Cisco Aironet アクセス ポイント Cisco IOS ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 12.3(4)JA
無線の設定
無線の設定
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

無線の設定

無線インターフェイスの有効化

無線ネットワークの役割の設定

無線データ レートの設定

無線伝送の電力の設定

アソシエートしたクライアント デバイスの電力レベルの制限

無線チャネルの設定

一部の 5GHz 無線チャネルで自動的に有効に設定される DFS

DFS が有効に設定されているかどうかの確認

DFS 選択によるチャネル ブロック

位置情報サービスの設定

位置情報サービスの概要

LBS をアクセス ポイントに設定

ワールド モードの有効化と無効化

短い無線プリアンブルの有効化と無効化

送受信アンテナの設定

Aironet 拡張機能の無効化と有効化

イーサネット カプセル化変換方式の設定

ワークグループ ブリッジへの信頼性のあるマルチキャストの有効化と無効化

Public Secure Packet Forwarding の有効化と無効化

プロテクテッド ポートの設定

ビーコン間隔と DTIM の設定

RTS しきい値とリトライの設定

最大データ リトライの設定

フラグメンテーションしきい値の設定

802.11g 無線の短いスロット時間の有効化

キャリア話中検査の実行

無線の設定

この章では、無線デバイスに無線を設定する手順を説明します。この章の内容は、次のとおりです。

「無線インターフェイスの有効化」

「無線ネットワークの役割の設定」

「無線データ レートの設定」

「無線伝送の電力の設定」

「無線チャネルの設定」

「位置情報サービスの設定」

「ワールド モードの有効化と無効化」

「短い無線プリアンブルの有効化と無効化」

「送受信アンテナの設定」

「Aironet 拡張機能の無効化と有効化」

「イーサネット カプセル化変換方式の設定」

「ワークグループ ブリッジへの信頼性のあるマルチキャストの有効化と無効化」

「Public Secure Packet Forwarding の有効化と無効化」

「ビーコン間隔と DTIM の設定」

「RTS しきい値とリトライの設定」

「最大データ リトライの設定」

「フラグメンテーションしきい値の設定」

「802.11g 無線の短いスロット時間の有効化」

「キャリア話中検査の実行」

無線インターフェイスの有効化

無線デバイスの無線はデフォルトでは無効に設定されています。


) Cisco IOS リリース 12.3(4)JA には、デフォルトの Service Set Identifier(SSID;サービス セット ID) は存在しません。 無線インターフェイスを有効にする前に、SSID を作成する必要があります。


特権 EXEC モードから、次の手順に従ってアクセス ポイントの無線を有効にします。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface dot11radio { 0 | 1 }

無線インターフェイスのインターフェイス設定モードを開始します。2.4GHz 無線は Radio 0、5GHz 無線は Radio 1 です。

ステップ 3

no shutdown

無線ポートを有効にします。

ステップ 4

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(オプション)コンフィギュレーション ファイルに入力内容を保存します。

無線ポートを無効にするには、shutdown コマンドを使用します。

無線ネットワークの役割の設定

無線デバイスは、有線 LAN に接続されたルート デバイスとして設定できます。または、有線 LAN に接続していないリピータ(非ルート)デバイスとして設定できます。 また、1100 シリーズと 1200 シリーズのアクセス ポイントをワークグループ ブリッジとして設定することもできます。 図6-1 は、ルート アクセス ポイント、およびワークグループ ブリッジとして機能するアクセス ポイントを示しています。

図6-1 ルート アクセス ポイントおよびワークグループ ブリッジ

 

リピータの設定方法の詳細は、 第18章「リピータ/スタンバイ アクセス ポイントおよびワークグループ ブリッジ モードの設定」 を参照してください。

ワークグループ ブリッジとして設定した 1100 シリーズまたは 1200 シリーズのアクセス ポイントは、ネットワーク上の他のアクセス ポイントまたはブリッジに、クライアント デバイスとしてアソシエートします。 この場合の 1100 シリーズまたは 1200 シリーズは、普通はハブやスイッチを経由してそのイーサネット ポートに接続されているデバイスにネットワーク接続を提供します。 アクセス ポイントをワークグループ ブリッジとして設定する方法の詳細は、第 19 章「リピータ/スタンバイ アクセス ポイントおよびワークグループ ブリッジ モードの設定」を参照してください。

ルート アクセス ポイントにフォールバック ロールを設定することもできます。無線デバイスは、イーサネット ポートが無効になるか、または有線 LAN から切り離されたときに自動的にフォールバック ロール(モード)に移行します。フォールバック ロールとして次の 2 つが挙げられます。

Repeater:イーサネット ポートが無効になった場合、無線デバイスはリピータになり、近くのルート アクセス ポイントにアソシエートします。フォールバック リピータがアソシエートするルート アクセス ポイントを指定する必要はありません。リピータが自動的に最適な無線接続を提供するルート アクセス ポイントに関連付けます。

Shutdown:無線デバイスは無線をシャットダウンし、すべてのクライアント デバイスの接続を解除します。

特権 EXEC モードから、次の手順に従って無線デバイスの無線ネットワークの役割とフォールバック ロールを設定します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface dot11radio { 0 | 1 }

無線インターフェイスのインターフェイス設定モードを開始します。2.4GHz 無線は Radio 0、5GHz 無線は Radio 1 です。

ステップ 3

station role
repeater |
root [ fallback { shutdown | repeater } ] |
workgroup-bridge

無線デバイスの役割を設定します。

役割をリピータ、ルート、またはワークグループ ブリッジに設定します。


) ワークグループ ブリッジ モードは、1100 シリーズおよび 1200 シリーズのアクセス ポイントのみで利用できます。 1130 シリーズおよび 350 シリーズのアクセス ポイントでは利用できません。


(オプション)ルート アクセス ポイントのフォールバック ロールを選択します。無線デバイスのイーサネット ポートが無効になるか、有線 LAN から切断された場合、無線デバイスは無線ポートをシャットダウンするか、近くのルート アクセス ポイントにアソシエートしたリピータ アクセス ポイントになります。

ステップ 4

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(オプション)コンフィギュレーション ファイルに入力内容を保存します。

無線データ レートの設定

データ レート設定を使用して、無線デバイスのデータ転送に使用されるデータ レートを選択します。レートの単位は Megabits per second(Mbps; メガビット/秒)です。無線デバイスは常に Basic に設定された最大データ レートで転送しようとします。なお、ブラウザベースのインターフェイスでは、Basic は Require と呼ばれます。障害や干渉などがある場合は、データ送信が可能な範囲での最速レートまで減速されます。各データ レートを設定して、次の 3 つの状態の 1 つに設定できます。

Basic(GUI では Basic レートを Required と表示):ユニキャストとマルチキャストの両方で、すべてのパケットをこのレートで転送します。無線デバイスのデータ レートを、1 つ以上 Basic に設定してください。

