Cisco Aironet 1200 シリーズ アクセス ポイント インストレーション コンフィギュレーション ガイド, 12.2(8)JA
ファームウェアと設定の管理
ファームウェアと設定の管理
発行日;2012/01/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

ファームウェアと設定の管理

フラッシュ ファイル システムの操作

使用可能なファイル システムの表示

デフォルト ファイル システムの設定

ファイル システムに関するファイル情報の表示

ディレクトリの変更と作業ディレクトリの表示

ディレクトリの作成と削除

ファイルのコピー

ファイルの削除

tar ファイルの作成、表示、抽出

tar ファイルの作成

tar ファイルの内容の表示

tar ファイルの抽出

ファイルの内容の表示

コンフィギュレーション ファイルの操作

コンフィギュレーション ファイルの作成と使用のガイドライン

コンフィギュレーション ファイルのタイプと場所

テキスト エディタによるコンフィギュレーション ファイルの作成

TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのコピー

TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのアップロード

FTP によるコンフィギュレーション ファイルのコピー

FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

FTP によるコンフィギュレーション ファイルのアップロード

RCP によるコンフィギュレーション ファイルのコピー

RCP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

RCP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

RCP によるコンフィギュレーション ファイルのアップロード

設定情報のクリア

保存されたコンフィギュレーション ファイルの削除

ソフトウェア イメージの操作

アクセス ポイントのイメージの場所

サーバまたは Cisco.com の tar ファイル形式のイメージ

TFTP によるイメージ ファイルのコピー

TFTP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

TFTP によるイメージ ファイルのダウンロード

TFTP によるイメージ ファイルのアップロード

FTP によるイメージ ファイルのコピー

FTP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

FTP によるイメージ ファイルのダウンロード

FTP によるイメージ ファイルのアップロード

RCP によるイメージ ファイルのコピー

RCP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

RCP によるイメージ ファイルのダウンロード

RCP によるイメージ ファイルのアップロード

Web ブラウザ インターフェイスによるイメージの再ロード

ブラウザ HTTP インターフェイス

ブラウザ TFTP インターフェイス

ファームウェアと設定の管理

この章では、フラッシュ ファイル システムの操作方法、コンフィギュレーション ファイルのコピー方法、ソフトウェア イメージのアーカイブ(アップロードとダウンロード)方法について説明します。


) この章で使用するコマンドの構文と使用法については、このリリースの『Cisco Aironet 1200 シリーズ アクセス ポイント コマンド リファレンス』と『Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference for Release 12.2』を参照してください。


この章は次の項から構成されます。

「フラッシュ ファイル システムの操作」

「コンフィギュレーション ファイルの操作」

「ソフトウェア イメージの操作」

フラッシュ ファイル システムの操作

アクセス ポイントのフラッシュ ファイル システムは、ソフトウェアのイメージとコンフィギュレーション ファイルの管理に役立ついくつかのコマンドを提供します。

フラッシュ ファイル システムは、ファイルを保存できる単独のフラッシュ デバイスです。 このフラッシュ デバイスは、 flash: と呼ばれます。

この項では次の情報を扱います。

「使用可能なファイル システムの表示」

「デフォルト ファイル システムの設定」

「ファイル システムに関するファイル情報の表示」

「ディレクトリの変更と作業ディレクトリの表示」

「ディレクトリの作成と削除」

「ファイルのコピー」

「ファイルの削除」

「tar ファイルの作成、表示、抽出」

「ファイルの内容の表示」

使用可能なファイル システムの表示

アクセス ポイントで使用できるファイル システムを表示する場合は、次の例に示すように show file systems イネーブル EXEC コマンドを使用します。

ap# show file systems
File Systems:
 
Size(b) Free(b) Type Flags Prefixes
* 16128000 11118592 flash rw flash:
16128000 11118592 unknown rw zflash:
32768 26363 nvram rw nvram:
- - network rw tftp:
- - opaque rw null:
- - opaque rw system:
- - opaque ro xmodem:
- - opaque ro ymodem:
- - network rw rcp:
- - network rw ftp:
 

表 19-1 に、show file systems コマンドのフィールドの詳細を示します。

 

表 19-1 show file systems のフィールドの詳細

フィールド

サイズ(b)

ファイル システムのメモリ容量(バイト)

空き容量(b)

ファイル システムの空きメモリ容量(バイト)

タイプ

ファイル システムのタイプ

flash :フラッシュ メモリ デバイス用です。

network:ネットワーク デバイス用です。

nvram :不揮発性 RAM(NVRAM)デバイス用です。

opaque :ローカルに生成された 擬似 ファイル システム( system など)または brimux などのダウンロード インターフェイス用です。

unknown :タイプが不明です。

フラグ

ファイル システムの権限。

ro :読み出し専用。

rw :読み出し/書き込み。

wo :書き込み専用。

プレフィクス

ファイル システムのエイリアス。

flash: :フラッシュ ファイル システム。

ftp::File Transfer Protocol(FTP;ファイル転送プロトコル)ネットワーク サーバ。 ネットワーク デバイス間のファイルの転送に使用されます。

nvram: :Non-volatile RAM memory (NVRAM;不揮発性 RAM メモリ).

null: :コピーのヌル コピー先。 リモート ファイルをヌルにコピーすると、サイズを決定できます。

rcp: :Remote Copy Protocol(RCP)ネットワーク サーバ。

system: :実行中の設定を含むシステム メモリを格納しています。

tftp: :Trivial File Transfer Protocol(TFTP;簡易ファイル転送プロトコル)ネットワーク サーバ。

zflash: :フラッシュ ファイル システムの内容をミラーリングした読み出し専用のファイル解凍ファイル システム。

デフォルト ファイル システムの設定

システムがデフォルトのファイル システムとして使用するファイル システムまたはディレクトリを、 cd filesystem: イネーブル EXEC コマンドを使用して指定できます。 デフォルトのファイル システムを設定すると、関連するコマンドから filesystem: 引数を省略できます。 たとえば、オプションで filesystem: 引数を指定するすべてのイネーブル EXEC コマンドについて、システムは cd コマンドで指定されるファイル システムを使用します。

デフォルトでは、デフォルト ファイル システムは flash: です。

cd コマンドでで指定された現在のデフォルト ファイル システムは、 pwd イネーブル EXEC コマンドを使用すると表示できます。

ファイル システムに関するファイル情報の表示

ファイル システムの内容を操作する前に、内容のリストを表示することができます。 たとえば、新しいコンフィギュレーション ファイルをフラッシュ メモリにコピーする前に、ファイル システムにまだ同じ名前のコンフィギュレーション ファイルが格納されていないことを確認できます。 同様に、フラッシュ コンフィギュレーション ファイルを別の場所にコピーする前に、別のコマンドで使用するファイル名を確認できます。

ファイル システム上のファイルの情報を表示する場合は、 表 19-2 のイネーブル EXEC コマンドのいずれかを使用します。

 

表 19-2 ファイル情報を表示するためのコマンド

コマンド
説明

dir [ /all ] [ filesystem : ][ filename ]

ファイル システム上のファイルのリストを表示します。

show file systems

ファイル システム上の各ファイルに関する詳細な情報を表示します。

show file information file-url

特定のファイルに関する情報を表示します。

show file descriptors

開いているファイルの記述子のリストを表示します。 ファイル記述子は、開かれたファイルを内部的に表現したものです。 このコマンドを使用して別のユーザがファイルを開いているかどうかを確認できます。

ディレクトリの変更と作業ディレクトリの表示

イネーブル EXEC モードから、次の手順に従って、ディレクトリを変更し、作業ディレクトリを表示します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

dir filesystem :

特定のファイル システム上のディレクトリを表示します。

filesystem : には、システム ボードのフラッシュ デバイスの flash: を使用します。

ステップ 2

cd new_configs

対象のディレクトリに移動します。

コマンド例では、ディレクトリ new_configs に移動する方法を示しています。

ステップ 3

pwd

作業ディレクトリを表示します。

ディレクトリの作成と削除

イネーブル EXEC モードから、次の手順に従ってディレクトリを作成および削除します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

dir filesystem :

特定のファイル システム上のディレクトリを表示します。

filesystem : には、システム ボードのフラッシュ デバイスの flash: を使用します。

ステップ 2

mkdir old_configs

新しいディレクトリを作成します。

コマンド例では、ディレクトリ old_configs を作成する方法を示しています。

ディレクトリ名は大文字と小文字を区別します。

ディレクトリ名はスラッシュ(/)の間に 45 文字以内で指定します。名前には制御文字、空白、削除、スラッシュ、引用符、セミコロン、コロンを使用できません。

ステップ 3

dir filesystem :

入力内容を確認します。

ディレクトリとそのファイルおよびサブディレクトリを削除する場合は、 delete /force /recursive filesystem :/ file-url イネーブル EXEC コマンドを使用します。

名前の付いたディレクトリとサブディレクトリ、および格納されたすべてのファイルを削除する場合は、 /recursive キーワードを使用します。 ディレクトリ内の各ファイルの削除を確認するプロンプトを表示させない場合は、 /force キーワードを使用します。 この削除プロセスの最初で 1 回だけプロンプトが表示されます。 archive download-sw コマンドを使用してインストールし、不要になった古いソフトウェア イメージを削除する場合は、 /force キーワードと /recursive キーワードを使用します。

filesystem には、システム ボードのフラッシュ デバイスの flash: を使用します。 file-url には削除するディレクトリ名を入力します。 ディレクトリ内のすべてのファイルとディレクトリが削除されます。


注意 ファイルとディレクトリが削除されると、その内容を復元することはできません。

ファイルのコピー

ファイルをコピー元からコピー先にコピーする場合は、 copy [ /erase ] source-url destination-url イネーブル EXEC コマンドを使用します。 コピー元とコピー先の URL には、 running-config
startup-config キーワード ショートカットを使用できます。 たとえば、 copy running-config
startup-config
コマンドは現在実行中のコンフィギュレーション ファイルをフラッシュ メモリの NVRAM セクションに保存し、このファイルはシステム初期化の間にコンフィギュレーションとして使用されます。

ネットワーク ファイル システムの URL には、 ftp: rcp: 、および tftp: が含まれ、次のような構文で表されます。

File Transfer Protocol(FTP): ftp: [[ // username [ : password ] @ location ] / directory ] / filename

Remote Copy Protocol(RCP): rcp: [[ // username @ location ] / directory ] / filename

