Cisco Aironet 1100 シリーズ アクセス ポイント インストレーション コンフィギュレーション ガイド, 12.2(4)JA
ファームウェアと設定の管理
ファームウェアと設定の管理
発行日;2012/01/15 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

ファームウェアと設定の管理

Flash ファイル システムの操作

使用可能なファイル システムの表示

デフォルト ファイル システムの設定

ファイル システムのファイルに関する情報の表示

ディレクトリの変更と作業ディレクトリの表示

ディレクトリの作成と削除

ファイルのコピー

ファイルの削除

tar ファイルの作成、表示、抽出

tar ファイルの作成

tar ファイルの内容の表示

tar ファイルの抽出

ファイルの内容の表示

コンフィギュレーション ファイルの操作

コンフィギュレーション ファイルの作成と使用のガイドライン

コンフィギュレーション ファイルのタイプと場所

テキスト エディタを使用したコンフィギュレーション ファイルの作成

TFTP を使用したコンフィギュレーション ファイルのコピー

TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのアップロード

FTP を使用したコンフィギュレーション ファイルのコピー

FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

FTP によるコンフィギュレーション ファイルのアップロード

RCP を使用したコンフィギュレーション ファイルのコピー

RCP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

RCP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

RCP によるコンフィギュレーション ファイルのアップロード

構成情報のクリア

保存されたコンフィギュレーション ファイルの削除

ソフトウェア イメージの操作

アクセス ポイントのイメージの場所

サーバまたは Cisco.com の tar ファイル形式のイメージ

TFTP を使用したイメージ ファイルのコピー

TFTP によるイメージのダウンロードまたはアップロードの準備

TFTP によるイメージ ファイルのダウンロード

TFTP によるイメージ ファイルのアップロード

FTP を使用したイメージ ファイルのコピー

FTP によるイメージのダウンロードまたはアップロードの準備

FTP によるイメージ ファイルのダウンロード

FTP によるイメージ ファイルのアップロード

RCP を使用したイメージ ファイルのコピー

RCP によるイメージのダウンロードまたはアップロードの準備

RCP によるイメージ ファイルのダウンロード

RCP によるイメージ ファイルのアップロード

Web ブラウザ インターフェイスを使用したイメージの再ロード

ブラウザ HTTP インターフェイス

ブラウザ TFTP インターフェイス

ファームウェアと設定の管理

この章では、Flash ファイル システムの操作方法、コンフィギュレーション ファイルのコピー方法、ソフトウェア イメージのアーカイブ方法(アップロードとダウンロード)について説明します。


) この章で使用されるコマンドのシンタックスと使用方法については、『Cisco Aironet 1100 Series
Access Point Command Reference
』(今回のリリース)と『Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference Release 12.2』を参照してください。


この章では、次の項目について説明します。

「Flash ファイル システムの操作」

「コンフィギュレーション ファイルの操作」

「ソフトウェア イメージの操作」

Flash ファイル システムの操作

アクセス ポイントの Flash ファイル システムは、ソフトウェア イメージおよびコンフィギュレーション ファイルの管理を効率化するいくつかのコマンドを提供します。

Flash ファイル システムは、ファイルを保存できる単一の Flash デバイスです。 この Flash デバイスは flash: と呼ばれます。

ここでは次の情報を示します。

「使用可能なファイル システムの表示」

「デフォルト ファイル システムの設定」

「ファイル システムのファイルに関する情報の表示」

「ディレクトリの変更と作業ディレクトリの表示」

「ディレクトリの作成と削除」

「ファイルのコピー」

「ファイルの削除」

「tar ファイルの作成、表示、抽出」

「ファイルの内容の表示」

使用可能なファイル システムの表示

アクセス ポイントで使用可能なファイル システムを表示するには、次の例に示す show file systems イネーブル EXEC コマンドを使用します。

ap# show file systems
File Systems:
 
Size(b) Free(b) Type Flags Prefixes
* 16128000 11118592 flash rw flash:
16128000 11118592 unknown rw zflash:
32768 26363 nvram rw nvram:
- - network rw tftp:
- - opaque rw null:
- - opaque rw system:
- - opaque ro xmodem:
- - opaque ro ymodem:
- - network rw rcp:
- - network rw ftp:
 

表 19-1 に show file systems コマンドのフィールドの説明を示します。

 

表 19-1 show file systems のフィールドの説明

フィールド

Size(b)

ファイル システムのメモリ量(バイト)

Free(b)

ファイル システムの空きメモリ量(バイト)

Type

ファイル システムのタイプ

flash :Flash メモリ デバイスのファイル システムです。

network:ネットワーク デバイスのファイル システムです。

nvram :不揮発性 RAM(NVRAM)デバイスのファイル システムです。

opaque :ファイル システムはローカルに生成された 擬似 ファイル システム( system など)または brimux などのダウンロード インターフェイスです。

unknown :ファイル システムのタイプが不明です。

Flags

ファイル システムの権限。

ro :読み出し専用

rw :読み出し/書き込み

wo :書き込み専用

Prefixes

ファイル システムのエイリアス。

flash: :Flash ファイル システム

ftp::File Transfer Protocol(FTP;ファイル転送プロトコル)ネットワーク サーバ ネットワーク デバイス間でファイルを送受信するのに使用します。

nvram: :不揮発性 RAM メモリ(NVRAM)

null: :コピーのヌル出力先。 リモート ファイルをヌルにコピーすると、サイズを決定できます。

rcp: :Remote Copy Protocol(RCP)ネットワーク サーバ

system: :実行中の設定を含むシステム メモリが指定されます。

tftp: :Trivial File Transfer Protocol(TFTP;簡易ファイル転送プロトコル)ネットワーク サーバ

zflash: :読み出し専用ファイル圧縮解除ファイル システム。Flash ファイル システムの内容をミラーリングします。

デフォルト ファイル システムの設定

cd filesystem: イネーブル EXEC コマンドを使用すると、システムがデフォルト ファイル システムとして使用するファイル システムまたはディレクトリを指定できます。 関連するコマンドから filesystem: 引数を省略するようにデフォルト ファイル システムを設定できます。 たとえば、オプションで filesystem: 引数を使用するすべてのイネーブル EXEC コマンドに対して、システムは cd コマンドで指定される ファイル システムを使用します。

デフォルトでは、デフォルトのファイル システムは flash: です。

cd コマンドで指定される現在のデフォルトのファイルシステムを表示する場合は、 pwd イネーブル EXEC コマンドを使用します。

ファイル システムのファイルに関する情報の表示

ファイル システムの内容を操作する前に、内容のリストを表示することができます。 たとえば、Flash メモリに新しいコンフィギュレーション ファイルをコピーする場合、ファイル システムに同じ名前のコンフィギュレーション ファイルが格納されていないことを確認できます。 同様に Flash コンフィギュレーション ファイルを別の場所にコピーする場合は、その名前を別のコマンドで使用できるかどうかを確認できます。

ファイル システムのファイルに関する情報を表示するには、 表 19-2 のイネーブル EXEC コマンドのいずれかを使用します。

 

表 19-2 ファイル情報を表示するためのコマンド

コマンド
説明

dir [ /all ] [ filesystem : ][ filename ]

ファイル システムのファイルのリストを表示する。

show file systems

ファイル システムの各ファイルに関する詳細な情報を表示する。

show file information file-url

特定のファイルに関する情報を表示する。

show file descriptors

開いているファイルの記述子を表示する。 ファイル記述子は、開いたファイルを内部的に表したものです。 このコマンドを使用して、別のユーザがファイルを開いていないかどうかを確認できます。

ディレクトリの変更と作業ディレクトリの表示

イネーブル EXEC モードから、ディレクトリを変更し作業ディレクトリを表示する手順は次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

dir filesystem :

指定されたファイル システムのディレクトリを表示します。

filesystem : には、システム ボードの Flash デバイスの flash: を使用します。

ステップ 2

cd new_configs

対象のディレクトリに変更します。

このコマンド例では、ディレクトリ new_configs を変更する方法を示しています。

ステップ 3

pwd

作業ディレクトリを表示します。

ディレクトリの作成と削除

イネーブル EXEC モードから、ディレクトリを作成する手順、および削除する手順は次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

dir filesystem :

指定されたファイル システムのディレクトリを表示します。

filesystem : には、システム ボードの Flash デバイスの flash: を使用します。

ステップ 2

mkdir old_configs

新しいディレクトリを作成します。

このコマンド例では、ディレクトリ old_configs を作成する方法を示しています。

ディレクトリ名は大文字と小文字を区別します。

ディレクトリ名はスラッシュ(/)を除き 45 文字以内とし、制御文字、スペース、消去文字、スラッシュ、引用符、セミコロン、コロンを使用できません。

ステップ 3

dir filesystem :

エントリを確認します。

ディレクトリとそのファイル、およびサブディレクトリをすべて削除するには、 delete /force /recursive filesystem :/ file-url イネーブル EXEC コマンドを使用します。

特定のディレクトリとそのサブディレクトリおよびファイルをすべて削除するには、 /recursive キーワードを使用します。 ディレクトリ内の各ファイルの削除を確認するプロンプトを非表示にするには、 /force キーワードを使用します。 この削除プロセスの最初に 1 回だけ、プロンプトが表示されます。 archive download-sw コマンドを使用してインストールされ、不要になった古いソフトウェア イメージを削除する場合は、キーワード /force /recursive を使用します。

filesystem には、システム ボードの Flash デバイスの flash: を使用します。 file-url には、削除するディレクトリの名前を入力します。 ディレクトリ内のすべてのファイルとディレクトリが削除されます。


注意 ファイルとディレクトリが削除された後、その内容は復元できません。

ファイルのコピー

ファイルをソースからコピー先にコピーするには、 copy [ /erase ] source-url destination-url イネーブル EXEC コマンドを使用します。 コピー元とコピー先の URL には、 running-config startup-config キーワード ショートカットを使用できます。 たとえば、 copy running-config startup-config コマンドは現在実行中のコンフィギュレーション ファイルを、システムの初期化の際にコンフィギュレーションとして使用される Flash メモリの NVRAM セクションにコピーします。

ネットワーク ファイル システムの URL には、 ftp: rcp: 、および tftp: があり、次のようなシンタックスをとります。

File Transfer Protocol(FTP): ftp: [[ // username [ : password ] @ location ] / directory ] / filename

Remote Copy Protocol(RCP): rcp: [[ // username @ location ] / directory ] / filename

Trivial File Transfer Protocol(TFTP): tftp: [[ // location ] / directory ] / filename