Enabled:ユニキャスト パケットだけがこのレートで送信され、マルチキャスト パケットは Basic に設定されているいずれかのデータ レートで送信されます。

Disabled:データはこのレートでは送信されません。


) 少なくともデータ レートの 1 つは Basic に設定してください。


Data Rate の設定を使用すると、特定のレートでデータを転送するクライアント デバイスに対応するようにアクセス ポイントを設定できます。たとえば、11Mbps のみで転送を行う 2.4GHz 無線を設定する場合、11Mbps レートを Basic に設定し、他のデータ レートを Disabled に設定します。無線デバイスを、1Mbps および 2Mbps でデータを転送するクライアント デバイスのみに対応するように設定するには、1Mbps および 2Mbps に対して Basic を選択し、その他のデータ レートは Disabled に設定します。2.4GHz、802.11g 無線を、802.11g クライアント デバイスのみに対応するように設定するには、Orthogonal Frequency Division Multiplexing(OFDM;直交周波数分割多重方式)データ レート(6、9、12、18、24、36、48、54)を、すべて Basic に設定します。54Mbps のみで転送を行う 5GHz 無線を設定するには、54Mbps レートを Basic に設定し、他のデータ レートを Disabled に設定します。

また、通信範囲またはスループットが最適になるようなデータ レートが自動的に設定されるように、無線デバイスを設定することも可能です。データ レート設定に range を入力した場合、1Mbps レートは Basic に、他のレートは Enabled に設定されます。データ レート設定に throughput を入力した場合、無線デバイスは 4 つのデータ レートすべてを Basic に設定します。

特権 EXEC モードから、次の手順に従って無線データ レートを設定します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface dot11radio { 0 | 1 }

無線インターフェイスのインターフェイス設定モードを開始します。2.4GHz 無線は Radio 0、5GHz 無線は Radio 1 です。

ステップ 3

speed

次のオプションは、802.11b、2.4GHz 無線についてのみ使用できます。

{[1.0] [11.0] [2.0] [5.5] [basic-1.0] [basic-11.0] [basic-2.0] [basic-5.5] | range | throughput}

次のオプションは、802.11g、2.4GHz 無線についてのみ使用できます。

{[1.0] [2.0] [5.5] [6.0] [9.0] [11.0] [12.0] [18.0] [24.0] [36.0] [48.0] [54.0] [basic-1.0] [basic-2.0] [basic-5.5] [basic-6.0] [basic-9.0] [basic-11.0] [basic-12.0] [basic-18.0] [basic-24.0] [basic-36.0] [basic-48.0] [basic-54.0] | range |
throughput [ofdm] | default }

次のオプションは、5GHz 無線についてのみ使用できます。

{[6.0] [9.0] [12.0] [18.0] [24.0] [36.0] [48.0] [54.0] [basic-6.0] [basic-9.0] [basic-12.0] [basic-18.0] [basic-24.0] [basic-36.0] [basic-48.0] [basic-54.0] |range | throughput |default }

各データ レートを Basic または Enabled に設定するか、range を入力して通信範囲を最適化するか、あるいは throughput を入力してスループットを最適化します。

(オプション)1.0、2.0、5.5、11.0 を入力すると、802.11b、2.4GHz 無線でこれらのデータ レートが Enabled に設定されます。

1.0、2.0、5.5、6.0、9.0、11.0、12.0、18.0、24.0、36.0、48.0、および 54.0 を入力すると、802.11g、2.4GHz 無線でこれらのデータ レートが Enabled に設定されます。

6.0、9.0、12.0、18.0、24.0、36.0、48.0、および 54.0 を入力すると、5GHz 無線でこれらのデータ レートが Enabled に設定されます。

(オプション)basic-1.0、basic-2.0、basic-5.5、および basic-11.0 を入力すると、802.11b、2.4GHz 無線でこれらのデータ レートが Basic に設定されます。

basic-1.0、basic-2.0、basic-5.5、basic-6.0、basic-9.0、basic-11.0、basic-12.0、basic-18.0、basic-24.0、basic-36.0、basic-48.0、および basic-54.0 を入力すると、802.11g、2.4GHz 無線でこれらのデータ レートが Basic に設定されます。


) 選択した Basic レートをクライアントがサポートしている必要があります。そうでないと、クライアントはその無線デバイスにアソシエートできません。802.11g 無線の Basic データ レートに 12Mbps 以上を選択した場合、802.11b クライアント デバイスは、無線デバイスの 802.11g 無線にアソシエートできません。


basic-6.0、basic-9.0、basic-12.0、basic-18.0、basic-24.0、basic-36.0、basic-48.0、および basic-54.0 を入力すると、5GHz 無線でこれらのデータ レートが Basic に設定されます。

(オプション)range または throughput を入力すると、無線の範囲またはスループットが自動的に最適化されます。range を入力すると、無線デバイスは最も遅いデータ レートを Basic に設定し、他のレートを Enabled に設定します。throughput を入力すると、無線デバイスはすべてのデータ レートを Basic に設定します。

(オプション)802.11g 無線で、すべての OFDM レート(6、9、12、18、36、および 48)を Basic(Required)に設定し、すべての Complementary Code Keying(CCK;相補コードキー入力)レート(1、2、5.5、および 11)を Disabled に設定するには、speed throughput ofdm を入力します。この設定により、802.11b 保護機能が無効となり、802.11g クライアントに最大のスループットが提供されます。ただし、802.11b クライアントはそのアクセス ポイントにアソシエートできなくなります。

 

(オプション)default を入力すると、データ レートは工場出荷時の設定になります(802.11b 無線ではサポートされていません)。

802.11g 無線では、default オプションによって、レート 1、2、5.5、および 11 は Basic に、レート 6、9、12、18、24、36、48、および 54 は Enabled に設定されます。これらのレート設定によって、802.11b および 802.11g の両方のクライアント デバイスが、無線デバイスの 802.11g 無線にアソシエートできます。

5GHz 無線では、default オプションによって、レート 6.0、12.0、および 24.0 は Basic に、レート 9.0、18.0、36.0、48.0、および 54.0 は Enabled に設定されます。

ステップ 4

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(オプション)コンフィギュレーション ファイルに入力内容を保存します。

設定から 1 つまたは複数のデータ レートを削除する場合は、speed コマンドの no フォームを使用します。 次の例は、設定からデータ レート basic-2.0 と basic-5.5 を削除する方法を示しています。

ap1200# configure terminal
ap1200(config)# interface dot11radio 0
ap1200(config-if)# no speed basic-2.0 basic-5.5
ap1200(config-if)# end
 

無線伝送の電力の設定

特権 EXEC モードから、次の手順に従ってアクセス ポイントの無線の伝送電力を設定します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface dot11radio { 0 | 1 }

