Cisco UCS Director REST 開発者ガイド、リリース 5.2
Java API の概要
Java API の概要

Java API の概要

この章は、次の内容で構成されています。

Java API の例

Cisco UCS Director Java API コードの自動生成

Cisco UCS Director は、Cisco UCS Director REST API のほとんどの機能を提供する Java API を提供します。 ソース コードとコンパイルされたクラスは Cisco UCS Director SDK の一部であり、Javadoc を含みます。

SDK で提供されるサンプルを実行するには、ExampleClient.sh または ExampleClient.bat を使用します。

REST API ブラウザで使用可能な Java API コードを生成することができます。 コードは Cisco UCS Director の実装に基づいてパラメータを統合します。API の操作実行にこのコードをすぐに使用することができます。 詳細については、REST API ブラウザの使用を参照してください。

Java の例:userAPIGetMyLoginProfile

次のサンプルは Java Client によって使用されるコードのスニペットを示します。

ExampleClient.bat SERVER KEY userAPIGetMyLoginProfile

{
   userId: "exampleUser",
   firstName: "John",
   lastName: "Doe",
   email: "exampleUser@acme.com",
   groupName: "exampleGroup",
   role: "Regular"
}

Java の例:userAPIGetAllVDCs

次のサンプルは Java Client によって使用されるコードのスニペットを示します。

ExampleClient.bat SERVER KEY userAPIGetAllVDCs

{ rows: [
        {
           Cloud: "",
           Group: "Default Group",
           vDC: "Default vDC",
           State: "Locked",
           Total_VMs: 20,
           Active_VMs: 18,
           Custom_Categories: 0
        },
        {
           Cloud: "Acme Private Cloud",
           Group: "exampleGroup",
           vDC: "exampleVDC",
           State: "Ok",
           Total_VMs: 10,
           Active_VMs: 9,
           Custom_Categories: 0
        } ]}