/products/collateral/wireless/aironet-3600-series/data_sheet_c78-720719.html

モジュールの設置

モジュールを設置するには、以下の手順に従ってください。


ステップ 1 パッケージからモジュールを取り外します。

ステップ 2 アクセス ポイントの電源を切ります。


) AP の電源が入っているときにモジュールを設置すると、AP がリブートします。


ステップ 3 次の図のように、アクセス ポイントの背面からモジュール ポート保護カバーを外して、2 というラベルの付いているモジュール ポート コネクタが見えるようにします。
モジュールの PCIe コネクタは AP のモジュール ポート コネクタに収まります。

1

モジュールのアンテナのための開口部

2

着脱式モジュール ポート保護カバー

ステップ 4 PCIe コネクタをアクセス ポイントの背面のモジュール ポート コネクタに合わせ、カチッと音がするまでモジュールを押し込みます。モジュールの中央をしっかり押して、AP のモジュール ポート コネクタに PCIe コネクタを正しく固定します。

ステップ 5 モジュールのつまみネジは、手作業でのみネジ締めします。
それぞれのネジが完全に固定されるまで手で締め付け、それ以上締め付けられないことを確認します。ネジをしっかり締め付けないと、モジュールが検出されず、正しく動作しません。


注意 ネジを締め付けるときは、プライヤやトルク レンチなどの機械式工具またはデバイスを使用しないでください。


注意 取り付けネジは、機械的に AP に無線モジュールを固定するために使用され、AP 内の無線モジュール検出回路に不可欠な部品となります。したがって、AP によって無線モジュールが確実に検出されるようにするには、取り付けネジを最大限の深さまで取り付けて、手作業で可能な限りしっかりと締め付ける必要があります。
たとえば、取り付けネジを正しく取り付けず、十分締め付けていないと、AP によって無線モジュールが検出されない場合や機械的衝撃/振動の影響などで AP が予期せずリブートする場合があります。ただし、取り付けネジを締め付けるときは、機械的な利点を活かすための工具やデバイスを使用しないでください。それらを使用すると、取り付けネジ、無線モジュール、または AP が永続的な損傷を受ける可能性があります。

ステップ 6 アクセス ポイントの電源を投入します。
アクセス ポイントが起動すると、モジュールが検出されます。


 

設置したモジュールの取り外し

設置したモジュールを取り外すには、次の手順に従ってください。


ステップ 1 アクセス ポイントの電源を切ります。


注意 AP の電源が入っているときに取り付けネジを緩めたり、モジュールを取り外そうとすると、AP がリブートします。取り付けネジは、機械的に AP に無線モジュールを固定するために使用されるだけでなく、AP 内の無線モジュール検出回路に不可欠な部品です。

ステップ 2 モジュールのつまみネジを手作業で外します。

ステップ 3 モジュールを静かに引き出します。

ステップ 4 アクセス ポイントの電源を投入します。


 

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation 』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。