無線インターフェイスのインターフェイス設定モードを開始します。2.4GHz 無線は Radio 0、5GHz 無線は Radio 1 です。

ステップ 3

power local

次のオプションは、802.11b、2.4GHz 無線についてのみ使用できます(単位 mW)。

{ 1 | 5 | 20 | 30 | 50 | 100 | maximum }

次のオプションは、5GHz 無線についてのみ使用できます(単位 mW)。

{ 5 | 10 | 20 | 40 | maximum }

AIR-RM21A 5GHz 無線モジュールを持つアクセス ポイントでは、次の電力オプションを使用できます(単位 dBm)。

{ -1 | 2 | 5 | 8 | 11 | 14 | 16 | 17 | 20 | maximum }

802.11b、2.4GHz 無線または 5GHz 無線の伝送電力を、現在の規制地域で許可される電力レベルのいずれかに設定します。


) 規制地域で許容される設定は、ここで取り上げる設定と異なる場合があります。


ステップ 4

power local

次のオプションは、802.11g、2.4GHz 無線についてのみ使用できます。

power local cck 設定:

{ 1 | 5 | 10 | 20 | 30 | 50 | 100 | maximum }

power local ofdm 設定:

{ 1 | 5 | 10 | 20 | 30 | maximum }

802.11g、2.4GHz 無線の伝送電力を、現在の規制地域で許可される電力レベルのいずれかに設定します。設定はすべて mW で指定します。

2.4GHz の 802.11g 無線では、Orthogonal Frequency Division Multiplexing(OFDM)と Complementary Code Keying(CCK)のいずれかの電力レベルを設定できます。CCK 変調は、802.11b デバイスおよび 802.11g デバイスによってサポートされています。OFDM 変調は、802.11g デバイスおよび 802.11a デバイスによってサポートされています。


) 規制地域で許容される設定は、ここで取り上げる設定と異なる場合があります。



) 802.11g の無線では、データ レートが 1Mbps 、2Mbps 、5.5Mbps、および 11Mbps の場合、最大 100mW でデータが送信されます。 ただし、6Mbps、9Mbps、12Mbps、18Mbps、24Mbps、36Mbps、48Mbps、および 54Mbps のデータ レートの場合、802.11g 無線の最大送信電力は 30mW です。


ステップ 5

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(オプション)コンフィギュレーション ファイルに入力内容を保存します。

power コマンドの no フォームを使用し、電力設定をデフォルトの Maximum に戻します。

アソシエートしたクライアント デバイスの電力レベルの制限

無線デバイスにアソシエートしたクライアント デバイスの電力レベルは、制限することもできます。クライアント デバイスが無線デバイスにアソシエートしている場合、無線デバイスはクライアントに最大電力レベル設定を送信します。


) Cisco AVVID のマニュアルでは、アソシエートされたクライアント デバイスの電力レベルの制限を示すのに送信電力の動的制御(DTPC)という用語を用います。


特権 EXEC モードから、次の手順に従って無線デバイスにアソシエートするすべてのクライアント デバイスに、最大許可電力設定を指定します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface dot11radio { 0 | 1 }

無線インターフェイスのインターフェイス設定モードを開始します。2.4GHz 無線は Radio 0、5GHz 無線は Radio 1 です。

ステップ 3

power client

次のオプションは、802.11b、2.4GHz クライアントについて使用できます(単位 mW)。

{ 1 | 5 | 20 | 30 | 50 | 100 | maximum }

次のオプションは、802.11g、2.4GHz クライアントについて使用できます(単位 mW)。

{ 1 | 5 | 10 | 20 | 30 | 50 | 100 | maximum }

次のオプションは、5GHz クライアントについて使用できます(単位 mW)。

{ 5 | 10 | 20 | 40 | maximum }

AIR-RM21A 5GHz 無線モジュールを持つアクセス ポイントでは、5GHz クライアントについて次の電力オプションを使用できます(単位 dBm)。

{ -1 | 2 | 5 | 8 | 11 | 14 | 16 | 17 | 20 | maximum }

無線デバイスにアソシエートするクライアント デバイスに、最大許可電力レベルを設定します。


) 規制地域で許容される設定は、ここで取り上げる設定と異なる場合があります。


ステップ 4

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(オプション)コンフィギュレーション ファイルに入力内容を保存します。

アソシエートしたクライアントの最大電力レベルを無効にする場合は、client power コマンドの no フォームを使用します。


) アソシエートしたクライアント デバイスの電力レベルを制限する場合は、Aironet 拡張機能を有効にする必要があります。 Aironet 拡張機能はデフォルトでは有効に設定されています。


無線チャネルの設定

無線デバイスの無線のデフォルト チャネル設定は Least Congested です。起動時に無線デバイスは最も混雑の少ないチャネルをスキャンして選択します。ただしサイト調査の後も一貫したパフォーマンスが維持されるように、各アクセス ポイントにスタティック チャネル設定を指定することをお勧めします。無線デバイスのチャネル設定は、規制地域で使用できる周波数に対応します。各地域で許可されている周波数については、 付録A「チャネルおよびアンテナ設定」 を参照してください。


) Cisco Aironet CB20A クライアント無線では、AIR-RM21A 無線モジュールにアソシエートできないことがあります。これは、AIR-RM21A 無線モジュールでサポートされているチャネルの中には、CB20A クライアントでサポートされていないものがあるためです。AIR-RM21A 無線モジュールのデフォルトのチャネル設定である Least Congested では、アクセス ポイントで使用する周波数が、CB20A クライアント無線でサポートされていない周波数のいずれかに設定されることが頻繁に発生します。これらの周波数とは、チャネル 149(5745GHz)、チャネル 153(5765GHz)、チャネル 157(5785GHz)、およびチャネル 161(5805GHz)です。この問題を避けるには、AIR-RM21A 無線モジュールのチャネルを、CB20A クライアントでサポートされているチャネルに設定します。


2.4GHz 帯チャネル利用帯域幅は、チャネルあたり 22MHz になります。 チャネル 1、6、11 の帯域幅は重複していないので、干渉を起こさずに、同じ圏内に複数のアクセス ポイントを設定できます。802.11b および 802.11g の 2.4GHz 無線はどちらも同じチャネルと周波数を使用します。

5GHz 帯無線では 5180 ~ 5320MHz の帯域を利用し、8 チャネルが利用可能です。各チャネルは 20MHz に対応し、チャネルの帯域は少しずつ重複しています。最適なパフォーマンスを得るため、互いに近い位置にある無線の場合は、隣接していないチャネル(たとえば、44 と 46)を使用します。


) 同じ圏内に多くのアクセス ポイントを設定しすぎると、無線の輻輳が発生し、スループットが減少します。無線のサービス範囲とスループットを最大にするには、慎重なサイト調査を行って、アクセス ポイントの最適な設置場所を決定する必要があります。


特権 EXEC モードから、次の手順に従って無線デバイスの無線チャネルを設定します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface dot11radio {0 | 1 }