書き込み可能なローカル ファイル システムには flash: があります。

コピー元とコピー先の組み合わせの一部に無効なものがあります。 特に次の組み合わせでコピーは行えません。

実行中のコンフィギュレーションから実行中のコンフィギュレーションへのコピー

起動コンフィギュレーションから起動コンフィギュレーションへのコピー

同じデバイス間のコピー(たとえば、 copy flash: flash: コマンドは無効)

コンフィギュレーション ファイルで copy コマンドを使用する例については、「コンフィギュレーション ファイルの操作」を参照してください。

新しいバージョンのソフトウェア イメージをダウンロードするか、既存のバージョンをアップロードする方法でコピーするには、 archive download-sw または archive upload-sw イネーブル EXEC コマンドを使用してください。 詳細については、「ソフトウェア イメージの操作」を参照してください。

ファイルの削除

Flash メモリ デバイスのファイルが不要になったら、永久的に削除できます。 指定する Flash デバイスからファイルまたはディレクトリを削除するには、 delete [ /force ] [ /recursive ] [ filesystem : ] / file-url イネーブル EXEC コマンドを使用します。


注意 ファイルが削除された後、その内容は復元できません。

ディレクトリとそのサブディレクトリおよびファイルをすべて削除する場合、 /recursive キーワードを使用します。 ディレクトリ内の各ファイルの削除を確認するプロンプトを非表示にするには、 /force キーワードを使用します。 この削除プロセスの最初に 1 回だけ、プロンプトが表示されます。 archive download-sw コマンドを使用してインストールされ、不要になった古いソフトウェア イメージを削除する場合は、キーワード /force /recursive を使用します。

filesystem : オプションを省略する場合、アクセス ポイントは cd コマンドで指定されるデフォルト デバイスを使用します。 file-url には、パス(ディレクトリ)と削除するファイルの名前を入力します。

次にデフォルトの Flash メモリ デバイスからファイル myconfig を削除する手順を示します。

ap# delete myconfig

tar ファイルの作成、表示、抽出

tar ファイルを作成し、そこにファイルを書き込み、tar ファイル内のファイルをリストできます。また次の項で説明するように tar ファイルからファイルを抽出することができます。

tar ファイルの作成

tar ファイルを作成し、このファイルにファイルを書き込むには、イネーブル EXEC コマンドを使用します。

archive tar /create destination-url flash:/ file-url

destination-url には、ローカルまたはネットワーク ファイル システムの宛先 URL エイリアスと、作成する tar ファイルの名前を指定します。 次のオプションがサポートされます。

ローカル Flash ファイル システムのシンタックスは次のとおりです。
flash:/ file-url

File Transfer Protocol(FTP;ファイル転送プロトコル)の場合、シンタックスは次のとおりです。 ftp: [[ // username [ : password ] @ location ] / directory] / tar-filename .tar

Remote Copy Protocol(RCP)の場合、シンタックスは次のとおりです。 rcp: [[ // username @ location ] / directory ] / tar-filename .tar

Trivial File Transfer Protocol(TFTP;簡易ファイル転送プロトコル)の場合、シンタックスは次のとおりです。 tftp: [[ // location ] / directory ] / tar-filename .tar

tar-filename .tar は作成される tar ファイルです。

flash:/ file-url には新しい tar ファイルを作成するローカル Flash ファイル システム上の場所を指定します。 また新しい tar ファイルに書き込むソース ディレクトリ内のファイルまたはディレクトリのオプション リストを指定できます。 リストを指定していない場合、このレベルのすべてのファイルおよびディレクトリが新しく作成された tar ファイルに書き込まれます。

次に tar ファイルを作成する手順を示します。 このコマンドは、ローカル Flash デバイス上のディレクトリ new-configs の内容を、172.20.10.30 の TFTP サーバ上のファイル saved.tar に書き込みます。

ap# archive tar /create tftp:172.20.10.30/saved.tar flash:/new-configs

tar ファイルの内容の表示

画面に tar ファイルの内容を表示するには、次のイネーブル EXEC コマンドを使用します。

archive tar /table source-url

source-url には、ローカルまたはネットワーク ファイル システムのソース URL エイリアスを指定します。 次のオプションがサポートされます。

ローカル Flash ファイル システムのシンタックスは次のとおりです。
flash:

File Transfer Protocol(FTP;ファイル転送プロトコル)の場合、シンタックスは次のとおりです。 ftp: [[ // username [ : password ] @ location ] / directory ] / tar-filename .tar

Remote Copy Protocol(RCP)の場合、シンタックスは次のとおりです。 rcp: [[ // username @ location ] / directory ] / tar-filename .tar

Trivial File Transfer Protocol(TFTP;簡易ファイル転送プロトコル)の場合、シンタックスは次のとおりです。 tftp: [[ // location ] / directory ] / tar-filename .tar

tar-filename .tar は表示される tar ファイルです。

また、tar ファイルの後にファイルまたはディレクトリのオプション リストを指定することで、ファイルの表示を制限できます。この場合リストのファイルが表示されます。 リストを指定しない場合、すべてのファイルとディレクトリが表示されます。

次に Flash メモリ内にあるファイル c3550-i5q3l2-mz.121-6.EA1.tar の内容を表示する手順を示します。

ap# archive tar /table flash:c3550-i5q3l2-mz.121-6.EA1.tar
info (219 bytes)
c3550-i5q3l2-mz.121-6.EA1/ (directory)
c3550-i5q3l2-mz.121-6.EA1/html/ (directory)
c3550-i5q3l2-mz.121-6.EA1/html/foo.html (0 bytes)
c3550-i5q3l2-mz.121-6.EA1/c3550-i5q3l2-mz.121-6.EA1.bin (610856 bytes)
c3550-i5q3l2-mz.121-6.EA1/info (219 bytes)
info.ver (219 bytes)
 

次の例は、 c3550-i5q3l2-mz.121-6.EA1/html ディレクトリとその内容を表示する手順を示しています。

ap# archive tar /table flash:c3550-tv0-m.tar c3550-i5q3l2-mz.121-6.EA1/html
c3550-i5q3l2-mz.121-6.EA1/html/ (directory)
c3550-i5q3l2-mz.121-6.EA1/html/foo.html (0 bytes)

tar ファイルの抽出

Flash ファイル システムのディレクトリに tar ファイルを抽出するには、次のイネーブル EXEC コマンドを使用します。

archive tar /xtract source-url flash:/ file-url

source-url には、ローカルまたはネットワーク ファイル システムのソース URL エイリアスを指定します。 次のオプションがサポートされます。

ローカル Flash ファイル システムのシンタックスは次のとおりです。
flash:

File Transfer Protocol(FTP;ファイル転送プロトコル)の場合、シンタックスは次のとおりです。 ftp: [[ // username [ : password ] @ location ] / directory ] / tar-filename .tar

Remote Copy Protocol(RCP)の場合、シンタックスは次のとおりです。 rcp: [[ // username @ location ] / directory ] / tar-filename .tar

Trivial File Transfer Protocol(TFTP;簡易ファイル転送プロトコル)の場合、シンタックスは次のとおりです。 tftp: [[ // location ] / directory ] / tar-filename .tar

tar-filename .tar はファイルを抽出する tar ファイルです。

flash:/ file-url には、tar ファイルを抽出するローカル Flash ファイル システム上の場所を指定します。 また tar ファイル内の抽出用のファイルまたはディレクトリのオプション リストも指定できます。 リストを指定しない場合、すべてのファイルとディレクトリが抽出されます。

次に 172.20.10.30 の TFTP サーバ上の tar ファイルの内容を抽出する手順を示します。 このコマンドは、 new-configs ディレクトリをローカル Flash ファイル システムのルート ディレクトリに抽出します。 saved.tar ファイル内の他のファイルは無視されます。

ap# archive tar /xtract tftp:/172.20.10.30/saved.tar flash:/new-configs

ファイルの内容の表示

リモート ファイル システムのファイルを含め、すべての読み出し可能なファイルの内容を表示するには、 more [ /ascii | /binary | /ebcdic ] file-url イネーブル EXEC コマンドを使用します。

次は TFTP サーバのコンフィギュレーション ファイルの内容を表示する手順を示します。

ap# more tftp://serverA/hampton/savedconfig
!
! Saved configuration on server
!
version 11.3
service timestamps log datetime localtime
service linenumber
service udp-small-servers
service pt-vty-logging
!
 
<output truncated>

コンフィギュレーション ファイルの操作

ここでは、コンフィギュレーション ファイルの作成、ロード、保守の方法について説明します。 コンフィギュレーション ファイルには、Cisco IOS ソフトウェアの機能をカスタマイズするために入力されるコマンドが格納されています。 次の手順から最大限に効果を上げるために、アクセス ポイントにシステム ソフトウェアと対話するための最低限のデフォルト実行コンフィギュレーションが設定されています。

コンフィギュレーション ファイルは TFTP、FTP、RCP サーバからさまざまな理由でアクセス ポイントの実行コンフィギュレーションにコピー( ダウンロード )できます。

バックアップ コンフィギュレーション ファイルを復元するため。

別のアクセス ポイントにコンフィギュレーション ファイルを使用するため。 たとえば、ネットワークに別のアクセス ポイントを追加して、オリジナルのアクセス ポイントと類似するコンフィギュレーションを設定できます。 ファイルを新しいアクセス ポイントにコピーすることで、ファイル全体を再作成するのではなく、関連する部分を変更できます。

ネットワークのすべてのアクセス ポイントに同じコンフィギュレーション コマンドをロードして、すべてのアクセス ポイントのコンフィギュレーションを類似させるため。

TFTP、FTP、RCP を使用してコンフィギュレーション ファイルアクセス ポイントからファイル サーバにコピー( アップロード )できます。 この作業は、現在のコンフィギュレーション ファイルの内容を変更する前にサーバにバックアップし、後でサーバからオリジナルのコンフィギュレーション ファイルを復元するために実行できます。

使用するプロトコルは、使用しているサーバのタイプによって異なります。 FTP と RCP は TFTP に比べて、そのトランスポート メカニズムによりパフォーマンスが高速化し、データ送信が確実になります。 これらの改善は、FTP と RCP が接続指向性の Transmission Control Protocol/Internet Protocol(TCP/IP)スタック上に構築され、このスタックを使用しているためです。

