Cisco Aironet アクセス ポイント Cisco IOS ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS リリース 12.4(10b)JA および 12.3(8)JEC
索引
Index
発行日;2013/04/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

Index

数字

1130 シリーズのインジケータ 22-6

1240 シリーズのインジケータ 22-9

1300 屋外アクセス ポイント/ブリッジのインジケータ 22-14

350 シリーズ ブリッジの相互運用性 8-3

802.11d 6-24

802.11e 15-2

802.11g 6-35

802.11i 6-28

802.11n ガード間隔 6-22

802.11n チャネル幅 6-17

802.1H 6-29

802.1X サプリカント

EAP 方式プロファイルの作成と適用 4-33

インターフェイスまたは SSID へのクレデンシャルの適用 4-31

クレデンシャル プロファイルの作成 4-30

設定 4-30

802.1X 認証 9-2

A

accounting コマンド 7-5

ACL のロギング 7-13

AES-CCMP 10-2

Aironet Client Utility(ACU) 22-19

Aironet 拡張機能 6-16, 6-29

ampdu コマンド 15-5

antenna コマンド 6-27

[Apply] ボタン 2-6

ARP

キャッシング 5-27

authentication client コマンド 7-5

B

[Back] ボタン 2-6

beacon dtim-period コマンド 6-33

beacon period コマンド 6-33

BR350 の相互運用性 8-3

bridge-group コマンド 6-32

broadcast-key コマンド 11-16

BSSID 7-8

C

Called-Station-ID

「CSID」を参照

[Cancel] ボタン 2-6

Catalyst 6500 シリーズ 12-1

CCKM 11-6

認証クライアント 11-6

CCK 変調 6-15

CDP

イネーブルとディセーブル

インターフェイス上で 17-4

モニタリング 17-5

ルーティング デバイスをディセーブルにする 17-4

cdp enable コマンド 17-4

cdp run コマンド 17-3

Cisco Discovery Protocol(CDP) 17-1

Cisco Key Integrity Protocol(CKIP) 6-28

Cisco TAC 22-1

CiscoWorks 2000 18-4

clear コマンド 3-2

CLI 3-1

Telnet 3-9

エラー メッセージ 3-4

コマンド出力のフィルタリング 3-8

コマンドの no 形式と default 形式 3-3

コマンドの短縮形 3-3

コマンド モード 3-2

セキュア シェル(SSH) 3-9

ターミナル エミュレータ設定 4-6

ヘルプを使用する 3-3

編集機能

イネーブルとディセーブル 3-6

キーストローク編集 3-6

ラップされた行 3-7

履歴 3-4

コマンドを呼び出す 3-5

説明 3-4

ディセーブルにする 3-5

バッファ サイズを変更する 3-5

countermeasure tkip hold-time コマンド 11-18

CSID 形式、選択 13-14

D

debug コマンド 21-2

default コマンド 3-3, 3-4

Delivery Traffic Indication Message(DTIM) 6-33

del コマンド 22-22

DFS 6-18

DFS(Dynamic Frequency Selection、動的周波数選択) 6-18

DHCP サーバ

IP 設定の受信 4-13

アクセス ポイントの設定 5-23

Diversity 6-26

DNS

概要 5-34

設定する 5-35

設定を表示する 5-36

デフォルト設定 5-35

dot11 aaa mac-authen filter-cache コマンド 11-16

dot11 extension aironet コマンド 6-29

dot11 extension power native コマンド 4-29

dot11 holdoff-time コマンド 11-17

dot11 interface-number carrier busy コマンド 6-36

dot1x client-timeout コマンド 11-17

dot1x reauth-period コマンド 11-18

DTIM 6-33

E

EAP-FAST 9-1, 9-2

EAP-FAST 認証 11-21

EAP-MD5 認証

クライアントとアクセス ポイントでの設定 11-23

EAP-SIM 認証

クライアントとアクセス ポイントでの設定 11-23

EAP-TLS

EAP 方式プロファイルの適用 11-18

EAP-TLS 認証

クライアントとアクセス ポイントでの設定 11-22

EAP 認証、概要 11-4

enable secret password 5-6

encapsulation dot1q コマンド 14-6

encryption コマンド 10-4

Ethertype フィルタ xxi, 16-1

Express Security ページ 2-5, 4-17

Express Setup ページ 2-5

F

Flash 20-1

fragment-threshold コマンド 6-35

FTP

MIB ファイルにアクセスする B-2

イメージ ファイル

アップロードする 20-28

サーバを準備する 20-25

ダウンロードする 20-26

古いイメージを削除する 20-28

設定ファイル

アップロードする 20-15

概要 20-13

サーバを準備する 20-14

ダウンロードする 20-14

G

get-bulk-request オペレーション 18-3

get-next-request オペレーション 18-3, 18-4

get-request オペレーション 18-3, 18-4

get-response オペレーション 18-3

Gratuitous Probe Response(GPR)