Trivial File Transfer Protocol(TFTP): tftp: [[ // location ] / directory ] / filename

書き込み可能なローカル ファイル システムには flash: が含まれます。

コピー元とコピー先の組み合わせには無効なものがあります。 特に次の組み合わせを使ってコピーは行えません。

実行中のコンフィギュレーションから実行中のコンフィギュレーション

起動コンフィギュレーションから起動コンフィギュレーション

デバイス間(たとえば copy flash: flash: コマンドは無効)

コンフィギュレーション ファイルで copy コマンドを使用する例については、「コンフィギュレーション ファイルの操作」を参照してください。

新しいバージョンをダウンロードするか既存のバージョンをアップロードしてソフトウェア イメージをコピーする場合は、 archive download-sw または archive upload-sw イネーブル EXEC コマンドを使用します。 詳細については、「ソフトウェア イメージの操作」を参照してください。

ファイルの削除

フラッシュ メモリ デバイスのファイルが不要になった場合、永久に削除できます。 指定されたフラッシュ デバイスからファイルまたはディレクトリを削除する場合は、 delete [ /force ] [ /recursive ] [ filesystem : ] / file-url イネーブル EXEC コマンドを使用します。


注意 ファイルが削除されると、その内容を復元することはできません。

ディレクトリとすべてのサブディレクトリ、および格納されたすべてのファイルを削除する場合は、 /recursive キーワードを使用します。 ディレクトリ内の各ファイルの削除を確認するプロンプトを表示させない場合は、 /force キーワードを使用します。 この削除プロセスの最初で 1 回だけプロンプトが表示されます。 archive download-sw コマンドを使用してインストールし、不要になった古いソフトウェア イメージを削除する場合は、 /force キーワードと /recursive キーワードを使用します。

filesystem : オプションを省略した場合、アクセス ポイントは cd コマンドで指定されたデフォルト デバイスを使用します。 file-url には、削除するファイルのパス(ディレクトリ)と名前を指定します。

次の例は、デフォルトのフラッシュ メモリ デバイスからファイル myconfig を削除する方法を示しています。

ap# delete myconfig

tar ファイルの作成、表示、抽出

次の項で説明するように、tar ファイルを作成し、そこにファイルを書き込んで、tar ファイル内のファイルをリストできます。また tar ファイルからファイルを抽出できます。

tar ファイルの作成

tar ファイルを作成し、そこにファイルを書き込むには、次のイネーブル EXEC コマンドを使用します。

archive tar /create destination-url flash:/ file-url

destination-url には、ローカルまたはネットワーク ファイル システムの宛先 URL のエイリアスと、作成する tar ファイルの名前を指定します。 次のオプションがサポートされます。

ローカル フラッシュ ファイル システムの場合、構文は次のようになります。
flash:/ file-url

File Transfer Protocol(FTP)の場合、構文は
ftp:
[[ // username [ : password ] @ location ] / directory] / tar-filename .tar です。

Remote Copy Protocol(RCP)の場合、構文は rcp: [[ // username @ location ] / directory ] / tar-filename .tar です。

Trivial File Transfer Protocol(TFTP)の場合、構文は tftp: [[ // location ] / directory ] / tar-filename .tar です。

tar-filename .tar は作成される tar ファイルです。

flash:/ file-url には、新しい tar ファイルを作成する基になるローカル フラッシュ ファイル システムの場所を指定します。 またソース ディレクトリ内のファイルまたはディレクトリのオプション リストを新しい tar ファイルに書き込むように指定できます。 リストが指定されていない場合、現在のレベルのすべてのファイルとディレクトリが新規に作成された tar ファイルに書き込まれます。

次の例は tar ファイルを作成する方法を示しています。 このコマンドは、ローカル フラッシュ デバイスの new-configs ディレクトリの内容を TFTP サーバの 172.20.10.30 のファイル saved.tar に書き込みます。

ap# archive tar /create tftp:172.20.10.30/saved.tar flash:/new-configs

tar ファイルの内容の表示

tar ファイルの内容を画面に表示する場合は、次のイネーブル EXEC コマンドを使用します。

archive tar /table source-url

source-url には、ローカルまたはネットワーク ファイル システムのソース URL エイリアスを指定します。 次のオプションがサポートされます。

ローカル フラッシュ ファイル システムの場合、構文は次のようになります。
flash:

File Transfer Protocol(FTP)の場合、構文は
ftp: [[ // username [ : password ] @ location ] / directory ] / tar-filename .tar です。

Remote Copy Protocol(RCP)の場合、構文は rcp: [[ // username @ location ] / directory ] / tar-filename .tar です。

Trivial File Transfer Protocol(TFTP)の場合、構文は tftp: [[ // location ] / directory ] / tar-filename .tar です。

tar-filename .tar は表示する tar ファイルです。

また、tar ファイルの後にファイルまたはディレクトリのオプション リストを指定すると、ファイルの表示を制限することができます。リスト内のファイルのみが表示されます。 リストを指定しない場合、すべてのファイルおよびディレクトリが表示されます。

次の例は、フラッシュ メモリ内の c1200-k9w7-mx.122-8.JA.tar ファイルの内容を表示する方法を示しています。

ap# archive tar /table flash:c1200-k9w7-mx.122-8.JA.tar
info (219 bytes)
c1200-k9w7-mx.122-8.JA/ (directory)
c1200-k9w7-mx.122-8.JA/html/ (directory)
c1200-k9w7-mx.122-8.JA/html/foo.html (0 bytes)
c1200-k9w7-mx.122-8.JA/c1200-k9w7-mx.122-8.JA.bin (610856 bytes)
c1200-k9w7-mx.122-8.JA/info (219 bytes)
info.ver (219 bytes)
 

次の例は、 c1200-k9w7-mx.122-8.JA/html ディレクトリとその内容だけを表示する方法を示しています。

ap# archive tar /table flash:c1200-k9w7-mx.122-8.JA/html
c1200-k9w7-mx.122-8.JA/html/ (directory)
c1200-k9w7-mx.122-8.JA/html/foo.html (0 bytes)

tar ファイルの抽出

フラッシュ ファイル システムのディレクトリに tar ファイルを抽出する場合は、次の イネーブル EXEC コマンドを使用します。

archive tar /xtract source-url flash:/ file-url

source-url には、ローカルまたはネットワーク ファイル システムのソース URL エイリアスを指定します。 次のオプションがサポートされます。

ローカル フラッシュ ファイル システムの場合、構文は次のようになります。
flash:

File Transfer Protocol(FTP)の場合、構文は
ftp: [[ // username [ : password ] @ location ] / directory ] / tar-filename .tar です。

Remote Copy Protocol(RCP)の場合、構文は rcp: [[ // username @ location ] / directory ] / tar-filename .tar です。

Trivial File Transfer Protocol(TFTP)の場合、構文は tftp: [[ // location ] / directory ] / tar-filename .tar です。

tar-filename .tar はファイルを抽出する tar ファイルです。

flash:/ file-url には、tar ファイルの抽出先であるローカル フラッシュ ファイル システムの場所を指定します。 また、tar ファイル内の抽出するファイルまたはディレクトリのオプション リストを指定できます。 リストを指定しない場合、すべてのファイルおよびディレクトリが抽出されます。

次の例は、TFTP サーバ 172.20.10.30 の tar ファイルの内容を抽出する方法を示します。 このコマンドは、 new-configs ディレクトリのみをローカル フラッシュ ファイル システムのルート ディレクトリに抽出します。 saved.tar ファイルの他のファイルは無視されます。

ap# archive tar /xtract tftp://172.20.10.30/saved.tar flash:/new-configs

ファイルの内容の表示

リモート ファイル システムのファイルを含め、読み出し可能なすべてのファイルの内容を表示するには、 more [ /ascii | /binary | /ebcdic ] file-url イネーブル EXEC コマンドを使用します。

次の例は、TFTP サーバのコンフィギュレーション ファイルの内容を表示する方法を示します。

ap# more tftp://serverA/hampton/savedconfig
!
! Saved configuration on server
!
version 11.3
service timestamps log datetime localtime
service linenumber
service udp-small-servers
service pt-vty-logging
!
 
<output truncated>

コンフィギュレーション ファイルの操作

この項では、コンフィギュレーション ファイルの作成、ロード、維持の方法を説明します。 コンフィギュレーション ファイルには、Cisco IOS ソフトウェアの機能をカスタマイズするために入力されたコマンドが格納されています。 次に説明する手順を効果的に利用するには、アクセス ポイントで実行されるシステム ソフトウェアと対話するためのデフォルトの設定を最小限に抑えます。

TFTP、FTP、または RCP サーバのコンフィギュレーション ファイルをアクセス ポイントの実行中の設定に次のような理由でコピー( ダウンロード )することができます。

バックアップ コンフィギュレーション ファイルを復元するため。

別のアクセス ポイントのコンフィギュレーション ファイルを使用するため。 たとえば、ネットワークに別のアクセス ポイントを追加して、そのアクセス ポイントを元のアクセス ポイントと同じように設定することができます。 新しいアクセス ポイントにファイルをコピーすると、ファイル全体を作成し直すことなく関連する部分を変更できます。

ネットワーク上のすべてのアクセス ポイントに同じコンフィギュレーション コマンドをロードするため。これは、すべてのアクセス ポイントに同じ設定を行うために行います。

TFTP、FTP、または RCP を使用して、アクセス ポイントのコンフィギュレーション ファイルをファイル サーバにコピー( アップロード )できます。 この作業は、現在のコンフィギュレーション ファイルの内容を変更する前にバックアップする場合に実行できます。オリジナルのコンフィギュレーション ファイルは後でサーバから復元できます。

使用できるプロトコルは、使用中のサーバの種類により異なります。 FTP と RCP の転送メカニズムにより、パフォーマンスが高速化し、TFTP よりもデータ送信が確実になります。 このような改善は、FTP と RCP が組み込まれたプロトコルで、接続志向型の Transmission Control Protocol/Internet Protocol(TCP/IP)スタックを使用しているために可能になります。

この項では次の情報を扱います。

「コンフィギュレーション ファイルの作成と使用のガイドライン」

「コンフィギュレーション ファイルのタイプと場所」

「テキスト エディタによるコンフィギュレーション ファイルの作成」

「TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのコピー」

「FTP によるコンフィギュレーション ファイルのコピー」

「RCP によるコンフィギュレーション ファイルのコピー」

「設定情報のクリア」

コンフィギュレーション ファイルの作成と使用のガイドライン

コンフィギュレーション ファイルを作成すると、それに基づいてアクセス ポイントを設定することができます。 コンフィギュレーション ファイルには、1 つまたは複数のアクセス ポイントの設定に必要なコマンドの一部またはすべてが収められています。 たとえば、同じハードウェア構成の複数のアクセス ポイントに同じコンフィギュレーション ファイルをダウンロードできます。