ここでは次の情報を示します。

「コンフィギュレーション ファイルの作成と使用のガイドライン」

「コンフィギュレーション ファイルのタイプと場所」

「テキスト エディタを使用したコンフィギュレーション ファイルの作成」

「TFTP を使用したコンフィギュレーション ファイルのコピー」

「FTP を使用したコンフィギュレーション ファイルのコピー」

「RCP を使用したコンフィギュレーション ファイルのコピー」

「構成情報のクリア」

コンフィギュレーション ファイルの作成と使用のガイドライン

コンフィギュレーション ファイルを作成すると、アクセス ポイントのコンフィギュレーションに役に立つ場合があります。 コンフィギュレーション ファイルには、1 つまたは複数のアクセス ポイントを設定するのに必要なコマンドの一部またはすべてを指定することができます。 たとえば、同じハードウェア コンフィギュレーションを持つ複数のアクセス ポイントに同じコンフィギュレーション ファイルをダウンロードできます。

コンフィギュレーション ファイルを作成する場合は、次のガイドラインにしたがってください。

アクセス ポイントにパスワードが設定されていない場合、 enable secret secret-password グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力して、各アクセス ポイントにパスワードを設定する必要があります。 このコマンドに空の行を入力します。 パスワードは、平文としてコンフィギュレーション ファイルに保存されます。

パスワードがすでに存在する場合、パスワードの確認に失敗するため、ファイルに enable secret secret-password グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力できません。 コンフィギュレーション ファイルにパスワードを入力すると、アクセス ポイントはファイルを実行するときに間違ってコマンドとしてパスワードを実行しようとします。

copy { ftp: | rcp: | tftp: } system:running-config イネーブル EXEC コマンドは、コマンド ラインでコマンドを入力するように、アクセス ポイントにコンフィギュレーション ファイルをロードします。 アクセス ポイントは、コマンドを追加する前に、それまでの実行中のコンフィギュレーションを消去しません。 コピーされたコンフィギュレーション ファイルのコマンドが既存のコンフィギュレーション ファイルのコマンドと置き換わる場合、既存のコマンドは消去されます。 たとえば、コピーされたコンフィギュレーション ファイルに特定のコマンドの既存のコンフィギュレーションとは異なる IP アドレスが指定されている場合、コピーされたコンフィギュレーションの IP アドレスが使用されます。 ただし、既存のコンフィギュレーションの一部のコマンドは、置換されたり、失われたりすることはありません。 この場合、最終的なコンフィギュレーション ファイルは、既存のコンフィギュレーション ファイルとコピーされたコンフィギュレーション ファイルが混合したもので、コピーされたコンフィギュレーション ファイルが優先されます。

コンフィギュレーション ファイルをサーバに保存されたファイルの正確なコピーに復元するには、コンフィギュレーション ファイルを直接起動コンフィギュレーションにコピーし( copy { ftp: | rcp: | tftp: } nvram:startup-config イネーブル EXEC コマンドを使用)、アクセス ポイントを再ロードします。

コンフィギュレーション ファイルのタイプと場所

起動コンフィギュレーション ファイルは、システムの起動中にソフトウェアを設定するために使用されます。 実行中のコンフィギュレーション ファイルには、ソフトウェアの現在のコンフィギュレーションが格納されています。 2 つのコンフィギュレーション ファイルは異なる場合があります。 たとえば、コンフィギュレーションを永続的ではなく、短期間だけ変更することができます。 この場合、 copy running-config startup-config イネーブル EXEC コマンドを使用して、実行中のコンフィギュレーションを変更した後、コンフィギュレーションを保存しません。

実行中のコンフィギュレーションは DRAM に保存されます。起動コンフィギュレーションは、Flash メモリの NVRAM セクションに保存されます。

テキスト エディタを使用したコンフィギュレーション ファイルの作成

コンフィギュレーション ファイルを作成する場合、システムが適切に応答できるようにコマンドを論理的にリストする必要があります。 次に示すのはコンフィギュレーション ファイルを作成する 1 つの方法です。


ステップ 1 既存のコンフィギュレーションをアクセス ポイントからサーバにコピーします。

詳細については、「TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」「FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」、または「RCP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」を参照してください。

ステップ 2 UNIX の vi または emacs、PC のメモ帳などのテキスト エディタで、コンフィギュレーション ファイルを開きます。

ステップ 3 必要なコマンドでコンフィギュレーション ファイルの一部を抽出し、新しいファイルに保存します。

ステップ 4 コンフィギュレーション ファイルを適切なサーバ ロケーションにコピーします。 たとえば、ファイルをワークステーション上の TFTP ディレクトリ(通常は UNIX ワークステーションの /tftpboot )にコピーします。

ステップ 5 ファイルの権限が world-read に設定されていることを確認します。


 

TFTP を使用したコンフィギュレーション ファイルのコピー

アクセス ポイントを設定する場合は、作成、別のアクセス ポイントからのダウンロード、または TFTP サーバからのダウンロードで現存するコンフィギュレーション ファイルを使用します。 コンフィギュレーション ファイルは、TFTP サーバにコピー(アップロード)して保存することができます。

ここでは次の情報を示します。

「TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」

「TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」

「TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのアップロード」

TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

TFTP を使用してコンフィギュレーション ファイルをダウンロードまたはアップロードする前に、次の作業を行います。

TFTP サーバとして機能するワークステーションが正しく設定されていることを確認します。 Sun ワークステーションの場合は、/etc/inetd.conf ファイルに次の行が指定されていることを確認します。

tftp dgram udp wait root /usr/etc/in.tftpd in.tftpd -p -s /tftpboot
 

/etc/services ファイルに次の行が指定されていることを確認します。

tftp 69/udp
 

) /etc/inetd.conf ファイルと /etc/services ファイルを修正した後、inetd デーモンを再起動する必要があります。 デーモンを再起動するには、inetd プロセスを停止してから再起動するか、fastboot コマンド(SunOS 4.x)または reboot コマンド(Solaris 2.x または SunOS 5.x)を入力します。 TFTP デーモンについての詳細は、お使いのワークステーションのマニュアルを参照してください。


アクセス ポイントに TFTP サーバへのルートが設定されていることを確認します。 ルータを使用してサブネット間のトラフィックをルーティングしていない場合は、アクセス ポイントと TFTP サーバは同じサブネットワークに存在する必要があります。 ping コマンドを使用して、TFTP サーバとの接続性をチェックします。

ダウンロードするコンフィギュレーション ファイルが TFTP サーバ の正しいディレクトリにあることを確認します(通常は UNIX ワークステーションの /tftpboot )。

ダウンロード操作の場合、ファイルの権限が正しく設定されていることを確認します。 ファイルの権限は world-read です。

コンフィギュレーション ファイルをアップロードする前に、TFTP サーバに空のファイルを作成する必要があります。 空のファイルを作成するには、 touch filename コマンドを入力します。 filename はサーバにアップロードする場合に使用するファイルの名前です。

アップロード操作の間、サーバの既存のファイル(作成する必要があった場合は空のファイルを含む)を上書きする場合、ファイルの権限が正しく設定されていることを確認します。 ファイルの権限は world-write です。

TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

TFTP サーバからダウンロードしたコンフィギュレーション ファイルを使用してアクセス ポイントを設定する手順は次のとおりです。


ステップ 1 ワークステーションの適切な TFTP ディレクトリにコンフィギュレーション ファイルをコピーします。

ステップ 2 「TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、TFTP サーバが正しく設定されていることを確認します。

ステップ 3 Telnet セッションを通じてアクセス ポイントにログインします。

ステップ 4 TFTP サーバからコンフィギュレーション ファイルをダウンロードして、アクセス ポイントを設定します。

TFTP サーバの IP アドレスまたはホスト名とダウンロードするファイルの名前を指定します。

次のイネーブル EXEC コマンドのいずれかを使用します。

copy tftp: [[[ // location ] / directory ] / filename ] system:running-config

copy tftp: [[[ // location ] / directory ] / filename ] nvram:startup-config

コンフィギュレーション ファイルがダウンロードされ、ファイルが 1 行ずつ解析される間にコマンドが実行されます。


 

次に IP アドレス 172.16.2.155 でファイル tokyo-confg からソフトウェアを設定する手順について示します。

ap# copy tftp://172.16.2.155/tokyo-confg system:running-config
Configure using tokyo-confg from 172.16.2.155? [confirm] y
Booting tokyo-confg from 172.16.2.155:!!! [OK - 874/16000 bytes]

TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのアップロード

コンフィギュレーション ファイルをアクセス ポイントから TFTP サーバにアップロードして保存する手順は次のとおりです。


ステップ 1 「TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、TFTP サーバが正しく設定されていることを確認します。

ステップ 2 Telnet セッションを通じてアクセス ポイントにログインします。

ステップ 3 アクセス ポイントのコンフィギュレーションを TFTP サーバにアップロードします。 TFTP サーバの IP アドレスまたはホスト名とアップロード先のファイル名を指定します。

次のイネーブル EXEC コマンドのいずれかを使用します。

copy system:running-config tftp: [[[ // location ] / directory ] / filename ]

copy nvram:startup-config tftp: [[[ // location ] / directory ] / filename ]

ファイルが TFTP サーバにアップロードされます。


 

次にコンフィギュレーションファイルをアクセス ポイントから TFTP サーバにアップロードする手順を示します。

ap# copy system:running-config tftp://172.16.2.155/tokyo-confg
Write file tokyo-confg on host 172.16.2.155? [confirm] y
#
Writing tokyo-confg!!! [OK]

FTP を使用したコンフィギュレーション ファイルのコピー

FTP サーバとの間でコンフィギュレーションをコピーできます。

FTP プロトコルを使用する場合、クライアントは FTP の各リクエストに表示されるリモート ユーザ名とパスワードをサーバに送信する必要があります。 FTP を使用してコンフィギュレーション ファイルをアクセス ポイントからサーバにコピーする場合、Cisco IOS ソフトウェアは次のリストの最初の有効なユーザ名を送信します。

ユーザ名が指定されている場合、 copy コマンドで指定されるユーザ名。

コマンドが設定されている場合、 ip ftp username username グローバル コンフィギュレーション コマンドで設定されたユーザ名。

Anonymous。

アクセス ポイントは、次のリストで最初の有効なパスワードを送信します。

パスワード名が指定されている場合、 copy コマンドで指定されるパスワード。

コマンドが設定されている場合、 ip ftp password password グローバル コンフィギュレーション コマンドで設定されたパスワード。

アクセス ポイントの形成するパスワード username@apname.domain 。 変数 username は現在のセッションに関連するユーザ名、 apname は設定されているホスト名、 domain はアクセス ポイントのドメインです。

ユーザ名とパスワードは、FTP サーバのアカウントに対応している必要があります。 サーバに書き込む場合、FTP サーバが FTP による書き込みリクエストを受け付けるように正しく設定されている必要があります。

ip ftp username ip ftp password コマンドを使用して、すべてのコピーのユーザ名とパスワードを指定します。 そのコピー操作に対してのみユーザ名を指定する必要がある場合、 copy コマンドにユーザ名を含めます。