有効化と無効化 6-27

guest-mode コマンド 7-5

H

help 2-15

Home ボタン 2-5

HTTPS 2-6

I

infrastructure-client コマンド 6-31

infrastructure-ssid コマンド 7-6

interface dot11radio コマンド 1-1, 1-3, 6-2

ip domain-name コマンド 5-36

ip redirect コマンド 7-13

IP サブネット マスク 4-14

IP フィルタ 16-10

IP リダイレクション 7-12, 7-13

ISO 識別番号、プロトコルの A-1

L

LBS 6-23

LEAP 認証

クライアントとアクセス ポイントでの設定 11-21

ローカル認証 9-1

LED インジケータ

イーサネット 22-4

ステータス 22-4

無線トラフィック 22-4

M

MAC アドレス

ACL、アソシエーションのブロック 16-7

トラブルシューティング 22-19

フィルタ xxi, 16-1, 16-3

MAC 認証キャッシング 11-16

MAC ベースの認証 9-1, 9-2

MCS レート 6-12, 6-13

Message Integrity Check(MIC) 6-28, 10-1, 22-19

MIB

FTP でファイルにアクセスする B-2

SNMP の相互作用 18-4

概要 18-2

ファイルの場所 B-2

MIC 10-1

Microsoft IAS サーバ 11-2

MODE ボタン 22-22

Mode ボタン

無効化 5-2

有効化 5-2

N

Network-EAP 11-4

no shutdown コマンド 3-3

no コマンド 3-3

O

OFDM 6-15

[OK] ボタン 2-6

P

packet retries コマンド 6-34

payload-encapsulation コマンド 6-30

PEAP 認証

クライアントとアクセス ポイントでの設定 11-23

permit tcp-port コマンド 7-13

Per-VLAN Spanning Tree(PVST) 8-3

power client コマンド 6-16

power local コマンド 6-14

Public Secure Packet Forwarding(PSPF) 6-31

Q

QBSS 15-3

dot11e パラメータ 15-3

QoS

dot11e コマンド 15-10

QBSS Load IE 15-10

概要 15-2

設定時の注意事項 15-5

Quality Of Service

「QoS」を参照

R

RADIUS

AAA サーバ グループを定義する 5-12, 13-9

SSID 7-2

概要 13-2

サーバを指定する 13-4

設定

ローカル サーバとしてのアクセス ポイント 9-2

設定する

アカウンティング 13-13

通信、グローバル 13-5, 13-15

通信、サーバ単位 13-4, 13-5

認可 5-14, 13-11

認証 5-10, 13-7

複数 UDP ポート 13-5

設定を表示する 5-15, 13-19

操作 13-2

属性

CSID 形式、選択 13-14

WISPr 13-18

アクセス ポイントによる送信 13-20

ベンダー固有 13-16

ベンダー専用 13-17

デフォルト設定 5-10, 13-4

ネットワーク環境の提案 13-2

方式リスト、定義済み 13-4

ユーザに対するサービスを制限する 5-14, 13-11

ユーザによってアクセスされるサービスをトラッキングする 13-13

ローカル認証 9-2

range 4-15

RCP

イメージ ファイル

アップロードする 20-33

サーバを準備する 20-29

ダウンロードする 20-31

古いイメージを削除する 20-33

設定ファイル

アップロードする 20-19

概要 20-16

サーバを準備する 20-17

ダウンロードする 20-18

Remote Authentication Dial-In User Service

「RADIUS」を参照

Request To Send(RTS) 6-33

RFC

1157、SNMPv1 18-2

1901、SNMPv2C 18-2

1902 ~ 1907、SNMPv2 18-2

root 4-14

rts retries コマンド 6-34

rts threshold コマンド 6-34