コンフィギュレーション ファイルを作成する場合は、次のガイドラインを参照してください。

アクセス ポイントにパスワードが設定されていない場合、各アクセス ポイントに enable secret secret-password グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力して設定する必要があります。 このコマンドには空白行を入力します。 パスワードはクリア テキストでコンフィギュレーション ファイルに保存されます。

パスワードが既に存在する場合、ファイルに enable secret secret-password グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力できません。これはパスワードの確認に失敗するためです。 コンフィギュレーション ファイルにパスワードを入力すると、アクセス ポイントはファイルを実行するときに誤ってコマンドとしてパスワードを実行しようとします。

copy { ftp: | rcp: | tftp: } system:running-config イネーブル EXEC コマンドは、コマンド ラインでコマンドを入力するのと同じように、アクセス ポイントでコンフィギュレーション ファイルをロードします。 アクセス ポイントはコマンドを追加する前に実行中の現在の設定を消去しません。 コピーされたコンフィギュレーション ファイルのコマンドにより既存のコンフィギュレーション ファイルのコマンドが置き換えられた場合、既存のコマンドは消去されます。 たとえば、コピーされたコンフィギュレーション ファイルに既存の設定とは異なる特定のコマンドの IP アドレスが含まれている場合、コピーされた設定の IP アドレスが使用されます。 ただし、既存の設定のコマンドには置換または無効にされないものもあります。 この場合、最終的なコンフィギュレーション ファイルは、既存のコンフィギュレーション ファイルとコピーされたコンフィギュレーション ファイルが混成したものになり、コピーされたコンフィギュレーション ファイルのほうが優先されます。

コンフィギュレーション ファイルをサーバに保存されたファイルの完全なコピーに復元する場合は、コンフィギュレーション ファイルを起動コンフィギュレーション ファイルに直接コピーし( copy { ftp: | rcp: | tftp: } nvram:startup-config イネーブル EXEC コマンドを使用)、アクセス ポイントを再ロードします。

コンフィギュレーション ファイルのタイプと場所

起動コンフィギュレーション ファイルは、システムの起動中にソフトウェアを設定するために使用されます。 実行中のコンフィギュレーション ファイルには、ソフトウェアの現在の設定が格納されます。 2 つのコンフィギュレーション ファイルは異なる場合があります。 たとえば、永続的ではなく短期間の間だけ設定を変更する場合があります。 この場合、実行中の設定を変更しますが、 copy running-config startup-config イネーブル EXEC コマンドを使用して設定を保存しません。

実行中の設定は DRAM に保存され、起動設定はフラッシュ メモリの NVRAM セクションに保存されます。

テキスト エディタによるコンフィギュレーション ファイルの作成

コンフィギュレーション ファイルを作成する場合、システムが迅速に応答できるようにコマンドを論理的に列挙する必要があります。 次の方法はコンフィギュレーション ファイルを作成する 1 つの例です。


ステップ 1 既存の設定をアクセス ポイントからサーバにコピーします。

詳細については、「TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」「FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」、または「RCP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」を参照してください。

ステップ 2 UNIX の vi や emacs、PC のメモ帳などのテキスト エディタでコンフィギュレーション ファイルを開きます。

ステップ 3 必要なコマンドでコンフィギュレーション ファイルの一部を抽出し、新しいファイルとして保存します。

ステップ 4 コンフィギュレーション ファイルをサーバの適切な場所にコピーします。 たとえば、ワークステーションの TFTP ディレクトリ(通常は UNIX ワークステーションの / tftpboot)にファイルをコピーします。

ステップ 5 ファイルの権限が world-read になっていることを確認します。


 

TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのコピー

作成したコンフィギュレーション ファイルを使用したアクセス ポイントの設定、別のアクセス ポイントからのダウンロード、または TFTP サーバからのダウンロードが実行できます。 コンフィギュレーションを TFTP サーバにコピー(アップロード)して保存することができます。

この項では次の情報を扱います。

「TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」

「TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」

「TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのアップロード」

TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

TFTP を使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードを開始する前に、次の作業を実行します。

TFTP サーバとして機能するワークステーションが正しく構成されていることを確認します。
Sun ワークステーションの場合、/etc/inetd.conf ファイルに次の行が含まれていることを確認します。

tftp dgram udp wait root /usr/etc/in.tftpd in.tftpd -p -s /tftpboot
 

/etc/services ファイルに次の行が含まれていることを確認します。

tftp 69/udp
 

) /etc/inetd.conf ファイルと /etc/services ファイルを修正した後、inetd デーモンを再起動する必要があります。 デーモンを再起動するには、inetd プロセスを停止して再起動するか、fastboot コマンド(SunOS 4.x)またはreboot コマンド (Solaris 2.x または SunOS 5.x)を入力します。 TFTP デーモンの詳細については、ご使用のワークステーションの資料を参照してください。


アクセス ポイントに TFTP サーバへのルートが設定されていることを確認します。 サブネット間のトラフィックをルータでルート設定していない場合は、アクセス ポイントと TFTP サーバが同じサブネットワーク内に存在しなければなりません。 ping コマンドを使用して TFTP サーバとの接続を確認します。

ダウンロードするコンフィギュレーション ファイルが TFTP サーバの正しいディレクトリ(通常は UNIX ワークステーションの / tftpboot)にあることを確認します。

ダウンロード操作の場合、ファイルの権限が正しく設定されていることを確認します。 ファイルの権限は world-read になっている必要があります。

コンフィギュレーション ファイルをアップロードする前に、TFTP サーバに空のファイルを作成する場合があります。 空のファイルを作成する場合は、 touch filename コマンドを入力します。この filename は、サーバにアップロードする場合に使用するファイルの名前です。

アップロード操作の間、サーバで既存のファイル(作成している場合は空のファイルを含む)を上書きする場合は、ファイルに権限が正しく設定されていることを確認します。 ファイルの権限は world-write になっている必要があります。

TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

TFTP サーバからダウンロードしたコンフィギュレーション ファイルを使用してアクセス ポイントを設定する場合は、次の手順に従います。


ステップ 1 コンフィギュレーション ファイルをワークステーションの適切な TFTP ディレクトリにコピーします。

ステップ 2 「TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、TFTP サーバが正しく設定されていることを確認します。

ステップ 3 Telnet セッションでアクセス ポイントにログインします。

ステップ 4 TFTP サーバからコンフィギュレーション ファイルをダウンロードして、アクセス ポイントを設定します。

TFTP サーバの IP アドレスまたはホスト名と、ダウンロードするファイルの名前を指定します。

次の EXEC コマンドのいずれかを使用します。

copy tftp: [[[ // location ] / directory ] / filename ] system:running-config

copy tftp: [[[ // location ] / directory ] / filename ] nvram:startup-config

コンフィギュレーション ファイルがダウンロードされ、ファイルが 1 行ずつ解析されてコマンドが実行されます。


 

次の例は、IP アドレス 172.16.2.155 のファイル tokyo-confg からソフトウェアを設定する方法を示します。

ap# copy tftp://172.16.2.155/tokyo-confg system:running-config
Configure using tokyo-confg from 172.16.2.155? [confirm] y
Booting tokyo-confg from 172.16.2.155:!!! [OK - 874/16000 bytes]

TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのアップロード

コンフィギュレーション ファイルをアクセス ポイントから TFTP サーバにアップロードして保存するには、次の手順に従います。


ステップ 1 「TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、TFTP サーバが正しく設定されていることを確認します。

ステップ 2 Telnet セッションでアクセス ポイントにログインします。

ステップ 3 アクセス ポイントの設定を TFTP サーバにアップロードします。 TFTP サーバの IP アドレスまたはホスト名とアップロード先のファイル名を指定します。

次の EXEC コマンドのいずれかを使用します。

copy system:running-config tftp: [[[ // location ] / directory ] / filename ]

copy nvram:startup-config tftp: [[[ // location ] / directory ] / filename ]

ファイルは TFTP サーバにアップロードされます。


 

次の例では、コンフィギュレーション ファイルをアクセス ポイントから TFTP サーバにアップロードする方法を示します。

ap# copy system:running-config tftp://172.16.2.155/tokyo-confg
Write file tokyo-confg on host 172.16.2.155? [confirm] y
#
Writing tokyo-confg!!! [OK]

FTP によるコンフィギュレーション ファイルのコピー

コンフィギュレーション ファイルを FTP サーバ間でコピーできます。

FTP プロトコルは、クライアントに対し、各 FTP 要求でリモート ユーザ名とパスワードをサーバに送信することを要求します。 FTP を使用してコンフィギュレーション ファイルをアクセス ポイントからサーバにコピーする場合、Cisco IOS ソフトウェアは次のリストで最初に有効なユーザ名を送信します。

ユーザ名が指定されている場合は、 copy コマンドで指定されたユーザ名。

コマンドが設定されている場合は、 ip ftp username username グローバル コンフィギュレーション コマンドで設定されたユーザ名。

匿名。

アクセス ポイントは次のリストで最初に有効なパスワードを送信します。

パスワードが指定されている場合は、 copy コマンドで指定されたパスワード。

コマンドが設定されている場合は、 ip ftp password password グローバル コンフィギュレーション コマンドで設定されたパスワード。

アクセス ポイントが作成するパスワード username@apname.domain 。 変数 username は現在のセッションに関連したユーザ名、 apname は設定されたホスト名、 domain はアクセス ポイントのドメインです。

ユーザ名とパスワードは、FTP サーバのアカウントと関連付けられている必要があります。 サーバに書き込む場合、FTP 書き込み要求を受け付けるように FTP サーバを正しく設定しなければなりません。

すべてのコピーにユーザ名とパスワードを指定する場合は、 ip ftp username コマンドと ip ftp password コマンドを使用します。 現在のコピー操作にのみユーザ名を指定する場合は、 copy コマンドにユーザ名を指定します。

サーバがディレクトリ構造をとる場合、コンフィギュレーション ファイルはサーバ上のユーザ名に関連したディレクトリに書き込まれ、またコピーされます。 たとえば、コンフィギュレーション ファイルがサーバのユーザのホーム ディレクトリに存在する場合、リモート ユーザ名としてそのユーザ名を指定します。