サーバがディレクトリ構造をとる場合、コンフィギュレーション ファイルはサーバ上のユーザ名に関連するディレクトリに書き込まれ、またコピーされます。 たとえば、コンフィギュレーション ファイルがサーバ上のユーザのホーム ディレクトリにある場合、そのユーザ名をリモート ユーザ名として指定します。

詳細については、FTP サーバのマニュアルを参照してください。

ここでは次の情報を示します。

「FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」

「FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」

「FTP によるコンフィギュレーション ファイルのアップロード」

FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

FTP を使用してコンフィギュレーション ファイルをダウンロードまたはアップロードする前に、次の作業を行います。

アクセス ポイントに FTP サーバへのルートが設定されていることを確認します。 ルータを使用してサブネット間のトラフィックをルーティングしていない場合は、アクセス ポイントと FTP サーバは同じサブネットワークに存在する必要があります。 ping コマンドを使用して、FTP サーバとの接続性をチェックします。

有効なユーザ名を保有せずに Telnet セッションからアクセス ポイントにアクセスしている場合、現在の FTP ユーザ名が FTP によるダウンロードに使用する FTP ユーザ名であることを確認してください。 有効なユーザ名を表示する場合は、 show users イネーブル EXEC コマンドを入力します。 このユーザ名を使用する場合、すべてのコピー操作の間、 ip ftp username username グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して新しい FTP ユーザ名を作成します。 新しいユーザ名は NVRAM に保存されます。 有効なユーザ名を保有した上で Telnet セッションからアクセス ポイントにアクセスしている場合、このユーザ名が使用され、FTP ユーザ名を設定する必要がありません。 そのコピー操作に対してのみユーザ名を指定する必要がある場合、 copy コマンドにユーザ名を含めます。

コンフィギュレーション ファイルを FTP サーバにアップロードする場合、アクセス ポイントのユーザからの書き込みリクエストを受け付けるように、サーバが正しく設定されている必要があります。

詳細については、FTP サーバのマニュアルを参照してください。

FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

イネーブル EXEC モードから、FTP を使用してコンフィギュレーション ファイルをダウンロードする手順は次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、FTP サーバが正しく設定されていることを確認してください。

ステップ 2

Telnet セッションを通じてアクセス ポイントにログインします。

ステップ 3

configure terminal

アクセス ポイントでグローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順が必要になるのは、デフォルトのリモート ユーザ名またはパスワードを上書きする場合です(手順 4、5、6 を参照)。

ステップ 4

ip ftp username username

(任意)デフォルト リモート ユーザ名を変更します。

ステップ 5

ip ftp password password

(任意)デフォルト パスワードを変更します。

ステップ 6

end

イネーブル EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

copy ftp: [[[ // [ username [ : password ] @ ] location ]
/ directory ] / filename ] system:running-config

または

copy ftp: [[[ // [ username [ : password ] @ ] location ]
/ directory ] / filename ] nvram:startup-config

FTP を使用してコンフィギュレーション ファイルをネットワーク サーバから実行中のコンフィギュレーションに、または起動コンフィギュレーション ファイルにコピーします。

次に IP アドレス 172.16.101.101 のリモート サーバの netadmin1 ディレクトリからコンフィギュレーション ファイル host1-confg をコピーして、アクセス ポイントにロードし、ここで実行する手順を示します。

ap# copy ftp://netadmin1:mypass@172.16.101.101/host1-confg system:running-config
Configure using host1-confg from 172.16.101.101? [confirm]
Connected to 172.16.101.101
Loading 1112 byte file host1-confg:![OK]
ap#
%SYS-5-CONFIG: Configured from host1-config by ftp from 172.16.101.101
 

次に netadmin1 のリモート ユーザ名の指定手順を示します。 ソフトウェアは IP アドレス
172.16.101.101 のリモート サーバの netadmin1 ディレクトリからアクセス ポイントの起動コンフィギュレーションにコンフィギュレーション ファイル host2-confg をコピーします。

ap# configure terminal
ap(config)# ip ftp username netadmin1
ap(config)# ip ftp password mypass
ap(config)# end
ap# copy ftp: nvram:startup-config
Address of remote host [255.255.255.255]? 172.16.101.101
Name of configuration file[rtr2-confg]? host2-confg
Configure using host2-confg from 172.16.101.101?[confirm]
Connected to 172.16.101.101
Loading 1112 byte file host2-confg:![OK]
[OK]
ap#
%SYS-5-CONFIG_NV:Non-volatile store configured from host2-config by ftp from 172.16.101.101

FTP によるコンフィギュレーション ファイルのアップロード

イネーブル EXEC モードから、FTP を使用してコンフィギュレーション ファイルをアップロードする手順は次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、FTP サーバが正しく設定されていることを確認してください。

ステップ 2

Telnet セッションを通じてアクセス ポイントにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順が必要になるのは、デフォルトのリモート ユーザ名またはパスワードを上書きする場合です(手順 4、5、6 を参照)。

ステップ 4

ip ftp username username

(任意)デフォルト リモート ユーザ名を変更します。

ステップ 5

ip ftp password password

(任意)デフォルト パスワードを変更します。

ステップ 6

end

イネーブル EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

copy system:running-config
ftp:
[[[ // [ username [ : password ] @ ] location ]
/ directory ] / filename ]

または

copy nvram:startup-config
ftp:
[[[ // [ username [ : password ] @ ] location ]
/ directory ] / filename ]

FTP を使用して、アクセス ポイントの実行中または起動コンフィギュレーション ファイルを指定された場所に保存します。

次に IP アドレス 172.16.101.101 のリモートホストの netadmin1 ディレクトリに、実行中のコンフィギュレーション ファイル ap2-confg をコピーする手順を示します。

ap# copy system:running-config ftp://netadmin1:mypass@172.16.101.101/ap2-confg
Write file ap2-confg on host 172.16.101.101?[confirm]
Building configuration...[OK]
Connected to 172.16.101.101
ap#
 

次に FTP を使用してサーバに起動コンフィギュレーション ファイルを保存し、このファイルをコピーする手順を示します。

ap# configure terminal
ap(config)# ip ftp username netadmin2
ap(config)# ip ftp password mypass
ap(config)# end
ap# copy nvram:startup-config ftp:
Remote host[]? 172.16.101.101
Name of configuration file to write [ap2-confg]?
Write file ap2-confg on host 172.16.101.101?[confirm]
![OK]

RCP を使用したコンフィギュレーション ファイルのコピー

Remote Copy Protocol(RCP)は、リモート ホストとアクセス ポイントとの間でコンフィギュレーション ファイルをダウンロード、アップロード、およびコピーするもう一つの方法を提供します。 User Datagram Protocol(UDP)を使用する TFTP と異なり、コネクションレス プロトコルである RCP は接続指向の TCP を使用します。

RCP を使用してファイルをコピーするには、ファイルのコピー元またはコピー先のサーバが RCP をサポートしている必要があります。 RCP の copy コマンドは、リモート システムの rsh サーバ(またはデーモン)に依存します。 RCP を使用してファイルをコピーする場合、TFTP を使用する場合のように、ファイル配布用にサーバを作成する必要がありません。 リモート シェル(rsh)をサポートするサーバにアクセスする必要があります(大半の UNIX システムは rsh をサポート)。 ファイルを別の場所にコピーするため、ソース ファイルの読み出し権限と宛先ファイルの書き込み権限を所有している必要があります。 宛先ファイルが存在しない場合、RCP により作成されます。

RCP を使用する場合、クライアントは RCP の各リクエストに指定されるリモート ユーザ名をサーバに送信する必要があります。 コンフィギュレーション ファイルをアクセス ポイントからサーバにコピーする場合、Cisco IOS ソフトウェアは次のリストで最初に有効なユーザ名を送信します。

ユーザ名が指定されている場合、 copy コマンドで指定されるユーザ名。

コマンドが設定されている場合、 ip rcmd remote-usename username グローバル コンフィギュレーション コマンドで設定されたユーザ名。

現在の TTY(端末)プロセスに関連したリモート ユーザ名。 たとえば、ユーザが Telnet を通じてルータに接続し、 username コマンドで認証されている場合、アクセス ポイントのソフトウェアはリモート ユーザ名として Telnet ユーザ名を送信します。

アクセス ポイントのホスト名。

RCP のコピー リクエストが成功するように、リモート ユーザのネットワーク サーバでアカウントを定義している必要があります。 サーバがディレクトリ構造をとる場合、コンフィギュレーション ファイルはサーバ上のリモート ユーザ名に関連するディレクトリに書き込まれ、またコピーされます。 たとえば、コンフィギュレーション ファイルがサーバ上のユーザのホーム ディレクトリにある場合、そのユーザ名をリモート ユーザ名として指定します。

ここでは次の情報を示します。

「RCP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」

「RCP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」

「RCP によるコンフィギュレーション ファイルのアップロード」

RCP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

RCP を使用してコンフィギュレーション ファイルをダウンロードまたはアップロードする前に、次の作業を行います。

RCP サーバとして機能するワークステーションがリモート シェル(rsh)をサポートしていることを確認します。

アクセス ポイントに RCP サーバへのルートが設定されていることを確認します。 ルータを使用してサブネット間のトラフィックをルーティングしていない場合は、アクセス ポイントとサーバは同じサブネットワークに存在する必要があります。 ping コマンドを使用して、RCP サーバとの接続性をチェックします。

有効なユーザ名を保有せずに Telnet セッションからアクセス ポイントにアクセスしている場合、現在の RCP ユーザ名が RCP によるダウンロードに使用する RCP ユーザ名であることを確認してください。 有効なユーザ名を表示する場合は、 show users イネーブル EXEC コマンドを入力します。 このユーザ名を使用しない場合、すべてのコピー操作の間、 ip rcmd
remote-username
username グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して新しい RCP ユーザ名を作成します。 新しいユーザ名は NVRAM に保存されます。 有効なユーザ名を保有した上で Telnet セッションからアクセス ポイントにアクセスしている場合、このユーザ名が使用され、RCP ユーザ名を設定する必要がありません。 そのコピー操作に対してのみユーザ名を指定する必要がある場合、 copy コマンドにユーザ名を含めます。

