Cisco Aironet 1100 シリーズ アクセス ポイント ハードウェア インストレーション ガイド
アクセス ポイントの仕様
アクセス ポイントの仕様
発行日;2012/01/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

アクセス ポイントの仕様

アクセス ポイントの仕様

この付録では、Cisco Aironet 1100 シリーズ アクセス ポイントの技術仕様を説明します。 表 B-1 にアクセス ポイントの技術仕様を示します。

 

表 B-1 アクセス ポイントの仕様

カテゴリ
仕様
物理的仕様

サイズ

幅 10.41 cm. × 奥行 3.81 cm. × 高さ 20.57 cm.
幅 10.4 cm × 奥行 3.8 cm × 高さ 20.6 cm

ステータス表示

トップ パネル上の 3 つのインジケータ:
イーサネット トラフィック
ステータス
無線トラフィック

コネクタ

エンド パネル(左から右): 10/100 BASE-T イーサネット接続用 RJ-45 コネクタ。電源コネクタ(AC 電源モジュールのプラグ用)

入力電圧

名目電圧: 48 VDC 動作時の最大電圧: 60VDC 60VDC を超える電圧で使用すると、装置が破損する可能性があります。

入力電流

150 mA

動作
温度

0 ~ 40 o C(アクセス ポイントの場合)
0 ~ 40 o C(パワー インジェクタを使用する場合)

保管
温度

-40 ~ 85 o C(アクセス ポイントの場合)

重量

297g(2.4GHz 無線を含む)

無線
2.4GHz 無線

消費電力

100、50、30、20、5、1 mW
(アクセス ポイントが設置されている地域の規制により異なる)

周波数

2.400 ~ 2.497GHz
(アクセス ポイントが設置されている地域の規制により異なる)

通信範囲

屋内:
45 m(11Mbps)
122 m(1Mbps)

屋外:
244 m(11Mbps)
610 m(1Mbps)

変調

DSSS(ダイレクト シーケンス スペクトラム拡散方式)

データ レート

1、2、5.5、および 11Mbps

アンテナ

2.2 dBi ダイポール アンテナ 2 基を内蔵したダイバーシティ システム

規格

許可が不要な FCC 規定 Part 15 に基づいて動作し、クラス B のコンピューティング デバイスに準拠。 DOC 規定にも準拠しています。 EN 300.328、FCC パート 15.107 と 15.109 クラス B、ICES-003 クラス B(カナダ)、EN 55022 クラス B、AS/NZS 3548 クラス B、VCCI クラス B、EN 301.489-1 および -17、UL 60950、CSA 22.2 No. 60950、EN 60950、IEC 60950、VCCI、FCC パート 15.247、RSS-210、RSS-139-1、UL 2043、その他の規定に準拠しています(付録 B を参照)。

1100 シリーズ アクセス ポイントは、耐火性が高く、発煙性が少ないという特性を備えています。そのため、吊り天井の上など、建物の空間で動作するのに適し、National Electrical Code(NEC)の300-22(c)項、Canadian Electrical Code、Part 1、C22.1 の 2-128、12-010(3)、および 12-100 の各項目に準拠しています。


注意 Cisco Aironet 1100 シリーズ パワー インジェクタとユニバーサル電源は UL 2043 の試験を行っていないため、建物の空間(吊り天井の上など)には設置しないでください。