Cisco Video/TelePresence アーキテクチャ デザイン ガイド
索引
Index
発行日;2012/06/17 | 英語版ドキュメント(2012/03/30 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

Index

数字

16CIF 3-8

4CIF 3-8

A

ACL 9-3, 9-8

Advanced Encryption Standard(AES) 9-5

AES 9-5

ASA 9-8

Auxiliary VLAN 9-3

B

B2B 4-7

B2B ビデオ導入モデル 7-3

BFCP 7-15, 8-9

Binary Floor Control Protocol(BFCP) 7-15, 8-9

Business-to-Business(B2B) 4-7

Business-to-Business(B2B)ビデオ導入モデル 7-3

B フレーム 3-6

C

CA 9-6

CAPF 9-6

CBWFQ 5-2

CDP 2-9, 5-2

Certificate Authority Proxy Function(CAPF) 9-6

CIF 3-7, 3-8

Cisco Certificate Authority Proxy Function(CAPF) 9-6

Cisco Discovery Protocol(CDP) 2-9, 5-2

Cisco Integrated Services Router(ISR) 8-9

Cisco Media Experience Engine(MXE) 8-4, 8-8

Cisco SAFE Blueprint 9-1

Cisco Technical Assistance Center (TAC) vii

Cisco TelePresence Conductor 2-4

Cisco TelePresence Server 8-4

Cisco TelePresence System(CTS) 9-7

Cisco TelePresence Video Communication Server(VCS) 3-8

Cisco Unified Border Element 2-7

Cisco Unified Communications Manager Session Management Edition(SME) 7-5

Cisco Unified Communications Manager(Unified CM) 3-8, 5-2, 8-2

Cisco Unified Communications Sizing Tool(Unified CST) 8-9

Cisco 高密度パケット音声ビデオ デジタル シグナル プロセッサ モジュール(PVDM3) 8-9

Cisco 適応型セキュリティ アプライアンス(ASA) 9-8

ClearPath 3-15

Common Intermediate Format(CIF) 3-7

CSR 9-6

CTL 9-7

CTRS 2-5

CTS 9-7

D

Datagram Transport Layer Security(DTLS) 9-5

DCT 3-3

DHCP 9-2

DID 6-2

DiffServ 5-1

DiffServ コード ポイント(DSCP) 5-2

Display Channel Table(DCT) 3-3

DMZ 9-10

DNS 6-1, 9-2

DNS サービス(SRV) 6-2, 7-9

DSCP 5-2

DSP 8-9

DTLS 9-5

E

E.164 6-1

Electronic Numbering(ENUM) 6-1

ENUM 6-1

etoken 9-7

Expressway 2-6, 2-7, 9-10

F

FEC 3-15

FECC 4-2, 4-4, 8-4

FIFO 5-2

G

GDR 3-3, 3-5

Gradual Decoder Refresh(GDR) 3-3, 3-5

H

H.323 4-3

H.323 スタンドアロン ビデオ ネットワーク 7-19

HD 8-9

HMAC-SHA1 9-5

HTTPS 9-2, 9-4

Hyper-Text Transfer Protocol Secure(HTTPS) 9-2, 9-4

I

IDR 3-5

IEC 3-3

IETF 4-5, 9-5

IME 2-7

Instant Decoder Refresh(IDR) 3-5

Integrated Services Digital Network(ISDN) 3-8

Intercompany Media Engine(IME) 2-7

IP precedence 5-1

IPSec 4-4

IPSec(Internet Protocol Security) 4-4

IP-to-IP ゲートウェイ 2-7

IPv4 4-8

IPv6 4-1, 4-8

IP バージョン 4(IPv4) 4-8

IP バージョン 6(IPv6) 4-1, 4-8

IP ビデオ テレフォニー 3-9

ISDN 3-8

ISDN ゲートウェイ 2-7

ISO 3-3

ISR 8-9

ITU 3-3, 4-3

ITU-T 3-3, 4-3

I フレーム 3-5

L