詳細については、FTP サーバの資料を参照してください。

この項では次の情報を扱います。

「FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」

「FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」

「FTP によるコンフィギュレーション ファイルのアップロード」

FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

FTP を使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードを開始する前に、次の作業を実行します。

アクセス ポイントに FTP サーバへのルートが設定されていることを確認します。 サブネット間のトラフィックをルータでルート設定していない場合は、アクセス ポイントと FTP サーバが同じサブネットワーク内に存在しなければなりません。 ping コマンドを使用して FTP サーバとの接続を確認します。

有効なユーザ名を使用せずに Telnet セッションを通じてアクセス ポイントにアクセスしている場合は、現在の FTP ユーザ名が FTP のダウンロードで使用したものと同じであることを確認します。 有効なユーザ名を確認する場合は、 show users イネーブル EXEC コマンドを入力します。 現在のユーザ名を使用しない場合は、すべてのコピー操作の際に ip ftp username username グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して FTP ユーザ名を新しく作成します。 新しいユーザ名は NVRAM に保存されます。 有効なユーザ名を使用して Telnet セッションを通じてアクセス ポイントにアクセスしている場合は、そのユーザ名が使用され、FTP ユーザ名を設定する必要はありません。 現在のコピー操作にのみユーザ名を指定する場合は、 copy コマンドにユーザ名を指定します。

コンフィギュレーション ファイルを FTP サーバにアップロードする場合、アクセス ポイントのユーザからの書き込み要求を受け付けるように FTP サーバを正しく設定している必要があります。

詳細については、FTP サーバの資料を参照してください。

FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

イネーブル EXEC モードから、次の手順に従って FTP を使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロードを行います。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、FTP サーバが正しく設定されていることを確認します。

ステップ 2

Telnet セッションでアクセス ポイントにログインします。

ステップ 3

configure terminal

アクセス ポイントでグローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順はデフォルトのリモート ユーザ名またはパスワードを上書きする場合にのみ必要になります(手順 4、5、6 を参照)。

ステップ 4

ip ftp username username

(オプション)デフォルトのリモート ユーザ名を変更します。

ステップ 5

ip ftp password password

(オプション)デフォルトのパスワードを変更します。

ステップ 6

end

イネーブル EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

copy ftp: [[[ // [ username [ : password ] @ ] location ]
/ directory ] / filename ] system:running-config

または

copy ftp: [[[ // [ username [ : password ] @ ] location ]
/ directory ] / filename ] nvram:startup-config

FTP を使用してコンフィギュレーション ファイルをネットワーク サーバから実行中の設定、または起動コンフィギュレーション ファイルにコピーします。

次の例では、コンフィギュレーション ファイル host1-confg を IP アドレス 172.16.101.101 のリモート サーバ上の netadmin1 ディレクトリからコピーし、アクセス ポイントでそのコマンドをロードし実行する方法を示します。

ap# copy ftp://netadmin1:mypass@172.16.101.101/host1-confg system:running-config
Configure using host1-confg from 172.16.101.101? [confirm]
Connected to 172.16.101.101
Loading 1112 byte file host1-confg:![OK]
ap#
%SYS-5-CONFIG: Configured from host1-config by ftp from 172.16.101.101
 

次の例は、リモート ユーザ名 netadmin1 を指定する方法を示します。 ソフトウェアはコンフィギュレーション ファイル host2-confg を IP アドレスが 172.16.101.101 のリモート サーバの netadmin1 ディレクトリからアクセス ポイントの起動設定にコピーします。

ap# configure terminal
ap(config)# ip ftp username netadmin1
ap(config)# ip ftp password mypass
ap(config)# end
ap# copy ftp: nvram:startup-config
Address of remote host [255.255.255.255]? 172.16.101.101
Name of configuration file[rtr2-confg]? host2-confg
Configure using host2-confg from 172.16.101.101?[confirm]
Connected to 172.16.101.101
Loading 1112 byte file host2-confg:![OK]
[OK]
ap#
%SYS-5-CONFIG_NV:Non-volatile store configured from host2-config by ftp from 172.16.101.101

FTP によるコンフィギュレーション ファイルのアップロード

イネーブル EXEC モードから、次の手順に従って FTP を使用したコンフィギュレーション ファイルのアップロードを行います。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、FTP サーバが正しく設定されていることを確認します。

ステップ 2

Telnet セッションでアクセス ポイントにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順はデフォルトのリモート ユーザ名またはパスワードを上書きする場合にのみ必要になります(手順 4、5、6 を参照)。

ステップ 4

ip ftp username username

(オプション)デフォルトのリモート ユーザ名を変更します。

ステップ 5

ip ftp password password

(オプション)デフォルトのパスワードを変更します。

ステップ 6

end

イネーブル EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

copy system:running-config ftp:
[[[ // [ username [ : password ] @ ] location ]
/ directory ] / filename ]

または

copy nvram:startup-config ftp:
[[[ // [ username [ : password ] @ ] location ]
/ directory ] / filename ]

FTP を使用して、アクセス ポイントの実行コンフィギュレーション ファイルまたは起動コンフィギュレーション ファイルを指定された場所に保存します。

次の例は、実行中のコンフィギュレーション ファイル ap2-confg を IP アドレス 172.16.101.101 のリモート ホストの netadmin1 ディレクトリにコピーする方法を示します。

ap# copy system:running-config ftp://netadmin1:mypass@172.16.101.101/ap2-confg
Write file ap2-confg on host 172.16.101.101?[confirm]
Building configuration...[OK]
Connected to 172.16.101.101
ap#
 

次の例は、FTP を使用してファイルをコピーし、サーバの起動コンフィギュレーション ファイルに保存する方法を示します。

ap# configure terminal
ap(config)# ip ftp username netadmin2
ap(config)# ip ftp password mypass
ap(config)# end
ap# copy nvram:startup-config ftp:
Remote host[]? 172.16.101.101
Name of configuration file to write [ap2-confg]?
Write file ap2-confg on host 172.16.101.101?[confirm]
![OK]

RCP によるコンフィギュレーション ファイルのコピー

Remote Copy Protocol(RCP)は、別の方式でホストとアクセス ポイント間でコンフィギュレーション ファイルをダウンロード、アップロード、コピーします。 User Datagram Protocol(UDP)を使用する TFTP と異なり、コネクションレス プロトコルである RCP は接続志向の TCP を使用します。

RCP を使用してファイルをコピーする場合、ファイルのコピー先またはコピー元のサーバは RCP をサポートしていなければなりません。 RCP のコピー コマンドは、リモート システムの rsh サーバ(またはデーモン)に依存します。 RCP を使用してファイルをコピーする場合、TFTP を使用する場合のように、ファイル配布用にサーバを作成する必要はありません。 リモート シェル(rsh)をサポートするサーバへのアクセスのみが必要です。 (ほとんどの UNIX システムは rsh をサポートします。) ファイルをある場所から別の場所にコピーするため、コピー元ファイルに読み出し権限、コピー先ファイルに書き込み権限が必要です。 コピー先ファイルが存在しない場合、RCP によって作成されます。

RCP は、クライアントに対し、各 RCP 要求でリモート ユーザ名をサーバに送信することを要求します。 コンフィギュレーション ファイルをアクセス ポイントからサーバにコピーする場合、Cisco IOS ソフトウェアは次のリストで最初に有効なユーザ名を送信します。

ユーザ名が指定されている場合は、 copy コマンドで指定されたユーザ名。

コマンドが設定されている場合は、 ip rcmd remote-username username グローバル コンフィギュレーション コマンドで設定されたユーザ名。

現在の TTY(ターミナル)プロセスに関連したリモート ユーザ名。 たとえば、ユーザが Telnet を通じてルータに接続され、 username コマンドで認証されている場合、アクセス ポイントのソフトウェアはリモート ユーザ名として Telnet ユーザ名を送信します。

アクセス ポイントのホスト名。

RCP コピー要求を実行するために、リモート ユーザ名としてネットワーク サーバにアカウントを定義する必要があります。 サーバがディレクトリ構造をとる場合、コンフィギュレーション ファイルはサーバ上のリモート ユーザ名に関連したディレクトリに書き込まれ、またコピーされます。 たとえば、コンフィギュレーション ファイルがサーバのユーザのホーム ディレクトリに存在する場合、リモート ユーザ名としてそのユーザ名を指定します。

この項では次の情報を扱います。

「RCP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」

「RCP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」

「RCP によるコンフィギュレーション ファイルのアップロード」

RCP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

RCP を使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードを開始する前に、次の作業を実行します。

RCP サーバとして機能するワークステーションがリモート シェル(rsh)をサポートしていることを確認します。

アクセス ポイントに RCP サーバへのルートが設定されていることを確認します。 サブネット間のトラフィックをルータでルート設定していない場合は、アクセス ポイントとサーバが同じサブネットワーク内に存在しなければなりません。 ping コマンドを使用して RCP サーバとの接続を確認します。

有効なユーザ名を使用せずに Telnet セッションを通じてアクセス ポイントにアクセスしている場合は、現在の RCP ユーザ名が RCP のダウンロードで使用したものと同じであることを確認します。 有効なユーザ名を確認する場合は、 show users イネーブル EXEC コマンドを入力します。 このユーザ名を使用しない場合は、すべてのコピー操作の際に使用される ip ftp username username グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して RCP ユーザ名を新しく作成します。 新しいユーザ名は NVRAM に保存されます。 有効なユーザ名を使用して Telnet セッションを通じてアクセス ポイントにアクセスしている場合は、そのユーザ名が使用され、RCP ユーザ名を設定する必要はありません。 現在のコピー操作にのみユーザ名を指定する場合は、 copy コマンドにユーザ名を指定します。

ファイルを RCP サーバにアップロードする場合、アクセス ポイントのユーザからの RCP 書き込み要求を受け付けるように RCP サーバを正しく設定している必要があります。 UNIX システムの場合、RCP サーバ上のリモート ユーザの .rhosts ファイルにエントリを追加します。 たとえば、アクセス ポイントに次の設定行が指定されているとします。

hostname ap1
ip rcmd remote-username User0
 

アクセス ポイントの IP アドレスが ap1.company.com に解釈される場合、RCP サーバ上の User0 の .rhosts ファイルに次の行を追加する必要があります。

ap1.company.com ap1
 

詳細については、RCP サーバの資料を参照してください。

RCP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

イネーブル EXEC モードから、次の手順に従って RCP を使用したコンフィギュレーション ファイルのダウンロードを行います。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「RCP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、RCP サーバが正しく設定されていることを確認します。