コンフィギュレーション ファイルを RCP サーバにアップロードする場合、アクセス ポイントのユーザからの RCP の書き込みリクエストを受け付けるように、サーバが正しく設定されている必要があります。 UNIX システムの場合、RCP サーバのリモート ユーザの .rhosts ファイルに、エントリを追加します。 たとえば、アクセス ポイントに次のようなコンフィギュレーション行が指定されているとします。

hostname ap1
ip rcmd remote-username User0
 

アクセス ポイントの IP アドレスが ap1.company.com に変換されると、RCP サーバの User0 の .rhosts ファイルには、次の行が指定されている必要があります。

ap1.company.com ap1
 

詳細については、RCP サーバのマニュアルを参照してください。

RCP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

イネーブル EXEC モードから、RCP を使用してコンフィギュレーション ファイルをダウンロードする手順は次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「RCP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、RCP サーバが正しく設定されていることを確認します。

ステップ 2

Telnet セッションを通じてアクセス ポイントにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順が必要になるのは、デフォルトのリモート ユーザ名を上書きする場合です(手順 4 と 5 を参照)。

ステップ 4

ip rcmd remote-username username

(任意)リモート ユーザ名を指定します。

ステップ 5

end

イネーブル EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

copy rcp: [[[ // [ username @ ] location ] / directory ]
/ filename ] system:running-config

または

copy rcp: [[[ // [ username @ ] location ] / directory ]
/ filename ] nvram:startup-config

RCP を使用してコンフィギュレーション ファイルをネットワーク サーバから実行中のコンフィギュレーションに、または起動コンフィギュレーション ファイルにコピーします。

次に IP アドレス 172.16.101.101 のリモート サーバの netadmin1 ディレクトリからコンフィギュレーション ファイル host1-confg をコピーして、アクセス ポイントにロードし、ここで実行する手順を示します。

ap# copy rcp://netadmin1@172.16.101.101/host1-confg system:running-config
Configure using host1-confg from 172.16.101.101? [confirm]
Connected to 172.16.101.101
Loading 1112 byte file host1-confg:![OK]
ap#
%SYS-5-CONFIG: Configured from host1-config by rcp from 172.16.101.101
 

次に netadmin1 のリモート ユーザ名の指定手順を示します。 この場合、ソフトウェアは IP アドレス 172.16.101.101 のリモート サーバの netadmin1 ディレクトリから起動コンフィギュレーションにコンフィギュレーション ファイル host2-confg をコピーします。

ap# configure terminal
ap(config)# ip rcmd remote-username netadmin1
ap(config)# end
ap# copy rcp: nvram:startup-config
Address of remote host [255.255.255.255]? 172.16.101.101
Name of configuration file[rtr2-confg]? host2-confg
Configure using host2-confg from 172.16.101.101?[confirm]
Connected to 172.16.101.101
Loading 1112 byte file host2-confg:![OK]
[OK]
ap#
%SYS-5-CONFIG_NV:Non-volatile store configured from host2-config by rcp from 172.16.101.101

RCP によるコンフィギュレーション ファイルのアップロード

イネーブル EXEC モードから、RCP を使用してコンフィギュレーション ファイルをアップロードする手順は次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「RCP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、RCP サーバが正しく設定されていることを確認します。

ステップ 2

Telnet セッションを通じてアクセス ポイントにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順が必要になるのは、デフォルトのリモート ユーザ名を上書きする場合です(手順 4 と 5 を参照)。

ステップ 4

ip rcmd remote-username username

(任意)リモート ユーザ名を指定します。

ステップ 5

end

イネーブル EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

copy system:running-config
rcp:
[[[ // [ username @ ] location ] / directory ]
/ filename ]

または

copy nvram:startup-config
rcp:
[[[ // [ username @ ] location ] / directory ]
/ filename ]

RCP を使用して、アクセス ポイントの実行中または起動コンフィギュレーション ファイルからネットワーク サーバにコンフィギュレーション ファイルをコピーします。

次に IP アドレス 172.16.101.101 のリモートホストの netadmin1 ディレクトリに、実行中のコンフィギュレーション ファイル ap2-confg をコピーする手順を示します。

ap# copy system:running-config rcp://netadmin1@172.16.101.101/ap2-confg
Write file ap-confg on host 172.16.101.101?[confirm]
Building configuration...[OK]
Connected to 172.16.101.101
ap#
 

次にサーバの起動コンフィギュレーション ファイルを保存する手順を示します。

ap# configure terminal
ap(config)# ip rcmd remote-username netadmin2
ap(config)# end
ap# copy nvram:startup-config rcp:
Remote host[]? 172.16.101.101
Name of configuration file to write [ap2-confg]?
Write file ap2-confg on host 172.16.101.101?[confirm]
![OK]

構成情報のクリア

ここでは、構成情報をクリアする手順について説明します。

保存されたコンフィギュレーション ファイルの削除


注意 ファイルを削除した後、復元できません。

保存されたコンフィギュレーションを Flash メモリから削除するには、 delete flash: filename イネーブル EXEC コマンドを使用します。 file prompt グローバル コンフィギュレーション コマンドの設定に応じて、ファイルを削除する前に確認を要求するプロンプトが表示される場合があります。 デフォルトでは、ファイル削除操作を確認するプロンプトが、アクセス ポイントで表示されます。 file prompt コマンドについての詳細は、『 Cisco IOS Command Reference for Release 12.1 』を参照してください。

ソフトウェア イメージの操作

ここでは、システム ソフトウェア、IOS コード、無線ファームウェア、Web 管理 HTML ファイルを含むソフトウェア イメージ ファイルをアーカイブ(ダウンロードとアップロード)する手順について説明します。

アクセス ポイントのソフトウェアをアップグレードする場合は、TFTP、FTP、または RCP サーバからアクセス ポイントのイメージ ファイルをダウンロードします。 またバックアップのために、アクセス ポイントのイメージ ファイルを TFTP、FTP、または RCP サーバにアップロードします。 アップロードしたこのイメージを、将来同じアクセス ポイントまたは同じタイプの別のアクセス ポイントにダウンロードして使用できます。

使用するプロトコルは、使用しているサーバのタイプによって異なります。 FTP と RCP は TFTP に比べて、そのトランスポート メカニズムによりパフォーマンスが高速化し、データ送信が確実になります。 これらの改善は、FTP と RCP が接続指向性の Transmission Control Protocol/Internet Protocol(TCP/IP)スタック上に構築され、このスタックを使用しているためです。

ここでは次の情報を示します。

「アクセス ポイントのイメージの場所」

「サーバまたは Cisco.com の tar ファイル形式のイメージ」

「TFTP を使用したイメージ ファイルのコピー」

「FTP を使用したイメージ ファイルのコピー」

「RCP を使用したイメージ ファイルのコピー」

「Web ブラウザ インターフェイスを使用したイメージの再ロード」


) ソフトウェア イメージとサポートされるアップグレード パスのリストについては、アクセス ポイントのリリースノートを参照してください。


アクセス ポイントのイメージの場所

IOS イメージは、バージョン番号が表示されるディレクトリに保存されます。 サブディレクトリに、Web 管理用の HTML ファイルが格納されています。 イメージはシステム ボードの Flash メモリ(flash:)に保存されます。

show version イネーブル EXEC コマンドを使用すると、アクセス ポイントで現在実行中のソフトウェアのバージョンを確認できます。 画面上で、 System image file is... で始まる行をチェックします。この行に、イメージが保存された Flash メモリのディレクトリ名が示されます。

また Flash メモリに保存した他のソフトウェア イメージのディレクトリ名を確認する場合は、 dir filesystem : イネーブル EXEC コマンドを使用します。

サーバまたは Cisco.com の tar ファイル形式のイメージ

サーバ上にある、または Cisco.com からダウンロードされたソフトウェア イメージは、次のような tar ファイル形式のファイルとして表されます。

info ファイル

この情報ファイルは常に tar ファイルの先頭にあり、tar ファイル内のファイルに関する情報を収めています。

IOS イメージ

アクセス ポイントで HTTP サーバが要求する Web 管理ファイル

無線ファームウェア 5000.img ファイル

info.ver ファイル

info.ver ファイルは常に tar ファイルの最後部にあり、info ファイルと同じ情報を収めています。 これは tar ファイルの最後のファイルであるため、その存在はイメージのすべてのファイルがダウンロードされたことを意味します。


) tar ファイルには .tar 以外の拡張子が付く場合もあります。


TFTP を使用したイメージ ファイルのコピー

アクセス ポイントのイメージは、TFTP サーバとの間で、ダウンロードまたはアップロードすることができます。

アクセス ポイントのソフトウェアをアップグレードする場合は、サーバからアクセス ポイントのイメージ ファイルをダウンロードします。 現在のイメージは新しいイメージに上書きできます。

アクセス ポイントのイメージ ファイルはバックアップ用にサーバにアップロードします。アップロードされたこのイメージを将来同じアクセス ポイントまたは同じタイプの別のアクセス ポイントにダウンロードして使用することができます。

ここでは次の情報を示します。

「TFTP によるイメージのダウンロードまたはアップロードの準備」

「TFTP によるイメージ ファイルのダウンロード」

「TFTP によるイメージ ファイルのアップロード」

TFTP によるイメージのダウンロードまたはアップロードの準備

TFTP を使用してイメージ ファイルをダウンロードまたはアップロードする前に、次の作業を行います。

TFTP サーバとして機能するワークステーションが正しく設定されていることを確認します。 Sun ワークステーションの場合は、/etc/inetd.conf ファイルに次の行が指定されていることを確認します。

tftp dgram udp wait root /usr/etc/in.tftpd in.tftpd -p -s /tftpboot
 

/etc/services ファイルに次の行が指定されていることを確認します。

tftp 69/udp
 

) /etc/inetd.conf ファイルと /etc/services ファイルを修正した後、inetd デーモンを再起動する必要があります。 デーモンを再起動するには、inetd プロセスを停止してから再起動するか、fastboot コマンド(SunOS 4.x)または reboot コマンド(Solaris 2.x または SunOS 5.x)を入力します。 TFTP デーモンについての詳細は、お使いのワークステーションのマニュアルを参照してください。


アクセス ポイントに TFTP サーバへのルートが設定されていることを確認します。 ルータを使用してサブネット間のトラフィックをルーティングしていない場合は、アクセス ポイントと TFTP サーバは同じサブネットワークに存在する必要があります。 ping コマンドを使用して、TFTP サーバとの接続性をチェックします。

ダウンロードするイメージが TFTP サーバ の正しいディレクトリにあることを確認します(通常は UNIX ワークステーションの /tftpboot )。

ダウンロード操作の場合、ファイルの権限が正しく設定されていることを確認します。 ファイルの権限は world-read です。

イメージ ファイルをアップロードする前に、TFTP サーバに空のファイルを作成する必要があります。 空のファイルを作成するには、 touch filename コマンドを入力します。 filename はサーバにイメージをアップロードする場合に使用するファイルの名前です。

アップロード操作の間、サーバの既存のファイル(作成する必要があった場合は空のファイルを含む)を上書きする場合、ファイルの権限が正しく設定されていることを確認します。 ファイルの権限は world-write です。

TFTP によるイメージ ファイルのダウンロード

新しいイメージ ファイルをダウンロードし現在のイメージと置き換えたり、また現在のイメージを維持することができます。


注意 ダウンロードとアップロード アルゴリズムが正しく機能するように、イメージ ディレクトリの名前を変更しないでください。

イネーブル EXEC モードから、手順 1 ~ 3 にしたがって TFTP サーバから新しいイメージをダウンロードし、既存のイメージを上書きします。

 

コマンド
目的

ステップ 1

.