RTS しきい値 6-33

S

service-type 属性 11-2

set BOOT コマンド 22-26

set-request オペレーション 18-4

set コマンド 22-26

Shared Key 11-6

show cdp traffic コマンド 17-5

show dot11 associations コマンド 7-7

show ip interface コマンド 4-4

show コマンド 3-2

slot-time-short コマンド 6-35

SNMP

MIB 変数にアクセスする 18-4

snmp-server view 18-11

エージェント

説明 18-4

ディセーブルにする 18-6

概要 18-2, 18-4

コミュニティ ストリング

概要 18-4

設定する 18-6

コミュニティ名 4-14

サーバ グループ 18-8

サポートされるバージョン 18-2

システム接点と場所 18-11

システム ログ メッセージを NMS に対して制限する 21-8

シャットダウン メカニズム 18-9

ステータス、表示する 18-13

設定例 18-11

デフォルト設定 18-5

トラップ

イネーブルにする 18-9

概要 18-2, 18-4

説明 18-3

タイプ 18-9

トラップ マネージャ、設定する 18-9

マネージャ機能 18-3

SNMP、FTP MIB ファイル B-2

snmp-server group コマンド 18-8

SNMP バージョン、サポートされる 18-2

SNTP

概要 5-28

speed コマンド 6-10

SSH 3-9

SSH Communications Security, Ltd. 3-9

暗号ソフトウェア イメージ 5-26

設定 5-26

設定の表示 5-26

説明 5-26

SSID 7-2, 14-6

VLAN 7-2

ゲスト モード 7-2

スペースの使用 7-7

トラブルシューティング 22-18

複数の SSID 7-1

無効な文字 7-5, 11-10

ssid コマンド 7-5, 11-10, 14-6

規則 11-10

SSL 2-6

station role コマンド 6-4

STP

BPDU メッセージ交換 8-3

インターフェイスの状態

概要 8-6

ディセーブル 8-8

転送する 8-7, 8-8

ブロッキング 8-7

ラーニング 8-8

リスニング 8-8

下位 BPDU 8-4

概要 8-2

指定スイッチ、定義済み 8-4

指定ポート、定義済み 8-4

ステータスを表示する 8-15

タイマー、説明 8-5

優位 BPDU 8-4

ルート ポート、定義済み 8-4

switchport protected コマンド 6-32

Syslog

「システム メッセージ ロギング」を参照

T

TAC 22-1

TACACS+

アカウンティング、定義済み 13-23

概要 13-23

サーバを指定する 13-25

設定する

アカウンティング 13-28

認可 5-17, 13-27

認証キー 13-25

ログイン認証 5-16, 13-26

設定を表示する 5-18, 13-28

操作 13-23

デフォルト設定 5-15, 13-24

認可、定義済み 13-23

認証、定義済み 13-23

ユーザに対するサービスを制限する 5-17, 13-27

ユーザによってアクセスされるサービスをトラッキングする 13-28

tar ファイル

イメージ ファイルの形式 20-21

作成する 20-6

抽出する 20-8

内容を表示する 20-6

Telnet 3-9, 4-29

Temporal Key Integrity Protocol(TKIP) 10-1

Terminal Access Controller Access Control System Plus

「TACACS+」を参照

terminal history コマンド 3-5

terminal width コマンド 3-8

TFTP 22-25

イメージ ファイル

アップロードする 20-24

サーバを準備する 20-21

削除する 20-24

ダウンロードする 20-22

設定ファイル

アップロードする 20-12

サーバを準備する 20-11

ダウンロードする 20-12

パスワード 5-5

tftp_init コマンド 22-25

TFTP サーバ 22-22

TKIP 6-28, 10-1, 10-3

U

UNIX Syslog サーバ