無線インターフェイスのインターフェイス設定モードを開始します。2.4GHz 無線は Radio 0、5GHz 無線は Radio 1 です。

ステップ 3

channel
frequency | least-congested

無線デバイス無線のデフォルト チャネルを設定します。 表6-1 および 表6-2 は、このチャネルと周波数を示しています。起動時に最も混雑の少ないチャネルを探す場合は、least-congested を入力します。


) 5GHz の無線についてはDynamic Frequency Selection(DFS;動的周波数選択)に関する欧州連合の規制に準拠するため、channel コマンドは無効に設定されています。 詳細は、「一部の 5GHz 無線チャネルで自動的に有効に設定される DFS」を参照してください。


ステップ 4

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(オプション)コンフィギュレーション ファイルに入力内容を保存します。

表6-1 は、2.4GHz 無線で使用できる周波数を示しています。

 

表6-1 2.4GHz 無線帯域

チャネル
周波数(MHz)
適用地域

チャネル 1

2412

アメリカ、EMEA、日本、中国

チャネル 2

2417

アメリカ、EMEA、日本、中国

チャネル 3

2422

アメリカ、EMEA、日本、中国

チャネル 4

2427

アメリカ、EMEA、日本、イスラエル、中国

チャネル 5

2432

アメリカ、EMEA、日本、イスラエル、中国

チャネル 6

2437

アメリカ、EMEA、日本、イスラエル、中国

チャネル 7

2442

アメリカ、EMEA、日本、イスラエル、中国

チャネル 8

2447

アメリカ、EMEA、日本、イスラエル、中国

チャネル 9

2452

アメリカ、EMEA、日本、イスラエル、中国

チャネル 10

2457

アメリカ、EMEA、日本、中国

チャネル 11

2462

アメリカ、EMEA、日本、中国

チャネル 12

2467

EMEA および日本のみ

チャネル 13

2472

EMEA および日本のみ

チャネル 14

2484

日本のみ

日本では、チャネル14は802.11gモードではサポートされていません。

表6-2 は、5GHz 無線で使用できる周波数を示しています。

 

表6-2 5GHz 無線帯域

チャネル
周波数(MHz)
北米(-A)
台湾(-T)
欧州通信
規格協会
シンガポール(-S)
日本(-J)

34

5170

--

--

 

--

X

36

5180

X

--

X

X

--

38

5190

--

--

--

X

40

5200

X

--

X

X

--

42

5210

--

--

 

--

X

44

5220

X

--

X

X

--

46

5230

--

--

 

--

X

48

5240

X

--

X

X

--

52

5260

X

X

X

X

--

56

5280

X

X

X

X

--

60

5300

X

X

X

X

--

64

5320

X

X

X

X

--

100

5500

--

--

X

--

--

104

5520

--

--

X

--

--

108

5540

--

--

X

--

--

112

5560

--

--

X

--

--

116

5580

--

--

X

--

--

120

5600

--

--

X

--

--

124

5620

--

--

X

--

--

128

5640

--

--

X

--

--

132

5660

--

--

X

--

--

136

5680

--

--

X

--

--

140

5700

--

--

X

--

--

149

5745

X

--

--

--

--

153

5765

X

--

--

--

--

157

5785

X

--

--

--

--

161

5805

X

--

--

--

--


) 規制地域で許容される周波数は、ここで取り上げる周波数と異なる場合があります。


一部の 5GHz 無線チャネルで自動的に有効に設定される DFS

工場出荷時にヨーロッパ向けおよびシンガポール向けに設定されている 5GHz 無線のアクセス ポイントは、無線デバイスがレーダー信号を検出して干渉しないようにする Dynamic Frequency Selection(DFS)の使用を必須とする規制に従うようになりました。 その他の規制地域向けに設定する無線では、DFS を使用しません。

DFS を有効に設定した 5GHz 帯無線を 表6-3 に記載した 15 チャネルのいずれかで動作させると、アクセス ポイントが自動的に DFS を使用して動作周波数を設定します。


) DFS を有効に設定した 5GHz 帯無線については、チャネルを手動で選択することはできません。


 

表6-3 DFS が自動的に有効に設定される 5GHz 無線チャネル

DFS が自動的に有効に設定される 5GHz 無線チャネル

52(5260MHz)

104(5260MHz)

124(5260MHz)

56(5280MHz)

108(5540MHz)

128(5640MHz)

60(5300MHz)

112(5560MHz)

132(5660MHz)

64(5320MHz)

116(5580MHz)

136(5680MHz)

100(5500MHz)

120(5600MHz)

140(5700MHz)

DFS が有効に設定されると、アクセス ポイントが自らの動作周波数にレーダー信号がないか監視するようになります。 同じチャネルにレーダー信号を検出した場合は、アクセス ポイントが次の処理を実行します。

チャネル上でそれ以降の伝送をブロックします。

省電力モードのクライアントからのキューを消去します。

802.11h チャネル切り替えの通知を同報通信します。

残りのクライアント デバイスのアソシエーションを解除します。

アクセス ポイントが Wireless Domain Service(WDS;無線ドメイン サービス)を構成している場合は、その周波数から外れていくアクティブな WDS デバイスに DFS 通知を送信します。

別の 5GHz チャネルを無作為に選択します。

選択したチャネルが 表6-3 のいずれかのチャネルだった場合は、そのチャネルにレーダー信号がないか 60 秒間スキャンします。

そのチャネルにレーダー信号がなければ、ビーコンを有効にしてクライアントのアソシエーションを受入れます。

アクセス ポイントが WDS を構成している場合は、アクティブな WDS デバイスに新しい動作周波数を知らせる DFS 通知を送信します。


) 適法な最大送信電力については、他のチャネルよりも 5GHz チャネルの方が大きくなるものがあります。 無作為に選択した 5GHz チャネルが電力を制限されていた場合、アクセス ポイントはそのチャネルの電力上限に合うように自動的に送信電力を下げます。



) DFS が有効に設定された無線で国番号を設定するには、ワールド モード dot11d country-code 設定インターフェイス コマンドを使用することをお勧めします。 IEEE 802.11h プロトコルでは、アクセス ポイントはビーコンとプローブ応答に国情報エレメント(IE)を含める必要があります。 ただしデフォルトでは、IE の国番号は空白に設定されています。 world-mode コマンドで、国番号 IE を入力してください。


DFS が有効に設定されているかどうかの確認

DFS が有効に設定されているかどうかを確認するには、show controller dot11radio1 コマンドを使用します。 次の例は、DFS が有効になっているチャネルで show controller コマンドを実行した時の出力行を示しています。

Current Frequency: 5300 MHz Channel 60 (DFS enabled)
 

DFS 選択によるチャネル ブロック

屋内や屋外など特定地域で使用できるチャネルを制限している規制地域の場合、DFS が有効になっている時にアクセス ポイントがそれらを選択しないようチャネルをまとめてブロックすることができます。 DFS 選択によってチャネルをまとめてブロックするには、次の設定インターフェイス コマンドを使用してください。