ワークステーションの適切な TFTP ディレクトリにイメージをコピーします。 TFTP サーバが正しく設定されていることを確認します。「TFTP によるイメージのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照してください。

ステップ 2

Telnet セッションを通じてアクセス ポイントにログインします。

ステップ 3

archive download-sw /overwrite /reload tftp: [[ // location ] / directory ] / image-name

TFTP サーバからアクセス ポイントにイメージ ファイルをダウンロードし、現在のイメージを上書きします。

/overwrite オプションは、Flash のソフトウェア イメージをダウンロードしたイメージで上書きします。

/reload オプションは、コンフィギュレーションが変更され、保存されていない場合を除き、イメージをダウンロードした後にシステムを再ロードします。

// location には、TFTP サーバの IP アドレスを指定します。

/directory / image-name には、ディレクトリ(任意)とダウンロードするイメージを指定します。 ディレクトリ名とイメージ名は大文字と小文字を区別します。

ステップ 4

archive download-sw /leave-old-sw /reload tftp: [[ // location ] / directory ] / image-name

TFTP サーバからアクセス ポイントにイメージ ファイルをダウンロードし、現在のイメージを維持します。

/leave-old-sw オプションは、ダウンロード後に以前のソフトウェア バージョンを維持します。

/reload オプションは、コンフィギュレーションが変更され、保存されていない場合を除き、イメージをダウンロードした後にシステムを再ロードします。

// location には、TFTP サーバの IP アドレスを指定します。

/directory / image-name には、ディレクトリ(任意)とダウンロードするイメージを指定します。 ディレクトリ名とイメージ名は大文字と小文字を区別します。


) ダウンロードの失敗を避けるために、archive download-sw /safe コマンドを使用します。このコマンドは最初にイメージをダウンロードし、ダウンロードが成功するまで現在実行中のバージョンを削除しません。


ダウンロード アルゴリズムは、アクセス ポイント モデルにイメージが適切であり、DRAM が十分残っていることを確認します。該当しない場合、このアルゴリズムによりプロセスが中断し、エラーが報告されます。 /overwrite オプションを指定した場合、ダウンロード アルゴリズムによって Flash デバイスの既存のイメージが新しいイメージと同じかどうかにかかわらず削除され、新しいイメージがダウンロードされ、ソフトウェアが再ロードされます。


) Flash デバイスに十分な空き容量がありイメージを維持できる場合、これらのイメージのいずれかを同じバージョンで上書きする場合は、/overwrite オプションを指定する必要があります。


/leave-old-sw を指定した場合、既存のファイルは削除されません。 新しいイメージをインストールし、現在実行中のイメージを維持するには容量が足りない場合、ダウンロード プロセスが停止し、エラー メッセージが表示されます。

このアルゴリズムは、ダウンロードされたイメージをシステム ボードの Flash デバイス(flash:)にインストールします。 イメージはソフトウェアのバージョン文字列の名前が付いた新しいディレクトリに置かれ、システムのブート パスが新しくインストールされたイメージを示すように更新されます。

ダウンロード プロセスの間に元のイメージを維持している場合( /leave-old-sw キーワードを指定)、 delete /force /recursive filesystem :/ file-url イネーブル EXEC コマンドを入力して、元のイメージを削除できます。 filesystem には、システム ボードの Flash デバイスの flash: を使用します。 file-url には、元のイメージのディレクトリの名前を入力します。 ディレクトリ内のすべてのファイルとディレクトリが削除されます。

TFTP によるイメージ ファイルのアップロード

イメージをアクセス ポイントから TFTP サーバにアップロードできます。 このイメージを後でアクセス ポイントまたは同じタイプの別のアクセス ポイントにダウンロードできます。


注意 ダウンロードとアップロード アルゴリズムが正しく機能するように、イメージ ディレクトリの名前を変更しないでください。

イネーブル EXEC モードから、TFTP サーバにイメージをアップロードする手順は次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

TFTP サーバが正しく設定されていることを確認します。「TFTP によるイメージのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照してください。

ステップ 2

Telnet セッションを通じてアクセス ポイントにログインします。

ステップ 3

archive upload-sw tftp: [[ // location ]
/ directory ] / image-name .tar

アクセス ポイントで現在実行中のイメージを TFTP サーバにアップロードします。

// location には、TFTP サーバの IP アドレスを指定します。

/directory / image-name .tar には、ディレクトリ(任意)とアップロードするソフトウェア イメージの名前を指定します。 ディレクトリ名とイメージ名は大文字と小文字を区別します。 image-name .tar はサーバに保存されるソフトウェア イメージの名前です。

archive upload-sw イネーブル EXEC コマンドは、IOS イメージ、HTML ファイル、info.ver ファイルをこの順序でアップロードして、サーバでイメージ ファイルを構築します。 これらのファイルがアップロードされた後、アップロード アルゴリズムによって tar ファイル形式が作成されます。

FTP を使用したイメージ ファイルのコピー

アクセス ポイントのイメージは、FTP サーバとの間で、ダウンロードまたはアップロードすることができます。

アクセス ポイントのソフトウェアをアップグレードする場合は、サーバからアクセス ポイントのイメージ ファイルをダウンロードします。 ダウンロード後は現在のイメージを新しいイメージで上書きすることも、現在のイメージを維持することもできます。

またバックアップのために、アクセス ポイントのイメージ ファイルをサーバにアップロードします。 アップロードしたこのイメージを、将来このアクセス ポイントまたは同じタイプの別のアクセス ポイントにダウンロードして使用できます。

ここでは次の情報を示します。

「FTP によるイメージのダウンロードまたはアップロードの準備」

「FTP によるイメージ ファイルのダウンロード」

「FTP によるイメージ ファイルのアップロード」

FTP によるイメージのダウンロードまたはアップロードの準備

FTP サーバとの間でイメージ ファイルをコピーできます。

FTP プロトコルを使用する場合、クライアントは FTP の各リクエストに表示されるリモート ユーザ名とパスワードをサーバに送信する必要があります。 FTP を使用してイメージ ファイルをアクセス ポイントからサーバにコピーする場合、Cisco IOS ソフトウェアは次のリストで最初に有効なユーザ名を送信します。

ユーザ名が指定されている場合、 archive download-sw または archive upload-sw イネーブル EXEC コマンドで指定されるユーザ名。

コマンドが設定されている場合、 ip ftp username username グローバル コンフィギュレーション コマンドで設定されたユーザ名。

Anonymous。

アクセス ポイントは、次のリストで最初の有効なパスワードを送信します。

パスワードが指定されている場合、 archive download-sw または archive upload-sw イネーブル EXEC コマンドで指定されるパスワード。

コマンドが設定されている場合、 ip ftp password password グローバル コンフィギュレーション コマンドで設定されたパスワード。

アクセス ポイントの形成するパスワード username@apname.domain 。 変数 username は現在のセッションに関連するユーザ名、 name は設定されているホスト名、 domain はアクセス ポイントのドメインです。

ユーザ名とパスワードは、FTP サーバのアカウントに対応している必要があります。 サーバに書き込む場合、FTP サーバが FTP による書き込みリクエストを受け付けるように正しく設定されている必要があります。

ip ftp username ip ftp password コマンドを使用して、すべてのコピーのユーザ名とパスワードを指定します。 その操作についてのみユーザ名を指定する場合、 archive download-sw または archive upload-sw イネーブル EXEC コマンドで指定されるユーザ名を指定します。

サーバがディレクトリ構造をとる場合、イメージ ファイルはサーバ上のユーザ名に関連するディレクトリに書き込まれ、またコピーされます。 たとえば、イメージ ファイルがサーバ上のユーザのホーム ディレクトリにある場合、そのユーザ名をリモート ユーザ名として指定します。

FTP を使用してイメージ ファイルをダウンロードまたはアップロードする前に、次の作業を行います。

アクセス ポイントに FTP サーバへのルートが設定されていることを確認します。 ルータを使用してサブネット間のトラフィックをルーティングしていない場合は、アクセス ポイントと FTP サーバは同じサブネットワークに存在する必要があります。 ping コマンドを使用して、FTP サーバとの接続性をチェックします。

有効なユーザ名を保有せずに Telnet セッションからアクセス ポイントにアクセスしている場合、現在の FTP ユーザ名が FTP によるダウンロードに使用する FTP ユーザ名であることを確認してください。 有効なユーザ名を表示する場合は、 show users イネーブル EXEC コマンドを入力します。 このユーザ名を使用しない場合、 ip ftp username username グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して新しい FTP ユーザ名を作成します。 この新しい名前は、すべてのアーカイブ操作の間に使用されます。 新しいユーザ名は NVRAM に保存されます。 有効なユーザ名を保有した上で Telnet セッションからアクセス ポイントにアクセスしている場合、このユーザ名が使用され、FTP ユーザ名を設定する必要がありません。 その操作についてのみユーザ名を指定する場合、 archive download-sw または archive upload-sw イネーブル EXEC コマンドのユーザ名を指定します。

コンフィギュレーション ファイルを FTP サーバにアップロードする場合、アクセス ポイントのユーザからの書き込みリクエストを受け付けるように、サーバが正しく設定されている必要があります。

詳細については、FTP サーバのマニュアルを参照してください。

FTP によるイメージ ファイルのダウンロード

新しいイメージ ファイルをダウンロードし現在のイメージを上書きしたり、また現在のイメージを維持することができます。


注意 ダウンロードとアップロード アルゴリズムが正しく機能するように、イメージ ディレクトリの名前を変更しないでください。

イネーブル EXEC モードから、手順 1 ~ 7 にしたがって FTP サーバから新しいイメージをダウンロードし、既存のイメージを上書きします。 現在のイメージを維持する場合は、手順 7 をスキップします。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「FTP によるイメージのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、FTP サーバが正しく設定されていることを確認してください。

ステップ 2

Telnet セッションを通じてアクセス ポイントにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順が必要になるのは、デフォルトのリモート ユーザ名またはパスワードを上書きする場合です(手順 4、5、6 を参照)。