ステップ 2

Telnet セッションでアクセス ポイントにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順はデフォルトのリモート ユーザ名を上書きする場合にのみ必要になります(手順 4 と 5 を参照)。

ステップ 4

ip rcmd remote-username username

(オプション)デフォルトのリモート ユーザ名を指定します。

ステップ 5

end

イネーブル EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

copy rcp: [[[ // [ username @ ] location ] / directory ]
/ filename ] system:running-config

または

copy rcp: [[[ // [ username @ ] location ] / directory ]
/ filename ] nvram:startup-config

RCP を使用してコンフィギュレーション ファイルをネットワーク サーバから実行中の設定、または起動コンフィギュレーション ファイルにコピーします。

次の例では、コンフィギュレーション ファイル host1-confg を IP アドレス 172.16.101.101 のリモート サーバ上の netadmin1 ディレクトリからコピーし、アクセス ポイントでそのコマンドをロードし実行する方法を示します。

ap# copy rcp://netadmin1@172.16.101.101/host1-confg system:running-config
Configure using host1-confg from 172.16.101.101? [confirm]
Connected to 172.16.101.101
Loading 1112 byte file host1-confg:![OK]
ap#
%SYS-5-CONFIG: Configured from host1-config by rcp from 172.16.101.101
 

次の例は、リモート ユーザ名 netadmin1 を指定する方法を示します。 ソフトウェアはコンフィギュレーション ファイル host2-confg を IP アドレスが 172.16.101.101 のリモート サーバの netadmin1 ディレクトリから起動設定にコピーします。

ap# configure terminal
ap(config)# ip rcmd remote-username netadmin1
ap(config)# end
ap# copy rcp: nvram:startup-config
Address of remote host [255.255.255.255]? 172.16.101.101
Name of configuration file[rtr2-confg]? host2-confg
Configure using host2-confg from 172.16.101.101?[confirm]
Connected to 172.16.101.101
Loading 1112 byte file host2-confg:![OK]
[OK]
ap#
%SYS-5-CONFIG_NV:Non-volatile store configured from host2-config by rcp from 172.16.101.101

RCP によるコンフィギュレーション ファイルのアップロード

イネーブル EXEC モードから、次の手順に従って RCP を使用したコンフィギュレーション ファイルのアップロードを行います。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「RCP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、RCP サーバが正しく設定されていることを確認します。

ステップ 2

Telnet セッションでアクセス ポイントにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順はデフォルトのリモート ユーザ名を上書きする場合にのみ必要になります(手順 4 と 5 を参照)。

ステップ 4

ip rcmd remote-username username

(オプション)デフォルトのリモート ユーザ名を指定します。

ステップ 5

end

イネーブル EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

copy system:running-config rcp:
[[[ // [ username @ ] location ] / directory ] / filename ]

または

copy nvram:startup-config rcp:
[[[ // [ username @ ] location ] / directory ] / filename ]

RCP を使用して、アクセス ポイントの実行コンフィギュレーション ファイルまたは起動コンフィギュレーション ファイルからネットワーク サーバにコンフィギュレーション ファイルをコピーします。

次の例は、実行コンフィギュレーション ファイル ap2-confg を IP アドレス 172.16.101.101 のリモート ホストの netadmin1 ディレクトリにコピーする方法を示します。

ap# copy system:running-config rcp://netadmin1@172.16.101.101/ap2-confg
Write file ap-confg on host 172.16.101.101?[confirm]
Building configuration...[OK]
Connected to 172.16.101.101
ap#
 

次の例は起動コンフィギュレーション ファイルをサーバに保存する方法を示しています。

ap# configure terminal
ap(config)# ip rcmd remote-username netadmin2
ap(config)# end
ap# copy nvram:startup-config rcp:
Remote host[]? 172.16.101.101
Name of configuration file to write [ap2-confg]?
Write file ap2-confg on host 172.16.101.101?[confirm]
![OK]

設定情報のクリア

この項では設定情報をクリアする方法を説明します。

保存されたコンフィギュレーション ファイルの削除


注意 ファイルは削除した後に復元することができます。

保存された設定をフラッシュ メモリから削除する場合は、 delete flash: filename イネーブル EXEC コマンドを使用します。 file prompt グローバル コンフィギュレーション コマンドの設定に応じて、ファイルを削除する前に確認のプロンプトが表示される場合があります。 デフォルトでは、アクセス ポイントは破壊的なファイル操作の確認にプロンプトを表示します。 file prompt コマンドについての詳細は、『 Cisco IOS コマンド リファレンス Release 12.1 』を参照してください。

ソフトウェア イメージの操作

この項では、システム ソフトウェア、IOS コード、無線ハードウェア、Web 管理 HTML ファイルを格納したソフトウェア イメージ ファイルのアーカイブ(ダウンロードとアップロード)の方法を説明します。

アクセス ポイントのソフトウェアをアップグレードする場合は、アクセス ポイントのイメージ ファイルを TFTP、FTP、または RCP サーバからダウンロードします。 アクセス ポイントのイメージ ファイルの TFTP、FTP、または RCP サーバへのアップロードはバックアップ用に行います。 アップロードしたこのイメージは、後で同じアクセス ポイントまたは同じ種類の別のアクセス ポイントにダウンロードする場合に使用できます。

使用できるプロトコルは、使用中のサーバの種類により異なります。 FTP と RCP の転送メカニズムにより、パフォーマンスが高速化し、TFTP よりもデータ送信が確実になります。 このような改善は、FTP と RCP が組み込まれたプロトコルで、接続志向型の Transmission Control Protocol/Internet Protocol(TCP/IP)スタックを使用しているために可能になります。

この項では次の情報を扱います。

「アクセス ポイントのイメージの場所」

「サーバまたは Cisco.com の tar ファイル形式のイメージ」

「TFTP によるイメージ ファイルのコピー」

「FTP によるイメージ ファイルのコピー」

「RCP によるイメージ ファイルのコピー」

「Web ブラウザ インターフェイスによるイメージの再ロード」


) ソフトウェア イメージとサポートされるアップグレード パスのリストについては、アクセス ポイントのリリース ノートを参照してください。


アクセス ポイントのイメージの場所

IOS イメージは、バージョン番号を表示するディレクトリに格納されています。 サブディレクトリには、Web 管理に必要な HTML ファイルが入っています。 イメージは、システム ボードのフラッシュ メモリ(flash:)に格納されています。

アクセス ポイントで現在実行中のソフトウェアのバージョンを確認する場合は、 show version イネーブル EXEC コマンドを使用できます。 表示内で System image file is... で始まる行を確認します。この行はイメージが格納されたフラッシュ メモリのディレクトリ名を示します。

またフラッシュ メモリに保存した他のソフトウェア イメージのディレクトリ名を確認する場合は、 dir filesystem : イネーブル EXEC コマンドを使用します。

サーバまたは Cisco.com の tar ファイル形式のイメージ

サーバ上にある、または Cisco.com からダウンロードしたソフトウェア イメージは tar ファイル形式で表示されます。これには次のファイルが含まれます。

info ファイル

info ファイルは常に tar ファイルの先頭に置かれ、tar ファイル内のファイルに関する情報を収めています。

IOS イメージ

アクセス ポイントの HTTP サーバで要求される Web 管理ファイル

radio firmware 5000.img ファイル

info.ver ファイル

info.ver ファイルは常に tar ファイルの最後に置かれ、info ファイルと同じ情報を収めています。 tar ファイルの最後のファイルであるため、このファイルが現れると、イメージのすべてのファイルがダウンロードされたことになります。


) tar ファイルには .tar 以外の拡張子が付く場合があります。


TFTP によるイメージ ファイルのコピー

TFTP サーバからアクセス ポイント イメージをダウンロードしたり、イメージをアクセス ポイントから TFTP サーバにアップロードすることができます。

アクセス ポイントのソフトウェアをアップグレードする場合は、アクセス ポイントのイメージ ファイルをサーバからダウンロードします。 現在のイメージを新しいイメージで上書きできます。

バックアップの場合はアクセス ポイントのイメージ ファイルをサーバにアップロードします。アップロードされたこのイメージは、後で同じアクセス ポイントまたは同じタイプの別のアクセス ポイントにダウンロードする場合に使用できます。

この項では次の情報を扱います。

「TFTP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」

「TFTP によるイメージ ファイルのダウンロード」

「TFTP によるイメージ ファイルのアップロード」

TFTP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

TFTP を使用したイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードを開始する前に、次の作業を実行します。

TFTP サーバとして機能するワークステーションが正しく構成されていることを確認します。 Sun ワークステーションの場合、/etc/inetd.conf ファイルに次の行が含まれていることを確認します。

tftp dgram udp wait root /usr/etc/in.tftpd in.tftpd -p -s /tftpboot
 

/etc/services ファイルに次の行が含まれていることを確認します。

tftp 69/udp
 

) /etc/inetd.conf ファイルと /etc/services ファイルを修正した後、inetd デーモンを再起動する必要があります。 デーモンを再起動するには、inetd プロセスを停止して再起動するか、fastboot コマンド(SunOS 4.x)またはreboot コマンド (Solaris 2.x または SunOS 5.x)を入力します。 TFTP デーモンの詳細については、ご使用のワークステーションの資料を参照してください。


アクセス ポイントに TFTP サーバへのルートが設定されていることを確認します。 サブネット間のトラフィックをルータでルート設定していない場合は、アクセス ポイントと TFTP サーバが同じサブネットワーク内に存在しなければなりません。 ping コマンドを使用して TFTP サーバとの接続を確認します。

ダウンロードするイメージがが TFTP サーバの正しいディレクトリ(通常は UNIX ワークステーションの / tftpboot)にあることを確認します。

ダウンロード操作の場合、ファイルの権限が正しく設定されていることを確認します。 ファイルの権限は world-read になっている必要があります。

イメージ ファイルをアップロードする前に、TFTP サーバに空のファイルを作成する場合があります。 空のファイルを作成する場合は、 touch filename コマンドを入力します。この filename は、サーバにイメージをアップロードする場合に使用するファイルの名前です。

アップロード操作の間、サーバで既存のファイル(作成している場合は空のファイルを含む)を上書きする場合は、ファイルに権限が正しく設定されていることを確認します。 ファイルの権限は world-write になっている必要があります。

