Microsoft System Center Virtual Machine Manager 用 Cisco UCS Director 統合ガイド、リリース 5.2
SCVMM インフラストラクチャの管理
SCVMM インフラストラクチャの管理

SCVMM インフラストラクチャの管理

この章は、次の内容で構成されています。

SCVMM の統合

Cisco UCS Director で SCVMM を統合するには、次の操作を行います。

  • PowerShell エージェント(PSA)をインストールおよび設定します。

  • Cisco UCS Director に PSA を追加します。

  • SCVMM とすべての SCVMM ホストで WinRM および WinRS を有効にします。

  • SCVMM の接続に使用されるドメイン アカウントが、SCVMM および SCVMM ホストのローカル管理者グループに属していることを確認します。

  • Cisco UCS Director で Hyper-V アカウントを作成するときに、PowerShell エージェントが Hyper-V アカウントに追加されていることを確認します。

PowerShell ExecutionPolicy サーバの設定


    ステップ 1   PowerShell コマンド シェルから Get-Executionpolicy cmdlet を実行して、現在のポリシーを確認します。
    PS C:\Users\administrator\ Get-ExecutionPolicy Restricted
    
    (注)      インフラストラクチャ アーキテクチャに基づいた正しいポリシー タイプが選択されていることを確認します。 通常は制限されていません。
    ステップ 2   既存の実行ポリシーを変更するには、Set-ExecutionPolicy-ExecutionPolicy ExecutionPolicy unrestricted を入力して Enter を押します。
    PS C:\Users\administrator\ Set-ExecutionPolicy -ExecutionPolicy unrestricted
    
    Execution Policy Change
    The execution policy helps protect you from scripts that you do not trust. 
    Changing the execution policy might expose you to the security risks described in teh about _Execution_Policies help topic.
    Do you want to change the execution policy?
    [Y] Yes [N} No [S] Suspend [?] Help (default is "Y"): y

    WinRM と WinRS の有効化

    リモート PowerShell コマンドを受け入れるには、Windows Server 2008 R2 の Windows リモート管理(WinRM)を有効にする必要があります。 WinRM を有効にすると、ハードウェアと運用システムの相互運用性が実現し、ターゲット サーバおよびターゲット サーバ ホストで Windows リモート シェル(WinRS)コマンドライン ツールを使用できるようになります。


      ステップ 1   ホストでコマンド プロンプトを開き、winrm quickconfig と入力します。 次のメッセージが表示されます。
      WinRM is not set up to allow remote access to this machine for management. 
      The following changes must be made: 
       
      Create a WinRM listener on HTTP://* to accept WS-Man requests to any IP on this machine. 
      Enable the WinRM firewall exception. 
      
      Make these changes [y/n]?
      
      
      ステップ 2   y と入力します。 WinRM がリモート管理用に更新されます。要求を受け付けるリスナーが作成され、ファイアウォールの例外が有効になります。
      Make these changes [y/n]? y 
       
      WinRM has been updated for remote management. 
       
      Created a WinRM listener on HTTP://* to accept WS-Man requests to any IP on this machine. 
      WinRM firewall exception enabled.
      ステップ 3   コマンド プロンプトで winrm g winrm/config コマンドを入力して、WinRS が有効になっていることを確認します。
      ステップ 4   winrm set winrm/config/client @{TrustedHosts="*"} コマンドを入力して、WinRM の TrustedHosts テーブルに値 " * " を設定します。

      次の作業

      ターゲット サーバの接続に使用するドメイン アカウントが、ターゲット サーバ ホストのローカル管理者グループに属していることを確認します。

      SCVMM の管理

      Cisco UCS Director では、1 つの SCVMM インストールは 1 つのクラウドと見なされます。 各クラウドには一意の名前が必要です。


        ステップ 1   メニュー バーで、[管理] > [仮想アカウント] の順に選択します。
        Cisco UCS Director で使用できる仮想アカウントが表示されます。 [仮想アカウント] タブでは、次のアクションを実行できます。
        アクション 説明

        [更新]

        現在のページを更新します。

        [お気に入り]

        最も頻繁にアクセスするページが表示される [お気に入り] タブにこのページを追加します。

        [追加]

        Cisco UCS Director に仮想アカウントを追加します。

        ステップ 2   仮想アカウントを選択し、そのアカウントで次の追加アクションを実行します。
        ボタン名 説明

        [表示]

        クラウドの詳細を表示します。

        [編集]

        クラウドを編集します。

        [削除]

        確認後にクラウドを削除します。

        [接続のテスト]