サポートされる機能 21-11

デーモンの設定 21-10

メッセージ ロギング設定 21-10

V

VLAN

SSID 7-2

名前 14-7

ローカル認証 9-2

vlan コマンド 7-5, 14-6

W

W52 ドメイン

移行 5-38

WDS 12-1, 12-9

WDS 専用モードの設定 12-20

Web ブラウザ インターフェイス 1-3, 2-1

Web ブラウザ ボタン 2-3

Web ベースのインターフェイス

共通ボタン 2-5

互換性のあるブラウザ 2-1

WEP

EAP 11-4

キーの例 10-6

WEP キー 22-18

トラブルシューティング 22-18

WIDS 12-6

Wi-Fi Multimedia 15-4

Wi-Fi Protected Access

「WPA」を参照

Wi-Fi Protected Access(WPA) 4-21

Wireless Intrusion Detection Service 12-1

Wireless LAN Services Module 12-2

WISPr RADIUS 属性 13-18

WMM 15-4

world-mode コマンド 6-25

WPA 11-7

wpa-psk コマンド 11-15

WPA 移行モード 11-14

アカウンティング

RADIUS での 13-13

TACACS+ での 13-23, 13-28

アクセス ポイントのセキュリティ設定、クライアント デバイスとのマッチング 11-21

アクセス ポイント ブリッジ インターフェイス、サポートされない 7-13

アソシエーション、MAC アドレスによる制限 16-7

アップグレードする、ソフトウェア イメージを

「ダウンロードする」を参照

アップグレード ユーティリティ(日本)

W52 ドメインへの移行 5-38

移行の確認 5-40

アップロードする

イメージ ファイル

FTP を使用する 20-28

RCP を使用する 20-33

TFTP を使用する 20-24

準備する 20-21, 20-25, 20-29

理由 20-20

設定ファイル

FTP を使用する 20-15

RCP を使用する 20-19

TFTP を使用する 20-12

準備する 20-11, 20-14, 20-17

理由 20-9

アドレス解決プロトコル(ARP) 6-30

暗号化されたソフトウェア イメージ 5-26

暗号化、パスワードの 5-5

暗号ソフトウェア イメージ 5-26

アンテナ

選択 6-27

イーサネット インジケータ 22-4

イーサネットの速度とデュプレックスの設定 5-18

移行モード、WPA 11-14

位置決定パケット 6-23

位置情報サービス 6-23

移動、カーソルの(CLI) 3-6

イネーブル パスワード 5-5

イベント メッセージ C-1

イベント ログ 2-6

イメージ、オペレーティング システム 22-22

印刷 2-15

インジケータ 22-2

インターフェイス 2-5

CLI 3-1

Web ブラウザ 2-1

インターフェイス コンフィギュレーション モード 3-2

エラー メッセージ

802.11 サブシステム メッセージ C-7

Cisco Discovery Protocol メッセージ C-26

CLI 3-4

LWAPP エラー メッセージ C-26

SNMP エラー メッセージ C-28

SSH エラー メッセージ C-29

アクセス ポイント/ブリッジ メッセージ C-25

アクセス ポイント間プロトコル メッセージ C-20

アソシエーション管理メッセージ C-5

解凍メッセージ C-7

外部 RADIUS サーバ エラー メッセージ C-26

コマンド入力中の 3-4

システム メッセージ形式 21-2

重大度 21-7

説明 C-2

センサー メッセージ C-27

ソフトウェア自動アップグレード メッセージ C-3

表示先デバイスの設定 21-5

ミニ IOS メッセージ C-25

ローカル認証サーバ メッセージ C-21

エラー メッセージとイベント メッセージ C-1

オーセンティケータ 9-1

オプションの ARP キャッシング 5-27

主な特長 1-2

折り返し(CLI コマンド) 3-7

ガード間隔 6-22

カプセル化方式 6-30

簡易ネットワーク管理プロトコル

「SNMP」を参照

簡易ネットワーク タイム プロトコル

「SNTP」を参照

簡易ファイル転送プロトコル(TFTP)