[no] dfs band [1] [2] [3] [4] block

オプション 1、2、3、4 で、ブロック対象のチャネルを指定します。

1:5.150 ~ 5.250GHz の周波数を指定します。 この周波数グループは UNII-1 帯域とも呼ばれています。

2:5.250 ~ 5.350GHz の周波数を指定します。 この周波数グループは UNII-2 帯域とも呼ばれています。

3:5.470 ~ 5.725GHz の周波数を指定します。

4:5.725 ~ 5.825GHz の周波数を指定します。 この周波数グループは UNII-3 帯域とも呼ばれています。

次の例は、DFS 中にアクセス ポイントが 5.150 ~ 5.350GHz の周波数を選択しないようにする方法を示しています。

ap(config-if)# dfs band 1 2 block
 

次の例は、DFS について 5.150 ~ 5.350GHz の周波数をブロック解除する方法を示しています。

ap(config-if)# no dfs band 1 2 block
 

次の例は、DFS についてすべての周波数をブロック解除する方法を示しています。

ap(config-if)# no dfs band block
 

位置情報サービスの設定

この項では、アクセス ポイントの Command-Line Interface(CLI;コマンドライン インターフェイス)で、Location Based Service(LBS;位置情報サービス)を設定する方法について説明します。 他のアクセス ポイント機能と同じように、ネットワークで Wireless LAN Solutions Engine(WLSE)を使用して LBS を複数のアクセス ポイントに設定することができます。 LBS 設定は、このリリースのアクセス ポイント GUI には表示されません。

位置情報サービスの概要

LBS には、少なくても 3 つのアクセス ポイントを設定することをお勧めします。 位置情報サービス(LBS)をアクセス ポイントに設定すると、追跡対象のアセットに記載された LBS 位置決定タグから送信された位置パケットをアクセス ポイントが監視するようになります。 アクセス ポイントが位置決定パケットを受信すると、Received Signal Strength Indicator(RSSI;受信信号強度インジケータ)を測定し、RSSI 値と位置パケットを受信した時刻を記載した User Datagram Protocol(UDP;ユーザ データグラム プロトコル)パケットを作成します。 この UDP パケットをアクセス ポイントが位置サーバに転送します。 位置サーバは、LBS に対応したアクセス ポイントから受信した位置情報に基づいて LBS タグの位置を算出します。 ネットワークに WLSE がある場合は、位置サーバがこの WLSE を照会して LBS に対応したアクセス ポイントの状態を調べることができます。図6-2 は、LBS 対応ネットワークの基本的な部分を示しています。

図6-2 LBS ネットワークの基本構成

 

LBS を設定するアクセス ポイントは、同じ圏内である必要があります。 タグによるメッセージを報告したアクセス ポイントが 1 か所または 2 か所のみである場合、位置サーバは報告してきたこの 2 つのアクセス ポイントのカバレッジ領域内にそのタグがあることを報告できます。 設定の詳細は、LBS タグと位置サーバのマニュアルを参照してください。

LBS をアクセス ポイントに設定

アクセス ポイントに LBS を設定するには、CLI を使用します。 特権 EXEC モードから、次の手順に従って LBS を設定します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

dot11 lbs profile-name

アクセス ポイントに LBS プロファイルを作成し、LBS 設定モードを開始します。

ステップ 3

server-address ip-address port port

位置サーバの IP アドレス、および位置情報を記載した UDP パケットの送信先サーバのポートを入力します。

ステップ 4

method {rssi}

(オプション)位置サーバに位置情報を報告する際にアクセス ポイントが使用する位置決定方法を選択します。 このリリースでは、アクセス ポイントが位置パケットの RSSI を計測する rssi が唯一のオプションでありデフォルトにも設定されています。

ステップ 5

packet-type {short | extended}

(オプション)アクセス ポイントが LBS タグから受け取るパケット タイプを選択します。

short:アクセス ポイントがタグからショート位置パケットを受け入れます。 ショート パケットでは、タグ パケットのフレーム ボディから LBS 情報が欠落し、タグの送信チャネルがパケットに記載されます。

extended:デフォルトではこちらが設定されています。 アクセス ポイントがタグから拡張パケットを受け入れます。 拡張パケットでは、フレーム ボディに 2 バイトの LBS 情報を格納します。 パケットのフレーム ボディに 2 バイトの LBS 情報が格納されていない場合、アクセス ポイントはそのパケットを廃棄します。

ステップ 6

channel-match

(オプション)タグにより送信された LBS パケットと、パケットの受信先無線チャネルが一致するよう指定します。 タグで使用しているチャネルとアクセス ポイントで使用しているチャネルが一致しない場合、アクセス ポイントはそのパケットを廃棄します。 Channel match はデフォルトで有効に設定されています。

ステップ 7

multicast-address mac-address

(オプション)LBS パケットの送信にタグがマルチキャスト アドレスを使用するよう指定します。 デフォルトのマルチキャスト アドレスは 01:40:96:00:00:10 に設定されています。

ステップ 8

interface dot11 { 0 | 1 }

この LBS プロファイルを有効に設定している無線インターフェイスを指定します。 2.4GHz 無線は Radio 0、5GHz 無線は Radio 1 です。このコマンドを入力しない限り、プロファイルはアクティブになりません。

ステップ 9

exit

グローバル コンフィギュレーション モードに戻ります。

次の例では、プロファイル southside がアクセス ポイントの 802.11g 無線で有効に設定されています。

ap# configure terminal
ap(config)# dot11 lbs southside
ap(dot11-lbs)# server-address 10.91.105.90 port 1066
ap(dot11-lbs)# interface dot11 0
ap(dot11-lbs)# exit

ワールド モードの有効化と無効化

802.11d ワールド モードまたはシスコ従来のワールド モードをサポートするように無線デバイスを設定できます。ワールド モードを有効にすると、無線デバイスはそのビーコンにチャネル キャリア設定情報を追加します。ワールドモードが有効になっているクライアント デバイスは、キャリア セット情報を受信して、それぞれの設定を自動的に調整します。たとえば、主に日本で使用されるクライアント デバイスは、イタリアに移動し、現地のネットワークに加入したときに、ワールド モードを基準にしてチャネルと電力レベルを自動的に設定します。ファームウェア バージョン 5.30.17 以降を実行しているシスコのクライアント デバイスは、無線デバイスが 802.11d ワールド モードとシスコ従来のワールド モードのどちらを使用しているかを検出し、無線デバイスが使用しているモードと一致するワールド モードを自動的に使用します。ワールド モードはデフォルトでは無効に設定されています。

特権 EXEC モードから、次の手順に従ってワールド モードを有効にします。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface dot11radio { 0 | 1}