        クラウドへの Cisco UCS Director の接続をテストします。

        [タグの管理]

        クラウドへのタグの追加、割り当てられたタグの編集、クラウドからのタグの削除を行います。

        (注)      タグの作成時に仮想アカウントとしてタグ付け可能なエンティティが割り当てられるタグが表示されます。 タブ ライブラリの詳細については、『Cisco UCS Director Administration Guide』を参照してください。

        [タグの追加]

        クラウドにタグを追加します。

        (注)      タグの作成時に仮想アカウントとしてタグ付け可能なエンティティが割り当てられるタグが表示されます。 タブ ライブラリの詳細については、『Cisco UCS Director Administration Guide』を参照してください。

        [タグの削除]

        クラウドからタグを削除します。

        (注)      タグの作成時に仮想アカウントとしてタグ付け可能なエンティティが割り当てられるタグが表示されます。 タブ ライブラリの詳細については、『Cisco UCS Director Administration Guide』を参照してください。

        クラウドの追加

        Cisco UCS Director では、1 つの SCVMM インストールは 1 つのクラウドと見なされます。 各クラウドには一意の名前が必要です。


          ステップ 1   メニュー バーで、[管理] > [仮想アカウント] の順に選択します。
          ステップ 2   [仮想アカウント] ペインで SCVMM クラウドを選択します。
          ステップ 3   [追加] をクリックします。
          ステップ 4   [クラウドの追加] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
          名前 説明

          [クラウドタイプ] ドロップダウン リスト

          クラウド タイプとして [Hyper-V] を選択します。

          [クラウド名] フィールド

          クラウドの名前。

          すべてのレポートはこのクラウド名を使用してクラウドを参照します。

          (注)     

          特殊文字の .$@ はクラウド名に使用できません。

          [ユーザ クレデンシャル ポリシー] チェックボックス

          ポリシーを使用してアカウントにクレデンシャルを割り当てる場合に、このチェックボックスをオンにします。

          [クレデンシャルポリシー] フィールド

          このフィールドは、[ユーザ クレデンシャル ポリシー] チェックボックスがオンになっている場合にのみ表示されます。 クレデンシャル ポリシーを選択します。

          [PowerShellエージェント] ドロップダウン リスト

          Hyper-V の PowerShell エージェントを選択します。

          [サーバのアドレス] フィールド

          SCVMM サーバの IP アドレス。

          [サーバのユーザID] フィールド

          このフィールドは、[ユーザ クレデンシャル ポリシー] チェックボックスがオフになっている場合にのみ表示されます。 SCVMM サーバのユーザ ID。

          [サーバのパスワード] フィールド

          このフィールドは、[ユーザ クレデンシャル ポリシー] チェックボックスがオフになっている場合にのみ表示されます。 SCVMM サーバのパスワード。

          [ドメイン] フィールド

          SCVMM サーバのドメイン。

          [説明] フィールド

          クラウドの説明。

          [連絡先の電子メール] フィールド

          管理者またはアカウント責任者の連絡先に使用できる電子メール アドレスです。

          [ロケーション] フィールド

          アカウントのロケーションです。

          [POD] ドロップダウン リスト

          アカウントが属するポッドを選択します。

          [サービスプロバイダー] フィールド

          (オプション)該当する場合は、アカウントに関連付けられるサービス プロバイダー名です。

          ステップ 5   [追加] をクリックします。

          次の作業

          クラウド アカウントへの接続をテストします。

          クラウド接続のテスト


            ステップ 1   メニュー バーで、[管理] > [仮想アカウント] の順に選択します。
            ステップ 2   [仮想アカウント] ペインで SCVMM クラウドを選択します。
            ステップ 3   [接続のテスト] をクリックします。

            接続済みクラウドはグリーンで表示されます。


            次の作業

            クラウドとそのデータが収集されていることを確認します。

            クラウド検出の確認


              ステップ 1   メニュー バーで、[仮想] > [コンピューティング] の順に選択します。
              ステップ 2   [すべてのクラウドに対するコンピューティング] ペインで、SCVMM クラウドを選択します。

              自動検出およびすべてのデータの読み込みが完了するまでに数分かかる場合があります。 Cisco UCS Director が検出されたアカウントのコンポーネントに関する情報を表示するタブ セットを表示します。