「TFTP」を参照

管理

CLI 3-1

管理フレーム保護 12-25

概要 12-26

ブロードキャスト管理フレーム 12-26

ユニキャスト管理フレーム 12-26

ルート モードのアクセス ポイント 12-27

管理フレーム保護 2

設定 12-27

キー入力(CLI コマンドの編集) 3-6

基本設定

確認 22-18

キャッシング、MAC 認証の 11-16

キャプチャ、フレームの 12-31

キャリア話中検査 6-36

今日のお知らせ(MOTD) 5-36

クライアント ARP キャッシング 5-27

クライアント MFP 12-26, 12-27

クライアント間の通信、ブロック 6-31

クライアントの通信、ブロック 6-31

クライアントの電力レベル、制限 6-15

グループ キー更新 11-15

グローバル コンフィギュレーション モード 3-2

ゲイン 6-26

ゲスト SSID 7-2

権限レベル

概要 5-3, 5-8

既存の 5-9

コマンドを設定する 5-8

ロギング 5-9

高速安全ローミング 12-1

コマンド

accounting 7-5

antenna 6-27

authentication client 7-5

beacon dtim-period 6-33

beacon period 6-33

bridge-group 6-32

broadcast-key 11-16

cdp enable 17-4

cdp run 17-3

clear 3-2

countermeasure tkip hold-time 11-18

debug 21-2

default 形式 3-4

del 22-22

dot11 aaa mac-authen filter-cache 11-16

dot11 extension aironet 6-29

dot11 holdoff-time 11-17

dot11 interface-number carrier busy 6-36

dot1x client-timeout 11-17

dot1x reauth-period 11-18

encapsulation dot1q 14-6

encryption 10-4

fragment-threshold 6-35

guest-mode 7-5

help 3-3

infrastructure-client 6-31

infrastructure-ssid 7-6

interface dot11radio 1-1, 1-3, 6-2

ip domain-name 5-36

ip redirect 7-13

no shutdown 3-3

no 形式と default 形式 3-3

packet retries 6-34

payload-encapsulation 6-30

permit tcp-port 7-13

power client 6-16

power local 6-14

rts retries 6-34

rts threshold 6-34

set 22-26

set BOOT 22-26

show 3-2

show dot11 associations 7-7

show ip interface 4-4

slot-time-short 6-35

speed 6-10

ssid 7-5, 11-10, 14-6

switchport protected 6-32

terminal history 3-5

terminal width 3-8

tftp_init 22-25

vlan 7-5, 14-6

world-mode 6-25

wpa-psk 11-15

権限レベルを設定する 5-8

ソート 3-8

短縮形 3-3

編集 3-6

呼び出し 3-5

コマンド station role 6-4

コマンド モード 3-2

コマンドライン インターフェイス

「CLI」を参照

コミュニティ ストリング

概要 18-4

設定する 18-6

サービス セット ID(SSID)

「SSID」を参照

最大 RTS リトライ回数 6-33

最大データ リトライ回数 6-34

再認証要求 11-2

シーケンス番号、ログ メッセージの 21-6

時刻

「SNTP とシステム クロック」を参照

自己修復、無線 LAN の 12-5

システム管理ページ 2-3

システム クロック

設定する

時間帯 5-30

手動で 5-29

夏時間 5-31

日時を表示する 5-30

システム プロンプト

デフォルト設定 5-33

システム名

手動での設定 5-33

デフォルト設定 5-33

「DNS」も参照

システム メッセージ ロギング

UNIX Syslog サーバ

サポートされる機能 21-11

デーモンを設定する 21-10

ロギング機能を設定する 21-10

イネーブルにする 21-4

エラー メッセージの重大度を定義する 21-7

概要 21-2

機能キーワード、説明 21-11

シーケンス番号、イネーブルとディセーブル 21-6

設定を表示する 21-12

タイム スタンプ、イネーブルとディセーブル 21-6

ディセーブルにする 21-4

デフォルト設定 21-3

表示宛先デバイスを設定する 21-5

メッセージの形式 21-2

メッセージを制限する 21-8

レート制限 21-9

レベル キーワード、説明 21-8

事前共有キー 11-15

ジッター 15-2

重大度、システム メッセージで定義する 21-7

省電力モードのクライアント デバイス 6-33

シリアル

シリアル ポート コネクタ 22-17

侵入検知 12-1

信頼性の問題 6-8

ステータス インジケータ 22-4

ステータス ページ 2-5

スペース、SSID 内の 7-7

スループット 4-15

制限、MAC アドレスによるクライアント アソシエーションの 16-7

制限、クライアントの電力レベル 6-15

制限する、アクセスを

RADIUS 5-10, 13-1

TACACS+ 5-15

概要 5-3

パスワードと権限レベル 5-3

制限付きチャネル スキャン 19-16

静的 WEP

Open 認証を使用、クライアントとアクセス ポイントでの設定 11-21

Shared Key 認証を使用、クライアントとアクセス ポイントでの設定 11-21

セキュア シェル

「SSH」を参照

セキュア リモート接続 5-26

セキュリティ 2-5

トラブルシューティング 22-19

セキュリティ機能

同期 11-21

セキュリティ設定、Express Security ページ 4-17

接続、セキュア リモート 5-26

設定 6-12, 6-22

設定ファイル

アップロードする

FTP を使用する 20-15

RCP を使用する 20-19

TFTP を使用する 20-12

準備する 20-11, 20-14, 20-17

理由 20-9

コピー時の無効な組み合わせ 20-5

作成時と使用上の注意事項 20-9

システム接点と場所の情報 18-11

タイプと場所 20-10

ダウンロードする

FTP を使用する 20-14

RCP を使用する 20-18

TFTP を使用する 20-12

準備する 20-11, 20-14, 20-17

理由 20-9

テキスト エディタを使用して作成する 20-10

保存された設定を削除する 20-19

設定例 6-13

相補コードキー入力(CCK)