ステップ 4

ip ftp username username

(任意)デフォルト リモート ユーザ名を変更します。

ステップ 5

ip ftp password password

(任意)デフォルト パスワードを変更します。

ステップ 6

end

イネーブル EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

archive download-sw /overwrite /reload ftp: [[ // username [ : password ] @ location ]
/ directory ] / image-name .tar

FTP サーバからアクセス ポイントにイメージ ファイルをダウンロードし、現在のイメージを上書きします。

/overwrite オプションは、Flash のソフトウェア イメージをダウンロードしたイメージで上書きします。

/reload オプションは、コンフィギュレーションが変更され、保存されていない場合を除き、イメージをダウンロードした後にシステムを再ロードします。

// username [ : password ] には、ユーザ名とパスワードを指定します。これらの名前は FTP サーバのアカウントに対応している必要があります。 詳細については、「FTP によるイメージのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照してください。

@ location には、FTP サーバの IP アドレスを指定します。

directory / image-name .tar には、ディレクトリ(任意)とダウンロードするイメージを指定します。 ディレクトリ名とイメージ名は大文字と小文字を区別します。

ステップ 8

archive download-sw /leave-old-sw
/reload ftp:
[[ // username [ : password ]
@ location ] / directory ] / image-name .tar

FTP サーバからアクセス ポイントにイメージ ファイルをダウンロードし、現在のイメージを維持します。

/leave-old-sw オプションは、ダウンロード後に以前のソフトウェア バージョンを維持します。

/reload オプションは、コンフィギュレーションが変更され、保存されていない場合を除き、イメージをダウンロードした後にシステムを再ロードします。

// username [ : password ] には、ユーザ名とパスワードを指定します。 ユーザ名とパスワードは、FTP サーバのアカウントに対応している必要があります。 詳細については、「FTP によるイメージのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照してください。

@ location には、FTP サーバの IP アドレスを指定します。

directory / image-name .tar には、ディレクトリ(任意)とダウンロードするイメージを指定します。 ディレクトリ名とイメージ名は大文字と小文字を区別します。


) ダウンロードの失敗を避けるために、archive download-sw /safe コマンドを使用します。このコマンドは最初にイメージをダウンロードし、ダウンロードが成功するまで現在実行中のバージョンを削除しません。


ダウンロード アルゴリズムは、アクセス ポイント モデルにイメージが適切であり、DRAM が十分残っていることを確認します。該当しない場合、このアルゴリズムによりプロセスが中断し、エラーが報告されます。 /overwrite オプションを指定した場合、ダウンロード アルゴリズムによって Flash デバイスの既存のイメージが新しいイメージと同じかどうかにかかわらず削除され、新しいイメージがダウンロードされ、ソフトウェアが再ロードされます。


) Flash デバイスに十分な空き容量がありイメージを維持できる場合、これらのイメージのいずれかを同じバージョンで上書きする場合は、/overwrite オプションを指定する必要があります。


/leave-old-sw を指定した場合、既存のファイルは削除されません。 新しいイメージをインストールし、現在実行中のイメージを維持するには容量が足りない場合、ダウンロード プロセスが停止し、エラー メッセージが表示されます。

このアルゴリズムは、ダウンロードされたイメージをシステム ボードの Flash デバイス(flash:)にインストールします。 イメージはソフトウェアのバージョン文字列の名前が付いた新しいディレクトリに置かれ、BOOT パスリストが新しくインストールされたイメージを示すように更新されます。 ブート属性を表示する場合はイネーブル EXEC モードの show boot コマンドを、ブート属性を変更する場合はグローバル コンフィギュレーションの boot コマンドを使用します。

ダウンロード プロセスの間に元のイメージを維持している場合( /leave-old-sw キーワードを指定)、 delete /force /recursive filesystem :/ file-url イネーブル EXEC コマンドを入力して、元のイメージを削除できます。 filesystem には、システム ボードの Flash デバイスの flash: を使用します。 file-url には、元のソフトウェア イメージのディレクトリの名前を入力します。 ディレクトリ内のすべてのファイルとディレクトリが削除されます。

FTP によるイメージ ファイルのアップロード

イメージをアクセス ポイントから FTP サーバにアップロードできます。 このイメージを後で同じアクセス ポイントまたは同じタイプの別のアクセス ポイントにダウンロードできます。


注意 ダウンロードとアップロード アルゴリズムが正しく機能するように、イメージ ディレクトリの名前を変更しないでください。

アップロード機能が使用できるのは、Cluster Management Suite(CMS)に対応した HTML ページが既存のページにインストールされている場合だけです。

イネーブル EXEC モードから、FTP サーバにイメージをアップロードする手順は次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、FTP サーバが正しく設定されていることを確認してください。

ステップ 2

Telnet セッションを通じてアクセス ポイントにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順が必要になるのは、デフォルトのリモート ユーザ名またはパスワードを上書きする場合です(手順 4、5、6 を参照)。

ステップ 4

ip ftp username username

(任意)デフォルト リモート ユーザ名を変更します。

ステップ 5

ip ftp password password

(任意)デフォルト パスワードを変更します。

ステップ 6

end

イネーブル EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

archive upload-sw
ftp:
[[ // [ username [ : password ] @ ]
location ] / directory ] / image-name .tar

アクセス ポイントで現在実行中のイメージを FTP サーバにアップロードします。

// username : password には、ユーザ名とパスワードを指定します。 ユーザ名とパスワードは、FTP サーバのアカウントに対応している必要があります。 詳細については、「FTP によるイメージのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照してください。

@ location には、FTP サーバの IP アドレスを指定します。

/ directory / image-name .tar には、ディレクトリ(任意)とアップロードするソフトウェア イメージの名前を指定します。 ディレクトリ名とイメージ名は大文字と小文字を区別します。 image-name .tar はサーバに保存されるソフトウェア イメージの名前です。

archive upload-sw コマンドは、IOS イメージ、HTML ファイル、info.ver ファイルをこの順序でアップロードして、サーバでイメージ ファイルを構築します。 これらのファイルがアップロードされた後、アップロード アルゴリズムによって tar ファイル形式が作成されます。

RCP を使用したイメージ ファイルのコピー

アクセス ポイントのイメージは、RCP サーバとの間で、ダウンロードまたはアップロードすることができます。

アクセス ポイントのソフトウェアをアップグレードする場合は、サーバからアクセス ポイントのイメージ ファイルをダウンロードします。 ダウンロード後は現在のイメージを新しいイメージで上書きすることも、現在のイメージを維持することもできます。

またバックアップのために、アクセス ポイントのイメージ ファイルをサーバにアップロードします。 アップロードしたこのイメージを、将来同じアクセス ポイントまたは同じタイプの別のアクセス ポイントにダウンロードして使用できます。

ここでは次の情報を示します。

「RCP によるイメージのダウンロードまたはアップロードの準備」

「RCP によるイメージ ファイルのダウンロード」

「RCP によるイメージ ファイルのアップロード」

RCP によるイメージのダウンロードまたはアップロードの準備

RCP は、リモート ホストとアクセス ポイント間でイメージ ファイルをダウンロードおよびアップロードするためのもう一つの方法を提供します。 User Datagram Protocol(UDP)を使用する TFTP と異なり、コネクションレス プロトコルである RCP は接続指向の TCP を使用します。

RCP を使用してファイルをコピーするには、ファイルのコピー元またはコピー先のサーバが RCP をサポートしている必要があります。 RCP の copy コマンドは、リモート システムの rsh サーバ(またはデーモン)に依存します。 RCP を使用してファイルをコピーする場合、TFTP を使用する場合のように、ファイル配布用にサーバを作成する必要がありません。 リモート シェル(rsh)をサポートするサーバにのみアクセスする必要があります(大半の UNIX システムは rsh をサポート)。 ファイルを別の場所にコピーするため、ソース ファイルの読み出し権限と宛先ファイルの書き込み権限を所有している必要があります。 宛先ファイルが存在しない場合、RCP により作成されます。

RCP を使用する場合、クライアントは RCP の各リクエストに指定されるリモート ユーザ名をサーバに送信する必要があります。 RCP を使用してイメージ ファイルをアクセス ポイントからサーバにコピーする場合、Cisco IOS ソフトウェアは次のリストで最初に有効なユーザ名を送信します。

ユーザ名が指定されている場合、 archive download-sw または archive upload-sw イネーブル EXEC コマンドで指定されるユーザ名。

コマンドが入力されている場合、 ip rcmd remote-usename username グローバル コンフィギュレーション コマンドで設定されたユーザ名。

現在の TTY(端末)プロセスに関連したリモート ユーザ名。 たとえば、ユーザが Telnet を通じてルータに接続し、 username コマンドで認証されている場合、アクセス ポイントのソフトウェアはリモート ユーザ名として Telnet ユーザ名を送信します。

アクセス ポイントのホスト名。

RCP によるコピー リクエストが成功するために、リモート ユーザ名のネットワーク サーバにアカウントが定義されている必要があります。 サーバがディレクトリ構造をとる場合、イメージ ファイルはサーバ上のリモート ユーザ名に関連するディレクトリに書き込まれ、またコピーされます。 たとえば、イメージ ファイルがサーバ上のユーザのホーム ディレクトリにある場合、そのユーザ名をリモート ユーザ名として指定します。

RCP を使用してイメージ ファイルをダウンロードまたはアップロードする前に、次の作業を行います。

RCP サーバとして機能するワークステーションがリモート シェル(rsh)をサポートしていることを確認します。

アクセス ポイントに RCP サーバへのルートが設定されていることを確認します。 ルータを使用してサブネット間のトラフィックをルーティングしていない場合は、アクセス ポイントとサーバは同じサブネットワークに存在する必要があります。 ping コマンドを使用して、RCP サーバとの接続性をチェックします。

有効なユーザ名を保有せずに Telnet セッションからアクセス ポイントにアクセスしている場合、現在の RCP ユーザ名が RCP によるダウンロードに使用する RCP ユーザ名であることを確認してください。 有効なユーザ名を表示する場合は、 show users イネーブル EXEC コマンドを入力します。 このユーザ名を使用しない場合、すべてのアーカイブ操作の間、 ip rcmd
remote-username
username グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して新しい RCP ユーザ名を作成します。 新しいユーザ名は NVRAM に保存されます。 有効なユーザ名を保有した上で Telnet セッションからアクセス ポイントにアクセスしている場合、このユーザ名が使用され、RCP ユーザ名を設定する必要がありません。 その操作についてのみユーザ名を指定する場合、 archive download-sw または archive upload-sw イネーブル EXEC コマンドで指定されるユーザ名を指定します。