LDAP 6-3

Lightweight Directory Access Protocol(LDAP) 6-3

Long Term Reference Picture 3-3, 3-5, 3-15

LSC 9-6

LTRP 3-3, 3-5, 3-15

M

MCU 2-1, 3-13, 8-1, 8-4

Media Experience Engine(MXE) 8-4, 8-8

Media Services Engine(MSE) 2-5

MIC 9-6

Movi 1-3, 2-6

Moving Picture Experts Group(MPEG) 3-3

MPEG 3-3

MPLS 3-9

MSE 2-5

MSI 2-8

MXE 8-4, 8-8

N

NAT 2-6, 4-7

NAT-T 4-7

Network Address Translation(NAT) 2-6, 4-7

NTP 9-2

O

OBTP 2-8, 8-9

One Button To Push(OBTP) 2-8, 8-9

P

PKCS #10 証明書署名要求(CSR) 9-6

PKI 9-6

PQ 5-2

precedence 5-1

Prime Collaboration Manager 2-8

PSTN アクセス 6-3

PVDM3 8-9

P フレーム 3-6

Q

QCIF 3-7, 3-8

QoS 2-9, 5-1, 7-14, 9-3, 9-8

Quality of Service(QoS) 2-9, 5-1, 7-14, 9-3, 9-8

Quarter Common Intermediate Format(QCIF) 3-7

R

Request For Comments(RFC) 4-5

RFC 4-5

RFC 3711 9-5

RFC 4347 9-5

RFC 5246 9-5

RSVP 5-3

RSVP エージェント 5-3

RTP 9-5

S

SAFE Blueprint 9-1

SCCP 4-1

SD 8-9

Secure Real-time Transport Control Protocol(SRTCP) 9-5

Secure Real-Time Transport Protocol(SRTP) 4-3, 9-5, 9-7

Session Initiation Protocol(SIP) 2-6, 4-5, 9-2

Session Management Edition(SME) 7-5

SIP 2-6, 4-5, 9-2

SIP スタンドアロン ビデオ ネットワーク 7-20

Skinny Client Control Protocol(SCCP) 4-1

SME 7-5

SRTCP 9-5

SRTP 4-3, 9-5, 9-7

SSH 9-2, 9-4

SSL 9-5

T

TAC vii

TCP 4-1

TCS 2-5

Technical Assistance Center (TAC) vii

telepresence 1-1, 2-1, 3-11

TelePresence Conductor 2-4

TelePresence Content Server(TCS) 2-5

TelePresence Management Suite(TMS) 2-8, 8-2

TelePresence Manager 2-8

TelePresence Recording Server 2-5

TLS 4-3, 9-5

TMS 2-8, 8-2

ToS 5-1

Traversal Using Relay NAT(TURN) 2-7

TURN 2-7

U

UAC 4-5

UAS 4-5

UDP 3-9, 4-3, 9-5, 9-8

Unicode Transformation Format(UTF) 4-7

Unified Border Element 2-7

Unified CM 3-8, 5-2, 8-2

Unified Communications Manager Session Management Edition(SME) 7-5

Unified Communications Manager(Unified CM) 3-8, 8-2

Unified Communications Sizing Tool(Unified CST) 8-9

Unified CST 8-9

Uniform Resource Identifier(URI) 4-1, 6-1

URI 4-1, 6-1

URI ベースのダイヤル プラン 6-3

USB 9-7

UTF 4-7

V

VCS 2-6, 3-8, 4-8, 5-2, 8-2, 9-7

VCS Control 2-6, 9-10

VCS Expressway 2-6, 2-7, 9-10

Video Communication Server Expressway(VCS Expressway) 9-10

Video Communication Server(VCS) 2-6, 3-8, 4-8, 5-2, 8-2, 9-7

VLAN 2-9, 9-3

VLC 3-3

Voice over IP(VoIP) 6-1

VoIP 6-1

W

WebEx OneTouch 統合 8-9

WFQ 5-2

X