「CCK」を参照

ソート(CLI コマンド) 3-8

属性、RADIUS

アクセス ポイントによる送信 13-20

ベンダー固有 13-16

ベンダー専用 13-17

ソフトウェア アップグレード

エラー メッセージとイベント メッセージ C-3

ソフトウェア イメージ 22-22

tar ファイル形式、説明 20-21

アップロードとダウンロード 20-1

フラッシュ内の場所 20-20

帯域幅 6-17

タイム ゾーン 5-30

ダウンロードする

イメージ ファイル

FTP を使用する 20-26

RCP を使用する 20-31

TFTP を使用する 20-22

準備する 20-21, 20-25, 20-29

古いイメージを削除する 20-24

理由 20-20

設定ファイル

FTP を使用する 20-14

RCP を使用する 20-18

TFTP を使用する 20-12

準備する 20-11, 20-14, 20-17

理由 20-9

短縮形、コマンドの 3-3

遅延 15-2

チャネル幅 6-17

直交周波数分割多重方式(OFDM)

「OFDM」を参照

通知 2-6

低電力状態 22-18

ディレクトリ

作業ディレクトリを表示する 20-4

作成と削除 20-4

変更する 20-4

データ ビーコン レート 6-33

データ リトライ 6-34

データ量 4-15

データ レート設定 6-7

デフォルト ゲートウェイ 4-14

デフォルト設定

DNS 5-35

RADIUS 5-10, 13-4

SNMP 18-5

TACACS+ 5-15, 13-24

システム名とプロンプト 5-33

システム メッセージ ロギング 21-3

パスワードと権限レベル 5-4

バナー 5-36

リセット 22-19

デフォルトの無線設定

説明 4-8

デフォルトのユーザ名 4-3

デュプレックス、イーサネット ポート 5-18

転送遅延時間

STP 8-7

電力レベル

クライアント デバイス上 6-15

無線 6-29

統計情報

CDP 17-5

SNMP 入力と出力 18-13

動的周波数選択

CLI コマンド 6-20

DFS が有効に設定されていることの確認 6-20

チャネルの設定 6-21

チャネルのブロック 6-21

特権 EXEC モード 3-2

ドメイン ネーム システム

「DNS」を参照

ドメイン名

DNS 5-34

トラップ 2-6

概要 18-2, 18-4

通知タイプ 18-9

定義済み 18-3

マネージャを設定する 18-9

有効化 18-9

トラブルシューティング 22-1, 22-6, 22-9, 22-18

1300 屋外アクセス ポイント/ブリッジのインジケータ 22-14

1300 屋外アクセス ポイント/ブリッジのパワー インジェクタ 22-16

CiscoWorks での 18-4

エラー メッセージ(CLI) 3-4

システム メッセージ ロギング 21-2

夏時間 5-31

名前、VLAN 14-7

認可

RADIUS での 5-14, 13-11

TACACS+ での 5-17, 13-23, 13-27

認証 3-9

AAA でのローカル モード 5-19

RADIUS

キー 13-5

ログイン 5-10, 13-7

SSID 7-2

TACACS+

キー 13-25

定義済み 13-23

ログイン 5-16, 13-26

認証サーバ

EAP 11-4, 13-2

ローカル サーバとしてのアクセス ポイントの設定 9-2

認証タイプ

Network-EAP 11-4

Open 11-2

Shared Key 11-3

ネットワーク マップ 2-5

パケット オブ ディスコネクト(PoD)