イメージをサーバの RCP にアップロードする場合、アクセス ポイントのユーザからの RCP の書き込みリクエストを受け付けるように、サーバが正しく設定されている必要があります。 UNIX システムの場合、RCP サーバのリモート ユーザの .rhosts ファイルに、エントリを追加します。 たとえば、アクセス ポイントに次のようなコンフィギュレーション行が指定されているとします。

hostname ap1
ip rcmd remote-username User0
 

アクセス ポイントの IP アドレスが ap1.company.com に変換されると、RCP サーバの User0 の .rhosts ファイルには、次の行が指定されている必要があります。

ap1.company.com ap1
 

詳細については、RCP サーバのマニュアルを参照してください。

RCP によるイメージ ファイルのダウンロード

新しいイメージ ファイルをダウンロードし現在のイメージと置き換えたり、また現在のイメージを維持することができます。


注意 ダウンロードとアップロード アルゴリズムが正しく機能するように、イメージ ディレクトリの名前を変更しないでください。

イネーブル EXEC モードから、手順 1 ~ 6 にしたがって RCP サーバから新しいイメージをダウンロードし、既存のイメージを上書きします。 現在のイメージを維持する場合は、手順 6 をスキップします。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「RCP によるイメージのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、RCP サーバが正しく設定されていることを確認します。

ステップ 2

Telnet セッションを通じてアクセス ポイントにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順が必要になるのは、デフォルトのリモート ユーザ名を上書きする場合です(手順 4 と 5 を参照)。

ステップ 4

ip rcmd remote-username username

(任意)リモート ユーザ名を指定します。

ステップ 5

end

イネーブル EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

archive download-sw /overwrite /reload rcp: [[[ // [ username @ ] location ] / directory ] / image-name .tar ]

RCP サーバからアクセス ポイントにイメージ ファイルをダウンロードし、現在のイメージを上書きします。

/overwrite オプションは、Flash のソフトウェア イメージをダウンロードしたイメージで上書きします。

/reload オプションは、コンフィギュレーションが変更され、保存されていない場合を除き、イメージをダウンロードした後にシステムを再ロードします。

// username にはユーザ名を指定します。 RCP によるコピー リクエストが成功するために、リモート ユーザ名のネットワーク サーバにアカウントが定義されている必要があります。 詳細については、「RCP によるイメージのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照してください。

@ location には、RCP サーバの IP アドレスを指定します。

/ directory / image-name .tar には、ディレクトリ(任意)とダウンロードするイメージを指定します。 ディレクトリ名とイメージ名は大文字と小文字を区別します。

ステップ 7

archive download-sw /leave-old-sw
/reload rcp:
[[[ // [ username @ ] location ]
/ directory ] / image-name .tar ]

RCP サーバからアクセス ポイントにイメージ ファイルをダウンロードし、現在のイメージを維持します。

/leave-old-sw オプションは、ダウンロード後に以前のソフトウェア バージョンを維持します。

/reload オプションは、コンフィギュレーションが変更され、保存されていない場合を除き、イメージをダウンロードした後にシステムを再ロードします。

// username にはユーザ名を指定します。 RCP によるコピー リクエストが実行できるように、リモート ユーザ名のネットワーク サーバにアカウントが定義されている必要があります。 詳細については、「RCP によるイメージのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照してください。

@ location には、RCP サーバの IP アドレスを指定します。

/ directory ] / image-name .tar には、ディレクトリ(任意)とダウンロードするイメージを指定します。 ディレクトリ名とイメージ名は大文字と小文字を区別します。


) ダウンロードの失敗を避けるために、archive download-sw /safe コマンドを使用します。このコマンドは最初にイメージをダウンロードし、ダウンロードが成功するまで現在実行中のバージョンを削除しません。


ダウンロード アルゴリズムは、アクセス ポイント モデルにイメージが適切であり、DRAM が十分残っていることを確認します。該当しない場合、このアルゴリズムによりプロセスが中断し、エラーが報告されます。 /overwrite オプションを指定した場合、ダウンロード アルゴリズムによって Flash デバイスの既存のイメージが新しいイメージと同じかどうかにかかわらず削除され、新しいイメージがダウンロードされ、ソフトウェアが再ロードされます。


) Flash デバイスに十分な空き容量がありイメージを維持できる場合、これらのイメージのいずれかを同じバージョンで上書きする場合は、/overwrite オプションを指定する必要があります。


/leave-old-sw を指定した場合、既存のファイルは削除されません。 新しいイメージをインストールし、現在実行中のイメージを維持するには容量が足りない場合、ダウンロード プロセスが停止し、エラー メッセージが表示されます。

このアルゴリズムは、ダウンロードされたイメージをシステム ボードの Flash デバイス(flash:)にインストールします。 イメージはソフトウェアのバージョン文字列の名前が付いた新しいディレクトリに置かれ、BOOT 環境変数が新しくインストールされたイメージを示すように更新されます。

ダウンロード プロセスの間に元のイメージを維持している場合( /leave-old-sw キーワードを指定)、 delete /force /recursive filesystem :/ file-url イネーブル EXEC コマンドを入力して、元のイメージを削除できます。 filesystem には、システム ボードの Flash デバイスの flash: を使用します。 file-url には、元のソフトウェア イメージのディレクトリの名前を入力します。 ディレクトリ内のすべてのファイルとディレクトリが削除されます。

RCP によるイメージ ファイルのアップロード

イメージをアクセス ポイントから RCP サーバにアップロードできます。 このイメージを後で同じアクセス ポイントまたは同じタイプの別のアクセス ポイントにダウンロードできます。


注意 ダウンロードとアップロード アルゴリズムが正しく機能するように、イメージ ディレクトリの名前を変更しないでください。

アップロード機能が使用できるのは、Cluster Management Suite(CMS)に対応した HTML ページが既存のページにインストールされている場合だけです。

イネーブル EXEC モードから、RCP サーバにイメージをアップロードする手順は次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「RCP によるイメージのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、RCP サーバが正しく設定されていることを確認します。

ステップ 2

Telnet セッションを通じてアクセス ポイントにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

この手順が必要になるのは、デフォルトのリモート ユーザ名を上書きする場合です(手順 4 と 5 を参照)。

ステップ 4

ip rcmd remote-username username

(任意)リモート ユーザ名を指定します。

ステップ 5

end

イネーブル EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

archive upload-sw
rcp:
[[[ // [ username @ ] location ] / directory ] / image-name .tar ]

アクセス ポイントで現在実行中のイメージを RCP サーバにアップロードします。

// username には、ユーザ名を指定します。RCP によるコピー リクエストが実行できるように、リモート ユーザ名のネットワーク サーバにアカウントが定義されている必要があります。 詳細については、「RCP によるイメージのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照してください。

@ location には、RCP サーバの IP アドレスを指定します。

/ directory ] / image-name .tar には、ディレクトリ(任意)とアップロードするソフトウェア イメージの名前を指定します。 ディレクトリ名とイメージ名は大文字と小文字を区別します。

image-name .tar はサーバに保存されるソフトウェア イメージの名前です。

archive upload-sw イネーブル EXEC コマンドは、IOS イメージ、HTML ファイル、info.ver ファイルをこの順序でアップロードして、サーバでイメージ ファイルを構築します。 これらのファイルがアップロードされた後、アップロード アルゴリズムによって tar ファイル形式が作成されます。

Web ブラウザ インターフェイスを使用したイメージの再ロード

Web ブラウザ インターフェイスを使用して、アクセス ポイントのイメージ ファイルを再ロードすることもできます。 Web ブラウザ インターフェイスは、HTTP または TFTP インターフェイスを使用したイメージ ファイルのロードをサポートします。


) ブラウザを使用してイメージ ファイルを再ロードする場合、アクセス ポイントのコンフィギュレーションは変更されません。


ブラウザ HTTP インターフェイス

HTTP インターフェイスでは、PC 上のアクセス ポイントのイメージ ファイルを参照し、アクセス ポイントにそのイメージをダウンロードできます。 HTTP インターフェイスを使用する手順は次のとおりです。


ステップ 1 インターネット ブラウザを開きます。 Microsoft Internet Explorer(version 5.x 以降)または Netscape Navigator(version 4.x)を使用してください。

ステップ 2 ブラウザのアドレス行ににアクセス ポイントの IP アドレスを入力し、Enter キーを押します。[Enter Network Password]画面が表示されます。

ステップ 3 [User Name]フィールドにユーザ名を入力します。

ステップ 4 [Password]フィールドにアクセス ポイントのパスワードを入力し、Enter を押します。[Summary Status]ページが表示されます。

ステップ 5 [System Software]タブをクリックし、[Software Upgrade]をクリックします。[HTTP Upgrade]画面が表示されます。

ステップ 6 [Browse]ボタンをクリックして、PC でイメージ ファイルを探します。

ステップ 7 [Upload]ボタンをクリックします。

詳細については、[Software Upgarade]画面の[Help]アイコンをクリックしてください。


 

ブラウザ TFTP インターフェイス

TFTP インターフェイスでは、ネットワーク デバイス上の TFTP サーバを使用して、アクセス ポイントのイメージ ファイルをロードできます。 TFTP サーバを使用する手順は次のとおりです。


ステップ 1 インターネット ブラウザを開きます。 Microsoft Internet Explorer(version 5.x 以降)または Netscape Navigator(version 4.x)を使用してください。

ステップ 2 ブラウザのアドレス行ににアクセス ポイントの IP アドレスを入力し、Enter キーを押します。[Enter Network Password]画面が表示されます。

ステップ 3 [User Name]フィールドにユーザ名を入力します。

ステップ 4 [Password]フィールドにアクセス ポイントのパスワードを入力し、Enter を押します。[Summary Status]ページが表示されます。

ステップ 5 [System Software]タブをクリックし、[Software Upgrade]をクリックします。[HTTP Upgrade]画面が表示されます。

ステップ 6 [Systems Parameters]タブをクリックします。

ステップ 7 [TFTP Server]フィールドに、TFTP サーバの IP アドレスを入力します。

ステップ 8 [Upload New System Image Tar File]フィールドに、アクセス ポイントのイメージ ファイルのファイル名を入力します。 ファイルが TFTP サーバのルート ディレクトリのサブディレクトリにある場合、TFTP サーバのルート ディレクトリの相対パスとファイル名を指定します。 ファイルが TFTP ルート ディレクトリにある場合、ファイル名を入力します。

ステップ 9 [Upload]ボタンをクリックします。

詳細については、[Software Upgarade]画面の[Help]アイコンをクリックしてください。