無線インターフェイスのインターフェイス設定モードを開始します。

ステップ 3

world-mode
dot11d country_code code
{ both | indoor | outdoor }
| legacy

ワールド モードを有効にします。

802.11d ワールド モードを有効にするには、dot11d オプションを入力します。

dot11d オプションを入力する場合、2 文字の ISO 国番号(たとえば、米国の ISO 国番号は US)を入力する必要があります。ISO 国番号の一覧は ISO の Web サイトに掲載されています。

国番号の後に、無線デバイスの配置場所を示すために indoor、outdoor、または both と入力します。

シスコ従来のワールド モードを有効にするには、legacy オプションを入力します。


) 従来のワールド モードを使用するには、Aironet 拡張機能を有効にする必要がありますが、802.11d ワールド モードではこの拡張機能は不要です。 Aironet 拡張機能はデフォルトでは有効に設定されています。


ステップ 4

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(オプション)コンフィギュレーション ファイルに入力内容を保存します。

ワールド モードを無効にする場合は、コマンドの no フォームを使用します。

短い無線プリアンブルの有効化と無効化

無線プリアンブル(ヘッダーと呼ばれる場合もある)は、パケットの先頭にあるデータ部です。ここには、無線デバイスとクライアント デバイスのパケットの送受信に必要な情報が含まれています。無線プリアンブルを Long または Short に設定できます。

Short:短いプリアンブルを使用すると、スループットのパフォーマンスが向上します。Cisco Aironet 無線 LAN クライアント アダプタは、短いプリアンブルをサポートします。Cisco Aironet の初期の無線 LAN アダプタ(PC4800-J および PC4800A-J)には、長いプリアンブルが必要です。

Long:長いプリアンブルを使用すると、無線デバイスと Cisco Aironet 無線 LAN アダプタのすべての初期モデル(PC4800-J および PC4800A-J)との互換性が保証されます。これらのクライアント デバイスが無線デバイスにアソシエートしない場合、短いプリアンブルを使用する必要があります。

5GHz 無線では無線プリアンブルに Short と Long を設定できません。

特権 EXEC モードから、次の手順に従って短い無線プリアンブルを無効にします。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface dot11radio { 0 }

2.4GHz 無線インターフェイスのインターフェイス設定モードに切り替えます。

ステップ 3

no preamble-short

短いプリアンブルを無効にし、長いプリアンブルを有効にします。

ステップ 4

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(オプション)コンフィギュレーション ファイルに入力内容を保存します。

デフォルトでは短いプリアンブルが有効に設定されています。短いプリアンブルが無効になっている場合、有効にするには preamble-short コマンドを使用します。

送受信アンテナの設定

無線デバイスがデータの送受信に使用するアンテナを選択できます。受信と送信でそれぞれ 3 つのオプションがあります。

Diversity:デフォルト設定。最適な信号を受信するアンテナが無線デバイスで使用されます。無線デバイスに 2 つの固定(取り外し不能)アンテナが使用されている場合は、受信と送信の両方にこの設定を使用します。

Right:無線デバイスに取り外し可能なアンテナが使用されており、高ゲイン アンテナが無線デバイスの右側のコネクタに取り付けられている場合は、受信と送信の両方にこの設定を使用します。無線デバイスの背面パネルに向かって、右にあるのが右側のアンテナになります。

Left:無線デバイスに取り外し可能なアンテナが使用されており、高ゲイン アンテナが無線デバイスの左側のコネクタに取り付けられている場合は、受信と送信の両方にこの設定を使用します。無線デバイスの背面パネルに向かって、左にあるのが左側のアンテナになります。

特権 EXEC モードから、次の手順に従って無線デバイスがデータの送受信に使用するアンテナを選択します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface dot11radio { 0 | 1 }

無線インターフェイスのインターフェイス設定モードを開始します。2.4GHz 無線は Radio 0、5GHz 無線は Radio 1 です。

ステップ 3

antenna receive
{diversity | left | right}

受信アンテナを Diversity、Left、Right のいずれかに設定します。


) パフォーマンスを最適にするには、受信アンテナの設定にデフォルトの Diversity を使用します。


ステップ 4

antenna transmit
{diversity | left | right}

送信アンテナを Diversity、Left、Right のいずれかに設定します。


) パフォーマンスを最適にするには、送信アンテナの設定にデフォルトの Diversity を使用します。


ステップ 5

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(オプション)コンフィギュレーション ファイルに入力内容を保存します。

Aironet 拡張機能の無効化と有効化

デフォルトでは、無線デバイスは Cisco Aironet 802.11 拡張機能を使用して Cisco Aironet クライアント デバイスの機能を検出し、無線デバイスおよびアソシエートしたクライアント デバイス間での特定の相互作用に必要な機能をサポートします。Aironet の拡張機能では、次の機能のサポートが必要になります。

ロード バランシング:無線デバイスは Aironet 拡張機能を使用して、ネットワークとの最適な接続性を確保できるアクセス ポイントにクライアント デバイスを自動的に誘導します。これは、ユーザ数、ビット エラー レート、信号強度などの要因に基づいて行われます。

Message Integrity Check(MIC;メッセージ完全性チェック):暗号化されたパケットへの攻撃(ビットフリップ攻撃)を阻止するために新しく追加された Wired Equivalent Privacy(WEP) セキュリティ機能。MIC は、無線デバイスと、それにアソシエートされたすべてのクライアント デバイスに実装され、数バイトを各パケットに付加することによって、パケットの改ざんを防ぎます。

Cisco Key Integrity Protocol(CKIP):IEEE 802.11i セキュリティ タスク グループによって提供された初期アルゴリズムに基づく、シスコの WEP キー置換技術です。 標準規格に基づくアルゴリズムである Temporal Key Integrity Protocol(TKIP)では、Aironet 拡張機能を有効にする必要はありません。

リピータ モード:Aironet 拡張機能はリピータ アクセス ポイントと、それらがアソシエートするルート アクセス ポイントで有効に設定されていなければなりません。

ワールド モード(従来のモードのみ):従来のワールド モードが有効になっているクライアント デバイスは、無線デバイスからキャリア セット情報を受信して、それぞれの設定を自動的に調整します。802.11d ワールド モードを使用する場合、Aironet 拡張機能は不要です。

アソシエートされたクライアント デバイスの電力レベルの制限:クライアント デバイスが無線デバイスにアソシエートしている場合、その無線デバイスは最大許可電力レベル設定をクライアントに送信します。

Aironet 拡張機能を無効にすると、上記の機能は無効になりますが、シスコ以外のクライアント デバイスが無線デバイスにアソシエートしやすくなる場合があります。

Aironet 拡張機能はデフォルトでは有効に設定されています。特権 EXEC モードから、次の手順に従って Aironet 拡張機能を無効にします。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface dot11radio { 0 | 1 }

無線インターフェイスのインターフェイス設定モードを開始します。2.4GHz 無線は Radio 0、5GHz 無線は Radio 1 です。

ステップ 3

no dot11 extension aironet

Aironet 拡張機能を無効にします。

ステップ 4

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(オプション)コンフィギュレーション ファイルに入力内容を保存します。