TFTP によるイメージ ファイルのダウンロード

新しいイメージ ファイルをダウンロードし、現在のイメージと置き換えたり、現在のイメージを維持することができます。


注意 ダウンロードとアップロード アルゴリズムが正しく機能するように、イメージ ディレクトリ名を変更しないでください

イネーブル EXEC モードから、手順 1 ~ 3 に従って TFTP サーバから新しいイメージをダウンロードし、既存のイメージを上書きします。

 

コマンド
目的

ステップ 1

イメージをワークステーションの適切な TFTP ディレクトリにコピーします。 TFTP サーがが正しく設定されていることを確認します。「TFTP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照してください。

ステップ 2

Telnet セッションでアクセス ポイントにログインします。

ステップ 3

archive download-sw /overwrite /reload tftp:
[[ // location ] / directory ] / image-name

イメージ ファイルを TFTP サーバからアクセス ポイントにダウンロードし、現在のイメージに上書きします。

/overwrite オプションは、フラッシュのソフトウェア イメージをダウンロードしたイメージで上書きします。

/reload オプションは、設定が変更され保存されていない場合を除き、イメージをダウンロードした後にシステムを再ロードします。

// location には TFTP サーバの IP アドレスを指定します。

/ directory / image-name には、ディレクトリ(オプション)とダウンロードするイメージを指定します。 ディレクトリ名とイメージ名は大文字と小文字を区別します。

ステップ 4

archive download-sw /leave-old-sw /reload tftp:
[[ // location ] / directory ] / image-name

イメージ ファイルを TFTP サーバからアクセス ポイントにダウンロードし、現在のイメージを維持します。

/leave-old-sw オプションは、ダウンロード後に元のソフトウェア バージョンを維持します。

/reload オプションは、設定が変更され保存されていない場合を除き、イメージをダウンロードした後にシステムを再ロードします。

// location には TFTP サーバの IP アドレスを指定します。

/ directory / image-name には、ダウンロードするディレクトリ(オプション)とイメージを指定します。 ディレクトリ名とイメージ名は大文字と小文字を区別します。


) ダウンロードの失敗を防ぐために、archive download-sw /safe コマンドを使用します。このコマンドは最初にイメージをダウンロードし、ダウンロードが成功するまで現在実行中のバージョンを維持します。


ダウンロード アルゴリズムにより、イメージがアクセス ポイントのモデルに適し、DRAM の容量が十分あることが確認されます。これに該当しない場合はプロセスが中断され、エラーが報告されます。 /overwrite オプションを指定した場合、ダウンロード アルゴリズムは新しいイメージと同じであるかどうかに関わらずフラッシュ デバイスの既存のイメージを削除し、新しいイメージをダウンロードしてソフトウェアを再ロードします。


) 2 つのイメージを保有する十分な容量がフラッシュ デバイスにあり、これらのイメージのいずれかを同じバージョンで上書きする場合、/overwrite オプションを指定します。


/leave-old-sw を指定した場合、既存のファイルは削除されます。 新しいイメージをインストールするだけの容量がない場合に、現在実行中のイメージを維持すると、ダウンロード プロセスが停止し、エラー メッセージが表示されます。

アルゴリズムによりダウンロードされたイメージがシステム ボードのフラッシュ デバイス(flash;)にインストールされます。 イメージはソフトウェアのバージョンの文字列を名前に持つ新しいディレクトリに置かれ、システムのブート パス変数は新しくインストールされたイメージを示すように更新されます。

ダウンロード プロセスの間、元のイメージを維持していた場合( /leave-old-sw キーワードを指定した場合)、 delete /force /recursive filesystem :/ file-url イネーブル EXEC コマンドを入力するとこのイメージを削除できます。 filesystem には、システム ボードのフラッシュ デバイスの flash: を使用します。 file-url には元のイメージのディレクトリ名を入力します。 ディレクトリ内のすべてのファイルとディレクトリが削除されます。

TFTP によるイメージ ファイルのアップロード

イメージをアクセス ポイントから TFTP サーバにアップロードできます。 このイメージは後で同じアクセス ポイントか、同じタイプの別のアクセス ポイントにダウンロードできます。


注意 ダウンロードとアップロード アルゴリズムが正しく機能するように、イメージ ディレクトリ名を変更しないでください

イネーブル EXEC モードから、次の手順に従って TFTP サーバにイメージをアップロードします。

 

コマンド
目的

ステップ 1

TFTP サーがが正しく設定されていることを確認します。「TFTP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照してください。

ステップ 2

Telnet セッションでアクセス ポイントにログインします。

ステップ 3

archive upload-sw tftp:
[[ // location ] / directory ] / image-name .tar

現在実行中のアクセス ポイントのイメージを TFTP サーバにアップロードします。

// location には TFTP サーバの IP アドレスを指定します。

/ directory / image-name .tar には、ディレクトリ(オプション)とアップロードするソフトウェア イメージの名前を指定します。 ディレクトリ名とイメージ名は大文字と小文字を区別します。 image-name .tar はサーバに保存されるソフトウェア イメージの名前です。

archive upload-sw イネーブル EXEC コマンドは、次のファイルを表示順にアップロードしてサーバにイメージ ファイルを構築します。 info、IOS イメージ、HTML ファイル、info.ver。これらのファイルがアップロードされた後、アップロード アルゴリズムにより tar ファイル形式が作成されます。

FTP によるイメージ ファイルのコピー

FTP サーバからアクセス ポイント イメージをダウンロードしたり、イメージをアクセス ポイントから FTP サーバにアップロードすることができます。

アクセス ポイントのソフトウェアをアップグレードする場合は、アクセス ポイントのイメージ ファイルをサーバからダウンロードします。 現在のイメージを新しいイメージに上書きしたり、ダウンロード後も現在のイメージを維持することができます。

バックアップの場合は、アクセス ポイントのイメージ ファイルをサーバにアップロードします。 アップロードしたこのイメージは、後で同じアクセス ポイントまたは同じ種類の別のアクセス ポイントにダウンロードする場合に使用できます。

この項では次の情報を扱います。

「FTP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」

「FTP によるイメージ ファイルのダウンロード」

「FTP によるイメージ ファイルのアップロード」

FTP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

イメージ ファイルを FTP サーバ間でコピーできます。

FTP プロトコルは、クライアントに対し、各 FTP 要求でリモート ユーザ名とパスワードをサーバに送信することを要求します。 FTP を使用してイメージ ファイルをアクセス ポイントからサーバにコピーする場合、Cisco IOS ソフトウェアは次のリストで最初に有効なユーザ名を送信します。

ユーザ名を指定している場合は、 archive download-sw または archive upload-sw イネーブル EXEC コマンドで指定したユーザ名。

コマンドが設定されている場合は、 ip ftp username username グローバル コンフィギュレーション コマンドで設定されたユーザ名。

匿名。

アクセス ポイントは次のリストで最初に有効なパスワードを送信します。

パスワードを指定している場合は、 archive download-sw または archive upload-sw イネーブル EXEC コマンドで指定したパスワード。

コマンドが設定されている場合は、 ip ftp password password グローバル コンフィギュレーション コマンドで設定されたパスワード。

アクセス ポイントが作成するパスワード username@apname.domain 。 変数 username は現在のセッションに関連したユーザ名、 apname は設定されたホスト名、 domain はアクセス ポイントのドメインです。

ユーザ名とパスワードは、FTP サーバのアカウントと関連付けられている必要があります。 サーバに書き込む場合、FTP 書き込み要求を受け付けるように FTP サーバを正しく設定しなければなりません。

すべてのコピーにユーザ名とパスワードを指定する場合は、 ip ftp username コマンドと ip ftp password コマンドを使用します。 特定の操作についてのみユーザ名を指定している場合は、 archive download-sw または archive upload-sw イネーブル EXEC コマンドにユーザ名を指定します。

サーバがディレクトリ構造をとる場合、イメージ ファイルはサーバ上のユーザ名に関連したディレクトリに書き込まれ、またコピーされます。 たとえば、イメージ ファイルがサーバのユーザのホーム ディレクトリに存在する場合、リモート ユーザ名としてそのユーザ名を指定します。

FTP を使用したイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードを開始する前に、次の作業を実行します。

アクセス ポイントに FTP サーバへのルートが設定されていることを確認します。 サブネット間のトラフィックをルータでルート設定していない場合は、アクセス ポイントと FTP サーバが同じサブネットワーク内に存在しなければなりません。 ping コマンドを使用して FTP サーバとの接続を確認します。

有効なユーザ名を使用せずに Telnet セッションを通じてアクセス ポイントにアクセスしている場合は、現在の FTP ユーザ名が FTP のダウンロードで使用したものと同じであることを確認します。 有効なユーザ名を確認する場合は、 show users イネーブル EXEC コマンドを入力します。 現在のユーザ名を使用しない場合は、 ip ftp username username グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して FTP ユーザ名を新しく作成します。 この新しい名前はすべてのアーカイブ操作で使用されます。 新しいユーザ名は NVRAM に保存されます。 有効なユーザ名を使用して Telnet セッションを通じてアクセス ポイントにアクセスしている場合は、そのユーザ名が使用され、FTP ユーザ名を設定する必要はありません。 特定の操作についてのみユーザ名を指定する場合は、 archive download-sw または archive upload-sw イネーブル EXEC コマンドにユーザ名にユーザ名を指定します。

コンフィギュレーション ファイルを FTP サーバにアップロードする場合、アクセス ポイントのユーザからの書き込み要求を受け付けるように FTP サーバを正しく設定している必要があります。

詳細については、FTP サーバの資料を参照してください。

FTP によるイメージ ファイルのダウンロード

新しいイメージ ファイルをダウンロードし、現在のイメージに上書きしたり、現在のイメージを維持することができます。


注意 ダウンロードとアップロード アルゴリズムが正しく機能するように、イメージ ディレクトリ名を変更しないでください

イネーブル EXEC モードから、手順 1 ~ 7 に従って FTP サーバから新しいイメージをダウンロードし、既存のイメージを上書きします。 現在のイメージを維持する場合は、手順 7 をスキップしてください。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「FTP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、FTP サーバが正しく設定されていることを確認します。

ステップ 2

Telnet セッションでアクセス ポイントにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順はデフォルトのリモート ユーザ名またはパスワードを上書きする場合にのみ必要になります(手順 4、5、6 を参照)。