X.509 v3 証明書 9-6

アーキテクチャ 1-1, 2-2

アクセス コントロール リスト(ACL) 9-3, 9-8

アクティブ プレゼンス 8-8, 8-9

圧縮 3-1, 3-3

アドホック会議 8-2

アドミッション制御 5-1, 5-3

暗号化 9-4, 9-7

イマーシブ ビデオ会議 3-11

インターネット技術特別調査委員会(IETF) 4-5, 9-5

インターレース ビデオ 3-7

イントラフレーム圧縮 3-2

インフラストラクチャ コンポーネント 1-4, 2-1

遠端カメラ制御(FECC) 4-2, 4-4, 8-4

エンドポイント 1-3, 2-3, 2-6, 7-9, 8-8, 9-7

エンドポイントのネイティブ サポート 9-7

重み付け均等化キューイング(WFQ) 5-2

会議

アドホック 8-2

イマーシブ ビデオ 3-11

インフラストラクチャ 8-2

エンドポイント 8-8

概要 8-1

キャパシティ プランニング 8-9

種類 8-2

スケジュール済み 8-2

デスクトップから 3-10

ハードウェア プラットフォーム 2-4

マルチポイント デバイス 8-3

解像度 3-7

ガイドライン

エンドポイントの選択 7-9

コール処理 7-8

概要 1-1

拡張性 7-16

拡張メディア ゲートウェイ 2-7

確認転送 5-1

カスタマー サポート vii

仮想チャネル リンク(VLC) 3-3

仮想ローカル エリア ネットワーク(VLAN) 2-9

管理パスワード 9-4

関連マニュアル vii

企業間ビデオ導入モデル 7-3

企業内ビデオ トポロジ 7-3

キャパシティの計算 7-16

キャパシティ プランニング 8-9

キャンパス内ビデオ トポロジ 7-2

キューイング 5-2

緊急転送 5-1

組み込みビデオ リソース 7-10

クラウドホスト型ビデオ ソリューション 3-12

クラスタ型コール処理 7-5

クラスによる制限 6-4

クラスベースの重み付け均等化キューイング(CBWFQ) 5-2

ゲートウェイ 2-7

ゲートキーパー 4-3

公開キー インフラストラクチャ(PKI) 9-6

高解像度(HD) 8-9

高密度パケット音声ビデオ デジタル シグナル プロセッサ モジュール(PVDM3) 8-9

コーダ/デコーダ 3-3

コーデック 3-3

コール アドミッション制御 5-1, 5-3

コール解決 6-3

コール カウント 5-3

コール処理

クラスタ型 7-5

集約型 7-5

選択のガイドライン 7-8

単一サイト 7-4

複数サイト 7-5

ホスト型 7-7

コール処理エージェント 8-2

コール制御 2-6

コール制御プロトコル 4-1

コールのカウント 5-3

コールの品質 5-3

コール ブロッキング 6-4

国際電気通信連合(ITU) 3-3, 4-3

国際電気通信連合電気通信標準化部門(ITU-T) 3-3, 4-3

国際電気標準会議(IEC) 3-3

国際標準化機構(ISO) 3-3

このマニュアルの表記法 viii

このマニュアルのフィードバック vii

個別の VLAN 9-3

コラボレーティブ会議 8-1

コンテンツ共有 7-15, 8-9

コンテンツの共有 7-15

コンプレッサ/デコンプレッサ 3-3

サービス クラス 2-3, 6-4

サービス統合型ルータ(ISR) 8-9

差別化サービス(DiffServ) 5-1

サポート、入手方法 vii

シグナリング 9-4

システム アーキテクチャ 1-1

ジッター 5-1

自動コラボレート 8-9

ジャバー 1-3, 2-6

集中型のビデオ リソース割り当て 7-10

集約型コール処理 7-5

証明書署名要求(CSR) 9-6

証明書信頼リスト(CTL) 9-7

信頼境界 5-2

信頼性 7-16

スイッチング 2-4, 8-4

スイッチングおよびトランスコーディングに使用するプラットフォーム 2-4

スケジュール済み会議 8-2

スタンドアロン ビデオ ネットワーク 7-19

ストリーミング 2-5

製造元でインストールされる証明書(MIC) 9-6

セキュア シェル(SSH) 9-2, 9-4

セキュア ソケット レイヤ(SSL) 9-5

セキュリティ 4-3, 7-16, 9-1

セキュリティ レベル 9-8

設定ファイル 9-7

前方誤り訂正(FEC) 3-15

相互運用性 3-12

ソケット 9-8

帯域幅

使用状況 5-3, 7-16

帯域幅の使用量の計算 7-16

帯域幅の使用量の計算式 7-16

対称型ポート ナンバリング 9-8

ダイナミック ビット レート調整 3-15

ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP) 9-2

タイプ オブ サービス(ToS) 5-1

ダイヤル イン(DID) 6-2

ダイヤル プラン 6-1

単一サイト コール処理 7-4

遅延 5-1

着信番号の変換 6-4

中央集中型の導入 8-5

追加情報 vii

データリンク層 2-9

適応型セキュリティ アプライアンス(ASA) 9-8

テクニカル サポート vii

デジタル シグナル プロセッサ(DSP) 8-9

