Cisco Aironet アクセス ポイント Cisco IOS ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 12.3(4)JA
はじめに
はじめに
発行日;2013/07/19 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

はじめに

対象読者

目的

マニュアルの構成

表記法

関連資料

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

はじめに

対象読者

このガイドは、Cisco Aironet アクセス ポイントをインストールして管理するネットワーキングの専門家を対象にしています。このガイドを読むには、Cisco IOS ソフトウェアの操作経験があり、無線ローカル エリア ネットワークの概念と用語をよく知っている必要があります。

目的

このガイドには、アクセス ポイントをインストールして、設定するために必要な情報を記載してあります。また、アクセス ポイントで使用するために作成され、変更された Cisco IOS ソフトウェア コマンドを使用する手順について説明します。これらのコマンドの詳細は扱いません。これらのコマンドに関する詳細については、このリリースの『Cisco IOS Command Reference for Cisco Aironet Access Points and Bridges』を参照してください。標準の Cisco IOS ソフトウェア コマンドについては、Cisco.com ホーム ページの [Service and Support] > [Technical Documents] から入手できる Cisco IOS ソフトウェアのドキュメンテーションを参照してください。Cisco Product Documentation ホーム ページで、[Cisco IOS Software] ドロップダウン リストから [Release 12.3] を選択します。

このガイドでは、コマンドライン インターフェイス(CLI)の全機能をカバーしている Access Point Web-based Interface(APWI; アクセス ポイントの Web ベース インターフェイス)の概要についても説明します。このガイドには、APWI ウィンドウのフィールドレベルの説明、および APWI からアクセス ポイントを設定する手順については記載していません。APWI ウィンドウのすべての説明と操作手順については、アクセス ポイントのオンライン ヘルプを参照してください。オンライン ヘルプは、APWI ページの [Help] ボタンをクリックすると表示されます。

マニュアルの構成

このガイドは次の章にわかれています。

「概要」では、アクセス ポイントのソフトウェアとハードウェアの機能を挙げ、ネットワークでのアクセス ポイントの役割について説明します。

「アクセス ポイントの最初の設定」では、新しいアクセス ポイントに基本設定を行う手順について説明します。

「Web ブラウザ インターフェイスの使用方法」では、Web ブラウザ インターフェイスを使用してアクセス ポイントを設定する方法について説明します。

「コマンドライン インターフェイスの使用」では、コマンドライン インターフェイス(CLI)を使用してアクセス ポイントを設定する方法について説明します。

「アクセス ポイントの管理」では、アクセス ポイントへの不正なアクセスの防止、システムの日時の設定、システム名とプロンプトの設定など、アクセス ポイントを管理する 1 回限りの操作を実行する方法について説明します。

「無線の設定」では、無線ネットワーク内での役割、データ レート、送信電力、チャネル設定など、アクセス ポイント無線の設定方法について説明します。

「複数の SSID の設定」では、アクセス ポイントに複数の Service Set Identifier(SSID; サービス セット ID)と複数の Basic Service Set Identifier(BSSID; 基本サービス セット ID)を設定して、管理する方法について説明します。アクセス ポイントには最大 16 個の SSID と最大 8 個の BSSID を設定できます。

「ローカル認証サーバとしてのアクセス ポイントの設定」では、無線 LAN 用のローカル Remote Authentication Dial-In User Service(RADIUS)サーバとして機能するアクセス ポイントの設定方法について説明します。メインの RADIUS サーバへの WAN 接続に障害が発生した場合、アクセス ポイントはバックアップ サーバとして機能し、無線デバイスを認証します。

「暗号スイートと WEP の設定」では、認証済みキー管理に必要な暗号スイート、Wired Equivalent Privacy(WEP)、および Message Integrity Check(MIC; メッセージ完全性チェック)、Cisco Message Integrity Check(CMIC)、Temporal Key Integrity Protocol(TKIP)、Cisco Key Integrity Protocol(CKIP)、ブロードキャスト キー ローテーションなどの WEP 機能の設定方法について説明します。

「認証タイプの設定」では、アクセス ポイントに認証タイプを設定する方法について説明します。クライアント デバイスは、これらの認証方式を使用してネットワークに接続します。

「WDS、高速安全ローミング、無線管理、および Wireless Intrusion Detection Service の設定」では、WDS に参加し、クライアント デバイスのローミングで高速な再アソシエーションを可能にしたうえ、無線管理に参加させるためのアクセス ポイントの設定方法について説明します。