ステップ 4

ip ftp username username

(オプション)デフォルトのリモート ユーザ名を変更します。

ステップ 5

ip ftp password password

(オプション)デフォルトのパスワードを変更します。

ステップ 6

end

イネーブル EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

archive download-sw /overwrite /reload ftp: [[ // username [ : password ] @ location ]
/ directory ] / image-name .tar

イメージ ファイルを FTP サーバからアクセス ポイントにダウンロードし、現在のイメージに上書きします。

/overwrite オプションは、フラッシュのソフトウェア イメージをダウンロードしたイメージで上書きします。

/reload オプションは、設定が変更され保存されていない場合を除き、イメージをダウンロードした後にシステムを再ロードします。

// username [ : password ] には、ユーザ名とパスワードを指定します。これらは FTP サーバ上のアカウントに関連付けられている必要があります。 詳細については、「FTP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照してください。

@ location には FTP サーバの IP アドレスを指定します。

directory / image-name .tar には、ディレクトリ(オプション)とダウンロードするイメージを指定します。 ディレクトリ名とイメージ名は大文字と小文字を区別します。

ステップ 8

archive download-sw /leave-old-sw /reload ftp: [[ // username [ : password ] @ location ]
/ directory ] / image-name .tar

イメージ ファイルを TFTP サーバからアクセス ポイントにダウンロードし、現在のイメージを維持します。

/leave-old-sw オプションは、ダウンロード後に元のソフトウェア バージョンを維持します。

/reload オプションは、設定が変更され保存されていない場合を除き、イメージをダウンロードした後にシステムを再ロードします。

// username [ : password ] にはユーザ名とパスワードを指定します。 これらは FTP サーバのアカウントと関連付けられている必要があります。 詳細については、「FTP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照してください。

@ location には FTP サーバの IP アドレスを指定します。

directory / image-name .tar には、ディレクトリ(オプション)とダウンロードするイメージを指定します。 ディレクトリ名とイメージ名は大文字と小文字を区別します。


) ダウンロードの失敗を防ぐために、archive download-sw /safe コマンドを使用します。このコマンドは最初にイメージをダウンロードし、ダウンロードが成功するまで現在実行中のバージョンを維持します。


ダウンロード アルゴリズムにより、イメージがアクセス ポイントのモデルに適し、DRAM の容量が十分あることが確認されます。これに該当しない場合はプロセスが中断され、エラーが報告されます。 /overwrite オプションを指定した場合、ダウンロード アルゴリズムは新しいイメージと同じであるかどうかに関わらずフラッシュ デバイスの既存のイメージを削除し、新しいイメージをダウンロードしてソフトウェアを再ロードします。


) 2 つのイメージを保有する十分な容量がフラッシュ デバイスにあり、これらのイメージのいずれかを同じバージョンで上書きする場合、/overwrite オプションを指定します。


/leave-old-sw を指定した場合、既存のファイルは削除されます。 新しいイメージをインストールするだけの容量がなく、現在実行中のイメージを維持する場合は、ダウンロード プロセスが停止し、エラー メッセージが表示されます。

アルゴリズムにより、ダウンロードされたイメージがシステム ボードのフラッシュ デバイス(flash;)にインストールされます。 イメージはソフトウェアのバージョンの文字列を名前に持つ新しいディレクトリに置かれ、BOOT パス リストは新しくインストールされたイメージを示すように更新されます。 ブート属性を表示する場合はイネーブル EXEC モードの show boot コマンドを、ブート属性を変更する場合はグローバル コンフィギュレーションの boot コマンドを使用します。

ダウンロード プロセスの間、元のイメージを維持していた場合( /leave-old-sw キーワードを指定した場合)、 delete /force /recursive filesystem :/ file-url イネーブル EXEC コマンドを入力するとこのイメージを削除できます。 filesystem には、システム ボードのフラッシュ デバイスの flash: を使用します。 file-url には元のソフトウェア イメージのディレクトリ名を入力します。 ディレクトリ内のすべてのファイルとディレクトリが削除されます。

FTP によるイメージ ファイルのアップロード

イメージをアクセス ポイントから FTP サーバにアップロードできます。 このイメージは後で同じアクセス ポイントか、同じタイプの別のアクセス ポイントにダウンロードできます。


注意 ダウンロードとアップロード アルゴリズムが正しく機能するように、イメージ ディレクトリ名を変更しないでください

アップロード機能は、Cluster Management Suite(CMS)に関連した HTML ページが既存のイメージを使ってインストールされている場合にのみ使用できます。

イネーブル EXEC モードから、次の手順に従って FTP サーバにイメージをアップロードします。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、FTP サーバが正しく設定されていることを確認します。

ステップ 2

Telnet セッションでアクセス ポイントにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順はデフォルトのリモート ユーザ名またはパスワードを上書きする場合にのみ必要になります(手順 4、5、6 を参照)。

ステップ 4

ip ftp username username

(オプション)デフォルトのリモート ユーザ名を変更します。

ステップ 5

ip ftp password password

(オプション)デフォルトのパスワードを変更します。

ステップ 6

end

イネーブル EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

archive upload-sw ftp:
[[ // [ username [ : password ] @ ] location ] / directory ] / image-name .tar

現在実行中のアクセス ポイントのイメージを FTP サーバにアップロードします。

// username : password にはユーザ名とパスワードを指定します。 これらは FTP サーバのアカウントと関連付けられている必要があります。 詳細については、「FTP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照してください。

@ location には FTP サーバの IP アドレスを指定します。

/ directory / image-name .tar には、ディレクトリ(オプション)とアップロードするソフトウェア イメージの名前を指定します。 ディレクトリ名とイメージ名は大文字と小文字を区別します。 image-name .tar はサーバに保存されるソフトウェア イメージの名前です。

archive upload-sw コマンドは、次のファイルを表示順にアップロードしてサーバにイメージ ファイルを構築します。 info、IOS イメージ、HTML ファイル、info.ver。これらのファイルがアップロードされた後、アップロード アルゴリズムにより tar ファイル形式が作成されます。

RCP によるイメージ ファイルのコピー

RCP サーバからアクセス ポイント イメージをダウンロードしたり、イメージをアクセス ポイントから RCP サーバにアップロードすることができます。

アクセス ポイントのソフトウェアをアップグレードする場合は、アクセス ポイントのイメージ ファイルをサーバからダウンロードします。 現在のイメージを新しいイメージに上書きしたり、ダウンロード後も現在のイメージを維持することができます。

バックアップの場合は、アクセス ポイントのイメージ ファイルをサーバにアップロードします。 アップロードしたこのイメージは、後で同じアクセス ポイントまたは同じ種類の別のアクセス ポイントにダウンロードする場合に使用できます。

この項では次の情報を扱います。

「RCP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」

「RCP によるイメージ ファイルのダウンロード」

「RCP によるイメージ ファイルのアップロード」

RCP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

RCP は別の方式を使ってリモート ホストとアクセス ポイントとの間でイメージ ファイルをダウンロードおよびアップロードします。 User Datagram Protocol(UDP)を使用する TFTP と異なり、コネクションレス プロトコルである RCP は接続志向の TCP を使用します。

RCP を使用してファイルをコピーする場合、ファイルのコピー先またはコピー元のサーバは RCP をサポートしていなければなりません。 RCP のコピー コマンドは、リモート システムの rsh サーバ(またはデーモン)に依存します。 RCP を使用してファイルをコピーする場合、TFTP を使用する場合のように、ファイル配布用にサーバを作成する必要はありません。 リモート シェル(rsh)をサポートするサーバへのアクセスのみが必要です。 (ほとんどの UNIX システムは rsh をサポートします。) ファイルをある場所から別の場所にコピーするため、コピー元ファイルに読み出し権限、コピー先ファイルに書き込み権限が必要です。 コピー先ファイルが存在しない場合、RCP によって作成されます。

RCP は、クライアントに対し、各 RCP 要求でリモート ユーザ名をサーバに送信することを要求します。 RCP を使用してイメージをアクセス ポイントからサーバにコピーする場合、Cisco IOS ソフトウェアは次のリストで最初に有効なユーザ名を送信します。

ユーザ名を指定している場合は、 archive download-sw または archive upload-sw イネーブル EXEC コマンドで指定したユーザ名。

コマンドを入力している場合は、 ip rcmd remote-username username グローバル コンフィギュレーション コマンドで設定されたユーザ名。

現在の TTY(ターミナル)プロセスに関連したリモート ユーザ名。 たとえば、ユーザが Telnet を通じてルータに接続され、 username コマンドで認証されている場合、アクセス ポイントのソフトウェアはリモート ユーザ名として Telnet ユーザ名を送信します。

アクセス ポイントのホスト名。

RCP コピー要求を正しく実行できるように、ネットワーク サーバでリモート ユーザ名にアカウントを定義する必要があります。 サーバがディレクトリ構造をとる場合、イメージ ファイルはサーバ上のリモート ユーザ名に関連したディレクトリに書き込まれ、またコピーされます。 たとえば、イメージ ファイルがサーバのユーザのホーム ディレクトリに存在する場合、リモート ユーザ名としてそのユーザ名を指定します。

RCP を使用したイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードを開始する前に、次の作業を実行します。

RCP サーバとして機能するワークステーションがリモート シェル(rsh)をサポートしていることを確認します。

アクセス ポイントに RCP サーバへのルートが設定されていることを確認します。 サブネット間のトラフィックをルータでルート設定していない場合は、アクセス ポイントとサーバが同じサブネットワーク内に存在しなければなりません。 ping コマンドを使用して RCP サーバとの接続を確認します。

有効なユーザ名を使用せずに Telnet セッションを通じてアクセス ポイントにアクセスしている場合は、現在の RCP ユーザ名が RCP のダウンロードで使用したものと同じであることを確認します。 有効なユーザ名を確認する場合は、 show users イネーブル EXEC コマンドを入力します。 このユーザ名を使用しない場合は、すべてのアーカイブ操作の際に使用される ip rcmd
remote-username
username グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して RCP ユーザ名を新しく作成します。 新しいユーザ名は NVRAM に保存されます。 有効なユーザ名を使用して Telnet セッションを通じてアクセス ポイントにアクセスしている場合は、そのユーザ名が使用され、RCP ユーザ名を設定する必要はありません。 特定の操作についてのみユーザ名を指定している場合は、 archive download-sw または archive upload-sw イネーブル EXEC コマンドにユーザ名を指定します。