              トポロジの表示

              VM ネットワーク、ホスト ネットワーク、およびクラスタ ネットワークのトポロジを表示できます。


                ステップ 1   メニュー バーで、[仮想] > [コンピューティング] の順に選択します。
                ステップ 2   [コンピューティング] ペインで SCVMM クラウドを選択します。
                ステップ 3   VM のネットワークの接続性を表示するには、[VM] タブをクリックして次の手順を実行します。
                1. VM を選択して [詳細を表示] をクリックします。
                2. [VMネットワークの接続性] タブをクリックします。
                3. VM ネットワーク接続を選択し、[接続の表示] をクリックします。

                  [トポロジビュー - VMネットワークの接続性] ダイアログボックスが表示され、VM 内のデバイスのトポロジと接続が表示されます。

                4. 必要な場合は、次の表示オプションを変更することができます。
                  • [表示モード] ドロップダウン リスト:デバイスの間隔と位置を調整します。 トポロジ ビューのカスタマイズに使用できるオプションは、このモードで決まります。 次の表示モードを選択できます。

                    • 階層

                    • 同心

                    • ラウンドロビン

                    • 強制の実行

                  • [項目のスペース設定を許可] チェックボックス:階層表示モードでのデバイス間の距離を大きくします。

                  • [距離] コントロール:同心表示モードでのデバイス間の距離を調整します。

                  • [半径] コントロール:円形表示モードで、円の半径を変更することでデバイス間の距離を調整します。

                  • [厳密性] コントロール:強制の実行表示モードでの厳密性を調整します。

                  • [強制距離] コントロール:強制の実行表示モードでのデバイス間の距離を調整します。

                5. [閉じる] をクリックして、[VMネットワークの接続性] タブに戻ります。
                6. [戻る] をクリックします。
                ステップ 4   クラスタ ネットワークの接続性を表示するには、[クラスタ] タブをクリックして次の手順を実行します。
                1. クラスタを選択して [詳細を表示] をクリックします。
                2. [クラスタネットワークの接続性] タブをクリックします。
                3. ネットワーク接続を選択し、[接続の表示] をクリックします。

                  [トポロジビュー - クラスタネットワークの接続性] ダイアログボックスが表示され、クラスタ ネットワーク内のデバイスのトポロジと接続が表示されます。

                4. 必要な場合は、次の表示オプションを変更することができます。
                  • [表示モード] ドロップダウン リスト:デバイスの間隔と位置を調整します。 トポロジ ビューのカスタマイズに使用できるオプションは、このモードで決まります。 次の表示モードを選択できます。

                    • 階層

                    • 同心

                    • ラウンドロビン

                    • 強制の実行

                  • [項目のスペース設定を許可] チェックボックス:階層表示モードでのデバイス間の距離を大きくします。

                  • [距離] コントロール:同心表示モードでのデバイス間の距離を調整します。

                  • [半径] コントロール:円形表示モードで、円の半径を変更することでデバイス間の距離を調整します。

                  • [厳密性] コントロール:強制の実行表示モードでの厳密性を調整します。

                  • [強制距離] コントロール:強制の実行表示モードでのデバイス間の距離を調整します。

                5. [閉じる] をクリックして、[クラスタネットワークの接続性] タブに戻ります。
                6. [戻る] をクリックします。
                ステップ 5   ホストのネットワークの接続性を表示するには、[ホストノード] タブをクリックして次の手順を実行します。
                1. ホスト ノードを選択して [詳細を表示] をクリックします。
                2. [ホストネットワークトポロジ] タブをクリックします。
                3. ホスト ネットワーク トポロジを選択し、[接続の表示] をクリックします。

                  [トポロジビュー - クラスタネットワークの接続性] ダイアログボックスが表示され、クラスタ ネットワーク内のデバイスのトポロジと接続が表示されます。

                4. 必要な場合は、次の表示オプションを変更することができます。
                  • [表示モード] ドロップダウン リスト:デバイスの間隔と位置を調整します。 トポロジ ビューのカスタマイズに使用できるオプションは、このモードで決まります。 次の表示モードを選択できます。

                    • 階層

                    • 同心

                    • ラウンドロビン

                    • 強制の実行

                  • [項目のスペース設定を許可] チェックボックス:階層表示モードでのデバイス間の距離を大きくします。

                  • [距離] コントロール:同心表示モードでのデバイス間の距離を調整します。

                  • [半径] コントロール:円形表示モードで、円の半径を変更することでデバイス間の距離を調整します。

                  • [厳密性] コントロール:強制の実行表示モードでの厳密性を調整します。

                  • [強制距離] コントロール:強制の実行表示モードでのデバイス間の距離を調整します。

                5. [閉じる] をクリックして、[ホストネットワークトポロジ] タブに戻ります。
                6. [戻る] をクリックします。