Aironet 拡張機能が無効になっている場合、有効にするには dot11 extension aironet コマンドを使用します。

イーサネット カプセル化変換方式の設定

無線デバイスが 802.3 パケット以外のデータ パケットを受信する場合、その無線デバイスはカプセル化変換方式を使用してパケットを 802.3 にフォーマットする必要があります。この変換方式には次の 2 種類があります。

802.1H:Cisco Aironet ワイヤレス製品に最適なパフォーマンスを提供します。これはデフォルト設定です。

RFC1042:Cisco Aironet 以外の無線機器との相互運用性を確保するには、この設定を使用します。RFC1042 は、802.1H ほどの相互運用性は保証されませんが、他の製造メーカーの無線機器で使用されています。

特権 EXEC モードから、次の手順に従ってカプセル化変換方式を設定します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface dot11radio { 0 | 1 }

無線インターフェイスのインターフェイス設定モードを開始します。2.4GHz 無線は Radio 0、5GHz 無線は Radio 1 です。

ステップ 3

payload-encapsulation

snap | dot1h

カプセル化変換方式を RFC1042(snap)または 802.1h(dot1h、デフォルト設定)に設定します。

ステップ 4

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(オプション)コンフィギュレーション ファイルに入力内容を保存します。

ワークグループ ブリッジへの信頼性のあるマルチキャストの有効化と無効化

Reliable multicast messages from the access point to workgroup bridges 設定は、マルチキャスト メッセージの信頼できる送信を、無線デバイスにアソシエートしている約 20 の Cisco Aironet ワークグループ ブリッジに制限します。デフォルト設定の disabled は、マルチキャスト送信の信頼性を下げて、より多くのワークグループ ブリッジが無線デバイスにアソシエートできるようにします。

通常、アクセス ポイントやブリッジでは、ワークグループ ブリッジはクライアント デバイスとしてではなく、アクセス ポイントやブリッジと同じインフラストラクチャ デバイスとして扱われます。 ワークグループ ブリッジがインフラストラクチャ デバイスとして扱われる場合、無線デバイスは Address Resolution Protocol(ARP)パケットなどのマルチキャスト パケットを、確実にワークグループ ブリッジに配信します。

信頼性の高いマルチキャスト配信のパフォーマンス コストのため(マルチキャスト パケットが各ワークグループ ブリッジに二重に送信されるので)、ワークグループ ブリッジなど無線デバイスにアソシエートできるインフラストラクチャ デバイスの数は制限されます。無線デバイスへの無線リンクを維持できるワークグループ ブリッジの数を 21 以上にするには、無線デバイスがマルチキャスト パケットをワークグループ ブリッジに配信するときの信頼性を低くする必要があります。信頼性が低くなると、無線デバイスはマルチキャスト パケットが目的のワークグループ ブリッジに到達したかどうかを確認できなくなるため、無線デバイスのカバレッジ領域の端にあるワークグループ ブリッジでは IP 接続が失われる可能性があります。ワークグループ ブリッジをクライアント デバイスとして扱うと、パフォーマンスは向上しますが、信頼性は低くなります。


) この機能は、固定型のワークグループ ブリッジでの使用に最適です。モバイル型のワークグループ ブリッジの場合、無線デバイスのカバレッジ領域内でマルチキャスト パケットを受信できないスポットに入る可能性があり、この場合、無線デバイスにアソシエートされていても接続が失われてしまいます。


Cisco Aironet ワークグループ ブリッジでは、最大 8 つのイーサネット対応デバイスとの無線 LAN 接続を提供します。

この機能は、5GHz 無線ではサポートされていません。

特権 EXEC モードから、次の手順に従ってカプセル化変換方式を設定します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface dot11radio { 0 }

2.4GHz 無線インターフェイスのインターフェイス設定モードに切り替えます。

ステップ 3

infrastructure-client

ワークグループ ブリッジへの信頼性のあるマルチキャスト メッセージを有効にします。

ステップ 4

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(オプション)コンフィギュレーション ファイルに入力内容を保存します。

ワークグループ ブリッジへの信頼性のあるマルチキャスト メッセージを無効にする場合は、コマンドの no フォームを使用します。

Public Secure Packet Forwarding の有効化と無効化

Public Secure Packet Forwarding(PSPF)を使用すると、アクセス ポイントにアソシエートされているクライアント デバイスと、同じアクセス ポイントにアソシエートする他のクライアント デバイスとの偶発的なファイル共有や通信を防ぐことができます。PSPF は、クライアント デバイスに LAN におけるインターネット アクセスだけを許可し、その他の権限は与えません。この機能は、空港や大学の構内などに敷設されている公衆無線ネットワークに有用です。


) 異なるアクセス ポイントにアソシエートするクライアント間での通信を防ぐために、無線デバイスを接続するスイッチにプロテクテッド ポートを設定する必要があります。 プロテクテッド ポートの設定方法については、「プロテクテッド ポートの設定」を参照してください。


無線デバイスで CLI コマンドを使用して PSPF を有効または無効にする場合は、ブリッジ グループを使用します。次の文書では、ブリッジ グループに関する詳細な説明と、ブリッジ グループを実装する手順を収めています。

『Cisco IOS Bridging and IBM Networking Configuration Guide, Release 12.2』。次のリンクをクリックすると、「Configuring Transparent Bridging」の章を参照できます。
http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios122/122cgcr/fibm_c/bcfpart1/bcftb.htm

PSPF は Web ブラウザ インターフェイスを使用して有効および無効にできます。PSPF 設定は Radio Settings ページで行います。

PSPF はデフォルトで無効に設定されています。特権 EXEC モードから、次の手順に従って PSPF を有効にします。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface dot11radio { 0 | 1 }

無線インターフェイスのインターフェイス設定モードを開始します。2.4GHz 無線は Radio 0、5GHz 無線は Radio 1 です。

ステップ 3

bridge-group group port-protected

PSPF を有効にします。

ステップ 4

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(オプション)コンフィギュレーション ファイルに入力内容を保存します。

PSPF を無効にする場合は、コマンドの no フォームを使用します。

プロテクテッド ポートの設定

無線 LAN の異なるアクセス ポイントにアソシエートするクライアント デバイス間での通信を防ぐために、無線デバイスを接続するスイッチにプロテクテッド ポートを設定する必要があります。

特権 EXEC モードから、次の手順に従ってスイッチ上のポートをプロテクテッド ポートとして定義します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

インターフェイス設定モードを開始し、設定するスイッチポート インターフェイスのタイプと番号を gigabitethernet0/1 のように入力します。

ステップ 3

switchport protected

プロテクテッド ポートとしてインターフェイスを設定します。

ステップ 4

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

show interfaces interface-id switchport

入力内容を確認します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(オプション)コンフィギュレーション ファイルに入力内容を保存します。