イメージを RCP サーバにアップロードする場合、アクセス ポイントのユーザからの RCP 書き込み要求を受け付けるように RCP サーバを正しく設定している必要があります。 UNIX システムの場合、RCP サーバ上のリモート ユーザの .rhosts ファイルにエントリを追加します。 たとえば、アクセス ポイントに次の設定行が指定されているとします。

hostname ap1
ip rcmd remote-username User0
 

アクセス ポイントの IP アドレスが ap1.company.com に解釈される場合、RCP サーバ上の User0 の .rhosts ファイルに次の行を追加する必要があります。

ap1.company.com ap1
 

詳細については、RCP サーバの資料を参照してください。

RCP によるイメージ ファイルのダウンロード

新しいイメージ ファイルをダウンロードし、現在のイメージと置き換えたり、現在のイメージを維持することができます。


注意 ダウンロードとアップロード アルゴリズムが正しく機能するように、イメージ ディレクトリ名を変更しないでください

イネーブル EXEC モードから、手順 1 ~ 6 に従って RCP サーバから新しいイメージをダウンロードし、既存のイメージを上書きします。 現在のイメージを維持する場合は、手順 6 をスキップしてください。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「RCP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、RCP サーバが正しく設定されていることを確認します。

ステップ 2

Telnet セッションでアクセス ポイントにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順はデフォルトのリモート ユーザ名を上書きする場合にのみ必要になります(手順 4 と 5 を参照)。

ステップ 4

ip rcmd remote-username username

(オプション)デフォルトのリモート ユーザ名を指定します。

ステップ 5

end

イネーブル EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

archive download-sw /overwrite /reload
rcp:
[[[ // [ username @ ] location ] / directory ] / image-name .tar ]

イメージ ファイルを RCP サーバからアクセス ポイントにダウンロードし、現在のイメージに上書きします。

/overwrite オプションは、フラッシュのソフトウェア イメージをダウンロードしたイメージで上書きします。

/reload オプションは、設定が変更され保存されていない場合を除き、イメージをダウンロードした後にシステムを再ロードします。

// username にはユーザ名を指定します。 RCP コピー要求を正しく実行できるように、ネットワーク サーバでリモート ユーザ名のアカウントを定義する必要があります。 詳細については、「RCP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照してください。

@ location には RCP サーバの IP アドレスを指定します。

/ directory / image-name .tar には、ディレクトリ(オプション)とダウンロードするイメージを指定します。 ディレクトリ名とイメージ名は大文字と小文字を区別します。

ステップ 7

archive download-sw /leave-old-sw /reload
rcp:
[[[ // [ username @ ] location ] / directory ] / image-name .tar ]

イメージ ファイルを RCP サーバからアクセス ポイントにダウンロードし、現在のイメージを維持します。

/leave-old-sw オプションは、ダウンロード後に元のソフトウェア バージョンを維持します。

/reload オプションは、設定が変更され保存されていない場合を除き、イメージをダウンロードした後にシステムを再ロードします。

// username にはユーザ名を指定します。 RCP コピー要求を正しく実行できるように、ネットワーク サーバでリモート ユーザ名にアカウントを定義する必要があります。 詳細については、「RCP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照してください。

@ location には RCP サーバの IP アドレスを指定します。

/ directory ] / image-name .tar にはディレクトリ(オプション)とダウンロードするイメージを指定します。 ディレクトリ名とイメージ名は大文字と小文字を区別します。


) ダウンロードの失敗を防ぐために、archive download-sw /safe コマンドを使用します。このコマンドは最初にイメージをダウンロードし、ダウンロードが成功するまで現在実行中のバージョンを維持します。


ダウンロード アルゴリズムにより、イメージがアクセス ポイントのモデルに適し、DRAM の容量が十分あることが確認されます。これに該当しない場合はプロセスが中断され、エラーが報告されます。 /overwrite オプションを指定した場合、ダウンロード アルゴリズムは新しいイメージと同じであるかどうかに関わらずフラッシュ デバイスの既存のイメージを削除し、新しいイメージをダウンロードしてソフトウェアを再ロードします。


) 2 つのイメージを保有する十分な容量がフラッシュ デバイスにあり、これらのイメージのいずれかを同じバージョンで上書きする場合、/overwrite オプションを指定します。


/leave-old-sw を指定した場合、既存のファイルは削除されます。 新しいイメージをインストールするだけの容量がない場合、現在実行中のイメージを維持すると、ダウンロード プロセスが停止し、エラー メッセージが表示されます。

アルゴリズムにより、ダウンロードされたイメージがシステム ボードのフラッシュ デバイス(flash;)にインストールされます。 イメージはソフトウェアのバージョンの文字列を名前に持つ新しいディレクトリに置かれ、BOOT 環境変数は新しくインストールされたイメージを示すように更新されます。

ダウンロード プロセスの間、元のイメージを維持していた場合( /leave-old-sw キーワードを指定した場合)、 delete /force /recursive filesystem :/ file-url イネーブル EXEC コマンドを入力するとこのイメージを削除できます。 filesystem には、システム ボードのフラッシュ デバイスの flash: を使用します。 file-url には元のソフトウェア イメージのディレクトリ名を入力します。 ディレクトリ内のすべてのファイルとディレクトリが削除されます。

RCP によるイメージ ファイルのアップロード

イメージをアクセス ポイントから RCP サーバにアップロードできます。 このイメージは後で同じアクセス ポイントか、同じタイプの別のアクセス ポイントにダウンロードできます。


注意 ダウンロードとアップロード アルゴリズムが正しく機能するように、イメージ ディレクトリ名を変更しないでください

アップロード機能は、Cluster Management Suite(CMS)に関連した HTML ページが既存のイメージを使ってインストールされている場合にのみ使用できます。

イネーブル EXEC モードから、次の手順に従って RCP サーバにイメージをアップロードします。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「RCP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、RCP サーバが正しく設定されていることを確認します。

ステップ 2

Telnet セッションでアクセス ポイントにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順はデフォルトのリモート ユーザ名を上書きする場合にのみ必要になります(手順 4 と 5 を参照)。

ステップ 4

ip rcmd remote-username username

(オプション)デフォルトのリモート ユーザ名を指定します。

ステップ 5

end

イネーブル EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

archive upload-sw rcp:
[[[ // [ username @ ] location ] / directory ]
/ image-name .tar ]

現在実行中のアクセス ポイントのイメージを RCP サーバにアップロードします。

// username にはユーザ名を指定します。RCP コピー要求を実行するために、ネットワーク サーバでリモート ユーザ名にアカウントを定義する必要があります。 詳細については、「RCP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照してください。

@ location には RCP サーバの IP アドレスを指定します。

/ directory ] / image-name .tar には、ディレクトリ(オプション)とアップロードするソフトウェア イメージの名前を指定します。 ディレクトリ名とイメージ名は大文字と小文字を区別します。

image-name .tar はサーバに保存されるソフトウェア イメージの名前です。

archive upload-sw イネーブル EXEC コマンドは、次のファイルを表示順にアップロードしてサーバにイメージ ファイルを構築します。 info、IOS イメージ、HTML ファイル、info.ver。これらのファイルがアップロードされた後、アップロード アルゴリズムにより tar ファイル形式が作成されます。

Web ブラウザ インターフェイスによるイメージの再ロード

アクセス ポイントのイメージ ファイルの再ロードに Web ブラウザ インターフェイスを使用できます。 Web ブラウザ インターフェイスは、HTTP または TFTP インターフェイスを使用したイメージ ファイルのローディングをサポートします。


) ブラウザを使用してイメージ ファイルを再ロードする場合、アクセス ポイントの設定は変更されません。


ブラウザ HTTP インターフェイス

HTTP インターフェイスを使用すると、PC のアクセス ポイント イメージ ファイルを参照し、アクセス ポイントにイメージをダウンロードできます。 HTTP インターフェイスを使用する手順は次のとおりです。


ステップ 1 インターネット ブラウザを開きます。 Microsoft Internet Explorer(バージョン 5.x 以降)または Netscape Navigator(バージョン 4.x)を使用してください。

ステップ 2 ブラウザのアドレス入力フィールドにアクセス ポイントの IP アドレスを入力し、Enter キーを押します。[Enter Network Password]画面が表示されます。

ステップ 3 [User Name]フィールドにユーザ名を入力します。

ステップ 4 [Password]フィールドにアクセス ポイントのパスワードを入力し、Enter キーを押します。[Summary Status]ページが表示されます。

ステップ 5 [System Software]タブをクリックし、[Software Upgrade]をクリックします。[HTTP Upgrade]画面が表示されます。

ステップ 6 [Browse]ボタンをクリックして PC のイメージ ファイルを探します。

ステップ 7 [Upload]ボタンをクリックします。

詳細については、[Software Upgrade]画面で[Help]アイコンをクリックします。


 

ブラウザ TFTP インターフェイス

TFTP インターフェイスを使用すると、ネットワーク デバイスの TFTP サーバを使用してアクセス ポイントのイメージ ファイルをロードできます。 TFTP サーバを使用する手順は次のとおりです。


ステップ 1 インターネット ブラウザを開きます。 Microsoft Internet Explorer(バージョン 5.x 以降)または Netscape Navigator(バージョン 4.x)を使用してください。

ステップ 2 ブラウザのアドレス入力フィールドにアクセス ポイントの IP アドレスを入力し、Enter キーを押します。[Enter Network Password]画面が表示されます。

ステップ 3 [User Name]フィールドにユーザ名を入力します。

ステップ 4 [Password]フィールドにアクセス ポイントのパスワードを入力し、Enter キーを押します。[Summary Status]ページが表示されます。

ステップ 5 [System Software]タブをクリックし、[Software Upgrade]をクリックします。[HTTP Upgrade]画面が表示されます。

ステップ 6 [TFTP Upgrade]タブをクリックします。

ステップ 7 [TFTP Server]フィールドに TFTP サーバの IP アドレスを入力します。

ステップ 8 [Upload New System Image Tar File]フィールドに、アクセス ポイントのイメージ ファイルのファイル名を入力します。 ファイルが TFTP サーバのルート ディレクトリのサブディレクトリ内にある場合、TFTP サーバ ルート ディレクトリの相対パスとファイル名を指定します。 ファイルが TFTP ルート ディレクトリにある場合、ファイル名のみを入力します。

ステップ 9 [Upload]ボタンをクリックします。

詳細については、[Software Upgrade]画面で[Help]アイコンをクリックします。