Cisco Aironet アクセス ポイント Cisco IOS ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 12.3(4)JA
チャネルとアンテナの設定
チャネルとアンテナの設定
発行日;2013/07/19 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

チャネルとアンテナの設定

チャネル

IEEE 802.11b(2.4 GHz 帯域)

IEEE 802.11g(2.4 GHz 帯域)

IEEE 802.11a(5 GHz 帯域)

最大電力レベルおよびアンテナ ゲイン

IEEE 802.11b(2.4 GHz 帯域)

IEEE 802.11g(2.4 GHz 帯域)

IEEE 802.11a(5 GHz 帯域)

チャネルとアンテナの設定

この付録では、世界の規制区域でサポートされているアクセス ポイント無線チャネルおよび最大電力レベルを示します。

ここでは、次の内容について説明します。

「チャネル」

「最大電力レベルおよびアンテナ ゲイン」

チャネル

IEEE 802.11b(2.4 GHz 帯域)

表 A-1 に、IEEE 802.11b 22 MHz 幅チャネルのチャネル ID、チャネル中心周波数、および規制区域を示します。

 

表 A-1 IEEE 802.11b のチャネル

チャネル ID
中心周波数(MHz)
規制ドメイン
南・北・中央アメリカ(-A)
EMEA
(-E)
日本
(-J)
イスラエル
(-I)
中国
(-C)

1

2412

-

2

2417

-

3

2422

-

4

2427

-

5

2432

6

2437

7

2442

8

2447

9

2452

-

10

2457

-

11

2462

-

12

2467

-

-

-

13

2472

-

-

-

14

2484

-

-

-

-


) メキシコは南・北・中央アメリカ(-A)の規制区域に含まれていますが、チャネル 1 ~ 8 は室内利用専用であり、チャネル 9 ~ 11 は室内および屋外で使用可能です。ユーザ側の責任において、メキシコの適合規格に合わせてチャネルを設定してください。


IEEE 802.11g(2.4 GHz 帯域)

表 A-2 に、IEEE 802.11g 22 MHz 幅チャネルのチャネル ID、チャネル中心周波数、および規制区域を示します。

 

表 A-2 IEEE 802.11g のチャネル

チャネル ID
中心周波数(MHz)
規制ドメイン
南・北・中央アメリカ(-A)
EMEA(-E)
イスラエル(-I)
日本(-J)
CCK
OFDM
CCK
OFDM
CCK
OFDM
CCK
OFDM

1

2412

-

-

2

2417

-

-

3

2422

-

-

4

2427

-

-

5

2432

6

2437

7

2442

8

2447

9

2452

-

-

10

2457

-

-

11

2462

-

-

12

2467

-

-

-

-

13

2472

-

-

-

-

14

2484

-

-

-

-

-

-

-

IEEE 802.11a(5 GHz 帯域)

表 A-3 に、IEEE 802.11a 20 MHz 幅チャネルのチャネル ID、チャネル中心周波数、および規制区域を示します。

 

表 A-3 5 GHz 無線帯域

チャネル ID
中心周波数
(MHz)
規制ドメイン
北米(-A)
台湾(-T)
ETSI
シンガポール(-S)
日本(-J)

34

5170

-

-

-

-

36

5180

-

-

38

5190

-

-

-

-

40

5200

-

-

42

5210

-

-

-

-

44

5220

-

-

46

5230

-

-

-

-

48

5240

-

-

52

5260

-

-

56

5280

-

-

60

5300

-

-

64

5320

-

-

100

5500

-

-

-

-

104

5520

-

-

-

-

108

5540

-

-

-

-

112

5560

-

-

-

-

116

5580

-

-

-

-

120

5600

-

-

-

-

124

5620

-

-

-

-

128

5640

-

-

-

-

132

5660

-

-

-

-

136

5680

-

-

-

-

140

5700

-

-

-

-

149

5745

-

-

-

-

-

153

5765

-

-

-

-

-

157

5785

-

-

-

-

-

161

5805

-

-

-

-

-


) 南・北・中央アメリカ(-A)を除き、すべてのチャネル セットは室内での使用に限定されています。米国では、チャネル 52 ~ 64 が室内および屋外で使用可能です。


最大電力レベルおよびアンテナ ゲイン

IEEE 802.11b(2.4 GHz 帯域)

電力レベルとアンテナ ゲインの組み合わせが適切でない場合、規制区域ごとに許可されている等価等方放射電力(EIRP)量を上回る可能性があります。 表 A-4 に、IEEE 802.11b の各規制区域で許可されている最大電力レベルおよびアンテナ ゲインを示します。

 

表 A-4 IEEE 802.11b におけるアンテナ ゲイン別最大電力レベル

規制区域
アンテナ ゲイン(dBi)
最大電力レベル(mW)

南・北・中央アメリカ(-A)
(最大 4W EIRP)

2.2

100

5.2

100

6

100

8.5

100

12

100

13.5

100

EMEA(-E)
(最大 100 mW EIRP)

2.2

50

5.2

30

6

30

8.5

5

12

5

13.5

5

日本(-J)
(最大 10 mW/MHz EIRP)

2.2

30

5.2

30

6

30

8.5

n/a

12

n/a

13.5

5

イスラエル(-I)
(最大 100 mW EIRP)

2.2

50

5.2

30

6

30

8.5

5

12

5

13.5

5

IEEE 802.11g(2.4 GHz 帯域)

電力レベルとアンテナ ゲインの組み合わせが適切でない場合、規制区域ごとに許可されている等価等方放射電力(EIRP)量を上回る可能性があります。 表 A-5 に、IEEE 802.11g の各規制区域で許可されている最大電力レベルおよびアンテナ ゲインを示します。

 

表 A-5 IEEE 802.11g におけるアンテナ ゲイン別最大電力レベル

規制区域
アンテナ ゲイン(dBi)
最大電力レベル(mW)
CCK
OFDM

南・北・中央アメリカ(-A)
(最大 4W EIRP)

2.2

100

30

5.2

100

30

6

100

30

8.5

100

30

10

100

30

EMEA(-E)
(最大 100 mW EIRP)

2.2

50

30

5.2

30

10

6

30

10

8.5

10

5

10

10

5

日本(-J)
(最大 10 mW/MHz EIRP)

2.2

30

30

5.2

30

30

6

30

30

8.5

n/a

n/a

10

n/a

n/a

イスラエル(-I)
(最大 100 mW EIRP)

2.2

50

30

5.2

30

10

6

30

10

8.5

10

5

10

10

5

IEEE 802.11a(5 GHz 帯域)

電力レベルとアンテナ ゲインの組み合わせが適切でない場合、規制区域ごとに許可されている等価等方放射電力(EIRP)量を上回る可能性があります。 表 A-6 に、IEEE 802.11a の各規制区域でシスコ統合アンテナに許可されている最大電力レベルを示します。

表 A-6 IEEE 802.11a におけるアンテナ ゲイン別最大電力レベル

規制区域
最大電力レベル(mW)
アンテナ ゲイン(6-dBi)

南・北・中央アメリカ(-A)
(チャネル 36 ~ 48 で最大 160 mW EIRP)
(チャネル 52 ~ 64 で最大 800 mW EIRP)

40

日本(-J)
(最大 10 mW/MHz EIRP)

40

シンガポール(-S)

(最大 100 mW EIRP)

20

台湾(-T)
(最大 800 mW EIRP)

40