「RADIUS サーバと TACACS+ サーバの設定」では、Remote Authentication Dial-In User Service(RADIUS)と Terminal Access Controller Access Control System Plus(TACACS+)を有効にして設定する方法について説明します。これは、認証プロセスと許可プロセスに詳細なアカウンティング情報と柔軟な管理制御を提供します。

「VLAN の設定」では、有線 LAN で設定された VLAN と相互運用するようにアクセス ポイントを設定する方法について説明します。

「QoS の設定」では、アクセス ポイントに Quality of Service(QoS)を設定する方法について説明します。この機能を使用すると、特定のトラフィックを他のトラフィックよりも優先的に扱うことができます。

「フィルタの設定」では、Web ブラウザ インターフェイスを使用してアクセス ポイントに MAC アドレス、IP、および Ethertype のフィルタを設定して管理する方法について説明します。

「CDP の設定」では、アクセス ポイントに Cisco Discovery Protocol(CDP)を設定する方法について説明します。CDP はすべてのシスコ ネットワーク装置で稼働するデバイス検出プロトコルです。

「SNMP の設定」では、アクセス ポイントに簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)を設定する方法について説明します。

「リピータ/スタンバイ アクセス ポイントおよびワークグループ ブリッジ モードの設定」では、アクセス ポイントをホット スタンバイ ユニットまたはリピータ ユニットとして設定する方法について説明します。

「ファームウェアと設定の管理」では、フラッシュ ファイル システムの操作方法、コンフィギュレーション ファイルのコピー方法、ソフトウェア イメージのアーカイブ(アップロードとダウンロード)方法について説明します。

「システム メッセージ ロギングの設定」では、アクセス ポイントにシステム メッセージ ロギングを設定する方法について説明します。

「トラブルシューティング」では、アクセス ポイントの基本的な問題に対するトラブルシューティング手順を説明します。

付録 A「チャネルとアンテナの設定」 では、世界の規制区域でサポートされているアクセス ポイント無線チャネルおよび最大電力レベルを示します。

付録 B「プロトコル フィルタ」 では、アクセス ポイントでフィルタリングできるプロトコルのリストを示します。

付録 C「サポート対象 MIB」 では、アクセス ポイントがこのソフトウェア リリースでサポートする簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)の管理情報ベース(MIB)のリストを示します。

付録 C「エラー メッセージおよびイベント メッセージ」 では、CLI エラー メッセージおよびイベント メッセージのリストを示し、各メッセージの説明とその推奨処置を提示します。

表記法

このマニュアルでは、次の表記法を使用して説明および情報を表示しています。

コマンドの説明では、次の表記法を使用しています。

コマンドおよびキーワードは、太字で示しています。

ユーザが値を指定する引数は、イタリック体で示しています。

角カッコ([ ])の中の要素は、省略可能です。

必ずいずれか 1 つを選択しなければならない要素は、波カッコ({ })で囲み、縦棒(|)で区切って示しています。

任意で選択する要素の中で、必ずどれか 1 つを選択しなければならない要素は、角カッコと波カッコで囲み、縦棒で区切って([{ | }])示しています。

対話形式の例では、次の表記法を使用しています。

端末セッションおよびシステムの表示は、screen フォントで示しています。

ユーザが入力する情報は、太字の screen フォントで示しています。

パスワードやタブのように、出力されない文字は、山カッコ(< >)で囲んで示しています。

(注)、注意、およびワンポイントアドバイスには、次の表記法および記号を使用しています。


ヒント 問題の解決に役立つ情報です。ヒントは、トラブルシューティングの方法や実行すべきアクションを示すものではなくても、役立つ情報を提供している場合があります。


) 「注釈」です。役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。



注意 「要注意」の意味です。機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。

 


警告 「危険」の意味です。人身事故を予防するための注意事項が記述されています。機器の取り扱い作業を行うときは、電気回路の危険性に注意し、一般的な事故防止対策に留意してください。(このマニュアルに記載されている警告の翻訳を参照するには、付録の「翻訳版の安全上の警告」を参照してください)。

Waarschuwing

Dit waarschuwingssymbool betekent gevaar. U verkeert in een situatie die lichamelijk letsel kan veroorzaken. Voordat u aan enige apparatuur gaat werken, dient u zich bewust te zijn van de bij elektrische schakelingen betrokken risico's en dient u op de hoogte te zijn van standaard maatregelen om ongelukken te voorkomen. (Voor vertalingen van de waarschuwingen die in deze publicatie verschijnen, kunt u het aanhangsel "Translated Safety Warnings" (Vertalingen van veiligheidsvoorschriften) raadplegen.)