設定 13-12

パケット サイズ(断片化) 6-35

パスワード

暗号化 5-5

概要 5-3

設定する

イネーブル 5-4

シークレットをイネーブルにする 5-5

ユーザ名での 5-7

デフォルト設定 5-4

パスワードのリセット 22-19

バックアップ認証サーバ、ローカル 9-1

バックオフ 6-35

バナー

設定する

Message-of-the-Day ログイン 5-36

ログイン 5-38

デフォルト設定 5-36

表示時 5-36

ビットフリップ攻撃 6-28

非ルート 4-14

ファームウェア

アップグレード 2-1

バージョン 2-6

ファイル

tar

イメージ ファイルの形式 20-21

作成する 20-6

抽出する 20-8

内容を表示する 20-6

コピーする 20-5

削除 20-5

内容を表示する 20-8

ファイル システム

使用可能なファイル システムを表示する 20-2

デフォルトを設定する 20-3

ネットワーク ファイル システム名 20-5

ファイル情報を表示する 20-3

ローカル ファイル システム名 20-1

フィルタ、出力の(CLI コマンド) 3-8

フィルタリング

Ethertype フィルタ 16-14

IP フィルタ 16-10

MAC アドレス フィルタ 16-3

show コマンドと more コマンドの出力 3-8

フォールバック ロール 6-3

複数の VLAN

非ルート ブリッジ用の設定 5-40

複数の基本 SSID 7-8

不正アクセス 5-3

フラグメンテーションしきい値 6-35

フラッシュ デバイス、個数 20-1

ブリッジ仮想インターフェイス(BVI) 4-29

ブロードキャスト キー ローテーション 10-1, 10-3

ブロック、クライアント間の通信 6-31

プロトコル フィルタ 16-2

ヘルプ、コマンドライン 3-3

編集、CLI コマンドの 3-6

編集機能

イネーブルとディセーブル 3-6

使用されたキーストローク 3-6

ラップされた行 3-7

ポイントツーマルチポイント ブリッジング

複数の VLAN とレート制限 5-40

防止する、不正アクセスを 5-3

ポート、保護 6-32

保護ポート 6-32

ボタン

Web ブラウザ 2-3

管理ページ 2-5

マップ、ネットワーク 2-5

マルチキャスト メッセージ 6-30

短いスロット時間 6-35

無効化、Web ベースの管理の 2-16

無効な文字 14-6

無線

インジケータ 22-4

インターフェイス 6-2

活動 6-36

輻輳 6-17

プリアンブル 6-26

無線管理 12-1

無線データ レート 6-8

高速と低速 6-8

メッセージ

バナーを使用してユーザに送信 5-36

メディア アクセス コントロール(MAC)アドレス 4-4

モード

インターフェイス コンフィギュレーション 3-2

回線設定 3-2

グローバル コンフィギュレーション 3-2

特権 EXEC 3-2

ユーザ EXEC 3-2

モード(ロール) 6-4

モニタ モード 12-31

モニタリング

CDP 17-5

ユーザ EXEC モード 3-2

ユーザ名、デフォルト 4-3

ユーザ名ベース認証 5-7

優先処理、トラフィックの

「QoS」を参照

優先付け 15-2

ユニバーサル ワークグループ ブリッジ 6-2

ユニバーサル ワークグループ ブリッジ モード 4-14

呼び出し、コマンドの 3-5

ライン コンフィギュレーション モード 3-2

リダイレクション、IP 7-12

リピータ

LEAP クライアントとして 19-7

WPA クライアントとして 19-8

アクセス ポイントのチェーン 19-2

リモート コピー プロトコル

「RCP」を参照

履歴

コマンドを呼び出す 3-5

説明 3-4

ディセーブルにする 3-5

バッファ サイズを変更する 3-5

履歴(CLI) 3-4

履歴テーブル、Syslog メッセージのレベルと番号 21-8

リロード、アクセス ポイント イメージの 22-22

レイヤ 3 モビリティ 12-5

レート制限

非ルート ブリッジ用の設定 5-40

レート制限、ロギング 21-9

ローカル認証サーバ、アクセス ポイント 9-1

ローテーション、ブロードキャスト キー 10-1

ロード バランシング 6-28

ローミング 1-3

CCKM を使用した高速安全ローミング 12-1

ロール(モード) 6-4

ロール、ワイヤレス ネットワークにおける 6-2

ログイン認証

RADIUS での 5-10, 13-7

TACACS+ での 5-16, 13-26

ログイン バナー 5-36

ログ メッセージ

「システム メッセージ ロギング」を参照

ログ メッセージのタイムスタンプ 21-6

ワークグループ ブリッジ 6-30

CCX 近接リストを無視する 19-17

Lightweight 環境内 19-19

Lightweight 環境内で使用する際のガイドライン 19-20

Lightweight ネットワーク構成の例 19-22

許可されるクライアントの最大数 6-4

制限付きチャネル スキャンの設定 19-16

制限付きチャネル セットの設定 19-17

ワールド モード 6-24, 6-29

常にオンに設定 6-24

ワールド モード ローミング 6-24