プロテクテッドポートを無効にする場合は、インターフェイス設定コマンド no switchport protected を使用します。

プロテクテッドポートとポート ブロッキングについての詳細は、『Catalyst 3550 Multilayer Switch Software Configuration Guide, 12.1(12c)EA1』の「Configuring Port-Based Traffic Control」の章を参照してください。次のリンクをクリックすると上記のガイドを参照できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/switches/ps646/products_configuration_guide_book09186a008011591c.html

ビーコン間隔と DTIM の設定

ビーコン間隔はアクセス ポイントのビーコン間の時間(キロマイクロ秒)です。 1Kµsec は 1,024 マイクロ秒です。 常にビーコン間隔の倍数となるデータ ビーコン レートにより、ビーコンに Delivery Traffic Indication Message(DTIM)が格納される頻度が決定されます。 DTIM は、省電力モードのクライアント デバイスに、パケットがクライアント待ちであることを通知します。

たとえば、ビーコン間隔をデフォルトの 100 に設定し、データ ビーコン レートをデフォルトの 2 に設定すると、無線デバイスは DTIM を含むビーコンを 200Kµsecごとに送信します。 1Kµsec は 1,024 マイクロ秒です。

デフォルトのビーコン間隔は 100、デフォルトの DTIM は 2 です。特権 EXEC モードから、次の手順に従って間隔と DTIM を設定します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface dot11radio { 0 | 1 }

無線インターフェイスのインターフェイス設定モードを開始します。2.4GHz 無線は Radio 0、5GHz 無線は Radio 1 です。

ステップ 3

beacon period value

ビーコン間隔を設定します。値をキロマイクロ秒で入力します。

ステップ 4

beacon dtim-period value

DTIM を設定します。値をキロマイクロ秒で入力します。

ステップ 5

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(オプション)コンフィギュレーション ファイルに入力内容を保存します。

RTS しきい値とリトライの設定

Request To Send(RTS;送信要求) しきい値は、パケットの送信前に無線デバイスが RTS を発行するときのパケット サイズを決定します。多数のクライアント デバイスが無線デバイスにアソシエートされているエリアや、クライアントが遠く分散しているために、無線デバイスは検知できても、クライアント同士が互いに検知できないエリアでは、RTS しきい値を低く設定すると効果的です。 設定値を 0 ~ 2347 バイトの範囲で入力します。

最大 RTS リトライは、無線デバイスが無線を介したパケット送信の試行を中止するまでに RTS を発行する最大回数です。1 ~ 128 の範囲の値を入力します。

デフォルトの RTS しきい値は 2312、デフォルトの最大 RTS リトライ設定は 32 です。特権 EXEC モードから、次の手順に従って RTS しきい値と最大 RTS リトライを設定します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface dot11radio { 0 | 1 }

無線インターフェイスのインターフェイス設定モードを開始します。2.4GHz 無線は Radio 0、5GHz 無線は Radio 1 です。

ステップ 3

rts threshold value

RTS しきい値を設定します。 RTS しきい値は 0 ~ 2347 の範囲で入力します。

ステップ 4

rts retries value

最大 RTS リトライ回数を設定します。1 ~ 128 の範囲の値を入力します。

ステップ 5

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(オプション)コンフィギュレーション ファイルに入力内容を保存します。

RTS 設定をデフォルトにリセットする場合は、コマンドの no フォームを使用します。

最大データ リトライの設定

最大データ リトライ設定は、無線デバイスがパケット送信を放棄し、そのパケットを廃棄するまでに行うパケット送信の最大再送回数です。

デフォルト設定は 32 です。特権 EXEC モードから、次の手順に従って最大データ リトライ回数を設定します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface dot11radio { 0 | 1 }

無線インターフェイスのインターフェイス設定モードを開始します。2.4GHz 無線は Radio 0、5GHz 無線は Radio 1 です。

ステップ 3

packet retries value

最大データ リトライ回数を設定します。1 ~ 128 の範囲の値を入力します。

ステップ 4

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(オプション)コンフィギュレーション ファイルに入力内容を保存します。

設定をデフォルトにリセットする場合は、コマンドの no フォームを使用します。

フラグメンテーションしきい値の設定

フラグメンテーションしきい値は、断片化されて複数のブロックとして送信されるパケットの最小サイズを決定します。通信状態の悪いエリアや電波干渉が非常に多いエリアでは、低い数値を設定します。

デフォルト設定は 2338 バイトです。特権 EXEC モードから、次の手順に従ってフラグメンテーションしきい値を設定します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface dot11radio { 0 | 1 }

無線インターフェイスのインターフェイス設定モードを開始します。2.4GHz 無線は Radio 0、5GHz 無線は Radio 1 です。

ステップ 3

fragment-threshold value

フラグメンテーションしきい値を設定します。 2.4GHz 無線の場合は 256 ~ 2346 バイトの間で入力します。 5GHz 無線の場合は 256 ~ 2346 バイトの間で入力します。

ステップ 4

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(オプション)コンフィギュレーション ファイルに入力内容を保存します。

設定をデフォルトにリセットする場合は、コマンドの no フォームを使用します。

802.11g 無線の短いスロット時間の有効化

802.11g、2.4GHz 無線のスループットは、短いスロット時間を有効にすることで向上します。 スロット時間を標準の 20 ~ 9 マイクロ秒の短いスロット時間まで短縮すると、全体のバックオフが減少し、スループットが向上します。バックオフは、スロット時間の倍数であり、LAN 上にパケットを送信するまでにステーションが待機するランダムな長さの時間です。

多くの 802.11g 無線は短いスロット時間をサポートしていますが、サポートしていないものもあります。短いスロット時間を有効にした場合、無線デバイスは、802.11g、2.4GHz 無線にアソシエートされたすべてのクライアントが短いスロット時間をサポートしている場合のみこれを使用します。

短いスロット時間は、802.11g、2.4GHz 無線でのみサポートされています。短いスロット時間は、デフォルトでは無効に設定されています。

無線インターフェイス モードで、次のコマンドを入力して短いスロット時間を有効にします。

ap(config-if)# slot-time-short
 

短いスロット時間を無効にする場合は、no slot-time-short と入力します。

キャリア話中検査の実行

キャリア話中検査を実行して、アクセス ポイント チャネルでの無線活動をチェックします。キャリア話中検査では、キャリア検査を実行して検査結果を表示するまでの約 4 秒間、無線デバイスは無線ネットワーク装置とのアソシエーションをすべて停止します。

特権 EXEC モードで、次のコマンドを入力して、キャリア話中検査を実行します。

dot11 interface-number carrier busy

interface-number については、dot11radio 0 を入力して、2.4GHz 無線上の検査を実行するか、dot11radio 1 を入力して、5GHz 無線上の検査を実行します。

show dot11 carrier busy コマンドを入力して、キャリア話中検査結果を再表示します。