Varoitus

Tämä varoitusmerkki merkitsee vaaraa. Olet tilanteessa, joka voi johtaa ruumiinvammaan. Ennen kuin työskentelet minkään laitteiston parissa, ota selvää sähkökytkentöihin liittyvistä vaaroista ja tavanomaisista onnettomuuksien ehkäisykeinoista. (Tässä julkaisussa esiintyvien varoitusten käännökset löydät liitteestä "Translated Safety Warnings" (käännetyt turvallisuutta koskevat varoitukset).)

Attention

Ce symbole d'avertissement indique un danger. Vous vous trouvez dans une situation pouvant entraîner des blessures. Avant d'accéder à cet équipement, soyez conscient des dangers posés par les circuits électriques et familiarisez-vous avec les procédures courantes de prévention des accidents. Pour obtenir les traductions des mises en garde figurant dans cette publication, veuillez consulter l'annexe intitulée « Translated Safety Warnings » (Traduction des avis de sécurité).

Warnung

Dieses Warnsymbol bedeutet Gefahr. Sie befinden sich in einer Situation, die zu einer Körperverletzung führen könnte. Bevor Sie mit der Arbeit an irgendeinem Gerät beginnen, seien Sie sich der mit elektrischen Stromkreisen verbundenen Gefahren und der Standardpraktiken zur Vermeidung von Unfällen bewußt. (Übersetzungen der in dieser Veröffentlichung enthaltenen Warnhinweise finden Sie im Anhang mit dem Titel "Translated Safety Warnings" (Übersetzung der Warnhinweise).)

Avvertenza

Questo simbolo di avvertenza indica un pericolo. Si è in una situazione che può causare infortuni. Prima di lavorare su qualsiasi apparecchiatura, occorre conoscere i pericoli relativi ai circuiti elettrici ed essere al corrente delle pratiche standard per la prevenzione di incidenti. La traduzione delle avvertenze riportate in questa pubblicazione si trova nell'appendice, "Translated Safety Warnings" (Traduzione delle avvertenze di sicurezza).

Advarsel

Dette varselsymbolet betyr fare. Du befinner deg i en situasjon som kan føre til personskade. Før du utfører arbeid på utstyr, må du være oppmerksom på de faremomentene som elektriske kretser innebærer, samt gjøre deg kjent med vanlig praksis når det gjelder å unngå ulykker. (Hvis du vil se oversettelser av de advarslene som finnes i denne publikasjonen, kan du se i vedlegget "Translated Safety Warnings" [Oversatte sikkerhetsadvarsler].)

Aviso

Este símbolo de aviso indica perigo. Encontra-se numa situação que lhe poderá causar danos fisicos. Antes de começar a trabalhar com qualquer equipamento, familiarize-se com os perigos relacionados com circuitos eléctricos, e com quaisquer práticas comuns que possam prevenir possíveis acidentes. (Para ver as traduções dos avisos que constam desta publicação, consulte o apêndice "Translated Safety Warnings" - "Traduções dos Avisos de Segurança").

¡Advertencia!

Este símbolo de aviso significa peligro. Existe riesgo para su integridad física. Antes de manipular cualquier equipo, considerar los riesgos que entraña la corriente eléctrica y familiarizarse con los procedimientos estándar de prevención de accidentes. (Para ver traducciones de las advertencias que aparecen en esta publicación, consultar el apéndice titulado "Translated Safety Warnings.")

Varning!

Denna varningssymbol signalerar fara. Du befinner dig i en situation som kan leda till personskada. Innan du utför arbete på någon utrustning måste du vara medveten om farorna med elkretsar och känna till vanligt förfarande för att förebygga skador. (Se förklaringar av de varningar som förekommer i denna publikation i appendix "Translated Safety Warnings" [Översatta säkerhetsvarningar].)

関連資料

アクセス ポイントの詳細情報は次のマニュアルに記載されています。

『Quick Start Guide: Cisco Aironet 350 Series Access Points』

『Quick Start Guide: Cisco Aironet 1100 Series Access Points』

『Quick Start Guide: Cisco Aironet 1200 Series Access Points』

『Cisco IOS Command Reference for Cisco Aironet Access Points and Bridges』

『Installation Instructions for Cisco Aironet Power Injectors』

『Cisco Aironet 802.11g Radio Upgrade Instructions』

『Release Notes for 350, 1100, and 1200 Series Access Points for Cisco IOS Release 12.2(13)JA』

シスコのサポートおよびマニュアルのページを参照するには、次のリンクをクリックしてください。

http://www.cisco.com/cisco/web/support/index.html

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。 http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧が示される『 What's New in Cisco Product Documentation 』は、RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツをデスクトップに直接配信するように設定することもできます。RSS フィードは無料のサービスです。