デジタル証明書 9-6

デスクトップ ビデオ会議 3-10

デバイス

アクセス 9-4

セキュリティ 9-3, 9-7

テレプレゼンス相互運用プロトコル(TIP) 3-14, 8-4, 8-8, 8-9

伝送制御プロトコル(TCP) 4-1

導入モデル

中央集中型 8-5

ビデオ ネットワーク 7-1

分散型 8-6

マルチポイント テクノロジー 8-5

ドメイン ネーム システム(DNS) 6-1, 9-2

トラフィック

シェーピングおよびポリシング 5-2

ネットワーク上 5-1

分類 7-14

トラフィックの分類 7-14

トランスコーディング 2-4, 8-4

トランスポート層セキュリティ(TLS) 4-3, 9-5

ドロップ済みパケット 5-1

認証局(CA) 9-6

ネットワーク アドレス変換トラバーサル(NAT-T) 4-7

ネットワーク管理 2-8

ネットワーク帯域幅のオーバーサブスクリプション 2-9

ネットワーク タイム プロトコル(NTP) 9-2

ネットワーク トラフィック 5-1

ネットワークのセキュリティ強化 9-1

ネットワーク インフラストラクチャ 2-1, 2-9

パイプ 5-3

バグ、報告 vii

パケット

キューイング 5-2

損失 5-1

はじめに vii

パスワード 9-4

発信サービスに対する制限 6-4

発信者情報の操作 6-4

パフォーマンス 7-16

番号ベースのダイヤル プラン 6-2

番号変換 6-4

ビット レート調整 3-15

ビデオ

ISDN 経由 3-8

アーキテクチャ 2-2

圧縮 3-1

インフラストラクチャ コンポーネント 1-4, 2-1

エンドポイント 1-3, 2-3, 2-6

会議 3-10, 3-11, 8-1

解像度 3-7

概要 1-1

クラウドホスト型ソリューション 3-12

サービス クラス 2-3

サービスとしてのビデオ 7-7

スタンドアロン ネットワーク 7-19

ストリーミング 2-5

製品 2-1

ソリューションの歴史 3-8

テレフォニー 3-9

ネットワーク管理 2-8

配信の最適化 7-14

フレーム 3-1, 3-4

リソース割り当て 7-10

録画 2-5

ビデオ ソリューションの変遷 3-8

ビデオ対応ネットワークの構築 7-14

ビデオ ネットワークの管理 2-8

ビデオ ネットワークのトポロジ 7-1

ビデオ配信の最適化 7-14

ビデオ リソースの割り当て 7-10

非武装地帯(DMZ) 9-10

表記法 viii

標準解像度(SD) 8-9

ヒント 3-14, 8-4, 8-8, 8-9

ファーストイン ファーストアウト(FIFO) 5-2

ファイアウォール 9-8, 9-10

複数サイト コール処理 7-5

プライオリティ キューイング(PQ) 5-2

フレーム 3-1, 3-4

フレーム間圧縮 3-2

プレゼンス 8-8, 8-9

プログレッシブ スキャン 3-7

ブロックされたコール 6-4

プロトコル

BFCP 7-15, 8-9

CDP 2-9

DHCP 9-2

DTLS 9-5

H.323 4-3, 9-2

HTTPS 9-2, 9-4

IPv4 4-8

IPv6 4-8

LDAP 6-3

NTP 9-2

RTP 9-5

SCCP 4-1

SIP 2-6, 4-5, 9-2

SRTCP 9-5

SRTP 4-3, 9-5, 9-7

TCP 4-1

TIP 3-14, 8-4, 8-8, 8-9

TLS 4-3, 9-5

UDP 3-9, 4-3, 9-5, 9-8

概要 4-1

コール制御 4-1

分散型の導入 8-6

分散型のビデオ リソース割り当て 7-13

変更履歴 vii

ポート 9-8

ホスト型コール処理 7-7

マニュアル

関連 vii

関連資料 1-6

入手 vii

フィードバック vii

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS) 3-9

マルチポイント コントロール ユニット(MCU) 2-1, 3-13, 8-1, 8-4

マルチポイント ソリューション

エンドポイント 8-8

選択基準 8-8

導入のガイドライン 8-5

マルチポイント デバイス 8-3, 8-8

メディア 9-4

メディア サービス インターフェイス(MSI) 2-8

メディアの暗号化 9-7

問題、報告 vii

ユーザ エージェント クライアント(UAC) 4-5

ユーザ エージェント サーバ(UAS) 4-5

ユーザ データグラム プロトコル(UDP) 3-9, 4-3, 9-5, 9-8

ユニバーサル シリアル バス(USB) 9-7

ユニファイド コミュニケーション 1-1, 2-1

用語集 1-1

リアルタイム転送プロトコル(RTP) 9-5

リージョン 5-3

リソース予約プロトコル(RSVP) 5-3

リップシンク 5-2

履歴

改訂 vii

本マニュアル vii

リンク 5-3

歴史

ビデオ ソリューション 3-8

連続表示 8-9

ローカルで有効な証明書(LSC) 9-6

録画 2-5

ロケーション 5-3

ロスレス圧縮 3-2

ロッシー圧縮 3-2